FC2ブログ

LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health | NHS 

Extinction Rebellion activists(気候危機活動家)、ロンドン地下鉄の運行妨害を計画

2019.10.17
警察機関がかなり注力していてもどうなるか全くわからないが、Extinction Rebellion activistsが、2019年10月17日木曜日、抗議活動の手段として、ロンドン地下鉄の運行妨害の計画を発表している。

Disruption of Tube Services beginning 17 October: Information for London Underground Staff
https://rebellion.earth/2019/10/15/disruption-of-tube-services-beginning-17-october-information-for-london-underground-staff/

Why disrupt the Tube?

As with a labour strike, economic disruption is key in forcing the Government to come to the table and negotiate our demands. XR creates mass disruption to highlight the emergency. Within the movement, there are affinity groups that are prepared to escalate their actions by targeting major infrastructure (e.g Government buildings, airports and public transport). The disruption caused by targeting such infrastructure will rapidly increase the longer it continues.

The planned action also has the important effect of alerting the public to crisis by disrupting their daily lives. The logic here is the same as with shouting “There’s a fire in the house!”- the disruption is necessary to highlight that people are already dying as a result of climate change and to protect lives in the long term. Not just ours, but our children’s and grandchildren’s.

For thirty years we have known that our current system is killing the life support systems of our planet.

Many ways have been tried to raise awareness of the climate and ecological disaster we are now experiencing, and they’ve all failed to generate the necessary amount of action. Recently, XR have even banned from peaceful protest in the streets of London.

This is now an emergency. The individuals who have committed to this action wish to sound the alarm as loud as they can. Their conscience demands they do something, and they’ve chosen to express this by taking an action that is both non-violent, guaranteed to lead to being jailed and guaranteed to give them a platform to express their profound alarm. This is disruption with a purpose.

Extinction Rebellion activists plan to disrupt London Underground during rush hour
https://news.sky.com/story/extinction-rebellion-activists-plan-to-disrupt-london-underground-during-rush-hour-11837337

 抗議行動については、非暴力を明言しているし、昨日まで、活動家の逮捕以外に、大きな暴動が有ったというような報道はない。ただ、ラッシュ・アワー時にゲリラ的に行われるであろう妨害に遭遇したら地上に出てしまったほうが良いかもしれない。



 ロンドン交通局のスクリーン・ショット。2019年10月17日午前7時過ぎ(ロンドン時間)。どちらも理由は「a customer incident」。すでに妨害の影響なのかわからないが、波乱の一日になりそう。

London Tube 17Oct2019

[追記]
早朝の事故は妨害行動だった。

Extinction Rebellion activist dragged from roof of London Underground train
https://www.theguardian.com/environment/2019/oct/17/extinction-rebellion-activists-london-underground

 アクティヴィストよりも、怒りに任せた乗客の暴力のほうが怖いかもしれない。


スポンサーサイト



About This Blog

2019.10.14
ロンドンに来て以来、家族、友人、知人に無理やり送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンをまとめる目的で始めたブログ。

 同じ島国のイギリスと日本、似ていると感じることもあれば、今でも驚かされることも結構ある。ということで、これからも不定期に面白いと思ったこと、興味を惹かれたことなどをアップしていければ、と。

 最近、メイル経由で質問を戴くことが増えていて、お越しくださる人には感謝します。ただ、例えば、「ロンドンに行こうかと思っているんですが、どうでしょうか?」のようなまる投げの質問の返答は、「行きたいかどうか判らないなら、止めたほうがいいのでは」、です。また、ご自分が知りたいことを僕が知っているとは思い込まないでください。質問されるのは構いませんが、質問された方の期待に沿うことは僕の「義務」ではありません。

2019年1月3日

 Forensic Mental Health/ Psychologyの修士課程を修了したので、ぼちぼちと。ただ、以前のような長いエントリは減ります。ちなみに、Forensic Psychologyは「犯罪」心理学とは違う。なので、筋違いの質問は双方にとって無益な時間になるだけ。


2018年1月31日

 昨年の秋より、心理学の中でそれまで無縁だった分野にシフトし、かなり時間を取ることになりブログを以前ほど頻繁、かつ長い文章での更新ができません。続けていくために、コメント欄を閉めて居るポストへの別のポストからのコメントへは、返信をしません。


台東区の非道ぶり。人命無視は立派な犯罪行為!

2019.10.12
Taito Typhoon

https://twitter.com/cracjp/status/1182940954619076609?s=21

あるコメント。

>こんな大混乱の中、さらに行政に負担をかけるのはやめませんか?

 こんな大混乱の中で機能しない、人命救助が最優先であることを判断できない行政は、行政ではない。非常時に人命を選別するのは、太平洋戦争末期、日本軍が沖縄の人達を殺したのと同じくらい非道な犯罪。

さらに。

>路上生活者は精神を病んでいる方も多い

 何を根拠にこのような身勝手なことを書き込めるのか?このような差別が普段の生活から無くならないのであれば、2020年の東京でのオリンピックとパラリンピックの運営、開催など不可能だ。


Stupid Taito ward

 人を見殺しにしておいて、「次の教訓にする」って、どこまで冷血で、無能なんだ!!!

 世界中に拡散する。

イギリス人が台風という自然災害を知る機会:台風19号とラグビィ・ワールドカップ

2019.10.11
ガーディアンのウェブを斜め読みしていて見つけた東京からの映像ニュース。


https://www.youtube.com/watch?v=DC1f-FcQ9-Y

'Absolutely gutted': England rugby fans react to cancellation of France match – video
https://www.theguardian.com/sport/video/2019/oct/10/england-rugby-fans-react-cancellation-france-match-world-cup-video

England fans in Tokyo were left disappointed after learning their side will not play France in Yokohama on Saturday after World Rugby and tournament organisers took the unprecedented step of cancelling their Rugby World Cup pool decider due to the arrival of super Typhoon Hagibis in Japan



https://www.youtube.com/watch?v=wkPDYs--s2Q

England’s group decider against France on Saturday has been cancelled due to the approach of Super Typhoon Hagibis in one of the most extraordinary days in 32 years of World Cup history. Statement with World Cup tournament director Alan Gilpin.


https://www.youtube.com/watch?v=AykvDHEZh5w

The England head coach said everyone is ‘disappointed’ about the cancellation of their upcoming match against France in the Rugby World Cup but added that he believed the 'typhoon gods' were looking down on the team. Jones relocated his squad away from the eye of the storm back to their pre-tournament training base in the southern coastal backwater of Miyazaki. Both England vs France and New Zealand vs Italy have been cancelled as Super Typhoon Hagibis is set to make landfall in Japan


 日本の皆さん、会社より命のほうがずっと大事。台風を押して出社するのはただの自己満足。「自己判断」という無能なことしかできない会社は、あなたが「自己判断」で出社して命を落としても、「それは亡くなった方の自己判断ですから会社の責任ではないです」で終わり。

 被害が出たとして、先月、千葉県が陥ったような状況が繰り返されないことを信じる。


[追記]
東京の友人が送ってくれた情報。

https://twitter.com/bosai_311/status/1181919789796605952?s=20

【外出=死】
台風19号は近年経験したことがないような本当に危険な台風です。この台風が直撃しているなか外出したら二度と生きて帰れない、と思ってください。外に出ていなくても木造住宅は破壊される可能性があります。空振りを恐れず早めの避難をお願いします。「台風でも仕事」は論外です。


ジャパン・ハウス・ロンドンでラーメン(3日間限定)

2019.10.10
Chicken ramen at Japan House
(2019年10月10日、ジャパン・ハウス・ロンドン)

ケンジントン・ハイ・ストリートにあるジャパン・ハウス・ロンドンで、今日2019年10月10日、11日、12日にラーメンのポップ・アップが展開されている。

Ramen Pop-up at Japan House on 10,11,12 October
https://www.japanhouselondon.uk/whats-on/ramen-pop-up-at-japan-house-on-101112-october/

Between Thursday 10 and Saturday 12 October Akira restaurant will be serving steaming bowls of lunchtime ramen on the ground floor of Japan House London for just £5.

Choose from two different flavours of warming noodle soup dishes, designed by chef Shimizu Akira, just as London starts to experience the first chills of winter. Akira is the Executive Chef and owner of his namesake restaurant at Japan House and is critically acclaimed in both the UK and Japan.

The first of Akira’s noodle dishes reflects his own speciality in the kitchen – chicken. His Chicken Ramen dish includes thin noodles in an umami chicken broth, topped with deliciously crisp, kara-age fried chicken, chives, citrusy yuzu and bamboo shoots.

The second dish, the Vegan Tomato Ramen, incorporates noodles in a tomato soup, topped with assorted vegetables and marinated seaweed.

The generous portions are priced at just £5 each for this limited-run pop up, which will take place on each of the three dates between 12:00-16:00, or until portions sell out.

Both dishes are served in environmentally friendly paper bowls with lids, ideal for taking away without spillages.

The ramen pop-up will be based at The Stand café counter, on the first floor of Japan House just inside the main entrance. Due to the pop-up nature of the event the ramen bar will be running on a cash only basis. ATMs can be found located just 1 minutes’ walk from Japan House.

About Akira restaurant
Visit Akira on the first floor of Japan House London for lunch or dinner to experience Japanese-style omotenashi hospitality and the theatre of cooking. Chefs at Akira prepare dishes reflecting Japan’s diverse food offer, using seasonal ingredients over roaring robata (charcoal grill) flames. Highlights of the menu include imaginative sushi specialities and chargrilled kushiyaki skewers made from umami-rich wagyu beef, pork, chicken, seafood and vegetables.

 こだわりのない、気楽な麺喰いで、まず饂飩、次が蕎麦、ラーメンはパスタの次という位置にある。なので、ロンドンはおろか、日本でも滅多にラーメンを食べたいかな、とは思わない。しかし、£5−は魅力だ。

 明日、11日に行くつもりだったのだが、今日の午後の予定が変更になったので、行ってみた。豚骨がとても苦手なので、チキン・ラーメンはちょうど良かった。トマト・ラーメンは試すかどうか微妙。自分の中で、「これは違う」という思いがあると全く食欲がわかない。ラーメンにトマトは、かなり冒険。

 明日、明後日に試そうと思われる方が居たら。まず、割り箸を持参したほうが良いと思う。また、チキン・ラーメンのほうが人気が高いようなので、チキンを食したい人は早めが肝要。


 現在、自分の中でヘヴィ・ローテイションの曲のMVの最後と重なるかな。

OAU「帰り道」 テレビ東京系ドラマ24『きのう何食べた?』オープニングテーマ


https://www.youtube.com/watch?v=-HJpWz8O97Y

声明(しょうみょう)と狹川普文別当(東大寺)による講演@ジャパン・ハウス・ロンドン

2019.10.06
Monks from Nara
(2019年10月5日、ジャパン・ハウス・ロンドン)

「しょうみょう(声明)をロンドンで聴ける」というイヴェント案内がジャパン・ハウス・ロンドンで告知された時、まず予約。そして別の機会にジャパン・ハウス・ロンドンのイヴェント企画に携わる人に、「これは本物が来るの?」、と訊いてしまったほど信じられなかった。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157711214435726

Shōmyō: Japanese Buddhist Sutra Chanting and Talk with Tōdai-ji Abbot Sagawa Fumon
https://www.japanhouselondon.uk/whats-on/shomyo-japanese-buddhist-sutra-chanting-and-talk-by-todai-ji/

Rarely heard outside of Buddhist temples, this event offers Japan House guests the chance to experience the meditative chants of shōmyō in a special concert-lecture featuring monks from four of Nara’s most important temples.

Boasting a history of more than 1200 years, the Japanese form of Buddhist sutra chanting, shōmyō ranks among the world’s oldest continually performed musical forms. Originating in ancient India, Buddhist sutra chanting was transmitted to China along the Silk Road before entering Japan. The first recorded performance of shōmyō in Japan was at a ceremony to celebrate the completion of the Great Buddha at the famous Nara temple of Tōdai-ji in the year 752.

During this event at Japan House, Tōdai-ji’s chief monk or bettō explores the history and forms of shōmyō in a special talk. The talk is accompanied by a demonstration of the ancient ritual in which a chorus of monks from the temples of Tōdai-ji, Yakushi-ji, Tōshōdai-ji and Saidai-ji join their voices to recite chants from the shōmyō repertoire.

This concert-lecture is part of a season of events allowing Japan House visitors to experience the sacred rites and rituals of the religions of Buddhism and Shinto led by representatives from the temples and shrines of Japan’s ancient capital of Nara. It coincides with the British Museum’s display of rare Buddhist and Shinto treasures ‘Nara: sacred images from Early Japan’.

https://www.britishmuseum.org/whats_on/exhibitions/nara.aspx

 大英博物館で始まった奈良からの国宝の特別展示に合わせての企画の一つ。ヨーロッパの片隅で身勝手に大荒れのロンドンで国宝を観られることは素晴らしいが、声明(しょうみょう)を聴けるのか始まるまで半信半疑だった。イヴェントが始まる前のジャパン・ハウス・ロンドンのサイモン・ライトさんの説明によると、このイヴェントが検討され始めたのは3年ほど前からとのこと。

 11人のお坊さん(薬師寺、東大寺、唐招提寺、西大寺から)が静かに舞台に揃い、東大寺別当の狹川普文さん(東大寺で晋山式 再任の狹川別当、大仏殿で報告、https://www.asahi.com/articles/ASM5X32PDM5XPOMB001.html)の第一声とともに、一気に惹き込まれた。日本で暮らしていても簡単に聴く機会があるとは思えない声明(しょうみょう)には、懐かしさと新しさが混じり合った気分がこみ上げてきた。当然、どのような内容が歌われているのかは、全く理解できない。しかし、声の発し方、強弱、現在の日常生活の中では接することのない「日本文化」、そしてそれらがすべて融合することで醸し出される舞台上の磁場。写真を撮ろうかと思ったが、皆さんの声に集中した。

 声明(しょうみょう)のあとは、東大寺別当の狹川普文さんによるレクチャー。場馴れしているというのは妥当な表現ではないかもしれないが、日本人以外の人達に説明することをご本人が楽しまれているので、聴く方も楽しくなる講演だった。まず、披露されたばかりの声明(しょうみょう)についての説明から。詳細はこちらを。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/48852215693/in/dateposted/

 声明(しょうみょう)が、お寺や宗派によって異なるなんてことは考えたこともなかった。しかし、例えばキリスト教にしても宗派、国の違いによって音楽が違う事実を考えれば不思議なことではない。奈良県から、今回の4つの寺共同での声明(しょうみょう)をロンドンで披露することを依頼された時、狹川普文さんの返答は「できません」。奈良県側は諦めなかったそうで、だからこそ今回の本当に特別な機会が実現した。

 その後は、仏教の歴史から始まり、日本に仏教が伝わった頃の僧侶の役割など、大昔、中学や高校で学んだ断片の記憶が大いに刺激された。鑑真和上を中国から招待するときに、インド出身の僧侶も招いていたことを初めて知る。映画での「天平の甍」にそのような情報があったかどうかは、もはや思い出せない。
 
 日本における仏教に限らないのであろうが、仏教文化・教義を維持、これからの世代にきちんと伝えるために世界各国の仏教界と交流しているというのは、「仏教は閉ざされた世界」と思いこんでいた僕には新鮮な驚きだった。

 他にも初めて知ることはたくさん。雅楽は知っていたが、「伎楽(ぎがく)」というのは知らなかった。狹川さんによると、パントマイムのようで面白いそうだ。観る機会があるかどうか。また、東大寺のセキュリティ設備や、建物の保存計画、その実行の歴史もとても興味深いものだった。

 講演の最後に、狹川さんは鉄道が好きで、今回の多忙な予定の中で時間を作ってヨークにある鉄道博物館(2008年の記録、http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-962.html)に行って来たことを話された。往復4時間をかけてヨークを訪れ、博物館をたっぷり歩き回って堪能されたとのこと。
 何故鉄道が好きなのか?二本のレイルの片方は「good」で、もう片方は「not good」とした時、その2つの統制が取れないと難しいことが起きるかもしれない。その2本のレイルの間に枕木があることで、我々はまっすぐに進むことができる。そして鉄道は、列車だけでは成り立たない。運転手、車掌、鉄道を維持する人、そして乗客が一体になることで成り立つ。仏教は広く、それぞれが違う多くの人々ともに共生(これは僕自身の表現。狹川さんの表現ではないことを強調しておく)していく。鉄道のあり方は仏教と似ているので好きなのです、として講演を終えられた。

 限られた時間の中で全てを説明することはとても難しいことだと思う。が、一つ、説明していただけたらと思ったこと。それは、21世紀の日本社会において、仏教と日本で暮らす日本人の日常生活との接点、もしくは乖離しているので仏教界としてどのようなことを目指すのかという説明があれば、Buddhismに興味を惹かれる西欧人には有益なのではないかと思う。現在盛り上がっているらしいラグビィ・ワールド・カップ(全く興味なし)、2020年のオリンピックとパラリンピックで外国人と接することが増えるであろう日本で、日本を訪れる外国人に仏教、もしくはBuddhismについて訊かれる機会は増えるだろう。日本語ですら説明できないのだから、況や英語では。

 今回もまた、通訳の方の素晴らしさに、会場から大きな拍手が寄せられた。

 公演が始まる前、座った席の真後ろに大英博物館のMANGA展のキュレイター、ニコル・クーリッジ・ルマニエールさんが座っているの気づいた。

ニコル・クーリッジ・ルマニエールさん
http://www.news-digest.co.uk/news/features/18867-the-british-museum-manga-exhibition-curator-nicole-coolidge-rousmaniere.html

 プライヴェイトの時間だと思ったが、話しかけてみると、とても気さくにMANGA展のことなどを話してくれた。MANGA展は大成功に終わり、若い世代の入場者数が格段に増えたそう。また、MANGA展の前には大英博物館を訪れたことがなく、今回の展示で興味を惹かれて初めて訪れた入場者数は20%も増えたとのこと。このような成果を日本のメディアはきちんとフォローすべきだと思う。

 大英博物館の国宝等の展示は、朝日新聞社が協賛している。昨日のイヴェント終了後、腕章をつけている方が居たので話しかけたら、ロンドン支局の記者ではなくて、奈良から来られた記者の方だった。すでに記事がウェブにアップされているので、「朝日新聞 しょうみょう ロンドン」でググってみて欲しい。


猫、届く:猫は箱が好き

2019.10.06
Ai Ai in the box

箱を開けると真っ先に飛び込むAi Ai。でも、だいたい、一日で飽きるみたいだ。

 猫を箱に閉じ込めるのは、虐待。しないように。

Cats    Comment(0)   ↑Top

アンジェリン・プレルジョカージュ@サドラーズ・ウェルズ

2019.10.04
Preljocaj at SWT
(2019年10月1日、ロンドン、サドラーズ・ウェルズ劇場)

フランス・ダンス月間のスタートとして、活動を続けている現役フランス人振付家として、おそらく最も著名かもしれないアンジェリン・プレルジョカージュのカンパニィがサドラーズへ。

Ballet Preljocaj — La Fresque
https://www.sadlerswells.com/whats-on/2019/ballet-preljocaj-la-fresque/

It’s been seven years since Ballet Preljocaj performed their Snow White at Sadler’s Wells. Continuing his exploration of fairytales, the daring contemporary choreographer Angelin Preljocaj turns his attention to a traditional Chinese tale.

A traveller takes shelter from the rain in a temple and soon finds himself enchanted by one of the women depicted in a painting on the wall.

La Fresque (“The painting on the wall” in French) features costumes designed by “couture’s rebellious outsider” (The Guardian), the late Azzedine Alaïa, a haunting set by Preljocaj’s regular collaborator Constance Guisset and music from Nicolas Godin, co-founder of the group Air.

 物語は、「胡蝶の夢」、もしくは「ぼくの地球を守って」に通じるものがある。題材としては面白いのだが、振り付にはたまに眠気を誘われてしまった。特筆する点は、ダンサー。素晴らしかった。そして、照明効果。

 フランスのダンス・カンパニィ、バレエ団がイギリスに来るのは稀なこと。前回、サドラーズがプレルジョカージュを招んだときは見逃したので、彼の作品を見るのは、2005年(だったかな?)、パリ・オペラ座がサドラーズで「ル・パルク」を披露した時以来(この舞台のことを、チャコット・ダンス・キューブに寄稿したが、現在、ネット上では見つけられなかった)。

 終演後のパーティー会場で、彼と少し話すことができた。国際的に活動するフランス人が話す英語の進歩は素晴らしい。イギリス人の強い訛りよりもずっと聞き取りやすかった。

 尋ねたのは主に「ル・パルク」のこと。当面、イギリスで上演される予定はない。初演は、1994年(!)。「25年も前に、あれほどセクシャルな振り付けを創作したんですか?」と言ったら、嬉しそうだった。最近、スカラ座バレエか、パリ・オペが再演したときに少し変更を加えたとのこと。「マリインスキィもレパートリーに入れているんだよ」。「えっ?あの作品を、ロシア人が再現できるんですか?」と言ったら、ウィンクで切り返された。

 ロイヤルとバーミンガムの2つのロイヤル・バレエが彼の作品を取り上げることはなかなか想像できない。故人のロス・ストレットンが、1年でロイヤル・バレエの監督を解雇される直前に発表された2年目のプログラムの中に「ル・パルク」は予定されていた。しかし、彼の解雇後すぐに、ロイヤル・バレエは「ル・パルク」を演目予定から外した。イギリス国内のバレエ団では、現在、スコティッシュ・バレエが彼の作品をレパートリーに入れているはず。

 ローラン・プティモーリス・ベジャールの振り付けを、ロンドンでもっと観られたら。


[追記]
チャコット・ダンス・キューブへの原稿は全て、昔のラップトップに保存してあった。そして、現在では発掘不能。ここにたどり着いて、僕の原稿を保存してあるという奇特な方がいらしたら、連絡ください。


大英博物館に、奈良から国宝など

2019.10.04
Nara British Museum
(ロンドン大英博物館、2019年10月3日)

随分前にこの企画展示があるのを知って以来、興味津々、楽しみにしていた5つの国宝を含む、奈良からの仏教美術品の展示。

写真(国宝を含む奈良県からの美術品は、写真厳禁。なぜなら、著作権だからと係員から聞かされた)
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157711177695498

Nara sacred images from early Japan
https://www.britishmuseum.org/whats_on/exhibitions/nara.aspx

Nara, in the Yamato region of Japan, was the country’s capital from AD 710–784 – and the cradle of traditional Japanese culture.

This special display runs in two rooms: the Asahi Shimbun Displays (Room 3) has treasures from Hōryūji, one of Japan’s oldest Buddhist temples, dating between the AD 600s and 700s. The Mitsubishi Corporation Japanese Galleries (Room 93) feature sacred sculptures and paintings from the great temples and shrines of Nara, from the AD 700s to the 1400s.

The Buddhist religion was introduced to Japan from China and Korea in the AD 500s, along with writing and new forms of government, transforming indigenous culture. For most of Japanese history, Buddhism has flourished alongside Shinto, native beliefs in kami (deities of nature and ancestors). In Nara, Shinto kami came to be regarded as emanations and protectors of Buddhist deities.

奈良の至宝、ロンドンで一堂に 大英博物館で企画展開幕
https://www.asahi.com/articles/ASMB367FVMB3PTFC015.html

 日本の国宝を、ロンドンで、無料で観られるのだから文句を言うのは筋違いと判っていても、視覚弱者には、大きな字の説明を用意してほしかった。
 
 若い頃、花会式や声明など、様式美を知ることができる催事への興味は強かった。他方、「仏像なんて」、と全く学びたいと思わなかった。歳を重ねたこともあるだろうし、ロンドンや近郊で、欧州の幾つかの美術館で近現代彫刻を間近で鑑賞する体験を重ねて、彫刻全般への苦手意識が薄くなっていることもある。

 久しぶりに入館した大英博物館の手荷物検査の列には驚いた。朝早く、開館直後なら空いているだろうと思ったら、入館するのに20分は並んだ。博物館は、「大きな荷物を持ってくるな!」ともっと知らせるべきだろう。

 日本人だけではないが、海外で、自国語を話す人はいないと思いこんで、差し障りのある内容を大きな声で話すのは止めたほうがいい。地上階の小さな展示室で、奈良県知事一行がロンドンのどこに宿泊しているだとか、昨晩はどこで夕食を取っただとか、全部聞こえた。

 ブログ仲間のかんとくさんの奈良からのレポートを読んで、奈良への興味を惹かれた。

https://blog.goo.ne.jp/bigupset39/e/c0f89dc3ddaa6bdbe30732f798acdb9d

 縁のある寺で観るほうが良いと思うのだが、物ぐさな僕には、今回のように一箇所に集めて好きなだけ眺められる方が理想だ。

Ai Weiwei: Roots at Lisson Gallery

2019.10.03
Ai Weiwei Lisson Gallery
リッソン・ギャラリィ、2019年10月2日)

勝手に不安を煽っているかもしれない北部エッジウェア・ロード(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-3181.html)に少し踏み込んだとこにあるベル・ストリートにリッソン・ギャラリィはある。久しぶりに足を踏み入れたベル・ストリートは全く変わらずに、中東の言葉しか交わされていなかった。そんなところに、国際的、且つ強力なギャラリィがある。ロンドンだ。昨日、2019年10月2日から、Ai Weiweiの最近のインスタレイションの展示が始まった。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157711177659853/with/48830902723/

Ai Weiwei: Roots
https://www.lissongallery.com/exhibitions/ai-weiwei-roots

A major exhibition by Ai Weiwei this autumn features a new series of monumental sculptural works in iron, cast from giant tree roots sourced in Brazil during research and production for last year’s survey exhibition, ‘Raiz’, at the Oscar Niemeyer-designed OCA Pavilion in Ibirapuera Park, São Paulo.

Ai worked with local artisans and communities across Brazil, visiting Trancoso in the east to locate roots and trunks from the endangered Pequi Vinagreiro tree, typically found in the Bahian rainforest. Elements of these rare tree roots, some of which could be over a thousand years old, were painstakingly moulded, conjoined and then cast to create striking compositions and bold forms that reflect their Brazilian heritage. While some resemble great jungle beasts or fantastical creatures, such as the three- and four-legged works Fly and Level, others including Party and Martin (all 2019) consist of shattered, exploded root forms radiating outwards from a central nexus. The titles all came as suggestions from Ai Weiwei’s young son Ai Lao, based on his personal observations or connections made when visiting these tree remains with his father, adding to the sense of surreal displacement and alien disjointedness in the exhibition. This incongruous atmosphere speaks further of the works’ depiction of the state of ‘uprootedness’, one that mirrors not only the artist’s peripatetic existence after being allowed to leave China in 2015, but also the plight of the refugees he has spent the last few years documenting, as well as the various indigenous populations that rely on the trees and forests of Brazil for their habitats and sustenance. The deforestation and concomitant purge of peoples and resources relates to previous bodies of work produced by Ai and to the current political realities of many countries, including his native China.

The material employed in making the Roots series – cast iron covered in a patina of orange rust – likewise responds to ancient cultures and man’s first tools for tree felling and woodworking, rather than to the recent, more polite art history of bronze or steel sculpture. Although originally contorted by their surrounding landscapes, these roots were not born of nature but made and crafted by human hands, using the ancient techniques of ‘lost wax’ moulding and then iron casting. These methods represent a traditional, largely bygone way of life that has been usurped and upended by industrialisation and relentless modernisation, illustrating how progress can often come at the expense of cultural and societal well-being.

Contrasting with these heavy, land-bound creatures is a number of floating figures, clouds and dream-like vignettes. Ai has been producing delicate sculptures from stretched silk over bamboo armatures for the past five years, employing a group of Chinese kite makers based in Weifang, a city in Shandong province. Purported to have been invented in China around 500 BC by a carpenter and a philosopher, the kite has held many functions throughout history from measuring distances or wind speed, to communication and military usage. Ai’s kites refer back to a mythological encyclopaedia of monsters and creatures known as Shan Hai Jing (the Classic of Mountains and Seas) that also pre-dated Christianity, which depicts fantastical hybrids of chimera, gorgons, unicorns, dragons and griffins. Alongside this bestiary, Ai has added personal and childhood symbols, as well as references back to his own works – Surveillance Camera and his one-fingered salutes, the Study of Perspective series – and those of his influences, including Marcel Duchamp and Vladimir Tatlin.

Finally, the show ends with a development of Ai’s experimentation with LEGO bricks. These new wall-based works feature politically-charged, pixelated renderings of the trajectory of a refugee boat refused docking at Lampedusa after two weeks at sea, the front page of the Mueller report into Russian interference in the 2016 US Presidential election, as well as a deconstructed symbol of the contentious protests of Tiananmen Square in 1989.

A new book, also entitled Roots – featuring contributions from nature writer Robert Macfarlane; the curator of ‘Raiz’, Marcello Dantas; the Chair of Asian Art at the Museum of Fine Arts Boston, Christina Yu Yu; Brazilian anthropologist Lilia Moritz Schwarcz among others – will be published by Distanz on the occasion of this exhibition, which is presented in collaboration with Ai’s Berlin gallery, neugerriemschneider.

 彼の作品をまじまじと観たのは今回が初めてだと思う。予想以上に楽しかった。特に展示のタイトルになっている「Roots」は、観る角度によっていろいろな意味を含んでいるよう。

 展示期間はとても短く11月2日まで。今回の展示のあと、海外にあるリッソン・ギャラリィでの展示の予定はないそうだから、今回のロンドンでの展示を逃すと、まとめて観る機会はしばらくないかもしれない。北部エッジウェア・ロードを跋扈する傍若無人な学生たちがいない土曜日がおすすめ。平日なら、午前中が良いだろう。ギャラリィのドアが閉ざされていることが多く、初めての人はドアを見逃してしまうかもしれないほど、普通のドア。入るには、ブザーを押せば中から開けてくれる。

 ちなみに、Ai Weiweiは最近、ベルリンからケンブリッジに移住したそうだ。理由は、息子さんのの教育環境の整備。

Ai Weiwei: I'm looking forward to arguing with Brits about Brexit
https://www.theguardian.com/artanddesign/2019/sep/13/ai-weiwei-brits-brexit-chinese-dissident


Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.