FC2ブログ

LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health | NHS 

Cala Sant Vicenc, Mallorca

2019.09.23
Cala Sant Vicenc

マヨルカ島の北東部に位置する、Cala Sant Vicenc。20年ぶりだったので変化には驚いたし、休暇の初日、ブリティッシュ・エアウェイズの現状の酷さを体験した。

 今朝、イギリス最大のパッケイジ・ツアー会社、Thomas Cookが破綻した。

Thomas Cook collapses, stranding 150,000 UK holidaymakers
https://www.theguardian.com/business/2019/sep/22/thomas-cook-in-last-ditch-talks-to-avoid-collapse

スポンサーサイト



北部エッジウェア・ロード(Edgware Road)で、とうとう、殺人事件

2019.09.12
Edgware Road BBC 10Sep2019
(BBCの画面のスクリーン・ショット)

不気味だが、ナイフや銃による殺人事件は起きないだろう、起きないでほしいなと願っていた北部エッジウェア・ロード。その路上で、2019年9月10日、午後2時前に、17歳の男子学生がナイフで刺され、死亡した。

Edgware Road stabbing: Boy, 17, dies after street attack
https://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-49657508

Edgware Road stabbing: Shocking moment 17-year-old knifed to death in front of horrified KFC diners
https://www.standard.co.uk/news/crime/edgware-road-stabbing-moment-17yearold-knifed-to-death-in-front-of-horrified-kfc-diners-a4234081.html

The victim, a sixth-form student at the nearby City of Westminster College (CWC), was attacked by a gang of thugs outside the restaurant in Edgware Road as shocked customers queued for lunch yesterday.

Police and paramedics were called at 1.54pm and found the young victim, named locally as Yusef Karim Hassan, suffering from stab injuries. He was taken to hospital where he died five-and-a-half hours later.

He is the 21st teenager killed in the capital this year, 19 of them fatally stabbed, and the seventh since August 12. It comes amid a sudden spate of killings in London which has seen police launch six murder investigations in just nine days.

CCTV obtained by the Standard shows the moment violence erupts. A young man appears to lunge at several hooded thugs before being set on in a ferocious display of violence on the pavement outside.

Witnesses said the victim collapsed in a pool of blood just a few metres away. A crime scene remained in place as forensic officers trawled for clues today.

The boy’s family visited the scene this morning, and revealed the teenager’s dying words were “Oh God” in Arabic. He had a brother and sister and lived nearby with his Kurdish mother.

A spokesman for CWC said: “We are saddened by the news of the death of one of our students, and would like to pass on our sympathies and condolences to his family and friends.”

The father of a schoolfriend who had been with the teenager shortly before he was killed said: “My son goes to college with him. My son said it was a gang from south London armed with knives to get revenge over some petty beef.

“My son got the news of the death and was trembling when he got home. He escaped being attacked by minutes.”

A witness who saw the attack from Domino’s Pizza next door said the teenage victim’s brother lay over him to try to protect him as he lay bleeding.

He said: “It just looked like a fight at first, but then I saw they had knives. His brother was shouting telling people to get away. He was shouting ‘Get off, get off, he’s my brother’ and then the paramedics were there very quickly.”

Nickie Aiken, leader of Westminster City Council, said: “A 17-year-old boy went out in the morning as normal and never came home. We have got to work together to stop families having to bury their young people.”

Detectives today were appealing for witnesses of the “appalling” attack to come forward. DCI Andy Partridge, from the Specialist Crime Command, said: “We know that lots of people were in the area at the time and may well have seen what unfolded.”

Police were given extra stop and search powers after the attack just before 2pm yesterday. Scotland Yard said the victim’s family had been informed and there were no arrests.

 記事で言及されているCity of Westminster College (CWC)は、ここまで酷い学生をよく集められたものだと感心するほど、素行が悪い。自分たちの「若さ」が周囲にもたらす恐怖の効果を熟知しているがゆえの傍若無人ぶり。

 殺された17歳の男子学生は、おそらく、全く関係のないグループ間の争いに、巻き込まれてしまったのだろうと推測する。

 地元民の反応は、「やっぱりね」。誰も驚いてはいないように感じる。ロンドンのどこでも起きているから、という感覚の麻痺、そして「ここはエッジウェア・ロードだから」という言いようのない倦怠感。今朝、ニューズ・エイジェントで近所の人達と話した時、気づいていなかった人がいた。そのことに、誰も驚いていはいなかった。

 一人、FBでつながっている人に知らせた、この夏、僕自身に起きたこと。人生で初めて、デビット・カードを目の前で盗まれた。昼間、チャーチ・ストリートにあるテスコの外のATM。人を騙す人間とはここまで騙すことに優れているのかと驚くほど、あっという間の出来事だった。昼間、しかも自分が暮らす地元で、目の前でカードを盗まれたという現実は、言葉では言い表せないほどの衝撃だった。

 携帯電話でカードはすぐに止めたが、衝撃は冷めやらず、茫然自失。チャーチ・ストリートにはロンドン警察の分署があるのですぐに行って報告書を作成してもらった。担当してくれた係官は、「I am sorry this happened to you. You are not the first one and you won't be the last one」。現実だ。

 ロンドンでは、ナイフによる犯罪が続いているので、どこなら完璧に安全とは、言えない。ロンドンへ来られる皆さん、気を抜かないように。そして、北部エッジウェア・ロードは、できるだけ、ではなくて絶対に迷い込まないように。観光客が迂闊に迷い込んで、笑って済ませられる雰囲気は希薄だ。

Brexit

2019.09.11
BrexitBookCover.jpg


Brexit    Comment(0)   ↑Top

ロンドンで成功したいなら、「訛り」を消さなければ、というプレッシャー

2019.09.05
ロンドン・ローカルのイヴニング・スタンダード紙の小さな記事だから、信憑性がどこまで重いのか判断できない。が、ロンドンで仕事をして成功するために、出身地域のアクセントを消そうとするロンドナーが25%いる、という報道に、とても納得してしまった。ちなみに、記事には明記されていないが、これはあくまでもイギリス出身で、英語が母国語であることが前提だと思う。英語が母国語でない外国人の英語は、英語ではないと思われているであろうから、論外だろう。

 身売り話が出ては消え、消えては出てくることを繰り返しているイヴニング・スタンダードなので、全文を無断転載。

Quarter of Londoners have changed their accents to help career, study shows
https://www.standard.co.uk/news/london/quarter-of-londoners-have-changed-their-accents-to-help-career-study-shows-a4228546.html

A quarter of Londoners have changed their accents to help climb the career ladder, a study claimed today.

Equality Group, which specialises in diversity in the workplace, said 26 per cent of people living in the capital had changed the way they speak to be more like the “Queen’s English”.

The figure includes both newcomers and Londoners with a “Cockney” accent who have adapted to fit the corporate world.

The survey found 21 per cent of Londoners thought their class and background had been a professional disadvantage, and 12 per cent said they would never disclose where they had grown up.

Some 55 per cent of people across the UK thought London was the most judgmental place when it came to regional accents.

Equality Group — a consultancy that helps businesses attract, develop and retain diverse talent — surveyed 2,000 people, including 300 from the capital, about their workplace attitudes.

Chelsea King, 28, who grew up in Nottingham before moving to London last year to be a consultant with Kin & Co, said there was pressure on newcomers to modify their accents to ensure they did not stand out.

Hephzi Pemberton, founder of Equality Group, urged businesses to place more emphasis on qualifications. She said: “Employees should be proud of their backgrounds and their professional environments should value their diversity of experience and thought, not dampen it.”

 特にこれは、激しく同意する。

Some 55 per cent of people across the UK thought London was the most judgmental place when it came to regional accents.

 20年、暮らして、仕事して、日本語を話すのは、極端だが独り言ちているときと、日本の家族と話すときくらい。現在の勤務先で、「日本人だから」という言い訳を絶対にしたくないから、これまで以上に自分が話す英語に気を遣っている。にもかかわらず、初対面の人と話しているときに、「アメリカ英語だけど、アメリカのどの地域か判らなくて」なんて言われることは、まだ、ある。


民主主義が、この世界から消える前に:ロンドンのデモに参加

2019.09.01
Defend Democracy
(2019年8月31日、首相のオフィス、ダウニング街への入口付近)

ボリス・ジョンソン、現イギリス首相が9月第2週から10月中旬まで、国会を閉会することを決めたことへの抗議デモンストレイションが、2019年8月31日、イギリス各地、また欧州の幾つかの都市で催された。危険なことはないだろうと思い、ロンドンの中心地、ホワイトホールとダウニング・ストリートでのデモンストレイションに参加。参加と言っても、今回はマーチはなくてホワイトホールの通りに多くの人が集まる形だった。

写真と映像
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/48652875618/in/album-72157710627753648/

 3月のデモンストレイション(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-3123.html)と違って時間の余裕がなかったこともマーチのような大きな行動にならなかったことの要因でもあるのかと推測する。しかし、違和感を感じるかもしれないが、僕にとってはとても和気あいあい、且つそれぞれの参加者の真剣な思いの呼応が鮮明に感じられる抗議の場だった。

 先に書いておきたいこと。国会を5週間閉会することを強行しても、理論的にはさほど影響はない。これは、左派のガーディアン紙もしっかり書いている。なぜなら、9月中旬から下旬にかけては、イギリス政党の年次総会があるので、その期間は国会は休会となる。しかし、現実として、欧州連合離脱の期日、10月31日までの討論期間が短くなること。さらに、反対派を抑え込むためだけに、選挙で選ばれてはいない首相にによるこのような強攻、独裁判断への不安が大きい。これを許したら、これからなんでもボリスがやりたいようにできることになる。

 イギリス人の友人たちが参加していると思いつつ、こんな人混みでは会えないだろうと思っていた。ダウニング・ストリートの前へ来たとき、隣りにいた男性から声をかけられた。「会えるかなリスト」に入っていなかった友人だった。お互い、「どうして君がここにいるんだ?」というくらい驚いた。友人がロンドンの外へ転居してからの約1年、たまにメイルで連絡はしていたが、彼の転居後は全く会うことがなかった。

 友人は、3月のデモンストレイションには参加できなかったが、8月28日の午後遅くから夜にかけて国会周辺で自然発生的に始まったデモには駆けつけたそうだ。僕は、勉強会が有ったから参加できなかった。

 友人と共通の不安は、「無関心」。僕自身、この混乱が続くくらいなら、欧州連合を離脱して、イギリスが苦労すればいいと思うことがある。その場合、イギリス、イギリス国内で暮らす人達だけでなく、イギリス経済と共生している各国の企業、その従業員、そして家族への影響は莫大なものになるかもしれない。

 そんなことを、無関心なイギリス人は考えていない。むしろ、「ボリスがBrexitを実行できるのであれば、彼は優秀なリーダーに違いない」という雰囲気が急速に膨らんでいる、また右のメディアがそれを煽っている。

 日本で報道されているか判らないが、ボリスと同じくらい危険なのがDominic Cummings

https://www.theguardian.com/politics/dominic-cummings

 今、政府を牛耳っているのは彼かもしれない。

 無関心が社会を衰退させるということを、世界はこれまで数しれず経験してきた。また、ここで繰り返されるという恐怖を拭い去ることができない現状を、憂う。


Brexit    Comment(0)   ↑Top

Westminster and the UK would be annihilated by Boris Johnson & Co

2019.08.29
少なくとも、僕が知る範囲では、イギリス、大騒ぎ。今朝、目についたイラストを無断転載。

Annihilating Westminster A

A civil war state of mind now threatens our democracy
https://www.theguardian.com/commentisfree/2019/aug/28/proroguation-parliament-boris-johnson-brexit


Annihilating Westminster B

Steve Bell on Johnson's plan to prorogue parliament – cartoon
https://www.theguardian.com/commentisfree/picture/2019/aug/28/steve-bell-on-johnsons-plan-to-prorogue-parliament-cartoon


 友人が送ってくれたコラージュ。いわく、2019年11月1日のウェストミンスターとのこと。

Annihilating Westminster C

 ボリス、何がしたいんだろう?不気味、そして危険だ。

Brexit    Comment(0)   ↑Top

Brexitが次の局面に突入:ボリス、エリザベス女王を引きずり込む

2019.08.28
ボリス・ジョンソン、本当に危険だ。

Boris Jonson Letter page 1
Boris Jonson Letter page 2

Boris Johnson asks Queen to suspend parliament
https://www.theguardian.com/politics/2019/aug/28/chancellor-sajid-javid-fast-tracked-spending-review-fuels-talk-of-early-election

Brexit on the Guardian
https://www.theguardian.com/politics/eu-referendum

PM’s plan to prorogue parliament is longest suspension since 1945
https://www.theguardian.com/politics/2019/aug/28/pms-plan-to-suspend-parliament-aimed-at-evading-scrutiny-of-mps

'Parliament only has itself to blame': readers on plans to suspend parliament
https://www.theguardian.com/politics/2019/aug/28/parliament-only-has-itself-to-blame-readers-on-plans-to-suspend-parliament

 ジェレミィ・コービンでは、無理だな。

Brexit    Comment(0)   ↑Top

ホートン・ホール:晩夏と初秋の間

2019.08.27
Henry Moore Houghton
Henry Moore at Houghton Hall

とても珍しいことに、8月末の連休は素晴らしい天気になった。今年は藤の季節に行けなかったので、来年まで行けないかと思っていたHoughton Hallへ。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157710567836492

Houghton Hall
https://www.houghtonhall.com/

 いつも楽しみにしている庭は、夏の終りだからなのか、それとも天候が不順だったからなのか、花が少なかった。抜けるような青空の下、葉が生い茂る藤棚の日陰で、秋の気配を感じた。

 今年は9月27日で一般公開が終了。車でないと行くのが面倒だが、あの広大な芝生を踏みしめ、歩き回るのはとても楽しい。

2018年:デイミアン・ハースト
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-3028.html

2018年:藤棚
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-3029.html


About This Blog

2019.08.22
ロンドンに来て以来、家族、友人、知人に無理やり送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンをまとめる目的で始めたブログ。

 同じ島国のイギリスと日本、似ていると感じることもあれば、今でも驚かされることも結構ある。ということで、これからも不定期に面白いと思ったこと、興味を惹かれたことなどをアップしていければ、と。

 最近、メイル経由で質問を戴くことが増えていて、お越しくださる人には感謝します。ただ、例えば、「ロンドンに行こうかと思っているんですが、どうでしょうか?」のようなまる投げの質問の返答は、「行きたいかどうか判らないなら、止めたほうがいいのでは」、です。また、ご自分が知りたいことを僕が知っているとは思い込まないでください。質問されるのは構いませんが、質問された方の期待に沿うことは僕の「義務」ではありません。

2019年1月3日

 Forensic Mental Health/ Psychologyの修士課程を修了したので、ぼちぼちと。ただ、以前のような長いエントリは減ります。ちなみに、Forensic Psychologyは「犯罪」心理学とは違う。なので、筋違いの質問は双方にとって無益な時間になるだけ。


2018年1月31日

 昨年の秋より、心理学の中でそれまで無縁だった分野にシフトし、かなり時間を取ることになりブログを以前ほど頻繁、かつ長い文章での更新ができません。続けていくために、コメント欄を閉めて居るポストへの別のポストからのコメントへは、返信をしません。


安野光雅の旅@ジャパン・ハウス・ロンドン

2019.08.22
Anno Mitsumasa

今日、8月22日から、ケンジントン・ハイ・ストリートにあるジャパン・ハウス・ロンドン安野光雅さんの作品の展示が始まった。

会場の写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157710485280482

Anno’s Journey
https://www.japanhouselondon.uk/whats-on/annos-journey-the-world-of-anno-mitsumasa/

Go on Anno’s Journey and explore the remarkable work of Anno Mitsumasa, one of Japan’s most beloved and prolific artists. Since the 1960s, Anno has illustrated hundreds of books. Inspired by the traditions of Europe and Japan, his varied works are characterized by a sense of curiosity, warmth and playful sense of humour, and have appeared in children’s publications for over the last 50 years.

This exhibition explores the work of Anno Mitsumasa, who is best known for his picture books, with few or no words, published from the late 1960s onwards. The display illustrates the story of Anno Mitsumasa’s life and creative journey, features a reading library with many of Anno’s 300 published books, introduces Japanese language for children and beginners, and explores Anno’s remarkably varied work.

Anno’s Journey is the first exhibition dedicated to the artist to be held in the UK. It follows the story of Anno’s extraordinarily varied life’s work, from his early picture books and kirigami papercuts exploring themes such as maths, science, language and folklore, through to the full set of drawings from ‘Anno’s Britain’, to depictions of historical and contemporary life in Japan.

About Anno Mitsumasa
Since the 1960s, Anno has illustrated hundreds of books. His works have appeared in children’s publications for over 50 years and each new generation of readers in Japan has grown up intimately knowing his works as if they were a part of the family. The pieces he has created throughout his life reflect the socio-economic evolution of Japan through the Shōwa and Heisei eras. These include scenes from his childhood in rural Japan before WWII, the post-war economic miracle of the 1960s and its increasingly outward-looking perspective on the world and interaction with Europe, through to collections of paintings which predominantly explore depictions of Japan. He was awarded the Hans Christian Andersen Medal in 1984 for his lasting contribution to children's literature and has been designated a Person of Cultural Merit in his home country.

Anno's Journey is organized and curated by Japan House London with the kind cooperation of the artist, and in collaboration with Sankei Shimbun Co., Ltd.

More works from the series ‘In and Around the Capital’ are on display at the Embassy of Japan until 26 September 2019.

ロンドンで「安野光雅の世界」展始まる
https://www.sankei.com/world/news/190822/wor1908220034-n1.html

 大昔、まだ子供だった頃から思春期、社会に出たあとも、安野さんの絵が中心の唱歌の絵本をよく読んでいたので、懐かしさでいっぱい。会場の中心では、安野さんの本が読めるようになっているので、家族連れで楽しめる展示になっている。


Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.