FC2ブログ

LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

”君は美しい”、という名のバラ:リージェンツ・パーク

2019.06.22
Rose called you are beautiful

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157709200820722

今年は、これまで見たことがなかった、もしくは気が付かなかった薔薇が多い。この「Yor're beautiful」は、おそらくずっと植えられていると思う。気が付かなかったのは、この薔薇がカフェに近い場所に咲いていて、通常、その周辺には行かないようにしている。


スポンサーサイト

夕べの薔薇:リージェンツ・パーク

2019.06.17
Pink rose at rose gardens

Free spirit at rose gardens
(現在、輝くばかりに咲き誇っているFree Spirit

White rose at rose gardens

今年こそ、と日が沈み始めた頃のバラの写真。僕の技術では、かげろう夕方の光の中の薔薇を撮るのは不可能。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157709128323647/


足るを知る:ラファエル・ナダルの言葉(を勝手に解釈)

2019.06.13
数日前に終了した、テニスの全仏オープン。男子の優勝は、ラファエル・ナダル。彼の優勝後のガーディアンの記事が紹介しているナダルの言葉が、多くの人が己の欲望のままに、他者を、そして自分自身を省みない現在の社会が立ち止まって考え見る意味があるだろうと思った。

Rafael Nadal beats Dominic Thiem to win 12th French Open title
https://www.theguardian.com/sport/2019/jun/09/rafael-nadal-beats-dominic-thiem-wins-french-open-tennis-title

But Nadal says he is content with what he has achieved. “You cannot be thinking ‘one more’ all the time, otherwise you are never happy. You want more money, a bigger house, a new boat, an even prettier girlfriend! You cannot be happy like that – I don’t like the frustration. You have to thank life for all that it gives you.”

 ナダルには関係ないことで、2年連続で決勝で破れたオーストリアのドミニク・ティーム選手。日本のメディアは、「ティエム」としているのには理由があるのだろうか?ドイツ語圏の名前だからこの綴だと「ティーム」だと思うのだが。


About This Blog

2019.06.12
ロンドンに来て以来、家族、友人、知人に無理やり送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンをまとめる目的で始めたブログ。

 同じ島国のイギリスと日本、似ていると感じることもあれば、今でも驚かされることも結構ある。ということで、これからも不定期に面白いと思ったこと、興味を惹かれたことなどをアップしていければ、と。

 最近、メイル経由で質問を戴くことが増えていて、お越しくださる人には感謝します。ただ、例えば、「ロンドンに行こうかと思っているんですが、どうでしょうか?」のようなまる投げの質問の返答は、「行きたいかどうか判らないなら、止めたほうがいいのでは」、です。また、ご自分が知りたいことを僕が知っているとは思い込まないでください。質問されるのは構いませんが、質問された方の期待に沿うことは僕の「義務」ではありません。

2019年1月3日

 Forensic Mental Health/ Psychologyの修士課程を修了したので、ぼちぼちと。ただ、以前のような長いエントリは減ります。ちなみに、Forensic Psychologyは「犯罪」心理学とは違う。なので、筋違いの質問は双方にとって無益な時間になるだけ。


2018年1月31日

 昨年の秋より、心理学の中でそれまで無縁だった分野にシフトし、かなり時間を取ることになりブログを以前ほど頻繁、かつ長い文章での更新ができません。続けていくために、コメント欄を閉めて居るポストへの別のポストからのコメントへは、返信をしません。

Guardian Tokyo Week: ガーディアン紙の東京特集週間

2019.06.12
Guardian Tokyo Week 1

Guardian Tokyo Week 3

Guardian Tokyo Week 2
(全て、ガーディアン紙のウェブのスクリーン・ショット。無断転載しています)

理由は推し量るしか無いが、今週、ガーディアン紙は東京特集週間。

Guardian Citiesは1週間の特別編として、東京から中継で詳細な記事をお届けします。以下のコメント欄、Twitter、Facebook、Instagram(#GuardianTokyoを付けてください)、メール(cities@theguardian.com)で、あなたが東京で経験したことを教えてください。

Guardian Tokyo week
https://www.theguardian.com/cities/series/guardian-tokyo-week

 2019年6月12日午後、最新の記事は、元日産のカルロス・ゴーン容疑者が収監された場所。

Carlos Ghosn's former home: inside Tokyo's notorious detention centre
https://www.theguardian.com/cities/2019/jun/12/carlos-ghosns-former-home-inside-tokyos-notorious-detention-centre

 興味深いのは、幾つかの英語の記事を日本語に翻訳して掲載していること。

東京の転換点:日本の首都はついに開かれるのか
https://www.theguardian.com/cities/2019/jun/10/tokyo-tipping-point-japan-capital-opening-up-japanese-translation

Tokyo dawn: is the impenetrable city finally opening up?
https://www.theguardian.com/cities/2019/jun/10/tokyo-big-year-is-the-impenetrable-city-finally-opening-up

 日本とイギリス、どちらのメディアが優れているかということを考えるのは愚かだと思う。が、読み慣れていることも含めて、日本のメディアでは読めない、違う角度からの分析はとても面白い。日本、変わらないなと思った記事はこれ。

これは”もしも”の話じゃない-100年に一度の震災に備える東京
https://www.theguardian.com/cities/2019/jun/12/tokyo-braces-earthquake-of-a-century-japanese-translation

Xデイに備える」の写真。民主党の頃の写真のようだから数年前だろう。そして、写真に写っている女性が二人だけ。でも、今も全く変わっていないと思う。地震の被害にあうのは、中年、老年の男だけではない。

 印象深いのは、写真特集。

Senior staff: Tokyo's oldest workers – in pictures
https://www.theguardian.com/cities/gallery/2019/jun/12/senior-staff-tokyo-oldest-workers-in-pictures

 数日前、繁盛したラーメン店の閉店のニュースを読んだ。ニュースを読んで考えたのは、個人が力尽きる時代、ということ。大企業ですら生き残りをかけて苦闘している時代に、個人でできることは限られてきている。この写真で紹介されている人たちが活動をやめたとき、東京に何らかの変化が起きるのだろうか?

本條秀慈郎さんの三味線公演@ウィグモア・ホール(7月6日)

2019.06.12
Honjoh Hidejiro

本條秀太郎http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-988.html)さんが創設した「本條流」の三味線奏者、本條秀慈郎さんのコンサートが、来月、2019年7月6日に、ロンドン中心にあるウィグモア・ホールで催される。

https://wigmore-hall.org.uk/whats-on/honjoh-hidejiro-201907061300

 リーフレットの裏に掲載されている情報では、坂本龍一さんによる新作、藤倉大さんの曲などが演奏されるとのこと。友人情報では、本條秀慈郎さんは期待が厚い三味線奏者だそう。

 最前列はすでに完売しているが、観やすい、聴きやすいであろう席がまだ幾つか残っている。ウィグモア・ホールで三味線を聴けることは、滅多にないので、是非、足を運んでみてください。

浦沢直樹さん、歌って語って描きまくる!@ジャパン・ハウス・ロンドン

2019.06.09
Urasawa Naoki at Japan House London
(2019年6月7日、ジャパン・ハウス・ロンドン)

写真と映像(最近、フリッカァの映像機能が、モバイル・フォンだと作動しないことがある)
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/48021108548/in/album-72157708982929238/

All Talking All Singing All Drawing! URASAWA Naoki Live in Concert

歌って語って描きまくる!
https://www.japanhouselondon.uk/whats-on/all-talking-all-singing-all-drawing-urasawa-naoki-live-in-concert/

As part of the opening celebrations for Japan House London’s new exhibition ‘This is MANGA – the Art of URAWASA NAOKI’, join us for a special one-man show featuring multi-talented manga legend URASAWA Naoki. An internationally acclaimed manga artist, Urasawa Naoki is also an active musician who has composed numerous works in the folk rock genre, performing live with his band and releasing two albums to date. His music has been frequently used as theme music for the film and television adaptations of his manga work.

In this live concert Urasawa Naoki treats guests to an inimitable mix of live drawing and talk wrapped up in a dynamic musical performance.

Immersing visitors in the iconic Japanese art form of manga, the exhibition ‘This is MANGA: the Art of URASAWA Naoki’ is on display in the Gallery at Japan House from 5 June to 28 July 2019.

About URASAWA Naoki

Born in Tokyo in 1960, Urasawa Naoki made his debut with ‘BETA!!’ in 1983, and has authored many works since, including ‘YAWARA!’, ‘MONSTER’, ‘20th Century Boys’ and ‘BILLY BAT’ (story co-creator: NAGASAKI Takashi) among others. After garnering renewed popularity more recently with ‘MUJIRUSHI’ (‘The Sign of Dreams’) (with the cooperation of Fujio Productions), a collaborative project with the Louvre Museum, Urasawa is currently writing a new series, ‘ASADORA!’ in Big Comic Spirits, a weekly Japanese manga magazine published by Shogakukan. His work is now published in more than 20 countries, with Japanese circulation alone recorded at a total of 127 million copies. Domestically, he has received the Shogakukan Manga Award three times and the Tezuka Osamu Cultural Prize, as well as numerous awards abroad including the Angouleme International Cartoon Festival Intergenerational Award and multiple Eisner Awards for Best U.S. Edition of International Material – Asia category.

 6月5日のトーク・イヴェント(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-3149.html)に続いて、浦沢直樹さんの歌とギターのイヴェントにも。

 ライヴが中心だったので、トーク・イヴェントほどの話はなかったが、それでも幾つか興味深いことを聞くことができた。

 NHKで放映された「漫勉」(http://www.nhk.or.jp/manben/)では、NHKのスタッフに伝えたことがある。それは、漫画家はミーアキャットやプレイリードッグが危険を察知すると穴に逃げ込んでしまうのと似ている。なので、彼らが漫画を描いている姿を背後から覗き込むようにカメラで撮影するのはしてはいけない。隠しカメラを駆使し、しかものそのカメラは別の部屋からの遠隔操作にすべし。

 「20世紀少年」の中で、2体の巨大ロボットが、新宿の高層ビル街で対峙する場面を描いた原稿を編集者に渡したとき、2001年9月11日のアメリカのテロの映像が流れた。
 手渡した原稿の後に続く構想は、新宿の高層ビル街がその2体のロボットに破壊される場面だったが、世界貿易センタービル崩壊のあとには描けない。さて、どうしたものかと犬を連れて夕方(それとも夜更けだったか?)散歩からの帰りに、「ボブ・レノン」という浦沢さんオリジナルの歌の旋律と歌詞が浮かんだ。帰宅してそれを書き留め、編集者にその歌詞を次の原稿で描くと伝えると承諾された。

 イヴェントのあとに通訳をされた女性と話した。浦沢さんが出演したイヴェントは、ラスト・ミニットで決まった企画でも、予想以上に参加者が来たそうだ。

 今、やらなければならないことが山のようにあるから、漫画を読みたいけど、読んでいる余裕はない。特に「モンスター」は嵌りそうだし、すぐにも読みたいが、目的に到達するまでは我慢。

浦沢直樹さん、トーク・イヴェント@Japan House London

2019.06.06
Urasawa Naoki 2019
ジャパン・ハウス・ロンドン、2019年6月5日。鳥の目が描かれ始めるまで、キョロちゃんだと思っていた)

ロンドン、ケンジントン・ハイ・ストリートにあるJapan House Londonで催された、浦沢直樹さんのトーク・イヴェントに参加した。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157708949509621

WIRED in Conversation with URASAWA Naoki
https://www.japanhouselondon.uk/whats-on/wired-in-conversation-with-urasawa-naoki/

Japan House is collaborating with WIRED for a special event with internationally acclaimed manga artist URASAWA Naoki on Wednesday 5 June 2019 at Japan House London. The exclusive one-nighter will offer audiences a rare chance to see Urasawa bring his art to life in a live drawing demonstration, and engage in discussion on his career to date in an intimate setting. Expect to have your expectations of what manga is, and who it is for, shattered by one of the industry’s greatest living artistic talents.

This summer Japan House London presents an exhibition on the popular form of Japanese illustrated literature - manga - through the work of manga artist, URASAWA Naoki. Running from 5 June until 28 July 2019, the ‘This is MANGA – the Art of URASAWA NAOKI’ exhibition immerses visitors in the iconic Japanese art form and highlights the breadth of Urasawa’s narrative styles with a display of selected stories from some of his major works, including ‘YAWARA!’, ‘MONSTER’ and ‘20th Century Boys’.

This event at Japan House London features WIRED writer Matt KAMEN in conversation with Urasawa Naoki. Join us to find out more about one of Japan’s greatest manga artists and for the opportunity to ask him questions yourself. Co-presented by Japan House and WIRED, the event includes after-hours’ access to the ‘This is Manga’ exhibition and a networking reception with canapes and Japanese drinks.

About the speakers:
URASAWA Naoki was born in Tokyo in 1960. Urasawa made his debut with ‘BETA!!’ in 1983, and has authored many works since, such as ‘YAWARA!’, ‘MONSTER’, ‘20th Century Boys’ and ‘BILLY BAT’ (story co-creator: NAGASAKI Takashi) among others. After garnering renewed popularity more recently with ‘MUJIRUSHI’ (‘The Sign of Dreams’, with the cooperation of Fujio Productions), a collaborative project with the Louvre Museum, Urasawa is currently writing a new series, ASADORA! in Big Comic Spirits, a weekly Japanese manga magazine published by Shogakukan. His work is now published in more than 20 countries, with Japanese circulation alone recorded at a total of 127 million copies. Domestically, he has received the Shogakukan Manga Award three times and the Tezuka Osamu Cultural Prize, as well as numerous awards abroad including the Angouleme International Cartoon Festival Intergenerational Award and multiple Eisner Awards for Best U.S. Edition of International Material – Asia category. In addition, as a musician, he has composed numerous works in the folk rock genre, performing live with his band and releasing two albums to date. His music has been frequently used as theme music for the film and television adaptations of his manga work.

Matt KAMEN is a journalist specialising in games, Japanese media and technology, with work appearing in prolific publications including WIRED, The Guardian and Empire. His writing analyses developments and trends within virtual reality, films, culture and comic books.

About WIRED:
WIRED is celebrating ten years of what's next – bringing you the people, trends and big ideas that will change our lives. Across the print magazine, online, video, podcast and events, we explore the next big ideas in science, culture, business – wherever innovation and new thinking are reshaping our world. Our event series include large-scale conferences to intimate evening events, and bring to life the compelling stories found within WIRED's channels. Visit www.wired.co.uk/events for more information.

 このイヴェントは、ジャパン・ハウス・ロンドンとWired誌の共催で、珍しく有料。と言っても£10−。あっという間に売り切れた割には、会場には少なからず空席があったので、招待された企業から来なかったということなのだろう。

 本当に恵まれていると思ったのは、浦沢直樹さんのように、現役、しかも大御所中の大御所の漫画家の話を間近で聞けるなんてこと、日本でも滅多にないだろう。あったとしてもチケットは高額になるのかなと。全体を通して、浦沢さんの漫画へのたぎる情熱を鮮明に感じることができた。覚えていることを脈絡なく箇条書きで。ノートを取りながら聞いてはいなかったので、間違っている可能性はある。

 漫画家になろうと思ったのは4歳位の頃で、小学校に上がる頃には他の級友とは全く違う次元の絵をかけていた。

 親戚のおじさんから、「絵が上手いから将来は漫画家になれるかも」と言われたとき、そのおじさんは、「漫画のことを全く判っていない」と感じた。

 会場からのある質問で、おそらく浦沢さんが出演したと思われる漫画家をインタヴューする番組をやりたかったのは、浦沢さんが漫画家にインタヴューすれば、漫画に関する視聴者の知識をずっと高い次元にまで持っているけることができるし、そうしたかったから。これを思いついたのは、映画監督のフランソワ・トリュフォーがアルフレッド・ヒッチコック監督にインタヴューした本(?)から。

 スマフォやタブレットの開発技術者と話す機会があったとき、技術者にこう尋ねた。「タブレットやスマフォで、まるで本を読んでいるような質感、また結末が近くなって本の厚さが変わってくるような感覚を開発できるか?」。技術者はできる、と。浦沢さんはその答えを聞いて、「開発しないで欲しい」。なぜなら、浦沢さんは本が好きだから。

 デジタル・デヴァイスの画面だと、本で表現できる2ペイジ見開きができない。この見開きは、漫画が生み出した、ドラマのピークを再現できる表現方法。

 インタヴューアーからアメリカの影響を受けているかを問われて。フランスに招かれたとき(だったかな?)に久しぶりに、「穴」という映画を観た。子供の頃に観た映画だったが、すべてのシーンを覚えていた。観ていて、次にどのようなシーンになるかが鮮明に蘇り、その影響を強く感じた。

 来年60歳になる。手塚治虫さんも石ノ森章太郎さんも60歳でなくなった。ということで、最近はのんびり創作している。体を労らなければということ。ピーク時は、月に150枚の原稿を書いていたそうだ。

 浦沢さんのすべての漫画は、登場人物がきちんと歳を重ねる。

 トークのあとに歌を3曲。最初の歌の題は、「赤い実」、まだ音源としてはリリースしていないらしい。歌の合間のライヴ・ドローイングで描いた絵の完成図を観たとき、「ブラック・ジャック」の中のある話で、鳥になりたい女性の体を無理やり鳥にした話を思い出した。子供心にも、「こんなこと、あり得ない」と思ったあの話。今思うのは、社会に溶け込めない、居場所を見つけられない心の葛藤をあのような形で表したのかなと。


 これまでのイヴェントで、ジャパン・ハウス・ロンドンの関係者から聞いていたのと同じで、昨晩もまた、多くの参加者は日本人ではなかった。ロンドンでも働きすぎている日本人は、イヴェントが始まるまでに職場を離れることができないのではないだろうかと勘ぐってみる。

 これまで全く気に留めていなかったことは、「鉄腕アトム」は2003年が設定ということ。人類は、少なくとも日本人は、何かを学んだのだろうか?


アジストリ、アテネ

2019.06.04
Agistri
(2019年5月、at Rosy's Little Village)

5月中旬、サロニカ湾の小さな島、アジストリへ。写真は、半分以上が夜明けの空と海。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157708768829703/

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157708768815927/

 以前、ロージィから言われていたように、5月のサロニカの海は、まだ冷たかった。泳ぐかどうか数日逡巡して、後半の2日ほど泳いだ。冷たかったが、澄んだ海で泳ぐのは、とても楽しかった。

Rosy's Little Village
http://www.rosyslittlevillage.com/


Archeological

 これを再び観たくて、ロンドンへ戻る前にアテネ泊。人類が生み出した最良の芸術の一つだと思う。

アテネの写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157708769105526/

 グーグル・マップで道順を確認していたときに、視界の片隅をかすめたのが、車の博物館。車には全く興味はないが、3年前に訪れたインゴルシュタットで見学したアウディ博物館(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2714.html)で、車のデザインの変遷が面白く、行ってみた。磨き上げられた車は、美術品として興味深い。


Athens 2019 B

 アテネにいたのは24時間に満たない。また、歩いたのはプラカやオモニアの中心地だけ。だからアテネのすべてを見て歩いたわけではないが、前回同様、街に勢いを全く感じなかった。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2561.html

 ロージィから、滞在中、ブレグジットはどうなるのかと何度か尋ねられた。ロージィを訪れる宿泊客の6割はイギリス人とのこと。今年は、多くのなじみ客がキャンセルしているそうだ。近視眼的なイギリス人が、欧州連合離脱が、どれだけ欧州全体の経済に打撃になるかをもっと真剣に考えることができたら。

 アテネ空港のトロリィの利用には、1ユーロ硬貨が必要。5ユーロ紙幣でお釣りが出るが、硬貨のほうが良いだろうと思う。1ユーロは利用料であり、払い切り。


Athens 2019 A

イギリスの公衆衛生知識のレヴェル(の低さに改めて驚く)

2019.06.02
薔薇の後に続くポストとしてどうかとは思ったが、

How to wash your hands properly
https://www.theguardian.com/lifeandstyle/2019/jun/02/how-to-wash-your-hands-properly

The bad bacteria we pick up on our fingertips can lead to infection, but we often miss them when washing. An expert from the Royal College of Nursing advises on how to maintain good hygiene

Two types of bacteria live on our hands: resident bacteria, which are rarely implicated in infection and are good for the skin, and transient bacteria, which we pick up on our fingertips when we touch surfaces. The latter are the ones we want to remove.

You should wash your hands after going to the toilet, or changing a sanitary towel or tampon; after changing a nappy; before preparing food, after handling raw meat; and before eating. It is easy to pick up bacteria and viruses when travelling on public transport, so wash your hands afterwards.

You need soap and, ideally, running water, but a bowl of water will do. Wet hands thoroughly and apply liquid or bar soap – if you apply soap to dry hands, it can act as an irritant and you don’t get coverage all over your hands. Rub your palms together, then interlink your fingers and rub them together. Next, place the fingertips of one hand in the palm of the other and rub, and vice versa. Rubbing the hands together creates friction, which removes the bacteria and creates a lather. Within that lather is the bacteria you have removed, ready to be washed away. Once you have worked up a good lather and rubbed all the surfaces together, rinse your hands and dry thoroughly, not forgetting in between the fingers. If you are out and using a paper towel, don’t lift the lid of the wastebin with your clean fingers. At home, change hand towels twice a week, or more often if someone has an infection such as norovirus.

 石鹸を使う時に水を使わない人がいることが前提、ということに驚いた。上下水道料金を払えない家庭がたくさんあるのは現実。なので、「イギリス人の公衆衛生の知識って、こんなに低いのか」、と一般論としてしまうのは、適切ではない。が、生活の基本、かつ大切な点を全く理解しようとしない、社会常識を理解することがまるで自分のアイデンティティの崩壊につながるから拒否するというイギリス人は、そろそろその暮らし方を見直したほうが良い、と強く思う。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.