LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

How to support a depressed partner while maintaining your own mental health

2017.07.19
*転載するガーディアンの記事は、著者の経験であって、それが全ての人の解決にはならないことがあると心に留めておいて欲しい。

How to support a depressed partner while maintaining your own mental health
https://www.theguardian.com/society/2017/jul/10/how-to-support-a-depressed-partner-while-maintaining-your-own-mental-health

Looking after someone with chronic depression can be hard, as Poorna Bell discovered when her husband became ill. The first rule, she says, is to look after yourself

There is no lightning-bolt moment when you realise you are losing your sense of self; just an absence. When you are caring for someone you love, your wants and needs are supplanted by theirs, because what you want, more than anything, is for them to be well. Looking after a partner with mental health problems – in my case, my husband Rob, who had chronic depression – is complicated.

Like many people, Rob and I were not raised in a society that acknowledged, let alone spoke about, depression. The silence and stigma shaped how he dealt with his illness: indeed, he struggled with the very idea of being ill. He told me fairly early on in our relationship that he had depression, but I had no idea what this entailed – the scale, the scope, the fact that a chronic illness like this can recur every year and linger for months.


I didn’t know what questions to ask. And Rob struggled to articulate how bad it was. He wanted to be “normal” so he expended a lot of energy trying to pretend he was OK when he wasn’t. In 2015, Rob took his life. The reasons are complex, but I believe it was a mix of depression and an addiction to the opiates he used to self-medicate.

Although I am painfully aware of how Rob’s battle ended, I am often asked about how I dealt with it when he was alive. Hindsight is always bittersweet, but I did learn a lot – especially about taking care of my own mental health. Here’s what I learned:


Look after yourself
Feeling that you have to handle everything is natural, but you have to look after yourself or you won’t be any use to your partner. “That pressure to keep it all going can feel too much,” says Dr Monica Cain, counselling psychologist at Nightingale hospital in London. She advises “taking that pressure seriously. It’s something that is very difficult to manage even at the best of times.”

Remember that depression isn’t just a mental illness
It used to drive me mad that Rob wouldn’t get out of bed. It took a while to realise that he “couldn’t” rather than “wouldn’t”. I was so sure he would feel better if he came out for a walk or met his friends, but depression is a physical illness, too. As Dr Cain says: “Physically, depression impacts energy levels. People sometimes feel very tired and want to stay in bed all the time.”


Don’t stop doing the things you love
When your partner can’t get out of bed or come to social engagements with you, there can be anger and frustration. Jayne Hardy, founder of the Blurt Foundation, which helps those affected by depression, says the “feelings of helplessness, hopelessness and unworthiness” depressed people may have mean they often “place loved ones on a pedestal”. She says their skewed perspective means they can “struggle to see what they have to offer you”.

On more than one occasion, Rob said to me: “I feel like I’m ruining your life.” I stopped doing the things I loved and, because I stayed at home with him, it made him feel guilty that I was missing out.


Take charge of admin and finance
People with depression find even mundane tasks, such as opening the post or going to the shops, impossible. Often, they keep their finances hidden, says Dr Cain. “It can feel quite shameful for them to say: ‘I’m finding it difficult to stay on top of it.’” This can be stressful for their partners. As Dr Antonis Kousoulis, a clinician and an assistant director at the Mental Health Foundation, says: “Being the main source of support for a partner with depression can add a lot of pressure.” But it is still better than not knowing what’s happening with your partner’s finances or admin. So, to maintain your own mental health and avoid unnecessary stress, it may be easier to have an agreement with your partner that, when they are ill, you will be in the admin driving seat. And when they feel able, they will sort it out.


Talk to your friends and family
You may fear that friends and family won’t understand. But trying to maintain appearances while supporting your partner is exhausting. “Opening up conversations to friends and families, and getting them involved usually makes a big difference in tackling the stigma and building a circle of support,” says Dr Kousoulis. Hardy adds: “All the advice we would give to someone who is unwell with depression also applies to loved ones who support us: make sure you are supported, reach out for help in understanding more about the illness, keep the channels of communication open; don’t be afraid to ask questions, and prioritise self-care.”


Don’t take it personally
There is the person you fell in love with, who makes you laugh until it hurts – and then there are the bad days, when you are dealing with a stranger who won’t let you in. “Depression can magnify or alter emotions,” says Dr Kousoulis. “A person can have emotional highs and lows in equal degrees, so it is important not to take changes personally.”

This can be easier said than done. I found my own coping mechanisms – therapy, exercise and lowering my expectations of what I needed and wanted from Rob when he was feeling bad. I knew that somewhere inside this person was my husband, so from time to time, I’d leave him postcards telling him how much I loved him. He didn’t react in an effusive way but I know it got through because he kept every one in a memory box.

Above all, hold on to your love. “You won’t always feel as though you are making any progress,” says Hardy. “You, too, may feel helpless at times. But your patience, kindness and understanding make such a difference.”


Chase The Rainbow, Poorna Bell’s memoir about life with her husband, is published by Simon & Schuster.

The Samaritans helpline is 116 123.

In the US, the National Suicide Prevention Hotline is 1-800-273-8255.

In Australia, the crisis support service Lifeline is on 13 11 14.


スポンサーサイト

About This Blog

2017.07.19
ロンドンに来て以来、家族、友人、知人に無理やり送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンをまとめる目的で始めたブログ。

 同じ島国のイギリスと日本、似ていると感じることもあれば、今でも驚かされることも結構ある。ということで、これからも不定期に面白いと思ったこと、興味を惹かれたことなどをアップしていければ、と。

 最近、メイル経由で質問を戴くことが増えていて、お越しくださる人には感謝します。ただ、例えば、「ロンドンに行こうかと思っているんですが、どうでしょうか?」のようなまる投げの質問の返答は、「行きたいかどうか判らないなら、止めたほうがいいのでは」、です。また、ご自分が知りたいことを僕が知っているとは思い込まないでください。質問されるのは構いませんが、質問された方の期待に沿うことは僕の「義務」ではありません。


2012年9月1日

 要望を受けてしばらくトライアルしてみて、スカイプによる心理カウンセリングを正式に始めました。興味をお持ちの方はHPから問い合わせてください。

http://www.iamlisteningtoyou.net/

Brexit Chaos: 先進国から途上国へ移行するイギリス

2017.07.19
ポストのタイトル、メディアが「途上国」と表現する国々に対して失礼かなとも思うが。

 欧州連合離脱の会合の混乱ぶり、言い換えると保守党が何も準備していない、理解していない状況は、おもわず拍手をしたくなるほどのブラック・コメディ。

David Davis leaves Brussels after less than an hour of Brexit talks
https://www.theguardian.com/politics/2017/jul/17/david-davis-leaves-brussels-after-less-than-one-hour-of-brexit-talks

BrexitChaos1.jpg
https://www.theguardian.com/commentisfree/picture/2017/jul/17/ben-jennings-on-round-two-of-brexit-talks-cartoon

BrexitChaos2.jpg
https://www.theguardian.com/commentisfree/picture/2017/jul/18/steve-bell-on-infighting-in-the-conservative-party-cartoon

 かといって、労働党が建設的なことを発言しているかというと、対案が一つも上がってこない不甲斐なさ。政治家のモラルの低下、やる気のなさにイギリスの昨今の凋落ぶりが重なる。社会全体のモラルの低下の別の例。マンチェスターで利用が始まった中国資本の貸自転車の利用者のモラルのなさぶり。

Manchester’s bike-share scheme isn't working – because people don't know how to share
https://www.theguardian.com/commentisfree/2017/jul/16/manchesters-bike-share-scheme-isnt-working-because-people-dont-know-how-to-share

 このようなことを新聞の読者フォーラムの書き込むと、「そんなに文句を言うなら、自分の国へ帰ればいいだろう」と言うコメントが山のように書き込まれる。

 今のようなとてつもなく面白い時代にイギリスを離れるなんてこと、そんなもったいないこと、できない。10年後、20年後、100年後に、「今」のイギリスがどう描かれるか判らないが、混乱を抜けきれるのか、それともこの混乱を御しきれずにさらに転がり落ちていくのか、その社会の変動をつぶさに観察したい。

Brexit    Comment(0)   ↑Top

歩きスマフォは殺人予備罪にすべきだ

2017.07.18
No call or text is worth your life. #ItCanWait

https://www.youtube.com/watch?v=8crvXJJNxbQ

 最近、日によっては10キロ以上歩くことがある。通行人の8割がスマフォをいじりながら歩いている。

 歩きスマフォしていて勝手に怪我する連中のことなど何とも思わない。しかし、この愚かどもたちがスマフォに夢中になって周囲を見ることができずに、視覚障害者、歩行に困難がある人、お年寄り、乳幼児を連れた家族づれに突っ込み、突っ込まれた人々の命がその愚かどもに奪われたら、それは殺人。事故ではない、殺人

 言い訳、言い逃れは、無し。最低でも、執行猶予なしで10年の刑期にするべきだ。

強酸による傷害事件、ロンドンで続く

2017.07.14
数日前のポスト。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2927.html

 そして、昨晩、ロンドン北東部で起きた。

London acid attack: two teenagers arrested after series of assaults
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/jul/14/police-investigate-acid-attacks-east-london

 最近、ロンドンからの報道が早いBBCジャパン。

ロンドン北東部で酸攻撃が連続5件 少年逮捕
http://www.bbc.com/japanese/40605547

 繰り返す。

 不案内な場所には一人で行かない。

 行く必要のない地域へは行かない。

 夜間、宿泊先に戻るときは、タクシィを使う。


 ロンドンは中心地に、一日では見て回れないほどたくさんの観光名所があるので、リスクの高い地域には行かないことが賢明。

[追記]
Acid attacks are a crime without pity, and a mirror on our unforgiving times
https://www.theguardian.com/commentisfree/2017/jul/14/acid-attacks-capital-london-crime-anger

All crime smacks of psychological sickness, but this crime – so painful, so indelible, so traumatic, so effectively a longstanding torture – reveals a lack of empathy that is extremely disturbing. It is a crime for our times indeed.

0泊2日のロンドン出張が可能に:JALが羽田〜ロンドン便を追加

2017.07.14
日本航空が、2017年10月29日から、羽田〜ロンドンに増便するそうだ。

http://www.jal.co.jp/inter/route/hndlhr/index.html

スクリーンショット 2017-07-14 16.41.07

 東京の友人によると、離陸時間が午前2時45分ということで、エコノミィ・クラスの乗客がラウンジを利用できることが日本のある新聞では強調されていたらしい。そこよりも、これって、0泊2日のロンドン出張が可能になることを企業で働くみなさんはどう受け止めるのだろうと思う。

スクリーンショット 2017-07-14 16.41.38

スクリーンショット 2017-07-14 16.42.00

 深夜まで東京都内のオフィスで働いて、午前0時までに羽田に到着。ロンドンに午前6時半に到着として、その時間帯ならパスポート・コントロールも楽だろうから、ロンドン市内、もしくはヒースロー近郊にある現地法人や顧客のオフィスへ午前9時までには到着できるだろう。
 そこでノン・ストップで午後3時くらいまで仕事して、午後5時前までにヒースロー空港に戻って午後7時発の便で羽田へ。到着日くらいは家へ戻って翌日の朝にはオフィスに戻って報告。

 意味ないけど、こういうことを従業員に押し付けたがる日本企業は、存在すると思う。

 ポジティヴに捉えれば、午前6時半にヒースローへ到着すれば、日付の上では出発した同じ日にちにアテネや、イタリアのパレルモへも行けるだろう。だから、観光収入をあてにするロンドンにとってはあまり意味はないかな。

 ブリティッシュ・エアウェイズは最近、宅配業者と契約して、自宅やホテルで荷物をチィック・インして受け取りは到着する空港でというサーヴィスを始めた。

https://airportr.com/index.html

 子供づれの乗客からは、空港で子供の世話に集中できるということで好評らしい。

スクリーンショット 2017-07-14 17.09.37

[追記:7月15日]
2、3週間前だったかな、ガーディアンの消費者からのトラブル相談の中で、イベリア航空は、欧州連合の法律で定められている賠償が生じる3時間以上の遅延に際してもあらゆる言い訳を駆使して払おうとしない、という相談が増えているとのことだった。ということで、丙丁つけ難いが、スペインへの乗り継ぎはイベリア航空主導のコード・シェア便ではなく、ブリティッシュ・エアウェイズ主導のコード・シェア便がほんの少しいいかもしれない。

7月29日、30日はロンドンは自転車競技のために大混乱

2017.07.12
RideLondon
https://tfl.gov.uk/status-updates/major-works-and-events/ridelondon?cid=ridelondon

The world's greatest festival of cycling sees professional and amateurs riding across London on closed roads. For the first time, the event cycling kicks off on the Friday at the Lee Valley VeloPark in Queen Elizabeth Olympic Park. For full information, see Prudential RideLondon's website.
Travel advice

The events will close roads on Saturday 29 and Sunday 30 July, affecting drivers and bus passengers. Some Tube stations will also be busier than usual.


Please note Marlborough Road and The Mall (between Horse Guards Road and Queens Gardens) will be closed from 07:30 on Friday 28 July to 06:00 Monday 31 July.


What's happening

Friday 28 July
Prudential RideLondon Handcycle Grand Prix is an event for injured veteran servicemen and women, while the Prudential RideLondon Elite Handcycle Grand Prix will feature some of the world's best handcyclists.

Prudential RideLondon Youths Grand Prix will showcase Britain's next generation of top cyclists in a series of four races for boys and girls.

Prudential RideLondon Elite Handcycle Grand Prix will feature some of the world's best handcyclists

Grand Prix Festival Zone offers spectators a glimpse of some of the entertainment that will be on offer at the Prudential RideLondon FreeCycle Festival Zones on Saturday 29 July.

Saturday 29 July
Prudential RideLondon FreeCycle is a family-friendly mass bike ride on an eight-mile traffic-free route in central London. It passes through Buckingham Palace, Trafalgar Square, St Paul's Cathedral and the Bank of England and goes south of the river with a loop over Waterloo Bridge, offering stunning views of London.

Brompton World Championship is back in central London. It will see more than 500 riders unfold their bikes and race eight laps around St James's Park, with Lycra swapped in favour of business chic: suit jackets, collared shirts and neck ties.

Prudential RideLondon Classique is the women's race which takes place on a spectacular 5.5km circuit in central London. The prize money for this - including €25,000 for the winner - is the highest ever for a women's race, and matches the prize for world's richest one-day men's race, the Prudential RideLondon-Surrey Classic.

Sunday 30 July
Prudential RideLondon 100 starts in Queen Elizabeth Olympic Park, then follows a 100-mile route on closed roads through the capital and into Surrey's stunning countryside.


 大衆の関心を惹くのは大切だとは思う。でも、今のロンドンに最も必要なのは、「普段」の生活。バーミンガム、マンチェスター、リヴァプールで開催すれば、ロンドンばかりがという批判を躱せると思うのだが。

 7月30日、キュー・ガーデンズへ行くのはほぼ不可能だな。

超迷惑:F1イヴェントでトラファルガー広場閉鎖on 12th July 2017

2017.07.10
TfLから届いたメイル。

From 11:00 to 23:59 on Wednesday 12 July, a number of buses in central London will be on diversion or stop short of their normal destination, including routes 6 and 139.

This is while roads in and around Trafalgar Square and Whitehall are closed to all traffic due to an event.


 半日以上、しかも平日にトラファルガー広場が閉鎖されるなんて、もしや本当にトランプが来るのかと思った。ググったら、F1のデモンストレイションだと。

 大気汚染が深刻なロンドンで、公共交通機関のストライキ等で十分うんざりしているのに、金持ちの道楽のためにどうして一般市民が我慢を強いられなければならないんだ!!!

 最近、あのあたりへは行くことがないのに、12日に限って行くことになっている。ま、午前中の早い時間だから、終了したら即座に脱出。

「特に」ロンドンで増えるナイフ犯罪、強酸による犯罪

2017.07.10
テロが続き、グレンフェル・タワーの火災があり、なんとなく社会が忘れたかった、そして警戒が強化されて、ほんのしばらくの間、報道件数が減っていたナイフによる殺人事件、腐食性の強酸に夜傷害事件が、特にロンドンで急増している。車で信号待ちをしていたイスラム系の男女の従兄弟に、無差別に強酸で大怪我を負わせた白人男性逮捕のニュースが日本語でも報道された。被害者の写真は、とてもひどい傷跡を写していることを先に警告しておく。

ロンドン東部で2人に酸攻撃 容疑者出頭
http://www.bbc.com/japanese/40553512

Surge in acid attacks in England leads to calls to restrict sales
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/jul/07/surge-in-acid-attacks-in-england-leads-to-calls-to-restrict-sales

 強酸による犯罪を上回るスピードで増えているのがナイフによる殺人事件。とりわけ、10代、20代前半の若い男性が犠牲になっている。

Romford stabbing: Young man stabbed to death in front of girlfriend after leaving cinema
https://www.standard.co.uk/news/crime/young-man-stabbed-to-death-in-front-of-girlfriend-after-leaving-cinema-in-romford-a3543061.html

'When knife victims arrive at hospital in school uniform, it brings it home to you'
https://www.theguardian.com/membership/2017/may/04/when-knife-victims-arrive-in-school-uniform-it-brings-it-home-to-you

 イヴニング・スタンダードとガーディアンの記事は、主にロンドン東部でのことが書かれているが、ロンドンでのナイフ犯罪は、ほぼ全域で起きている。この危機的な状況を受けて、ロンドンのセカンダリィ・スクールでは生徒の持ち物検査が強化されている。

All secondary schools in London to be offered knife detectors
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/jun/27/all-secondary-schools-in-london-to-be-offered-knife-detectors

 余計なお節介かもしれないが、ロンドンへ来られる人へ。

 不案内な地域へは行かない。どうしても行くなら、一人では行くな。

 大きな鞄は持ち歩かない。ひったくられそうになり、かつ路上に引きずり倒されたら、抵抗しないで諦める。引きずり倒されてなおひったくられないようにすると、重傷を負う危険が高まる。

 路上でスマフォを使いながら歩かない。

 不案内な場所で、人種、性別を問わず騒がしい若者グループに気づいたら、近づかない、近づくな。

 ロンドン中心地でも、夜は人通りが途切れる場所がたくさんある。夜間、宿泊先に戻るときは、人通りがある通りを歩く。

 ロンドン東部、南部等で急に発展してメディアで「最先端」のエリアと言われている地区は、ひとつ曲がり角を間違えると、通りの雰囲気、暮らしている住民の宗教、人種が全く変わってしまうことがある。それはおしゃれな冒険ではなく、危険を理解していない愚行。


 今のロンドンは、「旅の恥」はかき棄てでなく、「一生の後悔」になる。

 僕が暮らしている地域では、幸運にも、まだ殺人事件は起きていないものの、放火事件は増えているし、傍若無人な若者グループが普通に大声をあげてお互いを威嚇しあっている。日本人観光客を滅多に見かける地域ではないが、最近は、日本人だけでなく、東洋人観光客が行き先を探しあぐねているのに遭遇した時は、尋ねるようにしている。

 ロンドンのガイドブックでエッジウェア・ロードのチャーチ・ストリート・マーケットが今でも紹介されているかどうかは判らない。

 今、急激に変わりつつある地域だが、チャーチ・ストリート・マーケットは体験する意義はない。エッジウェア・ロードなんかよりずっと見応えのある場所はロンドンにはたくさんあるので、とりわけ北部エッジウェア・ロードへは入り込まないことを勧める。

Society    ↑Top

初夏のイングリッシュ・ガーデン@キュー・ガーデンズ

2017.07.09
午前中に仕事を片付けて、久しぶりにキュー・ガーデンズへ。初夏の花が咲き乱れ、英語で言うところの、まさに「a riot of colour」。最近のイギリスの混乱ぶり、凋落ぶりはこれまで直面しようとしなかった彼らのいい加減さ、真面目になることを罪悪視する傾向が決壊点に達したからだと思っている。イングリッシュ・ガーデンもきっちりしているような、いないような庭ごとの境界が曖昧なことがあるが、キューの夏の庭は、その曖昧に感じる、しかししっかりと考えて作られている美しさに何時間でも居たかった。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157685954620806/

35630184942_910f640ae0_z.jpg

35800132775_e87cdb9215_z.jpg

34990180943_e821a2dc29_z.jpg

35800538945_9a7d0a89a6_z.jpg

35759631886_217e3ef9d6_z.jpg

 今回、学んだことは二つ。昆虫、特に飛び回る蜂を撮影しようとするときは、蜂を追いかけているとシャッター・チャンスがまにあわない。蜂たちが群れる花を見つけたらそれに焦点を合わせて蜂が花に飛び込んでくるのを待つ。でも、そうすると、蜂が来なくなるのはなぜだろう。

 二つ目。枯れかけている、朽ちかけている薔薇を撮るのは、満開の薔薇を撮影するよりもずっと難しい。これは、肖像写真にも通じるかなと。例えば、ケンブリッジ家のプリンスとプリンセスを撮影するのは、女王夫妻の肖像写真を撮影するよりずっと気楽だと思う。

32233222

(c)Koji Moriya 写真素材 PIXTAー


32233220

(c)Koji Moriya 写真素材 PIXTAー


32233214

(c)Koji Moriya 写真素材 PIXTAー


32233210

(c)Koji Moriya 写真素材 PIXTAー


32233212

(c)Koji Moriya 写真素材 PIXTAー


Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.