LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June 

日本からの絵手紙

2016.08.23
DSC03687.jpg

DSC03691.jpg

家族の創作。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157672121468125

 イギリス人の友人達からの反応は良いのだが、彼らが金を払って購入したいと思うかは判らない。

スポンサーサイト

戦争映画の場面かと思った:新しい欧州へ

2016.08.23
NewEU.jpg

今朝の新聞各紙に掲載されている上記の写真、政治家は威勢を誇示しなければならないんだなと。

'This is the beginning of a new Europe' say Merkel, Renzi and Hollande
http://www.theguardian.com/politics/2016/aug/22/beginning-new-europe-merkel-renzi-hollande

 ちなみに、アイルランドの他に、イギリスの将来を悲観しているイギリス人の移民先としてニュー・ジーランドが俄然、注目を集めているそうだ。

More spacious without the Brexit: why Britons are flocking to New Zealand
https://www.theguardian.com/world/2016/aug/22/new-zealand-the-tonic-for-brits-seeking-to-escape-brexit-blues

 個人的に、ニュー・ジーランド英語はアメリカディープ・サウスの英語と同じくらい、僕にとっては「外国語」なので観光では行ってみたいが、住めるとは思えない。

夏の終わりのイングリッシュ・ガーデン@キュー

2016.08.22
スクリーンショット 2016-08-22 6.39.17
(2016年8月21日、午後5時半頃)

今年、キュー・ガーデンズが力を入れている一つが、Broad Walk Borders

http://www.kew.org/visit-kew-gardens/whats-on/festivals/broad-walk-borders

 常に花が満開という訳ではないが、野趣と人工美が良い加減で混じりあった雰囲気がイギリスの庭らしさを醸し出している。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157671587985170

 昨日は、秋を迎える前、夏の花の最後の輝きという感じだった。

マクロプロス事件@BBCプロムス2016

2016.08.20
8月19日、最後に行ったのがいつだか全く思い出せないBBCのプロムスを観にロイヤル・アルバート・ホールへ。ヤナーチェクのオペラ「マクロプロス事件」の主役をカリタ・マッティラが歌うということで行った。楽しめたのだが、ロイヤル・アルバート・ホールには二度と行かない、そう決めた。

Prom 45: Janacek: The Makropulos Affair

Emilia Marty ..... Karita Mattila (soprano)
Albert Gregor ..... Aleš Briscein (tenor)
Dr Kolenatý ..... Gustáv Belácek (bass-baritone)
Vítek ..... Jan Vacík (tenor)
Kristina, Vitek's daughter .... Eva Šterbová (soprano)
Baron Jaroslav Prus ..... Svatopluk Sem (baritone)
Janek ..... Aleš Vorácek (tenor)
Count Hauk-Šendorf ..... Jan Ježek (tenor)
Stage Technician .... Jiri Klecker (baritone)
Cleaning Woman ..... Yvona Škvárová (contralto)
Chambermaid ..... Jana Hrochová-Wallingerová (contralto)
BBC Singers (men's voices)
BBC Symphony Orchestra
Jirí Belohlávek, conductor
Kenneth Richardson, stage director

A dream team gathers for Janacek's late, great existential masterpiece The Makropulos Affair. This tragic satire is powered by a score that contains some of the composer's most extreme and alluring music.

The Finnish soprano Karita Mattila, acclaimed for her 'electrifying' portrayal of the opera's heroine, Emilia Marty, at the Met in New York, is joined by Czech singers and the BBC Symphony Orchestra's Conductor Laureate Jirí Belohlávek.


2月にベルリンで観た時の感想
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2630.html

 マッティラの歌唱をロンドンで聴ける機会はどんどん少なくなってきているので聴くことができて良かった。ピークの頃と較べれば声の潤いや張りは失われつつあるのだろうけど、コンサート形式であってもまるで舞台を観ているような演技は素晴らしい。

 昨晩、最も驚いたのは、指揮者のイリ・ベロフラヴェクの姿。

スクリーンショット 2016-08-20 7.26.25
 
 抗がん治療を受けたのかなとしか思えなかった。

[追記:8月22日]
ガーディアンのレヴュウ

The Makropulos Affair review – Karita Mattila's diva glows with breathtaking opulence
https://www.theguardian.com/music/2016/aug/21/the-makropulos-affair-review-proms-2016-karita-mattila-jiri-belohlavek-janacek

About This Blog

2016.08.17
1999年のクリスマス・イヴにロンドンに来て以来、家族、友人、知人に無理やり送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンをまとめる目的で始めたブログ。
 同じ島国のイギリスと日本、似ていると感じることもあれば、今でも驚かされることも結構ある。ということで、これからも不定期に面白いと思ったこと、興味を惹かれたことなどをアップしていければ、と。

 最近、メイル経由で質問を戴くことが増えていて、お越しくださる人には感謝します。ただ、例えば、「ロンドンに行こうかと思っているんですが、どうでしょうか?」のようなまる投げの質問の返答は、「行きたいかどうか判らないなら、止めたほうがいいのでは」、です。また、ご自分が知りたいことを僕が知っているとは思い込まないでください。質問されるのは構いませんが、質問された方の期待に沿うことは僕の「義務」ではありません。


2012年9月1日

 要望を受けてしばらくトライアルしてみて、スカイプによる心理カウンセリングを正式に始めました。興味をお持ちの方はHPから問い合わせてください。

http://www.iamlisteningtoyou.net/

猫のように眠りたい

2016.08.17
スクリーンショット 2016-08-17 6.22.26

猫になりたいとは思わない。人間と暮らさないといけない生活は、彼らにとって楽ではないだろう。でも、猫のようにぐっすりとした睡眠を毎日楽しめるのは羨ましいとは思う。

Cats    Comment(0)   ↑Top

猫と暮らすこと

2016.08.14
スクリーンショット 2016-08-14 21.16.30

シェルターから引き取る猫は、既にいろいろな境遇をくぐり抜けてきているので、仲良く寄り添って毛繕いをするなんてことを期待してはいけない、ということは学んだ。でも、せめて一緒に写真に撮れたらなとは願っていた。やっと、それなりの写真を撮ることができた。

 引き取る時に言われた通り、Tan Tanの腎機能はゆっくりと、そして確実に機能不全へと向かっている。長く幸せな後半生を送って欲しいが、その為に半年に1回の血液検査が彼にとっていいことなのかは悩む。

Cats    Comment(0)   ↑Top

何故だ?イギリスがオリンピックで躍進している?!

2016.08.14
スクリーンショット 2016-08-14 20.27.59
(ガーディアンからスクリーンショット、2016年8月14日、ロンドン時間午後8時30分)

どうしたんだイギリス?いつからこんなにアスリート大国になっているんだ?2012年のロンドンオリンピック・バラリンピックの時、「座って勝てる競技専門」と揶揄されたのが遠い昔のようだ。

Rio 2016 from the Guardian
https://www.theguardian.com/sport/rio-2016

 ロシアが正式に参加していない、また中国が思ったほど活躍していないこともあるのだろうけど、なんだか全くイギリスらしくない。

ロンドンのタクシィ・ドライヴァーに英語テスト

2016.08.14
ブラック・キャブだろうがUberだろうが、当然だ。人の命を預かるのだから。

TfL defends English test rules amid Uber complaints
http://www.bbc.co.uk/news/technology-37038864

Transport bosses have defended new regulations requiring private hire drivers to pass a test in English, following criticism from Uber.

The company said the exam would put drivers out of work.

From 1 October, Transport for London (TfL) will require the qualification of licence applicants from countries where English is not the majority language.

The new rules will apply to anyone seeking a new licence or a licence renewal.

Initial proposals had called for only proficiency in spoken English, but the final draft requires, among other criteria, at least an intermediate language qualification.

Besides the spoken portion, the exam also tests reading, writing and listening skills.

It is referred to as the "B1" level on the Common European Framework of Reference for Languages.

Someone who passes will have the "ability to express oneself in a limited way in familiar situations and to deal in a general way with non-routine information", the framework says.

Uber said it supported the need for drivers to pass a spoken exam but the requirement to pass a written English exam would "threaten the livelihood of thousands of drivers".

In an email to users calling on them to write to the London Mayor, Sadiq Khan, Uber's general manager in London, Tom Elvidge, said: "Fewer drivers will mean longer waiting times or no cars when you need them most."

He also said the B1 qualification would demand more of applicants than the British citizenship test.

In addition, Mr Elvidge said TfL's new rules were more stringent than those the government applied to employees who interacted with the public as part of their duties.

Helen Chapman, TfL's general manager of taxi and private hire, said they were "working to modernise and improve standards in London's private hire industry" and it was appropriate for an English language requirement to apply to private hire drivers.

A TfL spokesman said it was presumed that to pass the black cab drivers' "Knowledge" exam, applicants would need a much higher proficiency in English than the intermediate level to be required of private hire drivers.


 ロンドンのブラック・キャブ(といっても、最近は色とりどり)も様々なショーファー・サーヴィス会社との競争が激化していてドライヴァーの態度は一昔前よりずっとまし。クレジット・カード、デビット・カードでの支払いも義務づけになっているはず。

 ブラック・キャブとプライヴェイト・タクシィ・サーヴィスの違いの一つ。それは、ブラック・キャブはロンドン市内のバス専用道路を走ることができるが、Uber等のプライヴェイト・ドライヴァーはそれができない。つまり、一般道が大混雑していてバス専用レインが空いている場合、ブラック・キャブはその専用レインで混雑を回避できるが、Uberは渋滞から逃れられない。

ロンドン地下鉄、週末24時間運行に

2016.08.14
スクリーンショット 2016-08-14 13.40.25
スクリーンショット 2016-08-14 13.46.53
(ロンドン交通局のサイトのスクリーンショット)

ロンドン市長が代わって廃案になったのだとばかり思っていたロンドンの地下鉄の24時間運行が、今度の金曜日、8月19日からまずは2路線で始まる。

The Night Tube
https://tfl.gov.uk/campaign/tube-improvements/what-we-are-doing/night-tube

London is already a 24-hour city, and thanks to the huge investment to modernise the Underground, we are now rolling out a 24-hour Tube to match. Demand has soared over recent years, with passenger numbers on Friday and Saturday nights up by around 70 per cent since 2000.

Across the Night Tube lines, you will be able to travel between Central London and the outskirts of the city. It will be pivotal to London's night economy and complement our existing Night bus services and London Taxi and Private Hire vehicles.


Countdown to a non-stop capital: London goes 24-hour
https://www.theguardian.com/cities/2016/aug/14/night-time-economy-london-countdown-to-non-stop-city

 この記事で最も落胆したのは、カーン市長のこの発言。

Khan continues: “As far as I’m concerned, it’s a win-win situation.
 
 活用されていないらしい夜間に新しいビジネスを始めればロンドンにとって税収が増えるだろうし、新しい人材やビジネスの活力をロンドンにもたらすことになるだろう。他方、昼間に働く人達と夜間に働く人達のコミュニケイションは断絶し、コミュニティの成熟にはつながらないのではないかと思う。いずれにしろ、Win-Win situationという言葉を無条件に受け入れることはできない。

嫌いな英語:win win situation 永久機関をつくれないのと同じ
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1759.html

 記事を読んでもう一つ考える点は、6月の国民投票の結果で明らかになったロンドンとその他のイングランドの地域との間の人々の意識、生活様式、社会の構成の差が更に拡大していくのではないかということ。地下鉄の24時間運行によって議論されるであろう幾つかの課題を、ロンドンに住まない、ロンドンに来ることができない人達と共有できるのだろうか。

Nevertheless, night work comes with its own problems: it has been associated with health issues including obesity, diabetes and breast cancer, and adverse effects on home life and relationships. It is also a source of unhappiness for many who have it thrust upon them: after plans for the night tube were announced, tube drivers were involved in a number of controversial strikes. This, said RMT general secretary Mick Cash, was “to protect their work/life balance and not fall into a trap where they will be forced to wreck their home lives in order to [...] plug the staffing gaps in the night tube plans”.

Keeping all this in mind, Ben Rogers suggests increasing minimum wage and living wage rates for night work: “I’m all for night-time activity in London but I think it’s important to attend to the welfare of night workers. A higher rate of pay would take into account some of the costs associated with shift work.”

Another central concern is safety: with the police increasingly stretched, and predictions that sex offences will rise on the night tube, keeping Londoners safe will be a challenge. In March, British Transport Police identified 12 “red stations” at risk of increased crime and antisocial behaviour, which will receive extra patrols, and announced that 100 officers would be patrolling the 144 open stations, which will continue to be staffed. “It’s really important that people feel safe using the night tube,” says Khan. “We’ll be announcing additional officers in London when full services are under way, with at least as many officers out during the night as would be during the day.”


 国民投票直後、ロンドンはイギリスから分離して都市国家として欧州連合にとどまって欲しいと言う議論があった。その時は否定的な意見が多かった。しかし、国民投票から2ヶ月弱過ぎて、勢いを感じるニュースはロンドンからだけという印象が強い。地域の分断が経済の分断によって加速するのではと考えてしまう、ロンドン地下鉄の24時間運行。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.