FC2ブログ

LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

東部コーンウォール

2019.02.21
47097054332_9d0cbc7dfe_z.jpg

週末、コーンウォール東部へ友人たちと。写真は、LiskeardLooeの中間にあるDuloeという小さな村にあるストーン・サークル。コーンウォール東南部の詳細は週末以降に。


スポンサーサイト

Samiは何処だ?

2019.02.14
Sami, where are you?

47085966271_2151caf083_z.jpg

There he is.

46172504305_5923cc688f_z.jpg

40121269553_ce8cbd426f_z.jpg

Cats    Comment(0)   ↑Top

Brexitを戦争にかぶせる愚か者たち

2019.02.13
何も決まらないイギリスの欧州連合離脱。2回目の国民投票の声はいつの間に消滅してしまったようだ。メイ首相の比較するものがないほど愚かな頑固さで、なんだか離脱案が了承されそうな雲行きになってきているが、No Deal Brexitの可能性はまだ高い。

 先週、離脱強硬派が、No Deal BrexitになってもイギリスはDunkirk spiritで乗り切れると言い始めた。それへの反論。

Fantasies of Dunkirk spirit couldn’t survive a no-deal Brexit
https://www.theguardian.com/commentisfree/2019/feb/05/dunkirk-spirit-no-deal-brexit-crashing-out-eu

 トインビィさんは、最後の部分でこう書いている。

That’s why I remain convinced that May will swerve away from a no-deal kamikaze. The danger is these no-deal scares will make any Brexit deal look benign: it won’t be. On Brexit day, if we enter her transition, nothing will change. Cue sighs of relief that all is OK, but it won’t be. With years more trade wrangling ahead, Brexit Britain will be a slow puncture – we’ll be poorer, meaner, weaker and more nationalistic. No doubt we shall still strut like turkey cocks. No doubt our best export will be nostalgic movies about the war. But the best Brexit is no Brexit.

 僕は、欧米のメディアが「Kamikaze」、同様に「Hrakiri」を形容詞として使うときはろくなことが書かれないと確信している。しかし、トインビィさんのさんの選択は、今回、正しいと感じる。

As a Japanese, I am appalled when all the media including Japanese ones when they use Kamikaze. At the end of WW2 in Japan, many young people were forced to be murdered when they were only provided one way fuel to their deaths. The then Japanese government and still now far-right politicians in Japan describe their being murdered as kamikaze spirit. Kamikaze is always used when people in power desperately want to hide something from public. From this point, Ms Toynbee chooses the right word because Brexit is absolutely one way for many ordinary people to see their life ruined. The only one solution is to cancel Brexit.
 
 先週は、欧州連合のトゥスク氏による辛辣な発言(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-3116.html)があり、また、日産の工場増産計画撤回の報道に、離脱強硬派が半狂乱で欧州連合、そして日本を批判した。

Brexit: May says she wants changes to backstop, not removal – Politics live
https://www.theguardian.com/politics/live/2019/feb/05/brexit-latest-news-developments-theresa-may-speech-northern-ireland-eu-will-be-to-blame-if-theres-no-deal-says-transport-secretary-chris-grayling-politics-live

 読者フォーラムに投稿したコメント。

Hardly being surprised, now Brexiters with JC and the cabinet blame Japan and EU, and am sure they will soon start to blame the rest of the world. On the one hand, they describe themselves that Brexiters could rule the waves. On the other hand and from now on, they see themselves as victims because they cannot get enough attention to please their greediness and senseless demands. Aren't we lucky to experience this once-in-lifetime comedy?

 普段は読まないウィークリィ・コラムの離脱強硬派への反論が素晴らしかった。

A special place in hell ... and an unwanted place on Earth
https://www.theguardian.com/uk-news/2019/feb/08/a-special-place-in-hell-and-an-unwanted-place-on-earth

Friday
After Donald Tusk’s outburst about there being a special place in hell for those who promoted Brexit without a clear plan of how to deliver it safely, Theresa May’s handshake for the cameras with Jean-Claude Juncker was decidedly frosty when the prime minister arrived in Brussels the following day. May went on to brief journalists that Tusk’s remarks were unhelpful and she expected more from EU leaders. This seemed a little harsh. Not only could Tusk be forgiven for being a little fed up with having been forced to spend the last two years of his life trying to sort out a situation that the UK didn’t have a clue how to sort out itself, it was also double standards. Ministers and MPs have been far more insulting to the EU – frequently likening it to Nazi Germany – and May has never voiced a word of criticism of them. It’s time to end the lazy mythologising of Brexit by draping it in the second world war rhetoric of Hitler and the Dunkirk spirit. Millions of people lost their lives in the war and millions more were permanently damaged by it. The day before my uncle died in 1996, my mother went to see him in hospital. He was crying and held his hands over his ears saying he could still hear the guns of Monte Cassino. Two months before my father died in 1999, he told my mother that during a Malta convoy he had been ordered to steer his ship through a crowded sea of men from another ship that had been sunk because they would be torpedoed if they stopped. The guilt had stayed with him throughout his life and he’d never been able to voice it. My mother is now 95 and in a nursing home. One of her few clear memories is of being machine-gunned by a Messerschmitt as she returned home from duty in Portsmouth harbour where she was serving as a Wren. This is the reality of the war and it’s nothing like Brexit. Brexit is an entirely avoidable act of self-harm that could at least be mitigated if politicians were prepared to put the national interest before party interest.

 どのような意見を持つのは個人の自由としても、在英日本人の中にも、離脱賛成の意見がある事実にはとても残念としか思わない。イギリスの欧州連合離脱は、イギリスで暮らす多くの人々だけの問題ではない。欧州連合各国で暮らす普通の人々の暮らしも直撃を避けられないだろう。

'Un big mess' – how the rest of Europe views Brexit
https://www.theguardian.com/politics/2019/feb/12/un-big-mess-how-rest-of-europe-views-brexit

Eastern European companies fear 'chaos' of no-deal Brexit
https://www.theguardian.com/politics/2019/feb/13/eastern-european-companies-fear-chaos-of-no-deal-brexit

Trade with central and eastern Europe already affected and local GDP could shrink by 5%

 僕には、どの国籍であろうとも、イギリス国内で離脱賛成を唱える人たちには、他者との共存という思考を持てない、そして持ちたくない、とても悲しい人格だとしか、もはや思えない。

Brexit    ↑Top

IDLES: 久しぶりに、ライヴを観たいかなと感じたバンド

2019.02.11
IDLES - DANNY NEDELKO

https://www.youtube.com/watch?v=QkF_G-RF66M

ガーディアンのインタヴューで破天荒な印象があり、いつか視聴してみようと思い、昨晩ついに。全ての曲がいいとは感じないが、ディストーションがかかなりながらもメロディが外れないギターが素晴らしい。

 The Specialsが、初めてチャートの一位になったニュースに和んだ、終わりなきブレグジット悪夢のイギリス。

The Specials reach No 1 in album charts for first time with Encore
https://www.theguardian.com/music/2019/feb/08/the-specials-reach-no-1-in-album-charts-for-first-time-with-encore

Songs    Comment(0)   ↑Top

仏の顔も三度まで:ついに、欧州連合はイギリスを見放すか?

2019.02.06
ついに、欧州連合の寛容も限界にきたようだ。

スクリーンショット 2019-02-06 12.28.19

'Special place in hell': Donald Tusk derides Brexiters without a plan


https://www.youtube.com/watch?v=2-Dx4Rnl5Og

スクリーンショット 2019-02-06 12.29.45
スクリーンショット 2019-02-06 12.30.08

 正直、欧州連合内におけるユンカー氏とトゥスク氏の権威の違いは理解していない。しかし、時折、粗野な振る舞いをするユンカーと比べてトゥスクさんはいつも温和な印象がある。実際の性格は知らないが、温和に思える彼が切れたということは、イギリス側はやりすぎたということだろう。もう、戻れないだろうな。

 ガーディアンのフォーラムに書き込んだコメントへの返信がそのような印象はあながち間違っていないのかなと。

Mr. Tusk speaks for the Council of the EU 27. On this particular issue the PM's of the 27.

Being the consumate pro he is, he would refrain from airing merely his onw personal views.
Which means, and this is in line with what is coming from government sources in the continental press, that it is in fact the EU 27 who are fed up with Brexiters. Which in terms of Brexit is far more worrying.

Well to Brits.

I doubt Brexiters grasp this simple fact though.


ガーディアンのブレグジット記事
https://www.theguardian.com/politics/eu-referendum

 食料品の買い置き、考えなければかな。少なくとも、猫の食事は確保しておかなければ。人間は空腹を我慢できるが、愚か者のせいで猫が空腹に追い込まれるのは、理不尽だ。

Brexit    Comment(0)   ↑Top

泥沼の欧州連合離脱、エリザベス女王が避難させられることになるかもしれないらしい

2019.02.04
QueenBrexit.jpg
https://www.theguardian.com/commentisfree/picture/2019/feb/03/ben-jennings-on-reports-the-queen-could-be-evacuated-if-brexit-turns-ugly-cartoon

昨日の日曜日、2019年2月3日の報道で思わず笑い、そして考えてしまったニュース。

Queen to be evacuated if Brexit turns ugly – reports
https://www.theguardian.com/politics/2019/feb/03/queen-to-be-evacuated-if-brexit-turns-ugly-reports

イギリスが欧州連合からの離脱に際して、No Dealになった場合、社会に混乱が生じる懸念が高まり、非常事態が起きた時には、王室の主要メンバーをロンドンから安全な場所へ避難させる計画が話し合われている、とサンディ・タイムズとタブロイドのSun紙が報道した。2019年になってから、日毎にNo Dealでの離脱が現実味を帯びてきて、かつ、国民投票を再び行って民意を明確にする機運が急速にしぼんでしまい、さらに、離脱反対派の無力感が可視化されるほどの現状。こんなことが再び起きるのだろうか?

2011年8月の暴動
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1425.html

 恐怖心を煽るつもりでも、煽られることを受け入れる意思もないが、3月29日前後にイギリスへ来ることを計画している人たちは、再考をした方が良いと思う。暴動が起きるかもしれないし、国家機能が著しく低下するかもしれないし、何より、日常生活への影響がどれほどになるのかを誰も予想できないというのは、かなり困る。

 仮に暴動が起きて、女王を始め王室メンバーが避難するような状況になると、イギリスはまさに世界の笑い者になるだろう。

Brexit    Comment(0)   ↑Top

雲が映える、混乱のロンドンの空

2019.01.31
46877842682_33f7ed75d9_z.jpg

雪の予報が外れて、代わりに、素晴らしく巨大な雲がロンドンの空に広がったので、プリムローズ・ヒルへ。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157704814002231/

46015969705_3519cc1720_z.jpg

 ブレグジット、どうなるのだろう?

パティセリィ・ヴァレリィ、破綻

2019.01.23
破綻を避けるために色々と延命策を模索していたパティセリィ・ヴァレリィが破綻した。

Patisserie Valerie shuts 71 cafes – including Old Compton Street
https://www.theguardian.com/business/2019/jan/23/patisserie-valerie-cafes-shut-old-compton-street-london

Patisserie Valerie関連記事
https://www.theguardian.com/business/patisserie-valerie

 最悪な事態になっても閉じないと思われていたオールド・コンプトン・ストリートの店舗が閉鎖になってしまったのは、とても厳しい状況なのだろうと推測する。

 個人的な思い出があるのは、マリルボーン・ハイ・ストリートの店舗。観光客時代の頃から、カフェ・ヴァレリィになる以前の「メゾン・サーニュ」の趣が残る店内の雰囲気はとても好きだ。入れ替わりの激しいマリルボーン・ハイ・ストリートで、過去20年、変わらずに営業を続けているのは、アニエスB(おそらく)、ドーント・ブックスウェイトローズブーツコンラン・ショップ、そしてカフェ・ヴァレリィくらい。仮にカフェ・ヴァレリィがマリルボーンからなくなりでもしたら、悲しい。ちなみに、キャスは昨年の秋に閉店した。

 パティセリィ・ヴァレリィの破綻はブレグジットによるものではなく、内部の不正会計による巨額損失。しかし、ブレグジットの混乱がますます悪化する状況で、国内で名の知られる飲食チェーンの破綻の影響は、大きいだろう。

日本語風の名前は、日本人だけが許される、とは限らない: Aya Nakamura

2019.01.23
Aya Nakamura
(ガーディアンから無断拝借)

普通、「Aya Nakamura」という名前からは、日本人だと思うし、日本とのつながりを探そうとするのは自然といえば自然。

Aya Nakamura: afropop's reluctant face of empowerment
https://www.theguardian.com/music/2019/jan/23/aya-nakamura-interview-french-afropop-reluctant-face-of-empowerment

 記事読んだけど、日本との直近の「血」のつながりはないようだな。

 面白い。僕自身、無意識に日本人風の名前は、日本人だけが名乗るのだと思い込んでいたことを、この記事を読んで思い至った。考えなくても、「Aya Nakamura」という日本語の響きがあるような名前を、日本人だけが名乗ることができるなんてことは、ない。

 記事の主旨は全く違うが、昨日、ガーディアンにとても興味深く、かつ、僕自身の生活でも起きるであろうことが掲載された。

My patient made racist remarks about me. I decided to do something about it
https://www.theguardian.com/society/2019/jan/22/patient-racist-remarks-nhs

I am a GP in Glasgow and one day last week, a patient saw me walk out at reception. They approached the receptionist and said they wanted an appointment but not with an Asian doctor. My receptionist said: “She’s Scottish.” The patient replied: “She doesn’t look Scottish”, to which my receptionist asked: “What do Scottish people look like?”

 では、日本人の「定義」は?日清の意見を伺ってみよう!

OsakaNaomiNissin.jpg

Naomi Osaka sponsor apologises for 'whitewashing' tennis star in ad
https://www.theguardian.com/sport/2019/jan/23/naomi-osaka-sponsor-apologises-for-whitewashing-tennis-star-in-ad

[追記:2019年1月24日]
友人と話していて思ったこと。この逆で、日本で生まれ育つ人が、守屋ジョン守屋アレキサンダー守屋クリスティーンとか守屋レオニダス、なんて名前を名乗っても別にいいわけだ。キラキラネイムよりずっとまともな気がする。

TRIO ConcertDance@リンベリィ、ロイヤル・オペラ・ハウス

2019.01.23
46089628934_ca43ab04e2_z.jpg
(リンベリィ、2019年1月20日)

ロイヤル・バレエのカテゴリ、本当に久しぶりだ。

 タイムズ紙にアレッサンドラ・フェリのインタヴューが掲載されるまで全く見落としていたダンス公演。

TRIO ConcertDance
https://www.roh.org.uk/productions/trio-concertdance-by-alessandra-ferri

World-renowned ballerina Alessandra Ferri returns to the Royal Opera House to perform an innovative programme with American Ballet Theater Principal dancer Herman Cornejo and acclaimed pianist Bruce Levingston. The evening features specially commissioned choreography by Russell Maliphant, Demis Volpi, Fang-Yi Sheu, Herman Cornejo and Wayne McGregor as well as dance devised by Angelin Preljocaj. The music includes Ligeti, Mozart, Satie, J.S. Bach (trans. Kurtag) and Philip Glass.

This programme explores the intimate connection between music and dance, and silence and stillness, so succinctly expressed by the words of choreographer George Balanchine: ‘See the music, hear the dance.’


 約3年の改装を経て再びオープンしたリンベリィ劇場の、ま、杮落とし公演。フェリのダンスを見たことはない。僕がバレエに興味を持った頃にはすでにロンドンを離れていたし、ある時期のロイヤル・バレエの女性プリンシパルならだれにでも使われたように思う、「マクミランのミューズ」という枕詞が好きではないので、あえて観たいと強く思うダンサーではなかった。

 で、インタヴューの内容から、振付家が結構すごいことを知り、これはフェリのダンスを経験するいい機会になるかと。ロイヤルのウェブではすでに完売。しかし、以前、何度も体験したコーポレイトのリターンがあると思っていたし、実際に大量にリターンが出た日があり、難なく購入できた。

 最も楽しみにしていたのは、Preljocajの「Le Parc」の最後のパ・ド・ドゥ。2005年にサドラーズであったパリ・オペラ座公演以来観る機会がなかった。あれ以来、パリ・オペラ座はロンドンには来ていないはず。自分が書いたチャコットの記事があるかなと検索したけど、見つからなかった。14年もの間に、自分の中で美化しすぎたのかもしれないが、サドラーズで見た時に感じた、「こんなに官能的な振り付けを舞台で見せていいのか」という感想は持たなかった。でも、実際にダンサーが踊るのを見るのは良い。勘違いでなければ、パリ・オペラ座でも頻繁には上演されていないようなので、ほんの数分でも、めったにロンドンで見られない類の振り付けを見られたのは幸運だった。

 誰だか全く知らなかったDemis Volpiの振り付けでの、両者の腕の動きの美しさは格別。踊りとして最も楽しめたのは、ラッセル・マリファント。3月、サドラーズで世界初演になる彼の新作への期待が高まる。

 もう一回見る予定。初回、全く面白くなかったマックグレガーをじっくり。サドラーズもうかうかしていられないだろう。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.