LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June 

日本国外発行のクレジット・カード、デビット・カードがオンラインショップで利用できなくなる: その2

2017.01.20
友人・知人が催す日本国内での行事には、物理的に参加できないことは判りきっているので、無沙汰を弁えつつ、何かを送るということはあまりしない。

 しかし、この年齢になると、電報を送りたいと思うことも次第に増えて来る。ということで、問い合わせた。返答は以下の通り。

スクリーンショット 2017-01-20 6.39.53
 
 日本語で注文できない外国人を想定していない、というのはこのようなサーヴィスの場合、理解しよう。しかし、海外で暮らす日本人全てが日本発行のクレジット・カードを未来永劫まで所持している、と日本の企業は思っているのだろうか。

 「おもてなし」って、外国人にだけなのかな。

日本国外発行のクレジット・カード、デビット・カードがオンラインショップで利用できなくなる
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2812.html

[追記]
 友人からの指摘、「これ、例えば海外から日本へ移住した方なんかは日本でわざわざクレジットカードを作ってない人だっているだろうに」。その通りだと思う。この状況、海外在住の日本人だけの問題ではない。

スポンサーサイト

Little Veniceが夕闇に沈む頃、冬

2017.01.19
スクリーンショット 2017-01-19 17.26.18

今日も再び、きりっとした寒さの美しい冬の一日。リトル・ヴェニスへの運河が綺麗かなと思ったら、綺麗だった。

アルバム
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157677615394871


フィッシング・メイルには気をつけろ

2017.01.18
今日、こんなのが届いた。

スクリーンショット 2017-01-18 18.01.31

 未だかつてマイクロソフトにメイル・アドレスを登録したことはないので、スクリーン・ショットして即ゴミ箱。ちなみに、発信されたアドレスは、account-security-noreply@account.microsoft.com。本文を読むとエラーの可能性もある様だが、それならそれでとても迷惑だ。

 自分がアクションを起こしていないのなら、このようなメイルが届いてすることは、即、ゴミ箱。今日は、アマゾン・ジャパンからもシステム・エラーで覚えのなメイル(これは単にエラーで、詐欺でないことが判明)が来たので、アラート全開。

運河の夕暮れ、冬

2017.01.18

About This Blog

2017.01.14
1999年のクリスマス・イヴにロンドンに来て以来、家族、友人、知人に無理やり送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンをまとめる目的で始めたブログ。
 同じ島国のイギリスと日本、似ていると感じることもあれば、今でも驚かされることも結構ある。ということで、これからも不定期に面白いと思ったこと、興味を惹かれたことなどをアップしていければ、と。

 最近、メイル経由で質問を戴くことが増えていて、お越しくださる人には感謝します。ただ、例えば、「ロンドンに行こうかと思っているんですが、どうでしょうか?」のようなまる投げの質問の返答は、「行きたいかどうか判らないなら、止めたほうがいいのでは」、です。また、ご自分が知りたいことを僕が知っているとは思い込まないでください。質問されるのは構いませんが、質問された方の期待に沿うことは僕の「義務」ではありません。


2012年9月1日

 要望を受けてしばらくトライアルしてみて、スカイプによる心理カウンセリングを正式に始めました。興味をお持ちの方はHPから問い合わせてください。

http://www.iamlisteningtoyou.net/

吉田都さんのトーク・イヴェント@ロンドン

2017.01.14
昨晩、1月13日、大和日英基金が主催した吉田都さんのトーク・イヴェントへ。友人が教えてくれなかったら見損なっていた。

Ballerina: The Reason I Keep Dancing
http://www.dajf.org.uk/event/ballerina-the-reason-i-keep-dancing

Japan has and continues to produce world class ballet dancers. Dancing at The Royal Opera House in Covent Garden is the pinnacle of a dancer’s career, and young Japanese ballet dancers dream of joining the world-famous Royal Ballet company. Such is the success of Japanese ballet that Ryoichi Hirano and Akane Takada are currently principal dancers in the Royal Ballet. Miyako Yoshida, who has performed in numerous leading roles at the Royal Ballet, is probably the most famous Japanese ballerina in Britain. After retiring from the company, she is now teaching young talented dancers in Japan the art of ballet. In this talk, we invite her to tell us about her ballet experiences and to share her love of dancing with us.

Born and trained in Tokyo, Yoshida joined The Royal Ballet School in 1983 after winning the Prix de Lausanne. In 1984, she joined Sadler’s Wells Royal Ballet, (now known as the Birmingham Royal Ballet), where she was promoted to principal dancer in 1988. In 1995, Yoshida joined the Royal Ballet as principal dancer. Spending most of her career in Britain, Yoshida captured the hearts of the British people, subsequently being awarded the prize of Best Female Dancer in the 2006 National Dance Awards. Known for her expressiveness, precision and feather-light yet powerful movement, Yoshida is beloved by many and has established a huge fan base both in Britain and all over the world. With more than two decades spent in dance, Yoshida took her final bow in Covent Garden with an emotional performance of Cinderella, reserving Romeo and Juliet for her final curtain call in her native Tokyo. In 2010 she left the Royal Ballet and is now a freelance dancer. She records her experiences as a ballerina in her recently published book, Ballerina: The Reason I Keep Dancing, 「バレリーナ・踊り続ける理由」.


 イヴェント終了後、吉田さんの新著のサイン会があった。もし吉田さんが覚えている、もしくは何らかの印象を持っているのであれば2004年に出演した、ケネス・マクミランの「アナスタシア」でのクシェシンスカを踊った時の印象を尋ねてみた。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-287.html

 もちろん、その舞台をピンポイントで鮮明には覚えてはおられなかったが、印象に残る役だったとのこと。トークの中で、ロンドンで踊ることはないだろうとのこと。でも、今でもこんなに人気があるのだから、サドラーズで1週間くらい座長公演しても完売になると思う。

吉田都さんのフェアウェル、でもとても幸せな夜
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1187.html

Radical Action by King Crimson (ジョジョではない)

2017.01.11
DSC04667.jpg

新しい音楽も聴いてはいるのだけど(The XXとか)、2015年末の日本ツアーの音源を中心にまとめたキング・クリムゾンの音が素晴らしく、そしてもちろん、懐かしい。

DGM Live
https://www.dgmlive.com/

King Crimson Japan Official
http://www.king-crimson.jp/

ロッキング・オンのクリムゾン関連情報
http://ro69.jp/artist/4788

 最新の情報では、ドラムスが4人になるらしい。ロバート・フリップトニィ・レヴィンが70歳、メル・コリンズも確かそろそろ70歳だから、彼らがロンドンでライヴをするなら行くべきだろう。

Songs    Comment(0)   ↑Top

私が鳴こうホトトギス:戸川純 with Vampillia

2017.01.11
DSC04666.jpg

戸川純さんが「玉姫様」で注目を集めたとき、一体どれほどの人が、彼女が35年後に歌手として活動していると想像しただろうか?

戸川純 with Vampillia
わたしが鳴こうホトトギス

http://www.virgin-babylon-records.com/unsupermarket/music_059.html

 ながらができないので、浴びるほどは聴いていない。また、新しいアレンジに戸惑うこともまだある。「諦念プシガンガ」のイントロなんて、それとは気づかなかった。しかし、嬉しい、という言葉でしか今の想いを表現できない。戸川さんの轟音ライヴに参加したい。

 Vampilliaというバンドについては全く知らなかった。メンバーの名前をみて驚いたのが、「吉田達也(ruins)」。同じく35年前、その頃から既に王道ポップスには全く興味を惹かれず、斜に構えて判っている振りをして読んでいた音楽雑誌、「フールズメイト」の常連がruinsだった。活動を続けているのは知っていたが、まさかこんな機会が訪れるとは。確か昨年、イギリスのどこかで「ボアダムズ」がライヴを行って高い評価を得ていたので、あの頃の日本のアンダーグラウンド系の音楽家は普遍性を持っていたのだろう。

Songs    Comment(0)   ↑Top

2017年1月9日、ロンドンゾーン1の地下鉄駅、ストライキで閉鎖

2017.01.08
地下鉄駅に勤務する職員のストライキが、今晩、1月8日の午後6時から、明日、1月9日の午後6時までの24時間、実施される。現在、午後5時45分。おそらくストライキは避けられない。

Dear Mr Moriya,

Station staff who are union members will be on strike from 18:00 this evening, Sunday 8 January for 24 hours. We expect Tube services to be severely reduced this evening and all day tomorrow, Monday 9 January. Please complete your Tube journeys by 18:00 this evening.

We will run as many services as possible but most Zone 1 Tube stations will be closed and there will be no service on either the Victoria or Waterloo & City lines. This will mean severely reduced services and a later 07:00 start to services tomorrow, Monday. We will run additional bus and river services but buses, roads and rail services are expected to be much busier than usual, particularly those bus routes serving major interchange stations. Santander Cycles will be available as normal.


 今回、このストライキを支持する気分にはなれない。切符売り場の窓口が多くの駅で閉鎖されて、駅職員や乗客の安全が危険にさらされているからというのが理由らしい。しかし、窓口がなくなったら、改札の横で日がな一日職員同士で喋り続けている姿を観ていると、「君たちの給料は、昨晩見たテレビ番組がどうだったかとか、サッカーの試合がどうだったかを職員同士で毎日話すタメに払われていない。そんな為に高い運賃を払う理由がない」、といいたくなる。

 現実問題として、明日、1月9日に観光でロンドンに滞在している人達は、ゾーン1内では地下鉄を利用できないことを知っておいて行動計画を立てた方が良いだろう。

[追記:1月9日]
ガーディアンの昨年末の記事。

What is productivity and why is the UK's so poor?
https://www.theguardian.com/business/2016/dec/25/what-is-productivity-why-uk-poor

ブライアン・イーノのメッセイジ

2017.01.07
日本語に翻訳されたブライアン・イーノの新年のメッセイジが静か、且つ思慮深いものだったで、オリジナルを紹介。

2016/2017

The consensus among most of my friends seems to be that 2016 was a terrible year, and the beginning of a long decline into something we don’t even want to imagine.

2016 was indeed a pretty rough year, but I wonder if it’s the end - not the beginning - of a long decline. Or at least the beginning of the end….for I think we’ve been in decline for about 40 years, enduring a slow process of de-civilisation, but not really quite noticing it until now. I’m reminded of that thing about the frog placed in a pan of slowly heating water…

This decline includes the transition from secure employment to precarious employment, the destruction of unions and the shrinkage of workers’ rights, zero hour contracts, the dismantling of local government, a health service falling apart, an underfunded education system ruled by meaningless exam results and league tables, the increasingly acceptable stigmatisation of immigrants, knee-jerk nationalism, and the concentration of prejudice enabled by social media and the internet.

This process of decivilisation grew out of an ideology which sneered at social generosity and championed a sort of righteous selfishness. (Thatcher: “Poverty is a personality defect”. Ayn Rand: “Altruism is evil”). The emphasis on unrestrained individualism has had two effects: the creation of a huge amount of wealth, and the funnelling of it into fewer and fewer hands. Right now the 62 richest people in the world are as wealthy as the bottom half of its population combined. The Thatcher/Reagan fantasy that all this wealth would ‘trickle down’ and enrich everybody else simply hasn’t transpired. In fact the reverse has happened: the real wages of most people have been in decline for at least two decades, while at the same time their prospects - and the prospects for their children - look dimmer and dimmer. No wonder people are angry, and turning away from business-as-usual government for solutions. When governments pay most attention to whoever has most money, the huge wealth inequalities we now see make a mockery of the idea of democracy. As George Monbiot said: “The pen may be mightier than the sword, but the purse is mightier than the pen”.

Last year people started waking up to this. A lot of them, in their anger, grabbed the nearest Trump-like object and hit the Establishment over the head with it. But those were just the most conspicuous, media-tasty awakenings. Meanwhile there’s been a quieter but equally powerful stirring: people are rethinking what democracy means, what society means and what we need to do to make them work again. People are thinking hard, and, most importantly, thinking out loud, together. I think we underwent a mass disillusionment in 2016, and finally realised it’s time to jump out of the saucepan.

This is the start of something big. It will involve engagement: not just tweets and likes and swipes, but thoughtful and creative social and political action too. It will involve realising that some things we’ve taken for granted - some semblance of truth in reporting, for example - can no longer be expected for free. If we want good reporting and good analysis, we’ll have to pay for it. That means MONEY: direct financial support for the publications and websites struggling to tell the non-corporate, non-establishment side of the story. In the same way if we want happy and creative children we need to take charge of education, not leave it to ideologues and bottom-liners. If we want social generosity, then we must pay our taxes and get rid of our tax havens. And if we want thoughtful politicians, we should stop supporting merely charismatic ones.

Inequality eats away at the heart of a society, breeding disdain, resentment, envy, suspicion, bullying, arrogance and callousness. If we want any decent kind of future we have to push away from that, and I think we’re starting to.

There’s so much to do, so many possibilities. 2017 should be a surprising year.

- Brian


 日本語訳はこちら。

ブライアン・イーノ、新年のメッセージの日本語訳が公開に
http://nme-jp.com/news/31823/

 イーノは、国民投票で、欧州連合残留を支持していた。

Brian Eno urges Brits to vote against Brexit
http://www.nme.com/news/music/brian-eno-1198719

 彼のような政治的な意見をきちんと言えるミュージシャンは、イギリスでも希少になりつつある。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.