LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

イングランドの秋は一気に

2017.09.25
ウィズリィは秋の色で静かに輝いていた。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157688809745506/

37270352831_ea55db92ff_z.jpg
(これは温室で咲いていた。まるで花火みたいだ)

36600745763_6531206cd2_z.jpg

37412622855_47b0ceb69e_z.jpg

37241783122_999717d99f_z.jpg

37413429595_47cd957d79_z.jpg

37413427295_dbf64eed2b_z.jpg

 忙しくなる前に、年内最後の訪問と思っていた。でも、来月もう一度、行けるように頑張ろう。

スポンサーサイト

初秋の日差しの心地よさ

2017.09.24
37251478632_560caa48ce_z.jpg

 こんな写真を撮れる日常を、幸せと言うのだろう。


Cats    Comment(0)   ↑Top

Tan TanからAppleへのお願い:MacBook Proをください、枕にちょうど良いんです

2017.09.19
ちょっと席を離れると、すぐにこうなる最近。

36506382143_b1a4bc9120_z.jpg

37147275112_da8f3bf6ee_z.jpg

 マシンが熱くて気持ちいいのかな。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157685347401292

Cats    Comment(0)   ↑Top

EUの将来図には、すでにイギリスはない

2017.09.18
先週、欧州連合のユンカー氏の発言にムッとしつつ、結局、Brexitが話題になるのはイギリス国内だけなのではと思い始めている。

Juncker says EU will 'move on' from Brexit in state of union speech
https://www.theguardian.com/politics/2017/sep/13/jean-claude-juncker-plays-down-brexit-in-eu-state-of-union-speech

European commission president says UK departure is tragic but isn’t everything, and eyes expansion of eurozone and Schengen

 この記事では、ガーディアンはコメントを受け付けなかったが、他の関連する二つの記事にコメントし、それへの反応を読んで、欧州連合内に暮らす人々にとって、ブレグジットはもはや深刻な課題ではなく、さらに、さっさと終わらせたいのだろうと強く感じる。

I worked for Vote Leave, but I now realise Britain must stay in the single market
https://www.theguardian.com/commentisfree/2017/sep/14/vote-leave-britain-single-market-tories-labour-brexit

You would do well to remember that there are plenty of Europeans who are sick and tired of the UK behaving like an entitled prat and cannot wait to see the back of it. Plenty of federalists in Europe as well. Personally, I can't wait for brexit and this nonsense to be over with so we can get on with things without the UK being difficult all the time. Stopping brexit would be a nightmare scenario that I don't wish to encounter, on top of all the previous problems UK has now thoroughly demonstrated itself to be an incompetent and untrustworthy partner.

Why Europe will miss the disruptive Brits
https://www.theguardian.com/commentisfree/2017/sep/14/europe-miss-brits-jean-claude-juncker-unified-union

I'd imagine most wouldn't give a monkeys, Most people have far bigger worries in life than Brexit - Whether you French, English, Dutch or one of many others in pretty sure most don't give a toss and either should they.


I suggest you ask them yourself as The Guardian, sadly, is not impartial or balanced and cannot be trusted to tell the truth. I toured through France, Belgium, Germany, Austria, Hungary and Italy for all of August and had two brief conversations about Brexit whereas last summer I had plenty. My impression is that they have accepted we're leaving and are quite sanguine about it or not really interested any more.
I voted Remain.


Surveys so far show indifference to Brexit in most EU countries. For them little Britain is just one country of 28, soon to be 27. They are more concerned with their own futures and the prosperity that comes of being a bigger player in the world than they would be as individual countries.


 イギリスの政治家は、道化師のよう。自虐もここまで滑りまくると、滑稽を通り越して無残でしかない。

The eurozone strikes back – why Europe is booming again
https://www.theguardian.com/business/2017/sep/16/the-eurozone-strikes-back-why-europe-is-booming-again

It was a story few predicted: the eurozone is growing faster than the United States. When Jean-Claude Juncker gave his annual state of the union speech on Wednesday last week, Europe’s booming economy was near the top of his list. Ten years since the crisis struck, “Europe’s economy is finally bouncing back,” the European commission president told MEPs. Detailing the economic resurgence, but also referring to the EU’s new found unity after Britain’s vote to leave, Juncker declared: “the wind is back in Europe’s sails”.

Brexit    ↑Top

Home Officeにとって、日本人も違法移民でしかない

2017.09.18
今朝のガーディアンを読んでいて、夏からずっと不安に思っていることが現実に起こりうることを実感する報道。

Deportation threats, driving licence revoked, child benefit stopped - all for living legally in the UK
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/sep/18/fighting-the-home-office-womans-traumatic-two-year-battle-to-stay-in-uk

A Japanese woman living legally in London with her Polish husband tells of how a two-year battle with the Home Office has turned her life upside down

A Japanese woman living in London with her Polish husband has been threatened with deportation, had her child benefit stopped and driving licence revoked even though she is lawfully in the country under EU law, it has emerged.

Lawyers say the ordeal throws the spotlight on the human cost of the “hostile environment” policy operated by the Home Office and is a taste of what could be to come for EU nationals post Brexit.

She said she could not understand why she was “bullied” by the Home Office when its own website states the same.

She said she was repeatedly asked why she ”did not go back to Japan” by enforcement officers in Becket House in London even though she explained to them she was married to an EU national exercising his rights.

Immigration barrister Jan Doerfel said Haruko could now have a case against the Home Office as they had acted unlawfully and she should never have been made to report to Becket House.


 BBCが日本語で報道した、欧州連合国からイギリスへ来て、きちんと在留の証明を取得している人たちへ、ホーム・オフィスが退去命令の手紙を「誤配」した事件。

英内務省、国内EU住民100人に退去命令「誤配」
http://www.bbc.com/japanese/41033604

 2016年6月24日の後、イギリス人の友人たちは、「君は永住ヴィザを取得しているのだから、君が国外退去になるなんてことありえないよ。そんなに心配する必要はないよ」と。ホーム・オフィスの「誤配」が公になって、友人たちは僕の心配が杞憂でないことを理解した。

 移民だから、ずっと不安にかられながら生活をするなんてこと、誰が望むだろう。

Brexit    ↑Top

歳をとること:イングリッド・バーグマン(薔薇)

2017.09.17
薔薇は君より美しい。

 昨年だったかな、ミクシィのあるコミュニティで薔薇は何度も花をつけるということを教わった。ということで、今年は最盛期だけでなく、何度となくリージェンツ・パークに通い、花の勢い(と言っていいのだろうか?)は徐々に落ちていく印象だが、枯れては花をつけるバラを楽しんできた。

 その中で、見るたびに印象が深まるのが、イングリッド・バーグマンと名付けられた赤い薔薇。往年の名女優の名をこんな風に引用するのが理にかなっているかどうかはわからないが、咲いた花は散っていくのだな、と。

37285092785_6348ac03d7_z.jpg

36470419243_4ae8bed42b_z.jpg

Allure Magazine Will No Longer Use the Term "Anti-Aging"
https://www.allure.com/story/allure-magazine-phasing-out-the-word-anti-aging

Is it time to ditch the term 'anti-ageing'?
https://www.theguardian.com/fashion/2017/aug/17/is-it-time-to-ditch-the-term-anti-ageing

 綴りが違うのは、ブリティッシュ・イングリッシュとアメリカンの違い。

Anti anti-ageing
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157686755568773

イギリス人は20年前に戻れる覚悟はできているのか?

2017.09.16
36825035582_66548248d9_z.jpg
https://www.fischers.co.uk/

 日本からの知人と、ある日曜日にオーストリア・コンセプトのレストランで朝ごはんを食べた。週末だし、夏休みの時期とあって、店内は思っていた以上に賑わっていた。このレストランは、早朝から夜遅くまで営業している。このようなレストランの営業形態、僕が渡英した頃にはなかった。

 食事を待っている間に、職業柄、というか興味を掻き立てられて店内を観察。ある家族づれが入ってきたとき。ちょっと高齢に見えるお父さんに、5歳くらいの子供と、プラムを押す母親。その女性は、日曜日の午前10時半くらいだっただろうか、上はとてもシファッショナルブル、かつスポーティな男性用の帽子、足元は膝上のブーツを履いていた。洋服は、遠目にも仕立ての良さそうなものだった。

 即座に思い出したことがある。「大阪豆ゴハン」(http://kc.kodansha.co.jp/title?code=1000002452)の連載の最終盤、259話で安村松林がイタリアン・カフェでバイトをしている。ある日曜日、完璧なヘア・スタイル、シワひとつない洋服を着た女性客同士の会話から、彼女たちは本当に地元に住んでいるのだろうかと疑問に感じる、ほんの数コマ。

 日曜日のマリルボーンは、ファーマーズ・マーケットがあるので朝から賑わっているのは確か。それでも、家族づれでブランチを食べるためにあれほどの着こなしをする人が、かつてのロンドンにいただろうか、と。

 というようなことをブレグジットと合わせた考えていた時に、ガーディアンに以下の記事が掲載された。

A hotel with a view: 'Brexit could tip us over the edge'
https://www.theguardian.com/politics/2017/sep/09/post-brexit-uncertainty-views-from-the-hospitality-industry

 多くの観光客を惹きつけるバースにあるブティック・ホテルへの取材。従業員の半分はイギリス人ではない。ホテルを支えているのは、欧州からの移民労働者。

The Queensberry, a boutique hotel in Bath, has 38 full-time employees, about half of whom are foreign nationals. French, Germans, Lithuanians and Spaniards work in harmony together.

At first when Brexit happened I thought, oh well, I’m Swiss. We’re not in Europe anyway, I thought it might take a few years to sort out but it would be all right. I’m not so sure now.

All kinds of people from all sorts of nationalities work in our industry. If European nationals can’t come here as easily it will be very difficult. Hotels will definitely struggle – we already fight to get the right staff.

I’m not sure we’d find enough British people to do this work. You have to be welcoming and willing and prepared to work long hours. You need to love working in hotels and serving people to work in hospitality. It might get difficult.

There are lots of skills needed in the hospitality industry – technical skills and human skills. Of course, there are British people with those skills but I’m not sure there’s enough.

I’m terrified at what is happening. I’ve been in this industry for almost 30 years. We’ve always had recruitment challenges but it’s as bad now as it’s ever been and that’s before Brexit kicks in.


 どの媒体だったか全く思い出せないが、しばらく前に、以下の内容を読んだ。

 「20年ほど前、イギリス人はレストランで、自分でワインを注いでいた。今は、自分のグラスが空になると、ウェイターが注ぐのを待っている。欧州連合離脱で、レストラン業界で働くヨーロッパ人がいなくなったら、イギリス人は再びワインを自分で注げるのだろうか?」。

 滅多に行かないが、たまに日本食を食べに行くと、フロアに日本人が働いていないのはもはや普通。見つけようがないと思う。高級ホテルや著名なレストランが採用条件をよくすれば、普通の街中の飲食店では人材確保が難しくなるだろう。そうなったとして、イギリス人は20年前の生活レヴェルに戻れる覚悟はできるのだろうか?

Brexit    ↑Top

新潮社の社員食堂

2017.09.16
ずっと家族が送ってくれている新潮社のPR雑誌、「」。2017年8月号から短期集中で平松洋子さんによる、新潮社の社員食堂についての連載が掲載されいる。とても、とても面白い。無断掲載なので、怒られたら引用は削除します。

銀の皿 新潮社社食の半世紀(上)
http://www.shinchosha.co.jp/nami/tachiyomi/20170727_2.html/

ここまで愛される理由を知りたくなる。「新潮社のソウルフード」と呼ばれる三色重の存在感も健在のようだ。鶏そぼろ、いんげん、煎り卵の3種をご飯の上に敷き詰めたこのシンプルなお重は、2年前、値段が高騰した折りに緑部門、つまりいんげんが省かれると、社内に激震が走ったといういわくつきのメニュー。わが社は大丈夫なのか。二色丼になった三色重の姿に会社の懐具合を偲んで泣けた、というせつない話である。

文藝春秋で社食が撤廃されたのは、5年前だ。セントラルキッチン方式が導入されたのは昭和62年。新社屋にテナントが入ったため、それまでの厨房の人員では対応しきれず、採算も合わなくなって専門業者に社食経営を委託した。池島信平さんが社長だった頃、腰にタオルをぶら下げてしょっちゅう厨房に入ってきたなどという親身な話は、文藝春秋OBから何度も聞いた。しかしその後、利用者は減るいっぽう、ついに紀尾井町から社食の灯は消えた。いっぽう、新潮社では本館地下の食堂だけで1日平均250人が利用していると聞かされ、「社員数がほぼ同じなのに……」と西木さんは遠い目をし、悔しさと羨望をまぶしてタコライスを完食(翌日まで膨満感で何も食べられなかったとの報告。私は体重1キロ増加)。


銀の皿 新潮社社食の半世紀(中)
http://www.shinchosha.co.jp/nami/tachiyomi/20170828_2.html

すでに食事を終えた桜井さんが隣に座ると、ついさっきまでの身の置きどころのなさが遠ざかるのだった。あれこれ雑談をしながら食べていると、喫茶券1枚50円と交換して紅茶を運んできた桜井さんが、ティバッグを引き上げながら、あ、これ知ってますか。
「こういうのが、あるんです」
 私はその展開に目をこすった。
1.リプトンのティバッグを、片手に持ったティスプーンに置く
2.垂れ下がった糸を、ティバッグをのせたままのスプーンの周囲に2~3回、くるくる巻きつける
3.紙の持ち手を引っ張って糸をきゅっと締め、ティバッグを搾り切る
4.緊縛状態のスプーンをソーサーに置く

 ある意味、むだのない完成された流れ。桜井さんがカップを持ち上げながら言う。
「『これ、新潮社のやり方』と、むかし木村由花さん(1983年入社 出版部ほか)に教わったんです。以来、紅茶を飲むときはずっと」
 ぽかんとした。ここにもまた、新潮方式。最後の一滴まで搾りこむテクニックなど想像したこともなかったが、社歴27年、桜井さんの流麗なお手前には一分の隙もなかった。


 このティー・バッグの絞りは、イギリス人もよくやる。なので、新潮社のどなたかが、イギリスで見聞したことを広めたのではないかと推測する。

 社食、体験したことないけど、なぜだか懐かしい響き。タイトルは「銀の匙」を真似たのかなと何気に読み始めたら、気がついたら読みふけっていた。中編を読むと、日本における「給食」の歴史を学ぶことができて、食から垣間見える日本の歴史を知ることができるのも楽しい。

 日本の惣菜が食べたい。

NikonのD850は、男性専用らしい

2017.09.16
これだけ注目が集まる国際企業であることを認識していないことは、将来の不安材料になるかも。

One PR campaign, 32 photographers, no women. Nikon has an optics problem
https://www.theguardian.com/artanddesign/2017/sep/15/nikon-photography-camera-women

Nikon has a serious optics problem.

The Japanese camera giant chose 32 professional photographers across Asia and Africa to test-drive and promote its new camera, the D850. Of the 32 photographers chosen, Nikon managed to pick zero women.


Nikon Picked 32 Photographers to Promote a Camera. All 32 Were Men.
https://www.nytimes.com/2017/09/14/technology/nikon-female-photographers.html

Still, the Nikon slight had people wondering: Not a single woman? Not one?

Nikon’s explanation, posted in a not-quite-apologetic statement on its Asia-focused Twitter account, cited a lack of “better participation from female photographers.”


ニコンのカメラは男性専用? 海外で批判の的に
https://www.cnn.co.jp/business/35107329.html

D850
http://www.nikon-asia.com/en_Asia/learn_and_explore/D850_photographer/asia?Category=learn-and-explore-new&Section=d850-photographers/asia&Page+Size=100

 女性は、「グローバル」のカテゴリィに一人いるだけ。

About This Blog

2017.09.13
ロンドンに来て以来、家族、友人、知人に無理やり送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンをまとめる目的で始めたブログ。

 同じ島国のイギリスと日本、似ていると感じることもあれば、今でも驚かされることも結構ある。ということで、これからも不定期に面白いと思ったこと、興味を惹かれたことなどをアップしていければ、と。

 最近、メイル経由で質問を戴くことが増えていて、お越しくださる人には感謝します。ただ、例えば、「ロンドンに行こうかと思っているんですが、どうでしょうか?」のようなまる投げの質問の返答は、「行きたいかどうか判らないなら、止めたほうがいいのでは」、です。また、ご自分が知りたいことを僕が知っているとは思い込まないでください。質問されるのは構いませんが、質問された方の期待に沿うことは僕の「義務」ではありません。


2012年9月1日

 要望を受けてしばらくトライアルしてみて、スカイプによる心理カウンセリングを正式に始めました。興味をお持ちの方はHPから問い合わせてください。

http://www.iamlisteningtoyou.net/

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.