LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Danceの記事一覧

ウィリアム・フォーサイスがイングリッシュ・ナショナル・バレエに新作

2017.09.13
今日、ENBから、2018年4月に上演予定のミックス・プログラム、「Voices of America」の案内メイルが届いた。

Voices of America
https://www.ballet.org.uk/production/voices-of-america/

 ミルピエが監督を辞めてウィリアム・フォーサイスもパリ・オペラ座との契約を無しにした(はず)ので、フォーサイスの新作をヨーロッパで観られる可能性なんてないと思っていた。

Robbins / Forsythe / Barton

Jerome Robbins. William Forsythe. Aszure Barton. Three generations of choreographers in New York. Each with a distinct style, but with work infused with the raw, in-your-face attitude of American-style neo-classical ballet.

World premiere: A New Creation by William Forsythe
The world premiere of a new work by one of the most revered choreographers working today, created especially for English National Ballet, this is his first creation for a UK ballet company in over 20 years.

Approximate Sonata 2016, William Forsythe
Originally created in 1996, Forsythe recently reworked this piece for Paris Opera Ballet. A series of pas de deux that deconstruct the classical ballet vocabulary, Approximate Sonata 2016 is accompanied by a new version of the original score by Thom Willems.


 「イン・ザ・ミドル」が素晴らしい出来(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2436.html)だったので、かなり期待できるかな。そして、今回もまた演目の選択が絶妙なのは、ジェローム・ロビンスの「」を持ってくること。

The Cage, Jerome Robbins
Animal desire, predatory instinct and natural selection come together in Robbins’ powerful work, where a female ‘insect’ comes to see the male counterpart as prey. This arresting piece is performed to Stravinsky’s haunting Concerto in D, played live by English National Ballet Philharmonic.


 パリ・オペでは現在、ほとんど踊っていないであろうエトワールのエレオノーラ・アッバニャートがプルミエの頃にこれを踊って凄まじい舞台だったという記事を遥か昔に読んで以来ずっと、観たい、でもロンドンで上演されることなどないだろうと諦めていた振り付け。勝手な想像だが、ロンドンのバレエ・ファンの中でもこれを観たことがある人がは多くないだろう。

 もう一つは、観たけどブログに書かなかったミックス・プログラムの最後に上演されたもので、「長かった」という印象しか残っていない。

 サドラーズでの上演だから、チケット発売は11月。10月中旬、サドラーズで2018年1月から6月に上演されるプログラムが発表になる。

スポンサーサイト

トリプル・ビル:イングリッシュ・ナショナル・バレエ@サドラーズ・ウェルズ

2017.04.13
33610338745_ee8637c2e1_z.jpg

先月、サドラーズ・ウェルズ劇場で、イングリッシュ・ナショナル・バレエによる意欲的なトリプル・ビルが上演された。演目は順に、「In the Middle, Somewhat Elevated by William Forsythe」、「Adagio Hammerklavier by Hans van Manen」、そして「Le Sacre du printemps (The Rite of Spring) by Pina Bausch」。

English National Ballet — Pina Bausch / William Forsythe / Hans van Manen
http://www.sadlerswells.com/whats-on/2017/pina-bausch-william-forsythe-hans-van-manen/

Sadler’s Wells Associate Company English National Ballet is back with another triple bill of masterpieces from the 20th century.

Not seen in the UK since 2008, English National Ballet is the first UK company to be allowed to perform Pina Bausch’s iconic Le Sacre du printemps (The Rite of Spring). Stravinsky’s riotous score is performed live by English National Ballet Philharmonic.

William Forsythe famously changed ballet forever with In the Middle, Somewhat Elevated, allowing the dancers to show off their technical expertise and physical prowess.

Hans van Manen’s austere and lyrical Adagio Hammerklavier is set to Beethoven’s pensive piano Sonata No 29, Op 106, performed by three couples.


写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157678836195194

 まず特筆すべきは、タマラ・ロホの素晴らしい企画力。このトリプル・ビルが上演される時、イングリッシュ・ナショナル・バレエがこの3作品を一晩踊れるほどのダンサーを擁しているとは思えなかった。しかし、終わってみれば上演順の妙が冴えている。まずフォーサイスでスピードを強調。続いてファン・マーネンの叙情にため息をつき、春の祭典で息を飲む。

 バウシュの「祭典」は二度目、イン・ザ・ミドルは何度目だろうということで作品から改めて衝撃を受けることはなかった。そして、ENB、本当に素晴らしい。作品に目を奪われたのは、ファン・マーネン。彼の作品を観るのはおそらく初めてだったと思う。来シーズン、オランダ国立バレエでは彼の作品がたくさん上演されるらしい。

Check out the new season of Dutch National Ballet

https://www.youtube.com/watch?v=ZE2fh_iLRwI

 ENB、もうすぐ東京公演。どうしてアクラム・カーンの「ジゼル」を持っていかないのだろう。「海賊」も「コッペリア」も素晴らしい演目だが、「今」のカンパニィの勢いを見せるのは「ジゼル」が一番だと思う。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2783.html

 9月のサドラーズでの再演、すでに完売。

吉田都さんのトーク・イヴェント@ロンドン

2017.01.14
昨晩、1月13日、大和日英基金が主催した吉田都さんのトーク・イヴェントへ。友人が教えてくれなかったら見損なっていた。

Ballerina: The Reason I Keep Dancing
http://www.dajf.org.uk/event/ballerina-the-reason-i-keep-dancing

Japan has and continues to produce world class ballet dancers. Dancing at The Royal Opera House in Covent Garden is the pinnacle of a dancer’s career, and young Japanese ballet dancers dream of joining the world-famous Royal Ballet company. Such is the success of Japanese ballet that Ryoichi Hirano and Akane Takada are currently principal dancers in the Royal Ballet. Miyako Yoshida, who has performed in numerous leading roles at the Royal Ballet, is probably the most famous Japanese ballerina in Britain. After retiring from the company, she is now teaching young talented dancers in Japan the art of ballet. In this talk, we invite her to tell us about her ballet experiences and to share her love of dancing with us.

Born and trained in Tokyo, Yoshida joined The Royal Ballet School in 1983 after winning the Prix de Lausanne. In 1984, she joined Sadler’s Wells Royal Ballet, (now known as the Birmingham Royal Ballet), where she was promoted to principal dancer in 1988. In 1995, Yoshida joined the Royal Ballet as principal dancer. Spending most of her career in Britain, Yoshida captured the hearts of the British people, subsequently being awarded the prize of Best Female Dancer in the 2006 National Dance Awards. Known for her expressiveness, precision and feather-light yet powerful movement, Yoshida is beloved by many and has established a huge fan base both in Britain and all over the world. With more than two decades spent in dance, Yoshida took her final bow in Covent Garden with an emotional performance of Cinderella, reserving Romeo and Juliet for her final curtain call in her native Tokyo. In 2010 she left the Royal Ballet and is now a freelance dancer. She records her experiences as a ballerina in her recently published book, Ballerina: The Reason I Keep Dancing, 「バレリーナ・踊り続ける理由」.


 イヴェント終了後、吉田さんの新著のサイン会があった。もし吉田さんが覚えている、もしくは何らかの印象を持っているのであれば2004年に出演した、ケネス・マクミランの「アナスタシア」でのクシェシンスカを踊った時の印象を尋ねてみた。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-287.html

 もちろん、その舞台をピンポイントで鮮明には覚えてはおられなかったが、印象に残る役だったとのこと。トークの中で、ロンドンで踊ることはないだろうとのこと。でも、今でもこんなに人気があるのだから、サドラーズで1週間くらい座長公演しても完売になると思う。

吉田都さんのフェアウェル、でもとても幸せな夜
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1187.html

The Red Shoes by マシュー・ボーン@サドラーズ

2016.12.27
スクリーンショット 2016-12-27 14.00.15
(2016年7月、サドラーズ・ウェルズ劇場)

サドラーズ・ウェルズ劇場での本公演初日の12月8日に、マシュー・ボーンの新作、「The Red Shoes」を観てきた。

The Red Shoes — Matthew Bourne/New Adventures
http://www.sadlerswells.com/whats-on/2016/matthew-bournes-production-of-the-red-shoes/

A beloved fairy tale and Academy Award-winning movie, The Red Shoes has seduced audiences and inspired generations of dancers with its tale of obsession, possession and one girl's dream to be the greatest dancer in the world. Victoria Page lives to dance but her ambitions become a battleground between the two men who inspire her passion.

Matthew Bourne’s magical adaptation is set to a new score arranged by Terry Davies using the mesmerising music of golden-age Hollywood composer, Bernard Herrmann (most famous for his collaborations with Alfred Hitchcock and Orson Welles) and played live by the New Adventures Orchestra, with sumptuous set and costume designs by Lez Brotherston, Paule Constable (lighting) and Paul Groothuis (sound).

An intoxicating drama where life imitates art with fateful consequences; The Red Shoes will dazzle your senses and break your heart.


 僕はマシュー・ボーンの大ファンではないし、また映画を見たことはない。しかし、これまで観てきたボーンの作品の中では細部にわたってとても練り込まれた最良の舞台だった。

 サドラーズ内の興奮も凄かった。開演前、観客がこれから観る舞台への興奮を抑えきれずに語り合う声が心地よいほど響きあい、サドラーズ内があれほど熱い興奮に包まれた夜は久しぶりだった。

 第1幕の終わり方は秀逸。また、バレエ・リュスの関係者が映画にでていることを知らなかったので、当時のバレエが別の次元へと発展を遂げる興奮も感じられて、ボーンがどれほど丹念に作り上げたかに感心した。舞台の内容に影響をしないネタバレを一つ。

Wilson, Keppel & Betty

https://www.youtube.com/watch?v=srLc6dTsewM

 開演前にセルゲイ・ポルーニンが一人で居たので、機会を逃さずに話してみた。どれほど不遜なのだろうと思っていたら、話しかけたらとても好青年。会場に居た舞台関係者の多くが彼と話したかったようで落ち着いて訊けなかったが、年末、ミュンヘンでの「スパルタカス」への出演は楽しみとのことだった。また、来年3月にサドラーズで上演「予定」の彼のソロ・プログラムでは、半分以上の振り付けが新作になるらしい。ラッセル・マリファントやアクラム・カーンなのかと訊いたら、彼らには依頼していないと言っていたが、まだ言えないのだろう。

http://www.sadlerswells.com/whats-on/2017/project-polunin/

 終演後のパトロン・イヴニングの会場で、多くの人が気づく前に、ボーンに幾つか質問できた。中でも印象に残ったのは、彼だけでなく、彼の両親がどれほど映画の「レッド・シューズ」を好きだったか、当時のダンスの発展の勢いへの尽きない興味が今回の新作を作る強い動機だったかを、見ず知らずのダンス・ファンに丁寧に話してくれた。

 サドラーズでの上演はほぼ完売。たまにリターンがでる様なので、買い逃した人はこまめに確認するといいだろう。また、2月から7月までのイギリス公演の情報はこちらを。

http://new-adventures.net/the-red-shoes/tour-dates

ウィリアム・タケットの「くるみ割り人形」、資金難でキャンセル

2016.11.21
AC.jpg
(ドロッセルマイヤーを演じる予定だったアダム・クーパー

今年の年末のダンス公演で、とても楽しみにしていたウィリアム・タケット演出の「くるみ割り人形」が、充分な至近を得られずに、1回だけ試験上演したあと、無期延期(と思いたい)になってしまった。

http://www.immersivenutcracker.com/

Rhizome Entertainment today announced that Will Tuckett's Nutcracker will no longer receive its premiere this year. Due to open at The Printworks London in Canada Water on 30th November, the production has stalled due to funds from an investor falling through.

Producer Bob Watts said:

"It is with enormous regret that we are having to put the production on hold, but our efforts to find a new investor at short notice in this current climate have sadly proven unsuccessful.

"It was a huge privilege to see Will Tuckett's vision come to life - his Nutcracker was shaping up to be an extraordinary experience. I hope it will come to a London audience soon".


A leap too far: Will Tuckett on why his Nutcracker won't go on
https://www.theguardian.com/stage/2016/nov/21/will-tuckett-nutcracker-ballet-cancelled

 タケットの演出では、「くるみ割り人形」の舞台に観客が参加できるもの、ということ。仮にこの新しい「くるみ」が、ロイヤル・オペラ・ハウスの、現在、大規模改修工事中のリンベリィ・スタジオ劇場でということだったら、資金の心配などなかっただろう。

 ということで、10月中旬以降円安傾向とはいえ、今でも英£に対してJP¥はまだ強いので、日本の企業がこれを救ってくれたら。日産の工場をサンダーランドに引き止めておきたいイギリス政府との密約がばれてしまい、「何故、日本企業だけ」との批判を和らげる為にも、是非、日本からの資金を。欧州連合離脱でぼろぼろの国内市場からの資金調達はほぼ不可能だろう。

 参考までに、これまで観てきたタケットの舞台の感想。

The Wind in the Willows
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-243.html (2003年)

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1829.html (2012年)

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1844.html (2013年)

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2124.html (2014年)

兵士の物語
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-302.html (2004年)

ピノッキオ
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-424.html (2005年)

The Thief of Baghdad
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-969.html (2009年)

 他にロイヤル・バレエに振付けた「七つの大罪」他、幾つかの振り付けを大きな舞台でも観ているが、タケットの作品は中規模の劇場で上演される作品の方が、個人的には楽しめる。

 資金繰りがついて、上演されることを切望する。

ジゼル(アクラム・カーン振り付け)byイングリッシュ・ナショナル・バレエ@SWT

2016.11.16
スクリーンショット 2016-11-16 14.33.23
(2016年11月15日、サドラーズ・ウェルズ)

9月にマンチェスターで世界初演になったアクラム・カーンが再構築、振り付けをした「ジゼル」。ツアー最終地、ロンドンのサドラーズの初日を観てきた。

English National Ballet — Akram Khan's Giselle
http://www.sadlerswells.com/whats-on/2016/english-national-ballet-giselle/

 手放しの絶賛がないのは、バングラデシュで起きた工場の崩壊事故と難民を物語に取り入れたからだろうと思っていた。

Akram Khan's refugee Giselle: 'A real woman in a catastrophic situation'
https://www.theguardian.com/stage/2016/sep/27/akram-khan-giselle-migrant-english-national-ballet-tamara-rojo-interview

 物語が変わってしまった割に、かなり古典バレエ風な見せ場が取り入れられていた所に、カーンの苦労が忍ばれる。カーンは古典バレエの動きを彼の掌中に完全に収めては居ないと感じる場面場幾つかあった。それと、ほとんどのレヴューで指摘されていたアルブレヒトの存在意義の薄さは否めない。ヒラリオンの方がずっと踊る場面があったように思う。

Giselle review – Akram Khan's bewitching ballet is magnificently danced
https://www.theguardian.com/stage/2016/sep/28/giselle-review-akram-khan-english-national-ballet

 毎晩観たくなる「ジゼル」ではないが、とても面白かった。古典「ジゼル」を現代風にできる(た)のはマッツ・エクだけだと思っていたが、こんな「ジゼル」もありだと。第1幕が終わったとき感じたのは、古典「ジゼル」って本当に傑作なんだなと。物語の背景を変えたというニュースを読んだ時、「ジゼル」という題名にこだわる意味がないだろうと思った。でも、昨晩のアクラム・カーンの「ジゼル」は、「ジゼル」だった。

 昨晩のジゼルはタマラ・ロホ。バレエ・ダンサーとして身体が全くなまっていない。そして終演後30分弱で着替えて、シャワーを浴びて(おそらく)、パトロン・メンバーを前にお立ち台で堂々とスピーチするロホは、稀有なバレエ・ダンサーだと思う。

2015年、タマラ・ロホへのインタヴュー
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2590.html

 昨晩、舞台で目を惹いたのは、男性ダンサー達の動きが昨年と較べてみても、格段に良くなっている。ロホがカンパニィにもたらした刺激の良い影響だろう。来年の日本公演、この「ジゼル」も上演すれば良いのに。

 イングリッシュ・ナショナル・バレエの次の挑戦は、ピナ・バウシュの「春の祭典」。

English National Ballet — Pina Bausch / William Forsythe / Hans van Manen
http://www.sadlerswells.com/whats-on/2017/pina-bausch-william-forsythe-hans-van-manen/

 このトリプル・ビル、本当にできるのだろうかという疑問が払拭できない。「イン・ザ・ミドル」とバウシュの「春の祭典」を一緒になんてENBのキャパ(所属するダンサーの人数という意味において)でこなせるのだろうか。とても楽しみだ。

マシュー・ボーン、カンパニィ創立30周年記念プログラム

2016.11.14
スクリーンショット 2016-11-14 20.31.28
(サドラーズの映像をスクリーンショット)

2017年4月、サドラーズ・ウェルズ劇場で、マシュー・ボーンのカンパニィ30周年を記念するプログラムが上演される。

New Adventures — Matthew Bourne’s Early Adventures
http://www.sadlerswells.com/whats-on/2017/matthew-bournes-early-adventures/

Matthew Bourne returns to his roots for his company’s 30th anniversary, featuring a programme of fun and witty pieces that launched his career, with designs by long-time collaborator Lez Brotherston.

Four mail-order-underwear models parody Perrot’s Pas De Quatre in Spitfire.

Yearning pas de deuxs and pastoral clog-dances feature in Town and Country’s post-war vignettes.

Take a trip to Gay Paree with The Infernal Galop, as all the glorious clichés of 30s and 40s Paris are paraded (and can-canned) across the stage.

And return to childhood with Watch with Mother, inspired by Joyce Grenfell’s Nursery School sketches.


 ヴィデオ・クリップで観る限りだと、イングランド人が体験したこともないのに懐かしがる「古き良きイングランド」のスケッチ風な振り付けのように思う。

 年齢制限があって、観劇できるのは12歳以上からの様だ。

Age guidance 12+
Contains some adult humour


 ボーンの熱心なファンではないが、彼の初期の振り付けを観る機会はロンドンですらほとんどないし、僕にとっても初めて。

会計監査は、新作バレエの再演回数を精査する:パリオペラ座バレエの場合

2016.09.18
ここ数年、揺れている印象のあるパリ・オペラ座バレエについてのニュースが昨日、ガーディアンで報道された。

Paris Opera Ballet lambasted by auditors for €90,000 taxi bill
https://www.theguardian.com/world/2016/sep/16/paris-opera-ballet-lambasted-auditors-taxi-meals-bill-france-millepied

 今年の始め、突然(という印象を否めない)、就任して1年足らずの芸術監督を辞任したベンジャマン・ミルピエがオフィスに居た頃の会計監査の結果、破格なタクシィ代金、高額なランチが明らかになったそうだ。

 そんなことは日本の政界でも、イギリスの政界でも起きることだが、意表をつかれたのが、会計監査がバレエ団の為に振付けられた新作バレエの再演回数の少なさ、言い換えると、莫大な制作費をつぎ込んだ新作が再演されないのは、投資した資金を回収できていないといわれているのと同じだろう。何故だか判らないが、ガーディアンのウェブヴァージョンからは削除されている、本紙に掲載された部分。

Auditors recognised that the company had taken steps to bring its spending "in line with its financial restraints."But it called for it to increase the number of productions in order to bring the POB back on an even keel.

"Too many new productions, notably lyric ones, do not have another run (40%) or only a single subsequent performance (26%)," the auditors pointed out in their reports.

"Given the high cost of productions ... The Opera cannot allow this to continue and must better manage its productions over time," they said.


 この新作に関する部分が、バレエだけなのか、それともオペラ座全体への批判なのかが判り辛いので削除されたのかもしれない。しかし、それを差し引いても、「新作に失敗は許されない。上演までにかかった投資、費用を回収し、しかも更なる利益を得る為に、再演、再々演されなければならない」と言われているようのものだろう。

 会計監査でこのようなことを指摘されても不思議ではないが、こんなことを言われると、世界中のバレエ団、そしてオペラ・カンパニーは新しい作品の制作を躊躇ってしまうだろう。
 
 ロイヤル・オペラ、ロイヤル・バレエは新作、もしくは新しい演出で、その後に再演されないプロダクションは死屍累々。思いつく限りで、「Castle in nowhere」、「プロヴァーブhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-234.html)」、昨年のシェヒターの新作も再演されることは無いだろうと断言。更に、前監督のモニカ・メイソン女史の引退記念のトリロジー(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1708.html)も、「マキナ」以外が再演されるとはとても思えない。

 オペラでは、「ソフィーの選択」、「1984」(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-396.html)、2003年の「ルチア」(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-239.html)、「湖上の美人」(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1944.html、これは再演したくても歌手をそろえるのが困難だと思う)。

 ロイヤル・オペラは2013年に新しい試みに関して以下の発表をしている。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1851.html

 舞台芸術とお金は切っても切れないつながりだが、利益率、資金回収の可能性が念頭にあっては、新作は生み出されなくてなってしまうと思う。

ENB/アクラム・カーンの「ジゼル」

2016.09.11
スクリーンショット 2016-09-11 6.26.13
イングリッシュ・ナショナル・バレエのペイジのスクリーンショット)

9月27日、マンチェスターで世界初演になるイングリッシュ・ナショナル・バレエの「ジゼル」。特設ペイジも日を追うごとに内容が増えている。

http://giselle.ballet.org.uk/

 アクラム・カーンによる「ジゼル」という古典バレエの再構築、もしくは全く新しい「ジゼル」がどうなるかはバレエ・ファンの多くが知りたいことだろうと思う。で、物語が発表された。

http://giselle.ballet.org.uk/the-story

The Story

Act I

Giselle is one of a community of migrant workers cast out of their jobs in a condemned garment factory. They seek entry to the place where the factory Landlords live, beyond a high Wall built to exclude them.

Giselle is in love with Albrecht, a member of the privileged class, who has disguised himself as an Outcast in order to woo her. When the Landlords arrive, expecting to be entertained by the Outcasts, Albrecht recognises his fiancée Bathilde among them, and tries to hide. But he is challenged as an impostor by Hilarion, an Outcast who also loves Giselle, and the two men fight. Bathilde’s father confronts Albrecht and he is forced to choose between the two women. When he submits and returns to Bathilde, Giselle is driven to madness. The Outcasts encircle Giselle, and when they move apart, her lifeless body is revealed. The Landlords retreat to safety beyond the Wall.

Act II

In the wrecked and abandoned factory where Giselle and her female co-workers have labored, and many have died, Albrecht confronts and condemns the Landlords. But he flees at the appearance of Myrtha, Queen of the Wilis (ghosts of the factory workers who seek revenge for the wrongs done to them in life). Myrtha summons Giselle into the realm of death and into the company of the Wilis.

Hilarion enters the factory to mourn Giselle. The Wilis surround him, demanding retribution for her death, and he is brutally killed.

Albrecht returns, and the lovers are reunited on the threshold of life and death. Breaking the cycle of violence, Giselle forgives Albrecht and saves him from the vengeance of Myrtha. Giselle departs into death with the Wilis, and Albrecht, now an outcast from his own community, is left to carry the burden of his wrongdoing.


 数年前にバングラデシュで起きた、多数の死者を出した工場火災・崩壊の事件を想起させる内容。ここまで変えるなら、「ジゼル」や「アルブレヒト」の名前にこだわる必要があるのかなとは思う。

 僕の知る範囲では、古典の「ジゼル」はバレエ団による特色の違いはあるのだろうけど、振り付けに関してはあまり大きな変更は無いはず。このカーンの「ジゼル」が成功となった時に、サドラーズ・ウェルズ劇場に試してもらいたいことがある。古典「ジゼル」、マッツ・エクの「ジゼル」、そしてカーンの「ジゼル」を日替わりで観たい。

サドラーズの新しい劇場完成予定(希望)は2021年

2016.07.12
スクリーンショット 2016-07-12 6.23.59
(7月11日、サドラーズにて)

昨晩、サドラーズ・ウェルズが計画している、ロンドン東部への進出状況についての説明会に参加した。

Sadler’s Wells at Queen Elizabeth Olympic Park
http://www.sadlerswells.com/support-us/capital-projects/sadlers-wells-at-queen-elizabeth-olympic-park/

Sadler's Wells is one of four organisations that are working with the London Legacy Development Corporation (LLDC) to create a new cultural and education quarter in Queen Elizabeth Olympic Park in Stratford. Supported by the Mayor of London and backed by a government investment of £141 million, the scheme comprises two sites: Stratford Waterfront, opposite the London Aquatics Centre and bordering the river Lea, will feature a mid-scale theatre for Sadler's Wells and new sites for the Victoria and Albert Museum and UAL's London College of Fashion; UCL East, situated nearby, to the south of the ArcelorMittal Orbit tower, will be the site of a new university campus for University College London (UCL).

The project aims to create opportunities and jobs within a vibrant environment, raising aspirations and benefiting everyone living and working in east London, as well as visitors to the area. Support for innovative ideas and emerging talent, cross-disciplinary collaboration and close links to the thriving creative communities already based in the area will be at the heart of this new cultural hub.

A team including architectural practices Allies & Morrison and O'Donnell + Tuomey has won the international competition to design the Stratford Waterfront site, with a target opening date of 2021.

The building of a mid-scale theatre will allow Sadler's Wells to show and develop an important and increasing body of contemporary dance work that is being created across Europe and elsewhere specifically for mid-size spaces. While theatres of this size are commonplace across Europe and many other cultural capitals around the world, London lacks such a dance theatre. This is inhibiting mid-scale companies from touring to London and hindering the development of mid-scale work that can tour outside the capital. By adding a mid-scale space to our existing theatres in Islington and the West End (The Peacock), Sadler's Wells will be able to present the full spectrum of dance in venues that are appropriate for the work, offering a stage to a range of artists we cannot currently present.

Sadler's Wells' building at Stratford Waterfront will include a 600-seat theatre, a Choreographic School, a Hip Hop Academy and flexible spaces for research, development and production of dance work. In it, we will be able to group together all the resources that are needed to make and produce dance: the creative people; the physical space and resources; the expertise; and the audiences. We will be able to support and follow the whole creative process, enabling more artists, including those from the local boroughs, to begin their practice; access our production expertise in its development; and network, try out new ideas, fine-tune their productions and present that work to an audience on the stage.

Being part of the culture and university complex in Queen Elizabeth Olympic Park will also allow Sadler's Wells to take advantage of close relationships and continuous exchange with other world-class organisations and the many community and cultural organisations based in east London, tapping into the huge potential for collaborations across performing and visual arts, design, technology and science.


http://queenelizabetholympicpark.co.uk/the-park/attractions/olympicopolis

 サドラーズの単独計画ではないが、必要な資金が現段階で£1億5千万(乱暴な計算で200億円超)というのはとても壮大に思える。ウェイン・マックグレガーのプロジェクトは2017年中にはパーク内の新しい建物に移るとのこと。

 この計画が発表された時にもサドラーズが強調していたように、オリンピック・パーク内に建設する劇場は500席の中規模なもの。そこに、世界からだけでなく、イギリスの地方で活動するダンス・グループのロンドン公演の拠点にすることも計画している。また、ヒッピ・ホップ・アカデミィは「教育機関」として授業料を支払うことになるが、奨学金やサポートを整備したいとのこと。

 芸術監督のスポルディング氏曰く、サドラーズの中心はローズベリィ・アヴェニューであることには変わりは無いが、ダンスの世界をより広げていく為には、中規模の劇場は必要とのこと。ライヴ・ストリーミングには興味があるかを質疑応答の時に訊ねた。
 現段階ではあまり積極的ではないとのこと。まず、設備投資が必要。そしてサドラーズがかかわるダンス・プログラムが世界各国で上演されているので、ライヴ・ストリーミングより世界へ多くの舞台を輸出することに重点を置いているとの印象を持った。10年前と比べたら、サドラーズ・コミッションの演目の世界で上演頻度は急増している。

 サドラーズの劇場の建設が始まるのが2018年、完成予定が2021年ということはサドラーズの関係者だけでなく、ダンス・ワールドを牽引する顔ぶれにもかなり変化があるだろうと思う。楽しみではあるが、5年以上も先のダンス・ワールドを待つより、今、素晴らしいダンスをもっと観たいものだ。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.