LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

British Englishの記事一覧

嫌いな英語:What's the damage?

2016.06.21
2日後の6月23日の国民投票を巡る論戦の腹黒さに、イギリス人の国民性をイギリス人から本音で聞ける良い機会と思い、以前からあまり好きでない英語表現について以下のメイルのほんの数人の友人に送った。「ほんの数人」にしたのは、質問の本意を理解してもらえないかもという危惧があったから。

Dear All,

Good morning, hope this BCC e-mail will bring you a laugh.

As always, I need your help in order for me to understand a part of the British mentality.

I cannot remember when I heard first time this particular phrase, "What's the damage on my wallet?". However, I still remember my initial reaction to this; I was not able to understand what is the person in front of me asking?

From a Japanese point of view, I was thinking that I did not force you to spend your money, but it is YOU who have chosen to spend/ waste your money. Why are you making me feel guilty? Why can you not ask me simply, "how much is it?"


I asked a British friend of mine if this phrase is only used in the UK. The answer is Yes. The Americans can understand what it means, but they do not use it frequently.

Then, EU referendum. Before the last week's tragedy, what both Remain and Leave did was that they scared the voters by saying if you would not vote for us, it must be you who cause us big problems.

I do not know British or English mentality, and not always, but people in the UK tend to make the others feel guilty although the others have not done anything wrong.

If my question irritates you, please ignore, but if you have your say, please teach me.


 この"What's the damage?"という表現を知っている日本人がどれほどなのかは全く予想できない。が、これを日本語に直訳して日本の日常生活で使おう、使える人が多く居るとは思わない。

 幾つか返信が来た。国民投票との関連性についての返信はなかったが、「僕の友人」ということは、非英国人と接する機会が多いイギリス人なので参考になる意見だと思う。一つ目は、カウンセリング・コースで知り合った友人で、現在、極東のある場所(日本ではない)で仕事をしている。

Hi Koji

As you know, I'm here in xxxxxxxx. Well in spite of the long history of Brits over here, some of our expressions are also not understood by Asian colleagues and this has made me careful about the way I use my language because I do not want to give offence or puzzle people. I find I have to express myself more simply and directly, and sometimes in ways which would seem rude if I were talking to someone who comes from the same place, generation and background to me.

The fact is that the English language is constantly evolving and changing. The way my children speak is sometimes quite different from the way I speak and I don't understand all their expressions. There is a great tradition of playfulness in English, whether it is spoken by West Indians, Irishmen or East Londoners. So expressions such as 'What's the damage?' meaning 'How much does it cost?' are intended to be humorous. Much British humour is based on exactly the dynamic you have described. So the person in the shop who comes in with money and the power to buy something jokingly pretends he is the one without any power and pushes the power or guilt on to the sales person. It is not meant to be nasty. I hope you are not offended.

Best


 次は、ロンドンに来てから通った英語コースで教わって以来、細くつながっている友人。現在、英語学校設立に向けて奔走中。

Phrase of the day: What’s the damage?
http://www.londonlanguagelab.com/phrase-of-the-day-whats-the-damage/

Last month I had to take my car in to the garage to get the annual MOT done. An MOT is basically a check you have to have done every year to ensure your car is still safe enough to be on the roads. I always get mine done in the same place – a little local garage near where I live. I know the mechanics there and I know the owner and I trust them to do a good job and not try and rip me off by charging me for things I don’t really need. When I went to pick up my car, I chatted a bit, had a look at what they’d done and then went into the office to pay. I asked, as I usually do in these kinds of circumstances “So can I settle up? What’s the damage?

It’s the same question I might ask a tailor, a barman, a builder or a friend who’s bought something I asked them to get me. I’ve always thought of it as a friendly, jokey kind of question; a way of asking how much you owe while acknowledging the damage done to your bank balance. However, I was chatting to a Japanese friend yesterday and suddenly realised not everybody sees it in the same way. The first time he heard the question, his initial reaction was blank incomprehension, which was followed shortly afterwards by shock. He saw the question as manipulative and found it annoying. “From a Japanese point of view,” he told me, “I’m thinking that I didn’t force anyone to spend their money. They chose to do it themselves! Why are they trying to make me feel guilty? Why can’t they just ask me simply how much something is?”

It just goes to show how simple bits of everyday language can be interpreted so differently – and how deeply our own cultural roots affect the way we see things. A fixed phrase that I’ve always taken for granted – or seen as warm and friendly and funny – can sound very different to our listeners.

When we’re teaching at LONDON LANGUAGE LAB, we try to be aware of cultural differences – as well as common ground. We encourage discussion of how language sounds to you – and exploration of possible reasons for any differences. It’s only by talking that any of us ever learn how to be more sensitive about the way our words may impact those around us.


 友人達からの返信を読むまでもなく、今では、大した意味はないと判っていても、イギリス人の自己責任を観たくない、自己責任に苛まれたくない性格を反映しているとしか感じられない。

スポンサーサイト

アイエルツ(IELTS)試験会場で指紋認証

2015.02.02
アカデミックに再び片足を入れたいなと計画していて、受ける必要はもはや無いのだけど、久しぶりにアイエルツを受けた。

http://www.ielts.org/

https://ielts.britishcouncil.org/

 数年前、マスター・コースの準備をしていたとき、アイエルツを準備なしで受けたら思いのほか苦労したので、今回は最近の傾向にざっと目を通しておいた。本番では、Readingの問題文の分量、質問の引っかけ具合に驚いた。初めてアイエルツを受けた2000年の時と比べると、全く違う英語を読んでいるように感じた。

 それはさておき、選んだ会場はUniversity of Westminster。指定の校舎に到着すると受付には既に長い列。急ぐ理由は無いので最後まで待った。僕の一人前の北アフリカ(もちろん推測だが、モロッコとかアルジェリアかな)系と思われるムスリムの若い男性がIDの不備で受験を拒否された。

 午前中の試験が行われる教室に向かう。再び、そして更に長い列。しかも進みがとても遅い。何をしているのかといぶかしく思っていると、列の前に行って確認して来た女性が「写真を撮っている」と。

 列に並んでから長さが半分くらいになったあたりで、担当男性の声が聞こえた。

 「Please tap your finger here」。

 え、どうして指紋を?この時点では合点が行かなかった。

 午前の筆記が終わり、試験会場の責任者が、「午後のスピーキングは別の部屋になるので、受付するように」と。数年前に、2回目の受付なんてあっただろうか。

 運良く、早い時間だったので、直ぐに受付に向かった。大きな教室の入り口に二人の係員。聞こえて来たのは、再び、「Please tap your finger here」、そしてパソコンの画面を確認する係員。

 判った、替え玉受験を防ぐ為だ。まず思いついたのは、2012年の夏に、ロンドン・メトロポリタン・ユニヴァーシティに起きたこと。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1754.html

 このポストを書くにあたって、昨年の春に報道されたことを思い出した。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2213.html

 そうまでしてイギリスに入国したい移民がいるのだろうか?いるのだろう。イギリスの移民「受け入れたくない」政策は、英語試験の会場にまで徹底されていることを知った。

BBCのウェブで英語の勉強

2014.07.02
以前、BBCの以下のペジを紹介した。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1494.html

 数日前、友人がBBCの別の情報を教えてくれた。

Quiznet
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/quizzes/quiznet/

 質問はこんな感じ。

Today's topic: Doing Business

1: It's so easy doing business with that company; they're so _____________.

1) professional
2) slow to respond
3) bureaucratic
4) impersonal


スクリーンショット 2014-07-02 15.23.22

 出題はいろいろな分野から多岐にわたっているし、内容は受験英語よりは簡単なので、自分の不得意分野の単語のリフレッシュにはちょうどいいかなと思う。で、僕の不得意分野。

スクリーンショット 2014-07-02 15.31.37
スクリーンショット 2014-07-02 15.31.49

 5番しか判らなかった。

イギリス人学生は、オランダを目指す

2014.06.25
4月に日本でも報道された、イギリスの大学等の高等教育機関で学ぶ為の学生ヴィザ取得に際して、「TOEIC(トーイック)」と「TOEFL(トーフル)」が英語力の証明として受理されないという状況のその後のニュースを友人から教えてもらった。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2213.html

English language tests inquiry declares thousands of results invalid
http://www.theguardian.com/uk-news/2014/jun/24/english-language-tests-cheating-results-invalid-overseas-students

 本文を読むと、TOEICやトフルという表示がないことから、この二つの試験をイギリス国内で実施していた会社の不正が問題であって、試験自体には問題がないのでは、という推測もできそう。ということで大学側からの情報があるかと検索してみたら、以下のもの。

Latest news on ETS TOEFL tests
http://www.lse.ac.uk/study/informationForInternationalStudents/ETSlatestnews.aspx


You may have seen in the news recently that ETS, the test provider of the TOEFL English language test, has decided not to extend its SELT (Secure English Language Test) licence with the Home Office. This news is particularly relevant to offer holders who will require a Tier 4 visa for their studies at LSE.

UPDATE: 22 May

You may have been affected recently by the changes surrounding ETS English language tests, including TOEFL. On 21 May, the Home Office confirmed that Higher Education Institutions may use their own judgement to decide whether or not to accept an ETS certificate as evidence of your English ability for entry to their degree programmes.

As such, LSE will continue to accept TOEFL tests as evidence of English language ability for the 2014/15 intake. This means that if you have taken a TOEFL test, which meets the requirements for your programme, you will not need to take any additional English test.

Please note that using a TOEFL test to meet our admission requirements will not jeopardise your Tier 4 visa application. Your CAS statement from LSE will stipulate that we have made our own assessment of your English language ability. You will not be required to include your TOEFL test certificate in your visa application.

We appreciate that there has been a great deal of change regarding TOEFL tests recently, which is likely to have caused you significant inconvenience and stress. We appreciate you bearing with us while the UKVI established their position on this.

If you have met an English condition with an IELTS test, or evidence that your degree was fully taught and assessed in English, then there will be no changes to your offer, and these documents will be accepted in your Tier 4 visa application as before, so please do not worry.

We hope this helps put your mind at ease. If you have been affected by these developments, please make sure that you read our guidance on the alternative tests you can take, and make your plans accordingly.


 LSEは独自の判断で、今秋に留学する予定の学生のトフルのスコアは受理するようだ。ただ、イギリスの高等教育機関への留学を考えている人はアイエルツに絞った方が良いのではないかと思う。

 学費は他界、生活費も高い、留学終了後資格を取得してもそれを活かした仕事に就職するのが難しい、総合的に、留学生を不法移民予備軍としてしかみていない国の英語試験を受けることを希望する人が増えるのどうかは疑問に思う。

 イギリス人学生ですら、その学費に見合った勉強ができるとは思えなくなっているような現状で、欧州圏内の大学で勉強するイギリス人学生が増えている。

Study abroad for a cheaper university option
http://www.theguardian.com/education/2014/apr/29/study-abroad-cheaper-university-option

 この記事の硬派でふれられているオランダが、中でも人気が高いようだ。オランダ側もこの動きに即した展開をしている。

http://www.studyinholland.co.uk/

http://www.studyinholland.nl/

 どこのメディアで読んだのか思い出せないが、オランダの大学での学生生活は、イギリスとは違ってとてもき微意とのこと。ターム中にパーティに興じる余裕など全くなく、勉強し続けなければならないそうだ。希望してオランダの大学に来ても、終了できずに脱落する学生もかなりいるらしい。

 イギリス人学生は、とりあえずまだ「EU」に加盟しているからこその恩恵を受けられるのであって、日本人学生が同じような奨学金を受けられるかどうかは判らない。しかし、英語で授業を受けることが目的なのであれば、邪魔者みたいに扱われるイギリスよりも、オランダの方が有意義な留学ができることもあるのではと思う。

イギリスでの学生ヴィザ発効に、TOEICとTOEFLは認められなくなったそう

2014.04.25
朝日新聞のウェブをざっと眺めていて気がついたニュース。

TOEICとTOEFL、英ビザ申請に使えず 4月から
http://www.asahi.com/articles/ASG4S5W6LG4SUTIL03C.html

英語力の証明に使われる国際的な検定試験「TOEIC(トーイック)」と「TOEFL(トーフル)」が、今月から英国ビザの申請に使えなくなったことが分かった。英国での試験で不正が発覚したため。TOEICの日本事務局は、英国渡航目的の受験者に受験料を返金する方針だ。

 留学支援業者によると、ビザを取得して英国の大学や大学院に留学する日本人は推定で年2千人。このほか、就労や移住を計画する人にも影響が出ている。

 きっかけは、2月の英BBCの報道。ロンドンであったTOEIC試験で、替え玉受験や試験監督が解答を読み上げる不正が行われていたと報じた。

 TOEICとTOEFLを運営する米国の非営利団体ETSは、英国で「下請け業者による違法行為」を確認し、英内務省と結んでいた、英語力証明に使うための契約を更新しないと今月17日に発表した。TOEFLも同じ契約に含まれており、ビザ申請には使えなくなった。同省も「英語力証明の根拠として、ETSが行うテストの受け入れを停止した」と発表した。


BBC
Student visa system fraud exposed in BBC investigation

http://www.bbc.co.uk/news/uk-26024375

ガーディアン
Student visa tests suspended over fraud claims

http://www.theguardian.com/uk-news/2014/feb/10/student-visa-tests-suspended-fraud

Update on TOEFL® Testing in the U.K.
http://www.ets.org/toefl/important_update/update_toefl_uk

TOEIC and TOEFL tests suspended
http://www.ukcisa.org.uk/studentnews/216/TOEIC-and-TOEFL-tests-suspended-%28update-3%29

 非欧州圏からの留学生を不法移民予備軍と見なすホーム・オフィスからすれば、当然の措置だろう。イギリス国内の大学棟、高等教育機関への留学を目的にしている人たちはIELTS、もしくはケンブリッジ英検プロフィシエンシィ・レヴェルの勉強をしているだろうから影響は少ないと思う。逆に、どこに留学するかを絞り込んでいないけど、とりあえず英語力の試験を受けておこうということでトーフルの準備をしていて、やっぱりイギリスにということになると、結構厳しいのではないかと想像する。

 ただ、2014年の秋にイギリス留学を考えている人は、既にアイエルツをうけているだろう。4月下旬にもかかわらず今年の9月から留学、でもアイエルツを受けていません、というのは遅すぎ。

 イギリスらしいと思ったこと。幾つか、思いつく大学のサイトをざっと読み飛ばしたのだが、この変更を報じている大学は皆無だった。留学生が払う学費が収入にもかかわらず、この体たらく。

[追記]
 ウォリック大学が情報をアップデイトしている。

TIER 4 VISA WARNING: TOEFL no longer acceptable for visa purposes
http://www2.warwick.ac.uk/fac/soc/al/news1/?newsItem=094d43f54588f08a01458e70a8af27e1

 心配な人は、専門家に尋ねるように。素人同士が情報を交換しても、高い代償を払って何も得られない。また、このブログは、語学、及びヴィザについてのブログではないことを強調しておく。

嫌いな英語:win win situation 永久機関をつくれないのと同じ

2012.09.06
ぼやき漫才だと思ってください。

 過去数年、経済人はだけでなく、普通の日常生活の中でも多くの人が使い始め、使いすぎている印象を持つのが、win win situation という表現。大嫌いです。Dislikeなんてものではなく、 Hateです。

 と言うことを先日、アメリカ人の友人に、「win win situation なんてあり得ない。勝者がいれば、敗者がいるのが資本主義の根本なのだから、人がwin win situationと言い始めたら、僕はその話を信じるのはやめる」と言ったところ、友人曰く。

 「win win situationと言うのは、例えば取引の結果として双方が利益を受けることが確実な状況のことだから、間違ってはいない」。

 「もしかしたら投資銀行の巨額取引の中ではあり得るのかもしれないけど、その恩恵に預かれるのは立った一握りの人間だけ。そんな一握りの人間がwin win situationと浮かれている外にいるのは敗者だけ。目くらましにしかすぎない」。

 「なんだか、コミュニストみたいだね」。

 「違う、これはコミュニストであるとかではなくて、機会の均等性がこの社会から奪われている状況から目をそらさせているだけだと思うな。
 「例えを変えてみると。多くの科学者が永久機関を作り出すことを夢見ているけど、叶わないことは今の科学理論の中では自明のはず。確か、エントロピィがどうのこうのだったような。win win situationを言い出す心理はそれと同じだと思う。あり得ないけど、夢に踊りたい、夢で踊らせておいて現実を忘れさせる。まやかしにすぎないから、この表現は嫌いだ」。

 と言うことを話し終わってからしばらくして、世界中、どんな社会、どのような時代になっても被害が減らない「ねずみ講」、英語表現だと、pontiff schemeを考えました。覚えていらっしゃる方は今でも多いであろう著名な例だと、Bernard Madoff。メイドフが作り上げたwin win situationが虚構ではなかった、間違いではなかったと反駁できる人はいないと思います。

 最近とてもがっかりしたのがあります。けっこう面白いことを書くなといつも読んでいる新聞の人生相談の回答者が、成人した子供たちの反対を説き伏せて、年老いた母親との同居を決めた女性の不安の相談の返答の中で、同居の決断は「win win situation」になるだろうと書き記していたこと。
 励ます意味で使ったのだろうとは思うのですが、家族の暮らしの取り決めにwin win situationと言うことに強い違和感を僕は感じます。どこかに幸せな家族はいるのかもしれないですが、それなりの苦労だってあるはず。きれいごとでは済まされないのが家族という社会形態。そこにwin win situationを持ち込んでは、その時点でその社会はもはや終わっているなと思ってしまいます。お金同様、幸福は世界を巡っているように思うことがあります。いつもいつも幸福をつなぎ止めておくためにwin win situationが必要と思い込むのは、不自然に感じます。

 「win win situation」と言う表現、とても理論的な表現だと思われる方もいるのではないかと考えます。でも、僕はこれほど感情的で、発言者の心理的葛藤を隠そう隠そうとする足掻きを鮮明に感じる表現はないのではと感じます。

habit4_5dimensions.gif
(ネットで見つけた画像)

 で、そのアメリカ人の友人と話の流れでパラリンピックスについて。Disabledという形容詞の代わりに、最近、アメリカでは「differently abled」と言い表すことが増えているとのこと。友人曰く、多分にポリティカル・コレクトネスの議論に発展する表現だとは思うけど、パラリンピンアンの活躍を見ていると、differently abledはその通りだと思う、と。一理あるなと思いました。参考までに、オブザーヴァ紙に掲載された関連するであろう記事です。

Drop the word 'disabled' from Games coverage, demands Paralympics committee president
http://www.guardian.co.uk/sport/2012/aug/26/paralympics-philip-craven-disabled-disability

 パラリンピックスに出場する選手を単にdisabledとは呼ばないでほしいという趣旨なので、広義の意味では語られていません。しかし、パラリンピックスに出場している選手たちがやり遂げていることを見れば、differently abledという表現の方が、まやかしという印象はなきにしもあらずですが、「できない」と言い切るよりは的確なのではと考えます。

kəndʒʌ`ŋktəváitis:「i」ほど不確かなものはない

2011.12.23
kəndʒʌ`ŋktəváitis
この発音記号からこの単語の正しいつづりが判る人は小さなお子さんが居る人か、歩く英単語辞書のような方でしょう。

Conjunctivitis:結膜炎

 僕が文句を言いたいのは、つづりが長すぎる、ということではなくて一つの単語の中に「i」が三つもあって、さらにその発音記号が三つとも違うって、それは言葉としてよくないのではないか、ということ。
 英語学の専門家からすれば、何を戯けたことを言っているんだと思われるだろう。でも、毎日使わなければならない「外国語」の発音に統一性が感じられないことが、英語には多すぎるように感じる。

 本当は、「i」の発音をあげつらおうと思っていたのだけど、いつも英語のことで助けてもらう友人と話してからちょっと方向を変えた。ちなみに、友人は、過去にこんなメイルを転送してくれ、大いに溜飲を下げた。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-152.html

Why English is so hard to learn

• The bandage was wound around the wound.
• The farm was used to produce produce.
• The dump was so full that it had to refuse more refuse.
• We must polish the Polish furniture.
• He would lead if he could get the lead out.
• The soldier decided to desert his dessert in the desert.
• As there is no time like the present, he thought it time to present the present.
• A bass (fish) was painted on the head of the bass drum.
• I did not object to the object.
• The insurance was invalid for the invalid.
• They were too close to the door to close it.
• There was a row among the oarsmen about how to row.
• The buck does funny things when the does are present.
• A seamstress and a sewer fell down into a sewer line.
• To help with the planting, the farmer taught his sow to sow.
• The wind was too strong to wind the sail.
• After a number of injections my jaw grew number.
• Upon seeing the tear in the painting I shed a tear.
• I had to subject the subject to a series of tests.
• How can I intimate this to my most intimate friend?

Let's face it English is a crazy language. There is no egg in eggplant nor ham in hamburger, neither apple nor pine in pineapple. English muffins weren't invented in England nor French fries in France. Sweetmeats are sweet but not meat, while sweetbreads, which aren't sweet, are meat. If we explore its paradoxes, we find that quicksand can work slowly, boxing rings are square and a guinea pig is neither from Guinea nor a pig.

Why is it that writers write but fingers don't fing, grocers don't groce and hammers don't ham? If the plural of tooth is teeth, why isn't the plural of booth beeth? One goose, two geese so, one moose but not two meese? You can make amends but not one amend. If teachers taught, why haven't preachers praught?
It's odd that people recite at a play and play at a recital, have noses that run and feet that smell. How can a slim chance and a fat chance be the same, while a wise man and a wise guy are opposites? You fill in a form by filling it out and an alarm goes on by going off.
English was invented by people, not computers, and reflects the creativity of the human race which, of course, is not a race at all. That is why when the stars are out they are visible but when the lights are out they are invisible.

A foreigner, having just arrived in England to perfect his English, saw a poster which read: "Hamlet - pronounced success". He wept and returned home.


 最近多くの人が使うようになっていらつくのが「H」の発音。僕が数十年前に英語を習い始めたとき教わった発音は、「エイチ:éɪtʃ」。ところが最近、「ヘイチ」と発音する人が急増している。
 前述の友人にどう発音するかを尋ねたところ、彼は「エイチ」。では、どうして「ヘイチ」と発音する人が急増しているのかを訊いたところ、「コックニィ訛」ではヘイチだからそれをまねしたいか、真似している人の発音を意味も知らずに「クール」と感じて発音をしているのではないか、というのは友人の意見。
 迷惑極まりない。いったい、今のイギリスですら、どれだけの人数がコックニィ訛で生活しているというのだろう。友人によると、最近では、イギリスの初等教育の場では子供たちの発音の乱れを直すことがおろそかになっているとのこと。
 以前の八つ当たりポスト(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1277.html)でも書いたことだが、英語は、「たまたま」現在の国際政治、国際経済、国際文化の場で使われることが多い言語になっているので、非英語圏の人々は努力をして学んでいる、という事実をネイティヴの皆さんにはもっと知って欲しい。

 どうせだから、もっと八つ当たり。Divaディーヴァで、どうしてVivaヴァイヴァ?最近、アメリカ人だけでなくイギリス人も使い始めたようで本当に嫌なのは、Dataダータと発音すること。発音様式にのっとっていないじゃないか!
 東京で働いていたころ、ニュー・ヨークの担当者(米人)に電話して初めて「ダータ」という発音を耳にしたとき、「人がまじめに話しているときに、幼児言葉を使うとは、なんて失礼な人間」という腹立たしさは今も思い出せる。

 ここで八つ当たりして何かが変わるわけではないことは判っている。でも、英単語の発音と強勢(アクセント)の仕組みが統一感の取れているものだったらと思わずにはいられない。

英国エキスパート チャレンジ2011

2011.12.05
以下のお知らせが届いていたことに、今朝、気がついた。

ブリティッシュ・カウンシル
日本一の英国通を決定するプレスイベント
「英国エキスパート チャレンジ2011」
および 新作アプリ説明会
ブロガーさんご招待!


iPhoneアプリ「BritQuiz(ブリットクイズ)」の月間優勝者5名が日本一の英国通を決める
オフラインの早押しクイズ大会「英国エキスパート チャンレジ2011」に挑戦!


英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルから、今年7月に英国政府観光庁との
連携で発表されたスマートフォン(iPhone)向けアプリケーションソフト「BritQuiz(ブリットクイズ)」。
英語学習と英国にまつわるクイズを組み合わせたこのアプリを使って、発表以来、日本全国から英国通を
競うオンライン選手権が毎月開催されてきました。
この度、各月の月間優勝者5名が集い、英国大使館にて、日本一の英国通を決めるオフラインイベント
「英国エキスパート チャレンジ2011」が開催されます。当日は、5名の挑戦者がクイズ形式で真の英国通に
挑み、優勝者には、ヴァージン アトランティック航空東京・ロンドン往復チケットが贈られます。
また、ブリティッシュ・カウンシルとして日本初の有料アプリケーションを含む、複数の最新英語学習
アプリケーションも紹介されます。
このイベントに、ブロガーの方をご招待します。
ご参加ご希望の方は下記の「参加方法」をご覧の上、お申込をお願いいたします。


<BritQuiz の主な仕様>
● 英国にまつわる、様々な分野に関する200 のクイズを収録
● 一回の挑戦につきランダムに10 問出題。一回につき3 問間違うとゲームオーバーで、何度でも挑戦可
● 131 の単語・イディオムの訳とネイティブによる音声を確認できる単語帳機能
● ネイティブによる音声出題、各クイズの、テキスト表示機能、および、音声の繰り返し機能
● ユーザ登録により、ランキングへの参加が可能


イベント詳細
日時:2011年12月8日(木)  19:00-20:00(18:45受付開始)
会場:駐日英国大使館ニューホール
住所:〒102-8381  東京都千代田区一番町1 
最寄り駅: 地下鉄半蔵門線 半蔵門駅
地図:
http://ukinjapan.fco.gov.uk/ja/about-us/our-embassy/location-and-access/

参加方法
件名に「英国エキスパート チャレンジ2011」と記載の上、①~⑤をご明記し、
public-enquiries.tokyo@fco.gov.uk にご返信ください。


①お名前
②ご連絡先メールアドレス
③当日連絡先となる携帯電話番号
④ブログタイトル
⑤ブログURL
個人情報は今回のイベント連絡にのみ使用致します。

参加登録締切り:12月6日(火)
必ず応募締切りまでにご予定をご連絡いただけますようお願い申し上げます。
応募者多数の場合は抽選となります。
ご当選者の方にはこちらから確認メールを差し上げますので、当日は、確認メール
ならびに写真付きの身分証明書(パスポート、運転免許証)をご持参下さい。
また、公共の交通機関をご利用くださいますようお願い申し上げます。


BBCで数学と英語の勉強をしてみる

2011.11.02
skillswisepreview.jpg

あることがあって、もしかしたら「Literacy and Numeracy Test」なるものを受けることになりそうな雲行き。この歳になってまだテストを受けるというのはできれば避けたいけど、共通一時世代としては受けるとなれば相応の成績をとりたいもの。

 で、受けることになるかどうかもわからないうちにどんなテストなのか検索して引っかかったのが、BBCの「Skillswise」というペイジ。

http://www.bbc.co.uk/skillswise

 BBCのウェブをよく利用している人は日本でも多いようだから、すでに知っている人もいるだろう。ちょっとやってみたけど、テストと言うよりは「頭の体操」といった印象。肩肘張らずにできる上に、「へー、英語ではこんな風に数学の問題と尋ねてくるのか」といった感じで面白い。英語の鍛錬にもなるのではないかなと。

 実際のテストは、おそらく以下のリンクで試せるものに近いと思われる。

http://www.move-on.org.uk/practicetestsResults.asp

 なめてるといった程度の問題から、さして難しいわけではないにもかかわらず、質問で何を問われているのかが判らない問題まで。質問の仕方にも文化の違いって現れるものなんだ。

Anglo-EU Translation Guide:イギリス人の表と裏

2011.05.19
アメリカ人の友人が、今朝、送ってきたもの。朝から大笑い。

Diapositiva11.jpg

 貼り付けただけでは芸がないので、僕個人の感想をいくつか。

That's not bad
 友人といっていいのかどうか。どんなに素晴らしい天気、雲ひとつない青空が広がり爽快な空気に満ちていても、「not too bad」という知人がいる。あるとき、あまりにも嫌になってしまったので、「Can you not say something positive? Can't you simply say, "Good!"?といったら、とても気まずそうに"I feel good"。

By the way
 先日のDr Dorothy Roweのレクチャア(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1373.html)で、彼女が言ったこと。

 「一通り診察が終わり、患者が席を立ち扉に手をかけたところで徐に振り返り"By the way"と切り出したところから本当の診察が始まる」。

I'm sure it's my fault
チャートにあるように、もちろん自分の失敗とは思っていない。さらにもう一つ意味がある。それは、例えば誰かに何事かを頼み事が上手くいかなかったときに、「It was my fault that I expected you to do it」。つまり、「君ができると信じたのが僕の失敗だよ」ということ。

 最後の二つなんて、腹のそこから大笑い。でも、一つ気づく。イギリス人の「本音」と「建前」、なんとも日本の状況にそっくりだと思う。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.