LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Politicsの記事一覧

東芝の命運:Westinghouse破産手続きを開始

2017.03.29
数分前にFTから届いた速報。

スクリーンショット 2017-03-29 8.26.10

 東芝の命運、日本の原子力政策もこれで終焉かな。


スポンサーサイト

ペンは剣より強し。そのペンが剣を背後から操り始めたら:トランプの勝利は、情報操作

2017.02.26
RobertMercer.jpg
(ガーディアンから無断拝借)

今日のオブザーヴァ紙に、「今」のアメリカの政治を、そして世界列強の武闘右派を操作しているらしい黒幕として、アメリカ人ビリオネアのことが大きく取り上げられている。

Robert Mercer: the big data billionaire waging war on mainstream media
https://www.theguardian.com/politics/2017/feb/26/robert-mercer-breitbart-war-on-media-steve-bannon-donald-trump-nigel-farage

 かなり長いが、読んでいてとても得体の知れない恐怖感を感じてしまう。晩ご飯を驕られたくらいで政権にしっぽを振る日本のメディアが太刀打ちできることは決してないだろう。

I click Google’s first suggested link. It leads to a website called CNSnews.com and an article: “The Mainstream media are dead.” They’re dead, I learn, because they – we, I – “cannot be trusted”. How had it, an obscure site I’d never heard of, dominated Google’s search algorithm on the topic? In the “About us” tab, I learn CNSnews is owned by the Media Research Center, which a click later I learn is “America’s media watchdog”, an organisation that claims an “unwavering commitment to neutralising leftwing bias in the news, media and popular culture”.

On its website, Cambridge Analytica makes the astonishing boast that it has psychological profiles based on 5,000 separate pieces of data on 220 million American voters – its USP is to use this data to understand people’s deepest emotions and then target them accordingly. The system, according to Albright, amounted to a “propaganda machine”.

It is creepy! It’s really creepy! It’s why I’m not on Facebook! I tried it on myself to see what information it had on me and I was like, ‘Oh my God!’ What’s scary is that my kids had put things on Instagram and it picked that up. It knew where my kids went to school.

These Facebook profiles – especially people’s “likes” – could be correlated across millions of others to produce uncannily accurate results. Michal Kosinski, the centre’s lead scientist, found that with knowledge of 150 likes, their model could predict someone’s personality better than their spouse. With 300, it understood you better than yourself. “Computers see us in a more robust way than we see ourselves,” says Kosinski.

“The danger of not having regulation around the sort of data you can get from Facebook and elsewhere is clear. With this, a computer can actually do psychology, it can predict and potentially control human behaviour. It’s what the scientologists try to do but much more powerful. It’s how you brainwash someone. It’s incredibly dangerous.


Mercer invested in Cambridge Analytica, the Washington Post reported, “driven in part by an assessment that the right was lacking sophisticated technology capabilities”. But in many ways, it’s what Cambridge Analytica’s parent company does that raises even more questions.

Emma Briant, a propaganda specialist at the University of Sheffield, wrote about SCL Group in her 2015 book, Propaganda and Counter-Terrorism: Strategies for Global Change. Cambridge Analytica has the technological tools to effect behavioural and psychological change, she said, but it’s SCL that strategises it. It has specialised, at the highest level – for Nato, the MoD, the US state department and others – in changing the behaviour of large groups. It models mass populations and then it changes their beliefs.


In the course of the US election, Cambridge Analytica amassed a database, as it claims on its website, of almost the entire US voting population – 220 million people – and the Washington Post reported last week that SCL was increasing staffing at its Washington office and competing for lucrative new contracts with Trump’s administration. “It seems significant that a company involved in engineering a political outcome profits from what follows. Particularly if it’s the manipulation, and then resolution, of fear,” says Briant.

Bio-psycho-social profiling, I read later, is one offensive in what is called “cognitive warfare”. Though there are many others: “recoding the mass consciousness to turn patriotism into collaborationism,” explains a Nato briefing document on countering Russian disinformation written by an SCL employee. “Time-sensitive professional use of media to propagate narratives,” says one US state department white paper. “Of particular importance to psyop personnel may be publicly and commercially available data from social media platforms.”

How do you change the way a nation thinks? You could start by creating a mainstream media to replace the existing one with a site such as Breitbart. You could set up other websites that displace mainstream sources of news and information with your own definitions of concepts like “liberal media bias”, like CNSnews.com. And you could give the rump mainstream media, papers like the “failing New York Times!” what it wants: stories. Because the third prong of Mercer and Bannon’s media empire is the Government Accountability Institute.

“Look at this,” he says and shows me how, before the US election, hundreds upon hundreds of websites were set up to blast out just a few links, articles that were all pro-Trump. “This is being done by people who understand information structure, who are bulk buying domain names and then using automation to blast out a certain message. To make Trump look like he’s a consensus.”

 Scaremongerになりたくはないが、今の世界の不透明さが、ほんの数人の欲望の方向に突き進んでいるのは、怖い。

[追記:2月27日]
ふざけるな! 森友学園問題の最中に安倍首相が官邸担当記者を集め、赤坂飯店で馴れ合い会食! 疑惑追及封じか
http://lite-ra.com/2017/02/post-2951.html

トランプに尻尾を振りたいのはイギリスだけではないんだ:日本の首相、そそくさと訪米

2017.02.11
スクリーンショット 2017-02-11 14.44.56
(ガーディアンのサイトからスクリーンショット)

Smile and nod: Trump was not wearing translation device in Japan PM's speech
https://www.theguardian.com/us-news/2017/feb/10/shinzo-abe-donald-trump-earpiece-translation

通訳イヤホンなし、日本語にうなずく 会見でトランプ氏
http://www.asahi.com/articles/ASK2C5QJTK2CUHBI01M.html

 朝日新聞、速攻。重箱の隅をつつく様だが、「they spoke quite extensively」を「2人は会見の前に広く話をしていた」って、「熱心に」とした方がすっきりすると思うな。

フリーアナウンサー・吉田照美さん 権力者に対する風刺ができない世の中は危険
http://mainichi.jp/articles/20170209/dde/012/040/008000c

フリーアナウンサーの吉田照美さんが先月、大ヒット映画「シン・ゴジラ」などをモチーフにした油絵を発表した。ゴジラの顔を安倍晋三首相の似顔絵にすげ替えた、その名も「晋ゴジラ」。あくまでも風刺画だが、インターネット上は批判的な書き込みがあふれ、「炎上」。この騒動をどう受け止めましたか?

 世界中に、好戦的な政治リーダーが増えてきている様だ。

大英帝国の威勢なんて既にないことを気づきたくないメイ政権

2017.01.29
スクリーンショット 2017-01-29 13.33.17
(2017年1月28日のウィークエンドFTから)
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/31740819014/in/dateposted/

Britain has grown rich by chasing the cash. Now it has lost the scent
https://www.theguardian.com/commentisfree/2017/jan/29/theresa-may-rude-awakening-from-dream-of-britain-as-a-global-trading-giant

 イギリスが欲しいのは、「金、かね」。

 思い出せなかったのでちょっとググってみたのは、メイ内閣の中に、非白人、もっと突っ込むとアフロ・カリビアン系の大臣はいるのかと。インド系、イスラム系の名前はあるが、アフロ・カリビアン系の名前を大臣クラスの中に見つけられない。穿ち過ぎなのは自覚しているが、メイ首相はオバマ前大統領夫妻とは近づきたくなかったのかなと。

[お知らせ]
僕がコメントをできない状況は既に一週間が経過している。読んでくださる皆さんはコメントができようなので、返信がなかなかつかない時には、本分の下に「追記」という形で返信します。

Brexit、トランプ・ショックの先へ

2016.11.13
ミクシィで友人が紹介してくれた映像が面白い。英語の聞き取り教材としても最適だと思う。

President Trump: How & Why...

https://www.youtube.com/watch?v=GLG9g7BcjKs

This is who to blame for Trump (同じ映像、字幕付き)

https://www.youtube.com/watch?v=i3iKj28KqNg&feature=youtu.be

 ジョナサン・パイという人は知らなかった。言っていることはもっともだと思う。日常生活でもたまに言われる表現、「I am offended」、心の中ではいつも「Oh, do Shut Up, please」。

 映像の後半で彼が言っている体操選手云々はこれのことだろう。

Louis Smith lands British Gymnastics ban after video appearing to mock Islam
https://www.theguardian.com/sport/2016/nov/01/louis-smith-banned-british-gymnastics-video-mocking-islam

 政治家に好き勝手にさせているのは、僕たちの責任。

メイ首相、ヒンクリィ・ポイントC建設に合意

2016.09.15
スクリーンショット 2016-09-15 8.24.15
(ガーディアンのサイトのスクリーンショット)

7月末、調印当日の朝にメイ首相がストップをかけたヒンクリィ・ポイントでの新しい原子力発電所建設計画。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2724.html

 様々な政治的駆け引きがあったのだろうと思う。昨夕から、メイ首相が合意するらしいという憶測ニュースが流れていた。そして今朝、建設にゴー・サインがでたとの報道。

Hinkley Point C nuclear power station gets go-ahead
https://www.theguardian.com/uk-news/2016/sep/15/hinkley-point-c-nuclear-power-station-gets-go-ahead

 地図で見ると、ヒンクリィ・ポイント原子力発電所は海岸沿い。イギリス人でも覚えている人はそれほど居ないかもしれないが、ヒンクリィ・ポイントの西側にあるマインヘッドからちょっと先にある小さな漁港の村Lynmouthは、大雨による鉄砲水で壊滅的な被害を受けたことがある。

Lynmouth Flood
https://en.wikipedia.org/wiki/Lynmouth_Flood

 半世紀以上も前のこと、また平地(ヒンクリィ・ポイント)と川から港への狭い土地(リンマス)という違いはあるのでヒンクリィ・ポイントの安全性が疑わしい、ということにすぐにはならないだろう。でも、日本のように自然災害から被害を受けることは無い、とは言えないとも思う。

 先週、発電所内見学ツアーで訪れたサイズウェルB原子力発電所

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2748.html

 ツアー中に聞いた話、そしてヒンクリィ・ポイントCついての報道を読んで考えていること。それは、発電所内で働く人達は、多少の差はあれども、「安全性」を確保しながら自分たちの仕事を全うする。発電所の外に居る人達、つまり政治家や企業にとって最も重要なのは、「政治的駆け引き」で勝ち抜くこと。

 ヒンクリィ・ポイント、遠いけど、観に行きたいな。

イギリスを切り売りするのは政治家:多国籍企業が隅々に

2016.08.07
10日ほど前、ガーディアンのあるコラムのヘッドラインが目に留まった。

Sovereignty? This government will sell us to the highest bidder
https://www.theguardian.com/commentisfree/2016/jul/27/sovereignty-corporations-liam-fox-eu

 本文は、コラムニストによるリアム・フォックス国際貿易大臣(とでも訳すのか?)がイギリスを欧州連合の縛りから解放することにより、イギリスという国が国内に保持するありとあらゆる「資産」を世界中で、最も高い価格で競り落とす企業に売り払っていくだろうというもの。

 本文中に固有の企業名はでていないが、真っ先に浮かんだのはこのコラムが掲載された数日後に建設計画の最終調印が、メイ政権によって突然延期になってヒンクリィ・ポイントCの原子力発電所建設計画。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2724.html

英の原発計画、中国参画に「待った」 メイ政権が再検証
http://www.asahi.com/articles/ASJ824RWGJ82UHBI00Z.html

 ヒンクリィ・ポイントで問題なのは、建設を進める企業がフランスのEDFだけでなく、中国の投資グループが深くかかわっていること。また、イギリス国内の原子力発電所建設計画には、日本の企業も参画している様だ。

英国の原発建設に逆風 東芝や日立のプロジェクトに影響も
http://www.sankei.com/life/news/160630/lif1606300023-n1.html

 ヒンクリィ・ポイントは中国がかかわるから疑問が残るのであって、多国籍企業による事業運営の全てが悪影響を及ぼす訳ではない、との見方もあるかもしれない。しかし、例えばイギリス国内の鉄道会社の運営を観ていると、多国籍企業によるイギリス国内の利用者を無視した問題が多い。組合との交渉が決裂して、ストライキが多発しているサザン・レイルウェイを所有するGOVIAの親会社は、フランス鉄道大手のKeolisという会社。サリィに住む友人によると、ゴヴィアがサザン・レイルウェイの運営権を獲得してからサーヴィスの低下が顕著とのこと。ゴヴィアから運営の権利を剥奪すべきではとの議論がでている。

Govia faces fresh calls to be stripped of Southern rail contract
http://www.telegraph.co.uk/business/2016/06/20/govia-faces-fresh-calls-to-be-stripped-of-southern-rail-contract/

 イングランド内の鉄道路線を運営しているのは海外の多国籍企業だけではない。スコットランド(イギリスの一部だが)ん本拠地があるファースト・グループはロンドン・バディントン駅からイングランド西部への鉄道網を運営しているだけではなく、アイルランドやカナダでも鉄道網の運営をになっているそう。地元の企業だと思っていたら、地球の反対側の国で別の名前で業務をしているというのはグローバライゼイションの社会では、驚くことではない。

 毎年1月2日に大きな話題になるのは、鉄道料金の大幅な値上げ。イギリスに本拠地を置いていない多国籍企業は、本国に利益を還元する為に、イギリス国内の鉄道料金を本国ではしないような値上げをしている、という批判は毎年メディア上で議論されている。

 別の例。リヴァプールの税務署で働く清掃員は、現在、デンマークが拠点の多国籍企業によるアウトソーシング契約になっている。キャメロン政権の末期に導入されたNational Living Wages政策による出費を企業が避けたいばかりに、清掃員の実働時間が削られ、その結果、もともと低所得の清掃員に支給されていた税金優遇の福利も失ったという報道。

HMRC cleaners striking over pay: 'They've treated us appallingly'
https://www.theguardian.com/uk-news/2016/jul/28/hmrc-cleaners-striking-over-pay-national-living-wage

 多国籍企業の本領発揮と同時に、国の税金を管理する税務署の清掃員の生活を多国籍企業に売り払うイギリス。国民の幸福度調査では上位常連のデンマーク。こんなことを自国の企業が他国でやっていることを知っているのだろうか。

 経済の専門家ではないから深い所まで理解できないが、リスク分散の為に企業は多国籍化するのかなとは思う。しかし、ヒンクリィ・ポイントや鉄道運営会社の利用者無視の運営方法を知るにつけ、利益を確保する為に清掃員の実働を2時間減らすことを全く厭わない多国籍企業の市場支配ににつけ、多国籍企業の責任の所在の不透明さの影響に悩まされるのは、常に末端の利用者のように思えてならない。このような状況はイギリスだけとは思わないが、金融市場の有益性という資産しか持たないイギリスでは、市民生活に直結する公共サーヴィスを運営する企業の多国籍化は問題が起きても泣き寝入りすることが多くなるのではないかと思う。

イギリスのヒンクリィ・ポイントC原子力発電所計画、土壇場で調印延期

2016.07.31
日本では最新情報が報道されているのかどうか判らないが、イギリス西部、サマセット北部の海岸部にあるヒンクリィ・ポイントCという新しい原子力発電所の建設計画最終調印が、土壇場で延期になった。

DSC03352.jpg
(2016年7月30日、タイムズ紙)

DSC03353.jpg
(2016年7月30日、[i]紙、白い象の意味は辞書で調べてください)

ガーディアンの特集セクション
https://www.theguardian.com/uk-news/hinkley-point-c

一般社団法人 日本原子力産業協会
http://www.jaif.or.jp/151022-a/

 調印が延期になったのは、建設計画の中止であるとか、イギリスが原子力発電をすっぱり止めることにした、ということではない。政治的、資金的な駆け引きの中の一時的な中断。建設を請け負うフランス企業が自身では建設資金を調達することができず、中国資本が参画することに、キャメロン政権の時に取り決めになった。が、その中国資本の参画で、国家のリスクが増すのではないかという懸念が高まったから最終合意の調印を土壇場で延期した、というのがごくごく大まかな理解。

 地図で見ると、セラフィールドへ行くより、ヒンクリィ・ポイントの方がアクセスがよさそう。こっちに行ってみようか。

 2週間前、ロンドンへ戻る飛行機から見えた、テムズ河口付近(であろう)の風力発電施設。かなり広範囲に建設されていた。

スクリーンショット 2016-07-31 20.46.41
(ニョロニョロみたいだ)

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/28152998050/in/dateposted/

 風力発電施設の建設・運営もおぼつかない印象が強いイギリスだが、原子力発電よりも風力発電にもっと力を入れて欲しいなと。

[追記:8月2日]

タイムズ紙のカトゥーンが面白い。

DSC03373.jpg

 タイムズ紙のカトゥーンは、人権や平和交渉に関連するものは逸脱し過ぎと批判を集めることがある。が、このヒンクリィ・ポイントに関しては、二つだけだけとはいえ、かなりいい感じだ。

マイケル・ゴヴ阻止の為に保守党に加入しようかと思った、が

2016.07.02
直近のメディアの予想では、マイケル・ゴヴは党内での支援獲得に苦労しているそうだが、油断はできない。ゴヴが首相になってしまったらと思うと、怖すぎる。ということで、「ゴヴ阻止の為に保守党に加入しようかな」とメイルを友人に送ったら以下の返信。

Please don't even think that Gove will get in. The Tories love backstabbing each other, but they will never vote for someone who shows such pleasure in doing it! They will get Teresa May in as they all like a 'mummy figure'.....

And you won't be able to vote for a leader if you join the Tories, they changed the rules so you have to be in for at least 3 months to vote. After Corbyn got in, they panicked and changed the rules.


 昨年の労働党党首選での混乱後に、規約を変更したらしい。万が一にも、決選投票にゴヴが残ってしまったら、相手が誰であれ、彼が勝ってしまってしまうように思えてならない。先週の国民投票後、イギリス人のコモン・センスを信じることは難しい。

日本の大臣達の海外視察は必要なの?

2016.05.06
Britain remaining in EU is 'better for the world', says Japanese prime minister
http://www.theguardian.com/politics/2016/may/05/japan-prime-minister-britain-eu-shinzo-abe

地方選の投票日に、「沈む国」の首相が来てもイギリスのメディアは興味があったのかどうか。

 今年のゴールデン・ウィーク中、一体、首相だけでなく、大臣、自民党の国会議員達がどれだけ無意味な海外視察をしたのか、政府は全ての経費を国民に明らかにすべきだ。

 彼らが海外に出向くことは、一体、日本に何をもたらすのか?

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.