LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Politicsの記事一覧

ノーベル平和賞を政治家に授与することの意義は?:ビルマでの民族殲滅行為

2017.09.05
Thousands of Rohingya flee Myanmar amid tales of ethnic cleansing
https://www.theguardian.com/world/2017/sep/02/rohingya-fleeing-myanmar-tales-ethnic-cleansing

Myanmar blocks all UN aid to civilians at heart of Rohingya crisis
https://www.theguardian.com/world/2017/sep/04/myanmar-blocks-all-un-aid-to-civilians-at-heart-of-rohingya-crisis

Leader Aung San Suu Kyi has also forged an increasingly antagonistic relationship with humanitarian organisations in Myanmar. Her office accused aid workers last week of helping “terrorists”, a claim that prompted fears for their safety.

More than 100,000 Rohingya who have lived in displacement camps in Rakhine since 2012 when violence between Muslims and Buddhists forced them out of their homes, also stopped receiving assistance last week.


 彼女が独裁者になるのも、それほど遠くない日かもしれない。少なくとも、彼女の両の掌は既に血で濡れている。

スポンサーサイト

リーダーシップの崩壊、もしくは元からなかった:ケンジントン・アンド・チェルシィ区

2017.07.01
グレンフェル・タワーの火災直後から、その災厄の処理へのやる気を全く見せず、言い訳に終始し、多方面からの辞職勧告を完璧に無視していた、ケンジントン区議会のトップ(在職30年以上、保守党)が辞職する意向を示した。辞めてはいない。

Grenfell Tower fire: government urged to take control of council
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/jun/30/kensington-and-chelsea-council-leader-nicholas-paget-brown-quits-in-wake-of-grenfell-disaster

 火災後に初めて開かれた議会のミーティングをを非公開としたことに気づいたメディア側が、最高裁からの公開義務の通達を受け取ったにもかかわらず、何としても非公開にしたかったトップの男性は、ミーティングを中止した。で、その独善と意気地なさへの批判を浴びてやっと辞めることを決めたようだが、その理由がさらにバカにしている。記事の中にある映像を是非、見て欲しい。彼の表情を見ていると、まるで、「自己保身」という本来、目で確認することのできない意識が具象化されているのがよくわかる。

Paget-Brown said a key factor in his departure was his decision to halt to a cabinet meeting after failing to have the media barred.

Paget-Brown, who said having journalists present could prejudice the public inquiry into the disaster, blamed the advice of lawyers for his decision.

He said: “In particular, my decision to accept legal advice that I should not compromise the public inquiry by having an open discussion in public yesterday has itself become a political story. And it cannot be right that this should have become the focus of attention when so many are dead or still unaccounted for.” The new leader would pick their own cabinet, Paget-Brown added.

Downing Street was understood to be furious at the chaotic scenes at the meeting, which saw Labour opposition councillors shouting furiously as Paget-Brown announced that it would have to end because he could not discuss the fire with journalists in the room.


 要するに、自分は弁護士から間違った判断を受け取った、と。彼の態度は、自分が責任を負う必要など全くないと信じる時にイギリス人が取る典型的な態度。絶対に、心がこもっていないと批判されることなんて全く厭わないが、それを言ってしまうと自分が取りたくない責任を負わせられてしまう時には、口が裂けても「I am sorry」を言わない。

 保守党に追い打ちをかけるように、別の保守党区議は。

Tory councillor: media efforts to attend Grenfell meeting were 'clever stunt'
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/jul/01/tory-councillor-catherine-faulks-media-attend-grenfell-meeting-clever-stunt

 ケンジントン区の多くの(定員は知らない)保守党区議が思っているであろうこと。「ノース・ケンジントンはケンジントンじゃないのに」。

 多くの犠牲を出してしまったグレンフェル・タワーの火災は、イギリスの政界が長年にわたって築いてきた、「大切なのは自分のパフォーマンスであって、主権者ではない」という政治家の驕りにとどめの楔を打ち込んだと思いたい。これで何も変わらなければ、「殺された」(火災は殺人事件として扱われることになりそう)人々の無念は晴れない。

2020年のパラリンピックは、どこで開催の予定だったかな

2017.06.29
もしくは、健常者だからって驕るなよ!

Disabled passenger forced by Japanese airline to crawl up stairs to board plane
https://www.theguardian.com/world/2017/jun/29/disabled-passenger-forced-japanese-airline-vanilla-crawl-up-stairs-board-plane

Other airlines in Japan, which will host the Paralympics in 2020, said they permitted staff to carry wheelchair-using passengers aboard when lifts were not available.

 木島さんという方を知らなかったし、おそらく、今後会うことはないだろう。彼のことを、「合法的な当たり屋」であるとか、彼の行為を「まるでテロのよう」とためらいもなく叩き潰そうとする日本、日本人。

 相模原の事件が起きた時、one-offだと思った。しかし、市川海老蔵さん、そして今回の木島さん、叩いても、攻撃しても、叩かれる人が心理的、そして身体的に対抗できない人を見つけた時、攻撃の対象となってしまった人へ浴びせられる容赦のない日本人の狂気は、風土病ではないかと思えてくる。

 ロンドンのグレンフェル・タワーでの火災の直後、右派のテレグラフ紙が、「この火災を政治的に利用している」と暗に労働党を批判して、見事に返り討ちにあった。

Grenfell is political. The right can’t make that fact go away
https://www.theguardian.com/commentisfree/2017/jun/26/grenfell-political-right-tory-john-mcdonnell-fire
(引用したいのはこれではないのだが、見つからないので同様の内容で)

 長年にわたって政府、そして地方行政の無策ぶりのために多くの人が犠牲になってしまったグレンフェル・タワーの火災が、政府が見ぬふりをしていた違法な建材へ社会の注目を集めることになった。皮肉だが、一般市民が代償を払わされない限り、政治、そして企業は動かない。動きたくない。動くつもりはない。

 木島さんに対して、「合法的な当たり屋が」と揶揄する健常者が、一人で飛行機へ搭乗するのが難しい人々へ何をしてきたのか?

 健常者が、健常者のままでいられるなんて思っているのだろうか。

 ロンドンが素晴らしいなんて言うつもりも全くない。例えば、ゾーン1の中で、車椅子のままバリア・フリーで地下鉄に乗れる駅があるかどうか、すぐに思い浮かべられない。

 住んでいなければ利用することは多くないだろうが、ロンドンのいくつかの鉄道駅では、最近、車椅子で乗客の利便を図る会社が増えている。東京のターミナル駅と違って、駅構内に段差が少ないこともあるので日本と簡単に比較ではできない。キングス・クロス駅では、乗り入れているヴァージン・イーストコースト・ライン、そしてグレイト・ノーザンは、キングス・クロス駅構内で長いプラットホームを歩けない乗客には移動の補助をしている。また、リヴァプール・ストリート駅からイースト・アングリア地方への運行をしているグレイター・アングリア社は、切符をオンラインで購入するときに、車椅子の補助を予約することができるはず。

 長い距離を歩けないので、公共の場所では車椅子を利用する友人から、「今度、君が日本に里帰りするとき、一緒に行けたら手助けを依頼してもいいかな?」、と訊かれている。前回の里帰り以来、もしかしたら、少なくとも2020年にパラリンピックをホストする東京は、身障者が全く心配することのないくらいバリア・フリーの都市になっているのかもしれない。

 しかし、今回の企業の対応ぶり、そして木島さんへの個人攻撃を知った後では、歩行に困難がある友人の命を、日本で守る責任を負う覚悟は、僕は持てない。

 何を大げさなと思った人には思い出して欲しい。視覚に障害のある人が頼る白杖への攻撃を。福島から避難した人々、特に子供達への全く根拠のない偏見を。

[追記:7月2日]
バニラエア問題、声をあげた人へのバッシングはもうやめて。生きづらさを助長していませんか?
https://news.yahoo.co.jp/byline/itokazuko/20170701-00072792/

非常事態に、行政のリーダーシップが機能しない:ケンジントン・アンド・チェルシィ区

2017.06.23
発生してからまだ10日ほどにもかかわらず、それともまだ10日しか経っていないからだろうか、グレンフェル・タワーの火災の影響で、全国規模で集合住宅の安全性の再点検等の報道は終わりがないように思える。また、先週、すでに警察が発表していたように、この火災は刑事事件として扱われることになっている。

 すでに日本のメディアでも、火災の詳細や、タワーの構造上の問題が報道されているので、火災の概要をここで書くつもりはない。本題は、火災が起きたきたケンジントン地区を管轄するケンジントン・アンド・チェルシィ区の、事故対応におけるリーダーシップの欠如がどれほどだったかについて。

Council sidelined in Grenfell Tower response as leader refuses to quit
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/jun/18/council-leader-nick-paget-brown-grenfell-tower-response

Kensington and Chelsea council has been relieved of responsibility for taking care of the survivors of the Grenfell Tower disaster.

The work is being handed over to a new Grenfell fire response team, made up of representatives from central government, the British Red Cross, the Metropolitan police, London-wide local and regional government and the London fire brigade.

The move comes as the Conservative leader of Kensington and Chelsea, Nick Paget-Brown, resisted calls to resign in the face of mounting criticism over the chaos and paralysis that have gripped the council in the wake of the disaster.

The response team will provide 24-hour access to services and support at the Westway sport and fitness centre. Help is to be provided for housing, funds, health, social care, food and advice.

Eleanor Kelly, the chief executive of Southwark council, said: “We want to make clear that whilst the emergency and local community response was nothing short of heroic, we know that the initial response was simply not good enough on the ground. People are angry, and rightfully so. Our focus is now ensuring those affected are being cared for and looked after.


The Royal Borough of Kensington and Chelsea is incapable of looking after its own people
https://www.standard.co.uk/comment/comment/simon-jenkins-the-royal-borough-of-kensington-and-chelsea-is-incapable-of-looking-after-its-own-a3568941.html

It was total humiliation. Yesterday, as the dust began to settle around the Grenfell Tower site, six London borough bosses met to co-ordinate rescue efforts and struggle to repair the reputation of local government. They did not include the Royal Borough of Kensington and Chelsea, on whose patch the tragedy occurred. In the chair was the chief executive of the City Corporation, John Barradell, with “leadership roles” for Westminster, Southwark, Ealing, Hounslow, Bromley and Harrow. I am told they did not even meet in the royal borough.

 火災を逃れた住民たちの仮の住まいの情報がない、全てが燃え尽きてしまったために銀行口座へのアクセスができなくなってしまった人々への現金の支給が全くできない等々、初期対応の不備、というより住民への支援が全く存在していなかったために、開催発生後のかなり初期の段階で、ケンジントン・アンド・チェルシィ区の行政機能の不備への批判が噴き出していた。

 ケンジントン・アンド・チェルシィ区のトップが言い訳に終始したため、政府主導で、ロンドンの他の6区からなる住民支援チームが投入され、ケンジントン・アンド・チェルシィ区は、同区内で起きた火災対応から完全に切り離された。

 他人事と感じる向きは多いだろう。しかし、災害時、大きな事件が発生した時に、リーダーシップが発揮されるか、されないかで、影響が悪い方向へ肥大していくのをどのように防ぐかに差が出てくるのは、今回のことでも明らか。

The government responded swiftly to 7/7 bombings. What went wrong at Grenfell Tower?
https://www.theguardian.com/public-leaders-network/2017/jun/21/government-swift-2005-bombings-wrong-grenfell-tower

 グレンフェル・タワーの火災が刑事事件として扱われることになり、社会はその裁判がどれほどわかりやすく、かつ迅速に判決が下されるかに焦点が置かれると思う。裁判が無為に長期化することになれば、政府のリーダーシップが問われることになる。

イギリス総選挙2017:ケンジントンは労働党を選んだ

2017.06.09
結果の発表がもつれ込んだケンジントン(ロンドン)。労働党が奪取した。

General Election 2017 Kensington

 20票差。

 イギリス国内で、平均寿命が最も長く、そしてロンドンでもダントツに裕福であろうケンジントン区が労働党を選んだことは、保守党がカンタベリィを失ったことと同じくらいの政治的衝撃ではないかと思う。東京なら、例えば共産党が文京区の区長選に勝利するようなものだろうか(そうなることを願う)。

Canterbury tale: single mum becomes town's first ever Labour MP
https://www.theguardian.com/politics/2017/jun/09/canterbury-tale-single-mum-becomes-towns-first-ever-labour-mp

 これで何も起きなかったら、2011年のような暴動が起きるかな。

イギリス総選挙2017:DUPという政党

2017.06.09
過半数に達しなかったが、大敗したわけでもないメイ政権が連立を模索する相手が北アイルランドの政党、Democratic Unionist party。

 いきなり表舞台に出て来たこの政党について、ガーディアンの紹介記事。仮にこの連立が通ると、さらなる混乱が生じることは確実だろう。

From climate denial to abortion: six DUP stances you should know about
https://www.theguardian.com/politics/2017/jun/09/from-climate-denial-to-abortion-heres-six-dup-policies-you-should-know-about

Theresa May’s new ally in government, Northern Ireland’s Democratic Unionist party, is in favour of a soft Brexit, wishes to maintain a porous border with the Irish republic but also holds illiberal positions on abortion and gay rights.

The party, which gained two seats in the general election to hold 10 altogether, has not yet outlined what it might want from a formal deal with the Tories – but the prime minister said in her speech outside Downing Street that she could rely on her “friends and allies” from the party founded by Ian Paisley Sr.

The party, founded in 1971, maintains its socially Conservative positions but has been transformed into an efficient political force by successive leaders since Paisley stepped down in 2008.

Brexit and the Irish border
The DUP campaigned for Brexit but its manifesto argued for maintaining a “seamless and frictionless” border with Ireland. Objectives for the forthcoming Brexit negotiations included maintaining the Common Travel Area with the Republic and ease of trade throughout the EU.

Welfare spending
The manifesto retained the pensions “triple lock” and universal winter fuel allowance, both policies the Tories pledged to drop.

Opposition to same-sex marriage
While the party has changed radically since its beginnings, it has always maintained an opposition to socially liberal reforms which have taken place on the UK mainland.

Northern Ireland is the only remaining part of the UK where same-sex marriage is not legal after the DUP used a controversial veto mechanism to block any change to legislation. Senior figures in the party have called the issue a “red line” for power-sharing talks at Stormont.

Anti-abortion
The DUP has fought hard to halt an extension of abortion rights to Northern Ireland. Campaigners say their actions have forced thousands of women to travel elsewhere for terminations, or to rely on abortion pills bought online.

Climate denial
While climate change scepticism is not official party “policy”, the DUP has previously appointed a denier as environment minister in Northern Ireland, and it counts a number of creationists among its senior members.

Leadership
Much focus will now fall upon the party’s leader, Arlene Foster, a tough character whose politics were influenced by the Troubles. At the age of eight, her father, a part-time policeman, was shot and injured by the IRA on the family farm.


 トランプのアメリカと同じくらい、保守党、そしてイギリスが「かまってちゃん(needy)」への道を転がり落ちていくようだ。

イギリス総選挙2017:票の格差、もしくは不公平な分配

2017.06.09
日本でも総選挙のたびに報道される一票の格差。それは、イギリスでも同じのように思う。

General Election 2017 Vote share by Guardian
(ガーディアン。https://www.theguardian.com/politics/ng-interactive/2017/jun/08/live-uk-election-results-in-full-2017

General Election 2017 Vote share by BBC
(BBC。http://www.bbc.co.uk/news/election/2017/results

General Election 2017 Unfair vote share sourced by BBC
(BBC。http://www.bbc.co.uk/news/election/2017/results

 たとえば、「イギリスの」自由民主党とスコットランド独立党の得票分配率。後者は全体の3%にもかかわらず35議席。前者は2倍以上の得票率にもかかわらず、12議席。ま、全国展開している政党と、スコットランドに注力している政党では、いかに効率よく得票するかという点も考慮されるべきだろうとは思うが。
 
 保守党と労働党の差も不自然。得票率の差は2%にもかかわらず、獲得議席の差は40以上。このバランスの悪さは見過ごしてはいけないだろう。このバランスの悪さを決めたのは、キャメロン君、そしてメイ首相。政権党が自分に都合が良いように選挙区を変えようとするのは、世の常。激戦だった二つの選挙区の結果も。

General Election 2017 Fife North East

 当選と次選の差はわずか、2票。

General Election 2017 Richmond Park

 ロンドン市長選に立候補して落選したザック・ゴールドスミスが戻ってきて自由民主党に移った議席を奪取。ファイフの当選者、次選者の得票を足しても、リッチモンド・パークの次選者に及ばない。

 これから、今回の総選挙結果の分析が出るだろう。僕が考えていることを幾つか。まず、若い世代の投票が増えたこと。これは、欧州連合離脱を決めた国民投票が、中高年のグレイ世代によって引き起こされたことを繰り返したくないという思いを持つ若い有権者が投票したということかな。
 
 ガーディアンは、東欧圏からの労働者に依存する第一次産業界が欧州連合離脱への不安を高めているということを頻繁に報道していたが、結果を見る限り、ガーディアンが煽るほどではないように思う。離脱への不安が高まっているのは、ロンドン、マンチェスター等の大都市圏ではないかと想像する。特に、治安維持が重要な課題になっている都市圏で、警察官の削減を強引に推し進めため保守党への不信はあるかな。

 過半数に達しなかったとはいえ、大敗ではない保守党。すでに北アイルランドの政党の協力を取り付けている。下手な舵取り次第では、イギリスがG7のお荷物になるかもしれない。

イギリス総選挙2017:イングランドがどのように分断しているか

2017.06.09
どの政党の支持が国のどの部分で顕著か、というのは昨年のアメリカ大統領選挙も良い例だった。昨日、2017年6月7日に投票されたイギリスの総選挙で、特にイングランドがどのように分断されているかがわかってとても参考になる。

General Election 2017 Devided politically
(ガーディアンから。デフォルメされている。https://www.theguardian.com/politics/ng-interactive/2017/jun/08/live-uk-election-results-in-full-2017

General Election 2017 Politically devided UK by BBC
(BBC。これは実際の地図に合わせてある。http://www.bbc.co.uk/news/election/2017/results

 デフォルメされているガーディアンの図をみてからBBCの画像を見ると、都市部で議席を獲得した労働党の勢いが、いくつかの例外を除いて、いかに限定的に見えるかがわかる。限定的にもかかわらず、おそらく当選者一人当たりの得票の差は大きいように思う。

 この二つの画像から想像できることは、都市部と地方で暮らす人々が政治家に何を求めているかがほぼ違うであろということ。ロンドンの投票者が政治に求めることは、イングランド南部で暮らす有権者が望むことではないだろう。ちなみに、ロンドンは労働党が議席の半数以上を獲得した。

General Election 2017 London May
(総選挙前)

General Election 2017 London June
(開票後。ケンジントンはこの時点で未発表)

 ロンドンがイギリスを牛耳るということはもちろん健全ではない。が、ロンドンに我慢を強いることはまた、政治家にとっては舵取りが危ういだろうと思う。

アメリカはトランプに屈しない

2017.05.13
TheNewYorker22May17.jpeg

日本のメディアの中に、権力に屈しない意思が残っているとは思えない。


日本の首相、何しにイギリスへ?:イギリス・メディアに全く取り上げられず

2017.04.28
日本国内に問題山積のこの時期に、なぜ、総選挙で多忙なイギリスへ?

EU離脱後も、経済など緊密に連携の方向 日英首脳会談
http://www.asahi.com/articles/ASK4X4JHMK4XULFA01G.html

 もしかしたら明日の新聞で報道されるのかもしれないが、少なくともガーディアン、BBCのウェブ上のニュース・アップデイトでは、2017年4月28日、イギリス時間午後9時前、全く取り上げられていない。

 日本人、怒れよ!こんな税金の無駄遣い。

北朝鮮危機そっちのけ 大臣11人「GW外遊」に税金10億円
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204388

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.