LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Multicultureの記事一覧

バーミンガムはムスリム都市、だそうアメリカでは

2015.01.12
凄いよ、アメリカ!こんなことを言う人物が「テロリスト問題」の専門家として政府に助言しているそうで。

 欧州圏では、パリでのテロリストによる虐殺事件により、セキュリティのレヴェルが上げられている。そんな緊張感が漂う欧州の状況を知っているのかどうか、アメリカのウルトラ保守のフォックスTVでイスラム過激派の専門家を名乗るスティーヴン・エマーソンという男性がこんなこと言ったそうだ。

Birmingham is ‘totally Muslim’ city, claims Fox News pundit
http://www.theguardian.com/media/2015/jan/11/fox-news-steven-emerson-birmingham-muslims

“In Britain, it’s not just no-go zones, there are actual cities like Birmingham that are totally Muslim where non-Muslims just simply don’t go in.

“And, parts of London, there are actually Muslim religious police that actually beat and actually wound seriously anyone who doesn’t dress according to religious Muslim attire.”


イギリスでは、立ち入ることができない、例えばバーミング(これはアメリカ人の発音)のように完全にムスリム都市で、ノン・ムスリムの人たちは立ち入らない。

更に、ロンドンのある地域では、ムスリムの教えに従わない服装をしている人を叩きのめすムスリム警官が居る。

 そんな警官、ロンドン随いつのイラン、イラク系クルディシュが大挙して闊歩するエッジウェア・ロードの片隅で暮らす僕だってみたこと無い。

 凄いよ、アメリカ!

According to census data, around 850,000 non-Muslims live in Birmingham, accounting for approximately 80% of the near 1.1 million population of Britain’s second largest city.

 人口調査によると、バーミンガム(イギリスの発音)の人口は約110万人。その中でノン・ムスリムは85万人。

Fox News man is 'idiot' for Birmingham Muslim comments – David Cameron
http://www.theguardian.com/media/2015/jan/12/fox-news-expert-ridiculed-over-birmingham-is-totally-muslim-city-claims

“When I heard this, frankly, I choked on my porridge and I thought it must be April Fools’ day,” Cameron said. “This guy’s clearly a complete idiot.

 この件にだけは、キャメロン君に拍手。

 この発言について、件の男性はお詫びを表明し、バーミンガムの子供病院に寄付をするそうだ。本当に寄付したかどうか、きちんと表明して欲しいものだ。

スポンサーサイト

ロンドンの人口、過去最高に迫る勢い:ロンドンで英語は必須か?

2015.01.07
今週月曜日、2015年最初のイヴニング・スタンダード紙の一面トップ記事は、おそらく遅くとも2月上旬までには、ロンドンの人口が過去最高の860万人を超えるだろうとの報道。

London population boom: number living in the capital set to hit all-time high within weeks
http://www.standard.co.uk/news/london/london-population-boom-number-living-in-the-capital-set-to-hit-alltime-high-within-weeks-9957804.html

London's exploding population is on the brink of hitting an all-time high, more than three quarters of a century after it peaked on the eve of the Second World War.

Some estimates have suggested the historic landmark of just over 8.615 million could be reached as soon as tomorrow — but at the very latest by early February.

Statisticians believe the record-breaking Londoner is likely to be born in a maternity ward in the first few weeks of 2015, in one of the capital’s outer boroughs where population growth rates are highest.


 ロンドンのこれまでの人口の最高が第2次世界大戦直前というのは驚いたが、最近ロンドンを歩いていて感じるのは、本当に、人が増えた。

 人が増えればそれだけ金が集まるということだが、記事の後半で議論されている、住宅不足は本当に大きな問題。ロンドン中心部では、海外の富豪や当私企業による「高級」住宅ばかりが増えて普通の労働者が購入はおろか、借りることすらできないほど家賃の高い空き家が増えるばかり。火曜日に、リベラル左派系(だと思う)サイモン・ジェンキンス氏によるコラム。

Simon Jenkins: London keeps calling - now the city must cope with the crush
http://www.standard.co.uk/comment/comment/simon-jenkins-london-keeps-calling--now-the-city-must-cope-with-the-crush-9960262.html

Population growth, of course, overcrowds everything. Newcomers may not care, existing residents do. But to complain about house prices during a boom is to complain about the weather. All my life, London housing has been “in crisis”. When a city’s economy turns up, so does the price of space. Trains get more crowded, schools get more frantic, hospitals more jammed, economists more hysterical. Cities must take the rough with the smooth (Hong Kong is far worse).

But there are other costs to size. A boom turns the heads of politicians and planners. It dazzles them and stops them thinking clearly. With London’s financial sector shrinking after the crash, it made sense to direct investment away from the core. It was therefore senseless to build Crossrail 1 to the City rather than Crossrail 2 (Hackney to Wimbledon). It is also doubtful whether we really need a £4.2 billion Thames super-sewer, let alone a giant sports complex at Stratford or an HS2 crashing through north-west London. We certainly do not need 40 empty towers along the Thames. These are the follies of politicians drunk on other people’s money.

It is London’s outer boroughs that desperately need better road and rail links, allowing their housing densities to rise and pressure to lessen on the inner city. We can joke about the South Circular but it is a London disgrace. The orbital railway, “R25”, is Johnson’s most sensible planning idea but it is unreal given the billions he is wasting elsewhere. Sooner or later taxpayers in the rest of Britain will rebel against being forced to subsidise London’s growth.


 東京への一極集中と違うのは、増えている人口の多くが非英国人という点だろう。

We all have our theories for what changed. To me it was a mix of Mrs Thatcher’s City deregulation, the decontrol of rents and soaring immigration. When money pours into a city, so do jobs and people. London’s annual population growth of 100,000 equates broadly to the estimated 100,000 new arrivals from overseas. As a result the majority of Londoners are no longer “white British”. The Met’s 999 call centre has to translate 150 world languages.

 この部分に呼応するかのように、今日のガーディアンにロンドン市長、ボリス・ジョンソン氏のこんな発言。

Boris Johnson: it’s a disaster that some UK citizens don’t speak English
http://www.theguardian.com/uk-news/2015/jan/06/boris-johnson-multi-culty-balkanisation-uk-english-speaking-nhs

Britain’s “multi-culty Balkanisation” of society, in which primary school children have been taught in their parents’ language, has led to a disaster in which many UK citizens cannot speak English, Boris Johnson has said.

He said: “Everybody who comes to London, everybody who comes to work in our economy, should be able to speak English … If you go to Tower Hamlets, you can find people who have been there for several generations who still don’t speak English.

“The media is so massive now, so diverse that people can be tuned in to their own communities and not feel the need to learn the common language of this city and this country. That is a great, great shame. It is a huge wasted opportunity for them. I think everybody in this country, particularly people working in our public services, should speak English.

“I am amazed by reports that people cannot make themselves understood in English in this country to people in the NHS. That is completely wrong. I am sure NHS managers will be taking steps to sort it out. I think we should have a culture in this country that if you come here, you do as the Romans do: you learn English and you speak English. I don’t mean this in a punitive sense. This is a wasted opportunities for these families.”


 ロンドンでイギリス人に遭遇する機会が激減していると思われるし、また、イギリス人自体、移民と交わろとは思っていないのだから、移民側だけの問題とは言えない。でも、個人的には、ジョンソン市長の意見には同調する。折角イギリスに来て、ただ金稼ぎだけという理由だとしても、どうしてこの国、都市のことを知ろうとしないのだろう、と。

 昨日、ポーランド人の知人と話していた時、彼がこんなことを言った。「ロンドンでオランダ、デンマーク、スウェーデンからの移民にあったことあるかい?ロンドンのカフェ等の安い賃金の労働者はギリシャ、スペイン、ボルトガル、そしてポーランドからばかりじゃないか。イギリス人がそのような低賃金の職を意味も無く拒否している限り、ロンドンの外国人労働者が流暢な英語を話せることを期待する方が無理なんだよ」、と。

 イギリスに来る移民の多くは、イギリスで生まれたイギリス人より高い教育を受けているという調査がある。

Foreigners in UK more likely to have a degree: Third of those born abroad have university-level qualifications compared to a quarter of Britons
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2577982/Foreigners-UK-likely-degree-Third-born-abroad-university-level-qualifications-compared-quarter-Britons.html

UK is magnet for highly educated EU migrants, research shows
http://www.theguardian.com/uk-news/2014/nov/05/uk-magnet-highly-educated-migrants-research


 これまで何度か引用している、ロンドンで初めて自分も「移民」だと気づいた時のポスト。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-70.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-71.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-72.html

 5月の総選挙に向けて、移民問題がイギリスでは白熱するだろうな。

ロンドンでは、イギリス人に会えない

2015.01.04
現在、住んでいるフラットの大家は、彼の友人達を驚かせるあることをたまにする。それは、馴染みのカフェ等で新しく働き始めた非イギリス人と話して意気投合すると、「夕食を食べにおいでよ」と誘うこと。これまで数回経験して来て言えることは、大家に何らかの下心は決して無い。大家としては、ロンドンで必死に働く移民を彼なりに、しかし周囲が退いてしまうやり方で労いたいのだろうと思っている。ただ、「誰それ?」、「オフィスのそばのカフェで数ヶ月前から働いている○○人」、と言うのは何度経験しても、早計なことをしているのではと思うのも事実。

 元日の夜、大家が彼のオフィスのそばのカフェ(日本にも進出しているブランド)で「親しくなった」ドイツ人ウェイターと彼の「パートナー」を夕食に招待したからできれば参加して欲しいのだけどとの誘い。元日の夜に外で時間をつぶせる場所なんてほとんどないので承諾したが、何を話せば良いのだろうと煩悶。

 時間通りに到着したドイツ人のLと、彼のアルゼンチン出身の同性婚配偶者のP。そんなことをロンドンで驚いていたらきりがないが、こんな若い人たちとどんな話題で場をつなげばとの不安が高まるし、何より、彼らがどのような期待で夕食に来たのか?
 
 自己紹介をして、相手の出方を探るような応酬は直ぐに終わった。なぜなら、LとPは、よほどの犯罪者でなければだが、人の話を偏見なしで受け止める聞き上手、そして話し上手。

 話し始めて数分の所で、話が進む前に伝えたいことがあるんだけどと三人に言う。

 「L and P, please accept my apology, but when my landlord told me he invited you both tonight, I was seriously wondering whether those unknown people are OK or not. But, I've already been enjoying our conversation. It is nice to meet you」。

 ドイツの文化が好きだと言いながら未だにドイツ本土に行ったことが無い僕にとって、Lとの共通の話題を見つけるのは簡単だった。それは音楽。つい最近、ガーディアンのレヴューで、80年代に訳も判らず聴いていたドイツのインダストリアル・パンク・バンド、Einstürzende Neubauten(アインシュトゥルツェンデ・ノイバウテン)が新譜を出したのを知っていたので、「知っている?」と訊いた。

Einstürzende Neubauten: Lament review – the weirdest first world war commemoration of all
http://www.theguardian.com/music/2014/dec/04/einsturzende-neubauten-lament-review-first-world-war

 そこから、ニナ・ハーゲンとかネーナにまで話が弾んだ。驚いたことに、ネーナは数年前にドイツ国内で大ヒットを飛ばしたそうだ。Lは僕よりずっと若く、僕が名を挙げたミュージシャンの80年代の活躍を直接には知らない。僕にとっては、自分の昔を肯定できる話ができて嬉しかった。

 Lの話を聞くと、随分と世界を回っている。逆に、ドイツにはほとんど帰っていないことが判った。いずれドイツに戻る気はあるのかを訊くと、「戻らないよ。ドイツ、嫌いなんだ。My twin brother loves Germany, but I don't like it」。

 Lと話していて改めて判ったのは、日本のアニメイションの影響。ドイツでは、「南の島のルーシー」、「赤毛のアン」、そして「母を尋ねて三千里」が放映されたそう。それらのアニメイションがどれほど楽しかったかを嬉しそうに話すL。

 アルゼンチン出身の人と話すのは初めてだった。僕よりふた回り若いPは、専門職でロンドンで働いている。どのような流れで質問したのかは既に思い出せないが、Pにアルゼンチンにも日本からの移民は居たのかを尋ねた。彼も直接、日系移民の皆さんにあったことは無いそうだが、特に第二次大戦中は、パタゴニア北部に日本からの移民の皆さんは安全の為に移動したらしいとのこと。

 パタゴニアのことがでたので、この話をしてみた。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1034.html

 驚いたようだが、彼にとって、パタゴニアとウェイルズの間にこんな歴史を聞くことは無かったとの返事に、逆に僕の方も驚いた。

 LとP曰く、パタゴニアでは鉄道網が発達していないので、移動手段は長距離バスがメインになると。不服そうな表情をしたのだろう、すかさずLが、「飛行機のファースト・クラス並みの快適さだから心配する必要は無いよ」。

 二人がロンドンに移動して来たのは3年前とのこと。クリスマス前に読んだある記事が気になっていたので、二人に訊いてみた。「イギリス人とあったことある?」。

 即座に二人から、「イギリス人に会うことはほとんどないよ」、と。

My first Christmas in the UK
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2014/dec/20/-sp-my-first-christmas-in-the-uk

 この記事の二組目、オーストラリアからのカップルは、記事から察するにとてもプロフェッショナルな仕事にロンドンで就いているようだ。にもかかわらず、イギリス人に会うことは多くないらしい。

 ロンドンだけなのかは判らないが、特にロンドンでは、イギリス人に遭遇することは外国人にとってはほとんど稀なことになって来ているように思う。それが良いことなのか悪いことなのかを断じるつもりは毛頭ない。が、僕がロンドンに移動して来てたった十数年だが、ロンドンの変わりようは凄まじいと思う。

 LとPに再び会うかどうかはまだ判らないが、ロンドンらしい元日を過ごせたなと思う。

イギリス国内で人種差別増加の傾向が顕著に

2014.05.28
ガーディアンがウェブのデザインを変えた。観辛い!

Racism on the rise in Britain
http://www.theguardian.com/uk-news/2014/may/27/-sp-racism-on-rise-in-britain

The proportion of Britons who admit to being racially prejudiced has risen since the start of the millennium, raising concerns that growing hostility to immigrants and widespread Islamophobia are setting community relations back 20 years.

人種差別的な思考があることを認めるイギリス人の数が増えている。背景には、移民への態度の硬化や、社会に広がるイスラムへの恐怖感が考えられ、20年前の水準に戻りつつある。

The findings come as political leaders struggle to deal with the rise of the UK Independence party, which campaigned on an anti-immigrant, anti-EU platform and has sent shockwaves through the political establishment and put pressure on mainstream parties to toughen their stances on immigration.

In an echo of the voting patterns of Ukip supporters in last week’s European elections, the figures paint a pattern of a nation geographically divided – with London reporting the lowest levels of racial prejudice. Older men in economically deprived areas are most likely to admit to racial prejudice.


この結果は、先週の欧州議会戦での政党の得票と呼応する。労働党が優位だったロンドンでは人種差別傾向は低い。逆に、経済的に恵まれない、先週の投票でUKIPを支持した男性が多い地域では、人種差別が増加している。

The Olympic effect
A 10-year trend of rising levels of self-reported racism in the British Social Attitudes survey was punctured dramatically in 2012 when the annual survey was conducted at the height of the Olympic Games. In east London, Mo Farah and Jessica Ennis-Hill drew inspiration from a fiercely patriotic crowd as they seized Olympic gold. There was talk of a Britain at ease with its diversity, all showcased by an event that was won – against fierce competition – by proudly highlighting that diversity. Something appeared to have happened to the public mood. In 2011, 34% declared themselves a little prejudiced and 4% very prejudiced. By the 2012 polling, around the time of the Games themselves, that combined figure had fallen to 24%. But it is not clear what the lasting affect will be. In 2013, the figure climbs back up to 30%.


 2012年のロンドン・オリンピック、バラリンピックのときは移民系の選手の活躍により、人種差別の傾向は減少した。しかし、2013年には増加傾向に転じた。

 イギリスだけでなく、欧州で暮らす、その地域で生まれ育った多くの人は、自分が望んだ訳ではない多文化、多人種社会への急激な変化に疲れ、そして憤りを感じているのではないかと考える。先週滞在したトルコでは、外国人が専門職(短期ではなく、長期で働くという環境で)に就けなくなり、外国人居住者への居住権獲得への規制が厳しくなっているそうだ。

 他国が自分たちへ不公平な態度を取っているのに、どうして我々が公平でいなければならないんだ。そんな不満が大きくなっているのかもしれない。一気に欧州圏が崩壊するとは思えないが、既成政党が舵取りを見誤れば、混乱は悪化するかもしれない。

今日、1月1日からブルガリアとルーマニアからの移民への制限が撤廃

2014.01.01
Multicultureという項目があるのをすっかり忘れていた。

 今日、2014年1月1日から、ブルガリアとルーマニアからの就職目的の移民の規制が期限を迎え、両国から、フランスやドイツ、そしてイギリスへの渡航への障害が無くなる。

 他のヨーロッパ諸国と比べると、賃金が他界の安定した生活を求め、そして英語という「世界共通語」を学べる機会だし、社会福祉を受けるためだけの目的でイギリスへ両国からの移民が急増することを恐れるイギリス政府は、ヨーロッパ圏からの移民でも、イギリスに到着してすぐに生活保護の申請や、NHSでの無料医療サーヴィスにすぐにアクセスできないようにしたりと、社会の不安を払拭するのに躍起になっている。
 
 EU圏からの移民を良しとしないメディアの筆頭であるデイリィ・メイルなどは、読者の不安を煽る記事を掲載している。

This worryingly crowded isle: England is officially Europe's most densely packed country
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2530125/This-worryingly-crowded-isle-England-officially-Europes-densely-packed-country.html

 キャメロン首相の言動に対して、国連やブルガリア大統領から直接の非難の声が上がっている。

Bulgaria issues fierce rebuke to David Cameron over migrants
http://www.theguardian.com/uk-news/2013/dec/21/bulgaria-rebuke-david-cameron-migrants

UK immigration bill could create 'climate of ethnic profiling' – UNHCR
http://www.theguardian.com/uk-news/2013/dec/26/uk-immigration-bill-climate-ethnic-profiling-unhcr

 ずっと以前、移民の一人として感じることを書いたことがある。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-50.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-70.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-71.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-72.html

 先に移民できてしまった僕としては、これから増えるであろう、英語を話すことのできない、また話す必要も無いと思っているような、そして受け入れる社会へとけ込もうとしない人たちが大挙して押し寄せるかもしれないということには不安を感じる。これは、正直な感情。

 ここに来て、全く個性の違う国だけど、イギリスと日本両国が周囲から孤立して行くのが加速しているように感じる。先般の特定秘密保護法の成立や、首相の参拝へ国連だけでなくEUからも懸念が表明された日本。
 今回の、移民してきても即座に社会福祉にアクセスできないようにしたり、国内の食料危機状態へのEUからの申し出を拒否し、また昨秋、ベッドルーム・タックスへの国連の調査に政府を上げて反発したイギリス。

 日本はこのまま孤立して過去の過ちを繰り返すのかどうか判らないが、イギリス国内の雰囲気もまた、孤立してもやっていけるさ、という驕りにもにた集団ヒステリア状態に陥りつつあるようにも感じる。

 人々の動きを止めることはできないだろう。無理に止めれば、そこに生じる軋轢がどのような状況を導きだすのか、不安を煽っているメディアも判らないだろうし、誰も判らないこと。

 人が生きて行くことの難しさを改めて感じる2014年の初日。

世界は移民がマジョリティ2:世界をまわすのは移民と金の流れ

2013.02.03
これも、生活、経済、教育等の不均衡の一形態だろうと考えつつとても興味をかき立てられたニュースが今週あった。それは、世界中に散らばる移民によって祖国に送金される資金の総額が2012年は、$530bn(って円で幾らだ?)に達したそう。

Migrants' billions put aid in the shade
http://www.guardian.co.uk/global-development/2013/jan/30/migrants-billions-overshadow-aid

For decades it was a largely unnoticed feature of the global economy, a blip of a statistic that hinted at the tendency of expatriates to send a little pocket money back to families in their home countries.

But now, the flow of migrant money around the world has shot up to record levels as more people than ever cross borders to live and work abroad. It's known as remittance money, and in 2012 it topped $530bn (£335bn), according to the latest World Bank figures.

The amount has tripled in a decade and is now more than three times larger than total global aid budgets, sparking serious debate as to whether migration and the money it generates is a realistic alternative to just doling out aid. If remittances at the level recorded by the World Bank were a single economy, it would be the 22nd largest in the world, bigger than Iran or Argentina.


 過去10年の間に、移民がそれぞれの祖国に送金する総額は3倍になった。その総額は、国際支援活動に資金額を上回る。

 しばらく前に、フィリピンの歴代大統領は、12月になると一時帰国する移民を空港で出迎えるという報道を読んだことがある。なぜなら、世界中に散らばるフィリピン人移民が祖国に送金する資金は、政府にとって貴重な財源であるからという趣旨だったように記憶している。

 忘れてならないのは、多くの移民が祖国に送金するために必死に働き、生き抜き、そして搾取されるということ。

How migrants' money makes the world go round
http://www.guardian.co.uk/global-development/2013/jan/30/uk-migrants-money-makes-world-go

Why do Africans pay the most to send money home?
http://www.guardian.co.uk/global-development/2013/jan/30/africans-pay-most-send-money

 例えばロンドンで働いて祖国に送金するためには、もちろん仕事を見つけなければならない。そして住宅費を払い、光熱費を払い、最低限の食費を払って必死に貯めたお金を送る。
 でも、例えば、先進国のインターネット・バンキングの様なシステムがない途上国だと、必死でためた資金をそのまま送ることはできない。なぜなら、仲介業者に法外な手数料を払わなければならないから。

Fees for remitting money vary wildly between providers and countries. African migrants, who sent almost $60bn (£38bn) in remittances last year, pay the most (pdf), according to the World Bank. On average migrants sending money home to Africa lose 12% to fees. Moving money between African countries can cost much more – sending money to Tanzania from neighbouring Kenya or Rwanda, for example, costs an average of 22% (or a $44 cut on $200 transferred).

"It's horrifying," said Michael Clemens, of the Centre for Global Development, a thinktank based in Washington. "Really in a competitive environment there's no reason these things should be more than 2, 3 or 4% … There's a justice component to it, there's no doubt about it."


 最近、BBCのラジオのニュースで、イギリス国内には銀行口座を開けない人がたくさんいると聞いた。全部は聞けなかったのだけど、口座を開けない人の中には移民労働者も含まれるだろう。口座を開けなければ、おそらく小切手で支給される給与を手数料を払って現金化しなければならない。そしてその現金を送金するのに、銀行口座からできないので街中のマネー・ショップで多額の手数料を払って送る。持てるものは更に富み、持てないものは更に貧するという、今では世界中で起きている不均衡がここでも。趣旨からそれるが、日本の銀行には、インターネット・バンキングに真剣に取り組んで欲しい。これに関しては「ではの守」とそしられようとも、ほかに問題はたくさん有れども、イギリスの銀行のインターネット・バンキングを使っている今では、日本の銀行界の閉塞性をどうにかして欲しい。

 もう一つ面白かった点は、この移民による資金の流れの中で、ガーディアンは「敗者」としているが、僕は「勝者」だと思うのが、アメリカ。

Remittances: America is the big loser as France cashes in
http://www.guardian.co.uk/global-development/2013/jan/30/remittances-america-big-loser-uk-cash

Remittances: how much money do migrants send home? – interactive
http://www.guardian.co.uk/global-development/interactive/2013/jan/31/remittances-money-migrants-home-interactive

スクリーンショット 2013-02-03 13.10.25
(ガーディアンから拝借)

 アメリカ国内でも貧困に苦しむ人は急増している状況では、国外に流れてしまうお金を国内にとどめておきたいと考える人はいるだろう。そのような状況で世界が動いていくことにこれだけ貢献できるというのは、アメリカの存在価値を高めているように思う。イギリス、日本、ロシア、中国各国は、アメリカのこのような力強さから自国の立ち位置を見直すこともできるのではないだろうか。

世界は移民がマジョリティ1:ブルガリアとルーマニアからの返答

2013.02.03
2014年1月で、ブルガリアとルーマニア移民の単純労働職を制限している規制が終了することで、両国から大量の移民が押し寄せるのではないかと危惧するイギリス政府が、ネガティヴ・キャンペーンを検討しているという報道への反応が報道された。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1872.html

 読者の反応は様々だが、一応、リベラルを標榜するガーディアンの記事から。

Row breaks out between UK and Romania over targeting of migrants
http://www.guardian.co.uk/world/2013/feb/02/romania-uk-immigrants-diplomatic-row

Tories warned not to discriminate against Romanians and Bulgarians
http://www.guardian.co.uk/world/2013/feb/01/lib-dems-tories-romanians-bulgarians

Bulgarians react with dismay to British anti-immigration campaign
http://www.guardian.co.uk/uk/2013/feb/01/bulgarians-british-anti-immigration-campaign


 それぞれの記事をざっと読んだだけでも、ブルガリアとルーマニア両国の困惑、不快感を強く感じる。両国からは既に多くの国民が他のヨーロッパ諸国、特に言語が近いスペインやイタリアで働いているから、イギリスに押し寄せるなんてことはない、と。

 ただ、イタリアやスペインの経済危機を毎日知らされるイギリス側からすれば、そう簡単なことではないだろう。経済危機に喘ぐスペインやイタリアに見切りを付けてイギリスにと考えるのは自然な流れだと考える。

 一つ恣意的に感じたのは、ルーマニア国内の反応を伝えるニュースの中で、「ロマ」について言及しているものがない。まるで、「ロマ」はルーマニアとは無関係であると言いたいのかと。イギリスだけでなく、ヨーロッパ各国で見られるであろうルーマニアへのネガティヴな印象は、「ロマ」による犯罪行為が強調されているからではないかと推察する。

 上記の3番目の記事にの最後に、考えさせれる発言がブルガリア男性から寄せられている。

"But changing negative stereotypes takes a lot longer and that is what a lot of us fear."

 これは今回に限ったことではない。世界中で、多くのマイノリティが日常的に直面している苦しみだろう。自分がしたことではないのに、まるで自分がその偏見を生み出し、増長させてしまっているのではないか、と。

 2011年に実施された国勢調査、Census、の結果が昨秋から順次発表されている。今週にはいって発表された結果は、イギリス国内で話されている言語について。そして、イングランドに限れば、英語の次、つまり2番目に多くの人によって話されている言葉は、ポーランド語。

Polish becomes England's second language
http://www.guardian.co.uk/uk/2013/jan/30/polish-becomes-englands-second-language

 これをインテグレイションと捉えるのか、それとも侵略と危惧するのかでイギリス社会の反応は大きく変わるだろうと感じる。以下のリンク、とても面白いです。是非、ご覧になってみてください。

Census 2011: the language data visualised
http://www.guardian.co.uk/uk/datablog/2013/jan/31/census-2011-language-map

スクリーンショット 2013-02-03 12.49.15
(ガーディアンから拝借)


 2006年12月に書いた、「移民」についてポスト。

海外で暮らすうえでの自分の居場所
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-50.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-70.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-71.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-72.html

この世界の片隅で(こうの史代さんの漫画のことではないです)

2012.12.16
クリスマス・パーティーに限らず、パーティーと名のつくものはだいたい避けているのだが、気分転換、そしてロンドンを離れる友人と、とりあえず最後の笑いを共有したくてあるパーティーに参加した。

 小さな、でもひしめき合う必要がない会場でたくさん話したのは、ラトヴィア出身の女性。何人かの参加者がパートナーを連れて来ていたので、「君のボーイフレンドも参加していいんじゃないの」と訊くと、「電話したからしばらくしたら来る」とのこと。

 彼女の名字の綴りは「Rage」。ラーゲという発音らしいけど、イギリス人は英語風の発音で怪訝な表情を見せるらしい。朗らかな彼女は「気にしていたらいつまでたっても気にしなければだから」と軽く笑うだけ。

 話の途中で彼女がなにげに、「ボーイフレンドとは英語で話しているのよ」というので、「同国人じゃないの?」。「彼はスロヴァキア人。私はスロヴァキア語を話せないし、彼はロシア語もラトヴィア語も話せないから」。

 今週、2011年に実施された国勢調査の結果が発表され、ロンドンの特異点が大きな話題となった。その一つは、ロンドンで暮らす「イギリス系白人」の割合が初めて5割を切り、「マイノリティ」になったということ。
 そんなロンドンでは、同じEU圏内出身とはいえ、国が違うカップルの会話が英語というのはもはや驚くことではないのだろう。

 パーティー会場を離れようとしていたら、お互いに顔見知りだけどあまり話したことの無いエストニア人の若い男性が、見たことのない笑顔で近づいて来た。彼について知っていたのは、ロシア出身だけど、両親と一緒にエストニアに移住したということだけ。
 「君が日本人だから話したいことなんだけど、音信がずっと途切れていたいとこの一人が日本で結婚して、最近、赤ん坊が生まれたらしいんだ。そのいとことは一度も会ったことないし、将来、会う機会があるかどうかは判らない。これまで日本のことなんて全く興味がなかった。でも、今晩君がここに居たんで、話したかったんだ」。

 パーティーの前夜には、日本人の友人から教えてもらった、サライエボ・オペラに所属する歌手の二人によるリサイタルへ。場所が歩いていける教会ということで、同じくその教会のご近所になるW夫人を誘って。
 教会への道でW夫人に、「知り合いに会えるんじゃないの?」と言っていたのだが到着して驚いたのは、聴衆の多くが在ロンドンのボスニア・ヘルツェゴビナのコミュニティから。ロンドンで巡り会えない人種って、いないのではないかと思った。ロンドンに来てから知ったのは、ボスニア・ヘルツェゴビナにはムスリム系の人が暮らしているということ。ソプラノの方の名前はアイーダ(芸名か?!)。テノールの名前はAmir。確かムスリム系の名前のはず。リサイタルはとてもすらばらしかった。

 マイノリティになったイギリス系白人の人がどう思うかは判らないが、ロンドン、まだまだ暖かい驚きがあるように感じた。

お願い、見つめないで!:異文化を生きる

2011.10.09
東京在住の外国人の友人から、以下のリンクが送られてきた。

Fake Book Cover: Why Do Japanese People Stare At Foreigners?
http://www.japanprobe.com/2011/10/03/fake-book-cover-why-do-japanese-people-stare-at-foreigners/

 僕の正直な感想、瞬時の反応は「humiliation」。このポストを書いた人は、日本が嫌いということではないはず。逆に、「これだけ日本が好きで、日本社会に溶け込みたいと願っている僕を、単に外国人だからという理由で見つめないで欲しい」という願望からだと思う。悪気があってのことではないとはわかるのだけど、「外国人」という立場をもっと見つめてみても良いのではないかと思う。

 でも、この気持ち、理解できる。2000年にアマルフィやマデイラ島に行ったとき、現地の皆さんから見つめられまくり。あの頃は「異文化」が引き起こす悪気のない好奇心について考える余裕がなかったので、どうして僕一人だけが見つめられるのかが判らず、考えすぎて体調がおかしくなったほど。

 日本人だけがこのようなことをするのではない。異なる文化、異なる言葉、異なる人種の中に飛び込んだら、気分が悪くなることも経験するかもしれない。でも、それ以上に得がたい経験を沢山できる機会でもあるはず。

 ロンドンでは、日本人だからと見つめられることは、皆無。社会に、イギリス人に受け入れられたということではない。いちいち人種を気にしている余裕などない、というのが現実だと思う。
 上手くまとまらないけど、以前、グラストンベリィ在住のイギリス人の友人から送られてきたメイルを思い出した。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-467.html
(日本語)

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-468.html
(英語)

 ドーセットで日本人がジョブ・インタヴューを受ける(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1462.html)時代になったのだから、多文化、異文化をどう咀嚼するかについての意識は、少しは変化していると思うのだが。

マルティカルチャラリズムの終焉?、それとも本当の始まり?

2011.02.06
イギリス国内では、ほかにもたくさん政治、経済、文化、そして社会全体を揺さぶる話題が起きているけ度、時間の都合でこれだけは書きなぐっておきたいのは、マルティカルチャラリズムについ手のキャメロン首相の演説。

State multiculturalism has failed, says David Cameron
http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-12371994

 これが大きなことになるであろうことは誰の目にも明らかだったろうけど、さらに輪をかけたのが、同じ日に、ロンドン北部にあるルートンでイングリッシュ・ディフェンス・リーグによる、彼らにとって最大級のデモンストレイションが行われたこと。

David Cameron tells Muslim Britain: stop tolerating extremists
http://www.guardian.co.uk/politics/2011/feb/05/david-cameron-muslim-extremism

David Cameron sparks fury from critics who say attack on multiculturalism has boosted English Defence League
http://www.guardian.co.uk/politics/2011/feb/05/david-cameron-speech-criticised-edl?intcmp=239

David Cameron's attack on multiculturalism divides the coalition
http://www.guardian.co.uk/politics/2011/feb/05/david-cameron-attack-multiculturalism-coalition

http://homepage.mac.com/f_matsuo/blog/globalstringer.html

 いつものことながら、ソースの偏りは否めない。でも、今回、初めて、ほんの些細な点だけど、キャメロン首相に同調する自分がいる。

 「いま暮らしている非母国である国の文化、歴史、社会構造、コミュニティの価値を否定するならどうしてこの国にいるのか?」。

 ウェブでは探せていないけど、今日のオブザーヴァ本紙に掲載さているイスラム系シンクタンクの代表者の言葉が印象に残る。

Britain is by far the best European country to live in for Muslims and others (by Maajid Nawaz).

In most countries where multiculturalism has been promoted by government - Canada and Australia, for example - it has been about reaffirming and remaking a national identity. That this is less true in Britain is about the difficulties of saying what our nationality is. All surveys show that ethnic minorities, including Muslims, are more likely to say they feel "British" than white people and that white people are more likely to think that nationalism is dangerous and out of date (by Tariq Modood).


 僕が個人的には望むのは、移民がもとからの社会規範から外れることをしたら、そのことに対してはっきりと、「NO」が言える社会を目指して欲しい。何でもかんでも、「お前は人種差別主義者だ」、と個人の意見を封じこめるような社会であって欲しくない。

 キャメロンが意識的になのか、それとも全く理解していないのかはわからない。でも、キャメロンのこの発言はイギリス人にとっても大きな課題になるはず。それは、「移民をきちんと自分たちのコミュニティに受け入れられるのか?」、ということ。自分たちは「イギリス人だから」という意識をコントロールできなければ、この国にマルティカルチャラリズムが根付くことは、無い、と思う。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.