LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Sylvie Guillemの記事一覧

ライフ・イン・プログレス、サドラーズ最終日

2015.05.31
スクリーンショット 2015-05-31 20.04.43
(2015年5月31日、サドラーズ・ウェルズ)

今日で、シルヴィ・ギエムの「ライフ・イン・プログレス」のサドラーズでの公演が終了。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157653368044269

 最後の「Bye」では、サドラーズに居た全ての人たちの神経が舞台のシルヴィ・ギエムに集中しているのが判るほどの緊張感が会場を満たしていたように思う。

 楽しい一週間だった。シルヴィ・ギエムに伝えたい言葉は、「ありがとう」。

Sylvie Guillem: Life in Progress review – a muted conclusion to a brilliant career
http://www.theguardian.com/stage/2015/may/31/sylvie-guillem-life-in-progress-review-sadlers-wells-muted-conclusion-brilliant-career

スポンサーサイト

ライフ・イン・プログレス、3晩目

2015.05.30
休養日を挟んで後半3日の初日にあたる29日、サドラーズの入り口の近くにやっとポスターが貼られていた。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/18229469576/in/dateposted/

 サドラーズの公演はリターンがちらほら出ているとはいえ、完売していたからポスターを張ることもないだろうとサドラーズは思っていた節がある。が、規模の大きいコリシアムではまだかなり残っているのでてこ入れの為に急遽作ったのかなと。

スクリーンショット 2015-05-30 7.24.30
(動くのが速すぎて僕の技術ではこれが限界)

 昨晩は、全く似合っていなかった黒髪のウィグを「テクネ」で被っていなかった。ずっと、良かった。

ライフ・イン・プログレスのレヴュー

2015.05.29
ライフ・イン・プログレスの、ネット上で無料で読めるレヴューが出そろった。

Sylvie Guillem: Life in Progress review – a final farewell from a startling talent
http://www.theguardian.com/stage/2015/may/28/sylvie-guillem-life-in-progress-review-a-final-farewell-from-a-startling-talent

Sylvie Guillem, Life in Progess, Sadler's Wells, review: 'the most charismatic performer on earth'
http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/dance/11629739/Sylvie-Guillem-Life-in-Progess-Sadlers-Wells-review-the-most-charismatic-performer-on-earth.html

Sylvie Guillem: Life In Progress, Sadler’s Wells, review: A fine farewell to one of the greatest dancers
http://www.standard.co.uk/goingout/theatre/sylvie-guillem-life-in-progress-sadlers-wells-review-a-fine-farewell-to-one-of-the-greatest-dancers-10280833.html

 二つの新作があまりにもつまらなかったこともあるだろうけど、レヴューの主眼はギエムの踊り・存在に集中している。最も潔いの、もしくはディプロマティックなのがテレグラフ。振り付けに関しては一言も触れていない。

 終わりを迎えないことはないと判っていても、2016年以降はあの踊りを観られないという事実は、受け入れるのが難しい。

ライフ・イン・プログレス、5月26日@サドラーズ・ウェルズ

2015.05.26
昨晩、5月26日が、シルヴィ・ギエムの「ライン・イン・プログレス」のサドラーズでの本来の初日。サドラーズであと2回、コリシアムで1回観る予定なので印象は変わるかもしれないが、2回観た上での舞台の感想。

technê

Choreographer: Akram Khan

Dancer: Sylvie Guillem


 ギエムにとって新しい領域という前宣伝だったが、これまで僕が観て来たカーンの振り付けの中で最もつまらなかった。踊りよりも動きにばかり焦点が置かれてしまっているように感じられ、また、カーン自身のコンフォート・ゾーンから抜け出しているとは思えなかった。昨年のTOROBAKAhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2350.html)、イングリッシュ・ナショナル・バレエへの新作(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2204.html)を楽しめたのでかなりがっかり。


Duo(Premiere at Ballet Frankfurt, 1996)

Choreographer: William Forsythe

Dancers: Brigel Gjoka and Riley Watts

 男性二人が、時間差でほぼシンクロする動きだけ。しかし、カーンの振り付けで萎んだ気分が徐々に盛り上がってくる、観ていて楽しい踊りだった。物語性のないバレエだろうが、観ているうちに、二人のダンサーの間でコミュニケイションがどのように行われているかを、まるで本を読んでいるかのように感じられた。

 ブリゲルとライリィ、二人の踊りは素晴らしかった。が、これをギエムとニコラ・ル・リッシュ(もしくはロラン・イレール)で観たかった。


Hear & After

Choreographer: Russell Maliphant

Dancers: Sylvie Guillem and Emanuela Montanari


 最後の数分を除くと、とてもヒプノティック。マイケル・ハルズの照明も、今回は僕には暗さばかりが強調されているように思えてならなかった。「ライフ・イン・プログレス」を観に来る観客多くの願いは、舞台で踊るシルヴィ・ギエムの姿をしっかり、はっきり、そしてできるだけ長い時間観ていたい、それにつきると思う。その点においてカーンとマリファントの新作は観客の願いを考慮したとは感じない。

 マリファントの言う、「シルヴィが女性二人で踊る」というコンセプトは面白いと思った。実際、ギエムとモンタナーリのデュオは、これまでのギエムの踊りとは違うものがあった。女性二人だけの振り付けは、僕の少ない経験の中では思いつかない。男性二人のデュオも、「バレエ」という範疇ではモーリス・ベジャールの「さすらう若人の歌」が思い浮かぶ程度。

 ということで、振り付けの意図はカーンよりもずっと楽しめた。が、ギエムの指名とはいえ、モンタナーリとギエムの間の経験の差は大きかった。


Bye

Choreographer: Mats Ek

Dancer: Sylvie Guillem


 感想は、4年前とほぼかわらず。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1414.html

 これを観られただけでも、観られることを考えると、あと3回観るのが楽しみ。

スクリーンショット 2015-05-26 23.05.39
(5月26日、カーテンコール)

 先に書いたように5月26日は本来の初日ということで、サドラーズのメンバー向けのレセプション(有料、そしていつもよりかなり高かった。ええ、払いました)があった。開演前の会場で、現在、ロイヤル・オペラの「ラ・トラヴィアータ」を指揮しているマルク・ミンコスキィが居たので、話しかけた。モダン・バレエの会場で話しかけられるとは思っていなかったのか、とても驚いた表情をしていた。とりあえず、ヴェルディでなく、バロック・オペラでもっとロンドンに来て欲しいと直訴。

スクリーンショット 2015-05-26 23.06.20
(シルヴィ・ギエムとスポルディングさん)

スクリーンショット 2015-05-26 23.06.03
(ウィリアム・フォーサイスとラッセル・マリファント)

 ウィリアム・フォーサイスはもっと背が高いと思っていたが僕よりちょっと低いくらいだった。しばらく前に体調を崩したとの噂をどこかで読んだのだが、昨晩は、多くの人とエネルギッシュに話していた。パリ・オペラ座での仕事はとても楽しみで、毎シーズンに1作品以上の活動をしたいそう。

 ENBの「イン・ザ・ミドル」がとても素晴らしかった(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2436.html)、しっかり覚えていないがロイヤル・バレエが最後に上演した時よりも良い印象だったと伝えると、フォーサイス自身もロイヤル・バレエでの最後の上演はできは納得いかなかったそうだ。

 会場でもう一人話したのは、テレグラフ紙のダンス・クリティクだったSarah Crompton女史。テレグラフを退職したのかを訊くと、「I was made redundant」とにっこり。彼女が居ないのであれば、テレグラフ紙を購入する意味はほとんどない。

 キャリアに終止符を打つのは簡単なことではないし、自分のことは彼女自身が最も判っていること。しかし、ギエムはまだまだ、ダンスを進化させられるはず。

Life in Progress by Sylvie Guillem@サドラーズ・ウェルズ

2015.05.26
昨晩、5月25日にシルヴィ・ギエムの最終公演、「Life in Progress」のロンドン公演がサドラーズ・ウェルズで始まった。

Sylvie Guillem — Life in Progress
http://www.sadlerswells.com/whats-on/2015/sylvie-guillem/

After an unparalleled career that has spanned almost 35 years of both dancing ballet and contemporary work, Sylvie Guillem presents her final dance programme.

A world famous dancer with an extensive career at the Paris Opera Ballet, as a Principal Guest Artist at the Royal Ballet and Tokyo Ballet, Guillem has played some iconic roles in ballets by Kenneth MacMillan, Maurice Béjart, Frederick Ashton, William Forsythe and Mats Ek. A Sadler's Wells Associate Artist since 2006, she has diversified as a dancer forging an undisputable reputation as a major force in the world of contemporary dance.

For this very special programme titled Life in Progress, she will dance two new works including technê, a solo with live musicians on stage, choreographed by Sacred Monsters creator Akram Khan. The second will be a duet entitled Here & After with Italian dancer Emanuela Montanari from La Scala, choreographed by Russell Maliphant who created the award-winning PUSH.

This last opportunity to see her dance on stage at Sadler's Wells will also include Mats Ek's touching and poignant Bye which was made especially for her and performed as part of the 6000 miles away programme, and William Forsythe's Duo performed by Brigel Gjoka and Riley Watts.

 当初は、5月26日から31日までの6日間通しのスケジュールだったが、実際に踊ってみて休みなしではきついということが判り、木曜日28日が休演になりその振替が昨晩。ということでプレスへの初日は今晩のままのようなので、レヴューが出るのは明日以降だろう。プログラムの写真。

DSC04412.jpg
DSC04413.jpg
DSC04414.jpg

 プログラムへの感想だけを書くと、マッツ・エクとウィリアム・フォーサイスという20世紀後半から創作活動をしている振付家と、アクラム・カーンとラッセル・マリファントの「若手」振付家の差が大きかった、というのが僕の感じたこと。フォーサイスの作品が作られたのは80年代、昨晩は男性ダンサーが踊りギエムは踊らなかったにもかかわらず、最初のカーンの振り付けよりずっと楽しめた。

 ロンドン以降のLife in Progressの予定が発表になった。

Sadlers Wells London May 25th, 26th, 27th ,29th,30th, 31st

Athens Festival Greece June 3rd 4th

Moscou (Moscow ) Chekhov Festival June 23rd, 24th, 25th

Lyon (les Nuits de Fourvière) June 29th,30th
July 1st, 2nd

Genova (Gênes) Teatro Carlo Felice July 5th

Cagliari ( Sardegna / Sardaigne) July 15th

Barcelona (Spain ) Festival Castell Peralada July 24th

London Coliseum July 28th, 29th, 31st
August 1st , 2nd

Sydney Opera House (Australia) August 19th, 20th,21st, 22nd,
24th, 25th

Birmingham September 8th, 9th

Paris Theatre des Champs Elysées Septembre 17th,18th,19th,20th

Taipei ( Taiwan) October 3rd , 4th

Beijing ( Pékin) NCPA October 9th , 10th

Singapour Esplande October 13th, 14th

Shangaï October 18th

New York November 12th,13th,14th

St Poelten (Autriche) December 2nd

Tokyo Japan December 17th,18th,19th,20th

JAPAN TOUR with Boléro and Tokyo Ballet
Kawaguchi December
Sagami Ono December 10th
Toyama December 12th
Nigata December 13th
Nishinomiya December 22nd
Takamatsu December 23rd
Fukuoka December 25th
Nagoya December 26th
Hiroshima December 28th


 行ったことのない土地だから、富山で観てみたい。10月に台湾、北京、シンガポール、上海を回るようなので日本公演を前に近場で観る機会かもしれない。

Life in Progress、サドラーズでの公演日程に変更

2015.04.26
Sylvie654.jpg

5月26日からサドラーズ・ウェルズで始まる予定のシルヴィ・ギエムの「Life in Progress」。その日程の変更のメイルがサドラーズから4月20日に届いた。

http://www.sadlerswells.com/whats-on/2015/sylvie-guillem/

Dear Koji,

I am writing to let you know that the performance of Life in Progress originally scheduled on Thursday 28 May has unfortunately had to be moved to Bank Holiday Monday 25 May 2015. This is to allow for a break within the intensive run, which was due to feature daily performances from Tuesday 26 to Sunday 31 May 2015.

Sylvie has asked me to convey the following message to you on her behalf:

“It is really important to me to always give audiences the best performance I possibly can. Life in Progress includes two new works that have evolved throughout the creative process until the day of the world premiere in Italy on 31 March. Having now staged the final production for the first time, with the three works in which I will perform, we realise that it would be more reasonable to have a break in the middle of this long run. The decision to move the performance on Thursday 28 May is not one I have taken lightly, but I felt it was necessary to ensure the audience always receives the best possible performance, in optimum conditions. Thank you for your understanding.”

As you have booked tickets for the performance on Thursday 28 May, we would like to offer you one of the following options:

Move your tickets to the 7.30pm performance on Monday 25 May at Sadler’s Wells. You will be allocated the same seats you had reserved in your original booking;

Transfer your booking to one of the performances of Life in Progress at the London Coliseum, which runs 28, 29 and 31 July and 1 and 2 August at 7.30pm. In this case, we will offer you tickets within the same price band as your original purchase, subject to availability;

Receive a full refund, a credit note or Sadler’s Wells’ gift vouchers of the same value.


 予定よりも1日早く観られることには全く問題ない。この変更で最前列ど真ん中がリターンされたら絶対にホールドして欲しいと懇願しておいたが、それは叶わなかった。

 3月31日に初日を迎えたイタリアでの公演が終わり、サドラーズでの6日間続けての公演が体力的にきついというのが明確になったようだ。元々、ギエムは怪我による休演はそれほど多くないが、半年以上かけて多くの国を回る予定の引退公演を怪我で中止、というのは避けたいだろう。

シルヴィ・ギエム、ロンドン公演日程追加

2015.03.18
guillem のコピー


小一時間前にサドラーズからメイルが届き、シルヴィ・ギエムの引退公演、「Life in Progress」のロンドン公演が追加になった。コリシアム劇場は好きではないのだけど、最前列を確保できたから良しとしよう。一般発売はサドラーズのウェブをこまめに確認してください。

 サドラーズのリリースによると、アクラム・カーン、ラッセル・マリファントそれぞれによる新作のタイトルも発表になっている。

http://www.sadlerswells.com/

Sadler’s Wells announces UK Tour
Dates for Sylvie Guillem’s Life in Progress. Guillem is honoured with an Olivier Award

In addition to the previously announced international tour, Sadler’s Wells presents world renowned dancer Sylvie Guillem’s final dance programme, Life in Progress, at the London Coliseum (Tuesday 28 July-Sunday 2 August).

The newly announced UK dates follow Guillem’s final performances at Sadler’s Wells, from 26 - 31 May 2015, where she has been an Associate Artist since 2006 and where she announced her retirement from the stage in November 2014. Life in Progress receives its world premiere in Modena on 31 March 2015, and the final performance is in Tokyo in December 2015.

Sylvie Guillem is also today announced as the recipient of a special award at this year’s Olivier Awards, celebrating her achievements over the course of her career. The Olivier Awards with Master Card, run by the Society of London Theatre (SOLT), take place on Sunday 12 April 2015. Highlights from the awards will be broadcast on ITV.

Sadler’s Wells Artistic Director and CEO Alistair Spalding said: “When we announced Life in Progress as part of our spring programme last November, tickets for Sylvie’s final performances at Sadler’s Wells sold out within five days. Since then, we have seen an unprecedented demand for tickets not just in London, but throughout the country. We are so pleased now to be able to offer more opportunities for people to see her in London, Edinburgh and Birmingham. These additional dates reflect our ongoing commitment to providing access to as large an audience as possible to world-class dance, by touring productions around the UK as well as internationally.”

A dancer renowned the world over with an extensive career at the Paris Opera Ballet, The Royal Ballet and Tokyo Ballet, Guillem has played many iconic roles in ballets by Kenneth MacMillan, Maurice Béjart, Frederick Ashton, William Forsythe and Mats Ek. She has also diversified as a dancer into the world of contemporary dance, performing acclaimed works such as PUSH, Sacred Monsters and 6000 miles away.
Life in Progress features both existing and new works by choreographers who have influenced her contemporary career. The new works include a solo by choreographer and Sadler’s Wells Associate Artist Akram Khan. Titled techne, Kahn says of the piece: “My work grows out of the questions I don't know how to answer. I ask questions and tell stories through the body. I use technology to connect with more people, more often. But are we more connected now than we used to be? Or are we connecting with the technology itself rather than with people? No computer can answer this question. But perhaps the body can...”

Guillem also performs a pas de deux with Italian dancer Emanuela Montanari from La Scala, choreographed and directed by Russell Maliphant with lighting by Michael Hulls, both of whom are Associate Artists of the theatre and who choreographed and lit, respectively, the award- winning PUSH. In the piece, Here & After, Maliphant acknowledges his past works and experiences with Sylvie, whilst moving on and exploring a vocabulary that shows contrast, with a female duet partnership.

Existing works that feature in Life in Progress are Mats Ek’s touching and poignant solo, Bye, which was made especially for Guillem and has been performed previously as part of the 6000 miles away programme, and William Forsythe’s Duo (performed by two male dancers), which premiered in 1996.

Widely recognised as one of the world’s greatest dancers, Sylvie Guillem CBE, was born in Paris. As a child, she trained in gymnastics under the instruction of her mother, a gymnastics teacher. In 1977 aged 11, she began training at the Paris Opera Ballet School, and in 1981 joined the company's corps de ballet. She was promoted to the rank of "Etoile" by Rudolf Nureyev at the age of 19. Since then she has performed all the leading roles of the classical repertoire with the world's leading companies including The Royal Ballet, Paris Opera Ballet, Kirov, Tokyo Ballet, Australian Ballet, American Ballet Theatre and La Scala.

Her first contemporary performances at Sadler’s Wells were in 2004 for Broken Fall - the collaboration with fellow Sadler’s Wells Associate Artists Russell Maliphant, Michael Nunn and William Trevitt. It was followed by the multi-award winning Sadler’s Wells production PUSH, which premiered at the theatre in 2005. She collaborated with celebrated dancer and choreographer, Akram Khan for Sacred Monsters, which premiered at Sadler’s Wells in 2006, the same year she became an Associate Artist there.

In 2009 she collaborated with Robert Lepage and Russell Maliphant for the Sadler’s Wells production Eonnagata, with costumes by Alexander McQueen. Most recently, she devised and performed in the 2011 Sadler’s Wells / Sylvie Guillem production 6000 miles away. It featured works by three of today’s most important choreographers; Mats Ek, William Forsythe, and Jiří Kylián. All the productions have toured internationally to full houses and critical acclaim.

Her awards include the Officier de la Légion d’Honneur, Commander dans l’Ordre National du Mérite, Officier des Arts et Lettres, and, in Britain, an honorary CBE. She is the only dancer to have been awarded a Leone D’Oro at Venice Biennale.

Life in Progress is a Sadler’s Wells Production, co-produced with Les Nuits de Fourvière and Sylvie Guillem.

The Monument Trust supports co-productions and new commissions at Sadler's Wells Sylvie Guillem Circle of Support has supported the creation and touring of Life in Progress

TOUR SCHEDULE
31 March 2015
Teatro Communale, Modena, Italy

2 April 2015
Equilibrio Festival, Sala Santa Cecilia, Auditorium Parco della Musica, Rome, Italy

15 & 16 May 2015
Lodz International Ballet Festival, Lodz, Poland

26 – 31 May 2015
Sadler’s Wells, London, UK

3 & 4 June 2015
Athens & Epidauras Festival, Athens, Greece

23 – 26 June 2015
Chekhov Festival, Moscow, Russia

29 June – 2 July 2015
Les Nuits de Fourvière, Lyon, France

5 July 2015
Genova Opera House, Genova, Italy

28 July – 2 August
London Coliseum, London, UK

8 – 10 August 2015
Edinburgh International Festival, Edinburgh, UK

8 & 9 September 2015
Birmingham Hippodrome, Birmingham, UK

3 & 4 October 2015 National Theatre, Taipei

2 December 2015 Festspielhaus, St Polten, Austria

17 – 20 December 2015 NBS, Tokyo, Japan


 東京公演の発売はいつだろう。

シルヴィ・ギエムへのインタヴュー、タイムズ紙

2014.12.05
DSC02417.jpg
(2014年12月5日付け、タイムズ)

このポスターは、2004年1月、2月にシルヴィ・ギエムカルロス・アコスタとバランシーンの「放蕩息子」を踊った時のもの。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-255.html

 この画像、ネットでは簡単に見つけられると想像するが、ポスターはもはやロイヤル・オペラ・ハウスのショップでは購入できないはずだから、タイムズもあこぎだなとちょっと思った。もちろん、持っている。どこかの新聞のインタヴューで、これを機にアコスタともっと踊る機会が増えるようにしたいのだけど云々の発言をしていたが、結局、これが最初(なのかどうか?!)で最後になったようだ。

 インタヴューをしたタイムズのバレエ・クリティクが書いているように、「セイクレッド・モンスターズ」でのギエムは踊ることを彼女自身がとても楽しんでいたように、僕も感じた。言い換えれば、引退に向けてのこれからの1年、ギエムは既にプロセスを始めているのかなと。

Sylvie Guillem and Akram Khan in Sacred Monsters – in pictures
http://www.theguardian.com/stage/gallery/2014/nov/26/sylvie-guillem-akram-khan-sacred-monsters-in-pictures

 来年5月のサドラーズ公演、本当に待ち遠しい。

(おそらく世界最終公演)セイクレッド・モンスターズ@SWT、2014年11月29日

2014.11.30
スクリーンショット 2014-11-30 19.05.08
(2014年11月29日、カーテン・コール)

11月27日の公演が、アクラム・カーンの怪我で中止になった「セイクレッド・モンスターズ」。どうなるのかと思ったら、28日、そして最終日の29日は上演された。最終日の29日を観てきた。

 サドラーズに到着すると、どこかの学校の生徒が大挙して大型バスで到着した所だった。ギエムの引退発表で完売になった今回の公演だが、チケット発売当初はけっこう余っていた。終演後、多くの学生がサドラーズの外壁のポスターと自分撮りをしていた。

 サドラーズの公演にしては珍しくなかなか始まらなかった。カーテンの向こうで人々が動き回っている音が聞こえたので、カーンの怪我の為に微調整が必要なのだろうと思った。ちなみに、サドラーズから届いたリマインダー・メイルでは、29日の上演時間は60分。初日の案内では75分だったので、カーンへの負担を減らす為に何らかの短縮があるのだろう。

 でも、始まってみると、どこを怪我したのか判らないほど、動きはスムース。ただ、回転する時にかかとを浮かしているような印象を持ったこと、そしてカーン自身のダンスの合間に舞台の袖で両膝にサポーターを装着したので、関節への負担だろうかと。

 観ているうちに面白く感じたのは、この「セイクレッド・モンスターズ」を観るのがまるで初めてのように思われて来たこと。どの部分が短縮されたのかは、正直、よく判らなかった。観ているうちに、とても新鮮な気分が湧き上って来るのを感じるのはなぜかと思いつつ、僕自身がこの舞台を楽しんで観ているからだろう。踊っているギエムとカーンからは、彼らも踊りを楽しんでいるのを鮮烈に感じた。

 照明が落ちると、観客の興奮は初日以上。出演者も皆、とても嬉しそうだった。ギエムはいつものように満面の笑顔。カーンとの熱いハグは、踊りきったことの嬉しさかな。

 アクラム・カーン・カンパニィのウェブを観ると、この後、「セイクレッド・モンスターズ」の更なる上演予定は、現在、入っていない。シルヴィ・ギエムは、来年の3月から始まる引退公演、「Life in Progress」に集中するだろうから、よほどのことが無い限り別の演目を踊るかどうか。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157649064890729/

 ギエムの引退によって、しばらく、もしかしたら二度と踊られることが無い振り付けがあるかもしれない。自分の「引退」によって、「過去」になってしまうかもしれない振り付けがあることを、ギエムはどう思うのだろうか。

 2015年5月のサドラーズでの「Life in Progresshttp://www.sadlerswells.com/whats-on/2015/sylvie-guillem/)」は、既に完売。しかし、サドラーズもこの演目に関しては企業の為に席をホールドしている節があるので、ロンドンで観たい方は、こまめにチェックすれば、もしかしたら。

セイクレッド・モンスターズ@サドラーズ・ウェルズ

2014.11.26
DSCN7836.jpg
(サドラーズで、2014年11月25日)

昨日、今回がおそらく世界でも最後の上演になるであろう、シルヴィ・ギエムアクラム・カーンのコラボレイション、「セイクレッド・モンスターズ」を観てきた。

http://www.sadlerswells.com/whats-on/2014/sacred-monsters/

First performed in 2006, Sacred Monsters is the hugely acclaimed collaboration between Sadler’s Wells Associate Artists Sylvie Guillem and Akram Khan. Together, the pair explore the dynamics and language of two great classical dance forms, kathak and ballet, to produce a “five-star display of speed, precision and power” (The Guardian).

Used in France in the 19th century as a nickname for theatre’s biggest stars, Sacred Monsters is a term that marks the birth of contemporary stardom, in which the icons of the arts and sports worlds are given divine status by their audience and the media. The pressure of living up to these expectations leaves no room for failure, self-expression or emotion. The divine status becomes inhuman, monstrous.

Sacred Monsters is a landmark piece featuring additional choreography by Gauri Sharma Tripathi and Lin Hwai-min, Artistic Director of Cloud Gate Dance Theatre of Taiwan, and music created by Philip Sheppard.


 世界初演の時と比べると、幾つか変更された箇所はあったが、舞台の印象はほぼ同じ。

2006年の初演時
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-41.html

 これを読み返してみて、カーンの「ヘアスプレー云々」は削除されていたようだ。また、ギエムのソロ・パート、舞台の始まりが初演時とは明確に違っていた。感銘を受けたのは、彼女のイタリア語がますます進化していたこと。やっぱり家を購入したことが影響しているのだろう。

ヴェネツィアの栄誉金獅子賞
http://fumiemve.exblog.jp/15638462/

 全く違ったのは、観客の反応。シルヴィ・ギエム、2015年でダンサーとしてのキャリアを終わらせる、というニュースが流れれば、観る側は穏やかではないだろう。僕の左となりの南欧系の女性は、両手を胸の前でずっと握りしめたまま舞台に見入っていた。
 そして、舞台の照明が落ちるや否や、平土間はほぼスタンディング・オヴェイション。ロンドンでシルヴィ・ギエムが舞台に立つ姿を観られるのはあと10回もないけど、それほど大げさにするのはまだ早い気がする。

 通常、サドラーズで既に上演されたことのある演目の再演の際は、特別なことは無いのだが、今回は特例。ファンドレイズィングをかねて上演前のシャンペン・レセプションと、上演後のガラ・ディナーがあった。ディナーは参加費、一人£300−。そんな払える訳も無く。サドラーズであれほどのイヴニング、カクテル・ドレスを観たのは初めて。

 レセプションの方にはなんとかやりくりして参加した。サドラーズのホスピタリティは、参加する度に質が向上していると思う。彫刻家のアントニィ・ゴームリィの姿があった。彼はギエムが好きなのかな(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1414.html)。イングリッシュ・ナショナル・バレエタマラ・ロホもいたので、少し話すことができた。彼女によると、イングリッシュ・ナショナル・バレエの来日公演の話が進んでいるそうだ。来年ではないそうだが、実現すると、何年ぶりになるのだろう。それと、彼女のダンサーとしての予定も話してくれた。が、確証が取れないので、まだ書けない。

DSC02286.jpg

 最初に書いたように、おそらく今回の上演が、ギエムがこの演目を踊る最後。先週末の段階では完売だった、毎日、数枚のリターンがあるようなので、観たい方はサドラーズのウェブを確認してみた方が良いだろう。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.