LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Societyの記事一覧

The power of ignorance

2017.04.19
ignorance.jpeg


スポンサーサイト
Society    ↑Top

イギリスの公衆衛生のレヴェル:子供に手を洗うことを教えましょう(今更?)

2017.01.25
この冬、かなり暖かだった12月から、1月になってグンと冷え込んだ。この温度の差が関係あるのどうか判らないが、今年の冬の風邪の傾向は、咳がこれまでの風邪より長く続く。だから、3週間以上咳が続いても、医者に来ないで蜂蜜やレモンで自力で治してね、という趣旨の記事がThe Timesに掲載されたのは2週間ほど前。インディペンデント紙にはこんな記事が。

Hacking cough epidemic cannot be cured with antibiotics, doctors warn
http://www.independent.co.uk/life-style/health-and-families/hacking-cough-epidemic-cannot-be-cured-antibiotics-doctors-warn-nhs-wales-a7514991.html

 本題。今日のガーディアンの記事。

Children should be taught how to wash hands, says watchdog
https://www.theguardian.com/society/2017/jan/25/children-taught-wash-hands-hygiene-antibiotics

Good hygiene techniques could help prevent illness and slow use of antibiotics, says national health institute.

Children and young people need to be taught how to wash their hands properly to reduce the risk of infection, a UK medicines watchdog has advised.

The National Institute for Health and Care Excellence (Nice) said good handwashing and drying techniques should be encouraged to help lower the likelihood of spreading germs and therefore limit the use of antibiotics.


 「手洗いなんて基本中の基本、家庭で教えないのか?」と思われる方、「イギリスの家庭は手洗いをすること、何故しなければならないのかを教えない」、と断言しても反論は来ないだろう。親が外出から戻ると必ず手洗いをすることすらあまり想像できない。

 このようなことが公的に言われなければならないほど、NHSや国の医療予算が逼迫していて、やっと予防医療の重要さに気づいたのか。

 3年ほど前、日本でも報道されたことを覚えている人はいるだろう。

Ugh! Single men change bed sheets just four times a YEAR... and two thirds have 'several' guests stay in that time
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2398721/Ugh-Single-men-change-bed-sheets-just-times-YEAR--thirds-guests-stay-time.html

 寝具のシーツを年に4回しか代えなくても死に至ることはないかもしれない。しかし、この衛生感覚がすべてを説明すると思う。

 以前、公衆衛生に関して同じようなことをポストした記憶があったので、探したらあった。2007年12月のポスト。

イギリス人よ、手を洗おう
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-596.html

 イギリス、もしかしたらイングランドだけかもしれないが、公衆衛生の大切さを自覚するのに10年近くもかかったのか。このポストに張り付けてあるリンクは切れているので、ポスターの画像を添付する。

CatchitBinitKillit.jpg

straplineround.png

[追記:1月28日]
ほぼ一週間、自分のブログに自分でコメントを書き込めない状況になっているので、こちらに返信を。

イレーヌ・ジョリオ さん

 こんにちは。イギリスでも、風邪、インフルエンザ、ノロ・ヴァイルスは今年は大流行しています。日本と違うと思われる点は、ガーディアンの記事でもか書かれているように、風邪とインフルエンザの症状の違いを知らない人が多い、ということだと思います。

 昨日、ある医療関係の方と話す機会があって、その方曰く、「イギリスは先進国の中の途上国」であると。NHSの現場で必死に患者を治療している医師や関係者を非難するのではありません。が、基本中の基本であろう公衆衛生に限れば、イギリスはこの分野の教育が非常に遅れていると感じます。


ハマちゃん さん

 それは、極端な例だったと思いたいです。大きなデパートなどのトイレは以前と較べれば格段に良くなってきていると思います。みたことないから判りませが、乳児用の保護椅子をしつらえているトイレの数はまだそれほど多くないのかなと。

原子力産業が生み出す地域内経済格差:セラフィールド、そして日本企業

2016.12.27
先週、イングランド北西部、カンブリア地方の選挙区の一つ、Copeland選出の労働党下院議員が、突然、辞職した。

Corbyn critic quits as Labour MP, triggering tight byelection race
https://www.theguardian.com/politics/2016/dec/21/corbyn-critic-jamie-reed-quits-labour-mp-byelection-copeland

 コープランド選挙区は以下の地図に。

Copeland.jpg

 地図だけではどこだろうと思う人はいるだろう。地図を良く見ると、ウィンダミア等のよく知られた地名があるのでわかるだろう。湖水地方の隣になる。地図にはでていないが、ランカシャーのランカスター駅からカーライルを結ぶ地方鉄道があり、確か一日4便、片道4時間の旅のはず。

 それで?、と思う人の方が大半だろう。労働党が長年維持してきた選挙区とのことだが、過去数週間にあった2回の補選で労働党は2連敗、しかも惨敗。ジェレミィ・コービンが、政治家として一体何を成し遂げたいのか全く判らない状況では、労働党は良くて辛勝、が、大方の予想は議席を失うと観ているように感じる。

 選挙区の名前がコープランドと知ることができたこと、また今回の辞職、補選と続く政治的なことよりずっと興味を惹かれるのは、東芝が参画することで話題になっている新しい原子力発電所計画地が選挙区内にある事実、そしてセラフィールド。

セラフィールド
http://www.sellafieldsites.com/

ムーアサイド原子力発電所
https://en.wikipedia.org/wiki/Moorside_Nuclear_Power_Station

 今朝のガーディアンに掲載された記事がとても興味深い。

Copeland byelection: 'We are a community of two halves'
https://www.theguardian.com/uk-news/2016/dec/26/copeland-byelection-we-are-a-community-of-two-halves

One of the biggest and most remote in England, Copeland covers 470 sq miles and takes in Keswick and the western Lake District fells, as well as 32 miles of Cumbrian coast, from Millom up to Whitehaven.

On paper, its inhabitants enjoy the third highest salaries in the UK – £721 a week, second only to the City of London and Tower Hamlets, according to the Office for National Statistics in 2015.

But visit Whitehaven, the largest town in the constituency, and the wealth is not obvious. Cafes advertise full Christmas dinners for a fiver and a few miles out of town is the Woodhouse estate, which is within the 3% most deprived wards nationally, where a three-bed terrace still costs just £60,000.

The reason for this disparity lies behind a big fence on a two sq mile site by the coastal village of Seascale: Sellafield, a nuclear fuel reprocessing and nuclear decommissioning site where the Windscale nuclear power station once stood. About 10,000 people are directly employed there, with thousands more in the supply chain, many in highly skilled engineering and scientific jobs.

A further 6,000 are due to be employed in the construction of the Moorside nuclear power station, which is to be built next door in the next 10 years. NuGen, the Japanese-backed company behind the project, says Moorside will bring at least £20bn investment into the UK. “It is an unprecedented opportunity for this part of the world to become the fastest growing part of the UK economy,” said Reed, who is quitting politics for a role as head of development and community relations at Sellafield.


We are a community of two halves,” says Pat Graham, the managing director of Copeland borough council. “As a proportion of our workforce we have got more PhDs per head of population in Copeland than anywhere else in the UK. We have the nuclear-related wealth, which captures the highly skilled and the affluent and the upwardly mobile. But we also have those people who don’t have the ability to access nuclear, so therefore we have the extremes of really attractive, beautiful Lakeland places and poverty and all the challenges that come with deprivation.”

 記事の後半は欧州連合離脱を巡る地元感情の分析になる。個人的に強く興味を惹かれたのは前半の統計が描き出す地域内の大きな格差。

 コープランド選挙区内の給与平均は、全国第三位の高水準。また、一人当たりの住人に占める「博士号」取得者数はおそらくイギリス国内で最も高い割合であろうとのこと。この事実は、使用済み核燃料処理のセラフィールド社、そしてセラフィールドからそれほど離れていない場所に建設が計画されているムーアサイド原子力発電所がもたらず経済の活況によるものであると。しかし、その経済効果がもともと地元で暮らす人達へどのように還元されているのか、また、還元しようとする意志があるのかは不明。

 北欧各国やポルトガルからは、再生エネルギーによる国内で利用されるエネルギーを賄うという報道が徐々にだが増えテイル。他方、イギリス国内では、次々に新しい原子力発電所の計画。その計画に中国資本、日本企業の名前が上がるのがまた興味深い。

アーンサイド(南部カンブリア、鉄道路線はイングランド内の美しい路線の一つに選ばれたことがある)
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1994.html

サイズウェルB原子力発電所見学
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2748.html

セラフィールド by Kraftwerk
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8451885387/in/album-72157632707980377/

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157632707980377/with/8451885387/

 イギリス国内の原子力発電所建設計画、ますます、国際政治の駆け引きの場になっていくように思う。

[追記:12月28日]
東芝の株価急落はイギリスでも報道された。

Toshiba shares fall 20% as nuclear writedown sinks in
https://www.theguardian.com/business/2016/dec/28/toshiba-shares-fall-20-as-nuclear-writedown-sinks-in


孤独であることを受け入れる

2016.12.01
1週間ほど前だったか、朝日新聞がニュー・ヨーク・タイムズの興味深い記事の抄訳を掲載した。

Researchers Confront an Epidemic of Loneliness
http://www.nytimes.com/2016/09/06/health/lonliness-aging-health-effects.html

ほっとけない! 英米でも増えている孤独な老人
http://digital.asahi.com/articles/ASJBX3S3YJBXULPT001.html

 イギリスにおけるサイコダイナミック・サイコセラピィの基礎を築いた一人であろうD.W.Winnicottの理論の一つに、こんなのがある。

Capacity to be alone
https://readingsinpsych.files.wordpress.com/2009/09/winnicott-capacity-to-be-alone.pdf

 これ、普段の生活の中でもとても役に立つ理論だと思うのだが、基本は、周りに誰もいない、物理的に孤独である状況ではなく、誰かが周りに居る時に、自分の内面と向き合える「孤独」について。なので、物理的に一人になってしまっている人に役立つかどうかは判らない。しかし、自分が陥っている「孤独」を見つめる心の弾力性を考えるには良い理論だと思う。

 今週、イングランド南西部、デヴォンで一人で暮らす89歳の男性が地元紙に掲載した広告が全国的に注目を集めた。

War veteran, 89, posts ad for job to stop him 'dying of boredom'
https://www.theguardian.com/society/2016/nov/29/joe-bartley-war-veteran-89-posts-job-ad-dying-boredom

'Bored stiff' Devon pensioner, 89, seeks job
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-devon-38151998

 2年前に長年連れ添った奥さんが亡くなって以来、転居した小さなフラットで一人で暮らしてきたジョー(敬称略)が、退屈で死にそうなほど何も起きない生活から抜け出そうと、地元新聞に「仕事を探している」という広告を2回掲載したそう。どうやら仕事のオファーがあり、今週土曜日からペイントンのレストランで働くそうだ。

Bored pensioner Joe Bartley lands job after work plea
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-devon-38169575

 日本では「若い世代」の孤独に「ぼっち」と名付けておもしろがっているようだが、「孤独」から抜け出せなくなるのはどの世代でも起きること。その孤独と巧くつきあえる人はいるだろう。また長年孤独の生活を送れてきたとしても、何かのきっかけでその孤独から抜け出したいと切望する人も居るはず。

 僕自身、人との付き合いはそれほど濃い方ではない。一人で行動する方が性に合っている、と今は思う。でも、昨年末に日本に里帰りしたとき、ある飲食店で、一人で卓に着かされ、給仕も料理をもってきてくれる時だけで誰とも会話をする機会がなかった時は、つまらなかったな。

 「孤独」が持つ複雑さを理解しない社会だと、ジョーのような人がこれからもでて来るだろう。

Gin Lane 2016: 現代のイギリスは、1751年からほとんど変わっていないのかも

2016.10.21
GinLane1751Hogarth.jpg
(Gin Lane by William Hogarth, 1751)

 ウィリアム・ホガースの原作が創作されて265年に意味があるから、ではなくて王立公衆衛生協会(とでも訳すのか)の創立160周年を記念して、ホガースの作品の中でも21世紀の社会の中でおそらく最も広く知られているであろう「GIN LANE」の2016年ヴァージョンが発表された。

Gin Lane 2016: iconic artwork reimagined for the 21st century
https://www.rsph.org.uk/about-us/news/gin-lane-2016-iconic-artwork-reimagined-for-the-21st-century.html

GinLane2016ThomasMoore.jpg

Shirley Cramer CBE, Chief Executive of RSPH, said: “The original Gin Lane depicts concern with some of the leading challenges to the public’s health in the 18th century – not just alcoholism, but other leading killers of the time including infectious diseases and malnutrition. The leading threats to the public’s health have changed over time, with infectious diseases now supplanted by the growth in non-communicable diseases such as those caused by obesity, as well as a growing awareness of the importance of mental wellbeing.

“On our 160th anniversary, Gin Lane 2016 gives us a valuable opportunity to reflect on the challenges to the public’s health that we now face and will inspire us to find new and innovative solutions to tackle these problems. We hope that when we look back on this piece of artwork in another 160 years, many of the health issues it depicts will be a thing of past.”

Artist Thomas Moore said: “When I contacted the RSPH for this commission, I told them that, as an avid Hogarth fan with an interest in public health, I was the man for the job. After being commissioned for the piece, I can honestly say that I've given it everything. Hogarth was the grandfather of the cartoon, so I treated this project with the respect it rightly deserved. Recreating Gin Lane over the past few months has completely consumed me. Hogarth – I hope you approve.”


Gin Lane 2016

Gin Lane 2016: interpretation notes

The overall scene is the same street as presented in the original Gin Lane, but has been developed and modernised so that it is representative of a typical street scene in London, or indeed anywhere in the UK today.

1. The central character has been reinvented. Where the original depicts a mother who is drunk and too pre-occupied with taking snuff to care for her baby, Gin Lane 2016 instead shows the mother preoccupied with eating junk food, which she has also fed to her child.

2. A pawnbroker is one of the significant and thriving businesses in the original piece. In the modern version, this has been replaced by one of the payday lenders which have become a feature of many high streets, and are perhaps a 21st century equivalent. The desperation of one of the customers leaving the payday lender represents the mental ill health associated with debt.

3. The chicken shop is a representative feature of the obesogenic environment which is at the heart of Gin Lane 2016 – busy, vibrant, and packed full of glum looking customers.

4. The man contemplating throwing himself off the top of a building is a nod to the original in which a barber is seen hanging, having committed suicide because his customers could no longer afford to have their hair cut. Suicide is now the single biggest killer of men under 45 in the UK.

5. The original arch has been converted into Gin Lane tube station, with commuters glued to their smart phones – a depiction of the busy, potentially lonely existence of many Londoners today.

6. Junk food adverts provide another reflection of the ubiquitous power of marketing in our obesogenic environment.

7. The distillery from the original piece has become a busy pub, replete with rowdy drunk customers.

8. A news vendor hands out a paper with another headline about the threat posed by obesity.


Walking down the 21st Century Gin Lane
http://www.bbc.co.uk/news/health-37706566

Obese mothers, payday lenders and chicken shops: Hogarth's classic print Gin Lane is reimagined for the 21st century
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3858902/Obese-mothers-payday-lenders-chicken-shops-Hogarth-s-classic-print-Gin-Lane-reimagined-21st-century.html

 正直な感想は、啓蒙という点から観てホガースの原作と較べると弱い。何より、ほぼ毎日、日常生活の中で遭遇している情景だから、2016年ヴァージョン、全く衝撃と感じない。個人的なことで、最近、食生活とメンタル・ヘルスの因果関係について興味が高まっている。時間のある時に文献を探しているのだが、注目を集めるような大掛かりな研究にまだたどり着けない。

 協会の説明は現代社会での公衆衛生へ悪影響をもたらす要因が、次の160年が終わる頃には過去のものとなっているだろうとかなり楽観的。最近、ネガティヴな思考にならないようしているのだけど、ハードルは高いと思う。

 30年ほど前にモラトラリアムで学んだホガース。大学を卒業して以来、彼の業績について読んだりすることはないのだが、縁があるのか、ホガース縁の地の近所に行くことが増えている。行き易い場所だが、ホガースの功績を知らないと縁があるとは思えない場所。

大英博物館のリンク
http://www.britishmuseum.org/research/collection_online/collection_object_details.aspx?objectId=705186&partId=1&searchText=gin+lane&page=1

オックスフォード大学のインタヴューの質問は?

2016.10.12
ガーディアンのサイトを斜め読みしていた時に目にとまった記事。

Oxford University releases sample interview questions
https://www.theguardian.com/education/2016/oct/11/oxford-university-releases-sample-interview-questions

In a valiant attempt to demystify the notorious University of Oxford interview, the top-ranking institution has released a set of sample questions on which prospective applicants – and everyone else – can test their rhetorical and intellectual skills.

 間違った、というか良くない印象を持たれているかもしれない入学時のインタヴューへの印象を改める為に、質問のサンプルを、オックスフォード大学が発表したとのこと。質問は、

Five Oxford interview questions and five answers
https://www.theguardian.com/education/2016/oct/11/five-oxford-interview-questions-and-five-answers

Modern languages: what makes a novel or play ‘political’?

Medicine: about one in four deaths in the UK is due to some form of cancer, yet in the Philippines the figure is only around one in 10. What factors might underlie this difference?

PPE (and other philosophy courses): what exactly do you think is involved in blaming someone?

Maths: imagine a ladder leaning against a vertical wall with its feet on the ground. The middle rung of the ladder has been painted a different colour on the side, so that we can see it when we look at the ladder from the side on. What shape does that middle rung trace out as the ladder falls to the floor?

Experimental psychology: a large study appears to show that older siblings consistently score more highly than younger siblings on IQ tests. Why would this be?


 質問を一読すると、準備していなければ18歳くらいの学生が簡単に堪えられるものではないように思う。数学の質問は、何を答えるべきなのか僕には全く判らない。

最後の望みはアンディ・マリィ:幸福とは無縁な国、イギリス

2016.07.10
DSC02696.jpg
(7月10日、オブザーヴァ紙のトップ紙面)

今朝のオブザーヴァ紙の第1面の写真のキャプションは、イギリス人の魂の叫びのようだ。

 価値基準が違うのだろうから決めつけることは愚かだが、過去ひと月弱の間にイギリスで起きたことを振り返ると、イギリス人の長所であり、そして短所であるのは、自分が幸せになれる訳がないという、自分自身へのネガティヴな思いをコントロールできない点ではないかとつくづく思う。今年始めに永住帰国したオーストラリア人の友人は、国民投票の結果に、「さすがイギリス。期待を裏切らない、見事なオウン・ゴール!」と。全くそのとうりだ。

 欧州連合離脱の手続きが全く始まらないこともまた、イギリスだなと思う肌寒い日曜日。

一つの言い回しから広がるイギリス人気質への考察:国民投票

2016.06.23
嫌いな言い回しのひとつ、"What's the damage?"をイギリス人はどう思うのかを友人達に尋ねて以来、多くはないが、とても興味を惹かれる返事をもらっている。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2691.html

 昨日、僕よりふた周り以上も若いイングランド人男性の友人から以下の返信が送られてきた。

Dear Koji,

Interesting comments underneath your friends article about other European languages that use a similar phrase.

As the article said it's generally seen as a slightly humorous thing- in one sense it's an ironic play on exactly what you've mentioned- I've chosen to spend my own money, yet am acting as if some kind of calamity has befallen me.

But as I said to you I also think it springs from the reluctance of British people to talk in a direct way about money, or about debt to others. I remember, growing up, that my parents would never answer when I asked them how much money they earned, and it would've been the height of rudeness to ask that question in a social setting.

Jokes are a way of deflecting directness... being too direct is seen as rude. I noticed this a lot when I started working with African colleagues whose use of language and tone is a lot more direct. I thought I was being 'polite' but they saw my way of asking things as very long and indirect. Why would you say 'excuse me I was just wondering if you might possibly do this if you have time?' when you could say 'can you do this?'

Interesting connection you make to the referendum- are British people just miserable?! Or if not miserable do they like to just discuss things in a negative way?

It certainly seems to be a feature of the British character that to be too positive about something is seen as a bit 'off' somehow. In fact I would go further and say that British people generally struggle with sincerity about things...

Fascinating anyway how one little phrase can have so many interpretations and ripple out into so many topics.


 世界が固唾をのんで注目している国民投票が始まった。お膳立てよろしく、昨晩、ロンドンは雷が華々しく鳴り響く夜だった。今、個人的に思うのは、市井のイギリス人がどれだけグローバル化のPros & Consを理解しているのか、グローバル化の激震を乗りこなせる柔軟性をもっているのかどうかが投票結果の一部になって現れるのかなと。

ソーシャル・メディアは個人情報を収奪、濫用する

2016.05.18
ソーシャル・メディアが生活の基本になりつつある現代、それを利用するのであれば個人情報を守ることは個人の力が及ばない領域まで来ているから、あまり神経質にはならない、ということにしている。しかし、最近、ここまでするのかと思うことがあった。

 FBを利用して毎日目に飛び込んで来るのは、「この人を知っているかも?友達申請しよう」という本当に邪魔臭い機能。普段は、全く視界の隅にすら引っかからない。が、数日前、ある名前に驚いた。2001年12月、エジプトを旅行した。そのとき、素晴らしいガイドに巡り会った。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-39.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-38.html

 旅行から2、3年は年に一回くらい彼から営業メイルが届き、律儀に返信していたが、それもなくなった。メイル・アドレスを変えたあとは、全く音信はなかった。にもかかわらず、なぜFBが彼のことを僕の過去の活動の中から見つけてきたのかが皆目判らず、数日の間あれこれ考えた。

 思い至ったのは、FBがここまででかくなる前、数年前、以前のメイル・アドレスから現在のメイル・アドレスへ移行していた頃、別のソーシャル・メディアへの招待を彼から受け取った。ソーシャル・メディアについて全くナイーヴだったが返信はしなかったはず。しかし、彼のそのソーシャル・メディアでの活動歴、つまり誰に招待を送ったかという履歴情報を僕の与り知らない所で共有していなければ、彼の名前がFBで上がって来ることは考えられない。

 個人情報が、もはや個人のものではない事実には驚かない。しかし、ソーシャル・メディアがどうしてこれほどまでに個人の歴史を掘り返してまで人と人とをくっつけたがるのかが判らないことは、とても不気味だ。

 最近読んだ、ネット上で一人歩きする、もしくは本人が全く知らない所で全く別の「個人評価」が本人の存在を凌駕してしまうのではと考えてしまった報道。

Face recognition app taking Russia by storm may bring end to public anonymity
https://www.theguardian.com/technology/2016/may/17/findface-face-recognition-app-end-public-anonymity-vkontakte

Peeple, the 'Yelp for people' review app, launches in North America on Monday
http://www.theguardian.com/media/2016/mar/07/peeple-the-yelp-for-people-review-app-launches-in-north-america-on-monday

 最近のソーシャル・メディアによる支配から思うのは、孫悟空。釈迦から逃れようと何千里も飛んだと思ったのに、釈迦の掌から一歩もでていなかった。僕たちが逃れることのできないのは、釈迦の掌ではないだろう。

若い世代を不安にさせない為に

2016.05.10
日曜新聞の一つ、オブザーヴァ紙にコラムを書いているウィル・ハットン氏。日本にも何度か行っているらしい。先週の日曜、5月8日のコラムの内容がとても深く感じたので、紹介。長くはないけど、全体を読み通さないと、彼が挙げている現代社会に蔓延する「不安」についての課題が伝わらないかも。

Only fundamental social change can defeat the anxiety epidemic
http://www.theguardian.com/global/commentisfree/2016/may/07/mental-health-policy-anxiety-natasha-devon-young-people

We live with an epidemic of anxiety. In 1980, 4% of Americans suffered a mental disorder associated with anxiety. Today half do. The trends in Britain are similar. A third of Britons will experience anxiety disorder at some stage in their life, with an explosion of reported anxiety among teenagers and young adults. Anxiety, depression, self-harm, attention deficit disorder and profound eating problems afflict our young as never before.

Anxiety has always been part of the human condition – as has depression and tendencies to self-harm – but never, it seems, on this scale. A number of trends appear to be colliding. This is an era when everyone is expected to find their personal route to happiness at the same time as the bonds of society, faith and community – tried and tested mechanisms to support wellbeing – are fraying. Teenagers in particular – fearful of missing out – are beset by a myriad of agonising choices about how to achieve the good life with fewer social and psychological anchors to help them navigate their way. Who can blame them if they respond with an ever rising sense of anxiety, if not panic?


 1980年代のアメリカでは、人口の4%が不安に悩んでいた。今では人口の半分。イギリスも同様だ。3割のイギリス人が、人生のある段階で、不安に苛まれる。とりわけ、若い世代が抱える不安や抑うつ、自傷行為はこれまでになかったほどの規模。

 不安、抑うつ、また自傷行為は人間が抱える体調の一部。しかし、現代のようなレヴェルは存在しなかった。全ての人が幸福になることを期待される一方で、相互に支援する為の機能である社会、信仰、そしてコミュニティとのつながりは薄れていく。とりわけ10代は、心理的、そして社会的な礎が希薄な状況で良い人生を得る為に、身を削るような選択肢に取り囲まれている。

Happiness – when individual liberty is seen as all-important – lies in exercising choice and taking responsibility for our own lives. Get the choices right, and self-realisation, self-fulfillment and happiness will follow. Get them wrong and you risk mockery and marginalisation. Teenagers know as never before that they must get their choices right, pass their exams – and many will have 24/7 parents “helping” them in their quest. However, the act of making many choices with necessarily imperfect information perforce induces anxiety and stress – and once they are made, happiness does not automatically follow. Small wonder that teenagers in general, and teenage girls in particular, find the whole experience traumatising – as do their elders, even if they have better-developed emotional and psychological resource to deal with it.

 以前にはなかったことだが、(現代の)10代は、(人生において常に)正しい選択をしなければならないこと、そして試験に受からなければならないことを知っている。そこには、常に親が居る。

Happiness can never result from the exercise of choice alone: we are social beings, and the building blocks of happiness lie in looking out for each other, acting together, being in teams and pursuing common goals for the common good. Families, schools, colleges, unions, newspapers, sports clubs and even firms should all understand that such commonality should be part of their core DNA.

Teenagers, for instance, need parents who understand that parenting is less about being friends with their children – partners in their kids’ exercise of choice. Rather, parenting is about creating strong families in which parents have to lead and exercise authority – havens from the 24/7 intrusiveness of social media.

 幸福は、選択肢を選ぶことから得られるものではない。

 10代が必要な親は「友達」のような親ではない。親であることは、家庭で親が権威を発揮できること、例えば、間断のないソーシャル・メディアの侵略から子供が安息できるような存在。


 酷い訳だ。筆者が書いたことを僕の勝手なフィルターに通すと、親が「親」として子供を導くことが疎かになれば、不安が増大する現代社会において、子供達は不安を克服する、少なくとも不安を抱えながらも生きていける術を得る前につぶれてしまう、と。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.