LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Opera Balletの記事一覧

訃報:Jiří Bělohlávek(イルジー・ビエロフラーヴェク)

2017.06.02
29101505665_d5c42c7c2a_z.jpg
(2016年8月19日、ロイヤル・アルバート・ホール。カリタ・マッティラとハグするマエストロ)

今朝のガーディアンをよんでいたら、チェコ出身の指揮者、Jiří Bělohlávek(イルジー・ビエロフラーヴェク)の訃報が掲載されていた。亡くなったのは、5月31日。

Czech conductor and former BBCSO chief Jiří Bělohlávek dies aged 71
https://www.theguardian.com/music/2017/jun/01/czech-conductor-bbcso-chief-jiri-belohlavek-dies-aged-71-illness

Jiří Bělohlávek, former chief conductor of the BBC Symphony Orchestra, and chief conductor of the Czech Philharmonic, has died, aged 71, after a long illness, the Czech Philharmonic said on Thursday.

“It is with great sorrow that we announce the passing of Jiří Bělohlávek, chief conductor and music director of the Czech Philharmonic … following his brave struggle with a serious disease,” the orchestra said on its Facebook page.


 この記事に貼られている今年、撮影された写真を見ると、全く別人のよう。

Jiří Bělohlávek obituary
https://www.theguardian.com/music/2017/jun/01/jiri-belohlavek-obituary

 イギリスだけでなく、日本でも人気が高かった指揮者。僕はオーケストラだけを聴きに行くのはとても稀なので、彼の指揮を体験したのは昨年のプロムスが最初で最後。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2742.html

The Makropulos Affair review – Karita Mattila's diva glows with breathtaking opulence
https://www.theguardian.com/music/2016/aug/21/the-makropulos-affair-review-proms-2016-karita-mattila-jiri-belohlavek-janacek

 昨年の時点で既に頭髪を失っていたので、病との戦いは既に始まっていたのだろう。そのような体調でなお、ヤナーチェクのオペラを指揮できたのだから、その気力はかなりのものだったろうと想像する。ご冥福を祈ります。

[追記]
今年、2017年10月日本で指揮する予定だったようだ。

訃報/イルジー・ビエロフラーヴェク(指揮者)
https://www.japanarts.co.jp/news/news.php?id=2739

スポンサーサイト

マクロプロス事件@BBCプロムス2016

2016.08.20
8月19日、最後に行ったのがいつだか全く思い出せないBBCのプロムスを観にロイヤル・アルバート・ホールへ。ヤナーチェクのオペラ「マクロプロス事件」の主役をカリタ・マッティラが歌うということで行った。楽しめたのだが、ロイヤル・アルバート・ホールには二度と行かない、そう決めた。

Prom 45: Janacek: The Makropulos Affair

Emilia Marty ..... Karita Mattila (soprano)
Albert Gregor ..... Aleš Briscein (tenor)
Dr Kolenatý ..... Gustáv Belácek (bass-baritone)
Vítek ..... Jan Vacík (tenor)
Kristina, Vitek's daughter .... Eva Šterbová (soprano)
Baron Jaroslav Prus ..... Svatopluk Sem (baritone)
Janek ..... Aleš Vorácek (tenor)
Count Hauk-Šendorf ..... Jan Ježek (tenor)
Stage Technician .... Jiri Klecker (baritone)
Cleaning Woman ..... Yvona Škvárová (contralto)
Chambermaid ..... Jana Hrochová-Wallingerová (contralto)
BBC Singers (men's voices)
BBC Symphony Orchestra
Jirí Belohlávek, conductor
Kenneth Richardson, stage director

A dream team gathers for Janacek's late, great existential masterpiece The Makropulos Affair. This tragic satire is powered by a score that contains some of the composer's most extreme and alluring music.

The Finnish soprano Karita Mattila, acclaimed for her 'electrifying' portrayal of the opera's heroine, Emilia Marty, at the Met in New York, is joined by Czech singers and the BBC Symphony Orchestra's Conductor Laureate Jirí Belohlávek.


2月にベルリンで観た時の感想
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2630.html

 マッティラの歌唱をロンドンで聴ける機会はどんどん少なくなってきているので聴くことができて良かった。ピークの頃と較べれば声の潤いや張りは失われつつあるのだろうけど、コンサート形式であってもまるで舞台を観ているような演技は素晴らしい。

 昨晩、最も驚いたのは、指揮者のイリ・ベロフラヴェクの姿。

スクリーンショット 2016-08-20 7.26.25
 
 抗がん治療を受けたのかなとしか思えなかった。

[追記:8月22日]
ガーディアンのレヴュウ

The Makropulos Affair review – Karita Mattila's diva glows with breathtaking opulence
https://www.theguardian.com/music/2016/aug/21/the-makropulos-affair-review-proms-2016-karita-mattila-jiri-belohlavek-janacek

マクロプロス事件@ドイチェ・オーパー・ベルリン

2016.03.02
スクリーンショット 2016-03-01 17.20.31

ベルリン滞在の週末、バレンボイムさんはブルックナー・チクルスで日本滞在中(http://miklos.asablo.jp/blog/2016/02/01/8016381)。「オペラ」はドイチェ・オーパー・ベルリンで、レオ・ヤナーチェクの「マクロプロス事件」の初日だけ。

http://www.deutscheoperberlin.de/de_DE/calendar/die-sache-makropulos.12679379#

 ヤナーチェクのオペラはこれまでに、「カニング・リトル・ヴィクセン」、「カーチャ・カヴァノヴァ」、そして「イェヌーファ』を観た。正直、どのオペラも完全に楽しめとは言えない。「マクロブロス事件」がロンドンで上演されたのは6年前(http://www.theguardian.com/music/2010/sep/22/the-makropulos-case-review)。主役の女性が300年以上生きているという設定は知っていたし、ロンドンでも滅多に観られないオペラだから観てみるかという後ろ向きな期待を遥かに超える舞台だった。

 あらすじはこんな感じ。

Věc Makropulos マクロプロス事件 あらすじ
http://www31.atwiki.jp/oper/pages/1292.html

 オペラにありがちな荒唐無稽な物語なので、今回はあらすじを含めて最低限の情報を集めると、物語の原作はカレル・チャペックによる戯曲とのこと。これにはやや驚いた。僕にとってチャペックは「ダーシェンカ」の作家なので、このオペラのように複雑な、暗い雰囲気が漂う心理劇が何層も重なっている物語を創作する作家という印象はなかった。

 英語のレヴューは出ないかもしれないなと思っていたが、FTに。

The Makropulos Case, Deutsche Oper Berlin — ‘truly radiant’
http://www.ft.com/cms/s/0/3e463592-d94d-11e5-a72f-1e7744c66818.html

Of all Janáček’s operas, The Makropulos Case is the strangest. One 337-year-old woman. One and a half acts of complex legal discussion. Then it all ends in a blaze of glory with the death of the protagonist. David Hermann’s ambitious new production for Berlin’s Deutsche Oper seeks to make the many layers of Emilia Marty’s complex history visible for the audience, with variable results.

When the action begins in the first act, Kolenatý’s law office is doubled to the left of the stage by a mirror office from 100 years earlier, when the case in question begins. Emilia Marty and her historical self occasionally swap places, as if in some time travel yarn.

For the second act, Hermann brings in a bevy of underwear-clad Emilia Marty clones. These serve to emphasise the way the men have always objectified and attacked the beautiful, increasingly isolated woman, but unfortunately also recall the Stepford Wives. For the third act, they reappear in historical costumes, one Emilia per male character, to drive home the point.

The elaborate concept distracts attention from Evelyn Herlitzius’s compelling performance in the title role. She could have carried the evening alone on a blank stage. Herlitzius makes a cold, detached, yet strangely charismatic Marty, seldom vulnerable, and only truly passionate in the last scene. Here, despite the irritating twitching of the spurious supernumeraries, Herlitzius is revelatory. In her yearning for mortality, you suddenly understand what attracted Janáček to this story, and see the connection to his Cunning Little Vixen, with its autumnal joy in the eternal cycle of life. It is truly radiant.

The production is well-cast and superbly sung, from Seth Carico’s scrupulous Kolenatý to Derek Welton’s loweringly nasty Baron Prus and Jana Kurucová as the impulsive Krista. Donald Runnicles is not the coolly analytical conductor the piece might seem to demand, and eschews precision and transparency in favour of voluptuous sound and sensual lines. That takes some getting used to, but has its own inner logic and — increasingly as the evening progresses — beauty.


 このレヴューを読めて良かったのは、10年以上も前にロイヤル・オペラで観た「リトル・カニング・ヴィクセン」をどうしてヤナーチェクが創作したかったかを理解できた気がする。

 レヴューに書かれているように、主役を演じたソプラノ歌手の方の歌唱、そして演技力は舞台セットがなくてもきっちり物語を完成できたに違いないと思える素晴らしいものだった。名前を聞いたことがない方だったが、ほぼ出ずっぱり(だったかな)で、最初から最後までエミリア・マルティを演じることへの集中力が途切れることはなかった。

 舞台で進行する物語を観ながら考えていたのは、昔から、人類は「不死」への憧れを途切れさせることはない。「不死」にかかわる物語は幾つもあるが、それらの中では、「不死」を望んで、また望まなかったにもかかわらず手にしてしまった人たちと、「不死」になってしまった人たちにかかわる周囲の人たちの人生が「罰」のように描かれる。

 自分の身近な例だと、高橋留美子さんの「人魚の森」や、澤井健さんの「イオナ」かな。特に「人魚の森」では、人魚の猛毒の肉を食べて生き残れた代償として「不死」になってしまった人たちの「死ねない」苦しみ(確か、首を切り落とされない限り死ねない、という設定だったはず)、そして「不死」の人物に巻き込まれて悲しい結末を迎える周囲の人たちが描かれる。

 また、wikiでチャペックの生涯をざっと読んで、台頭するナチスへの反対姿勢を鮮明に表明していたとのこと。物語の発端である、あり得ない「不死」への憧憬の結末にはナチスへの批判が込められていたのかなと深読みをしてみたり。

 あらすじを読んで臨んだとはいえ、物語の進行をきちんと追えた訳ではない。しかし、観られて良かったと、尽きることのないカーテン・コールを観ながら感じた。

 オペラは古くさい芸術形態と思われている人には、オペラは観る側の想像力をかき立てる、今の時代に生きる芸術であることを知って欲しい。今回の「マクロプロス事件」のように華やかなアリアはないが、舞台で進む物語が聴衆の実生活を刺激するようなオペラはけっこう存在する。

 今年の5月下旬から6月にかけて、ロイヤル・オペラはエネスコの「オイディプス王」を上演する。5年前に、ブリュッセルのモネ劇場で上演された演出。

Oedipe
http://www.roh.org.uk/productions/oedipe-by-alex-olle

ブログ仲間のポスト
http://didoregina.exblog.jp/17123678/

 定番オペラと違って、チケット代はかなり安価なので、初夏のロンドンを楽しみ(天気が良ければ)、夜は滅多に観られないであろうオペラで刺激を受けるのは楽しかろうと思う。

アルチーナ@バービカン・ホール

2014.10.12
スクリーンショット 2014-10-11 19.32.43
(10月10日、タイトル・ロールを歌ったジョイス・ディドナート。自分としては、会心の一枚)

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157648564580646/

10月10日、バービカン・ホールでヘンデルのオペラ、「アルチーナ」を。これは、今シーズン、バービカンのアーティスト・レジデンスであるアメリカ人メゾ・ソプラノ歌手、ジョイス・ディドナートによるプログラムの一つ。

The English Concert / Handel Alcina
Joyce DiDonato Artist Spotlight
10 October 2014

http://www.barbican.org.uk/music/event-detail.asp?ID=15889

Joyce DiDonato joins the English Concert in one of her greatest roles, the sorceress Alcina, in this concert performance of Handel’s opera.

Alcina is a sorcereress. She’s also one of Handel’s most complex and fascinating anti-heroines – the undisputed star of this hit of the 1735 London season – and with her brilliant coloratura, Joyce DiDonato is Alcina’s ideal modern interpreter.

There’s a good reason why Handel’s Alcina was amongst the first of his operas to be rediscovered. Written for Covent Garden, it has a compelling plot and richly-drawn characters, prime amongst them the enchantress Alcina herself. Joyce DiDonato’s 2009 recording of the role for Archiv saw her described by Gramophone as “The Alcina we’ve been waiting for…a complex, feminine creature, vain and vindictive”. This second concert of her Artist Spotlight teams her with the English Concert under Harry Bicket and a first-rate ensemble cast that includes the British mezzo Alice Coote.
Programme & Performers

Handel Alcina

English Concert
Harry Bicket director/harpsichord
Joyce DiDonato Alcina
Alice Coote Ruggiero
Anna Christy Morgana
Christine Rice Bradamante
Ben Johnson Oronte
Wojtek Gierlach Melisso
Anna Devin Oberto

 物語は、魔女のアルチーナの魔法によって彼女の虜になっているルッジェーロを、彼の婚約者のブラダマンテが取り戻しにきて、最後はアルチーナの魔法が効力を失う、というもの。ネットで見つけた解説。

http://homepage3.nifty.com/classic-air/database/handel/alcina_syp.html

 荒唐無稽といえばそれまでだが、現代にも通じるように思う。例えるなら、力を失いつつあるかつての権力者が最後の力を振り絞って「若い力」を引き止めようとしたけど、結局、老兵は去るのみの結果に終わる、と。

 オロンテを歌ったイギリス人、ベン・ジョンソンもそれなりによかったのだが、他の歌手の皆さんによる並外れた歌唱、そしてコンサート形式でありながら情感たっぷりの演技で、4時間になろうとする上演時間だったが、素晴らしい舞台。

 もちろん、ジョイス・ディドナートを聴きたいと言うのが最大の購入理由。しかし彼女の他に、現在のイギリス・オペラ界を代表する3大イギリス人メゾ・ソプラノから二人が同じ舞台に。つまり、主要3役が、旬のメゾ・ソプラノ歌手によって歌われるというけっこう稀な舞台であった(もう一人はサラ・コノリィ)。

 ヴィヴィアン・ウェストウッドによるクチュール・ドレスをまとったディドナート。色が地味系だったことと、第1幕では着ていたボレロが、特に肩を強調した甲冑みたいでなんだかなという印象が強かった。が、2幕以降はそのボレロなしで迫真の歌、演技。「座長」という気負いも少し感じたが、彼女の声は、他の歌手も好調でありながら、更にその上を行くような感じ。まるで、声が色を伴って会場中を満たすような印象を強くした。

 ルッジェーロは、アリス・クーツ。1週間前にイングリッシュ・ナショナル・オペラで、同じくヘンデルによる「XERXES」のタイトル・ロールで円熟の歌唱だったので期待していた。ディドナートを引き立てる為にわざと選んだのかと邪推してしまった体型にまったく合っていない衣装をのぞけば、リサイタルよりもオペラでもっと彼女の歌を聴きたいなと。

 ブラダマンテを歌ったクリスティーン・ライスは、先週のタイムズに掲載されたインタヴューによると、2013年は深刻な体調不良に見舞われていたそう。舞台に立つ彼女は以前よりやや細くなり、髪の毛も優等生的な縦ロールからグラマラスなウェイヴィになり、オペラ歌手としての華やかさがました印象を持った。彼女が歌うアリアには超絶技巧が要求されるものではないように感じたが、バロック・オペラもこんなに巧く歌えるんだとちょっと吃驚。

 アルチーナの妹役はアナ・クリスティ。コンサート形式だからだろう、妊娠7ヶ月、もしくは8ヶ月くらいのようだったが、最後まで疲れを見せることなく。第一幕最後にある、彼女の最大の見せ場のアリアでは大喝采を浴びた。

 今回の主要3人は、それぞれロイヤル・オペラの舞台でも観ている。ディドナートのロイヤル・オペラでのデビューはヤナーチェクの「カニング・リトル・ヴィクセン」での脇役。その時の主役はドーン・アップショウ。

 ロイヤル・オペラの「サンドリヨン」で既に競演をしているディドナートとクーツ。僕はその舞台は観ていないが、クーツが「ナクソス島のアリアドネ」に出演した時の印象がよみがえってきたのは、現在のプロダクションの再演の際、ライスが同じ役だったから。そしてそのときライスは、今回のクリスティのように妊娠中で、舞台を観ながらハラハラしていたことを思い出した。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-313.html

 演奏は、先週の「ポッペアの戴冠」に比べるとオーケストラの人数が多くて、華やかさが数倍。そんな中、テオルベ奏者は先週と同じ男性。この方、2013年2月、ウィグモア・ホールでのイェスティン・デイヴィースのリサイタルでも弾いていました。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8513391551/

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1891.html

 イギリスにはこの人しかいないのかと思ってしまう。最後にテレグラフのレヴューと、ディドナートへのインタヴュー(2013年)。

Alcina, Barbican, review: 'Joyce DiDonato is perfect'
http://www.telegraph.co.uk/culture/11156372/Alcina-Barbican-review-Joyce-DiDonato-is-perfect.html

Joyce DiDonato: 'Stop selling opera by dumbing it down'
http://www.telegraph.co.uk/culture/music/classicalmusic/10245140/Joyce-DiDonato-Stop-selling-opera-by-dumbing-it-down.html

ポッペアの戴冠@バービカン・ホール

2014.10.05
メンバーシップの特典だった割引がなくなって足が遠のいていたバービカン。そうなると、どうしても観たいという演目だけを絞ることになってしまったのだが、そのどうしてもの一つが、昨晩セミ・ステイジ形式によるモンテヴェルディの「ポッペアの戴冠」。

Monteverdi L'incoronazione di Poppea
Academy of Ancient Music / Howarth
4 October 2014 / 19:00

Please note: due to a recent cast change, Lynne Dawson will be replacing Anna Caterina Antonacci in the role of Poppea.

Also, regretfully the Academy of Ancient Music’s Music Director, Richard Egarr, has had to withdraw from the concert for family reasons. We are delighted to announce that Robert Howarth will now direct the performance.

Monteverdi’s most sensuous – and scandalous- opera performed in concert by Robert Howarth, the Academy of Ancient Music and a stellar cast.

The story of the Emperor Nero’s intrigues, and the rise of his mistress Poppea is supposedly a cautionary tale. But L’incoronazione di Poppea (1643) tells that story in music of such beauty that audiences regularly find themselves seduced. Robert Howarth directs the Academy of Ancient Music and a world-class cast.

Power corrupts; but love can corrupt absolutely, and Monteverdi’s L’incoronazione di Poppea proves that point in music so dangerously seductive that it can still shock today. Following on from last year’s L’Orfeo, this second part of the Barbican’s three-year Monteverdi opera cycle is the first of three baroque programmes this season exploring the themes of Love, War, Betrayal and Intrigue. The Academy of Ancient Music are joined by leading modern exponents of these roles: Sarah Connolly sings Nerone, while Lynne Dawson's expressive soprano makes her a natural fit for the role of Poppea..


 このプログラムの発表当初、チケットが発売になった時のタイトル・ロールは、カタリナ・アントナッチだった。が、けっこう早い段階で彼女の降板が発表になり、ポッペアはイギリスのオペラ界で著名らしい、でも全く聴いたことのない、リン・ドーソン女史に。

Monteverdi L'incoronazione di Poppea
Semi-staged performance

Academy of Ancient Music
Robert Howarth director
Alexander Oliver stage director
Lynne Dawson Poppea
Sarah Connolly Nerone
Sophie Junker Drusilla/Virtu
Daniela Lehner Amore/Damigella
Marina de Liso Ottavia
Matthew Rose Seneca
Iestyn Davies Ottone
Andrew Tortise Arnalta
Vicki St Pierre Nutrice
Elmar Gilbertsson Lucano/2nd Soldier
Gwilym Bowen Valletto/1st Soldier/Highest Familiari
Richard Latham Liberto/Middle Familiari
Charmian Bedford Fortuna
Phillip Tebb Littore/Bass Familiari


 バロックにありがちな、本来は他愛のない愛憎劇を最大限に拡大した物語はwikiでどうぞ。

日本語
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%88%B4%E5%86%A0

英語
http://en.wikipedia.org/wiki/L%27incoronazione_di_Poppea

10月15日にオペラ・シティで上演される情報。とても判り易い。
http://www.allegromusic.co.jp/POPPEA2014.html

 前夜には、イングリッシュ・ナショナル・オペラによるヘンデルの「XERXES」を観た。どちらもよい舞台だったのだが、出演歌手陣のチャーム/カリスマという点では、「ポッペア」の方が上だったように思う。

 演奏が始まる前にこの夜のパフォーマンスは、Academy of Ancient Musicの創始者で、先日亡くなったクリストファー・ホッグウッドに捧げるとのアナウンスがあった。

Christopher Hogwood obituary
http://www.theguardian.com/music/2014/sep/24/christopher-hogwood

ブログ仲間の椿姫さんのレポ
http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-11934656438.html

 ステイジ上の演奏者は、ハープシコード演奏もする指揮者(若いのに既にかなり太め)を加えても、11人という小編成。しかしながら、演奏される一つ一つの楽器の音が聞こえて満足できた。

 演出家によるセミ・ステイジ式の舞台は階段がしつらえられ、そこに幾つかの椅子が置かれている。こんな階段様式だと階段を登ったり下りたり、また足音がして歌手も歌い難いのではないかと思ったが、実際は、幾人かの歌手は客席を移動しながら歌うなど、視覚的には予想以上に面白かった。

 第1幕、第2幕では、正直、ポッペアのリン・ドーソンには失望感を抱いた。プログラムによると、30年以上のキャリアで日本にもよく行っているそうで、技術は確かだと思う。また、高音域は、失礼を承知の上で、年齢を感じさせない力強さがあり他の旬の歌手達と遜色はなかった。しかし、中音域、低音域になると途端に声から芯が無くなってしまうようで、もどかしかった。ピアニッシモは声が小さくて聞こえなくなる歌い方、というのではない。声が小さくても会場中に聞こえることがピアニッシモの技術だと思うのだが、この点はサラ・コノリィやイェスティン・デイヴィース等の今が旬の歌手の勢いに完全に遅れを取っていたように思う。

 ネローネを演じたサラ・コノリィ。舞台に登場したその瞬間から、「男性」そのものの美しい凛々しさで会場をひれ伏せさせたのではないかと。そのまま宝塚の男役のトップに君臨できるほど。もちろん、歌も素晴らしかった。

 イギリスのみならず、世界で人気のカウンターテノール、イェスティン・デイヴィース。珍しく白のスーツだったのは、敵役のオットーネのキャラクターを立たせる為か。彼にはさして難しい役ではなかったのではないかと感じる、安定した歌唱。

 こんなに巧かったかな、とよい意味で驚いたのがマシュー・ローズ。もう一人よい歌唱だと思ったのはポッペアの乳母、Arnaltaを歌ったAndrew Tortise。彼の経歴紹介によると、近い将来、ロイヤル・オペラでモーツァルトの「ミトリダテ」に出演予定とのこと。このオペラも久しく舞台で観て居ないので楽しみ。

 モンテヴェルディのオペラを生で聴くのは昨晩が初めて。音楽的には、第3幕の盛り上がりが楽しめた。更に面白かったのは、リブレット。人間の狡猾さ、小賢しさ、貪欲さ、身勝手さはローマ帝国時代から全く変わっていないのだなと。ポッペアの戴冠が決まり、それによって自分の地位も上がると歓喜するアルナルタが歌う内容は、現代にもしっかりと通じるものがある。

 物語だけを読むと、ポッペアという女性は性格の悪さでは誰にも負けていないだろうと感じる。昨晩の舞台の大団円、全ての邪魔者を見事に排除し、皇帝の妃の地位に昇りつめたポッペア。柔和な笑みを幽かに、儚げに浮かべるリン・ドーソン演じるポッペアからは、性悪という雰囲気を感じることはなかった。あたかも、「私は何もしていないわ。愚かな人たちが勝手に身を滅ぼして、私は妃になったの」という印象だった。

 そう思ったとたん思い浮かんだのは、京極夏彦の「絡新婦(じょろうぐも)の理」。弁当箱のような厚さのあの小説を説明するのは容易ではないので、ややネタバレ気味に。犯人は、自分の地位を確保する為に、邪魔者同士が殺し合う犯罪を発動するというもの。帰国中に懐かしくなってまた購入して今でも読んでいるので、リン・ドーソン演じるポッペアの柔和な笑みに、犯人の印象が重なった。もしかして演出家の、そのような悪女とは逆の印象を生み出す為にアントナッチからドーソンに変更されたのかと。アントナッチでは、「私は何も悪いことはしていないのよ」という雰囲気を感じるのはとても難しいと思う。

オペラは死なず:モネ劇場のオルフェオの映像を見て

2014.07.16
orphee_3.jpg
(モネのウェブから拝借)

ブログ仲間のレイネさんが、ブリュッセルのモネ劇場が上演したグルックのオペラ、「オルフェオとエウリディーチェ」のことを紹介している。

http://didoregina.exblog.jp/22363512/

 このポストで紹介されているストリーミングは7月29日まで。舞台を観る前にレイネさんによる解説を読んでおくとこの演出の意味がよく判る。

http://www.lamonnaie.be/en/mymm/related/event/323/media/2075/Orph%C3%A9e%20et%20Eurydice/

モネ劇場のウェブ
http://www.lamonnaie.be/en/

 映像を観終わってまず感じたのは、「オペラって、このようなことができる芸術形態なんだ。オペラは限られて人たちだけの楽しみのまま絶滅する芸術ではなくて、普通に暮らしている人たちの生活と密接につながることができる」、と。

 ロイヤル・オペラで7月20日まで上演されているドニゼッティの「マリア・スチュアーダ」の新しい演出への意見がとても面白い。

Your reaction: Maria Stuarda
http://www.roh.org.uk/news/your-reaction-maria-stuarda

 ここに寄せられた多くの意見から感じるのは、新しい演出を嫌悪する人たちは、もしかするとオペラという芸術は自分たちだけのものと思い込んでいるのではないかと。

 18世紀や19世紀に作られた「古典」と呼ばれるであろうオペラを、創作された当時の雰囲気を体験することができる演出で観ることは、それは必要だと思うし、そのような、保守的というのではなく、原作に忠実なオペラを幾つも体験していくことによって、オペラという芸術の歴史や意義への理解が深まって行くだろう。そして新しい演出を通して、別の解釈ができることを体験して行く。

 「マリア」と「オルフェオ」の演出が向いている方向は全く違うから、同じ場で語るのは限界があるかもしれない。しかし、特にモネ劇場の「オルフェオ」は、オペラがdying artではないことを明確に示していると思う。

バレエとオペラに、明日はあるのか?ある(断言)

2014.06.11
先週末、古典バレエとオペラの将来を憂うニュースがイギリス、アメリカであった。

New York's Met opera house on edge of precipice, says Peter Gelb
http://www.theguardian.com/music/2014/jun/06/new-york-met-opera-house-edge-precipice

Metropolitan Opera could go bankrupt in 'in two years'
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-27738482

 規模と知名度において、おそらく世界で最も影響力のあるオペラ・ハウスと言ってもいいであろうニュー・ヨークのメトロポリタン・オペラが、このままでは数年以内に破産するだろうと。

Grand opera is dying along with its increasingly ancient audience, according to Peter Gelb, general manager of one of the grandest operas in the world, the Metropolitan in New York. The renowned 3,800-seat opera house is fighting a losing battle on many fronts, and could face bankruptcy within three years, he says – and the crisis he sees in his own company could be a warning to many other opera houses.

 オブザーヴァの記事では、ゲルプ総裁の悲観論にロンドンの二つのオペラ・ハウスからは反論が寄せられている。ひいき目があるのは承知の上で、ロイヤル・オペラ・ハウス、特にロイヤル・バレエはチケットを購入するのが本当に大変になっているので、ゲルプ総裁の悲観論がロイヤルに当てはまるとは僕も思えない。

 一つ、メトロポリタン・オペラと欧州のオペラ・ハウスの間の大きな違いは、国家予算からの支援。オブザーヴァの記事の下にある数字。

Vienna State Opera

Box office: 98.8% occupancy; €33.1m income; 599,724 tickets sold

Annual running costs: €109m

Government grant: €58.7m

Private donations: €2m

Bavarian State Opera

Box office: 95.2%; €34.7m; 539,827

Annual running costs: €99.3m

Government grant: €61.8m

Private donations: €4.1m

La Scala

Box office: 95%; €32m; 425,000

Annual running costs: €115m

Government grant: €43m

Private donations: €34m

Royal Opera House

Box office: 95%; £37.1m

Annual running costs: £114.6m

Government grants: £27.4m

Private donations: £24m


 メトは個人からの寄付に頼っているから、この差は大きいだろう。しかし、ロイヤル・オペラ・ハウスも安穏とはしていられない。今週、労働党から攻撃を受けた。

Harriet Harman: state-backed arts must reach out to public
http://www.theguardian.com/culture/2014/jun/08/harriet-harman-state-arts-public

Opening the doors to our theatre, and opening minds about opera and ballet
http://www.roh.org.uk/news/opening-the-doors-to-our-theatre-and-opening-minds-about-opera-and-ballet

Labour will cut museums' funding unless they attract more poor children
http://www.telegraph.co.uk/news/politics/labour/10885335/Labour-will-cut-museums-funding-unless-they-attract-more-poor-children.html

 個人的には、ハリエット・ハーマンには、「だったら、サッカーで無駄遣いする人たちに舞台芸術の面白さを労働党は教えてきたのか?」、と問いたい。

 もうすぐイングリッシュ・ナショナル・バレエを引退するダリア・クリメントヴァは、古典バレエが消滅してしまうのではないかと心配している。

Daria Klimentová bows out with plea for classic ballets to be left alone
http://www.theguardian.com/stage/2014/jun/08/ballerina-daria-klimentova-interview-leave-classic-ballets-alone

The ballerina has plans to teach and perhaps to return to Prague to run a ballet company, but fears for the future of classical ballet. Audiences were dwindling and some choreographers mistakenly taking desperate measures – jazzing up productions – to draw in the crowds, she said.

"Classical ballet is already getting smaller and smaller. I hope that it is not going to disappear. But what I see around me is a lot of choreographers who are destroying the classics. I wish that instead of doing Sleeping Beauty in some crazy new way, they would just go and invent their own full-length ballet story."

Klimentová exempts Matthew Bourne's acclaimed and innovative company from her criticism. It has set out to challenge the classics. It is the national ballet companies that annoy her when they attempt to copy Bourne's tricks, rather than concentrating on keeping the traditions alive. "They destroy the magic when they change them, say by putting Juliet in shorts. Maybe I am old-fashioned. I know you have to go forward. But there is a reason why these ballets are called classic. They are magical."

Fresh generations should be able to see a classic Cinderella or Sleeping Beauty, she argues. "Why destroy a masterpiece? That drives me mad."


 彼女の心配はよく判る。古典バレエだけでなく、モダン・バレエやコンテンポラリィ・ダンスを楽しめるようになるには、時間とお金がかかる。本当に好きでなければ、時間とお金を費やすのは大変。長時間、観劇を強いられる古典バレエよりも、手軽(ではないが)に観られると思われている現代物の方が取っ付きいいだろう。
 
 古典バレエも、新古典も、モダンも好きな僕としては、古典バレエが死滅するとは思えない。あれほど想像力に富んだ素晴らしい舞台芸術が死滅するというのは、その国のすべての文化が死滅することと同じ。

 オペラ・ハウスやバレエ・カンパニィが多くの人たちにその舞台を体験できる機会を作る努力は必要だろう。他方、既にオペラやバレエが好きは人は、その魅力を自分の中だけにとどめることは辞めて、回りにその魅力を伝える、一緒に行って舞台の楽しさを共有することがバレエやオペラの将来を明るくする為として、行動してもいいのではないかと思う。

ENO2題:ジュリエッタ、若い聴衆を惹きつけるための企画

2012.10.03
DSCN3350.jpg

栗ごはんが食べたい、そんな秋の深まりを毎日感じるロンドン。

 英語で歌われるのは興ざめと言いつつも、けっこう観に行っているイングリッシュ・ナショナル・オペラ。シーズン2演目目にして、レヴューではとても高い評価を獲得したにもかかわらず、どんなオペラだか皆目分からないであろうために、席が余りまくりのオペラ、「ジュリエッタ」を、2日に観てきました。どんなオペラ?、あらすじは?、と言う方にはこちらを。3年ほど前にバービカンで行われたコンサート形式のものですが、とても判りやすい解説がされています。

http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-10240371608.html

 こちらではファンタジーっぽい印象を持たれると思いますが、僕にとっては、人間の潜在意識の底を手探りで探して結局何も見つからないという印象しかありません。誤解のないように書くと、大変、楽しみました。楽しんだというより、筋を追いつつ、現実と空想の境界の危うさを鮮烈に感じました。特に3幕、夢事務所でのやり取りには、設定は違いますが、胡蝶の夢、もしくはコミック「僕の地球を守って」の人気がピークだった頃に、若い読者の何人かが、コミックに書かれているのは自分の前世かもしれないと思い込んだと言うエピソードが想起されました。あらゆるところにシンボルがこれでもかと散りばめられていて、一度だけでは、理解できたとは言いがたいです。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8050602609/in/photostream

 音楽的には第一幕はつまらなく感じたのですが、2幕、3幕の音楽の美しいこと。リチャード・ジョーンズによる演出も見応えがありました。このプロダクションは10年前にヨーロッパのどこかで使われたものが初めてイギリスに来たとのこと。僕自身のオペラ鑑賞歴を考えると、10年前にこれを観たら拒否反応しかなかったかもしれないです。
 残念だったのは、あまりの空席の多さ。今日、ENOの芸術監督、ジョン・ベリィ氏に質問する機会があったので、この点をどう思うか尋ねてみました。彼はこのオペラの知名度の低さをあげていましたが、それなら僕はチケットの価格設定をもう少し考慮すべきではなかったのかと感じます。

DSCN3351.jpg
(役得。前夜のジュリエッタのセットがそのまま。初めて登ったオペラ劇場の舞台は、意外と狭く感じました)

 で、「ジュリエッタ」ではチケットを売るのに苦戦したENOですが、ここ数年話題作もあり、特に若い世代を、ピンポイントであろうと思いますが、惹きつけている状況をさらに盛り上げる企画を発表しました。企画名は、Undress for the Opera、オペラを観るのに着飾る必要はない、という趣旨です。

John Berry, Artistic Director of English National Opera, joined by Damon Albarn and Rufus Norris, creators of the acclaimed Doctor Dee, which attracted 60% new ticket buyers to ENO, spoke from the stage of the London Coliseum today at the launch of UNDRESS FOR THE OPERA, a new scheme to attract young people and those who would not normally go to opera.

Alongside Loretta Tomasi, Chief Executive of English National Opera, John Berry, Artistic Director, announced plans for the introduction of a series of special informal evenings in the new season, when audiences will be encouraged to come casually dressed, in jeans and trainers if they wish, and the atmosphere will be more relaxed with club style bars serving beer and specially themed cocktails.

Best seats in the house will be held for these evenings at £25 each, which will include in the price a pre-performance introduction, a downloadable synopsis of the opera including Terry Gilliam’s witty ‘do’s and don’t’s’ of going to the opera, and an invitation to a post-performance party with cast and company members.

Undress for the Opera nights are:
Thursday 15 November 2012: Don Giovanni
Thursday 7 February 2013: La Traviata
Thursday 18 April 2013: Sunken Garden
Thursday 13 June 2013: The Perfect American


 毎回販売されるチケットは、100枚のみ。購入の機会を逃さないためにも、以下のリンクから登録しておいた方が良いようです。

http://www.eno.org/undress/undress.php

 会見の場で流された映像では、ギリアムがオペラを初めて演出して大評判だった「ファウストの劫罰」の舞台の模様がたくさん流れたのですが、ウェブ上ではそれはカットされているようで残念。どのようなものになるかの詳細の説明はありませんでしたが、2014年のシーズンに再びギリアムがかかわることがあるかもしれないとのことです。

 前述のベリィ氏と、総支配人のロレッタ・トマシ女史にそれぞれ、「若者世代にしぼるというのは、それはそれで差別じゃないんですか?45歳以上にだってオペラに対してネガティヴな印象を持っている人もいると思うんですが」と尋ねてみました。双方の答えに共通するのは、オペラは一部の人のための芸術ではない、ということをこの企画だけで終わらせるとは考えていない。今回の企画は、ENOの将来へ向けての最初の企画であるとのことでした。

 最後に、せっかくですから今シーズンの注目演目を。11月5日から始まるヴォーン・ウィリアムズの「The Pilgrim’s Progress」の演出家の名前は、Yoshi Oida。確か、フランス在住の日本人舞台演出家・俳優の方ではないかと思います。「春琴」にも出演していたはず。
 2013年2月15日が初日のヘンデルシャルパンティエ「MEDEA」のタイトル・ロールは、イギリス人メゾ・ソプラノのサラ・コノリィ。彼女がでるオペラはすべて高評価なので、これは楽しみです。4月に世界初演となる、オランダ人作曲家 Michel van der Aa (どう発音するんだろう?)による「The Sunken Garden(上演はバービカンで)」、5月には、イギリスでは大ヒット、アメリカでおおこけ(だったはず)した舞台、「エンロン」を手がけたルパート・グールド演出の「ヴォツェック」、そして6月には、来年には76歳になるフィリップ・グラスがウォルト・ディズニィを取り上げたオペラ、「The Perfect American」。これらの間にプッチーニ、ヴェルディ、ロッシーニのオペラがあります。

ファウストの劫罰
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1388.html

真夏の夜の夢
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1397.html

オリンピックを舞台にしたオペラ・アリアのパスティーシュ

2012.05.29
昨晩、サウスバンク・センターにあるクイーン・エリザベス・ホールでMetastasioという人による「オリンピアード」という台本にヴィヴァルディをはじめとする16人の作曲家がそれぞれ作曲した同じ題名のオペラから有名なアリアを集めて台本を通すという趣旨のコンサートに行ってきました。

The Olympics in Opera, Venice Baroque Orchestra

Metastasio: L'Olimpiade presented as a pasticcio with music by Caldara, Vivaldi, Pergolesi, Leo, Galuppi, Perez, Hasse, Traetta, Jommelli, Piccinni, Gassman, Myslivecek, Cherubini, Cimarosa & Paisiello


Venice Baroque Orchestra
Andrea Marcon: conductor
Romina Basso: mezzo-soprano
Delphine Galou: mezzo-soprano
Ruth Rosique: soprano
Luanda Siqueira: soprano
Jeremy Ovenden: tenor
Nicholas Spanos: countertenor

This performance of the complete opera L'Olimpiade in concert features arias by Caldara, Vivaldi, Pergolesi, Leo, Galuppi, Perez, Hasse, Traetta, Jommelli, Piccinni, Gassman, Myslivecek, Cherubini, Cimarosa and Paisiello.

Soon after 1733, when the great Roman poet Pietro Metastasio witnessed the premiere of his libretto L'Olimpiade, a procession of more than 50 composers began to set to music this tale of friendship, loyalty and passion. In the course of the 18th century, theatres across Europe commissioned operas from the Olympian composers of the day, and performances were acclaimed in the royal courts and public opera houses from Rome to Moscow, London and Prague.


 2週間くらい前のテレグラフでCDのレヴューを読み、先週のタイム・アウト誌でこのコンサートを見つけました。当初はコロラチューラ合戦のようなものを期待していたのですが、超絶技巧を誇るだけのものではありませんでした。
 バロック音楽は好きですが、ヴィヴァルディとカルダラ以外はすべて初めて聞く名前の作曲家ばかり。どんなものになるのかの不安を抱きつつ臨んだのですが、とても面白かったです。16人の作曲家のそれぞれのオペラからパートをつなぎ合わせてあるので、統一感はどうなるのかと思ったのですが、通常、バロック・オペラだと必ずあるレチタティーヴォのパートがいっさい無かったことをのぞけば臨場感あふれるアリアが次から次へと繰り出され飽きることの無いコンサートでした。

 未知のオペラだったのでプログラムを購入してあらすじを読みました。呆れました。オリンピックを舞台にしたもとは単純な友情、裏切り、横恋慕の話をよくもここまで複雑怪奇、がんじがらめにできたものだと感心するほど。翻訳しようかと思ったのですが、それだけで2日くらいかかってしまいそうです。

 歌手の皆さんは、粒ぞろいと言えば粒ぞろいなのですが、声にカリスマを感じられる人は二人だけでした。物語では「ズボン役」を演じたロミーナ・バッソはちょっと見怖いのですが、恋と友情に揺れる役を大熱演。低いレンジのコロラチューラをあれほど転がす歌唱を聴いたのは初めてです。アテネを嫌うどこかの王様の娘で、オリンピック競技の賞品にされてしまう女性の役を演じたルース・ロジークは声量も声のクリアさも大きなオペラハウスでも映えるだろうレヴェルだったと思います。

 滅多に観られるものではない演目がきたのも、CDの発売とオリンピックが重なったからでしょう。ロイヤル・オペラのコーラス監督が観に来ていたのは、彼がイタリア出身だからかな。客席は8割くらいの入りでしたが、最後の6重唱が終わって数秒の余韻の後は、万雷の拍手。大陸と違って、イギリスではあまりバロック・オペラを生で聴く機会が無いので、ファンにとってはまたとない貴重な夜だったと思います。

 余談。観たことありませんが、「いちご白書」という映画があります。その中で「サークル・ゲイム」を歌っているバフィ・セント=メアリィが8月7日にロンドンで歌います。メルトダウン・フェスティヴァルの一環で、ロンドンって何でもありだなとしみじみ思える人選。オリンピック期間中は余計な外出は避けようと思っていたのですが、おそらくこれが最初で最後の機会であろうということで、行くことにしました。どんな内容になるのだか、不安でもあり楽しみでもあり。

ビゼー・ダブル・ビル@ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック

2011.11.28
5897.jpg

今晩が初日の、ビゼー作曲のオペレッタのダブル・ビルを観てきた。場所は、ロイヤル・アルバート・ホールの向かいにある、ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック。


Britten Theatre

Michael Rosewell conductor

For our pre-Christmas offering, we present an unmissable double bill of contrasting Bizet operettas, written at either end of the composer’s career.

The wonderfully witty Le docteur Miracle – possibly the only opera to feature an omelette in a starring role! – was written by the 18-year-old Bizet for a competition run by Offenbach to find the next great French opera composer. Needless to say, the precociously talented Bizet waltzed off with the prize for this enormously entertaining romp.

Djamileh is Bizet's penultimate opera, completed just before his final masterpiece Carmen. This tale of an Egyptian slave girl’s attempts to woo her master contains some of Bizet’s most wonderful music, and has been hailed as one of the great expressions of exoticism in music.

With recent RCM productions of operettas by Offenbach and G&S receiving huge acclaim on both sides of the English channel, this is the perfect opportunity to discover a pair of hidden gems.


Tickets: £10, £20, £30, £40


 はじめに上演された「Djamileh」は、滅多に上演されない理由は明らかなほど、音楽が弱い。1時間を超える短いものだけど、最後は飽きた。

 逆に、ビゼーが若干18歳で作曲した「ドクター・ミラクル」は、話はオペレッタにふさわしい軽いもので、音楽はとにかく明るく会場から笑いが途切れなかった。筋書きは「愛の妙薬」にている。英語に翻訳したついでに、おそらく、オリジナルにはなかったであろう笑いの場面を盛り込んでいるようだけど、一緒に上演できる短いオペラ・オペレッタがあれば、世界のオペラ劇場にかけられても不思議ではない。ただ、オペラに人生を懸けているようなファンには見向きもされないかもしれないかな。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.