LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Newsの記事一覧

犯人確保に、顔認証達人警察官@ロンドン

2016.11.06
昨日のガーディアンの付録雑誌の中で思わず読みふけった記事。

You look familiar: on patrol with the Met’s super-recognisers
https://www.theguardian.com/uk-news/2016/nov/05/metropolitan-police-super-recognisers

 記事によると、CCTVの数はロンドンだけで40万代。イギリス全土では4万台を超えるらしい。この記事を読むまでは、CCTVは国民監視社会の象徴に過ぎないと思っていた。しかし、この記事によると、ロンドン・メトロポリタン警察の特別グループ、スーパー・レコグナイザーに配属されている皆さんは、CCTVの微妙な映像を記憶したあとに、街中にでて警察がその行方を追っている犯罪人に確保や、2011年、ロンドンを始めイングランド各地で起きた暴動の映像に写る容疑者の輪郭の特徴を記憶することで、多くの犯人逮捕に貢献したとのこと。

 イギリス各地で起きた凶悪犯罪の犯人逮捕にも貢献したことで、チームの皆さんはドイツのケルンで起きた集団暴行犯罪の犯人逮捕に協力したり、世界から注目を集めているそうだ。

The study suggested that super-recognisers represented the extreme opposite to prosopagnosics – otherwise known as people with face blindness. The authors suggested that just as prosopagnosia affects 1-2% of the population, it was reasonable to assume that another 1-2% were super-recognisers. Those in the unit that Davis is testing are among the top 1% of that group.

 ここで書かれている「prosopagnosia」の日本語訳はwikiによると、相貌失認。英語の方も発音し辛いけど、日本語訳もとても難い。

 記事の最後にあるリンク。

https://greenwichuniversity.eu.qualtrics.com/jfe2/form/SV_1XJKpEw5sy9o01D

 試した結果は、13 of 14だった。ま、記事を読んで顔のどの部分を覚えれば良いのかが判っていたからだろう。

スポンサーサイト

イギリス・リベラル報道(kind of)の危機

2016.05.17
TheGuardian.jpg
(イヴニング・スタンダード紙から無断拝借)

ガーディアン紙の初めての女性編集主幹ということで注目を集めたキャサリン・ヴァイナーさん(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2440.html)。最近、彼女を悩ませていたであろうことの一つは、彼女の前任者、アラン・ラスブリッジャー氏の処遇。編集主幹時代のラスブリッジャー氏は、スノーデン報道のスクープ、ディジタル・メディアへの積極的な進出により、リベラル・メディアの旗手「だった」。編集主幹退任後は、今年の秋に、ガーディアン・オブザーヴァ紙の経営母体(なのかな)のスコット・トラストのトップに就任予定「だった」。

 ところが、最近になってガーディアンの収益が激減している現状をライヴァル紙がこぞって取り上げ、その元凶はラスブリッジャー氏「だった」、という報道が相次いでなされた。で、今夕のイヴニング・スタンダード。

Everything you need to know about the Guardian’s giant bust-up
http://www.standard.co.uk/lifestyle/london-life/fueding-and-financial-meltdown-everything-you-need-to-know-about-the-guardian-s-giant-bustup-a3249961.html

 どうやら、ラスブリッジャー氏の就任は反古になったようだ。僕のように毎日、朝夕、こまめにウェブ上でもニュースを読んでいなければ気づかないかもしれないが、2016年に入って、ウェブ上のコンテンツの数が減少傾向にある。これがパークレィ・ブラザーズが所有するテレグラフ、マードックのタイムズだったら気にしないが、偏向の批判はあれどリベラルなニュースがほぼ何の規制もなしに公衆に開かれているガーディアンの今後がどうなるかはとても心配。

 脱線する。人の功績の実情を知るのは本当に難しいと感じる最近の好例は、前ロンドン市長のボリス・ジョンソン氏の仮面が剥がれつつあること。日本では舛添都知事と対比して「素晴らしい」市長の例として引き合いに出されている。しかし、ジョンソン氏が欧州連合離脱の先鋒に立って以来、彼がロンドン市長時代に隠してきたことが徐々に明らかになってきている。

 危機に陥っているのはガーディアンだけではない。どうしてだか全く理解できないのだが、現保守党政権はBBCがことのほか嫌いのよう。予算の削減等のいじめは恒常的、そして昨日、今日の大きなニュースは、BBCがウェブ・マガジン形式で挙げている料理のレシピ情報を、ウェブ内容をスリムダウンする一環として止める、そしてそれへの社会からの反論。

Save BBC recipe archive petition signed by more than 100,000 people
http://www.theguardian.com/media/2016/may/17/save-bbc-recipe-archive-petition-signed-by-more-than-25000-people

 安倍政権が既に崩壊させたNHKへの不信が視聴者からなんの意見もでない日本はトルコと同じレヴェルだから全くの他人事に感じるだろう。でも、報道が権力におもねるようになれば、国民の「知る権利」は奪われることになると思う。

子供のインスタグラムから、親の脱税摘発

2016.04.19
Flickrへの写真掲載だけでなく、写真を撮るとき全般において気をつけていることがある。それは、写真を通して個人を特定できる情報は可能な限り掲載しない、必要であれば記録から削除する。これは、正直に書くと、写ってしまった人だけでなく、僕個人への予測不可能なプラヴィシィ侵入を防ぐ為でもある。

 パナマ文書http://www.theguardian.com/news/series/panama-papers)の衝撃が世界を駆け巡る今月、ガーディアンで興味深い記事を読んだ。

Yachts, jets and stacks of cash: super-rich discover risks of Instagram snaps
https://www.theguardian.com/technology/2016/apr/03/super-rich-discover-hidden-risks-instagram-yachts-jets

From selfies on super-yachts to posing with private jets, the young heirs of the uber-wealthy have attracted worldwide envy and derision by flaunting their lavish lifestyles on social media.

But these self-styled rich kids of Instagram are, often unwittingly, revealing their parents’ hidden assets and covert business dealings, providing evidence for investigators to freeze or seize assets worth tens of millions of pounds, and for criminals to defraud their families.

Leading cybersecurity firms said they were using evidence from social media in up to 75% of their litigation cases, ranging from billionaire divorces to asset disputes between oligarchs, with the online activity of super-rich heirs frequently providing the means to bypass their family’s security.

Oisín Fouere, managing director of K2 Intelligence in London, said social media was increasingly their “first port of call”. Their opponent in one asset recovery case claimed to have no significant valuables – until investigators found a social media post by one of his children that revealed they were on his $25m yacht in the Bahamas.

Daniel Hall, director of global judgment enforcement at Burford Capital, said their targets in such cases tended to be people “of a slightly older vintage” who were not prodigious users of Instagram, Facebook and Twitter, but whose children, employees and associates often were. The firm recently managed to seize a “newly acquired private jet” in a fraud case because one of the two fraudsters had a son in his 30s who posted a photograph on Instagram of himself and his father standing in front of the plane.


Fools' gold: super-rich Instagram decoded
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2016/apr/04/fools-gold-rich-kids-of-instagram-decoded-investigators-social-media

Cybersecurity firms use social media evidence of wealth in up to 75% of their litigation cases. So when your obnoxious children Instagram a selfie next to your gold-plated Ferrari, they’re telling the world exactly how rich you are. It’s a security nightmare – opening you up to fraudsters, lawsuits and divorce claims alike – but still they persist. So, let’s look at some of the most pervasive Instagram rich-kid tropes, and see what they reveal about the Rich Parents of Instagram’s assets – and how they could be used against them...

 自分で財を成した優秀な資産家ほど、その財を守ること、社会の目から隠すことに心血を注いでいる、と思われる。しかし、その家族や、特に子供世代にとって、自分が生まれた時からある資産を「隠す」ことではなくインスタグラム等のソーシャル・メディアで社会に広めることの方が大切。ということで、親の努力をよそに家族の資産の規模をインスタグラムでまき散らす子供は、税当局にとっては摘発につながる美味しい情報源であると。

 ソーシャル・メディアによる弊害は弱者同士の攻撃の仕合がニュースになることの方が多いが、キャピタリズムの隠匿性を突き崩すこともあるのだなと。

The Independent紙

2016.04.05
DSC00826.jpg
(2016年3月26日)

The Independentが紙での発行を止めて1週間が過ぎた。それまでもじり貧だったが、ネットに移行して僕にとっては一気に存在感が失われた。紙での発行が無くなることはあるだろうが、全てがネットに移行した時、メディアの存在意義、影響力はどうなるのだろうと考える。

最後の紙版の写真(記録として)
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157666688529131

日本国債10年物利回りがマイナスに(2016年2月9日)

2016.02.09
スクリーンショット 2016-02-09 9.46.41
(ガーディアンのサイトをスクリーンショット)

アジア・オセアニアの金融市場の混乱のニュースで大にぎわい。日本の金融に関する場所の端で細々と仕事をしていたのは20世紀の終わりなので国債の利回りについての説明を自分の言葉ではもはやできないが、凄いことになっているようには思う。

'Panic situation': Asian stocks tumble amid fears of new global recession
http://www.theguardian.com/business/2016/feb/09/panic-situation-as-asian-stocks-tumble-amid-fears-of-new-global-recession

日本国債の7割が水没、マイナス金利策で先行のドイツ国債に追い付く
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O29TZE6K50YC01.html

 日本がG7を離脱することもあるかのかと感じるニュース。

金は金があるとこにしか行かない:モディリアーニの絵画をアメックスで払ったビリオネア

2015.11.24
金は天下の回りもの、なんてことは遥か昔に信じることを止めたけど、金は金のある所にし回らないシステムを崩すのはもはや不可能ではないかと信じる報道。

Billionaire earns first-class travel for life by putting Modigliani nude on Amex
http://www.theguardian.com/world/2015/nov/24/billionaire-earns-first-class-travel-for-life-by-putting-modigliani-nude-on-amex

A Chinese billionaire will never have to pay for a plane ticket again, after he accrued a staggering number of air miles using his American Express card to buy a $170m painting.

“In theory, it’s possible to put a ($170m purchase) on an American Express card,” said spokeswoman Elizabeth Crosta. “It is based on our relationship with that individual card member and these decisions are made on a case-by-case basis, based on our knowledge of their spending patterns.”

Liu has an American Express centurion card, also known as the Amex “black card”, an invitation-only card that is given to Amex’s biggest spending clients. The card has no official credit limit – and it earns points, just like most of the cards non-billionaires carry around.

Liu and his wife, in an interview with the New York Times, said they planned to use the points to allow their family to travel for the rest of their lives.

That shouldn’t be a problem, according to Zach Honig, the editor-in-chief of the travel rewards site ThePointsGuy.com. “He’s probably reached that goal with that single painting,” Honig said.


 簡単に要約すると、ニュー・ヨークのクリスティーズでモディリアーニの「横たわる裸婦」を1億7千万ドルで競り落とした中国人ビリオネアは、おそらく彼のブラック・アメリカン・エキスプレス・カードでその支払いをしたであろうと。その支払いによって獲得したポイントで、彼と彼の家族は生涯にわたって、飛行運賃を払う必要なくファースト・クラスに乗り続けられるであろう。

 このビリオネアがどのようにして「ビリオネア」になったのかは知らないし、知った所で何かが変わることなど無い。しかし、お金は本当に存在しているのだろうかと思わずには居られない。

誰が為に企業は儲ける:To whom companies increase their profit

2015.09.23
企業は、誰の為、何故、利益を増やそうとするのか、と考えるニュースが続いたので箇条書きに。

 日本では影響は無いらしい、フォルクスヴァーゲン社の醜聞。

Volkswagen
http://www.theguardian.com/business/vw-volkswagen

「人々の為の車」という名が地に墜ちたな。

 日本では報道されているかどうか調べていないが、小さな製薬会社を所有する、超野心的な経営者が、免疫系不全の薬として長い間、低価格で提供されていた薬の販売権を買い取り、直後に、その価格5500倍にまで上げたと。理由は、元の値段では、利益にならないから。理由の一つは、利益が無ければ、新しい薬を開発できないだろう、と。が、猛反発を受けて価格を再び変更するらしい。二つ目の記事は、製薬会社がどのように価格を決めるかの参考記事として。

Martin Shkreli announces turnaround on 5,000% price rise for drug
http://www.theguardian.com/business/2015/sep/23/us-pharmaceutical-firm-to-roll-back-5000-price-hike-on-drug

UK NHS cancer patients denied drugs due to inflated prices – experts
http://www.theguardian.com/business/2015/sep/23/uk-cancer-patients-being-denied-drugs-due-to-inflated-prices-say-experts

 おそらく世界で最も親しまれているであろう歌・曲の筆頭、「Happy Birthday」は公共のものであるから著作権を要求することはできない、という判断。

Happy Birthday: how popular song became public property
http://www.theguardian.com/business/2015/sep/23/happy-birthday-how-popular-song-became-public-property

 これは今日のニュースでないが、ブリティッシュ・エアゥエイズが、ガトウィック空港勤務のクルーに、給与引き下げを受け入れるか、さもなくば10月31日で解雇。

British Airways Gatwick staff face lower pay
http://www.employeebenefits.co.uk/benefits/pay-/-bonus-and-reward/british-airways-gatwick-staff-face-lower-pay/107481.article

 リンクした記事では言及されていないが、この給与引き下げか、解雇の理由の一つは、膨らみ続ける年金基金の圧縮が目的。で、この計画が上手く進んで、人件費が減り、年金が減れば、経営陣にはボーナスがでる仕組み。
 
 もちろん、利益が無ければ会社として成り立たない。しかし、労働者と消費者から搾り取った利益は誰の為、ということを、消費者と労働者はもっと考えなければと思う。

飛行機の安全性と、競争の少ないルートについて

2015.09.09
1575.jpg
(ガーディアンから拝借)

ラス・ヴェガスで起きたブリティッシュ・エアウェイズの火災事故機に、ガーディアンの記者が搭乗していたとのこと。

British Airways fire: 'We saw the smoke. The smell was bitter. It was time to panic'
http://www.theguardian.com/us-news/2015/sep/09/british-airways-fire-we-saw-the-smoke-the-smell-was-bitter-it-was-time-to-panic

 寄せられたコメントによると、どうやらこのフライトは満席ではなかったようで、それが迅速な避難につながったという見方もあるようだ。トゥイッターでは、非常時には手荷物は持たないことが鉄則であろうに、手荷物を持って避難した人が居ることへの批判があったらしい。それに対して、

I’ve subsequently seen some criticism of them on Twitter but if you weren’t there, how do you know how you would have reacted? People do odd things when they panic.

 頻繁に飛行機を利用する訳ではないが、利用しなければならない時にはBAを利用する僕には他人事とは思えない。7月にトゥールーズからロンドンに戻る時、ロンドンからの便が2時間遅れて、必然的に2時間遅れた。この2年間、数少ないBAにあって、これが3回目の2時間の遅延だったので、さすがに抗議のメイルを送った。返信。

Dear Mr Moriya

Thanks for letting us know what happened when you were travelling with us. I apologise for the delay in replying to you. I'm sorry to learn that your flight to London Heathrow was delayed on 04 July. I completely understand how frustrating it must have been for you, especially as this isn't the first time this has happened to you. I’m so sorry for the problems we caused you.

Our Operations team investigate the reason for every flight delay and this tells us where we’re going wrong. From what you’ve told me about your delayed flight, I absolutely agree we’ve let you down.

We always want to maintain a stable operation and we’ll only delay an aircraft if we really have to, particularly as it affects our customers and their plans. If you speak to a staff member at the airport, or call our contact centres, we’ll do our best to re-arrange your travel plans to suit you.

We're very grateful you've taken the time to let us know what happened when you travelled with us. It’s only through your feedback we’re able to focus on areas where we need to improve, so we can offer you the best possible service. Sometimes it can take time for us to fix the problems we’re having, but we’ll always work hard to make sure they get resolved. Our Executive Chairman, Keith Williams, makes sure we improve continuously across all areas of our business, and I know you’ll see positive changes very soon.


 ここまでマニュアル化された返信も見事だなと。今回の事故の別の記事に、「現在、ヒースローと東京の直行便を運行しているのは3社のみ。競争が少ない現状で、BAが機体整備を怠っているのではないだろうか?」と書き込んだのだが、賛同は得られなかった。

 いずれにしても、今回の事故で犠牲者がでなかったことにはほっとする。

21世紀の難民とスマートフォン

2015.09.09
タイミングよく、朝日新聞がニュー・ヨーク・タイムズの記事を翻訳してくれたので。

スマホは必携 「21世紀型難民」の道案内役
http://www.asahi.com/articles/ASH974RKXH97ULPT007.html?iref=comtop_fbox_d1_01

A 21st-Century Migrant’s Essentials: Food, Shelter, Smartphone
http://www.nytimes.com/2015/08/26/world/europe/a-21st-century-migrants-checklist-water-shelter-smartphone.html?_r=0

 EUを飲み込むかのように押し寄せるシリア、イラクからの難民、もしくは「難民」と称する人々が命をかけて戦地を逃れて来て疲弊した姿でスマートフォを握りしめている写真に違和感を感じる人は多いと思う。ロンドン随一のイスラム・エリアの端で暮らす僕にはその姿は全く普通に写った。というのは、毎日歩く通りに溢れるアラブ系は老若男女を問わずスマフォが耳から、そして掌から離れることはもはや無いのではというくらいそれに頼って暮らしている。
 彼らは、どこかの国のようの他国が作り出した新しい技術を模倣するという無駄なことはせず、その新しい技術を床とコンマで使い倒す。それが、イスラムの教えに敵対する国の技術であっても。

 シリアやイラク、他の国から流れ込んで来る人々がトルコに長く居たがらない理由の一つは、携帯電話の扱いではないかと思っている。トルコをバックパックで旅した、もしくはトルコで暮らす日本人のブログを読むとたくさん書かれているが、トルコに海外の番号の携帯電話を持ち込むと、10日、もしくは2週間くらいで使えなくなる。昨年トルコを訪れた時、現地のイギリス人女性に、それを避けるには携帯電話の番号とパスポート番号を一緒に登録しなければならない、と言われた。そんな厄介な国に金を払って再び行こうとは思わない。
 ちなみに、ロジスティック関連で働く友人によると、トルコへ携帯電話を個人で郵送、もしくは国際宅急便で送ることはほぼ不可能。理由は、トルコ国内の受け取り人は政府が認めた輸入業者としての資格を持つもののみ、という縛りがあるから。なので、ヒッチハイクしていてトルコに入る前の国で携帯を忘れたら、諦めて新しいものを購入するしかないのかも。

 話がずれた。アサド政権による終わりの見えない内戦、そしてダイーシュの残虐行為が横行するシリア国内で、どのようにして人はお金を維持しているのか、というのが僕の疑問だった。それへの回答の一部を昨日見つけた。

'Everyone wants to leave': death of hope drives young Syrians to Europe
http://www.theguardian.com/world/2015/sep/08/everyone-wants-to-leave-death-of-hope-drives-young-syrians-to-europe

In Damascus there is a new industry of “facilitators” who offer advice to Syrians who want to get out. Adnan, a lawyer, has helped 16 people in the past few months and has 22 on standby waiting to go. The biggest group are 17- to 25-year-olds, including students who are about to graduate but have no job prospects. But he has wealthier clients too: a 30-something head of department living in a safe part of Damascus; another man who sold his car for $5,000 – enough for a comfortable trip.

Migranttransport.png
(ガーディアンから拝借)

 NYTの記事に呼応するように、大金を吹っかけていい加減な移動を強いるギャングではなく、様々な情報を入手・駆使してシリア脱出を試みる人々へ情報を提供するビジネスが増えている。記事の最後で、このファシリテイターはこういう。

Adnan, making a living from helping others find a better future, says: “As long as I can afford to stay in Syria, why should I leave?

シリアで暮らす余裕があるのに、どうしてシリアを離れなければならないのか?

 シリアからの難民・移民の影で、イタリアやスペインから欧州に入り込もうとする難民、そして不法移民のことが全く報道されなくなっている。この危機の全景が見え始めたとき、EUが受け入れることになる総数は、現在の報道よりもずっと大きくなるのではと思う。

Iran is Great:ある家族に起きたことから考える、ロンドンは異常なのか?

2015.08.09
昨日、8月8日のガーディアンに掲載された記事。

The family behind the Iran is Great van: 'what happened to us was serendipity'
http://www.theguardian.com/world/iran-blog/2015/aug/07/the-family-behind-the-iran-is-great-van-what-happened-to-us-was-serendipity

 ルーマニア出身の男性、フランス人女性の夫婦、そして彼らのドイツ生まれの二人の息子達は、「Iran is Great」と書かれた家族の車で旅をしている。様々な体験をして家族はイギリスへ。ロンドン中心部の科学博物館の前に車を止め見学を始めた。2時間後車に戻ると、ガラスは壊されていた。

 誰だどうしたとの情報がなかったが、結果として警察がテロリズムの対象として強制的に車内に突入したと。

Cristian particularly felt agitated that the police had not left any note behind, explaining what had happened. “I went to the police station and they accused me of provoking the whole thing, they wanted me to feel responsible for expressing my views about this country, Iran.” He has not received an apology.

Later that day at the station, a policewoman told Cristian in an episode that has since been posted online: “We had to block the road, we had to call out the bomb squad, we had to call up supervisors to come down, we had to close everywhere off because your vehicle was parked in a higher security hotspot in London with that written on the sides. That’s the justification, it doesn’t say ‘Spain is Great’, ‘Italy is Great’, whatever.”

A Metropolitan police spokeswoman told the Guardian on Thursday: “There was a security alert in the Kensington area on Monday as a result of a suspicious vehicle.” When pressed if the police has since apologised, the Met said it has not received an official request of such.


 ルーマニア出身の男性は、警察の行動は理解できるが、少なくとも車に情報を残しておくべきではなかったのか、と。コモン・センスがあれば、本当にその通りだと思う。

 最近のイギリスの公共機関は、きちんと対応すれば労力を浪費することはないだろうにということに全力を費やし、社会で暮らす人々が本当に必要な活動をしているように思えないことが多い。

 どうして世界はこんなに怒りに溢れてしまっているのだろう、と改めて考えるニュース。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.