LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Artsの記事一覧

Revolution: Russian Art 1917-1932:芸術家も絵筆で政治に対峙することを考える

2017.04.17
drboloktqselthidswos.jpeg
ロイヤル・アカデミィのサイトから無断拝借。The Bolshevik by Boris Kutodiev, 1920

会期最終日、なんとか時間を作ってロイヤル・アカデミィ・オブ・アーツの特別展、「Revolution: Russian Art 1917-1932」を観た。見逃さなくてよかった。ボリス・ジョンソンがロシアとの関係を悪化させているから、会期終了前に打ち切りになんてならないように願っていた。

Revolution: Russian Art 1917–1932
https://www.royalacademy.org.uk/exhibition/revolution-russian-art

Renowned artists including Kandinsky, Malevich, Chagall and Rodchenko were among those to live through the fateful events of 1917, which ended centuries of Tsarist rule and shook Russian society to its foundations.

Amidst the tumult, the arts thrived as debates swirled over what form a new “people’s” art should take. But the optimism was not to last: by the end of 1932, Stalin’s brutal suppression had drawn the curtain down on creative freedom.

Taking inspiration from a remarkable exhibition shown in Russia just before Stalin’s clampdown, we will mark the historic centenary by focusing on the 15-year period between 1917 and 1932 when possibilities initially seemed limitless and Russian art flourished across every medium.

This far-ranging exhibition will – for the first time – survey the entire artistic landscape of post-Revolutionary Russia, encompassing Kandinsky’s boldly innovative compositions, the dynamic abstractions of Malevich and the Suprematists, and the emergence of Socialist Realism, which would come to define Communist art as the only style accepted by the regime.

We will also include photography, sculpture, filmmaking by pioneers such as Eisenstein, and evocative propaganda posters from what was a golden era for graphic design. The human experience will be brought to life with a full-scale recreation of an apartment designed for communal living, and with everyday objects ranging from ration coupons and textiles to brilliantly original Soviet porcelain.

Revolutionary in their own right, together these works capture both the idealistic aspirations and the harsh reality of the Revolution and its aftermath.


 ロシア革命当時のソヴィエト国内では、少なくとも、絵画の技術レヴェルは、具象、抽象、アヴァンギャルドの全てにおいて、すでにいまの時代の作品としても通用する高いレヴェルであることがわかる。

 美術史の本流ではありえない見方だろうし、また、この展示の趣旨を考えれば当然なのかもしれないが、個人的にとても興味を惹かれたのは、「自然」を描いた絵画が全体で2作品だけだった。ボルシェヴィキの方針で農民は工場労働者と同じ地位にあることを強調するために描かれた収穫の場を描いた作品もあるのだが、農地は人間の手が入った人工のもの。自然の独自性、美しさ、強さをソヴィエト革命は嫌ったのだろうかと。でも、革命ってそんなものだと思う。革命(というか、ほぼ暴力)の明確な犠牲は人命だが、その陰で同じくらい破壊尽くされるのは「自然」。

 レーニンがなくなり、その後を引き継いだスターリンにより、革命が始まった頃は受け入れられていたアヴァンギャルドは駆逐される。会場の後半で流れていた「共産主義」のプロバガンダ映像を見ていたら、今のイギリス、アメリカ、日本、トルコは同じ道を進んでいるとしか思えなかった。この4カ国だけではないが、国を牛耳る政治家が「全体主義」、言い換えると「管理主義」に走り出すとき、国民は顧みられなくなるのは時代を超えて同じに見える。

 ちょっとそれるが、2008年のあるポスト。

スペインの赤い貴婦人:The Duchess of Medina Sidonia
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-763.html

If she lived in a Communist state, "I would have to accept a whole series of things I don't accept: the loss of freedom of expression, of press, of gathering - precisely the deprivations against which I'm fighting in my own country."

"If I had been born in a free country, I would not have been interested in politics."


 会場で絵を見ながらもう一つ考えていたこと、望んだこと。今、イギリスの欧州連合離脱、予測不可能のアメリカ政府、戦争したくてたまらない政治家の声しか通らない日本、独裁を選んだトルコ等々、世界は1917年以上の混乱の時代を迎えている。そのような時代だからこそ、美術家、芸術家にもっと作品で社会へ声をあげてほしい。それが権力への賛同なのか、反対なのかまで僕がどうこう言えることではない。ただ、社会の変化を、芸術家という特異な立ち位置から社会へ発信してほしい。

スポンサーサイト

Anish Kapoor@Lisson Gallery

2017.03.30
32929495513_4910cff81f_z.jpg
(とても気に入った、Tongue 2016という連作の1枚)

明日から一般展示(無料)が始まるアニシュ・カプールの新作を観てきた。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157681922408566

 彼の作品を観る度に、美しいという感覚よりも、「Art」を体験しているという感覚の方が鮮明。レヴューでは、シリコン性の巨大な「彫刻」が注目されている。抽象画はあまり好きではないが、今回のプリミティヴな印象のある絵画群には惹きつけられる。

Anish Kapoor
http://www.lissongallery.com/exhibitions/anish-kapoor--15

Anish Kapoor, one of the most influential artists of his generation, presents a major exhibition of new work at Lisson Gallery London, marking his sixteenth exhibition with the gallery. The show explores the affective nature of painting from the multiple perspectives of Kapoor’s varied working practice. His works evince overlapping dimensions, at once image and object, illusion and representation, substance and skin, surface and depth.


The exhibition debuts three large-scale, amorphous, hybrid forms that exist somewhere between paintings, sculptures and anamorphic objects. These signal an important development into sculptural objecthood from the expressive silicone ‘paintings’ that premiered in the artist’s last London show two years ago. The exhibition features work further exploring the shift between two and three dimensions, including a pair of red stainless steel mirrors – employing different types of reflectivity – as well as a number of significant gouache works on paper made over the past six years.

The artist’s actions, whether by hand or fabrication, simultaneously build and tear apart the substance of the world, veiling and unveiling its image. These latest developments relate to and expand on a series of experiments with painted silicone that Kapoor has been working on for many years, but showing only recently, including the triptych of paintings Internal Object in Three Parts (2013-15). This work was first exhibited at Lisson Gallery London in 2015, and then travelled to the Rijksmuseum, Amsterdam later that year and were shown alongside a wider selection at MACRO, Rome from December 2016 until April 2017.

The exhibition foregrounds a maroon-red palette of colours, darkening to an earthy black, continuing his interest in the interior void and the ‘dirty corner’ of the world’s material and psychic realities. Even his concave polished mirrored works are here complicated by a coating of hazy matte colour with a seductive satin surface, which blurs and softens the reflection of space including the viewer. A rare presentation of recent works on paper sees Kapoor utilising paint to similar, visceral effect. Ranging from the apocalyptic and abstract to transcendent and gestural, the leap from paper to object is palpable without these works being containable as drawings or studies towards larger pieces.

Kapoor has been represented by Lisson Gallery since 1982. This will be his sixteenth exhibition at the gallery, which this year celebrates 50 years of working with artists and making exhibitions. In May, the artist presents his celebrated installation Descension, a perpetual black whirlpool, in Brooklyn Bridge Park, as part of the Public Art Fund’s 40th anniversary celebrations in New York.


 最寄り駅はエッジウェア・ロード。ちょっと複雑だが、ベイカルー・ラインのマリルボーン駅から歩けば、エッジウェア・ロード北側の、慣れていないと不安になるかもしれない緊張感を避けることはできるだろう。

2015年、ヴェルサイユでの展示
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2528.html

Anish Kapoor flaunts use of "world's pinkest pink" despite personal ban from its creator
https://www.dezeen.com/2016/12/30/anish-kapoor-uses-stuart-semple-worlds-pinkest-pink-despite-ban/

3人のジャコメッティ:チューリッヒ国立美術館

2016.09.06
スクリーンショット 2016-09-06 13.47.49
(作品に関する全ての著作権は、Kunsthaus Zurichに帰属する)

8月最後の週末、バンク・ホリディの連休を利用してオーストリアのシュバルツェンベルクで催される「シューベルティアーデ」のリサイタルを観てきた。車を運転できない僕には着けないことも無いが、ロンドンから無理してリサイタル当日に移動するのはリスクが高く思えたので、前日、チューリヒに宿泊。チューリッヒで観たかったのは、Kunsthaus Zurich(チューリッヒ国立美術館)。

http://www.kunsthaus.ch/en/

 スイスの国民的画家であるらしいフェルディナント・ホドラー、何故だか判らないが常に興味を惹かれるレジェ、シャガールの暗い側面を知ることができる幾つかの絵画と、予想以上に面白い美術館だった。

 中でも自分にとって遅い発見だったのが、芸術家のジャコメッティが、少なくとも3人居たという事実。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157670197268233

 最も知られているアルベルト・ジャコメッティ、彼の父ジョヴァンニ、ジョヴァンニの従兄弟のアウグスト。作風や目指した芸術は違うのだとは思うが、ひとまとめにしてみるとなんだか共通する雰囲気を見いだせるような気がしてくる。

 これまでずっと観ないまま敬遠してきたアルベルト・ジャコメッティの作品をコペンハーゲンのルイジアナ近代美術館で遭遇し、今回チューリッヒで観たことで、敬遠してきた気分が溶けてきた。間違っているのだろうけど、日本の古い木彫、特に如来像等の立像から感じる雰囲気を見いだせるよう気がした。

クラシカル音楽イヴェントでも、厳重警戒:バイロイト

2016.07.28
国際イヴェントではなかったこともあるし、また、テロ犯罪がドイツ南部で連続して起きる前だったこともあり、インゴルシュタットでの「イドメネオ」の会場では厳重な警戒態勢など全く無かった。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2718.html

 今週から始まった(らしい、興味ないから知らなかった)バイロイト音楽祭を観に行く友人が音楽祭事務局から届いた情報を教えてくれた。

 フェスティヴァル事務局から、警備を厳しくして警察官を配置するので、常に身分証明書を携帯してほしいといった事前メールと郵送の手紙が届きました。

 これだけ無差別な犯罪が続くと、不特定多数が集まるコンサートのようなソフト・ターゲットの警戒が厳しくなるのは仕方ないのだろう。昨日7月27日付けのタイムズ紙の文化面に、クリスティアン・ティーレマンのインタヴューが掲載されていた。降板したアンドリス・ネルソンスが指揮をする予定だった「パルジファル」の演出で、イスラム風のヴェイルを被る女性が舞台に出てくるらしく、リハーサルの段階で厳重警戒がしかれたと書かれていた。

 ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスは数年前に荷物検査を止めていた期間があったが、おそらくパリのテロ以降だろう、入場の際の手荷物検査が再会され、現在も続いている。

 芸術が如何に人々の暮らしと密接に結びついているかを知らない人達によって引き起こされた惨事の結果としてこの厳重警戒が続くことは、致し方ないのだろうけど、納得しがたい。

 芸術を共有できるのは平和だからこそ。そして他の人達とともに平和を築いていく意志は、芸術によって培われる。

インゴルシュタット4:アウディ、夏コンサート(Audi Sommerkonzerte)

2016.07.27
スクリーンショット 2016-07-27 16.26.38

インゴルシュタットに行った最大の目的は、クリストフ・プレガルディャンが歌うオペラを観たいからだった。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2718.html

 評価の高いマリナ・レベカがエレットラを歌い、指揮はケント・ナガノとくれば日本語情報は無くても少なくとも英語情報はあるだろうと期待していた。ところが、このコンサートの歴史的背景はもとより、プログラムの英語訳、チケットをどう購入するかの英語訳も見つけられなかった。駄目元で日本語でも探したのがだ、日本のあるアウディ・ディーラーが数年前のコンサートの情報を挙げていただけだった。

 個人の楽しみで行くのだから関係者に会う必要は無いのだが、少なくともブログにもう少し詳しい情報をポストできればと思い、まず、アウディ本社の広報にメイルを送ってみた。自動返信が来ただけで、何もなし。

 大企業の文化イヴェントだからアウトソーシングで担当者が居ないのかなとは思った。で、いくら車に興味が無くてもアウディの名前くらいは知っていた。ということで、アウディ・ジャパンが何かしらの情報をもっているかと期待した。もっていなかった。

 最後に、Audi SommerkonzerteがFBアカウントをもっていたことを思い出して、メッセイジを送ったらやっと返事が来てこの夏コンサートの責任者、ゼバスティアン・ヴィーザー(Sebastian Wieser)氏が、コンサートの翌日なら時間があるということで話を伺うことができた。

http://www.audi.de/de/audi-artexperience/sommerkonzerte.html

 アウディ・夏コンサートが始まったのは1990年で、昨年が25周年記念だった。始まった当初はベルリンのあるラジオ放送局と一緒に運営していた。しかし、アウディ社内で、社内でこのような文化イヴェントを運営する人材を育てる意識が高まったこともあり、2003年(もしくは2004年)に提携を解消し、以来、アウディがすべてを運営している。


 ヴィーザー氏が担当になって10年。例えば、今回の「イドメネオ」は4年前から準備をしてきた。プレガルディャン父息子やマリナ・レベカのように国際的に評価の高い歌手の予定を考慮するのであればそれぐらいの期間が無いと実現は難しい。でも、今回、例えばあなたのようにわざわざロンドンから観に来てくれる人が居て、素晴らしいコンサートだったと思う。聴衆だけでなく、全ての歌手が楽しんでくれたのがよく判り幸せな夜だった。

 何故ドイツ語以外の情報が無いかというと、基本は、アウディが地元の為におこうなイヴェントだからだ。インゴルシュタットの労働人口の3割以上がアウディで働いていることから判るように、インゴルシュタットはアウディに頼っていると言える。他方、アウディもインゴルシュタットの労働力が無くては成り立たない。この夏コンサートは、アウディがインゴルシュタットとその周辺地域への還元(ヴィーザー氏が使った言葉はオブリゲイションだが、義務という意味合いではないように感じた)といえるだろう。

 だから、ドイツの他の地域から観客が来ることは、まあ、あり得るだろう。しかし特に夏、クラシカル音楽のイヴェントだけでなく、ロックやポップスの大きなイヴェントが各地で開催される欧州で、海外から来る人がインゴルシュタットの夏コンサートを目指してくることは考えていない。なので、本当にロンドンから聴きに来る人が居るのか確信できなかったんだ(実際、コンサート会場では、英語を喋っている人はほんの数人程度だった)。

 実際の所、チケットは完売にはなっていない。競争は激しいし、何より、現在の不安定な時代に、何ヶ月も先のコンサートのチケットの購入を躊躇うのは不思議ではない。アウディ・夏コンサートでは、若い世代にクラシカル音楽をもっと気軽に聴いてもらえる為に、15歳以下は一律€10−で販売しているんだ。

 マエストロ・ナガノがアウディ・夏コンサートに加わるのは今年が3年目で最後の参加になる。マエストロは合唱を取り入れることに熱心で記憶に残る企画を実演できたと思う。来年もオペラをプログラムに入れる予定だけど、詳細はまだ言えない。

 クリストフ・プレガルディャンが出演するので知った「東京・春・音楽祭」(http://www.tokyo-harusai.com/)のように、日本でも長期で開催されるクラシカル音楽のイヴェントは増えているのだろうと想像する。しかし、企業主催でこれほどの音楽イヴェントは、日本はおろか、イギリスでもないのではないかと思う。日本だと、イヴェントの運営を社員の無料奉仕で賄おうとする可能性が高いだろうから、それならやらない方が良いとは思う。

インゴルシュタット1: アウディ博物館

2016.07.20
スクリーンショット 2016-07-20 6.11.15
全ての写真の著作権は、アウディ社に帰属する

ドイツでの日曜日はほとんどの店が営業をしないそうなので、アウディの本拠地ではあるけれど小さな地方都市のインゴルシュタットでの日曜日、何をして過ごそうかとしばし悩む。ミュンヘンに行ってコンサートに遅れでもしたら元も子もないので、とりあえず、街の地図にくっきり記載されているアウディ・フォーラムまで行ってみるかと。

http://www.audi.de/de/brand/de/audi-forum-ingolstadt.html

 行ってまず驚いたのは、日曜日の午前10時に案内所が開いていた。とても不遜だが、次に驚いたのは案内所の女性係員の流暢な英語。インゴルシュタットで聞こえるドイツ語が全く理解できず、また街中で英語を喋っている人も皆無。砂漠でオアシスをたどり着いたような気分。

 博物館も既に開いているし、本社ビルで新車も観られると案内される。まず、博物館へ行った。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157670230405670/

 友人や知人によると、ロンドンは高級車が普通にたくさん走っていて、興味深いそうなのだが車に興味が無くポルシェとフェラーリの区別もできない僕が楽しめるだろうかと思った。しかし、とても面白かった。車だけでなく、アウディ社による自転車やモーターバイクのデザインが時代の流れの中でどのように変化していくかが非常に面白かった。

 車好きの人達は、ドイツを車で回って各地の自動車メイカーの博物館を巡っている様だ。アウディ・フォーラムでは平日に行くと工場見学もできるとのこと。ミュンヘンに滞在して半日旅行でインゴルシュタットへ行くとしたら、アウディ博物館を訪れるのは街巡りの中で選択肢の一つだと思う。

パリ・オペラ座からの「チケット割引購入」メイルから考える、欧州の苦境

2016.07.19
スクリーンショット 2016-07-19 6.41.21

週末、アウディの本拠地であるインゴルシュタット滞在中、パリ・オペラ座から以下のメイルが届いていた。

Dear Sir,

The Opéra national de Paris is offering you a special opportunity to discover its programme of ballets and operas during your next visits to Paris. Choose one or more performances from the selection below and enjoy a 20%* discount.

Book your tickets now!

The public relations department


スクリーンショット 2016-07-19 6.46.56

スクリーンショット 2016-07-19 6.47.13

スクリーンショット 2016-07-19 6.47.28

 週末、アウディの夏コンサートの責任者から話を聞いたとき、あのドイツですら、文化行事への行政からの支援が減らされているとのこと。過去18ヶ月の間に3度もテロが起きたフランスは観光客が激減以上。チケットは売れるのだろうけど、「あの」パリ・オペラ座ですらチケットが売れなくて困惑していることは、現在、欧州大陸を覆う将来への不透明感を際立たせていると感じる。

草間彌生の新作@ヴィクトリア・ミロ、ロンドン

2016.05.31
スクリーンショット 2016-05-31 12.45.52
(@Victoria Miro)

5月25日からロンドンのヴィクトリア・ミロ・ギャラリィで始まった草間彌生さんの新作展示を観てきた。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157668246834780/

 鏡のインスタレイションは、それぞれの中にいられる時間は30秒だけ。また作品管理の為であろう、一人だけで入れることはない。2人、もしくは3人が同時に中に入る。ということで、2人とか4人で行くのが無難だろう。

 イギリスの批評では、同じような作品が続くからであろう「セルフ・パロディ」という後ろ向きな評価がでている。しかし、日常の中に現れる非日常を簡単に、そして深く味わえるのであればセルフ・パロディでは終わっていないと思う。無理だろうが、カボチャの鏡の部屋には3分間くらいはじっとたたずんでいたい。

草間彌生さんのインタヴュー@ガーディアン

2016.05.23
1996.jpg
(ガーディアンから無断拝借。現在の写真ではないと思う)

先週の土曜日、5月21日のガーディアンの雑誌に草間彌生さんのインタヴューが掲載された。今週の水曜日、5月25日からロンドンのギャラリィで新作が展示されることにあわせての様だ。87歳の草間さんがロンドンに来てこのインタヴューを受けたとは思えないので、おそらく電話か書面によるのではと推測する。

Yayoi Kusama: ‘A letter from Georgia O’Keeffe gave me the courage to leave home’
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2016/may/21/yayoi-kusama-interview-artist

Born in Japan, Yayoi Kusama, 87, studied painting in Kyoto before moving to New York in 1957. She has staged polka-dot orgies and naked anti-tax protests; her work spans painting, drawing, sculpture and performance, as well as literature, fashion and product design. Her latest paintings, pumpkin sculptures and mirror rooms are showing at the Victoria Miro gallery in London from 25 May. Since 1977, she has lived voluntarily in a psychiatric hospital in Japan.

When were you happiest?
I am always happiest when I am making my art.

What is your greatest fear?
Solitude. Though I have a fear of death, I’d like to keep my spirits high enough so as not to fear this.

What is your earliest memory?
Making paper works with polka dots painted with my fingers when I was a very little girl.

Which living person do you most admire, and why?
I am in my ninth decade, so most people I have admired are no longer alive.

What is the trait you most deplore in yourself?
When I am not working, my thoughts can turn very dark.

What is the trait you most deplore in others?
Violence and intolerance.

Property aside, what’s the most expensive thing you’ve bought?
I don’t have much need for possessions.

What is your most treasured possession?
My next painting.

What do you most dislike about your appearance?
Nothing.

What is your guiltiest pleasure?
Eating cake.

If you could bring something extinct back to life, what would you choose?
I don’t know if I want to bring something back, but I would like to see nuclear weapons become extinct in my lifetime.

Which book changed your life?
When I was young, a stroke of luck led me to a book with paintings by Georgia O’Keeffe. I dreamed of going to America and escaping my family, even though I knew no one there. After seeing her paintings in this book, I wrote to her. She responded with great kindness and generosity. Her letter gave me the courage I needed to leave for New York.

What is the worst thing anyone’s said to you?
My mother did not want me to be an artist. When I left for New York, she told me never to set foot in her house again.

Is it better to give or to receive?
Give.

What do you owe your parents?
Not much. I had a miserable childhood. My father was unfaithful and my mother was angry and violent.

What or who is the greatest love of your life?
My love for humanity and for the world has always been the driving force and energy behind all that I do.

What does love feel like?
Look at my art: all my life, I have been expressing love through my art.

What keeps you awake at night?
I am an insomniac, so I often draw and write at night.

What song would you like played at your funeral?
Yayoi Kusama’s Manhattan Suicide Addict.

Tell us a joke
I don’t know any. But pumpkins have always made me smile: they are the most humorous of vegetables.


 ストックホルムでは、北欧巡回展示が6月11日から始まる。

ルイジアナ近代美術館での写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157663314087230/

バービカンでジブリ特集

2016.05.02
スクリーンショット 2016-05-02 10.19.06
(バービカンのサイトからスクリーン・ショット)

最後に行ったのがいつだか思い出せないほどのバービカン。まだメイル登録してあったようで、「スタジオ・ジブリ」の特集のメイルが送られてきた。

studio ghibli forever
http://www.barbican.org.uk/film/series.asp?id=1608

 バービカン、スタジオ・ジブリの映画には大変好意的なので、いつか、近いうちに「カリオストロの城」をもってきて欲しい。おそらく「スタジオ・ジブリ」でないだろうから難しいかもしれないが。

風立ちぬ」をみた時の感想
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2224.html

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.