LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Photo(s) of the dayの記事一覧

晩秋に輝くロンドン

2017.11.17
24606528208_50a40454ec_z.jpg

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157687464892112

 寒かったけど、とても素晴らしい天気だった。忙しさが気にならないほど、ロンドンを楽しんだ。


スポンサーサイト

ロンドン、晩秋の「残照」

2017.11.13
38361939662_f1749c905b_z.jpg

長い月曜日の終わりに、ちょっとホッとした。歌詞を入れたいが、ある団体が監視しているからできない。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/

ロンドンの錦秋

2017.10.01
37395956022_d5f2a5b645_z.jpg

日本で暮らす日本人の感覚からだと、「これが錦秋?」だろう。でも、街路樹や公園が徐々に深い黄色に染まっていくのを見ると、秋だなと。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/

歳をとること:イングリッド・バーグマン(薔薇)

2017.09.17
薔薇は君より美しい。

 昨年だったかな、ミクシィのあるコミュニティで薔薇は何度も花をつけるということを教わった。ということで、今年は最盛期だけでなく、何度となくリージェンツ・パークに通い、花の勢い(と言っていいのだろうか?)は徐々に落ちていく印象だが、枯れては花をつけるバラを楽しんできた。

 その中で、見るたびに印象が深まるのが、イングリッド・バーグマンと名付けられた赤い薔薇。往年の名女優の名をこんな風に引用するのが理にかなっているかどうかはわからないが、咲いた花は散っていくのだな、と。

37285092785_6348ac03d7_z.jpg

36470419243_4ae8bed42b_z.jpg

Allure Magazine Will No Longer Use the Term "Anti-Aging"
https://www.allure.com/story/allure-magazine-phasing-out-the-word-anti-aging

Is it time to ditch the term 'anti-ageing'?
https://www.theguardian.com/fashion/2017/aug/17/is-it-time-to-ditch-the-term-anti-ageing

 綴りが違うのは、ブリティッシュ・イングリッシュとアメリカンの違い。

Anti anti-ageing
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157686755568773

The Observer紙で、写真が選ばれた!

2017.07.09
日曜新聞紙の一つ、The Observer。本紙の他に、The New Reviewという特集や文化情報を掲載するセクションがある。その中の「Charts & puzzles」では、毎週、テーマに沿った写真を読者に呼びかけている。

 今日、2017年7月9日のお題は「peaceful」。すぐに、これを思い出した。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/15222451295/

 構図は有り体に言えば普通だし、焦点も完璧できではない。だが、雰囲気は感じられるだろうし、ウェブ掲載までは到達できれば嬉しいなと思っていた。

 フラットに戻って真っ先に広げた紙面に、自分の写真を見つけた時の嬉しさ。メディアで言えば、僕は今でもまだ、紙世代であることを感じる。

The Observer 9th July 2017a

The Observer 9th July 2017b

The Observer 9th July 2017c

 ちなみに、オブザーヴァ紙にはこのお題で224枚の写真が送られたようだ。その中から選ばれた4枚のうちの1枚なのだから、カタツムリのスピードであろうとも、写真の撮り方が上達しているのだろうと信じよう。

 ある友人からは、「あまりにも君から写真が送られてくるから、ここで一度掲載しておいて、これから少なくとも1年は送るな、ということを言われるかもよ」。そうかもしれない。でも、嬉しさは変わらない。

[追記]
It's oh so quiet: readers' photos on the theme of peaceful
https://www.theguardian.com/community/gallery/2017/jul/09/its-oh-so-quiet-readers-photos-on-the-theme-of-peaceful

 来週のテーマは「bubbly」。日本からなら、バブル時代のジュリアナ東京の写真とか、気泡が鮮明に見える温泉の写真というのもいいかなと思う。名前を登録しておけば投稿は日本からでも可能なはず。

 2018年から、ガーディアンとオブザーヴァは共に今の形式からタブロイド判へ移行することが発表されている。現在の紙面で続いている企画の変更や廃止はあるだろう。この読者参加の写真企画もどうなるか知らないので、興味のある方は年内に投稿しておいたほうがいいかもしれない。

Today we’re announcing a significant change to the way you experience the Guardian in print: from early 2018 we will move the Guardian and The Observer to tabloid formats.

Over the past six months, we’ve been thinking hard about how we can continue to deliver great journalism to readers through our print editions. At the same time, we’ve also been examining every cost across our organisation, as part of a three-year plan to make the Guardian financially sustainable.

The introduction of the Berliner format in 2005 was a historic moment for the Guardian, and we won award after award for our world-class design and innovation, including world’s best-designed newspaper twice in three years. It is a beautiful format.

We believe there will be a market for quality print journalism for years to come, but declining circulations mean that printing the Berliner is becoming increasingly expensive. Moving to a tabloid format will allow us to be far more flexible in responding to changing print demand. It will allow us to save millions of pounds each year, helping us to become financially sustainable so that we can keep investing in the most important thing: Guardian journalism.

This plan is the outcome of careful consideration, reader research and planning. Early research with some of our most loyal readers has been positive. We have spoken to print readers who have told us clearly that it is the great journalism, photography, graphics and design that they value, not the shape and size of the newspaper. We are going to create a tabloid Guardian and a tabloid Observer that are bold, striking and beautiful. Input from our readers, members and subscribers will be crucial.

The Guardian has signed a contract with Trinity Mirror, who will take over printing and distribution of our newspapers in the new format. If you are a print subscriber, your subscription service will continue as usual.

More people than ever before are reading and supporting the Guardian’s journalism. Today’s announcement further cements our commitment to produce the Guardian and The Observer in print for the foreseeable future – but there’s no doubt that this is a significant moment in our history. The print industry continues to evolve, and we must keep evolving with it.

Katharine Viner, editor-in-chief, Guardian News & Media
David Pemsel, chief executive, Guardian Media Group


「7年目の浮気」2017年7月ロンドン・ストリート・アート・ヴァージョン

2017.07.04
35676716616_316d36bae3_z.jpg

先週まではマリリン・モンロー(のような表情)だったように覚えているから、昨晩、誰かが上書きしたのかなと。

 ロンドン市内、多くの人が行き交う通りの角だからメイ首相が見咎めるとは思えないのもある。が、街中で見かける政治家への風刺は、一般市民の野次に切れてしまう首相がいる日本や、天敵のメディアを叩きのめす映像を「大統領」様が堂々と垂れながすアメリカと比べたら、イギリスはほんの少しまだましなのだろう。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/35676716616/


雲の造形:龍の巣は、こんなだろうか?

2017.06.21

暑い日に必要なのは、冷たいビールか、元彼(彼女)の冷たいハート

2017.06.15

ロンドン中心で、藤が満開

2017.04.19
33986632681_c1160cd050_z.jpg


写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157679585870623

 ロンドンでは、庭園だけでなく、住宅地でも見ごたえのある藤がある。今年は、冬から春にかけて晴天が多いので、もしかしたら開花、満開が早いだろうと思っていた通り、毎年楽しみにしている藤がすでに満開だった。

春の青空に映える木蓮

2017.03.22
33438050721_b3952401fd_z.jpg

先週はまだ堅い蕾のままだったチャーターハウス・スクウェアの木蓮がほぼ満開だった。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157678251661964/with/33438050721/

 もちろん、日本の桜を観たい気持ちに変わりはないが、ロンドンの春は次々に色とりどりの花が咲くので楽しいし、こんな所にと驚くような街角で満開のモクレンや桜(のような花)を発見するのは楽しい。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.