LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

BrokenBritainの記事一覧

Broken Britain 2016 [4]: イギリス人の飲酒習慣、悪化の様相

2016.03.08
スクリーンショット 2016-03-08 21.02.19
(テレグラフのウェブからスクリーンショット、収入と飲酒量のチャート)

イギリス人はパブでビールを時間をかけてたしなむ、というのは既に笑い話的にあり得ないというのはイギリス国内に居ると判ること。で、新しい統計資料が発表になり、イギリス国内で250万人もの人が、一週間の飲酒のリミットを一日で消費しているとのこと。

2.5 million Britons smash through weekly drink limit in single night
http://www.telegraph.co.uk/news/health/news/12187610/2.5-million-Britons-smash-through-weekly-drink-limit-in-single-night.html

“What is really worrying is this belief that exists that alcohol is relatively safe, even at binge levels, so people are ‘rewarding’ themselves with large quantities.

“We have got to change the culture where reward equates to storming the bars to binge drink, or drinking excessively at home on a regular basis, because of the serious health issues in the years to come.

“Unfortunately having a good time is still synonymous for many with getting drunk.

“At the Priory we see people who consume alcohol in bars and pubs as if they were visiting Starbucks for a coffee.

“For young people, we see them drinking alcohol like water, just to rehydrate.

“For older people, often under considerable work and financial stress, there is more solitary binge drinking which is also highly dangerous, because there is no one keeping a check on levels.

“There’s this common feeling among people we see of ‘keep calm and carry on – and keep drinking.’

It has created an atmosphere whereby people who once enjoyed an occasional glass of wine now finish a bottle and sometimes open another.

“One former patient said she could remember the panic that she would not have enough bottles, so she switched to wine boxes, then cases.”


 「プライオリィ」というのはロンドン南西部にあるプライヴェイトのメンタル・クリニック。飲酒等の問題を起こした著名人が極秘に治療を受けることも多い。

 観光で、そして仕事で訪れてイギリスはたくさんのことを提供する国であることは疑いはない。しかし、ことに飲酒に関しては、「紳士・淑女の国」という印象は持たない方がいいかもしれない。

スポンサーサイト

Broken Britain 2016 [3]: ロンドンで急増するラフ・スリーパー

2016.03.06
5616.jpg
(ガーディアンのサイトから無断借用)

 昨年の夏くらいからだろうか、ロンドン中心部でラフ・スリーパー(つまり、ホームレス)の数が増えているのではと感じていた。毎日ではないが、新聞紙上でホームレスの人達が短期で暮らせるホステルの閉鎖や、ロンドンの行政区が確保しているソーシャル・ハウジングが予算削減で激減しているとの報道を頻繁に読んでいる。

Gimme shelter: stories from London’s homeless
http://www.theguardian.com/society/2016/mar/06/homelessness-rough-sleepers-interviews-westminster-london

 ロンドンで特にその数が増えているのは、ウェストミンスター区。裕福な地方行政区としては常にトップ・グループの一つ。何故裕福かというと著名な企業やエンタメ業界が密集しているから。

The following interviews are the result of two days spent in the City of Westminster: the UK borough with the highest population of homeless people. Most of the men and women we spoke to were regularly sleeping rough, and all of them acknowledged a recent surge in numbers among rough sleepers; a claim resoundingly backed up by recent statistics. Throughout the UK, rough sleeping has risen by 30% in the past year, and according to the Greater London Authority, 7,581 people slept rough in London at least once between April 2014 and March last year; a figure that has doubled in five years, and doesn’t include the hundreds more “hidden homeless”, who don’t show up on official statistics.

While many of the people we met were understandably reluctant to be photographed or featured in a newspaper, they all spoke articulately about the particular conditions of their homelessness: the misfortunes that led them to the street, the statutory blind spots that make them exempt from or ineligible for immediate help, the numerous personal and legal obstacles between them and a warm place to sleep. Some with resignation, some with disbelief, all the interviewees expressed the lack of sympathy or respect they receive, from local councils, from the police, and from ordinary passersby.

Immigration has played its part in increased homelessness in London, with an estimated third of the capital’s rough sleepers coming from eastern Europe. A greater problem, however, is the dearth of formal accommodation to combat the deepening crisis. Hostels, run by local authorities to provide immediate support for rough sleepers, are constantly oversubscribed and, thanks to persistent funding cuts, increasingly being forced to close. Equally problematic is the dramatic decline in stocks of social housing, leaving fewer and fewer long-term solutions to individual homelessness.

Only one of our interviewees is female, a fairly accurate representation of the demographics of homelessness. Sophie Balaam, of homeless charity the Connection at St Martin’s, told me that only one in 10 of the charity’s clients are women, these women being “especially vulnerable” and more likely to suffer from mental health issues. The actual number of homeless women is probably much higher than this statistic suggests, but studies by the homeless charity Crisis have shown that women are less likely to seek help or even allow themselves to be seen on the streets. It goes almost without saying that mental illness and substance abuse are locked in a vicious circle with homelessness, each enabling and aggravating the other.

Perhaps the most striking aspect of these interviews is the sheer variety of testimonies we encountered. No two stories are similar, and there seems to be no predictable or formulaic path from a comfortable home to a life on the streets. There are as many ways of becoming homeless as there are homeless people, in other words, and almost no one is immune. It is important to recognise that the thousands of homeless people who share our cities differ from us only in terms of their misfortune, and deserve to be acknowledged and accounted for, not dismissed, despised or ignored.

The one characteristic our interviewees do share is that, one way or another, they are being failed by the systems that exist to protect them. They have fallen though holes in the social safety net, and are unable to clamber back up. Some have failed to qualify for priority accommodation, some have despaired of the interminable bureaucracy they face when seeking social recognition, some have special needs, which the support system in its current state simply cannot meet.


 記事の前段を読んで考えることは、行政がほぼ機能停止なのではという点。ホームレスになってしまう前に何度も踏みとどまれる機会があっただろうにと。

 全てのインタヴューを読むのは大変かもしれない。その中で、ジェインの部分を転載しておく。

I’ve been in London since last May, and you wouldn’t believe the amount of grief and aggro I’ve been given by the police. On one day, I was checked against the criminal register 10 times. A lot of homeless people are drinkers, rude, abusive, and they tar everyone with the same brush.

This is Troy – he’s my best friend. He’s a polecat, and I saved him from being put down. The lady who owned him couldn’t afford his vet’s bills, and his brothers and sisters kept attacking him, because he was the runt of the litter.

It’s very hard being a woman on the streets – there’s so much to cope with, keeping myself safe, keeping Troy safe. I sleep in a car park, but you always have one eye open. The other night a big homeless guy was threatening me – clenching his fist and asking for money. A man walked past and I said: “Can you help? He’s trying to rob me,” but the man just walked away. Then a woman came and stood with me for 20 minutes, until the guy left me alone. I thought it was funny that the bloke wouldn’t stop and help, but the woman did.

I was a chef for eight years, but my circumstances changed and I had to quickly move away from where I was. If I manage to get in some place, get settled, I’d like to make wedding cakes for a living. Recession or no, people won’t save on their wedding cake.

People often stop and talk to me – they say I’m too young, too well spoken to be homeless. I came to London because I thought that as there are loads of hostels, I wouldn’t have to live on the street. How wrong I was. I spent a few nights in a place for the recently homeless called the Hub, but they kept moving me around and then they said Troy couldn’t sleep inside. The other people there were all men and they kept saying he smelled. I just said: “If he can’t sleep here, neither can I”, and that was that.

I tend to keep myself to myself because of the situation I was in before I came here – I don’t trust other people. It’s lonely, but Troy makes it easier – he gives me something to wake up for. People say to me: “You should give him to someone who has a home”, and I think, so it’s fine for people to have dogs that they leave alone in the house for nine hours a day, but this is unacceptable? I give him all the attention he deserves. Tomorrow’s his first birthday. I know it sounds sad, but we’re going to have a party.


Broken Britain 2016 [2]: 海外暮らしで外国語話せないイギリス人

2016.03.06
5300.jpg
(イギリスが肥満大国まっしぐら、というのは大げさではない)

 6月23日に行われる「EU圏を離脱するかどうか」の国民投票を前に、その欧州で暮らすイギリス人社会では不安が増大している、というのは理解できる。今朝のオブザーヴァの記事は、100万人ものイギリス人が暮らしてるらしいスペインから。

Brexit anxiety stalks the Costa del Sol: ‘If we quit Europe, Brits won’t buy here’
http://www.theguardian.com/politics/2016/mar/05/brexit-costa-del-sol-spain-eu-referendum

 記事の中で驚き、そして納得したのはこの部分。

Audrey, a neatly dressed woman in her late 80s who has come in to the bar for her daily tonic water, has been in Spain for 37 years. “And not a word of Spanish,” laughed Lisa Richards, 46, who works for a Spanish real estate firm and is fluent.

 海外の同国人コミュニティで暮らしていて、その土地の言葉を話せない、話さないというのはイギリス人に限ったことではない。と判っていても、37年もの間スペインで暮らして、「not a word of Spanish」ってどうかと思う。

 イギリス人相手に商売している人たちは、暮らしていける為に必死で働いているにもかかわらず、そして商売を成り立たせる為に言葉を話せるにもかかわらず、投票の結果次第で将来がどうなるか全く判らない。

 「年金がどうなるか不安」で、でも30年以上も暮らしているスペインで、「スペイン語が話せない」というのは、それはおかしいだろう。

Broken Britain 2016 [1]: 無意味に高すぎるCEOの給与

2016.03.06
昨夜から今朝にかけて、ガーディアン/オブザーヴァで、とても興味深い記事を3本読んだ。どれも、取り上げている分野は全く違うが、現在のイギリスがじわじわ冒されている病を想起させる。一緒に挙げるとインパクトが薄れるかと思うので、短くなるが一つづつポスト。

 まずは、ロンドン・スクール・オブ・エコノミィによる、イギリスの大企業、とりわけFTS100のCEOの給与パッケイジは異常なくらい高すぎる、という研究報告。

Pay for UK bosses is ‘absurdly high’, top headhunters admit
http://www.theguardian.com/business/2016/mar/05/pay-for-uk-bosses-absurdly-high

Britain’s chief executives are wildly overpaid, and there would be no negative impact on the economy if their salaries were slashed, a groundbreaking study of the country’s top headhunters reveals.

The London School of Economics report is a damning indictment of the state of executive pay, and comes as an analysis of FTSE 100 company accounts shows that the average pay package of a top CEO is now £4.6m a year.

Interviews with the top 10 international recruitment firms behind 70-90% of chief executive appointments in recent years found a consensus among so-called corporate kingmakers that levels of remuneration for the most senior executives are “absurdly high”.

Headhunters claimed that, for every appointment of a CEO, another 100 people could have filled the role just as ably, and that many chosen for top jobs were “mediocre”.


 現在のイギリスの大企業のトップに払われている給与パッケイジは異様なくらい高異。その給与を減額しても、イギリスの経済状況へのネガティヴなインパクトはない。
 
 FTSE100の企業のトップの給与平均は460万ポンド!、しかしCEOをヘッドハントする側からみると、そのトップ・ジョブに就く人の多くは「大したことのない」人物である。

Max Steuer, reader emeritus at the LSE and author of the new research paper, Headhunter Methods for CEO Selection, published in the Journal of General Management, said there was little evidence that lower pay would see a “brain drain”, as has been suggested.

In Denmark and other continental countries, the CEOs don’t get this high pay but they don’t seem to leave. The idea that if their pay were lower, British executives could show up in New York and say we would like to have your jobs, is a little implausible. I think the best way of thinking about it is that performance plays very little role in the selection process. Contrary to people saying these chief executives are ‘unusually able’, we don’t find any evidence of that.


 (前半、給与水準が下がると自分のキャリアにネガティヴなインパクトがあると考える人が多く、また企業側も無意味に高額な給与パッケイジを提示する)企業のトップの給与水準が下がると、「ブレイン・ドレイン」が起こるといわれるが、そのような証拠はほとんどない。
 デンマークや大陸の他の企業では、企業のトップにこれほど高額な給与を払っていないし、それに不満で仕事を離れる人は居ない。

“There is much less of a ‘global market’ than people claim. The problem here is really systemic. It’s not just the headhunters’ fault. Institutional investors, company remuneration committees, pay consultancies and CEOs themselves could all show greater restraint.


 市場で言われているほど、「グローバル・マーケット」は存在しない。


 イギリスでは大企業だけではない。チャリティのCEO、地方行政トップ、大学総長の給与パッケイジが首相よりも高額というのはざらだ。理由は、「グローバル・マーケットから優秀な人材を確保するには、これくらいの給与を提示しないと探せない」というもの。

 噴飯ものの言い訳だといつも思っている。「これだけの給与じゃなければやりたくない」という人材は採らなければ良いだけ。その仕事をしたいという人は常にマーケットに居るし、それが人材、そして企業や行政の活性化につながると思う。

ブロークン・ブリテン8:常識が常識でなくなる社会

2010.01.26
ブロークン・ブリテンhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-category-37.html)」を続けるなら次はアフガニスタン戦争のことを思っていましたが、戦争について書くならもっとしっかりとした考えを持って書いてみたい、でも、それはいつのことになるのか。他方、一外国人の考えを書いてみたところで、イギリスのことを本当に理解して書いているのか、との逡巡はいつもあります。

 でも、昨年後半からまだひと月も経っていない2010年にかけて、「叩く、戦う相手が間違っていないか」、ひいては「20世紀の常識は、21世紀の常識として機能しないのか」と思うことが幾つかあったので、簡単に。


 昨年10月、The Sunday Telegraphで以下の記事を読みました。

Pensioner questioned by police after complaining about gay pride march

http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/religion/6424895/Pensioner-questioned-by-police-after-complaining-about-gay-pride-march.html

 イングランド東部のイースト・アングリア北部に位置するノーフォーク県に住む敬虔なキリスト教徒の女性は、彼女が住む町で開催された同性愛者団体によるパレイドについて、キリスト教徒の視点での抗議の手紙を行政に送りました。手紙を受け取ってから数ヵ月後、二人の警察官が女性宅を訪れ、彼女の手紙は、「hate crime(憎しみを増長する犯罪とでも)」とみなすことが出来、最悪の場合、犯罪として扱われるであろう、と伝えたそうです。
 テレグラフの記事によると、確かに女性は差別的な単語を使ったそうです。でも、個人の意見を行政に伝えただけで犯罪者として扱われる社会って、いったいどういうシステムでその行政機構は運営されているのか。当事者の片方である、同性愛者の立場向上を推し進める団体すら警察の行動はやりすぎだとしています。

 記事の後半に、女性が助言を求めたキリスト教団体の代表者の言葉があります。

"For democracy to survive people must be free to express their beliefs – yes, even unpopular beliefs – to government bodies without fear of a knock at the door from the police. It's not a crime to be a Christian, but it increasingly feels like it."


 宗教の是非については、最近目にした(Atheistらしい)アメリカの思想家、メンケンの言葉を考えている僕には首を突っ込みたくない題目。一方で、この老齢の女性が社会に危害を加える人物かどうかなんて、1秒後に何がどこで起こるのかまったくわからない今の世界では、誰にもわからないこと。でも、行政に向かって何もいえなくなる社会は、それは「民主主義社会」なのか、と。

 二つ目は友人から聞いた話なので、固有名詞の表記はしません。アート関係に友人・知人が多い僕の友人が親しくしている、ちょっとボヘミアン的な女性画家に降ってかかったまさに、災難。
 その女性はすでに70代後半。体力の衰えはあるけれども、体調がよければ絵を描き続けているそうです。ロンドン中心部の割に、その女性の家は静かな場所にあり、小さいながらも前庭があるそうです。
 長らく飼っていた猫が、年齢から来る衰えで食事量が減り、前庭で静かに過ごすことが増えてきたので、女性は獣医に連れて行くことをやめました。最期がきたらそれは猫の寿命と割り切って暮らしていたそうです。そのことは、彼女の家族・友人は知っていました。

 ところが、彼女の飼い猫への態度を「飼育放棄」と決め付けた隣人が、動物愛護チャリティとしてはもっとも著名な団体のひとつに報告し、その団体は画家の女性を「動物虐待者」として法廷に訴えたんだそうです。
 資金がふんだんにあるその団体への反論は、一人の市民として暮らす女性にはとても困難なこと。結果、今後猫を飼うことは認められず、今後1年間は昼間外出するときには足首に電子タグをつけなければならなくなったそうです。
 電子タグをつけるということは、その女性は法廷から「犯罪者」と宣言されたということです。虐待しても居ない猫を虐待したとわめかれた挙句が、「犯罪者」。僕が法廷とその動物愛護団体に尋ねたいのは、ひとつだけ。「他にやることないんですか?」。

 僕の友人の話自体が本当かどうか、と問われれば僕は友人を信じていると言うことしか出来ません。本当に、何が現実で何が非現実なのか、見極めがしづらくなっているように感じることが、僕自身たまにあります。
 そのような状況を考慮しつつも、虐待しても居ない猫を虐待したと決め付けれたことで、一般市民が凶悪犯罪者と同じ電子タグをつけられるイギリスという社会に、自分の常識が揺さぶられるということに恐怖を感じます。


 上手くつながるかどうか自信ないですが。昨年のクリスマス・ディに未遂に終わったアメリカの飛行機テロを受けて、イギリスでは新しいスキャナーが導入されることになっています。

Full body scanners may break child pornography laws

http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/terrorism-in-the-uk/6933898/Full-body-scanners-may-break-child-pornography-laws.html



 確かに、スキャナーの精度は素晴らしく、丸見え。そう、人権団体の皆さんが仰るように、このスキャナーによる画像がインターネットに流れるなんてことはあってはならない。でも、そんなこと、言わなくても誰もがわかって当然なのでは。
 民主主義の国だから、そう、言いたいことがあればそれは許されるべき。でも、僕はこの見出しを見たときは、「Where is common sense?」と思わずにはいられませんでした。
 ここで戦うべきなのは、インターネット犯罪者や小児性愛犯罪者、ではなく、テロリストではないのか?個人の尊厳を力づくでスキャナーに剥ぎ取られるこの状況を作った大本はテロリストでしょ、と。今のイギリスで目にするのは、小手先のことだけに時間、人材、資金を費やすばかりで、大本は見て見ぬ振り、あたらず触らずで結局は何も変わらない。結果として社会が築き上げてきたコモン・センスこそが間違いだった、そんな風潮が社会のメイン・ストリームになりつつある印象が強まるばかりです。

ブロークン・ブリテン7:持ってしまった者と、持てなかった者

2009.09.23
今年の春、The Daily Telegraph紙が放ったスクープ、多くの下院議員が議員への補助制度を悪用・乱用していた、しているというニュースは日本でも報道されました。一番悪用されたのは、ロンドンに住まない議員たちによる、セカンド・ハウスの家賃補助と、ローンにかかる利子免除の優遇制度でした。検索すれば、いくらでも記事が出てきますので、ここでは大々的にキャンペインを行ったテレグラフ紙の頁をリンクしておきます。

MP’s expenses
http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/mps-expenses/

 テレグラフが政治家による「裏切り」を報道し始めた当初、超保守のテレグラフの立場からすれば当然といえば当然ですが、矛先は労働党に向けられていました。ブラウン首相と彼の主要閣僚への攻撃が一段楽したところで、保守党議員の公費悪用を出し始めたのですが、丙丁つけがたいほどひどいことが判ったようで、その後は党に関係なく際限なく出てくるという状況でした。無視、もしくは無関心を装っていたほかの報道機関も、さすがに追随しなければならかなった、というのが僕の印象です。

House of shame
http://www.guardian.co.uk/politics/2009/may/10/houseofcommons-mps-expenses-gordon-brown

MPs' expenses: how scoop came to light – and why journalists fear a 'knock on the door'

http://www.guardian.co.uk/media/2009/may/18/mps-expenses-how-scoop-came-light
(これは、どのような経緯でこのスクープがテレグラフにわたったか、というもの)

 このスキャンダルで、僕自身が一番驚いたことは、結局文字通り辞任に追い込まれたのはマイケル・マーティン下院議長だけで、税金を悪用し、公費の返還を渋々した多くの議員たちは、来年であろうと予想される総選挙までその地位に留まっていること。さらに開いた口がふさがらなかったのは、もっとも貪欲に家賃補助を貪り取った労働党の女性議員が言ったとされる発言:

 私は何も間違ったことはしていない。こういう制度があることがそもそもの間違い。それに、私がやったことが間違っているなんて、国会の経理職員は言ってくれなかったもの。私が悪いわけじゃない。

 この女性議員、次の総選挙では、労働党からの出馬は認められないようです。

 このテレグラフの報道は、もうひとつ、イギリスの闇を改めて浮きぼりにしました。国会から、過去1年、各議員が使ったとされる経費が発表されたとき、その公式文書の多くの詳細な数字は、黒く塗りつぶされていました。なぜかといえば、デイタ・プロテクションです。

 これほど大規模なものでは有りませんでしたが、2008年はじめに、ある保守党議員による職権乱用が報道されました。彼の家族を職員として雇用したことにして、その実、雇用されたはずの彼の息子たちは給料が払われていたにもかかわらず、何もしていなかった。

Shamed Tory MP who paid £1.5million to his family to quit (but not before he earns £120,000 more)
http://www.dailymail.co.uk/news/article-511202/Shamed-Tory-MP-paid-1-5million-family-quit-earns-120-000-more.html


(このクリスマス・カードも経費から)

 もちろん、僕はこのデレク・コンウェイ議員については報道からしか知りません。裕福でない地域の労働者階級家庭で育ち、苦労した後、国会議員にまでなった。中流階級出身の奥さんと家庭を築き、子供たちに最良の教育の機会を、とここまでは美談でしょう。
 現実は、今の暮らしを維持するため、教育費を払うための経済的余裕がなかった。政治家だけでなく、どの階級の、どのような家庭でも起こりうる状況だとおもいます。一般市民とコンウェイ議員の違いは、彼が何らかの特権を「持ってしまった」側にいたこと。これは僕個人の勝手な考えですが、イギリスではその「持ってしまった側」に一度でも足を踏み込んでしまった人々の多くは、もっともっとと足掻き、持ってしまったものを失うことへの恐怖感にかきたてられる。その悪循環にはまり、周りが見えなくなる。
 では、もてなかった側にいるとどうなるか。置き去りにされるか、カレン・マシューズのようになるか。僕は、前者は現代イギリスでは、高齢者と子供だと思っています。他人事のように書いていますが、僕自身、「持ってしまった側」にいることを思います。たとえば、インターネット予約のみで享受できる、鉄道料金の大幅割引。収入が減るであろう高齢者の皆さんほどそのような特典を使いたいであろうけど、インターネットを自宅に持っている老老家庭がいくつあるだろうか?

 上手くつなげられませんが、つい最近、ガーディアンで、経営者とその会社で働く一般雇用者との給与格差についての記事を読みました。

Pay gap widens between executives and their staff
http://www.guardian.co.uk/business/2009/sep/16/guardian-executive-pay-survey-ratios

 一般論としてはくくれないであろうトリッキーな記事なので、読まれる際はご注意のほど。興味を惹かれた点を引用します。

According to the left-wing thinktank Compass, which has called for a high pay commission to monitor top pay in the same way as the Low Pay Commission advises the government on the national minimum wage, the average ratio of chief executive-to-employee pay has risen from 47 to 128 over the past 10 years.
左派系のシンクタンクの試算では、過去10年で、経営者と雇用者の給与格差は、47倍から128倍にまで広がっている。

The banker John Pierpont Morgan, founder of JP Morgan, once said that no one at the top of a company should earn more than 20 times those at the bottom. Among FTSE-100 companies last year, only two chief executives met Morgan's test. Michael Lynch of the software firm Autonomy had a salary only 9.5 times as large as the firm's average of £64,500, while Andrew Sukawaty at the satellite communications group Inmarsat earned 16 times the firm's average – although that average is a hefty £119,000 a year.
JPモルガン銀行の創始者は、経営者の給与は、雇用者の給与の20倍を超えてはいけない。昨年、ロンドン株式市場に上場している企業の中でそれに当てはまるのは2社に過ぎなかった。ただし、その2社の従業員の平均給与は、かなり高額。

 記事の最初で言及されている方は、天文学的な高額報酬を払われるほどの素晴らしい業績の数々があるのでしょう。でも、ひがみ、やっかみ、ねたみといわれようとも、思うんです。3,700万ポンドという年収を必要とする暮らしは、今の社会にどのような意味があるのだろう、と。


 一人の外国人として思うのは、階級闘争、というよりも階級間の断絶は、埋まっていない。トニー・ブレアが政権に就いたとき、彼はクラス社会は終わったと宣言したそうですが、僕は彼自身、そんなこと小指の先ほども信じていなかったのではないかと思います。首相を辞めてからのブレア夫妻の荒稼ぎ振りを知るにつけ、ブレア自身、彼が持ってしまった側にいることを自覚しているな、と感じます。
 階級の断絶はすぐにはなくならないと思います。また、この断絶を少しでも埋めるには、教育が必要だと考えます。が、今朝のガーディアンの報道からは、教育現場の喪失感が甚だしいようですし。

 まとめになりませんが、5年前話題になった、チャールズ皇太子の発言を。

'Don't try to rise above your station'

http://www.telegraph.co.uk/education/educationnews/3346802/Dont-try-to-rise-above-your-station.html
(5年前の記事を閲覧できるテレグラフの太っ腹に感謝)

 「皇太子」という立場の人が言ったから顰蹙を買ったのかもしれませんが、僕はチャールズさんのコメントは的を得ていると思います。

 自分を見つめることの大切さ、そして難しさ。


 本当はアフガニスタン戦争のこともと思っていたのですが、別の機会に。お付き合いくださり、ありがとうございます。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1079.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1080.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1084.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1091.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1092.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1094.html

ブロークン・ブリテン6:イギリスが誇る輸出品、それは酔っ払い

2009.09.22
タイトル、「酔っ払い天国、イギリス」と差し替えても違いはまったくありません。飲酒に関して寛容と言われてきた日本では、最近、若い世代の飲酒量が減っているというニュースを何度か読んだことがあります。イギリス人とアルコールについての話をすると、ほぼ必ず隣国のアイルランドこそ、飲酒に関しては深刻な問題を抱えていると彼らは主張します。
 しかしながら、イギリス人が酒で引き起こすトラブルは国内だけにとどまらず、少なくともヨーロッパ全域では、フーリガンと同じくらい悪名を轟かせています。とりわけもっとも深刻な被害をこうむっているのは、観光が主産業のギリシアの島々。

 どうやらきっかけはテレヴィ番組のようですが、その番組で紹介された、開放的な島で楽しむ、質は悪いけど安いアルコール、毎晩のレイヴ・パーティ、そして手軽に経験できるセックス。それに惹きつけられた10代後半から20代前半までの若いイギリス人が大挙してミコノス、ロードス、クレタ島などの小さな島になだれ込み、連日連夜、過度の飲酒、Binge Drinking、による暴力、強姦が繰り返されると。

Curse of the boozy Britons returns to Greek resorts

http://www.guardian.co.uk/world/2008/jul/27/greece.drugsandalcohol


Antics on Crete would delight Dionysus but the local police are not laughing
http://www.guardian.co.uk/uk/2008/aug/16/malia.police

Zante, bloody Zante: Sun, sex and the dark side of The Med
http://www.independent.co.uk/news/world/europe/zante-bloody-zante-sun-sex-and-the-dark-side-of-the-med-905318.html

Britons warned over rise in Greek holiday 'binge-drinking' rapes
http://www.guardian.co.uk/society/2009/jun/14/alcohol-greece-rape-bingedrinking

 酒を呷ることだけを目的にいく輩がいる一方で、初めての海外旅行を友人たちと気楽に楽しみたい、という無防備な若者がいる。そんな両極端な若者に共通するのは、他者へ配慮するという姿勢と、他者からどう見られるかに気を配るという感覚、この二つの欠落のように思います。年嵩の友人たちの話を聞いていると、日本と同じように、昔はイギリスでもほかの人をじろじろと見つめることは、礼を失すると教えられていたそうです。言い換えれば、自分の行動を内からも外からも律する、そんな礼儀教育があったのでしょう。
 そのような礼を知らない若い酔っ払いが引き起こす問題に業を煮やしたイギリスは警告を発したようですが、どうなるか。一つ目のリンクに記載されているギリシア警察の困惑振りを転記します。

What is wrong with the British? Why can’t you have fun calmly? We try to be tolerant – after all, these are only kids, but we find ourselves asking why.


 ギリシアで問題を起こしたのは、酔っ払いだけでは有りません。昨年、ギリシアでイギリス人が引き起こした事件の中でとりわけ異様だったものが2件あります。ひとつは、離婚危機にあった夫婦がやり直すためにギリシアの島に行ったけど、結局だめで、妻から離婚を切り出されて精神錯乱に陥った夫が幼い息子と一緒にホテルのバルコニーから飛び降りた事件。悲しいことに、お子さんは死亡、助かった夫は精神錯乱でギリシアでは咎めなし。もうひとつは、以下のリンクに。

British tourist charged with murdering her child after giving birth in Crete hotel room
http://www.guardian.co.uk/world/2008/jul/22/internationalcrime.greece

British mother accused of killing her newborn son collapses in Greek court

http://www.guardian.co.uk/world/2008/jul/25/internationalcrime.greece

 2008年7月のある日の早朝、クレタ島の地元救急隊はあるホテルからイギリス人の若い女性が出血しているとの連絡を受けた。到着した地元警察は、その女性の部屋ですでに亡くなっている新生児を見つけた。警察は、女性を殺人の疑いで逮捕。
 この事件が異常だったのは、逮捕直後、この20歳の女性は自身が妊娠8ヵ月半だったとは知らなかったと主張したこと。さらに、彼女の家族も妊娠していたなんて気づかなかったと。ところが、殺人罪で長期間の収監の可能性が高まると、一転して女性も家族も妊娠していたことは知っていたと。
 その5のカレン・マシューズの事件のところで書いたように、ここでも事件の背景に潜む心理的要因は、羨望だと思えてなりません。「姉妹や友人がギリシアに休暇に行って楽しむのに、どうして私だけがいけないなんて、それはおかしい。妊娠しているからなんて、そんなの理由にはならない。私だって楽しみたい」、そんな羨望。

 自分よりも若い世代ばかりを取り上げていると、僻みと思われてしまうかもしれないので、いい大人もです。

Britons abroad: Foreign Office warning over bad behaviour

http://www.telegraph.co.uk/travel/travelnews/5549091/Britons-abroad-Foreign-Office-warning-over-bad-behaviour.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1025.html


Stag parties: 'badly-behaved Britons is a price Riga must pay'

http://www.telegraph.co.uk/travel/travelviews/5977979/Stag-parties-badly-behaved-Britons-is-a-price-Riga-must-pay.html

Britons behaving badly abroad
http://www.telegraph.co.uk/travel/picturegalleries/5549845/Britons-behaving-badly-abroad.html

 ご存知の方はおられると思いますが。Stag/ Hen Partyは、結婚前夜の新郎と新婦が同性の友人たちと独身最後を楽しむパーティです。が、最近では、乱痴気騒ぎの代名詞になっているように感じます。

 フーリガンのことも付け加えようと思っていたのですが、力尽きました。写真リンクに写っている禿と刺青の二人は、競技場への入場を無期限で禁止になりました。

Football: Crowd trouble at West Ham v Millwall
http://www.guardian.co.uk/football/gallery/2009/aug/25/carlingcup-footballviolence

'Firms' used web to organise football violence
http://www.guardian.co.uk/football/2009/aug/26/web-organised-football-violence

ブロークン・ブリテン5:ドンカスターの惨劇と羨望による社会秩序の破綻

2009.09.21
この「ブロークン・ブリテン」は、昨年、2008年の春から夏にかけて読んだ新聞記事に触発されて書ければいいなと思っていた事柄中心なので、今年の晩夏に大きく報道された、ヨークシャー南部のドンカスターという町で起きた事件は取り上げるつもりはありませんでした。それに、新聞の見出しを読んだだけで、「また、こんな凄惨な事件。読みたくない」との気持ちもありました。
 ただ、そのドンカスターの事件の裁判が引き起こした、「子供を社会的、経済的、そして精神的不毛状況から救えるのは誰なのか?」という大論争を読んで、昨年起きたある狂言誘拐事件が起きた精神的背景について漠然とした考えが浮かんできたので。先に書いておきますが、最初の二つのリンク、読んでいてまったく気持ちのいいものではありません。

Schoolboys plead guilty to torture attack
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/crime/6130899/Schoolboys-plead-guilty-to-torture-attack.html

Doncaster torture case: Social workers 'must intervene earlier'
http://www.guardian.co.uk/uk/2009/sep/04/doncaster-torture-abuse-history

Doncaster torture case: children's groups warns against naming brothers

http://www.guardian.co.uk/society/2009/sep/05/doncaster-torture-case-anonymity

Children questioned over 'torture' of schoolboys in Edlington are brothers
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/5114495/Children-questioned-over-torture-of-schoolboys-in-Edlington-are-brothers.html

 事件が起きたのは今年の4月。12歳と10歳の兄弟が、近所に住む11歳と9歳の少年二人を長時間にわたり暴行した。二人が見つかったときには、11歳の少年は意識がなく、ほとんど死ぬ直前の状態だった。どのような惨劇だったかは、翻訳するのがつらいので、テレグラフの記事から。

Setting about beating them with bricks and sticks and forcing them to eat nettles. During a sustained and sadistic attack on April 4 this year, they repeatedly threatened to kill the boys, aged just nine and 11, and forced them to a perform a sex act together.
At one point a disused kitchen sink was dropped on the head of the older boy and a noose put around his neck. He was then thrown 30ft into a disused railway line and left, half naked, drifting in and out of consciousness face down in the mud. The younger victim was burned with cigarette ends on his eyelids and ear before being stabbed with a sharpened stick and cigarettes were pushed into his open wounds.


 暴行を加えた兄弟は、ソーシャルワーカーや警察からすでに危険視されていたが、彼らはこれといったことは何もしなかった(したくなかったのでしょう)。この兄弟からやはり暴行を受けたことのある子供の親が警察から言われたのは、「とにかく、記録はとっておきなさい」、というものだった。

 この時点で、チャイルド・プロテクションっていったい何のためにあるのか?、という疑問が何度も浮かんできました。

 子供が子供を拷問し、殺しかけたという異常な事件が社会全体の思考を麻痺させた。一方で、そのことに目をつぶりたかったのかもしれません、社会が沸騰したのが兄弟が育ったい歪な家族環境でした。アルコール中毒の母親、薬物中毒の父親。両親は子育てを放棄し、というか子育てする能力が欠如し、社会福祉制度によって払われる幾つかの生活補助で暮らすことしか知らなかった。
 Baby Peterhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1079.html)同様、生活能力のない親、常識が欠落した親から子供を救うためには、そういう親の下に生まれた子供はすぐにでも親から引き離すべきだ、という意見が出ました。

Take more babies away from bad parents, says Barnardo's chief

http://www.guardian.co.uk/society/2009/sep/06/children-babies-parents-care-barnardos

Barnardo's chief Martin Narey calls for children to be taken away from 'failed' parents at birth

http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/politics/6146430/Barnardos-chief-Martin-Narey-calls-for-children-to-be-taken-away-from-failed-parents-at-birth.html

Children need more from us than just giving them rights

http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2009/sep/06/jenni-murray-childrens-rights-protection

'We didn't know our babies had been damaged by alcohol'

http://www.guardian.co.uk/society/2009/sep/13/foetal-alcohol-spectrum-disorder

 口火を切ったのは、イギリスを代表する、子供を守る活動をしているチャリティの代表。彼の主張が正しいかどうかという議論は別にして、すべてのリンクに共通するのは「親」の存在が子供がこの社会で生きていくのにいかに大切なのか、ということだと思います。4番目のガーディアン紙の記事は、引き取った子供が実の母親が妊娠中にずっとアルコールを過剰に摂取していたために、引き取った子供の生活態度に悪影響が出た、というものです。

 僕は、これを通して「親は聖人であるべき」なんてことを言うつもりはまったくありません。子供を育てることが、いかに大変で、でも多くの冒険に満ちているかということを、周りの友人たちの暮らしぶりから経験しています。
 真っ先に思うのは、「社会福祉行政」があるのはなぜ、そして誰のために、ということ。

 もうひとつ、社会の雰囲気というのも見逃せない要因と思います。昨年、やはりイングランド北部で起きた、シングル・マザーによる実の娘の狂言誘拐。

She 'loved Shannon to bits'. But she had her kidnapped. Inside the dark, dangerous world of Karen Matthews
http://www.guardian.co.uk/uk/2008/dec/07/shannon-matthews-kidnap-trial

 記事の冒頭に記者が書いているように、カレン・マシューズが実の娘お誘拐するにいたった背景には、貧困や、今でも歴然と且つこれまでになく突き崩しがたい階級社会の厚い壁等々、いろいろな要因が見出せると思います。
 僕が思うのは、「羨望」。マシューズがこの狂言誘拐を思いついたきっかけのひとつは、マデレイン・マッカンの失踪事件(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1084.html)といわれています。マデレインちゃん発見のためにメディアが出した巨額の懸賞金。それがほしかった。
 それって羨望なの、と思われるかもしれません。僕はそう思います。マデレインちゃんの失踪も、彼女の両親の悲しみもマシューズの目には入らなかった。ただ「懸賞金」がほしかった。子供がいなくなって懸賞金が手に入るなら、私にだってできる。私がもらってはいけないという理由はない。子供を殺めるわけではない、でもあの「懸賞金」をみすみす失うわけには行かない。そんなとても短絡な「羨望」がマシューズの心を支配していたのではないか、と。
 僕はテレヴィを見ない生活をしているのであくまで想像ですが、世間一般で騒がれるリアリティ番組(何がどうなればリアリティなのか、まったく理解できません)が今でも話題になるのは、「羨望」という欲望が今の社会を支配しているからなのかな、と思えてなりません。
 そんなとても幼稚な羨望と、それを抑える術を知らない大人によって子供が子供でいられることを奪われる社会というのは、異様だと思うんです。

ブロークン・ブリテン4:市民が先か、規則が先か

2009.09.21
ブロークン・ブリテン3(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1084.html)で名前を出しただけのData Protection, Child Protection、そしてHealth and safety regulationのばかばかしさをご紹介。

 まず、Health and safety regulationはこの記事を。

Royal tradition takes a backward step as the Queen bows to 'health and safety' concerns
http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/theroyalfamily/5994745/Royal-tradition-takes-a-backward-step-as-the-Queen-bows-to-health-and-safety-concerns.html

 英国王室内の伝統で、王、また女王にあった後に退出する際は後ろ歩きでという伝統が、後ろ歩きしているときに転んで怪我をすることになったらバッキンガム宮殿が訴えられる可能性があるので、Health and safety regulationに鑑みて廃止したと。エリザベス女王は、何世紀にも渡って続いてきた伝統がいきなり完全に廃止されることを望んではいないようで、とりあえず少なくとも特定の二人だけはこの伝統に則って、後ろ向きで退出することになっているそうです。

 次に、Data Protection。これは、僕個人の経験から。例えば、カード会社が、優良ユーザーへ新しいサーヴィスを売り込もうと、彼らから電話してきたとします。

 僕:Hello.
 カード会社:Are you Mr XXXX?
 僕:speaking
 カード会社:I am calling you from XXcard. In order to protect personal information, I am asking you some questions on your ID.
 僕:Wait, who are you? YOU call me and why do I have to answer your questions to identify who I am without being told why you are calling me and what you want to tell me? I am not asking you to call me.
カード会社:I am sorry, but because of Data Protection, we need to ask and we cannot answer your questions.
僕:fine, if you are not confident in your database, do not call me!


 このような不毛な電話が四六時中。自分たちから電話をしてきて、彼等のほうに用件が有るにもかかわらず、「今話している方が本人であるかを確認します。デイタ・プロテクションにより、貴方からの質問には答えられません」。勿論、詐欺という可能性も否定は出来ませんが、デイタ・プロテクションを掲げれば、電話に応答したユーザーに質問に答えることを強制することが当然のことと思っている倣岸な銀行。

 Child Protecitonについては、昨年書いたこちらを。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-956.html


 この三つ、検索しても、いつ、どのようにして始まったのかを調べることはできませんでした。好意的に考えれば、市民生活をより快適にするために起案され実行にうつされたものだと思います。一つ明らかなのは、掲げている行政機関、会社や団体によって勝手に解釈されているということ。
 日常生活レヴェルで感じるのは、問題が起きることを極度に恐れる行政、事業主によって彼等の都合のいいように捻じ曲げられているということ。デイタ・プロテクションやチャイルド・プロテクションを掲げれば、そしてそれを掲げることができる「側」にいれば、何でもできる。従わない市民のほうが間違っている。そして、仮に問題が起きた時には、これらの規則をたてに、一切の情報公開を拒む、拒めると信じている。
 昨日書いたアイルランドでの悲劇につも通じるものを感じますが、どうして自分たちが作った規則に最低限の権利すら奪われてしまうのか。そして、間違っていることを間違っていると言えない権力が生み出される。
 
 イギリスだけとは思いません。

ブロークン・ブリテン3:親子が親子でいられなくなる国

2009.09.05
2007年5月、ポルトガルのリゾート・ホテルから、当時3歳だったマデレイン・マッカンちゃんが、両親が食事をしている間に行方不明になりました。まさに国を挙げての騒ぎになり、サッカー選手のデイヴィッド・ベッカムがマデレインちゃんの顔がプリントされたシャツを着た姿が世界のメディアに配信されたので、ご存知の方もいることでしょう。

 その2でふれたSohamの事件とこのマデレイン失踪事件によって、とりわけ親の側のパラノイアに歯止めが利かなくなったようです。何かおかしいな、というもやもやした気分はこの国民全体のパラノイアぶりなのかなと考え始めるきっかけになったのが、昨年の夏にテレグラフ紙が掲載した「イギリス人」でいることがいかに「親」にとってはストレスフルなことなのか、不幸なことなのかということを示してくれた記事でした。

Madeleine McCann abduction leaves family holidays haunted by fear

http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/2435894/Madeleine-McCann-abduction-leaves-family-holidays-haunted-by-fear.html

 短く記事の中身を紹介すると、海外のリゾート地で過ごすイギリス人家族にとって、場所選びはとても重要。ホテルが用意する子供向けの施設で働く係員はすべて身元調査を受けているか、英語を話すことができるか。そのような条件を満たしているところでも、瞬きしたら子供が消えてしまっているかもしれない。そんな恐怖感を背負ったままリゾート地で疲弊するイギリス人の親。
 そんなパラノイア振りは、イギリスに住むほかのヨーロッパ人の親にも伝染し、母国では屋外自由に子供を遊ばせているであろうフランス人やオランダ人の親も、イギリスではひと時たりとも子供から眼を離せなくなってきている。
 さらにイギリス人の親を追い込むのは、他のイギリス人からどう見られてしまうか、という恐怖感。

Last summer in Corfu, my friend Anne left her children – the eldest is 12 and more than capable of looking after her two younger siblings – on the beach while she dashed to a nearby kiosk to get some water. By the time she returned, a concerned English couple were quizzing the children as to where their mother was. “I felt like a criminal,” Anne told me. “The couple seemed to think my children were about to be snatched. We are all over-paranoid.”


 ちょっと子供から離れて用を足しているだけで、犯罪者と見られてしまう、子供を虐待していると見られてしまうのではないかという、まったく根拠のない恐怖感。言うは易しなのでしょうけど、当の親からすればそのようなプレッシャーに四六時中身をおかねばならないのであれば、気の休まることなどないでしょう。
 その2でも個人的な印象として書いたように、社会を、そしてコミュニティを形成する人々の間にあったであろう「信頼」が消滅しかかっている。記事の最後にある男性の苦悩が、その状況が如何に逼迫しているかを説明しているように感じました。

"I saw a boy. He was crying his eyes out and calling out for his parents. I could tell he was lost but felt I couldn't help because I'm a man. That's sad, isn't it? That I can't help a lost child for fear of being thought of as a pervert."

 迷子になり、泣いている子供に手を差し伸べたかった。でも、できなかった。なぜなら、彼は「男」だから、もしかしたら「人攫い」に、いや「小児愛性向者」と見られてしまうかもしれない。助けてあげたい、でもその代償に自分の生活が無に帰す。人として、子を持つ親として秤にかけることではない。でも、そんな危険は冒せない。
 話がずれますが、「男」であるがゆえに「小児愛性向者」に見られてしまうという恐怖感はイギリスにいないと判りづらいかと思いますが、相当に根深いです。本当はこれだけ取り上げて別項で書こうか迷ったのは、初等教育機関で働く「男性教員」の数がほとんど回復不可能なほど激減しているという状況。労働党政権は、ブレアの時代から教育を最重要課題のひとつとして掲げていますが、この男性教員絶滅状態はまったく改善される様子がありません。

 「親」でいることをさらに難しくしているのは、Data Protection, Child Protection、そしてSafety and Security regulation

Grandmother banned from taking photos of her grandchildren
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/5918526/Grandmother-banned-from-taking-photos-of-her-grandchildren.html

Parents banned from taking pictures of their own children at sports day

http://www.telegraph.co.uk/education/educationnews/5560978/Parents-banned-from-taking-pictures-of-their-own-children-at-sports-day.html

Playing children ordered down from tree by police
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/5966042/Playing-children-ordered-down-from-tree-by-police.html

 検索すれば他にもいろいろ出てくると思います。公営プールで遊ぶ孫の写真を撮ろうとした85歳の女性が、係員に写真の撮影をとめられた。学校の運動会で、生徒の親がわが子の写真を撮影することを学校が禁じた。木に登って遊んでいた子供たちに、近隣からうるさいと苦情を受けた警察官が出向き、子供に警告書を手渡した。

 これらの記事を読んで浮かび上がってくるのは、行政側の怠慢。先の三つのルールを使って「厄介ごと」と考えている問題を、そしてそれらの問題を解決するために何をどのように取り組んでいくのかを考えるのではなく、問題が起きたときに「被害者」になるであろう親と子供を封じ込めることで自分たちの手を汚さない、自分たちの仕事を増やさない。つぶしてもつぶしても後から後から出てくる犯罪者を取り締まるより、すでにその所在がわかっていて、権力の言ううがままに群れ惑う市民を規制したほうが事は簡単。
 インターネットがもはや日常生活とは切り離せず、悲しいかな、どこに小児性愛者がいて、いつどこでどのように子供の写真がインターネット上に流れるかが判らない。そんな現代において、三つのルールを掲げるのは、一見、理に叶っているように思えるかもしれません。でも、結局、犯罪者は野に放たれたまま、将来の被害者のほうが眼に見えない「檻」に入れられ、本来持っていたであろう自由を理不尽に取り上げられている。
 怖いのは、この状況をどうやらイギリス社会はすでに当然こととして受け入れてしまっているように思えること。2番目の記事にありますが、写真を禁じられるのは残念だけど仕方がない、という親たち。そして、その恐怖を取り除くのではなく、その恐怖が「正しい」という立場で自らの行動を縛っていく社会。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1083.html


I’m frightened of taking photos of children in the park, should I be?


Where you can, please take extra care when taking photographs of other people’s children, so ask their permission. Please avoid submitting photos of children in circumstances where the publication of the image might cause them harm or embarrassment.

 このような、自らが作り出した「恐怖」に脅かされて、お互いの信頼を失っていく社会は、ある意味、眼に見えるテロリズムと同じくらい、時にはそれ以上に怖いと感じます。もうひとつ気になっているのは、このような「親子の絆」を脅かす「緩やかな狂気」に関する記事に取り上げられるのは、その多くは白人。が、根拠はありません。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.