LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Royal Operaの記事一覧

Oedipe(エディプス王)@ロイヤル・オペラ

2016.06.07
スクリーンショット 2016-06-05 21.18.09
(ロイヤル・オペラ・ハウスのウェブからスクリーン・ショット)

5月のロイヤル・オペラ・ハウスは「フランケンシュタイン」と「エディプス王」というなんだか想像しがたい演目が並ぶひと月だった。ルーマニア出身のエネスコについては、「エディプス王」を観ようと思うまでその存在すら知らなかった。20世紀前半につくられ、多くの人が知らないようなオペラがロイヤル・オペラで売れる訳もなく、初日まではチケットはたくさん売れ残っていた。しかし、初日のレヴューは5星、4星の連続で残りの公演は短期間のうちに完売になった。レヴューを読んでいて、音楽と舞台が一体となったものを期待し、実際の舞台(6月4日)は、想像を超えるほど面白いものだった。

写真(ロイヤル・オペラのフリッカー)
https://www.flickr.com/photos/royaloperahouse/albums/72157668450662151


The Story
Oedipe is destined to murder his father and marry his mother. His parents arrange for his murder but instead he is raised as a prince of Corinth. Discovering the prophecy, he flees Corinth – only unwittingly to kill his true father and marry his mother.

After 20 years the truth is discovered. Oedipe blinds himself and his wife/mother commits suicide. He wanders the wilderness. At a grove outside Athens he discovers his final resting place and disappears in a blaze of light.


Background
Romanian violinist, pianist, conductor and composer George Enescu (1881–1955) made his first orchestral sketches for Oedipe in 1910, after being powerfully moved by a stage performance of Sophocles’ Oedipus tyrannus. His librettist, the French poet Edmond Fleg, was still making changes to the text by 1921 – while Enescu would not finish the score of this, his only opera, until 1932. The premiere at the Paris Opéra on 13 March 1936 was well received but in 1937 the opera was dropped from the repertory, not performed again until 1955. It has since then enjoyed only sporadic performances – despite being acclaimed as one of the great masterpieces of the 20th century.

Catalan theatre group La Fura dels Baus (Le Grand Macabre, ENO) first staged their production of Oedipe at La Monnaie, Brussels, in 2011. True to form for this innovative theatre company, their spectacular take on Enescu’s exploration of fate and freedom creates an earthen world ravaged by both natural and man-made disaster. From this land of clay Enescu’s breathtaking score soars – encompassing everything from Berliozian opulence to eerie Sprechstimme – in this sole operatic statement from a great musician.


Music:George Enescu
Libretto:Edmond Fleg
Directors:Àlex Ollé and Valentina Carrasco
Set designer:Alfons Flores
Costume designer:Lluc Castells
Lighting designer:Peter van Praet

Performers
Conductor:Leo Hussain

Oedipe:Johan Reuter
Tirésias:John Tomlinson
Antigone:Sophie Bevan
Mérope:Claudia Huckle
Jocaste:Sarah Connolly
The Sphinx:Marie-Nicole Lemieux
A Shepherd:Alan Oke
The Theban High Priest:Nicolas Courjal
Laïos:Hubert Francis
Créon:Samuel Youn
Phorbas:In Sung Sim
The Watcher:Stefan Kocan
Thésée:Samuel Dale Johnson
Theban Woman:Lauren Fagan

Chorus:Royal Opera Chorus
Concert master:Peter Manning
Orchestra:Orchestra of the Royal Opera House


 このプロダクション、ブリュッセルのモネ劇場との共同で、5年前にブログ仲間のレイネさんが感想を書かれている。

http://didoregina.exblog.jp/17123678/

 レイネさんが書かれているように、音楽は口ずさめるような旋律はほぼ皆無だが、その力強さ、美しさ、繊細さに始まりから終わりまで全く飽きることはなかった。ソロ歌手陣にキラー・チューンのようなアリアがない分を補って更に御釣りが山のように来たのがコーラス。既にどの幕だったかを思い出せないが、コーラスが舞台上で生み出すダイナミズムには鳥肌が立つほどだった。

 歌手陣でちょっと意外だったのは、主役のロイター(本来の発音が判らないので英語読み)とサラ・コノリィの声が意外に細かったこと。ジョン・トムリンソンがいつものように吠えまくっていては、他の歌手の声が細く聞こえてしまうのは仕方ないのかもしれないが。

 舞台で一つだけ不満だったのは、最後にでて来るテーセウスのネクタイ。

https://www.flickr.com/photos/royaloperahouse/27162759896/in/album-72157668450662151/

 この写真でも判るように、衣装は真っ白のスーツ。オペラの最後、エディプス王が浄化されることへの導きになっているのかもしれない。衣装が真っ白ならネクタイもさらの純白にすれば良いものを、なんだか安っぽく見える縞が入っていて、「総合芸術」としてのオペラを目指すなら最後のネクタイまで気を配って欲しかった。

 ソフォクレスの原作を元にしたリブレットからは、ギリシャ神話の奥深さ、そして現代への警鐘となる普遍性を感じる。例えば第3幕、エディプスとクレオンの間で生じる緊張からは、欧州連合から離脱するかで揺れるイギリス、そしてドナルド・トランプが象徴するであろうアメリカの双方が鮮明に放出する受け入れたくないものへの強固な不寛容さを思いながら舞台に見入っていた。

 来シーズンのプログラムには入っていないが、ロイヤル・オペラには是非、再びこの作品を上演して欲しい。僕が観に行った6月4日にはBBCがラジオで生放送していた。音楽は素晴らしいのだが、視覚からの刺激がないと緊張感が途切れないまま聴くのは難しいと思う。是非、この舞台を再び観たい。

スポンサーサイト

L’Étoile@ロイヤル・オペラ

2016.02.07
スクリーンショット 2016-02-07 17.30.01
(指揮者のマーク・エルダー卿)

2月1日からロイヤル・オペラ・ハウスで上演が始まったシャブリエによる「レトワール」を観てきた。レヴューはほぼ三ツ星ばかり。

http://www.roh.org.uk/news/your-reaction-letoile

 あるレヴューでは演出がつまらない、別のレヴューでは歌手陣が今ひとつと、なんだか手放しで誉めないのはフランス・オペラだからなのか、それともオペレッタともくくれる音楽だからか。こういう、クリティクがぐだぐだとつまらないことをつつく時は面白いオペラだと思った。そして、面白かった。

L’Étoile
http://www.roh.org.uk/productions/letoile-by-mariame-clement

King Ouf I always celebrates his birthday with a public impalement and has gone in disguise among his people to find a suitable victim. The forthright young pedlar Lazuli has just fallen in love with Princess Laoula (also in disguise) and is appalled to learn she is already betrothed, to Ouf. Unknowingly Lazuli insults Ouf, who thinks he has found his candidate – until court astrologer Siroco reveals that the stars of Lazuli and Ouf are so closely bound that if Lazuli dies so will Ouf. Lazuli is instead brought to the palace to be pampered.

The ambassador Hérisson de Porc-Epic, jealous of Lazuli’s love for Laoula, makes an attempt on Lazuli’s life. Lazuli survives, but Ouf is terrified of what might have happened. Ouf gives his blessing to Laoula and Lazuli’s marriage and declares that the couple will succeed him.


 ブログ仲間によるリハーサルの模様。
http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-12122990439.html

 物語は、始まる前から、読んでも判らないだろうからと全く読まず。でも、オーケストラが最初の音を奏でた途端、そこからフランス音楽の香が最後まで。

 幸運なことに、指揮者のマーク・エルダー卿の真後ろの席をリターンで取れた。彼もまたこの素晴らしい音楽を楽しんでいることが判ったので、相乗効果でますます舞台を楽しめることができた。
 
 よく練られた演出、ちょっと頻繁すぎるかとも感じたが効果的な舞台変換、原作にはない、イギリス・フランス双方の役者に舞台でどのような物語が進んでいるかを語らせる絶妙なタイミング、そして美しい音楽。オペラはワーグナー、プッチーニ、チャイコフスキィだけではないことを改めて感じた舞台。僕なりに感じたこのオペラの主題は、「We should enjoy our life!」。

 上演日程がやや変則で、後半の4公演は2月15日以降にある。大御所オペラと比べると、チケットの値段が低く抑えられているので、ロンドンに居る人、ロンドンに来られる方にはお勧め。3枚だけだが、写真。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157664350959826

オペラの舞台裏:ロイヤル・オペラ・ハウス、「ラ・トラヴィアータ」

2015.05.18

マハゴニィ市の興亡@ロイヤル・オペラ:アラバマ・ソングを聴きたくて

2015.03.15
スクリーンショット 2015-03-15 20.02.25
(ロイヤル・オペラのフリッカァから拝借)

Rise and Fall of the City of Mahagonny, 2015
https://www.flickr.com/photos/royaloperahouse/sets/72157651280824925/

3月10日にロイヤル・オペラでは初演となったベルトルト・ブレヒトクルト・ヴァイルによる「マハゴニィ市の興亡」を12日に観た。ロイヤル・オペラ・ハウスに行くのは約2ヶ月ぶり。スタッフのユニフォームがカジュアルなものになっていた。

http://www.roh.org.uk/productions/rise-and-fall-of-the-city-of-mahagonny-by-john-fulljames

The three-year genesis of Aufstieg und Fall der Stadt Mahagonny (Rise and Fall of the City of Mahagonny) spanned the entire partnership between Bertolt Brecht and Kurt Weill – one of the most fruitful and shortest musical collaborations of the 20th century. The great success of their first work together, the Mahagonny Songspiel (1927), encouraged the two to adapt it into a full-length opera. But progress stalled as the two men discovered their theories were developing in deeply divergent directions: Brecht eager to pursue the disjointed effect of his theories of epic theatre, Weill looking for ways to unify very different styles of music. Concerns from first the publishers and then producers over the work's 'depravity' further increased the disruption. The riot at the opera's premiere on 9 March 1930 was the beginning of the end of Weill's career in Germany.

The troubled development of Aufstieg und Fall der Stadt Mahagonny only adds to the work's extraordinary power as one of the most unsettling and provocative of all operas. This is Weill at his most brilliant and inventive, incorporating popular song in the 'Alabama Song' and neoclassicism in the terrifying 'Hurricane fugue'. The Royal Opera's Associate Director of Opera John Fulljames directs The Royal Opera’s first production of the work in collaboration with designer Es Devlin (Don Giovanni, Les Troyens). They focus on Brecht and Weill's stinging critique of consumerism while finding new relevance in our insatiable depletion of the earth's resources.

 あらすじはこちらを。

http://www.music-tel.com/ez2/o/work/Stadt_Mahagonny/3.html

 そしてキャストは。

Leocadia Begbick: Anne Sofie von Otter
Fatty: Peter Hoare
Trinity Moses: Willard W. White
Jenny: Christine Rice
Jimmy McIntyre: Kurt Streit
Jack O'Brien: Jeffrey Lloyd-Roberts
Bank Account Bill: Darren Jeffery
Alaska Wolf Joe: Neal Davies
Toby Higgins: Hubert Francis


 ブレヒトとヴァイルが共同で作品を創作したことは知っていても、直接の舞台を観たことはない。唯一の経験は、ロイヤル・バレエが10年ほど前に「七つの大罪」をコミッションしたとき。

http://www.chacott-jp.com/magazine/dancecube/world-report/from-london/london0706b.html

 ロイヤル・オペラが「マハゴニィ」を上演すると発表した時に、観たいと思ったただ一つの理由は「アラバマ・ソング」がこのオペラ(というには微妙な舞台らしい)の中で歌われることを初めて知ったから。

 僕にとっての「アラバマ・ソング」は、ドアーズ。そのオリジナルがどのように使われ、歌われるのかとても興味を惹かれた。

 ピケティの「21世紀の資本主義」ですら何ら社会に変化をもたらすことができないほど資本主義が強固な現在、ヴァイマールの衰退を描いたらしいこのオペラが警鐘になるとは感じられなかった。批評家の多くが指摘しているように第1幕の前半は、音楽がかなり単調に感じられた。しかし、2幕、3幕は口ずさめるような旋律ではなかったものの、聴く側の緊張感をとぎらせない魅力はあった。

 「アラバマ・ソング」はジェニィが歌う。クリスティーン・ライスはいつも優等生的な印象が先行するのだが、今回のはすっぱな役、「アルチーナhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2336.html)」で聞き惚れたペル・カント歌手としての盤石な技術と、かなり見直した。「アラバマ・ソング」は朗々と歌い上げるようなアリアではなかったが、ジェニィの主題歌のようで面白かった。

 残念だったことは二つ。初めてまともに観る/聴くオッターの乏しい声量。オペラ・ハウスの上階に居た聴衆には聞こえたのだろうか。

 演出のフルジェィムズとは相性があわないのだろうこともあるが、彼の演出は観る側の意表をつくことも、またこんな工夫があったのかと驚くことが全く無い。後半、舞台にうずたかく積まれたコンテナ、そこに映し出される過剰なネオン装飾。聴衆のアドレナリンを力づくで引き出そうとするものの、全てが薄っぺらに感じた。以前観た現代オペラの演出から感じた煌めきと驚きをフルジェィムズの作法から感じることはない。

The Rake's Progress
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-841.html

大いなる幻影
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1143.html

ナクソス島のアリアドネ@ロイヤル・オペラ

2014.07.16
スクリーンショット 2014-07-16 15.02.06
(ロイヤル・オペラ・ハウスのフリッカーから無断拝借。カリタ・マッティラとロベルト・サッカ)

ロイヤルのフリッカー
https://www.flickr.com/photos/royaloperahouse/sets/72157645358381974/

 7月13日、僕個人の今シーズンの最後のエンタメ、ロイヤル・オペラの「ナクソス島のアリアドネ」を観てきました。個人的に好きなオペラであることを差し引いてなお、素晴らしい舞台でした。


Director: Christof Loy
Designs: Herbert Murauer
Lighting: Jennifer Tipton
Choreography: Beate Vollack

Conductor: Antonio Pappano
Orchestra: Orchestra of the Royal Opera House

Ariadne/The Prima Donna: Karita Mattila
Bacchus/The Tenor: Roberto Saccà
Zerbinetta: Jane Archibald
The Composer: Ruxandra Donose
Harlequin: Markus Werba
A Music Master: Thomas Allen
Dancing Master: Ed Lyon
Wig Maker: Ashley Riches
Lackey: Jihoon Kim
Scaramuccio: Wynne Evans
Brighella: Paul Schweinester
Truffaldino: Jeremy White
Officer: David Butt Philip
Naiad: Sofia Fomina
Dryad: Karen Cargill
Echo: Kiandra Howarth
Major Domo: Christoph Quest


 クリストフ・ロイ演出のこのプロダクションは、2002年の初演から今回の3回目の再演まで全て観ています。前回、デボラ・ヴォイトがタイトル・ロールのときの感想。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-798.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-838.html

 前回の舞台を観た時に、この「ナクソス島のアリアドネ」というオペラの本質に迫ったかと思ったのですが、後半の「オペラ」でのカリタ・マッティラ(アリアドネ)とロベルト・サッカ(バッカス)のデュエットを聴き、観ているとき、まるで別のオペラを観ているようでした。

 あえてこじつけると。前回、まさにアメリカンな二人が舞台に再現した舞台には、アメリカ人的な「清く、正しく、美しく」的な雰囲気が、今思うとあったのではないかと。なので、二人の間にセクシャルな煌めきというものはありませんでした。
 
 が、フィンランド(マッティラ)とイタリア(サッカ)という大きな違いはあれど、マッティラとサッカが再現したと感じたのは人間の情欲の重さ、そして生命力に溢れた情感の交換に欧州文化圏の成熟を感じました。マッティラもサッカも確か五十路を超えているはずですが、二人のデュエットの場での絡みからは薄っぺらく言えば失楽園、踏み込んで言えばギリシャ神話が形成された頃の人間の危険な欲望の観察が生き生きと描き出されているように感じました。

 マッティラさん、前半の「プロローグ」ではろくに歌う場面がないのでどの程度歌えるのか判りませんでしたが、僕にとって最高のアリアドネ。今回、ロール・デビューということでかなりインタヴューが掲載されていて、今後はイゾルデを歌うかどうかを決めるとか。でも、僕としては「薔薇の騎士」の元帥夫人を歌って欲しいです。
 最終日だからでしょう、カーテンコールでは、共演者一人ひとりに熱烈なハグをして喜びを爆発させていました。マッティラとパッパーノの舞台は今回が2回目ですが、二人の相性はとてもいいのではないかと感じました。

 ロベルト・サッカを舞台で観たのは本当に久しぶり。2002年5月、コンサート形式の「ダフネ」と、バルトリのロイヤル・オペラ・デビュー、ハイドンの「詩人の魂」以来。そのときは、線の細いテノールと感じました。今回、老けたのは自然なこととして、歌唱の深みが増していてマッティラに引けを取っていませんでした。

 今回の唯一、最大のがっかりはツェルビネッタ。今回の方もまた、声を転がすというよりは、声を伸ばしているだけのように響きました。ツェルビネッタの最大の見せ場のアリアでは会場は大きな盛り上がりでしたが、僕のテンションはかなり下がりました。面白いことに、僕の左となりの二人もまた、全く拍手していませんでした。

 忘れてならないのは、指揮者のアントニオ・パッパーノ。オーケストラは今回は少人数、30人ほどだったので精鋭を集めたと言えるでしょう。全ての奏者の集中力が途切れることなく、パッパーノの的確な歌手への指示もあり、耳福でした。今回もまた、執念でパッパーノの真後ろの席をリターンでゲットしました。また唸り声を挙げながら元気に振るのだろうと思っていたのですが、とても静かで、彼自身がオペラ、舞台の歌手陣、オーケストラへの尊敬を鮮烈に感じていることが判る素晴らしい指揮でした。

 オペラが終わり、指揮台を降りる前にオーケストラのメンバー一人一人に労いと感謝を送るパッパーノ。指揮者に声をかけてはいけないとは判っていたのですが、思わず、「Maestro, thank you」と声をかけると、ちょっと驚いた表情はあったものの、嬉しそうにうなずきながら指揮台から去って行きました。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/14644056081/

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/14644056601/

 シュトラウスのオペラをもっと舞台で観たいですが、ロイヤルは「ザロメ」、「エレクトラ」そして「薔薇の騎士」ばかり。イギリスではオペラの舞台としてはまだ上演されたことがないらしいかなり長い間上演されていないらしい「ダナエの恋」を観たいです。

 帰宅すると、ロリン・マゼールの訃報。マゼールの指揮を経験したのはこの一回だけ。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-396.html

[追記:7月17日]
昨晩、FC2のメンテナンスで間違いを訂正できない間、シュトラウスのオペラについて検索した。で、ロバート・ディーン・スミスのウェブに行き着いたら、2015年の秋に、ロイヤル・オペラは「ナクソス」を上演するようだ。新しいプロダクションになるのだろうか。

Dialogues des Carmélites@ロイヤル・オペラ

2014.07.05
スクリーンショット 2014-07-05 15.30.12
(サー・サイモン・ラトル、カーテン・コールで)

エンタメ、そして交遊がとても充実していた6月。加齢とは忘却の速さが増すことだと実感しつつ、6月9日にロイヤル・オペラ・ハウスで、プーランク作曲の「Dialogues des Carmélites」というオペラを観てきた。これまでフランスもので楽しめたことは少ないし、主演のソプラノはファンでもないのにどうして行ったかというと、指揮者の真後ろの席が取れてしまったから。名指揮者の誉れ高いラトルさんの指揮を間近に見られる、それが一番の楽しみだったのだが、オペラ自体とても充実していた上に、一つ思わぬことまで起きてとてもパワブルな夜だった。フランス革命の終わり頃に、ギロチンにかけられた尼僧達のことを描いたオペラということしか知らないので、あらすじはこちらを。

Opera Essentials: Dialogues des Carmélites
http://www.roh.org.uk/news/opera-essentials-dialogues-des-carmelites

Director: Robert Carsen
Set designs: Michael Levine
Costume designs: Falk Bauer
Lighting design: Jean Kalman
Movement: Philippe Giraudeau

Conductor: Simon Rattle
Orchestra: Orchestra of the Royal Opera House
Blanche: Sally Matthews
Constance: Anna Prohaska
Madame Lidoine: Emma Bell
Mère Marie: Sophie Koch
Madame de Croissy: Deborah Polaski
Marquis de la Force: Thomas Allen
Chevalier de la Force: Yann Beuron
Mother Jeanne: Elizabeth Sikora
Sister Mathilde: Catherine Carby
Father Confessor: Alan Oke
First Commissary: David Butt Philip
Second Commissary: Michel de Souza
First Officer: Ashley Riches
Gaoler: Craig Smith
M. Javelinot: John Bernays
Thierry: Neil Gillespie
Chorus: Royal Opera Chorus


 ロバート・カーセン演出のこの舞台、大きな話題になったのは、舞台に立つ人物の多さ。

Roundup: Inside Dialogues des Carmélites’s community ensemble
http://www.roh.org.uk/news/roundup-inside-dialogues-des-carmelitess-community-ensemble

 舞台セットはとても簡素なものだったが、場面転換の時にこの大群衆が現れて群衆がセットを置いたりかたづたりするのが、革命時の激動を思わせる効果があったように思います。

 オペラには、カウンセリングにおいて大先輩の友人と一緒に。開演直前になっても友人の隣の席は空いたまま。その向こうには、襟が伸びきったセーターを着ただけの中年男性。彼の足下にはジョン・ルイスの紙袋。いくらオペラにくる装いがカジュアルになっているとはいえ、指揮者のほぼ真後ろの席でこれは、と思いつつ。

 最前列に座ったので、オーケストラのメンバーの出入り口はよく見える場所。オーケストラがほぼそろい、でも開演までもう少しあるなというタイミングで、ドアに現れた白髪の男性。ラトルかなと思いつつ、その男性は目だたないようにしながら、金管楽器のメンバーと談笑を始めた。最前列に座っていた別の人がラトルが既にいることに気づき拍手を始めると即座に、指を口に当てて静かにと。
 オーディトリアムの証明が落ち、聴衆の多くがラトルの登場を待っていたにもかかわらず、拍手のないままオペラは始まった。

 最初の10分間は、「やっぱり、フランス・オペラはあわない」と単調な旋律にがっかりしていた。しかし、コンスタンスが登場すると旋律の彩りが一気に増し、その後は舞台で進む物語と拮抗する旋律を大いに楽しんだ。

 第一幕が終わり、ラトルが嬉しそうに去り、オーケストラのメンバーのほとんどが出口に向かっている時に、男性団員(木管だったかな)の一人が指揮者台に駆け上がり、友人の一つとなりの男性に声をかけた。

 「Jxxx!, Are you ok?」。

 とたんにその男性は顔を腕に埋めてすすり泣き始め、「来るんじゃなかったよ」、と。直視してはいけないと思いつつ、耳をそばだて何が起きてんだろうと、でも聞いていないよ、という姿勢を保ったまま視線をかわす友人と僕。

 男性が席を離れたので、一緒に来るはずだった女性と別れたのかなと。オペラの感想を話していると、男性が戻って来た。表情は、ちょっとうつろ。

 友人がゆっくり、「I am sorry to ask you, but are you OK?」と語りかけるように尋ねると男性は席につき、「My mum passed away last week。母を今晩、招待していたんです」、と。このオペラの第一幕の終わりは、修道院のトップの尼僧が苦悶の果てに亡くなる。その場面を観ていたら、悲しみがこみ上げてきたんだそうです。

 友人とその男性がオペラや音楽のことを話していると、別の意味であか抜けない中年男性が近づいてきて、「その席、空いているんですよね。座れますか?」と訊いてきた。すかさず男性は、「この席に座る人はいるから」と。話すことで落ち着いたようで、オペラの終演後には微笑みが戻っていた。

 このオペラを語る上で決して忘れてならないのは、やはり最後、10数人の尼僧がギロチンで処刑されて行く場面。

 有名なアリアを、役がついているソロ歌手とコーラスの女性メンバーが歌っている間にほぼ等間隔で、シュパーン、という効果音が。その音が鳴る度に、一人、また一人と床にゆっくりとした動作で横たわって行く。シンプルな演出だからこそ、その美しくも超パワフルな音楽との相乗効果で、拳を握りしめたまま舞台からは目を離せず、耳は旋律から逃れることもできず、だった。終わった時には、開放感と脱力感が一緒に。

 サリィ・マシューズ、ソフィ・コッシュはロイヤル・オペラでは常連だけど、僕には常に可もなく不可もなく。エンマ・ベルは以前、イングリッシュ・ナショナル・オペラの「イドメネオ」で悪女を役を最高に演じたので、今回の真逆の役への取り組みはとても面白かった。

 サー・サイモン・ラトルの指揮は歌手が舞台にいるときは、歌手への指示が完璧。歌手がいない、音楽だけになるとパッパーノのように唸り声を挙げるのが微笑ましかった。

カーテン・コールの写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157644689888910/

L'Ormindo (Francesco Cavalli) @ Sam Wanamaker Playhouse by ロイヤル・オペラ

2014.04.02
DSCN4849.jpg

昨春、演目発表の時に全く気づかなかったフランチェスコ・カヴァッリによる「ロルミンド」。グローブ座との提携で、今年1月にオープンしたばかりのサム・ウォナメイカー・プレイハウスで観てきた。

http://www.roh.org.uk/productions/lormindo-by-kasper-holten

 まず、幾つか愚痴。昨年末、ウェスト・エンドで上演された「柳に吹く風」同様、チケットの取り方がけっこう面倒くさい。ロイヤル・オペラ・ハウスのウェブからチケットを購入できれば最も簡単なのだが、グローブ座のチケットの購入の方法は全く親切でないし、手数料を取るのは腹が立つ。

 何より、チケット料金の設定が高過ぎ。最も高い席は£100−。舞台セットはほとんど無いに等しいし、オーケストラは10人にも満たず、上手だったけど歌手のほとんどは若手中心。仮にロイヤルがこのプロダクションをリンベリィで上演していたとしたら、このような価格設定にはなっていなかったとだろう。このような興味深い試みにこそ、幅広い年齢層を呼び込まなければだろうに、昨晩の聴衆の平均年齢はかなり高かった。

 先にこの劇場を経験した友人曰く、「これまで経験した中で、最も座り心地の悪いベンチ・シート」とのこと。全くその通りだった。僕が座ったのは、舞台真横の壁にもたれることのできる席だったが、2回の休憩を入れて約3時間は、正座より辛かった。

 チケットを購入したけど初日がいつだったかを忘れていて、ある日、レヴューがでているのに気づいた。

L'Ormindo by Francesco Cavalli review – 'An exquisite evening'
http://www.theguardian.com/music/2014/mar/26/ormindo-francesco-cavalli-opera-wanamaker-playhouse-review

 ガーディアンだけでなく、他の新聞でも軒並み激賞。

ロイヤル・オペラ・ハウスのフリッカー
https://www.flickr.com/photos/royaloperahouse/sets/72157642912931274/

Director:Kasper Holten
Costume designs:Anja Vang Kragh
Movement:Signe Fabricius

Performers

Conductor:Christian Curnyn

Ormindo:Samuel Boden
Amidas/Wind:Ed Lyon
Lady Luck/Sicle:Joélle Harvey
Music/Erisbe:Susanna Hurrell
Love/Nerillus:James Laing
Eryka/Wind:Harry Nicoll
Mirinda:Rachel Kelly
Ariadenus:Graeme Broadbent
Destiny/Osman/Wind:Ashley Riches
Orchestra:Orchestra of Early Opera Company


 物語は、以下のような感じ。プログラムに掲載されている内容を更に短く。

 Anfa(現在のカサブランカ)に二人の外国の王子、オルミンドとアミダスが、スペインと戦争をしているアリアデウス王を助けるために到着。二人とも、戦争そっちのけで、王の若い妃、エリスベにほれてしまう。アミダスは、婚約者のシクルともとのさやに戻るが、オルミンドとエリスベは結ばれないことを悲観して毒を飲む。

 が、その毒は王の側近(かな?)が気を利かして密かに睡眠薬に替えていたので二人とも目覚める。二人が深い眠りについていたとき、王はオルミンドが長い間生き別れていた自分の息子だと知り、死に追いやったことを後悔する。

 二人が目覚めると王はオルミンドにエリスベとの結婚を許し、更に領土を譲って大団円。


 バロック・オペラの物語なんてだいたいこんな調子だけど、「ロミオとジュリエット」に、「マゲローネ」の物語(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-475.html)を足して3倍くらいに薄めた感じ。

 オペラは3幕構成。正直、レチタティーヴォが7割くらいを占める第1幕は、音楽的にはつまらなかった。しかし、第2幕、第3幕になるとアリアや二重唱があり、しかもとても美しい旋律で予想していた以上に楽しめた。

 試みとして「吉」と出たのは、歌われる英語の明瞭さ。帰宅途中で熟読したプログラムの中で、歌手の皆さんは、歌詞を歌うだけでなく、台詞を喋るように発音する練習を積んだとのこと。会場が狭いこともあるが、すべての歌詞が明瞭に聞き取れるというのは、かなり新鮮な経験だった。

 プログラムの中で、この舞台を演出したカスパー・ホルテンは、サム・ウォナメイカー・プレイハウスは「ロルミンド」が初演されたヴェネツィアの会場とは違うだろうけど、このオペラを上演するには最適な会場だと力説している。その点には、全く同意。ろうそくの火だけの照明の中でオペラを聴き、観るというのはそれほど多くの機会があるとは思えない。幻想的で、経験したことないけど薪能に近いのかなと。

 舞台が狭いので大掛かりなセットを組めないであろうとは想像できる。しかし、「ロルミンド」の成功で、更にバロック・オペラを観る機会が増えて欲しい。その際は、ふかふかのクッションと適切な価格設定を求めたい。

ロイヤル・オペラの来シーズンの演目、やっと発表

2014.03.31
遅い。手直しは後でやるとして、まず、ロイヤルのウェブからそのままコピペ。ドミンゴ。出過ぎ。フローレスディドナートは出演なし。行きたいのは、「アンドレア・シェニエ」、「ウィリアム・テル」、「なんとかマホガニィ」、「イタリアのトルコ人」、そしてなんと言っても「イドメネオ」。フランコ・ファジョーリのイダマンテがとても楽しみ。

Details of The Royal Opera's 2014/15 Season have been announced.
http://www.roh.org.uk/news/opera-and-music-201415

Autumn Season

Anna Nicole

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1333.html

Mark-Anthony Turnage
Dir: Richard Jones
Cond: Antonio Pappano

A tale of sex, celebrity and scandal: Mark-Anthony Turnage’s opera explores the dramatic life and death of Anna Nicole Smith.

Cast:

Anna Nicole – Eva-Maria Westbroek
Virgie – Susan Bickley
The Lawyer Stern – Rodney Gilfry
Old Man Marshall – Alan Oke
Blossom – Allison Cook
Doctor – Andrew Rees
Larry King – Peter Hoare
Aunt Kay – Rebecca de Pont Davies
Billy – Grant Doyle
Mayor – Wynne Evans
Donald – Jeremy White
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

11 | 16 | 18 | 20 | 24 September at 7.30pm; 13 September at 7pm

Rigoletto
Giuseppe Verdi
Dir: David McVicar
Cond: Maurizio Benini (except 6 Oct) / Paul Griffiths (6 Oct)

Corruption and innocence collide in Verdi’s remarkable opera. David McVicar’s staging emphasizes the depravity at the heart of the court of Mantua.

Cast:

Duke of Mantua – Saimir Pirgu (12, 15, 20 mat, 23, 27, 30 Sept; 3, 6 Oct) / Piero Pretti (17, 21 mat Sept)
Rigoletto – Simon Keenlyside (12, 15, 20 mat, 23, 27, 30 Sept; 3, 6 Oct) / Dimitri Platanias (17, 21 mat Sept)
Gilda – Aleksandra Kurzak (12, 15, 20 mat, 23, 27, 30 Sept; 3, 6 Oct) / Eri Nakamura (17, 21 mat Sept)
Sparafucile – Brindley Sherratt (12, 15, 20 mat, 23, 27, 30 Sept; 3, 6 Oct) / Alexander Tsymbalyuk (17, 21 mat Sept)
Maddalena – Justina Gringyte (12, 15, 20 mat, 23, 27, 30 Sept; 3, 6 Oct) / Nadezhda Karyazina §
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

12 | 15 | 17† | 23 | 30 September at 7.30pm; 20 September at 12.30pm; 21 September at 2pm; 27 September at 7pm
3** | 6 October at 7.30pm

§ Jette Parker Young Artist
† BP Big Screen Live Relay
**Sign-language interpreted

Il barbiere di Siviglia
Gioachino Rossini
Dir: Moshe Leiser and Patrice Caurier
Cond: Mark Elder

Moshe Leiser and Patrice Caurier’s production of Rossini’s sparkling comedy is full of wit and energy.

Cast:

Rosina – Serena Malfi
Count Almaviva – Michele Angelini
Figaro – Lucas Meachem
Doctor Bartolo – Alessandro Corbelli
Don Basilio – Maurizio Muraro
Berta – Janis Kelly
Fiorello – Wyn Pencarreg
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

19 | 22 | 25 | 29 September at 7pm
2 October at 7pm; 5 October at 6.30pm

The Trial NEW (Linbury Studio Theatre)
Philip Glass
Lib: Christopher Hampton
Dir: Michael McCarthy
Cond: Michael Rafferty

Philip Glass, one of the world’s most popular contemporary composers, creates a new work for Music Theatre Wales based on Kafka’s nightmarish novel.

Cast:

Soprano – Amanda Forbes
Mezzo-soprano – Rowan Hellier
Tenors – Paul Curievici, Michael Bennett
Baritones – Gwion Thomas, Johnny Herford
Bass-baritones – Nicholas Folwell, Michael Druiett
Music Theatre Wales Ensemble

10 | 11 | 14 | 15 | 17 October at 7.45pm; 18 October at 6pm

La scala di seta (Linbury Studio Theatre)
Gioachino Rossini
Dir: Greg Eldridge §
Cond: Jonathan Santagada §

The Jette Parker Young Artists present a fully staged performance in the Linbury Studio Theatre, in one of the most popular highlights of Meet the Young Artists Week.

Cast:

Guilia – Lauren Fagan §
Lucilla – Anush Hovhannisyan §
Dorvil – Luis Gomes §
Dormont – Samuel Johnson §
Germano – Yuriy Yurchuk §
Blansac – James Platt §
Southbank Sinfonia

23 October at 7pm; 24 October at 1pm and 7pm

§ Jette Parker Young Artist

I due Foscari NEW
Giuseppe Verdi
Dir: Thaddeus Strassberger
Cond: Antonio Pappano (14, 17, 20, 23, 27 Oct) / Renato Balsadonna (30 Oct, 2 Nov)

A despairing father is torn between love for his family and duty to a corrupt city in Verdi’s searing early tragedy.

Cast:

Francesco Foscari – Plácido Domingo
Jacopo Foscari – Francesco Meli
Lucrezia Contarini – Maria Agresta
Jacopo Loredano – Maurizio Muraro
Barbarigo – Samuel Sakker §
Pisana – Rachel Kelly §
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

14 | 17 | 20 | 23 | 27† | 30 October at 7.30pm
2 November at 3pm

§ Jette Parker Young Artist
† Live cinema relay

Idomeneo NEW
Wolfgang Amadeus Mozart
Dir: Martin Kušej
Cond: Marc Minkowski

Love and sacrifice vie in Mozart’s sublime early masterpiece, directed by Martin Kušej in his UK debut.

Cast:

Idomeneo – Matthew Polenzani
Idamente – Franco Fagioli
Ilia – Sophie Bevan
Elettra – Malin Byström
Arbace – Stanislas de Barbeyrac
High Priest of Neptune – Krystian Adam
Voice of Neptune – Graeme Broadbent
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

3 | 6 | 10 | 15 | 19 | 24 November at 6.30pm

Glare NEW (Linbury Studio Theatre)
Sørens Nils Eichberg
Lib: Hannah Dübgen
Dir: Thaddeus Strassberger
Cond: Geoffrey Paterson

Danish-German composer Søren Nils Eichberg presents his much-anticipated operatic debut, a taut thriller about trust and reality.

Cast: TBC

TBC November

L’elisir d’amore
Gaetano Donizetti
Dir: Laurent Pelly
Cond: Daniele Rustioni

Laurent Pelly’s acclaimed production of Donizetti’s opera radiates tenderness, humour and southern sunshine.

Cast:

Adina – Lucy Crowe
Nemorino – Vittorio Grigolo
Dulcamara – Bryn Terfel
Belcore – Levente Molnár
Giannetta – Kiandra Howarth §
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

18 | 26† November at 7.30pm; 22 November at 3pm; 29 November at 7pm
4 | 9 December at 7.30pm; 13 December at 7pm

† Live cinema relay
§ Jette Parker Young Artist

Orfeo NEW (Roundhouse, Camden)
Claudio Monteverdi
Dir: Michael Boyd / Trans: Don Paterson
Cond: Christian Curnyn

Cast:

Orfeo – Gyula Orendt
Euridice / Echo – Susanna Hurrell
Music / Nymph – Mary Bevan
Persephone – Rachel Kelly §
Pluto – Callum Thorpe
Charon – James Platt
Messenger – Susan Bickley
Shepherd 1 – Anthony Gregory
Shepherd 2 / Apollo – Amar Muchhala
Shepherd 3 / Hope – Christopher Lowrey
Orchestra of the Early Opera Company

13 | 14 | 16 | 17 | 20 | 21 | 23 | 24 January

§ Jette Parker Young Artist

Winter Season

Tristan und Isolde
Richard Wagner
Dir: Christof Loy
Cond: Antonio Pappano

Christof Loy brings intense insight to Wagner’s story of illicit love, told through music of thrilling power.

Cast:

Tristan – Stephen Gould
King Marke – John Tomlinson
Isolde – Nina Stemme
Kurwenal – Iain Paterson
Brangäne – Sarah Connolly
Melot – Neal Cooper
Sailor – Ed Lyon
Shepherd – Luis Gomes §
Steersman – Yuriy Yurchuk §
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

5 | 8 | 11 | 17 December at 5pm; 14 | 21 December at 3pm

§ Jette Parker Young Artist

Un ballo in maschera NEW
Giuseppe Verdi
Dir: Katharina Thoma
Cond: Daniel Oren

Katharina Thoma directs a new production of Verdi’s tragedy of illicit love, loyalty and betrayal.

Cast:

Riccardo – Joseph Calleja
Amelia – Liudmyla Monastyrska
Renato – Dimitri Hvorostovsky
Ulrica – Marianne Cornetti
Oscar – Rosemary Joshua
Sam – Anatoli Sivko
Tom – James Platt § (18, 22, 30 Dec; 2, 6 Jan) / Jihoon Kim (13, 17 Jan)
Silvano – Samuel Johnson §
Minister of Justice – Samuel Sakker §
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

18 | 22 | 30 December at 7.30pm
2 | 6 | 13 January at 7.30pm; 17 January at 7pm

§ Jette Parker Young Artist

Listen to the Silence – A Journey with John Cage NEW (Linbury Studio Theatre)
John Cage
Dir: Wouter Van Looy / Letizia Renzini

Explore the mind-bending world of philosopher composer John Cage in Zonzo Compagnie’s award-winning interactive family show.

Cast:

Actor – Tjyying Liu
Piano – Jeroen Malaise
Technicians – Pat Caers, Peter Quasters

30 January at 7pm; 31 January at 2pm and 4pm
1 February at 2pm and 4pm

Andrea Chénier NEW
Umberto Giordano
Dir: David McVicar
Cond: Antonio Pappano

David McVicar directs a new production of Umberto Giordano’s passionate drama of liberty and love in the French Revolution.

Cast:

Andrea Chénier – Jonas Kaufmann
Carlo Gérard – Željko Lučić
Maddalena de Coigny – Eva-Maria Westbroek
Bersi – Denyce Graves
Madelon – Elena Zilio
Countessa de Coigny – Rosalind Plowright
Roucher – Roland Wood
Pietro Fléville – Peter Coleman-Wright
Mathieu – Adrian Clarke
L’Incredibile – Carlo Bosi
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

20 | 23 | 26 | 29† | 31 January at 7.30pm
3 | 6 February at 7.30pm

† Live cinema relay

Der fliegende Holländer
Richard Wagner
Dir: Tim Albery
Cond: Andris Nelsons

Tim Albery’s acclaimed production is a darkly insightful account of Wagner’s early masterpiece, The Flying Dutchman.

Cast:

The Dutchman – Bryn Terfel
Senta – Adrianne Pieczonka
Daland – Peter Rose
Steersman – Ed Lyon
Mary – Catherine Wyn-Rogers
Erik – Michael König
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

5 | 9 | 12 | 17 | 20 | 24† February at 7.30pm

† Live cinema relay

Die Zauberflöte
Wolfgang Amadeus Mozart
Dir: David McVicar
Cond: Cornelius Meister

Comedy and philosophy unite in Mozart’s glorious The Magic Flute, brought enchantingly to life by David McVicar.

Cast:

Tamino – Toby Spence (23, 26 Feb; 2, 6, 9, 11 Mar) / Pavol Breslik (28 Feb; 4, 7 March)
Pamina – Janai Brugger (23, 26 Feb; 2, 6, 9, 11 Mar) / Christiane Karg (28 Feb; 4, 7 March)
Queen of the Night – Anna Siminska
Papageno – Markus Werba
Sarastro – Georg Zeppenfeld
Monostatos – Colin Judson
Papagena – Rhian Lois (23, 26, 28 Feb; 2, 4, 6 Mar) / Lauren Fagan § (7, 9, 11 Mar)
The Speaker – Benjamin Bevan (23, 26 Feb; 2, 6, 9, 11 Mar) / Robert Lloyd (28 Feb; 4, 7 March)
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

23 | 26 | 28 February at 7pm
2 | 4 | 6 | 7 | 9 | 11 March at 7pm

Spring Season

Rise and Fall of the City of Mahagonny NEW
Kurt Weill
Dir: John Fulljames
Cond: Mark Wigglesworth

John Fulljames presents a new production of Bertolt Brecht and Kurt Weill’s furiously impassioned satire on consumerism.

Cast:

Leocadia Begbick – Anne Sofie von Otter
Fatty – Peter Hoare
Trinity Moses – Willard W White
Jenny Smith – Christine Rice
Jimmy McIntyre – Kurt Streit
Jack O’Brien – Jeffrey Lloyd-Roberts
Bank Account Billy – Darren Jeffrey
Alaska Wolf Joe – Neal Davies
Toby Higgins – Hubert Francis
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

10 | 12 | 14 | 24 March at 7.30pm; 28 March at 12.30pm
1† | 4 April at 7.30pm

† Live cinema relay

Madama Butterfly
Giacomo Puccini
Dir: Moshe Leiser and Patrice Caurier
Cond: Nicola Luisotti

East meets West with devastating effect in Moshe Leiser and Patrice Caurier’s production of Puccini’s poignant opera.

Cast:

Cio-Cio-San – Kristine Opolais (20, 23, 28, 31 Mar; 4 mat, 9 April) / Alexia Voulgaridou (6 April)
BF Pinkerton – Brian Jagde (20, 23, 28, 31 Mar; 4 mat, 9 April) / Noah Stewart (6 April)
Sharpless – Gabriele Viviani
Goro – Carlo Bosi
Suzuki – Enkelejda Shkosa
The Bonze – Jeremy White
Prince Yamadori – Yuriy Yurchuk §
Imperial Commissione – Samuel Johnson §
Kate Pinkerton – Anush Hovhannisyan §
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

20 | 23 | 28 | 31 March at 7.30pm
4 April at 2.30pm; 6 April at 7.30pm; 9 April at 12.30pm

§ Jette Parker Young Artist

Swanhunter (Linbury Studio Theatre)
Jonathan Dove
Alasdair Middleton
Dir: Hannah Mulder / Rachael Canning

In a new co-production, Opera North and The Wrong Crowd present Jonathan Dove’s family opera, with a beguiling blend of evocative music, stunning puppetry and visual storytelling.

4–11 April

Il turco in Italia
Gioachino Rossini
Dir: Moshe Leiser and Patrice Caurier
Cond: Evelino Pidò

Rossini’s irresistible comedy glows with Fellini-esque glamour in Moshe Leiser and Patrice Caurier’s sun-drenched production.

Cast:

Selim – Ildebrando D’Arcangelo
Fiorilla – Aleksandra Kurzak
Don Geronio – Alessandro Corbelli
Don Narciso – Barry Banks
Prosdocimo – Thomas Allen
Zaida – Rachel Kelly §
Albazar – Luis Gomes §
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

11 | 15 | 20 | 27 April at 7.30pm; 18 | 25 April at 7pm

§ Jette Parker Young Artist

Król Roger NEW
Karol Szymanowski
Dir: Kasper Holten
Cond: Antonio Pappano

Kasper Holten presents a new production of Szymanowski’s sumptuously scored meditation on identity and desire.

Cast:

Król Roger II: Mariusz Kwiecień
Shepherd – Saimir Pirgu
Roxana – Georgia Jarman
Edrisi – Kim Begley
Archbishop – Alan Ewing
Deaconess – Agnes Zwierko
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

1 | 6 | 12 | 19 May at 7.30pm; 9 | 16 May at 7pm

Antonio Pappano Orchestral Concert
Cond: Antonio Pappano
Soprano: Anna Caterina Antonacci
Orchestra of the Royal Opera House

Antonio Pappano conducts a captivating programme that celebrates the award-winning Orchestra of the Royal Opera House.

4 May at 7.30pm

The Virtues of Things NEW (Linbury Studio Theatre)
Matt Rogers
Lib: Sally O’Reilly

Rising stars Matt Rogers and Sally O’Reilly present a new opera as part of the annual collaboration between The Royal Opera, Opera North and Aldeburgh Music.

TBC May

La traviata
Giuseppe Verdi
Dir: Richard Eyre
Cond: Marc Minkowski (18 | 22 | 25 | 28 May; 3 | 19 | 24 | 27 | 30 June; 4 July) / Alexander Joel (6 | 9 | 11 | 13 | 15 | 17 June)

Verdi’s tragic tale of a Parisian courtesan who sacrifices all for love is vividly told in Richard Eyre’s production.

Cast:

Violetta Valéry – Sonya Yoncheva (18, 22, 25, 28 May; 3, 19, 24, 27, 30 Jun; 4 Jul) / Marina Rebeka (6, 9, 11, 13, 15, 17 Jun)
Alfredo Germont – Ismael Jordi (18, 22, 25, 28 May; 3, 19, 24, 27, 30 Jun; 4 Jul) / Dmytro Popov (6, 9, 11, 13, 15, 17 Jun)
Giorgio Germont – Franco Vassallo (18, 22, 25 May; 19, 24, 27, 30 Jun; 4 July) / Plácido Domingo (28 May, 3 Jun) / George Petean (6, 9, 11, 13, 15, 17 Jun)
Flora Bervoix – Nadezhda Karyazina § (18, 22, 25, 28 May; 3, 19, 24, 27, 30 Jun; 4 Jul) / Rachel Kelly § (6, 9, 11, 13, 15, 17 Jun)
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

18 | 22 | 25 | 28 May at 7pm
3 | 6 | 9 | 11 | 13 | 15 | 17 | 19 | 24 | 27 | 30 June at 7pm
4 July at 7pm

§ Jette Parker Young Artist

Summer Season

La bohème
Giacomo Puccini
Dir: John Copley
Cond: Dan Ettinger (23, 27, 30 May; 2, 5, 8, 10 June) / Alexander Joel (9 mat, 11, 13, 16 July)

A lost key and an accidental touch of cold hands in the dark – so begins one of the greatest romances of all opera.

Cast:

Mimì – Anna Netrebko (23, 27, 30 May; 2, 5, 8, 10 June) / Lianna Haroutounian (9 mat, 11, 13, 16 July)
Rodolfo – Joseph Calleja (23, 27, 30 May; 2, 5, 8, 10 June) / Piotr Beczala (9 mat, 11, 13, 16 July)
Marcello – Lucas Meachem (23, 27, 30 May; 2, 5, 8, 10 June) / Levente Molnár (9 mat, 11, 13, 16 July)
Musetta – Jennifer Rowley (23, 27, 30 May; 2, 5, 8, 10 June) / Ekaterina Bakanova (9 mat, 11, 13, 16 July)
Schaunard – Simone Del Savio (23, 27, 30 May; 2, 5, 8, 10 June) / Dionysios Sourbis (9 mat, 11, 13, 16 July)
Colline – Marco Vinco (23, 27, 30 May; 2, 5, 8, 10 June) / Nahuel Di Pierro (9 mat, 11, 13, 16 July)
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

23 | 27 | 30 May at 7.30pm
2 | 5 | 8 | 10† June at 7.30pm
9 July at 12.30pm; 11 | 13 | 16 July at 7.30pm

† Live cinema relay

King Size NEW (Linbury Studio Theatre)
Christoph Marthaler

A somnolent couple in a huge hotel bedroom sing songs ranging from Purcell to pop, in Christoph Marthaler’s acclaimed reimagining of the Liederabend (‘evening of song’).

TBC June

The Cure / The Corridor NEW (Linbury Studio Theatre)
Harrison Birtwistle
Lib: David Harsent
Dir: Martin Duncan
Cond: TBC

The Royal Opera celebrates the work of Harrison Birtwistle with a double programme featuring one world premiere and Birtwistle’s acclaimed 2009 chamber opera.

TBC June

Dot, Squiggle and Rest NEW (Clore Studio Upstairs)
Elspeth Brooke and Joy Haynes

The award-winning Polka Theatre presents their first children’s opera, in collaboration with The Royal Opera’s former Composer in Residence, Elspeth Brooke.

TBC June

Don Giovanni
Wolfgang Amadeus Mozart
Dir: Kasper Holten
Cond: Alain Altinoglu

ROH Director of Opera Kasper Holten directs a mesmerizing reading of Mozart’s tragicomedy.

Cast:

Don Giovanni - Christopher Maltman
Leporello – Alex Esposito
Donna Anna – Albina Shagimuratova
Donna Elvira – Dorothea Röschmann
Don Ottavio – Rolando Villazón (12, 16, 18, 25 Jun; 1, 3 Jul) / Michele Angelini (20, 22 June)
Zerlina – Julia Lezhneva
Masetto – Nahuel Di Pierro
Commendatore – Eric Halfvarson
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

12 | 16 | 18 | 20 | 22 | 25 June at 7pm
1 | 3 July at 7pm

Guillaume Tell NEW
Gioachino Rossini
Dir: Damiano Michieletto
Cond: Antonio Pappano

Damiano Michieletto makes his UK debut with a new production of Rossini’s final opera and greatest masterpiece.

Cast:

Guillaume Tell – Gerald Finley
Arnold Melcthal – John Osborn
Mathilde – Malin Byström
Walter Furst – Alexander Vinogradov
Jemmy – Sofia Fomina
Gesler – Nicolas Courjal
Melchtal – Eric Halfvarson
Rodolphe – Michael Colvin
Ruodi – Mikeldi Atxalandabaso
Hedwige – Enkelejda Shkosa
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

29 June at 6pm
2 | 8 | 10 | 14 | 17 July at 6pm; 5† July at 3pm

† Live cinema relay

Falstaff
Giuseppe Verdi
Dir: Robert Carsen
Cond: Michael Schønwandt

Robert Carsen’s production of Verdi’s comic masterpiece is filled with wit, humour and joie de vivre.

Cast:

Sir John Falstaff – Ambrogio Maestri
Alice Ford – Marina Poplavskaya
Nanetta – Anna Devin
Meg Page – Kai Rüütel
Mistress Quickly – Agnes Zwierko
Fenton – Paolo Fanale
Ford – Roland Wood
Dr Caius – Peter Hoare
Bardolfo – Alasdair Elliott
Pistol – Lukas Jakobski
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

6 | 9 | 15 | 18 July at 7.30pm; 12 July at 7pm

Jette Parker Young Artists Summer Performance
Staging: Greg Eldridge §

18 July at 1pm

§ Jette Parker Young Artist

Plácido Domingo’s Operalia
Competition Final


The final of Plácido Domingo’s international singing competition comes to the Royal Opera House for the first time, in an extravaganza of operatic song.

19 July at 6pm

Peter Pan NEW
Richard Ayres
Lib: Lavinia Greenlaw
Dir: Keith Warner
Cond: TBC

Welsh National Opera presents Richard Ayres and Lavinia Greenlaw’s new family opera adapted from J.M. Barrie’s beloved fairytale.

24 | 25 July at 7.30pm

mad boy clever girl (double bill) NEW (Linbury Studio Theatre)
David Sawer
Dir: Richard Jones
Cond: TBC

Birmingham Contemporary Music Group performs two chamber works by leading British composer David Sawer, brought together as the composer intended for the first time.

TBC July

カプリッチョ@ロイヤル・オペラ

2013.08.13
7月21日に、ロイヤル・オペラ・ハウスの2012/13シーズンの最終演目、「カプリッチョ」を観てきた。作曲家はリヒャルト・シュトラウス。初めて聴くオペラの上に、コンサート形式だったので短く。さらに、ロンドンのブログ仲間のレポで写真等詳しい情報を。

http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-11587241050.html

 当夜の印象は、聴衆の何割かは本当にシュトラウスのこのオペラを聴きたくてきた人たちなのだろうか、ということ。シュトラウスの歌曲やオペラが好きな僕にとっても、「カプリッチョ」の最初の15分は旋律がつかみ辛く感じられた。周りの人たちが居心地悪げにもぞもぞしているのが気になった。コーポレイトの招待等で来た人たちには、2時間半休憩なしのこの舞台はきつかっただろうと想像する。

 コンサート形式ということで演出家が居ないぶん、邪魔なものがなく、歌手の皆さんの演技が素直で帰って舞台に強く惹き込まれた。芸達者ということでは全員だが、中でも主役のルネ・フレミング、伯爵を歌ったボー・スコウフス、オリヴィエ(詩人)のクリスティアン・ゲルハーエルは上手かった。

 歌手陣の水準は素晴らしく、大満足。素晴らしいという噂だけを聞いていて、生の声を聴いたことがなかったクリスティアン・ゲルハーエルは最初は細い声質だと感じたのだが、オーケストラ(珍しく舞台の上)の音にかき消されるなんてことは全くなく、歌唱の安定性は群を抜いていた。秋のウィグモアでのリサイタルが楽しみ。

 フレミングと同じように、ずっと暗譜で通したスコウフスはかなり昔にロイヤル・オペラに出たことがあるようだ。調子のいい伯爵を軽やかに、ちょっと艶っぽく歌っていた。プログラムによる最近のレパートリィは悪役が多い。今回の舞台では楽しそうに歌い、演じていたので根は明るいのかもしれない。

 フレミング。嫌いではないが、好きかと訊かれるとすぐに返事はできない。巧いけど、どの舞台を観ても「フレミング」だから。今回も2時間半の舞台でほぼ2時間は舞台に出ていた。疲れも見せず、声のコントロールも完璧。伯爵夫人の最後のソロが始まる前にいったん舞台から去ったフレミング。「メイクを直せる時間がなかったからいいタイミングだな」と思っていたら、口紅をいっそう鮮やかにして戻ってきた。

 オペラの主題は、音楽が先か、詩(言葉)が先か?「アリアドネ」で扱った新しい生き方、古い価値観の対立と似通っているので、これはシュトラウスにとって生涯の命題だったのかと。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-838.html

 オーケストラで面白いことがあった。舞台左手の奥にハープが2台。あとで判ったことだが、セカンド・ハーピスとは男性。繊細という言葉からはほど遠い、まるでかつてのプロイセンの将軍を彷彿とさせるたくましいひげをたくわえていた。
 彼の演奏時間はトータルでおそらく15分ほど。それもオペラのほぼ最後。にもかかわらずずっと腕組みしたまま座りづつけていた。楽しかったのかな、あのハーピスト。

 2014年はリヒャルト・シュトラウスの生誕150年ということで、ロイヤル・オペラも珍しくシーズン中に3演目。上演予定順に、「エレクトラ」、「影のない女」、そして「ナクソス島のアリアドネ」。「アリアドネ」は大好きなオペラの上に、カリタ・マッティラが主演予定、クリストフ・ロイのデカダンな演出、しかもパッパーノが指揮ということで楽しみだが、あとの二つが代わり映えしない。「ダナエの愛」とか「エジプトのヘレナ」、舞台化が難しいであろう「ダフネ」を持ってきて欲しかった。

真面目が肝心@リンベリィ・スタジオ・シアター

2013.08.11
DSCN8881.jpg

イギリスで暮らしながら読んでいない、読もうとも思わない作家はたくさん居るが、そのうちの一人がオスカー・ワイルド。イギリス人の友人曰く、「ワイルドはアイルランド人だから」とのことだが、ワイルドの存在がとりわけイギリスの舞台芸術にどれほどの影響を及ぼしたのかを知らないのは、痛いといえば痛い。が、どうしても本を読む気にはなれない。

 で、ワイルドがこんな作品を書いたことすら知らなかった、「The Importance of Being Earnest」をアイルランド人作曲家のジェラルド・バリィがオペラにし、初めて舞台化したものがリンベリィで6月に上演された(音楽自体は既に2012年に発表済み)。

Gerald Barry: music and libretto

Ramin Gray: Director

Simon Wilding: Lane/ Merriman
Benedict Nelson: Algernon Moncrieff
Paul Curievici: John Worthing
Stephanie Marshall: Gwendolen Fairfax
Alan Ewing: Lady Bracknell
Hilary Summers: Miss Prism
Ida Falk Winland: Cecily Cardew
Geoffrey Dolton: The Rev. Canon Chasubel, D.D.


舞台の模様
http://www.flickr.com/photos/royaloperahouse/sets/72157634125452330/

 中日と最終日に観た。観る前にあらすじと作品の周辺情報を読んでおいたので、舞台でなにごとが進んでいるのかは判った。また、要所要所で会場から湧き上る爆笑で、イギリス人がいかにこの原作に精通し、且つ好意を持っていることもよく判った。外国人の立場からだと、イギリスの「階級社会」の根深さをまざまざと感じた。

 音楽は、僕にとっては「オペラ」とは感じられなかった。旋律が現代音楽過ぎて口ずさめないからではなく、オペラというフォーマットを逸脱し過ぎなのではという点があったから。演出家の意図なのか、作曲者の意図なのか判らないが、例えば拡声器で台詞をしゃべる場面。特にこの場面では、打楽器奏者の女性が舞台左手に用意された何十枚という皿を歌手の台詞にあわせてリズミカルに叩き割るという演出もあり、視覚的には楽しいけど音楽的にはどうもという釈然としない気持ちを払拭できなかった。

 一幕では、歌手達がドイツ語で重唱する場面がある。旋律はオリジナルながら、歌っている歌詞が「歓喜の歌」の有名な alle Menschen werden bruder wo dein sanfter を繰り返しているのには笑った。

 批評家筋に受けが悪かったのは、レイディ・ブラックネルを男性に歌わせたこと。確かに違和感はあったが、僕にとってはこの舞台で初めて「真面目が肝心」を知ることになったので、芸達者な歌手でもあり、楽しめた。

 もうひとつ。この物語の最も重要な登場人物、Algernon。日本で暮らしていた時は、「アルジャーノンに花束を」もあってその発音を疑問に感じたことはなかった。が、今回の舞台、そして友人達の発音を聴いていると、「アルジャノン(強勢は最初のA)」。アメリカとイギリスでこの名前のストレスが違うのだろうか?

 全体として評価は高かったし、連日ほぼ完売のようだったので近い将来、戻ってくるだろう。笑ってはいけないことなのだが、観に行ったふた晩とも、隣に座ったそれぞれ違うカップルが休憩中に帰ってしまったこと。男性も女性も豪勢にドレス・アップしていたので、「トスカ」とか「ラ・トラヴィアータ」の様なグランド・オペラだと勘違いしたのではなかろうか。

 オペラ・ハウスで上演されるすべての演目が黴臭い演目だけではない、ということは既に多くの人が知っていることだと思っていた。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.