LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Stageの記事一覧

13(舞台)@Olivier Theathre

2011.12.04
12月3日、午前中に参加したカウンセリングの講義が終わり携帯電話をオンにするとメッセイジが入っていた。ある友人からで、「今日、午後2時からナショナルであるコメディの舞台のチケットをもらったんだけど、僕もいけないから、君が行けるなら譲るよ」というものだった。
 夜はサドラーズにいくことになっていたのでちょっと逡巡した。でも、自分からは絶対に舞台を観に行こうなんて思わないから、ロンドンで初めての英語による舞台を経験してみるかということで、行くことにした。コメディだし。

 コメディではなかった。

13

a new play by Mike Bartlett

4 STARS ‘A powerful, disturbing play.’ The Guardian

‘Widescreen theatre... Bartlett's ambition is distinctive and immense.' Evening Standard

'Hip, incisive... 13 demands to be seen.' Time Out

Work out what you want and go for it with all your conviction and don’t care if you seem outrageous or stupid… All that’s needed, in the end, is belief.

Across London, people wake up from an identical, terrifying dream. At the same moment, a young man named John returns home after years away to find economic gloom, ineffective protest, and a Prime Minister about to declare war. But John has a vision for the future and a way to make it happen.

Coincidences, omens and visions collide with political reality in this epic new play from the writer of Earthquakes in London. Set in a dark and magical landscape, it depicts a London both familiar and strange, a London staring into the void. In a year which has seen governments fall as the people take to the streets, 13 explores the meaning of personal responsibility, the hold that the past has over the future and the nature of belief itself.

What I’m saying is, you’re right, there is silence… But you can read something into it.

World Premiere

Cast credits:

Trystan Gravelle
Geraldine James
Danny Webb

ほか、沢山

Production credits:
Director
Thea Sharrock

Designer
Tom Scutt

Lighting Designer
Mark Henderson


 始まってみたら、全く笑えるところがなくて「コメディではない」と切り替えてやっと舞台に集中できた。先に書いたように、英語による舞台は初めてなので、台詞を理解できるか不安だったが、とっても判りやすいディクションで台詞自体は良く聞き取れた。問題は、第1部の大半は、入れ替わり立ち代り現れる登場人物同士の会話が前後とどうかかわるのかがつかめなくて舞台が目指す方向が全く見えなかった。
 後半になってやっと舞台の流れがつかめたが、そのあたりになると、別の理由で舞台に引き込まれた。ストレスにあふれる現代社会を生き抜くために、人は、他者を批判することでしか自分の「正当性」を自らに納得させることができない。自分の存在が他者に比べて優れていることを実証するために攻撃する対象が必要にもかかわらず、攻撃対象となっていた他者から反撃されると、すぐにコミュニケイションを断絶し、次の対象が現れるまで自分の殻に閉じこもる。

 役者のよしあしを判断する基準を持ち合わせていないが、首相を演じたジェラルディン・ジェイムズは素晴らしかった。評派は今ひとつのようだけど、現代人が陥っているコミュニケイションの落とし穴を描いているという点では、興味深い舞台だった。ナショナル・シアター、内部の案内があまりにも不明瞭。

http://www.guardian.co.uk/stage/2011/oct/26/13-review

http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/theatre-reviews/8848998/13-National-Theatre-review.html

スポンサーサイト
Stage    Comment(0)   ↑Top
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.