LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Summer London 2012の記事一覧

I will miss you all:さよならウェンロック、マンデヴィル

2012.09.04
DSCN2967.jpg

 全部を撮りきれなかったけど、いくつか追加した。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157631253593700/

 僕と同じように、印刷したルート・マップを手に彼らを探しまわっている家族連れにたくさん遭遇した。

 僕のように寝返ってしまった人もいれば、頑に「不気味だ」と受け入れない人もいる。いろいろ議論を巻き起こしたウェンロックとマンデヴィルのデザインだけど、オリンピック、パラリンピックのマスコット史にあらゆる意味でしばらくは語られる存在なのかなと思う。

DSCN2974.jpg

スポンサーサイト

マスコットを探して三千里:9月8日まで(らしい)

2012.08.26
日々、イギリスデザインの深淵にずぶずぶと浸かってしまっています。

DSCN2882.jpg
(最も欲しいのがこれ)

DSCN2911.jpg

DSCN2858.jpg
(これは夜一人で見たら怖いかも)

 オークション・サイトで一体くらい購入できるかとの甘い考えは木っ端みじんになり、では、せめていくつかの写真を撮っておこうかと思っていたところ、ロンドンのどこにウェンロックとマンデヴィルがおいてあるかの情報があるウェブを見つけた。

http://www.molpresents.com/stroll

 天気がよかったので、黄色、青そして緑のルートの中で、リストにある名前からおそらく気に入るだろうものに目星をつけて効率よく回って撮った写真。ロンドン五輪を夏休みの課題にしているお子様たちの役に立つだろうか。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157631253593700/

 特に黄色のルートは、普段ほとんど行く機会のない地域なので、探しつつ町の風景の変わりように驚いた。10年ほど前、心理学、そして心理カウンセリングを学んでいたのはこの辺り。あの頃はロンドンに詳しくなく、人種のるつぼのような風景に驚いてばかりいた。

 ウェブの情報によると、どうやらウェンロックとマンデヴィルが設置されているのは9月8日までのようなので、興味のある方は早めに。個人的には、青と緑のルートがおすすめかな。

カルチャラル・オリンピアードもまだ続いています

2012.08.21
たった二日だけ、日中の最高気温が30度を超えて既にぐったりです。8月の日本に帰れる自分を想像できません。

 オリンピック報道は活況でしたが、同時にイギリス全土で展開されているカルチャラル・オリンピアード、それの総決算であるロンドン2012フェスティヴァルはあまり日本では報道されていない印象があります。が、イギリス国内では、この芸術総合企画への賞賛は高く、これほどの経験とネットワークの蓄積を今回だけで終わらせるのは惜しいとの声が急速に広まっています。

Jeremy Hunt considers biennial culture festival
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-19258052

 考えてみると、世界の美術品マーケットの大きな市場であるロンドンには、ヴェネツィアのようなビエンナーレはないな、と。今回のような全国隅々で展開される芸術企画というのは、世代に関係なく人々の創造性を刺激するであろう興味深いもの。ただし、ここまでに至るまでには、巨額な資金も必要との認識を、ディレクターのマッケンジィ女史はインタヴューで答えていました。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1636.html

 今朝、フェスティヴァル事務局で開かれた今週以降の注目イヴェント紹介の集まりに参加できたので、参考までにいくつか。

 僕自身、全くの初耳の音楽は、カールハインツ・シュトックハウゼンという人。彼の「Mittwoch aus Licht」というオペラがバーミンガムで上演されます。

http://www.birminghamopera.org.uk/index.php?option=com_content&view=article&id=91&Itemid=120

 事務局でもらった資料によると、ヘリコプターに乗り来んがクワルテットが演奏に参加するということで、検索したらこんなニュースが。

Stockhausen’s Mittwoch Aus Licht:Opera with real altitude
http://www.telegraph.co.uk/culture/music/classicalmusic/9447531/Stockhausens-Mittwoch-Aus-LichtOpera-with-real-altitude.html

It could only be opera, I suppose, but it is unlike any opera you may have seen before. The Birmingham Opera Company are staging Karlheinz Stockhausen’s Mittwoch Aus Licht in full, for the first time, on an industrial estate in the heart of the Midlands city. It is a six-hour production of a notoriously difficult piece of music which features (alongside the flying orchestra and singing dromedary), a helicopter string quartet, in which four musicians in separate helicopters synchronise their playing with the rotor blades while hovering in Birmingham’s airspace.

 パラリンピックの開幕は来週、8月29日。それにあわせてか、身体機能に所外を持つパフォーマーによるダンス等があります。

CAUTION brings together six artists from around the world to work on a series of solo and collaborative performances, video works, still images and installations that allow the artists to explore their limits, break through boundaries and work with the extremes of their abilities to communicate and make things happen. Led by Belfast-based artist and curator Sinéad O’Donnell, CAUTION artists Sylvette Babin (Canada), Mariel Carranza (Peru), Paul Couillard (Canada) Poshya Kakl (Kurdistan-Iraq) and Shiro Masuyama (Japan) interrogate what it means to have an ‘invisible’ disability. (Golden Thread Gallery, Belfast, 24 August – 29 September 2012; FREE, Southbank Centre, London, 1 – 2 September). The artists are also showing a series of CAUTION video works at the Southbank Centre from 31 August to 9 September.

Claire Cunningham: Ménage à Trois explores award-winning performer Claire Cunningham's 20-year relationship with her crutches in a study of love, obsession, loneliness and manipulation. The stunning piece of dance theatre is a collaboration with choreographer and video artist Gail Sneddon, set within an extraordinary, animated environment, enveloping the performers in a surreal, imaginary world. (Tramway 1, Glasgow, 24 – 25 August 2012; The MAC, Belfast, 31 August; Southbank Centre, London, 8 September)


 前者には日本人パフォーマーの名前があります。クレア・カニンガムのダンスをヴィデオでみたのですが、とても目から鱗でした。

 来週末には、イングランド北部にある「ハドリアヌスの壁」に、アメリカ人アーティストが中にLEDを入れた直径2メートルの風船の色を変えることによって、コミュニケイションをするというアート・インスタレイションがあります。

YesYesNo - Connecting Light: Hadrian's Wall
http://festival.london2012.com/events/9000961832

Event Details

A major new art installation for local, national and international audiences to engage with the magnificent structure of the Roman Empire's most northern frontier.

Designed by New York-based artists' collective YesYesNo, including founder member Zachary Lieberman, Connecting Light aims to span the length of Hadrian's Wall. Using a series of tethered balloons and lit by internal LED lights, the installation becomes a line of pulsating colours. The changing colours respond to messages sent across the wall. What was once a protective border is transformed into a line of communication.

The installation will be visible in the evening and accessible to visitors at several locations along the wall. It will also be designed to be viewed remotely all over the world using digital media.

Messages sent across the wall can be made visible through smartphones, iPads and tablets and detailed information will be available at a number of visitor sites.

YesYesNo specialises in the creation of engaging, magical installations that combine creativity, artistic vision and cutting-edge technology.

The installation will be prototyped and tested in late spring and full details of times and visiting locations will be available in early summer.

The 73 mile-long remains of Hadrian's Wall is a UNESCO World Heritage Site and one of the most significant structures of the Roman Empire.

The commission is produced in partnership with Hadrian's Wall Trust and local partners.


http://www.hadrians-wall.org/festival.aspx

 ハドリアヌスの壁って何?、という方にはこちらがとても参考になると思います。

http://blog.goo.ne.jp/bigupset39/e/6c6553b4696bc5d0f44144c0d60f79b7

 個人的には、21世紀、SNSがコミュニケイションの形態を次々に変えていく時代にあって、無意味な懐古趣味に感じてしまいます。イギリス国内では大きく報道されるようなので、結果に興味津々です。

 さらに、演劇、特にシェイクスピアに興味のある人にはこんなのが。

http://festival.london2012.com/events/9000961917

What You Will: Pop Up Shakespeare - To Be or Not To Be, created by Mark Rylance, which will see 50 actors interact with the public in various London streets, bringing to life Shakespeare’s most famous characters (London, 28 August – 2 September 2012).

 マーク・ライランスは、オリンピックスの開幕セレモニィに出演予定でした。が、直前に義理のお嬢さんが若くして亡くなり開幕式は出演を辞退しました。これには予定とおり参加するようです。僕は演劇関連の情報には全く疎いですが、彼は「ナショナル・トレジャー」と称されるほど人気・実力のある俳優とのこと。

 オリンピックが終わって、まるで「日はまた昇る」の最終章の出だしのような虚脱の雰囲気が漂うロンドン、イギリスですが文化行事はしなやかにつづいています。旅行でイギリス各地を訪れる際は、情報をこまめに確認することをお勧めします。

猫にまで好かれるウェンロックとマンデヴィル

2012.08.19
DSCN2813.jpg

実際、猫は我関せずです。ええ、買ってしまいました、自分のために。なんだか、自分の美的感覚が別次元に向かってしまったのかも。


オリンピック・グッズ・オークション、その後

2012.08.17
数日前のポスト(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1733.html)で、買えたら良いなと思っていたこれ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7669216400/in/photostream

 500ポンドくらいなら参加しようかなと思っていたのは甘かった。僕なんぞが手を出せないレヴェルになっている。

スクリーンショット 2012-08-17 20.34.22

Description
I'm flying the flag to welcome the world to the London 2012 Games. Union Flag Mandeville was draped in the flag by Martin Band , managing director of an Urban Design and Landscape Architecture practise and has been involved in urban art and design for many years in the UK and abroad. Working on the design of urban areas, civic spaces, streetscape and gardens, he has also created numerous public art fusing painting with sculpture. www.environmentalassociates.net

Wenlock and Mandeville, the London 2012 mascots, are located at points of interest, iconic settings and Olympic and Paralympic locations all around the capital.

As part of the Mayor of London Presents programme of free cultural events and activities for the 2012 Games, Stroll will take participants through different cityscapes all around the capital. 84 official Olympic and Paralympic Mascot sculptures will guide tourists and Londoners alike. Each sculpture of Wenlock and Mandeville is around 2m in height and is often individually and colourfully designed, corresponding to their immediate surroundings while capturing an element of London life. The net proceeds from the sale of this item will go directly to the Mayor's Fund for London, the charity which aims to inspire and improve the life chances of London's most disadvantaged children by ensuring they have the skills and support to succeed.To find out more visit www.mayorsfundforlondon.org.uk


 自分のことを棚に上げてなんだけど、誰がこんなに払えるんだろう?唖然としながらサイトを見ていてこんなのを見つけた

スクリーンショット 2012-08-17 20.36.31


Description
This unique Rose Garden Mandeville takes time to smell the flowers, regalling in the scent and sight of a traditional English rose garden in Regent's Park. This one of a kind momento of the London 2012 Olympic and Paralymic Games was painted by Sarah Jane Richards, whose work is exhibiting nationally and internationally for public, corporate and private commissions.

Wenlock and Mandeville,?the London 2012 mascots, are located at points of interest, iconic settings and Olympic and Paralympic locations all around the capital.

As part of the Mayor of London Presents programme of free cultural events and activities for the 2012 Games, Stroll will take participants through different cityscapes all around the capital. 84 official Olympic and Paralympic Mascot sculptures will guide tourists and Londoners alike.

Each sculpture of Wenlock and Mandeville is around 2m in height and is often individually and colourfully designed, corresponding to their immediate surroundings while capturing an element of London life.

The net proceeds from the sale of this item will go directly to the Mayor's Fund for London, the charity which aims to inspire and improve the life chances of London's most disadvantaged children by ensuring they have the skills and support to succeed.To find out more visit www.mayorsfundforlondon.org.uk


 ローズ・ガーデン模様とは、またイギリスらしいというか。開幕式で使われた日本国旗も。

スクリーンショット 2012-08-17 20.35.53

Description
This - the official flag of Japan carried into the Opening Ceremony of the London 2012 Olympic Games ? was borne by none other than Japan's flag bearer and two time gold wrestling medallist: Saori Yoshida, during the Parade of Athletes.

With an unprecedented 58-match win streak, Yoshida was the perfect choice to be Japan?s Flag Bearer, with her tenacity and drive towards perfection and sporting excellence: the very essence of the Olympic Games.

A wealth of Japanese citizens proudly gazed on, as the time-old tradition of the Olympic Opening Ceremony honoured the people and nation of Japan with this symbolic flag.

This authentic piece of memorabilia will come with an Official Sporting Memorabilia hologram and Certificate of Authenticity.


 こちらの締め切りは、イギリス時間の8月18日午後7時。でも、日本からは参加できなそう。「added to the winning bid price for EU addressesとなっている。EU圏内の場合、20%のVATが加算される。

 このオークションでどれだけ回収できるのか判らないけど、ロンドン・オリンピックスとパラリンピックスが掲げるサステナビリティ、成果を上げていると言えるかもしれない。

イギリス人像の変遷を見せたオリンピック:選手のルーツ

2012.08.14
今回のロンドン五輪、そしてTeam GBの躍進ぶりをいつもの斜に構えた態度をかなぐり捨てて熱狂的に伝えるイギリスの新聞を毎朝読んでいて考えていたことが、こちらの新聞でも取り上げられました。考えていたことは、「イギリスって、もはやイギリス系白人だけで成り立っている国ではない」ということ。

London 2012 Olympics: Third of Team GB medals 'won by immigrants'
http://www.telegraph.co.uk/sport/olympics/news/9474016/London-2012-Olympics-Third-of-Team-GB-medals-won-by-immigrants.html

Researchers studying our most successful Games team in more than a century found immigration was a factor in least 24 of the 65 medals won by Team GB.

The analysis of podium places, by British Future, a think tank, found at least 11 gold medals, three silvers and 10 bronzes were won by athletes whose immediate family came to Britain from overseas.

Plastic Brits? They were the secret of our success
http://www.independent.co.uk/sport/olympics/news/plastic-brits-they-were-the-secret-of-our-success-8038764.html

Three of the biggest heroes had foreign forebears. Mo Farah, who captured the 5,000m and 10,000m double, was born in Somalia, heptathlon champion Jessica Ennis has a Jamaican father and cycling time trial winner Bradley Wiggins was born in Belgium and had an Australian father.

 インディペンデントが見出しに使っている「Plastic Brits? 」の意図は判りませんが、双方のポイントは、イギリス・チームが獲得したメダル総数の三分の一は、イギリス国外で生まれた、もしくは両親や祖父母が移民である選手の活躍によるもの、という事実。

 もちろん、北京やアテネでもそのような選手の活躍はあったのだと思います。が、今回、ロンドンでの開催ということで情報がたくさんあったこと、また、オープニング・セレモニィで僕にとって最も素晴らしかった場面の二人が、移民2世であったことも影響しているのは確実。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1721.html

 そのような選手の中で最も注目を集めたのは、男子陸上の5千、一万メートルの両方で優勝したMo Farah選手。

1037716111.jpg

 優勝した事実以上にインパクトがあったMobotと呼ばれているこのポーズをしたFarah選手の写真がほぼすべての新聞の一面を占めた朝、これが21世紀のイギリスなんだと単純に思いました。リンクした記事に書いてある通り、Farah選手は、8歳のときにソマリアからイギリスへ。イギリス国内、とりわけロンドンの多文化化を肌で感じたことのない人々には、彼がイギリスを代表する選手という事実に違和感をもたれたかもと推察します。ちなみに、グーグルUKの画像検索でmobotと入れると、ロンドン市長のボリス・ジョンソンやB級セレブがまねている写真がたくさんでてくるはずです。

bolt-mo_2307659b.jpg
(Mobotのポーズでゴールしたボルト選手)

 さらに思ったのは、ここまで人種・移民の多様化が進んでいるのであれば、「人種差別をなくして平等な社会を」というのは無理ではないか、と思います。人種差別が起きてしまう事実を受け入れて、では、その人種差別がどうして起きるのか、差別意識から派生する社会問題にどう取り組むべきかという方向へ意識を変換した方が良いのではとも感じます。それがいやなら、僕も含めてですが、すべての移民を国外に追い出すしかないのでは、とも。

 人々の意識から差別意識をなくすのは不可能だと考えます。根は違えども、階級差別・区別が社会の中心に深くて引き抜けない根を張り巡らしているのであれば、人種差別の意識も取り込んで、社会の方向性を考えても良いのではないかという気がしてきました。そうなれば、ヒステリカルなポリティカル・コレクティネスでねじ曲げられてしまっている人種差別問題に取り組む意識も健全な方向に進むこともあり得るかなと。このような課題に取り組んでいる専門家からすれば、つたない思考かもしれないですが。
 ここまで多国籍化、多文化化しているTeam GBに近い将来、日本を含むオリエンタル系ルーツの選手や、ラテン系、中央アジア系の選手が加わることがあれば、そのときにはまたイギリス社会の表情が変わるであろうと感じています。

結局、モンティ・パイソンがイギリスなのか

2012.08.13
article-2187413-1485BE40000005DC-210_964x668.jpg
(エリック・アイドルの回りにいるのは、モリス・ダンスの踊り子さんです。この踊りを世界中に放送しても平気と考えるイギリス人って、すごいと思う)

ケイト・ブッシュが本当にロンドン・オリンピックスの閉会式セレモニィで歌うという噂を信じて午後11時半までみてしまった。がっかり。正直、音楽的には、同時に聞いていたプロムスで演奏されたシェーンブルクの「グレの歌」の方がパワフルだった。圧倒的なコーラスの美しさは、筆舌に尽くしがたかった。

article-2187413-1485693C000005DC-931_964x601.jpg

 ちまたの評判はいいようだし、イギリスの音楽産業には良い刺激になったコンサートだとは思うけど、残念ながらイギリス商業音楽の中でほとんど興味を惹かれない皆さんばかりだったので、印象に残ったのはエリック・アイドルだけ。
 この親父何者?、と思いながら画面を見ていたら、会場中が大合唱状態で急いでググって、モンティ・パイソンのメンバーということを知った。

eric-idle-live-at-the-olympics-london-2012-closing-ceremony---1344812622-view-0.jpg
(いきなりこの写真を見せられて、オリンピックを連想できる人はいないと思う)

 王道のブリティッシュ・ロック、ポップスではないことは判っていても、キュアーとか、モノクローム・セットとかXTCとか、ひよってせめてヒューマン・リーグとか、王道中の王道だけどエルヴィス・コステロの「パーティ・パーティ」を聞きたかったとか、ピーター・ゲイブリエルの「ゲイムズ・ウィズアウト・フロンティアーズ」があの会場で歌われたらすごかっただろうなとか、バズコックスとかマガジンでも良かったなと、きりがないです。

 デイヴィッド・ボウイの写真が写されたときは、「ケイト・ブッシュは諦めるから、ここでボウイが歌ってくれたら満足」と思ったのも夢で終わったし。

David Bowie among UK stars who turned down Olympic closing show
http://www.guardian.co.uk/music/2012/aug/13/david-bowie-olympics-closing-ceremony

Feeling sad about the end of the Games? Eric Idle leads 80,000 crowd in rendition of Always Look on the Bright Side of Life
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2187413/London-2012-Closing-Ceremony-Eric-Idle-leads-crowd-rendition-Always-Look-Bright-Side-Life.html

 オープニング・セレモニィの良い場面をCMのために切り捨てて批判を浴びたNBCは、クロージング・セレモニィをウェブ上ではライヴ・ストリーミングにしたそう。

Bowing to pressure, NBC will stream Olympics closing ceremony live online
http://www.guardian.co.uk/media/2012/aug/11/nbc-stream-olympics-closing-ceremony

 クロージング・セレモニィの生中継のやり方がまずかったらしいNHKにはぜひ、オープニング・セレモニィの前半部分をしゃべりなしで放送してみてはどうだろうか。アクラム・カーンとエミリィ・サンディのあの感動の部分を、多くの人に観てほしい。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1723.html

Can't wait for tomorrow!

2012.08.12
MoFarah_1564829a.jpg

 今朝の新聞のほぼすべてのトップ写真は、昨晩、5千メートルで優勝したMo Farah。日本のお笑い界が欲しい人材じゃないかな。

Usain-Bolt-and-Mo-Farah-c-016.jpg

 やっと終わる。自分なりに楽しんだし、サッカーとクリケット以外のスポーツのニュースを読めたのは良い刺激になった。

 多くのメディアが指摘しているように、今回のオリンピックではヴォランティアの皆さんの活躍なくしてこの成功はなかっただろうという点。オリンピックがロンドン、そしてイギリスにもたらしたと感じるポジティヴな意識が長くつづくことを。

ロンドン五輪マスコットがあなたの部屋に:オリンピク・グッズ・オークション

2012.08.10
今晩のイヴニング・スタンダードを読んでいて思わず目が止まったのは、現在、ロンドン各所に設置されているロンドン・オリンピックとパラリンピックのマスコットであるウェンロックとマンデヴィルがオークションにかけられるという話題。

 ロンドン五輪委員会、そこまでするかと思いつつ、実は欲しいなと思っているのがあるので、早速ググってみた。これ。

http://memorabilia.london2012.com/iSynApp/showHomePage.action?pgmode1=postlive

スクリーンショット 2012-08-10 20.36.56

スクリーンショット 2012-08-10 20.33.11

Description
The 14th Olympiad saw London host the its second Games, and the first since the celebrations were halted during World War II.

A resounding example of true British craftsmanship, this ergonomic and stunning authentic Olympic Torch was one of the relay torches that carried the Olympic Flame from Olympia all the way to Wembley in North London.

This rare and beautiful find is forged from aluminium alloy; is 47cm(18.5in) in length; and features the carved-out image of the Rings of the Games, together with the inscription: "XIV Olympiad 1948 Olympia to London With Thanks to the Bearer".


スクリーンショット 2012-08-10 21.02.57

Description
This is a costume used during the London 2012 Olympic Opening Ceremony which celebrated the creativity, eccentricity, daring and openness of the British genius.

This Mary Poppins aerialist costume was worn by a cast member portraying one of the best loved ficitional characters, who flies in to save the day against the villians terroising the children in the "Swing Out Sister" segment. This sequence honoured two of Britains's greatest achievements: its amazing body of children's literature and its National Health Service (NHS). The costume includes the coat, hat, bag and umbrella.

This authentic piece of memorabilia is perfect for any fan or collector looking to bring home a piece of the games.


スクリーンショット 2012-08-10 20.33.35

 既に締め切りまで24時間を切っているアイテムもあるので、興味のある方、実際にどうしても欲しいものがある方は早めにチェックするか、お知らせメイルが来るようにしておいた方が良いと思う。

 可能なら欲しいなと思っているのはこの二つ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7669241808/in/photostream

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7669216400/in/photostream/

 現在オークションにかけられているものの中では、ユニオン・ジャックが描かれたものが1000ポンドを超えている(8月10日ごご9時、ロンドン時間)。欲しいけど、無理だろうな。

[追記:8月11日]
ウェンロックとマンデヴィル登場時の反応。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1203.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1204.html

 読み直してみたら、既にあの当時深層心理に何かを植え付けられていたのかも。

人気者になってしまったマスコット

2012.08.07
DSCN2779.jpg

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7732279776/in/photostream

 家族に送ろうと思いまして、ジョン・ルイスの5階にあるオリンピック・パラリンピック関連のグッズの売り場、予想以上の大混雑。


Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.