LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Weatherの記事一覧

27年ぶりの大雪、でも準備はしようよイギリス

2018.03.02
40492506272_68b038cc7c_z.jpg

降雪アルバム
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157693199754944/

 予報の通り、今日の午後も雪が降った。一日ドカ雪が降って、あくる日には雪がなくなっていた、ということは何度か経験したが、毎日雪が降るロンドンというのは初めて。メディアのお祭り騒ぎのトーンも、水曜日には「これはきちんと報道しなければ」、という感じに変わったように思う。そして、出るべくしてこんなコラム。

We knew the snow was coming – so why is the UK so unprepared?
https://www.theguardian.com/commentisfree/2018/mar/02/snow-unprepared-beast-from-east-political

 ブレグジットの混乱で露呈したこの国の無責任さに、何を期待すると?

スポンサーサイト

美女と野獣、もしくは雪景色のロンドンと大寒波

2018.02.28
40492969992_e870a0d5bf_z.jpg
(リトル・ヴェニス)

騒いでいる割に大した降雪じゃないな、と思っていたら昨夜のうちに、かなり積もった。

リトル・ヴェニス周辺の雪景色
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157693199754944/

 ロンドン、雪が積もるとロンドンではないみたいに美しい。パウダー・スノーだったので思いの外歩きやすかった。でも、明日の交通機関がとても心配だし、歩道への融雪剤の手配、全く進んでいないようだ。で、寒さの具合はどのようなものかをBBCから。

スクリーンショット 2018-02-28 10.56.55

 ロンドンの日中の最高気温が氷点下になるなんて、数年に一度のことだから、「東からの野獣」という呼称は、大げさではなかったようだ。

大寒波(東からの野獣)に覆われるイギリス

2018.02.26
the beast from the east”と名前がついた、シベリアからの大寒波に、イギリスは一週間以上覆われる予想。

Prepare for seriously cold weather this week, Britons told
https://www.theguardian.com/uk-news/2018/feb/25/prepare-for-seriously-cold-weather-this-week-britons-told-uk-snow

 幸か不幸か、イギリスへ今週来られる方は、交通マヒ、暖房が効かない等の状況をしっかり覚悟しておいたほうがいいだろう。寒さが原因ではないが、現在、ロンドンの道路網は、ほぼ麻痺状態、と断言してもいいほどの混乱ぶり。特に、ベイカー・ストリートの工事により、マリルボーン・ロードは24時間渋滞が続いている。中心部だけでなく、ゾーン2を超えた範囲でも、だらだらと道路工事が続き、バスでの移動は時間が読めない。さらに、これは個人の観測だが、最近、ディストリクト・ラインで早朝の事故が頻発している。今週のロンドンでの移動は、「しっかりした予定」、そして「プランB」を用意しておくことが肝要。

[追記:2018年2月27日]
なんだか、無責任なお祭り騒ぎになっている。

Snow and freezing temperatures bring travel disruption to UK

https://www.theguardian.com/uk-news/2018/feb/27/snow-and-freezing-temperatures-bring-travel-disruption-across-uk

 鉄道会社は、「午後6時までに帰宅してほしい」とか、「午後10時以降は運行しない」とか、すでに公共交通機関の役割を忘れている。

イギリスは暦の通り、「秋」

2017.08.07
スクリーンショット 2017-08-07 21.36.11
(2017年8月7日、午後10時における8月9日のロンドンの天気予報)

イギリス、全てに見放されている気がする。


ロンドン、真夏日

2017.06.20
35281697651_98ee4ddbd0_z.jpg
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/35281697651/in/dateposted/

昨日、ロンドンの最高気温は32.4だった。

Heatwave temperatures in UK higher than Los Angeles and Bahamas
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/jun/19/heatwave-temperatures-in-uk-higher-than-los-angeles-and-bahamas

Temperatures in some parts of the UK exceeded those in Los Angeles and the Bahamas on Monday as the hottest day of the year so far gripped the country.

Temperatures rose to a sweltering 32.4C in parts of greater London in the afternoon, just above the 32.1C highs of the weekend. Most of England and Wales was affected by the hot weather, which was made particularly sweaty by the absence of a breeze, though the north of England and Scotland saw cooler, cloudier conditions.


 木陰で仕事したい。

Dorisに翻弄されて:大嵐ドリスとの一日

2017.02.24
スクリーンショット 2017-02-24 18.42.09
(キングス・クロス駅、2017年2月23日)

 2017年2月23日、イギリスは、「ドリス」と名付けられた大嵐に翻弄された。日本語でも書こうかとは思ったのだが、時間切れ。大したことを書いている訳ではないので、時間のある時にどうぞ。

I am sure all of you who live in the UK for the moment had your own experience by the Storm Doris on 23rd of Feb. I had too and, frankly, pretty frustrating but at the end of the day, Doris brought me a wonderful surprise which compensated my day.

Photos through the day
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157677245541643

Because an interesting meeting was planned at hospital where I work, I needed to go somewhere in Herts. On the way to King's Cross Station, the weather looked good and I thought Doris had already gone to the continent.
At King's Cross, some trains, in particular to go to Leeds, were already cancelled, but a train I was going to catch would depart on time and it did. I felt convinced that my day would go without any problem. I was wrong. The train stopped for 30 or 35 minutes at a station. When I arrived at the hospital, the meeting was nearly over.

Then, I was asked to join another meeting which I did not expect. Although the meeting was taken place in at another place (10 minutes walk from the hospital), I was happy to join them. It was quite an interesting one and I learned something new. Then, we left the place and we found there were some trees fell down by the high wind caused by Doris and the road was sealed off by police. Luckily, we were allowed to walk back to the hospital.

When we got back, I needed to talk to my supervisor. As always, it was good to receive thoughtful advice, but I was also thinking about going back to London earlier rather staying there till late.

So, I was running to the station and more or less 30 people were there. I must say that the facility of the station is absolutely poor and user-unfriendly, no cozy waiting space for commuters. It was heiling, raining, sun shining and rainbow, and freezing. Doris was absolutely cruel for us.

Finally, a train arrived from Cambridge and it took me over an hour and a half to get back to King's Cross. At my arrival, I took some photos of anxious passenger and sent them to my friend (E) who commutes from the town to London. She immediately sent me a text that she was drinking at a pub above the station with her husband (N).

Last time I met them was more than a year ago, so it would be nice to say hello to both of them. I was heading to the pub. In front of the pub, a guy was standing as a floor manager and it was him (S) with whom I lost contact nearly 5 years. Jaw dropped, we just looked at each other for a second and hugged each other.

E was coming to me and asked me if I would know of S who, according to E, N and she met as his regular customers some time ago. So, if Doris had not hit the UK, I might not have met my friends all together.

At their table, when E and I started to enjoy blaming the ill-equipped train network in the UK, N said to us, [Please don't tell me how wonderful the Japanese train system is. I know that and I don't want to hear about it now].

However, my blessed day by Doris did have another twist. The underground station was closed and I could not get a taxi, or buses. I decided to walk to Euston and finally got on a bus which was overcrowded. At Great Portland Station, two men started shouting at each other and the driver terminated the bus. So, I walked home.

I know many people had much worse experiences than mine. What I do hope since then is that the train system in the UK should be improved with no excuses.

Have a great weekend.


霧のロンドンは、大気汚染か、天気の気まぐれか

2016.12.31
スクリーンショット 2016-12-31 6.40.01
(2016年12月30日、午後6時過ぎ)

アルバム(4枚だけだが)
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157676845038371

「霧のロンドン」の言われるようになった要因の一つは、産業革命による大気汚染と言われている。現在のロンドンの大気汚染は、少なくとも、西ヨーロッパの中では最悪との判断が下されているので、大気汚染の影響が死亡原因の一つになっているのは昔と変わらないのかもしれない。

Make central London diesel-free to solve air pollution crisis – report
https://www.theguardian.com/environment/2016/nov/02/make-central-london-diesel-free-to-solve-air-pollution-crisis-report

 「霧のロンドン」、年に2回くらいが普通だと思っている。それほど稀なことだが今でも、驚くほど多くの人が、「霧の」ロンドンを期待している。

 ところが、2016年の12月はかなり霧の日が多い。既に少なくとも4回。徒歩の移動や、地下鉄を利用するにはさほど大きな影響はないが、飛行機のキャンセル等で空の移動はかなり被害を受けている様だ。

Freezing fog cancels Heathrow and Gatwick flights
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-38472135

 多くの人々が、安寧な年末・年始を過ごすことができることを祈りつつ。

暖冬に死者は増える:A green Christmas makes a full graveyard

2016.12.27
幾つかの条件が重なって、6、7年ぶりに風邪らしい風邪を引いた。幸い、寝込むほど酷くはならなかったのだが、喉の不快感がなかなか解消されず、予防の大切さを改めて実感する。

 暖冬に風邪を引くなんて僕ぐらいだろうと思っていた。クリスマス週末に連絡を取った友人・知人のほとんどが、同じように寝込むほどではないが長引く風邪の症状に悩まされていた、もしくは風邪を引いた家族の看病で忙しかったとのこと。

 で、大家にそんなことを話したら、イギリスの古いことわざを教えてくれた。

A green Christmas makes a full churchyard.

 こんな表現、初めて知った。ググってみたら、同じ意味で幾つか違う表現がある。

A green Christmas makes a full graveyard
http://www.thymewilltell.com/greens.html

A black Christmas makes a fat churchyard.

A green winter makes a fat churchyard.
http://www.bartleby.com/346/11.html

It is an old superstition, without any foundation in fact, that a Christmas without snow will be followed by much illness and many deaths.

Weatherwatch: ‘A green January makes a full churchyard’ and other proverbs
https://www.theguardian.com/news/2015/jan/05/weatherwatch-january-proverbs-forecast-weather

But the most intriguing belief is that “a green January makes a full churchyard”. This is based on the perfectly reasonable notion that cold weather kills germs, while mild winters allow them to spread. In the days before antibiotics, even a common cold could turn into a more serious, even fatal infection.

 理に叶ってはいる。この表現はイギリス固有ではない様だが、晴れても、雨が降っても、暖かくても、寒くても幸せを感じられないイギリス人が作り出したと言われても反論はしない。イギリス人、更に西欧人のほとんどは、咳をする時に掌で口を塞ぐ事の大切さを知らない。拳を口の前にもって来るだけ。ロンドンやイギリスに来て周りで咳をする人がいたら、即、その場からはなれることを進める。

寒い、寒い、寒いイギリス

2016.04.26
ゴールデン・ウィークでイギリスへ来られる予定の方へは特に。ここ数日、そして連休の週末にかけてイギリスの天気は「」。

スクリーンショット 2016-04-26 9.16.20
(今日、4月26日の天気。ハイランドは雪)

スクリーンショット 2016-04-26 9.15.20
(今日から5日間のロンドンの天気)

スクリーンショット 2016-04-26 9.15.38
(5月1日から5日までのロンドンの天気予報。外れることが前提)

 同じくBBCによる東京の天気予報では、東京の最高気温は摂氏20度。明日、4月27日のロンドンの予想最低気温は摂氏2度。防寒具を忘れずに。

嵐は続く

2014.02.13
昨日もまた、台風のような大嵐に翻弄されたイングランドとウェイルズ。でも、北部ではかなりの降雪があったようだ。イングランド南西部、およびテムズ川流域の洪水被害の現状について、BBCの画像が観やすいので拝借。

UK storms: Mapping the floods
http://www.bbc.co.uk/news/uk-26127121

With hurricane-force winds forecast for the western UK and flood waters continuing to rise in parts of southern England, maps highlight the impact of the latest severe weather.

天気図
metoffice.jpg

テムズ川流域にだされている警報
thamesfloods.gif

イングランド、ウェイルズにだされている警報
floodmap.gif

ガーディアンが集めた写真
http://www.theguardian.com/uk-news/gallery/2014/feb/12/torrential-rain-and-strong-winds-hit-the-uk-in-pictures

 で、イギリスの伝統、社会を揺るがす大きなことが起きたとき、都合の悪いことを目だたないようにこっそり済ませる。キャメロン君がやったようです。

David Cameron using flood crisis to 'drown embarrassing news'
http://www.theguardian.com/politics/2014/feb/13/davidcameron-eu

 春、くるのだろうか。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.