LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

War is crimeの記事一覧

日本、すでに戦時下ではないか

2017.04.30
スクリーンショット 2017-04-30 9.08.43

このような案内が日常の生活にごく自然に受け入れられていることに、誰も疑問を感じないのか、日本?
 
 国民の多くが、「北朝鮮を抹殺するためなら、戦争をしてもいいかな」と思っているように思えてとても不安だ。

 気がついたら戦争が始まっていた、では遅い。

 たった70年の平和ボケで、戦争の悲惨さを、日本人は忘れてしまったようだ。

スポンサーサイト

日本が戦争を始めてしまう不安:全日本海員組合の反対声明

2016.02.02
先週、1月29日に全日本海員組合が発表した「民間船員を予備自衛官補とすることに断固反対する声明」。

スクリーンショット 2016-02-02 6.37.06
スクリーンショット 2016-02-02 6.37.36

PDF
http://www.jsu.or.jp/files/pdf/pdf_20160128.pdf

全日本会員組合のウェブ
http://www.jsu.or.jp/

戦争は犯罪!

シリア空爆反対への、政府の回答

2016.01.14
2015年11月、キャメロン政権がシリア空爆への参加を持ち出した時、様々な場所で反対署名が行われた。そのうち、ネットの一つに署名して、反対署名が10万人を超えたので政府からの回答というのが届いた。

シリア空爆に反対を!
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2576.html


Government responded:

Following a lengthy debate, MPs voted for the UK to conduct airstrikes against Daesh in Syria. Military action is only one element of the UK’s comprehensive strategy for defeating Daesh.

One week after the tragic attacks in Paris, the UN Security Council unanimously adopted resolution 2249; a clear call for action against Daesh, using all necessary measures.

The UK has always been committed to defeating Daesh. Parliament’s approval of airstrikes in Syria on 2 December has allowed the UK to join our allies in the Global Coalition in striking Daesh in Syria as well as in Iraq, where we have been active since the start of the Coalition’s campaign.

The UK Government supported extending British airstrikes against Daesh into Syria as an integral part of a much broader strategy to degrade Daesh and reduce the threat it poses to us.

Our comprehensive overall strategy to tackle Daesh globally includes political, diplomatic and humanitarian action, as well as military. The UK is a leading part of a Global Coalition of 65 countries and international organisations, including many in the region, united to defeat Daesh on all fronts. We are attacking Daesh militarily, but we are also squeezing its finances, disrupting the flow of fighters, challenging its poisonous ideology and working to stabilise areas liberated from Daesh. We must pursue all these tracks in parallel.

The Prime Minister has been clear that tackling Daesh financing is a key element of our comprehensive strategy. Daesh gains most of its funding from the territory it controls – by selling oil, by taxing and exhorting local populations, and by seizing and selling prized antiquities. The UK has led UN efforts on sanctions, making it illegal to sell oil and oil products to Daesh. We are also expanding existing work with regional partners to stop Daesh’s ability to trade outside formal financial system, by cutting access to black market and international money flows and to stop smuggling. However, the military campaign is also crucial; through targeted military actions, the Global Coalition has already damaged or destroyed 260 oil infrastructure targets.

We must tackle Daesh in Syria, as we are doing with some success in Iraq, in order to deal with the threat that Daesh poses to the region and to our security in the UK. As the threat from Daesh grows, we must take action - recognising that no course of action is without risk, but that inaction – not dealing with Daesh at source – also carries grave risk.

The Prime Minister has also been clear that the UK will continue to support the diplomatic and political process. The UK’s priority in Syria has always been to achieve a political settlement which is the only way to stop this terrible war and give Syrians hope for the future.

As members of the International Syria Support Group (ISSG) we are working with a host of countries including Russia, the US, France, Turkey, Iran, Saudi Arabia and the UN, towards negotiations between the Syrian parties on a transitional government, a new constitution and free and fair elections. All those countries have accepted the principles set out in the Geneva Communiqué – the need for Syrian-led and Syrian owned political transition. The composition of the transitional government will be negotiated by Syrians through the peace process, with the support of the UN and the ISSG. We welcome the adoption of UN Security Council resolution 2254 on 18 December requesting UN-convened peace negotiations and formally endorsing the ISSG Vienna process. As the Foreign Secretary said at the UN on 18 December “This has given new international momentum towards the resumption of Syrian-led talks”.

We remain committed to supporting international efforts to alleviate the terrible humanitarian suffering. The UK is playing its part. We have pledged over £1.1 billion, our largest ever response to a single humanitarian crisis. But more is needed. The Supporting Syria and the Region London 2016 Conference in February will aim to raise significant new funding from a wider range of partners to meet the needs of all those affected by the crisis within Syria and to support neighbouring countries.

While military operations are inherently risky, we take the protection of civilians very seriously. We employ rigorous targeting protocols. In more than a year of strikes against Daesh targets in Iraq, there have been no reports of civilian casualties resulting from UK air operations. The UK has the most advanced forms of targeting and precision weaponry, possessed by only a small number of countries, which enables us to strike accurately, with minimal collateral damage. These same high standards are being applied in Syria.

Foreign and Commonwealth Office


 今日のジャカルタでの自爆テロ、イランと湾岸諸国間の緊張、北朝鮮の核兵器実験、一向におさまらないナイジェリア国内でのテロ、戦争が更なる戦争を引き起こしている状況は悪化するばかり。

 憎しみは憎しみを増幅し、戦争は平和を根こそぎ奪いさるだけ。

シリア空爆、内戦による二次災害等の写真、イラスト

2015.12.08
ここ数日、印象が鮮烈だったイラストや写真を。

スクリーンショット 2015-12-08 13.39.34
(12月5日、[i]から)

 イギリス国内は、イングランド北部で洪水の大きな被害が出ている悪天候や、NHSの若い医者が待遇改善を求めて政府の態度を揺さぶるなど重要な内政の話題が多く、先週の水曜日にシリア空爆の政府案が承認されてから、目だつ報道がほとんどない。このイラスト(カトゥーン)は、欧米による空爆とダイーシュに翻弄される一般の人々の姿を的確に描き出していると感じる。

 次の二つの写真は、ギリシャのレスボス島に流れ着いたシリアやイラクからの難民が打ち捨て、うずたかく積まれたライフ・ジャケット等のゴミの山。

lesbos1.jpg

lesbos2.jpg

Migrant crisis: The lifejacket 'mountains' of Lesbos
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-34675552

 レスボス島にさえ到着できれば、ライフジャケット等は必要なくなるのだろうが、その不要物の山を問答無用状態で押し付けられる島で暮らす人々が被る被害の大きさを考えると、更なる難民を生み出す空爆よりも、シリアからの難民受け入れを頑に拒否するサウディ・アラビアに外交圧力をかける等の他の手段があるだろうと思わずには居られない。

戦争は、犯罪!

イギリスのシリア空爆が決定、即参戦

2015.12.03
10時間に及ぶ議論のあと、昨晩、イギリス下院は投票によりシリア空爆を決め、そして速攻で実行したようだ。

UK launches first Syria air strikes
http://www.bbc.co.uk/news/uk-34992032

Britain carries out first Syria airstrikes after MPs approve action against Isis
http://www.theguardian.com/world/2015/dec/02/syria-airstrikes-mps-approve-uk-action-against-isis-after-marathon-debate

 イギリスは、これで後戻りできない場所に自らを追い込んだと思う。この空爆後、仮にダイーシュによるテロリズムがイギリス国内で止めることができずに国内が混乱し、キャメロンが「この空爆は失敗だった」と認めたら、それはダイーシュの勝利に他ならない。

戦争は、犯罪!

n.jpg

シリアでの空爆に反対を!

2015.11.28
No UK airstrikes on Syria.
https://petition.parliament.uk/petitions/113231

スクリーンショット 2015-11-28 17.41.22
スクリーンショット 2015-11-28 17.41.45

UKに住んでいる人しか参加できないが、イギリスがシリア空爆に参戦することになれば、状況は一気に悪化するだろう。どこに住んでいようとも他人事では済まされない。

Thousands attend protests against UK airstrikes on Syria
http://www.theguardian.com/politics/2015/nov/28/thousands-attend-protests-against-uk-airstrikes-on-syria


He said: “I came down today to voice my disagreement with the proposed war on Syria. Dropping bombs didn’t work in Iraq, it didn’t work in Afghanistan, and it’s not worked in Libya. We’ve stoked up more extremism, more anger and more discontent among the populations of these countries.”

Beall said he was “very pessimistic” about preventing the military action. “Sadly I think there will be strikes, I think David Cameron is determined to go in one way or another.”


Addressing the crowd, Brian Eno said bombing Syria would “make Isil’s dreams come true”. Mark Rylance chanted: “Don’t bomb Syria, don’t attack Syria, not in my name!”

The actor said: “I’m tired with being associated with terrorism. I’m tired of my tax money going towards violent solutions to problems of injustice.”


 戦争を終わらせられるのは、戦争ではない。

テロ、そして戦争の最大の犠牲者は、いつも市井の人々

2015.11.24
11月13日にパリで起きた連続無差別殺戮テロリズム。理不尽に命を奪われた人々、残された家族や友人の皆さんが悲しみを受け入れる状況からほど遠い、緊迫した状況が西ヨーロッパを覆っている。昨夜、ガーディアンのサイトで読んだ、サッカー場での爆発でただ一人犠牲になった男性のことが頭から離れない。

The story of Manuel Colaço Dias, sole victim of the Stade de France blasts
http://www.theguardian.com/world/2015/nov/23/manuel-colaco-dias-victim-stade-de-france-paris-attacks

Manuel Colaço Dias was not meant to be working on the night he was killed. The Portuguese chauffeur had worked for a shuttlebus company for about 10 years until retiring three years ago, but still took the odd fare when passengers specifically requested him, as happened two Fridays ago.

“He did not want to work that night, but nonetheless agreed to the job,” said his son, Michael Dias. It was to be the 63-year-old’s last journey.

Moments after Dias dropped off his passengers, a suicide bomber blew himself up in the first of three explosions so powerful they shook the foundations of France’s national stadium.

Dias was killed on the spot, the sole victim of the Stade de France blasts. He was the first of 130 fatalities during more than three hours of terror across the French capital.

Michael said he did not want to think of his father’s death as pure bad luck, choosing instead to believe that “his time had come, that it was his destiny and that it was inevitable”.

He said he was concerned, like many Parisians, about life in the city following the attacks. “It is more the sense of insecurity that worries me. The fear of being in Paris, to go out and eat out. All Parisians are currently feeling and experiencing this,” he said.


 ディアスさんは3年前に仕事を辞めたが、リクエストがあれば時折運転手としての仕事を続けていた。13日は、既に他の運転手が決まっていたが、お客がディアスさんを希望したのでサッカー競技場まで送り届けた直後、テロリストの自爆に巻き込まれて殺された。


 保守党に入って権力をむさぼりたい労働党の愚かな議員達は、キャメロンに追随して戦争への道を選ぶのが秒読み状態のイギリス。誤爆なのかの全く判らないが、ロシアの戦闘機がトルコ軍に撃墜されて、第三次世界大戦って、もしかして始まるのかなと思ってしまう今日。

 苛立たしいのは政治家だけではない。アメリカがどうとか、第二次世界大戦のどさくさで中東をずたずたにした西欧の責任を抜きにして現在のテロを一方的に判断することは間違いだとかなんだか評論するだけのメディア、そして人々。

 目の前にあるのは、多くの人々の命。それを更に危険に晒す戦争に突き進むことを止めることができるのは、今、この危機に最も直面している僕たち。

FBのプロフィール変更への異論に感じる違和感:他者との距離を測れない社会

2015.11.17
11月12日にペイルートで起きたテロのことを、僕は14日まで知らなかった。FBがプロフィール写真にフランス国旗の映像をかぶせる機能を持たせたことを知った時、追悼という意味では異論は無かったし、自分が加わらない理由は自分の中で十分に考えたので、他の人がそれに加わることはその人達の判断なのだから、と。

 「どうしてフランスだけなのか?」という議論がでて来るのは当然の流れだと思うし、このような議論を引き出したことから考えれば、FBの意図はどうあれ、現在の社会を取り巻く状況を考える契機になったと思う。

 だから、FBばかりを責める論調には言葉にし辛い気分が強かった。今朝読んだもの。

Facebookプロフィールに仏国旗をつけることに問題はあるか
http://bylines.news.yahoo.co.jp/onomasahiro/20151116-00051506/

 大きな脅威への取り組みを考えるより先に、脅威には全く力をなさない些末なことを取り上げて他者を責めるような風潮。FBが取った行動により多くの人が世界で起きている様々な戦争を知る、そして考える機会になったことは、今回の一連の無差別殺戮の中で、方向性を見いだす小さなきっかけになるのではないかと期待する。

 フランスは今回のテロを受けて、戦争状態であるとした。でも、既に2001年9月11日から、この終わりのない戦争は始まってしまったのではないか、と思う。

 パリのテロの二日後の日曜日、所用でロンドン中心部のピカデリィに行った。リージェント・ストリートはクリスマス・イルミネイションの点灯準備で多くの人で賑わっていた。こころなしか、イスラム系とすぐ判るスカーフ姿の女性の姿が少ないように感じた。

 リージェント・ストリートを歩いていて、ふと、初めて「怖い」と感じた。多くの分析記事が既に書いていることは、先週のパリの無差別テロで標的になったのは、人々の普段の生活と結びついている場所で起きた。そのことはテロリズムがこれまでとは違った行動をとるのではないかとの危惧。

 日曜日のオブザーヴァ紙に掲載されたある記事。

‘By day, war was far away. By evening, bodies were lying in the streets of Paris’
http://www.theguardian.com/world/2015/nov/15/paris-attacks-aftermath

Many believe there was a rational explanation behind the Charlie Hebdo attack in January – the caricatures of Mohammed – as well as behind the Kosher supermarket attack two days later. The victims at Charlie Hebdo and the shop were intentionally targeted as members of specific groups, because of their opinions or religion. This time, it is blind violence against random targets. Paris has discovered something it did not taste 10 months ago, a feeling that belongs to war zones: that violent death could come to anyone, anywhere, at any time.

 テロリズムを前にして、その暴力晒される僕たちの中での小競り合いは止めませんか?

 同じ記事の最後。

However, opposing terrorism by responding with arbitary terror will never make us safer.

 憎しみは更に大きな憎しみを生み出す。

パリへの祈り:憎しみは平和をもたらさない

2015.11.14
スクリーンショット 2015-11-14 12.07.22

Paris attacks from the Guardian
http://www.theguardian.com/world/paris-attacks

 パリでの無差別虐殺の犠牲になった人々の無念を忘れず、残された家族や友人達がしっかりと支援を受けられることを。

 戦争法案の可決により、日本、そして日本人がこのような無差別殺戮には無縁であることはもはやあり得ないだろう。憎しみは憎しみを増幅するだけ。安倍政権が海外へ自衛隊を派遣することは、平和の維持ではなく、憎しみを、そしてテロリズムを拡大する。

 憎しみを生むのは憎しみだけ。沖縄への憎しみを煽っている政権のやり方を観れば現在の日本がこれまで築いてきた「平和を尊重する」日本を破壊しているだけ。

 憎しみを増幅するのは簡単であろうし、勇ましく見えるだろう。しかし、増幅された憎しみによって命を奪われるのは、常に、無関係の人々。

 パリで暮らす人々の生活に安定が訪れることを、そして憎しみがこれ以上を世界を覆わないことを祈る。

欧州難民危機での新たな悲劇

2015.09.03
既に日本でも写真が取り上げられている、トルコ海岸で発見されたシリアから逃れた子供の遺体。報道のリンクを張るが、写真はのせない。記事に掲載されている写真は、心が粉々に叩き潰されるほど。

Shocking images of drowned Syrian boy show tragic plight of refugees
http://www.theguardian.com/world/2015/sep/02/shocking-image-of-drowned-syrian-boy-shows-tragic-plight-of-refugees

Migrant crisis: Photo of drowned boy sparks outcry
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-34133210

 主にシリアから逃れて来る難民の多さに、欧州連合はほぼ機能が麻痺している。国によってその対応は全く逆になっている。

Angela Merkel’s humane stance on immigration is a lesson to us all
http://www.theguardian.com/commentisfree/2015/aug/30/immigration-asylumseekers-refugees-migrants-angela-merkel

David Cameron: Britain 'should not take more Middle East refugees'
http://www.theguardian.com/world/2015/sep/02/david-cameron-migration-crisis-will-not-be-solved-by-uk-taking-in-more-refugees

Refugees welcome? How UK and Germany compare on migration
http://www.theguardian.com/world/2015/sep/02/refugees-welcome-uk-germany-compare-migration

 人口が急減しているドイツでは移民・難民は労働力としても重要だろうし、また市民レヴェルで難民を受け入れる準備をしているようにも見える。イギリスは、推測の理由として、とりわけ都市部で自国民ですらまともな住宅を確保することが難しい事実が連日報道されている現在、難民を受け入れ、且つ住居を提供すれば国民から反発がくることを恐れているのではないか。また、難民という「ネガティヴ」な象徴を受け入れれば、イギリス株式会社にとって最優先の投資機関がイギリス市場から資金を引き上げてしまう、とキャメロンは計算しているのではないかとすら思えてくる。
 
 シリアから難民が溢れる理由は内戦、そしてダイーシュ。希望の土地へ到着する直前に命を落としてしまった子供の姿には胸がつぶれるが、カルトでしかない宗教が引き起こした戦争の不始末を、何故イギリスがという不満を持つ人は多いと思う。一つの理由は、難民が押し寄せる一方で、イギリス国内からシリアに渡るムスリムが後を絶たないから。

London mother and four children heading for Syria, say police
http://www.theguardian.com/uk-news/2015/aug/29/mother-and-four-children-heading-from-britain-to-syria-say-police

 この家族はトルコで身柄を保護された。この母親がアサド政権の為なのか、反政府側なのか、それともダイーシュに参加する為にシリアに向かったのか、僕にはその理由は判らない。しかし、難民を生み出し続ける戦争地に、小さな子供を連れて戻ろうとするイスラム教徒に共感すること、理解することは、僕にはできない。

 戦争に巻き込まれることを、誰が望むだろう。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.