LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Referendum 23rd Juneの記事一覧

そして欧州人は誰もいなくなった:イギリスから去っていく看護婦達

2017.03.19
スケアモンガーといわれても気にしない。

 昨日のガーディアンに、最近、日常生活でも感じている、EU諸国からイギリスに移住してきた人達の帰国が加速していることを強調することが報道された。

Record numbers of EU nurses quit NHS
https://www.theguardian.com/society/2017/mar/18/nhs-eu-nurses-quit-record-numbers

The number of EU nationals registering as nurses in England has dropped by 92% since the Brexit referendum in June, and a record number are quitting the NHS, it can be revealed.

“The government risks turning off the supply of qualified nurses from around the world at the very moment the health service is in a staffing crisis like never before,” she said. “As she pulls the trigger to begin negotiations, the prime minister must tell EU nurses and those in other occupations that they are needed and welcome in the NHS. Sadly, it is no surprise that EU staff are leaving – they have been offered no security or reassurance that they will be able to keep their jobs. Few are able to live with such uncertainty.


Joan Pons Laplana, a Spanish national and a senior nurse at the James Paget Hospital in Great Yarmouth, who came to the UK 17 years ago, told the Observer that he had personally witnessed the collapse in morale of foreign nurses.

“Since Brexit,
I feel like a second-class citizen,” he said. “My son asked me if I was going to be forced back to Spain and my daughter doesn’t want to visit her grandparents because she fears I will not be able to come back.

“The UK is no longer the first choice for EU nurses. The uncertain future means many they are starting to leave. We are people with feelings, not a commodity at the Brexit table.”

The NHS is already under pressure because of a long-term failure to hire enough people. Applications for nursing courses plummeted by almost a quarter in a year after the government axed bursaries for trainees in 2016. Numbers fell by 9,990 to 33,810 in 12 months, according to figures released in February by the university admissions service Ucas. Meanwhile, one in three nurses is due to retire in the next 10 years and there are 24,000 nurse jobs unfilled, RCN figures show.


 引用した部分で強調したように、メイ政権が交渉のカードの一つとして欧州からの移民をまるで物のように扱う態度、そしてこれから先数年、短くても2年の間、自分たちの生活基盤が全く保証されないままの生活を望む専門職は多くはないだろう。

 現在住んで居るフラットの真上のフラットには、過去3年ほど、ポーランド人家族が住んでいる。彼らの前に住んでいたある「スタン・カントリィー」からの家族とは真逆の、まるで聖人のような素晴らしい隣人。20年住んで、ということはポーランドが欧州連合に正式に加盟する前から「外国人」として暮らしてきた彼らは、永住帰国を決めた。ポーランドだって完璧に素晴らしい国ではないが、政治家に振り回されて不安を抱えながら暮らすのに疲れたそうだ。不満は国民投票の前から抱えていた様だが、国民投票の結果、そしてそのあとの欧州からの移民への冷たい仕打ちに愛想が尽きたということなのか。

 専門職で働いていた欧州からの移民が去っても、世界にはたくさんの人々がイギリスに来たがると保守党はうそぶくかもしれない。しかし、新たに雇用する人達の身元調査は複雑さを増し、スポンサーとなる企業は就労ヴィザの条件を満たす為に賃金を上昇させなければならなくなるだろう。

 オフィスのそばのイタリアン・デリでここ数年働く、ちゃきちゃきした女性マネイジャーと久しぶりに会ったとき、デリのスタッフの顔ぶれが急激に変わっている理由を尋ねた。理由は、全く驚かないが、欧州連合出身の若者達が、イギリスでの就職に見切りを付けて一人、また一人と帰国している。そして、その後がまを補充できないと。彼女はグアテマラ出身で僕同様既に永住権を持っているので就労に関する心配はない様だ。

 「イギリス人がこんな仕事をしたがると思う?」

 「全く、思わない(断言、即答)」。

 「このデリの顧客の多くは周辺の住人か、オフィスで働く人達。彼らが、やっと顔なじみになったウェイターが居なくなって私に訊いて来るんだけど、私がどうこうできることではないから。今は、この混乱がどんな結果になるかを見極めたくて楽しみだわ」、と。全く同じ意見。

 自虐であることは承知の上で、欧州連合を離脱して舵を失うイギリスの行方を、イギリス国内でしっかりと体験したいと思う最近。

スポンサーサイト

イギリス人は世界のどこへ行っても「外国人」にはならない

2017.03.17
凄い。ここまでのメンタリティを今でも維持しているイギリス人。

British expats in Spain count the Costa Brexit – video
https://www.theguardian.com/politics/video/2017/mar/16/british-expats-in-spain-count-the-costa-brexit-video

 公平に徹すれば、異国に住んでなお、その地の言葉を話さないで暮らしている移民は世界のどこにでも居ることだろう。しかしながら、2:23あたりで出て来る男性、4:28で(北部訛か、すれともスコットランドか)こともなげに「スペイン人はイングリッシュが必要だから」という女性。そして、インタヴューに答える中高年の心配事は自分の年金と医療制度のみ。

 現在、自分が住んでいる地域でのマジョリティであるアラブ系住人がイギリス人と交わろうとしないことを快く思わない人はたくさん居る。しかし、この映像を見る限り、スペインのイギリス人、同じことをしているじゃないか、と。

 映像の冒頭に出て来る男性は、続けて彼らが住んでいる地域を「ポッシュ・ゲットー」と表現している。自虐なのか本気なのか判断つかない。
 
 4:38、マドリッドから働きにきた男性が、イングリッシュ・バーで彼の英語を笑われた経験を、「どうして自分の国で、外国語を話して笑われるのか。公平とは思えない」。

 欧州連合を離脱しないで欲しいと今も願っている。他方、この映像からだけとは言え、幻想の中で暮らしているイギリス人が目を覚ますには、離脱すれば現実を理解する良い機会なのかもと。

「移民」と「駐在員」の違い
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2806.html

ブライアン・イーノのメッセイジ

2017.01.07
日本語に翻訳されたブライアン・イーノの新年のメッセイジが静か、且つ思慮深いものだったで、オリジナルを紹介。

2016/2017

The consensus among most of my friends seems to be that 2016 was a terrible year, and the beginning of a long decline into something we don’t even want to imagine.

2016 was indeed a pretty rough year, but I wonder if it’s the end - not the beginning - of a long decline. Or at least the beginning of the end….for I think we’ve been in decline for about 40 years, enduring a slow process of de-civilisation, but not really quite noticing it until now. I’m reminded of that thing about the frog placed in a pan of slowly heating water…

This decline includes the transition from secure employment to precarious employment, the destruction of unions and the shrinkage of workers’ rights, zero hour contracts, the dismantling of local government, a health service falling apart, an underfunded education system ruled by meaningless exam results and league tables, the increasingly acceptable stigmatisation of immigrants, knee-jerk nationalism, and the concentration of prejudice enabled by social media and the internet.

This process of decivilisation grew out of an ideology which sneered at social generosity and championed a sort of righteous selfishness. (Thatcher: “Poverty is a personality defect”. Ayn Rand: “Altruism is evil”). The emphasis on unrestrained individualism has had two effects: the creation of a huge amount of wealth, and the funnelling of it into fewer and fewer hands. Right now the 62 richest people in the world are as wealthy as the bottom half of its population combined. The Thatcher/Reagan fantasy that all this wealth would ‘trickle down’ and enrich everybody else simply hasn’t transpired. In fact the reverse has happened: the real wages of most people have been in decline for at least two decades, while at the same time their prospects - and the prospects for their children - look dimmer and dimmer. No wonder people are angry, and turning away from business-as-usual government for solutions. When governments pay most attention to whoever has most money, the huge wealth inequalities we now see make a mockery of the idea of democracy. As George Monbiot said: “The pen may be mightier than the sword, but the purse is mightier than the pen”.

Last year people started waking up to this. A lot of them, in their anger, grabbed the nearest Trump-like object and hit the Establishment over the head with it. But those were just the most conspicuous, media-tasty awakenings. Meanwhile there’s been a quieter but equally powerful stirring: people are rethinking what democracy means, what society means and what we need to do to make them work again. People are thinking hard, and, most importantly, thinking out loud, together. I think we underwent a mass disillusionment in 2016, and finally realised it’s time to jump out of the saucepan.

This is the start of something big. It will involve engagement: not just tweets and likes and swipes, but thoughtful and creative social and political action too. It will involve realising that some things we’ve taken for granted - some semblance of truth in reporting, for example - can no longer be expected for free. If we want good reporting and good analysis, we’ll have to pay for it. That means MONEY: direct financial support for the publications and websites struggling to tell the non-corporate, non-establishment side of the story. In the same way if we want happy and creative children we need to take charge of education, not leave it to ideologues and bottom-liners. If we want social generosity, then we must pay our taxes and get rid of our tax havens. And if we want thoughtful politicians, we should stop supporting merely charismatic ones.

Inequality eats away at the heart of a society, breeding disdain, resentment, envy, suspicion, bullying, arrogance and callousness. If we want any decent kind of future we have to push away from that, and I think we’re starting to.

There’s so much to do, so many possibilities. 2017 should be a surprising year.

- Brian


 日本語訳はこちら。

ブライアン・イーノ、新年のメッセージの日本語訳が公開に
http://nme-jp.com/news/31823/

 イーノは、国民投票で、欧州連合残留を支持していた。

Brian Eno urges Brits to vote against Brexit
http://www.nme.com/news/music/brian-eno-1198719

 彼のような政治的な意見をきちんと言えるミュージシャンは、イギリスでも希少になりつつある。

イギリスからEU国民が追い出されていく(バイアスかかっています)

2017.01.06
2693.jpg
(秀逸、https://www.theguardian.com/commentisfree/picture/2017/jan/05/ben-jennings-uk-eu-negotiating-stance-cartoon

ガーディアンが昨晩、1月5日午後7時にポストして、既に8000を超えるコメントが集まった記事。それは、ロンドンでドイツ人の両親の元に生まれ、これまでの人生、ずっとイギリスで暮らしてきた32歳の「ドイツ人」男性が、イギリス国籍を得る為に、非イギリス人が市民権、及び国籍を取る時に受けなければならない試験を受けろ、と。

Man told to take citizenship test despite living entire life in UK
https://www.theguardian.com/politics/2017/jan/05/man-told-to-take-citizenship-test-despite-living-entire-life-in-uk

A man born in London to German parents has been told he cannot get a British passport unless he takes a UK citizenship test because he cannot prove his mother was legally in the country when she gave birth.

Wolf’s parents came to Britain in 1974 with his mother working for the University of London as a lecturer and his father being self-employed. He has been told by authorities he needs to provide proof they were here legally, even though they were entitled to live and work in Britain under EU law.


 タイ語を話せない10代の子供を強制退去させる日本とはやや違うが、イギリスの場合、EU国民として長くイギリス国内で暮らし、でも滞在許可書をもっていない人々を政府がただ追い出すことになれば、生活が脅かされる人々の数は桁が違うことになるだろう。人を呪わば穴二つで、このようなことがイギリスで多く報道されるようになれば、欧州連合内で暮らすイギリス人の生活も脅かされることになるだろう。

 昨年6月の欧州連合脱退の国民投票以降のイギリス国内での人権蹂躙に、国際的人道団体が乗り出してこないのはどうしてだろうか。

 イングランド北部を中心に、欧州連合離脱に投票した人々は彼らの投票が国政、国際政治にどのような影響をもたらすかということは予想していなかっただろうし、また予想できなかっただろう。現在の混乱は、ひとえに政治の混乱、失策の連続の結果。

僕は「移民」、あなたは「駐在員」、その差はどこに?

2017.01.02
年末、リンクを溜めておいて読んでいなかった記事の整理をした。その時にでてきた記事の一つが以下のもの。

Why are white people expats when the rest of us are immigrants?
https://www.theguardian.com/global-development-professionals-network/2015/mar/13/white-people-expats-immigrants-migration

What is an expat? And who is an expat? According to Wikipedia, “an expatriate (often shortened to expat) is a person temporarily or permanently residing in a country other than that of the person’s upbringing. The word comes from the Latin terms ex (‘out of’) and patria (‘country, fatherland’)”.

Defined that way, you should expect that any person going to work outside of his or her country for a period of time would be an expat, regardless of his skin colour or country. But that is not the case in reality; expat is a term reserved exclusively for western white people going to work abroad.

Africans are immigrants. Arabs are immigrants. Asians are immigrants. However, Europeans are expats because they can’t be at the same level as other ethnicities. They are superior. Immigrants is a term set aside for ‘inferior races’.

Don’t take my word for it. The Wall Street Journal, the leading financial information magazine in the world, has a blog dedicated to the life of expats and recently they featured a story ‘Who is an expat, anyway?’. Here are the main conclusions: “Some arrivals are described as expats; others as immigrants; and some simply as migrants. It depends on social class, country of origin and economic status. It’s strange to hear some people in Hong Kong described as expats, but not others. Anyone with roots in a western country is considered an expat … Filipino domestic helpers are just guests, even if they’ve been here for decades. Mandarin-speaking mainland Chinese are rarely regarded as expats … It’s a double standard woven into official policy.”

The reality is the same in Africa and Europe. Top African professionals going to work in Europe are not considered expats. They are immigrants. Period. “I work for multinational organisations both in the private and public sectors. And being black or coloured doesn’t gain me the term “expat”. I’m a highly qualified immigrant, as they call me, to be politically correct,” says an African migrant worker.


 昨晩、大家と共通の友人が訪れ、お茶、そして夕食と5時間半を楽しく議論して過ごすことができた。年齢差はあるものの、大家と友人(2人とも白人)は海外での生活、就業が長く、この点についてどう思うかを尋ねた。実は、2人ともこの記事の論点に賛同すると期待していたのだが、2人ともイギリス国外で暮らしている時に自分たちのことを「移民」と考えたことはないとのことだった。

 いつも思うことがだが、「ラベル」がもたらす意識の差と、その差による社会での立ち位置の大きな違いで生じる、その差の高い方に無自覚に居る人達に植え付けられた「階級」を維持しようとする意志の力のなんと強いこと。

 友人はそれでも、6月のレファレンダム後、イギリスに住んで10年以上のドイツ人の彼女の友人が、「初めて自分が移民としてみられることを痛烈に感じる」と話したことが強く印象に残っていると。

 先週、ガーディアの記事で広く注目を集めた記事。

Dutch woman with two British children told to leave UK after 24 years
https://www.theguardian.com/politics/2016/dec/28/dutch-woman-with-two-british-children-told-to-leave-uk-after-24-years

 レファレンダム以前、欧州連合加盟国の国民は、イギリスで居住、仕事をする時に、永住権を取る必要はなかった。しかい、イギリスの52%が欧州連合離脱を選択した結果、離脱後、イギリスに正式に「移民」として残る為に国籍を取得しようとする場合、国籍取得の前に、まず永住権を取得しなければならない。そして永住権を取得して直ぐに国籍取得の手続きができる訳でもない。

 メイ首相は、新年の表明の中で、欧州連合を離脱しない方に投票した人々の意見は忘れないと発表した。が、2017年、イギリスの国政は荒れることは確実だと思う。

Welcome to the British media's world: 裁判官は国民の敵

2016.11.04
昨日、イギリスの高等法院(と訳されるのか)がイギリスが欧州連合を離脱する為に発効させなければならないArticle 50は政府が実行に移せるのではなく、議会が判断し、実行するかどうを決めると判断した。

'This had to be done': Gina Miller on her Brexit legal challenge
https://www.theguardian.com/politics/2016/nov/03/gina-miller-the-woman-behind-the-article-50-legal-challenge

EU離脱には議会の承認必要
http://www.47news.jp/news/2016/11/post_20161103200708.html

 もちろんガーディアンは欧州離脱反対の姿勢だからこのような記事を掲載するのは納得だが、姿勢の違いがあることは普通のことと判っていても、テレグラフを筆頭に、タブロイド紙のトップの煽りにこの国は本当に「先進国」なのかと疑問を持つ。

'Enemies of the people': British newspapers react to judges' Brexit ruling
https://www.theguardian.com/politics/2016/nov/04/enemies-of-the-people-british-newspapers-react-judges-brexit-ruling

DE.jpg

 離脱を煽った政治家の多くが既に実質、離脱、失速して表舞台から消えていることを、これらのメディアはどう見ているのだろうか?

 日々の生活で感じること。食材の価格高騰がOut of control。

欧州連合離脱への不安の悪循環に陥っているイギリス

2016.10.19
10日ほど前だろうか、ある新聞に、ことしの夏のイギリス国内の消費動向が予想よりも強かったので、「イギリスが欧州連合を離脱しても、何ともない」という論調の記事が掲載された。

 しかし、ここ数日、足下を強く重い泥流が流れる泥沼に、イギリスははまりつつあるなという論調で、欧州連合残留を支持しているガーディアンが続けざまに記事を掲載している。

Brexit vote brings uncertainty for fruit pickers and farmers
https://www.theguardian.com/politics/2016/oct/16/brexit-vote-brings-uncertainty-for-fruit-pickers-and-farmers

 この記事は、東欧諸国からの「季節」労働者の労働力によって支えられている農家の苦悩。イギリスの若者達にこのような第一次産業に従事することの大切さを教育すれば良いと欧州連合離脱支持者は言うだろう。自分たちがしたこともない、しようとしたこともない労働を若年層に押し付けるんじゃない、と。次の二つの記事は、暴落するイギリス£による影響で、イギリス国内の生活にどれほどの痛みがもたらされるか。

A decline in UK living standards may be too high a price for Brexit
https://www.theguardian.com/business/economics-blog/2016/oct/14/uk-living-standards-decline-pound-fall-too-high-price-brexit

How much will Brexit cost Britain?
https://www.theguardian.com/politics/2016/oct/13/brexit-britain-cost-divorce-bill-questions-answered-uk

 先週始めだったかな、国際為替市場で価値が急落するイギリス£のために、ユニリーヴァがイギリスの不思議な食べ物の筆頭、マーマイトの小売り価格を上げる方針をテスコに伝え、テスコが値上げに反発したのでテスコからマーマイトが消えるのか、と「大きな」騒ぎになった。結局、双方が歩み寄ったようだが、日々の生活で鋭く感じるのは、食料品の価格が急激に上昇している。

Tesco boss: 'Food price inflation could be lethal for struggling millions'
https://www.theguardian.com/business/2016/oct/18/tesco-boss-food-price-inflation-lethal-struggling-millions-matt-davies

 食品価格の急上昇を予測したのかどうかは判らないが、先月から、ロンドンの夕刊新聞紙、イヴニング・スタンダードがレストランやスーパーマーケットに働きかけて、食べられる食品を「賞味期限」を理由に廃棄するなとの連載を続けている。このような動き、イギリス人がまともに考えることはないだろうといつも思っているが、今回ばかりは食べ物を無駄にすることの愚かさに気づくイギリス人が増えるのではないかと思う。

 で、欧州連合各国内で、永住権、国籍を申請するイギリス人が増えているとのこと。

Huge increase in Britons seeking citizenship in EU states as Brexit looms
https://www.theguardian.com/politics/2016/oct/19/huge-increase-britons-seeking-citizenship-eu-states-brexit-looms

 イギリスの国籍申請の難しさを批判するのは簡単だが、記事を読むと、スペインもあまり変わらない。

In October 2015, the Spanish parliament introduced a new process whereby those seeking Spanish citizenship have to sit two exams, a language proficiency test (DELE) and another one on their knowledge of Spain (CCSE). Of the 95 British nationals who have taken the CCSE test since its introduction, two-thirds did so in June and July.

 メイ首相がボリス・ジョンソンを外相に任命したとき、あるイギリス人の友人は、「これはメイ首相の深遠な策略に違いない。ボリスを外相に仕立て、欧州連合離脱の交渉の大詰めで彼が失敗するようにしむけて、彼を政界から追い出すんだよ」と。

 深読みし過ぎだと思ったが、なんだか現実味が湧いてきた。

戦争映画の場面かと思った:新しい欧州へ

2016.08.23
NewEU.jpg

今朝の新聞各紙に掲載されている上記の写真、政治家は威勢を誇示しなければならないんだなと。

'This is the beginning of a new Europe' say Merkel, Renzi and Hollande
http://www.theguardian.com/politics/2016/aug/22/beginning-new-europe-merkel-renzi-hollande

 ちなみに、アイルランドの他に、イギリスの将来を悲観しているイギリス人の移民先としてニュー・ジーランドが俄然、注目を集めているそうだ。

More spacious without the Brexit: why Britons are flocking to New Zealand
https://www.theguardian.com/world/2016/aug/22/new-zealand-the-tonic-for-brits-seeking-to-escape-brexit-blues

 個人的に、ニュー・ジーランド英語はアメリカディープ・サウスの英語と同じくらい、僕にとっては「外国語」なので観光では行ってみたいが、住めるとは思えない。

欧州連合離脱の影響はじわじわと

2016.07.24
フラットの大家がカーペットを新しくしたいということで大家の知人に素晴らしいカーペット・フィッターと紹介された職人が本当に素晴らしかった。時間に几帳面なだけでなく、仕事は丁寧・迅速、無駄話で時間をつぶすこともなく、見積もりにきた時に伝えられた時間通りに作業を終えた。

 見積もりにきた時に、外見からおそらくイスラム系だろうとは思っていた。作業中に一度だけ携帯で話していた時に「ショコラン」と言っていたのが聞こえた。作業を終えた時に尋ねると、両親が北アフリカのイスラム系の国からの移民とのこと。入れ墨をしているから湾岸や南アジアのイスラム圏ではないだろうとは思っていた。本人は、ロンドンに住んでいるのではなく、コーンウォールのペンザンスに自分の店を持っていて、ロンドンには月に3度、計9日間だけ契約受注で仕事に来るとのこと。ロンドンでは北東ロンドンの両親宅に泊まるそうだ。

 コーンウォールは6月の国民投票では圧倒的に離脱支持が多かった地域。錫の産地としては随分前に廃れ、観光業が主産業のイングランド内ではけっこう貧困度が高い地域。移民2世としてそのような地域に自分の意志で移り住み、でもある程度の収入はロンドンでの仕事に頼っているというのは、国民投票の結果によって顕在化したイングランドが抱えるいびつな経済・社会構造をかいま見た感じがした。

 23日のタイムズ紙とFT紙それぞれに、欧州連合離脱による影響を分析する記事が掲載された。両紙とも有料記事なので、リンクだけ張り付けておく。

This is our home. Why are they giving all the jobs to foreigners?
http://www.thetimes.co.uk/article/this-is-our-home-why-are-they-giving-all-the-jobs-to-foreigners-l72sqvsbv

Funding concerns for UK’s northern business after Brexit vote
http://www.ft.com/cms/s/0/173270b2-4f2a-11e6-8172-e39ecd3b86fc.html

London’s future: a brief guide
http://www.ft.com/cms/s/0/70614aee-4e82-11e6-8172-e39ecd3b86fc.html

 タイムズの記事は、南ヨークシャーにあるGrimethorpeという街の住民の、特に東欧圏からの移民への憎しみとも、敵意とも取れる感情を特集している。

 日本でもけっこう詳しく取り上げられたように、イングランド北部は離脱支持。皮肉にも、イングランド北部の起業家や中規模のビジネスは、欧州連合からの支援金に頼っている。なぜなら、ロンドンから同等の支援を得るのは難しくなっているから、というのがFTの一つ目の記事。

 FTの二つ目は、そのロンドンが欧州連合離脱の影響をどうすれば最小限に抑えられるかのシナリオ。ロンドンに集中する金とパワーを、イギリス国内に還元できるかどうかまで踏み込んでいないのは、まずはロンドンの地位を維持しなければという意見が多いからなのかなと推測する。

 僕の限られた身近なサークルでは、スペイン人がイギリスに見切りを付けて本国に戻ると言う話が増えている。欧州連合からの移民の地位保全を政府が確約できない状況では、致し方ないのだろう。「自分」というアイデンティティではなく、「移民」というラベルだけで差別視されるのなら、本国に戻る方が健全と感じる人は増えるのではないだろうか。

 このような分析記事を読む度に、国民投票を実施したキャメロン前首相の判断は、イギリスにとって痛恨の失敗だったと思う最近。

2回目の国民投票は無いと言い張る政府

2016.07.13
今朝、午前1時半の刻印で2回目の国民投票実施請願の2回目の返答が送られてきた。

You recently signed the petition “EU Referendum Rules triggering a 2nd EU Referendum”:
https://petition.parliament.uk/petitions/131215

The Petitions Committee has decided to schedule a House of Commons debate on this petition. The debate will take place on 5 September at 4.30pm in Westminster Hall, the second debating chamber of the House of Commons. The debate will be opened by Ian Blackford MP.

The Committee has decided that the huge number of people signing this petition means that it should be debated by MPs. The Petitions Committee would like to make clear that, in scheduling this debate, they are not supporting the call for a second referendum. The debate will allow MPs to put forward a range of views on behalf of their constituents. At the end of the debate, a Government Minister will respond to the points raised.

A debate in Westminster Hall does not have the power to change the law, and won’t end with the House of Commons deciding whether or not to have a second referendum. Moreover, the petition – which was opened on 25 May, well before the referendum – calls for the referendum rules to be changed. It is now too late for the rules to be changed retrospectively. It will be up to the Government to decide whether it wants to start the process of agreeing a new law for a second referendum.

The Petitions Committee is a cross-party group of MPs. It is independent from Government. You can find out more about the Committee on its website: http://www.parliament.uk/petitions-committee/role

Thanks,
The Petitions team
UK Government and Parliament


 400万を超える署名が送られたので、9月5日に議論することにした。しかし、この請願が始まったのが国民投票の実施日よりひと月も前だったので、法律を変更することはできない。

 2回目の国民投票をやる気は無いけど、今はまだYesとNoは言わないよ、といつものイギリス。イギリス人が「この責任を僕が取ることだけは断固として拒否する」と決めたら、事がそこから先に迅速に進むとは思ってはいけない。今日の午後の組閣で財務相への昇格が噂されている、フィリップ・ハモンド外相(残留派)は、欧州連合離脱には6年かかるだろうと発言した。

Brexit could take up to six years to complete, says Philip Hammond
http://www.theguardian.com/politics/2016/jul/12/brexit-could-take-up-to-six-years-to-complete-says-philip-hammond

 欧州連合が切れるかと思いきや、ほんの少し、態度が軟化したのかな。

The EU must not treat the UK as a deserter – we can negotiate without rancour
https://www.theguardian.com/commentisfree/2016/jul/12/brexit-eu-uk-negotiate-without-rancour

 キャメロン氏の政策判断の失敗のつけを支払うように強制されるのは、結局、普通の人々という印象が強まるばかり。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.