LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Brexitの記事一覧

EUの将来図には、すでにイギリスはない

2017.09.18
先週、欧州連合のユンカー氏の発言にムッとしつつ、結局、Brexitが話題になるのはイギリス国内だけなのではと思い始めている。

Juncker says EU will 'move on' from Brexit in state of union speech
https://www.theguardian.com/politics/2017/sep/13/jean-claude-juncker-plays-down-brexit-in-eu-state-of-union-speech

European commission president says UK departure is tragic but isn’t everything, and eyes expansion of eurozone and Schengen

 この記事では、ガーディアンはコメントを受け付けなかったが、他の関連する二つの記事にコメントし、それへの反応を読んで、欧州連合内に暮らす人々にとって、ブレグジットはもはや深刻な課題ではなく、さらに、さっさと終わらせたいのだろうと強く感じる。

I worked for Vote Leave, but I now realise Britain must stay in the single market
https://www.theguardian.com/commentisfree/2017/sep/14/vote-leave-britain-single-market-tories-labour-brexit

You would do well to remember that there are plenty of Europeans who are sick and tired of the UK behaving like an entitled prat and cannot wait to see the back of it. Plenty of federalists in Europe as well. Personally, I can't wait for brexit and this nonsense to be over with so we can get on with things without the UK being difficult all the time. Stopping brexit would be a nightmare scenario that I don't wish to encounter, on top of all the previous problems UK has now thoroughly demonstrated itself to be an incompetent and untrustworthy partner.

Why Europe will miss the disruptive Brits
https://www.theguardian.com/commentisfree/2017/sep/14/europe-miss-brits-jean-claude-juncker-unified-union

I'd imagine most wouldn't give a monkeys, Most people have far bigger worries in life than Brexit - Whether you French, English, Dutch or one of many others in pretty sure most don't give a toss and either should they.


I suggest you ask them yourself as The Guardian, sadly, is not impartial or balanced and cannot be trusted to tell the truth. I toured through France, Belgium, Germany, Austria, Hungary and Italy for all of August and had two brief conversations about Brexit whereas last summer I had plenty. My impression is that they have accepted we're leaving and are quite sanguine about it or not really interested any more.
I voted Remain.


Surveys so far show indifference to Brexit in most EU countries. For them little Britain is just one country of 28, soon to be 27. They are more concerned with their own futures and the prosperity that comes of being a bigger player in the world than they would be as individual countries.


 イギリスの政治家は、道化師のよう。自虐もここまで滑りまくると、滑稽を通り越して無残でしかない。

The eurozone strikes back – why Europe is booming again
https://www.theguardian.com/business/2017/sep/16/the-eurozone-strikes-back-why-europe-is-booming-again

It was a story few predicted: the eurozone is growing faster than the United States. When Jean-Claude Juncker gave his annual state of the union speech on Wednesday last week, Europe’s booming economy was near the top of his list. Ten years since the crisis struck, “Europe’s economy is finally bouncing back,” the European commission president told MEPs. Detailing the economic resurgence, but also referring to the EU’s new found unity after Britain’s vote to leave, Juncker declared: “the wind is back in Europe’s sails”.

スポンサーサイト
Brexit    ↑Top

Home Officeにとって、日本人も違法移民でしかない

2017.09.18
今朝のガーディアンを読んでいて、夏からずっと不安に思っていることが現実に起こりうることを実感する報道。

Deportation threats, driving licence revoked, child benefit stopped - all for living legally in the UK
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/sep/18/fighting-the-home-office-womans-traumatic-two-year-battle-to-stay-in-uk

A Japanese woman living legally in London with her Polish husband tells of how a two-year battle with the Home Office has turned her life upside down

A Japanese woman living in London with her Polish husband has been threatened with deportation, had her child benefit stopped and driving licence revoked even though she is lawfully in the country under EU law, it has emerged.

Lawyers say the ordeal throws the spotlight on the human cost of the “hostile environment” policy operated by the Home Office and is a taste of what could be to come for EU nationals post Brexit.

She said she could not understand why she was “bullied” by the Home Office when its own website states the same.

She said she was repeatedly asked why she ”did not go back to Japan” by enforcement officers in Becket House in London even though she explained to them she was married to an EU national exercising his rights.

Immigration barrister Jan Doerfel said Haruko could now have a case against the Home Office as they had acted unlawfully and she should never have been made to report to Becket House.


 BBCが日本語で報道した、欧州連合国からイギリスへ来て、きちんと在留の証明を取得している人たちへ、ホーム・オフィスが退去命令の手紙を「誤配」した事件。

英内務省、国内EU住民100人に退去命令「誤配」
http://www.bbc.com/japanese/41033604

 2016年6月24日の後、イギリス人の友人たちは、「君は永住ヴィザを取得しているのだから、君が国外退去になるなんてことありえないよ。そんなに心配する必要はないよ」と。ホーム・オフィスの「誤配」が公になって、友人たちは僕の心配が杞憂でないことを理解した。

 移民だから、ずっと不安にかられながら生活をするなんてこと、誰が望むだろう。

Brexit    ↑Top

イギリス人は20年前に戻れる覚悟はできているのか?

2017.09.16
36825035582_66548248d9_z.jpg
https://www.fischers.co.uk/

 日本からの知人と、ある日曜日にオーストリア・コンセプトのレストランで朝ごはんを食べた。週末だし、夏休みの時期とあって、店内は思っていた以上に賑わっていた。このレストランは、早朝から夜遅くまで営業している。このようなレストランの営業形態、僕が渡英した頃にはなかった。

 食事を待っている間に、職業柄、というか興味を掻き立てられて店内を観察。ある家族づれが入ってきたとき。ちょっと高齢に見えるお父さんに、5歳くらいの子供と、プラムを押す母親。その女性は、日曜日の午前10時半くらいだっただろうか、上はとてもシファッショナルブル、かつスポーティな男性用の帽子、足元は膝上のブーツを履いていた。洋服は、遠目にも仕立ての良さそうなものだった。

 即座に思い出したことがある。「大阪豆ゴハン」(http://kc.kodansha.co.jp/title?code=1000002452)の連載の最終盤、259話で安村松林がイタリアン・カフェでバイトをしている。ある日曜日、完璧なヘア・スタイル、シワひとつない洋服を着た女性客同士の会話から、彼女たちは本当に地元に住んでいるのだろうかと疑問に感じる、ほんの数コマ。

 日曜日のマリルボーンは、ファーマーズ・マーケットがあるので朝から賑わっているのは確か。それでも、家族づれでブランチを食べるためにあれほどの着こなしをする人が、かつてのロンドンにいただろうか、と。

 というようなことをブレグジットと合わせた考えていた時に、ガーディアンに以下の記事が掲載された。

A hotel with a view: 'Brexit could tip us over the edge'
https://www.theguardian.com/politics/2017/sep/09/post-brexit-uncertainty-views-from-the-hospitality-industry

 多くの観光客を惹きつけるバースにあるブティック・ホテルへの取材。従業員の半分はイギリス人ではない。ホテルを支えているのは、欧州からの移民労働者。

The Queensberry, a boutique hotel in Bath, has 38 full-time employees, about half of whom are foreign nationals. French, Germans, Lithuanians and Spaniards work in harmony together.

At first when Brexit happened I thought, oh well, I’m Swiss. We’re not in Europe anyway, I thought it might take a few years to sort out but it would be all right. I’m not so sure now.

All kinds of people from all sorts of nationalities work in our industry. If European nationals can’t come here as easily it will be very difficult. Hotels will definitely struggle – we already fight to get the right staff.

I’m not sure we’d find enough British people to do this work. You have to be welcoming and willing and prepared to work long hours. You need to love working in hotels and serving people to work in hospitality. It might get difficult.

There are lots of skills needed in the hospitality industry – technical skills and human skills. Of course, there are British people with those skills but I’m not sure there’s enough.

I’m terrified at what is happening. I’ve been in this industry for almost 30 years. We’ve always had recruitment challenges but it’s as bad now as it’s ever been and that’s before Brexit kicks in.


 どの媒体だったか全く思い出せないが、しばらく前に、以下の内容を読んだ。

 「20年ほど前、イギリス人はレストランで、自分でワインを注いでいた。今は、自分のグラスが空になると、ウェイターが注ぐのを待っている。欧州連合離脱で、レストラン業界で働くヨーロッパ人がいなくなったら、イギリス人は再びワインを自分で注げるのだろうか?」。

 滅多に行かないが、たまに日本食を食べに行くと、フロアに日本人が働いていないのはもはや普通。見つけようがないと思う。高級ホテルや著名なレストランが採用条件をよくすれば、普通の街中の飲食店では人材確保が難しくなるだろう。そうなったとして、イギリス人は20年前の生活レヴェルに戻れる覚悟はできるのだろうか?

Brexit    ↑Top

『世界幸福度ランキング上位13ヵ国を旅してわかったこと』

2017.08.28
朝日新聞で、表題の本のレヴューが掲載されていた。

幸せってなんだっけ?『世界幸福度ランキング上位13ヵ国を旅してわかったこと』
http://www.asahi.com/and_w/articles/SDI2017082523081.html?iref=recob

 昨日、夏のバンクホリディの週末にあるまじき、文句のつけようのない心の底から幸せに感じる素晴らしい晴天だった。足を元を掬われるようにロンドン交通局に2時間ほど嬲られたが、キュー・ガーデンズで幸福な数時間を過ごしてフラットのある建物の前で、上階に住むイギリス人男性と会った。

 「Absolutely fantastic weather!

 「(隣人)It is too much, too much. I do not know what to do

 最高気温は25度ほど、カラッとして湿度は低く、午後遅くになって雲が出てきたものの、太陽と共にずっと青空が広がる1日の終わりにイギリス人は文句を言うのか、と。

 数日前、ベイカー・ストリートにあるブーランジェリィで好物のドーナツを購入し、支払いを終わるやいなや背後にいたイギリス人女性(若くはない)がいきなりレジの女性店員に向かって、「私はコーヒーを買いたいだけなのに、いつまで待たせるのよ!」。余計なことはしてはいけないといつも思っているのだが、つい。

 「You chose to leave the EU and people have left this country because they are fed up by you. Your choice, stop complaining

 と言ったら、睨みつけられたので、見つめ返した。ものすごい形相で店を出て言った女性は、素早くスマフォで誰かと話し始めたようだった。いつか、誰かに殴られるかもしれないが、そこかしこで目立つ道徳観の崩壊はひどいもの。

 今日、オフィスの近くのカフェで働くドイツ人の友人(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2395.html)にこのことを話した。

 「ドイツ人もたくさん文句は言うけど、イギリス人はそれ以上だね。これほど何もかも揃っている恵まれた国で暮らしているのに、ほんの小さなことが自分が思っていない方向に行くと即座に愚痴を言い始める。君が言うように、僕も、イギリス人が幸せを感じることができるのどうか判らないよ」。

 別の友人と話していた時に、現在のイギリスの凋落ぶりに、「メッキが剥がれる」と言う表現が浮かんできた。英語では、なんと言うのだろう。

Brexit    ↑Top

Brexit Chaos: 先進国から途上国へ移行するイギリス

2017.07.19
ポストのタイトル、メディアが「途上国」と表現する国々に対して失礼かなとも思うが。

 欧州連合離脱の会合の混乱ぶり、言い換えると保守党が何も準備していない、理解していない状況は、おもわず拍手をしたくなるほどのブラック・コメディ。

David Davis leaves Brussels after less than an hour of Brexit talks
https://www.theguardian.com/politics/2017/jul/17/david-davis-leaves-brussels-after-less-than-one-hour-of-brexit-talks

BrexitChaos1.jpg
https://www.theguardian.com/commentisfree/picture/2017/jul/17/ben-jennings-on-round-two-of-brexit-talks-cartoon

BrexitChaos2.jpg
https://www.theguardian.com/commentisfree/picture/2017/jul/18/steve-bell-on-infighting-in-the-conservative-party-cartoon

 かといって、労働党が建設的なことを発言しているかというと、対案が一つも上がってこない不甲斐なさ。政治家のモラルの低下、やる気のなさにイギリスの昨今の凋落ぶりが重なる。社会全体のモラルの低下の別の例。マンチェスターで利用が始まった中国資本の貸自転車の利用者のモラルのなさぶり。

Manchester’s bike-share scheme isn't working – because people don't know how to share
https://www.theguardian.com/commentisfree/2017/jul/16/manchesters-bike-share-scheme-isnt-working-because-people-dont-know-how-to-share

 このようなことを新聞の読者フォーラムの書き込むと、「そんなに文句を言うなら、自分の国へ帰ればいいだろう」と言うコメントが山のように書き込まれる。

 今のようなとてつもなく面白い時代にイギリスを離れるなんてこと、そんなもったいないこと、できない。10年後、20年後、100年後に、「今」のイギリスがどう描かれるか判らないが、混乱を抜けきれるのか、それともこの混乱を御しきれずにさらに転がり落ちていくのか、その社会の変動をつぶさに観察したい。

Brexit    Comment(0)   ↑Top

Brexit: No one will win

2017.04.21
3rdAprEconomist.jpeg
(エコノミストから拝借)

昨年の国民投票以来、欧州連合離脱を煽る人々の言動から感じるのは、「大英帝国」が未だに存在していると盲信しているように感じる。さらに、イギリス人が降り立った国は、どの国であろうとそれは「大英帝国の植民地」になると本気で思っている、老いも若きも。

 どのような選挙結果になろうとも、誰もがルーザー。

Brexit    Comment(0)   ↑Top

2017年3月29日:イギリス、欧州連合離脱を正式に通知

2017.03.29
Guardian29Mar2017.jpg
(2017年3月29日、ガーディアンの一面)

FTによると、経団連が昨日、イギリスの欧州連合離脱による影響について書簡を送ったようだ。

Japan’s business lobby issues fresh Brexit warning to Theresa May
https://www.ft.com/content/4959296c-13a3-11e7-b0c1-37e417ee6c76?emailId=58da56cc21b8e3000405c0a7
(読むには登録が必要)

 メイ首相が欧州連合への離脱通知に署名し、通知は今日、ブリュッセルに届く。

Brexit: everything you need to know about how the UK will leave the EU
https://www.theguardian.com/politics/2017/mar/27/brexit-everything-you-need-to-know-about-how-the-uk-will-leave-the-eu

 欧州からの移民が激減するであろうとの予測で最も影響を受けるのは残留派が多かったロンドンというのは皮肉であると同時に、ロンドンの経済力に翳りが現れたとき、離脱に投票した人たちは幸福になるのだろうか。ロンドン東部、ロムフォードからの報告。ちなみに、ロムフォードは地名は知っているが、どのように到達できるのか全く知らない。

Brexit heartlands: pro-leave Havering – a photo essay
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/mar/28/brexit-heartlands-pro-leave-havering-essex-photo-essay

 長い記事だが、それぞれのインタヴューは短く簡単なので、時間のある時に。読むのが面倒でも、写真を観るだけで、ロンドン、そしてイングランドの生活や文化の一端を知ることができると思う。
 ビンゴ・クラブ、そのような社交場があるのは随分前から知っている。行く機会がないし、何より年金生活者が時間を持て余してという偏見しかなかった。しかし、写真を見ると、若い世代も居る。ビンゴ・クラブ、実物を見てみたいとは思うのだが、行ったら浮きそうな気がする。

 何が起きるのかな。激動が訪れるのかと思うと、無責任だが、わくわくしている。

Brexit    Comment(0)   ↑Top
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.