LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Sightseeingの記事一覧

チャーターハウス:400年ぶりに開かれたロンドンの歴史

2017.02.16
スクリーンショット 2017-02-16 9.15.19
(2017年2月14日)

最近、頻繁に行かなければならない「Charterhouse」という名がつく場所。来歴はあるのだろうと思いつつ、調べることはなかった。突然、先月、以下のニュースが報道された。

Charterhouse in London opens to public for first time in 400 years
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/jan/26/charterhouse-london-opens-to-public-first-time-400-years

The Charterhouse
http://www.thecharterhouse.org/

 修道院だったり、学校だったりしたそうで、現在は、60代以上で資金的に困難な状況にある皆さんのシェア・ハウス、24時間対応のケア・ホーム、そしてフラットの賃貸もやっている様だ。

 無料で見学できるのは、ミュージアムとチャペル。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157680348964825

 ウェブにでている庭や、居住エリアへは、有料のガイド・ツアーに参加すると見学ができるとのこと。ロンドンに10年以上住んでは居るが、シティの周辺は、エア・ポケット的に中世の面影に満ちた場所が点在していて、迷子にはならないが、目的地にたどり着くのに結構時間がかかることがある。「都市」としてのロンドンの歴史を知りたいのであれば、迷いながらも興味深い通りに遭遇できる地域だ。

スポンサーサイト

さよなら、恐竜:自然史博物館

2017.01.01
diplodocus.jpg
(自然史博物館のサイトから無断拝借)

今日のオブザーヴァ紙から。

Dippy’s last days: diplodocus leaves London after 112 years for farewell UK tour
https://www.theguardian.com/science/2017/jan/01/dippy-diplodocus-london-tour-replica-dinosaur-whale-natural-history-museum

 ロンドンのナイツブリッジ地区にある自然史博物館と言えば、訪れた人が必ず目にする恐竜の骨格標本。その展示が終わるとのこと。博物館でこの標本を実際に観られるのは、記事から判断するに、今週の火曜日1月3日までの様だ。1月5日は、標本が展示されているホールは閉鎖される。

Diplodocus : this is your life
http://www.nhm.ac.uk/discover/diplodocus-this-is-your-life.html

 解体するようにはデザインされていないとのことで、解体、そして清掃には時間がかかるのだろう。まだ日程の詳細情報が自然史博物館のサイトで発表されていないが、イギリス各地での展示は2018年からで、化石の発掘や発見で知られるジュラシック・コーストを抱えるドーセットでの展示はある様だ。

 オブザーヴァ紙軒時によると、この骨格標本は、カーネギーによる寄付とのこと。今もフィランソロピスとはたくさん居るが、カーネギーと較べるととても小さく見えるし、トランプがカーネギーの精神を理解できているとはとても思えない。

dippyhintzehall.jpg
(自然史博物館のサイトから無断拝借)

イギリスの郵便番号の読み方

2016.08.14
観光客が増えて、道に迷っている、特に子供連れ家族や高齢と見える人には声をかけるようにしている。ロンドンはテロの危険性を除けば安全だと思うけど、地図を広げて公道の真ん中で立ち往生していたら、それは鴨。

 スマフォやタブレットが普及してグーグル・マップのおかげでよほどのことが無ければロンドンでは道に迷うことは無いはずだが、ここ数年の間によく遭遇する観光客が迷う情報の一つが、イギリスの郵便番号の読み方。

 イギリスの郵便番号は、おそらく世界では少数派だと思われる(他に思いつくのはカナダとオランダくらい)、数字とアルファベットの組み合わせ。例えば、バッキンガム宮殿の郵便番号は、SW1A 1AA。イギリスに来てグーグル・マップ等に郵便番号を入力する場合、どうでも良いことかもしれないけど、ま、覚えておけば役に立つかもという法則は、右側は常に数字・アルファベット・アルファベットの組み合わせであること。

 左側は、僕の知る範囲ではアルファベットと数字の組み合わせで2組、3組、4組の組み合わせがあリ、最初は必ずアルファベット。そして後ろの3つは常に3桁。例えば、ロンドン北部のある地域の郵便番号が「N122XX(これが本当にあるかどうは知らない)」と教えられたとする。ロンドンには「N1」も「N12」も存在する。この郵便番号の正確な読み方は、「N12 2XX」であり、「N1 22XX」ではない。

 イギリスの郵便番号情報は、とても正確だと思う。他方、組み合わせのルールを知らないと、たまにだが、目的地からかけ離れた場所へ行ってしまうこともあり得る。

[追記]
日本って、凄いなと思う。こんな情報がある。

http://ja.youbianku.com/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9

ロンドンをテムズ川から眺める

2016.08.10
天気が良くて公園の芝生が乾いているロンドン。来週は熱波が来るらしい。午前中の天気が素晴らしく、午後になって「久しぶりにテムズ川をボートで下ってみるか」と思い立ち、エンバンクメントからグリニッヂへ。テムズ・クリッバー(ロンドン交通局の情報だと、彼らはリヴァー・バスと呼んでいる)を利用するのは久しぶり。オイスター・カードに充分なトップ・アップ(クレディット)かPay-as-you-goで£20−クレディットがあれば、オイスターのタッチ・インとタッチ・アウトで利用が可能になっていた。

スクリーンショット 2016-08-10 6.06.34

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157671108253550

 観光シーズンまっただ中、天気は良好だったので、予想以上に混雑していた。グリニッヂで降りて、でも公演の超常まで登る意欲は無かったので、ペインテッド・ホールへ。

スクリーンショット 2016-08-10 6.15.27

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157672135711266

 システィーナと較べてはいけないのだろうけど、これはこれで素晴らしいと思う。戻りはカナリィ・ワーフから地下鉄でと思ったのだが、カナリィ・ワーフから135番、205番のバスを乗り継いで帰宅。時間はかかったが、バス2本でロンドンを縦断して帰宅できる。時間はかかるが、バスに乗って知らないロンドンの風景を見るのは楽しい。

ロンドン観光準備のPros and Cons

2016.03.23
友人家族がロンドンを訪れた。楽しみだった10数年ぶりの再会は予想を遥かに上回る嬉しさだった。同時に、ロンドン到着を前に僕から提供した情報が必ずしも最善ではないことも判った。他の人達の助けになるか判らないので、参考程度として。

 ロンドン滞在の必携アイテムは、Oyster Card。来訪者が一人程度なら予備のカードを常備しているので、それを利用してもらうことは可能だが、家族となると人数分のカードまでは手が回らない。僕としては多くの人が到着するであろうヒースロー空港で購入するのが一番簡単だろうと思っている。しかし、以前、ヴィジター用のオイスター・カードを到着前に購入することもできると聞かされた、もしくは読んだので友人にはこのリンクを送っておいた。

Visitor Oyster card
https://tfl.gov.uk/travel-information/visiting-london/visitor-oyster-card

 友人はロンドン到着前に購入、カードを僕の住所に送るように手配した。ロンドン交通局からは購入の際の照会番号は届いたのだが、配達のトラッキング・ナンバーが友人に送られてこなかった。怪しいなと思った予想は的中して届かなかった。

 パディントン駅にあるヴィジター・センターで払い戻しを交渉してそれは受け付けられたのだが、ヴィジター・カードの利便の一つである子供割引は、ロンドンで購入した場合、適用されない。窓口の係員に、それなら紙のカードを鉄道会社の切符売り場で購入すればと教えてもらったようで、滞在中はそれで問題はなかった。で、友人の体験から僕が思うそれぞれのメリット、デメリットを。

[オイスター・カード]
メリット:必要であればトップ・アップが可能。テムズ・クリッパーで割引料金が適用される。トップ・アップしてあればエミレイツ・ケイブルカーの利用が割引。

デメリット:ヴィジター・カードだと7日間利用の料金は適用されないようだ。ロンドンに到着してから購入する場合、デポジットは£5−、また居住者でない場合は子供料金が適用されないようだ。ヴィジター・カードにかかる£3−は払い戻しされない。ヴィジター・カードが届かない時の解約の手続き。

[7日間のゾーン1・2パス]
メリット:デポジット、なし。ゾーン内であれば、残額を気にする必要はない。子供料金あり。

デメリット:ゾーンを超える利用になると、その度に、窓口で不足額を払うか、事前に精算しておく。テムズ・クリッパーやケイブルカーの利用の際は割引にはならない。購入の際には写真が必要。

 15歳未満の子供が居る家族連れだとヴィジター・カードの方が使い勝手が良いかもしれないが、配達されないリスクは常にある。友人の子供達をO2ドーム(ゾーン3)に連れて行ったときどうなるかと思ったが、改札で課金されなかった。いい加減なロンドン交通局。

 以前も書いた記憶があるが、大人だけでロンドンにフルで4日滞在するのであれば、ロンドン到着後にゾーン1・2のオイスター・カードを購入し、£10−、もしくは£20−を更にクレディットしておくのが最も手軽だと思う。

 宿泊費が高いロンドン。家族連れで一週間の滞在ということで、友人は初めてAirBnBを利用した。落胆したそうだ。詐欺ではなかったようだが、説明と現実の落差が大きかったとのこと。イギリスの新聞で目にするAirBnBについての報道は好ましくないことの方が多いので、予約の際は気をつけた方が良いだろう。

 WiFiアクセス、大変だったようだ。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2609.html

 不思議だ。これだけ多くの人がスマートフォンやタブレットに海外で旅行や仕事に頼る時代になってなお、自国以外でのWiFiアクセスのなんと難しいこと。誰もがアクセスできるWiFiで個人情報が漏れたら困るというのは、どの環境で個人情報をインプットするかを判断するのは個人の責任であることを自覚すれば良いだけ。

 ロンドンでWiFiへのアクセスを探すのであれば、著名なホテルやスタバ、美術館等で試してみてはどうかと思う。

ロンドンの自画自賛:ヴェネツィアに勝った、そうで

2016.03.13
数日前のガーディアンで、ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート自然史博物館科学博物館への2015年度の合計入館者数が、ヴェネツィアを訪れた観光客の数を抜いたぞ、という見出しの記事があった。

Three London museums totalled more visitors than Venice in 2015
http://www.theguardian.com/business/2016/mar/07/three-london-museums-totalled-more-visitors-than-venice-in-2015

 こんな比較に引っ張りだされてヴェネツィアもいい迷惑ではないかと思う。

In St Mark’s Square and the Grand Canal, Venice has some of the world’s recognisable tourist attractions. But the Italian city was eclipsed in terms of visitor numbers last year by just three London museums – the Victoria and Albert, Natural History Museum and Science Museum.

London’s popularity, combined with the relative weakness of the pound making UK holidays less expensive, has helped to produce a bumper year for tourism across the country, with a record 124.4 million visitors (domestic as well as overseas) flocking to top attractions.

Blockbuster exhibitions such as Alexander McQueen: Savage Beauty at the V&A combined with late-night openings and membership events were driving interest from “a younger and culturally curious” new audience, according to Bernard Donoghue, the director of the Association of Leading Visitor Attractions (Alva).


 記事の中で書かれている1億2千4百万人という数が延べなのかは判らないが、数の上では確かに凄いと思う。個人的には、昨年はマックウィーンのブロックバスター以外に印象に残る展覧会がなかったので、およそ1200万人もの見学者がV&A、自然史、科学博物館に訪れたのか理由は判らない。自然史博物館はもしかすると、「パディンドン・ベア」の映画(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2392.html)の影響もあるのかな。

 出ては消え、消えては出て来るイギリスの博物館や美術館の入場を有料にする議論。文化施設が観光客を集める大きな要因の一つであるなら、有料化は観光客誘致にはマイナス要因になるだろう。

 今年の夏以降、来年の前半にかけて、ロンドンの美術館業界では大きな話題が続く。テムズ河畔に立つテイト・モダンの新しい建物が6月にオープン。

New building
http://www.tate.org.uk/visit/tate-modern/new-tate-modern/building

Tate Modern's Olympic-sized expansion to open in June 2016
http://www.theguardian.com/artanddesign/2015/sep/22/tate-moderns-olympic-sized-expansion-to-open-in-june-2016

 そのテイト・モダンの話題の展覧会は、ジョージア・オキーフ

Georgia O’Keeffe
http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/georgia-okeeffe

Flowers or vaginas? Georgia O’Keeffe Tate show to challenge sexual cliches
http://www.theguardian.com/artanddesign/2016/mar/01/georgia-okeeffe-show-at-tate-modern-to-challenge-outdated-views-of-artist

 更に、モダンにかなり水をあけられているテイト・ブリテンでは、来年そうそう、デイヴィッド・ホックニィの大回顧展。

David Hockney
http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-britain/exhibition/david-hockney

David Hockney show will be one of Tate Britain's biggest ever
http://www.theguardian.com/artanddesign/2016/feb/22/david-hockney-show-one-tate-britains-biggest-ever

 報道を斜め読みした所、ホックニィ自身は過去のことよりも、現在進行形の作品に集中したいそうだ。この展示はテイトの後、ニュー・ヨーク、そしてパリのポンピドーでも開催される予定とのこと。オキーフとホックニィなら、テイトのメンバーシップを再び購入するのはvalue for moneyだと思う。

 外観の工事はほぼ終了したようだが、未だに開館の予定が明らかになっていない新しいデザイン・ミュージアムは、2016年内の移動を目指しているようだ。

http://newdesignmuseum.tumblr.com/

2012年9月18日の写真。
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157631566266261

 コンラン卿は元気だろうか。

2015年、イングランドとウェイルズのクリスマス休日

2015.12.15
スクリーンショット 2015-12-15 14.17.53
https://www.gov.uk/bank-holidays

 2015年のクリスマス休日まであと10日足らずでこのようなことを書いてもあまり役に立たないかもしれないが。今年は、バンク・ホリディ(イギリスの祝日みたいな日)にあたるボクシング・ディ(12月26日)が土曜日なので、イングランドとウェイルズでは12月28日、月曜日が振替で休日なる。ということは、イギリスではとても珍しいことに(冬だから嬉しくない人も居るだろうけど)4連休となる。

12月25日(金曜日):クリスマス・ディ
12月26日(土曜日):ボクシング・ディ
12月27日(日曜日)
12月28日(月曜日):振替休日


 この期間にロンドンを訪れる予定の皆さんは既に調べていると思うが、美術館、博物館、劇場の休館日・休演日はしっかり調べておいた方が良いだろう。路頭に迷っても、ロンドン中心域であれば、最近は、クリスマス・ディでも営業しているファスト・フードの店は有る。

 12月25日は公共交通機関が全て止まるので、静かなロンドンを歩き回るには一年で最良の日。雪が降ると今年は困るのだが、でも、降って欲しい気もする。

ロンドンに羊が出没中:Shaun in the City

2015.04.26
DSC03747.jpg

2012年のオリンピック・パラリンピックのマスコット、昨年のパディントン・ベアでもう充分楽しんだので、全部を制覇しようという気は全く無いが、やっぱり面白いしロンドン生活の記録になるかなと。

公式サイト
http://shauninthecity.org.uk/

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157652106404681/

 公式サイトによるとロンドンは5月25日まで。7月から8月末まではイングランド西部のブリストルで、ロンドンとは違うデザインの羊が展示されるとのこと。今回は、公式マップを手にした家族連れがたくさん居たので、このてのイヴェントがかなり浸透して来ているのだろう。

パディントン・ベア
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2391.html

ウェンロックとマンデヴィル
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1747.html

The Paddington Trail終了まであと少し

2014.12.26
スクリーンショット 2014-12-26 17.58.53
(プリムローズ・ヒルにて)

映画の宣伝、ロンドンの宣伝で始まった50体のパディントン・ベアの設置も12月30日で終わり。頑張って27体まで撮影。

The Paddington Trail
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157649256681486/

 でも、上には上がいて、一日で50体を制覇したらしい。

Visiting all 50 Trail Paddington Bears in a day

https://www.youtube.com/watch?v=qTalt4p4nzY

 パディントン・ベアが設置されている場所の幾つかは、たどり着くまでにけっこう歩くから、予想していたよりずっと時間がかかる。
 
 この企画が発表になった時のYT。

Paddington Trail - The launch

https://www.youtube.com/watch?v=UYJNyOUHKwk

 あと1体、撮りたいのがあるのだけど、どうかな。

パディントン・ベア@ロンドン

2014.11.16
DSC02175.jpg
(パディントン駅)

映画の宣伝の一環とはいえ、ロンドンに縁のあるパディントン・ベアがたくさん出現しているということで、ちょっと追いかけてみた。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157649256681486/

DSC02220.jpg

 当初は、「50体、制覇するぞ!」と意気込んだが、今朝の3時間で充分。近隣のパディントン周辺、またウェスト・エンド周辺はまだしも、西はヒースロー空港にスタンフォード・ブリッジ、東はベスナル・グリーン、南東部のグリニッヂへ、クマの写真を撮る為だけに行くにはモチヴェイションが低いし、全てのエリアを一日で回るのは不可能ではないけど、一日がかり。

 書くのを忘れていた。現在、Visit Londonでは豪華なロンドン・トリップ獲得キャンペインが行われている。

http://www.visitlondon.com/guest/entry-guidelines?locale=en_GB

 応募できる国が限られていて、残念ながら、日本からは応募できない。また、ロンドン在住者も駄目。が、ロンドン以外のイギリス在住者や、アメリカ、フランス等の該当の国にすんでいる人は応募可能。日本もこれくらい太っ腹なことをやれば良いのでは。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.