LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

2001年01月の記事一覧

天気はいいけど

2001.01.14
 おはようございます。ロンドン、珍しく、この一週間、雨に悩まされることなく、かなり冷え込んでいますが、晴天続きで、いい感じです。火曜日には、皆既月食も綺麗に見えました。

 でも、話題は暗いことばかり。

 昨夜から新聞、テレビで大きく取り上げられていますが、一昨年の2月、ロンドン北部で、アフリカから来たばかりの8歳の女の子が、保護者の叔母とその彼に、暴行を受け、殺されていた事件があったそうです。新聞の表現ではその暴行をunimaginably としていました。新聞を読んでいて、こんなに悲しい気分になったのは久しぶりです。

 日本では大きく報道されていないような気もするんですが、金曜日の各朝刊トップは、遺伝子操作で、くらげ(だったかな、自信ないです。)の遺伝子を挿入されて生まれたサルの話題でした。科学者は、実験のためなので、人体に応用する気はない、といっているようですが、これも今後、尾をひきそうです。

 王室の話題を二つ。エリザベス女王の妹さん、マーガレット王女の容態はよくなっているそうです。彼女が搬送された病院が近所で、いつもは寂しい通りがにぎやかです。女王の娘、アン王女に花束を渡すことになっていた5歳の女の子が、「彼女は怖いから嫌だ」、とごねて、母親の説得で何とか渡したものの、渡した途端、脱兎のごとく彼女の前から逃げ出したそうです。これには前振りがあり、クリスマスに、王室が所有するイングランド北部の城の近所の教会に王室メンバーが訪れたとき、あるお年寄りが女王のお母さんに渡したくて作った花束をみて、アン王女が「What a ridiculous !!」と酷評したのをその女の子が知っていたからだそうです。知り合いの知り合いによれば、彼女は昔から無作法だそうで、王室不人気の一因のようです。昨年のクリスマスの女王のスピーチの視聴率は、史上最低だったそうで、英王室の未来は、ウィリアムに掛かっているのではないでしょうか。

 明日から、世界一の観覧車、「ロンドン・アイ」は定期点検のため、4週間休業だそうです。

 早く、ロンドンに春が来て欲しい、そう、強く思います。
スポンサーサイト
Society    ↑Top

送れるときにできるだけ4

2001.01.09
親愛なる皆さん

 おはようございます。連休明けの日本、冷え込んでいることと思います。先週の土曜日から、ロンドンは素晴らしい晴天に恵まれ、且つ冷え込んでいて、気持ちのいい冬の晴天を楽しんでいます。

 まず最初に。クリスマス・カード、新年のカードなどたくさんの方から頂き、本当にありがとうございました。やっぱり、嬉しいものです。本来であれば個別にお返事差し上げるべきところですが、たくさん書くとぽろぽろと英語がこぼれてしまうので、気長にお待ちください。

 さて、マデイラ島の雰囲気が、届いた葉書の字が汚くて伝わらない、とお叱りのメールを多々頂きましたので、もう一度。マデイラ島は、北アフリカの西に浮かぶ諸島で、人がすんでいるのは本島と、ポルト・サントという島のみです。主な産業は観光、マデイラワインと温暖な気候を利用した花と果物の輸出だそうです。FUNCHALが中心地で、ここは大晦日の花火の打ち上げで有名だそうで、何も特別なことはありませんでしたが、綺麗な花火でした。島の南側は美しい海岸線が広がり、他の三方は切り立ったがけになっています。島の中心は標高約1800メートルの山が聳え、ある日は美しい海岸線のドライヴを楽しみ、あくる日は山登りを楽しめるところです。イタリア同様、ドイツ語圏からの観光客が多く、英語もよく通じますが、ドイツ語が堪能な方はより一層楽だと思います。日本やロンドンでは超高級なゴクラクチョウ花が、普通に道路わきに咲いている、シンプルで美しい島です。

 昨日(といっても、東京の皆さんが読むときは、どーんとれんちゃんですね、ごめんなさい)書き忘れたもろもろのことなど。昨年末イギリスをにぎわした話題ですが、ニューファンドラン沖の漁獲量が減らされることになり、今年以降、フィッシュ・アンド・チップスに影響が出るだろうとのことです。ロンドンで食べるとまずいですが、海岸線の町で食べるこれは、本当に美味しいので、ちょっと心配です。

 昨年逮捕されたシップマン医師が殺害した人数は、300人を超えるだろうとのこと。東京でも新年から殺伐とした事件が起きていますが、ロンドンでも、ここしばらく人種差別に関連した事件などが増える傾向にあるようです。また、若者世代による犯罪も増加傾向のようで、どこも同じですね。

 限定の話題。ロイヤル・バレエのプリンシパルの代表、ダーシー・バッセルがご懐妊。復帰は11月だそうです。

 マデイラで見たBBCの報道。医師の両親を持つ16歳の女の子が、豊胸手術を受けようとしたところ、裁判所(だったかな)が禁止の措置。これもどこもでも同じように、マスコミがあおっているためのようです。

 今日から最後の語学。2月から、本当に漸くもう一つの専門のコースが始まります。

ロイヤル・オペラ

2001.01.08
親愛なる皆さん
 
 おはようございます、そして、新世紀おめでとうございます。昨秋に通ったロイヤルの感想と、ニュースを手短にお送りします。

「オペラ」
 「ホフマン物語」、「トリスタンとイゾルデ」それと「カーチャ・カヴァノヴァ」をみてきました。それぞれ面白かったですが、個人的には、「ホフマン」がよかったです。レヴューでは、「椿姫」の評価も高かったです。1月から3月の間は、「パレストリーナ」、「ベン・ヘップナー・リサイタル」、「トゥーランドット」、「チェネレントラ」に行く予定です。キリ・テ・カナワの引退興行ソロは取れませんでしたが、リターン・チケットを狙います。春以降の注目は、矢張り「オテロ」でしょうか。それと、年末に報道されていましたが、パヴァロッティのロイヤルでの最後のオペラは、2002年春の「トスカ」になりそうとのことです。

「バレエ」
 「白鳥」、「オンディーヌ」、それとミックス・プログラムに行ってきました。矢張り、シルヴィ・ギエムは、今、絶好調だと思います。年末の一年総括のレヴューでも、彼女がオペラ座のル・リッシュと踊ったアシュトンのプログラムは絶賛でしたし、「白鳥」も素晴らしかったです。意地悪な黒鳥があんなに似合う人も珍しいと思った次第です。ミックス・プログラムで踊ったチューダーの「リラ園」は、超人的な技巧は一切出てきませんが、彼女の美しさは突出していました。早く「ドン・キホーテ」がみたいです。それと、「オンディーヌ」で初めてじっくり吉田都さんを見ましたが、上手ですね。逆に、熊川の次を狙う佐々木洋平君、前途は多難のようです。なぜなら、「白鳥」のとき、一人ブーイングが飛んでいました。これからは、「リーズの結婚」、「ロメジュリ」(2回)、「ジゼル」の予定です。今シーズンで、芸術監督のアンソニー・ダウエル卿が引退しますが、彼を称えるスペシャルガラが、5月あります。なんとしても、ゲットします。



これまでも、この後も何度もシルヴィ・ギエムはでてきます。彼女と同じ時代を生きている人生の奇蹟を感じる。

新世紀が来ても

2001.01.08
親愛なる皆さん

 新年、及び、新世紀、おめでたいですよね。明日から始まる学校のことで頭が一杯で、でも、久しぶりに迷惑を顧みず、長いメールをお送りします。

 このクリスマス、ロンドンは雪に見舞われたようですが、ロンドンにいるうちにいろいろな所に行こうということで、友人達と、大西洋上に浮かぶポルトガル領のマデイラ島に行ってきました。一言で感想を言うと、行けてよかった、です。流石に一月ですから泳げるほどではありませんでしたが、太陽は輝き、ご飯は美味しいし、しかも、山あり、谷あり、海ありで、一週間、あっという間でした。日本からは遠いですが、例えばロンドンに来たついでになんて、いいプランだと思います。あくせくすることもなく、しかも、食生活の基本が魚なので、毎日3食、たっぷり魚を楽しみました。個人的には、最終日に食べたたこのフライと、焼いたたらこをオリーブオイルと酢でマリネしたもので、こちらに来て初めて、ほんの少しですが、ホームシックなるものを感じてしまいました。 www.villaopuntia.com

 こちらに来て1年、結局専門の勉強と平行して丸1年間、語学コースに通いましたが、英語を身につけるのは大変です。帰国子女の皆さんはどうやって英語を身につけたのか、教えて欲しいくらいです。読む、聞くことはどうにかなってきたように思いますが、圧倒的に語彙が乏しく、何かを表現したいときに本当に悔しい思いです。根っからのおしゃべり好きに、これは苦痛です。また、ライティングは、日本でほとんど知る機会がなく、未だに悪戦苦闘の日々です。語学教師に言わせると、「書くしかない」とのことですが、いろいろとパターンがあるので、それの使いまわしを少しづつ覚えていくしかないようです。

 もろもろの話題。1)イギリスサッカー界の超有名人、ベッカムが、奥さん(スパイスガールズのポッシュという人)への愛情を確認するために、腕にヒンドゥー語で名前を彫ったら、スペルが間違っていたそうです。2)昨秋から続く鉄道の混乱は、早くても今年の春まで続くとのこと。一体、この国はどうなってしまっているか。3)エリザベス女王の妹さんが、脳梗塞のため、療養中。

 取り留めなく。イースターまでは、また勉強の日々です。

この頃、まだベッカムが誰だか知らなかったんだな。
Society    ↑Top
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.