LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

2001年12月の記事一覧

2001.12.11 ユーロスター

ユーロスター

2001.12.11
親愛なる皆さん

 おはようございます。日本も冬本番とのことですが、ロンドンも先週末から本格的に冷え込み、その代わり素晴らしい好天に恵まれ、朝の散歩が楽しいです。

 エッセイも終わり、レクチャーも今週で終わり、残すは来月の筆記試験、ということとは関係なく、昨日日曜日、ユーロスターでブリュッセルに日帰りしてきたので、何をいまさらですが、ユーロスターのことを。

 行ってきた目的は、こちらに来てからホスト・ファミリーを通じて知り合ったフランス人カップルのお子さん(中国からの養女)が2歳になり、かつ、カップルがジュウィッシュ(ユダヤ教徒、という語感に違和感を感じるので)で、彼らの年末のお祝い、「Hannukah」に参加、というものでした。お食事は美味しかったんですが、フランス語をしゃべれないのは僕だけ、と言語的疎外感を久しぶりに感じた一日でした。幸いマルティリンガルが何人か居ましたが。今はとてもじゃないけどそんな余裕はありませんが、大陸に行く度に、英語だけでは駄目だな、と思います。

 ユーロスター。観光客時代から数えて、多分、10回位乗ったことがあり、ロンドンに居ると結構身近な存在ですが、やはり日本では観光の売りなんですね。席はファーストとセカンドの2種類、お金に余裕があれば、ファーストをお勧めします。ゆったりした席、ウェルカム・ドリンク、新聞・雑誌は読み放題、結構いける食事、飲み物(コーヒーは今二つ)とおしぼり、これで週末なら特別料金、往復で£110、セカンドは£70、狭い席、まずくて結構高いビュッフェで買うことを考えれば、ファーストのほうがお得感があるように思います。それと、国際列車ということで、なんとなく往時のオリエント急行の優雅さを感じさせる乗務員の立ち居振舞い、特にこの時期(冬)、ファーストクラスの車両の外で女性乗務員がお客さんを待っているときのコート姿が優雅でなんともいえません。

 最大の問題は、これがイギリス国内をはしらざろう得ないこと。何を言ってんだ、と思われるかもしれませんが、イギリスの鉄道のひどさはユーロスターにも大きく影響していて、チャネルトンネルに入るまでのスピードの遅さはいらいらします。いったんチャネルトンネルに入れば、国際特急といえますが、時間通りにパリ、ブリュッセルに到着すれば御の字です。昨日も行きは25分の遅れで、ケルンへの乗り継ぎ客が乗り遅れ、帰りは10分遅れでした。

 駅に到着したときのなんとなく高揚した気分を味わいたいならパリのほうが趣があるように思いますが、僕は、ブリュッセルのほうが好きです。というのも、ここでは、パスポートにスタンプを押してもらえるんです。最近、ヨーロッパ各国に行く度にスタンプを押されるのは僕の見た目からではなく、どうやらお約束のようです。例えば、今年のイースターに行ったマヨルカのスタンプは飛行機、ブリュッセル駅では、蒸気機関車のスタンプなんです。やっぱりパスポートにスタンプを押してもらえると、旅行した気分だし、なんと言ってもイギリスのスタンプは素っ気無いし。後は船のスタンプをいつか、獲得したいです。

 1年の終わりが12月というだけで忙しい毎日を、皆さんはすごされているかと思いますが、どうかご自愛のほどを。



予定通りなら、2007年には、ロンドンのユーロスターの駅は、現在のウォータルー駅から、セント・パンクラス駅になる。2007年12月までにオープンすれば御の字でしょう。
それが開くって言うんだから、吃驚。

スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.