LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2002年11月の記事一覧

2002.11.14 今度は何が?
2002.11.08 今月の原稿

今度は何が?

2002.11.14
 今日は、今朝のロンドン強風が吹きすさぶ、でも結構綺麗な朝です。

 本来であれば今日は認知心理学の授業がある日。でも、ロンドン、および全国的に大学など公共施設は休み。日本でも報道されているそうですが、25年ぶりに消防士がストライキをしている為です。

 理由は地下鉄と同じ賃金アップですが、その要求がなんと40%。確かに地下鉄運転手と比べると彼等の賃金は低いようです。例えば、ロンドンで仕事しながらロンドンでは暮らせないとか。友人曰く、保守党政権がこの問題をほっぽらかし、かつ現労働党が何もしなかった結果だから仕方ないとのことですが、40%は現実的でないでしょう。予想通り、交渉は決裂し、今日のこの状況に至りました。今後の交渉がもつれると、8日おきに後3回の48時間ストが年内にあります。

 で、この影響でロンドン市内の地下鉄の駅で、エレヴェーターと非常用の螺旋階段しか設置されていない駅は閉鎖。軍隊のGreen Goddess というかなり古い車が消防の肩代わりをしています。この名前の由来を何人かに聞いたんですが、誰も知りませんでした。追い討ちをかけるように、今朝の新聞では、ビン・ラディンがイギリスを狙っているとの報道。次はなにが起きるんでしょうね、この国は。
 
 図書館も閉鎖、ということで勉強に取り掛かる前に、書いてみました。勉強は、やってもやっても追いつかないです。今日も今ごろは図書館へ向かっている時間ですが、この状況なので、気分転換に書いてみました。もうすぐ誕生日なんですが、祝う気力もありません。


訂正
2002年11月14日 20:10

予想される消防士のストライキ、8日おきとかいてしまいましたが、連続8日のストが後3回です。勉強へのしわ寄せがかなりありそうです。
スポンサーサイト

今月の原稿

2002.11.08
親愛なる皆さん

 こんにちは、まず、今回このようなメールを初めて受け取られる方が二人、驚かないでくださいね。

 今日、再来週からロイヤル・バレエで始まる「白鳥の湖」の紹介記事が掲載されました。ここまで有名な演目だと内容を書くのも気が引けるので、キャストの紹介にしました。これでは、皆さんに感想を強要しても、難しいですよね。ちなみに掲載紙で使われている写真は、ダーシー・バッセルです。シルヴィ・ギエムはもう多分、白鳥は踊らないでしょう。

 ここ暫く、皆さんにメールを送らなかったことからご推察いただいているかもしれませんが、勉強、本当に気を抜くと脱落しそうです。徹夜は生産的ではないと信じているので、きっちり6時間は寝ていますが、後は勉強、もしくは勉強のことを考えている状態です。来週から5週間続けて何らかの締め切りがあります。学期が始まった当初はかなり準備していたつもりだったんですが、気がつけば遅れ始めています。卒業プロジェクトのほうもいまだスーパーヴァイザーの承認が得られず、でも、日本とイギリスの文化の違いに関連したトピックを選び、かつ、日本の学生の皆さんにアンケートをお願いしたいなと、思っているんですが、肝心の質問表も自分で作り、更に、日英の間の学期の構成の違いから、承認を得られた段階で、依頼の手紙を書く、という作業が加わるので、自分のことながら、どうなるんでしょう。これから自分の進みたい方向を考えて選んだトピックなんですが、他のイギリス人曰く、そんなトピックと評価は関係ないんだから、もっと楽なのにすればよかったのに、だそうです。プロジェクトに関しては、全てが初めてなので、戸惑うことも多く、失敗しないように、落ち込まないようにしています。今のところ、まだ平気みたいですが。

 今週は悲しいこともあり、楽しいこともあり。でも、考えてみれば、自分で選んだことを、まぁ、続けられているのは、幸せなことだと思っています。皆さんもご多忙だと思います。どうか、ご自愛のほどを。


シルヴィ・ギエムは「2000年以降は、白鳥の湖は踊らない」と宣言して、2004年にパリオペラ座で第2幕のパドドゥを踊った以外は、全く踊っていません。聞いた話では、熱心なファンの間では「2000年問題」として熱い議論があったそうです。更に、2007年11月と12月には日本でも。ずるい。
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.