LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2008年08月の記事一覧

これから発売される切手

2008.08.31
郵便配達業務にはがっかりさせられるばかりのロイヤル・メイル。が、今年も記念切手は満足の行くものばかり。年内の発売も残すところわずかになった。そんな中、興味深いのが以下の二つ。

 まずは、10月14日に発売される、「Women of Distinction」。様々な分野で先駆者的な役割を果たした女性たちを取り上げている。


http://www.norphil.co.uk/2008/10a-women_of_distinction.htm
 
 正直な所、誰一人として知らない。そんな中で、興味を惹かれたのが、50ペンス切手に使われているMarie Stopes。テレグラフ紙記事によると、
Marie Stopes opened the first family planning clinic in the country in 1921 which offered a free service to married women and gathered data about contraception. Her clinics saved many women form a cycle of pregnancy and childbirth.
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/2602221/New-stamps-mark-women-of-distinction-Marie-Stopes.html
 この記事掲載の二日後に、読者から寄せられた反論の手紙が掲載されていた。曰く「Marie Stopesは低所得者階級の女性には、妊娠しないように強要した」と。

 11月4日には、今年のクリスマス切手が発売になる。コンセプトは、「パントマイム」。


http://www.norphil.co.uk/2008/11a-Christmas08.htm

 イギリスに住んで数年経つけど、パントマイムの歴史や人気についてはよく判らない。が、イギリス人は今でもパントマイムが大好き。クリスマスになると、ロンドンのあちこちの劇場でパントマイムが上演され、家族連れだけでなく年季の入ったファンで劇場は満員になるらしい。このようなクリスマス切手が発売されるくらいなのだから、外国人にはうかがい知れない魅力があるのだろう。

 最後に、2009年に発売が予定されている切手の情報を。1月22日にロバート・バーンズの生誕250年記念(スコットランドでは大いに売れるでしょう)、2月12日にはチャールズ・ダーウィンの生誕200年記念切手。「産業革命」に関するものが3月17日に。そして個人的に最も欲しいのが、5月19日に発売が予定されている、「絶滅危機の植物とキュー・ガーデンズ250周年記念」切手。

 ロイヤル・メイルのウェブで年間購入をすると、毎月送られて来るパンフレットで、発行される切手が取り上げる人物や事象に付いての詳細な情報を知ることが出来て、イギリス文化の勉強になります。

スポンサーサイト

泥棒くらい自分たちで解決しろByケンブリッジ警察署

2008.08.29
現在、イギリスの警察は急増する犯罪に人員が追いつかないことは頻繁に報道されている。人手不足ながら、ロンドンでは街中を警邏する制服警察官の数を増やして犯罪防止に努力しているのも感じている。
 でもね、これはないでしょう。

999 call answered with police text saying: solve it yourself
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/2635499/999-call-answered-with-police-text-saying-solve-it-yourself.html

999 call answered with police text saying: solve it yourself
A couple who dialled 999 to report a burglary at their neighbour's house received a text message from police asking them to investigate it themselves.

A couple who dialled 999 to report a burglary at their neighbour's house received a text message from police asking them to investigate it themselves.

Cambridgeshire Constabulary contacted Lloyd and Suzanne Bishop an hour after their 999 call to explain that it was too short-staffed to send anyone to the scene.

The message read: "Lloyd. Following on from your call earlier on to the police, please can you contact us if you are able to establish what has been stolen and where from?

"At this time we're struggling to get the police to attend general calls for service, many thanks."

Mrs Bishop, 29, from Cambridge, said she was "gobsmacked and disgusted" by the response after she and her husband saw a man smashing a padlock on their neighbour's shed before jumping over a fence.

She said: "To text the person who calls and ask them to investigate what had been stolen, broken into and who did it is just incredible. It gives burglars the idea that they can get away with it because the police aren't going to send anyone out. What message does that send to my neighbours here? Is it pointless to call police if you see someone breaking in?"

Mrs Bishop and her husband, who are full-time carers for their two-year-old daughter Lizzie, who has special needs, were woken at 5am on Sunday by the sound of the padlock being smashed and saw a man in a white T-shirt running off. Mr Bishop, 33, immediately called police and was assured that officers would check the area for the culprit.

He said: "I would have thought they should have been able to catch a man in a white T-shirt as there couldn't have been many running around the area at five in the morning. The police are asking us to do their job. It makes you wonder what we pay our taxes for."

Despite his reservations, Mr Bishop did as he was asked, and looked into the shed, which did not appear to have had anything taken from it.

A Cambridgeshire police spokesman, said: "Due to the number of emergency calls we were unable to send an officer straight to the scene.

"All calls have to be graded by their urgency and, unfortunately, at this time there were a number of incidents, including reports of disorder and assaults, which police were attending.

"A text message was sent to the caller to explain that officers were unable to attend immediately and we apologise if this disturbed them."

A spokesman from the Taxpayer's Alliance said: "It is shocking to think things have got so bad that police are texting people to ask them to be volunteer sleuths."


 記事を読めば判るように、ケンブリッジ警察が泥棒の通報者に携帯電話テキスト・メッセイジを送ったのは事実だけど、「警察は忙しいんだから、泥棒くらいで電話するな。自分たちでどうにかしろ」、と言ったわけではない。仮にそのようなメッセイジを送れば、この程度の記事ではすまないはず。
 でも、警察官を現場にすぐに送れない理由が「Due to the number of emergency calls we were unable to send an officer straight to the scene」というのは、蕎麦屋の出前と同じ。警察がそんなレヴェルでは困る。

 このようなことが起きている中、本丸のスコットランド・ヤードのトップは、人種問題で大揺れの真っ最中。
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/2638956/Tarique-Ghaffur-blames-Sir-Ian-Blair-in-Scotland-Yard-racism-claim.html


右がイアン・ブレア総監。

 「権威」が社会から揺さぶられるのは、いつの時代でも起こりうることだけど、揺さぶられてすぐに失墜するようでは「権威」ではない。


防犯タグつきの肉に見る不況の度合い

2008.08.28
2007年の夏に始まったクレディット・クランチの影響は収まるどころか、日増しにイギリス人の暮らしに濃い影を落としている。穀物や乳製品の値段が天井しらずの勢いで上昇する中、スーパーで売られている精肉は一般庶民にはどんどん手が届かないものになりつつあるようだ。
 8月28日付のロンドンの夕刊紙、The Evening Standard紙の記事によると、スーパーマーケットでの肉の万引きが酷くなり、とうとう高価な肉や、オーガニックのものには、防犯タグをつけて売るようになったとのこと。


Precaution: Tesco is putting security tags on expensive cuts of meat in selected London supermarkets following a spate of thefts

 写真はイヴニング・スタンダードから借用。本紙に掲載されていた同じ写真では、パックの上部に「Security Protected」という警告がはっきり見える。

Economy on rocks as credit crunch worsens
http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-23546122-details/Economy+on+rocks+as+credit+crunch+worsens/article.do

 ググッてみたら、他にも。
Supermarkets forced to security tag organic chicken as credit crunch crimewave bites
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1037101/Supermarkets-forced-security-tag-organic-chicken-credit-crunch-crimewave-bites.html

 イギリス政府は、「Recession」を回避できるとまだじたばたしているけど、これはもはや、「不況」以外のなにものでもない。


五輪切手:ロンドン・オリンピックは開催されてしまうのだろうか?

2008.08.22
今日、8月22日に、なんの前触れもなくという感じで北京オリンピックからロンドンへの引継ぎを宣伝するような記念切手が、ロイヤル・メイルから発売された。

http://www.royalmail.com/portal/stamps/jump1?catId=32300674&mediaId=79800733
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/7574969.stm


ロイヤル・メイルの宣伝。

At the closing ceremony of the Beijing 2008 Olympic Games, the Olympic Flag will be symbolically handed over to London, who will host the Games in 2012.

To mark this historic event, Royal Mail and China Post have joined forces to produce a joint stamp issue featuring four stamps celebrating the historical and modern architecture of each city. The UK stamps are available in a miniature sheet.

The Miniature Sheet will go on sale in the UK on the 22 August, while their Chinese counterparts, featuring the same images, will go on sale in China two days later on the day of the handover ceremony.









 ロイヤル・メイル、相変わらず記念切手だけは、いい仕事をしている。にもかかわらず、どうして事前の宣伝をしないのか。数日前に届いた宣伝の封筒には、この五輪切手発売については一言も触れられていなかった。まさかこれほどまでイギリス人が活躍するとは予想していなかったから、だろうな。

 ところで、この選手。

[北京 3日 ロイター] 北京五輪から新たに正式種目となるオープンウォータースイミングの英国代表選手が、魚が苦手なため、試合会場となる湖で泳ぐことに不安を抱いていることが分かった。
 順義オリンピック水上公園の人工池で行われる10キロ遠泳に挑むデービッド・デービス選手は3日、ウェールズ・オンライン(www.walesonline.co.uk)に対し「もし大きな魚を見たら怖い。彼らは人間じゃない。歩き回らないし、普通じゃない」と語った。
 人工池にどのような魚がいるかは不明だが、南アフリカでのレースに参加した際には、コーチに対し「水中に嫌いな魚がいたら100メートルで途中棄権する」と伝えていたという。


 なんと、銀メダルを獲得の大活躍。魚がいなくて良かったね、と。

北京五輪の不思議へのイギリスからの回答

2008.08.19
今週末は、スコットランドを除き、イギリスはクリスマス前の最後の連休。晴れますように、晴れますように、晴れますように。

 過去100年で一番降水量が多い8月(12ヶ月、歴史上一番惨めな月が毎月続くのがイギリス)、グルジアとロシアの戦争、燃料費の暴騰、クレディット・クランチの膿がいつまでたっても出きらずに混乱しまくりのイギリス国内経済の悪化に拍車が掛かり、人間の都合で自然分娩が出来なくなった現代のブルドッグ(http://www.guardian.co.uk/uk/gallery/2008/aug/19/animalwelfare?picture=336751970)、10月から始まるロイヤル・バレエの新シーズンの「白鳥の湖」のチケットの最高額が£110-(個人的には一番ショッキング、且つ残念なニュース)等々、今日投げ込まれた奈落から、明日は更に別の奈落の底に突き落とされるニュースが続く最近。体全体で笑えるような話題があればと思っていました。ありました。

 どうしたことか、イギリス人選手の大活躍が続く北京オリンピック。それに気をよくしたのか、また日程の半分を終ってなおメダル獲得ランキングで3位を保持している余裕からか、The Guardian紙に、北京五輪に関する(恐らく読者からの)質問・疑問に答える趣旨の記事が掲載されていました。

Baffled by Beijing
http://www.guardian.co.uk/sport/2008/aug/19/britisholympicteam.olympics2008/print
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-877.html
http://www.guardian.co.uk/sport/gallery/2008/aug/19/olympics2008.britisholympicteam?lightbox=1
(誰が誰だか判る人はいないと思います)


 「金メダルを獲得したイギリス人自転車選手のクリス・ホイChris Hoy、添付写真の選手)は、あの太腿が入るズボンを見つけることが出来るのか?」とか、「女子マラソンで惨敗したポーラ・ラドクリフはドラマ・クィーンか?」とか、「オリンピックの競技では男女は平等か?」とか、「どこの国が最もオリンピックに無関心か?(ブルネイらしいです)」等々に、3人の記者(かな)が答える形式になっています。中でも、さすがイギリス人と思わせるシニカルな回答を連発しているStephen Moss氏には大いに笑わせてもらいました。彼のを含めて幾つかご紹介。誤訳は読み飛ばしてください。最近、保守的な友人(イギリス人)たちから、「ガーディアンを読んでいるようでは、良い社会人にはなれない」と批判されているんですが、一番肌に合います。


When did "to medal" become a verb?

It is tempting to say about a week ago - this ear-grating usage, as in "Romero is the only British woman to medal in two different sports", has disfigured the Beijing games - but, annoyingly, some dictionaries do accept "medal" as a verb, meaning "to decorate or honour with a medal" or "to receive a medal, esp. in a sporting event". It is, however, clearly an ugly Americanism - the earliest identified use of the word meaning to win a medal dates from 1966, in California, and the Washington Post was using it by 1979 - which needs to be stamped out. The sooner medal-obsessed Americans stop meddling with the English language the better.
SM


 「Medalという単語は、いつから動詞として使われるようになったのか?」、との問いにMoss氏曰く、「メダルに固執するアメリカ人が、間違った英語の使い方を止めれば状況はよくなる」と。イギリス人はアメリカ人が嫌い、というのではなくイギリス人は誰も好きじゃない、というのが正しい認識だと思います。

Why are we so good at sailing, rowing and cycling, but useless at track and field?

The Australians like to joke that we Brits are good at sitting-down sports. Unfortunately, they're right. The 3,000m steeplechase, the pole vault, weightlifting, not a hope. But give us a seat on a bike, in a boat or on a horse and we're potential world-beaters.

Part of the reason may be our innate laziness - the weather in the UK is bad and we spend most of our time indoors watching TV or playing online Scrabble - but the real key is the number of countries that participate in each sport. In three-day eventing, at which we are traditionally strong (and where we usually manage to find a member of the royal family able to compete), there are just 75 competitors. In athletics there are 2,000. To succeed in eventing you would need a fantastic horse, probably worth £250,000 or more, and the means to transport it to Beijing; in athletics you need a strong pair of lungs. Ethiopia, Morocco and Kenya are very good at athletics, but they are absolute crap at three-day eventing.

The key to winning medals at the Olympics is to think small. Don't target sports that everyone can be good at - athletics, boxing, football. Go for technologically complicated and expensive sports that hardly anyone can afford, such as yachting. Or, better still, sports that are both mind-blowingly dull and need expensive facilities, such as cycling and rowing. Britain should press for formula one motor racing to be included in 2012. Then let's see Jamaica find someone to rival Lewis Hamilton and his McLaren.
SM

 「どうしてイギリス人はヨット、ボートや自転車競技に強くて、陸上競技(特にフィールドでしょう)では役立たずなんだ?」には、まずオーストラリア人のジョークを使って。「我々イギリス人は、座って出来る競技が得意なんだ」、と。なぜなら、「我々は生まれつき怠け者だからな。天気が悪くて殆どの時間を、家でテレビを見て過ごしているんだから」。この時点で既に大笑い。
 続けて、「オリンピックで活躍したいのなら、競技を選ばないと。(イギリス人が得意とする3日にわたる)競技への参加者はたった75人だよ。
 「オリンピックでメダルを獲得する為には、大きく考えては駄目だ。技術的に複雑で、とても高価な装備を必要とする、且つあまり思考を必要としない競技を選ばなければ」。これは他国のみならず、「小さな競技」に留まっているイギリスの状況も揶揄しているように思います。同時に、王室を頂点にしたイギリスの階級社会のことも皮肉っているように感じられます。



Doesn't it all make you proud to be British?

No, in a nutshell. Of course it's jolly nice that our sailors, rowers and cyclists are doing well, that "Dame" Rebecca Adlington has proved that we can swim, and that Louis Smith's bronze - our first gymnastics medal since 776BC - has given the lie to accusations that we are all lazy, obese couch potatoes who always got a note from our mothers to get out of doing gym at school.

But all this "Proud to be British", "Will the Olympics rescue Gordon?", "Putting the Great Back into Britain" stuff is nonsense. To paraphrase Dr Johnson, sporting patriotism is the last refuge of the scoundrel. Think bread and circuses, Hitler at the Berlin games in 1936, East Germany's obsession with its medal tally and willingness to go to any drug-induced lengths to boost it. If sporting achievement is really the litmus test of whether a country is any good, it's a fair bet that it's an extremely dodgy, recession-threatened, knife crime-haunted, educationally chaotic, politically neutered country. Also in my view.
SM


 これは、笑いのつぼに完璧にはまりました。解釈はご自由に。

How does the medals table work?

Well, that all depends. Go to the official Olympic website and you'll find China top by virtue of winning 36 golds, 17 more than anyone else. Here, one gold is more valuable than any number of other colours - Tunisia, with a single gold medal but nothing else, sit happily above Belarus, who have three silvers and seven bronzes. Over on the official American Olympic website, however, the US are top because they have won a total of 65 medals of any colour, two more than China. Last month Georg Dutlik, head of the EU commission in Vienna, said that all of the European Union's medals should count as one, in which case we'd be top whatever way you look at it. The Americans think we're fifth at the moment, the Chinese reckon we're third. I like them the best.
SB


 北京オリンピックの公式ページでは、メダル獲得ランクの一位は開催国の中国。これは、金メダルの獲得数によります。ところがアメリカのオリンピック・チームのウェブでは、アメリカが堂々の一位。なぜなら、総メダル獲得数によるものだから。総メダル数でも一位でなくなったら、「America as No.1」を維持する為に、どんな手段・こじつけを考えてくるのか、今から楽しみです。

What do the Olympians do in the evenings?

You'd think that after all that exertion and pressure, athletes might find time for some more relaxed physical jerks after dark. Of the 100,000 condoms available to competitors at the start of the games, though, only a third have been used so far - a big change of pace from the Sydney games in 2000, known as the Shaglympics, during which the organisers ran out of prophylactics and had to rush to the chemist for more. There are two explanations. One, no one's getting any; two, they're doing it without protection. Let's hope the former. Still, others are finding pleasure in entirely non-physical pursuits. Rafael Nadal was recently spotted using an evening off to do his laundry. Well, those shorts won't wash themselves.
KC


 HIV感染者の急増が社会問題になっている中国では、選手村でコンドームを配ることは奇異なことには思えませんでした。が、オリンピックでコンドームが配られるのはデフォルトという事実に驚きました。2000年のシドニー・オリンピックの別名が「Shaglympic」だなんて。良い子は知る必要がないであろう単語ですが、爆笑。ま、このオリンピックがあったからこそ、デンマーク王室のフレデリック皇太子は奥方と巡り会えたわけだし。

 戦争、食糧危機、エネルギー危機、不況、酷暑、惨めな天気を吹き飛ばしてくれるのは、健康な笑いかなと思います。

北京五輪の話題二つ:食事と人種差別

2008.08.17

9月になる前に、一日でいいから、最高気温が30度になる日が欲しいです。

 オリンピックには全く興味がありませんが、選手の一人一人が輝いているのは、見ていて気持ちいいです。この週末は、「イギリス、どうしちゃったの?期待を裏切ることがイギリスの本質だったはずなのに」、というくらいイギリス選手が大活躍。日本にいたら知ることもなかったであろう競技での大活躍ぶりに、国が違うとスポーツもここまで違うものなのかと。8月17日のイギリス時間の夜の段階で、メダル獲得ランクで3位だなんて、イギリス・メディアの熱狂振りも頷けようと言うものです。

 イギリス人が得意とする競技の説明なんてできませんし、する気もありません。が、先週末に、北京五輪関連で面白い話題が二つ報道されました。一つ目は、日本でも紹介されたと思いますが、オリンピック記録を塗り替えた、アメリカの競泳選手マイケル・フェルプスMichael Phelps)の食事。
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2008/aug/15/foodanddrink.michaelphelps
記事:The need for greed
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/gallery/2008/aug/15/michaelphelpsolympicdiet?picture=336592492
写真:Eat like an Olympian
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/7562840.stm
Food for fuel: Olympian Phelps' unusual diet


朝食

 記事の中で紹介されているフェルプスの練習の一部は。

I have here an example of a Phelps training programme from 2002. I don't pretend to understand it fully, but it looks pretty awesome ("pull", by the way, means arms only. No legs.) "After a 4,500 short-course yards moderate morning practice," it reads, "warm-up: 800 mixer on 10:30, 4x150 kick on 2:30 (50 stroke-50 free-50 stroke), 400 pull with buoy on 5:00 (breathe 3-5-7-9 by 100), 200 stroke on 3:00, 10x50 on :45 (2-25kick/25drill 2-25free/25stroke 1-stroke). Main set: 4x50 on 1:30, 1x50 1:20, 1x50 1:10, 1x50 1:00, 1x50: 0:50, 1x50 0:40, 1x50 0:30. Long Swim Down: 100-200-300 pull (lungbusters by quarters), 400 choice kick, 300-200-100 IM Drills."

 記事を書いている方と同様、僕にもこの練習がどれほどハードなものなのかは判りません。また、水泳をしている友人によれば、これほどの練習の為ならこの食事量は必要なのかも、ということです。更に、アメリカならこれだけの量を食べる一般人もたくさんいるであろうという指摘も、頷けます。


昼食

 この食事が必要ということは納得するとして、不思議でたまらないのは、「これだけの食事、どうやって消化するの?食べて、消化して、泳いで、寝てということをするのに、24時間で足りるのか?」、ということ。食事の内容から推察されるように、咀嚼を必要としない素材ばかりですが、飲みこむにしたってこれだけの食事をまさか15分で終らせるというのは現実感がないと思います。このようなことを考えると、フェルプスという選手がどれほど「特別」な選手であるかということを感じます。彼の身体の外側は24時間で動いている一方で、彼の身体の内部は24時間の間に48時間分のことをこなしているのかな、と。彼の胃は、「引退」できるのかどうか。


夕食

 記事の中で、専門家の皆さんも指摘していますが、このフェルプスの食事は、他の水泳選手のものからはかけ離れていると。以下のリンクは、自由形の400メートルと800メートルで優勝したイギリスのレベッカ・アドリントンRebecca Adlington)についての記事です。余談ですが、テレグラフは過去記事閲覧の有料化を検討し始めたふしがあるので、ご興味のある方は早めに印刷をしておいたほうがいいかと。

Beijing Olympics: Rebecca Adlington wants to celebrate with McDonald's and a tattoo
http://www.telegraph.co.uk/sport/othersports/olympics/2571569/Beijing-Olympics-Rebecca-Adlington-wants-to-celebrate-with-McDonalds-and-a-tattoo.html

 リンクには掲載されていませんが、新聞本紙には、アドリントンの食事の例が書かれていました。それによると、練習前の朝食:オーツとはち蜜のシリアルに紅茶を一杯。練習後の朝食:シリアル、トーストを2枚、紅茶一杯。昼食:ハムとサラダのサンドウィッチにポテチを一袋(さすがイギリス人)、それにヨーグルトか少量の果物。夕食:ステーキかチキンのグリル、それに野菜。それでも足りない時は、ヨーグルトか果物を追加。
 アドリントンは800メートルでは世界記録を更新したのですから、この食事でも世界で通用する、ということなんでしょう。ちなみに、記事で笑ってしまったのは、最後のところ。アドリントンは、オリンピック終了後にボーイフレンドと一緒に地中海クルーズに行くそうです。でも、海では泳がない、というか泳「げ」ないそうです。なぜなら、「何がいるか判らないから」。こんな記事がありました。

[北京 3日 ロイター] 北京五輪から新たに正式種目となるオープンウォータースイミングの英国代表選手が、魚が苦手なため、試合会場となる湖で泳ぐことに不安を抱いていることが分かった。
 順義オリンピック水上公園の人工池で行われる10キロ遠泳に挑むデービッド・デービス選手は3日、ウェールズ・オンライン(www.walesonline.co.uk)に対し「もし大きな魚を見たら怖い。彼らは人間じゃない。歩き回らないし、普通じゃない」と語った。
 人工池にどのような魚がいるかは不明だが、南アフリカでのレースに参加した際には、コーチに対し「水中に嫌いな魚がいたら100メートルで途中棄権する」と伝えていたという。


 判るんです、海が怖いというのは。でも、「じゃ、どうしてオープンウォータースイミングを選んだの?」。是非、聞きたいもの。


 人種差別の話題は、スペインの五輪バスケット・ボール・チームがウェブに掲載した写真が発端でした。


Olympics: Spain's eye-catching faux pas
http://www.guardian.co.uk/sport/2008/aug/11/olympicsbasketball.olympics20081
Spain's Olympic race row: Don't shoot the messenger
http://www.guardian.co.uk/media/2008/aug/15/olympicsandthemedia.pressandpublishing
Olympics: 'Affectionate gesture' that sparked a global storm
http://www.guardian.co.uk/media/2008/aug/16/olympicsandthemedia.spain

 リンクは、The Guardian紙に掲載された時系列になっています。一言で済ませると、スペイン国内では多くの人がこの写真を「人種差別に当るとは考えられもしなかった」、ということ。スペインでは昨年バルセロナで、イギリス人F1ドライヴァーのルイス・ハミルトンに対して、観客が人種差別的な行動を起こしたことが物議をかもしたばかりですから、東京と2016年のオリンピック開催を争うらしいマドリッドにとってはこれは痛いでしょうね。

 仮に2012年までロンドンにいるとしたら、それまでになんとしても家を借りて、五輪期間中はそれを誰かに高く貸してマヨルカあたりでまったりと過ごしていたいものです。

ロンドン地下鉄の話題(ストライキ情報もあり)

2008.08.17
毎朝、決して忘れてならない日課は、ロンドン交通局のウェブ(http://www.tfl.gov.uk/home.aspx)で地下鉄の「運休」情報を探ること。どうして運休の心配をしなければならないのか、と言うのはロンドンで暮らしているかぎり、言ってもしかたのないこと。

 いつから現れたのかは思い出せないけど、最近になって、「Welcome to the TfL Shop」というキャッチ・フレイズが躍ることに気付いた。こんなことにエネルギーを使うくらいなら、運行の安定と世界一高い運賃をどうにかして欲しいとぶつぶつ言いつつ、期待せずにのぞいてみた。
http://shop.tfl.gov.uk/


Thongって、お土産の定番なのかどうかはわからないけど、イギリス人はこの手のものが大好き。個人的には、洒落でも買いたくない。


他は見るまでもないと思いつつ、このペンシル・ケイスは子供には喜ばれそう。


どのように使うか判らないけど、このタイルも鉄ちゃん達には喜ばれるかな、と。結構良いなと思っていたら。


ロゴを貼り付けただけのものだろうけど、この水筒は欲しい。クレディット・クランチの影響が色濃くなって来ているイギリスで、外出先での飲料費を抑える為に麦茶を入れる容器を探しているところだから、ちょっと惹かれる。


このマグも、お土産にはよさげ。


£14.99-。これは、買ってしまいそうな気がする。お揃いのエプロンと合わせて買っても、£19.99-。


 確か、2007年の11月、ロンドンの東側をひっそり走っていたイースト・ロンドン・ラインが地上を走る鉄道の延伸工事の一環に組み込まれた。
 イギリスにはもはや国が運営する「国鉄」はないけど、British RailとかNational Railと表記されることがまだ結構ある。ところが、いつの頃からか、上記の延伸工事が進められている路線を含むロンドンを走る鉄道の表記と呼称が、「Overground」になっていることに気付いた。地下鉄が「Underground」だから、この方が理に叶っているような気がする。

 最後に、この景気大後退期にまでやるらしいストライキ。

Possible RMT strike action

* A strike by Tube Lines maintenance workers may disrupt the Jubilee, Northern and Piccadilly lines from late morning Wednesday 20 August until the evening of 23 August. A normal service is expected on other lines. Please check before you travel


 このストライキの理由になっている賃金の差は、報道ではストライキを起こすほどの差ではないとのこと。真の理由は、ボリス・ジョンソン市長への揺さぶり。RMTは、もはや組合ではないです。
 実施されるとは思えないですが、ロンドンに来られる方、情報確認を怠りなく。

[追記:8月19日]
 保守・点検職員によるストライキは回避。

母と娘、骨肉の争い:鷲の場合

2008.08.13
8月13日、The Daily Telegraph紙のウェブにアップされていた写真。撮影場所は、オーストラリアのニュー・サウス・ウェールズのある海岸。


母鷲が、海岸に打ち上げられたらしい魚を発見。


さあ食べようかという時に襲い掛かったのは、巣立ったばかりの若いメスの鷲(実の子)。


数分間にわたる空中戦を制したのは、娘の鷲でした。

戦っている間にも、空を飛んでいられるなんて、凄い。

http://www.telegraph.co.uk/earth/main.jhtml?xml=/earth/2008/08/13/eaeagle113.xml
http://www.telegraph.co.uk/news/picturegalleries/earth/2551872/Sea-eagles-mid-air-fight-over-a-fish.html



殺されるのはいつも普通の人たち

2008.08.09






いつもと変わりなく、「普通」に、別の戦争がはじまった。いつもと変わらぬ、代理戦争。

アフガニスタン、ダルフール、イラク、カラチ、イスタンブール、ロンドン、秋葉原、そしてオセチア。人が、人を殺していない土地は、まだ地球上にあるのだろうか。



この戦争で犠牲になるであろう人々は、「殺される為に生まれてきたわけではない」、ということをプチンとブッシュはわかっているのだろうか。



誰に祈ればいいのか判らない。でも、祈ることしか出来ない。

http://www.guardian.co.uk/world/2008/aug/08/georgia.russia2
http://www.telegraph.co.uk/news/picturegalleries/worldnews/2523872/Georgia-invaded-by-Russia.html
http://www.guardian.co.uk/world/gallery/2008/aug/09/georgia.russia?picture=336376775



稲光が魅せるイギリス

2008.08.09
日本で、イタリアのヴェネツィアで(http://fumiemve.exblog.jp/7380824/)、不安定な状態の大気の影響で突然の大雨や雷が発生しているとのこと。
 昨年のような、深刻な洪水被害がおきていないとはいえ、既に初秋のようなロンドン近郊でも、8月6日の夜遅くに雷が発生した。その何者をも圧倒する力は、地球からの警告か。それとも、単に美しさに現実を忘れるべきなのか。


ブライントン。






まるで、龍が空を引き裂いているよう。以上の写真は The Daily Telegraphから。
http://www.telegraph.co.uk/news/picturegalleries/earth/2515652/Summer-lightning-over-southern-England.html


これだけ、BBCから拝借。

イギリス人は鎌倉と日本酒が好き

2008.08.05
最近の燃料費の暴騰に、「一般庶民が飛行機を利用できる時代が終って、このままイギリスに幽閉されるのか」、と不安に思う今日この頃です。

 今年に入ってから、日本を取り上げる記事を以前よりも頻繁に読むようになったと感じています。その内容も、東京や経済、捕鯨の事だけでなく、文化や地方についてかなり気合の入った記事が多くなっていると思います。これはそのような記事の一つを使って今年の5月にアップしたもので、思っていた以上に受けました。
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-771.html
イギリス人は木曽路を目指す

 そんな折、先週の土曜日、昨日と続けてThe Guardian紙が日本のことを取り上げていました。一つ目は、鎌倉でのサーフィン。

Buddha and the barrel
http://www.guardian.co.uk/travel/2008/aug/02/surfing.japan
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-853.html
 サッカーと、コモンウェルス以外の国の人々にとっては理解不能なクリケットしか興味がないであろうイギリス人がサーフィンなんてするの?、と思われる方もいることでしょう。一応、イギリス国内でもサーフィンが出来る海岸はあります。イングランド南西部、一般にThe West Countryと呼ばれる地域の最西端にあるCornwall(他は、Devon, Dorset, Somerset)の北部海岸は、イギリス国内ではサーファーが集まることで知られています。
 昼日中の鎌倉に行ったのは、はるか昔のことなので僕はこの記事が正しいのかどうかを判断する立場にはないですが、鎌倉をアメリカ西海岸のマリブに例えるのは、普通の日本人の感覚からはでてこないでしょうね。でも、鎌倉の波が初心者むきであるとか、日本人サーファーとアメリカ人やオーストラリア人サーファーとの違いを、偏見を交えずにさらりと描写している点には好感が持てました。
 僕は、自分自身はナショナリストではないと思っています。が、自分が生まれ育った国、自分の価値基準が育まれた国のことをあるがままに、見たままに書いている記事を読む機会があるのは、単にうれしいです。

 昨日、8月4日のThe Guardianの国際面の特集記事は、海外販売に生き残りを賭ける「日本酒」についてでした。

Drink: Sake is not so hot in Tokyo - but now it's cool with trendy New Yorkers
http://www.guardian.co.uk/business/2008/aug/04/fooddrinks.japan
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-852.html
 タイトルにもありますし、ご存知の方も多いと思いますが、今、ニュー・ヨークでは日本酒人気が高まっているそうで。日本酒だけを出すバーもあると聞いたことがあります。僕は、Low alcohol thresholdなので知識も少なく、味の違いなどは判りませんが、ロンドンでは日本酒は高いです。
 日本国内での消費量が急減しているとはいえ、輸出量は日本国内の消費量から比べればまだまだ少ないです。ということで、輸出量の数字が大きいのか小さいのかは、日本国内でどのように判断されているのかは、記事からは判りません。が、その国内での人気の低下を示す数字に驚きました。過去30年間で100万キロリットルというのは、結構な大きな数字だと思います。更に、こういうことを、イギリスの新聞の記事から知るというのは、よくないかな、と。
 記事は、よく書かれていると思います。日本酒がどうしてアメリカで受け入れられるのか、逆にイギリスを含むヨーロッパでは日本酒を受け入れようとする動きが遅いのはなぜかが簡潔に書かれています。また、取材を受けたであろう大阪の酒造会社の活動、日本酒を称える外国人の視点など、目から鱗ではないですが、感心することしきりでした。海外での日本酒の上顧客の一つが、ロシアの金持ちという事実には、「ロシア・マネー、ロンドンだけでは飽き足らないのか。どこまで世界を牛耳るつもりだ」、と言いたくなりますね。記事で取り上げられている酒造会社他のリンクです。

http://www.sakahan.com/index.html
大門酒造株式会社
http://esake.com/
英語サイト
http://www.atarashiya.jp/kawasemi.html
「かわせみの旅」

 大門酒造の方の、日本人が自国の文化に取る態度への観察は、鋭いです。
The Japanese are very concerned about what foreigners think of their country, so if we have more success in the US market, then Japanese consumers may give it another try.

 日本酒の話からはずれますが、個人的に気になっているのが「」。記事の中では、減反政策のことまでは触れていませんが、現在、世界の穀物マーケットで熱い視線を集めているものの一つが、「米」です。確か、世界有数の「米生産国」か「米輸出国」であるインドとブラジル(のはず、ちょっと自信ないです)は、既に「米」を外交のカードとして使っている云々のニュースをBBCで読んだ気が。国内の事情が判っていませんが、どうして世界で米の値段が高騰している時に、日本は減反を押し進めるのか理解できません。有効な外交政策の切り札になるであろうに、と思うのですが。

 お気付きかもしれませんが、日本のことを取り上げる記事で僕がより興味を惹かれるのはガーディアン紙です。これは、(恐らく)日本駐在のJustin McCurry氏による所があります。彼の前任者、JW氏(現在、中国駐在)が書く日本発の記事は、なんと言うか潤いがないし日本に対してとげとげしい態度を取っているように感じられて、好きではありませんでした。数年前、JW氏が中国に異動になる頃は、丁度、海外メディアの「Japan Passing」が話題になっていた時で、ガーディアンも新たに日本駐在をおくとは思っていませんでした。ところが、いつの頃からかマッカリー氏の名前が目にとまるようになりました。
 彼が、正記者なのか、現地採用なのかは知りません。不得意分野と思われる記事、特に政治は「日本メディアのニュースをそのまま使っていないか?」、と突っ込みたくなるような覇気のなさ。ところが、恐らく彼本人が興味を持つであろうと思われるニュースになると、俄然面白く感じられます。そういう記者がいると、おのずと記事の精度、面白さに磨きがかかるのかなと思います。彼が日本におもねる必要ないです。ただ、偏見を交えない「外国人」の視点で切り取った日本を、このままイギリスに向けて発信しつづけて欲しいです。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-762.html

 日本の皆さん、どうかご自愛のほど。ロンドンは、もしかしたらもう「晩秋」かもしれないです。

Death of critics:批評家とブロッガーは共存できるか?

2008.08.03
だいたいこの時季に毎年書いていますけど、ロンドンはもう「秋」です。北国の夏のなんて短いことか。

 幸運なことに書く仕事が細々とですけど途切れることなく続き、ブログで自己主張をすることによってあわよくば学費を賄えるほどの書く仕事が来ればと願っている僕にとってはとても興味深い、「文化批評家」についての記事を読みました。一つ目のFTは、主にアメリカの現状を。The Observer紙掲載の二つ目は、イギリス国内で活躍する批評家とブロッガーについて結構公平な視点で書いてあると思います。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-849.html
Critics in a hostile world

 このファイナンシャル・タイムズの短い記事によると、アメリカでは昨年一年間で、100を超える、いわゆる「アート・クリティク」の職が紙メディアからなくなったそうです。The Kansas City Star, The Miami Herald, The Los Angels Times, The Village Voice in New York, New York Times 等の名のしれた新聞がクラシカル音楽、オペラ、ダンス、映画、書籍の専属批評家を解雇しているそうです。それをカヴァーしているのは、「ストリンガー」と呼ばれる、「often inexperienced freelancers paid by piece, and not paid well」のような皆さんであると。一応、僕がしている事は似たようなことなので、あからさまにそして断定的に「経験のない者」と書かれると、日々努力はしているんだけどな、と反論の一つは言いたくなります。一方で、ストリンガーの存在なくしては文化批評記事が成り立たない現状というのは、情報収集の第一手段が新聞の僕にとっては、考えさせられる状況です。
 筆者のMartin Bernheimer氏は矛先をあからさまにインターネット、ブロッガーには向けていません。真っ先に挙げているのは、アメリカ発のクレディット・クランチによる新聞社の収益の悪化。が、紙メディアにおける文化批評の衰退の一因は、インターネットの普及によってもたらされたであろう、白黒をすぐにつけたがる風潮にある、とも批判したいのではないかと感じました。

 で、この記事があって書かれたのかもと思えるのが、翌週末にオブザーヴァー紙に掲載された特集記事。批評家とブロッガーの対決という雰囲気を前面に出しているものです。
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-850.html
Is it curtains for critics?

 The Guardian/The Observerの記事のアーカイヴからどうしても見つけられなかったのですが、本紙には、その道ウン十年のクリティクと注目を集めるブロッガーのインタヴューが掲載されています。
 プロの批評家のインタヴューや彼等のブログに対する姿勢を読むと、「後ろ向き」という印象は拭えません。一応、この記事で取り上げられている批評家すべてが、インターネットの「存在」を認める一方で、イギリスが育んできた「批評文化」に相応しいレヴェルの高い批評をブログに見出すことは稀であると。
 中には、個人のブログを展開している批評家もいます。The Evening Standard紙のアート・クリティク、Norman Lebrecht氏は、中にあってインターネットやブログに対して一定の理解を示しています(レブレヒト氏のブログは、http://www.artsjournal.com)。そのような彼ですら、ブログやネットで発信される情報に全幅の信頼を置いているわけではないようです。また、アマチュアのブログに意見を書くことは、躊躇われるそうです。なぜなら、Bloggers are as sensitive as any diva. Criticise them and they will attack you。これは、頷けます。
 「プロ」と括れる批評家は、批判や反論を受けてたつことが彼等の仕事の一つでしょう。しかしながら、僕も含めて、洋の東西を問わず、ブログ上に個人的に思ったことを書いているだけの人々にとって、「批判される」ということは、大袈裟に言えば人格を否定されたと感じることもあるのではないかと考えます。最近、ある友人に言われてはっとしたのは、「プロとアマチュアの境目」とはどこにあるのか、ということです。

 対するブロッガーの意見もまた、頷けること多しです。個人的に一番興味深かったのは、地方で本の感想をブログに書いている女性が、どうしてブログをはじめたかという理由。その女性曰く、新聞の批評や大手書店が推薦する本の多くは、極端な話、ロンドンにむけて書かれているものばかりで、地方で暮らす自分が本当に読みたいと感じる本が紹介されない。ならば、自分が読みたい、そして読んだ本の感想をブログに書いていこう、と。
 ブログの小回りのよさ、いまや殆ど世界のどこにでも存在し、書かれている言語が判りさえすれば、ブログに新しい記事がアップされた数分後には、地球の裏側にいる読者が読める利便性。他のブロッガーも、大手のメディアが取り上げないことを知りたいからはじめた、と。このような機動性が広く受け入れられている状況からは、既存メディアにとって学ぶことは多いのではないかと感じます。

 この二つの記事を読んでから、「批評家」とはどういう職業なのか?、と改めて考えることが、映画批評でありました。世界中でロング・ランを続けるミュージカルを映画化した「Mama Mia」を新聞各紙の映画批評家はこぞって、そこまでいうかというくらいこき下ろしました。面白いことに、すぐさまそのネガティヴな意見に反論したのが、普段政治や経済の分析記事を書いている記者たち。彼らは「こんな面白い、feel-good映画、楽しめばいいじゃない」、と大絶賛。もちろん、大ヒットです。
 もう一つは、「The Dark Knight」。これ、故ヒース・レジャーが演じるジョーカーの暴力シーンが、とても凄惨らしいです。にもかかわらず、イギリスでは、子供が見てもいいものになっています。ご高齢の映画評論家の皆さんは、「素晴らしい、素晴らしい」のみ。逆に、中堅や若手の批評家の何人かは、暴力シーンが社会や家族に及ぼすであろう影響について論じる。
 意見が多様であることは健全だと思います。僕は、プロの批評家は、少なくとも社会の中での自分たちの立ち位置がどこにあるのかをいつも明確にしておく、というのが必須なのではないかと考えます。

 ちょっと流れから外れますが、今日読んだ、面白い記事。
http://www.guardian.co.uk/stage/2008/aug/03/theatre1?gusrc=rss&feed=uknews
Fake reviews leave Wizard of Oz cast feeling green
 テムズ川のほとりにあるサウス・バンク・センターで始まった舞台版「オズの魔法使い」。どうやら、一般ファンが感想を論じるサイトでの第一報は、芳しくなかった。ところが、それに続く感想は、舞台の出来を褒め称えるものだった。困ったことに、その感想は、センターの職員による書き込みだった、と。何故ばれたかというと、書き込まれたコンピューターのIPアドレスからだそうです。書き込みしたスタッフは、もしかしたら「IPアドレス」なんて言葉を聞いたことなかったのだろうと思いますし、例え知っていたとしても、まさかそれでどこから投稿したかがわかってしまうなんて考えられなかったのでないかと。僕も、気をつけよう。下手な誤魔化し、出来ないです。

 僕個人としては、プロの批評、ブログやインターネットで得る情報双方とも、僕自身がどのように咀嚼し、判断していくかということが、基本的な姿勢だと考えます。裏も取らずに「まる投げ」だけはすまい、と。

 〆は、1973年以来ファイナンシャル・タイムズでバレエ・クリティクとして書いているClement Chrisp氏の言葉から。これはこれで賛否両論だと思います。が、経験、言いかえると「継続は力なり」が意味することを考えます。

 Somebody who has been to five producitons of Swan Lake can write on the web. But I want to hear from someone who has been to 500 Swan Lake before they lift the pen.

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.