LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2009年06月の記事一覧

パーセル・アリアの夕べ@ガーデン・ミュージアム

2009.06.28
イギリスの国会議事堂とテムズをはさんで反対側に、庭についてのプライヴェイトの博物館があります。

http://www.gardenmuseum.org.uk/

http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-23580544-details/New%2BGarden%2BMuseum%2Btakes%2Broot%2Binside%2Bchurch/article.do%20


 この博物館の隣にあるランベス・パレスはカンタベリー大司教の公邸。ランベス・パレスは5、6年前に入った事がありますし、この近辺はテムズ沿いを散歩する時にはほぼ必ず歩いている所ですが、こんな博物館があるなんて全くしりませんでした。

 先週の土曜日、27日に、この博物館のファンド・レイジングの為に、特別なコンサートが開かれました。今年のグラインドボーン・オペラ・フェスティヴァルのプログラムの一つ、パーセルの「The Fairy Queen」を指揮しているウィリアム・クリスティが博物館の為に自らハープシコードを弾き、フェアリー・クィーンに出演しているソプラノ歌手二人がパーセル作曲のアリアを歌うというものでした。どうしてこんな特別なガラ・コンサートが催されることを知ったかというと、デイリー・テレグラフ紙のオペラ・クリティクの男性が、自らのコラムに書いていたからです。いつもはこの人のレヴューには腹が立つことばかりですが、このコンサートを知らせてくれたことには大感謝です。

 以下の英文は、ガーデン・ミュージアムのウェブにあった宣伝です。

EXCLUSIVE ONE-OFF GALA CONCERT THIS WEEKEND

Excerpts from Purcell’s The Fairy Queen and Other Works

Performed by William Christie, Miriam Allan and Claire Debono

Saturday 27th June at 7.30pm (doors open 7pm)

The Garden Museum would like to thank William Christie, internationally renowned conductor and creator of a celebrated listed garden, Les Jardin du Batiment in France, and Miriam Allan and Claire Debono from the 2009 Glyndebourne production of Purcell’s The Fairy Queen for generously staging this one-off gala concert in support of the Garden Museum.

The audience will be treated to extracts from The Fairy Queen that include Turn, Turn Then Thine Eyes and They Shall Be As Happy and excerpts from other works such as Shepherd, Shepherd from King Arthur and Sweeter than Roses from Pausanius performed by William Christie on harpsichord and singers Miriam Allan and Claire Debono.

Afterwards the audience will be able to enjoy a picnic in the Museums Knot Garden.

Rupert Christiansen of The Telegraph comments: “Opportunities to hear baroque music in such an elegant environment are rare, and this should be a delicious treat.”



ウィリアム・クリスティ

 丁度この数日前にグラインドボーンでの初日を迎えたフェアリー・クィーンのレヴューは多くが絶賛調だったので楽しみにしていました。勿論、コンサートのあとの食事もです。

 クリスティは、アメリカ人ですが、確か既にフランスに帰化しているはず。以下のインタヴューの中で触れられていますが、マルセル・マルソーが亡くなったあと、空席となった何かのメンバーに選ばれたそうですから、フランスでの名声は既にゆるぎないものだと思います。今年は、彼のオーケストラが設立されて30年という記念の年で、ロンドンでは縁の深いバービカンで何度かコンサートが予定されています。

http://www.guardian.co.uk/culture/2009/jun/20/william-christie-baroque-music-interview




(ネットで集めた、フェアリー・クィーンの舞台写真)

 ミュージアムに入った事がないのでどれほどの聴衆が集まるのか判らず、またチケットを予約したとき当日の席は座りたい所に適当にどうぞと言われたので、だったら最前列ど真ん中をゲットするべく、6時45分には到着。が、誰も並んでいなかったのでちょっと拍子抜け。
 暫くすると入り口近辺に人が集まり始め、それを見計らったようにミュージアムの中から、シャンペンが注がれたグラスを持った女性が現れふるまい始めました。雨は降らなかったものの、雷が鳴り響く不安定な天気。それでも戸外で飲むシャンペンは美味しかったです。

 最前列ど真ん中の席は、クリスティが弾くハープシコードから大体2メートルくらいの位置。サロンというには広すぎる空間でしたが、こんなに近距離でプロのオペラ歌手の歌をマエストロの弾くハープシコードの伴奏で聴くことができることに期待はいやでも高まりました。ちなみに、聴衆は70人くらいでした。

 クリスティと歌手の二人が舞台に立つと、僕の隣に座っていたかなりご高齢の女性が徐に舞台に。「2年前、改装前のこの博物館に一人の素晴らしいガーディナーが訪れました。この博物館を気に入ってくれた彼は、この素晴らしい夕べを博物館にもたらしてくれました。そのガーディナーは、ここにいるウィリアムです」。その女性は、博物館のプレジデント、The Dowager Marchioness of Salisburyでした。


William Christie:Harpsichord
Claire Debono & Miriam Allen:Soprani

Shepherd, shepherd from King Arthur
Sweeter than Roses from Pausanius
The cares of lovers
Two daughters of this ages stream from King Aurthur
When I have often heard young maids complaining From the Fairy Queen
If the music be the food of love (3rd version)
O lead me o some peaceful gloom from Bonduca
Turn, turn then thine eyes from the Fairy Queen

O dive custos auriacae domus
Hark the echoing air from the Fairy Queen
Ye gentle apirits of the air from the Fairy Queen
Fairest isle from King Arthur
I am come to lock all fast from the Indian Queen
We the spirits of the air from the Fairy Queen
They shall be as happy from the Fairy Queen

 バロックに限らず、技術的なことは何も判りません。が、一曲目から繊細、かつきらびやかなハープシコードの音色とクリスティの凄まじい技術、同じソプラノでありながら、全く声質の違う二人が歌い上げるパーセルのアリアの数々。まさに、天に昇るような高揚感。ソロのアリアも素晴らしかったのですが、デュエットで歌われるアリアでの幾重にも響くハープシコードと声が織り成す旋律の美しさは、思わず目を閉じて耳に全神経を集中させ、一音とも逃すまじの思いでした。ちなみに、クリスティはタキシード。赤い靴下が目立っていました。

 コンサート終了後は、ミュージアムの中庭でピクニック。肉料理がいまひとつでしたが、豆とカマンベール・チーズのキッシュ、新じゃがをバターと一緒にただ蒸したもの、たっぷりのサラダ、厚切りの全粒粉のパン、さらにとっても美味なバターがこれでもかというくらいに山盛り。これでフランスのにおいのきついチーズとデザートにサマー・プディングがあれば完璧だったのに、と。シャンペン、ワイン、ピムズは次から次と振舞われるし、お金を集めるどころか、持ち出しになっているんじゃないのかと心配するほどの至れり尽せりぶり。夕闇が濃くなる庭で、涼風が吹く中美味しい食事を楽しみつつ、心に染み込むコンサートを思い出す。これが、イギリス本来のホスピタリティだと感心しました。

 このようなコンサートがひっそり開かれるのは、ロンドンの魅力の一つでしょう。

スポンサーサイト
Songs    Comment(0)   ↑Top

カウンセリング for Disabled People

2009.06.26
今週は、身体だけに限らず、知的障害等を持つ人たちへのカウンセリングはどうあるべきなのか。使用文献は以下の二つ。

Segal, Julia:“Counselling People with disabilities/chronic illnesses” in A Handbook of Counselling in Britain, ed W Dryden et al, Tavistock/Routledge London, (1989) page 329

Hoxter, S:“The Significance of Trauma in the difficulties encountered by physically disabled children”, The Journal of Child Psychotherapy 1986 Vol. 12 No 1 page 87


 正直な所、ホクスターのほうは読んでいてとても辛かった。カウンセラー云々よりも、一人の人間として、「死」が日常の本質になっている生活を送っている子供達の現実に、向き合えるか?

 シーガルのほうは、障害を持つ人たちへのカウンセリングについての基本的、かつ現実的なことについて。言うは易し、考えるは易し。僕自身にとって大切なのは、障害を持つ人も、心の悩みを抱えているという事実。知的障害を持つ生徒への「性教育」を批判したどこかの国の政治家には、理解できない、それとも理解したくないことだろう。

 シーガルのプレゼンをした人から原稿を。

Counselling People with disabilities/chronic illnesses
Julia Segal

Offering counselling to people with disabilities produces just the same reactions as offering it to anyone else. p344


Segal begins by asking us to consider the significance of whether a disability is physical, intellectual or emotional and what difference there might be between a congenital condition and one acquired as well as how the clarity of the prognosis may affect the individuals thinking about the illness they have. She also notes the difference between the number of those registered as disabled and the possible greater number of individuals who may not wish to be labelled or may not fully meet the qualifying criteria. From the beginning the invitation is to think a bit differently.

Principles

Segal establishes a guiding principle right from the start:

People will make efforts to distance themselves from the disability or illness in many different ways

She then sets out 5 further principles as to how this situation can be challenged.

1: Use of language should reflect the fact that people with disabilities or illnesses are first and foremost people.
This principle reflects the then accepted shorthand of or referring to a patient by their condition, e.g. ‘the Liver in bed 5’ - used to abbreviate a scenario to simply the location and medical ailment: what is lost is the human element – the person. This opens up the reality that all humans have some kind of impairment whether it is recognised by society or a personal feeling of inadequacy. In the gym where I work the number of men who are never satisfied with their ‘imperfect’ bodies is staggering. Segal shows how the loss of a hand makes the journey to a handicap by a progression of socially constructed meanings; which she then trumps by citing the lack of ability to read as being inconsequential in a non literate world. Thus the individual is subject to the ‘norms’ of the society in which he lives.

However as Segal says, ‘It is helpful to consider how everyone has some kind of disability or impairment. It is normal to be short-sighted, physically weak, or lack artistic, mathematical, or musical abilities.’ She argues that it is the unconscious perception of our own pain that we see in a person’s disability and this can lead to bad behaviour. It is this fundamental pain of our own perceived inabilities that prevents us from seeing the real person – what we see is a representation of our own frailty which triggers inappropriate behaviours or responses. In looking upon another we see not their reality, their disability, instead we are reminded of our own weakness and hate them for it.

2: A disability, chronic illness or handicap affects whole families and social networks, not just the individual.

It is important to recognise that the individual live within a network of support, both personal and professional and that all those involved have feelings about what is going on. Segal encourages us to examine how these feelings are shared.

3: The meaning of the disability is as important as the disability itself
Here Segal highlights that there are two areas of impact for a person with a chronic illness: the practical and the emotional. How can an individual be independent when they are so reliant on others for care? But is this not simply an acknowledgement that none of us are really THAT independent, we just think we are. Unless we live in total isolation and only use that which we make and eat only that which we grow we are all reliant on other people. Yet seeing someone’s needs being met may touch that part of us that hates the reliance on others, or indeed trigger envious/jealous feelings that we are not taken care of so well.

As to the emotional aspects of what it means to disabled Segal asks some pretty piercing questions: 'Can anyone love me when I'm like this?'; 'What have I done to deserve this?'; 'Would the family be better off if I/they were dead?' Yet these questions are also the sort of questions anyone might ask themselves when they are overwhelmed by their own sense of failure or shortcomings. Such questioning raises vital issues of self worth as well as how one perceives ones worth in society and what society values.

4: People with disabilities and handicaps should be offered counselling which is as near to 'normal' as possible.

Segal states that the frame and setting of counselling has been developed for specific purposes and that these should be adhered to as much as possible. However where the nature of the disability requires change sensitivity must be shown for example when home visits are needed as this may lead to feelings of being ‘invaded’.

5: Confronting reality in a skilled way is an essential ingredient of counselling, whatever the problem involved.

Segal argues that it is fear that leads to preferring illusions to reality and that these illusions become defences against fear. However the reality is often a lot less scary than the fear. So what is going on by the use of illusion? Who is being protected? Whose needs are being met - surely not the client – the disabled person. Segal argues that it is the counsellor who is protecting themselves by not being honest. That said the example given of telling a young man that his father has a wife and child and he does not must have taken some saying. But it is ‘the assumption that illness, a distorted body, a difficulty speaking, or a slowness of intellectual grasp must all be accompanied by a lack of emotional strength’ that is being challenged by being honest. Segal suggests that it is the able bodied who frequently cover up rather than discuss perceptions of disability resulting in one sided illusion.


Issues
The set of issues that Segal outlines are also issues that face others in different ways at different times, her advice seems to be: think about them in advance so you can be prepared. For example the first issue of grief is one we can all appreciate as being something everyone has to deal with. Where it may have more relevance for the person with a disability is the accumulation of losses associated with the illness that may make loss more substantial and ongoing. Segal’s suggestion that ‘Grief arises with the giving up of some past reality, which may include ordinary hopes and expectations for the future’ is surely equally applicable to anyone who ages. Her example of encouraging the tennis player who lost a leg to think about socialising without playing tennis seemed a bit harsh. I found myself thinking: I can’t play tennis anymore but I do get to sit down and talk to people – largely because I can’t get away!! But I guess the point is that the reality is that tennis, in its previous form, is no longer an option let’s see what is. The focus is on the reality of the individual and finding what might be the nest steep for him.

The issues of dying and suicide again affect us all in some way. The anxiety of how death will occur and the thought of who will be left behind is common, but for those with real illnesses the ‘threat’ and immediacy of such a possibility seems so much stronger. The possibility of suicide as a means of escaping seemingly endless pain and medical intervention must surely be an attractive thought – however unpalatable. As with all suicide that notion of 'I'll kill myself and then they'll be sorry' must also be present for those with disability.

However the recent case (http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1030.html)of the parents of a disabled boy who killed themselves after his death highlights the need for counsellors of disabled people to bear in mind not only their client but the family unit that supports and cares for the individual. As Segal pointed out in Principle 2 how feelings are shared between those caring for a disabled person are vitally important. How will they cope when the object of the care and attention dies?

How we relate to people with disabilities is another issue Segal raises and suggests that `Normal' social rules may also not apply easily, and it can be difficult to know what new rules to use in their place. It can seem rude to sit and watch someone struggling to put on their coat rather than helping them: deciding when and how to offer help and when to assume that the person can do what they are doing in their own time can be difficult. The individual concerned may have strong personal beliefs about when help should and should not be offered, and these may not be easily guessed. Surely you just ask! The radio programme ‘Does he take sugar’ was a great example of this sort of attitude, where instead of asking the individual, questions were asked about him, assuming he could either not comprehend. Perhaps, in terms of Principle 1, there is also an inability to engage with the disability because it is too close for comfort.


Future developments
As this paper was written 20 years ago perhaps we are in good position to judge how far things have come since 1988.

The Disability Discrimination Act 2005 has helped provide a legal basis for the provision of goods and services for disabled people. But more than this there has been a cultural acceptance that people with disabilities are just people who need to get on with their own lives. From my own experience at my placement not only are people with disabilities welcome as clients there is also a counsellor who uses a guide dog.


Whilst all these developments are good in themselves it is the inner development of the attitude of the counsellor that needs to change most, as Segal says:

The experiences of being dependent on somebody else, of being offered something you do not have yourself, and of coping with the very mixed feelings this arouses, are all experiences common to people with disabilities and people in therapy themselves. Counsellors who avoid this dependency relationship with a therapist cannot fully understand the difficulties their clients face.

レイシズム(人種差別) in Counselling Room

2009.06.22
たまには、カウンセリングのことなど。過去数週間は、実際のカウンセリングの場で扱うであろう様々なトピックと格闘。自殺、イーティング・ディスオーダー(拒食症等)、中毒患者等々。

 中でも先週は、イギリスでカウンセリングにか関わっているかぎりいやでも、少なくとも僕自身にはついて回るであろう「レイシズム」。取り上げた文献は以下の三つ。

Timimi,Sami.B:
“Race and Colour in Internal and External Reality” in The British Journal of Psychotherapy (1996)Volume 13, Number 2, page 183

Gordon, Paul:
“Souls in Armour: Thoughts on Psychoanalysis and Racism” in The British Journal of Psychotherapy (1993)Volume 10 number 1 page 62

Tan,Richard:
Racism and Similarity: Paranoid- Schizoid Structures, in The British Journal of Psychotherapy 1993 Volume 10 Number 1, page 33


 どれも歯ごたえがありすぎて読むのに丸一日かかってしまった。TimimiのプレゼンをしたTが快諾しれくたので、そのプレゼンテイション・ノートを。Tの英語は大変読みやすいです。


Sami B. Timimi - RACE AND COLOUR IN INTERNAL AND EXTERNAL REALITY

It is hard to have frank discussions of issues around race, as the topic is immensely complex and emotive, involving fundamental questions about our own identity, as participants in the discussion.

Some elements of our relevant conscious identity may be explicitly chosen and carefully constructed (sometimes as the result of great personal challenge and examination) such as a set of espoused and ‘lived’ personal social and political commitments. Other elements are ‘given’, such as ethnic and cultural background, and the historical/political context associated with this. Still others are the unconscious elements which attach to any and all of the other issues and whose powerful dynamics, both within us and between us, we struggle to understand.

Timimi encourages us to work with these three elements in a specific way. He encourages us to exploit our conscious identification with the diligent part of ourselves, as active agents, (the part that might be committed to being ‘anti-racist’ or being ‘an effective therapist for my client’) and employ this to commit to taking a comprehensive view of our own ‘given’ identity (the external reality of our identity within a complex social context) in thinking about the effects on the internal reality of patients and professionals alike. This is in an attempt to address the harmful effects, within a therapeutic setting, of idealisation, splitting and denial (e.g. ‘I may be a white, middle-class, able-bodied, heterosexual man but of course I am not racist – some of my best friends are black working-class lesbian quadroplegics, and none of that stuff matters – we can be two human beings together equally, regardless of the racist homophobic patronising and deeply divided society in which we live, and above which I have risen’ - I recognise myself in this caricature). Timimi argues for an approach which is informed by the same values but which, instead of seeking to rise above the swamp, gets a shovel and starts digging into it.

Although he draws attention to the pervasiveness of the issue throughout humanity, he concentrates his discussion, very directly and without explanation, on the racist dynamics between ‘white’ and ‘black’ people in the context of ‘Western’ culture at the tail end of the 20th Century. I found myself unexpectedly quite offended by this, as my wife and kids are ‘mixed race’, and I have been increasingly aware of the tensions which exist in other races and cultures - Tutsis and Hutus, Chinese and Japanese, Muslim and Hindu, Anglophone and Francophone Canadians… - and it annoyed me that Timimi had gone for such an obvious target rather than broaden the discussion. I experienced an emotion somewhat expressed as ‘Oh, THAT’S right – blame the white man for all the ills of the World’ and then I had one of those salutary penny-dropping moments, realising that my reaction exactly and vividly made the point of his paper.

What does it mean to say I am anti-racist? I have a sincere and profound commitment to address racism wherever I find it but, as Timimi argues, this stuff is everywhere. We know how important and automatic the psychological mechanisms of splitting and projection are, and how essential these are in developing boundaries of me/not-me during early development, for example, as well as later defences. Timimi’s argument suggests that these same powerful and unavoidable mechanisms have played an essential part in the history of ‘white’ peoples’ exploitation and enslavement of ‘black’ people and argues persuasively that they form an effective ‘highway’ for unconscious thought and current social mechanisms which continue to confirm this dynamic.

Consider the psychodynamic implications of the expression ‘it’s not a black or white issue’. I am not suggesting we stop using this phrase but I am suggesting we recognise it shows us that ‘black’ and ‘white’ offer the clearest analogy of the splitting and separation of two extremes, used within a phrase which is about denying or repudiating a split in thinking or reasoning (or possibly about encouraging a move from the paranoid-schizoid to the depressive position).

GIVEN:
- the pervasiveness of split thinking
- the use of ‘black’ and ‘white’ to represent two sides of a split
- the history of domination by ‘white’ conquistadors over ‘black’ peoples
- that “History is written by the victors” (att W Churchill) …in the language (symbolic system) of the victors…

THEN what qualities are likely to accrue to the symbolic opposites of black and white, not only in language but also in other conscious and unconscious symbolic systems?

HOW is this likely to affect our internal objects and object-relations, for example?

HOW likely is it that this will be acted out?

HOW will the experience of this system be experienced by those in different parts of the system?

What effect will this experience have, for example on those who are identified and identify themselves as oppressed?

Timimi argues that the system is dynamic and that it permits change. But he also notes the conservative impulse within the system, and that change is extraordinarily hard to achieve. There may be opposition to the prevailing status of the system but this may take the form of a destructive envy for all the contents and possessions of the ‘white’ object, or a repudiation of identity with the ‘black’ object and its contents, which may appear in various forms when this and other conflicts are acted out, as in the presented case.
The case report revolves around an adolescent girl (aged 13) of mixed racial and cultural origin – a ‘black’ father and a ‘white’ mother. During investigation of her eating disorder, the importance of her difficulties with the Oedipal situation emerge, and Timimi shows how this links with her racial- and other self-identifications. Although she needs her father to help her separate from ‘over-indulgent’ mothering, her father is unable to fulfil this role, due to a number of factors:
· the prevailing system between her parents in her family means that they seldom, if ever, ‘parent’ together and are therefore perceived as separate, so their exclusive relationship is never fully experienced by the patient;
· her family lives in a society where ‘white’ is the dominant culture and where there is a pervasive underlying narrative of separation between black and white;
· her ‘black’ father is enclosed within this ‘white’ society and he does not (is not willing/able/resourced to…) confront and challenge racism where he finds it;
· this reality in the wider social system is mirrored in her family system, where the mother dominates (at least in terms of her presence for the children);
· the father is therefore disempowered (‘castrated’) and enclosed by the ‘white’ mother/system (and this is further exacerbated by his depression, following the death of his own father).

The patient, who is identified as ‘black’ by the society in which she lives, initially forms a strong identification with her ‘black’ father but repudiates this when she is unable to use him to achieve psychological separation from her mother, leaving her again struggling with the core complex. Without her father’s help to separate the psychological from the somatic, she somatises her attempt to separate. Her anorexia/bulimia can then be understood in terms of an envious attack on her internalised maternal object. The emergence of her exploration of a homosexual (lesbian) identity can be understood in terms of the repudiation of her father as an effective object of erotic transference, and her ambivalence to her mother, as well as a denial of difference.

Timimi shows us how parts of this family dynamic are picked up and acted out by the professionals who are charged with helping them.


 日本人の立場からすると、ここで取り上げられている「白」と「黒」の差別の歴史に入り込むことは出来ない。何故なら、その歴史を知らない。

ラ・トラヴィアータ@ロイヤル・オペラ

2009.06.21
夏至なのに、朝の冷え込みが厳しいロンドンです。

 6月18日から、ロイヤル・オペラは今シーズンもまたヴェルディの「ラ・トラヴィアータ」を上演しています。


(第一幕から、ヴィオレッタフレミングアルフレードカレイヤ

前回、2008年1月のとき、アンナ・ネトレプコの素晴らしい歌唱に圧倒されて(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-694.html)、「椿姫は、暫くは観なくてもいいや」と思っていました。が、今回も、行ってきました。ひとえに、「ロイヤル・オペラ、そんなに予算を使って来期は平気なのか?」と余計な心配をしてしまうほどの素晴らしいキャストで「ラ・トラヴィアータ」を再び味わいたかったので。チケット争奪戦は熾烈を極めたようですが、幸運なことにオーケストラの真横、舞台からほんの数メートルという席のリターンが取れてしまったので、耳福・眼福の夜でした。

 今シーズンの上演の話題はなんと言っても、アメリカ人ソプラノ、ルネ・フレミングがはじめてロイヤル・オペラで「ラ・トラヴィアータ」の主役、ヴィオレッタを歌うこと、と決めてつけても問題ないでしょう。

Director
Richard Eyre
Conductor
Antonio Pappano
Violetta
Renée Fleming
Alfredo Germont
Joseph Calleja
Giorgio Germont
Thomas Hampson

 初日の数日前に、テレグラフ紙にインタヴューが掲載されました。長いですけど、一般紙のインタヴューならではの、極端な話題だけにとらわれないもので面白かったです。

Renee Fleming interview: La traviata
http://www.telegraph.co.uk/culture/music/opera/5497061/Renee-Fleming-interview-La-traviata.html

 記事によると、フレミングが初めてヴィオレッタを歌ったのは40歳代も半ば近くになって。さらりと触れていますが、ヴィオレッタを歌うのは恐らく来年のチューリッヒでの舞台が最後になるかもしれないということで、ロンドンで彼女のヴィオレッタを観られるのは今回が最初で最後になりそうです。もう一つ、このプロダクションの演出家、リチャード・アイアーが、初演の1994年以来はじめて演出をするために戻ってきました。このプロダクションを観るのは今回が3回目でしたが、とりわけアルフレードとジョルジオのジェルモン父子の確執がかなりテンション高くて見応えがありました。

 フレミングの歌唱については、第一幕に関しては、実はその歌声で天にも昇る、という感じは持てませんでした。良くなかったとか音を外したとかいうことではなく、何かが違う、でもその何かが良く判らない、と。もしかするとインタヴューでフレミング自身が言っているように、

“The difficulty is absolutely the Act 1 aria [“Sempre libera”] for me. It is just not natural for my voice. When I start singing the aria I think, ’Well let’s see if we get through it tonight.’ Sometimes I wonder,” she muses, “if Verdi actually just didn’t like the soprano he was writing it for.”

躊躇いでもあったのかどうか。更に、インタヴューの後半で、ジャズを歌う時に、指揮者が彼女の歌い方にあわせられないと、

’Don’t follow me. You hold the tempo and allow me to swing around.’

と言う発言があり、パッパーノのテンポがフレミングの心情に完全にはシンクロしなかったのかな、と。昨年、ネトレプコの奇蹟のような第一幕と較べると、なんだかあっさりした印象が残りました。


(カレイヤの表情がポール・ポッツみたいだ)

 ところが、第2幕、第3幕は難癖のつけようがない歌、演技。演技は超一流であることは勿論のこと、ヴィオレッタの心の揺れ動き、ニュアンスを完璧なまでに表現する繊細な声を経験できたことには、リターンチケットを購入できたことの幸運を噛み締めました。もう一つ、フレミングがこれまでロイヤル・オペラでヴィオレッタを歌ってきたほかのソプラノと違っていたことがあります。それは、髪の毛の色。ゲオルジュー、アンセラム、マルティネス、そしてネトレプコと僕が観た、もしくはロイヤル・オペラで歌ったことを知っている歌手の皆さんの髪はかなり濃い色。フレミングは、ブロンドではないだろう(地毛でもなさそう)けどかなり明るい色。同じヴィオレッタでも、全く印象が違いました。


(第3幕から)

 マルタ出身のカレイヤアルフレードは今回が2回目。前回は変な鬘を被らされた上に、演技が今二つでした。ところが、彼がフレミングと前回ロイヤルで共演した「タイース」のときに歌唱力に磨きがかかっていたのでけっこう期待していたのですが、歌、演技共にかなり深みが増していたように思います。舞台から数メートルにもかかわらず、オペラ・グラスで観ていました。第一幕、アルフレードが他の客とパーティに行く為に部屋を離れる直前、ヴィオレッタに誰にも見られないように、また誰もみることが出来ないような素早いウィンクを送ったところには、「おお、こんな細やかな演技もできるようになったのか」、と。

 ジェルモン父はアメリカ人バリトンのハンプソン。彼は、「タイース」のときにフレミングカレイヤと共演のはずでした。ところが、聞く所によるとその頃は体調が優れなかったようで、キャンセル。今回はどうなるかと思っていましたが、彼がいてくれたおかげで舞台がいっそう引き締まったように思います。どんな組み合わせでも、アルフレードジョルジオが「実の親子」に見えることはないでしょうけど、ハンプソンの父親としてのオーソリティは説得力がありました。

 ロイヤル・オペラの芸術監督であるパッパーノの指揮は、素晴らしかったです。舞台上の歌手のことに細やかに気を配りつつ、オーケストラからも高水準の音を引き出す。前日17日に、ベルクの「ルル」を指揮しているので体力・精神力は平気なのかと思いましたが、杞憂でした。来年、2010年秋に予定されているロイヤル・オペラの18年ぶりの日本公演での彼の指揮に期待を持てるものでしょう。確かもっていくのは、「マノン」と「ラ・トラヴィアータ」のはず。一つお願いしたいのは、「もう少し、その唸り声をひそめる努力をしてください」。

 初日の昼間まではけっこうリターンが出ていましたが、レヴューが軒並み高評価なので、これ以上のリターンはもうでないかも。ただ、来る30日の舞台が、イギリス各地でライヴ・ヴューイングされるそうなので、ご興味のある方はロイヤル・オペラ・ハウスのウェブで調べてみてください。

 ロイヤル・オペラは来シーズンもまた「ラ・トラヴィアータ」を上演します。確か変則的な日程、キャストだったはず。後半の日程でヴィオレッタを歌うのは、このプロダクションの初演に出演したアンジェラ・ゲオルジュー。このチケット、どのような努力をすれば取れるのか、全く想像できません。

 これまでに経験したフレミングの舞台の感想です。拙い。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-4.html
薔薇
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-190.html
ルザルカ
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-421.html
バービカンでのリサイタル
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-540.html
タイース


オバマ大統領の就任式で)

アスコット、レイディズ・デイ

2009.06.19
写真を見ていたら、やっぱり突っ込みのひとつは言いたくなってしまった。アスコット競馬のレイディズ・デイの帽子の数々。写真は以下のガーディアンのリンクから。

Hats off to the ladies at Royal Ascot
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/gallery/2009/jun/18/royal-ascot-ladies-day-hats?picture=349046212


 イギリス人トップ・モデルのエリン・オコナー。帽子はともかく、パンタロン・スーツでの入場は大丈夫だったのかな。


 これもまだまだかわいいもの。いまだに英国下院を揺るがしている、住宅補助金不正請求に引っ掛けたもの。


 帽子というより、広告のよう。


 ガーディアンのコメントが笑わせる。

You might think that a thick skin is all that's required for a Ladies' Day fashionista, but a strong neck is the number one priority for some

 水曜日は風が強くて、かなりの数の帽子が吹き飛ばされたようだ。


 これはもはや帽子ではなくて、たとえば、舞台セットの一部とでも。こんな帽子の数々を見ていると、「不況」を脱しつつあるのだろうか。イングランド北部の石油プラントでは、900人が解雇されたそうだけど。

アスコット、開幕

2009.06.17
昨日16日に、今年のアスコット競馬が始まったらしい。奇抜な帽子は見飽きたから、正当な帽子を見たいなら、やはりエリザベス女王。写真はすべて、テレグラフとガーディアンから。

 最初の3枚は、初日。



 フィリップさん、元気らしいけど歳相応に見える。



 女王は帽子のこのデザインがかなり気に入っているのではないかと思う。でも、黄色はなんだか
いまひとつの印象。



 一応、ウィンザー家の三世代の女性たち。次の三枚は、今日、二日目。





 中のドレスのデザインは、黄色のほうがよさそうだけど、色的にはこのピンクのほうが良い。天気が良いときに白や黄色のドレスだと個性が露出してこないのかな、と。



 カミラ夫人も、この淡いピンクのほうが初日の白よりかなりいい印象を持つ。

ユニコーンやドラゴンなど、架空の生き物切手

2009.06.17
昨日16日に、ロイヤル・メイルから、ユニコーンやドラゴンなど、ファンタジーの世界を彩る架空の生き物をあしらった切手が発売された。情報は、以下のリンクから。

http://www.norvic-philatelics.co.uk/2009/06a-mythical_creatures.htm


Royal Mail launches 'mythical' stamp collection
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/5540257/Royal-Mail-launches-mythical-stamp-collection.html

 切手に限れば、ロイヤル・メイルは本当にいつも良い仕事をする。これなんて、切手蒐集家のみならず、幻想文学ファンにも十分にアピールするだろう。



 切手本体だけで、使わないところにまで凝っている。



 次元の裂け目から、誰かがこちらのことをのぞいているよ、といったところだろうか。個人的にはすきなのは、ファースト・クラスのユニコーンドラゴン。ほかのはなんだか、生々しく感じられてしまって。特に人魚は、怖い。





 上の消印は、発売当日に、ケント県のある郵便局から送られた「ファースト・デイ」の封筒に捺されたもの。



 ドラゴンなんて、「ドラゴン・クエスト」のファンに強くアピールするのではないかと思う。

アルゼンチンからウェイルズ語を習いに来るなんてありえない?!

2009.06.14

(ウェイルズといえば、「我が谷はなりき」)

アルゼンチンのパタゴニア地方に、19世紀から20世紀にかけてウェイルズから多勢のウェイルズ人が移り住んだことを2年前に書きました。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-504.html

 ということで、日本人の僕ですら、「イギリスの近・現代史の中では、ウェイルズとアルゼンチン(パタゴニア)の間には深く結ばれた絆がある」ことを知っているのに、ヒースロー空港のパスポート・コントロールの係員はそれを知らなかった。知らなかっただけでなく、ウェイルズ語に磨きをかけるためにパタゴニアから35時間もかけてイギリスに到着した女性の入国を認めず即座に追い返した、というニュースが先週デイリー・テレグラフ紙で報道されていました。一面の下の小さな囲み記事だったので、どれくらいの期間アーカイヴにあるか判りませんし、長くないので全文を。
 

Patagonian sent home for wanting to learn Welsh
http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/5505729/Patagonian-sent-home-for-wanting-to-learn-Welsh.html

A Patagonian woman was sent back to her home country after British immigration officials refused to believe she was travelling to Wales to learn Welsh.
Published: 4:42PM BST 11 Jun 2009

Evelyn Talcadrini, from Puerto Madryn, Argentina, was on her way to Glyndyfrdwy, near Llangollen, to spend six months living with a local family to practise her Welsh.

But she was put on a flight back to South America within hours of landing in the UK.

Now the Government has agreed to launch an investigation into her treatment after Plaid Cymru's Hywel Williams and Elfyn Llwyd raised the case in the House of Commons during Welsh questions.

Mr Williams, Caernarfon MP, said: "She travelled for 35 hours to get to Heathrow, but was summarily ejected and sent back. She is not the only young Welsh Patagonian who has, unfortunately, suffered summary ejection for no good cause that I can see."

The MP said it was a "disgraceful stain on our welcome to Welsh Patagonians."

Some 20,000 Welsh people settled in Patagonia in the mid-19th century because they wanted to keep their language and religion at at time when English was becoming the predominant tongue. The first group sailed aboard the Mimosa from Liverpool in May 1865.

Evelyn had been due to spend her time in Wales with Eos Griffiths and his Patagonian-born wife Carina at their home in Glyndyfrdwy, and showed a letter from them to the immigration officials at Heathrow.

Mr Griffiths said: "I have known her family for more than 30 years and invited her to stay with us. I thought she would be able to improve her Welsh and learn some English and enjoy the Eisteddfod at Bala this summer."

Wales minister Wayne David said the United Kingdom welcomed Patagonians who were keen to explore their Welsh heritage.

"Of course the UK Borders Agency does not have any separate policy in relation to Welsh-speaking people from Patagonia. I give my commitment that the Secretary of State and I will meet the relevant Home Office Minister as soon as possible."

 ウェイルズの国会議員が憤るのも無理ないことでしょう。ウェイルズ語を習いにきた女性を追い返したことだけでも大変失礼なのに、女性の入国理由を信じなかった係員は、自身が働いている国の歴史を知らない、ということ世界に曝け出したことに。自分の無知を認めることはしないで、自分が知らないことは正しくない、と言う倣岸・不遜な態度は、パスポート・コントロールの多くの係員に見られる態度。僕もこんな経験が。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-494.html

 ウェイルズ議会からの圧力、さらにThe Prince of Walesからも抗議が寄せられて少しでも改善されればいいな、と思います。とりあえず言えることは、イギリスに入国する際、とりわけヒースロー空港のパスポート・コントロールでは、余計ないことはいわない。鉄則です。

 ウェイルズに関しては、もう一つニュースが。ウェイルズ北部に広がるスノードニア国立公園内の山の頂上にあるカフェの改修が終わり営業を再開したとのこと。

Snowdon summit cafe reopens as UK's highest watering hole

http://www.dailymail.co.uk/travel/article-1192538/The-UKs-highest-cafe-opens-summit-Mount-Snowdon.html


(ネットから集めたスノードニアの風景)





 ウェイルズにはまだまともに足を踏み入れたことがないので、いつかは行ってみたいです。

ファッションは歳を重ねてこそ

2009.06.14
自分の交友関係を自慢するものでは決してなく、単に友人の一人が面白いファッション企画に取り上げられたので。


From left: Thelma, 81, Pauline, 54, Sue, 52, Pamela, 73, Diana, 70, Sarah, 60 and Genevieve, 46
 今まで何度かこのブログに登場いただいている友人は誰でしょう?

 友人を含む、7人の女性が取り上げられた記事は、これ。

You’re never too old to wear...
http://www.dailymail.co.uk/home/you/article-1192380/Fashion-You-old-wear-.html

Do you ever dismiss clothes on fashion pages as being too young for you? Then think again. Here seven super-stylish women prove that, whatever your fashion choice, you should never be constrained by your age

 謳い文句にあるように、この7人はいわば「特別」だろうし、男女を問わずイギリス人が全員このようなスタイルで居るはずもなく。また、カウンセリングにおける「人種差別」に関する資料を読み終わったばかりでちょっととんがっているので、「多文化社会」のイギリスを象徴する人選ではないことは明らか。
 そんなことは脇において、賛同するのは、「歳をとったらこんな色のもの、あんなスタイルの服はきれない」、と思い込むのはもったいないということ。短い人生、着たい服を買える余裕があるのなら、それを箪笥の肥やしにせずに、着こなせる機会があるのなら、それはそれで間違ったことではないだろうし。

 今月上旬、ガーディアンではこんな記事が紹介されていた。

Red lipstick and flat caps - it's street style for older folk
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2009/jun/02/fashion-style-older-people

The sartorial stars of Advanced Style

http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/gallery/2009/jun/02/sartorial-stars-advanced-style?picture=348241814


 友人と知り合ったのは、ロンドンに移ってきてほんの数ヵ月後のこと。他の友人を介してだったから、最初のうちはよそよそしい感じだったように記憶している。それに、年の半分彼女はロンドンにいないし。国際的チャリティ団体の中心として活躍し、さらに「イギリス・ロック界」と「モダン・アート界(こっちは僕には縁のない世界)」に深い人脈を持つ彼女から学ぶことは楽しく、ロンドンのどこで暮らしているのかも判っていなかったような「移民」生活の初期からこのような友達をもてたのは、本当に幸運だった。


PAMELA, 73: A STATEMENT COAT (top) ‘You’re never too old to invest in
fashion. I’ll wear this Jaeger wrapover coat for years’


Pamela, 73, lives between London and Calcutta, where she runs a charity offering health care and education to street children (to donate visit http://www.calcuttarescue.org.uk).
'One of my grandchildren said recently, "I love you even though you are old and wrinkly." But I don’t worry – to them I may as well be 100 years old!

'I simply wear what I’m comfortable in and, after 20 years of spending time in Calcutta, I’ve been influenced by India’s pretty fabrics and loose styles. And I’m a hoarder, so I rarely buy new clothes.

'Recently I discovered a 1990s Ghost dress that I’d forgotten I had and never much liked, but I tried it on and now it looks great. My favourite piece is a navy Jean Muir dress that I bought in the 60s. With some classic courts it’s a failsafe, I’ll still be wearing it when I’m 93.'

Favourite shops: 'I do love Portobello Road on a Friday morning – you’ll never find me on Oxford Street in a million years.


Key tip: 'Find interesting ways of covering yourself up. You can’t show a lot of skin at 73, but you can wear great shirts and scarves – as I’m doing here.'

 これは俄かには信じない。2週間ほど前、好天が続いていたとき別の友人宅でのアフタヌーン・ティーに居合わせた友人は、膝丈のサマー・スカートに5センチ以上はありそうなヒールを素足に履いていた。僕より背が高かった。




ボブ・クロウ:労働組合トップという名のギャング

2009.06.10
昨日、9日の午後6時59分からロンドン地下鉄の半数以上の地下鉄が48時間のストを決行した。終了予定は、明日、11日の午後6時58分。どうしてこんなに中途半端な時間なんですか、という質問に答えられる人は誰もいないでしょう。イギリスだから仕方ない、としか言いようがないですね。

 今回ストを決行したのは、運輸関連の労働組合では(確か)最大組織のRMT。で、ここのトップが舞闘派で知られるボブ・クロウ



 「あれ、禿げているけど、きちんとカフスまでして、こんなかんじの経営者ならイギリスのどこにでもいそうじゃない」、と思った方。甘い。
 実像は、これ。



 今回のストライキをやるかどうかで経営側と協議していたのは、賃金と雇用の確保。ロンドン地下鉄で働く労働者の賃金は、不況にあえぐ多くの一般市民から見れば、「ふざけるなよ」というくらいの高級、かつ好待遇。だから辞めたくないのは判るけど、だったらきちんと働け。
 報道によると、月曜日の交渉は何とか歩み寄りがうまくいき、ストは回避されそうだったらしい。ところが、全国メディアは報道していないけど、ロンドンの夕刊紙のイヴニング・スタンダードによると、ボブ・クロウのすかぽんたんは、いきなり、乗客の安全確認をまったくせず、警告を受けた後も態度に改善が見られなかったために解雇された「不良」運転手の解雇を撤回し、再雇用しなければストライキをすると脅しをかけたとのこと。
 雇用条件を前提にストライキ回避を模索していた経営側は、イヴニング・スタンダードを信じれば、そのような無理難題を受け入れられるかと拒絶。ということで、スト突入。結局、クロウはストを解除する気なんて端からなかったのではないか。

 昨日は、ロンドン北部にあるセンターで業務。ゾーン3。そこからロンドン西部ゾーン2までバスを乗り継いで最短2時間半かと。ところが、バスで大きめの駅に着くと、ノーザン・ラインセントラル・ラインがまだ動いていたので、「こんなこともあるのか」と訝しく思いつつ帰宅。
 今朝起きてみると、何か起きると真っ先に止まるノーザンジュビリーという悪名高い2路線が通常運行。「組合が違うのか」と思いつつ情報を集めていると、メトロポリタン・ラインベイカー・ストリート駅とウェンブリー・アリーナがある駅の間だけ運行されることになっていた。「こんないい加減さがイギリスらしいな」と思っていたら、何のことはない、今晩、ウェンブリーでサッカーのワールド・カップへの出場権をかけた試合があるとのこと。

 ここからは想像。

 ボブ・クロウ:「まずい、10日、サッカーの試合があることをすっかり忘れていた。今からストライキを延期するのはできないけど、サッカー観に行きたいしな(当然、彼はサッカー命)。別に今回のストライキはやる意味なんて元からないんだから、メトロポリタンを走らせればいいだけか。ついでに、FAに揺さぶりかけて、ただ券をぶんどるか」。
 
 絶対にあたっていると思う。

 もはや退陣まで後半歩のブラウン首相が強権を発動してこのギャングをどうにかすれば、彼の首相としての地位はしばらく守られるだろう。

Tube workers won't be bullied
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2009/jun/09/london-underground-tube-strike

http://www.guardian.co.uk/uk/gallery/2009/jun/10/transport-london?picture=348645029

 これからロンドンで暮らす予定の皆さん、足腰の鍛錬は必須です。

 過去のストライキ関連は、検索に「ストライキ」か「組合」と入れれば見つかります。

 数例。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-568.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-428.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-546.html

[追記]
 今回全線運行停止にならなかったのは、RMTのライヴァル組合が今回のストライキに賛同しなかったからのよう。

Nikkei09Jun09

2009.06.09

記事の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。

[6月26日記]
 多少の天気の崩れはあるけど、今年の夏は3年ぶりに夏らしい夏が来そうな気がするし、なって欲しい。下の写真は、ガーディアンのウェブで見つけたもの。イースト・アングリア地方のノーフォーク県にある海辺の街、Great Yarmouth近郊の海岸とのこと。こんな所でピクニックしたいな。




子と親

2009.06.07
誤解を受けないように、時系列で。

 6月1日の新聞に、前日の日曜日の夕暮れに男女二人が観光名所としてよく知られているイングランド南東部の崖から飛び降りて亡くなったというニュースが静かに報道されました。このままであったなら、その後の報道はなかったことでしょう。が、この二人が誰であるか、何故自らの命を絶ったのかが明らかになり、翌火曜日以降、全国紙の社会面やコメント記事で大きく取り上げられることになりました。

 自ら命を絶ったのは、イングランド中南部で暮らしていたイギリス人男性と日本人女性のご夫婦。二人には、5歳になる、交通事故の後遺症で重い身体障害を持つ息子がいました。二人が愛した息子さんは、5月29日に、その数日前に罹患した髄膜炎により自宅で息を引き取ったそうです。その悲しみ、空白を受け止めることが出来ずに、二人は命を絶ったのであろうというの多くの人の見方です。

Grieving couple 'jumped off Beachy Head carrying their dead son'
http://www.guardian.co.uk/uk/2009/jun/02/beachy-head-suicide-couple

 僕は、奥さんが日本人だったということが報道された時点で、「どこかの短絡なメディアが、この自殺が起きたのは奥さんが日本人だったからと書くのでは」、と思いました。ええ、テレグラフがやってくれました。

Beachy Head - The Japanese tradition behind the family suicide

http://www.telegraph.co.uk/news/5438383/Beachy-Head---The-Japanese-tradition-behind-the-family-suicide.html

 悲しいけど、日本で自殺者が多いのは事実。でも、その事実に「腹きり」だ「神風」だと書きつなげて、今回の悲劇と何ら関連のない事柄を無理やりくっつけて「日本人像」を導き出そうとする書き方が口惜しくて。速攻で、「日本人は自ら命を絶つ為に生まれてきたわけじゃない」、との抗議メイルを送りました。はい、勿論返事はありません。

 亡くなられた夫妻が運営していたサイトに寄せられたコメントを読むと、「どうしてこの素晴らしい家族にだけこのような悲劇が」とか、「今はただ、三人が一緒に居られることをいのります」等々。僕もその想いは同じです。

 でも、一方で、怒りにも似た悲しみも強く感じています。勿論、僕には亡くなられたご夫妻が感じたかもしれない、まるで自分の魂を失ったような悲しみは一生かかっても判らないでしょう。子供を、ましてたった一人の子供を失うことがもたらす衝撃がどれほどのものなのか、想像しようとしてもそれはあくまで想像でしかないです。
 それでもなお、僕は夫妻には踏みとどまって欲しかった。僕は彼等のことは全くしりません。報道からのみです。が、仮に夫妻のご両親が健在だとしたら、彼らは孫を失い、そして自分たちの「我が子」まで失う。悲しみの連鎖は、始まった所でとめないと。そのために、家族でなくても、彼等の悲しみを共に受け止めてくれるサポート・グループがあったはず。そういうことを、メディアは報道してくれよ、と。週末になって漸くそのような記事が掲載されました。

This time, it's a love story
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2009/jun/06/tom-hunt-beachy-head-suicide-cliffs-despair

'They call us childless parents'
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2009/jun/06/child-bereavement

'Yes, you can survive the death of a child'
http://www.telegraph.co.uk/news/5462511/Yes-you-can-survive-the-death-of-a-child.html

 僕は、Bereavement Counsellingの場を経験したことはありません。インタヴューに答えた二組の夫妻が共に語っているのが、カウンセリングに参加して判ったことの一つは、「夫婦でも、悲しみの受け止め方、表現の仕方は全く違う」、ということ。そのことを知る前には、「どうして夫は泣かないのか?」とか、「彼は息子を失ったことを気にも留めていないのか?」、と。カウンセリングが全ての悲しみを癒すなんて、絶対に言いません。言いませんが、夫妻には何らかのサポートに頼って欲しかったです。絶望のふちに立ち尽くし、そのふちを踏み越えてしまいそうなとき、他の人に頼ることは良くないことでは決して「ない」と思います。
 今回の悲劇と並べて紹介するのはそれこそ筋違いかもしれないですが、今年の2月、保守党党首のデイヴィッド・キャメロン夫妻の重度の障害を持って生まれた長男が、突然亡くなりました。

How Ivan Cameron influenced his father's politics
http://www.guardian.co.uk/politics/2009/feb/25/ivan-cameron1

 ロンドンに来て以来、子供と彼等の家族に接する機会が増えて彼等の幸せな姿をみていると、「子供が成長していくのは当然のこと」と感じます。一方で、今回のような悲劇は、どの家族にも起きるであろうこと。生きていくことの理不尽さ、だからこそ愛する子供たちは無事であって欲しい、と。皮肉なことに、イギリスは子供の不幸度ではかなり悪名を轟かせているようです。

 これ以上は僕の力では書ききれそうもないので、リンクだけ。医療等さまざまな日常レヴェルでのサポート体制が整ってきているので、ダウン症の子供たちを取り巻く環境が変化してきているそうです。両方を読み比べると、社会構造の変化を鮮明に感じます。

The throwaway child
http://www.guardian.co.uk/society/2009/may/23/matthew-crosby-downs-syndrome-child

More babies with Down's syndrome born as attitudes change
http://www.guardian.co.uk/education/2008/nov/24/mentalhealth-disability

歌手は見た目か、生き様か:ポール・ポッツ

2009.06.07
今、イギリス発の文化ニュースで世界を最も騒がせているのは、勿論、スーザン・ボイルさん(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1008.html)。で、同じ番組で2年前に優勝したのが、Paul Pottsさん。最近彼の名前を見ないなと思っていたところ、7日のThe Sunday Telegraphの付録雑誌に彼のインタヴュー記事がありました。

Paul Potts: Big in Germany
http://www.telegraph.co.uk/culture/tvandradio/britains-got-talent/5450852/Paul-Potts-Big-in-Germany.html

 全く知りませんでしたが、本国イギリスでは、飽きっぽい国民性のために既に過去の人になりつつある印象がある一方で、スウェーデン、メキシコ、トルコ等の国々では圧倒的な人気を誇り、とりわけ、日本、最も熱く受け入れられているのがドイツであると。
 読みやすいですけど、長いので全部を翻訳するつもりはないですが、日本では、龍角散のCMに起用され、年内にはどこかのテレビ局が彼のコンサートかなんかを生放送し、その中で結婚式をやり直す計画があるそうです。

The Japanese are so obsessed with Potts, in fact, that a television company is planning to broadcast a live ceremony later this year, in which Potts and his wife, Julz, will renew their marriage vows.

 彼の経歴を読むと、日本人の琴線に触れる話だな、と。地方大学で哲学、神学とメディア・マネジメントを学んだあと、テスコで働きながらバースのアマチュア・オペラ・カンパニーに所属。念願の一年間のイタリアへのオペラ研修留学の資金が貯まった直後から、病気と怪我に見舞われ、借金が膨れ上がり、タレント発掘番組に出る前の4年間は、歌える状況ではなかった。
 番組で優勝してからも、突然降って沸いた名声と成功に溺れることなく、年間100回以上の舞台をこなし、深夜にアメリカのテレビ局から出演依頼(というか命令)が来れば、翌朝の飛行機でアメリカに飛び、即帰国。彼の活動には、キャンセルも、我儘もなし。ただ、歌うのみ。

No tantrums, no drugs, no cancelled gigs (à la Amy Winehouse) and no prima donna-ish behaviour.

 エイミー・ワインハウスだけではなくて、ブリン太ネト子、さらにゲオルジューチェチーリアの皆さんには是非、見習って欲しいもの。

 さらに面白かったのは、どうしてドイツ人はそれほどまでにポッツのことが好きなのか。

That culture does not exist in Germany, the story of the local boy making good,' he tells me. 'The idea of a working-class hero was cut off in 1933 [when Hitler came to power] and after the war it was hijacked by the GDR. There was always a Cold War thing about it. So when we get movies like Billy Elliot or people like Paul Potts our hearts go out to them.'

 大昔、何かで読んだのは、ドイツの教育システムの中では、小さい頃に振り分けられた人生から離脱することはとても難しい云々。だから、彼らにとっては、ポッツの成功は見果てぬファンタジーなのかも。

 僕が個人的に耳が痛かったのは、長いですがこの部分。

In fact, many opera critics have been pretty rude about him. 'Mr Potts is the sort of bog-standard tenor to be found in any amateur opera company in any corner of the country,' wrote the critic Philip Hensher following Potts's victory on Britain's Got Talent. But Potts regards this sort of criticism as nothing more than snobbery. 'What's important is how the music makes people feel,' he says. 'Because that's what it's all about. Music is very emotional. I started listening to classical music in a cross over way, film themes like ET and Star Wars. Then moved on to Dvorak, Chopin, Tchaikovsky, Brahms and Mozart.
'The first Tchaikovsky I listened to was the "Pathetique". Very moving but at that time I couldn't tell you what key it was in, what the intervals were. All I could tell you was how it made me feel. You don't need to be educated to appreciate something.'


 音楽の価値は、聴き手に届くかどうか。オペラを観にいきはじめて十数年、未だにカヴァレッタと言う用語の意味を調べたことがありません。

 ついでに、もう一人。皆さん殆どご存知無いと思いますが、ロバート・ワイアットRobert Wyatt)と言う車椅子のロック歌手がイギリスにはいます。


(音楽雑誌のMOJOのウェブから拝借。2005年に撮影されたもので、ワイアットの左はポール・ウェラー、右はスージー・スー。確かスーは現在フランス在住のはず)

見た目、仙人のようだし、決して万人受けするような派手な音楽ではありませんが、滋味溢れる声からはいつも、「この声こそ、パンクだな」と思います。昨日、テレグラフに小さくインタヴューがでいていまして、既に64歳。一度、彼のライヴを生で観たいものです。

Songs    Comment(0)   ↑Top

May you all be at peace now together in heaven

2009.06.03
http://www.guardian.co.uk/society/2009/jun/02/couple-suicide-son-beachy-head

http://www.guardian.co.uk/society/joepublic/2009/jun/03/my-sympathy-for-sam-puttick-parents



I was really really wondering whether or not it is appropriate to write about my feeling towards this tragedy. There can be people who will feel uncomfotable about what I am going to write.

I wish that the boy's parents had not made their decision. I wish that there had been people who were able to hold their grief although it must without doubt be absolutely painful and devastating.
Nothing could have stopped them, but I wish that they had had a piece of their braveness to go through their absolute sadness and loss.

Very sad. I feel I am hopeless.

I am sending my heart to their family and friends who are left behind and are also shocked by this tragedy, and hoping that they will find some peace.

May you all be at peace now together in heaven.

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.