LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2011年03月の記事一覧

フィデリオ@ロイヤル・オペラ:真の愛は恐れず

2011.03.31
Fidelio-performed-at-The--007.jpg
(シュテンメとヴォットリッヒ。ガーディアンから拝借)

ベートーヴェンが作曲した唯一のオペラ、「フィデリオ」を初日となった3月29日にロイヤル・オペラ・ハウスで観てきました。2007年に上演されたときにはまってしまった状況はこちらをご参照ください。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-476.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-502.html

 予想はしていましたけど、チケットの売れ行きは芳しくなく、初日の数日前になってけちがついてしまいました。当初、今回の上演での指揮者はロシア出身のKirill Petrenkoでした。ところが、3月25日にロイヤル・オペラ・ハウスから届いたメイルで、背中の痛みで指揮ができずに全公演を降板。代わりに、マーク・エルダーが最初の4公演、残り2回をデイヴィッド・サイラスが指揮することになったというものでした。

Performers
Conductor:Mark Elder
Leonore:Nina Stemme
Florestan:Endrik Wottrich
Rocco:Kurt Rydl
Marzelline:Elizabeth Watts
Jaquino:Steven Ebel§
Don Pizarro:John Wegner
Don Fernando:Willard W. White


 2007年の上演時にも批評家受けはあまりよくありませんでしたが、今回は指揮者の急な交代もあってろくでもない評価だろと予想していましたが、その通りでした。いつも高い評価を得ているエルダーを準備不足で低く評価するのは、僕は的外れだと思います。大好きなオペラなので、オーケストラのそばで聞きたく平土間の最前列ど真ん中、まさにエルダーの背後でした。僕は指揮者の理解度、オーケストラとのインテグリティをどうこう言えるほどの知識は持ち合わせていません。でも、舞台上の歌手に細やかに指示を出すエルダーの指揮は大変好ましく移りました。
 もうひとつ批評家の槍玉に上がったのは、ユルゲン・フリムの演出。2007年の上演を存分に楽しんだ僕にも、フリムの演出はどうもオペラが描こうとしている本来の物語を十分に描ききれていないという印象が今回の上演で強まりました。苦難の果てにやっと巡り会えたレオノーレとフロレスタンが舞台の左右に分かれたままでその歓喜を歌い上げる場面の冷たさ。敵役のドン・ピサーロが最後に再び出てきて兵士たちにぼこぼこにされる場面は、リブレットに本当に書かれていることなのかどうか。

 今回の上演の最大の注目は、世界中で人気のスウェーデン出身のソプラノ、ニーナ・シュテンメがフィデリオのロール・デビューを果たしたこと。全体を通して、何度もエルダーのほうに視線を向けていたのは緊張の現われなのかもしれません。歌手にとっても、突然の指揮者の交代は緊張を強いられることなのかもしれません。だからなのか、シュテンメが舞台に登場してしばらくはガツンとノック・アウトされるような印象をもてませんでした。
 しかしながら、第1幕のアリア、そして第2幕では実力全開の歌唱。2007年のカリタ・マッティラの印象がいまだに強く残っているのでそのときほどの感動にはいたりませんでしたが、舞台栄えしつつ、かつこの難しい役をきっちり歌える実力のある歌手であると感じました。
 主要歌手陣で唯一のがっかりは、2007年にフロレスタンを演じたエントリーク・ヴォットリッヒ。声質は好きな部類なのですが、高音域になると喉が詰まっているのではといぶかってしまうほど広がりがなくて、オペラ・ハウスの上まで聞こえたのかどうか。レオノーレとの重唱はよかったのですが、ソロの部分でかなり不満が残りました。ただ、シュテンメの声との相性はなかなかだったので、二人ともすでにレパートリィに入れている「ナクソス島のアリアドネ」で聞いてみたいものです。
 逆に期待していなかった驚きは、ロッコを演じたクルト・リドル。見た目が悪役そのものなので、オペラ・ファンの間ではあまり人気は高くないかもしれません。でも、今回自分の信念を通すか曲げるかに苦悩するロッコを滋味豊かに表現していました。
 もう一人、ドン・ピサーロのジョン・ヴェークナァ。まだ世界にはこれほど達者な歌手が沢山いることを思い知りました。敵役とはこうあるべきと納得できるふてぶてしさ。ヴェーくなぁを含めて前回と違い、男性主要歌手がすべてドイツ語圏出身でそれぞれのドイツ語の響きが微妙に違って、聞いていて楽しめました。
 マルツェリーナを歌ったエリザベス・ワッツも好演。さらに、最後の最後で舞台を引き締めたのが、第2幕の最後にしか登場しないドン・フェルナンド役のウィリアム・ウィラード。たった十数分の役回りにもかかわらず、彼が歌いだすとエンディングに向けての高揚感が一気に凝縮される存在感を示していました。

 最初に書いたように、この「フィデリオ」はオペラ好きの間でもあまり評価・人気は高くないようです。僕は、このオペラの主題は、地震と津波、そして原発のトラブルで心も体も疲弊しきっている特に現在の日本に、そして日本人に生きていくうえで大切なことを暖かく語りかけるように思います。運命は過酷かもしれない。でも信念をあきらめなければ、いつか必ず、一度は失ってしまった何かを再び心の中に取り戻せるかもしれない、と。

スポンサーサイト

オイスター・カード for ロイヤル・ウェディング

2011.03.30
RoyalOysterCard415.jpg
(イヴニング・スタンダード紙から拝借)

 以前から話題になっていた、4月29日のロイヤル・ウェディングを記念してのオイスター・カードのデザインと発売が公式に発表された。

The souvenir that will get you to Prince William and Kate Middleton's wedding
http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-23936411-the-souvenir-that-will-get-you-to-prince-william-and-kate-middletons-wedding.do

Mayor unveils design of the royal wedding Oyster card
http://www.tfl.gov.uk/corporate/media/newscentre/19678.aspx

Limited-edition Oyster card to commemorate the wedding of Prince William and Catherine Middleton available in the week leading up to the royal wedding.

With one month to go until the nuptials of Prince William and Catherine Middleton, the Mayor of London Boris Johnson and Transport for London (TfL) today unveiled the design of the limited-edition royal wedding Oyster card.

The design features a portrait of the couple and the wedding date of 29 April 2011, and will be on sale in the week leading up to the ceremony.

Around 750,000 royal wedding Oyster cards will be available while stocks last from all London Underground and London Overground stations, and some National Rail ticket offices, as well as TfL Travel Information Centres.

Regular commuters might want to collect the card as a souvenir, and for visitors to London during the celebrations the card will not only ensure they pay the cheapest fares for their journeys, it will also act as a reminder of their part in the royal wedding festivities.

More than 80 per cent of all public transport journeys in London are made using an Oyster card and it is the world's most popular travel smartcard, with more than 43 million issued since 2003.

The limited-edition Oyster card commemorating Prince William and Catherine Middleton's marriage follows tradition as, in 1981, a unique ticket was also produced by TfL's predecessor London Transport for the marriage of William's parents, Charles and Diana.
Transport collectable

Mayor of London Boris Johnson said: 'Just as royal wedding fever starts to take hold in the city, this fantastic commemorative Oyster card is a great chance for Londoners and visitors to have a slice of the action as a fabulous memento of the happy day.

'I would also recommend the card to the happy couple as the cheapest, easiest way of getting around this city, especially as it bears their resemblance.'

Peter Hendy, London's Transport Commissioner, said: 'London's transport network will play a key role in helping people travel to the wedding celebrations, so it is appropriate that we commemorate the day with a limited edition Oyster card.

'This is the first time we have produced a limited-edition Oyster card and I'm sure they will be a hugely popular souvenir of the day while ensuring Londoners and visitors get the cheapest fares for their journeys.'

The £5 deposit and £5 minimum top-up will apply as normal for the limited-edition card and it will be available from 21 April 2011.

Using Oyster, passengers only need one card to travel on all public transport across London, including National Rail services operating within the Capital.

Passengers using Oyster pay as you go are always reminded to touch in and out at the start and end of every journey to ensure they pay the correct fare.


 発売日は明記されていないし、当のロンドン交通局が「(発売枚数は)around 750,000」というなんとも曖昧な表記。このいい加減さ、拡大解釈として言い換えると、「責任をとるのは絶対に避ける」というイギリス人的態度はどんなときにもいかんなく発揮されるんだな、と。
 二つのリンクの内容から察するに、ネットでの販売はなさそう。直接アンダーとオーヴァーの駅に行かなくてはならないようだ。今朝、いつも新聞を買うコーナーショップの店主に訊いたら、彼らが販売することはないといっていた。

 このブログは、「購入代理店」ではありません。

自粛という名の、集団ヒステリア

2011.03.30
As Food Is Rationed, Resolve Is Plentiful
http://www.houmatoday.com/article/NY/20110329/ZNYT03/103293025/1225/news100?Title=As-Food-Is-Rationed-Resolve-Is-Plentiful


リーダーシップの不在、国民を見ていない政治家。言葉尻を捕まえて「自粛」、「不謹慎」を掲げてストレスを発散させるのは、かつての「魔女狩り」や「ファシズム」が蔓延したときの集団ヒステリアと共通するものがあるように感じる。

音楽人・バンドマンに警告!ライブハウスが潰れます!
http://ameblo.jp/hanadora/entry-10835354133.html

ヒス 作詞:戸川純

 あつい だるい 我慢の限度 寒い きつい たまるストレス
 夏8月16日 晴れ オンライン詐欺容疑者逮捕
 冬2月28日 大雪 保険金殺害犯人死刑

 ねむい つらい 我慢の限度 淋しい 悲しい たまるストレス
 春4月5日 曇り 大手ゼネコン疑惑判決無罪
 秋10月2日 雨のち晴れ 無差別テロ犯人指名手配

 国民の皆様のヒステリー
 治安国家と呼ばれているけど
 4割の血をA型が占める
 ふだんまじめでいきなり自爆す

 平成ニッポン 豊かなニッポン
 神経質だがいきなり暴発


 あつい だるい 我慢の限度 寒い きつい たまるストレス
 夏8月16日 晴れ オンライン詐欺容疑者逮捕
 冬2月28日 大雪 保険金殺害犯人死刑

 ねむい つらい 我慢の限度 淋しい 悲しい たまるストレス
 春4月5日 曇り 大手ゼネコン疑惑判決無罪
 秋10月2日 雨のち晴れ 無差別テロ犯人指名手配

 国民の皆様のヒステリー
 治安国家と呼ばれていますね
 クーデターなら過去あったけれど
 革命なんか起こらないでしょう

 平成ニッポン 豊かなニッポン
 従順だけれどいきなり暴発


It is better to move on instead of attacking each other.

They say a restless body can hide a peaceful soul
A voyager and a settler, they both have a distant goal
If I explore the heavens, or if I search inside
Well, it really doesn't matter as long as I can tell myself
I've always tried

Like a roller in the ocean, life is motion
Move on
Like a wind that's always blowing, life is flowing
Move on
Like the sunrise in the morning, life is dawning
Move on
How I treasure every minute
Being part of it, being in it
With the urge to move on

I've travelled every country, I've travelled in my mind
It seems we're on a journey, a trip through space and time
And somewhere lies the answer
To all the questions why
What really makes the difference
Between all dead and living things, the will to stay alive

Like a roller in the ocean
Life is motion
Move on
Like a wind that's always blowing
Life is flowing
Move on
Like the sunrise in the morning
Life is dawning
Move on
How I treasure every minute
Being part of it
Being in it
With the urge to move on

The morning breeze that ripples the surface of the sea
The crying of the seagulls that hover over me
I see it and I hear it
But how can I explain
The wonder of the moment
To be alive, to feel the sun that follows every rain

Like a roller in the ocean
Life is motion
Move on
Like a wind that's always blowing
Life is flowing
Move on
Like the sunrise in the morning
Life is dawning
Move on
How I treasure every minute
Being part of it
Being in it
With the urge to move on


By Abba

Nikkei 29/Mar/2011

2011.03.29
*著作権は、日本経済新聞社に帰属します。



ワークショップのコースワーク

2011.03.28
昨秋から参加しているワークショップで書いたコースワークを、個人的に思うことがあって掲載する。好意的な評価を得ることができたのは、提出を前にプルーフ・リーディングをしてくれた友人のおかげ。それがなかったら、読めたものではなかったはず。
 現在、イギリスの大学で心理学を学んでいる人、もしくは学ぼうと考えている方に。これはメンタル・ヘルスに関するワークショップの一環で書いたもので、心理学におけるリサーチ論文のフォーマットでは書かれていません。特に、参考文献を引用する決まりごと。ご自身が大学や大学院の心理学のコースでかかれるリサーチ論文のフォーマットについては、指導教官にきちんと確認を取ることは必須です。また、このエッセイは学術誌等に載る類のものではありませんので、ここからの引用は受け入れられないと考えるのが妥当です。


Social class and measures of social status correlates with mental ill-health. Why might this be?

The social classes in the UK defined by socio-economic status are widely used to categorise people in the numbers of studies and researches. One of the reasons why they are used is that the classes are thought to show the inequality in the level of income. Some researchers think that there may be connections between the social classes and the quality of physical health. For instance, the Marmot Review (2010) suggests that income and wealth may be important for health because they are makers of socio-economic position, and social status is important for health.
The aim of this paper is whether the social class will also correlate with mental health. In order to do this, the impact of social class on our mental health will be discussed from the point of “social capital”. Then, the discussion will be furthered by assessing if the quality of the place where people live will have impact on our mental health well-being.


The definition of social class

According to Office for National Statistics (ONS), the central concept of the National Statistics Socio-economic Classifications (NS-SEC) is to show the structure of socio-economic positions in modern societies in the UK and to help to explain variations in social behaviour and other social phenomena (Office for National Statistics, 2010).
The definition of the social classes has been revised from time to time. For instance, in a study that tried to investigate correlations between mental illness and social classes from 1949 to 1953 in Bristol (Hare, 1955), the classes that Hare used were divided into only five classes of the socio-economic status comparing the currently used set which have eight classes.
The definition of the social class used in a recent longitudinal study of the mental health (Singleton and Lewis, 2003) is based on Registrar general’s 1991 Standard Occupational Classification.

Social Class Descriptive Definition
I Professional
II Intermediate occupations
III NM Skilled occupations (non-manual)
III M Skilled occupations (manual)
IV Partly-skilled
V Unskilled occupations
(Singleton and Lewis, 2003, P.169)

ONS has revised the NS-SEC in 2010 and the current classes are;

Class
1 Higher managerial, administrative and professional occupations
2 Lower managerial, administrative and professional occupations
3 Intermediate occupations
4 Small employers and own account workers
5 Lower supervisory and technical occupations
6 Semi-routine occupations
7 Routine occupations
8 Never worked and long-term unemployed
(Office for National Statistics, 2010)

Although it is worth remembering that definitions occasionally need to be subdivided within a class, in terms of difference grades or difference income (Marmot and Smith, 1991), this issue will not be discussed in this paper. However, the point that in cross-cultural surveys the definitions of the socio-economic status from one society might need to be adjusted in order to avoid misunderstanding the impact caused by cultural differences. This will be explored later.


Mental health and social status
One of its result of the Marmot Review (2010) is that there is a clear gap in the mortality rate between the class 1, higher managerial, and 7, routine occupations (P.17). There is another gap between 1 and 7 on physical health. Nearly 40% of both men and women, age group between 45-64, in routine occupations, suffer from long-term illness. Whereas, the percentage of long-term illness shows by class 1 is just over 10% (P.50). It could, therefore, be said that there are statistical correlations between social classes and physical health.

What if these findings and correlations are applied to social status and mental ill-health; what aspects should be considered? In order to explore this point, it would be good to analyse some findings from the particular study. The study is Better or worse: a longitudinal study of the mental health of adults living in private households in Great Britain (Singleton and Lewis, 2003). This study chooses to investigate those who recovered from common mental disorders, such as depression and anxiety and how this recovery was linked to the socio-demographic and social factors.
The study finds that men who had been unemployed were at high risk of developing an episode of the common mental disorders (Table 2.3, P.27). Both men and women who had had long-term sickness or disability had a high likelihood with onset of the disorder (Table 2.3, P.28), the ratio of which was significantly higher than of both working full- and part-time (P.28). Whereas, people categorised as professional in the social class 1 had a very lower rate of onset with depression and anxiety.
The researchers also find differences between the social classes in how people recovered from the mental disorders. According to the results, there is an evidence that people of lower socio-economic status, such as manual skilled occupations and unskilled occupations, were less likely to recover: this was true for both men and women (Table 3.3, P.42). In addition, both men and women who had long-term sickness or who were disabled showed the lowest percentage of recovery from the disorders (Table 3.3, P42).
These findings would lead us to conclude that the differences between the socio-economic status are defined by the gap of the income and wealth between the classes. The Marmot Review (2010) reports that when the head of household was classified as ‘large employer or higher managerial’, the median household wealth was £530,000, compared with £15,000 where the head of household never worked or was long-term unemployed (P.77).
Analysing the findings from these two studies when we consider the financial inequality between the socio-economic classes, it seems possible to say that people of lower income status are at a higher risk of suffering from mental ill-health than people of higher income. The point of income inequality will later be discussed further, relating to the concept of social capital.
Moreover, there is further factor about the correlation between the social class and mental ill-health; the place where people live and its impact on mental health well-being.
Although there is no direct evidence relating to mental ill-health, the Marmot Review (2010) finds that there are the different mortality rates for those in the same socio-economic classification but who live in different areas in the UK. On the one hand, the mortality rate of routine occupations living in the South-West of England is 400 per 100,000. On the other hand, the mortality rate of those in the same class but living in the North-East of England is 700 per 100,000 (Figure 2.6, P.49).
The study of Singleton and Lewis (2003), though not as significant as the Marmot Review, also provides a clue that the quality of life and infrastructure of a place, including such things as social networks and the neighbourhood where people live, exerts an influence on how likely they will suffer from the mental disorders and how likely they will recover from them.
In the study of Singleton and Lewis, both ratios with the onset of the disorders (P.25) and of the recovery from them (P.39) in all adults are statistically not significant between the areas of urban, semi-urban and rural. There are some studies and meta-analyses that investigate possibilities as to whether both sense and quality of belonging to an area where people live may have an impact on their mental health and well-being when combined with their socio-economic class. This point will be discussed later.

イギリスでのDepression(鬱)への取り組み

2011.03.27
ロッキング・オン社の総合雑誌、「SIGHT(季刊)」の最新号は、日本におけるうつ病の特集になるとのこと。
http://ro69.jp/blog/shibuya/49139

 参加しているワークショップでちょうど「Depression」への取り組みについての基本情報を集めている最中なので、唐突ですが、参考にしたウェブから英語のままでもわかりやすいであろう情報を列記しておきます。言わずもがなですが、内容について問い合わせを受けても、僕は答えられません。

http://www.nhs.uk/Conditions/Depression/Pages/Introduction.aspx

Introduction

Depression is a serious illness. Health professionals use the words depression, depressive illness or clinical depression to refer to it. It is very different from the common experience of feeling unhappy, miserable or fed up for a short period of time.

When you are depressed, you may have feelings of extreme sadness that can last for a long time. These feelings are severe enough to interfere with your daily life, and can last for weeks or months, rather than days.

Depression is quite common and about one in ten people will experience depression at some point. However, the exact number of people with depression is hard to estimate because many people do not get help or are not formally diagnosed with the condition.

A few people still think that depression is not a real illness and that it is a form of weakness or admission of failure. This is simply not true. Depression is a real illness with real effects, and it is certainly not a sign of failure.

Symptoms
The symptoms of depression can be complex. If you are depressed, you often lose interest in things you used to enjoy. Depression commonly interferes with your work, social life and family life. There are many other symptoms, which can be psychological, physical and social.
Psychological symptoms include:
continuous low mood or sadness
feelings of hopelessness and helplessness, low self-esteem, tearfulness, feelings of guilt, feeling irritable and intolerant of others , lack of motivation and little interest in things, difficulty making decisions, lack of enjoyment, suicidal thoughts or thoughts of harming yourself, feeling anxious or worried, reduced sex drive


この後に身体的などのほかの症状も例が挙げられています。

Causes
There is no single cause of depression, and people develop depression for different reasons.

Depression has many different triggers. For some people, upsetting or stressful life events, such as bereavement, divorce, illness, redundancy and job or money worries, can be the cause. Usually, different causes combine to trigger depression. For example, you may feel low after an illness and then experience a stressful life event, such as bereavement, which leads to depression.


 ほかのセクションでは、診療方法についてもかかれています。日本の状況をまったく知りませんが、おそらく一線で治療に当たっている医師やカウンセラーは各国がどのように取り組んでいるのかは知っているのではないかと思います。
 自分がかかわっているカウンセリングに限れば、初期段階において推奨されているトーキング・セラピィはCBT(Cognitive Behavioural Therapy)なんだなと。これに加えて、最近では、Solution Focus Brief Therapy(SFBT)もとりいれられているそうです。SFBTは本当に短くて、NHSによっては4回のセッションで終わりということもあるそうです。早期治療、短期集中というのは、裏返せば言い方は雑ですがすばやく診療して早く社会に復帰させるということだと思います。

 NHSのウェブでリンクされている、イギリスでのメンタル・ヘルス・ヴォランティア組織、MINDも、Depressionへの理解を深めるための情報を提供しています。

http://www.mind.org.uk/help/diagnoses_and_conditions/depression

 以下の頁からは、イギリス国内における精神医療の、最も新しい政策にアクセスできます。

http://www.dh.gov.uk/en/Publicationsandstatistics/Publications/PublicationsPolicyAndGuidance/DH_123766

 イギリス国内でも、どれくらいの人が上記のような情報の存在を知っているかどうかは判りませんが、誰もが知ることができる環境にはあります。

 Depression(鬱)になることが特別なことではない、stigmatiseを避けるということを確認する意味合いでは、サイト誌のタイトルは的確だと思います。しかしながら、症状が進行してくると、「正常」の範囲をどこまで広げるかという議論が出てくるのではないかと推測します。
 日本、そしてイギリス、多くの国でこれからDepressionについての認識が深まってくると思います。ひとつ余計なことを言うならば、必ずしも統計の数字を信じる必要はない、ということ。心理学統計の結果や、NHSのサイトが言っている「about one in ten people will experience depression at some point」も相対的な数字であって、10人のグループがあれば、そのうちの一人は確実にDepressionになる、というわけではないです。
 大切なのは、正確な情報を、その情報を必要とする人々が確実に知ることができる環境を整備することだと考えます。

The Most IncredibleThing@サドラーズ・ウェルズ

2011.03.27
日本の状況は、政治家の不在による災厄という印象が強まってきているように感じますが、季節は巡っています。ロンドンは、春爛漫です。被災された皆さん、原発の事故で退避を余儀なくされた皆さんにも春が巡ってくることを信じています。

 3月25日に、サドラーズ・ウェルズ劇場で、今シーズン、ダンス・シーンの最も熱い舞台になるといわれた、「The Most Incredible Thing」を観てきました。これがバレエなら、僕が見たいバレエはこの世界には存在しないのかもしれないとしか思えないほど、バレエではありませんでした。まず、サドラーズの宣伝を。

Sadler’s Wells has joined forces with electronic pop legends the Pet Shop Boys and radical choreographer Javier De Frutos to create a brand new full-length dance work based on Hans Christian Andersen’s story, The Most Incredible Thing, adapted by acclaimed playwright and director Matthew Dunster.

Featuring former Royal Ballet star Ivan Putrov, this modern fairytale centres on a contest to produce ‘the most incredible thing’, with a prize of half the kingdom and marriage to the princess at stake. An impressive creative team has been assembled including orchestrator and long-time Pet Shop Boys collaborator Sven Helbig, Tony Award-winning designer Katrina Lindsay (Les Liaisons Dangereuses), and BAFTA-winning film animator, Tal Rosner. With a 26-piece orchestra and a talented cast of 16, The Most Incredible Thing is set to be a highlight of 2011’s cultural calendar.

As the planet’s most successful pop duo, the Pet Shop Boys have sold over 100 million records worldwide and amassed 22 top 10 hits, three Brit Awards and six Grammy nominations, but this new production signals their first foray into composing for dance - it’s a debut not to be missed.


 4年の歳月と、綺羅星のごとくのクリエイティヴ・チームを編成してなお、「これはバレエじゃない!」と溜息つきつつ舞台を観なければならなくなった最大の責任者は、振付家(ではないです、もはや)のフルトス。彼が携わった舞台を観るのはこれで2回目でしたが(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1144.html)、もう2度と観ることはないでしょう
 物語は、アンデルセンが1870年に発表した「The Most Incredible Thing」を、ソヴィエトっぽい雰囲気の世界に移し変えたようですが、踊りが何一つ物語を浮かび上がらせない。正直なところ、僕はアンデルセンの原作を読んだことはありませんでしたし、あえてプログラムも読みませんでした。今では、絶対に自分では使いたくない「Diva」同様、新しいバレエを語るときに、多くの人が「narrative」という単語を使って評価しようとする傾向が強いように感じます。今回も、アンデルセンの物語を使っていることで、「これは新しい形のnarrative balletだ」なんて表現を読みました。
 それは違う、と。物語がなくても、振り付けとそれを踊るダンサーの踊りによって「物語」が浮かび上がってくる、それがナラティヴ・バレエであると僕は思います。ちょうど、ロイヤル・バレエはアシュトンの「ラプソディ」を上演しています。この短いバレエ、プロットレスにもかかわらず、かつて吉田都さんが踊ったときには舞台に物語が生み出されました。僕は、それが「ナラティヴ」であると思います。
 もうひとつ振り付けで落胆したのは、過去の著名な作品を引用していたこと。引用するのであれば、それを超える何か新しいものを、「創作家」として入れるべきであろうに、そのまま。ニジンスカの「結婚」、バランシーンの「アポロ」をまったくそのまま取り入れている姿勢にはがっかりしました。好きではないですが、マシュー・ボーンってすごいんだと思いました。

 今回の上演でもっとも可哀想だと思ったのは、ロイヤル・バレエの元プリンシパル・ダンサー、イヴァン・プトロフ。2010年のロイヤル・バレエの東京公演の前に突然カンパニーを退団した理由は知りません。まだまだ素晴らしい踊りができるであろうに、こんな中途半端な舞台に立つなんて。僕の勝手な思い込みに過ぎませんが。

 結局、楽しめたのはペット・ショップ・ボーイズの音楽。使われた映像のモティーフが、おそらく映画の「メトロポリス」から想起されたものだったようで、それにあわせたかのように、彼らがデビューした80年代前半のイギリスのニュー・ウェイヴ音楽の一部で人気のあったインダストリアル・ミュージック・ポップ路線を思い出す音が使われていて懐かしかったです。当時、日本の片隅で訳も判らず、でもミュージック・マガジンやロッキン・オンで取り上げられているから聞かなければと輸入レコード屋をはしごして手に入れたアインシュテュルツェンデ・ノイバウテン(Einstürzende Neubauten)や、「コンストラクション・タイム・アゲイン」でいきなりインダストリアル・エレ・ポップ・バンドになってしまったデペッシュ・モードを思い出しながら聞いていました。今でも彼らの当時のヒット曲、「People are people」のサビは口ずさめます。
 舞台が終わると、会場は盛大な拍手。が、まるで「ペット・ショップ・ボーイズの新曲の、長尺のプロモーション・ヴィデオを見た」、という感想しか僕はもてませんでした。

 閑話休題。ピナ・バウシュのファンの皆さんに朗報。2012年の6月と7月に、サドラーズとバービカンでバウシュが国や都市に触発されて創作した10作品が一気に上演される予定だそうです。

Pina Bausch dance cycle to be staged as part of 2012 Cultural Olympiad
http://www.guardian.co.uk/stage/2011/mar/09/pina-bausch-cultural-olympiad-2012

 イギリスでは、バウシュが2009年に突然亡くなる前は、数年に一度しかヴッパタールの舞台に接することしかできませんでした。が、彼女の死後は堰を切ったように上演ラッシュが続いています。問題は、チケットの値段がどうなるか、そしていつ発売になるのか。文化への予算が大幅に削減されたイギリスでは、ダンスのみならず、クラシカル音楽のコンサートやオペラアドのチケット料金が急上昇。さらに、見やすい席をいち早く手に入れるためには年間の会員になることが必須ですが、この会費も軒並みアップ。チケットを購入する前に予算が尽きてしまいそうです。
 戯言はともかく、来年のロンドンは、カルチャラル・オリンピアードで世界中からさまざまなイヴェントが集まるであろうと思われます。

ハロゲイトの近郊の写真

2011.03.27
3月最初の週末に、イングランド北部にあるハロゲイトに行きました。感想を書けるのはいつになるかわかりませんが、写真をアップしたので。相変わらずフィルムで画質はいいとは言えません。

FB22.jpeg

ファウンティンズ・アビィ
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157626356895214/


NorthDockenBush.jpeg

泊まったB&Bとその周辺
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157626232013863/

過去数年で最大規模のプロテスト・マーチがロンドンで

2011.03.23
march1.gif
http://falseeconomy.org.uk/

世界の関心は日本の大災害からリビヤ空爆に、そしてイギリス国内の関心は今日、3月23日に発表された予算がどのように日々の暮らしに影響していくか、ということにつってきています。

 その予算削減。読んでいる新聞がガーディアンですから、予算案への反対姿勢が貫かれていることを差し引いても、また一人の外国人に過ぎない僕から見ても、今の連立政権はすでに一般市民を切り捨てたな、と感じることが増えています。特にナショナル・ヘルス・システム(NHS)や公共サーヴィス(例えば公立図書館の閉鎖、http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1331.html)への予算削減は、尋常でない状況になっているように感じます。
 そんな政府への不満の高まりは、今週の土曜日、3月26日に多くの一般市民が参加するデモンストレイションになります。

Anti-cuts campaigners plan to turn Trafalgar Square into Tahrir Square
http://www.guardian.co.uk/world/2011/mar/22/anti-cuts-campaigners-trafalgar-square-tahrir?intcmp=239

 大学の授業料値上げに対して起きたデモンストレイションの一部が暴徒化したことがかなり大きな社会問題になったので、今回、大きな労働組合のひとつであるTUCはそのようなことにならないよう配慮するのではないかと思います。
 暴徒化しないと仮定しても、予想される20万人もの労働者がトラファルガー広場に集結するとなると、それは歴史的なイヴェントになることでしょう。集まった人々の声に連立政権は耳を傾けるのか?傾けなかったとき、何が起きるのか?

 僕自身、予算カットによって、実際に何が起きているのか、何が起きるのかをしっかり理解しているとはいえません。あまりにも複雑すぎます。でも、どれほど今のイギリス政府が、「(株)大英帝国」になっているかの例を二つ。

 現政権は、年間を通して受け入れる非EU圏からの移民の数に上限を設けたり、ヴィザ発行の手続きにかなり時間をかける傾向にあります。ところが、銀行口座に500万ポンドがあればまったく違う対応になるそうです。

Super-rich to be given fast-track to settle in Britain
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/mar/16/new-immigration-rules-super-rich
Overseas "super-investors" who are willing to keep £5m in a UK bank account are to be given the right to stay indefinitely in Britain after only three years, two years faster than the five-year wait imposed on every other migrant.

 例えば、ファースト・リテイリングの柳井さんやソフト・バンクの孫さんがイギリス国内の銀行に500万ポンドを預金しておけば、通常5年かかる永住権取得を、3年に短縮しましょうというもの。そんな物好きがいるのかと疑問に思われるかもしれません。でも、極端な話、今のイギリスほど金持ちが好き勝手に暮らせる国は世界でもそんなに多くないと感じます。何が魅力なのかよく判りませんが、少なくともロンドン中心地に住めるのは、非イギリス人の「金持ち」だけという印象があります。

 二例目。国の負担を少なくするために、NHSの業務に一般企業の参入を図ろうとしています。そうなるとどうなるか。

Cuts protests: why we're marching
http://www.guardian.co.uk/world/2011/mar/22/cuts-protests-why-marching?intcmp=239

 この記事で紹介されている、ロンドン郊外のNHSの病院で30年以上も助産婦として働いているNora Pearceさんのところでわが目を疑う糾弾がありました。

The plan to sell off the blood transfusion service, which will be run by private companies for profit, is a perfect example of how the government doesn't get what the NHS is about: people don't give their blood for profit. If they bring in all these private companies, pity the poor sod who has got multiple health problems – the private sector won't want you. They won't want to do your hip operation if you're diabetic, epileptic and elderly, because it'll cost too much money.

 「輸血業務を私企業に売却する」ということは、起こらない、起こってはならないことですが、「お金がなかったら、輸血を受けられないんですか?」、と。

 ロンドンの日々の暮らしの中で感じるのは、イギリスには日本でもすぐに導入してほしいと羨望するほど素晴らしい社会・福祉システムがあります。問題は、そのシステムの運用に携わる人々の多くが「(株)大英帝国」病に感染していて、システムを必要とする人のことを考えずに、システムを運用する自分たちに恩恵が来ることが本来業務だと思ってしまっていること。移民の数を減らしても何も変わらないと思います。

 日本は、3月11日の大地震で、今後大きな変革を経験することになるでしょう。日本国内にいる日本人だけでなく、僕のように国外にいる日本人もその変革によって、これまでの価値基準が大きく変わっていくのではないかと感じています。そしてイギリスは、26日の巨大デモンストレイションの結果次第では一般市民の声によって、政府だけでなくイギリスで暮らす人々が「自分ひとりのためだけではない」変革を受け止めなければならない現実に直面することになるかもしれない、そんな風に感じています。

 観光や出張で26日にロンドンにいる予定の皆さん。危ないことにはならないと思いますが、ロンドン中心部に出るのは避けたほうがいいかもしれません。どうしても行かなければならないときは、事前に交通網の情報等を調べておいたほうがいいと思います。

Japan Tsunami Appeal Concert by 吉田都ほか

2011.03.21
心にぐっと来るチャリティがあったので、短くお知らせします。

 ロンドンでは、ヴァイオリストの葉加瀬太郎さんはじめ日本人による、東日本大震災の被災者へのチャリティ・イヴェントがすでに沢山あります。今日、3月20日、ロイヤル・オペラ・ハウスの地下にあるリンベリィ・スタジオ劇場で元ロイヤル・バレエのプリンシパル・ダンサーである吉田都さんがイニシアティヴをとった特別公演がありました。チケット代は一律£20でした。

 前半は、ロンドンにある音楽学校のジュニア部門で学んでいる日本人学生によるヴァイオリンとチェロの独奏(ピアノ伴奏つき)が続きました。彼らのひたむきに演奏している姿を観ていると、もちろん会ったことなどないですが、今回の大災害で命を落としたすべての子供たちの未来、そして中には特に音楽家への道を目指していたかもしれないんだろうなと思って聞いていたら、涙がこぼれそうになりました。

 後半は、ロイヤル・バレエに所属する日本出身のダンサーたちによる古典バレエの場面。まず、蔵健太さんと高田茜さんによる、「ジゼル」の第一幕からペザントのパ・ド・ドゥ。続いて、崔由姫さんと平野亮一さんのカップルで、「白鳥の湖」の第2幕からオデットとジークフリートによるパ・ド・ドゥ。友人の9歳のお嬢さんをして、「あの白鳥を踊った人、誰?白鳥に見えたわ」、と言わしめた崔さん。プリンシパル to beです。

 3組目は、ロイヤル・バレエのプリンシパル・ダンサーの、マーラ・ガレアッツィエドワード・ワトソンによる、ウェイン・マックグレガァの「Qualia」のパ・ド・ドゥ。ただひとつのモダンでしたが、雰囲気を損なうどころかとてもいい踊りでした。とりわけ印象に残ったのは、ガレアッツィもワトソンも日本ではそれほどの知名度がないにもかかわらず、このガラに参加してくれたのが観客の一人としてとても嬉しかったです。

 4番目は、小林ひかるさんが牧あさみ振り付けの「ラ・バヤデール」から第2幕のニキヤのソロ。確か、今年の1月に東京で客演していたそうなので、その振り付けと思われます。

 そして、吉田都さん、同じく牧あさみ振り付けの「シンデレラ」から第2幕のパ・ド・ドゥ。プリンスは、ヴァレリィ・フリストフ。今回のようなチャリティ・ガラであれこれいうのは不遜と思いつつも、吉田さんの煌きは別格。どうしてロイヤル・バレエから引退してしまったのだろうと思いながら、瞬きしたくありませんでした。リハーサルでロンドン滞在中に今回の大震災が起きて、帰国のタイミングを測っている間にこのチャリティ・ガラを企画されたようです。その行動力には、拍手を惜しみません。

 すべてのプログラムが終わり、吉田さんが舞台上で挨拶をされました。印象に残ったのは、「日本は必ず回復します」。そして「今日のような支援はこれからもずっと必要です。これからもずっと続けていくつもりです」とのこと。また、まさしくショート・ノティスにもかかわらず、吉田さんの提案を受け入れただけでなく、すぐ行動を起こし、成功に協力してくれたロイヤル・オペラ・ハウスとロイヤル・バレエには最大限の感謝を贈ります。NHKとTBSのカメラが入っていたので、日本の皆さんもごらんになれるかもしれないです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110321/k10014804661000.html

東日本大震災:テレグラフとガーディアンの記事から

2011.03.20
世界の関心はすでにリビヤに移っていますが、それでも3月11日に日本を襲った大地震、津波がすでに忘れられたわけではありません。今週末、特にテレグラフ紙で興味深い記事をいくつか読んだので簡単に記しておきます。

 以前にも何度か紹介していますが、かつてイヴニング・スタンダード紙、今はデイリィ・テレグラフ紙で主にイギリス国内政治についてかいているアンドリュウ・ギリガンという記者がいます。彼による岩手からのレポートが、20日付のサンディ・テレグラフ紙に掲載されました。

Japan earthquake: Iwate is in a state of misery and mayhem
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/8393056/Japan-earthquake-Iwate-is-in-a-state-of-misery-and-mayhem.html

 ギリガン記者によるレポートの内容が事実に即しているのか、それともある程度の推測が加えられているのかは、読む人によって判断は違うと思います。いくつか、僕がここ数日の間に感じていたことに呼応する箇所があったので列記します。

Nine days after Japan's tsunami, the remarkable truth is this. The people who have lost absolutely everything are coping far better than the people who have lost absolutely nothing.
地震がおきてから9日たった。完全にすべてを失った人々のほうが、何一つ失っていない人たちよりもこの災害を乗り越えようとしている。

Yet in the nine-tenths of the country that suffered no damage at all, that strength appears to have gone missing. Japan as a whole is suffering a kind of nervous breakdown.
国土の9割が今回の大地震と津波の被害を受けていないにもかかわらず、日本が持っているであろう強さが失われつつある。国全体が、ナーヴァス・ブレイクダウンしている。

Even in Hiroshima, in the far south of the country and more than 700 miles from the tsunami area, local papers have had to plead with people not to panic-buy.(どうやって広島のことを調べたのかという疑問はあります)
津波に襲われた地域から700マイル以上も離れた広島でさえ、地元新聞紙が買占めをやめるようにアピールしなければならなくなっている。

But when no one is giving orders, paralysis follows. The flip-side of discipline is a lack of initiative.
誰一人として秩序を提供できていないとき、麻痺がそれに続く。(自己)統制の反対側にあるのは、(行政の)イニシアティヴの欠落がしているということ。

Foreigners have flooded the airports – but air travel exposes you to more radiation than anyone in Tokyo would have received from the Fukushima reactor. The burning oil refinery at Chiba, just outside the capital, has almost certainly pumped out far more harmful substances than any nuclear reactor – but no one seems to be talking about that.
空港には、日本を離れる外国人があふれている。だが、福島原発からの放射線を東京で受けるよりも、飛行機で移動するほうがもっと多くの放射線を浴びることになる。また、千葉の石油精製所の火事では、放射線よりも害のある物質が放出されたのではないか。でも、誰もその点については語っていないようだ。

The morale meltdown is, in fact, another symptom of government failure
志気のメルトダウンは、政府の別の失敗によるもの。

What Japan now has to fear is fear itself.
今日本が心配しなければならないのは、「心配」そのものだ。

So far, Japan's reputation has only been enhanced by its citizens' extraordinary resilience.
国民の忍耐力だけによって、日本はその評価を保っている。

 記事の正確さについては、判断の下しようがないです。でも、日本人ではない人が見た現状を知るのは、知らないでいるよりはいいと考えます。

 もうひとつ、19日のテレグラフで気になってしまったのは、今回の大災害への海外での募金の集まりが、例えばハイチが地震に襲われたときよりも少ないということ。言わずもがなですが、募金の多少を言っているのではありません。テレグラフの記事が小さかったからかウェブに反映されていないので、同様な内容の記事をアメリカから。

U.S. donations not rushing to Japan
http://www.ongo.com/v/578428/-1/7F1C10FC9ED44F3F/us-donations-not-rushing-to-japan

 支援金が必要なのは今だけではなく、1年後、5年後、10年後とまったく予想もつかない困難が生じるかもしれないときに、日本国内でまかなえるのか。海外へ資金援助を依頼するときに、政治家はその必要性をきちんと国際社会に伝えることができるのか。
 「減税」をうたって勢力を勝ち取った政治家がいるようですが、減税なんてもはやありえないでしょう。復興資金を得るために増税をしなければならない。それを国内、そして海外にいる日本人すべてが共有できるのか。

 得意分野ではないので、記事の紹介にとどめます。20日のオブザァヴァ紙が天皇について書いています。

Emperor Akihito: A bulwark against a sea of troubles
http://www.guardian.co.uk/theobserver/2011/mar/20/observer-profile-emperor-akihito?INTCMP=SRCH

 昭和天皇と沖縄の関係に言及している後半は、とても読み応えがあります。

 最後に、文化が違えば捉え方は違うのだろうけど、「笑うこと」はこんなときこそ多くの人にとって大切なんだということを、「女性」が書いている記事。

If we must cry, let them be tears of laughter
http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/comedy/8392821/If-we-must-cry-let-them-be-tears-of-laughter.html

No Kai Shime!!!

2011.03.17
11Mar11    ↑Top

Messages from ROH and Sadlers Wells Theatre

2011.03.17
日本のメディアに、日本国内で掲載してもらえればと思ってこれまで仕事を通じて知り合ってきたロイヤル・オペラ・ハウスとサドラーズ・ウェルズ・シアタァに日本へ向けてのメッセイジを出してもらえるかどうか依頼したところ、両者とも快く、かつ迅速に応えてくれた。早速日本に送ったが、国内の状況ではメディア側も努力してくれているのだけど、いつ被災された皆さんに届くかわからない。
I cannot blame them. Because of working as a freelance journalist, I do know how hard they have been working in order to inform what have been going on. They have been working every minute, every hour, every day and night.
 で、仕事上の信頼関係を壊してしまう結果に、書く仕事を失う結果になってしまうかもしれないけど、ブログに。多くの皆さんに届いて欲しい。1年後、5年後にできることはそのときにまた考える。今、僕にできることは、メッセイジを送ることだけ。

日本の劇場関係者、団体の皆さんの中で、両劇場からのメッセイジをウェブに転載したいという方はお知らせください。オリジナルのメイルを確認してからという方にも、メイルをいただければ、オリジナルを転送します。掲載される際には、このブログからの引用ということを明確にしていただけるようお願いします。
I am NOT going to be paid by anyone for this.

 オペラやバレエは、今の時点で救われるべき命には必要ないかもしれない。生きるために必死な現場には合わないかもしれない。でも、いつか、それほど遠くない将来、美しいものが、心を潤すものが被災された皆さんの心に届くことを信じて。

守屋


“On behalf of Sadler’s Wells Theatre in London I would like to extend our sympathies to the people of Japan suffering from the devastation caused by the major earthquake. As a theatre, we have a deep respect for Japanese culture, having presented work by some of the country’s famous kabuki artists, Taiko drummers and with one of our Associate Artists currently in Tokyo for the rehearsal of a new project. We are truly saddened by the crisis the Japanese people are facing and our thoughts are with the victims and their families at this time.”
Alistair Spalding, Artistic Director and Chief Executive, Sadler’s Wells Theatre, London

All of us here at the Royal Opera House are devastated by the horrific events in Japan. The images and stories have shocked and moved us and all our thoughts are with the people of Japan at this most difficult time. Our hearts go out to the people still waiting for help and we hope that for the safe recovery of those who are still missing.
Tony Hall, Chief Executive of the Royal Opera House

Everyone in The Royal Ballet joins me in sending our deepest and most sincere condolences to the Japanese people at this time of terrible distress. We have toured to Japan many times over a great many years and have always been so warmly welcomed by Japanese audiences. Your tragedy has moved us all and we are humbled by the dignity and fortitude of the Japanese people in the face of such extreme difficulties. On Friday 18th March the Company will dance two performances of Swan Lake at the Royal Opera House and I will dedicate them both to the people of Japan. Our thoughts are with you all.
Dame Monica Mason DBE, Director, The Royal Ballet

On behalf of myself and the orchestra and chorus of the Royal Opera House, we send our most heartfelt condolences for all the terrifying things that have happened in Japan in the last weeks. It is almost impossible to imagine the suffering, the loss and the fear that the Japanese people have experienced. Our thoughts are very much with you.
Antonio Pappano, Music Director, The Royal Opera

11Mar11    ↑Top

インディペンデント紙からのエール

2011.03.13
Sindy.jpg

3月13日、The Independent on Sundayの一面。



http://www.independent.co.uk/news/world/asia/towns-vanish-thousands-die--ndash-but-a-nation-begins-its-fightback-2240508.html?action=Gallery

Towns vanish, thousands die – but a nation begins its fightback
http://www.independent.co.uk/news/world/asia/towns-vanish-thousands-die--ndash-but-a-nation-begins-its-fightback-2240508.html

http://www.asahi.com/international/update/0313/TKY201103130283.html


 多くの国が被災された人々のことを、救援と復旧活動に携わる人々を、そして日本で暮らす人々を思っています。

 もう5年も会っていない、アメリカ人の友人から届いたメイル。

What has happened to Japan is unbelievable. It's hard to believe the terrible images we see on the television and hard to imagine how any country can cope with this but if anyone can do so, I'm sure the Japanese people will.

Yohji Yamamoto(山本耀司)展@ヴィクトリア&アルバート美術館

2011.03.12
地震、津波、そして原子力発電所の危機的状況で、着の身着のまま、命からがらの体験をいまだにしなければならない皆さんにとって「洋服なんて何の役にも立たない」と思われるでしょう。でも、日本人が持っているに違いない逞しさと優しさを信じ、エールを送れればと希望します。

 本日、3月12日より、ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート美術館(http://www.vam.ac.uk/)で、日本人ファッション・デザイナーの山本耀司のデザインを集めた展覧会が始まりました。
 メインの開場の部屋はそれほど大きくありませんが、1981年にパリ・デビューをしてから30年の山本耀司のキャリアを、過不足なく伝える素晴らしい展示です。山本耀司というと「黒」の印象を強くもたれる方がいるかもしれません。しかし展示の中には、目にも鮮やかなピンクのコート・ジャケット、ストラップレスの黄色のドレス、さらにフェルト素材だったと思うんですが、とても複雑なカットにもかかわらず、女性の美しさを最大限に引き出すとことに疑問の余地がないシンプルな真っ赤なドレス。ファッションというと、どうしても消費文化として見られてしまうことのほうが多いのではないかと想像しますが、60を超えるドレスやジャケットをじっくりと見ていると、ファッションも芸術であることを確信します。
 この展示で見逃してならないのは、彼がデザインしたドレスが、V&Aの6箇所の常設展示室でも見ることができること。その展示エリアの主題にあわせて創作されたデザインでないにもかかわらず、選ばれたドレスやメンズ・ジャケットのすべてがまるで美術館の展示物のひとつであるかのようにまったく自然に見えました。特に、「デヴォンシャァ・ハンティング・タペストリィ」ルームにたたずむ3着のコートは、あたかもタペストリィが作られたときに同時に作られたものであるといわれても信じてしまうほど。古臭いという意味ではなく、「永遠」、もしくは「普遍」という印象です。美術館全体に散らばっているので、すべてを見て回るには時間がかかりますが、この3着のコートと、2009年に亡くなったピナ・バウシュにデザインしたドレスは、絶対に見逃されないように。

 今回の大災害発生と展覧会の初日がほぼ重なったこともあって、僕自身、日本人の創造性を考えながら観ていました。被災された方々、家族や友人が被災された皆さんにとって、今はまだ混乱と耐えがたいほどの痛みにさいなまれている段階です。でも、山本耀司が生み出し続ける「美しいもの」を見ていると、日本人そして日本のコミュニティが「立ち直る力(Resilience)」を発揮することを確信します。

東北地震:Our community can unite

2011.03.11
今回の巨大地震、またそれに続く強い余震に遭われて命を落とされてしまった皆さんのご冥福を心より祈ります。そして、この災害で大切な人を失ってしまった方、怪我を負われてしまった方の速やかな回復を信じています。

 僕は、今回のような大きな災害直後に、災害に遭われた方へのカウンセリングをした経験はありません。今回、多くの人が初期の段階でカウンセリングのようなトーキング・セラピィを必要とするのではないかと推測します。もちろん、専門家の方が多く派遣されると信じていますが、かりにカウンセリングの経験がないままで被災者の方の心の葛藤を聞く側に立つであろう人もいるかもしれません。

 おそらく日本でも、カウンセリングの基本として、「カウンセラーはnon judgemental」であるべきといわれているかと考えます。
 以下は、あくまで僕個人の意見ですが、ノン・ジャッジメンタルなんてことほぼ不可能です。話を聞く側に立つ人それぞれが違った価値基準を持っているにもかかわらず、ノン・ジャッジメンタルでいることは言うほど簡単なことではないと思います。例えば、被災された人の経験を聞いて、「でも、ほかの人の経験はそうではなかったよ」、というのはすでにジャッジメンタルではないでしょうか。
 被災にあった経験を、目の前で話している人の経験は、その人だけの経験。ほかの人の経験とは同じではないです。違って当然です。でも、その人だけの経験を「ほかの人はそうは言っていなかったよ」というのはある意味、拒絶です。災害直後のカウンセリングに精神分析や議論は無用でしょう。望まれるのは、「自分の体験を聞いてくれる人が、今、目の前にいる」、ということ。
 想像を絶する自然災害を経験し、さらに大切な家族や友人、また大切なものを失った人にとって、「ほかの人の経験はこうだったよ」といわれては、話を聞いてもらう意味はないでしょう。話を聞く側に立つ人は、ご自身の価値基準をどのようにコントロールするか、できるかということを常に意識しておくことが大切ではないかと考えます。

 被災された皆さんへ。明日のことなんて考えられないほどお疲れだと想像します。皆さんが体験されたことは、誰も皆さんが体感した痛みとして感じられないことでしょう。でも、だからといって、皆さんが一人きりでいるということではないはずです。どうか、孤立しないでください。助けが必要なときに助けを求めることは自然なことです。「無縁社会」なんて言葉、忘れましょう。
 ロンドンという、日本から遠くはなれたところからこんなことを書き連ねても役に立たないかもしれません。でも、今日という日、僕は多くのイギリス人の友人たちから電話やメイルをもらいました。すべてが、日本は平気なのか、被災した人々はすぐにサポートを受けることができるのかというものばかりです。いつもは捕鯨のことで議論をふっかけて来るオーストラリア人の友人がすぐさまメイルを送ってきました。

Dear Koji,

My thoughts are with you on this day for you and your country. I hope you and yours are all well.

R


 僕も僕の友人たちも、直接何かをできる状況にはありませんが、皆さんは一人きりではないです。必要なサポートをすぐに受けることは困難な状況かもしれないですが、必ずどこかに皆さんをサポートできる人びとや団体があると信じています。

 日本政府に、そして日本の政治家に望むこと。

 多くの国が申し出ている援助を、「検疫の問題云々」等の言い訳で断るな。援助が必要なのは政治家ではなくて、被災された人びと。被災者のことを忘れて政治ゲイムにうつつを抜かすな!

東北地震:こんなことしかできないですが

2011.03.11
日本時間、3月11日午後に、東北沖を震源地とした大地震。何もできないけど、何かできることはないかということで、このブログを掲示板替わりに、というか希望や心配をどこかに残したいという道具として使ってください。どれほど役に立つかはまったく判らないけど、ネットのほうがつながりやすいようなので。

http://weather.asahi.com/quake/

http://www.47news.jp/47topics/e/199911.php

 書き込みはすぐに反映されるようにしておきます。言うは易しということは十分に承知していますが、被害にあわれた皆さん、困難な状況に陥っている皆さん、ご自分の判断と冷静な行動を信じましょう。

ロイヤル・バレエ:Alice’s Adventures in Wonderland

2011.03.04
alice1_1834978b.jpg
(写真はどちらもテレグラフから拝借)

3月2日に、ロイヤル・バレエの新作バレエ「Alice’s Adventures in Wonderland」を観てきました。この作品は、ロイヤル・バレエが製作を委嘱した新作の全幕バレエとしては20年ぶり。ただ、バレエの本質であるはずの振り付け、特に第一幕の振り付けに全くがっかりしてしまったので、ろくな感想ではないです。

 周辺情報から。まだチケットがかなり残っていた昨年末の段階で、この時期の予定がかなり厳しいものになりそうなことがわかっていたので購入を躊躇っているうちに、2011年になるや否や全公演完売。急に入った予定もこなすことができたので、やはり観たい、でも観られるなら3月2日だけ。リターンを毎日狙っていたのですが、2日だけがまったく出なくてあきらめていました。が、これが最後と思って、当日の午後4時40分、カーテンが上がるまで3時間をきっていたときに、1枚ぽつんと出たので、即購入。観ることができました。ロンドン交通局の意地悪をかいくぐりなんとかオペラ・ハウスに到着し、縁を感じたのですが。

Credits
Music:Joby Talbot
Choreography:Christopher Wheeldon
Designs:Bob Crowley
ScenarioNicholas Wright
Lighting design:Natasha Katz
Projection design:John Driscoll、Gemma Carrington
Assistant to the Choreographer:Jacquelin Barrett
Ballet Master:Christopher Saunders
Dance Notator:Anna Treviet

Performers
Conductor:Barry Wordsworth
Alice:Lauren Cuthbertson
Jack/The Knave of Hearts:Sergei Polunin
Lewis Carroll/The White Rabbit:Edward Watson
Mother/The Queen of Hearts:Zenaida Yanowsky
The Duchess:Simon Russell Beale


 題材となったルイス・キャロルの「アリス」の物語を忠実になぞっているのであらすじは割愛します。ただ、最初がアリスの両親主催によるガーデン・パーティの場面。最後は、現代の若い男女のカップルがそのパーティがあった庭で「アリス」の物語を読んでいる場面で終わります。

 新作バレエとならば、その振り付けに最も期待するのは当然だと思います。もちろん、わくわくしながらカーテンが上がるのを待っていました。そして、第1幕には、大変がっかりしました。
 がっかりした最大の理由は、踊りが少ない。振り付けをしたウィールドンが「ナラティヴ」の意味を間違って理解しているのかと感じるくらい、踊りではなくてマイム、舞台セット、特殊効果を使うことで物語を進めていこうとしているような印象を抑えつけることができませんでした。
 僕が思う「ナラティヴ・バレエ」は、物語を忠実に舞台で再現することではなくて、バレエなら踊りによって同じでありながら、まったく違った物語が生み出されるものではないか。アリスの体が大きくなったり、元に戻る場面はもっとステップで示して欲しかった。おそらく予想もつかない踊り、ステップになるだろうけどロイヤル・バレエのプリンシパルならそれくらいできたはず。

alice-620_1837400c.jpg
(アリス役のカスバートソン)

 次。ダンスやステップがどこかで観たことあるような感じが何度もありました。例えば、第1幕のはじめ、ガーデン・パーティの場面。クリストファー・ソウンダーズセナイダ・ヤナウスキィがアリスの両親として、19世紀のアッパー・クラスの衣装を着て踊る場面。まるで、アシュトンの「エニグマ・ヴァリエイション」を観ているような錯覚が。どこだったか思い出せませんが、マクミランの「マノン」の第1幕、寝室のパ・ド・ドゥと酷似したムーヴメントなど。
 もうひとつ感じたのは、「アリス」自体が有名すぎて、アリスのモティーフがすでに多くの演劇、映画、絵画等で使われているであろうために、既視感を感じてしまう場面もいくつかありました。例えばハートの女王の庭の場面。僕には、プレルジョカージュの「ル・パルク」の二番煎じに思えてなりませんでした。
 さらに。特定のダンサーの特殊技能に頼りすぎ。特に、マッドハッタァを踊ったスティブン・マックレィ。彼がローザンヌでタップダンスを披露したのは有名ですし、その技量は本当に素晴らしいものです。今回も、タップダンスをしながらバレエ・ダンサーとしての技量もふんだんに見せ付ける彼の才能には圧倒されました。でも、「マックレィが居なかったらこの役、誰が踊れるのか?」。振り付けを変えればすむことではないはず。
 これは、十分に楽しめた、第2幕のハートの女王による「ローズ・アダージョ」の変形の場面にも通じると思います。ヤナウスキィという稀有なダンサーの筆舌に尽くしがたい才能と技術を堪能できました。でも、仮にヤナウスキィのコメディエンヌとしての天賦の才能ありきで創作したのだとしたら。
 ただ、プロダクションとしては、とてもよくできていたと思います。衣装の斬新さ、特にコールの女性たちのチュチュの素材には驚きました。個人的に自分でも着てみたいと思ったのは、ハリネズミ役の子供たちにあつらえられたきぐるみ。子供たちの演技がとてもかわいらしかったこともありますが、地下鉄やバスの中では迷惑になることは確実とはいえ、あの針が突き出ているもこもこしたきぐるみを着てロンドンの街中を歩いても、違和感なんてないのではないかと思いました。

 ここから誉めるのはダンサーの皆さん。まず、アリスの父親と、キングを演じたソウンダーズ。彼が演じる内股で鬱気味のキング、最高でした。カーテン・コールのときも役のままで居る彼に、ロイヤル・バレエの伝統を強く感じました。
 アリスを踊ったローレン・カスバートソン。以前と比べて踊りの洗練度が増したことにより、演技にも深みが加わっていました。ほぼ出ずっぱりで体力的にとてもきついであろう役をはつらつと演じ、踊っていた姿に、彼女自身がこの新作バレエを心から楽しんでいることが感じられて気持ちよかったです。
 僕にとってのこの夜の主役は、セナイダ・ヤナウスキィ。ほかの人の首を切り落とすことにためらいのかけらも見せないハートの女王を、コミカルに、グロテスクに、鋭利に表現し、そして哀れさを一つまみ込めた演技とダンスは、「このダンサーと同じ時代に居ることができてよかった」と思わずにはいられないほどの素晴らしさ。変形「ローズ・アダージョ」の場面では、脇を固めるダンサーたちも素晴らしく、ロイヤル・バレエの実力を改めて認識しました。この場面だけを切り取るというのは無理があるのかもしれないですが、ジェローム・ロビンスの「コンサート」を初めて観たときと同じくらい、大笑いしました。
 ソウンダーズ同様、カーテン・コールで出てきたときも女王として「首を切りなさい」という仕草を自然にできるヤナウスキィ。小さなお子さんが居て舞台と家庭を両立していくのは大変ではないかと想像しますが、可能な限り、踊り続けて欲しいです。できればヤナウスキィで観てみたい作品があります。マッツ・エクの「ジゼル」。これをロイヤル・バレエがレパートリィにするとは思っていませんが、叶うなら。

 批評はおおむね好評です。同じ新聞でも、日刊と日曜ではちょっと違うということでテレグラフから。

Alice's Adventures in Wonderland, Royal Opera House: review
http://www.telegraph.co.uk/culture/culturereviews/8353808/Alices-Adventures-in-Wonderland-Royal-Opera-House-review.html

Alice’s Adventures in Wonderland, at Covent Garden, Seven magazine review
http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/dance/8361826/Alices-Adventures-in-Wonderland-at-Covent-Garden-Seven-magazine-review.html

 僕が観たファースト・キャストでDVDを作成するようです。踊りのほかにひとつ挙げるとすれば、チェシャ猫の表現の仕方は秀逸でした。強く印象に残っています。

 今後もレパートリィに残っていく作品でしょうし、何より、このようなまったく新しい舞台を作り上げたということは、カンパニィに活気をもたらしことでしょう。再演するときに、もう少しバレエの場面を増やして欲しいというのが僕の希望です。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.