LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2011年09月の記事一覧

One's Priority is shifting

2011.09.29
8月下旬、日本で暮らす友人とメイルを交わしたとき、こんな返事が届いた。


あまりにも多くの人が、常に生産的で、
いつも成功する、何かを達成することにとらわれすぎている…。

それが今の日本の病なんじゃなかろうか…と思うのですが、
海外から見ていかが思われますか?



 じわじわと自分の中にしみこんでくる感じだった。僕自身の思考が、ネガティヴな方向に流れていくのを感じた。自分もその一人ではないかと。

 友人が感じたことは、イギリス、少なくともロンドンでも同様な気がする。だからこそ、経済が破綻寸前でも、多くの人は消費することをとめることができない。

 先週、朝日新聞のあるコラムで、コミック・エッセイが紹介されていた。

「不妊治療、やめました」
http://www.asahi.com/showbiz/column/manga_henai/TKY201109220395.html

 コラムからでは細部までわからないけど、10年に及ぶ、言い表すことのできない苦痛を伴う治療をあきらめることの難しさは、僕自身の想いとは全く違うことだけど、簡単なことではない。記者の最後の一文が、再びぐさりと。

あきらめることを選択した二人には、おだやかな生活が待っていた。

 いずれ、イギリスでの生活を終える決断をして、日本に戻ることになったとき。僕は、イギリスでの生活をあきらめられるだろうか?何一つ達成できなかったと、寂しく思うだけだろうか?それとも、新しい何かが始まると、わくわくして日本に戻るのだろうか?

 今、取り組んでいることに他者の視点が必要と感じ、友人に助言を求めた。しばらく音信不通だった友人と話したあと、こう言った。

Why did you stop your career? I feel you could be a millionear.

I have shifted my priority from A to B.



 僕自身、「あきらめる」ということへのネガティヴな思いは強い。でも、あきらめることは、朝日新聞のコラムから感じたことだが、新しいこと、予想していなかったことへの扉をあけることでもある。

 増殖することが前提の世界経済がその無理な増殖を止めたとき、世界、そして僕は新しいことへ踏み出せるのか。


スポンサーサイト

アンジェラ、世界は君の前にひれ伏す

2011.09.25
または、「この世界にディーヴァは、私だけ!」。

 2011年シーズンそうそう、評判がいいロイヤル・オペラ。先週から始まったグノーの「ファウスト」の評価もかなり高い。

http://dognorah.exblog.jp/16864821/

http://miklos.asablo.jp/blog/2011/09/18/6108002

http://blog.goo.ne.jp/bigupset39/e/298402ad9353c17d8c09a8cc606442e3

 観にいかれた皆さんだけでなく、多くの観客の関心は「ゲオルギューがキャンセルするかしないか」ということといっても過言ではない。2003年に、こんなことを書いた。

オペラ歌手たるものは
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-189.html

 今日、9月25日のサンディ・テレグラフ紙にゲオルギューのインタヴューが掲載されていた。話題の一つは、ゲオルギューとロベルト・アラーにゃがよりを戻した(何度目?)だけど、インタヴュー記事から浮かんでくるゲオルギューの姿は、「オペラ界に君臨するソプラノ歌手って、空前絶後のわがままを貫くんだろうな」という人々の期待に充分応えるだけでなく、財布に入りきらないお釣りをもらってしまったと感じるほど。

Opera singer Angela Gheorghiu says of her marital difficulties with Roberto Alagna: 'It was stupid of us to be apart'
http://www.telegraph.co.uk/culture/music/opera/8786844/Opera-singer-Angela-Gheorghiu-says-of-her-marital-difficulties-with-Roberto-Alagna-It-was-stupid-of-us-to-be-apart.html

Angela Gheorghiu is 25 hours late, which is pretty good for the world’s most famous diva. The glamorous soprano is lauded for her silky tones but notorious for cancelling gigs, disappointing audiences, and causing musical directors from La Scala to the Met to tear out their hair over her caprices.

 まだ、たまにインタヴューの仕事をしているし、この夏は、インタヴューしてみたいなと願っていたアーティストにインタヴューできた。それだけでなく、それらのインタヴューが時間通りに始まったことを考えると、絶対に起こり得ないだろうけど、万が一にもゲオルジューにインタヴューできる機会が巡ってきても、僕だったら時間通りに行かないということに耐えられない。

“We are in a very happy place right now,” says the prima donna, a broad smile on her full lips, when, after one cancellation and an hour’s delay, the following day we finally meet in her dressing room at Covent Garden’s Royal Opera House. “We really decided it was stupid to be apart.”

So stupid, in fact, that, having announced they would never sing together again, next year the couple will make their first post-split appearance, in La Bohème at Covent Garden – the very opera that brought them together exactly 20 years before.


 これが本当なら、2012/13のロイヤル・オペラで、プッチーニの「ラ・ボエーム」が上演されるだけでなく、それにゲオルギューとアラーニャが主役で出演すると。これが実現すると、来シーズンのしょっぱなの「リング・サイクル」よりはるかに激烈なチケット争奪戦になることは確実。

We meet just after the dress rehearsal and Gheorghiu is “very tired. We had a little accident on stage during the rehearsal,” she adds enigmatically in her silky voice. What? I ask, but she waves me away with a manicured hand. “Is past, it no longer matters.”

 公開リハーサルでカーテンコールがなかった理由は、闇の中。

But, in comparison with others, the House has been relatively untouched by Gheorghiu scandals. Is it her favourite theatre? “Yes!” she whoops. “In the beginning I was more diplomatic not to make the others jealous. But now I can’t lie. It’s not just my career, it’s a personal thing. I fell in love with Roberto here and they have made so many roles for me. Just last week it is my birthday and all the company is there, Vittorio [Grigolo, her Faust] sings Happy Birthday to me and I say 'Ah! Here we are, all having fun!’”

 トラブル・メイカーと縁を切れないロイヤルのほうが、切ってしまったほかのオペラ・ハウスを羨ましく思うのではないだろうか。Anyway, Happy Birthday, Angela!!!

Meanwhile, she was testing the patience of both audiences and directors. Dates were cancelled all over the place. The couple were booted off a Franco Zeffirelli production of La Traviata after they complained about the sets, and Jonathan Miller nicknamed them “Bonnie and Clyde” after artistic differences in Paris. Sweetly, Gheorghiu exacts her revenge. “These English directors who speak no French or Italian! Imagine, I knew one who turned up at rehearsals with the booklet from my CD. Think if a Romanian director tried to put on Shakespeare with no English. Hah! It is impossible!

 言っていることは間違っていないけど。アメリカでのENOのプロダクションを降板したのは、ジョナサン・ミラーへの仕返し、ですか?

She exhales like a magnificent Persian horse. “We all agree opera is going in a modern way, but not to make fun of a genius. Opera is a fantasy by itself. I won’t give a name – but it’s not Mr X’s fantasy. For example, somebody in Vienna asked me to sing Roméo et Juliette in blue jeans, which is OK, but then to dance like I am in a discotheque. I mean, come on! Other singers do it, but they have no courage to say no. But an opera singer must think all the time that the voice and the score are the most important thing.”

 オペラはファンタジィ、という点は激しく同意する。

Can Gheorghiu really be persuaded to lead a quieter life? Her dark eyes sparkle. “I will fly to see him. To me a plane is a taxi. OK, so now I’m hungry.”
And suddenly, I’m in the corridor, left, like everyone this whirlwind encounters, dazed but elated.


 そうか、21世紀のプリマ・ドンナにとって「飛行機はタクシィ」なのか。「お腹が空いたわ」でインタヴューを終わらせられるって、凄いとしか言いようがない。

 容貌が衰えた頃に「薔薇の騎士」の元帥夫人を演じられるのではないかと思ったこともあるけど、このインタヴューを読んだ今、それはありえないと確信した。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-304.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-47.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-49.html

Songs    Comment(4)   ↑Top

ラファエル前派の画家は何人いるのか:Ford Madox Brown展

2011.09.24
Pretty-Baa-Lambs-Brown-L.jpg

昨日のガーディアンに大きく取り上げられていたのが上記の絵、「The Pretty Baa Lambs」。僕の目がまずひきつけられたのは、羊の立派な尻尾。

Ford Madox Brown: Pre-Raphaelite radical who shocked the Victorians
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2011/sep/23/ford-madox-brown-exhibition-manchester

 ラファエル前派の絵を観るようになったのは、接する機会が多いに過ぎないけどロンドンに来てから。といっても、興味をかきたてられる絵は少ないし、どの画家がその流れに入るのかということは全く知らない。なので、初めて名前を知ったFord Madox Brownが、ラファエル前派の画家という紹介に虚を突かれた感じ。

 今日、9月24日からマンチェスターで始まるブラウンの展覧会の紹介記事の中で、とても興味を惹かれたのは以下の文。

The work is The Pretty Baa Lambs (left), which shows a woman and baby in a field of gambolling lambs, and to modern eyes it seems remarkable that it shocked. It seems pretty almost, but Treuherz said: "It is very stark, there's no grace about it. If you think of Victorian ideals of beauty you think of a regular face, very pale and here she's got flushed cheeks and she's looking down."

 2011年の現在ですら、何かにつけて語られる、そしてその影響を残しているヴィクトリア時代。その時代に、頬を桃色に染めた女性が顔を下に向けている姿が社会に衝撃を与えた、ということが僕には衝撃。ヴィクトリア時代のことを説明する文献を読んだことはないけど、ヴィクトリア時代ってどのような時代だったのだろうと、俄然、興味が湧いてきた。

 展覧会は、9月24日から2012年1月29日まで。

http://www.manchestergalleries.org/

 大好きなマグリット展をリヴァプールに観にいくことすら億劫と感じてしまうのだから、行かないだろうな。2012年に向けて、イギリス各地の美術館が次々に面白い展覧会を企画しているように感じる。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-760.html

ドイツ人が愛するイギリス料理

2011.09.22
east-london-british-cafe--007.jpg
Pedestrians walk past East London, a restaurant serving traditional English cuisine in Berlin, Germany. Photograph: Timothy Fadek
(ガーディアンから拝借)

僕自身も似たようなことを書いたことがあるから、本当かな、でもありえなくないよなと思いながら読んだのは、ベルリンでイギリスの食事を提供するレストランがはやっているらしいという記事。

Germany wakes up to the fry-up as British cuisine takes off in Berlin
http://www.guardian.co.uk/world/2011/sep/20/germany-british-food-popularity

 あちらこちらにイギリスらしい自己否定気味の表現(書いた記者はドイツ人だとは思うけど)があって面白い。

"My friends think I am a total freak," said Christina Franz, as she washed down her full English with a mug of milky tea on Tuesday. "They cannot understand why I like British food so much – Sunday roasts, scones and clotted cream, cooked breakfasts of course." Even white sliced bread, she added cheerfully, to the visible disgust of her boyfriend, Kai.
 Cooked breakfastという点が面白い。数少ない経験によるけど、大陸の朝食で朝からベイコンやソーセイジが出るなんてあまりなかったような。コールドミートやチーズ、ペイストリィはどっさり出てくるけど。

Franz has become a Stammkundin – a regular – and is one of a growing band of Germans who see British cuisine not as a bad joke but a treat.

Nadine Sauerzapfe, the 31-year-old German owner, said she chose the name because "East London is the most hip part of London". While many fashion-following Shoreditch and Dalston hipsters consider Berlin to be their spiritual home, it seems the pull works the other way around too.
(イギリスの新聞の文化面を読んでいると、現在、ヨーロッパの文化の最先端、中心はベルリンと報道されることが多い)

 もちろん、多くの人がドイツとイギリスの間をビジネスや旅行で移動することも理由の一つだと思うけど、記事の後半に、イギリスのセレブ・シェフの影響が大きいことに触れられている。

Deborah Gottlieb, an editor at Der Feinschmecker, Germany's top food magazine, said British chefs were to thank for the improving reputation of British cuisine. "Jamie Oliver – and not only him – has helped increase the popularity of British cooking," she said. "For German gourmets, London has long been a favourite destination because of the large selection of top-class food from around the world." Fergus Henderson's "Nose to Tail" philosophy of eating has also been adopted by many top German restaurants, she added.

 ファーガス・ヘンダーソンは、シティ地区でレストランを展開している。見た目、のび太がそのまま大人になったような風貌。



Katie says she sees herself "a little bit" as an ambassador for the much-maligned British cooking. "Every time we are interviewed by a German journalist they always say that British food has a terrible reputation, but that's usually because they once went on a school exchange and were served beans on toast every night," she said. "Jim always says, well, no one exactly says 'I'm going out for a German tonight', either."

 所詮、英独料理は、仏伊の料理が属するリーグではないということは自覚しているよう。最後の最後まで笑わせてくれたのが、ジェイミィ・オリヴァーの評価。

"Delia we are influenced by," said Sauerzapfe. "Gordon Ramsay too. But not Oliver. His dishes are too Mediterranean for us."
 ジェイミィの料理は、地中海風すぎる。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1384.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1418.html
 
 イギリスの食って、じわじわ効いてくるものなのかな。日本からの撤退を決めたテスコも、イギリス食品を扱う専門スーパーに特化していれば、規模は小さくなるだろうけど成功したのではないだろうか。

REM 解散

2011.09.21

(ガーディアンから拝借)

ロック・グループにも、オペラ歌手にもいつかキャリアの終わりは来るのだろうけど、REMの活動停止は、とてもエモーショナル。

REM announce they are splitting up
http://www.guardian.co.uk/music/2011/sep/21/rem-announce-splitting-up

REM: end of an era
http://www.guardian.co.uk/music/2011/sep/21/rem-rock-band-split?intcmp=239

Rock legends REM announce split
http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-15012427

 おそらくしないと信じているけど、数年後に再結成、懐古趣味的ワールド・ツアーはしないで欲しい。

Songs    Comment(0)   ↑Top

変わっていく人の絆、家族の絆

2011.09.21
唐突という感じでガーディアンの価格が上がり、長引く不況を深く感じる毎日です。

 本題に行く前に、そのガーディアンが先週、ホモセクシャル(ゲイ、レズビアン、トランスジェンダー、バイセクシャル)のラベルを貼られている人たちの人権についての話題を大きく取り上げました。日本語の「異性愛」、「同性愛」という表現は僕にとっては心地の悪いものなので「ヘテロセクシャル」と「ホモセクシャル」とします。

 なぜガーディアンが取り上げたかというと、おそらく一義的には彼らの政治的スタンスだと思います。第二に、イランで起きたゲイの人たちの死刑が人道的見地から見て、あまりにも非人道的な「殺人」だということがあるのではないかと推測します。

Gay rights: a world of inequality
http://www.guardian.co.uk/world/2011/sep/13/gay-rights-world-of-inequality

Persecuted for being gay
http://www.guardian.co.uk/world/2011/sep/13/persecuted-for-being-gay?intcmp=239

Africa and Middle East in spotlight as group launched to tackle homophobia
http://www.guardian.co.uk/world/2011/sep/12/kaleidoscope-tackles-homophobic-violence

 一つ補足というか説明を。記事の中で取り上げられている、ウガンダで虐殺されたゲイ人権活動家のKatoさんは、日本人ではありません。普段は、政治的なことについてはヴォランティアに知らせることのないテレンス・ヒギンス・トラストですが、KatoさんがHIV啓蒙活動にも取り組んでいたようなので知らせてきました。僕はメイルの中に「Kato」という名前を見つけて、一瞬、「えっ?日本人がウガンダで殺されたのか?」、とパニックになりました。

 僕は取り立てて人権問題に詳しいわけではないですし、反対に、世界中の多くの地域で起きている人権にかかわる終わりが来るとはもはや信じられない悲劇を新聞で知るたびに、足を踏み込んではいけないと及び腰になります。ただ、テレンス・ヒギンス・トラストでのヴォランティア活動を通して、「目に見えないセクシシャリティで人はこれほどまでに迫害されるのか」ということを見聞してきました。日本ではこんなこと絶対に報道されないだろうと思ったので。ちなみに、人権にかかわる課題の多くはとてもセンシティヴであることは認識しています。たとえあっさり書くにしても自分の思い込みでかくことはよくないと思い、東京在住で人権問題に詳しい友人に入門編のような解説をしてもらいました。改めて、確固とした知識と経験がないうちは、足を踏み入れてはならないと感じました。

 ここからが本題。上記のリンク記事の中でも取り上げられているStonewallは、ホモセクシャルの人権向上を掲げる団体の中でもっともパワフルなチャリティです。そのストーンウォールが行った、ホモセクシャルの人たちの生活環境についての調査結果です。

Gay people 'at risk of a lonelier old age'
http://www.guardian.co.uk/society/2011/sep/11/gay-people-risk-old-age

Gay men and women in Britain are far more likely to end up living alone and have less contact with family in later life than heterosexual people, according to a groundbreaking report that raises significant questions for how society responds to their needs.

The report, the first of its kind, has implications for GPs, health and social services at a time when Britain's population is ageing. It is estimated that there are a million lesbian, gay and bisexual people in Britain over the age of 55.

A YouGov survey, commissioned by the campaign group Stonewall, found that older gay and bisexual men are three times more likely to be single than heterosexual men.

Just over a quarter of gay and bisexual men and half of lesbian and bisexual women have children compared with almost nine in every 10 heterosexual men and women. They were also less likely to see biological family members regularly. Less than a quarter of LGB people see their biological family members at least once a week, compared with more than half of heterosexual people according to the survey of 1,050 heterosexual and 1,036 LGB people over the age of 55.


 LGB(Tが抜けている理由は不明)、つまりセクシャル・マイノリティとみなされる人たちは、男女とも、孤独な老後になる傾向にある。ヘテロセクシャルの人たちが家族やコミュニティとの絆を維持する一方で、LGBの人たちはそのような絆を維持するのが難しい、というのが大意です。

 僕の第一印象は、「さすがストーンウォール。アフリカ諸国やイスラム諸国と比べたら、イギリスはLGBをすでに普通に受け入れているじゃないか。これ以上、何を望むんだ」、と。
 他方、イギリスだけでなく北米、南米ではLGBを標的にした「Hate Crime」が急増しているとの報道が増えている昨今。僕が知らないだけで、LGBの人たちは社会から孤立しているのだろうか、と。

 で、前述の友人曰く、「宗教の存在は大きいのではないかな。日本では、宗教的な感情からLGBの人たちを憎悪するということは少ない」。イギリスで、最後まで同性間の性行為を犯罪としていた北アイルランドがそれを撤廃したのが1983年(84年?)。まだわずかに30余年。使い方は通常とは逆ですが、「コップの中の水はやっと半分になったのか、それともすでに半分まで満たされたのか」。

 この調査記事は、オブザーヴァの社会面に掲載されていました。同じ日のオブザーヴァの「資産特集面」に掲載されていたのが以下の統計記事。

Parents pay £34bn to support adult children
http://www.guardian.co.uk/money/2011/sep/10/parent-pay-support-adult-children

Although few parents have the wealth of Tony and Cherie Blair, who helped their son Euan buy a £1.3m home in 2010 and are reported to have bought similarly expensive homes for siblings Kathryn and Nicky, the research suggests that last year parents lent their grown-up offspring a collective £8.4bn for mortgage or rental deposits and payments, £3.5bn for home improvements and £2.2bn to pay off debts. Some 3.5 million parents have also helped pay their grandchildren's schooling or other expenses. More than £1.6bn has been lent or given for tuition fees and student living expenses in the past year.

The most cash (£11.4bn) was gifted or loaned to adult children between the ages of 35 and 39, although more than a million parents gave financial handouts to their children over the age of 45; an average of £2,437 each in loans and gifts. Parents have given a further 1.7 million adult-dependants in their early forties an average £1,882 each in the past 12 months.


 ここでもまた、長引く不況によりイギリス国内で、十分大人になっている子供たちの不動産ローンや借金の返済を支える親の世代が増えているというもの。老親がアダルト・オフスプリングを支えるために払った総計は、340億ポンド。
 言うは易しですが、親の世代と子供の世代の資産のギャップがどうしてここまで大きくなってしまったのか?家族が支えあうという意味では、親が子供を援助することは何一つ間違っていません。一つの世代が社会での役目を終えて次の世代が受け継ぎ、それにより社会が変わっていくというのが、おそらく、20世紀までに多くの人が信じ、実現させてきたことではないかと思います。確かに社会は変わってきています。でもその変化は、親の世代が希望したこと、子供の世代が思い描き、実現できると信じていた夢とはまるで正反対なものになりつつある。そしてその流れを戻すのは、とても難しいのではないかと考えます。

 ホモセクシャルの人たちは30年前と比べればずっと社会に溶け込んでいるように見える一方でコミュニティや家族から孤立を深める。他方、絆は保たれながらも「家族」を支えあう構図の中で世代間の役割が逆転してきている。多くの人が、各々の幸福を広く浅くほかの人たちと共有できる社会は、夢に過ぎないのかもしれません。

カドガン・ホールがヴォランティアを募集中

2011.09.20
カドガン・ホールから届いた9月から12月のプログラムを遅まきながら読んでいたら、プログラムの中ほどに「Volunteers required!」と言うお知らせがあった。

http://www.cadoganhall.com/recruitment.html
(このペイジの下のほうにあります)

Front of House Volunteers

Cadogan Hall is looking for volunteers to support the front of house department.

If you are enthusiastic about music and our venue, why not be a part of it?

We welcome interest from people of all ages and from every part of the community: if you love music, enjoy meeting people and can spare a few hours each week, we would love to hear from you.

To find out more about our new volunteer scheme please contact Walter Morrison on 020 7824 7602 or email us by clicking here

We look forward to hearing from you.


 競争、とても激しいのではないかと思う。でも、イギリスで暮らしていく中で得がたい経験をつんでみたいと思っている人は申し込んでみる価値はあるだろう。
 8月下旬に帰国してしまったけど、東京で働いていたときの元同僚が1年超、ロンドンで暮らしていた。ロンドンでの住まいが決まるとすぐに、イギリスを代表するある国際人道支援団体のチャリティ・ショップでヴォランティアとして採用された。友人曰く、さまざまな社会階層、国籍の人たちと一緒に働くのはとても楽しかったそうだ。話を聞いている僕も、チャリティ・ショップといってもドラマに事欠かない職場だなと感心したほど。

 この秋は、往年の名ソプラノ、キリ・テ・カナワのソロ・リサイタルがある一方で、元ブルース・ブレイカーズのジョン・メイオールのコンサートがあるなど、いつも以上にヴァラエティに富んでいるカドガン・ホール。個人的には、グノーの「ミレイユ」というオペラとベルリオーズの「ベアトリスとベネディクト」を聞いてみたいかな。

世界の話題:9月20日

2011.09.20
*著作権は、日本経済新聞社に帰属します。

日経夕刊20110920


原発を知る機会すらない日本

2011.09.20
ロッキング・オンのサイトを眺めていたら、社長の渋谷陽一さんがブログで原発反対のデモ行進についてメディアの温度差について書いている。

反原発デモは何故報道されないのか
http://ro69.jp/blog/shibuya/57863

 友人から知らせてもらった情報では、全国新聞紙や通信各社が報道しているとのこと。渋谷さんの本意がどこにあるのか気になるところ。

 イギリスでは、ガーディアンだからかもしれないけど、紙面ではそれほど大きくないけどネットで写真入りで報道されている。

Fukushima-protest-007.jpg

Fukushima protesters urge Japan to abandon nuclear power
http://www.guardian.co.uk/world/2011/sep/19/fukushima-protesters-japan-nuclear-power

 「容疑者Xの献身」のイギリス発売を前に、タイムズ紙のインタヴューに答えた東野圭吾さんが原発について、「日本人は、原発が良いか悪いだけでなく、原発について何も知らされていない」という趣旨の発言をしていた。

 これだけ国を揺さぶり、人々を混乱させている原発の在り方について右や左を持ち込むことは愚かなことだと思う。でも、混乱しているのは日本だけではない。ガーディアンの読者のコメントを読んでいても、異なる意見を一顧だにしていない乱暴なものが目に付く。

 世界の電力事情についての面白いデータを掲載しているコラム。

意外な真実 電力源の構成比率
http://www.47news.jp/47topics/premium/e/219738.php

 正直、原子力発電が半分以上かと思っていたけど、火力発電がいまだに半分以上の電力をまかなっている事実には驚いた。

村上隆が欲しいものは何だろう?

2011.09.20
FatmanGold.jpg
(写真は、asahi.comから借用)

先日は朝日新聞だけを批判した形になってしまったので、今日は、このような面白い情報を記事として掲載してくれるのはありがたい、ということで。

村上隆に作品落札額の1% カタログ掲載の対価
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201109200116.html

作品に1億円超の高値がつくことでも知られる現代美術家の村上隆が、国内のオークション会社と、「転売時の落札価格の1%を受け取る」契約を結んだ。これまで芸術作品の作者は作品をいったん手放せば、高く転売されても利益を還元されることはなかった。そんな現実に風穴を開けようとする試みだ。

 契約相手は「エスト・ウェストオークションズ」(東京都品川区)。古書店が本を高く売っても、著者が金銭を受け取ることがないのと同様、オークション会社など転売業者に作者への法的支払い義務はない。

 そこで村上は、エスト社が出品作品を紹介するカタログに、作品の画像を掲載することへの対価として落札価格の1%を受け取ることにした。名目は掲載の許諾料だが、落札されなければ支払う必要がなく、落札価格に応じた金額になるため、実質的に売却利益が還元されることになる。

 契約では、村上を含め、彼の会社に所属する美術家の作品が落札された際、落札価格の1%を受け取る。受取額の上限は150万円。落札額が45万円未満の時は受取額はゼロとする。

 9日、競売に契約後初めて村上作品が出た。出品されたのは版画など9組(12点)。落札額が45万円以上だったのは1組(2点)で、240万円だった。

 契約のきっかけは、村上の会社に属する美術家4人が2008年、エスト社を相手に著作権を侵害されたと訴えた訴訟。今年3月に和解が成立し、今回の契約が結ばれた。

 フランスやドイツなどでは、著作権法に、美術作品が転売されるたびに売上額の一部を作者が受け取れる「追及権」の規定がある。(赤田康和)


 
 村上隆の作品って、高値とはいえまだ1億円を超える程度というのがかなり意外だ。作品の規模、形態によって何らかの差はあるとしても、1億が底値だと思っていた。

 それ以上に興味を惹かれた、というか長年の疑問に答えてくれたのが、オークションで取引される美術品の製作者には一銭も入ってこないということ。
 平均寿命が延びるということは、芸術家だって歳を重ねてなお、旺盛に作品を発表していくだろう。また、過去の作品の著作権料が安定収入としてあれば、創作活動をやめる事だってできるはず。
 今年亡くなったルシアン・フロイトが存命していた頃、彼の作品がオークションで取引され、「生存している芸術家の作品の最高値を更新」というニュースを何度か読んだことがある。そのたびに、「最高値がついてフロイトには何らかの還元があるのか?」といつも考えていた。

 彼の作品の好き嫌いはあるだろうけど、村上隆が日本の美術界、オークション市場を変革しているのは確かだと思う。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1420.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1258.html

Listen, Americans! イギリスは楽しい国

2011.09.18
p135965-Wales-Rhossili_Bay_Wales.jpg
(行ってみたいところの一つ。南ウェイルズにある、Rhossilli Bay Beach

今日のオブザーヴァ紙で、面白い記事を見つけた。

Reasons to be cheerful: 20 things that are Great about Britain
http://www.guardian.co.uk/society/2011/sep/18/20-reasons-to-be-cheerful

A bleak image of urban decay appeared on the cover of US magazine Newsweek this month. "Grimsville UK" read the headline. Most of the young people interviewed in London in the aftermath of the riots said they had no jobs and few opportunities to change their world. "The way I grew up is rage, innit?" said one teenager. "It's always gonna be like that. It's always gonna be negative."

The danger is that we will morph into a permanently miserable frame of mind. Failure can become a self-fulfilling prophecy. So, while trying to avoid nationalism, arrogance and jingoism, and acknowledging the seriousness of some of the challenges we face, here in no order of importance are 20 reasons why Britain in 2011 isn't such a bad place. Perhaps it might even prompt suggestions of your own. Together, we could lift the gloom a little.


 アメリカのニューズ・ウィーク誌がイギリスのことを「Grimsville」と称したことへの反論。ちなみに、いろいろ辞書で調べたけど、Grimsvilleの意味がわからなかったのど大家に訊いたところ、「つまらない街ってくらいの意味だよ」とのこと。

 挙げられている理由のいくつかは、紙面を大きく割いて書くほどのものかと思う。関係ないけど、「21」の売り上げで数々の記録を塗り替えているアデルは、髪の毛のエクテンションはやめたほうがいいと思うな。40代半ばに見えてしまう。

 目くじら立てるほどではないだろうけど、やっぱりアメリカ人に言われっぱなしでは、あれこれあるものの、元気に暮らしていけるイギリスの肩を持つのは当然。20もすぐには思い浮かばないけど、思いつくことを箇条書きで。

 7月にパリに行って、ルーヴルを見学して痛感したのは、イギリスの博物館・美術館の無料制度は世界に誇れる素晴らしいシステム。

 年々チケット料金が上がるのは困るけど、サドラーズ・ウェルズとロイヤル・オペラ・ハウスは世界屈指の文化を発信し続けている。

 フレンドリィという意味ではないけど、人々が互いに信頼し合える雰囲気は、特に地方にはまだあると思う。パリで見かけたフラン人の態度からは、他者を疑ってかかっているように感じたから。

 ラプサン・スーチョンを誰はばかることなく飲める。

 男が一人でバレエを観にいっても何も言われない。

 エリザベス女王。

 何度会っても、お互いが心地よい距離をきっちり守るところ。

 晴れたときの空の高さ。

 美しい自然。

 Bettys(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-959.html)。


 こんなことしか浮かばないけど、基本、10年以上住んで、まだ元気でいられるというのはイギリスという国が楽しいからだと思う。

 意趣返しなのかな、オブザーヴァの第2面の記事。

Worlds apart – the neighbourhoods that sum up a divided America
http://www.guardian.co.uk/world/2011/sep/18/bronx-manhattan-us-wealth-divide

イギリス政府の、住宅政策の無策ぶり

2011.09.18
2011年、日本は自然災害に翻弄され続けていますが、穏やかな秋を多くの人が迎えられると願います。それと、シルヴァー・ウィークだそうで。祝日、元に戻して欲しいです。それぞれの祝日から感じることのできた季節感が全くなくなってしまったように思います。

 またも、ガーディアン紙の記事から考えたことです。木曜日のG2セクションで、デボラ・オー(Deborah Orr)という人がコラムを執筆しています。通常、大きな話題一つと、ほかに小さなコラムが二つくらい、という感じで紙面は構成されています。先週、その小さなコラムの内容が頭から離れません。

Secluded beauty that's wasted on the rich
http://www.guardian.co.uk/culture/2011/sep/14/jura-island-garden

Maybe it's silly to be upset about a single public garden, in a time of austerity, and one that is visited by only 2,500 people each year. But the walled garden on the Scottish Island of Jura is a beautiful and magical place, made no less special because it's such a wonderful surprise to find it there. Or it used to be, anyway.

The garden was open to the public for many years. But when the Ardfin Estate, of which it is part, was bought by the Australian hedge-fund manager, Greg Coffey, the garden was closed "until further notice". It is apparently being "refurbished". But I was last there a couple of years ago, and no refurbishment was needed then, far from it.

Only about 210 people live on Jura, and the garden is part of the island's fragile tourist trade. Coffey has not visited the island since he bought the estate, in November 2010. Perhaps his investment in the island will eventually turn out to have been a great thing – he is worth £200m, so he can certainly afford to lavish love and attention on his 12,000 acres. But what rings in my head are the words F Scott Fitzgerald wrote about his wealthy, empty creations, Tom and Daisy: "… they smashed up things and creatures and then retreated back into their money or their vast carelessness."

How awful, to own such a beautiful place, and never visit it. How awful that no one else can visit and enjoy it now either.


 短いので全文を転載しました。大意は、インナー・ヘブルディーズ諸島の一つ、ジュラ島にある野趣あふれる庭が、2010年11月オーストラリア人のヘッジ・ファンド・マネイジャーに買い取られた。それを機に、それまで一般に公開されていた庭はその扉を閉めてしまった。個人資産が2億ポンドのそのオーストラリア人は、購入後、一度も庭も、そして島すら訪れていない。彼以外には、誰一人として庭を訪れてその美しさを楽しむことができないなんて、悲しすぎる。

 後半に引用されているスコット・フィッツジェラルドの文章は、おそらく「華麗なるギャッツビィ」からだと思います。これを読んで真っ先に思い出したのは、手前味噌ですがこれ。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1317.html

 ジュラ島には行ったことがあります。初めてのイギリス旅行の目的は、アバディーン近郊のお城ホテルに泊まること(兼高かおるさんのサインがありました、現在はすでに廃業)、ブレマーのハイランドゲイムでエリザベス女王を見る、そしてアイラ島に泊まるというものでした。あの当時、インターネットで情報を集めるなんてことは僕の日常にはまだ成っていなくて、情報収集は大変でした。で、ジュラ島のことが意識に入り込んできたのは出発の数日前。アイラ島訪問の参考にしていた新潮社発行のスコッチ蒸留所の本に「ジョージ・オーウェルが1984を執筆するためにこもった島」という情報があるのを見つけて、俄然、興味を惹かれました。
 アイラ島の思い出は、強風吹き荒れる島の幹線道路で自転車を必死にこいだことと、カリーラの蒸留所で日本から来たということで歓待されたことだけ。が、たった数時間しかいられなかったジュラ島の荒野の印象は、美化されているとは思いますが、今でも鮮明です。イギリスの、そしてスコットランドの天気があれほど酷いとはまだ知らなかった頃、強烈な風に揺れる草が生い茂る荒野の端に立ち尽くし、頭上に広がる青くない空を見つめる。
住民すら入ることができなくなくなってしまった庭園の持ち主、イギリス人でもスコットランド人でもない持ち主はあの荒野に立ったことがあるのか?

 手前味噌のコラムでも書いたことですが、イギリス国内の著名な家屋、資産を増やすためにはうってつけの住宅のほとんどは外国人に買われてしまって、イギリス人が所有することはほぼ不可能なのではと感じます。

 掲載の順序は前後しますが、デボラさんの9月1日のメインのコラムです。

The notion of Britain as a property-owning democracy is in tatters
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/aug/31/tory-housing-idea-in-tatters

 サッチャー政権以来、イギリス政府は持ち家を奨励してきた。が、長引く不況の中、持ち家率は著しく低下し、持ち家を失ったことはホームレスが急増している要因の一つである、というのが僕のフィルターを通した大意です。

 コラムに書かれているのは、家、というか不動産を持つことが安定の象徴ということで、無理なローンで購入した家の持ち主であろう多くのイギリス人は、その無理なローン販売がたたって経営が破綻した銀行を救済するために税金を使われ、加えて家を維持するためにローンも払い続けなければならず、生活はますます苦しくなるばかり。
 他方、キャッシュ・リッチな外国人は、住むためではなく、資産を増やすためにイギリス国内の不動産を買いしめる。ロンドン五輪の選手村のフラットをカタールの企業が購入した(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1432.html)という事実は、社会を支える一般労働者、つまり教員、看護婦、警察官等は自分たちが住むための住居としてもはや購入できないのではないかと思います。

 最近、ロンドンの夕刊新聞、イヴニング・スタンダードを読んでいると、スクウォッターによる住宅の不法占拠の報道が続いています。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1015.html

 こんなことが続いているので、最近、スクウォッター取締りを強化するべきだという議論が活発になっています。他方、ホームレスを援助する慈善団体からは、そんなことをすればホームレスが急増してしまうのとの猛反発が出ています。

 僕は、スクウォッターの権利云々については明確な考えを持っていません。デボラさんの二つのコラムを読み、そして不動産の差し押さえでイギリス国内のホームレスが増える一方で、イギリスに居住していない外国人による不動産買収の規模は大きくなるばかりで歯止めがないように思える現状に、今のイギリスには、イギリス国民のための住宅政策は無策に等しいのではと思ったしだいです。イギリスを紹介する本や雑誌には、イギリスの家屋のかわいらしさや歴史を強調するばかりのものがありますが、日本人が想像するような快適な住環境にいるイギリス人は、今の時代、そう多くないのではないかと考えます。

 蛇足です。以前、ミクシィのイギリスかロンドンのコミュニティの書き込みに、「スクウォッターに誘われているんですが、どうしたら良いですか?」なんて感じのものがあったように記憶しています。あほらしくて書き込みませんでしたが、日本人がスクウォッターをしたら、法的に強制退去されたあとは犯罪者として扱われ、イギリスに入国できなくなることでしょう。

 もう一つ。イギリス国内の不動産を買い占める外国人表記の中に、「Japanese」って見たことないです。現在の円高で資金の余裕がある人は存在するのだろうけど、突出した富裕層がいない、日本社会の均質性の現れかなと。一方で、日本国内の水資源、森林資源を買い付ける海外資本はあっても、日本の住宅地を投機目的で購入する外国資本の話を聞いたことがありません。これは、地震が多いからでしょうか?

首相が米沢牛を食べたことが国民の関心事になる国

2011.09.16
今日、朝日新聞のウェブに以下の記事が掲載されていた。

左党の首相、米沢牛に舌鼓 就任後初、夜の外食
http://www.asahi.com/politics/update/0916/TKY201109160534.html

野田佳彦首相は16日夜、長浜博行官房副長官ら政権高官らと会食した。首相就任後、夜に外食するのは初めて。これまではホテルや衆院赤坂宿舎に直帰していた。

 首相は無類の酒好きで知られる。財務相時代は秘書官らを連れて居酒屋によく通ったが、今回訪れたのは都内の米沢牛専門店。菅直人前首相も在職中、2度訪れた所だ。

 首相秘書官によると、同席者は他に藤村修官房長官、斎藤勁官房副長官や5人の補佐官ら。



 指導力をはじめ、何一つとして未知数のある国の首相が、就任後、初めて外食したことって、仮にも全国紙であろう新聞社の速報になるのはなぜ?国民の最大関心事は、首相の食事なのか?震災後の復興の遅れ、円高による日本経済の先行き不透明、原子力政策の無策で国民の意識が分断されているときに、ほかに国民に知らせるべきニュースを新聞社は取材していないのか?

 朝日新聞だけ取り上げたことについては申し訳なく感じるけど、首相が米沢牛を食べたことは、

日本の惨状に光をもたらすニュースなのか?

アメリカとイタリアの間でオペラ指揮者争奪戦が勃発

2011.09.13
確か、今年の夏のメトロポリタン・オペラ日本公演でオペラを指揮したファビオ・ルイジ氏が、イタリアやオーストリア等で指揮する予定をすべてラストミニッツでキャンセルして、アメリカへ旅立ってしまったというニュースを今朝読んだ。

A fight at the opera as conductor quits Italy for new role in America
http://www.guardian.co.uk/music/2011/sep/12/fight-opera-conductor-quits-italy

 ファビオさんの実力がどれほどなのかは知らないけど、メトに引き抜かれるのだからそれなり以上の実力があるのだろう。
 イタリアのオペラ界にとっては、交通事故で急逝してしまったサルヴァトーレ・リチートラの悲劇、そして記事の最後に書かれている予算の大幅カットと、まさに踏んだりけったりといったところだろう。

 記事には全く出てこないけど、ロイヤル・オペラも迷惑だったろうと思う。というのも、メトを訴えると怒り心頭のローマ歌劇場でファビオさんが振るはずだったのはリヒャルト・シュトラウスの「エレクトラ」。新聞本紙に掲載されている「エレクトラ」の写真は、ロイヤル・オペラのプロダクション。シーズン初日の評判がいいところで、全く関係ない諍いに自前のプロダクションの写真を使われるのは、いい気分ではないだろう。

イギリスにハリケーン襲来、のはずだった

2011.09.13
Hurricane-Katias-path-001.jpg
(ガーディアンから拝借)

先週末、天気の話題は事欠かないイギリスでかなり盛り上がりを見せたのが、ハリケーンがイギリスに近づいているというニュース。

Hurricane Katia threatens flood chaos in northern Britain
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/sep/10/britain-braces-itself-for-storms-and-floods

 イギリスに再接近する前に低気圧へと弱体化してハリケーン本体による大きな被害はなかったよう。でも、日曜日、昨日は強風が各地で吹き荒れ、折れた枝の直撃で亡くなった人がいるとのこと。その強風のおかげとでも言おうか、昨晩の空は綺麗に澄み渡り、満月が煌々と輝いていた。

 イギリスでハリケーンの話題なんて滅多にないので、記録として。

Pride the Lion: ロンドン五輪、イギリス・ティームのマスコット

2011.09.09
PrideTeamGB.jpg

今週火曜日に、来年夏に開催去るロンドン・オリンピックとパラリンピックの、「イギリス」のマスコットが発表された。

Pride the Lion chosen as Olympic Games 2012 Team GB mascot
http://www.guardian.co.uk/sport/2011/sep/05/olympics-2012-pride-lion-team-gb-mascot

Following the mixed reaction to Wenlock and Mandeville, the one-eyed London 2012 mascots, Olympic organisers have played it safe with their choice of mascot for Team GB – a lion named Pride.

Taking inspiration from the World Cup 1966 mascot World Cup Willie, Pride the Lion adorns a vast range of licensed Team GB merchandise unveiled on Monday . From the traditional (cuddly toys, T-shirts) to the more unusual (scooters and bedspreads), the cartoon lion with a union flag-inspired mane will appear on a wide range of products.


pridethelion.jpg

 下の二つのマスコット、という可愛さはないからキャラクターと比べれば、ライオンを使うのは安全パイだろう。プライドのほうがキャラクター使用料を莫大に稼いだら、ロンドン五輪のマスコットを製作した五輪委員会の責任はどう取られるのかな。ま、とらないだろうと思う。

100520mascots--127434653951528800.jpg

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1203.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1204.html

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/5893356833/in/set-72157626973507393

ホックニィの巨大風景画展、ほか

2011.09.08
hockney-15169.jpg

今週、各メディアが1面で大きく紹介したのは、ヨークシャーの巨大風景画を中心にすえたデイヴィッド・ホックニィの展覧会が来年1月から4月まで開催されるというもの。

http://www.royalacademy.org.uk/exhibitions/hockney/about-the-exhibition/

http://static.royalacademy.org.uk/files/hockney-press-image-sheet-1088.pdf

David Hockney moves into film with Royal Academy exhibition
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2011/sep/07/david-hockney-film-exhibition-royal-academy

David Hockney to reveal more than 100 new paintings of Yorkshire in Olympic exhibition
http://www.telegraph.co.uk/culture/art/art-news/8747531/David-Hockney-to-reveal-more-than-100-new-paintings-of-Yorkshire-in-Olympic-exhibition.html


hockney-key-39-15189-15194.jpg

 5年前にロンドンの小さな画廊で観て(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-454.html)、そして確か2007年のロイヤル・アカデミィのサマー・エキシビションで大きな風景画が一点展示されているのを見て、ヨークシャーを描いたこれらの風景画を集めた展覧会を見たいとずっと思っていた。希望がようやく叶うのがとても嬉しい。

 実際にヨークシャーのカントリィサイドに行ったのは今年の3月だけだし(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1355.html)、訪れたところはホックニィが精力的に風景を描いた場所ではない。でも、展示予定の絵をPCの小さな画面で眺めていても、「ヨークシャーの土、空、木々、そして風の色ってこうだった」と思わずにはいられない。
 RAだし、特別展だし有料なのは痛いけど、何回も通いつめてしまいそう。

 ヴィクトリア・アンド・アルバートで始まった展覧会のレヴューが好評などこの秋からのロンドンでの美術展は興味を惹かれるのが多い。チケットがまだあるのかどうかは確認していないけど、11月からナショナル・ギャラリィで始まる「ダ・ヴィンチ」展(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1375.html)。さらに、今月下旬からテイト・ブリテンで始まるジョン・マーティンという19世紀のイギリス人画家の展覧会も面白そう。

http://www.tate.org.uk/britain/exhibitions/johnmartin/default.shtm



john-martin-great-day-of-his-wrath.jpg

 展覧会のタイトル、「Apocalypse」、今のイギリス、そして地球の惨状にぴったりだと思う。

TeZukA@サドラーズの世界初演の速報

2011.09.06
TeZukA-304x408.jpg

昨晩、9月6日に世界初演となったシディ・ラルビ・シェルカウィ作の「TeZukA」の初日をサドラーズ・ウェルズ劇場で観てきた。いくつか戸惑う場面や、文化の違いを鮮明に感じることはあったが、僕個人にとっては新しい刺激とノスタルジックな雰囲気が合わさった、とても面白い舞台だった。

http://www.sadlerswells.com/

 今日以降観られる予定の皆さんも、事前情報なしで観るほうがいいと思うが、いくつか感じたことを箇条書きで。

TezZukA2.jpg

 舞台の左右の袖にはスクリーンが設置されている。何のためかと思っていたら、舞台が始まってすぐにベルギー出身の男性ダンサーが(おそらく)3月11日に起きた地震、津波、そしてその後の原子力発電所の問題をフランス語で話し始める。僕が座ったのは、平土間最前列ど真ん中だったのでスクリーンをきちんと見ることができなかった。これからチケットを購入するのであれば、平土間なら中央エリアが良いのではないか。

 タイムズ紙のインタヴューでは「アトムを舞台に再現するかどうかはまだ迷っている」という趣旨の発言をしていたシェルカウィ。日本人パフォーマー演じるアトムが舞台にはいた。これだけが、僕にはぬぐいきれない違和感となった。世代を超えて、日本人が持つ「アトム」のイメイジはとても強固なものだと思う。それを全くアトムとは観ることができない「生身」の人間が演じるのを見るのはつらかった。反面、僕の後ろにいたイギリス人観客には「アトム」が舞台にいることはかなり受けいていたようだ。

 事前情報は少なかったものの、純粋なダンス公演ではなく、おそらく「ダンス・シアター」系の舞台になると予想していた。僕のような古典バレエから徐々にモダンやコンテンポラリィの世界に足を踏み出している目には、もっと古典バレエの香りがする振り付けを観たいなと思うことはあった。しかしながら、ダンスの質、そして何よりダンサーたちに要求される身体能力はとても高いものだった。
 日本人を含む東アジア出身のダンサーと、ヨーロッパ出身のダンサーの違いが時に反発し、時に融合する様を見るのは新鮮な経験だった。

 舞台は休憩を挟んで二部構成。後半は、「TeZukA」というタイトルからやや遊離してしまい、シェルカウィの「自己模索」の印象が強かったように思う。前半は、シェルカウィの手塚作品への敬愛、その世界観を上手く舞台に再現していた。

 手塚作品の「ダーク」な部分を読んだことのない思春期前の世代には、咀嚼するのが難しいと感じるダンス・シーンがいくつかある。

 手塚治虫の代表作の一つ、「火の鳥」はさまざまな意味で忘れられない作品。その中の重要人物の一人、我王、そして彼が作る鬼瓦(のはず)がスクリーンに映し出されとき、思わず胸の奥からわきあがる感情。同時に、今回の舞台だけのためでなく、シェルカウィが手塚作品を丹念に読んでいることを感じた。

 さまざまな創意工夫がされた舞台で、ひときわ素晴らしかったのは、上田大樹さんによる映像。最近、バレエ・ダンス公演でもかなりヴィデオが使われるようになってきた。中には、「技術もここまで進んだか」と感心することはある。が、上田さんによる映像は、そのような段階をはるかに超えているものだった。プログラムでシェルカウィが強調している、「紙とインク」の概念を舞台上で再現すると同時に、決して舞台を占領することのない洗練さを失うことはなかった。

Extra-tezuka-001.jpg
Photograph: Astro Boy © Tezuka productions

 手塚作品から感じた日本文化、そして日本の思考を欧州人のフィルターを通して共有できる面白い舞台。チケットはまだあまっているようなので、在ロンドンの皆さん、お勧めです。

HOPE JAPAN:シルヴィ・ギエム

2011.09.05
NBSのサイトに、シルヴィ・ギエムがイニシアティヴをとるガラ・パフォーマンス、「HOPE JAPAN」の公演決定がアップされている。

http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/hope-japan.html

シルヴィ・ギエムは<HOPE JAPAN TOUR>で、"震災前にこの作品を通して、私と日本の観客の皆さんの間に結ばれた絆を再確認するため、そしてこの作品の振付家、日本を心から愛していたベジャールの魂を日本へ連れてくるため"日本で封印していた「ボレロ」を再び踊ることを決めました。チャリティ・ガラ公演では、東京シティ・フィルハーモック管弦楽団の生演奏により、日本の復興と祈りが込められたギエムの「ボレロ」が復活します。

 このチャリティ・ガラ公演には、日本の再生を願い、そのために行動したいというギエムの思いに賛同した、様々なジャンルのアーティストの出演が予定されています。

 音楽界からは、欧州で活躍を続けるメゾ・ソプラノの藤村実穂子がドイツから駆けつけ、「さくらさくら」「赤とんぼ」など心に染み入る日本歌曲をアカペラで歌います。日本伝統芸能界からは、日本舞踊花柳流、四世宗家家元の花柳壽輔、和太鼓を世界に広めた林英哲、横笛の第一人者である藤舎名生の三人の名手によるコラボレーション「火の道」が披露されます。バレエ界からは、元英国ロイヤル・バレエ団芸術監督のアンソニー・ダウエルがギエムの強い呼びかけに応えて、朗読を行う予定です。そして、ギエムとともに現代のバレエ界を牽引するウィーン国立バレエ団芸術監督マニュエル・ルグリも急遽来日し、ソロ作品を踊ることが決まりました。また、東京バレエ団はギエムとともに「ボレロ」を踊るほか、明るい未来への祈りを込めて「現代のためのミサ」から"ジャーク"を演じます。
 復興と再生への祈り、明日への希望が込められた<HOPE JAPAN>チャリティ・ガラに、一人でも多くの方にご賛同いただき、ご来場いただけることを願っております。
 
 なお、出演者全員が、出演料無料で参加するチャリティ・ガラ<HOPE JAPAN>の収益金は全額、あしなが育英会を通じて「東日本大地震・津波遺児のための募金」に寄付させていただきます。
 
 


東日本大震災復興支援チャリティ・ガラ<HOPE JAPAN>


◇公演日:10月19日(水) 6:30p.m.

◇会場:東京文化会館

◇入場料(税込) 
S=¥23,000  A=¥20,000  B=¥17,000  C=¥13,000  
D=¥10,000  E=¥7,000  F=¥5,000


◇予定される出演者[アルファベット順]

アンソニー・ダウエル(元英国ロイヤル・バレエ団芸術監督)

藤村 実穂子(歌手、メゾ・ソプラノ)

シルヴィ・ギエム(ダンサー) 

花柳 壽輔(日本舞踊家、花柳流四世宗家家元)

林 英哲(太鼓奏者)

マニュエル・ルグリ(ダンサー、ウィーン国立バレエ団芸術監督)

藤舎 名生(横笛奏者、藤舎流笛家元)

東京バレエ団

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団



 心の底からその場に居たいけど、無理かな。ギエムのファンでありながら、「ボレロ」にはとことん縁がない。サドラーズに「ボレロ」を持ってきたら、ロンドンでだって、というかロンドンでは数秒で売り切れるだろうから日本支援には最適だと思うんだけど。

 内輪話を書くのはプロとしてあるまじき行為だけど、7月8日にシルヴィ・ギエムにインタヴューした。もちろん、プロとしてしっかりと仕事をした自信はゆるぎない。でも、ギエムがすっと目の前に現れたとき、心臓が止っても良いかな、と一瞬思った。インタヴューの中でギエムが語った日本の皆さんへの想いが届くことを願っている。

インタヴュー:アントニオ・パッパーノ

2011.09.05
*著作権は、共同通信社に帰属します。


アントニオ・パッパーノ インタビュー
サンタ・チェチーリア管弦楽団音楽監督

 「日本の聴衆の皆さんからは、僕たちが生み出す音楽への興味、情熱、そして深いリスペクトをいつも感じるんだ」、と開口一番、マエストロ・パッパーノは語った。
 イタリア国内屈指のオーケストラ、ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団が4年ぶりに来日公演をする。2005年に同楽団の音楽監督に就任したアントニオ・パッパーノにとっては、昨年、英国ロイヤル・オペラの来日公演についで2年連続の来日になる。ロイヤル・オペラのシーズン開幕を控えて多忙な中、10月の日本公演についての思いを語ってくれた。
 世界に名をはせるオペラカンパニーとオーケストラの音楽監督であるパッパーノにとって、最も難しいのは時間配分であるという。「でもね、オペラとオーケストラを監督するというのは、僕にとってはいいバランスとなっているんだ。健康であれば長く続けたいと願っているよ」。
 両親はイタリア人であるが、本人はイギリスで生まれ育ったパッパーノにとってイタリアの楽団を指揮することは、「僕の中のイタリアとの絆を再発見する素晴らしい機会だ。イタリア人が多くを占める同楽団を指揮するのは、まるで結婚みたいだよ。時には楽団のメンバーと熱い議論をしなければならないけど、常に新しいことが生み出される」。
 3月11日の東日本大震災後の原子力発電所の問題で一時は、「正直なところ不安を感じた。でも、震災後の日本で公演した知り合いの音楽家たちから話を聞いて、今では不安はまったくない。日本での公演を心から楽しみにしている。前回の来日公演以降、サンタ・チェチーリアは世界中で演奏を行い、多くの素晴らしいCDを録音してきた。その成果を携えて、今回の日本公演でサンタ・チェチーリアが生み出す音楽が、多くの困難を経験された日本の皆さんの心に届くと信じている」。
 ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団は10月1日から6日まで、名古屋、京都、東京、福井で公演予定。


「象は忘れない」からの連想

2011.09.04
この世界にアガサ・クリスティのファンは星の数ほどいるだろうし、僕はその中の一ファンに過ぎないのでクリスティ論をぶち上げるつもりなど全くない。ただ、つい最近、家族が送ってくれた雑誌を読んでいて、クリスティの小説のタイトルの日本語訳で面白いなと思っていたことを思い出すことがあった。

 キャリアの後半、クリスティの作品のいくつかは現在進行形の犯罪ではなく、過去に起きた悲劇の真相を解き明かすことに焦点が置かれている。クリスティの生前、エルキュール・ポワロが登場する最後の作品(らしい)となった「象は忘れない」はその一つ。

Elephants can remember

 あらすじをネットでざっと読んでも、実際に読んだのは中学生の頃なので全く思い出せない。でも、この作品はそのタイトルを忘れたことはない。画像の右上部に英語のタイトルは表記されているのだけど、これに気づいたのはロンドンに来てからだと思う。
 オリジナル・タイトルは「Elephants can remember」。日本語タイトル、「象は忘れない」を英語にすると、「Elephants never forget」。ネイティヴの友人に尋ねてみたところ、意図するところはわかるけど、意味合いは変わってくるとのこと。

 英語で書かれた本のタイトルを日本語に訳すとき、ある程度の意訳は仕方ないだろう。それに、この「象は忘れない」を非難する気など全くない。非難するどころか、これほど的確なタイトルはないとすら思う。一つ問題になる点は、日本語タイトルを英訳したときにイギリス人のクリスティ・ファンがすぐに理解できるかどうかだろう。

 そんな、日本語を英語のニュアンスの違いを超えて、思わずひざを打ったのがミランダ・ジュライの「いちばんここに似合う人(新潮社)」。

No one belongs

 新潮社のPR雑誌、「波」の9月号でクレスト・ブックスが大きく宣伝されている。その中に、オリジナル・タイトルの前に目に入ったのが、「いちばんここに似合う人」だった。

 ペイジをめくっていて鮮やかな黄色の表紙に「No one belongs here more than you」と印字されているのを見て2秒ほど。なんて的を得た訳だと思った。
 「象は忘れない」とは逆で、オリジナルに入っている否定を、それが本来意図した肯定の意味を成す日本語に変換している。若干ニュアンスの違いは生じるだろうけど、プロの仕事だと感心した。

 このような「否定」を「肯定」に、その逆の変換を日常会話などで成立させるのは難しいだろう。でも、オリジナルの意味を損なわずに、さらに想像力をかきたてる日本語タイトルは、ある種の芸術だと感じる。

Books    Comment(12)   ↑Top
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.