LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

2011年10月の記事一覧

カスタード・アップル(チェリモヤ)を食す

2011.10.30
現在住んでいるところから徒歩5分ほどのところにChurch Streetという通りがある。アンティーク関連の店が沢山入っているアルフィがあるから、雑貨に興味がある人からたまにどうやっていくのと尋ねられる。住んでいるからこそ、「人には勧めないエリア」といつも答える。

 そのチャーチ・ストリートが最も混雑するのが土曜日のマーケット(平日もやっている)。バッタもんばかりだから本当はあまり行きたくないのだが、卵屋と一軒だけ信頼できる果物屋があるので、混雑する前に行く。

 昨日、一週間分の果物を買うべく店に行くと、柿の隣に見慣れないものが。一瞬、センザンコウかと思った。名前は、Custard Apple

Custard-Apple.jpg

 甘くて美味いよと親父が熱心に勧めるので買った。ま、一つ、£1ー。普段、完熟の果物は好きではない。歯ごたえがあるくらいのが好み。ロンドンで柿を食べないのは、売られている柿のほとんどが、完熟を通り越して腐っているのではなかろうかと感じるほどだから。帰宅して袋から出したカスタード・アップルを手にとってみると、かなりやわらかいのがきになった。
 で、今晩食べてみたら、とても美味かった。その名の通り、硬めのカスタード・クリームを食べているようだった。食後にググッてみるとオーストラリアやシンガポールで食べたとブログに書かれている。どうやら、食べごろを見極めるのが難しいらしい。毎日食べるような果物ではないけど、冬時間の初日にロンドンで食べるには最善の果物かもしれない。ちなみに、一人で一つを食べきると、かなりの量。
 異国情緒あふれる果物を食べると、川原 泉さんの「愚者の楽園」を思い出す。


http://www.kudamononavi.com/columns/view/19から拝借)

スポンサーサイト

図書館のライオン:Library Lion

2011.10.30
LibraryLion.jpg

今年のクリスマス・プレゼントは、「Lazy Santa」を大量購入するつもりでいたら絶版(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1488.html)。で、他に何か良い絵本はないかと思ってドートン・ブックすで見つけたのが「Library Lion」。
 物語の筋は特別なものではないと思うけど、なんともほのぼの。そして、図書館に行くことの楽しさを読む人に明確に伝えている。昨今、識字率の低さを問題視しながら、次々に地域の図書館を予算削減の名の下に閉鎖し続けている政治家たちがまず読むべき。

Books    Comment(0)   ↑Top

夏時間、冬時間:2題

2011.10.30
今日、10月30日の午前2時に時計が1時間戻されて冬時間に。日本とイギリスの間の時差は9時間。ここに住んでいる以上、年に2回のこの行事を避けることはできないけど、何度経験しても面倒くさい。時計の調整が面倒なのではなく、1)僕自身の体内時計の調整似数日かかる、2)時間の調整を忘れたことを恥ずかしげもなく言い訳にする輩があとを絶たないこと。

 昨日、共同通信社のニュースで面白い記事を読んだ。

ロシア、今月から冬時間廃止 モスクワ日の出10時も
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102801000635.html

【モスクワ共同】ロシアは今年から冬時間を廃止、夏時間を通年適用する。毎年10月最終日曜(今年は30日)の夏冬時間切り替えは行わない。ソ連時代、既に標準時を1時間進めており、今回の「永遠の夏」(地元紙)への移行で、九つの標準時を持つ同国では、太陽の南中より数時間早く正午になることもある。

 この措置で年末のモスクワの日の出は午前10時ごろ、日没は午後5時ごろとなり、朝の起床がつらくなるとの説もある。モスクワと日本の時差5時間は変わらない。

 新イズベスチヤ紙が伝えた世論調査では、夏冬の時間変更をしないことには63%が賛成した。

2011/10/28 17:47 【共同通信】


 さすが、プチンの国と思う一方で、時間を変更しないで生活様式に多様性を持たせることができるであろうこの変化を羨ましく感じる。そんな想いはイギリス国内にもあるらしく、昨日のガーディアンに以下の記事が。

Clocks forward trial being considered
http://www.guardian.co.uk/politics/2011/oct/28/uk-clocks-hour-forward-trial

UK would adopt central European time, GMT plus one hour in winter and two in summer, if devolved governments agree.

Clocks could go forward by an hour permanently subject to UK-wide consensus.

The government has decided to back the bid for a three-year trial that would see the UK join the central European time zone ― but only if devolved administrations agree.

It would mean lighter evenings but darker mornings, especially in Scotland, where many people are strongly opposed. Campaigners believe, however, that moving to lighter evenings would reduce energy use and hence carbon emissions, cut road deaths and boost tourism.

British summertime ends this weekend when clocks go back on Sunday. If the trial went ahead, it would see Britain's clocks go unchanged. Clocks in winter would be set to GMT plus one hour (British summertime) and GMT plus two in the summer.

The stipulation for agreement across the UK is one of the amendments ministers want to make to the daylight savings private members bill, which is set to move to committee stage in early November.

The bill, first put forward by Conservative MP Rebecca Harris in 2010, calls on the government to conduct a cross-departmental analysis into the potential costs and benefits of moving the clocks forward to create lighter evenings.

If this review showed that the move would be beneficial, the government would then initiate a three-year trial to evaluate the impact of the change. David Cameron signalled that he was willing to consider the switch, but has said that the argument would only be won when people across the country feel comfortable with the change.

Time zones are the responsibility of individual EU member states and vary across the continent. The devolution arrangements for time zones also vary – responsibility is devolved in Northern Ireland, but reserved in Scotland and Wales.

Some have suggested that England could make the change alone, but Cameron has said that he wants a united time zone for a UK.

Edward Davey, the business secretary, said: "This is an issue which affects everyone across the country, so we cannot rush headfirst into this. As the prime minister has made clear, we would need consensus from the devolved administrations if any change were to take place. We have therefore tabled amendments to the current bill to make sure that it addresses these concerns.

"It is only right that we at least look at what the potential economic and social benefits of any change might be. Lower road deaths, reduced carbon dioxide emissions and improved health have all been argued over the years as possible benefits."

Harris said she was delighted with the decision to support the bill.

"There are so many conflicting arguments on both sides of the daylight saving lobby. I believe we need a comprehensive and objective assessment of them.

"Of course any eventual change to the clocks would affect everyone in the country so I do not believe it should be considered unless there is good evidence in favour of it and a broad public consensus, which would naturally include the devolved assemblies."


 「やったー、イギリスもロシアと同じことをするのか」と喜んだのは早合点で、現在のイギリスのタイム・ゾーンを欧州大陸のタイム・ゾーン(フランスやドイツ、イタリア)と同じにするトライアルをするかどうかを検討する、というもの。

 日本と同じに、時間の変更がなくなって欲しい僕には興味を惹かれる記事ではないけど、一つだけ。にわかに独立の確率・気運が高まっているスコットランドはこの変更には反対の姿勢。仮にキャメロン、もしくはほかの首相がスコットランドと協調できないままこのトライアルを導入することになれば、スコットランドの完全独立なんてことがエリザベス女王の時代に起こってしまうこともありえるのではないかと。日本でもサマー・タイム導入に積極的らしい北海道の独立、なんてこともありかも。

Lazy Santa & Toto:サンタは怠け者

2011.10.29
LazySanta.jpg

数年前に、羊大好きの友達に贈って大好評だった絵本。てっきり日本語から翻訳されたのだと思っていたら、2005年にイギリスで出版されたあと、日本語に翻訳されたらしい。

 家族や友人のお子さんたちにと思ってドーント・ブックスで調べてもらったらすでに絶版。幸運にも、アマゾンUKでセカンド・ハンドを購入できた。クリスマスにクスリと笑える良質な絵本なので、再販されて欲しい。

Books    Comment(0)   ↑Top

ピカソとバレエ@テイト・ブリテン

2011.10.28
友人から、BBCのエンタメ・セクションに面白いニュースがあるよと教えられて読んだのは、2012年2月からテイト・プリテンで開催されるピカソ展のある期間、2月27日から3月4日まで、イングリッシュ・ナショナル・バレエ団が常駐するというもの。

English National Ballet to take up Tate residency
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-15477850

The English National Ballet is to take up residency at Tate Britain next February, to mark the opening of a new Picasso exhibition.

Inspired by the artist's costume and set design work with the Ballets Russes in 1919, the collaboration will see dancers take classes in the gallery.

They will also rehearse and perform three new works inspired by the Picasso and Modern British Art exhibition.

The show looks at how the artist was received in Britain and his influence.

The residency celebrates the legacy of the Ballets Russes alongside the company's own Beyond Ballets Russes season, which will be performed at the London Coliseum next spring.

Picasso worked closely with the Ballets Russes from 1916 and designed several ballets including Parade and Pulcinella.

He frequently sketched the dancers in rehearsal and off stage and even married one of the dancers, Olga Khokhlova.

The English National Ballet's programme will feature the full company of 67 dancers taking their morning ballet class along a barre stretching the length of the North Duveen Gallery.

There will also be workshops and demonstrations highlighting the links between dance and the visual arts.

It will climax with the premiere of the three new ballets at Late at Tate on 2 March.

Picasso and Modern British Art is the first exhibition to explore the artist's lifelong connections with Britain.

It will examine his impact on British modernism, through seven artists he inspired including Duncan Grant, Henry Moore, Francis Bacon and David Hockney.

More than 150 works from major public and private collections will be on show, including more than 60 paintings by Picasso.

The exhibition will run at Tate Britain from 15 February - 15 July, while the English National Ballet will take up residency from 27 February - 4 March.


 テイトのサイトではまだ詳しい情報はアップされていないので、興味ある方はこまめにチェックしておいたほうが良いでしょう。ENBはあまり観たことないけど、美術館でバレエ・ダンサーのパフォーマンスを観られるというのは貴重な機会だと思う。

無常素描、ロンドンで上映

2011.10.27
SketchMujo.jpg

ロンドンのバービカン・センターで、11月25日から27日まで催される「premier japan 2011」の中で「無常素描」が1回だけ上映されます。

http://www.barbican.org.uk/film/series.asp?id=1044

http://mujosobyo.jp/

 「無常素描」は11月26日の午後4時から上映予定です。

http://www.barbican.org.uk/film/event-detail.asp?ID=12828

パッチリした目は好きですか?

2011.10.26


友人が来たときに撮ってくれたもの。この猫を見た人ほぼ全てが、「目が大きいね」という。この写真を見ると、顔が小さいからじゃないかなとも思う。
 猫にも食欲の秋があるようで、最近、「腹減った」コールが増えている気がする。

世界の話題:10月25日

2011.10.25
*著作権は、日本経済新聞社に帰属します。

日経夕刊20111025




エリザベス女王夫妻、オーストラリアでの激務をこなす

2011.10.25


スコットランド独立の動きがにわかに動き始め、EU脱退の声すらきちんと抑えられないキャメロン君がおたおたしている頃、エリザベス女王とエディンバラ候はオーストラリアへ。所要時間、22時間超。

Marathon Ma'am! Smiling Queen gets straight to work after 22-hour flight to Australia
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2050818/Queen-Elizabeth-arrives-Australia-tour-country.html

 女王は85歳、フィリップさんは90歳。22時間のフライトでこの笑顔。

She is renowned for her remarkable strength and endurance.
But the Queen surpassed even her own reputation yesterday, as she arrived in Canberra after a 22-hour flight that would exhaust someone half her age – and went straight to work meeting wellwishers.

The Queen, 85, and the Duke of Edinburgh, 90, smiled broadly and waved as they stepped off the specially chartered British Airways Boeing 777 to cheers from the waiting crowd as they began their official tour of Australia.

And if there were any republicans among those gathered on the tarmac at the military airfield, they kept a low profile.



Julia bows but she won't scrape: If this 6ft 8in woman basketball player can manage a curtsey to the 5ft 4in Queen why can't Australia's Prime Minister?
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2051759/Australian-PM-Julia-Gillard-manage-curtsey-Queen.html

 王政脱退のギラード首相の冷たい態度なんて全く気にかけず、バスケット・ボールのスター選手と笑顔をかわす。





 帽子の飾りが、日本の組みひものように見える。ドレスの色のセンスも相変わらず素晴らしい。

 最近の報道だと、来年のダイアモンド・ジュビリィの祝祭期間をオリンピックを考慮して短縮することを女王が決めたとのこと。エリザベス女王のダイアモンド・ジュビリィを体験したい方は、6月上旬までにイギリスに来られたほうがいいかもしれないです。

 キャメロン首相が日本を訪問するのは、コモンウェルス会議があるからか。彼より、女王夫妻によってもらったほうが絶対に日英のためにはいいと思うけどな。

Visit Japan from the UK!

2011.10.24
Until today, I did not know that this site would exist.

Visit Japan from the UK
http://www.facebook.com/pages/Visit-Japan-from-the-UK/142618929107586

http://www.jnto.go.jp/eng/fb/index.html

There is an announcement from Japan Tourism Agency.

Regarding news coverage on " 10,000 FREE FLIGHTS TO FOREIGNERS"
http://www.mlit.go.jp/kankocho/en/page01_000222.html

Thank you for your interest in visiting Japan.

Recently a number of media outlets have publicized reports about ”Japan offering 10,000 free flights to foreigners”.  However, this initiative to be carried out from April 2012 onwards is still under examination for government budgetary approval and is at this moment undecided.

If the initiative is confirmed and put into operation, Japan Tourism Agency will officially announce details on this website. To receive instant notifications on this and more related news, join your local Japan National Tourism Organization on Facebook (
http://www.jnto.go.jp/eng/fb/index.html) now!

Warning: There have been reports in some countries about acts of fraud related to this media report. The Japanese government has not committed to provide free flight tickets to Japan to anybody. Please be careful not to get caught up in this kind of fraud.

日本人の背後で語られる「日本」

2011.10.23
数日前のこと、フラットに戻ると大家とその友人(女性、Qとしておく)が紅茶を飲みながら互いの近況を話し合っていた。僕も話しに加わりしばらくは他愛のないことを話すだけだった。

 そのうち、Qが何かを話したそうに僕を見てはためらう様子を見せた。いまさら何かを気遣う間柄でもないので促した。

 「今日、ここの来る前にスーパーによってきたの。そこの鮮魚カウンターの前に女性と、彼女の子供であろう10歳前後の女の子二人が立っていたの。多分並んでいるんだと思って彼女たちの後ろに立ったら女性が女の子たちに言っていることが聞こえてしまったの。『この魚は日本から輸入されたから食べてはだめなのよ』って。

 「でも、女性が指した魚には、『日本から輸入』なんて表示はなかったわ。女性の態度にはあきれたし、それ以上にそんなことを母親から言われたあの女の子達が日本をどう思うかと考えると、I feel terrible!」。

 Qは女性の国籍を推測で言っていたが、間接の情報だからここでは書かない。僕も、Qが感じたのと同じように女の子たちが『日本から輸入されたものがすべて食べてはいけない』と刷り込まれてしまう可能性があることには悲しさを禁じえない。でも、女性の態度には仕方ないという無力感しか感じられない。だって、日本国内では日本人同士が風評で互いの首を絞めていると思われることがあとを絶たないようだから。

 という話を今日、別の友人に話したところ、彼からチェルノブイリ事故の影響でウェイルズのある地域の羊がいまでも出荷停止になっているという話を聞いた。本当かと思って検索してみたら、6月1日に朝日新聞が関連の記事を掲載していた。

http://www.asahi.com/photonews/gallery/infographics5/0601_welsh-sheep.html

 本文はすでにウェブ上から削除されているが、以下のリンクにあるのはおそらく該当の記事だと思う。『おそらく』としたのは『朝日新聞から』という表示がないため。アップデイトが8月以降止っているようなので、リンクによる不都合が生じた場合は削除することもあります。

http://www.k-kawasaki.info/2011/08/20110812-1.html

 朝日新聞社さん、どうしてこのような多くの人にとってこれからの日本を考えるのに大切であろうニュースを保存しておかないんですか?朝日新聞社だけではない。どうして日本の新聞社は人々が知りたいであろうニュースに、多くの人が簡単にアクセスできる環境を作らないのだろうか。

 ウェイルズの羊のことは僕は知らなかった。が、日常生活の中で、原子力発電・放射線に対して無頓着なのではないかと感じることの多いイギリス社会でこのようなことがあることを知ることができたのは有益だった。

 スーパーの女性とウェイルズの大きな違いは、そこに確固とした科学的根拠があること。日本国内の風評がこのまま拡大すれば、世界中で多くの人が科学的根拠を持たないまま、知らされないまま『日本は危ない』という印象を持ち続けることになるのではないか。

 このようなことを書くときは常に、罪悪感が伴う。なぜなら、震災以後、いまだに日本に帰国していないから。今年日本に帰国された方が書かれた印象を何度も反芻している。人々の不安は、僕の想像を超えているのではないか、と。

http://playsandbooks.blogspot.com/2011/09/blog-post_19.html

 他方、日本政府は震災後、そして福島原発の事故以降、復興のために必要とされるであろう変化に真剣に取り組んでいるのか。そう思えないし、先日、震災後、何度も日本に行っている方の印象を伺って、その印象は強まるばかり。

 現在、日本で公演をしているシルヴィ・ギエムの言葉が頭から離れない。

 私は、日本がもう安全で、何も問題がないと言いたいためにここにいるわけではありません。むしろその逆です。
 長い間にわたり、何度も日本に来ていますが、これまでは日本は本当に順調で、何も問題がなく、私もたくさんの物を見たり聞いたりしてきました。
 けれども、やはり今はそういう状況ではないと感じています。まだ完全に安全とはいえず、大きな問題に直面している時だからこそ、私も手を携えて一緒にいたいという思いを持っているのです。

http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/post-369.html

 
 先日報道された、日本政府が1万人の外国人観光客の航空券代金を負担する計画は、素晴らしい発想だと思う。多くの人に、日本が何をどう取り組んでいるかを知って欲しい。

 そしてこの計画は、日本にとって国の安全だけでなく、日本という国がどのように運営されているのかを世界に示す絶好の機会でもあり、同時に、もしかしたらディザスターになるかもしれない。

 「想定外でした」という言葉はもはや許されない。応募者数の見込みはすでに確定しているのか。申し込みのクライテリアは異なる文化、異なる言語を話す人たちが理解できるものなのか。どのような人々が申し込みの可否を判断するのか。航空券料金の上限はどう判断するのか。代金の受け渡しはどうするのか。年齢は、性別は、目的は、国籍は制限されるのか。応募要綱が発表されたら多くの不届きものが応募するだろう。子供手当て導入の混乱を繰りかえし、「想定外でした」を連呼するだけの事態になったら、日本は復興のための変化を受け入れることに失敗したと多くの人が考えるようになるかもしれない。

 7月に、ある芸術家と話す機会があった。その人は、日本をこう表現した。

 日本は地理的に大きな国ではないですが、これまで沢山の変化を生み出してきた国。もし、これからの時代に変化を恐れない国が一つだけというのであれば、私はそれは日本かもしれないと思っています。

 僕も、そう確信している。

シルヴィ・ギエム:Hope Japan関連

2011.10.22
Aプロの「田園のひと月」を観たくて1泊3日の弾丸一時帰国を画策したものの、実現できなかった。せめて舞台評をと思って、以下のリンクで10月19日のガラ公演の様子を。

http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/post-369.html
確か、2012年の7月にロイヤル・バレエも「田園」を上演予定のはず。インタヴューを終えてちょっと雑談したときに、一人のファンとしてロイヤル・バレエとは踊らないのか尋ねたら、「ロイヤル・バレエは変われないから」とあきらめ顔で言っていた。なので、無理だろうな。でも、現在のロイヤルにヤナウスキィ以外にあの役を踊れて演じられる技量を持つプリンシパルはいないと思うな。強いてあげればラムかヌニェスかもしれないけど、かなり違うと思う。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111020/k10013385511000.html
藤村さんは、メゾ・ソプラノ。来年のロイヤル・オペラの「リング・サイクル」に出演予定。


日本舞台芸術振興会のウェブから拝借)

http://www.asahi.com/showbiz/pia/AUT201110210052.html
朝日新聞のウェブからは捜せなかった。日本の新聞社のウェブサイトの文化欄は、もっと改善すべきだと思う。

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20111023k0000m040069000c.html
掲載されたのは嬉しいけど、どうしてカテゴリィが「天気・地震」?捜せるわけない!

「100年に1人のバレリーナ」と称されるシルヴィ・ギエムさんが、復興への祈りを込めた日本ツアー「HOPE JAPAN」を始めた。本人の希望で盛岡市や福島県いわき市の公演も組み込まれ、この2公演の出演料などをあしなが育英会に寄付する。

 20日に東京都内で会見したギエムさんは「深い悲しみの中にある方にも、あなたは一人ではないと伝えたい」と、被災者への共感を表した。さらに「非常時だからこそ皆さんと一緒にいたい。これは日本に恩を受けた私の義務」と、迷いのない口調で語った。

 学生時代の初来日から30年、旅公演を重ねて日本のファンと絆を深めてきたギエムさんは今回、「巡礼のような気持ち」でツアーに臨むという。特別に選んだ演目は、長らく封印していた「ボレロ」。親日家だった振付家モーリス・ベジャールの代表作で、ギエムさんの十八番。力強いリズムが周囲を巻き込み、生命のエネルギーをほとばしらせる。

 19日の東京文化会館(東京・上野)公演で、東京バレエ団のダンサーを従えてボレロを舞ったギエムさんは、ベジャールの魂を呼び込み、荒ぶる神に祈りをささげる巫女(みこ)のようにも見えた。舞台を包む圧倒的な高揚感から、「芸術には人生を変える力がある」との信念が伝わる。終演後、育英会の支援で進学した被災地出身の大学生が寄付へのお礼を述べると、ギエムさんは「皆さんのために踊れることがうれしい」と、笑顔で応えていた。【斉藤希史子】

 ◇シルヴィ・ギエム
 弱冠19歳でパリ・オペラ座バレエのエトワール(最高位)に任命された“伝説”のバレリーナ。英国ロイヤル・バレエを経て、現在はフリーの立場で表現の幅を広げている。


 補足しておくと、サドラーズ・ウェルズ・シアターアソシエイト・アーティスト

http://dorianjesus.cocolog-nifty.com/pyon/2011/10/hope-japan-693d.html
ダウエルは、タケットの「ウィロウ・イン・ザ・ウィンド」の初演、アシュトン生誕100年のシーズンのときの「ウェディング・ブーケ」で達者な語りを披露していたので納得。

 ご覧になられた皆さんの感想をぜひ教えてください。

イギリス国内で、食料を買えない家族が急増

2011.10.18
日を追うごとに寒くなっているロンドンですが、素晴らしい天気なので郊外に紅葉を見に出かけたいです。こちらで、秋が深まるリッチモンド・パークの素晴らしい秋の風景が紹介されています。

http://blog.goo.ne.jp/bigupset39/e/b622134a2af25493785bd677327f93ae

 リッチモンド・パークにボリス自転車が導入されれば行くのですが。

 世界の多くの国で大きなうねりとなっている反格差の行動は、イギリスでも連日取り上げられています。イギリス国内でもっとも大きな注目を集めているのは、セント・ポール大聖堂の前に泊り込んでいる人たちです。

Occupy London protest continues – in pictures
http://www.guardian.co.uk/uk/gallery/2011/oct/17/occupy-london-protest-in-pictures

今回の世界規模の市民の連帯の中で、語られなければならないであろう課題の一つは、収入の格差が生み出す貧困層の急増です。2年前、アメリカで無料の食料提供に頼る人々が増えていることを知りました。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1077.html

 9月中旬には、オブザーヴァ紙がニュー・ヨークで通りを挟んだ地域の貧富の差をレポートしています。

Worlds apart – the neighbourhoods that sum up a divided America
http://www.guardian.co.uk/world/2011/sep/18/bronx-manhattan-us-wealth-divide

They are barely a mile apart, separated by a few gritty streets and a thin muddy stretch of water known as the Harlem river. They are in the same city and have experienced the same recession.

But New Yorkers living in the city's 14th and 16th congressional districts – electoral districts with populations of around 600,000 each – often occupy completely different worlds. Their lives provide a shocking example of growing inequality in America, where the rich are leaving a growing mass of the poor completely behind.

The numbers are stark enough. Last week a census report revealed that 46 million Americans live in poverty, the highest number ever recorded. At the same time, the richest 20% of Americans control 84% of the country's wealth. Indeed, just 400 families have the same net worth as the total of the bottom 50%. America's Gini coefficient – which measures inequality of income distribution – now nears that of Rwanda.

"There is no money for people to spend on drugs," he said, blaming that for a spate of muggings as frustrated dealers turn to robbery. Local shops sell cheap clothes and corner stores accept food stamps. It would be suicide not to. The use of food stamps in the US has risen by 75% in the past four years and now covers 15% of the population.

Politics inspires worry in the South Bronx, too. But in a different way. In St Ann's church, the Rev Martha Overall watched last week's Republican debate in dismay, especially the attacks on government. She fears the impact that enormous government cuts are already having, let alone the sort that any Republican president might bring in. "It's social Darwinism. It's people being pitted against people. I also believe it is un-American. I don't believe this country was founded on a sense of every man for himself. It was founded on community," Overall said.


 このような状況、アメリカだけではないです。イギリスも、同じ下り局面を多くの人が痛みを伴って経験しています。
 以下のガーディアンからの二つのリンクは、保守党の党大会かが開かれたときに掲載されたこともあり、政治色がかなり濃い箇所は割り引いて読んでください。

Sharp rise in demand for food handouts from poverty-stricken families
http://www.guardian.co.uk/society/2011/oct/01/sharp-rise-demand-food-handouts

Britain has seen a sharp increase in the number of people unable to afford to feed themselves at the most basic level, thanks to the worsening economic climate and changes to the benefit system, according to a survey by a leading food charity.

In the past year FareShare, which redistributes waste food from major food manufacturers and supermarkets to social care charities, has seen a 20% rise in the number of people it is feeding – from 29,500 a year to 35,000.

"People in our communities are going to bed hungry because they can't afford to feed themselves," said Lindsay Boswell, chief executive of FareShare. "This is a huge problem and it's right here, in our neighbourhoods, on our streets. This is outrageous enough even before you factor in the thousands of tonnes of good food thrown away each year. It's illogical and frankly immoral that these problems coexist."

"We're seeing a big increase in what you could call, for want of a better phrase, normal working people, those who have lost their jobs or seen their own businesses go under," says Jeremy Ravn, manager of the food bank network. "The big problem is that the welfare state is not reacting fast enough to need."
An increasing time lag between benefits claims being accepted and the date when payments come on stream is, Ravn says, resulting in some people suffering serious hunger.



Poverty-stricken families join a lengthening queue for food handouts
http://www.guardian.co.uk/society/2011/oct/01/families-queue-for-food-handouts

"People are struggling. Supermarket prices are shooting up and they aren't coping."

Some of it is the result of poor forecasting of demand, resulting in oversupply. Some of it is too close to the use-by date to go on sale, or has a misprint on the labelling or damage to the packaging. The warehouse is stacked with pallets of instant gravy granules and jars of pickled cucumbers. The fridges are filled with boxes of apples and tomatoes, with fresh milk, and a curious amount of jarlsberg cheese.Because they are there to make use of what the food industry does not want, they can be a repository for anything from the most banal to foie gras parfait and rib-eye steaks.

Lindsay Boswell, the charity's chief executive, makes no secret of the fact that the original motive was making better use of the environment. "We started out purely interested in liberating waste," he says. "We are an environmental charity that gets bloody angry about food being wasted."

Despite FareShare's efforts, it estimates that it only handles 1% of the three million tonnes of food that goes to waste every year. Now, though, the work of the charity has moved on. "We're clear that alleviation of poverty has become the side that leads. I think most people in this country would assume that generally people can feed themselves. But they can't." If all FareShare was concerned with was waste, he says, it could just give food away to commuters. "But that's not what we're about. Demand for our food is going up faster than we can source it."

Martin Caraher, professor of food policy at City University London, says recent research confirms what both the Trussell Trust and FareShare are seeing. "There are around 13 million people in Britain living in poverty, which is defined as earnings of 60% of the national average. Of those, four million are suffering nutritionally related consequences. And the big new group who are really suffering are working families."

Cecilia Mpamugo, chef at the Refugee Council's drop-in centre in Brixton, south London, cooks food for at least 100 people a day, many of whom have no other way to get a hot meal. "It's shameful that the food would otherwise go to waste. And the quality is very, very good."

So is FareShare part of the solution to Britain's growing food poverty crisis? Lindsay Boswell thinks not. "We're in the business of addressing the symptoms without addressing the disease. We are simply part of the alarm system."



 こんなところでめでたい話を使うのは申し訳ないのですが。ソーホーにあるうどん屋さん、KOYAhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1367.html)がオブザーヴァ紙のフード・マガジンによるアウォードのある部門でトップに輝きました。

Observer Food Monthly Awards 2011 best cheap eats: Koya
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2011/oct/16/ofm-awards-2011-cheap-eats-koya

 異国でこんなに高品質なうどんを提供しているKOYAは立派です。正直なところ、いまKOYAがなくなりでもしたら、僕は困ります。でも、僕はKOYAが安いとは思いません。今、不況に苦しんでいるイギリス国内の家庭にとっては、贅沢なレストランだと感じます。
 
Recession: counting the cost on Luton high street
http://www.guardian.co.uk/business/2011/oct/05/recession-luton-high-street-shoppers

"The prices will go up and no one has an answer to how we get out of this mess we're in," he said. "I'm not really very impressed with what Cameron or anyone has had to say about how we're going to get out of this debt crisis."

 イギリスのスーパーマーケットで買い物されたことがある人であれば誰でも眼にする表示。「3個買ったら値段は2個分」とか「一つ買ったらもう一つは無料」。そんなことよりも、単価を下げて欲しいと願っているのは僕だけではないはず。

 先日、連立政権の中でも人気に低さから言えばおそらくダントツであろうアンドリュー・ランスレィ保険相が、国民の肥満を減らすために、ひいては保険財源から肥満対策へ使われる費用を減らすために国民は食べる量を減らすべきだといって、栄養学の権威やジェィミィ・オリヴァから速攻で痛撃を食らっていました。
 今回の発言を読んで、現在の連立政権、特に保守党の政治家は一般市民の暮らしぶり、特に住環境の実態を全く知らないのではと感じました。これ(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1452.html)住宅政策無策ぶりについてかいてみました。例えばロンドン。小さな家に、縁もゆかりもない数家族がひしめいて暮らしているとします。そのような環境では個別の冷蔵庫で安いものを長期保存なんてできないでしょう。安かろう悪かろう物を大量に買えるときに買って、一日も早く食べ終わらなければほかの家族に盗まれてしまう。こんなことが起こりうる環境をランスレィ保険相は考えもつかないのではないかと。
 現在、日本からイギリスに来る場合、かつて多くの観光客の皆さんが感じられたであろう割高感は現在の円高のためにそれほどでもないだろうと期待されている方もいるかもしれません。しかしながら、飲食費や交通費は確実に値上がりしていて期待以上の割安感はないかもしれません。

UK seeing a big rise in poverty, says IFS
http://www.bbc.co.uk/news/education-15242103

 ここまで書いていて、こんなニュースが。

UK CPI inflation rate rises to 5.2% in September
http://www.bbc.co.uk/news/business-15344297

 イギリスの9月のインフレ率が5%を突破。次は、イギリス?

友情は色眼鏡で見られる:国防省辞任から

2011.10.16
過去数週間、イギリスのメディアを大いに賑わせていたリアム・フォックス国防大臣をめぐるスキャンダル。日本でも辞任については報道されました。

英国防相が辞任 ロビイストとの関係めぐり
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101401001166.html

【ロンドン共同】英国のリアム・フォックス国防相が14日、防衛コンサルタント事務所を経営していたロビイストの友人を外国要人との会談に同席させたことなどの責任を取って辞任した。
 クリーンな政治を掲げているキャメロン首相にとって、同じ保守党のフォックス氏がスキャンダルで辞任するのは痛手。英メディアによると、首相は運輸相のフィリップ・ハモンド氏を後任の国防相に任命した。
 フォックス氏は首相に宛てた書簡の中で「個人的利益と政府活動の境界線を誤ってあいまいにしてしまった」と辞任の理由を述べた。



 渦中の友人は、フォックス氏より17歳年下で、フォックス氏が結婚するまでフラットメイトで、フォックス氏の結婚式ではベストマンを勤め、フォックス氏の結婚後も公私にわたりいろいろな場所に一緒に参加していたそうです。

 今回のことでもっとも真剣に考えられるべきなのは、メディアが伝えるべきことはフォックス氏の政治家、そして大臣としての資質。が、ここまで読んで考えておられる方もいるでしょう、タブロイドが書きたてたのは、「フォックス氏はgayじゃないのか?!」、ということ。
 当初、全国紙はこの全く根拠のない、そして問題の本質には全く関係のないこのゴシップを封殺しようとしていたようです。が、キャメロンのリーダーとしての指導力が問われるべきだと思いますが、フォックス氏の処遇についての無益な閣内調査が延々と続いたこともあって、根も葉もないゴシップが意味のないことを強調・反論する記事が出ました。


Why politicians can't seem to learn from past mistakes
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/oct/12/politicians-dont-learn-from-mistakes

Anyway, public activity is what drew attention to the close relationship that exists between defence secretary, Liam Fox, and his friend Adam Werritty. Of course, people are going to speculate about why Fox was so dependent in his public life on Werritty that he risked his job for it. Of course, they are going to wonder if something in their private lives explains this.

There is open speculation that the inappropriate public closeness that exists between Fox and Werritty is an indication of "a sex scandal". But there is no indication of any terribly "scandalous" sex. Fox is married, and his wife has a reasonable expectation of sexual fidelity – and it's important to stress that no one has presented any evidence of infidelity. But if the couple arranged things differently, then that would be their business. The sex of a third party is immaterial – or should be – and plenty of politicians have survived public knowledge that they have had relationships with people who are not their spouses.

It is dreadful, the way the word "gay" is being treated in this story like some unmentionable slur, libelous, insulting, damaging. On Wednesday, the Scottish press started running with a story suggesting that Fox, as a student, did not like gay people to "flaunt" their sexuality in his face. The implication is that he is a self-hating gay. It's hilarious. There you are, accused of poor judgment, breach of the ministerial code and Lord knows what next. But woe betide anyone who dares to suggest … a loving relationship between two consenting adults. Not that such a revelation would get Fox out of the mess he is in.

It's perfectly possible, and plausible, that Fox relied on Werritty for purely emotional support, for love, not sex, for friendship, not money. Whatever. The point is that whatever the bond, it led to weird and suspicious arrangements, such as Werritty being present at meetings he had no obvious legitimate business to be present at, as if every day was Take Your Best Man To Work Day. Why did Werritty want to attend these meetings, around the world? Why did he claim to be part of Fox's team? Why did Fox allow and encourage all this? These are the important questions.

I would be happy never again to hear of some politician or other's private sexual arrangements, unless those arrangements were breaking the law, or were otherwise genuinely in the public interest. But politicians themselves are highly disobliging in this respect. It is politicians themselves who cannot draw a line between public and private, then stick to it. That's precisely what the expenses scandal was about, the inability and unwillingness to say "this is private" and "this is work", or even, "I'm not sure there, so obviously I'll give the benefit of the doubt to the tax-paying population, not me and mine." There was no sex involved in that scandal. Or very little.

The really worrying thing about these supposed people of wisdom, with their responsible jobs, ostensibly in the service of others, is that they never, ever seem to learn. It puts people off entering politics, the idea of public life, public scrutiny, public accountability.


 デボラさんが何度も強調しているように、今回の騒動で真剣に問われるべき、国民が知らなければならないのはリアム・フォックス氏の政治家としての資質であって、彼のセクシャリティや私生活ではないはず。しかしながら、この混乱を招いたのは政治家自身。


The male bond is the real victim of the Fox affair
http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-23998161-the-male-bond-is-the-real-victim-of-the-fox-affair.do

Why can't a man have a close friendship with another man 16 years his junior? Why should it be so "unlikely"? Why can't a married man have a male friend to stay overnight at home while his wife is stranded by a volcanic ash cloud? Stop sniggering at the back.

Dr Fox has only himself to blame. His judgment has clearly been found wanting. He should have disclosed the whole truth at the outset about the number of official foreign visits the pair made together; he should not have allowed young Werritty to accompany him on MoD business as an "adviser". End of.

Sadly the real victim of this whole affair is male friendship. What should have been a noble bond between two men has now been sullied beyond redemption by ambition (Fox apparently wanted Werritty to bypass the namby pamby Civil Service) and murky business dealings. And it gives Platonic relationships a bad name.

Heroic friendships - otherwise known as Platonic - were the highest ideal of the classical world and were relationships of emotional and intellectual connection without sexual intimacy. Achilles and Patroclus were the archetypal couple who fought together during the Trojan war. When Hector killed Patroclus, Achilles was beside himself for days.


 こんなゴシップ、世界中、どこも同じでしょう。同性の友人といつも一緒だとうわさを立てられる。他方、異性の友人、それも片方が結婚していようものなら、「不倫じゃないの?!」と。個人の生き方を頼みもしないのにあなたの色眼鏡で勝手に結論付けるのはそろそろやめませんか、と。
 僕は同性の友人も異性の友人もいます。異性の友人の何人かは、結婚していますが、そんな友人と一緒に劇場に行って批評を言い合うのは楽しいこと。友人と二人でお茶するのはおかしいことなんでしょうか。うわさを立てる人を喜ばせるために、一人でいるわけでも、同性の友人と、異性の友人とつるんでいるわけではなく、あくまで個人の選択。そしてその選択がもたらす楽しみを共有できる友人がいることの素晴らしさ。そんな個人の生き方の選択を一方的に拒否する社会構造や集団意識は、日本もイギリスも同じだと思います。ちなみに、現在のイギリスでライフ・スタイルについていろいろ噂が絶えない著名人は、ケヴィン・スペイシィ

 ちょっと脱線します。最近、カウンセリングにおける性差別(身体てきなこと)、ジェンダー、セックスの分野について勉強を進めようと思っているので、社会がセクシャリティをどう捉えているかということに興味を惹かれます。で、ちょうどガーディアンで面白い記事が続けて掲載されたのでご紹介。

The only way is marriage?
http://www.guardian.co.uk/world/2011/oct/15/gay-marriage-conservative-tories

 個人的には、何度かシヴィル・パートナーシップの場に招待されたことがあります。普通の結婚式と全く同じだし、同性のシヴィル・パートナー同士が「結婚」と同じ権利を持てることはいいことだと思います。
 ただ、個人的には「結婚」という言葉、そしてそれが歴史的に築いてきた役割を考えると、僕は同性の「結婚」という言葉の使われ方への違和感を拭い去ることはできません。

Designer vagina surgery: snip, stitch, kerching!
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2011/oct/14/designer-vagina-surgery?

 女性器の各部位の呼称の羅列にはひるみませんが、こんな世界があることに少なからず吃驚しました。人類の「性」の追求の意欲って凄いです。ちょっと笑ってしまったのは、著者がこの記事のリサーチを始めるやいなや、この記事の主題である形成手術のスパム・メイルを受け取り始めたということ。ということは、男性諸氏が「男性器増大」のスパム・メイルを受け取るように、女性の皆さんも同様なスパム・メイルを受け取っているということなのかな、と。

 ロンドンでも、カウンセリングの場における心と性、ジェンダーの関係にかかわるワークショップはあまり多くありません。が、幸運なことに研修仲間の一人が「サイコ・セクシャリティ」の道を進んでいて、幾つか教えてもらえました。僕個人が咀嚼できるかどうかは全く判りませんが、楽しみでもあります。

ロイヤル・バレエ:トリプル・ビル

2011.10.16
今週12日と14日、ロイヤル・バレエの最初のトリプル・ビルを観てきました。ロイヤル・オペラ・ハウスのチケットが、偽造防止の加工が施されていたのには驚きましたが、以前のものより「特別」という感じがあって、僕は好きです。

 今回のトリプル・ビルは、現常任振付家のウェイン・マックグレガー、そしてロイヤル・バレエといえばのフレデリック・アシュトンとケネス・マクミラン、それぞれの作品を一つづつという構成。来月のトリプルでは、現役ダンサーのリアム・スカーレットの作品とアシュトン、そしてマクミランという構成になっているのでロイヤル・バレエの過去と現在、そして未来の方向性の対比を狙っているのかな、とも考えられます。すでにご覧になられた皆さんが詳しい感想を書かれています。

http://miklos.asablo.jp/blog/2011/10/08/6154164

http://voyage2art.exblog.jp/13817571/

 幕開けはマックグレガーの作品。初演のときはそれなりに楽しんだのですが(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1114.html)、「世界初演」という冠が取れてしまったのと、次々に新しい作品を発表するマックグレガーには常に何か「新しいもの」を期待してしまっているようで、振り付けが発するであろうパワーを感じることはありませんでした。個々のダンサーの技量、例えば、先月上演されたカフカの「変身」を題材にした現代作品で絶賛されたエドワード・ワトソンや、若いダンサーにぶんぶん振り回されても涼しげな表情を全く崩さないリアン・ベンジャミンには瞠目させられましたが、それを超える何かを感じることはなかったです。

 12日と14日だけ観に行ったのは、セナイダ・ヤナウスキィがアシュトンの「マルグリーテとアルマン」でロール・デビュウを果たしたからです。それに、彼女の年齢や、来年これがプログラムに入らなければ、おそらくヤナウスキィがこの役を踊るのは今回が最初で最後だろうとの邪推もありました。
 期待を抱いて観た初回の12日は、正直なところ、マルグリーテの命が燃え尽きる最後の場面でやっと舞台に惹きこまれました。ひとえに、シルヴィ・ギエムの影を追ってしまった僕の問題です。ギエムが2000年に踊ったときでさえ確か1回しか観なかったはず(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-3.html、なんて拙い)ですし、そのあとの再演でもやはり1回だけ。にもかかわらず、「これはギエムの作品」と思い込んでいたから。そのねじれた思い込みをほぐすには、12日のヤナウスキィの演技はやけにあっさりしたものに感じました。
 14日は、初回に見落としていたヤナウスキィの役への解釈をしっかり見ることができたので、彼女がマルグリーテという女性をどう考えたのかが振り付けと合致し素晴らしい舞台でした。とりわけ今で鮮明に心に残っている場面があります。アルマンの父から別れることを強要されたマルグリーテが、デュークから送られたであろう豪華なネックレスをしてサロンで男性に囲まれている場面。
 実情を知らないアルマンは、怒りに我を忘れてサロンに乗り込み、マルグリーテをなじる。アルマンは引きちぎろうとマルグリーテのネックレスに手をかける。そのときマルグリーテの表情は、一瞬、歓喜に輝きました。伸ばされた手に和解を見たのか、それとも自由をみたのか。が、アルマンはネックレスを力任せに引きちぎり、マルグリーテを床に突き放す。一瞬の喜びの高まり、そのあとにもう何も元には戻らないと悟った静かな表情の対比には、物語バレエの真髄は今でもロイヤル・バレエの中にあることを確信するほどでした。
 
 14日は観ないで帰宅してしまったのですが、12日のクライマックスはマクミランの「レクイエム」でした。あえて言うなら、リアン・ベンジャミンの存在。小柄な体格ももちろん幸いしているのですが、「Pie Jesu」でソロを踊るベンジャミンからは、亡くなったクランコにマクミランが伝えたかったであろう想いが完璧に表現されていたように思います。
 もう一つ、「レクイエム」で個人的に嬉しかったのは、ファースト・ソロイストのダンサーたちを沢山見られたこと。現在このランクには、華やかさにはいささか欠けるものの、ヴェテラン・ダンサーが多くいます。自分たちに求められている踊りをしっかりと理解している彼らがいなければ、あの統一感は生み出されなかったのではないかと思います。

999匹の兄弟のお引越し

2011.10.16
という題名の絵本が日本で出版されたのが2003年とある。そして、ニュー・ジーランドのGecko Press から2010年に英訳が出版された。

999tadpoles.jpg

 久しぶりのジャケ買い。内容を読まないで買ったけど、読んでも面白かった。

カッワーリの巨星、逝去:サブリ・ブラザーズ

2011.10.15
現在、日本でカッワーリの人気がどれほどなのか、カッワーリのグループ・歌手がどれくらいの頻度で来日公演をしているのか全くわからない。僕にとってカッワーリといえば、故ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン。コラムニストのいとうせいこう氏が一時かなりのめりこんでいろいろな媒体に彼の経験を書いていたのでハーンの名前を目にしたことがある人もいるだろう。
 幸運なことに、ハーンの実演を日本で観たことがある。すさまじい舞台だったことしか覚えていない。人間の声が生み出す「力」に圧倒された。
 で、実演は観たことはないけど、ハーンの音源を探っているうちに知るようになったのがサプリ・ブラザーズ。たしか、WOMADの最初の音源には収録されていなかったと記憶しているけど、関連の音源で知るようになりCDもいくつか購入した。そのサプリ・ブラザーズの創設メンバーが逝去した。

Maqbool Sabri obituary
http://www.guardian.co.uk/music/2011/oct/12/maqbool-sabri-obituary

 カッワーリに巡り会った当時、イスラムと欧米の対立なんて想像する余地すらなかった。ただただ、それまでの音楽経験には全くなかった旋律、そして声のポテンシャルに惹きつけられた。僕自身の中で、宗教が宗教のままでいられた時代の幸運な邂逅だった。

Songs    Comment(0)   ↑Top

ロンゴバルドが面白い

2011.10.10
最近、というかはじめた当初からごった煮状態のこのブログと気長にお付き合いしてくれている皆さんはおそらく、ヴェネツィア在住の友人のブログをご覧になったことがあるだろう。

http://fumiemve.exblog.jp/

 こちらで最近大きく取り上げられているのは、最近、世界遺産に認定されたロンゴバルド族の文化と歴史。

http://fumiemve.exblog.jp/13708459/

http://fumiemve.exblog.jp/13719117/

http://fumiemve.exblog.jp/13756711/

http://fumiemve.exblog.jp/13774406/

092711fg.jpg

092711fi.jpg

092911fn.jpg
(写真はすべて、友人から。ありがとうございました)

 読んでいるうちに、「ロンゴバルド」という民族の名をはるか昔、高校の世界史で聞いたような気がしてきたけど、彼らが発展させた美術品を見るのは初めて。これまで見てきたイタリア美術とは全く違う(僕の目には)精緻なレリーフや金細工、そして友人の大変わかりやすい解説のおかげで一気に惹きつけられた。

 最近、イギリス国内で報道されるイタリア関連のニュースといえば、イタリア国債の三段階格下げ、ドルチェ&ガッバーナが「D&G」ブランドをやめることにしたとか、イギリス人学生殺害の裁判で一度は26年の刑を下されたアメリカ人女性に逆転無罪が下され、そしてイタリア国内における政治難民の扱いが配慮を欠いている(これはイギリスも同じだけど)等々、なんだか「イタリア、どうなっちゃっているんだ」、というものばかり。

 多くの人が今の日本は内向きすぎるというけれど、僕はイタリアもそうなのではと感じる。少子化という点でも共通点があるのでは。もっともっと、外の目をひきつけなくてはならないのではないかと。

 友人が紹介したロンゴバルド美術品が、イタリア国外、例えばロンドンのある一つの美術館で大々的に展示されるとは思えない。それならば、イタリア各地に散らばっているらしいロンゴバルドゆかりの美術館をめぐるツアーを企画して観光客を呼び込むとか。お母さんの作るトマト・ソースと自分たちだけの内輪話に夢中でいられる時代ではないように思うのだが。

 勝手な思い込みをかき散らかして、イタリアが好きな人はむっとされたかもしれない。僕がイタリアを初めて知ったのは、第二次世界大戦末期、ファシズムに抵抗するパルチザンとともに祖国解放を目指す少年たちの生活を描いた児童小説。子供心に、「イタリアって、なんて大らかな国なんだろう」と感じた。今のイタリアからは、おおらかという印象は感じない。

 脱線しすぎた。ロンゴバルドの美術品、ぜひ、実物を見てみたい。いついけるだろう。判らない。ロンドンの美術界も大賑わいだから。今日から一般公開となった、テイト・モダンのタービン・ホールの巨大展示のレヴュウは五つ星。

Tacita Dean: Film – review
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2011/oct/10/tacita-dean-film-review

Film by Tacita Dean at Tate Modern – in pictures
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/gallery/2011/oct/10/tacita-dean-film-in-pictures?intcmp=239



 いつから、美術館にデジカメ持込がデフォルトになってしまったのだろう。7月、パリのルーヴル美術館でもうんざりした。サモトラケのニケやヴィーナスの周りはあたかもキャット・ウォーク状態。吼えたいのは、

 美術館にデジカメ持ち込み、禁止!!!

Japanese government is to invite 10,000 tourists to Japan

2011.10.09
According to Yomiuri newspaper, the Japan Travel Agency has authorised the special budget by which Japan is to invite 10,000 tourists from the world in 2012.

http://www.mlit.go.jp/kankocho/en/index.html

Unfortunately, the Agency has not yet put a clear guidance of how to apply for this plan, nor how they are to process application forms. However, the Yomiuri reports,

1) JTA is to annouce the plan mainly by the internet

2) you need to demonstrate your own plan of what you want to do in Japan

3) once your plan is accepted, then JTA will pay your return tickets

There are some requirements while you are in Japan.

A) JTA is to expect the tourists to send your experience to your family, friends and others by twitter, blog or other forms of social networking system while you are still there

B) JTA may also ask the tourists to discuss new plans of how to appeal the charms of Japan to the world


There are not concret plans yet, but when the plan is completed, I think it will be great. A you can imagine, becaus the number of the foreign tourist to Japan have been decreasing massively since 11th of March, they wil do this.


Returning Japanese
http://www.guardian.co.uk/travel/2011/oct/07/japan-tourism-after-tsunami?intcmp=239#
In spite of this year's disaster, you voted Japan your Favourite Long-haul Country in our Travel Awards 2011, and as the Guardian's Tokyo correspondent reports, there are many good reasons to go again soon

Hope to see some of you in Japan next year!


お願い、見つめないで!:異文化を生きる

2011.10.09
東京在住の外国人の友人から、以下のリンクが送られてきた。

Fake Book Cover: Why Do Japanese People Stare At Foreigners?
http://www.japanprobe.com/2011/10/03/fake-book-cover-why-do-japanese-people-stare-at-foreigners/

 僕の正直な感想、瞬時の反応は「humiliation」。このポストを書いた人は、日本が嫌いということではないはず。逆に、「これだけ日本が好きで、日本社会に溶け込みたいと願っている僕を、単に外国人だからという理由で見つめないで欲しい」という願望からだと思う。悪気があってのことではないとはわかるのだけど、「外国人」という立場をもっと見つめてみても良いのではないかと思う。

 でも、この気持ち、理解できる。2000年にアマルフィやマデイラ島に行ったとき、現地の皆さんから見つめられまくり。あの頃は「異文化」が引き起こす悪気のない好奇心について考える余裕がなかったので、どうして僕一人だけが見つめられるのかが判らず、考えすぎて体調がおかしくなったほど。

 日本人だけがこのようなことをするのではない。異なる文化、異なる言葉、異なる人種の中に飛び込んだら、気分が悪くなることも経験するかもしれない。でも、それ以上に得がたい経験を沢山できる機会でもあるはず。

 ロンドンでは、日本人だからと見つめられることは、皆無。社会に、イギリス人に受け入れられたということではない。いちいち人種を気にしている余裕などない、というのが現実だと思う。
 上手くまとまらないけど、以前、グラストンベリィ在住のイギリス人の友人から送られてきたメイルを思い出した。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-467.html
(日本語)

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-468.html
(英語)

 ドーセットで日本人がジョブ・インタヴューを受ける(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1462.html)時代になったのだから、多文化、異文化をどう咀嚼するかについての意識は、少しは変化していると思うのだが。

DESH(Homeland):アクラム・カーンの新作

2011.10.08
世界初演は9月、レスターの劇場でだったアクラム・カーンの新作「DESH」のロンドン公演が、4日から8日までサドラーズ・ウェルズ劇場でありました。サドラーズのウェブにあった紹介文です。

DESH (homeland) is a new full length solo from celebrated choreographer and performer, Akram Khan, inspired by his homeland of Bangladesh. After critically acclaimed collaborations with artists including Sylvie Guillem, Anish Kapoor and Antony Gormley, DESH is set to be one of Khan’s most personal works, as he seeks to reconnect with his cultural roots.

Reflecting on life in Bangladesh, Khan will portray several characters familiar in daily Bangladeshi culture through his own body and voice. For this solo performance, he has teamed up with Oscar-winning Chinese visual artist Tim Yip (production designer for Crouching Tiger, Hidden Dragon), fellow Sadler’s Wells Associate Artist and lighting designer Michael Hulls, Indian writer and poet Karthika Nair, Olivier Award-winning composer Jocelyn Pook and British slam poet Polar Bear.
DESH will explore the idea of transformation - of body, land, identity and memory, while examining the contradictions of Khan’s own British-Asian identity. In Khan’s own words: “I am searching for a story that addresses both the tragedy and comedy of life in Bangladesh.”

Akram Khan: Choreographer, Performer
Tim Yip: Visual Designer
Jocelyn Pook: Composer
Michael Hulls: Lighting Designer
Yeast Culture: Visual Animation


 カーン自身のソロ作品はかなり久しぶりだったようで、各メディアのレヴュウもほとんどが4星以上(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1463.html)。9月のレスター公演でレヴュウをかいたガーディアンとオブザーヴァはともに「マスターピース」との評価。
 僕は初日と最終日を観ました。僕にとっては「傑作」ではありませんでしたが、舞台芸術としては素晴らしいものでした。照明、音楽、セットの完成度の高さは、たった一人のダンサーのソロ作品にここまで資金をつぎ込んだのか、でも資金が全く無駄にはならなかったことに疑いの余地はない、それほどすべての要素がほぼ完璧に融合した舞台でした。特に、モンスーンが吹き荒れるバングラデシュの森をカーンが彷徨うシーンでのアニメイションは特筆もの。ここ数年、映像が使われるバレエ・ダンス公演が増えていますし、実際に何度も経験してきました。映像が使われない舞台を観たい気持ちのほうがまだ大きいですが、最近は映像によって舞台が台無し、という経験は少なくなってきているように思います。9月、「TeZukA」の舞台で接した上田大樹さんの素晴らしい映像(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1446.html)は今でも鮮明に記憶に残っています。

 舞台の構成には、詩人と脚本家が携わっています。大筋は、バングラデシュからイギリスに移民した両親の元、イギリスで生まれ育ったアクラム・カーンの「サイコロジカル・ジャーニィ」。一歩間違えれば、自己満足の世界に陥る危険性の大きい主題。
 そのような主題を、舞台芸術として完全に昇華させることができたのは、アクラム・カーン自身が発する舞台上でのカリスマ。ところどころ休みが入るものの、80分もの間舞台にいるのはカーンだけ。舞台の中央で静かにたたずんでいても、カタク(インド古典舞踊の一つ)の超人的な速さの回転で舞台奥に移動しても、舞台から発せられる観る側にひと時も瞬きさせないような波動が途切れることは全くありませんでした。
 初日、事前情報もなく観ました。最後、カーンの信じられないほど静かな、それでいて完璧にコントロールされた踊りからあふれ出る悲しみに包まれてじんわりと涙が出てしまったほど。「自分探し」は言葉で言うほど易しいものではない。異文化、異民族の狭間で揺れ動く自分のアイデンティティはどこのあるのか、その終わりのない問いかけこそ生きていくことに他ならない。そんな印象を持ちました。
 カーンの踊りを期待していくとかなり肩透かしと感じるかもしれません。80分の舞台を一人で踊りきるのは、いくらカーンでも無理でしょう。しかしながら、総合芸術として、一つの到達点を示したダンス・パフォーマンスと考えます。

 その高みに到達した舞台を作り上げるには巨額な資金が必要。今回の舞台は、コンテンポラリィ・ダンスを作り上げる環境が変化していることも示しました。
 もともと、アクラム・カーンはサドラーズのアソシエイト・アーティスト。そこに、フランスのグルノーブルに本拠がある「MC2:」という劇場(なのかな?)と国際的な連携(資金確保や運営の援助など)を持つことで、今年から2013年まで年1作、アクラム・カーンの創作を支援するというもの。オペラやバレエでは世界各地のオペラ・ハウスやバレエ・カンパニィとの共同制作というのはもはや珍しくないです。モダンやコンテンポラリィの世界でも、一つのカンパニィや劇場だけでは新しいものを創り出す予算をまかなえなくなってきているように思います。
 7月にあったシルヴィ・ギエムの「6000 miles awayhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1414.html)」、「TeZukA」そしてこの「DESH」。いずれもロンドン公演のあとはまず欧州を回る予定になっています。特にイギリスよりも公演数が多いのではと感じるのが、フランス。ギエムはフランス出身、アクラム・カーンはフランスのカンパニィと連携しているから自然な成り行きなのかもしれないですが、コンテンポラリィの人気はフランスのほうが高いのかなと思ったりもします。

 付属情報。初日は、今回の舞台は細部をじっくり観たかったので、1階席最前列中央。そしたら右となりは偶然にも、サドラーズ芸術監督のスポルディングさん。さらに彼の隣がシェルカウイだったので、「TeZukA、絶対に東京でも成功しますよ」と。で、スポルディングさんに訊いたところ、DESHは日本に行く予定はまだ決まっていないけど、ぜひ、日本公演を実現させたいとのこと。僕もこの舞台が日本に行くとなれば日本のダンス・ファンにはとても面白い機会になると思います。反面、立ちふさがるのは言葉の壁。
 シルヴィ・ギエムのとのコラボレイション、「セイクレッド・モンスターズhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-41.html)」同様、台詞がとても多い舞台です。映像だけでなく、字幕が入るダンス公演も増えてきているようですが、個人的には、字幕を見なければ理解できないダンス公演は、ダンスではないと思ってしまいます。かといって、ではアクラム・カーンの台詞を日本人の俳優が日本語で吹き込んだものをかぶせると言うのは興ざめだろうし。
 最終日には、ロンドン南西部在住の友達と。ロンドン南西部から、ロンドン東北部にあるサドラーズへの道のりは平坦なものではありません。今回友人は、オーヴァーグラウンドを使ってHighbury & Islingtonまで来て、そこから19番(ほかに4番、30番も可)のバスでサドラーズの正面へ。予想以上に快適、迅速だったとのこと。ロンドン南西部のダンス・ファンの皆さん、ぜひ、お試しを。

日本、ガーディアン・トラベル大賞に輝く

2011.10.08
2011年、ガーディアンとオブザーヴァの読者が選んだ、旅行で訪れたい国のトップは、日本。


Returning Japanese
http://www.guardian.co.uk/travel/2011/oct/07/japan-tourism-after-tsunami?intcmp=239#
In spite of this year's disaster, you voted Japan your Favourite Long-haul Country in our Travel Awards 2011, and as the Guardian's Tokyo correspondent reports, there are many good reasons to go again soon

[追記:10月9日]
東京特派員のマッカリィさんの鋭い観察。

The cities and areas that usually feature on a tourist itinerary emerged from the disaster physically unscathed. The Kansai region – which includes Kyoto, Nara, Osaka and Kobe – is hundreds of miles from the quake's epicentre. The damage there has been in the form of hotel cancellations by travellers who haven't done their radiation homework.
 自分の5感で確かめることのできない放射線への恐怖を多くの人が拭い去ることができないのは防御反応として自然なことだろう。でも、根拠のない風評に惑わされて、お互いの首を絞めあうのは悲しいこと。


Japan's magical landscapes: there's noh place like it
http://www.guardian.co.uk/travel/2011/oct/07/japan-landscapes-kii-peninsula-sado?intcmp=239
Melancholy landscapes, wild waterfalls and hidden shrines – follow a noh theatre-inspired trail through the Kii peninsula and to rugged Sado Island in Japan, your Favourite Long-haul Country in our Travel Awards 2011

A yen to return to Japan
http://www.guardian.co.uk/travel/2011/oct/07/japan-discounts-city-hotels-flights?intcmp=239
Whether you fancy a city break in Tokyo, an epic train odyssey or a ski trip, there are some great deals to tempt tourists back to Japan, Favourite Long-haul Country in our Travel Awards 2011

 今日は一日詰まっていてじっくり読んでいないので、もしかしたらありきたりの記事かもしれないけど、それでも読者が選んで一位、というのがとても嬉しい。

 在英邦人の皆さん、値上げで実売数が激減しているらしいガーディアンを今日だけは買ってあげてください。

 小沢一郎ごときをいつまだたっても黙らせることができない日本の政治家に日本を変えることなどできないだろうけど、日本とイギリスの市民レヴェルの交流が進めば、少なくとも日本とイギリスの関係は面白い方向に進むだろうと期待する。

Desh:アクラム・カーンの新作ソロ

2011.10.06
Akram-Khan415.jpg

4日から、サドラーズで始まったアクラム・カーンの最新作、「Desh」。初日に観てきたが、言葉にならない悲しみが彼のダンス、そして舞台から伝わってきた。
 
 詳細は週末に書くつもりでいるけど、在ロンドンのダンス・ファンでまだチケットを購入していない方、Must See。サドラーズからの情報だと、このプロダクションが日本に行く予定はまだないようだけど、年内に香港公演が予定されいるとのこと。

Akram Khan: DESH, Sadler’s Wells, review
http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/dance/8808296/Akram-Khan-DESH-Sadlers-Wells-review.html

DESH - review
http://www.guardian.co.uk/stage/2011/sep/16/akram-khan-desh-review

Desh – review
http://www.guardian.co.uk/stage/2011/sep/17/desh-akram-khan-review

Akram Khan: DESH
http://www.thisislondon.co.uk/theatre/review-23994606-akram-khandesh-sadlers-wells---review.do

イギリスでの心理カウンセラー職獲得への、楽しく長い道のり

2011.10.02
信じられない好天も今日までらしいロンドン、そしてイギリス。寒くなるのは季節のめぐりですから仕方ないとしても、太陽が隠れない秋、そして冬であって欲しいです。

 6月上旬に、メンタル・ヘルス(「精神医療」だと予想以上に重く響くようなので)のコースワークを終えてすぐに、この機会を利用してNHS内のカウンセラー職に就けるかどうか試してみようと思い立ち、活動を始めました。プライヴェイトとはいえカウンセリング活動をしていても、イギリスで暮らしているのであれば、人々の日常に深くかかわっているNHS内でメンタル・ヘルスにかかわることができれば、今後の自分の仕事にとって興味深い経験になるだろうと思ったからです。
 これまでの経験、勉強、そして資格などからさくさく決まるかと思ったら大間違い。世の中は不況で、イギリス人ですらまともに職につけない人が全国に。そして予算削減で大揺れのNHSは、ポジション募集はかなりあるものの、プライオリティはNHS内で退職勧告の状況にある職員にということで、外国人がインタヴューにこぎつけられることなどないのではと疑心暗鬼に感じてしまうほど、書類を送り続けても何も起きない日々が続きました。
 それでも友人や、同じようにプライヴェイトのカウンセラーとして働いている研修仲間の知恵を借りて、応募書類の内容を加筆・訂正は続けていました。また、何度も応募書類を書いているうちに、自分のこれまでの経験や資格を別の面から見直しをし、心理カウンセラーとして活動していく上で、どのような分野に目を向けるべきなのかを考えるいい機会にもなりました。

 いくつ応募書類を送ったのか、どこに送ったのかを気にかけなくなった頃、イングランド南西部、ドーセットのNHS管内のメンタル・ヘルス・サーヴィスからジョブ・インタヴューの知らせが届きました。
 なぜドーセット?経験を積めるのであればロンドンを離れてもいいかなと。それに、ロンドン内は競争率が厳しく、また、自分の被害妄想かもしれないですが、若い世代のほうが有利なのではと感じることが多々あります。プライヴェイト・プラクティスも、いざとなったら重い腰を上げてスカイプでという選択肢がある時代。
 応募したポジションは、P/T Psychological Wellbeing Practitioner。この、サイコロジカル・ウェルビーング・プラクティショナー、省略形PWPは、国を挙げての精神医療向上計画、Improving Access to Psychological Therapies (IAPT, http://www.iapt.nhs.uk/)に設けられているステイタスです。自殺者が全く減らない日本でこのような国を挙げての活動がないのが不思議でなりません。以下にあげるのは、仕事内容の一部です。

Duties include providing high volume, low intensity interventions, which will involve providing a range of cognitive behavioural therapy (CBT) based self management interventions to service users with mild to moderate anxiety and depression. You will receive weekly supervision and work as part of a team.

All staff deliver low intensity comprehensive telephone assessments, screening, treatment and signposting followed by rapid access to planned intervention / onward referral. You may also provide supervision for the PWP Trainees as required.



 ちょっと早めに現地に赴いてしたことは、応募したメンタル・ヘルスがサーヴィスを提供するコミュニティを観察すること。ロンドンで僕が住んでいる地域は、ミドル・イースタン化が著しいところ。訪れた地域では、スカーフをかぶった女性を見かけることは一切なく、耳に入ってきた外国語といえば、東欧圏の言葉がほんの2回ほど。9割以上が、イギリス白人。まず考えたのは、この仕事を獲得したいけど、では非英国人の僕がこの地域で働くことは可能なのだろうか、ということ。
 インタヴューが行われる場所につき、通された小さな会議室でまず言われたのは、「インタヴューを始める前に、ロール・プレイをしてもらいます」、と。ロール・プレイがあることはメイルの中に記載されていましたが、まさかしょっぱなにあるとは思っていなかったので、ちょっと吃驚しました。が、そんな驚きを出すほど、初心者ではありません。

 要求されたのは、コミュニティ・メンタル・ヘルス・センターにかかってきた電話に答える。電話をかけてきたサーヴィス・ユーザーの話を聴く。その会話の内容を判断して、3分間のロール・プレイ終了後間髪いれずに、インタヴューアーに1)予想される症状は何か?2)なぜ、その症状だと判断したのか、その根拠は?3)電話をかけてきたサーヴィス・ユーザーにあう心理サポートの方法にはどんなものが考えられるか、そしてその理由を述べる、というものでした。

 ロール・プレイが最初という設定には驚いたものの、これまでに同様な状況を数えられないほど経験してきたこと。説明するときに、どの言葉がふさわしいかを判断するのにためらいがあったほかは、自分でも驚くほど冷静に対応でき、「受かるとは思えないけど、この経験を楽しまなければ」との気分がじわじわ身体を満たしてくるのがわかりました。

 そのあと通常のインタヴューになりました。質問の数は、確か7つだったはず。僕個人の資質を自分でどう判断するかというものと、仮にそのミュニティ・メンタル・ヘルス・センターで心理カウンセラーとして働くことになったとき、実際に起こるであろうことにどう対応できるかという質問に大別できると思います。
 それらの質問を通して、またインタヴューの最後に僕から尋ねたことへの回答から理解できたのは、そのセンターが心理カウンセリングを提供するサーヴィス・ユーザーに占める65歳以上の人口が増えつつあるということ。実際、そのコミュニティ周辺や、大きな鉄道駅の周辺を歩いていたときに、多くの人がウォーキング・スティックや車椅子を使っていました。
 ここで改めて考えたことは、外国人である僕が、このイギリス白人コミュニティで心理カウンセラーとして働けるか、という点。いわゆる巷の人種差別という点ではなく、サイコロジカル・サポートを必要としている、特に65歳以上の人たちにとって、非イギリス人から心理サポートを提供されることは、彼らにとって果たして「Psychological Wellbeing」になるのだろうか?、という疑問。僕個人としては、そのような状況で得られるであろう経験を期待します。が、サーヴィス・プロヴァイダーとしては、不必要な心の葛藤は避けられるものなら避けなければと考えなければでしょう。

 一つ、ここでもか、と感じたことがありました。これまで、心理学の学位をとり、心理カウンセリングを勉強し、メンタル・ヘルスの講義を終え、常に言われるのは、「カウンセリングをやるのに心理学は必要なかったのに」やその逆のこと。今回、インタヴューの最後に質問はと尋ねられたので、インタヴューに招んでもらえたことの感謝を伝えてから、どうして僕を選んだのかを尋ねました。男性インタヴューアー曰く、「サーヴィスを向上させるには、いろいろな分野から人を選んだほうが良いという方針です。あなたは、どうやらメンタル・ヘルスにシフトしているようですね」。
 先方の言い訳なのかもしれないですが、心理学、心理カウンセリング、そしてメンタル・ヘルスをそれぞれ切り分けてしまうのは、的をはずしているように思えます。

 これまでのジョブ・ハンティング、そしてインタヴューの準備を通して学んだことは、ネットワークが如何に大切かということ。応募書類の質を向上させるために友人の助言を仰ぐ。ビジネス・コンサルタントをしている別の友人に、模擬インタヴューを設定してもらう。この友人からの助言は本当に役立ちました。「いいかい、インタヴューの場でネガティヴな返答をするんじゃない。君がイギリスでやってきたことは、多くの人が経験してきたことではない、ということを忘れないように。インタヴューには、何か一つ、いつもは着用しないアクセサリィをするといいよ。いつもとは違うものを身に着けると、それが君の気分をコンフォート・ゾーンから引き戻してくれるはずだよ」。で、いつもは使わないメガネをかけていったら、大当たり。いつもとは違う居心地の悪い装着感が、質問に答えるのを避けたいと感じる逃げの気分をインタヴューに引き戻してくれました。
 さらにこの友人からは、「インタヴューの最後に、絶対に君からquestion backするように。そうすることで、君がこのポジションに本当に興味を持っていることをアピールするから」。加えて、「たぶん問題ないと思うけど、一応、方言があるかどうか調べておいたほうが良いだろうね。英語は君の母国語ではないのだから」。
 
 ジョブ・ハンティングは日本、イギリス、そして世界中で多くの人が今、経験していること。僕の経験は、メンタル・ヘルスにかかわることに限定されている点を除けば、多くの人が日々経験していることとは大差ありません。一つ挙げるとすれば、心理カウンセラーのポジションは、イギリスのほうが断然日本よりは多いであろうことでしょう。

a job interview in Dorset

2011.10.02
これは、研修仲間やイギリスや他の国にいる友人たちに送ったもの。日本語で書いたものと大差ないけど、日本語に訳すの面倒だった質問を加えてある。


Although I should write to the people who have been supporting me to get through the frustrating process of job-hunting in NHS, I would like to share my experience of a job interview taken place in Dorset. I do not want to forget my experience.

As some of my classmates know, NHS Jobs (
http://www.jobs.nhs.uk/index.html) is a good tool to find a job in NHS. As soon as I finished my written works last June, I started to check the website everyday.

Not many, but there are always some interesting vacancies of counselling/ mental health practitioner. The biggest problem to use this site, for me, is that I cannot tell when a position would be updated onto the site. It has been really frustrating.

However, with lots of valuable supports from my friends, I got an interview invitation from Dorset Healthcare Foundation Trust in September. The position I applied to was P/T Psychological Wellbeing Practitioner, Band 5.

This position is a part of IAPT, Improving Access to Psychological Therapies, and the part of the job description is:

Duties include providing high volume, low intensity interventions, which will involve providing a range of cognitive behavioural therapy (CBT) based self management interventions to service users with mild to moderate anxiety and depression. You will receive weekly supervision and work as part of a team.

All staff deliver low intensity comprehensive telephone assessments, screening, treatment and signposting followed by rapid access to planned intervention / onward referral. You may also provide supervision for the PWP Trainees as required.


Why Dorset? I am happy to relocate when I can get a job by which I will be able to sufficient experience as a counsellor more and more. Frankly speaking, when I got the invitation, I had no idea about the place. However, I thought that it could be an interesting experience for me and it was certainly the exciting adventure.

I got to the venue without any problem. After an administrator made the photocopies of my identification documents and qualifications, I was ushered to a meeting room. There were two interviewers, a woman and a man. I felt warmly welcomed by them.

As soon as I sat down, the lady told me that they wanted me to do a role-play before the interview. I had been informed they would ask me to do a role-play, but I did not expect it to happen immediately. Needless to say, however, I have enough experience not to show my surprise to them.

The tasks were 1) I receive a phone call from a possible service user and ask her why she phones and what she is experiencing in 3 minutes, then 2) I explain to the interviewers about the possible diagnosis, why I would conclude the diagnosis and what sort of psychological intervention would fit for her situation.

Because I was given some opportunities of doing role-plays for CBT during the workshop, I hope I did OK and I started enjoying the situation. I must tell you that another woman who played as a service user was a great actor. I was really convinced by her.

Then, they started to ask me some questions. The questions were not as same as I am writing.

What would you bring into the team and our service?

What would you do when you face a difficult situation but you have to make a decision?

What would you think when older people in the community need our service?

A question about a limited time-frame in counselling service

What do you do when you need to talk to GP about the condition of a service user over the phone?

When you receive a call from a person who later seems to do self-harming, how would you respond to that person?

If I start to work here, what is my future plan?


Although the interview last for just over 30 minutes, I felt as if I was in the room for an hour.

Following what a friend of mine had suggested to me, I spent for some hours to observe people, the quality of life there and what sort of people live there. At the end of the interview, I asked them about the range of the people who would use their service. According to them, a third of the population in the community is now over 65yo. In addition, I had checked whether the particular dialect would exist or not. Thanks to the internet, it was easy to do some research before I had attended the interview.

I have not heard about the result and I do not feel I could at this occasion. I would like to work in the community. However, from service user's point of view, I might not be suitable to meet the need of the community. My clear will to support the local community may not work for the people in the community who need to be provided psychological support without any uncertain feeling.

Many people have the frustrating experiences to get a job as I do. During my struggle, what I have mostly learned is how important to build up network with friends and people. My dear friends from BBK have immensely heled me to improve the quality of my application form. My flat mate suggests to me to focus on why I am asked the particular questions. Another friend of mine offered me to do a mock interview together. I have recently been talking with a friend of mine about how I can extend my network.

The goal of attending a job interview is to get a job. However, this interview has also provided me an interesting opportunity to know the reality, even a bit, of the mental health service in the UK and to understand what a candidate is expected to offer the community.


Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.