LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

2011年11月の記事一覧

2011.11.28 ビゼー・ダブル・ビル@ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック
2011.11.28 レオナルド展@ナショナル・ギャラリィ
2011.11.27 Two Temple Place:セントラルロンドンの隠れた宝石
2011.11.27 Paul Noble:鉛筆画の狂気
2011.11.25 11月30日にイギリスに入国するのはやめましょう
2011.11.25 We love Marks & Spencer from ........Paris!
2011.11.24 North:豊穣な北へ
2011.11.24 自分だけの恐竜を作れる絵本
2011.11.22 World Aids Day:11月26日に募金活動に参加します
2011.11.21 「手」モデルの秘密、11月30日に全国ストライキ
2011.11.19 カエル(人形)と猫の恋模様:My frog Prince!
2011.11.18 カエルが本当に危ないらしい(写真あり)
2011.11.15 予算削減による弱者切捨ての一例:政治難民から一般市民まで2
2011.11.15 予算削減による弱者切捨ての一例:政治難民から一般市民まで1
2011.11.13 選択肢が多いことが、消費者の満足にはならないということ
2011.11.12 サドラーズ・ウェルズの2012年前半のプログラム
2011.11.11 ロイヤル・オペラ・ハウス公認ゲイム・アプリ
2011.11.08 ジョン・マーティン展:APOCALYPSE
2011.11.07 いただきますの日:the day of Itadakimasu
2011.11.06 My Yorkshire, David Hockney:マイ・ヨークシャー、デイヴィッド・ホックニィ
2011.11.03 ダッチェス、クラウン・プリンセスと人道支援活動に
2011.11.02 BBCで数学と英語の勉強をしてみる
2011.11.01 The Red Tree:自分探しのための本?!
2011.11.01 A Child's Garden:希望の物語

ビゼー・ダブル・ビル@ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック

2011.11.28
5897.jpg

今晩が初日の、ビゼー作曲のオペレッタのダブル・ビルを観てきた。場所は、ロイヤル・アルバート・ホールの向かいにある、ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック。


Britten Theatre

Michael Rosewell conductor

For our pre-Christmas offering, we present an unmissable double bill of contrasting Bizet operettas, written at either end of the composer’s career.

The wonderfully witty Le docteur Miracle – possibly the only opera to feature an omelette in a starring role! – was written by the 18-year-old Bizet for a competition run by Offenbach to find the next great French opera composer. Needless to say, the precociously talented Bizet waltzed off with the prize for this enormously entertaining romp.

Djamileh is Bizet's penultimate opera, completed just before his final masterpiece Carmen. This tale of an Egyptian slave girl’s attempts to woo her master contains some of Bizet’s most wonderful music, and has been hailed as one of the great expressions of exoticism in music.

With recent RCM productions of operettas by Offenbach and G&S receiving huge acclaim on both sides of the English channel, this is the perfect opportunity to discover a pair of hidden gems.


Tickets: £10, £20, £30, £40


 はじめに上演された「Djamileh」は、滅多に上演されない理由は明らかなほど、音楽が弱い。1時間を超える短いものだけど、最後は飽きた。

 逆に、ビゼーが若干18歳で作曲した「ドクター・ミラクル」は、話はオペレッタにふさわしい軽いもので、音楽はとにかく明るく会場から笑いが途切れなかった。筋書きは「愛の妙薬」にている。英語に翻訳したついでに、おそらく、オリジナルにはなかったであろう笑いの場面を盛り込んでいるようだけど、一緒に上演できる短いオペラ・オペレッタがあれば、世界のオペラ劇場にかけられても不思議ではない。ただ、オペラに人生を懸けているようなファンには見向きもされないかもしれないかな。

スポンサーサイト

レオナルド展@ナショナル・ギャラリィ

2011.11.28
ortrait-of-Cecilia-Galler-008.jpg
(今回の売りの一つ)

5月にチケットを購入しておいた、ナショナル・ギャラリィの「レオナルド展」を観てきた。初日早々から大きく報道されていたように、500枚の当日券を求める人たちの列は本当に長かった。

 レオナルドに関しては全く知らないに等しいので、感想を箇条書きで。

 メディアがこぞって「Once in a lifetime」の展覧会と評するのは、全く大げさではなく、素晴らしい構成の展覧会。ミラノ時代のレオナルドの業績をわかりやすく展示している。

 レオナルドの直筆と認められている絵画で現存しているものの半数以上を集めたキュレイターは、1月にニュー・ヨークのメトロポリタン美術館に転職。

 レオナルドのスケッチが多数集められている。そしてのその多くが英国王室の所有物。英国王室が所有する絵画を全て展示するような美術展を見たいと感じた。

 それらのスケッチを見ていると、レオナルドの絵の描き方は「絵描き」というより、スケッチで描いた体のパーツを組み合わせて絵を創作したのではないかという印象を持った。

 煽る意図ではないが、当日券を求めるだけの意味はある展覧会だと思う。どれだけの人が早朝から並ぶかにもよるけど、朝7時までに列に加わることができればチケットは買えるのではないだろうか。ただし、10に開館しても実際にチケットを手にするまでにかなり時間がかかること。どの時間帯を購入できるかは状況よってかなり左右されるらしいので、列に並ぶのであれば、その日の予定は柔軟にしておくべきだろう。

 ロイヤル・アカデミィ・オブ・アーツが所有する「最後の晩餐」の模写をじっくり見るには双眼鏡が必要かもしれない。

 ナショナル・ギャラリィに、現在展示されている「ディアナとかリスト」は来月エジンバラに移動されるとのこと。ティツィアーノの別の絵も観られて、改めてナショナル・ギャラリィの素晴らしさを感じる。

Leonardo in London: Da Vinci comes to the National Gallery – in pictures
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/gallery/2011/may/09/leonardo-da-vinci-national-gallery

Two Temple Place:セントラルロンドンの隠れた宝石

2011.11.27
10月中旬だったろうか、ある日のイヴニング・スタンダード紙で聞いたことのない建物が紹介されていた。Two Temple Placehttp://www.twotempleplace.co.uk/index.html

 スタンダード、そしてガーディアンのレヴューを読んで理解したのは、これまで一般には公開されていなかった2テンプル・プレイスがアート・ギャラリィとして利用されることになった。そして一回目のエキシビションはウィリアム・モリスに関するもの。

Two-Temple-Place-001.jpg

Two-Temple-Place415.jpg

 正直、モリスやアート・アンド・クラフツ・ムーヴメントを熱心に勉強したことはない。でも、建物内部に興味を惹かれ、ちょうど25日に、ラファエル前派の一人、エドワード・バーン・ジョーンズに関する特別レクチャー(有料)があったので、行ってみた。

 素晴らしかった。ロンドン、まだこんなに美しい建物を隠していたのかと、穏やかな光沢を放つ手すり、木のパネルの優美さに目を奪われたままだった。

 レクチャーがまた素晴らしかった。武蔵大学で、蛭川久康教授という素晴らしい指導者にウィリアム・ホガースを習った者が言うべき言葉ではないかもしれないが、関心がなければ、美術史ほど退屈な講義はないだろう。でも、ほとんど退屈することなく聞くことができた(手前味噌だし、自慢できるほどホガースのことを理解しているわけではないが、イギリスの社会情勢・構造を理解する一つの手段はホガースの画業を追うことだと思う)。

Fiona MacCarthy discusses Edward Burne-Jones and Narrative

Friday 25 November at 7pm

Burne-Jones was a close friend and artistic collaborator to William Morris and many examples of his work will be on display in the exhibition. Drawing on the ‘Story, Memory, Myth’ theme Fiona MacCarthy will examine Burne –Jones’ relationship with narrative.

MacCarthy, recently published her biography on Edward Burne Jones to great critical acclaim. Her prize winning book on Morris was published in 1994.


 中でも興味を惹かれた点が二つ。グロースターシャーのどこかの教会に、バーン・ジョーンズが製作した、アダムとイヴを描いたステンドグラスがあること。バーン・ジョーンズのみかんの大作、「アヴァロンで眠りにつくアーサー王http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-760.html)」で描かれているアーサー王の表情に、先に亡くなったモリスを悼むかのごとくモリスの面影がうかがえるというもの。

 年末・年始は数日閉館されるようだけど、日程が合えばこの素晴らしい建物の内部はロンドンの思い出になるだろう。

http://www.twotempleplace.co.uk/index.html

Two Temple Place; University of the Arts London – review
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2011/oct/16/two-temple-place-university-arts-review

 レクチャーが終わって建物の外に出ると、ホームレスの人々に暖かい食べ物が配られていた。

Paul Noble:鉛筆画の狂気

2011.11.27
昨日、街頭募金活動を終えて時間が空いたので、気になっていた展覧会を見てきた。場所は、キングス・クロス駅に近い、ガゴシアン・ギャラリィ。アーティストは、イギリス人のポール・ノーブル。ガーディアンのレヴューを読むまで全く知らなかった。

http://www.gagosian.com/exhibitions/2011-11-10_paul-noble/

Gagosian Gallery is pleased to present “Welcome to Ntasmagorical landscapes allude to sources as diverse as ancient Chinese scrolls, Fabergé eggs, Henry Moore’s sculptures, and paintings by Hieronymus Bosch. The encrypted fictions obson,” an exhibition of new drawings and sculpture by Paul Noble.

Noble’s intricate graphite drawings describe Nobson Newtown, a place composed of labyrinthine edifices and deserted topography embedded with modules of dense detail. Employing cavalier projection―a cartographical method characterized by a high viewpoint―Noble meticulously delineates a wealth of elaborate architecture and open urban spaces. These phanof Nobson Newtown are dizzyingly complex―visual articulations of the tensions between disorder, perversion, and logical schema.

The immersive drawing Welcome to Nobson (2008–10) is the penultimate work in Noble’s expansive fifteen-year Nobson project, signifying the final stage of the related pictorial and textual narratives. Just as this monumental drawing maps the passage into the world of Nobson Newtown, two towering marble sculptures, Couple (2011) and Three (2011), act as sentries that mark an entrance to the exhibition. Transcending their base connotations, these biomorphic forms serve as three-dimensional counterparts to the characters and monuments depicted in smaller drawings such as Ah (2010) and Walled Garden (2009).

The motifs illustrated in these works on paper also relate to details within Welcome to Nobson. The sturdy rectilinear brick walls of Heaven (2009), the delicate ornamental fencing in Hell (2009) and the confounding maze This Way (2010–11) are all isolated and magnified from the vast park of fantastical monuments and features in the principal drawing. References between and tautological cohesion within the epic cross-medium series underpins Noble’s concept of Nobson Newtown as its own autonomous sphere of reality.

Paul Noble (b. 1963, Dilston, Northumberland) studied at Sunderland Polytechnic and Humberside College of Higher Education. He was one of five founding members of City Racing, an influential artists’ space in London (1988–98), where he showed in 1990. Noble’s work has since been exhibited in London at Cubitt Gallery (1995), Chisenhale Gallery (1998), Tate Gallery (1999), and Whitechapel Art Gallery (2004). He has also exhibited internationally at the Albright-Knox Art Gallery, Buffalo, New York (2003); Museum Boijmans Van Beuningen, Rotterdam (2005); Migros Museum, Zurich (2005); and Gagosian Gallery, New York (2007).


 もっとも圧倒されたのは、展示されている鉛筆画を(おそらく)一人で書き上げたという狂気にも似た創作欲。描かれているモチーフは、その角を曲がったらあるかもしれないとても身近な異世界。その身近な居心地の悪さがじわじわと来る。無理やりこじつける、大友克弘と宮崎駿のエッセンスを足して3くらいで割ったものが間違ったベクトルに進んで腐りかけたけど、なんとかとどまって具象に戻ってきた、という感じだろうか。

Hell-2009-by-Paul-Noble-007.jpg

Elements such as the delicate fencing in Hell (2009) are developed from the exhibition's immensely detailed centrepiece. Searle praises this drawing as 'filled with musicality, light, rhythm, space and transparency', adding that 'Noble has really learned how to orchestrate greys against the whiteness of the paper, to create airiness as well as density'

Heaven-2009-by-Paul-Noble-008.jpg

Heaven (2009), on the other hand, 'looks more like hell – a patch of ground within high brooding walls, topped with broken glass, offering no way in or out'

 上記の2作品は、1枚目が「地獄」で次が「天国」。いろいろと深読みはできる。機会があれば、今回のエキシビションの象徴、「Welcome to Nobson」をぜひ自分の目で見て欲しい。まず巨大さに目が奪われ、次に描かれている細密さに嫌気がさすが、引き込まれるか。

Life in Paul Noble's excremental city
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2011/nov/15/paul-noble-nobson-review?intcmp=239

On the town: Paul Noble's new Nobson show – in pictures
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/gallery/2011/nov/16/paul-noble-welcome-nobson-pictures

11月30日にイギリスに入国するのはやめましょう

2011.11.25
時間がないので、ニュースだけ貼り付けておきます。来週の水曜日、11月30日に全国規模で公務員のストライキが予定されています。その一環で、イギリス各地の空港、港で入国審査の担当者もストライキに参加することになってしまったので、例えば、ヒースロー空港での入国審査に最長12時間も待たされることも予想されています。11月30日にイギリスに入国予定の方は、できるのであれば予定変更をしろ、とイギリスメディアは報道しています。

Heathrow chief warns of gridlock in UK Border Agency staff walkout
http://www.guardian.co.uk/society/2011/nov/25/heathrow-chief-gridlock-ukba-strike

BAA asks airlines to halve capacity on 30 November flights into UK amid warnings of significant disruption and delays

Public sector strike could see Heathrow 'grind to halt'
http://www.bbc.co.uk/news/uk-15884527

Heathrow airport has asked airlines to halve the number of passengers they fly into the airport next week to try to minimise disruption caused by a strike.

Airlines warned ahead of strikes
http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-24014014-airlines-warned-ahead-of-strikes.do

Airlines have been asked to dramatically cut the number of passengers they fly to the UK's busiest airport during next week's strike by up to two million public sector workers, revealing the scale of the chaos the walkout is expected to cause.

[追記:11月27日]
キャセイ・パシフィックのウェブに、日本語の案内が出ている。

http://www.cathaypacific.com/cpa/ja_JP/helpingyoutravel/traveladvisories?refID=3aa5dcea1c9d3310VgnVCM1000000ad21c39____

11月30日英国国境局のストライキについて

更新日:2011年11月25日

イギリス空港公社は、11月30日にロンドン・ヒースロー空港に到着する乗客は、英国国境局が予定しているストライキの影響を受ける可能性があると航空会社各社に通達しました。通常通りの運航となる可能性もありますが、お客様の入国審査に長い時間がかかる可能性や、または便がダイバート(代替着陸)する可能性もあります。

11月30日の欠航の可能性や、出発・到着に支障が出ることを避けるため、お客様はご旅行が不可欠である場合を除き、この日にご旅行をされないことをお勧めします。11月30日のロンドン発着便の予約変更手数料は免除されます。免除の詳細については「2011年11月30日の英国公的機関ストライキの影響による航空券の特別取り扱いについて」をご覧ください。


 さらに全日空。

11月30日の英国国境局ストライキについてのお知らせ

弊社はイギリス空港公社から、「11月30日(水)にロンドン・ヒースロー空港に到着する便は、英国国境局が予定しているストライキの影響を受ける可能性がある」との通知を受けました。
ANA便は通常通りの運航を予定しておりますが、お客様の入国審査に相当な時間がかかることが予想されております。その為お客様へは、ご旅程の変更をご検討いただくことをお勧めいたします。
尚、11月30日NH201便のご予約をお持ちのお客様につきましては、運賃規則に関わらず、
11月27日(日)から12月7日(水)までの期間に限り手数料なしで1回のみ予約変更を承ります。
詳細は、下記へご連絡いただけますよう宜しくお願い致します。

ANA国際線予約・案内センター
ナビダイヤル(有料) 0570-029-333 受付時間:8:00から20:00


We love Marks & Spencer from ........Paris!

2011.11.25
イギリスを代表するスーパーマーケットの一つ、マークス・アンド・スペンサーが、パリのシャンゼリゼ通りに店舗を開いたとのこと。2001年に撤退してから10年ぶりの帰還となる。

Marks and Spencer returns to Paris - and so does the orderly queue
http://www.guardian.co.uk/business/2011/nov/24/marks-spencer-returns-paris-queue

Hundreds form a line for opening of new branch on Champs-Elysées ten years after closure of previous flagship store

"It's the opening of Marks and Sparks and I love them – of course I'm prepared to queue," says Edith Descieux, a retired translator near the back of a queue of hundreds of shoppers snaking up the Champs-Elyséeson Thursday. "I've never queued for any other shop before, but I will queue for M&S – it's different, it's better and we've missed it."

Descieux, 63, joined the queue just as Marc Bolland, Marks & Spencer's chief executive, cut an M&S trademark green ribbon to officially open the three-storey flagship store on Paris's most famous shopping street.

The opening of the 1,400 sq metre store comes a decade after M&S pulled out of Paris amid a collapse in profits in 2001. The company's retreat across the Channel sparked criticism from politicians and trade unions and street protests.

"It was so, so sad when the old stores closed," said office worker and fellow queuer François Marchives. "There was a social mania when it happened. Everyone loved the brand."


MSParis2.jpg

MSParis1.jpg

 今回の店舗の広さの都合で、中心になったのはマークスが最も売りたい衣料・下着にだそうだが、並んでまで開店を待っていた多くの人の目的は、食料品。

But most of the people queuing outside were hankering for Earl Grey tea, shortbread and crumpets rather than M&S's Per Una bras. Many were disappointed to find that food was restricted to a small area on the ground floor, with the rest of the store given over to womenswear and a whole floor of lingerie.

By 1pm, just 90 minutes after the official opening, the store had sold out of sausages and chocolate chip cookies. Laurence Guimard, a computer engineer who had come to the shop specifically for the cookies, said: "I love their chocolate cookies – they really are the best. I'm addicted to them, which has made life a bit tricky recently being stuck in Paris. I'll have to come back, but then I would anyway; I'm going to be a frequent visitor."

He said a full range of M&S food would be available at the company's next Paris stores, the first of which is due to open in the City's So Ouest shopping centre in August 2012.

It won't come soon enough for Paris's anglophiles and expats. Jenny Montlahuc, a Brit who works at a law firm a few doors down the Champs-Elysées, said: "You just can't get any English food anywhere. Sometimes you just need food that tastes of home.

"You can't underestimate the excitement – both among expats and locals – about this store opening," she said. "One of my friends got more texts about M&S opening than she did wishing her happy birthday."


M&S part deux: Rosie Huntington-Whiteley attends relaunch as retail chain returns to France...ten years after it left
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2065504/Marks--Spencer-returns-France-Rosie-Huntington-Whiteley-attends-Paris-relaunch.html

 食べ物の力、侮れない。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1418.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1384.html

North:豊穣な北へ

2011.11.24
1310948199095.jpeg

どなたかの、クリスマス・プレゼント選考のお役に立てば幸いです。これは、イギリスでは今月上旬に発売されたばかりの絵本。でも、ネットで調べたらオーストラリアでは今年の春先にすでに発売されたらしい。ドーントで立ち読みした程度だけど、自分用に購入するつもりでいる。

http://www.walker.co.uk/North-9781844287758.aspx


A passionate nature lover and a renowned artist trace the awe-inspiring spring migration of millions of creatures to the Arctic - the greatest journey on Earth.
This is a book full of creatures: birds, fish and mammals. They are all embarking on one long, intense journey that will take them across oceans and continents, for thousands of miles - braving predators, starvation and extreme weather conditions - to reach the very top of the world. Each spring, animals migrate north to spend their summer in the snow-melt Arctic. In this season, the sun rarely sets and so millions of animals - of over 200 species - are drawn by the rich food sources and safe breeding grounds. The Arctic becomes a haven for new life. This adventure is the largest, most extraordinary migration in nature and one that is beautifully captured in Nick Dowson's lyrical narrative and Patrick Benson's stunning illustrations.


 写真家の岩合さんだったか、亡くなられた植村直己さんのどちらの文章だったか思い出せないが、「白熊の鼻は、まるで別の生き物のように上下左右に動くさま」に野生の恐ろしさをみるおもい、なんて感じの文章が記憶にある。この本の絵からは、そのような生々しい印象は伝わらないように思う。
 でも、絵は丁寧に描かれているし、どうして動物たちが「北」を目指すのかが良く描かれている。

 それにしても不思議だ。「北」と「南」って、デスティネイションとしてのインパクトが大きい。翻って「東」と「西」は動物たちの目的地にはなるということは寡聞にして知らない。地球の上と下にあるだけで北と南の影響力って凄いんだなと。さらに、どうして、例えば日本から北を目指し、そのまま直進して南にいたり、再び北上して日本に戻るという、地球一周のたびを動物はしないのか、ということに科学的説明はあるのだろうか。地上を生活圏にする哺乳類には無理だろうけど、例えば渡り鳥が地球一周ということあるのだろうか。

Books    Comment(0)   ↑Top

自分だけの恐竜を作れる絵本

2011.11.24
fliposaurus2.jpg

家族や友人の子供たちへの絵本はすでに購入、日本に発送したけど、週末、再びドーント・ブックスに行って見つけたのがこの絵本。頭、胴体、尻尾の部分の組み合わせで、実在しない恐竜を創り出してみようという絵本。

By turning over the flaps of this clever book, you can put together 1,000 imaginary dinosaurs, like the Stegodocus, the Oviplosaurus, or the Diploraptops. Each dinosaur has fascinating information about its head, body, and tail - so you can make your own Flip-o-saurus and see what it can do!

 こんな感じ。

41BAmIsvy6LSS400.jpg

 他愛無いと言えばそれまでだけど、子供にとっては自分だけの組み合わせでいろいろな恐竜を創り出せるのは楽しいのではないかと思う。想像力・創造力の双方が刺激されるかなとも思う。ほかに、先史時代の動物の組み合わせもある。

flip-o-storic.jpg

Books    Comment(0)   ↑Top

World Aids Day:11月26日に募金活動に参加します

2011.11.22
日本やイギリスだけでなく、世界各国でイヴェントが催される12月1日のWorld Aids Dayはもうすぐ。ということで先週の日曜日、オブザーヴァ紙の付録雑誌に、イヴェントに関連する形でイギリス国内の10代のHIV感染者の姿を追った映画が紹介されました。

Battling HIV prejudice with Body & Soul
http://www.guardian.co.uk/society/2011/nov/19/body-and-soul-aids-hiv-britain
(ケイト・モスのゴージャスな写真が使われています)

An estimated 100,000 people are living with Aids and HIV in Britain, many of them young people who face prejudice on a daily basis. But a series of celebrity portraits by Rankin and a powerful new film, Life in My Shoes, are challenging that stigma

"A lot of us have had similar experiences," says 22-year-old Isabella, an extra in the production, which was filmed over a fortnight in Hackney during the summer. "When I told one of my closest friends I had HIV, she started saying: 'Oh, you can't use this cup. You've put me in danger.' It does hurt because people think HIV is dirty or that you only get it if you're promiscuous or you're a poor person in Africa. It's not true. When I hear all those things, it really ticks me off. I think to myself: 'But that's not how I am.'"

For Tudor Payne, a commercial director who gave his time for free to direct Life in My Shoes, it was important to counterbalance all the "very dark images from films like Philadelphia and ads that showed people dying. The images that came out a few years ago were depressing, but when you meet the teens at Body & Soul, they're full of life, and we thought it was important to show that. We wanted to do something that challenged the stigma."

Ignorance is still a real problem. In 2009 a study conducted by the People Living with HIV Stigma Index found that 21% of the 867 participants had been verbally abused or harassed in the past 12 months because of their status; 12% had been physically assaulted. Last year a Body & Soul questionnaire of more than 500 12- to 18-year-olds found that despite increased awareness of HIV, there was a contradiction between their knowledge and their behaviour. So although 81% of respondents knew the virus could not be transmitted by sharing a cup, only 27% of them said they would actually be willing to drink from the same cup as a person they knew was HIV positive. Eleven per cent said they would not remain friends with someone who has the virus.

"If you told people you had cancer, you'd get sympathy and support," says Payne. "But if a teenager tells their friend they've got HIV, there's so much prejudice still around." It was for this reason that the decision was made to hold an open casting process for the film, whereby aspiring young actors were encouraged to learn a script and upload an audition online. "We made sure the script contained important facts about HIV and attitudes that challenged stigma," he explains. "This meant thousands of young people motivated by their desire to be famous learned the script and in doing so digested facts that they will probably remember for the rest of their lives, so already the education has begun."

The timing is crucial. In September a House of Lords committee estimated that almost 100,000 people in the UK will have HIV by 2012 and that efforts to stop the spread of the disease were "woefully inadequate". The actual numbers are likely to be far higher: some reports estimate that around a quarter of people with the virus are unaware they have it. Lord Fowler, the committee chairman, warned of the "potentially huge cost implications… of failing to deal effectively with the epidemic", and stressed that the government "should ensure that HIV and Aids is a key public health priority".

"It's really important we remember that HIV does affect lots of people in the UK and that so many of these people are having to hide their status because of fear of discrimination," says Rankin, who asked each of his subjects to wear something yellow for the photographs – the trademark colour of the Life in My Shoes campaign. "But this campaign really has the capacity to change that and to bring attention to the fact that just because you are HIV positive doesn't mean you need to live a double life and fear how people will treat you.


 この記事で取り上げられている10代のHIV感染者の多くは母子感染等によるもので、自らの不注意で感染したわけではないと。にもかかわらず、感染が周囲に知られると、言葉による攻撃だけでなく暴力にさらされる。

 僕自身のテレンス・ヒギンス・トラストでのヴォランティア活動を振り返ってみても、HIVについての正しく最新の知識がない人が、HIVへの恐怖を示すのは仕方のないことではないかと考えます。だからこそ、HIVについての啓蒙活動は必要だと改めて思います。

 で、最近、タイミングが合わなくてあまり貢献していないテレンス・ヒギンス・トラストで何かできないかなと思っていたところ、募金活動への参加者が足りないということで声がかかりました。

http://www.tht.org.uk/howyoucanhelpus/worldaidsday/

120111.jpg

 僕が参加する予定になっているのは、ロンドン側のユーロスターの発着駅、セント・パンクラス・インターナショナル駅。「参加してくれて助かる」とのメイルが担当者から届いてから全くアップデイトがないのがいささか不安ですが、とりあえず、11月26日の午前9時から午後12時半まで募金活動をしているはずです。募金バケツを提げて突っ立てるだけなのか、それとも質問を受けたら活動の趣旨まできちんと説明しなければならないのか、どのような活動をするのか全くわかっていません。でも、公の場で募金活動をすることは初めての経験なのですが、どんな経験になるのか楽しみです。11月26日にロンドンに居られる予定の方、時間があったらよってみてください。

 これまでのヴォランティ活動関連についてのポスト。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1316.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-50.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-943.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-911.html

 HIVは、最新の医療技術でもまだ完治にはいたりませんが、正確な情報を知り、正しい治療と正しい投薬が早い段階で施されれば、すぐに死にいたる病ではないです。現段階では、投薬を自己判断でとめることはできませんが、副作用を抑える研究も進んでいるようなので、感染している方々への投薬治療による身体的負担は以前と比べると軽減されているようです。だからこそ、精神的苦痛・負担を軽減することにもっと注目が集まればと思っています。

「手」モデルの秘密、11月30日に全国ストライキ

2011.11.21
昨日の日曜日、テレグラフ紙とメイル紙が申し合わせたように、ほぼ全く同じ記事を掲載した。内容は、「手」のも出るとして活躍する女性が愛用するのは、Bootsで売られている£1.50-のアーモンド・オイル、というもの。

article-2063871-0EDF68B500000578-816_468x401.jpg

My £5m hands... and the £1.50 oil that keeps them beautiful
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2063871/My-5m-hands--1-50-oil-keeps-beautiful.html

The cheap secret behind the £5 million hands: almond oil
http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/8901166/The-cheap-secret-behind-the-5-million-hands-almond-oil.html

 記者の名前は違うけど、書かれているに内容はほぼ全く同じ。何か裏であるのだろう。もしかしたらブーツによるアーモンド・オイル販売促進の目的があるのかも、なんてかんぐりたくなるほど。
 それでも、このアーモンド・オイルには興味が惹かれる。手にクリームの類を塗るのは、手の感覚が奪われるようでどうしてもなじめない。そのため、冬になるとがさがさ。このアーモンド・オイルが本当に効力があるのなら、試してみようかなという気にはなる。

 11月30日に、公務員や教師による全国規模のストライキが予定されている。夏に起きた暴動を教訓にして、暴力が起こらないように主催者側は神経を尖らせているとは思うけど、昨日のオブザーヴァに気になる報道があった。

EDL splinter groups may target public sector strikers, unions warn
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/nov/19/edl-splinter-group-target-unions

English-Defence-League-006.jpg

 これまで移民をターゲットにしてきた極右グループ、イングリッシュ・ディフェンス・リーグが30日のストライキ参加者を攻撃対象にしているというもの。11月30日にイギリスにいる皆さんは、情報収集を怠りなく。

カエル(人形)と猫の恋模様:My frog Prince!

2011.11.19

カエルが本当に危ないらしい(写真あり)

2011.11.18
昨日、11月17日付のいくつかの新聞に掲載されていた環境に関する記事によると、温暖化や土地開発によりカエル、そして両生類のグループで絶滅に瀕している種が激増しているとのこと。

Amphibians facing 'terrifying' rate of extinction
http://www.guardian.co.uk/environment/2011/nov/16/amphibians-terrifying-extinction-threat

If the current rapid extermination of animals, plants and other species really is the "sixth mass extinction", then it is the amphibian branch of the tree of life that is undergoing the most drastic pruning.

In research described as "terrifying" by an independent expert, scientists predict the future for frogs, toads, newts and salamanders is even more bleak than conservationists had realised.

Around half of amphibian species are in decline, while a third are already threatened with extinction. But scientists now predict that areas with the highest diversity of amphibian species will be under the most intense threat in the future.

And they warn that a three-pronged threat could also cause populations to decline faster than previously thought.

Like many creatures, amphibians have been hit hard by climate change and habitat loss. But they have also been decimated by the spread of the deadly fungal disease chytridiomycosis.


 カエル、特に熱帯雨林地帯に生息するカエルには絶滅を逃れる術はないように感じてしまう。こんな機会だからこそ、カエルの多様性の興味深さを訴える写真をいくつか。


Kihansi-spray-toad-005.jpg

Kihansi spray toad Nectophrynoides asperginis

Less than 2cm long, this toad is adapted to living in the spray of the Kihansi and Mhalala waterfalls in the Udzungwa mountains of Tanzania.


 成体の大きさが2cm足らずだとしたら、子供の大きさはいったいどれくらいなのだろう。どうしてこんな小さな体で生きている、つまり身体を生かしている機能がこの小さな体の中にあるということが驚異。

Waxy Monkey Tree Frog-2

 これは、ガーディアンの本紙では写真が紹介されていたWaxy Monkey Tree Frogという名前の変える。初めて知った。ネットで見つけた写真だとかなり大きいと思われるかもしれないが、実際は数センチらしい。

 チャールズ皇太子の熱帯雨林プロジェクトは、今、機能しているのだろうか?最近、全く話を聞かない。

予算削減による弱者切捨ての一例:政治難民から一般市民まで2

2011.11.15
次の記事は、今回のリーガル・エイド打ち切りによる影響を受けた人たちの現状です。

The asylum seekers facing a Kafkaesque legal nightmare
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/aug/04/asylum-seekers

He can't work. He can't study. He can't claim support from the state. Officially he is not allowed to stay in Britain. But he can't leave. And now he can't get even find a solicitor to help him escape this demoralising and exhausting state of limbo.
働くことも勉強することもできない。また、イギリス国家の援助を申請することもできない。公式には、彼はイギリスに滞在することを許されていない。しかしながら、彼はまたイギリスを離れることもできない。

The number of people fleeing persecution and arriving on our shores has fallen significantly in recent years. In the first three months of 2011, 4,845 people sought asylum in the UK. Yet these people, from failed states and oppressive regimes, from Somalia, Eritrea, Iran and the Arab Spring uprisings, are funnelled into a Kafkaesque nightmare. Legal aidhas been slashed and is facing another £350m cut. More than 400 barristers have warned that victims of torture, children and the mentally ill will have their lives put at risk by cuts that, they say, will create legal aid "deserts" where it is impossible to find publicly funded access to justice.
2011年の最初の三ヶ月にイギリスに到達した難民の数は激減した。しかしながら、拷問による命への危険から逃れてきた彼らは、イギリスでも悪夢のような状況におかれている。

Asylum specialists are going out of business. Last year the legal charity Refugee Migrant Justice (RMJ) shut down, leaving 10,000 asylum cases in limbo. Twelve months on, some case files are still locked away in storage. The largest remaining provider of publicly funded legal representation for asylum seekers, the Immigration Advisory Service (IAS), was placed in administration last month in acrimonious circumstances. Another 8,140 asylum and immigration cases are now in limbo. Asylum seekers such as Teklebrhan are used to living in a poverty trap; now they are caught in a legal trap.
2010年に廃業になった難民法専門の事務所が扱っていた書類は、今も保管庫に置かれたまま。イギリスに逃れ、しかし公に難民と認められない人々は貧困のトラップに陥っている。さらに今回の混乱で、法の落とし穴にはまり込んでしまった。

Most people fleeing danger do not arrive with ID and paperwork to support their claims. Many are too traumatised to tell the coherent chronological story of their flight from oppression that the authorities demand, and so their claims are, at first, rejected. Once rejected, in most cases they lose their accommodation and other state support. They are classified as "destitute", a condition designed to deter others from seeking asylum in Britain. Still not permitted to work, they must survive on charity, find themselves a solicitor who can access legal aid, unearth new evidence and submit a fresh claim. One further hurdle recently added to the system is that asylum seekers who submitted their first claim more than four years ago must now travel to an office in Liverpool to personally hand in a fresh claim. The train or bus fare is beyond the means of many.
最初の難民申請が拒絶されると、それまで限定的に支給されていた援助が打ち切られる。滞在はできるけど、収入は一方的に絶たれるので慈善団体に頼るしかない。が、その慈善団体も資金難で多くの要求にこたえることができない。最初の難民申請が4年以上前だった人は、現在新たに加えられた決め事により、新たな申請を提出しにリヴァプールまで行かなくてはならないが、その旅費を捻出することができない。

Teklebrhan's IAS caseworker had just commissioned an expert report when the charity closed. Teklebrhan does not know the name of the expert. So his paperwork, and the new report, is locked away. It may take months to retrieve. "It is too frustrating," he says softly. "I don't think the Home Office in this country can do human rights. I'm not a bad man. I'm not doing anything wrong."

Willy Igilima, an asylum seeker from the Democratic Republic of Congo, is in a similar predicament. Igilima's original claim was turned down in 2007; his second claim was mistakenly turned down after the UK Border Agency lost his original paperwork. Homeless, and living off charitable food parcels in London, his hopes rest on a letter sent from the Congo to his IAS caseworker that prove his claims of being tortured for being an opponent of President Joseph Kabila. The trouble is that this letter is now somewhere in the locked offices. So far he has had no reply from a letter he sent to the IAS administrators. "I don't know if it's the UK government's policy to make asylum seekers struggle. Because most [politicians] are rich they think everybody is able to buy something or get a solicitor but we need help from them. That's why we are here," he says. "There's no justice."

あえて訳しませんが、他人事ではないと思います。難民に来て欲しいなんて多くのイギリス人が望むことではないでしょうし、彼らのために自分たちが払った税金のいくばくかが使われることを好ましく思わないということはあるでしょう。でも、そのような負の思考の存在を鑑みても、UKBAのありようはお粗末としか言いようがないです。

The IAS closed because the Legal Services Commission, which provided it with a £15m annual grant, discovered it had incorrectly claimed legal aid payments totalling several million pounds. "The IAS was a good firm. We did good work and people really appreciated that," says Wilcox. She was not aware of over-claiming at the IAS but points out that legal aid entitlement rules are "exceptionally complicated". Other legal professionals agree. A group of prominent lawyers including Gareth Pierce and Louise Christian accused the LSC of using "a smokescreen of financial irregularities" to close the organisation. According to the LSC, however, it was the charity's trustees who ultimately took the decision to go into administration and the LSC has been left to pick up the pieces.
一連の記事でガーディアンが大きく取り上げているIASという法律事務所の閉鎖がどのような経緯であるか、ということが書かれています。苦境に陥っている難民の皆さんは何一つ問題を冒したわけではないということが判ると思います。

Harvey is convinced the bill will not save money. Unable to afford lawyers, immigrants will represent themselves. Their hearings will be more muddled and will take longer. They will need more help from the judges – "and judges aren't cheap," says Harvey. The government has carved up what qualifies for legal aid in a complicated way and individuals will challenge this – costing more money. As well as cutting costs, the government should look at what is value for money, believes Harvey. Without financial help, people with a legal right to stay in Britain may get turned away. Bad decisions will put people's lives at risk.
公的な資金支援が得られなくなり専門家の助けを得られることができなくなった難民が、自ら法廷に立つことが増えるだろう。その結果として、予算削減は国の支出を減らすことにもかかわらず、更なる支出を強いられることになるだろう。
 この「DIY law」に関しては、こちらを。

Legal aid cuts will bring more DIY cases into courts – which will grind to a halt
http://www.guardian.co.uk/law/2011/aug/05/legal-aid-cuts-advice-law-courts

 難民が置かれている状況が困難なのはイギリスだけではないです。

 オランダに難民として滞在する、アンゴラ出身の子供の処遇について。
Dutch parliament gives temporary reprieve to teenager facing deportation
http://www.guardian.co.uk/world/2011/nov/09/dutch-parliament-reprieve-teenager-deportation

Dublin regulation leaves asylum seekers with their fingers burnt
http://www.guardian.co.uk/world/2011/oct/07/dublin-regulation-european-asylum-seekers

 上の記事で書かれていることは、専門家でない僕にはかなり難しいないようですが、EUのどの国に最初にたどり着いたかでその後の処遇が全く違ったものになってしまうと理解しています。

 ここまでは、リーガル・エイドの削減がイギリス国内に滞在する難民の人々へどのような困難をもたらしているかということの記事を中心にしてきました。おそらくイギリス国内でも、リーガル・エイドへの支出が減らされることにより、ほかの削減計画が保留されるならやむなしと考える人が若干いるかもしれません。でも、リーガル・エイドの変更は一般市民の暮らしにも大きくかかわってきています。

Milly Dowler parents join Yeates's landlord to oppose end to no win-no fee agreements
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/oct/31/milly-dowler-legal-aid-cuts

 ルパート・マードックの罪を白日の下にさらすことができた殺人事件の被害者の携帯電話盗聴事件(どうしてマードックが今でも公職にとどまっていられるのか全く理解できません)や、昨冬、イングランド西部の都市、ブリストルで起きた女性殺害事件でマスコミに犯人扱いされた男性等によるリーガル・エイド改悪が如何に一般市民の司法へのアクセスへの妨げになるかを訴えたという記事です。

The letter says: "We are all ordinary citizens who found ourselves in a position of needing to obtain justice by taking or defending civil claims against powerful corporations or wealthy individuals.

"We would not have been in a position to do this without recourse to a 'no win, no fee' agreement with a lawyer willing to represent us on that basis. As was made clear to each of us at the beginning of our cases, we were liable for tens if not hundreds of thousands of pounds if we lost.

"Without access to a conditional fee agreement (CFA), which protected us from this risk, we would not have been able even to embark on the legal journey."

Sally Dowler said: "At the outset we made clear that if we had to pay the lawyers, we could not afford to bring a claim; or if we had any risk of having to pay the other side's costs, we couldn't take the chance. If the proposed changes had been in place at that time we would not have made a claim. Simple as that, the News of the World would have won, because we could not afford to take them on."

Dr Evan Harris, from the Hacked Off campaign which is working with the signatories to save CFAs in libel and privacy cases, said: "If these reforms go ahead in their current form the government will be making justice impossible for all but the rich. That may suit the tabloid interests and libel bullies but it's not fair."


 権力にある側による不当な電話盗聴の対象にいつなるか、不幸にも殺人事件などにかかわり、且つ不当な扱いを絶対に受けないとは言い切れない時代。そのような時代に、司法へのアクセスを確保するための国の援助がなくなることは、他人事、他国の出来事ではないと考えます。

 イギリスだけでなく、日本や経済危機に翻弄される欧州諸国、安定まで遠い道のりであろう北アフリカのイスラム諸国で多くの変化が起こりうるでしょう。その変化は受け入れるべきなのか、それとも痛みを分かち合うことで変化がもたらす影響を最小限にできるかどうか。そのようなときに、変化が必要だと多くの人がわかっていたとしても、影響によって計り知れない変動を社会にもたらすかもしれない予算削減、支出削減が誰のためなのかを考えること、影響を受けるのがどのような立場にいる人々なのかを社会全体が議論することは避けてはいけない大切なことではないかと考えます。

予算削減による弱者切捨ての一例:政治難民から一般市民まで1

2011.11.15
2010年の総選挙で政権についた保守党と自由民主党による連立政権ががんがん推し進める予算切捨て。その影響はあらゆるところで見られますし、いくつかの社会現象は日本でも報道されていると推察します。が、おそらく日本の著名メディアが取り上げていないであろう事象の一つは、「Legal Aid」の大幅削減とそれによる社会への影響。リーガル・エイドについては語る言葉を持っていませんので、ウィキの一般情報を参照してください。

http://en.wikipedia.org/wiki/Legal_aid

 今年の7月から8月にかけてガーディアン紙で大きく取り上げられたのは、リーガル・エイドの削減、というか抹殺によって最も早い段階で影響を受けたのが、イギリスに滞在する政治難民の人々。

Tens of thousands lose support as Immigration Advisory Service closes
http://www.guardian.co.uk/law/2011/jul/11/immigration-advisory-service-closes-blames-government

Tens of thousands of people pursuing asylum and immigration cases have been left without support after the Immigration Advisory Service, a charity, went into unannounced administration, blaming government changes to legal aid.

Legal aid for immigration cases has already been reduced but its provision will be entirely withdrawn under the MoJ proposals, along with state funding for most medical negligence, family, housing, employment, debt and welfare cases.

リーガル・エイドへの予算配分削減は、移民法の問題だけでなく、医療訴訟、家族、住宅等多くの事象に影響を及ぼすであろうといわれています。

"The mark of a civilised society is how it treats its most vulnerable members," Lodder says. "Look beyond the high profile sentencing reforms and you will find the government's legal aid proposals will leave many children, vulnerable people and hard-working families without any meaningful access to justice. This would be a development that none of us can take any pride in."
リーガル・エイドの変更は、多くの子供たち、弱い立場にいる人たち、生きていくために懸命に働かなければならない家族から、司法へのアクセスを奪う。この変更には、私たちの誰一人として誇りに思うことはない。
 記事の真ん中あたりに書かれていることですが、リーガル・エイドによって司法へのアクセスを確保できるのは難民だけではなく、医療機関や身体障害者、そして一般市民も含まれるとのこと。一般市民生活への影響は「2」で記述します。

But it is the collapse of the IAS that will galvanise debate about the future of legal aid. It is the second immigration advice charity within a year to go under.
Individuals pursuing immigration claims would find it hard to secure other lawyers willing to take on their cases.

しかしながら、リーガル・エイドの変更でもっとも深刻な影響を受けているのは政治難民と彼らに変わって法的手続きを進めていた弁護士たち。

 次の記事を紹介する前に最近の報道から。先週来、イギリス国内のニュースで白熱した議論を巻き起こしているのは、イギリス国境事務所(とでも訳すのか)、UK Border Agencyがいくつかの港できちんとパスポートを確認しないことが常態化していたという事実。これにより、UKBAの事務方のトップは事実上離職に追い込まれ、でも辞める前にメイ大臣への一矢を報い彼女は大臣職を解任されるかどうかの日々が続いています。

Legal aid cuts are leaving migrants lost in a maze
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/jul/13/immigration-advisory-service-legal-aid-cuts

The IAS has blamed this decision on cuts that are being made to the legal aid system, cuts designed to save £350m. Its closure could demonstrate the true extent of how some of the most vulnerable members of society will be affected by the loss of legal aid.

Around 10,000 clients are now without a representative to guide them through the maze of complex immigration rules, and the notoriously poor decision-making of the UK Border Agency. Many of these clients have suffered torture, mistreatment and trafficking. Services for these people are being taken away month by month. Recently, the highly respected Poppy Project, a specialist service for victims of trafficking, lost its contract.

政治難民がアクセスできるリーガル・エイドの予算が切られたことで機能停止に陥ったIASが取り扱っていた10,000にも及ぶ政治難民(移民も含む)の多くは彼らの立場を代弁する専門家の助けを失った。

If the IAS cannot be saved, then information about what will happen next must be made available to its former clients and this must also be available in the client's language. Lack of information was what hurt clients most during the fallout from RMJ last year. One man killed himselfwhen he was unable to get any information about his case, more than a month after RMJ closed. This must not be allowed to happen again.

Lessons should have been learned after the collapse of RMJ last June, and files need to be transferred smoothly. At that time, I remember seeing boxed-up files being left, unguarded, in an open van. Tribunal cases were adjourned, adding costs, while the UKBA was left with no knowledge of whom to contact in respect of clients. This can only lead to an increase in mistakes, and an increase in the ongoing costs.

ほかの記事から得た知識によると、IASが取り扱っていた難民認定に関連する膨大な書類の全ては「財産」とみなされるため、次の受け入れ先が決まるまでは、担当していた弁護士だけでなくそれらの書類が命と同じくらい大切で貴重なものである政治難民の皆さんが取り戻すことができない。その移行手続きの間に書類が紛失したことに絶望した難民が自らの命を立つという悲しい事件もおきたそうです。

 長くなったので、その2に続きます。

選択肢が多いことが、消費者の満足にはならないということ

2011.11.13
これまでに、何度か引用してきたデボラ・オー(Deborah Orr)さんによるとても興味深いコラムが掲載されました。最近、巷にあふれる「選択肢」は、決して消費者が欲しい、もしくは必要な選択肢ではなく、供給側の都合に合わせた「選択肢」でしかではないかと感じていた気分にまさにはまりました。そう感じたのは僕だけではなかったようで、ガーディアンのウェブに寄せられた読者のコメントの多くが賛同を寄せています。
 僕の気分に呼応した部分を切り貼りするだけなので、デボラさんが本来目指した趣旨から外れるかもしれません。興味を惹かれた方は、ぜひ、全文を読んでみてください。


This pantomime of choice has created a mess, and an awful paradox
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/nov/04/deborah-orr-choice-nhs-schools

I use the word "pantomime" advisedly. Much of the "choice" offered by the NHS is illusory, time-wasting and distressing for patients. As a recent breast cancer patient, I've made many "choices", and have sat in many rooms having my choices outlined to me, by many consultants. I wanted to opt for "I'm in your hands. Whatever you think best." But I had no choice, except choice.

A breast cancer patient is told at length, for example, what her many choices of breast reconstruction are. I've never reconstructed a breast. I have no expertise in this matter. But whenever I asked an expert, who had reconstructed many breasts, what in his considered opinion would be best in my case, they would say, sometimes piously, sometimes conspiratorially (in a nod to our situation's absurdity): "Oh, no. I can only set out the options. YOU have to decide."

I had my tummy fat gathered into a mound and declared "not enough" to fashion a match for my giant chest gooseberry on half a dozen occasions. At other appointments – to decide whether to have chemotherapy, to decide whether to have radiotherapy, the real choice – between surviving and dying – was kept delicately inexplicit.

 これまで彼女のコラムで何度か書かれていますが、デボラさん自身乳がん患者であると。今回のコラムで明らかなように、治療法は温存でなく切除だったようです。NHSのコンサルタント(主治医)からはいくつかの選択肢を示されたものの、その中にはデボラさん自身が望む選択肢はなかった、と。

Choice has also created a political mess. Decades of choice have ended in "no choice left".
 このあとに続くのは、ユーロ圏の混乱についてなので割愛しますが、政治家、もしくは権力の側にある人たち、例えば大企業による「選択肢」は、消費者のためではなく、彼らの権力安定・増大のためになる選択肢のみである、と僕は解釈しました。先日の東京電力による被災者が記入しなければならない申請書が膨大、というのは彼らの選択肢であって被災者が望んだ選択肢ではなかった。

A couple of weeks ago, on Newsnight, Emily Maitlis suggested, with reference to the eurozone crisis, that there was a problem with "democracy". That sounds outrageous – a way of blaming ordinary voters for the mess their leaders made. But the miserable thing is that it is an accurate description of where Europe and the US are now. What is democracy, when There Is No Alternative, when there is no choice?

That's the awful paradox. In some respects, democracy – liberal democracy – has been hoist by its own petard. In the name of choice, financial services were deregulated. Choice promotes competition. Competition benefits consumers. That was the idea. It hasn't worked out tremendously well. The main beneficiary has been monopoly capitalism, and not only in finance. Escalating fuel bills, for example, are, according to energy secretary Chris Huhne, the fault of consumers who are not being diligent enough in their choice-research.

Choice is a driver of inequality. This sad fact has been illustrated very clearly in Britain over the last few decades. The more money and education you have, the better the choices you can make and afford, and the more your position of strength and privilege is bolstered. This is seen mostly clearly in education, not just in terms of state v private, but also, since the Conservative reforms of the 1980s and 1990s, in state education.

 矛盾にもかかわらず、「選択肢」が多いことは民主主義が犯した間違いなのではないか?「選択肢が不平等を増長する」というのは言いえていると思います。

I'm not against choice. But I am against it being deployed without understanding of, provision for, and safeguards against its dangerous disadvantages. Neoliberalism worships choice as always benign and always advantageous for all. That's utterly untrue. Choice has its pitfalls, and they are huge. Failure to see that is the terrible, perhaps even fatal, flaw in the system that is crashing around us now.
 「新平等主義」は選択肢があることを肯定するが、それは間違いである。選択には常に落とし穴があり、それは常に巨大だ。その落とし穴を認識できないことが、現在の世界の混乱を引き起こしている。

 イギリスの日常生活の中で、イギリス人が感じ、考察したことなので日本で暮らしている人の感覚に呼応するかどうかはわかりません。しかしながら、例えば最近になって、社会への影響力はないに等しいですが、つぎつぎに導入されるミクシィの「選択肢」を僕は選択したくないです。なぜなら、僕が欲しい選択ではないから。昔の状態に戻すという「選択」はミクシィからは与えられていません。ミクシィは「ユーザーの皆さんが選ぶことによって」というかもしれないですが、「選ばなくて良い」という「選択肢」は与えられていないですし、ミクシィは与える気はないでしょう。
 さらに考えられることは、「選択肢」は選択できる余裕がある人にのみ恩恵があるという点。いつだったか思い出せませんが、しばらく前にテレグラフ紙がイギリスで増え続ける貧困層についての特集を組みました。その中で、予算削減により地元の学校でのパートタイムの教職を失った女性が、「選択肢を選ぶことはもはや私が享受できる贅沢ではない」と。

 デボラさんのこのコラムを読んでもっとも強く感じたことは、現在はもはや多くの人にとって「選ばない時代」、「選ばない選択ができる時代」ではなくて選択肢をいやおうもなく「選ばなければならない時代」。なんて窮屈な時代になってしまったんだろう、と。

サドラーズ・ウェルズの2012年前半のプログラム

2011.11.12
今日、へろへろになって帰宅したらサドラーズから2012年1月後半から始まる演目の詳細が届いていた。ウェブ上ではまだアクティヴになっていないようなので、僕個人の興味を惹いたものをいくつか。

http://www.sadlerswells.com/


Ivan Putrov:Man in Motion
1月27日から29日

 個人的にはプトロフには全く心動かされないけど、共演者が凄い。ダニエル・プロイエット(日本には2月下旬に行く予定、http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1446.html)、ドミトリィ・グダノフ(引退するんじゃなかったのか?、それとも引退を表明したのはウヴァーロフだったか?)、イゴール・コルプ(マリィンスキィ)、そしてセルゲイ・ポルーニン
 プトロフがロイヤル・バレエを離れた経緯についての噂を聞いたことがあるので、ロイヤルがよくポルーニンの参加を認めたなと。同じウクライナ出身だからというのもあるのかな。演目の中では、イギリスで30年以上も上演されていないアシュトンの「Blessed Spirits」を観たい。アンソニィ・ダウエルが教示するらしい。


Russell Maliphant Campany:The Rodin Project
2月5日

 2012年10月に正式上演予定になっているマリファントによる新作を少し見せる、というものらしい。彫刻家のロダンに触発されたプロジェクトとのこと。


Akram Khan Company;DESH
2月21日から25日

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


The Most Incredible Thing
3月25日から4月7日

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1349.html


English National Ballet 2:My First Sleeping Beauty
4月3日から13日

 一部の新聞で報道されていたけど、これは初めて古典バレエを見るであろう家族向けのまったく新しい振り付けになるとのこと。振り付けは、マシュー・ハート。彼の踊りは何度か観たことあるが(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-969.html)、振り付けはまだ体験したことがないので興味津津。問題は、家族向けということで開演時間が午前11時と午後2時に集中していること。夜7時の上演は初日のみ。


Ballet Preljocaj:Snow White
5月10日から12日

 音楽はマーラーの交響曲からの抜粋、衣装はゴルティエというのにはとても興味を惹かれるのだけど、踊りを楽しめるかどうかは全く不明。


New Adventures:Matthew Bourne's Early Adventures
5月21日から26日

 ニュー・アドヴェンチャーズ創立25周年の一環。演目はSpitfire, Town and Country, The Infernal Galop


ヴッパタール
6月6日から7月9日

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1375.html

 僕が観たいプログラムは全てバービカン。


New Adventures:Play Without Words
7月12日から8月5日

 2002年にナショナル・シアターで初演されて以来、初めての再演らしい。記憶違いでなければ、マシュー・ボーンによる2012年末に上演予定の新作は「眠り」らしい。

 チケットは、11月14日、イギリス時間午前10時から発売開始。


ロイヤル・オペラ・ハウス公認ゲイム・アプリ

2011.11.11
友人にロイヤル・オペラ・ハウスから「i」プロダクトで遊べるゲイムが発売されたとの知らせが来たそうだ。

http://www.roh.org.uk/news/royal-opera-house-launches-a-new-game-the-show-must-go-on

http://www.roh.org.uk/


RoyalOperaGame.jpg

Royal Opera House launches a new game: The Show Must Go On

App features a number of mini games related to Royal Opera and Royal Ballet productions.

The Royal Opera has launched The Show Must Go On, a new game for iOS devices (iPad, iPhone and iPod Touch).

Ever wondered what it takes to create one of the magical stage performances at the Royal Opera House? The Show Must Go On puts the player in the shoes of an intrepid stage manager who has to cope with a string of back stage disasters.

Developed in conjunction with Hide and Seek, the app features a number of mini games relating to Royal Ballet and Royal Opera productions of The Marriage of Figaro, Carmen, Swan Lake and The Nutcracker. In the course of five mini-games the player has to manage lighting, props, set building, dressing the chorus and race against time to gather lost sheet music.


 このゲイムを遊べる製品には全く縁がないのでどれだけ暇つぶしになるのかわからないけど、トレイラーを見る限り、それほど難しいものではなさそう。これが大ヒットしたら、ロイヤル・オペラ・ハウスさん、チケット代を値下げしてください。

ジョン・マーティン展:APOCALYPSE

2011.11.08
John-Martins-Apocalypse-001.jpg
(今回の展覧会の中心となった3作。The Great Day of His Wrath, 1851-3、画像はすべてガーディアンから拝借)

John-Martins-Apocalypse-002.jpg
The Last Judgement, 1853

John-Martins-Apocalypse-007.jpg
The Plains of Heaven, 1851-3

9月21日から始まったイギリス人画家、ジョン・マーティン(John Martin, 1789-1854)の展覧会をテイト・ブリテンでみてきた。各新聞のレヴューは満点ではなかったけどかなり好意的だったし、全くその名を知らなかった画家なので楽しみだったけど、期待の半分は観はじめてすぐに崩れ去ってしまった。

 展覧会のタイトルになっている「APOCALYPSE」は、まさにマーティンの画業の特異点を、でも同時に弱点をさらけ出してしまっている。旧約聖書や新約の中の物語を題材に、人間が如何に弱い存在であるかという点はその巨大な絵から見ることができる。が、そのディザスターからは何も哲学を感じない。構図は単調だし、天の怒り、自然の怒りを大仰に描いても、そこからは自然災害を滅多に経験することのない国の人が描いたもの、というところで止ってしまっている。
 もう一つどうしてだろうと思ったのは、常に絵の前面に描かれている人物と、背景に広がる自然の筆致が同じ人が描いたものとは感じられない点。構図は単調ながら、自然の描写はとても雄大。が、人物の描写、特に1820年代のはあまりに書き込みすぎてまるで日本の青年コミックの登場人物のような濃い表情。

John-Martins-Apocalypse-004.jpg
The Eve of the Deluge, 1840、これはエリザベス女王のコレクションから貸し出されたもの。いくらなんでも太陽、新月、彗星を並べるって無理がありすぎると思うな)

 活躍した時代が約1世紀違うから比較することは無理かもしれない。けど、ホガース(18世紀)の作品が21世紀のイギリス社会を描くためにごく普通に使われるのに、マーティンの画業が取り上げられないのは彼の作品の多くが宗教に縛られて普遍性を持つことができなかったからではないかと考える。

 ポジティヴなことを描くと、イギリスのゴスが好きな人はけっこうはまるかも。ミルトンの「失楽園」を基にした版画や油絵のいくつかは、ゴスの匂いが画面から強烈に感じられた。さらに、無料のパンフレットに情報によると、マーティンがいくつもの作品に描いた「神の怒り」の描写は映画界に強い影響をもたらしたとのこと。でも、「ソドムとゴモラ」やポンペイの火山噴火を描いた作品からは、現在の資本主義社会の崩壊に警鐘を鳴らすほどの道徳観がない。

 ある意味、まさにイギリスの画家であるとは思う。でも、それ以上ではないかな。

John Martin: Apocalypse – review
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2011/sep/25/john-martin-apocalypse-tate-review

 閑話休題。昨日のイヴニング・スタンダード紙にホガースの家が改修を終えて公開されるとのニュース。

Hogarth 'country' retreat re-opens
http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-24006868-hogarth-country-retreat-re-opens.do

 さらに、本日のイヴニング・スタンダード紙によると、明日、11月9日からナショナル・ギャラリィで始まる「レオナルド展」の前売り券はすでに12月半ばまでの分は完売らしい。レオナルド本人が描いたとされる絵画の半数以上が集まるとあってレヴューによっては、「Once in a lifetime exhibition」なんていっている。迷っている方は、早めに行動に出ることが肝要でしょう。

いただきますの日:the day of Itadakimasu

2011.11.07
いただきます横

11月11日が「いただきますの日」ということを元同僚から知らされた。どうしてそうなったかの経緯は知らないけど、「2011年11月11日11時11分に何かが起こるかもしれない」という全く何の根拠もないことに現を抜かすより、ずっと建設的だと思う。

http://itadakimasu1111.jp/

 こんなことを改めて書くのもなんだけど、自分の母国語が主言語でない国で暮らしいると、折にふれ、日本語の深さ、暖かさ、優しさを感じることがある。もちろん、英語には英語のよさがあるし、日本語固有の表現の意味合いを英語に照らし合わせて考えることは、日本とイギリスの文化の違い、相似を考えるいい機会。中でも、「いただきます」は、イギリスで暮らし始めてから折々、料理を作ってくれた人に、僕を生かせてくれる食べ物の存在への感謝を伝える簡潔にして、日本人の生活の根底をなす大切な言葉だと感じる。

いただきます縦

[追記:11月8日]
どうして「いただきますの日」になったのかの経緯を知りたくてリクエストしておいたプレス・リリースからの抜粋。

「いただきますの日」プロジェクト普及推進委員会は、11月11日を「いただきますの」日と設定、食卓から、いのちのつながりを実感し、いのちに感謝する日とする「いただきますの日」プロジェクトを発足します。

「いただきます」は、食に対する感謝の気持ちを表す言葉です。多くの人が、自分の食卓に関わっていることを「2膳の箸」で概念的に示し、11月11日を「いただきますの日」と設定します。

また、毎月11日を「いただきます」を声に出し、食卓から、毎回の食事から、いのちのつながりを実感し、いのちに感謝する日としていきます。

2011年11月11日はキックオフとして、下記のような食に感謝する講演会とワークショップを実施。「いただきますの日」を知っていただき、食卓からいのちを考えるキッカケを提供していきます。


 少しだけ、上から目線を感じるのは気のせい、だろう。でも、「いただきます」を言うのはいい、悪いではなくてコミュニケイションとして素晴らしいと思う。

My Yorkshire, David Hockney:マイ・ヨークシャー、デイヴィッド・ホックニィ

2011.11.06
hockney-my-yorkshire-15497.jpg

おそらく、2012年1月からアカデミィ・オブ・アーツで始まる個展を控えているからであろう、デイヴィッド・ホックニィが描いた、彼の故郷であるヨークシャーの風景画のいくつかと、インタヴュー、それに製作の状況を記録した写真をまとめた本が9月に出版された。

imgDavid Hockney4
(製作風景、ほかのウェブから拝借)

 最近のインタヴューの一つで、肖像画に戻るという発言をしていたと記憶しているので彼が描いた巨大な風景画をまとめてみる最良の機会になるだろう。個人的には、週に2回くらいは通いたいくらい。どれほど巨大化というと。

DavidHockneyAtTateBri.jpg
(これが展示されるかどうかは不明)

 これからの季節、ロンドンは屋外の観光には向かないかもしれないけど、9日から始まる「レオナルド展」、このホックニィの展覧会、そして2月にはポートレイト・ギャラリィでルシアン・フロイトの回顧展が始まる。美術が好きに人にはかなり興味を惹かれる冬になるかもしれない。

http://www.royalacademy.org.uk/exhibitions/hockney/

ダッチェス、クラウン・プリンセスと人道支援活動に

2011.11.03
DaneBritish1.jpg

昨日、11月2日にウィリアムとキャサリンがコペンハーゲンを訪問した。目的は、デンマーク王室の皇太子夫妻と共ユニセフの活動を支援することらしい。

Belting good look: Chic Duchess of Cambridge arrives in Copenhagen for first joint humanitarian mission with Prince William
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2056571/Duchess-Cambridge-Kate-Middleton-arrives-Copenhagen.html

 チャールズさんの功績と活動を忘れるわけではないけど、欧州王室も次の世代に重点がシフトしてきているような印象を持つ。

DaneBritish2.jpg

 二人は、結婚するまではイギリス国籍を持っていたメアリィさんに何をもって言ったのだろう?これかな?

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1418.html

BBCで数学と英語の勉強をしてみる

2011.11.02
skillswisepreview.jpg

あることがあって、もしかしたら「Literacy and Numeracy Test」なるものを受けることになりそうな雲行き。この歳になってまだテストを受けるというのはできれば避けたいけど、共通一時世代としては受けるとなれば相応の成績をとりたいもの。

 で、受けることになるかどうかもわからないうちにどんなテストなのか検索して引っかかったのが、BBCの「Skillswise」というペイジ。

http://www.bbc.co.uk/skillswise

 BBCのウェブをよく利用している人は日本でも多いようだから、すでに知っている人もいるだろう。ちょっとやってみたけど、テストと言うよりは「頭の体操」といった印象。肩肘張らずにできる上に、「へー、英語ではこんな風に数学の問題と尋ねてくるのか」といった感じで面白い。英語の鍛錬にもなるのではないかなと。

 実際のテストは、おそらく以下のリンクで試せるものに近いと思われる。

http://www.move-on.org.uk/practicetestsResults.asp

 なめてるといった程度の問題から、さして難しいわけではないにもかかわらず、質問で何を問われているのかが判らない問題まで。質問の仕方にも文化の違いって現れるものなんだ。

The Red Tree:自分探しのための本?!

2011.11.01
redTree.jpg

昨年購入した「The Arrivalhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1260.html)」の作者、ショーン・タンの作品。

 個人的に、これもまた絵柄も書かれている言葉も好きなのだが、最後だけがしっくり来ない。おそらく読む人の気分によっては慰められるのかもしれないけど、inwardnessではなくてoutwardnessで終わったほうが今の閉塞の時代には必要と感じる。自分は社会に理解されないから自分の部屋で楽しいことを待つという風に取れる。この本が出版されたのはかなり前だから、いまさら行っても仕方のないことではあるけど。

 余談。ドーント・ブックスでよくほんのことを尋ねる女性担当者と話していたら、「また一つ、日本の小説が出版されたのよ」といわれて見せられたのは、吉田修一の「悪人」。「東京ロンダリング」が翻訳出版されることを切望中。

http://book.asahi.com/booknews/interview/2011103100001.html

Books    Comment(2)   ↑Top

A Child's Garden:希望の物語

2011.11.01
ChildsGarden.jpg

I am going to add my comment in Japanese later, but this is the book which I was looking for months and which I do want many adults to read with children.

Master storyteller Michael Foreman's has created a timely and moving story of a child creating a garden of hope in the midst of poverty and war.
(Amazon UK)

もう1年以上も前、ドーント・ブックスの絵本の棚で偶然手にしたこの本。あらすじを忘れないようにとの反動でタイトルを忘れしまっていた。今日、ドーント・ブックスの絵本担当のアダム君とやっと会えた。で、思い込みで美化されているあらすじを伝えた。アダム君はしばらく思案してからおもむろにスクリーンに向い、「これかな?」と示してくれた。

I got it, finally!

 この絵本を読んでいる途中から、そして読み終わったときにまず考えたことは、パレスチナとイスラエルの闘争。この、地球が滅亡しても続くかとすら感じる終わりなき闘争の最大の被害者は子供たちだろう。
 でも、今となってはそれだけではないと感じる。物語は戦争で荒廃し貧困で苦しむ子供たちを描いているけど、子供たちが葡萄に託す希望は、東日本大震災によって苦しんでいる多くの人にも伝わると思う。

 日本で出版されているかどうかはわからない。決して国際政治の闘争を声高に糾弾しているものではない。多くのことが起こりすぎて何を思い出しても重苦しさが拭えないかもしれない2011年の終わりに、家族が一緒に読める素晴らしい本。

[追記]
 日本では、岩崎書店から翻訳が出版されている。

少年の木
http://www.iwasakishoten.co.jp/products/4-265-06818-9.html

Books    Comment(0)   ↑Top
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.