LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2012年02月の記事一覧

2012.02.29 イギリス国内のHIV治療、外国人へも
2012.02.28 社会は選別する3:幸せになるためには、すでに持つ側にいなければならない
2012.02.28 社会は選別する2-2:通勤9時間の価値がある仕事はロンドンに
2012.02.28 社会は選別する2-1:ロンドンで暮らすことは権利か、特権か
2012.02.27 ウェスト・エンドのミュージカル、受難の夏
2012.02.26 ローマで流行る鼻チューブ
2012.02.26 好天に恵まれた楽しき土曜日
2012.02.24 The Bee @ SOHO Theatre
2012.02.24 社会は選別する1:女性を区別し続ける、人間が作ったシステム
2012.02.23 日本は真に負け組みになるのかな?!
2012.02.23 スウェーデン国王に初孫
2012.02.23 きた道を引き返すことはいとも簡単に:日本の政治家
2012.02.22 イギリス人は幸福な人々、それとも世界でもっとも不幸?
2012.02.22 セルゲイ・ポルーニン、再びサドラーズに
2012.02.19 Another nightmarish event in Summer 2012
2012.02.18 南北問題:スペインの場合
2012.02.18 リヒター、プレガルディーン、ドレイク@ウィグモア・ホール
2012.02.18 土曜の遅い朝は
2012.02.18 報復の連鎖を断ち切る難しさ
2012.02.18 シリア政府に抗議するデモ行進に関する注意喚起
2012.02.17 Spotify, British Rail and Skype:IT音痴には生き辛い世の中
2012.02.16 ホガースを学ぼう:Beer Street and Gin Lane
2012.02.15  ロンドン最貧の区で日給£1000-の仕事
2012.02.14 エンタメ批評は誰のために?
2012.02.13 パディントン駅の大混乱始まる
2012.02.08 ルシアン・フロイト@ナショナル・ポートレイト・ギャラリィ
2012.02.08 ロンドン美術展、開催ラッシュ:ルシアン・フロイト、草間彌生、エリザベス女王
2012.02.04 冬のウィズリィ・ガーデンに蝶が舞う
2012.02.04 セルゲイ・ポルーニンの就労ヴィザ失効、ほか
2012.02.04 Freezing and frozen UK, and Europe

イギリス国内のHIV治療、外国人へも

2012.02.29
2月28日に報道されたニュース。記録としても。


Free HIV treatment on NHS for foreign nationals
http://www.bbc.co.uk/news/health-17187179

Foreign nationals are to be offered free treatment for HIV on the NHS under plans backed by the government.

Campaigners say the move in England will reduce the risk of Britons being infected and cut the costs of more expensive later treatment.

Currently only British residents are eligible, which excludes migrants.

The Department of Health said it would bring England into line with Scotland and Wales, and there would be safeguards against "health tourism".

Extend treatment

There are an estimated 25,000 people with undiagnosed HIV in Britain, many of whom were born abroad.

People from overseas cannot be treated for the condition unless they pay, which is not the case for other infectious diseases.

This group of people includes failed asylum seekers, students and tourists.

Conservative former cabinet minister Lord Fowler, who headed the government's Aids awareness campaign in the 1980s, has called for an amendment to the Health and Social Care Bill currently before the Lords.

This would extend free treatment to those who have been in Britain for six months.

The proposal will be introduced by the government in a Statutory Instrument rather than as part of the legislation.

'Good news'

Public Health Minister Anne Milton said: "This measure will protect the public and brings HIV treatment in to line with all other infectious diseases. Treating people with HIV means they are very unlikely to pass the infection on to others."

Yusef Azad, director of policy at the National Aids Trust, said: "If someone is tested and treated early, it is much cheaper than them presenting themselves in hospital with a much more serious, complex condition that can cost tens of thousands of pounds to treat."

Professor Jane Anderson, chairwoman of the British HIV Association, said: "This is good news for people living in the UK who are HIV positive and also for public health in general."

Critics claim the decision could prompt so-called health tourism and put the NHS under further financial pressure.

But the government pledged tough guidance to ensure the measure is not abused.

The Department of Health said it would be difficult for somebody to come to the UK specifically for treatment as the process took months to administer and monitor.



 大改革の行方が見えないNHSにとってはリスクが高い方針だと思う。が、記事の中で書かれているように、感染初期の段階で治療や、生活指導を受けることができれば、今では感染してしまってもQOLが劇的に変わる事は少なくなってきている。

 大切なのは、HIVについて知ること。HIVは「特定のグループの人しか感染しない」、ではない。感染する可能性がある状況では、感染しない人はいない、ということは証明されていない。

スポンサーサイト

社会は選別する3:幸せになるためには、すでに持つ側にいなければならない

2012.02.28
書ききれると思ったのですが、力尽きそうなので、自分の中でつながる記事を貼り付けます。情報ソースがガーディアンに偏っているのは自覚しています。

 まず、2月25日のガーディアンの付録雑誌の特集。イギリスは、金持ちがさらに金持ちになれる国。

Why the super-rich love the UK
http://www.guardian.co.uk/society/2012/feb/24/why-super-rich-love-uk
It's obviously not for the weather, so what is it about Britain that the obscenely wealthy find so attractive?

 この記事もとても長いので、いくつかの段落を抜粋します。

A few years ago, when I set out to write a novel about contemporary London, my point of departure was to think about who I wanted to be in it. I wanted to have characters who were lucky and unlucky, immigrants and natives, mindful and oblivious, poor and rich – but the question there quickly became, just how rich? London is full of the 1%, the people at the top of the income distribution, whose circumstances are at the moment so much on the agenda for the other 99%. But the thing is that while the 1% are rich by everyone else's standards, they are not rich by the standards that rich people use themselves. To be in the 1%, in income terms, you have to earn – or, as the Socialist Worker has it, "earn" – £150,000 a year. That's a lot, to most people's way of thinking – but not to the way of thinking of the rich. I've asked quite a few people in the world of money, the kind of people who know properly seriously rich people, what counts are being properly, seriously rich. The consensus figure is that you need $100m. At that level, even the seriously rich agree that you are rich. Anyone with that amount of money is obviously way, way past the point where they will never have to think about any of their material needs, ever again.

What this policy amounts to, in practice, is that the UK has a gigantic sign hanging over it saying, "Rich People! Come and Live Here! You Won't Have to Pay Any Tax!" It is an extraordinary policy for any developed nation, and not one that anyone else has been tempted to adopt. Other countries have low tax rates to attract businesses – in the EU, Ireland and the Netherlands stand out – but the only countries that have anything even vaguely resembling the British policy towards the super-rich are places that are openly accepted as tax havens, such as Monaco and Switzerland. (And even in Switzerland the tax policies vary canton by canton, and are regularly put to the vote.) Tyler Cowen, a respected American economist with a popular blog, Marginal Revolution, describes Britain quite simply as a "residential tax haven". A glance at any list of this country's richest residents will not confirm this fact, because it's impossible to know the private details of individual tax arrangements, but it is striking that of the 12 families and individuals at the top of the Sunday Times rich list, only two are citizens of the UK. The others, clearly, are attracted here by the weather.

It's these two groups, non-doms and the internationally mobile, who mainly make up the London super-rich. They aren't the 1%, or even the 0.1%, but the 0.01% – the few thousand richest people in the country. We go out of our way to entice them here: that's what the non-dom rule is for. But there are almost no studies of their effect on the UK; of their impact on the debate about inequality and fairness; of their impact on the capital of having a group of people who simply don't have to pay any attention to what things cost. One of the salient qualities of life in London, remarked on by long-term residents, by newcomers and by tourists, in short by everybody, is how expensive everything is. City pay is a big part of that, but the international super-rich contribute to it, too. The money they spend is obviously welcome, but it seems to me possible that it comes at too high a price to the rest of our polity. Inequality feeding down from the top of the income distribution is provably linked to a whole range of negative consequences for society, from higher rates of mental illness and incarceration and family breakdown to alcoholism, drug abuse and suicide. By choosing to have the tax system we have, we are choosing to make these problems worse; and we are concentrating the top of the inequality range in our capital city. The consequences of this need some real study. And yet it's infinitely better to live in a country where people want to be, rather than a country that people want to flee – and these people's presence here reflects that fact, too.

"Community", that loaded word so beloved of politicians, is simply not a reality in most people's lives. It's normal for us to be cut off from each other. The super-rich, however, are so cut off that they are barely living here at all. Everything that can have the word "private" attached in front of it, they have: schools, hospitals, jets, islands. Even things like the shops, which you'd have thought was one of the attractions of London for people who can afford it, function differently for the 0.01% – for the most part, they prefer to have stuff brought to them.


 お金を持っていないと、ロンドンには住んではいけないのではと本気で思います。ロンドンは、金持ちだけで成り立つ都市になっているのだな、と。古い階級社会と新しい階級社会が合体して、下々からは上にいる人たちが誰なのか、本当に存在するのかどうかも判らないくらいです。

 キャメロン(もう、呼び捨て)がイギリス国民の幸せ度を向上させるといったのを覚えている方もいると思います。が、最近、この話全く聞きません。

Despite its promises, this government can't make you happy. In times of austerity, you are on your own
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2012/feb/08/government-cannot-make-you-happy

The happiness agenda, propelled by thoughtful people, once centralised becomes a way of personalising what are really huge social problems. Just as the government believes we should all be physically healthy, and eat and drink in moderation, so too should we work on our own happiness at the exact time when many of us are anxious and insecure for reasons we are powerless to change.

The happiness industry is often deeply conservative, for it is premised on how well-adjusted people's problems may be solved with a bit of behaviour modification or "willpower". All this is a massive form of denial.
A denial of powerful forces from without and within. We do not have control over a globalised system that right now is in crisis, nor do we have full control over our own impulses, our own unfathomable psyches.

Instead we might ask why those who are anti-state intervention want to legislate over sexuality, why the female body is the battlefield for the right, why people vote against their own class interests? Rightwing ideology is not "stupid", but founded upon certain kinds of repression and a view of human nature that sees the market as a pure expression of that nature.

Unpicking this can also explain why politicians who promise reassurance and control keep power. The happiness debate was but a distraction. An austerity government cannot create conditions for improved "wellbeing". This is a fantasy. In reality, "happiness" is subject to the cuts too. It has been privatised. You are, as you always were, on your own.


 もう少し内容を絞って書けるかと思ったのですが、力尽きました。情報量が多いですが、僕の視点からは、今回リンクした記事からは、現在、イギリス社会が抱えている課題、もしくは現象をほんの少し紹介できたかなと願います。2-1で書いたように、「本人が望まない選別にかけられて社会から振り落とされていく」というのはこれまでにも、世界中どこでも起きてきたことではないかと考えます。でも、これまではセイフティ・ネットからふるい落とされていくのは少数だった。でも、今のイギリスでは、セイフティ・ネットから落とされていくのがマジョリティで、そのマジョリティが自らの身を守る手段が限られていて全員にいきわたらない、マジョリティが社会を変える手段をもてない、そんな時代になっているのではとの印象を持ちます。
また、首都であるとはいえ、イギリス国内のひとつの都市に過ぎないロンドンのあらゆる意味合いでの振り切れ具合は、外部から見ればこれからの生活をどのように設計していくかの参考になるのではないかと。

 最後に、自分の中ではつながる記事をもう二つリンクしておきます。

Instead of being disgusted by poverty, we are disgusted by poor people themselves
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2012/feb/16/suzanne-moore-disgusted-by-poor

Disabled people face unlimited unpaid work or cuts in benefit
http://www.guardian.co.uk/society/2012/feb/16/disabled-unpaid-work-benefit-cuts

社会は選別する2-2:通勤9時間の価値がある仕事はロンドンに

2012.02.28
2月26日付のサンディ・タイムズの付録雑誌の特集記事の一つは、ロンドンへ超長距離通勤(往復4時間から8時間のレンジ)を続ける人たちへのインタヴュー。理由はさまざまです。ロンドンから離れている田舎に家を購入したけど、その地域にはロンドンと同じだけの給与が得られる仕事がない。ロンドンに住みたいけど、今の収入だとロンドンで暮らしたい地域に自分の家を購入できるほどのローンが組めないからとか、田園地域での生活を維持するために、普段の日々の交友を犠牲にしている等々。

 ご存知のように、ルパート・マードックのタイムズは定期購読していないとウェブの記事をリンクできません。やりようはあるのですが、ほかの人に迷惑をかけたくないので。記事に掲載されていたいくつかの情報を簡単に。

 まず、イングランド中部域からロンドンへ通勤の場合、どの鉄道会社を使うかで幅はありますが、おおむね、年間の定期代は£8,000-から£10,000-。これを払えるということは、よほどの収入がなければでしょう。言い換えれば、これ以上定期代が上がったら、その仕事を続ける意味があるのか。ただ、昨今の不況で仕事が簡単に、というか仕事を見つけるのが不可能な時代では、定期代が収入の25%を超えても仕事を続ける人は沢山いるのかとも思います。
 スウェーデンのUmea Univesityの調査によると、夫婦、もしくはカップルのうちのどちらかの(おそらく片道の)通勤時間が45分以上になると、4割が離婚に至るとの結果が出たそうです。東京の皆さんは、どうやってサヴァイヴしているのでしょう。

 これだけでは説得力がないので、書こうと思って保存しておいた同様の記事で、2011年9月にイヴニング・スタンダード紙に掲載されたものです。

London's really big commuters
http://www.thisislondon.co.uk/lifestyle/article-23992517-londons-really-big-commuters.do

ロンドンで、高収入の仕事についているある夫妻の通勤時間は、毎日4時間超、という記事です。

The 18.03 is packed. The passenger sitting next to me is eating a pungent burger and chips. About half an hour out of King's Cross we slow to a crawl, stuck behind the rail equivalent of a learner driver - with no chance to overtake.

Already the stress levels are rising and I am still more than an hour away from my destination, Newark-on-Trent inNottinghamshire.

This is the world of the long-distanceLondon commuter, a hardy band who will pay up to £10,000 a year to spend up to five hours a day shuttling from bed to desk and back again.

Next January those season ticket fares will go up by another eight per cent, adding hundreds of pounds on to an already exorbitant cost. On the trains that carry London commuters home each evening, revolt is in the air.

I have joined Julie and Jonathan Sheppard, a married couple who cover 250 miles a day from Newark to King's Cross and back on the East Coast Main Line, passing through six counties en route.
Like most long-distance commuters the couple are furious - but resigned - about the swingeing fare increases.

According to Jonathan: "The frustration will be that when it goes up, East Coast will say we are paying for investments. But we never see any service improvements, we don't see better rolling stock or more trains."

Until this month there was not even a loyalty scheme for regular passengers, an oversight that grates with them.

Jonathan, who works for a public affairs company in Victoria, adds: "But even if they raise it to £15,000, I'd probably still have to pay, I have no choice, there just aren't my sort of jobs around in Newark or anywhere in the East Midlands. East Coast is a monopoly. It's not as if I can switch to Virgin. If there were four of us, we could club together to buy a car each year and drive down - exactly what the Government is trying to discourage."

Jonathan, 36, works a four-day week and pays £814 a month for his ticket. Julie, 40, a legal compliance executive at Shell, who commutes four or five days a week, paid £8,448 for her annual pass last January.

"I can't see how commuting like we do can make sense for anyone earning less than £30,000 a year," says Jonathan. "Philip Hammond was too honest for his own good when he said the railways have become 'a rich man's toy'". The rise means that something else in the household budgets will have to give - probably a cheaper holiday.

Julie says: "I don't have a coffee on the train in the morning, I refuse to give them any more money on principle."

The couple have noticed a slow deterioration in the buffet service - they now stock Walkers rather than Tyrrells crisps.

Their entire day revolves around that daily slog between the capital and a county so distant most Londoners would think of it as The North. The alarm goes at 5.30am, they are in the car by 6am and on the platform with about 50 others in time for 6.26am train.

During the day Julie invariably skips her lunch break so she can be sure of a sharp getaway for the 18.03pm - or preferably an earlier - train.

Jonathan makes sure he leaves the office on the dot of 5.30pm.

Once home - on a good day - at about 7.45pm, Julie heats up one of a number of meals (stews and chilli are typical) pre-prepared at the weekend.

She is in bed by 10pm. If any link in the commuting chain breaks down even that little window of relaxation is wiped out.

An after-work drink with colleagues is out of the question, Christmas party invitations have to be declined because they would simply get home too late in the evening to make it worthwhile. Staying in a hotel is too expensive.

But their journey is by no means the longest on the line. According to Jonathan, "when I get on the train, it is already quarter-full with people from Doncaster and York you see every day."

The couple, who do not have children, accept that the lifestyle is entirely their choice. The pay-off is cheap housing and green space. They are selling a five-bedroom house in Newark for £200,000 and moving to a £330,000 smallholding with two acres outside the town.

They both have stimulating, well-paid jobs, of the sort that - in their view - can only really be found in London. They estimate their combined earnings would be perhaps half the £110,000 they make currently if they took local jobs.

They like the combination the commute gives them.

"You do get a payback at the weekend," says Jonathan, "because we spend all of it outside in these wonderful green empty spaces. If we were going home to a shitty house in a shitty area of London we just couldn't do it. When you pay for your ticket, you do think of that lifestyle."


 シェッパード夫妻は、彼ら自身の選択でこの超長時間通勤を受け入れているので、ロンドンが彼らにこの通勤を強いているわけではないです。でも、ロンドンと同レヴェルの仕事がイングランド各地に分散していればとか、鉄道会社の強欲ぶりには利用者の一人として見返してやりたい、とも思います。
 でも、東京だって同じ、もしくはもっと悲惨だよと思われる方に、東京とロンドンの大きな違いを。イギリスでは、通勤費用は雇用されている側の負担です。

Door-to-desk cost for London commuters will soar to nearly £10,000
http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-23988940-door-to-desk-cost-for-london-commuters-will-soar-to-nearly-pound-10000.do

 日本の通勤費会社負担という制度がなくなれば、例えば、東京一極集中は解消されるかも、というのは暴論でしょうね。


[追記]
 ロンドンで暮らすのはストレスフルのようで。

Stressed Londoners biggest worriers in UK
http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-24039179-stressed-londoners-biggest-worriers-in-uk.do

社会は選別する2-1:ロンドンで暮らすことは権利か、特権か

2012.02.28
その1(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1575.html)では、本人が望まない選別にかけられて社会から振り落とされていく、と最近感じていることをやや大きな話題で書いてみました。消化不良も甚だしいですが、このようなことが起きていることを自分のために記録しておきたかったこともあります。
 
 で、現在、自分が住んでいるロンドンの片隅で集めたロンドン、そしてイギリスと言う「社会」でどのようなことが起きているかを。

 土曜日、友人と熱い議論を戦わせた「ロンドンに住むことは特権、それとも権利なのか?」、ということを考え始めたのは、住宅補助大幅削減により、住居の変更を余儀なくされる家族の記事を読んだからです。

Housing benefit cap forces families to leave central London or be homeless
http://www.guardian.co.uk/society/2012/feb/16/housing-benefit-cap-families-central-london

As primary schools struggle to cope with the disruption caused to children, a council officer declares: 'To live in Westminster is a privilege, not a right'

 とても長い記事なので、全文は転載しません。また、イギリス人の友人をして、「住宅費補助政策を役人だって理解しているとは思えない」というほど複雑怪奇なシステムなので、補助政策の歴史については全く判りません。一ついえるのは、住宅費補助額に上限が設けられたことで、家賃の支払いをその補助に頼っていた家族が、ロンドン中心部から離れなければならない状況にあるということ。記事が重荷焦点を絞っているのは、まさにロンドンの中心地、ウェストミンスター区です。僕もその一角に住んでいます。

In Westminster, the borough most affected by the housing benefit cap, some schools could see up to 43% of pupils affected by the reduction in housing benefit, according to the council's preliminary forecasts, and across the borough 17% of primary pupils could be forced to move, internal data suggests.

ウェストミンスター区の試算では、補助費の上限が下げられたことで、同区内の小学生の17%学外への転出を余儀なくされる。
 一つ補足です。記事の最初に出てくる「Gateway primary school」がある地域を、僕はマリルボーンとは言いません。実際にマリルボーンに住んでいる住民からすれば冗談じゃないと思うでしょう。この小学校があるのは、Lisson Groveという通りで、周囲は東京風に言うと、団地が密集している地域。住民の多くはイギリス人労働者階級、そして移民として生活している人が多いと考えます。ウェストミンスター区にもそんな場所があるんです。

Some families have already been forced into B&Bs or homeless hostels because the housing benefit they receive is no longer enough to cover their rent. Charities and local MPs say that over the next year, other families will be forced to leave the area, will crowd into smaller flats, or will try to meet the shortfall in rent by saving on food and heating expenditure.

"It's very disruptive. We put a lot of energy into making sure our children succeed. When families leave, that knowledge of their families, their learning needs is lost," she said. "The whole process is very brutal. The sense of the unknown is very traumatising for everyone."

 親や教師の不安もさることながら、先行きが判らない不安を小学生が抱えなければならない、という現実。

The cap was introduced by the government as a cost-cutting measure, in the context of growing unease about a steep rise in the size of the housing benefit bill. The measure only affects tenants renting flats in the private sector, and not those living in council properties, but with waiting lists for council flats stretching into many years, large numbers of families who are on low incomes currently rely on housing benefit payments to subsidise or cover private rents.
The government has capped all housing benefit payments at £250 a week for a one-bedroom property and a maximum of £400 for a place with four or more bedrooms. Within Westminster, there are almost no three- or four-bedroom flats available within that price range.

 この部分に、実際の補助額についての情報があります。

The philosophy behind the new cap seems to be "if you can't afford to live here, don't expect to live here". "To live in Westminster is a privilege, not a right, because so many people want to live here," a Westminster council press officer explains.
 もし、ここ(ウェストミンスター区)に経済的に住むことができないのなら、住むことを期待するな。ウェストミンスター区に住むことは特権であって、権利ではない。なぜなら、多くの人がここの住みたがっているのだから。

But further pressure on claimants will be felt once the government's planned overall benefit cap at £500 a week is introduced in 2013, making some of Westminster's council homes unaffordable for people with large families, and increasing the proportion of London unaffordable to people on low incomes. The Chartered Institute of Housing warned this year thatthe measures could cause the migration of poor tenants to "benefit ghettoes" in cheaper areas of the country.
 2013年に再び上限が見直されると、ロンドンはますます低所得層の人々が住めなくなる。そのような人々は、イギリス国内の住宅費の安い地域に移住しなければならなくなるだろう。

Westminster has accepted that there will be a 20% reduction of the school population across the borough as a result of these changes.
 これは、僕が最も驚いた発言です。上限額の変更により、区内の生徒の数が2割減ることを受け入れる、と。言い換えれば、子供が減ってもいい。公立学校が減ってもいい、と言っているように感じてなりません。

Westminster's official position is that the measure will save £39m a year, and the area's overall profile will not be radically changed by the policy's implementation because out of the 110,000 homes within the borough, 25,000 are council or housing association-run, and not affected by the change; they deny that the policy will create a Paris-style "doughnut", with poorer people pushed to the city's outskirts. 
 この変更は、もちろん、ウェストミンスター区だけではないです。しかしながら、ウェストミンスターはもともとの家賃が高いから、補助に頼っていた層の人たちがほかの区と比べてかなりはじき出される、と。

Ben Denton, Westminster's strategic director of housing, regeneration and worklessness, said: "Is it fair for the state to provide subsidy for people to live in places that are the most expensive? Is it correct for the state to support anyone to live wherever they want to live? That's the philosophical question. If the answer is, anyone can live anywhere, then the state and the taxpayer has to subsidise that."
 開き直りとも取れる発言。この箇所があったので、友人たちとイギリスにおけるcapitalismとdemocracyについて話したのですが、友人地はこの二つは分けて考えるべきであると。

The family was offered alternative accommodation, seven miles away in Enfield, on the north-eastern edge of London, but refused it, because it would have meant moving both younger children into new schools, at a particularly critical time in her teenager's education.

I'd rather stay here for 10 years than move to Enfield.

 身もふたもない言い方ですが、僕にとってもエンフィールドはまるでthe end of the worldです。でも、ロンドン。
 スコットランド出身の友人、Mはロンドンの生活に疲れてしまい、現在、ロンドンから脱出することを考えています。この、ロンドンに住むことは権利なのか特権なのかをMと議論したときに尋ねたのは、「じゃ、多くの人がロンドンというとき、そのロンドンはどのロンドンなのか?」ということ。エンフィールドに住む友人に言わせると、「私にとってロンドン中心地は、生活の場ではないわ」と。

Azhar's seventh-floor flat is far from luxurious and is clearly overpriced – small, furnished with broken chairs and beds, complete with damp, rotting wood by the bathroom doors, and a faulty oven – it's also very likely that the landlord will be able to fill up the flat with four students or young professionals keen to be in central London, and get more than the capped amount.
 二つ目の記事の内容に関連します。

Helen Jenner, director of children's services for Barking and Dagenham council, said there had been a big influx of families to the borough, which might in part be down to the early effects of the housing benefit cap. The borough is separately experiencing a rise in the birth rate, but also expects to see many more families move in over the next year.
 昨年だったか、ある映画の舞台になったダゲナム。個人的には、行けといわれても絶対に行きたくないところですが、ロンドン五輪会場からは目と鼻の先、のはず。

Romin Sutherland from Z2K has been advising families that they need to think about the next stage of benefit cuts when they think about leaving their homes, so that they do not find themselves moving a couple of miles out of Westminster this year, only to be forced by the overall benefit cap to move out further in 18 months. He and colleagues were telling families to think open-mindedly about "life beyond London" in other cities, such as Manchester.
"We don't want people to move to Wembley and then find that they can't afford to stay there either. This is the first wave of a tsunami, and the second wave will come with the overall benefit cap," he said.

 補助金削減は今回が最後ではない。今後も続く。補助金が減るたびにロンドンを点々とするよりも、「ロンドン以外で暮らすこと」を考えて欲しい。

 この記事の趣旨は、連立政権が進める補助額削減を批判しているわけではなく、こんなことが起きているよ、とのトーンを貫いていると思います。
 考えることが二つ。まず、なんて自分は幸運なんだろうと。そして、ロンドンという都市、いつの間にこんな風になってしまったのだろう。行政が変えたのか、それとも人々の欲望か。

 ロンドンの住環境に翻弄されるのは、社会福祉に頼っている人だけではありません。

Forty and flatsharing in London
http://www.thisislondon.co.uk/lifestyle/article-23992475-forty-and-flatsharing-in-london.do

 2011年の記事です。大学を出て、また修士をとっても、自分ひとりの収入では、ロンドンで家やフラット購入なんて夢のまた夢、しかも自分ひとりの収入ではロンドン中心地の狭いフラットすら借りられない40代半ばの人が増えている、というもの。

 どうして人はロンドンに住みたがるのか?どうしてロンドンは人を選ぶのか?

ウェスト・エンドのミュージカル、受難の夏

2012.02.27
地方自治体の文化関連事業のコンサルタントをしている知人から、ロイド・ウェバーがミュージカルのチケットの売れ行きを悲観しているという事を聞いた。どこかのブログでとの事だったので検索してみたら、一つヒットした。

Lloyd Webber predicts theatre slump during Olympics
http://blog.musicroom.com/music-news/lloyd-webber-predicts-theatre-slump-during-olympics

Lord Andrew Lloyd Webber has said that next year’s Olympic Games will lead the West End theatres to have a “bloodbath of a summer”.

Speaking to BBC Radio 4′s Today programme, he claimed that “nobody’s going to go to the theatre at all” during the Olympics, adding that “most of the theatres in London will shut”.

The composer revealed that early bookings figures for the summer season show a ten per cent drop on normal levels, largely due to already-booked out hotels and an increase in the price of hotel rooms during the Olympics.

He also stressed that the people heading to the Olympics are not the type of people interested in musicals, so there will not be an increase in ticket sales from sporting spectators.

Indeed, Lloyd Webber, who also owns seven theatres in London’s West End with his company Really Useful Group, said that three major shows will be forced to close over the summer. While he did not say which ones, he confirmed that the most popular shows like Phantom of the Opera will stay.

Phantom is the most financially successful show in history, taking more than £3.5 billion globally.

And the popularity of musicals has never been so strong, he told the news provider.

“Musicals are insatiable”, he said, adding that there are more shows being offered to London theatres than there are venues to accommodate them.

Once the Olympics are over, Lloyd Webber said that demand for theatre tickets is strong, particularly as new shows like The Bodyguard, Charlie and Chocolate Factor, The Book of Mormon, the Spice Girls Musical and the Bridget Jones Musical are all heading for the stage in 2012.

Lloyd Webber did suggest, however, that “the legacy of the Olympics and the attention London will get probably will pay dividends in 2013″.


 オリンピックを見に来る人たちはミュージカルには興味がない、というのはどうかな。丸一日オリンピック競技を観ている訳でもないと思うのだが。
 一方で、中心地のホテルはほとんどが既に予約でいっぱいのようだし、飛行機料金も軒並みアップしている。今年の夏、ロンドンにミュージカルを見に来る、というのはかなり高額な事になるだろう。

ローマで流行る鼻チューブ

2012.02.26
Diet-tube-007.jpg

25日のガーディアン紙の付録雑誌に、非常に面白い記事が掲載されていた。

How the world fell in love with quick-fix weight loss
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2012/feb/24/quick-fix-weight-loss

 全部を翻訳する気は全くないし、長いので乱暴に要約すると、昨今、太ったひとはたくさんいる。体重を減らしたい、でも、時間をかけるのはいや。という事でローマ発祥の『鼻チューブ』療法を中心に痩身手術の実態を、というもの。詳細は本文を読んでもらうとして、記事の最後に、『鼻チューブ』創始者のイタリア人医師の言葉がある。

In the meantime, desperate patients can always travel to Rome for their nasogastric tube. Over a crackly telephone line I ask Dr Gasparotti about the Diet Tube diet. "It's not a diet," he says quickly. "It's wrong to call it a diet. It is a nutritional protocol. A very strong motivational therapy."

What's so wrong with diets?

"Diets take too long. You say to these people, 'It is very important, so keep to this diet and come back and see me in three or four months.' They can't do it. They go out to supper with a friend. They eat. But I say to them, 'Give me 10 days of your life, OK? In 10 days you will have lost between 8% and 10% of your body weight. Don't worry. You will get thinner. It is mathematical! It's biochemical, OK?'"

OK.

"So it's a fast – but with proteins. And as there are proteins, you don't lose any muscle. You will eat nothing because you won't be hungry. You won't have any inconvenience. You can carry on working. You can have a shower, you can go swimming. We don't recommend going to the gym for the first week, but these people don't go to the gym anyway. And..." He pauses before the punchline: "You slim while you sleep!"

Gasparotti explains that Diet Tube was originally devised for the very overweight – for "enormous obese people who couldn't even move". He says, "We don't just give it to anyone. You have to be over 18 and in good health. If I began to give it to girls who just wanted to lose two or three kilos, they'd shoot me!"

But a minute later he adds, "Understand. It is obvious. I have to say that in rare cases…" – at this point I can almost hear him rolling his eyes – "unmotivated people who aren't able to move around much and are very lazy and want to lose eight or nine kilos. Well, of course one can do it for them, too."

So if I get on a bus in Rome, will I see people with tubes in their noses? "It's become a pretty common thing now. You see lots of lawyers and businessmen going about the city with their tubes and their briefcases."

Isn't that a bit extreme?

"Look," he says darkly, "our life today is very neurotic, very fast. Nobody looks after themselves."

Has he tried Diet Tube himself?

"Yes! Stavo benissimo. I felt happier. It was euphoric making."

Like a medieval saint on a fast?

"Well, yes! Once, there was a week of fasting at Lent. And you only ate fish on Fridays. That's all gone now."


 とてもイタリアと感じるのは、僕だけだろうか。

 行った事がないので、アメリカ人の太り過ぎについては全くわからない。が、イギリスも「肥満国家」の道をばく進中のよう。

Fiennes believes it is outrageous that we aren't carrying out more bariatric surgery. There is, it seems, a postcode lottery with many primary care trusts and commissioning groups refusing or hugely restricting access. Last year, around 4,000 bariatric operations were carried out on the NHS. Yet, according to the guidelines set out by Nice (The National Institute for Health and Clinical Excellence), adults with a BMI of 40 or over (or a BMI of 35 with co-morbidities) should be considered for surgery. That means – shut your eyes for a minute before reading this frightening figure – 1.2 million people in the UK are eligible. We really are becoming a nation of whales.

 昨年末、フランスに行って気づいたのは太ったひとがほとんどいない、ということ。ロンドンに戻ってから友人にその印象を話すと、「フランス人は、イギリス人と違ってスナックを食べないから」、と。
 自分の日常を振り返ると、スナックを欠かした事がない。という事で、1月からすっぱり日中のスナックをやめた。禁断症状がでるかと危惧したけど、全くの杞憂だった。三食の量は減らしていないが、スナックをやめておよそ2ヶ月、5キロ減った。なんて無駄に食べていた事か。
 おそらくこれ以上は減らないだろうし、たった5キロ減るのに2ヶ月かかった。現代に求められる痩身手段ではないだろう。でも、僕本人が快適なのだから、これでいいかと。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1532.html

好天に恵まれた楽しき土曜日

2012.02.26
天気予報とおり、土曜日、25日の早朝は曇っていた。自分の意志で、25日は二つのイヴェトを組んでおいた。一つ目は、テレンス・ヒギンス・トラストでのヴォランティア活動(インタヴュー)。午後は、2週間ほど前に急に、「そうだ、お茶会を企画・実行してみたい」と思いたち、数人の友人を大家がいない隙に招いた。

 23日にインタヴューを受ける人たちのリストをメイルで受け取り、印刷しておいた。でも、あれこれやらなければならないこと、お茶会の心配し過ぎでリストにある名前を土曜日の朝、フラットをでる直前まで確認していなかった。
 出かける間際になって、玄関脇の棚に放っておいたリストの最初の名前に目が引き寄せられた。「タレントと同姓同名なんだ」としか思わなかった。名の知れたタレントなら、チャリティ活動するなら資金集め活動に参加した方が双方にとって効果がある。逆に、1対1のビフレンディングは現実的ではない。
 オフィスであった担当者は開口一番、「これはxxxx本人だからね」と。最後まで冗談かと思っていたけど、インタヴュー・ルームに入ってきたのは本人だった。ちょっとびっくりしたのは事実。でも、この日の僕の役割は、THTのヴォランティ活動に参加することを希望する人たちへのインタヴュー。特別扱いする必要もないだろうということで、他の人にするのと同じ質問をし、話を聞いた。
 全員のインタヴューが終わり、同僚と同意したのは、本人の動機はしっかりしているし、THTにとって何らマイナスなことはない。しかしながら、現実的に、この人がHIV感染者の自宅に一人で行って話相手をするというのは、想像がつかない。また、守秘義務の質問をすると、ほぼ全員から「Stigma」と言う単語が真っ先にかえってくるように、社会のHIVへの根強い誤解/偏見を考慮すると、根も葉もない噂が立つなど難しい問題があるだろうと。ということで、インタヴューはパスだけど、最終判断は上司にゆだねた。一つ強く感じた事は、イギリスではチャリティ活動に参加する事は至って普通の事なんだろうということ。
 一般に開放されている受付で、HIVに関する最新情報パンフレットを集めた後、カウンセリング部門の責任者たちとキャッチ・アップ。東日本大震災から1年ということで、皆から日本の様子を訊かれる。気遣ってくれるのは、素直にうれしい。

 時間がちょっと押してしまったので、時間を気にしながらLankahttp://www.lanka-uk.com/jp-home.html)へ。いつの間にか、頭上には抜けるような青空。頼んでおいたケイキは全て美味そう。お茶会ドタキャンしてここで食べていこうかという衝動を打ち消し、近所のスーパーで買い忘れたものを買ってフラットに戻ったのは、自分で設定した時間の15分前。プロセッコの瓶を冷凍庫に入れ(時間がなかったから)、カップ、皿、フォーク等々を用意し、最低限のセッティング終わったところで、N(イギリス人)が到着。続いて語学学校以来10年以上にわたって親交が続いているTさん。
 Tさんが持参してくれた手作りのカナッペが美味い。以前、東京で働いていたことのあるNは、「繊細な日本の料理を思い出すよ」とうれしそうだった。共通項からどんどん話が弾む二人へのお茶を用意したりしていて気づいたら結構時間が経っている。ほかの友人はどこに、と思っていたとろへいつものMとD(スコットランド人)がやっと。駐車場所を探すのに時間がかかったとのこと。ウェストミンスター区は、最近、駐車料金関連で悪名を轟かせている。そのすぐ後に、Rさんたちが到着。現在、ロンドン南部に住むRさん曰く、QOLはロンドン南部の方が高いと思うと。そうかも知れない。で、全員そろったので一安心。
 ランカのケイキを友人に振る舞うとき、特にイギリス人たちが喜ぶのがパンプキン・パイ。カボチャの味がきちんとするからだ。いろいろな野菜がそろうようになった最近のロンドンだけど、日本で食される南瓜を見つけるのはまだまだ難しい。

 プロセッコをあけたりして話が弾んで時間が過ぎて気がついたら日没。RさんとTさんが先に帰ったあとも、残り三人の話が止まらない。ま、土曜日だからいいだろう。
 話はスコットランド独立についてから、サッチャー、キャメロン、さらにロンドンの生活についてと。先日、数日だけ故郷に戻っていたMが、Perthのポーランド人人口が急増しているというのがにわかに信じられなかった。というのも、ロンドンではあまりポーランド語を聞かなくなったし、ポーランド人の知人たちからは、ポーランドに戻るひとが増えているという事を聞いていたから、どうしてスコットランドにポーランド人が。で、こんな情報を見つけた。

http://www.scotland.org/features/item/scotland-and-poland/

 Mと熱い議論になったのは、ロンドンに住む事は権利なのか特権なのか、さらにcapitalism とdemocracyの関連性。僕がこの二つを混ぜて話そうとしたら、三人がこの二つは分けて考えるべきという。どうなんだろう。自分で調べてみなければ。
 新鮮な驚きだったのは、サッチャーがイギリス社会にもたらした変化をMが話し始めたとき。

 「サッチャーが政権につく前は、水道や電気が止まるのは日常茶飯事。通りはゴミであふれ、家庭からの定期的なゴミ収集という制度だってなかったわ」。

 「今もそれほど変わらないと思うけど」。

 「映画の『Iron Lady』の中に閣議の場面があるのよ。その閣議の途中で電気が切れるの。イギリスという先進国の政権の中枢の会議室で電気が切れる。サッチャーの前、イギリスはそんな国だった」、と。

 さらに、左(Nと僕)対右(MとD)で別れたのは、キャメロンが強行に推し進める予算削減策。自分、まだまだ甘い。

 帰る間際、Mが頼んできたこと。「Tさんのカナッペ、本当に美味しかったわ。Tさんに我が家にきてもらって、私に日本人の料理の仕方を教えてくれるように頼んでおいてね』。

 最後に残ったNが食器洗いの手伝いを申し出てくれた。その申し出はありがたかったけど、丁重に辞退。代わりに、至らないホストをサポートしてくれた事への謝意を伝える。

 疲れたし、長い一日だったが、楽しい土曜日。いつもいつもこんな事ができる訳ではないし、友人たちの都合もある。でも、たまにこういう事ができるのは、幸運な事なのだろう。

The Bee @ SOHO Theatre

2012.02.24
今日、24日から東京で始まった野田秀樹演出の「THE BEE」を、ロンドンの初日、1月24日に観た。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120223/k10013223311000.html

 朝日新聞の報道でニュー・ヨークで上演されて大好評で、ロンドンにも来るという記事を偶然読んだので、早めにチケットを購入できたのは幸運だった。が。
 中身を知らないまま舞台を観ることは多くのひとが経験していることだし、当たり外れは常にある。そうわかっていても、この舞台は、僕個人の問題にすぎないけど、ただ一つのことがどうしても受け入れられず、結果としてどんよりした気分で家路についた。

 別の日に舞台をご覧になったかんとくさんの感想。出演者たちの熱演、そして舞台のことをとてもわかりやすく、鮮明に書かれている。

http://blog.goo.ne.jp/bigupset39/e/504e77d59947e7dcd42cafdb91f171b6

 何がだめだったかというと、主人公のIdoが人質の子供の指を切り落とす(振りをする)場面。大人の俳優が演じていると視覚で確認でき、頭で「これは舞台」と理解してなお、子供の指を切り落とすという演技がどうしても生理的に受け入れられなかった。それだけ、俳優たちの演技に説得力があったということだが、2度、3度と繰り返されると、舞台の意図を理解しようとする思考プロセスよりも、暴力をふるってでもその残虐行為をやめさせたいという不条理な気分が勝ってしまった。

 かんとくさんがこの場面を的確に表現している。

>残虐行為でさえ、ルーティン化すると淡々と日常のなかに溶け込んでしまう様子

 僕の前の列に座っていた外国人カップルは、一度目、そして二度目には目を背けていたものの3度目、4度目になると「またか」という感じで肩をすくめただけだった。
 野田秀樹が意図した「暴力による報復の連鎖を批判する」という点は、成功したと言えるのだろう。しかしながら、ことイギリスに限れば、テロ・戦争への恐怖が、自国内から他国へと移っているように感じる現在、今回の舞台を、イギリスの観客たちに自分たちの生活と関連づけてみることを可能とさせるほどの普遍性を持っていたかどうかは、僕には判断できない。

 演劇初心者レヴェルのときにこのような気分を経験すると次の舞台を観る気が萎んでしまう。が、舞台を観てからひと月が経過し、俳優たちが生み出したあの熱気を思い出している。次はもっとシンプルな舞台を観に行きたい。

2010年に観た、「ムサシ」の感想。
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1196.html

社会は選別する1:女性を区別し続ける、人間が作ったシステム

2012.02.24
昨年の夏以来、イギリスのメディアで断続的に取り上げられているニュースに、エルサレムでの暴力を伴った女性区別問題があります。区別しようとしているのは、「Ultra Orthodox」とされるユダヤ教信望者の男たち。宗教全般に対して、ややネガティヴなことを書くであろうことを先にお知らせしておきます。

Gender segregation on rise in Israel
http://www.guardian.co.uk/world/feedarticle/9935664

 これが先に気づいた記事ではありませんが、状況を簡潔に書いてあるので。いくつか引用します。

Still, secular Jews there and elsewhere in Israel worry that their lifestyles could be targeted, too, because the ultra-Orthodox population, while still relatively small, is growing significantly. Their high birthrate of about seven children per family is forecast to send their proportion of the population, now estimated at 9 percent, to 15 percent by 2025.

Though categorizing is difficult, it is estimated that about one-quarter of Israel's 6 million Jews are modern Orthodox, another quarter are traditional and the rest secular.
Numbers aside, the ultra-Orthodox wield disproportionate power in Israel's fragmented political system.

Their norms, she said, are "segregation of women and discrimination against them."

Ultra-Orthodox Jews around the world have long frowned upon the mixing of the sexes in their communities, but the attempt to apply this prohibition in public spaces is relatively new in Israel.

Israel's ultra-Orthodox, known for their black garb and flowing sidelocks, began testing gender segregation years ago when ultra-Orthodox men started ordering women on certain bus lines to sit at the back of buses traveling through their neighborhoods.

Some supermarkets in ultra-Orthodox communities, once content to urge women patrons to dress modestly with long-sleeved blouses and long skirts, have now assigned separate hours for men and women ― another practice seen in ultra-Orthodox communities in the U.S. Some health clinics have separate entrances and waiting rooms for men and women.


 僕の理解という限定の中で、さらにかいつまんで書くと、近年、エルサレムで人口を急増させているUltra Orthodoxの男たちが、日常生活の中で女性を締め出すことを進めている。ターゲットになるのは、大人だけでなく子供まで。

The battle of Bet Shemesh
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/oct/31/bet-shemesh-haredi-jews-school

Since the state-funded religious-nationalist school of Orot Girls opened in new premises in September, groups of extreme Haredi men regularly gather at the gates, screaming "whore" and "slut" at the girls and their mothers. The demonstrators say they are dressed "immodestly"; that even girls as young as six should cover their flesh. When staff and pupils returned after recent holidays, they found a stink bomb had been hurled through a glass window, its stench of excrement and rotting fish putting a classroom out of use.

What they do is described as "terrorism". "They instil fear, they use terror tactics," Michal Glatt, the mother of a 10-year-old pupil, says. "Screaming at little girls? What other word is there but terrorism?"

The Haredim are not interested in explaining their grievances or justifying their tactics to the media. But when community activist Rabbi Dov Lipman asked one protester why they were focusing on the way small girls dress, he was told "even an eight-year-old draws my eyes".


8歳の女の子の足に変な気分を起こすのは、女の子の側の問題ではなくて、変な気分を起こすほうの問題だろう!!!

Some of the girls have been traumatised by the demonstrations; there has been a spike in bedwetting and nightmares. Debbie Rosen-Solow, the mother of two daughters at the school, says the Haredi protests had "definitely put a lot of stress on the children". Her six-year-old embarked on her school career believing it was normal to have police cars outside the gates. "You saw the terror on their faces," she says.

Many in the religious-nationalist and secular communities of Bet Shemesh believe the issue of "modesty" masks the crux of the campaign: to drive non-Haredim out of the area. Lipman says the drive to turn Bet Shemesh into a Haredi city could succeed: "After all, who wants their child to be assaulted verbally on a daily basis?"

Lipman sees the events at Orot Girls as "a microcosm of what could happen in this country. At some point they will become a majority; it's a demographic fact. We can embrace the moderates or let the extremists run wild. We have to come down on [the extremists] hard, not let them have control.


Israeli women stand up to gender segregation with musical protest
http://www.guardian.co.uk/world/2011/dec/09/israelis-gender-segregation-musical-protest

 一つ目と二つ目の記事を読んだ直後の素の感想は、「彼らにとって、女性は子供を産むためだけ?」。

 ありていに言えば、僕は「宗教」と名のつくものを理解するための学術的な知識も、生活レヴェルでの積み重ねの双方を全く持っていません。でも、宗教に縛られないという点では、これらの記事を読んだとき、日本で生まれ育って本当に良かったと思いました。
 僕は自分の宗教観を問われたときには、アグノスティクと答えます。I do not know whether God exist or not.無神論者ではないと思っています。なぜなら、神が存在するのかどうかを僕は証明できないから。
 この姿勢は、ユネスコの初代事務局長、ジュリアン・ハックスレィの言葉から影響を受けています。日本語訳の上に孫引きなので、ハックスレィの本意、立花隆さんの意図にはもしかしたら合致しないかもしれないですが、「脳を鍛える(立花隆、新潮社、2000)」にハックスレィの宗教に関する考えが記載されています。

「あの世のこと、死後の生について、私は単にアグノスティクだというまでだ。正直、私にはわからない。生理学や心理学の立場から肉体の存在を離れた霊魂の存在を理解することは、ずいぶん難しい。だが、そうした困難は直ちに反証とはなりえないためである」

「科学の光に照らしてみた宗教とは、決して超越的な神からの啓示といったものではくて、あくまでも人間性の一つの機能なのである。その機能として、なるほど極めて特異かつすこぶる複雑で、時に高尚で、時に嫌らしく、ひじょうに貴重でありながら、往々にして個人や社会の進歩を阻害する。人間性の働きの一つとして、所詮それは、戦ったり恋をしたりする行為、あるいは法律なり文学なり以上でもなければ、それ以下でもない」(P.335)


 素人として僕自身が感じるのは、「宗教」はシステムではないか、ということ。人間が作ったシステムに、どうして人間が縛られなければならないのか。宗教が生み出されたからこそ、今、僕たちの生活を豊かにしてくれる文化、教養、歴史遺産があることは素晴らしいことだと思います。でも、宗教が、そして社会に存在するとても多くのシステムが、特に女性を低く見ていることは納得行かないです。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-490.html

 ということをカソリック信者の友人と議論したとき、システムを悪用、もしくは自分たちの都合のいいように解釈したいと思う人はいつの時代にもそして世界中、どこの国にも居る、ということを友人から。

 日本で知られているかどうかは全くわかりませんが、昨年、イギリス出身の論客でアメリカに帰化したクリストファー・ヒッチンス(Christopher Hitchens)という人が亡くなりました。無神論者として広く知られていたようです。彼の友人の一人は、日本でも人気の高いイギリス人作家、イアン・マキューアン
 ヒッチンスの死の直前、リチャード・ドーキンスと対談し、その全文がNewStatesmanという雑誌に掲載されました。オブザーヴァ本紙にはその抜粋が掲載されていたのですが、ウェブにはないので、替わりにヒッチンスの別の場でのコメントを。

Christopher Hitchens: one man's service in the war against delusion
http://www.guardian.co.uk/books/2011/dec/18/christopher-hitchens-atheism-dawkins-award-speech

 正直、二人の対談の内容は、僕の生活からはかけ離れていることだったので、ほとんど頭に入ってきませんでした。楽しく読めたのは、児童文学者のフィリップ・プルマンによる、「Imaginary friends」というタイトルの文章。これは、科学者としての立場からドーキンスが御伽噺を否定したことへの反論が目的でした。プルマンらしい、とてもよい文章だと思います。児童文学や、古今東西の御伽噺、そして子供たちの豊かな想像力、そして現実とファンタジィの線引きについて興味がある人には面白い内容だと思います。インターネットでは公開されていないようなので、大きな図書館で探してみてください。

 蛇足になるかもしれないですが。そのドーキンス、つい先日、アングリカン・チャーチカンタベリィ大司教と論を戦わせたそうです。

Science vs God: Richard Dawkins takes on Archbishop of Canterbury
http://www.independent.co.uk/news/science/science-vs-god-richard-dawkins-takes-on-archbishop-of-canterbury-7440051.html

Richard Dawkins v Archbishop of Canterbury: how do they compare?
http://www.telegraph.co.uk/news/religion/9102758/Richard-Dawkins-v-Archbishop-of-Canterbury-how-do-they-compare.html

Rowan Williams and Richard Dawkins in Oxford argument
http://www.bbc.co.uk/news/education-17140107


 その2がすぐ続くかどうかは判りません。

日本は真に負け組みになるのかな?!

2012.02.23
先月、ニュー・ヨーク・タイムズで日本経済は言われているほど悪くないのでは、という分析記事を読んだ。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1545.html

 そして、今日。FTからのメイル・アラートで、以下の記事を読んだ。


Is Japan’s ‘happy depression’ about to turn unhappy?

By Jim O'Neil

High quality global journalism requires investment. Please share this article with others using the link below, do not cut & paste the article. See our Ts&Cs and Copyright Policy for more detail. Email ftsales.support@ft.com to buy additional rights. http://blogs.ft.com/the-a-list/2012/02/23/is-japans-happy-depression-about-to-turn-unhappy/#ixzz1nEBxqOVm

With the new Greek restructuring deal agreed, the question is whether fears about the sovereign debt crisis will abate or will the markets simply start looking elsewhere for other troubled waters?

In this regard, Japan increasingly looks like the real stand out. A variety of famous investors have come to the conclusion over the past two decades that Japan was on the verge of a major sovereign debt crisis, only to retreat quietly after it becomes clear that domestic deflationary pressures and strong domestic bond demand are continuing to keep Japanese bond yields remarkably low.

Japan has somehow managed to creep by with its problems untouched, or as some of us have described it, seemingly enjoying a “happy depression”. But the fact is that Japan’s outstanding debt to gross domestic product stands at a whopping 230 per cent and makes Greece’s latest 120 per cent by 2020 target seem like a picnic by comparison.

Late last year I repeatedly found myself asking Japanese investors why they were joining the rush to sell 10-year Italian bonds at seven per cent yields when their own 10-year bond yielded one per cent. With the exchange rate against the euro below Y100, shouldn’t they in fact be doing the opposite? Even though Italian yields are now back down to 5.5 per cent and the exchange rate has risen above Y106, it still strikes me as odd that Japanese investors are ignoring such an attractive relative investment.

Some of the investors I spoke to replied that Japan has external surpluses whereas Italy, like the rest of Club Med Europe, has external deficits. They could have said this then, but the argument weakened after Japan reported its first full calendar year trade deficit for decades. Moreover, given high energy prices and the fall in Japan’s industrial competitiveness, such deficits could well persist. It would raise the possibility that Japan’s days as an inveterate current account surplus country are coming to an end.

From a global perspective, this is not a bad thing as it is another sign along of global rebalancing. But it raises the thorny question as to who is going to be the marginal buyer for Japanese bonds? Unless the yen is going to get much weaker and 10-year yields much higher, it seems exceptionally unlikely that there will be international investors.

So what should Japanese policymakers do to avoid a crisis? They need to do two things. In the medium term, Japan has to find a creative strategy to deliver a reduction in its long term debt. It must control public spending better, adapt its tax system, and combine this with a plan to raise its pitiful real growth potential. If the government is not going to encourage mass immigration, it will also need to introduce dramatic service sector reform. Strong productivity gains are essential if the growth rate is to rise beyond that implied by the country’s weak demographic profile. These issues are not dissimilar to those previously ignored by many of the Club Med countries. Now, forced by the crisis, the likes of Greece and Portugal are finally trying to make reforms.

In the nearer term, Japan simply has to announce a Swiss National Bank-style commitment to halting further yen appreciation. The currency’s strength is compounding Japan’s competitiveness problems as many of its leading multinationals struggle to cope with challenges from overseas rivals. Due to Japan’s persistent low inflation, some models suggests that the yen is close to a reasonable level. Other models that adjust for productivity rates suggest something closer to an exchange rate of Y110 against the dollar and Y130 against the euro would be more sensible. This would put it in a better position to deal with the mounting long term challenges. Without that, it looks as though Japan’s “happy depression” of the past 20 years is set to become less happy and more depressed.

The writer is chairman of the asset management division of Goldman Sachs and its former chief economist


 星の数ほどいる経済アナリストの言い分をいちいち真に受けて入られないだろけど、国が抱える借金がギリシャより多いというのは、先行きはばら色ではない。

スウェーデン国王に初孫

2012.02.23
スウェーデン王室の王位継承第一位にいるヴィクトリアさんに、女の子の赤ちゃんが生まれた。記事はテレグラフから。

Sweden's princess has baby girl
http://www.dailytelegraph.com.au/swedens-princess-has-baby-girl/story-fn6e1m7z-1226280012139

SWEDEN'S Crown Princess Victoria gave birth yesterday to a baby girl who is second in line to the throne.

The new princess will give a much-needed boost to the royal family's popularity after a series of scandals, experts said.

"This morning at 4:26 am, a 51-centimetre long and 3.28 kilogramme very sweet little princess was born," the newborn's father Prince Daniel announced at a press conference at Karolinska Hospital.

"My feelings are all over the place right now," he said, adding that both mother and child were doing well.

The couple had arrived at hospital just before 1:00 am local time.

Two 21-gun salutes were fired on the Skeppsholmen island opposite the royal palace in Stockholm at midday, the two rounds signifying the birth of the heir to the throne.

Other salutes were to be fired in several locations across the country today.

Victoria, 34, and Daniel, 38, her former personal trainer and gym owner, married in a fairytale wedding on June 19, 2010.

The baby is the first grandchild for King Carl XVI Gustaf and Queen Silvia.

"We are very happy for the Crown Princess and Prince Daniel. We recall our own joy upon becoming parents and we wish the new family a wonderful time in peace and quiet. This is a much longed-for grandchild and we are both very proud and happy today," the king and queen said in a statement.

Victoria, who is first in line to the throne and who will one day become Sweden's third regent queen, is wildly popular in Sweden thanks to her easy-going, down-to-earth style and the professionalism she has displayed in her role.

A nature lover, she is often seen casually dressed in jeans or sportswear, her long brown hair pulled back in a simple ponytail.

Several surveys in the past year have shown a majority of Swedes would prefer her to her father King Carl XVI Gustaf, who was embroiled in several scandals last year, as head of state.

Royal expert Sten Hedman said the birth was exactly what the royal family needed right now.

"The royal court needs a little baby, that's what everyone has been longing for. The king has gone through a rough patch and the whole family has suffered, and I think most of Sweden thinks this is good news," Mr Hedman told Swedish news agency TT.

The king made headlines in November 2010 when an unofficial tell-all biography alleged he had an affair with Swedish pop singer Camilla Henemark - a claim he never really denied - and that he visited strip clubs and even had indirect contact with organised crime.

The monarch said later in an interview with TT that the scandal had "of course hurt confidence in me, and even confidence in the monarchy and also Sweden."

"That is something I really regret, but it is something I will fix, and I will work twice as hard in the future," he said.

The baby's name was meanwhile due to be announced today, when the future regent is formally presented to the prime minister, speaker of parliament and the marshal of the realm at a traditional witness ceremony at Haga Palace, Victoria and Daniel's residence on the outskirts of Stockholm.

Media and betting sites speculated wildly overnight about the choice of name.

According to TT, some likely names include Christina, Desiree, Ulrika, Astrid, Margareta or Sophia, all of which are names used by the Swedish royal family in the past. Alice, the name of Victoria's late maternal grandmother, was also among the possibilities.

Congratulations poured in from politicians and public figures.

Swedish Prime Minister Fredrik Reinfeldt noted that the Scandinavian country could now look forward to a succession of female regents, a first in Swedish history.

"My warmest congratulations to Crown Princess Victoria, Prince Daniel and Sweden's new princess. It is a great day for the entire royal family and it is also a great day for Sweden," he said in a statement.

"With the birth of a new princess, the Kingdom of Sweden will in time enter a new era of queens," he said


 現在のヨーロッパ王室が世代交代すると、女王がトップになるのはスウェーデンだけ。が、その次になるとスウェーデン、オランダ、ノルウェイ、ベルギーそしてスペインと5カ国になる。もちろん、王室が存続するならばという条件がつくけど。5人の女王だなんて、「火の鳥」の未来編を思い出したり。
 でも、僕は女王が統べるほうが良いのではないかと思う。スウェーデンの現国王、ベルギー、スペイン、そしてモナコと男性がトップの王室からは、セックス・スキャンダルが後を絶たない。エリザベス女王、オランダのベアトリクス女王、そしてデンマークのマルガレーテ女王、磐石だもんな。
 ひと月くらい前だったか、CNNが即位40周年のマルガレーテ女王にインタヴューした。その抜粋の中で、エリザベス女王とベアトリクス女王との親交は女王という激務の中のオアシスみたいなものと語っていた。日本語は女が三人で「姦しい」なんて言葉を作ったけど、女王が5人いたら、世界平和が実現したりして。
 
 ヨーロッパの次の次の世代に、愛子さんが参加できたら本当に良かった。日本という国が愛子さんの誕生に示した態度は、人権侵害として世界に訴えることも可能なのではないだろうか。

きた道を引き返すことはいとも簡単に:日本の政治家

2012.02.23
先週、ミクシィのニュース欄で、時事通信の配信ニュースの中に、都知事の石原氏が「自衛隊を国軍にすべきだ」というのを読み、短い日記を書きました。


先日、BBCのニュース番組内で第二次大戦中、日本軍の捕虜になった人たちのインタヴューが流れた。聞いていてとても悲しかった。あの戦争が引き起こした怒り、苦しみ、憎しみは全く癒えていない。

 シリアで、リビアで、パキスタンで、アフガニスタンで、イエメンで、ソマリアで、スーダンで、パレスティナで、イスラエルで、毎日、戦争で人が殺される、殺されている、そして殺し合っている。他人事ではない。

 いつか、地球は、人間の憎悪しかない星になるだろう。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1492.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1328.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1312.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1336.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-857.html


 コメントが来るだろうとは思っていて、中にはとても考えさせられるコメントもありました。例えば、「日教組はすでに労働組合として力も影響力もないと思います。労組など反対勢力の弱小化は、国の力が弱っている証拠です。」。

 僕の美化された幼い頃の記憶では、メイ・ディのデモに参加したときの雰囲気は、参加者の皆さんから社会の変革参加する、という強く、明確な意思があったように思います。翻って、例えばイギリス。納税者、そして利用者からいかに金を搾り取ることしか頭にないロンドン地下鉄の労働組合幹部のあり姿勢は、ある意味、イギリスの現在の国力が歪んでいる、たわんでいることなのかと考えます。

 悲しい、というかとても複雑な気分になったのは、「戦争は外交の延長線上にあるものです」、「抑止力、外交カードとしての軍隊に賛成したい」とか、「どうぞ、そのまま永住なさってください。 こちらはダイレクトな問題なので」等々。

 自然災害、そして人災は起きる日本ですが、敗戦後、戦争に巻き込まれたことがなく、戦争がどれほど悲惨かを肌で感じることがないのだろうと。かく言う僕自身、実際の戦争がどのようなものかはまったく判りません。正直、理解を超えているといったほうが的確です。

 それでもなお、ロンドンでの暮らしの中で、ごくごく間接的とはいえ、戦争のことを忘れる日などありません。毎朝、新聞を開けばシリアで、ソマリアで、スーダンで、パキスタンで普通の人々が、いとも簡単に殺されていく。

 その殺戮を引き起こすのは軍隊であり、それを率いる「政治家」。日本に住んでいる人たちは、本当に、心の底から軍隊が欲しいのでしょうか。

Marie Colvin: 'Our mission is to report these horrors of war with accuracy and without prejudice'
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2012/feb/22/marie-colvin-our-mission-is-to-speak-truth

 昨年の東日本大震災や、ハイチ、南スーダンなどで真摯な救援行動を報道で知り、僕自身「自衛隊」の存在を否定する気持ちはもはやありません。でも、彼らが人殺しに加担することを政治家に強要されれば、僕は反対します。

 これをブログに書こうかどうかを考えていたとき、世界は矛盾に満ちているなと思ったのは、国連のシリアへの制裁案に反対に回った中国への世界の反応。シリア制裁案をストップさせた中国をあれほど批判した西側諸国は、自国の経済活性化のためには副主席を歓待する。どちらが悪いとは僕には判断を下せません。が、大いなる矛盾のように感じました。


 石原氏よりもっと、言葉にできない気味の悪さを感じるのは、大阪市長の橋下氏。昨日のミクシィのニュースによると、「小中学生の留年を検討」するとのこと。そのあと、読売新聞のウェブで、「理解できない子にはわかるまで教えるのが本来の教育だ」、橋下氏が言ったとのこと。もしかしたら、彼の発言の真意はほかにあるのかもしれないですが、「怖い」としか感じられませんでした。日記へ寄せられたコメントへの返信です。


皆さん、コメントありがとうございます。返信の代わりになるかわかりませんが、「教育」への僕の意見です。

 読売新聞の報道で橋下氏の以下の発言を読みました。

>理解できない子にはわかるまで教えるのが本来の教育だ

 僕はこの意見が橋下氏の、本来守られなければならない立場にいる人への態度をあらわしているように思います。

 身もふたもない言い方になりますが、すべての子供が教えられるすべてを理解できる訳ではないです。それは人間だけでなく、自然界でも生き残っていけるもの、残れないものがいることと同じだと思います。
 子供への教育ということを考えるとき、僕が最も大切、かつ今の時代どこの国でもなし得ていないと感じることは、「同じ教育を受け始める機会が平等である」、ということ。機会が平等でないところから差別/区別が始まると感じています。

 橋下氏の発言「わかるまで教えるのが本来の教育」は、僕には、わからない子供がいることは受け入れられない、言い換えれば彼が定めた方針に入ることができない子供は認めないよ、と言っているように感じるし、とても怖いです。留年すれば、すべての子供が同じ理解を示せるということはあり得ません。

 橋下氏が言っていることがすばらしいと思っている人には、是非、オルダス・ハックスレィの「すばらしい新世界」を読んでほしいです。橋下氏が目指す「選別」がどういうものかがわかると思います。


 僕は橋下氏がメディアに出てきた経緯を知りません。が、いとも簡単に地方政治のトップに立てた経緯が不思議でなりません。橋下氏のことはニュースでしか知らないですが、彼が推し進める彼の「政治」の基本は「選別」、それしかないように思えます。国民を、外国人を選別することが戦争を引き起こす要因なのではないでしょうか。報道からだけだと、彼の姿勢に「共同体」へ向けての視線を全く感じません。

 橋下氏と対極をなすのが、朝日新聞の高知発のニュースで知った、教育支援策。僕は、こちらの活動のほうがずっと「教育の基本」だと考えます。
 今年は、沖縄が返還されて40年。国のこと、暮らし、教育、そして平和について考える好機だと思います。

 でも、こんな政治家が、地方行政でなく、国家行政にいるのがイギリスの不気味なところ。デイヴィッド・キャメロン、ジョージ・オズボーン、そして教育大臣のマイケル・ゴヴ。この3人がやろうとしていることは、イギリス国民をいじめているとしか思えないです。この3人を見ていると、国家破綻の道を突き進むならゴードン・ブラウン氏のほうが良かったとすら感じます。今の保守党からは、イギリス国民とともにという意識が全く感じられません。

[追記:2月24日]
 同じく、「井上」さんという誰だかわからないひとからの隠しコメント。

>日本に住んでいる人たちは、本当に、心の底から軍隊が欲しいのでしょうか。

軍隊が欲しいです。なければ、誰が守ってくれるの?軍隊がただの殺人組織だとでも思っているのですか?警察も銃を携帯して、必要とあらば人を殺めるでしょう。そんな警察は要らないとお思いですか?日本が過去一度も軍隊を持ったことがなかったならば、誰にも危害を与えることも、被害を被ることもなかったとお考えですか?お花畑の脳みそと言われても仕方ない発想を貴方はされていますよ。

 インターネットはその人の真の人格を映し出すというのは本当のようですね。すばらしい。これ、明日のワークショップで大々的に同僚のカウンセラーたちに話してみよう。


イギリス人は幸福な人々、それとも世界でもっとも不幸?

2012.02.22
2011年の9月、10月に掲載された記事ばかりなので、24時間前のことはすでに10年以上も前の記憶とばかりに次から次に大きな事件、社会問題にあふれる現代社会では古く感じられるかもしれません。でも、イギリス人ってどんな人たち、そして社会調査なんて参考程度にしかならないだろうとの参考例として。

 一つ目は、昨年10月中旬に掲載された記事。

Britons among happiest people, says satisfaction study
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/oct/12/british-happy-satisfaction-study-oecd

 「冗談だろう」と思われた皆さん、僕も冗談だと思いました。で、記事の内容も特段目を惹くものではないので、興味を惹きそうな部分だけ抜粋します。

The British are one of the world's most satisfied peoples, according to an influential economic thinktank's attempt to examine how happy humans are.

Andrew Oswald, professor of economics at the University of Warwick, said: "The advantage of measuring mental wellbeing is that it captures the real emotion of people.

"It's like a painting where health stats, income and welfare figures are the background and satisfaction measures are the colour."


 これに先駆けて9月下旬にはこのような記事が。

UK has 'worst quality of life in Europe'
http://www.guardian.co.uk/money/2011/sep/29/uk-worst-quality-of-life-europe

 「そうそう、イギリス人は不幸ではなくては」、というこちらの期待にこたえるものです。

The UK has been named the worst place to live in Europe for quality of life, behind countries with damaged economies such as Ireland and Italy, according to the latest uSwitch quality of life index.

The UK emerged as having the second lowest hours of sunshine a year, the fourth highest retirement age, and the third lowest spend on health as a percentage of GDP.

As a result, more than one in 10 Britons (12%) said they are "seriously considering" emigrating, with "broken society" the biggest concern for 59% of those questioned, followed by the cost of living (49%), and crime and violence (47%). Just 5% of those questioned are happy in the UK.

The study examined 16 factors to determine where the UK sits in relation to nine other major European countries. Variables such as net income, VAT and the cost of essential goods were put under the microscope, as well as lifestyle factors such as hours of sunshine, holiday entitlement, working hours and life expectancy.


 日照時間が短いことをいまさら愚痴っても。イギリス人の不幸自慢は、日本人のそれと大差ないと思います。

 この二つよりも、現在の社会が抱える深刻な「格差」へのイギリス人の態度。

UK among Europe's worst countries for ageism
http://www.guardian.co.uk/society/2011/oct/30/ageism-european-social-survey

Britain has one of the worst records in Europe on age discrimination, with nearly two out of five people claiming to have been shown a lack of respect because of how old they are.

The UK is also driven by intergenerational splits, with half of us admitting we do not have a single friend over 70. Only a third of Portuguese, Swiss and Germans say that they do not have a friend of that age or older.

And the statistics show that, while there is admiration for the elderly, more people pity than envy those they regard as old, suggesting a perception that age brings weakness and unhappiness.

"Even on the perception of when old age starts, the UK is the worst in Europe in a way," said Nicola Robinson from Age UK, who helped to analyse the data for 2009. "Britons thought old age started at 59, whereas in Greece they thought it started at around 68. There is a similar question about when youth ends. The UK thought that was 35, while in Greece they thought it was 52."

"We know it is a serious problem across Europe and it may be that we are ahead of the curve on the issue, that there has been some successful awareness-raising.
"That said, the statistics on intergenerational friendship show that we are a segregated society and there are definitely problems here.

"There is a segregation within work and social lives. The social spaces in the UK are generational specific, so people don't do things together.

"Generally, those in their 20s don't have contact outside the family with people in their 70s. In places like Cyprus or Portugal there are spaces, squares or bars where people of all ages mix. Ageism is a problem and it does need to be explored."


 あとで上手くまとめられたらと思っている別のトピックと共通しているように思えるのは、イギリス全体の傾向として、自分の生活に影響を及ぼすであろう社会要因にははっきりと白黒をつけて「黒」を切り捨てているのでは、という点。仮に自分がその「黒」には言ってしまったら、まるで人生が終わってしまうかのような根拠のない恐怖感。

 さらに、ここに上げた三つの記事だけで一般論にならないとわかっていても、社会調査、統計調査、そして心理学の調査の結果の無意味さ。心理学協会に属していながらですが、僕は心理学の調査ほど恣意的なものはないと感じます。結局、調査をする側が決めた質問要綱に沿う形でしか社会事象を測るだけに過ぎないのですから。

 で、最後。たまにはイギリスを誉める記事に賛同しないと。

Rude Britannia is a myth - we are among the world's most polite people
http://www.guardian.co.uk/society/2011/oct/09/politeness-good-manners-english

 本文、読みやすいですがけっこう長いので、いくつかの段落を引用します。

But while the results of the work by social campaigners the Young Foundation showed a nation trying hard to mind its "pleases" and "thank yous", it also suggested that when courtesy breaks down, so do communities. People reported that rudeness in their neighbourhood upset them more than crime.

 イギリスで暮らして日常生活で常に感じるのは、Thank you とplease がどれほどコミュニケイションの潤滑油になっているかということ。

The research, published tomorrow, finds Britain ranks positively in international surveys of tolerance and politeness and by some standards behaviour is better than a generation or two ago.

But the findings showed that people are quick to find incivility in others but are much less aware of how their own behaviour may cause offence. It warns that modern life presents particular challenges to civil behaviour including social mobility, technology and pressures on space and time. One of the report's authors, Will Norman, said technology was undermining strides being made in social interaction, with too many people unaware of how their loud mobile phone chats, music or simple inattention upset their fellow citizens.

"Taxi drivers and shop assistants really get offended at people acting as if they don't exist because they are on their phones," he said. "But a lot of people simply don't realise – a common reason for rudeness. I spoke to a man who ran a kebab shop and he had a customer who never ever said please or thank you. It drove him mad and one day he asked her why. She was embarrassed and from that day on was extremely polite – she just hadn't realised."


 スーパーのレジで、レジに進んでも携帯電話を切らない連中の頭を、後ろからはたき倒したくなります。如何に彼らの態度が酷いかに気づいてもらうためにも、やはり言ってあげないと。日本のように逆切れされることはまだ少ないように感じます。

Wherever they lived, most people agreed that civility is central to shaping life; many said it was the single most important factor to their quality of life. Most reported experiencing regular acts of politeness and felt they were treated with respect in their neighbourhoods.

The director of the Young Foundation, Simon Tucker, said civility was enormously rated: "Its importance is often only bought home to us when absent. Small acts of daily civility and incivility are often invisible, but play a vital role in helping societies to get by and flourish. We often only notice and appreciate the power of civility when it disappears – when estates become no-go areas or, as we saw recently, when high streets descend into violence.

The report found very high levels of civility in some of the most disadvantaged areas, as well as instances of serious incivility, in the form of intolerance and rudeness, in more prosperous areas. There seemed to be few regional differences, though Norman said it was clear that the stressful commuter jams of London were hotbeds of incivility. Kaliya Franklin, 35, from Liverpool – who blogs at benefitscroungingscum – who uses a wheelchair and says she finds people "unfailingly willing to help, delighted to have the chance", was at the Labour party conference in Liverpool.

"I asked someone for help with my wheelchair and it was immediately obvious he was from the south-east. A scouser would have pushed me all the way home and probably offered to buy me a new scooter. As it was, the guy looked at me as though I'd just ruined his life!"


 スカウザーというのは、リヴァプール地域出身者のことです。あえてロンドンの肩を持つとすれば、人々の間に共通項がなさすぎる、ということが考えられるのではないかと。生存本能の一部なのかもしれないですが、見知らぬ人から助けを乞われたとき、一瞬で認識できる共通項が一つでもあればコミュニケイションが生まれるかもしれない。でも、ロンドンのように、多人種、多文化、全く異なる価値基準を持った人が隣に不意に現れる場所では、災害時以外は助け合うという意識が日常生活では共有されにくいのではと考えます。

Civility is contagious and the research concludes that it can be nurtured by encouraging people to be more aware about how their behaviour impacts on others. As US linguistics professor Robin Lakoff wrote: "Politeness is developed by societies to reduce friction in personal interaction." In other words, smile and the world might just smile back.

 最近、こんな経験(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1551.html)をしたばかりですが、それでも、人を信用したいですし、イギリス人の道徳観は調査結果が言うほど酷くないと感じています。

 皆さんもイギリスに来たら、PleaseThank you は忘れずに。この二つがあれば、皆さんが思っているよりはイギリスは楽しい国だと思います。

セルゲイ・ポルーニン、再びサドラーズに

2012.02.22
今夜、サドラーズ・ウェルズからメイルが届き、1月末に公演があった、「Men in Motion」が3月13日から15日に再演される。そこに、再びセルゲイ・ポルーニンが出演するそうだ。

http://www.sadlerswells.com/show/Ivan-Putrov-Sergei-Polunin-Men-in-Motion

Following the sell-out run of Ivan Putrov’s Men in Motion earlier this year, the former Royal Ballet Principal returns to Sadler’s Wells with an evening of works showcasing the athleticism and beauty of the male form in motion.

For this exciting programme Putrov will be joined by some of the world’s finest dancers including Sergei Polunin (former Royal Ballet Principal), Tim Matiakis (Royal Ballet of Denmark), Clyde Archer and Isaac Montllor (Spain's Compañía Nacional de Danza). The evening will include Nacho Duato’s modern trio Remanso and a new piece choreographed by Polunin himself.

Also on the bill will be Leon Jacobson’s Vestris – a solo originally choreographed in 1969 for a young Mikhail Baryshnikov after he won the International Ballet Competition in Moscow. Other highlights include one of the most famous works ever created for the male dancer, Vaslav Nijinsky’s L'après-midi d'un faune set to Debussy’s beautiful music.


 こんなんで小銭を稼ぐぐらいだったら、さっさとロイヤル・バレエに戻ったほうがポルーニンのためだと思うな。デュアトの「レマンソ」は観たいけど、もう、さすがに行かないかな。ちなみに、「レマンソ」に興味をもたれのであれば、席は平土間のほうがいいと思います。記憶違いでなければ、上から観る振り付けではないです。

 今日、BBCで見つけたヴィデオ。

Monica Mason: 54 years with the Royal Ballet
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-17112174

The Royal Ballet is hosting an exhibition to showcase the career of Dame Monica Mason, who is set to retire in July after 54 years with the company.

Mason joined the Royal Ballet School when she was 16 years old and was the youngest member of the company at that time.

Now, after nearly ten years as the director of the Royal Ballet, she will handover to retired dancer Kevin O'Hare.

While the Royal Opera House team went about setting up for the exhibition of photographs, costumes and memorabilia, Mason shared some of her career highlights with BBC News.


 これまで気がつかなかったけど、かすかに南アフリカ英語の響きがある。でも、なんて聞き取りやすい英語。

Another nightmarish event in Summer 2012

2012.02.19
今日、サリィ県在住の友人がロンドンにでてくるとのことであってお茶した。友人は物書きではないが、僕の物差しからすると、イギリス人としては大変優れた「常識」を持っているので様々なことを話し合うのは常に楽しく、有益。

 今日の最初のトピックは、もちろんロンドン・オリンピックス。友人は、「僕はロンドンに住んでいないのだから、それほど悩まされるとは思わないよ」、と言いつつも彼が住んでいる地域は自転車のロード・レイスのルートになっていて、3日間ほど車の使用を止められることになるらしい。

 ロンドンで働く人たちの毎日の通勤と五輪を観にくるであろう観光客を、ロンドンの交通網は本当にさばけるのかどうか云々を話していたとき、ふと頭に浮かんだことを尋ねた:「今年の断食月はいつ始まるのだろう?知っている?」。友人がすぐさま調べて分かった衝撃の事実。

http://www.when-is.com/ramadan-2012.asp

 7月20日から8月18日。

まさにオリンピックスの期間と重なっているじゃないか。

 住んでいるエリアがロンドン随いつのイスラム地域で、昨年8月の断食月はまさに悪夢だった。毎日毎日、午前3時から朝食の準備を始める上のフラットからの騒音で寝られたものではなかった。ウェストミンスター区の騒音対策チームに相談しても、「宗教上のことには僕たちは何もできないから」。8月の下旬には、寝不足がたたって体力が急降下。結果として夏にインフルエンザにかかってしまった。

 オリンピックス期間の騒乱、終わることのない道路工事だけでも十分なのに、さらに断食月。本気でロンドン脱出を考えた方がいいかもしれない。


(友人宅の庭に咲いたスノードロップス。2週間前の寒さで開花が遅れたとのこと)

南北問題:スペインの場合

2012.02.18
ある機会に、スペイン人のカップルと出会った。スペインでの仕事探しに見切りを付けて、2011年の9月からロンドンに滞在している。僕よりもずっと若いけど、とても気さくで話していても面白く、あう機会があるとスペインのことを教えてもらっている。
 で、男性の方がロンドンでの仕事探しに疲れて一時的にマドリッドに戻る前にあって再びスペインのことを聞いた。男性、Cはマドリッド出身、女性のMは北部のバスク地方の出身。

 会話の途中で、「もうすぐ、サドラーズ・ウェルズ・シアターでフラメンコ・フェスティヴァルがあるよ」というと、すかさずMが「フラメンコは南部のものだから、私は興味ないわ」と。僕がおそらく不思議そうな表情をしたからだろう、「スペインの南部と北部は全く違うのよ」、とM。

 彼女曰く、「スペイン北部」と一般に言われる地域はスペイン本土の北部、カタルーニャ、バスク、アストリウス(だったか)、ガリシアなどの地域が横一線に連なっているあたり。「おおざっぱに言うと、昔ムスリム勢力が到達しなかった地域と言ってもいいかもしれない。文化や言葉は大きく違うのよ。マドリッドで何度かフラメンコを観たけど、周りで感動して泣いている人がいて驚いたもの。北部では闘牛を禁止しているところもあるのよ」。

 「でも、パンプローナって北部だよね」。

 「あそこは特別だから。私がバスク出身だからって皮肉にとらえている訳ではないのよ。私は生まれた地域が好きよ。でも、あんな小さな地域が独立したって全く意味をなさないわ。ただ、南部に行くと違いに驚くことが多いの。
 「わかりやすい例だと自然景観。北部は、イングランドのように緑が多い。でも、南部は乾いた土地ばかり。首都だからマドリッドは別として、産業の規模は北部の方がとても大きいわ」。

 「へー、全く知らなかったよ。バルセロナって、どっちに入るの?」。

 「北部。だからマドリッドはオリンピックを呼びたくて仕方ないのさ」、とはC。

 同一国内における「南北格差」というとイングランドやイタリア、そしてベルギーのことはよく聞くけど、スペインが同様な格差を抱えているとは全く知らなかった。経済学や社会学の分野になるのだろうけど、国を分断する「南北問題」がもたらすインパクトは大きいのだろうと素人なりに思う。

Recession puts the north-south divide back on the misery map
http://www.guardian.co.uk/business/2011/nov/10/north-south-divide-widens-pwc-study

How the north of England has suffered most in the downturn
http://www.guardian.co.uk/business/2012/feb/05/financial-crisis-economics

 
 別れる前に、「国王の長女のエレナさんはまだ別居中なのかな?」。

 「(驚いて)どうして、王室メンバーの名前を知っているの?」

 「趣味」。

 「確か2年前に離婚が成立したはずだよ」。

 「よく教会が認めたね」。

 「スペインの宗教界は、昔みたいな勢力はないからね」、とC。

 「じゃ、次女の旦那のイニャーキはどうなっているの(詐欺事件に巻き込まれて王室メンバーから隔絶中)?」。

 「(Mが笑いながら)イニャーキってバスクの名前なのよ。彼ももしかしたら王室から離脱かも」。

 「ソフィア女王の回顧録の評判は?」。

 「なんでそんなに知っているの?私は、国王のあの女性にだらしない態度は許せないわ。私はソフィア女王を尊敬しているわ。でも、レティシアさんには失望しているのよ。結婚前のインタヴューではイニシアティヴをとっていたのに、最近では何もしゃべらなくなってしまった」。

 なんか、東の方でも同様なことが起きているような。

 スペイン、彼らがマドリッドに戻ったら行ってみようかな。

リヒター、プレガルディーン、ドレイク@ウィグモア・ホール

2012.02.18
1月10日に、ウィグモア・ホールでドイツ人テノール、クリストフ・プレガルディーン(どうやらカタカナ表記はプレガルディエンのようですが、本人に確認するまでこのままで)がメインのヴォルフ作曲のリートのリサイタルに行ってきました。

Performers

Anna Lucia Richter: soprano
Christoph Prégardien: tenor
Julius Drake: piano

Mörike-Lieder:

- Der Knabe und das Immlein
- Nixe Binsefuss
- Elfenlied
- Begegnung
- Der Gärtner
- An die Geliebte
- Der Feuerreiter

Goethe-Lieder:

- Ganymed
- Die Spröde
- Die Bekehrte
- Gleich und gleich
- Ritter Kurts Brautfahrt
- Der neue Amadis
- Genialisch Treiben
- St Nepomuks Vorabend

Mörike, Geistliche Lieder:

- Neue Liebe
- Schlafendes Jesuskind
- Karwoche
- Wo find ich Trost?
- Auf ein altes Bild
- Gebet
- Seufzer
- Denk’ es, o Seele!
- Zum neuen Jahr

About this concert
Wigmore Hall audiences have come to savour the work of Christoph Prégardien, with its characteristic elements of tonal light and shade, visionary word-painting and exquisitely spun legato. The German tenor turns his lyric artistry to the interpretation of Hugo Wolf’s Mörike and Goethe songs, including the consummate ‘An die Geliebte’.


 本来ソプラノは、プレガルディーンとこのプログラムをCD録音しているジュリア・クライターでしたが病気降板。急遽白羽の矢が立ったのが、弱冠21歳、いまだに音楽学校の生徒でもあるドイツ出身のリヒターでした。あとでリンクを張っておくガーディアンのレヴューによると、この交代によるプログラムの変更はなかったとのことなので、リヒターの実力はそれほど抜きん出ているということでしょう。

 ただ、実力はあっても21歳、やはり緊張はしていたようです。メーリケのパートの2曲目、「Nixe Binsefuss」では、ピアニストのドレイクが最初の一音をはじいて視線を交わしたあと、同じ音から歌が始まりました。しかしながら一曲歌い終わるたびにその実力を発揮したのは確かで、音は全くはずさない、声は強靭、しかも上官の高まりをコントロールするなどたった数曲歌うだけでこれほどまでに成長するものなのかと。
 プレガルディーンと比べてはリヒターには分が悪いことは承知ですが、彼女の若さが上手く作用しなかったのも事実。「Ganymed」や「Wo find ich Trost?」はどうやらソプラノが歌うリートのようですが、プレガルディーンで聴きたかったです。

 今回のリサイタルは二つレヴューが出ました。一つはガーディアン、もう一つはオン・ラインのレヴューサイト。

Richter/Prégardien/Drake – review
http://www.guardian.co.uk/music/2012/jan/11/richter-pregardien-drake-review
(このレヴューを読むまで、artlessという形容詞があることを知りませんでした)

http://www.seenandheard-international.com/2012/01/11/the-wigmore-hall-launches-a-wolf-songbook-series/

 二つ目のレヴューの後半で触れられているように、今回、ピアニストのドレイクがまた好調でした。彼なくしては、例えば「Der Feuerreiter」が生み出した緊張感はなかったかもしれないです。ドレイクさんご多忙で、このあとはオランダにイアン・ボストリッジと遠征しています。

 今回のリサイタルの目的は、ひとえにプレガルディーンの歌を聞きたかったから。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1180.html

 2010年の12月にもウィグモアでリサイタルの予定だったのですが、彼が病気でキャンセル。2011年2月17日が「アナ・ニコル」の初日でなかったら東京のリサイタルに出向いていたかもしれません。

 彼の声が僕の耳にとって至福の響きであること、そして、舞台でプレガルディーンが描く歌の豊かさ。後半、「Gebet」、「Seufzer」、「Denk’ es, o Seele!」の連続には、自分の中で気分が高揚してくるのがしっかり判りました。歌と歌の間で無遠慮に咳をする連中の頸をへし折りたいという衝動も、このときばかりは沸き起こりませんでした。1月は本当に体調が低空飛行でしたが、リサイタル終了直後には、「これがlifting my spiritというものなんだろうな」と。
 この夜は、できるならプレガルディーンと言葉を交わしたいと思い、リサイタル終了後に、控え室に行きました。彼と話をしたい人の列はとても長かったです。
 ロンドンへ戻ってきてくれたことへの喜びを伝えた後に、再び日本でリサイタルの予定はあるのかを尋ねました。オペラや注目を集めるようなリサイタルではないようですが、プレガルディーンはかなり日本を訪れています。で、ちょうど次の日本でのリサイタルの予定を検討しているところとの返答。

「I hope you are not afraid of earthquake or tsunami because there are many people waiting for you in Japan」

「(微笑みながら)No, I am not. I will go to Japan

 で、握手を求められて終わり。日本にいるプレガルディーンのファンの皆さん、期待して待ちましょう。
 プレガルディーンが音楽監督とつとめる「受難曲」のリサイタルはヨーロッパ各地を回るのに、なぜだかイギリスだけは来ません。でも、4月30日にはランチ・タイム・コンサート、そして7月17日は彼一人のリサイタルの二つがウィグモアで予定されています。月曜の昼間のリサイタルは無理だろうけど、7月を楽しみにしています。

Songs    Comment(2)   ↑Top

土曜の遅い朝は

2012.02.18
ロンドンの道路工事の様子を収めようと、マリルボーン周辺を歩き回ってからドーント・ブックスに立ち寄った。そしたら、数週間前に買い逃したポスト・カードが再入荷していたので、即購入。カードの図柄は以下のもの。

Cameron Galt Late saturday morning (2)

 カードの上辺では、The Sunは見切れているが、一目瞭然。イギリスらしい、自分たちを哀れむブラック・ジョークが満載。ということで、

Discuss: What does toxic mean in this card?

報復の連鎖を断ち切る難しさ

2012.02.18
ミクシィのニュース欄にあった、時事通信が配信した石原都知事の「自衛隊を国軍に」というニュースに以下の日記を書いた。



先日、BBCのニュース番組内で第二次大戦中、日本軍の捕虜になった人たちのインタヴューが流れた。聞いていてとても悲しかった。あの戦争が引き起こした怒り、苦しみ、憎しみは全く癒えていない。

 シリアで、リビアで、パキスタンで、アフガニスタンで、イエメンで、ソマリアで、スーダンで、パレスティナで、イスラエルで、毎日、戦争で人が殺される、殺されている、そして殺し合っている。他人事ではない。

 いつか、地球は、人間の憎悪しかない星になるだろう。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1328.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1312.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1336.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-857.html


 主題が主題だからコメントが来るとは思っていた。いくつかのコメントはとても冷静なもので、僕自身、考えが足りないことがあることにも気づいた。
 悲しかったのは、「日本軍の捕虜への扱いのイメージが悪いのは連合国のせいですよ」や、「連合国だって捕虜虐待や虐殺なんて平気でやってましたよ」。そうだったのだろうと思う。

 でも、無性に悲しかった。復讐の連鎖を断ち切ることの大切さを多くの人が言及している。にもかかわらず、それを実行に移すことは、僕を含めて誰一人として実現できることではないように思える。

 人はいつか死ぬ。病、不慮の事故、地震、自然災害、原子力発電事故等々、思ってもみなかったことで命を落とすこともあるだろう。でも、おそらくそれ以上に世界中で多くの人が、いま、戦争で殺されている。終わる気配などない。そしてその戦争を美化するような政治家が日本にいる。

Counting the cost of the 9/11 wars
http://www.guardian.co.uk/world/2011/aug/22/9-11-wars-war-on-terror

The global conflicts that have raged since 9/11 have seen no clear winners but many losers – at least 250,000 people have been killed

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1492.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1196.html

シリア政府に抗議するデモ行進に関する注意喚起

2012.02.18
昨日、在英国日本大使館領事班から送られてきたメイルを転載します。



安全・テロ情報



シリア政府に抗議するデモ行進に関する注意喚起

                                       2012年2月17日



1.昨年以降、シリア国内においては、政府に抗議し、民主化を求める集会等が各地で発生し、デモ隊と治安当局との衝突等により多数の死傷者が発生しています。今後も治安が改善される見通しは立っておらず、ヨーロッパや中東各国においてもシリア政府に対する抗議活動が行われています。



2.ヒズボラ・タハリール(スンニ派汎イスラム政治組織)は、2月18日(土)にシリア政府に抗議するため、ロンドン市内でデモ行進を行うことを予定しております。デモ行進のルートでは交通渋滞等混乱する可能性がありますので、英国滞在中の皆様におかれましては、デモ行進のルート及び抗議活動が発生している場所、さらには、その周辺地域にも極力近づかないようにして下さい。



3.デモ行進のルートや、交通規制のエリアの詳細については、下記のロンドン警視庁のウェブサイトでご確認下さい。




http://content.met.police.uk/Event/March--Rally-at-Westminster/1400006667823/1257246745828

 観光や仕事でロンドン滞在中の皆さん、無用に近づかないように。旅の恥は書き捨てでは済まないことにもなりかねません。

Spotify, British Rail and Skype:IT音痴には生き辛い世の中

2012.02.17
インターネットに関連する経験が続いたので、どうせなら共感を得られるかもという趣旨で。

 数週間ほど前、日本在住の友人からSpotifyに関することでメイルが届いた。

http://www.spotify.com/uk/

 Spotify、名前だけはロッキング・オンのサイトで知っていたが、どんなものだかは友人からメイルが届くまで全く知らなかった。ウェブを読んでも、どんな風に活用するのか全くわからないけど、要するに音楽の共有サイトであろうと。個人的には、知ったところで何ら興味がわかない。視覚が弱いのを補うために、日常生活の中で聴覚を遮ることは絶対にしたくない。なのでウォークマンを購入・利用したことすらない。したいと思ったこともない。音楽を使って自分を閉じ込めるより、聴覚を駆使して世界を知ること、社会の騒音、雑音、人々の笑い、つぶやき、怒り、そして沈黙を耳から知ることは僕にとってとても刺激に満ちた楽しい冒険。

 友人によると、あるインターネット・オークション・サイトでスポティファイのプレミアム・メンバーシップのひと月分の権利を購入した。で、有効期間が切れたので、自分のクレジット・カードで更新しようとしたところ、継続させてもらえなかった。なぜなら、スポティファイはまだ日本で事業を展開していないので、基本的に日本在住の場合はアカウントを作ることができない、そのために日本発行のクレジット・カードも受け付けないとのこと。で、イギリスでは事業を展開しているので、どうにかならないか、と。友人は既にアカウントを、スポティファイが事業を展開している国の一つで作ってあったので、ギフト・ヴァウチャアを送ることで落着。

 インターネットによる買い物がこれだけ日常生活に浸透し、かつ国境を越えての買い物が身近になっているのと反比例して、クレジット・カードやデビット・カードがはねられることが増えているように思う。僕自身、自分のサイトは日本の会社を使っているが、昨年の更新時に、イギリス発行のクレジット・カード、デビット・カードがすべてはねられてしまった。セキュリティの問題がもちろん真っ先に考えられるけど、ほかにも理由があるように感じる。ちなみに、スポティファイに関してはこんなニュースが。

Spotify says Facebook partnership and new apps should allay growth fears
http://www.guardian.co.uk/media/2012/jan/29/spotify-facebook-partnership-apps

 
 二つ目。これまた最近では、アマゾンやグーグルを頻繁に使うことで、客や利用者の嗜好・傾向を蓄積・累積することで、別の商品を売り込むというのは既に日常茶飯事。そのために、このようなサイトは利用者のプロファイルを作り、パスワード作成が必須となる。
 イギリスの鉄道会社がいくつあるのかなんてこと、全く知らないし、知る必要もない。腹が立つのは、切符を一枚だけインターネットで購入するために、ユーザー名とパスワード作成を強要されること。しかも、会社によってパスワードの縛りがまちまちで覚えていられない。
 彼らの思考プロセスが手に取るようにわかる。「アマゾンやほかのインターネット・ショッピング・サイトのように利用者の情報を入手すれば収益が伸びるかもしれない」、と。1年、もしかしたら数年に1度しか利用しない鉄道の切符を購入するたびにプロファイルがあったかどうかに時間を無駄にすることを強要され、以前利用したかどうかをもはや思い出せないにも関わらず、「メイル・アドレス、パスワードが違っています」、黙れよ。覚えていられるかっ、と。
 会社側が客のプロファイルを得ることで、顧客の囲い込みを狙っているのだろうけど、僕にとってはうざいことこの上なし。会社の思惑に反して、できるだけ使うものかとますます決意を固くする。イギリスの著名な会社で、僕の知る限りプロファイル作成を強制していないのは、デパート最大手のジョン・ルイス。インターネットで顧客情報を得ようとするのは、時代の流れに反していると思うのだが。

 
 三つ目。やっと、スカイプの個人アカウントを作成した。スカイプが世に出て何年経っているかは知らないけど、使われていないスカイプ名を探し当てるのに、15分くらい格闘した。また、友人とおぼしきスカイプ名を見つけてインヴィテイションを送ってもほとんど返事が来ない。思ったのは、日本だけではないだろうけど、使われないまま何年も休眠しているアカウントの数はそれこそミリオンになるのではないかということ。無料だからそのまま放置しているというのが現状なのだろうけど、使わないのであれば削除してほしい。使いたかったスカイプ名、手に入れられるものなら。ただし、無料で。

 以上、IT音痴の繰り言でした。

ホガースを学ぼう:Beer Street and Gin Lane

2012.02.16
今日は、小さなことだけど偶然が重なった。そのうちの一つ。

 2月16日付けのガーディアン本紙に掲載されたカトゥーン。

16Feb12MartinRowson002.jpg

 いろいろな情報が混じっているけど、一義的には以下の記事にリンクするようだ。

David Cameron edges towards minimum price curb on binge drinking
http://www.guardian.co.uk/politics/2012/feb/15/david-cameron-minimum-price-alcohol

Alcohol pricing: a battleground between health groups and drinks industry
http://www.guardian.co.uk/society/2012/feb/15/alcohol-pricing-battleground-health-industry

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1301.html

 酒税の問題の方がより深刻なのは承知しているけど、カトゥーンの方を。タイトルに「ホガース」と入れているから勘のいい人、もしくは既に出所を知っている人もいることだろう。

 元になっているのは、ウィリアム・ホガースの「Beer Street and Gin Lane」。

Beer-street-and-Gin-lane.jpg

 対になっている絵だけど、カトゥーンでよく使われるのはジンの方が圧倒的に多い。自慢できる記憶なんて今では何一つ残っていないけど、大学時代の卒業演習(卒論にあらず)はホガースだった。演習の中で取り上げられたホガースの絵について学んでいたとき、まさか自分がロンドンに来るなんてこと夢想だにしなかった。
 ホガースを学んだことが無駄ではなかった、むしろ学んでおいてよかったと思うことができたのはロンドンに来てから。新聞や雑誌で彼の絵が使われるたびに、絵が使われている理由から記事をより深く理解できたことは数知れず。手前味噌だけど、イギリスの社会構造をもっと知りたいと思っている人は、ホガースの絵を眺めるだけでもかなり役に立つと思う。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-841.html

 ロンドン最貧の区で日給£1000-の仕事

2012.02.15
今日、イギリスの失業率がさらに悪化しているとのニュースがメディアを駆け巡った。

UK unemployment stuck at 17-year high as economy flatlines
http://www.guardian.co.uk/business/2012/feb/15/uk-unemployment-high-economy-flatlines

 そのような日に、ロンドンで最貧の区であるタワー・ハムレット区で政治家がどれほど一般市民の生活からかけ離れているか、というニュースがあった。

Mayor of poverty-hit council hires adviser in £1,000-a-day deal
http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-24035657-mayor-of-poverty-hit-council-hires-adviser-in-pound-1000-a-day-deal.do

Tony Winterbottom is an "executive adviser" on regeneration and development to Lutfur Rahman, the mayor of Tower Hamlets who was ousted from the Labour Party over alleged links to Islamic extremists.

Local government secretary Eric Pickles accused Mr Rahman of wasting taxpayer money. He said: "It is astonishing that one of the poorest boroughs in the country sees fit to squander such colossal amounts of public cash in this way.

"Tower Hamlets seems to be living the ultimate champagne socialist lifestyle, leaving taxpayers to pick up the tab. I fail to see the business case for shelling out this money, which should be diverted towards protecting frontline services."

Tower Hamlets has the worst child poverty in the UK, with 52 per cent of children below the breadline. Campaigners warned planned £70 million cuts to the local budget could cause an "economic and social disaster".

Mr Winterbottom, 67, insisted he was not overpaid and was "embarrassed to be charging so little".

Jim Fitzpatrick, Labour MP for Poplar and Limehouse, said: "At a time when Tower Hamlets is being buffeted by cuts from central government, every penny is precious and a £1,000-a-day contract seems to be way over the top." London Mayor Boris Johnson said: "I'd better investigate the circumstances but it sounds like a lot of money to me."

A former adviser to Labour mayoral candidate Ken Livingstone, Mr Winterbottom won the contract to advise Mr Rahman last October. An investigation by the Evening Standard found the £1,000-a-day deal is with LDP Projects, run by him and his wife, Kathleen, based at his home in Aston Clinton, Buckinghamshire.

The consultant works three days a month for Tower Hamlets.

Emma Boon, campaign director of the Taxpayers' Alliance, said: "Deals like this for consultants should not be allowed at a time when the rest of the public sector is taking a pay freeze."

Mr Winterbottom was previously a senior official at the defunct London Development Agency. He was criticised in 2008 after he left on a year's sabbatical, followed by a £75,000 pay-off and £160,000 top-up to his pension fund. An investigation into the LDA, ordered by Boris Johnson and headed by former financial journalist Baroness Wheatcroft, found a string of failings including "ineptitude" and "massive misspending".

Mr Rahman became the first directly elected mayor of Tower Hamlets in 2010. He originally stood as a Labour candidate, but was deselected amid claims about his links with fundamentalist group the Islamic Forum of Europe (IFE). He has denied the allegations. He won the poll as an independent backed by Mr Livingstone, and controls a £1.3 billion budget.

Mr Winterbottom, who has also advised Tottenham Hotspur on stadium development, said: "I'm embarrassed the Standard knows I am charging so little. My company has done work in the private sector for a lot more than £1,000 a day."

He claimed he would not ask for the full amount: "I tendered a bid for £1,000 a day. In reality, I get paid £125 an hour but I have not yet put in an invoice. I wanted them to respect me as an individual so I asked them to pay me a proper price but I'm not going to charge them.

"I'm absolutely squeaky clean. This is not a money-making operation. This is about fighting for Lutfur Rahman who's trying to do good work."

A Tower Hamlets spokesman said: "We do not comment on payment of individual employees unless the information is on the council website as part of our responsibility towards transparency."


 世界にタワー・ハムレット区がロンドンにあることを知られたくないというとんでもない理由で、ロンドン・オリンピック委員会がマラソン・コースからはずしたほど貧しい区の区長が、自分の「個人的アドヴィザー」に一日£1000-を払う。財源は税金。アドヴァイザーは日給が安すぎると言って憚らない。

 貧困にあえぐ市民の生活を立て直すために、選挙で選ばれて、でも自分で何も決められないから£1000-払ってアドヴァイザーに助言を求める。なら、辞めろ。

 先月、ロンドン地下鉄で働く職員が、オリンピック期間中に働く代わりに無条件で払うと経営側が提示した£500-のボーナスが安いと受け入れなかった、というニュースがあった。

 ロンドン、骨の髄まで腐ってきているのではないか。鍛錬している選手には申し訳ないと思うけど、ロンドン五輪、大コケして欲しい。どうせなら、ロンドンが落ちるところまで落ちるのを見届けたい。

 日本でも選挙に行かない人が悲しくなるほど増えている。政治家は、僕ら一般市民の主人ではない。僕たちが払う税金という名の「給料」を受け取るために働く社会のための従業員。社会、地域、コミュニティという「機関」の経営者は政治家ではない。僕たち、一般市民。

エンタメ批評は誰のために?

2012.02.14
昨日、2月13日のガーディアンのG2セクションのレヴュー・セクションに、同紙のダンス・クリティクであるジュディス・マックレルさんによる、考えさせられる小さなコラムが掲載されていた。

Judith Mackrell on star-rating reviews
http://www.guardian.co.uk/culture/2012/feb/12/critics-notebook-judith-mackrell

A disturbing but fascinating precedent was set last June, when the New York magazine Village Voice "let go" of its distinguished critic Deborah Jowitt, apparently on the grounds that she didn't write enough bad reviews. For four decades, Jowitt's coverage of the New York dance scene had been almost unequalled in its breadth and detail, yet the Voice decided her descriptive, essentially non-judgmental style was no longer suited to the times; most readers now want and expect star-rated verdicts on every show.

Jowitt wrote an open letter online soon afterwards, in which she was adamant that her duty as a critic was primarily to the art form. She might pass an opinion on a choreographer or a dancer, but nearly always in the disinterested spirit of analysis. Even if her refusal to trash a work meant readers weren't always sure whether or not to make the effort to see it, she felt her function was to appreciate and record.

For me, the transparency of Jowitt's critical viewpoint was always its chief attraction: combined with the vividness and accuracy of her prose style, it gave her readers an exceptionally clear impression of works they'd not been able to see. In an art form such as dance, that kind of written access remains invaluable. Even in the age of YouTube, most works have an essentially ephemeral existence: performed for a limited span, seen only by a limited number of people. In this context, even a speedily written 300-word review has value as a historical marker. Jowitt's body of writing is far more useful to future readers than any dance equivalent of the Rotten Tomatoes site.

Fortunately Jowitt is now reviewing online, at her blog DanceBeat, where she's free to write as she chooses – even if, presumably, she no longer gets paid for it. Her departure from the Voice highlights an issue that faces all critics, as well as their readers and editors. What is the right balance between reportage and rating, and where does the reviewer's duty lie: to the art form or to the consumer? As I struggle over my star ratings, it's an issue that can still make me queasy.


 「悪いレヴューを沢山書いていないから」という理由で解雇されては、それは本末転倒、というよりも批評の意味をもはや見失っていると思う。

 翻って、僕自身はどうだろう。主に、エンタメを楽しめなかったときはネガティヴになることは自覚している。でも、自分が書いていることでほかの人たちの考えに影響を与えたい、とは思わない。デボラさんの言葉、「(ダンスを)楽しみ、そして記録すること」が自分の喜びになるから書くことを続けている。

 面白い。レヴューを待っている読者の多くは、舞台、ダンス、オペラがけなされることを心待ちにしているのだろうか?
 批評を読むことは、僕にとっては「学習」。僕が知らなかった視点、歴史等を学ぶのは、もしかしたら次の機会はないかもしれない「刹那的」な芸術に巡り会うときに、アートを楽しむ地平線を広げることにつながると考えるから。

 最近、いち個人として感じるのは、自信がないとき、人は他者の話を最後まで聞かない、聞けない。

パディントン駅の大混乱始まる

2012.02.13
今晩のイヴニング・スタンダードによると、今朝、ロンドンの地下鉄の5路線が停止、もしくは大幅遅延と大混乱だったようだ。

Thousands stranded as half the Tube network is shut or delayed
http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-24034787-four-lines-part-suspended-in-monday-morning-tube-chaos.do

 別に、月曜日だからといって何も起きないということはない、ということは過去に経験済みなので全く驚かない。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-52.html

 5年前から何も変わっていない。在ロンドンの友人・知人の皆さんが巻き込まれなかったことを祈るのみ。

 本題。今日、イギリス人の友人と電話で話していたとき、お互いにロンドンの道路事情の悪さを愚痴り合った。愚痴ったところで何も変わらないことはわかっていても、つい口をついて出てしまう。
 友人が、「今日から、パディントン駅の前のイーストボーン・テラスが閉鎖されること、知っている?」、と聞かれた。もちろん、知らなかった。既に大混乱の様相。

Crossrail chaos as work begins at Paddington
http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-24034977-crossrail-chaos-as-work-begins-at-paddington.do

 パディントン駅でクロスレイル関連の工事が始まってどれくらいたつだろう。それくらい延々と続いているからもうすぐ終わりかと思っていたら、これから本格的になるようだ。以下の写真は、工事終了後の、関係者が描く予想でなく、理想写真。



http://www.crossrail.co.uk/route/stations/paddington/paddington-station-news/

From Sunday 12 February there will be changes in and around Paddington station, which will allow construction of the Crossrail station to get underway.

*Eastbourne Terrace will close to all vehicles (including buses and taxis) for about two years

*The entrances on Eastbourne Terrace to and from the mainline station will close until the Crossrail works are complete

*A new taxi rank will open next to the Hammersmith & City line Underground station

*The current taxi rank (on the west side of the station) will be closed permanently

*The pavement on the east side of Eastbourne Terrace will be temporarily closed – please use the west side or use alternative roads

*Buses will be rerouted at Paddington, with new or altered bus stop arrangements

*Eastbourne Terrace will reopen in 2014 with one lane of traffic in each direction, and will fully reopen when the Crossrail works are complete.


 2年前にクロスレイルの記事を書いたとき(http://www.news-digest.co.uk/news/news/in-depth/5887-crossrail.html)には、開通予定は2017年だった。それが今では、驚くにはあたらないけど2018年。友人とは、「イーストボーン・テラスの閉鎖の予定が2倍になっても驚かないね」とため息まじりの笑いで会話を終えた。

 パディントン駅は、今住んでいるところからそう遠くはないけど、滅多に使わない。観光名所が駅の近隣にある訳でもないので、在ロンドンの日本人もそれほど頻繁に利用する駅ではないのではないかと想像する。おそらく最も大きな混乱を被るのは、ヒースロー・エクスプレスでヒースローからパディントンに到着した観光客の皆さんだろう。特に、以前のパディントン駅を知っていると、タクシィ乗り場が真逆の場所になる上に、タクシィに乗ってロンドン中心地に向かうルートも変わってしまうだろうから、ボラレていると心配になるかもしれない。

 エリザベス女王のダイアモンド・ジュビリィ、そしてオリンピック・パラリンピックと続くのだから工事開始を延期して観光客やビジネス客の受け入れに万全を期す、という発想はクロスレイル幹部の頭にはなかったようだ。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1487.html
(少なくともイギリスでは、日本で言うケイブル・カーがロープウェイで、日本のロープウェイにあたるのがケイブル・カー)

ルシアン・フロイト@ナショナル・ポートレイト・ギャラリィ

2012.02.08
benefit.jpg


(この二つを選んだ理由は、下に)

トラファルガー広場にあるナショナル・ポートレイト・ギャラリィで、2011年7月に88歳でなくなったルシアン・フロイトの肖像画を中心にすえた展覧会が9日から始まります。初日を前に観る機会に参加できました。仕事を続けさせてもらうことに感謝しつつ、リサーチしてもフロイトが日本でどの程度知られているのかが良く判らないので、興味を持ってもらえるような情報と感想を織り交ぜて。

 まず、余談から。先週終わったナショナル・ギャラリィの「レオナルド展(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1514.html)」、ロイヤル・アカデミィで開催中の「ホックニィ展(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1546.html)、そしてこの「ルシアン・フロイト」の超人気展覧会のメディア・パートナーはThe Times。ルパート・マードックにこれ以上の金を払うものかという気持ちは変わらずですが、タイムズを定期購読するとアート関連のインセンティヴがほかの新聞よりずっとお得なんです。美術館の会員になるより、タイムズを定期購読したほうがいいのかもしれないと煩悶しています。

 タイムズを含むイギリス国内のメイジャーなメディアは数日前に内覧を済ませていて、今日はそのほかのメディア。でも、アート・クリティク以外の、例えばオペラやダンスの批評家が沢山来ていました。吃驚したのは、ヨーロッパ各国のテレビ局からの取材の多さ。数年前に、パリのポンピドー・センターで開かれたフロイト展が大成功を収めたのは知っていましたが、彼の人気がイギリス国外でこれほどとは知りませんでした。

http://www.npg.org.uk/freudsite/index.htm

 今回の展覧会は、フロイトが画家として活動を始めた1940年代から亡くなる2011年まで、70年にわたる彼の絵を時代ごとに展示することで、彼の画風の変化、それによる彼が描く対象が、人物の顔だけの肖像画から、体全体の肖像に映り、さらに変化を遂げてきた過程をとても判りやすく展示しています。130点もの絵は、観て回るとけっこう長い時間がかかりますが、もう少しあったほうがより深い理解を得られたのではないか、とも感じました。

 キュレイターの女性の話、および解説にも書かれていることですが、かなりの数の絵がプライヴェイト・コレクションからの貸し出しで、特に初期の絵の中に今回初めて一般に展示される絵が多いそうです。彼の初期の絵では、繊細な筆が使われたということで、後期の筆致との差から彼の画風、そしてモデルを観察する視点の変化などに注目すると面白いのではないか、と。画風の大きな転換点の一つは、座って描くことを止めて立って描くことにしたことが大きいそうですし、フロイト本人もそれを認めるような発言が簡易カタログに記載されています。

 僕自身、ルシアン・フロイトのことは、時折メディアで書かれる表層的なことしか知らなくて、彼の画家としてのポジションをよく理解していたとは言えません。ジークムント・フロイトの孫だからといって、肖像画の中に精神分析の解釈を散りばめているわけではなかろうに、そんな程度です。

 2時間みっちりと観て回りました。観終わったときは、疲労困憊。決して悪い意味ではありません。でも、キャンヴァスの下から発せられる、フロイトがモデルと対峙していたときの、モデル側の精神的葛藤の重さで息苦しいほどでした。

 この展覧会、ロンドンのあとに、アメリカのテキサスにあるthe Modern Art Museum in Fort Worthに巡回します。そこのチーフ・キュレイター、Michael Auping氏の発言がとても興味深いものでした。曰く、アメリカでルシアン・フロイトの人気が高いのは、彼が描く絵はアメリカの画家がなしえないものを持っているから。アメリカの絵画は、FlatnessDistancenessが多く、フロイトの肖像画が生み出すclosenessがほぼ存在しないからだ、と。

 この点がとても面白かったので、ほかの人の質問が終わって彼が一人のときに質問してみました。

「あなたが表現したアメリカ絵画の特徴、Flatness とDistanceness、とても興味深いです。I am not sure whether it is an appropriate comparison, but how about Andrew Wyeth?

No, even Wyeth shows distanceness. I guess you are thinking about Christina’s World?! Let’s think about it. あの絵では、ワイエスの視点はクリスティーナの背後にあり、さらにその先までを含めた世界であって、画家とモデルの間の距離は物理的にも心理的にもとても大きい。エドワード・ホッパーでさえ、フロイトが描く緊密さを描いたとはいえないと僕は思う(ここまで来ると僕の理解の範疇を超えています)」

By the way, although I find Freud’s nude portraits not erotic from the surface from the paintings, psychologically, it is powerfully erotic. You have said that this exhibition is going to Texas, do you think it will be controversial?

I know what you mean, and we have been discussing this point. I think we will have to put a message for parents in order to avoid complains

 アメリカとイギリスの社会の違いを絵画から理解するという点でも面白い機会になるかもしれないです。

 肖像画にもかかわらず、いや、もしかしたら肖像画だからこそ言葉で説明するのがとても難しい、でも大変に見応えのある展覧会だと思います。やるべきことを全て終えてギャラリィを出てから、ナショナル・ポートレイト・ギャラリィに勤めている友人に、いくつか手配してくれたことへの感謝を伝えたところ、こういわれました。「僕個人の意見だけど、このフロイトの展覧会は21世紀になってからNPGがなしえた最良の展覧会だと思っている」。

 多くの人にはルシアン・フロイトって誰?、かも知れないですがこれもまた多くの意味で、とてもイギリスらしい展覧会だと思います。

Lucian-Freud-at-National--007.jpg

http://www.guardian.co.uk/artanddesign/gallery/2012/feb/08/lucian-freud-national-portrait-gallery


[追記:2月11日]
 一般公開の前日、2月8日の夕方に、ダッチェス・オブ・ケンブリッジ(キャサリン妃)が一人で見学に訪れたそう。

ロンドン美術展、開催ラッシュ:ルシアン・フロイト、草間彌生、エリザベス女王

2012.02.08
今週、ロンドンでは大きな展覧会の初日が重なった。明日、9日にナショナル・ポートレイト・ギャラリィで「ルシアン・フロイト」展が。そして、テイト・モダンで草間彌生の回顧展が初日を迎える。

The-artist-is-photographe-025.jpg
(ガーディアンから。日本を離れたのは12年ぶりだそう)

Artist-Yayoi-Kusama-poses-020.jpg

Yayoi Kusama: a spot of bother
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2012/feb/07/yayoi-kusuma-tate-modern-review

Seeing spots: Yayoi Kusama exhibition at Tate Modern - in pictures
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/gallery/2012/feb/07/yayoi-kusama-tate-modern-in-pictures

http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2012/02/08/11kusama/
(どうして発信元のウェブには掲載されていないのだろう?)

 記事を読んでいただけばお分かりの通り、すごい盛り上がり。英文媒体のインタヴューは、彼女の精神面や、セックスをしていないことと彼女のアートがどう結びついているか等々かなり突っ込んだ面白い内容。最近美術館に行く機会が増えていて、顔見知りになったBBCのアート・クリティクの男性によると、今晩、午後10時半から始まるBBC2のテレヴィ・ニュースで、インタヴューが放送されるとのこと。周りは草間さんの健康のことを思って止めようとしたらしいけど、本人はサーヴィス精神旺盛でとても興味深いインタヴューだったそうだ。別の人から聞いた話では、(おそらくテイト主催だろう)昨晩のディナー・パーティでも本人はとても元気だったそうだ。風邪を引かないで、無事に東京に戻ってほしいもの。

 トラファルガー広場をちょっと上に行ったところにあるナショナル・ポートレイト・ギャラリィでは、明日からルシアン・フロイトによる肖像画を集めた展覧会が始まる。今日、初日を前に観る機会があった。まだ言葉にまとめられないけど、凄かった。W夫人が言っていた、「ある意味、2012年にイギリスで開かれる美術展で最も重要でパワフルなものだと思うわ」の通り、圧倒された。彼の全キャリアを俯瞰するには作品数が少ないかもしれないけど、皮膚の下で沸々とたぎっている様々な感情に息が詰まるほど。私見は後ほど。

Lucian-Freud-Portraits-at-the-National-Portrait-Gallery-London.jpeg
(フロイトが描いたエリザベス女王の肖像画は展示されていないけど、作成途中の写真が展示されていた)

http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2012/feb/05/lucian-freud-portraits-review

 今日、2月8日からヴィクトリア・アンド・アルバートではセシル・ヴィートンによるエリザベス女王のポートレイト写真の展覧会。

http://www.vam.ac.uk/content/exhibitions/cecilbeaton/


(今もたおやかな美しさを醸し出しているけど、若い頃ははつらつとした美しさ)

 最近、王室ネタがおろそかになっているのは、僕が書かなくてもたくさんの人がやっているからいいだろうということで。でも、6月のダイアモンド・ジュビリィに向けてどんどんイギリス国内が盛り上がってきていることを感じる。

冬のウィズリィ・ガーデンに蝶が舞う

2012.02.04
Royal Horticultural Society(日本語だと、王立園芸協会だったかな)の庭園の一つ、ウィズリィに1月14日に行ってきた。目的は、14日から始まった温室での蝶の展示と、購入した初ディジタル・カメラを使ってみるにはウィズリィはちょうどいい練習になると思ったから。

http://www.rhs.org.uk/Gardens/Wisley

http://www.rhs.org.uk/Gardens/Wisley/What-s-on/Butterflies

 冬のウィズリィにはこれまでも何度か訪れているけど、今回はかなり冷え込んだ天気になり、そのおかげで霧がかかりとても幻想的な雰囲気に包まれていた。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157628967911295/

 フリッカーにあげたのは、割とよく撮れたかなと思うものだけ。いつもの通りマニュアルを読まないで行き当たりばったりで使い始めたので、特に接写にはてこずった。でも、最後の1枚は自分ではいい出来ではなかろうか、と。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/6736562555/in/set-72157628967911295

 蝶の展示は初日ということもあり家族連れで大賑わい。入場するのに行列ができるほどの混雑振りだった。庭園側もいろいろと試行錯誤があったと思うけど、温室内では蝶たちが優雅に舞っていた。肝心のカメラは、室内外の温度の差が大きくて、レンズが曇ったまま。出る間際になって、ひとつがいが生殖活動を行っていたので撮ってみたけど、鮮明ではない。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/6736560749/in/set-72157628967911295

 公共交通機関で行くのが難しいというのが問題だけど、イギリスの庭園が魅せる冬の美しさを、ウィズリィは静かに湛えていた。

 蝶の展示は今月末で終わってしまうけど、3月2日の金曜日は、入場が無料になるそうなので時間があればウィズリィを試すにはいい機会だと思う。

セルゲイ・ポルーニンの就労ヴィザ失効、ほか

2012.02.04
先週、3回もポストしたセルゲイ・ポルーニンのロイヤル・バレエからの突然の退団は、ポルーニンのイギリス国内での就労ヴィザの失効という事態になっている。

Sergei Polunin, ex-Royal Ballet star, loses right to work in the UK
http://www.guardian.co.uk/stage/2012/feb/02/sergei-polunin-loses-right-work

Sergei Polunin loses right to work in UK
http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/dance/9053429/Sergei-Polunin-loses-right-to-work-in-UK.html

Sergei Polunin, the young Royal Ballet principal dancer who caused waves by quitting suddenly last week, has forfeited the right to work in the UK, it has emerged.

The Ukrainian dancer's work permit was conditional on his contract with the Royal Ballet and has been automatically rescinded on his decision to leave the company. A spokesperson for the Royal Ballet confirmed the news: "Having resigned, Sergei no longer has the right to work in the UK."

Polunin told the Royal Ballet's director Monica Mason of his plans to resign last Tuesday, as a result of which the company was legally obliged to inform the UK Border Agency. Mason described his announcement as "a huge shock".

While Polunin was granted special permission to dance at Sadler's Wells last weekend, when he appeared in Men in Motion by another former Royal Ballet principal Ivan Putrov, his scheduled performance at the English National Ballet's gala evening at the Coliseum next month will not take place without special dispensation. The company is working to resolve the issue and artistic director Wayne Eagling has spoken of offering the dancer, previously tipped as a successor to Rudolf Nureyev, a more permanent position with the English National Ballet.

(ガーディアンの記事の一部)

 イギリスに駐在されている皆さんには不思議ではないことだろうけど、滞在理由とスポンサーを失ったポルーニンの就労ヴィザがこれほどあっさり失効となることには、イギリスの現在の移民政策を知らないとかなり面食らうのではないだろうか。 
 ポルーニンがロイヤルに正式団員として入団したのは確か2007年だから永住ヴィザの申請には期間が足りない。おそらく、バレエ学校時代の年数は加算されないのだろう。このような事態になることまで考えて退団したとは思えない。早まったことをしてしまったのではとの印象が強まる一方で、ロイヤル側ももう少し人事面のコントロールをしっかりしないと。オキュペイショナル・セラピストがいるはずなのに、ダンサーの内面の問題まで目が行き届いていなかったのではと思わざるを得ない。結局、先週のサドラーズの公演が、イギリスでのポルーニンの踊りの当面の見納めになってしまったようだ。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1549.html


 閑話休題。前売りチケットがほぼ完売してしまったデイヴィッド・ホックニィの展覧会。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1546.html

 ロイヤル・アカデミィ側が時間延長などして追加発売になった模様。

More tickets to see Hockney blockbuster
http://www.thisislondon.co.uk/arts/article-24033201-more-tickets-to-see-hockney-blockbuster.do
(記事でホックニィの後ろに展示してあるのは、テイトに寄贈されたもので、今回の展覧会には出品されていない)

 好き嫌いはあるだろうけど、はまってしまった人は何度でも通いたい展覧会だろう。で、今週のニュース・ダイジェストがタイムリィな特集。

http://www.news-digest.co.uk/news/features.html

 2012年度中、イギリス滞在が確定しているのであれば、メンバーになる方がお得かもしれない。アカデミィのフレンズ専用のカフェって、結構居心地いいし。

Freezing and frozen UK, and Europe

2012.02.04
ヨーロッパ大陸ほど深刻ではないだろうと思うが、イギリスもかなり冷え込んでいる。

Big freeze Britain: Forecasters warn 15cm of snow on the way as icy weather settles in across country
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2096372/UK-weather-forecast-15cm-snow-way-Met-Office-issues-severe-weather-warning.html

article-2096372-1195B168000005DC-678_966x617.jpg
ドーセットのプールの港が凍るなんて、考えもしなかった。

article-2096372-1195E362000005DC-284_968x427.jpg
これは、イングランド北西部地域の一部、Pennines(発音は、ペナインズ)。夏はすばらしい風景が広がる地域らしくて一度は行ってみたいところ。

 暖かい屋内でこのような写真を見るだけならいいのだけど、ガス料金、電気料金が軒並み高騰し、暖房費を払えない貧困層、そして年金受給者が急増しているイギリスでは、この寒さは社会問題になりうる。

Icy weather warning issued to older people
http://www.guardian.co.uk/uk/2012/feb/03/icy-weather-warning-older-people

 どこのニュースでヘッドラインを見たかを思い出せないがヒースロー空港では、明日、2月5日の午前の発着便でいくつか既にキャンセルが出ているらしい。移動予定の人は、情報収集を怠らない方がいいだろう。

[追記]
午後7時15分過ぎ、何気に外を観たら雪が降っている。しかもすでにうっすら積もっている。このまま積もったら明朝のロンドンはどんな姿になっているのかな。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.