LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

2012年03月の記事一覧

戸川 純 誕生日ライヴ@新宿ロフト

2012.03.31
今回の一時帰国のメインのイヴェントのトップではないけど、心のそこから楽しみにしていたライヴ。

3/31(土)@新宿ロフト
『JUN TOGAWA BIRTHDAY LIVE 2012』
出演:戸川純(Vo)、 中原信雄(B) 、デニス・ガン(G)、ライオン・メリィ(Key) 、矢壁アツノブ(Dr)

 腰や膝の調子がよくなくて、最近のライヴでは座って歌うということはミクシィのコミュで知っていた。20世紀に観たライヴではパンキッシュな曲では戸川さん本人がかなり動いていたので、座って歌うことによる影響はあるのかと思っていた。あることはあったけど、歌いだせば、そこはあの世界。3曲以外の全て、自然に歌詞が口をついて出てきた。
 最後に観たヤプーズのライヴが20世紀だから僕が違和感をもつこともあるかなと思っていた。しゃべりがあそこまでグダグダになっていたのには驚いた。本人の体調もあって間が必要なのかもしれないけど。

 日本国内でのライヴのチケットは海外から予約することはものすごく難しいし、新宿の変わりようにちょっと道に迷ったが、なんとかロフトに到着。入り口で、戸川さんからのサプライズ・プレゼントということで「蛹化の女」のCDをもらう。チケットが450枚を超えた所で、来てくれたファンヘにプレゼントを、と戸川さんが決めたとのこと。

JunTogawa31Mar2012.jpg

会場に入ると、「戸川レジェンド」の3枚目がかかっていた。開演時間を20分過ぎて始まる。

1.諦念プシガンガ
2.肉屋のように
3.コレクター 
4.また恋しちゃったのよ 
5.金星 
6.赤い戦車
7.コンドルが飛んで来る
8.私の中の他人
9.Men's JUNAN
10.フリートーキング

休憩

11.玉姫様
12.神聖ムウ帝国亡国歌
13.NOT DEAD LUNA
14.ヒステリヤ
15.踊れない
16.シアー・ラバーズ   
17.シャルロット・セクサロイドの憂鬱
18.電車でGO
19.蛹化の女
20.バージンブルース
21.供述書によれば
22.レーダーマン
23.バーバラ・セクサロイド

アンコール

パンク蛹化の女

(ミクシィのコミュから拝借)

 戸川さんを聞き始めるきっかけになった「諦念プシガンガ」から始まったのはとても嬉しかった。いつも思うことだが、戸川さんのライヴに参加するミュージシャンのすばらしいこと。PINKに在籍していた矢壁さんのドラムを聞くのは本当に久しぶりだったけど、すごかった。
 どの曲も好きだけど、個人的に来ることが出来てよかったと思ったのは、5~9、13,14,20,21。ドラムとギターがうなる「バージンブルース」なんて、ここだけだろう。

 聞きたかった曲を挙げればきりがない。が、仮にまた機会があるのなら、「私は孤高で豪華」、「君の代」、「赤い花の満開の下」、「鉄の火」、「急告」、そして「ヤプーズのテーマ」。

 戸川さん、誕生日おめでとう。6月30日、仙台で多くの人に生きることのすばらしさを、戸川さんと戸川さんの歌は伝えることが出来ると信じています。

スポンサーサイト
Songs    Comment(2)   ↑Top

いとしのロベルタ

2012.03.25
01061443_4f0689ee4a96e.jpg

 今回の一時帰国中に読んでみたかった絵本。僕の中では傑作とはいかないけど、含蓄に富んだ男性のモノローグにうなずくことしきり。何より、「ロベルタって誰?」というこちらの大きな期待を紙一重でかわして、最後の頁には脱力ともつかない笑いがこぼれた。

Books    Comment(0)   ↑Top

エリザベス女王の決意

2012.03.20
今日、エリザベス女王によるダイアモンド・ジュビリィに向けてのスピーチがあった。日本語は共同通信社から既に流れているのでそちらを参考に。

英女王、在位60年で国会演説 「偉大な国と国民に尽くす
http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012032001001757.html

【ロンドン共同】英国のエリザベス女王(85)は20日、在位60年を記念する演説を国会議事堂で行い「気持ちを新たにして偉大な国と国民に尽くしたい」と決意を示した。欧米メディアによると、女王は1977年と2002年にも国会で同様の演説を行っている。

 女王は「困難から立ち直る力、独創性、忍耐強さ」を英国民の美徳として称賛。女王としての日々を過ごす中で「家族からの支援は計り知れない」と、夫のフィリップ殿下をはじめとする家族の長年の支えに対しても感謝の意を示した。今年は女王の在位60年を記念し、6月を中心に盛大な祝賀行事が予定されている。

2012/03/20 23:15 【共同通信】



article-2117487-124031A5000005DC-280_964x532.jpg

What a Bercow: David Cameron's wrath as House Speaker hijacks the Queen's Jubilee address to promote gay rights
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2117487/Diamond-Jubilee-The-Queen-addresses-Parliament-Westminster-Hall.html

article-2117487-12403184000005DC-100_964x525.jpg
帽子の飾りのデザインは、女王のお気に入りのように思う。

article-2117487-1240335E000005DC-77_964x521.jpg
 今日、会場でお披露目されたのが、ダイアモンド・ジュビリィを記念するために作られた新しいステンドグラス。

 デイリィ・メイルの記事を読めばわかるけど、キャメロンは下院議長の記念スピーチに腹を立てたらしい。腹を立てるの彼の勝手だけど、今回のような状況そこまで不快感をあらわにするとは、器が小さい。

初めての公式スピーチ:キャサリンさんの場合

2012.03.20
昨年の結婚式以来、一人で行動することはあっても(ルシアン・フロイト展の鑑賞など)、公式の場でのスピーチがまだだったキャサリンさんの初めての公式スピーチが、彼女がロイヤル・パトロンである子供たちのためのホスピスで披露された。

article-2117068-123C7903000005DC-826_964x586.jpg

Duchess of Cambridge recycles Reiss dress that her mother borrowed for first public address as patron of children's hospices charity
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2117068/Duchess-Cambridge-recycles-Reiss-dress-mother-Carole-Middleton-borrowed.html


 ちなみに、このドレスはキャサリンさんのお母さんがすでに着たものと同じデザインとのこと。キャサリンさん、正面からだとそれほど痩せているようには見えなかったけど、横からだと確かにやせて見える。

 スピーチの全文をデイリィ・メイルから拝借。

First of all, I'd like to say thank you. Thank you for not only accepting me as your Patron but thank you also for inviting me here today.

You have all made me feel so welcome and I feel hugely honoured to be here to see this wonderful centre.

I am only sorry that William can't be here today; he would love it here. A view of his - that I share - is that through teamwork, so much can be achieved.

What you have all achieved here is extraordinary.

You as a community have built the Treehouse; a group of people who have made every effort to support and help each other.

When I first visited the Hospice in Milton, I had a pre-conceived idea as to what to expect. Far from being a clinical, depressing place for sick children, it was a home. Most importantly, it was a family home, a happy place of stability, support and care. It was a place of fun.

Today I have seen again that the Treehouse is all about family and fun. For many, this is a home from home - a lifeline, enabling families to live as normally as possible, during a very precious period of time.

What you do is inspirational, it is a shining example of the support and the care that is delivered, not just here, but in the children's hospice movement at large, up and down the country.

The feelings you inspire - feelings of love and of hope - offer a chance to families to live a life they never thought could be possible.

So thank you again for inviting me here today. I feel enormously proud to be part of East Anglia's Children's Hospices and to see the wonderful life-changing work that you do. Thank you.


Children’s princess the Duchess of Cambridge brings laughter and joy to hospice
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/theroyalfamily/9154274/Childrens-princess-Kate-Middleton-brings-laughter-and-joy-to-hospice.html

Duchess of Cambridge makes first public speech at charity visit
http://www.bbc.co.uk/news/uk-17431040

Kate makes first speech as Duchess of Cambridge
http://www.youtube.com/watch?v=4cmyK805fUs


 昨年、二人がカナダへの公式訪問に行く前に、キャサリンさんがダッチェスになって初めての公式スピーチはいつ、どの行事になるのかが話題になった。新聞報道では、王室側が慎重にその機会を測っている一方で、キャサリンさんへの指導も十分にしていたらしい。今回のスピーチの前半部分に重なる、「チームワーク」があってこそという印象がある。

 雅子さんにもこんなPRチームがいればいいのだろうけど。


 閑話休題。今日のニュースの一つは、BBCのトップがこの秋で交代するというもの。候補者の中には女性が含まれている。ほかの西欧諸国と比較して、大企業のトップに女性が少なすぎると長年非難されてきたイギリスも、ようやく流れが変わってきたのかもしれない。

人生にマニュアルなんて要らない!:母の苦悩

2012.03.18
心理学協会の会員としてはいただけない発言だとは思うけど、育児書が如何に世の母親の皆さんを追い詰めているかという記事には、さもありなんとうなずくことしきり。

Baby experts' books leave mothers feeling confused and inadequate
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2012/mar/17/baby-experts-books-mothers-confused

Their names have not only appeared on millions of bookshelves but have also been imprinted on the minds of tens of thousands of parents. Generations have been raised according to their edicts.

But new research has lifted the lid on the last great parenting taboo – childcare manuals by authors from Dr Spock to Gina Ford have been setting the bar too high and, for 50 years, mothers have felt more powerless, not less, after reading their words of wisdom.

Work by the University of Warwick into 50 years of parenting self-help books has revealed how, despite their differences, they have always issued advice as orders and set unattainably high standards for new mothers.
ウォリック大学の調査結果では、それぞれの「育児書」に違いはあるものの、共通しているのはアドヴァイスがまるで「命令」のように表現されている点。

Angela Davis from Warwick's history department carried out 160 interviews with women of all ages and from all backgrounds to explore their experiences of motherhood. In Modern Motherhood: Women and Family in England, 1945-2000, she says every manual designed to offer support and advice to women has had the opposite effect, leaving them dispirited and feeling inadequate.
著名な心理学者や育児のプロ、さらには精神分析家(ボルビィやウィニコット)による「育児書」は、母親たちにアドヴァイスするように書かれているが、結果は全く逆で、母親たちは彼女たちが如何に適していないかと感じるようにしている。

Davis found that, although the advice from these experts changed over the decades, the thing that did not change was the way it was delivered. Whether they advocated baby being laid on her back, front, side or head, it was not so much the message as how it was delivered.

Whatever the advice, she said, it was given as an order, with a threat of dire consequences if mother, or indeed the child, failed to behave as expected.
アドヴァイスがどのようなものであろうと、もし母親、そして子供が「専門家」の期待に応えないと、まるで脅しのような命令として受け取れる。

"Despite all the differences in advice advocated by these childcare 'bibles' over the years, it is interesting that they all have striking similarities in terms of how the experts presented their advice," Davis said. "Whatever the message, the advice was given in the form of an order and the authors highlighted extreme consequences if mothers did not follow the methods of child-rearing that they advocated.

"Levels of behaviour these childcare manuals set for mothers and babies are often unattainably high, meaning women could be left feeling like failures when these targets were not achieved. So while women could find supportive messages, some also found the advice more troubling."
(専門書が要求する)レヴェルはとても高く、仮に母親がそれを達成できないと、あたかも自分は悪い母親と思い込まされてしまうだろう。

"More than 50 years on, and experts still cannot agree on the best way to approach motherhood, and all this conflicting advice just leaves women feeling confused and disillusioned."



 ボウルビィとウィニコットはサイコアナリティック・サイコダイナミックのテキストとしてはとても興味深いものだし、実際、僕にとっては目からうろこ的なことが沢山あって、勉強になった。しかしながら、彼らのセオリィの多くをそのまま育児書に使うのは、それは違うのではないかと考える。

 実際に子育てに取り組まれている皆さんには母になれない男性カウンセラーのたわごとと捕らえられるだろうけど、こんな強制的な育児書が出版されるずっと前から、人間は世界中で世代を重ねているのだから、育児書を参考にすることは有益だとは思うけど、それに縛られなければならないという義務はない、ということは考えてもいいのではないかと思う。

Each of us is different and unique, there are so many ways to raise your children and to feel happy.

 この記事を読むと、心理学調査の統計の数字が如何に無意味かがよく判ると思う。
Babies fed on demand 'do better at school'
http://www.guardian.co.uk/society/2012/mar/17/babies-fed-demand-better-school

もっと有給休暇を使おう!

2012.03.18
というニュースを、CNNで読んだ。

What country gets the most vacation?
http://business.blogs.cnn.com/2012/03/16/what-country-gets-the-most-vacation/

(CNN) – Earlier this week, voters in Switzerland went to the polls and said "no" to an additional two weeks vacation a year.

In a national referendum, 66.5% opposed the chance to put Switzerland in line with its neighbor Germany, where employees enjoy six-week paid vacation every year.

The Swiss apparently considered previous warnings of the government and business representatives who claimed that an additional fortnight of paid holidays increase labor costs and put their economy at risk.

The Swiss vote touches a topic that has long triggered debate: Does total vacation time enhance or hurt a country’s economic performance?

According to Bloomberg, countries with long vacations are not necessarily lacking strong economic performance. In a 2009 survey it revealed that although the U.S. was the world’s most competitive country, if you factor the GDP per hours worked each year some countries with higher vacation levels outperformed the U.S.

Based on data from the Organization of Economic Co-Operation and Development, Belgium and the Netherlands, with 30 and 28 vacation days per year, respectively, were 2% more productive in 2009 than the US. Luxemburg was 27% more efficient while mandating 32 days vacation per year.


Asia, however, is more vacation averse. According to the survey, Japan is the most vacation-deprived nation in the world, with respondents saying they receive 11 paid days each year but only use five of them. South Koreans take seven out of their 10 days.

Hard working employees can also be found in India, where five days from a total of 20 are not used, respondents said. “In India, vacations tend to be viewed as a guilty habit,” marketing head of Expedia India, Manmeet Ahluwalia, said in a press release. “As many as 54% Indians spend vacations usually secretly checking emails.”

Besides economic performance, vacation levels might have an impact on the employees’ temper. Top scorers in the recent Legatum Institute’s list of the world’s happiest countries have many things in common.

One of them, however, is a high number of vacation days.


 
 記事の表にある日本の平均有給休暇数はちょっと首を傾げてしまうが、いずれにしろ、日本人が休暇をとらないという現象は全く改善の方向には向かっていないようだ。
 記事が指摘しているように、休暇を確実に利用したほうが生産性も数字的には上がるようだ。それに、国民の幸福度とも関連があるようでもある。

 変わらないと。

 今週半ばからしばらくネットから離れる予定なので、しばらくの間、コメントは承認制にします。

カルチャラル・オリンピアード開幕まで100日

2012.03.13
日本でどの程度報道されているのか全くわからないが、イギリスは今年の夏、もう一つ大きなイヴェントがある。「カルチャラル・オリンピアード2012, http://www.london2012.com/cultural-olympiad」がそれ。開幕まで100日とのことで、今日のガーディアンに大きな記事が掲載された。

Cultural Olympiad 2012 reaches the critical masses
http://www.guardian.co.uk/culture/2012/mar/12/cultural-olympiad-2012-critical-masses

Cultural Olympiad
http://www.guardian.co.uk/culture/cultural-olympiad

 最近、英語ばかりで読む気力がなかなか湧かないとある友人に指摘されたが、日本語で長く書いている余裕がないので、日本語の情報は「英国ニュース・ダイジェスト」のこちらの特集を。

http://www.news-digest.co.uk/news/features/8442-festival-london2012-cultural-olympiad.html

 僕が個人的に興味があり、すでにチケットを購入してあるのは、サドラーズとバービカンで上演されるヴッパタールの公演。これを予約したのは2011年の5月。

 実は、ガーディアンが取り上げているルース・マッケンジィ女史へのインタヴューを申し込んだ。彼女とはホックニィやフロイトのプレス・ヴューのときに直接話してみてとてもプロフェッショナル。彼女曰く、海外の報道機関からの取材はウェルカムとのことなのだが、窓口になっているPR会社とのコミュニケイションが難しくて、すでにギヴ・アップ。でも、おそらくすでに日本のほかの大きなメディアが動いているだろうと思う。一つ女史に質問したかったのは、「このノウハウを、他の国の大きな文化イヴェントに売るつもりはありますか?」、という点。これだけ大きな総合的な文化プロジェクトを運営するのは、一から始めるのは大変だろう。素人からすると、今回蓄積した経験を売ることは可能なのではと考える。

世界の話題、3月13日:インド料理レストランの苦労

2012.03.13
*著作権は、日本経済新聞社に帰属します。

日経夕刊3月


イングランドの水不足、より深刻に

2012.03.13
今年は暖冬の上に、雨がほとんど降らないイングランド。年明け位から水不足を懸念する新聞報道がかなり増えてきていた。昨日、とうとう、このまま雨が降らない天候が続いた場合、イングランド南部から中部にかけての広域にわたって水の利用を制限する事になるだろうとのニューすがが流れた。

Hosepipe ban to be imposed in drought-hit parts of UK
http://www.bbc.co.uk/news/uk-17340844

Water companies across southern and eastern England are to introduce hosepipe bans amid drought conditions.

Seven firms say they will impose water restrictions after two unusually dry winters left reservoirs, aquifers and rivers below normal levels.

Southern Water, South East Water, Thames Water, Anglian Water, Sutton and East Surrey, Veolia Central and Veolia South East are to enforce restrictions.

All seven companies said they will impose bans from 5 April.

The drought-affected areas are the south-east of England and East Anglia.

But the Environment Agency (EA) warns in a new report that the drought could spread as far north as East Yorkshire and as far west as the Hampshire-Wiltshire border, if the dry weather continues this spring.

The EA warns that drought conditions are expected to spread across more of England in coming weeks, unless strong rains arrive.

It will also warn of effects on agriculture that could raise prices of potatoes and other vegetables.


 別のニュースでは、既に野菜と果物の値段がこの水不足の影響でかなり上がってきているそう。

It says plans are in place to ensure that the Olympic Games will not be adversely affected, by using water from "sustainable supplies".

"The Olympic Park and other Olympic venues have a high level of resilience to meet their needs even during a drought," says the Agency.

It also added: "The Queen's Diamond Jubilee pageant at the beginning of June will not be affected by the drought."

A ban on hosepipes means they cannot be used on gardens, plants, cars or boats for "recreational use"; to fill or maintain ponds, pools or fountains; and to clean paths, walls, windows or other artificial outdoor surfaces.

People in breach of these terms risk being prosecuted and fined up to £1,000. Watering cans and buckets are still allowed.


 雨不足が深刻なのは、イングランド南部とイースト・アングリア地域。でも、このままではヨーク周辺も雨不足の影響を受ける事になるとの予想。逆に、スコットランドはもういいってくらい降っているようだ。この国は、天気に関しては本当に誰も何も正確に予想できないとつくづく思う。

女のいない男だけの世界(もしくは、道化師のソネット)

2012.03.12
タイトルは、ヘミングウェイの短篇集「men without women」の昔の翻訳タイトルから。今は、「男の世界」という邦訳になっている。

 先週のガーディアンに掲載されていた写真。撮影された場所はおそらくシリアスなところだろうと推測する。僕には、この道化師の衣装を着た子供の姿が、希望に、そして社会のバランスをとっている存在に思える。



http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1575.html

ロンドン交通局はオプティミスト

2012.03.10
友人から、ロンドン交通局のサイトでオリンピック期間中のロンドンの交通網の混雑状況の予測や、いかに混雑を回避できるかを力説する公式文章があると教えてもらった。

http://www.tfl.gov.uk/gettingaround/london2012/21677.aspx

http://www.tfl.gov.uk/assets/downloads/2012-games-hotspots.pdf
 クリックすると、PDFファイルで開く。とても長いが、チャートやグラフをふんだんに使ってあるのでけっこう簡単に読み進める。

 このファイルの画像を見てすっかり盲点となっていたことに気づいた。オリンピックの開会式前からロンドンが混乱の渦に巻き込まれるという事実。それは聖火リレィ。

2DaysBefore.jpg
 25日はまだいいとして、


 オリンピック観戦で、ロンドンに7月26日に到着する人は、渋滞に巻き込まれることは当たり前のこととしてきたほうが良いかもしれない。

Day1.jpg
 自転車競技がある28日なんて、ロンドン南西部からはロンドンへ入ることも、ロンドンから出ることも厳しい感じ。

 ロンドン交通局がオプティミストだと思う一例が、以下の図。地下鉄の利用者に不要な利用は瀬避けることを徹底することで混乱を分散・減少できると思っているようだ。例は、バンク駅。

Bank Tube station waiting times if no change in behaviour
Bank1.jpg

Bank Tube station waiting times, after initial change in behaviour
Bank2.jpg
 何を根拠にこの図を導き出せたのだろうか。

http://www.tfl.gov.uk/assets/downloads/Olympics_download_optimised.pdf

 これらの情報を読んでいると、大都市圏でのオリンピック開催は、現実的ではないとの思いが強まるばかり。

ファシズムの台頭

2012.03.09
維新の会、遺産全額徴収も検討 「国家元首は天皇」明記
http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012030901002327.html

橋下徹大阪市長率いる大阪維新の会が事実上の次期衆院選公約「維新八策」で掲げる相続税強化策に関し、不動産を含む遺産の全額徴収を検討していることが9日分かった。資産を残さない「一生涯使い切り型人生モデル」を提唱、消費を促す税制に転換し、経済活性化を図る狙い。ただ内部に異論もあり、協議を継続する考えだ。

 国家元首は天皇と明示することも判明。同会は10日、大阪市で開く全体会議で協議した上で、八策の概要を公表する方針だ。現段階で数値目標はほとんど打ち出していないほか、実現可能性が疑われる項目もあり、24日開講の政治塾でも精査を続ける。



 日本にいる選挙権を持つ人々がどう感じているのか全くわからない。でも、これが素晴らしいと思う人の数がマジョリティなら、日本はすでに民主主義社会ではない。

 あれほど国民を犠牲にした戦争から、日本の政治家は何一つ学んでいない。いや、学ぶ意思はないのだろう。

 人生の先達が教示してくれたことは、今の日本の世相が、ヒットラー台頭を導いた既存の政治家への不信感にあふれたヴァイマル共和国のそれに似ているのではないか、と。

ルシアン・フロイト展、追加チケット発売

2012.03.09
まさか、ルシアン・フロイト展までチケットが売れ切れに近い状態になるとは。ということで、会場時間を延長するとこで、追加チケットを販売することにしたとのこと。

7,000 EXTRA TICKETS ON SALE TODAY FOR

LUCIAN FREUD PORTRAITS AS NATIONAL PORTRAIT GALLERY EXTENDS LATE NIGHT OPENINGS

Supported by Bank of America Merrill Lynch

Spring Season 2012 Sponsor Herbert Smith

Due to public demand the National Portrait Gallery today (Thursday 8 March 2012) releases 7,000 extra tickets for Lucian Freud Portraits through extended opening hours. The exhibition will now open until 9pm every Saturday from 24 March until 26 May 2012, in addition to its late-night openings on Thursdays and Fridays.

The extra tickets go on sale today only (via Ticketmaster) at www.npg.org.uk/freud or by phone (0844 248 5033).

Since it opened on Thursday 9 February 2012 Lucian Freud Portraits has been one of the Gallery’s most popular exhibitions attracting over 50,000 visitors. As well as the newly-released allocation, tickets are still available for a number of timed entry slots (also on the Gallery’s website or by phone) for dates in April and May.

Advance tickets for admission throughout the run are also available in person from the Ticket Desk in the Gallery and at least 500 are available every day for on-the-day admission to walk-in visitors.

To avoid queuing, for just £45 visitors can become a Gallery Member which gives them free, immediate access to the exhibition and other benefits including free admission to all Gallery exhibitions for one year. (Visitors can also become Members online, with their confirmation email entitling them to free entry to Lucian Freud Portraits when presented at the Membership Desk).

The Gallery recommends that visitors arrive early to avoid disappointment and strongly advises against buying tickets from unauthorised ticket sellers.

Denise Vogelsang, Head of Marketing at the National Portrait Gallery, London, says: ‘We are delighted that Lucian Freud Portraits has been so popular with our visitors and that we are now able to release thousands of extra tickets for people to buy in advance by phone or online through our website.’


 おそらく5月はまだ残っているであろうと勝手に想像している。でも、観たいと考えている方は、早めに購入したほうが良いだろう。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1558.html



ハリーinジャマイカ

2012.03.08
今日から、エリザベス女王のダイアモンド・ジュビリィを記念しての、英国内ツアーが始まった。それに先んじて、ハリー君は女王の名代としてカリビアンへ。

Harry.jpg
グリコのデザインになれるな。

On your marks, get set, go! Prince Harry takes on sprint king Bolt in Jamaica
http://www.dailymail.co.uk/sport/olympics/article-2111031/Prince-Harry-races-Usain-Bolt-Jamaica-Prince-takes-sprint-king.html

Prince-Harry-and-Usain-Bo-016.jpg

Prince Harry races Usain Bolt – in pictures
http://www.guardian.co.uk/uk/gallery/2012/mar/06/prince-harry-usain-bolt-in-pictures

Prince Harry pays tribute to the Queen in Jamaica
http://www.bbc.co.uk/news/uk-17281585
 これは、女王をたたえるスピーチ。
 
Prince scales down Jamaica visit as a mark of respect to soldier deaths
http://www.bbc.co.uk/news/uk-17293866
 昨日、アフガニスタンで、6人のイギリス人兵士が爆発に巻き込まれて殺された。

 
 今日、3月8日から五ヶ月にわたる英国内ツアーをレスターから始めた女王夫妻。参加したのはキャサリンさん。ウィリアム君はフォークランドでアルゼンチンを牽制中。

Diamond Jubilee: The Queen's tour of the UK mapped
http://www.bbc.co.uk/news/uk-17299776


article-2112023-12149F9B000005DC-288_964x582.jpg
キャサリンさん、スカートが短すぎない?!

article-2112023-1214E5C8000005DC-432_470x711.jpg
 女王の帽子、見ようによってはかなりアヴァン・ギャルド。こんなデザインでハンチングが欲しい。


The Queen's Jubilee Itinerary

8 March, Leicester

23 March, City Day
Manchester and Salford

29 March, North London
Redbridge, Walthamstow, Harrow

26/27 April, Wales
Cardiff, Margam, Merthyr Tydfil, Aberfan, Ebbw Vale, Glanusk Park

1/2 May, South West England
Sherborne, Salisbury, Crewkerne, Yeovil, Exeter

15 May, South London
Bromley, Merton, Richmond

16/17 May, North West England
Burnley, Accrington, Warrington, Chester, Liverpool

13/14 June, East Midlands
Nottingham, Burghley, Cordy, Stevenage, Hatfield

25 June, South East England
Henley-on-Thames

2/6 June, Scotland (Holyrood Week)
Edinburgh, Glasgow, Dunbartonshire, Renfrewshire, Perth

11/12 July, West Midlands
Hereford, Worcester, Birmingham, Shropshire

18/19 July, North East England
Sunderland, South Tyneside, North Tyneside, Gateshead, Durham City, Stockton-on-Tees, Leeds

25 July, South East England
Cowes, Isle of Wight, New Forest, Hampshire


 いくら自分のためとはいえ、すごいスケジュール。

Style on the Royal express: Duchess of Cambridge and the Queen board train on first day of Diamond Jubilee tour
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2112023/Duchess-Cambridge-Kate-Middleton-Queen-board-train-1st-day-Diamond-Jubilee-tour.html

ダイアモンド・ジュビリィの準備、着々と

2012.03.06
個人的には、2012年最大の行事祝日、6月3日のエリザベス女王のダイアモンド・ジュビリィ。久しぶりにウェブをのぞいたら、ずいぶんと情報が拡充している。

http://www.thamesdiamondjubileepageant.org/Default.aspx

New Image

 今日、BBCのニュースを読んでいたら、以下の記事を見つけた。6月3日がちょうど高潮と重なるようで、テムズ・バリアが閉じられるというもの。これにより、女王の即位60年を記念して開催されるテムズ・ペイジェントの際、天気がよければという大前提があるけど、潮流によってテムズが荒れる事はないようだ。

Thames Barrier test closure to be on Jubilee pageant day
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-17266139

The annual Thames Barrier test closure will coincide with the Thames Diamond Jubilee Pageant.

It will close on Sunday 3 June when the river will be shut to normal navigation to allow a flotilla of 1,000 vessels to travel along in celebration of the Queen's 60-year reign.

The flood barrier closes each month for checks to ensure it is working properly but once a year a full test closure is performed over a high tide.

It will close at 09:30 BST until 23:30.

Andy Batchelor, flood risk manager at the Thames Barrier, said: "The Thames Barrier, and its associated defences, form one of the best tidal flood defences in the world and the pageant gives us a unique opportunity to test its design for a longer period than we would normally be able to.

"We will be able to maintain a higher water level upstream than downstream, giving us a chance to test how the barrier performs under these conditions."

Mr Batchelor said holding the test closure on 3 June will also ensure more stable tidal conditions on the river in central London, which will help the vessels taking part in the Jubilee flotilla.

 テムズ・バリアを観に行ったのも既に数年前だし、オリンピックの準備が進んでいろいろと変わっているかもしれないけど。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-539.html

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157601884478424/

 ペイジェントのルートは以下の通り。



 ウェブに掲載されていた公認ポート会社によるペイジェント・ツアーはことごとく完売している。検索していたら、マンダリン・オリエンタル・ハイド・パーク・ホテルがジュビリィ・ウィークエンドのパッケイジを出している。すごい値段。1994年、初めてのイギリスでこのホテル(当時はForte Hotelの所有)に5泊したことは、すでにはるかかなたの思い出。

http://www.mandarinoriental.com/london/tempting_offers/

In celebration of 60 years of HM Queen Elizabeth II’s reign, we invite guests to commemorate this special event with a unique four day Diamond Jubilee Tour. Guests enjoy prime positioning on HMS Belfast to view the Diamond Jubilee River Pageant and on Carlton Terrace to watch the royal procession to and from Buckingham Palace.

Details:
Daily Breakfast overlooking Hyde Park or in the comfort of your room

Welcome reception and dinner on 2 June 2012

The Diamond Jubilee River Pageant on 3 June 2012

Visit to Penshurst Place on 4 June 2012

Lunch with Randolph and Catherine Churchill 4 June 2012

The Royal Procession 5 June 2012

Minimum four-night stay


 テレヴィで見ることになるだろうけど、仮にどこかの橋まで行くとしたら、どこがいいだろう?ヴォクソールかチェルシィかな。ミレニアム・ブリッジの表示がないのは、もしかして閉鎖だろうか。

ロンドン道路工事(地域限定)と、地下鉄で働く人たち(BBC)

2012.03.04
オリンピックの準備や、クロスレイルのための駅拡張工事が重なってロンドンの交通網、特に道路事情の悪さを散々愚痴ってきた。デジカメを使い始めたので練習も兼ねて、いくつか道路工事現場の写真を集めてみた。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157629137874338/

 オックスフォード・ストリート、ボンド・ストリート駅周辺の工事は、主にクロスレイル開通のための拡張工事。これでも始まった当初と比べるとましになってきているのだけど、バスの迂回路設定が利用者の想像をはるかに超える複雑さ。オックスフォード・ストリートを走るバスは、今はまだ、なるべくなら避けたほうがいいと思う。
 同じくクロスレイルの駅になるリヴァプール・ストリート駅、トッテナムコート・ロード駅は僕自身のテリトリィではないのでどのような状況なのかは判らない。パディントン駅は、http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1559.html

 今のロンドンは、おそらく、中心地だけでなくゾーン3より先の地域でもどこでどんな理由で道路工事が行われているかは、「神のみぞ知る」状態。でも、時間があればバスでいろいろな地域を観て回るのはけっこう楽しいもの。先日、所要で数年ぶりにウォルサムストウ・セントラルへ行った。
 戻るとき、時間があり、もしゾーン1に行くバスがあればと観て回ったら、ロンドン・ブリッジに行くルートがあったので乗ってみた。見る景色全てが、「ここはどこ?」。どこだかわからないけど、一直線の道路に入ったところでやっと馴染みのある55番と56番のバスが合流した。ついでだからバービカンへと思い、56番に。停留所の案内では、ロンドン・オリンピックとパラリンピックのメイン会場に近いLea Valleyの周辺を走っていた模様。バスがLea Valley Roundabout停留所に近づくと道路を歩いている人の9割以上がイスラムの男性になった。ランドアバウトのそばに建つのは、おそらく神学校だろうか。初めて見る、まだ知らないロンドン。

 閑話休題。友人宅でBBCによる「TUBE」というロンドン地下鉄がどのように運営されているかを追ったドキュメンタリィ番組を見た。とても面白かった。改めてだけど、ロンドン地下鉄の古さ、それを問題なく運営させるためにどれだけの人々が働いているかが判った。ロンドン地下鉄網の複雑さに翻弄される観光客の愚痴は一理ある。

「南北に走っているのに、どうしてノーザン・ラインという名前なんだ!」。

 週末の限られた時間内で線路を取り替えるエンジニアたち、泥酔した利用客から罵声を浴びせられても冷静に利用客を誘導しようとする駅員の皆さんの姿を見ていると、ロンドン地下鉄の問題は経営側と労働組合幹部にのみあるような気がしてきた。
 BBCの番組を見るためにはiPlayerが必要なようですが、イギリス国外で観られるかどうかは僕にはわかりません。が、一見の価値はある番組。番組内でも強調されていたけど、ロンドンに来られる皆さん、プランB、プランCまで用意してからロンドンに飛び出したほうがいいでしょう。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1329.html

日本人だけじゃない、イギリス人も算数が苦手

2012.03.02
今日のニュースで、イギリス人の算数・数学の知識・能力が低いというニュースが社会面をにぎわせた。

Poor numeracy 'blights the economy and ruins lives'
http://www.bbc.co.uk/news/education-17224600

 元になった調査結果のプレス・リリース。

17M ADULTS HAVE POOR NUMERACY SKILLS
http://www.nationalnumeracy.org.uk/news/9/index.htmlindex.html

BBCのニュースからいくつか引用。

Government figures show almost half the working population of England have only primary school maths skills.

"It is simply inexcusable for anyone to say: 'I can't do maths.' It is a peculiarly British disease which we aim to eradicate.

"It doesn't happen in other parts of the world. With encouragement and good teaching, everyone can improve their numeracy."


 心配しないように。日本も似たような状況らしい。かくいう自分、この状況を嘆く立場ではない。

実体験で語る 数学は必要か?
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/0224.html

 再び、BBCから。

Many people could not get jobs because they struggled to read graphs and interpret documents, while plumbers unable to do the calculations required to install an energy-efficient boiler might lose income, he suggested.

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1494.html

 数学が天敵だった僕にとって、教師を責めるのは簡単。でも、今になって思う。微分・積分なんてできなくても仕方ないけど、数学的思考回路は鍛えておきたかった、と。文系向けの数学の本を読むのは、新しい発見があるのでとても楽しいけど、書いてある事はさっぱりわからない事の方が多い。

 BBCのニュースを読んでいると、イギリスの状況の方が深刻な印象を持つが、昨日は、逆にIT関連で面白い記事を読んだ。

Demand for Raspberry Pi, the British £22 computer, crashes website
http://www.guardian.co.uk/technology/2012/feb/29/raspberry-pi-computer-sale-british

 「ラズベリィ・パイ」(ふざけた名前だ、イギリス人のネイミングのセンスはわからない)という、子供たちがコンピューター・ソフト等のプログラミングを積極的にできるガジェットが、馬鹿売れしているとの事。

The Raspberry Pi: reviving the lost art of children's computer programming
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2012/feb/29/rasperry-pi-childrens-programming

 ウェブの創始者がイギリス人というのは未だに信じられないけど、著名な数学者を輩出しているイギリスとしては、理数系教育がおろそかになるのは社会の危機としてとられられているのだろう。

Three Queens enjoyed the tea party at F&M

2012.03.02
Royal tea party: Girls’ day out for Kate, the Queen and Duchess of Cornwall on official visit to Fortnum & Mason
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2108587/Kate-Middleton-Queen-Duchess-Cornwall-official-visit-Fortnum--Mason.html


article-2108587-11FC4FC1000005DC-27_964x866.jpg
ボリス、邪魔。ロンドン市長選は5月。キャサリンさんのドレスはクロエとのこと。

article-2108587-11FC223E000005DC-435_964x629.jpg

The-Queen-unveils-a-plaqu-024.jpg

article-2108587-11FCB10F000005DC-924_964x691.jpg

article-2108587-11FC8B86000005DC-373_964x609.jpg

article-2108587-11FBEE5A000005DC-467_964x696.jpg
フォワ・グラが食べたかったら、これからは、大陸に行かなければならなくなるだろう。

I wish the women of the three generation from Japan had been with the three queens of the UK at F&M.

Royal trio visit Fortnum & Mason - in pictures
http://www.guardian.co.uk/uk/gallery/2012/mar/01/royal-trio-fortnum-mason-in-pictures

君は、トム・トム・クラブを知っているか?

2012.03.01
今朝、ガーディアンのレヴュー欄を開いて大いに後悔した事。サウス・バンクでのランディ・ニューマンのコンサートをすっかり忘れていた。絶対に行こうと思っていたのに。忙しくてすっかり忘れてしまっていた。

 そんな日の午後、ふと、耳がキャッチした、懐かしくも心躍る無国籍リズム。トム・トム・クラブの「Wordy Rappinghood(邦題は、「おしゃべり魔女」)。

tom tom club

 帰宅してウィキで調べたら、まだ現役で活動している。それにしても懐かしい。まだ、アメリカ音楽を追いかけていた頃、アメリカ音楽に夢を抱いていたころのことをほんの少し思い出した。

 「おしゃべり魔女」を未聴の方。楽しいですよ。ぜひ、ネットで探してみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=X0Fs8IFTFDE
 
 2009年のサマソニでの映像。これが全米で1位にでもなっていたら、世界は違っていたかな、と。

Songs    Comment(2)   ↑Top

Davy Jones of the Monkees dies, aged 66

2012.03.01
モンキーズのデイヴィ・ジョーンズが66歳で亡くなったとのニュースは、イギリスでは一面トップ。グループ内でただ一人のイギリス人ということもあるのだろう。

Davy+Jones+of+The+Monkees+poses+during+portrait+session+to+announce+the+bands+45th+anniversary+tour,+February+2011

Davy Jones of the Monkees dies, aged 66
http://www.guardian.co.uk/music/2012/feb/29/davy-jones-monkees-dies-66

Davy Jones, the frontman of the 60s pop group the Monkees and singer of classics such as Daydream Believer, has died in Florida of a heart attack. He was 66.

The medical examiner's office for Martin County said: "[We] have been informed of the death of Mr Davy Jones. The medical examiner's office will take jurisdiction and a possible autopsy will be performed and evaluation of the circumstances of death and medical information."

Jones was born in Manchester in 1945, and was a child actor, appearing in Coronation Street and Z Cars in 1961 and 1962. He found fame, though, after moving to Los Angeles and being cast as the lead singer in The Monkees, for a TV series about a fictional pop group that was put together by Bob Rafelson and Bert Schneider, who later became key figures in the "New Hollywood" movement of the 1970s.

The Monkees aired for 58 episodes from 1966 to 1968. At first, their music was written and recorded for them, the four members of the Monkees adding only their own voices. Gradually, however, the group asserted their own personalities. Though their 1966 debut album contained none of their own compostions, they were able to steer their music away from the bubblegum pop of the TV series towards the self-mocking psychedelia of thier sixth album, Head, the soundtrack to their 1968 movie.

Head proved to be the demise of the Monkees as a commercial force. The film was scripted by Rafelson and Jack Nicholson, and deliberately undercut the Monkees' wholesome image. In it, the group sang: "Hey, hey, we are the Monkees/ You know we love to please/ A manufactured image/ With no philosophies." It also featured, however, a recording of Carole King's The Porpoise Song, which came to be regarded as one of pop psychedelia's crowning moments. The film was a massive commercial flop, though it has since become a cult favourite. Nevertheless, Jones remained unhappy about the film. "They were throwing us to the 'gators at that point," he told the Guardian last year, speaking of Rafelson and Nicholson.

Although the group fell apart over the next two years, they secured an afterlife thanks to the widespread syndication of the original TV series, and engaged in periodic reunions. Even last May, they were still able to mobilise sufficient fans to play at the Royal Albert Hall. They came to be regarded with widespread affection

The Monkees proved to be the highpoint of Jones's career. Though he acted intermittently on TV in the subsequent years, he never again had a significant role, and could not carve himself out a solo musical career.


Davy Jones – a life in pictures
http://www.guardian.co.uk/music/gallery/2012/mar/01/davy-jones-life-pictures

Davy Jones obituary
http://www.guardian.co.uk/music/2012/feb/29/davy-jones
Songs    Comment(0)   ↑Top
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.