LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

2012年05月の記事一覧

2012.05.29 オリンピックを舞台にしたオペラ・アリアのパスティーシュ
2012.05.28 ヨナス・カウフマン、「トロイア人」出演をキャンセル
2012.05.27 ケンジントン・チェルシィ区が信用組合を設立
2012.05.27 イースト・ロンドンが面白い
2012.05.24 エセルとアーネスト:普通の夫婦が歩んだ40年
2012.05.24 絵は空腹の足しにはならない:ナショナル・ギャラリィへの批判
2012.05.24 コリオレイナスby地点@グローブ劇場
2012.05.22 コミュニティ、ヒューマニティ2:イングランドの老人
2012.05.22 コミュニティ、ヒューマニティ1:ノルウェイの若者
2012.05.20 ソフィア女王の苦悩
2012.05.19 ダイアモンド・ジュビリィ、一押しの雑誌
2012.05.16 不況下で病気欠勤が減っているイギリス
2012.05.15 不思議のイングランド:市長は選挙で選ばれない
2012.05.14 ルシアン・フロイト展
2012.05.13 ロンドンで暮らすには、週70時間の労働が必須
2012.05.12 劇場・美術館でのマナーはどこまで許容範囲か?
2012.05.12 パンク歌手の決断と寄せられた言葉:トランス・ジェンダー
2012.05.10 チャールズとカミラ夫人、お天気キャスターに
2012.05.10 グレイト・ブリテン・ファッションの切手、発売
2012.05.08 ジョン・アーヴィング/ ノーム・チョムスキィ
2012.05.07 遠野まごころネット参加の記録
2012.05.07 ロンドン2012フェスティヴァルももうすぐ
2012.05.07 真珠の女王、王様の集まり
2012.05.06 カティ・サーク、復活
2012.05.05 鵞鳥の卵2
2012.05.05 移民政策以前の問題:移民局のシステム障害
2012.05.04 アダム・ヤウチ、逝去
2012.05.03 インターネットは忘れさせてくれない
2012.05.02 5月10日に、国境係員のストが予定されています
2012.05.01 ターナー・プライズの候補者、発表

オリンピックを舞台にしたオペラ・アリアのパスティーシュ

2012.05.29
昨晩、サウスバンク・センターにあるクイーン・エリザベス・ホールでMetastasioという人による「オリンピアード」という台本にヴィヴァルディをはじめとする16人の作曲家がそれぞれ作曲した同じ題名のオペラから有名なアリアを集めて台本を通すという趣旨のコンサートに行ってきました。

The Olympics in Opera, Venice Baroque Orchestra

Metastasio: L'Olimpiade presented as a pasticcio with music by Caldara, Vivaldi, Pergolesi, Leo, Galuppi, Perez, Hasse, Traetta, Jommelli, Piccinni, Gassman, Myslivecek, Cherubini, Cimarosa & Paisiello


Venice Baroque Orchestra
Andrea Marcon: conductor
Romina Basso: mezzo-soprano
Delphine Galou: mezzo-soprano
Ruth Rosique: soprano
Luanda Siqueira: soprano
Jeremy Ovenden: tenor
Nicholas Spanos: countertenor

This performance of the complete opera L'Olimpiade in concert features arias by Caldara, Vivaldi, Pergolesi, Leo, Galuppi, Perez, Hasse, Traetta, Jommelli, Piccinni, Gassman, Myslivecek, Cherubini, Cimarosa and Paisiello.

Soon after 1733, when the great Roman poet Pietro Metastasio witnessed the premiere of his libretto L'Olimpiade, a procession of more than 50 composers began to set to music this tale of friendship, loyalty and passion. In the course of the 18th century, theatres across Europe commissioned operas from the Olympian composers of the day, and performances were acclaimed in the royal courts and public opera houses from Rome to Moscow, London and Prague.


 2週間くらい前のテレグラフでCDのレヴューを読み、先週のタイム・アウト誌でこのコンサートを見つけました。当初はコロラチューラ合戦のようなものを期待していたのですが、超絶技巧を誇るだけのものではありませんでした。
 バロック音楽は好きですが、ヴィヴァルディとカルダラ以外はすべて初めて聞く名前の作曲家ばかり。どんなものになるのかの不安を抱きつつ臨んだのですが、とても面白かったです。16人の作曲家のそれぞれのオペラからパートをつなぎ合わせてあるので、統一感はどうなるのかと思ったのですが、通常、バロック・オペラだと必ずあるレチタティーヴォのパートがいっさい無かったことをのぞけば臨場感あふれるアリアが次から次へと繰り出され飽きることの無いコンサートでした。

 未知のオペラだったのでプログラムを購入してあらすじを読みました。呆れました。オリンピックを舞台にしたもとは単純な友情、裏切り、横恋慕の話をよくもここまで複雑怪奇、がんじがらめにできたものだと感心するほど。翻訳しようかと思ったのですが、それだけで2日くらいかかってしまいそうです。

 歌手の皆さんは、粒ぞろいと言えば粒ぞろいなのですが、声にカリスマを感じられる人は二人だけでした。物語では「ズボン役」を演じたロミーナ・バッソはちょっと見怖いのですが、恋と友情に揺れる役を大熱演。低いレンジのコロラチューラをあれほど転がす歌唱を聴いたのは初めてです。アテネを嫌うどこかの王様の娘で、オリンピック競技の賞品にされてしまう女性の役を演じたルース・ロジークは声量も声のクリアさも大きなオペラハウスでも映えるだろうレヴェルだったと思います。

 滅多に観られるものではない演目がきたのも、CDの発売とオリンピックが重なったからでしょう。ロイヤル・オペラのコーラス監督が観に来ていたのは、彼がイタリア出身だからかな。客席は8割くらいの入りでしたが、最後の6重唱が終わって数秒の余韻の後は、万雷の拍手。大陸と違って、イギリスではあまりバロック・オペラを生で聴く機会が無いので、ファンにとってはまたとない貴重な夜だったと思います。

 余談。観たことありませんが、「いちご白書」という映画があります。その中で「サークル・ゲイム」を歌っているバフィ・セント=メアリィが8月7日にロンドンで歌います。メルトダウン・フェスティヴァルの一環で、ロンドンって何でもありだなとしみじみ思える人選。オリンピック期間中は余計な外出は避けようと思っていたのですが、おそらくこれが最初で最後の機会であろうということで、行くことにしました。どんな内容になるのだか、不安でもあり楽しみでもあり。

スポンサーサイト

ヨナス・カウフマン、「トロイア人」出演をキャンセル

2012.05.28
体調が悪いことすら知らなかった。

Jonas Kaufmann withdraws from Les Troyens
http://www.roh.org.uk/news/jonas-kaufmann-withdraws-from-les-troyens

It is with deep regret that The Royal Opera announces that Jonas Kaufmann has to withdraw from singing the role of Enée in the new production of Berlioz’ Les Troyens.

Jonas Kaufmann has been indisposed since late April with a protracted infection and has had to cancel performances at The Metropolitan Opera, New York as well as concerts in Europe.

Kasper Holten, Director of Opera said: “Both we and Jonas were intensely hoping he would be getting better and would be able to join the production. However, after new consultations with his doctor, it is clear that he still needs some further weeks of pause in order to fully recover and that he will not be ready in time to join the production.“

Jonas Kaufmann added: “I am deeply sorry for the inconvenience and disappointment caused to my audience, and to The Royal Opera House. I hope my decision will be respected as an act of responsibility towards myself and the audience. I am particularly sad to not be able to participate in the new production of Les Troyens, a project I have been looking forward to for many years”.

Kasper Holten continued, “It is never easy for a singer to make the difficult decision to cancel. However, sometimes it is inevitable. The Royal Opera is doing everything we can to avoid cast changes, and we are terribly sorry to disappoint our loyal audiences, who have experienced a number of very unfortunate high profile cast changes this season.

“Knowing that Jonas Kaufmann has been ill since late April, The Royal Opera has recently secured Bryan Hymel who had already joined rehearsals last week, he will now take over the performances at Covent Garden. Bryan has sung the role of Enée at De Nederlandse Opera in Amsterdam recently, and he appeared as the Prince in Rusalka at Covent Garden earlier this season. We are grateful to Bryan for stepping in, and we are very happy that such a gifted artist has been free to undertake this demanding task with such short notice.”

All ticket holders will be contacted early next week about the cast change.


 オペラ歌手も人間だから仕方ないけど、やはり残念。カウフマン、最近かなり多忙なようだったから、ここで2年くらいのんびりしてもいいのではないか。

ケンジントン・チェルシィ区が信用組合を設立

2012.05.27
昨年、結局どこにも出せなかった原稿で、クレジット・カードの多重債務のことを書きました。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1359.html

 そのときに、イギリスにはどのような金融機関があるのかをさっくりネットで調べたときに Credit Union という形態の機関があることを知りました。日本語に直訳すると、「信用組合」です。

http://www.findyourcreditunion.co.uk/about

 ざっと情報を読んで判ったように感じたのは、大手金融機関からは相手にしてもらえない「クレジット・レイティング」の低い人向けの金融機関と思いました。で、そんなクレディット・ユニオンを、イギリス国内で最も裕福なケンジントン・アンド・チェルシィ区が設立するというニュースがありました。

Credit union aims to helps Kensington and Chelsea's poorer residents
http://www.guardian.co.uk/money/2012/may/26/credit-union-kensington-chelsea-poorer-residents

Credit union with a social twist will give residents who are not tycoons or celebrities access to affordable financial services

It has been dubbed "the richest borough in Europe", is home to an assortment of celebrities, Russian tycoons and high-fliers, and recently topped a list of the most expensive places to live in Britain. So some may be surprised to learn that the Royal Borough of Kensington and Chelsea is about to get its own credit union, offering "fair and affordable" financial services to people who may otherwise be unable to access mainstream banking.

Credit unions traditionally specialise in offering loans and savings products to those on low incomes, and while the west London borough has plenty of wealthy inhabitants, research has suggested that almost 25,000 of its households struggle financially and are often at the mercy of home credit companies, payday lenders, pawnbrokers and illegal loan sharks.

Your Credit Union Kensington & Chelsea, due to launch in late summer, aims to provide local people, "no matter what their circumstances, with an opportunity to save and borrow using a fair, affordable and local service".

The borough is one of extreme contrasts, with some of the northern wards, such as Golborne, ranking among the nation's most deprived, according to the Kensington and Chelsea Foundation, a local charity.

More than half the borough's children attend private schools, but 35% of those who go to state schools qualify for free school meals – double the national average. Life expectancy in some north Kensington wards is 11 years less than in Chelsea.


While the new credit union will cater for those who are marginalised from mainstream financial services, it is also openly making a play for the borough's wealthy residents to get on board and consider depositing up to £10,000 in one of its savings accounts, "so it can be invested and recycled within the community".

"Your Credit Union is one of the first to take advantage of new regulations which relax the rules that restricted customers to residents of a single borough," a spokesman said. "It will offer community-minded residents of the Royal Borough of Kensington and Chelsea and neighbouring areas the chance to invest for social good."

The credit union is being backed by a number of organisations including the local council, the Octavia Foundation charity and NHS Kensington & Chelsea.

Reena Mukherji, director of the Octavia Foundation, said: "This new model of credit union is desperately needed for the 1.5 million people in the UK with no access to financial services. It's a win-win situation. Residents, local workers and businesses with a social conscience can ensure their money not only works hard for them, but benefits their own community directly. Savers will receive a competitive financial return on deposits while knowing money is being invested locally. Savers can also be assured that the credit union is regulated by the same rules and safeguards that cover all banks and building societies."

There are about 400 credit unions in Britain, with more than 950,000 members, although they haven't taken off in a big way in the UK, where just 2% of people belong to one. This month, a report commissioned by the Department for Work and Pensions concluded the sector is "not financially sustainable", and warned that without additional government money, many could close
.

 イギリスで最も暮らすのが高くつく区であるケンジントン・アンド・チェルシィ域内に、経済的に困窮している家族の数は25000ほど。そのような人たちが悪質な高利貸しに引っかからないためにも、区が率先して「信用組合」を設立するというもの。

 本文で書かれているように、ケンジントン・アンド・チェルシィ区を象徴する「裕福」なエリアはハロッズがあるあたり。同じ区内でもノース・ケンジントン周辺はカウンシル・フラットがかなりありますし、一つ角を曲がるのを間違えると、ここは本当にケンジントン区とは信じられない場所もあります。

 ケンジントン・アンド・チェルシィ区が低所得者層への支援に乗り出すというのは興味深いですが、二つの点で本当に実現するのかな、と。まず、ネットで周辺情報を検索してみたところ、この信用組合設立については、区内では2009年頃から始まっていると思われる文書がありました。4年かけてまだ設立できないなんて実現性を疑います。また、本文の最後に書かれていますが、クレディット・ユニオンの基盤のもろさ。

Credit unions must raise interest rates, says new report
http://www.guardian.co.uk/money/2012/may/10/credit-unions-must-raise-interest-rates-says-report

 二点目は、僕個人の偏見です。本文の中で、信用組合をバックアップするチャリティ団体の人が「It's a win-win situation」と発言しています。
 イギリスだけかどうかは判りませんが、この表現、最近やたらと耳にしますし、イギリス人がwin-win situationというときには疑ってかかります。勝者がいれば、敗者がいるのが常です。「永久機関を作れた」というの同じくらい信憑性の無い発言。この表現にぶつかるまでは興味を惹かれたのですが、今は半信半疑です。ま、設立の暁には、記念に最低額の預金口座を持ってみようかなと思っています。

イースト・ロンドンが面白い

2012.05.27
ロンドン市内をくまなく歩き回るなんてこと、ガイドを職業にでもしない限りそれほど多くの人が経験していることではないだろうと思う。ロンドンのすべてが観光目的に作られている訳ではないし、ゾーン1を出ると移動も大変。

 という言い訳をして、昨日の土曜日、あまりにも素晴らしい天気だったので、「建設途中のロープウェーを観に行こう!」と思い立ち、ロンドン南東部のヴィクトリア・ドックやノース・グリニッヂ周辺を歩き回ってきた。ヴィクトリア・ドックへは初めてだったが、ロンドンにはこんな場所があるのかとの発見もありとても面白かった。

 ローブウェーは、こんなのを書いたので(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1487.html)、開通前に工事現場を観ておきたかったこともある。ちなみに、日本で言うロープウェイはイギリスではケイブル・カーと呼ばれ、日本のケイブル・カーはイギリスではロープウェイになる。なので、ノース・グリニッヂとヴィクトリア・ドックを結ぶのは「ケイブル・カー」。

http://www.tfl.gov.uk/corporate/projectsandschemes/15959.aspx

 ジュビリィ・ラインでカナリィ・ワーフにつくまではノース・グリニッヂだけのつもりだった。が、ドックランド・ライト・レイルウェイの路線図を見て、せっかくだからヴィクトリア・ドックを観てからにしようと計画を変更。この変更は正解だった。

 ストラトフォード行きのDLRに乗り、ポプラーで乗り換え。驚いたことにプラットフォームは大混雑だった。間引き運転かと思ったら違った。ヴィクトリア・ドックの次の駅にある「エクセル」という大きな会場で、コミックやアニメの展示会が開かれているからだった。

http://www.londonexpo.com/
(今日、5月27日まで)

 ベクトン行きの電車に乗り、カニング・タウン駅ではコスプレや着ぐるみの集団が大量に乗り込んできた。日本のコスプレに比べるとまだまだ稚拙、言い換えればおおらかだがイギリスでもコスプレする人がいることに感心した。
 ヴィクトリア・ドック駅で降りて、多分こっちだろうと思って右方向に歩いていく。水着で歩いている人がたくさんいる。「人工の砂浜でもあるのか?」といぶかしく思っていたら、水泳競技が行われていた。

http://www.greatswim.org/Default.aspx

 びっくり。閉ざされたドックとはいえ、テムス川の水で泳げるなんて考えたことも無かった。イギリスにこれほど多くのスウィマーがいることにも驚いた。ヴィクトリア・ドックをのんびり一周した。エクセルの周りは、泳ぎ終わったスウィマーとコスプレ集団が晴天の下に入り交じり、なんだかとてもシュール。ヴィクトリア・ドック駅に戻る頃にはすっかり日に焼けた。

 カニング・タウン駅からジュビリィ・ラインでノース・グリニッヂへ。駅から歩くこと数分。ヴィクトリア・ドック側同様、駅の外観は既に出来上がっていた。偶然に恵まれて、止まってしまったケイブル・カーから乗客を降ろすと思われる訓練を行っていたところだった。写真を撮りまくる。

 セントラル・ロンドンへはテムズ・スキッパーで。今月、これで5度目くらいの乗船。乗り場からはオリンピック・パークの象徴のタワーが見えた。ロンドンの地形ってよくわからない。

 エンバンクメントで下船し、サウスバンクでバフィ・セントメリィのコンサートのチケットを購入。楽しい一日だった。

 今日、5月27日はジュビリィ・ラインのノース・グリニッヂとストラフォードの間が止まっているようなので、出かける前にロンドン交通局のウェブを要チェックです。

http://www.tfl.gov.uk/

エセルとアーネスト:普通の夫婦が歩んだ40年

2012.05.24
front-cover1.jpg

 ドーント・ブックスの絵本の棚に、見慣れた絵柄が表紙のほんを見つけた。手に取ると、レイモンド・ブリッグズによる、彼の両親の物語とのこと。

 とり立てて取り柄の無い普通の家族の生活が描かれる。イギリスの忘れられた、市井の人々の慎ましい生活。最後のペイジ、涙がぶわっとあふれた。20世紀前半以降の普通のイギリス人の生活を知りたい人にはまたとない素晴らしい物語。

[追記]
 日本では小学館から出版されている。日本人は、本当に絵本が好きなんだな。

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784097272434

 ネットには、素晴らしい絵本だけど値段がと勧めるのをためらう発言が有った。でも、大きさ菊判だし、翻訳の手間を考えると僕は良心的な値段だと思う。ま、確かに高いけど。日本語訳がどうなっているか判らないけど、スノーマンやサンタが好きな人ならブリッグズの両親への想いにすんなり寄り添えるはず。

Books    Comment(2)   ↑Top

絵は空腹の足しにはならない:ナショナル・ギャラリィへの批判

2012.05.24
今年の3月の話題ですが、イギリス国外への流出の危機に瀕していたティツィアーノの「ディアナとカリスト」をナショナル・ギャラリィがなんとか資金を調達して国内にとどめておくことができるとのニュース。

Second part of £95m Titian pair bought for Britain
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2012/mar/01/titian-95m-pair-national-gallery

 このブログに書いていたかと思ったらなかったですが、2008年に持ち主の貴族からナショナル・ギャラリィが購入できなければオークションにかけると宣託されていたティツィアーノの2枚の絵画のうち、2枚目の「ディアナとカリスト」をナショナル・ギャラリィ側が締め切りの2012年12月を前に購入できたとのこと。

The two paintings were offered to the nation in 2008 by their owner, the Duke of Sutherland. The asking price was £100m – an enormous sum but by most estimates perhaps half of their market value.

The first painting was secured in 2009, with the biggest sum, £17.1m, coming from the Scottish government and NGS purchase funds. The race then began to raise the next £50m with a deadline of December 2012.

On Thursday it was announced that £45m had been raised and the Duke of Sutherland had reduced the asking price by £5m. A total of £25m came from the National Gallery reserves, mainly money left in wills to the gallery. Then £3m came from the Heritage Lottery Fund, £2m from the Art Fund and £15m from various donations and grants, some from individual donors and some from trusts including the Monument Trust and the Rothschild Foundation.


 僕はティツィアーノの功績を学んだことが無いので彼の画業については何もかけません。が、これらの両方の絵がイギリスにとどまり、かつこれからも無料で観られるということを単純に喜びました。ところが、数日後のオブザーヴァのコラムを読んで驚いたのは、ナショナル・ギャラリィへ批判が寄せられていると。つまり、この不況下に大金で絵を購入する必要があるのか、と。

Art galleries: it's time we started paying to see great works of art again
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2012/mar/04/catherine-bennett-charge-for-museums

But to look at the overwhelmingly hostile online response to the National Gallery's use of its funds to secure, in Diana and Callisto, not a crumbling hut, but the acclaimed pair to an existing old master that will ― unlike the Dahl museum (adult entry £6) – be available for everyone to see, you would think the directors had snatched the picture money from orphans or from the beseeching hooves of piteous, starving donkeys, prior to blowing it all on a Banksy or, worse, a foreign Banksy.

But as the National Gallery has attempted to stress, it avoided, by not appealing to the public, diverting funds from the poor. Money for the latest Titian was raised principally from living benefactors and historic donations that constitute the gallery's reserves, which the director now describes as "depleted". None the less, as opponents of this purchase have pointed out, a contribution of £3m came from the Heritage Lottery Fund, courtesy of the very social classes who are still, notwithstanding free entry, least likely to visit the national art galleries.


 批判に対して、ナショナル・ギャラリィ側は市民から税金を利用したのではなく、これまでギャラリィ側に贈られてプールしている寄付金からまかなったと強調しています。

 言うまでもなく、この終わりの無い不況下ではたった1枚の絵を国内にとどめておくために4500万ポンドを払うというのは、尋常ではないことと思う人がいるのは自然なことだと思います。しかしながら、それらの絵を見るための入場料を払わなくてもよい、という素晴らしいシステムがあることを見落としているのは残念です。
 今年は、チケットを購入しなければならない特別展示が多いとはいえ、基本のコレクションを観るのはかわらずに無料のまま。トラファルガー広場を歩いていて、ちょっとナショナル・ギャラリィに立ち寄って傑作の絵画群を徐に観て回れる自由という贅沢。

 多くの人が日々の暮らしの中で感じる圧迫感が強まっている今だからこそ、この贅沢が残ってほしいものです。

ロイヤル・バレエとのコラボレイション。これも、無料。
http://www.nationalgallery.org.uk/whats-on/exhibitions/metamorphosis-titian-2012

 しかしながら、今回、ナショナル・ギャラリィが頼ったような、フィランソロピストからの寄付が大幅に減るかもしれない更なる打撃を、政府は画策しています。

George Osborne faces revolt over 'tax on giving' as charity donations dry up
http://www.guardian.co.uk/society/2012/apr/07/george-osborne-charities-donation-tax-revolt

Charities lose critical funding as George Osborne hits the richest donors
http://www.guardian.co.uk/society/2012/apr/07/charity-donors-tax-relief-budget

 文化関連だけでなく、国際的な人道支援団体や、がん治療啓蒙等の多くのチャリティへの寄付金への免税に上限を設定するということを、現政権が画策しているとのこと。5月の地方選挙での大敗北、そしてユーロ危機に際してIMFから予算削減のプランBを突きつけられているので変更もあり得るとは思います。が、寄付金への免税措置が大幅に改悪されれば、寄付金が減り、運営が滞り、一般入場料金が導入され、ひいてはイギリスへ美術品鑑賞を目的に来る観光客も激減するという悪循環に陥ることもあり得るかもしれません。

 難しい時代だからこそ、多くの人が芸術に簡単に接することができる環境が維持されてほしいです。

コリオレイナスby地点@グローブ劇場

2012.05.24
ロンドン2012フェスティヴァル(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1636.html)の一環であるワールド・シェイクスピア・フェスティヴァル2012は、4月21日から6月9日までテムズ河畔にあるグローブ劇場を中心に上演が続いている。

http://www.worldshakespearefestival.org.uk/

 グローブ劇場での上演に日本から参加しているのは、京都に拠点を置く「地点」という団体。

http://chiten.org/index.php

 彼らがロンドンに来るのは知っていたけど、英語であろうと日本語であろうと、演劇が舞台に生み出す大仰さが駄目で行くつもりは無かった。が、行けなくなってしまったイギリス人の友人(演劇ファン)からチケットを譲り受けたので22日に観てきた。シェイクスピアの台本はとても面白い内容でそちらは思いのほか楽しんだのだが、熱演する俳優の皆さんの普通だったらあり得ないような大げさで、不自然な台詞回しには引いてしまった。

 ずっと以前に同じことを書いたが、シェイクスピアとのつながりは積極的に持たないようにしていた。演劇だから。ということで、今回の「コリオレイナス」の物語も全く知らなかったのだが、21世紀になっても世界のどこでも同じことが延々と続いている政治と民衆のおろかな関係を鋭くえぐっていて非常に面白かった。あるのかどうか知らないが、ぜひ、オペラのフォーマットで観てみたい。

 「そんな日本語の話し方、いつの時代の、日本のどこで、どんな人がしゃべっているの?」と問い正しいたいと拳を握ること数知れず。もしかしたらそれが正しい系統の日本語だと言うなら、僕の耳は日本語を聞くことを拒否するだろう、それほど不自然で耳障りなセリフ回し。演出の意図はあるのだろうけど、僕にはどうしてあのように言葉を繰り出さなければならないのか、さっぱり理解できなかった。また、穿った見方だけど、一人の俳優が延々と台詞を言い続けるのは、記憶力を見せびらかしているだけなのかと。言い換えれば、僕は演劇には向いていないということ。

 To be fair to the actors, 終演後は観客からは惜しみない拍手がなんどもなんども贈られた。熱演だったことは確かだ。また、舞台後方でずっと音楽を奏で続けた音楽家の演奏はとても楽しかった。

 閑話休題。「コリオレイナス」の前半、始まって30分くらいした頃、突然一機のヘリコプターが劇場の上空に現れ、10分くらいホヴァリングした。その轟音は俳優の皆さんの声をかき消すほどの大きさ。オープン・エアの劇場の上空にとどまるなんて無粋にもほどがあると、また俳優の皆さんはやりづらいだろうと思っていた。
 翌日、5月23日のイヴニング・スタンダードを読んでどうしてあのヘリコプターが突然現れ、上空にとどまり続けたかの理由が判った。

Author Will Self flees with his children after roof of £1million Georgian Stockwell townhouse collapses

http://www.thisislondon.co.uk/news/london/author-will-self-flees-with-his-children-after-roof-of-1million-georgian-stockwell-townhouse-collapses-7781222.html

 グローブ劇場からそれほど遠くないところにあるストックウェルという地域でヴィクトリアンのタウンハウスの屋根が突然崩れ落ちたとのこと。その崩落事故に誰かが巻き込まれ、その場合まだ生存者がいるかどうかを上空から調べていたらしい。

Police, ambulances and fire crews were at the scene in minutes and a helicopter with a heat-seeking device hovered overhead to ensure nobody was trapped but no one was hurt.

 地点の俳優の皆さんにとっても降って湧いた災難だったろうけど、家に戻ることができなくなっている皆さんも散々な気持ちだろう。報道によると、今回の事故は保険がカヴァーしていない類のものらしい。地震が無くても家が崩れる国、それがイギリス。

コミュニティ、ヒューマニティ2:イングランドの老人

2012.05.22
僕には、歳上の友人が何人かいます。その一人について、3年前にこのようなことを書きました。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1076.html

 先週の木曜日、ロンドンに住む別の歳上の友人が4月に亡くなったイギリス人小説家、ドーラ・セイント(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1613.html)さんのメモリアル・セレモニィに出席するので一緒に来てほしいと頼まれてバークシャーの西部に行ってきました。友人は車は運転できるのですが、歩行に不安があります。時間の都合が付いたのでその依頼は快諾しました。でも、代わりにセレモニィが終わったら、スタンのところにつきあってほしいという僕の依頼も受けてもらいました。

 スタンがケア・ハウス内のフラットに移ってからは一度しか訪ねることができていませんでした。僕の都合が付かなかったり、彼が入院したりと。今回は彼の体調も良くて、2年ぶりの訪問になりました。

 フラット内は、初めて訪れたとき同様、きれいに片付けられていました。失礼な書き方ですが、90歳、狭心症を抱える老人の一人住まいとは思えないほど清潔に保たれていました。そのようにフラットを維持しているのはスタン本人。清掃補助の人が来るのは週に一回だけでそれも2時間のみ。なので、自分では上手くできない風呂場と洗面所の清掃をやってもらい、寝室、居間、キッチンは彼が一日おきに清掃しているとのことでした。

 何もしなくていいからとあれほど念を押しておいたにもかかわらず、村の中心にある食料品店に行くのも大変なはずなのに、ビスケットとサンドウィッチが用意されていました。二人のひ孫の話や、彼の家族の近況を聞いてふと話が止まったときに、大きな紙袋が目に留まりました。薬の袋でした。

スタン:ここに移ってからずっと、毎日11錠の薬を飲んでいるんだ。毎日11錠を飲むのも大変だけど、こんなに金をかけてもらって申し訳なく思うよ。ひ孫のことを考えるともう少し生きていたいけどな。

僕:Stan, don’t be stupid, you have paid enough tax! You can be naughty and demanding! They haven’t paid back yet.

 スタンは笑って聞き流していましたが、僕はこんな不公平なことありなのかと。スタンは今でも家賃の半額を自分の年金から払っています。なぜなら、彼が住むフラットは政府ではなく、住宅供給会社が管理するものだから。建物の半分は政府全額負担で、そこに住む人はいっさい金銭的な負担が無いそうです。この差は、スタンが曲がりなりにもまだ自分のことは彼自身でこなせるから。
 政府が管理・運営する棟には食堂があり、クリスマス等のイヴェントのときには招待されるそうですが、スタンは参加費を払わなければなりません。僕のはこれが普通のことなのかどうか判りませんが、これを書いている今も頭の中で不可解さが渦巻いています。

 頭を冷やせば、スタンがおかれている環境はかなりいい方なのだろうとも思います。それでもなお、これまで90年もの間まじめに生きてきて、奥さんを10年以上前に亡くしてからずっと一人で生きてきてまだ楽させてもらえないのか。

 スタン自身が選んだ生活じゃないか、と人は言うでしょうし、僕自身それが正確な判断と思います。他方、不条理な感情を抑えることもできません。憤り、悲しみ、無力感、僕自身へのいらだち、僕自身の将来の不確定さを直視することへの躊躇い。

 大仰なタイトルを付けたにもかかわらず、答えは無いです。コミュニティの存在意義、ヒューマニティが今でもあるのかどうか、ということを考えるこのごろです。

Free home care available to fewer elderly people
http://www.guardian.co.uk/society/2012/may/16/free-home-care-elderly-people

Free food, caring and sharing: new spirit of community in Yorkshire
http://www.guardian.co.uk/society/2012/may/06/lifestyle-communities-hebden-bridge-todmorden

コミュニティ、ヒューマニティ1:ノルウェイの若者

2012.05.22
イギリスでも頻繁には報道されなくなってきている印象がある、昨年7月にオスロで起きた大量殺戮事件。その裁判はまだ続いているようで、先週の水曜日5月16日に、生き延びた女子大学生の法廷での証言が大きく報道されました。

Anders Behring Breivik trial: we are stronger than ever, survivor tells court
http://www.guardian.co.uk/world/2012/may/15/anders-behring-breivik-trial-survivor


 既にノルウェイ語から英語に訳されているものをあえて日本語に訳すつもりはありません。英語のままだと皆さんの気がそがれるとは思うのですが、ぜひ、読んでほしいです。皆さんが感じることは僕が感じたこととは全く違うものかもしれません。でも、個人的にずっと頭の片隅に引っかかっている、人間が生きていくためのコミュニティの意味、ヒューマニティの意味を改めて考える助けになりました。


Ina Rangønes Libak spent almost a month in hospital after Anders Behring Breivik found her hiding behind a piano in a cafe on the island of Utøya last July. He killed 13 people in that building and shot Libak at least four times – in the face, in both arms and in her left breast.

She still has the scars, she told Oslo criminal court on Tuesday, rising from her seat to show off the most visible. "I just cover them up with make-up – good make-up."

She felt sure she was going to die that day, Libak said. "I remember all the shots that hit me," said the 22-year-old during testimony that had the courtroom crying and laughing in equal measure.

"I think I was first shot in the arms and I thought, OK, I can survive this, it's OK if you're shot in the arms. Then I was shot in the jaw. I thought, OK, this is a lot more serious. Then I was shot in the chest and I thought, OK, this is going to kill me."

Somehow, she managed to run. "I started to feel that I am stumbling, falling, I don't have full control over my body and I'm thinking, OK, I'm going to die. This is how it feels to die … I couldn't stop the bleeding. I was shouting 'I've been shot, I've been shot, I'm going to die.'"

Then she remembered a friend's voice saying: "We can't leave Ina here." He carried her to shelter with others underneath a skate ramp.

What happened there, Libak said, was "just amazing". Her friends started taking off their clothes to use as tourniquets. They supported each other, she said. "Every time one person got really upset and said sorry, the other said: 'It's OK, we're going to work our way through this, we'll survive. We're going to make this.'"

She remembered crying that she was going to die, only to be reminded of another member of the AUF, the Norwegian Labour party's youth wing, which was holding its annual summer camp on Utøya on 22 July. "She was from Uganda and she survived being shot in the head, so we were saying to each other: 'We can survive, we can survive.'"

They heard the shots getting closer. Libak recalled one of the group whispering a stern order: "'We are just going to lie bloody still here' – she doesn't usually swear, so we knew it was serious."

Despite the danger, Libak's friends stayed by her side. "None of them chose to save their own lives and run. They said we are all together in this."

The group held their breath as Breivik approached, eventually coming to within two metres. "But he didn't look in our direction," Libak said. "If he had, he would have seen us. It would have been easy to spot us if he had been looking in the other direction."

It was much later, after Breivik was arrested, that Libak realised she was not his only victim. She was carried by a friend to a rescue boat, she said, "but there were so many dead people to climb over and they stumbled. It was just gruesome and then we understood the extent of what had happened."

On the boat to the mainland, Libak recalled, she told a friend not to look at her. "You'll suffer trauma later," she told the friend. "And I don't know how she found the right words, but she said: 'No, Ina, you are really, really beautiful."

It was then that she first believed she might survive. "Through this whole experience on Utøya I had a voice in my head … telling me there is no trouble dying, it's like falling asleep. But once I got there I had a hope that things were going to turn out right."

The court laughed as she remembered "something weird" she told the female head of the trauma team at the hospital. "I was telling her how great it was for equal rights and equality that she was head of the team."

Ten months on, Libak's positivity has not faltered. "We've been very good at taking care of one another and supporting each other," she said. "I've spent a lot of time in AUF and it's great to see new members and to see that the old members are committed and we are stronger than ever. We focus on the politics and this hasn't weakened us.

"At the same time it's been hard. It's been horrendous, all these fantastic strong people that we lost and that people loved so much These were people that Norway needed as well," she told the court.

Since the attacks, membership of the youth wings of Norway's major political parties has jumped – by 46% between 2010 and 2011 in the case of Labour, to 13,900, and by 59% for the Young Conservatives, to 4,422.

Libak has continued with her course in international environment and development studies, and taken all her exams. One of the prosecutors posed a question that many others in court were thinking: "You appear to be a person with a more positive attitude than average," said Svein Holden. "But it must still be very hard for you?"

Of course, said Libak. "It has. I'm not trying to hide that in any way." She was often afraid, she said, and still had nightmares.

Breivik has claimed he carried out the massacre on Utøya in order to wipe out the next generation of a political party he blamed for encouraging a multicultural Norway. But the message from many of the young people who survived his rampage is clear: you have made us stronger, not weaker.


 どう書こうとも、この新聞記事を読んでいたときにどうして涙が流れてしまったのかを伝えることはできないです。生き延びることができた女性の意思、もしかしたら人々はおろかな行為ということができるであろう、助かるかどうかも判らない友人を置き去りにしないで彼女とともに危険な場所にとどまった友人たちの決断。英雄ともてはやすことの薄っぺらさを寄せ付けない、助け合うとは人間にとってどのようなことなのかを静かに、でも力強く問いかけられました。悔しいことに、僕は答えを見いだせないです。

 今日、日本からの報道で、石巻からのがれきの北九州への搬入を阻止しよとうそれに反対する人々が立ちはだかったとのこと。被害の規模の差、原因の違いには埋められないほどの隔たりがあるとはいえ、「国難」という意味では同じ危機に直面している日本とノルウェイ。日本国内にも、絆を考える余地は既にないのかも知れない、と。

 このテロの犯人が送り込まれる可能性の高いノルウェイの刑務所についてです。

Inside Halden, the most humane prison in the world
http://www.guardian.co.uk/society/2012/may/18/halden-most-humane-prison-in-world

Designer jail: inside Norway's Halden prison - in pictures
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/gallery/2012/may/18/halden-prison-pictures-gughi-fassino

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1625.html

ソフィア女王の苦悩

2012.05.20
王室メンバーでいるって、生活は保障されていても苦労は絶えないという話。

 エリザベス女王のダイアモンド・ジュビリィ・ランチへの出席を辞退したスペインのソフィア女王。その経緯がサンディ・テレグラフに掲載された。

Queen Sofia of Spain: Europe's lonely royal consort
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/spain/9276931/Queen-Sofia-of-Spain-Europes-lonely-royal-consort.html

 記事からいくつか引用。

For half a century she has been by his side, a quiet, dignified presence through turbulent decades. But now Spain is beginning to ask just how much more Queen Sofia can take.

Against a backdrop of family financial scandal and an increasingly troubled marriage, Queen Sofia was counting the days until she could escape to London and attend Friday's Jubilee banquet at Windsor Castle – an eagerly anticipated family gathering.

But 48 hours before she was due to leave she was prevented by the government from attending. Declining the invite on her behalf, the Spanish government cited the recent "heightened tensions" with Britain over the ownership of the island of Gibraltar, currently the scene of a row over fishing rights.

The government's decision focused attention once again on the troubled life of the woman whom some are calling the loneliest royal consort in Europe.


 記事の中で何度か強調されているように、今の欧州の王室のメンバーはいとこ同士が多い。トラブルが続いているスペイン王室からほんの数日の間はなれて、近いのに頻繁に会うことのできないいとこたちとの再会を楽しみにしていたであろうソフィア女王は、国際政治の犠牲になったと言えるのかもしれない。

 興味深いのは、スペイン国王の恋人と報道されているドイツ人女性。この人の存在はドイツとスペインでは公然の秘密だけど、大陸以外で彼女の名前がスペイン国王に絡んで報道されることに対しては法的措置をとるとイギリスのメディアには宣言していたと以前読んだことがある。なので、今回テレグラフがこの女性の名前と写真を本紙に掲載しているのにはちょっと驚いた。

Ms Eyre spent two years researching her biography of the Queen, and says the quietly elegant grandmother has few real friends in Spain. Inside the Zarzuela Palace, there is open rivalry between the King's "team" and the Queen's ladies in waiting.

As a vegetarian who dislikes bullfighting and rarely speaks in public owing to her heavily-accented Spanish, she could not be more different from her red blooded, straight talking husband, with his passion for fast cars, sailing and skiing.

"It was a marriage of convenience," she said. "They have been living separate lives for a long time.

"But it is fair to say that, in a long and unhappy history, this is a particularly painful moment."


 こんな記事を読むと、カミラ夫人は恵まれていると思う。新聞社の方針によって同じ状況でも扱いが違うことはいつものこと。今日のオブザーヴァはジブラルタルの存在をメインにしている。

Gibraltar's jubilee party sends signal to Madrid
http://www.guardian.co.uk/world/2012/may/19/gibraltar-diamond-jubilee-party

 イギリス内での報道だけでは真実は判らないけど、ソフィア女王の苦労が少しでも減ってほしいもの。以前、スペインについて触れたものです。

スペインの赤い貴婦人
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-763.html

皇太子の結婚式について
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-294.html

マドリッドでの爆弾テロ
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-278.html

ダイアモンド・ジュビリィ、一押しの雑誌

2012.05.19
エリザベス女王の即位60周年を祝うダイアモンド・ジュビリィ・ウィークエンドまで後2週間。ということで様々な記念写真集が発行されている。その中で、コスト・パフォーマンスや内容の取っ付き易さからおすすめなのが、これ。

Jubilee.jpg

 正直、友人に教えられるまでこんな雑誌があることすら知らなかった。「日本にいる家族や友達に送ってあげたら喜ぶんじゃないの」、と。写真やいくつかの肖像画は、ナショナル・ポートレイト・ギャラリィで始まった女王のポートレイト写真や絵を集めた特別展にも展示されているが、海外訪問や公式行事に参加するときの服装や帽子の変遷には興味を惹かれるし、女王がお付きの人とコミュニケイションをするのにハンドバッグを使うというのは面白い。

 昨日、18日にウィンザー城で女王主催の午餐会があったことは日本でも大きく報道された。イギリス国内では、どこの国の王族が出席したかという報道があったけど、目を引いたのがスペイン王室は招待を断ったという報道。

Diamond Jubilee: Spain's Queen Sofia cancels UK visit
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-18098104

Queen Sofia of Spain has cancelled a visit to the UK to mark Queen Elizabeth's Diamond Jubilee because of disputes over Gibraltar.

A Spanish government statement said it was "hardly appropriate" for Queen Sofia, 73, to attend a lunch on Friday.

The UK and Spain have been in dispute over fishing rights off Gibraltar, a UK territory which Spain also claims.

Spain has also protested over a visit to Gibraltar by Queen Elizabeth's son Prince Edward and his wife Sophie.

The prince and the Countess of Wessex are to visit Gibraltar on 11-13 June as part of the celebrations to mark the 60th anniversary of the Queen's reign.
Complaint

Spain continues to claim sovereignty over Gibraltar, which has been ruled by Britain since 1713 under the terms of the Treaty of Utrecht.

Queen Sofia's husband, King Juan Carlos, had already declined his invitation to the lunch at Windsor Castle on Friday.

He is recovering from surgery last month after he fell and broke his hip while hunting elephants in Botswana.

In 1981, the Spanish royal couple declined an invitation to Prince Charles's wedding ana, Princess of Wales because they planned to visit Gibraltar as part of their honeymoon.

And a visit by Princess Anne to Gibraltar in 2009 sparked an official complaint from the Spanish government.

An additional cause of unhappiness for the Spanish royal household is the fact that the British regimental band of Gibraltar will be performing at the Diamond Jubilee, reports the Spanish news agency Efe.

A spokesman for the UK Foreign Office told the AFP news agency: "The visit was a private commitment and we don't comment on private visits."


 スペイン国王は手術の後であるし、招待とはいえアフリカへの象狩り旅行の印象を早く忘れたいだろうから出席しないと思っていたので驚かなかったが、ソフィア女王まで欠席とは想像していなかった。
 日本にいると情報が入ってこなだろうから判らないかもしれないが、ジブラルタルの帰属問題は常にイギリスとスペインの間で火種になる。国あっての王室だから仕方ないのだろうけど、二人とも2002年のゴールデン・ジュビリィには出席していたので、欧州王室ウォッチャーとしては残念。



ちなみに、スペイン人の友人にジブラルタルのことを尋ねると、「ただ、大きな岩があるだけのところがいつもこんなことになるんだから、馬鹿げた話だわ。ジブラルタルの人はイギリスの一部でありたいと願っているようにしか私には思えない」。

 「それって、一般スペイン人の意見なのかな?」

 「少なくとも、私の周りで話題になることはほとんどないわ」、とのこと。
 
 スペイン政府もなんだか器が小さいというか。単に象徴とはいえ、エリザベス女王の記念をボイコットするのなら、ロンドン・オリンピック、パラリンピックもボイコットするくらいの度量の大きさを見せてほしいものだ。

The-Queen-with-her-royal--001.jpg
Front row, left to right: the Emperor of Japan, Queen of the Netherlands, Queen of Denmark, King of the Hellenes, King of Romania, Queen Elizabeth, King of Bulgaria, Sultan of Brunei, King of Sweden, King of Swaziland, Prince Hans-Adam II of Liechtenstein. Middle, Left to right: Prince of Monaco, Grand Duke of Luxembourg, King of Lesotho, King of the Belgians, King of Norway, Emir of Qatar, King of Jordan, King of Bahrain, and The Yang di-Pertuan Agong of Malaysia. Top row, left to right: Nasser Mohamed Al-Jaber Al-Sabah of Kuwait, Crown Prince of Abu Dhabi, Crown Prince of Yugoslavia, King of Tonga, the Crown Prince of Thailand, Princess Lalla Meryem of Morocco and Prince Mohammed bin Nawaf bin Abdulaziz Al Saud of Saudi Arabia

http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2146404/Kate-William-join-worlds-royals-Queens-Diamond-Jubilee-lunch.html

不況下で病気欠勤が減っているイギリス

2012.05.16
公式に不況(recession)下にあるイギリスで、病気欠勤が減っているという統計が発表されました。

Work days lost to sickness fall in 2011
http://www.guardian.co.uk/money/2012/may/15/work-days-lost-sickness-fall-2011

A fall in the number of working days lost to sickness in 2011 is the latest sign British workers are increasingly concerned about job security.
2011年に、病気欠勤によって失われる労働日数の減少は、イギリス人労働者が自分たちの職を維持できるかどうかを心配していることを示している。

About 131m working days were lost to sickness in 2011, a fall of 6m from 2010, according to data published by the Office for National Statistics (ONS).

The organisation said this equates to an average of four-and-a-half days off sick a year for each working adult. The figures compare with 178m days lost to sickness in 1993, when records began, when the average was more than seven days per employee.

The percentage of working hours lost due to sickness absence also fell between 2010 and 2011 from 1.9% to 1.8%, and was down from 2.8% in 1993.

The Work Foundation and the Chartered Institute of Personnel and Development (CIPD) both said the statistics indicate more British workers are going to work while ill – known as presenteeism – due to increased job insecurity while the country is in recession.

この統計から判るのは、現在の不況下で仕事を失う可能性が高まる中、労働者が病気でも職場にいようとするからだ。

Work Foundation spokeswoman Ksenia Zheltoukhova said: "Sickness absence is in the spotlight because it is something management can measure, putting individual managers under pressure to reduce the level of absenteeism among staff – but it leads to increased presenteeism, especially during a recession.

"If you look at the reasons why workers are taking time off sick, stress has fallen down the list – people don't want to say they are stressed because it makes them look weak. In the current economic situation, workers really don't want to appear weak in case they lose their job, so they will come to work even when they shouldn't."

不況下で、労働者は「ストレスを抱えている」とは言いたがらない。なぜなら、(労働力として)弱いと見られるからだ。現在の経済環境下で、職を失う可能性がある時に、「弱い」と見られたくない。だから、職場に来るべきではないときでも、職場に来ようとしている。

A 2010 report by the Work Foundation showed that more than 40% of employees are under pressure from managers and co-workers to come to work when ill. It also showed that employees struggling to make ends meet, who were unable to save and who were worried about debt, had a significantly higher number of sickness presence days than those without these problems.

Meanwhile, the Labour Force Survey found in November 2011 that there were 400,000 cases of stress in 2010/11 – significantly lower than the number seen in 2001/02 – leading to the loss of 10.8m working days.

Ben Willmott, head of public policy at the CIPD, said there was a direct link between sickness leave and the recession. "A fall in sickness absence runs in parallel to rising economic uncertainty and rising unemployment. If there are going to be redundancies, workers worry that sickness absence will be one of the criteria they will be judged on," he said.

病気欠勤日数の減少は、不透明感を増す経済環境と失業率の増加と関連している。もし(雇用者側が)解雇を検討しているとしたら、労働者は病気欠勤が解雇の理由になるかもしれないと不安に思う。

A 2011 CIPD survey found that more than a quarter (28%) of employers noticed an increase in the number of people coming to work ill in the last 12 months, and nearly two-fifths reported an increase in mental health problems such as anxiety and depression among employees. Half of organisations (52%) also told the CIPD they use employee absence records as part of their criteria when selecting for redundancy.
半数を超える会社が、労働者の病気欠勤を解雇を検討するときの判断材料にすると答えている。

The ONS also said women had higher sickness absence rates than men in 2011, losing 2.3% of their hours compared with 1.5% for men. Older workers, meanwhile, are more likely to have increased sickness rates: for workers aged 16-34 about 1.5% of hours were lost to sickness in 2011 compared with 2.5% for workers aged 50-64.

Public sector workers also take more sick leave than the private sector, with 2.6% of hours lost to sickness compared with 1.6% for the private sector. But the ONS said there are differences in the types of jobs between the two sectors, and the public sector employs a higher proportion of women. It also said workers in London took fewer days off sick than those elsewhere in the country.

ロンドンで働く労働者は、全国平均より低い病気欠勤率。

 この記事の元になった統計はこちら。チャートがあるのでもっと判り易いと思います。

Sickness Absence in the Labour Market - 2012
http://www.ons.gov.uk/ons/rel/lmac/sickness-absence-in-the-labour-market/2012/rpt-sickness-absence-in-the-labour-market---2012.html#tab-Sickness-absence-in-the-UK-labour-market

 全国紙で読む最近の経済記事は、ギリシャの危機、それに続くかもしれないスペインとイタリアの状況を分析するニュースが多いです。が、この統計を見ると、サッカーに現を抜かしているだけとしか思えないイギリス人ですら、危機感に追いつめられているようです。個人的には、不意をつかれたニュースです。

不思議のイングランド:市長は選挙で選ばれない

2012.05.15
なんだか、既に半年前に起きたことのように思えますが、5月3日に行われたイギリスの地方選挙。現連立政権の大敗北や、激戦だったボリス・ジョンソン市長の再選等の話題は日本でもかなり報道されました。
 おそらく日本では、さらに例えばほかの英語圏でも報道されたのかどうか全く判りませんが、この地方選とともにもう一つ興味深い一般投票が、イングランドの10都市でありました。それは、今後その都市の市長をロンドンと同じように投票で選ぶかどうかというものでした。結果として、マンチェスターやバーミンガムなどの九つの都市で、住民は市長を選挙で選ぶことを拒否しました。

Voters reject David Cameron's elected mayors plan
http://www.telegraph.co.uk/news/politics/9246268/Voters-reject-David-Camerons-elected-mayors-plan.html

Cities vote against having elected mayors
http://www.guardian.co.uk/politics/2012/may/04/cities-vote-against-elected-mayors

Cities vote against having elected mayors
http://www.guardian.co.uk/politics/2012/may/04/cities-vote-against-elected-mayors


 リンクしたすべての記事は、投票率と状況説明だけなので翻訳しません。なぜこのことを書いているかというと、個人的にとても驚いたからです。今回の一般投票の結果の記事を読むまで、疑うことも無く「世界中どこでも区長、市長、村長等々は民意による選挙で選ばれるもの」と思っていたからです。
 迂闊なことこの上ないですが、そういえばウェストミンスター区長選挙であるとか、バーミンガム市長選挙等の報道を聞いたことありませんでした。
 共同通信社のニュース解説部分にロンドン市長が選挙で選ばれることになったのですら、2000年からであると。

ロンドン市長に保守党の現職再選 返り咲き狙う労働党破り
http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012050501001114.html

ロンドン市長(2008年4月29日)ロ ンドン首都圏(32行政区と金融街シティー、人口約750万人)の交通、治安、都市計画、文化政策などの行政権を掌握する。任期は4年。年間の予算規模は 約110億ポンド(約2兆2770億円)。2000年に英国初の公選市長としてポストが設置された。金融街シティーには名誉職的な色合いの濃い“市長” (ロード・メーヤー)がいるが、別の役職。(ロンドン共同)

 テレグラフとガーディアンの記事に書かれているように、この「市長が選挙で選ばれる」ことを望んだのはキャメロン。この結果は、地方議会で大量に議席を失った保守党の党首としては、ダブル・ブローだったようです。記事を読む限りでは、どうして彼が「市長選」を望んだのかは、よくわかりません。
 イングランドの地方行政、地方議会政治について全く知らなかったことを学びました。10年暮らしても知らないことはたくさんあります。同時に、日本では普通に行われる知事選であるとか市長選は、いつ、どのように、どこから始まったのかとの疑問。民主主義って、一つのスタイルではないように思い始めました。

ルシアン・フロイト展

2012.05.14
*著作権は共同通信社、京都新聞社に帰属します。

Freud1
(5月14日、京都新聞の8面に掲載)


ロンドンで暮らすには、週70時間の労働が必須

2012.05.13
2月に、「社会は選別する」というタイトルでロンドンを追いやられる低所得者層の記事を紹介しました。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1580.html

 このエントリを書いたときにしっかり書かなかったことを先に進む前に。支給される住宅補助額に上限が決められたことで家賃が払えなくなり、住んでいるフラットや家を退去させられているのは、住んでいるバラー(区です、borough)が直接保持するフラットに空きがなくて、ブライヴェイトの家主が所有するフラットに住んでいる人たちです。
 ロンドンに限れば、裕福な区だろうが、イギリスで最も貧困が悪化している区だろうが、どこも区直轄の住宅に空きがない。にもかかわらず、公営住宅入居希望者リストの上位にいるすぐにでも住宅が必要な人たちに住むところを提供するために住宅補助というかたちで援助することで、一般フラットに住まわせることでしのいでいた。
 しかしながら、現政府の公共福祉の大幅削減の一環として住宅補助の上限が一気に下げられ、払えなくなった住民が家主の申し立てで住むところを追われている、というのが簡単な状況説明です。

 結果として保守党と自民党の連立政権側が大敗北を喫した5月3日に投票があった地方選の数日前、ロンドン東部のニュウアム(Newham)区が、住宅費が安価なイングランド中部の地方都市に、住宅補助費の削減でフラットを追い出されそうな低所得者層の人たちを送り込むことを検討しているという報道がありました。ニュウアム区は、ロンドン・オリンピックとバラリンピックのメイン会場があります。
London looks to export council tenants
http://www.guardian.co.uk/uk/2012/apr/24/london-exporting-council-tenants

A political storm erupted over the policy to ship out poor households when it emerged that Labour-run Newham council was planning to move 500 families who relied on housing benefit some 160 miles away, to Stoke-on-Trent.
労働党が多数を閉めるニュウアム区は、住宅補助に頼っていた500家族を160マイル離れたストーク・オン・トレントに移すことを計画している。

Newham council says it can no longer afford to house tenants on its waiting list in private accommodation. It says rent rises linked to the Olympics and the demand for housing from young professionals has caused rents to rocket in east London.
ニュウアム区は、一般住宅に住んでいて公団住宅に空きが出るのを待っている人たちを住まわせておくことはもはやできない。オリンピッ需要や、ロンドン東部に移り住むことを希望する若い世代の急増で家賃が高騰している。

As part of its welfare reforms, the government has introduced caps on housing benefit of £250 a week for a one-bedroom flat and £400 for a four-bedroom property. With the government housing benefit cuts starting in January, many councils are wrestling with rising numbers of people finding they cannot afford central London accommodation.
福祉政策の変更に伴い、政府は住宅補助の上限を下げた。それが始まった2012年1月以降、(ロンドンの)多くの区は住宅補助に頼る多くの人たちがロンドン中心部の住宅費を払えなくなっている現実と格闘している。

Newham said the gap between market rents and the housing allowance was too big following the central government cap on housing benefit payments. Since January, councils have been writing to claimants telling them of shortfalls in rent that they will have to make up. The Chartered Institute of Housing estimates that Newham must have at least 1,500 families affected by welfare cuts immediately.
ニュウアム区によると、一般フラットの家賃と(支給される)住宅補助額の差は、上限額が下げられたために、とても大きい。(中略)。住宅関連の団体の試算では、ニュウアム区に住む1500家族がこの上限額の引き下げで影響を受ける。

 この報道があった同じ紙面には、家主側の言い分も掲載されていました。

Squeezed out: London landlords evict tenants hit by housing benefit cap
http://www.guardian.co.uk/society/2012/apr/24/london-landlords-housing-benefit-cap

 正直なところ、僕は誰が正しくて、誰が悪者という断定はできないです。住宅補助に頼ってまでロンドンに住み続けようとしているのはイギリス人だけではないですし。

 このエントリの趣旨からはずれますが、ニュウアム区内の低所得者層がどれほどひどい住環境に住むことになっているかという記事が今週掲載されました。

The woman who lives in a shed: how London landlords are cashing in
http://www.guardian.co.uk/society/2012/may/09/london-landlords-desperate-tenants

 とても長い記事ですが、読んでいただけると、ロンドンはオリンピックやエリザベス女王だけでは無い面を持っていることがよくわかります。ちなみに、この記事を書いたアメリア・ジェントルマンさんの夫は保守党の議員だったはず。

 で、やっと本題。最初の二つの記事と一緒に、ロンドンとイングランドのほかの都市で、ワン・ベッドのフラットの月の平均家賃と、それを払うために最低賃金の場合、週に何時間働かなければならないか、との比較チャートが掲載されていました。読者がコメントで指摘しているように、ほかの生活費をどう判断するかには言及されていません。
Housing on the minimum wage: how many hours would you have to work?
http://www.guardian.co.uk/news/datablog/interactive/2012/mar/19/housing-minimum-wage-map

 残念なことに、このリンクには紙面にあった数字が記載されていませんので、手打ちで。

Westminster: monthly rent £1,625-, hours of work 61.7 (以下、数字の順は同じです)
Kensington & Chelsea: £1,820-, 69.1
Hammersmith & Fulham: £1,300-, 49.3
Camden: £1,394-, 52.9
Islington: £1,257-, 47.7
Newham: £800-, 30.4

Stoke-on-Trent: £350-, 13.3
Oxford: £770-, 29.2
Harrogate: £500-, 19
Windsor: £750-, 28.5


 ロンドンと地方都市の労働時間の差から判るのは、この労働時間でまかなえるのは家賃だけでしょう。ということは、ウェストミンスターやケンジントンでは、食費まで払うにはもっと働けということになります。ただ、これはあくまで、「最低賃金で」という条件下での試算だと思うので、ロンドンの上位5区は、こんな状況で暮らしている人はいないと思います。
 しかしながら、この試算から言えることは、住宅補助が無ければ住宅費を自力で払えない人たちには、ロンドンはもはや住める場所ではなくなっている。ニュウアムの平均家賃が£800-と言うのは計算間違いなのではないかと思いました。が、これが現実なのであれば、ロンドンだけでなく、イギリス全国レヴェルでも最貧区の一つである、もしくは一つであったニュウアムに住む低所得層の人たちの生活が、例えばオリンピック需要によって激変しているということだと思います。
 ちなみに、イズリントンはボリス・ジョンソン市長が住んでいます。ハロゲイトについてはこちらを。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1354.html

 ここで、2月に考えた疑問を再び考えます:どうして人はロンドンに住みたがるのか?答えにはなりませんが、先日、イギリス人の友人の決断を聞きました。

 彼女と旦那は生粋のロンドナーでは無いですが、仕事の関係で既に20年以上住んでいます。2012年早々、一番下の子供の変化に気づいたそうです。それは、週を追うごとに子供の「英語」がひどくなってきているように感じ始めたと。で、あるとき学校(私立)側に依頼して英語のクラスを見学したとき愕然としたそうです。子供のクラスの半数以上が英語を母国語としない生徒とは知っていたそうですが、教えられている英語のレヴェルが、本来子供が学ばねばならないレヴェルからはほど遠かったとのこと。
 驚いているばかりではだめということで、公立校を含めて地元での転校を模索したそうですが状況はどこも同じ。ならばと言うことで、子供の教育のためにロンドンを離れることにしたそうです。

 二つの点が真っ先に浮かびます。まず、友人は持つ側にいるからこそすぐに転居できる。しかしながら、2点目として、イギリスの首都であるロンドンの学校で、イギリス人の子供が「英語」を学べない状況を望んだのはイギリス人か?

 上手くまとめられないので、僕個人の体験を最後に。昨日の土曜日、テレンス・ヒギンス・トラストでインタヴューのヴォランティア活動をしてきました。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-943.html

 昨日、最後に面接したのは、イギリスの中学にあたるセカンダリィで英語の教師をしているイギリス人。イギリス人で英語のプロフェッショナルである人に、日本人の僕が英語でインタヴューする。僕自身に動揺はまったく無かったですけど、インタヴューされた方はどう感じたのかを訊いてみたかったです。

劇場・美術館でのマナーはどこまで許容範囲か?

2012.05.12
今日、fabulous, glorious, wonderful, marvelous等々の形容詞を大盤振る舞いしたくなるほどの好天気(ちょっと寒かったが)をふいにしたくなかったので、午前中のヴォランティア活動が早くに終わり、再びグリニッヂへ。そのことは別に書くとして、帰宅途上、今朝の新聞を読もうと鞄の中から出てきたのは、読んでいなかったことすら忘れていた水曜日のガーディアン。

 大きな口の女性の写真があると思ったらビアンカ・ジャガーだった。内容はバービカンで上演されたフィリップ・グラスのオペラ、Einstein on the Beachの上演中にジャガーがフラッシュを使って写真を撮った、撮らないでもめ事が起きたというもの。

Flashpoint: Bianca Jagger and theatre critic's spat at the opera
http://www.guardian.co.uk/culture/charlottehigginsblog/2012/may/08/bianca-jagger-critic-opera-spat

 これだけだったらこのポストを書く気にならなかっただろう。が、これを受けてG2に以下の記事が。

Was Bianca Jagger wrong to take flash photos at the opera?
http://www.guardian.co.uk/culture/2012/may/08/the-new-cultural-rules-audience

 カーテン・コールでもフラッシュを使っての撮影は許されるものではないと思うが、ほかのブロガーの皆さんのところで、行けなかったコンサート、オペラやバレエのカーテン・コールの写真を見ることできるのは、嬉しい。

 ただ、例えばロンドンのように、ほぼ毎晩、オペラ、クラシカル、バレエにミュージカル、そして演劇が必ず一つ以上はかかっていると、劇場に足を運ぶ数だけ「えっ?こんなこと許されるのか?」と感じる経験があるだろう。

 以下は、あくまで僕個人の考えであって、特定の誰かを想定している訳では決して無いですからね。

1 Don't rattle your jewellery
 これは諸手を上げて賛同。特にスター歌手が出るオペラで、チケットをなんとかものにして最高の夜を味わおうと気合いを入れるのは判るのだが、ブレスレットをこれでもかとしている女性が前後左右にいるときは、「今夜のチケットはどぶに捨てたな」と感じる。

Even jewellery is a common problem. "It's women who insist on wearing those multiple bangles," says our classical critic Andrew Clements, "so that every time they move their arms, which they invariably do in the quietest passages, you get extra unwanted percussion." Clements also complains about loud snoring, so if you know yourself to be a snorer, perhaps have a can of Red Bull before the show. The weak-bladdered should have half.

 飲んだこと無いけど、レッド・ブルは眠気覚ましにいいのか。「3」でも言及されているけど、現代人の膀胱は20年前より弱くなっているらしい、というのがガーディアンの批評家の一致した見方。それと、男性女性に限らず、髪を盛大にアップしてくるのもやめてほしい。


2 Do you really need an audioguide?
 僕は、自分の意志で音声ガイドを使わないことにしているので、この部分の趣旨は理解できる。他方、音声ガイドによって、目の前にある未見の芸術作品だけでなく、既に知っていると思っていた作品を違った角度から知ることができることは有意義だと思う。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1215.html


3 Talking, lateness, cameras, food, body odour

someone recently bringing a whole Chinese takeaway into The Duke of York's in London.
 ロイヤル・オペラ・ハウスやバービカン、サドラーズでは決して起こることではないので、これを俄に信じることはできない。劇場にテイク・アウェイの食べ物を持ち込むなんて、来るところを間違ったのではないかとしか考えられない。


7 Off means off
 昨年だったか、ロイヤル・バレエを観に行ったある夜。となりには夫婦らしきカップル。オーディトリアムが暗転し、音楽が始まってすぐに女性がブラックベリーを取り出し画面を見始めた。即座に、「Please, you should not switch it on」と小声で、でも怒りを込めて鋭く言ったら、「my daughter is sick at home」。だったら劇場になんて来るなよ!

 記事の中では、アメリカではトゥイッターを発信できるように計らっているアメリカの劇場があるようだけど、舞台で物語が進行している間でも、「I am here!」と他の人に発信していないと不安で押しつぶされてしまうような人は、舞台から学ぶこと、学べることは何も無いと思う。


 こんなことを書いている僕自身、身勝手なのだと自覚している。なぜなら、舞台鑑賞、美術鑑賞はかくあるべきという僕の思い込みを他の人に押し付けているのだから。

 それでも言いたいのは、高い金を払ってチケットを購入し、この日のために体調とスケジュールを整えて劇場に臨んでいるのはあなた一人ではない、ということは理解してほしい。その夜のチケットすべてを買い占めているのであれば、何をしようと勝手。でも、劇場に、美術館に来ることの醍醐味の一つは、舞台から、美術作品から得る喜び、驚き、不満、困惑をそこに居合わせた人と共有できること。そのような非日常の体験を、自分勝手な振る舞いで破壊してしまうのはもったいない。

パンク歌手の決断と寄せられた言葉:トランス・ジェンダー

2012.05.12
今週、ロッキング・オンのウェブで「アゲインスト・ミー!のトム・ゲーブルの性転換をガスライト・アンセムらが応援 」というニュースを読んだ。

 先に進む前に。僕がどうしてトランス・ジェンダーのことに関心を持ち始めたかを知ってもらうために、まずこの二つを読んでみてください。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-50.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1316.html


 まず、アゲインスト・ミーと言うバンドも、ガスライト・アンセムというバンドも全く知らない。記事の最初の方で書かれているように、ロックやパンクの中でトランス・ジェンダーの話題は確かに聞いたことが無かったので、何とも言いようのない感慨がわいてきた。

アゲインスト・ミー!のトム・ゲーブルの性転換をガスライト・アンセムらが応援
http://ro69.jp/news/detail/67633

 トム・ゲイブルがどれほどのサポートを、そしてどれほどのいわれの無い中書を受けて、またこれから受けるかは本人も全く判らないことだと思う。彼女が望むことが実現することを。

 考えさせられるのはガスライト・アンセムからのメッセイジ。

「するとトムはこれからローラになるんだね……しかし、2012年にもなって今もインターネットで他人の人生にケチをつけてはその人の人生における選択を理由にその人を貶めたり、敵意を露わにする人がいるとはね。こうしたことを経験し、結局、平穏をえられず、自殺してしまう人たちについてどう考えているんだろう? そうなってしまう方が今度のトムの決意よりまともだと思う? あるいは逃避からものすごいドラッグ中毒になって自分の人生も家庭もめちゃくちゃにする方がましかな?」

「たとえば、トムをそっとしておいてあげるという選択はどんなものだろう? あんたの偏見や意見などとは無関係に他人にはその人なりの人生の選択をしてもらうというのはどうだろう? これは人が要求される決断のなかでも最も大変なもののひとつだよ。ぼくのごく貧弱な知識を合わせても、それでもトムは生まれたその瞬間から自分がずっと間違った存在として生かされてきたという思いを味わってきたいうことを意味するからね。これはぼくたちの99パーセントが理解できないことでもあるんだ。あんたが賛成しようがしまいが、これはあんたの人生じゃないんだよ

http://ro69.jp/から引用)

 原文がどのように表現されているのかは判らないが、「性転換」や「性同一障害」という言葉の上っ面に踊らされてトランス・ジェンダーに唾棄することを喜びとしている人は最後の部分、

あんたが賛成しようがしまいが、これはあんたの人生じゃないんだよ

 を考えてみてはどうだろう。本人だけではない、これまで関係のあった家族や友人たちにとっても、予想のできない衝撃があるはず。そんなときに、全く関係のない、蚊帳の外にいる人々による心ない言葉ほど、悲しいものは無いと思う。

 何を言ってるのだか判らないというのであれば、このたとえはどうだろう。どうして地震が起こると判っているのに、日本人は日本に住み続けるのかと、日本に住んだことの無い人に言われたらどう思うだろう。昨年の夏、シルヴィ・ギエムに東日本大震災について彼女の想いを聞く機会があった。その冒頭で彼女はこういった。

私は何度も日本を訪れているからこそ、地震がおきることも良く知っています。でも、そのことを知らないほかの国の人は、「どうして(日本人は)日本を離れないんだ?」といっているのを何度も聞いたことがあります。だって、日本は皆さんの国なのですから。

 トランス・ジェンダーの人に「どうして性別をかえなければならないんですか?」という質問は、「どうして日本を離れないんですか?」と根は同じだと僕は思う。

 あなたの隣にいる人はあなたではない。全く別の個人。その人があなたと違うことにどうしてあなたが口出ししなければならないんですか?頼まれたのですか?何か被害があるんですか?

 セクシャリティだけではない。異文化、異人種、または同じ国の中でも習慣の違いで偏見や差別が起きることは、僕が自分の心の中に抱える偏見を考えれば普通のことだと思う。自分の中の偏見から自由な人なんてごく少数だろう。

 僕が自分の生き方を模索する自由があるように、図らずもトランス・ジェンダーというラベルを背負ってしまった人々にも彼ら・彼女たちの人生を全うする自由がある。自分と他者が違うことはごく自然なことであり、他方、その違いを受け入れることが時にとても難しいことも普通のことだと思う。
 
 人々を区別する「ラベル」によって、「違い」があることを受け止めることができないなら、余計な口出しはするな、ということをガスライト・アンセムのメッセイジから考えている。違いを「理解しなければならない」という強制ではなく、その違いがあることを「アクセプト」することは、セクシャリティや文化の差を理解するための出発点ではないかと思う。

チャールズとカミラ夫人、お天気キャスターに

2012.05.10
Prince.jpg

こういうフットワークの軽いところが、イギリス王室のいい所だと思う。

It's the Prince of Gales! Charles and Camilla have soggy forecast for the UK as they take to presenting the weather live on TV
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2142411/Prince-Charles-forecasts-rain-UK-live-BBC-weather-bulletin.html


Prince Charles presents the weather at BBC Scotland

http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-18018232

Camilla, Duchess of Cornwall, turns BBC weather presenter
http://www.bbc.co.uk/news/uk-18026175

Wife.jpg

英チャールズ皇太子が天気予報 BBCでキャスターに
http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012051101000858.html

【ロンドン共同】きょうのお天気キャスターは、チャールズ皇太子―。英BBC放送で10日、天気予報のコーナーにチャールズ英皇太子が登場する一コマがあり、視聴者を驚かせた。

 メーンキャスターから「新しいメンバー」として紹介されたチャールズ皇太子は、スーツ姿で天気図を背景に「スコットランド地方は全域で気温が8℃、北からの風で寒くなるでしょう」などとリポート。冗談を交えながら伝え、スタジオには笑いが起きた。

 皇太子はBBCのスコットランド放送局の60周年を祝うため、スタジオを訪問。妻のカミラ夫人も同様にお天気キャスターに扮した。


Charles Windsor: prince, heir to the throne … weather forecaster
http://www.guardian.co.uk/uk/2012/may/10/charles-prince-weather-forecaster-bbc

 ウィットに富んだチャールズさんの話し方(バルモラルのところで、Who the hell wrote this script?、と入れたところとか)。さすが、イギリス人。カミラ夫人はその点では旦那にはかなわないけど、頑張っているよね。両者とも大変聞き取り易い英語なので、日本にいる皆さんにはいいリスニングの教材になるでしょう。

At Studio

グレイト・ブリテン・ファッションの切手、発売

2012.05.10
久しぶりの切手ネタ。来週5月15日に、イギリスを代表するファッション・デザイナーの服を使った記念切手が発売になる。

120515fashion6.jpg

120515fashion4.jpg

Great British Fashion
http://www.norphil.co.uk/2012/05a-great_british_fashion.htm

 使われた服が、デザイナーたちの「これは」という創作かどうかは判らない。個人的には、やっぱりウェストウッドとマックウィーンがいいな。

Stamps    Comment(0)   ↑Top

ジョン・アーヴィング/ ノーム・チョムスキィ

2012.05.08
4月29日のサンディ・テレグラフの付属雑誌に、ジョン・アーヴィングのインタヴューが掲載されていた。

John Irving

John Irving: the hitman
http://www.telegraph.co.uk/culture/books/9228568/John-Irving-the-hitman.html

 アメリカやカナダでは既に発売になっているようだが、イギリスでは5月10日にアーヴィングの最新作、「In One Person」が店頭に並ぶ。最新作の主題は、セクシャリティ。それのプロモーションのためのインタヴューであることは明白とはいえ、滋味あふれるよいインタヴュー。個人的にはまったのはこの箇所。

“I’m assuming people are decent,” she replies, optimistically. Irving groans as she says this. “If you write a book that’s convincing and realistic, which a novel is supposed to be,” he says, “then you’re going to have to deal with people who don’t have the imagination to think anyone could imagine something. When it comes to sex, especially. Every-one has imagined at a young age having sex they’ve never had and never will.” He pauses, eyes on the road ahead. “OK, maybe Rick Santorum hasn’t.”

garp.jpg
(かつて存在した、サンリオ文庫版。実家にまだあるはず)

 同世代でアーヴィングにはまった多くのひと同様、僕がアーヴィングを知ったのは「ガープの世界」。映画でさんざん涙を流し、日本語訳を読み、原書を読み、そのどれもが素晴らしかった。で、「ホテル・ニュー・ハンプシャー」、「熊を放つ」、「サイダー・ハウス・ルール」までは結構のめり込んで読んだのだが、その後がどうもだった。長さはまったく苦にならないのだけど、僕が主題とすれ違ってしまっている印象が続いた。
 でも、今回はカウンセリングで自分のリサーチ分野として設定しているセクシャリティなので、気合いを入れて読みたい。タイムズの書評が引用していたアーヴィングの言葉。

I like sexual outsiders; they attract me. I find them brave... our society may be a little more tolerate of sexual differences than in the Fifties and Sixties, but this doesn't mean that the sexual outsider or misfit is 'safe'.


 5月1日のガーディアンにノーム・チョムスキィの新作紹介をかねて、内容が一部引用されていた。

Noam Chomsky: What next for Occupy?
http://www.guardian.co.uk/world/2012/apr/30/noam-chomsky-what-next-occupy

 主題は、昨秋から今年前半まで世界中でわき起こった「オキュパイ・ムーヴメント」がもたらした変化と、このムーヴメントが今後どのような方向に向かうかというもの(らしい)。

 引用された部分は短いし、難しい単語が頻繁に出てくる訳ではないのですっと読める。が、興味はあるけど僕自身、オキュパイ・ムーヴメントを特にアメリカで牽引していた人々は結構恵まれているのではないかという印象がある。その印象を改めるべきかどうかのために、読んでみたい。

 ちなみに、これまでの経験からだと、書籍からの引用は一定期間が過ぎるとウェブから削除されることが予想されるので、興味のある方は早めに印刷しておいた方がいいかもしれない。

Books    Comment(0)   ↑Top

遠野まごころネット参加の記録

2012.05.07
2011年3月11日に起きた東日本大震災来、次に一時帰国するときは東北地方でのヴォランティア活動に参加したいと思っていました。可能であれば自分が携わっている「メンタル・ヘルス、 心理カウンセリング」の分野で参加したいといろいろと探しました。震災数ヶ月後以降でも日本で活動していた国際人道支援団体のいくつかにも連絡・問い合わせをしたのですが、東日本大震災後も次々に世界各地で起こる自然災害や民族間の紛争に焦点が移り、日本での継続的な支援活動は縮小するという返答が多かったです。また、メンタル・ヘルス・サポート分野は既に短期の支援から、中・長期への支援活動にシフトしています。短期の新参者が心理カウンセリングを提供するよりも、地域に根ざしたカウンセラーが定期的にするという計画に参加することは、今回の一時帰国では難しいことでした。
 自分がやれることは心理サポートだけではないだろうと切り替え、周りの友人たちに相談したところ岩手県の遠野を拠点に支援活動を続ける「遠野まごころネットhttp://tonomagokoro.net/)」が個人のヴォランティアを受け入れていることを知りました。短期間(2日間)のヴォランティア参加も受け入れるとの返事を受け取り、参加を決めました。

 装備をそろえるのは困難なことでありませんでした。遠野まごころネットが提供している各装備の情報をアマゾンで検索すると、選択肢がたくさん出てきます。クリックして実家に送っておくだけでした。一つ甘く見ていたのが、軍手。軍手を二枚重ねにしておけば平気だろうと予想していたのですが、実際に力仕事に参加して感じたのは厚手のゴムの手袋を軍手の上に重ねた方が不測のけがを最も防げるのではないかと感じました。僕はけがをした訳ではないですが、泥の中から出てくるガラス片や瓦の破片の中には、とても鋭いものがたくさんあったので、用心した方がいいと思います。
 さらに遠野に到着するまで見落としていたのは、長靴のソール。てっきり釘踏み抜き防止の鋼鉄ソールが入っていると思っていたら、まごころネットの事務所で会ったリピーターの方に念のため調べてもらったところ入っていないと。この踏み抜き防止ソールが無いと、力仕事参加は不可です。どうしようかと思ったのですが、幸運にも遠野市内にはいくつかこのような装備を扱う専門店があり、まごころネットの事務所のそばにもあるので明くる日の力仕事参加の前に購入することができました。ただ、やはりくる前に装備はしっかりそろえておいた方がいいと思います。

 個人的に最も難関だったのが、ヴォランティア保険の加入でした。インターネットで簡単に加入できると思っていたのですが、それは不可能。どこで入れるのかを検索し続けて判ったのは、原則、全国社会福祉協議会での扱いになるということ。実家のある地域の協議会に連絡して届いた返事は、その地域では福祉協議会の事務所ではなくて総合ヴォランティアセンターでの加入手続きになるとのこと。帰国便が早朝の到着だったのでその日のうちに加入できましたが、正直なところ焦りました。
 この保険が、純粋にヴォランティア活動のための保険であるからこのようなことになるとは理解できてはいましたが、本当に大変でした。また、まごころネットで知り合った長野県在住のオーストラリア人夫妻も、住んでいる千曲市の事務所では申込所が無くて別の役所からファクスで送ってもらったそうです。ヴォランティア保険の加入は必須なので、加入方法を全国で統一した方がいいのではと感じました。

 僕が参加したときには、まごころネットが事務所として利用していた遠野浄化センターの敷地内に建てられた事務所の大部屋では、寝袋利用で寝泊まりできるようになっていました。ヴォランティアとして参加している人たちとの交流を図りたい方には最適だと思うのですが、一時帰国して数日後では時差ぼけで眠れず周りにも迷惑になるかもしれないし、また僕自身の体力にも自信を持てなかったので(若くはないですから)遠野に住んでおられる方からいくつか宿泊施設を教えていただき、「民宿とおの」さんにお世話になりました。
 浄化センターにも徒歩10分ほどの場所にあり、とても便利でした。ヴォランティア活動や、復興活動に携わる人がよく宿泊するということで、朝食の開始時間も朝6時からとの配慮で、遠野まごころネットの活動にも支障無く参加できました。実際、毎朝午前3時くらいには目が覚めてしまったのでこの選択は正解でした。遠野にはいくつも民宿やホテルがありますが、復興に携わる人々が拠点にすることが多いらしく、予約は早めにしておいた方がいいでしょう。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157629816714861/
(遠野、箱崎の写真)

 力仕事に参加した3月27日と28日の両日とも、釜石市の箱崎地区での小さながれき撤去活動に携わりました。何人かいた外国人ヴォランティア参加者への通訳も依頼されましたが、いったん活動が始まるとひとつひとつ通訳する必要も無く、各自が何をするべきかをしっかり理解していて、予想していなかった交流もでき、参加できて本当によかったです。
 活動の内容は、防波堤のすぐそばにあり、津波によって破壊された家々の未だ泥をかぶった土台を清掃すること。釜石班のリーダーの方(若林さん)によると、ヴォランティア が清掃するエリアはもしかすると今後、埋め立てられることもあり得るので無意味に思えるかもしれない。でも、家の持ち主の皆さんからすると、たとえ土台だ けでも、自分の家がどこにあったかが判ることで踏ん切りがつき、復興に向けて踏み出せるとのことでした。
 両日ともそれぞれ80人くらいのヴォランティアが箱崎地区に派遣されました。それだけの数のヴォランティアががれき除去作業を3時間続けても、2軒の土台がやっときれいになるかどうかといった具合です。

  箱崎は、まごころネットの支援が最も遅くに始まったところだそうです。理由は、震災後、箱崎地区に入ってきた最初の部外者が窃盗団で、地域の皆さんがヴォランティアでも部外者が来ることに強い警戒を抱いていたからだそうです。しかし、まごころネットが毎日派遣するヴォランティアたちが活動を続けるのをみて次第に理解が深まり、今では復興計画についてもともに話し合っているそうです。

 実際の現場で感心したのは、現場のリーダーの危機管理(ちょっと大げさな表現ですが)の仕方。いくつかの班に分けられた活動現場をまんべんなく回り、活動にのめり込むあまり(悪いことではありませんが)体力を超えたような働きをしているヴォランティアに向けて、「仕事じゃないんだから、ヴォランティア活動なんだから、ちょっと休んでいいんですよ」、と気楽に声をかける。試行錯誤があったと想像できますが、活動中には心配なことはありませんでした。

 外国人参加者よりも、ロンドンから参加した日本人というのがいい意味で目立ったようで、珍しく何人かの方から話しかけられました。いつもはガードが高いので話しかけられることは少ないのですが、今回はいつもとは違う状況ということでガードを下げました。一人で初めて参加されている方々も何かを声に出してみたいのだろうと思いましたし。

 岐阜から参加された男性は、勤続20年の連続休暇を利用して参加されたとのこと。お盆と正月以外でこのような連続休暇を取ったことが無いのでどうすごそうかといろいろと考えてヴォランティア活動への参加を決めたそうです。この方のすごいのは、車を一人で運転して岐阜から遠野までこられたとのこと。このかたも含めて、同世代とおぼしき会社勤務の男性の皆さんのほとんどがヴォランティア休暇を使っての参加ではないということ。
 現在の日本の経済状況を考えれば、ヴォランティア休暇を自力でもうけることができる会社は限られているでしょう。ならば、国が補助するとかの動きがでないものかと。埼玉から参加していた教師をしている男性たちは、遠野での活動終了後に花巻で一泊してから戻ると言っていました。というのも、花巻ではヴォランティア活動参加者にヴォランティア割引を提供する温泉宿があるからだそうです。
 二日目に、活動の合間に話したのは、最近、ゴアテックスの取締役(だろうと想像しています)を退職した梨本さんという方。退職して、今後どのようなことで社会とかかわっていくかを考える過程で今回のヴォランティア活動参加を決めたそうです。真似できないなと思ったのは、「ヴォランティア活動を一緒にしている人たちともっと交流するために」寝袋で寝泊まりしていたこと。

 ここまで読んでいただければ明らかですが、ヴォランティア活動に参加するのは無料ではありません。それなり、というかかなりの出費になります。そして、それだけの出費をしたからと言って、活動に参加できる保証はありません。天候が悪ければ、活動が中止になることもあります。
 イギリスでのヴォランティア活動を通して学んだことの一つは、自分が提供する活動が必ずしもいつも受け入れられるわけではない、または実現しないこともあることを受け入れる準備ができているかということ。
 天気が悪くて参加できなくなってしまったときに、「せっかく準備してきたのに。天気が悪いだけで活動できないなんて」、とつまらなく思うこともあるでしょう。でも、ヴォランティアが無理をして活動し、挙げ句怪我をしてしまっては、もしかしたらそれがヴォランティア活動全体の中止につながることだってあり得ます。支援を必要としている人たちにその支援が届かないことになってしまっては、本末転倒。
 僕個人としては、現在復興活動にシフトしている東北地方でのヴォランティア活動の中で、ヴォランティア参加者と支援を必要としている被災された人々の間にヒエラルキーがあってはよくないと思っています。しかしながら、一義的には、ヴォランティア活動はヴォランティアの支援を必要としている人々へその支援が届くか、ということ。個人の不満でその支援が滞るべきではありません。

 遠野まごころネットの活動に限りませんが、参加すれば活動に無条件に携われることではない、ということは覚えておいた方がいいと思います。また、ヴォランティア活動に参加してけがしてしまっては、とても悲しいこと。

 僕は今後どのようなかたちで貢献できるのか判りませんが、少なくとも自分が見聞したことをこのようなかたちで広めることはできるということで。遠野まごころネットの情報によると、最近、のべのヴォランティア参加者数が60000人を超えたそうです。
 今後、復興が進めばヴォランティア活動の内容も変わっていくでしょう。でも、それは復興支援がすぐさま終わるということではないです。まだまだ多くのヴォランティアが必要とされると考えます。
 震災後1年以上が経過し、支援活動に参加するヴォランティアの数が激減しているとのニュースを帰国前に読みました。実際に箱崎に行き、力仕事に参加して痛感したことは復興の道のりはまだまだ長く、被害が大きかった地区ではヴォランティアがこれからもずっと必要とされているということです。そのような状況で、ヴォランティア参加者への配慮を国が率先して中止しようとする態度は、現状を見ているのだろうかと。

 書いてきたように、ヴォランティアとして参加することは誰もがすぐにできることではありません。仕事、家庭、資金の都合を付けるなどたくさんの準備が必要です。ですから、強制されて参加するものではありません。復興活動を別のかたちで支援することもできるでしょう。大切なのは、この自然災害の被害を忘れてはならないということ。
 遠野まごころネットの運営に携わるすべての皆さんが参加したヴォランティアたちに何度も強調していたことは、体験したことを家族や友人たちに伝えて欲しい。なぜなら、今回の震災の記憶を風化させないために。その不安が現実にならないことを切望します。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1624.html
(英語で書いたもの)

これは47Newsの特集。無料で読めます。
http://www.47news.jp/47topics/e/tsukuru.html


ロンドン2012フェスティヴァルももうすぐ

2012.05.07
2012Fes1.jpg
(オフィシャル・ガイド。イギリス各地の美術館やコンサート・ホールなどで無料で配布されているはずです)

すっかり遅くなりましたが、4月26日、ロンドン塔で催された「ロンドン2012フェスティヴァル」の正式発表会見に参加してきました。

http://festival.london2012.com/

 検索しても、日本ではほとんど話題になっていないようです。また、規模が大きすぎてすべてのイギリス人が意識している訳ではないというのも現実だと思います。しかし、どのようなイヴェントが予定されているかのリストを読み始めると、「文化」の名のもとでダンス、音楽、絵画、彫刻、歴史遺産と現代アートのコラボレイション、ファッション、コメディ、演劇、映画と盛りだくさん。無いのは文学と食ぐらいかもしれないです。

 26日は横殴りの雨が降りしきる朝でした。アテンドを頼まれても必ず断るロンドン塔には、こんな機会が無ければ行かないだろうとはいえ、これから数年はロンドン塔には行かなくて済むように祈りました。タワー・ヒルの駅から入り口までが遠くて好きじゃないんです。
 周辺情報から。会見には、文化相のジェレミィ・ハント氏も参加していました。ハント氏はルパート・マードックに便宜をはかったかどうかで話題になっていたこともあり、一部のメディアは彼を目当てに来ていたようです。ロンドン2012フェスティヴァルのディレクター、ルース・マッケンジー女史による注目イヴェントの紹介が終わるとハント氏は逃げるように控え室に。それを捕まえようと、会見室を大急ぎで退出する記者団の騒々しさに、政治家のスキャンダル報道って、どこも同じなんだな、と。
 イギリスの主要メディアはほとんどそろっていたようです。海外からの参加も多く、ドイツ語やフランス語が耳に入ってきたし、さらにブラジルのメディアがかなり参加していました。

2012Fes2.jpg

 リスティングの詳細はウェブを読んでいただくとして、一つこの「ロンドン2012フェスティヴァル」とは何か、ということを。
 このこともウェブには書いてあります。2008年から始まった「カルチャラル・オリンピアード」の集大成が12週間にわたる「ロンドン2012フェスティヴァル」だそうです。この記者会見に先立って、別の日(このときも大嵐)にマッケンジー女史と広報担当の男性にインタヴューしたときに尋ねたのは、イギリス全土で展開するこのフェスティヴァルの名前がどうして「ロンドン」なのか、ということです。
 答えは明瞭で、「ロンドンという都市のブランドよ」、と。もちろん、7月下旬に開催されるオリンピック、それに続くパラリンピックがロンドンでということが大切な要素であるとはいえ、「ロンドン」という一都市がブランドとして発する力の大きさは、例えば「UK2012フェスティヴァル」とは比べられない求心力を放出するということなのでしょう。また、では「Tokyo2012フェスティヴァル」や「ニュー・ヨーク2012フェスティヴァル」としたとしてもそれぞれの都市が持つブランド・パワーはロンドンが示すものとは違うだろうことを考えると、マーケティングの成果を感じます。

 すべてのイヴェントが新しい訳ではなく、毎夏恒例のBBCのプロムスがこのフェスティヴァルの一つなっていたり、ロイヤル・オペラやロイヤル・バレエが上演を予定している演目がプログラムの一部になっています。が、力の入れようは凄まじく、プロムスの目玉はダニエル・バレンボイム指揮、West-Eastern Divan Orchestraによるベートーベンの九つの交響曲の演奏。会場となるロイヤル・アルバート・ホールが好きではないのでプロムスはパスなんですが、第九にドイツ人メゾ・ソプラノのヴァルトラウト・マイヤーが出演予定なので考慮中です。プロムスのチケット発売は5月12日から。
 音楽に関しては、クラシカルだけではありません。7月21日と22日には、テムズ川沿いの五つの会場で無料コンサート(チケット入手は必須)が開かれます。また、本来は6月開催が通常らしいメルトダウン・フェスもこれにあわせて8月の開催になったようです。このメルトダウンに、ゴス信望者の女神的存在であるエリザベス・フレイザーが出ることになり(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1637.html)、明日、5月8日のチケット発売はどうなることか。

2012Fes3.jpg

2012Fes4.jpg

 情報として面白かったのはコメディ。最近、確実な出生の証明ができないというニュースで話題になったチャップリン。彼がキャリアの最初の頃に出演していたのが、ロンドン北東部のハックニィにある、オリンピック・パークの近くでもあるハックニィ・エンパイアだったそうです。その縁で多くのコメディアンがハックニィ・エンパイアに集結するんだそうです。

 コミュニティ参加イヴェントとしてとても興味深いのは、ビッグ・ダンス。イギリス各地の都市で順次催される参加無料のダンス・イヴェント。これは、イギリスを飛び出し得、世界各国でもその地のブリティッシュ・カウンシルによるビッグ・ダンスがあるそうなので、日本国内でも参加可能かもしれません。

 もっとたくさんの情報がありますので、イギリス在住の方はどこかでオフィシャル・ガイドを入手、そしてイギリスにいない方は公式サイトでイヴェントを探ってください。たくさんの無料イヴェントがあるとのことなので、イギリス滞在がもっと面白くなるかもです。


真珠の女王、王様の集まり

2012.05.07
The crowning of the pearly king and queen - in pictures
http://www.guardian.co.uk/uk/gallery/2012/may/06/crowning-pearly-king-queen-pictures
(写真はリンクしたガーディアンから拝借)

Pearly-King-and-Queen-004.jpg

Pearly-King-and-Queen-010.jpg

エキセントリックな人というのはどこの国にもいるのだろうけど、イギリスのエキセントリシティというのは、たまに、他の国とは違う方向に向かっていると感じる。
 パーリィ・キング、クィーンを引き継ぐ人の感覚は、僕には、イメイジだけで全く地縁も血縁もないのに似非コックニィをまねようとする人と同じだと思う。不思議だ。どうして人はイースト・ロンドンに郷愁を持つのだろう。

カティ・サーク、復活

2012.05.06
2007年(そんな前だったか)に火事によって燃えてしまったカティ・サークが、5年の歳月をかけた(忘れるのも当然の長さ)修復が終わり、4月25日から再び一般公開されました。正直、海洋関係については何一つ知識を持ち合わせていないですし、また関心も大きくありません。しかし、エリザベス女王夫妻が修復されたカティ・サークを見学したし、グリニッヂは僕自身の中では気軽に行ける非日常のロンドンという印象があって好きな場所なので、凍えるような寒さの中、観てきました。
 
 今週末は、イギリスの数少ない祝日の一つ、バンク・ホリディ・マンディの週末。でも最高気温は連日10度以下の寒さ、天気は時折雨がぱらつくと空いているだろうと思っていました。ところが、友人と待ち合わせたカナリィ・ワーフで乗ったDLRは日曜日とは思えない乗車率。降車したカティ・サーク駅の外に出てみると、こんなに込んでいるグリニッヂは初めてなほどの人ごみ。長い週末、そしてカティ・サークの人気だろうなと。

 駅を出てショッピング・モールを抜けて左を見ると、すぐにカティ・サークの姿が、修復中の写真はこちらにあります。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1072.html

 川沿いだし、ロンドン・セントラルと比べると気温が低いとは判っていても、「今は本当に5月なのか?このまま夏がこないまま冬になってしまうのか」、というほどの寒さ。にもかかわらず、カティ・サークの周りには多勢いの人が歩き回り写真を撮っている。テムズ川の方に目を向けると視界に入ってきたのは、現役の軍艦。

London 2012 Olympics: HMS Ocean moors on the Thames for security operation
http://www.telegraph.co.uk/news/picturegalleries/uknews/9246216/London-2012-Olympics-HMS-Ocean-moors-on-the-Thames-for-security-operation.html

 ヘリコプターが頻繁に発着訓練をしていました。その先には、ロンドン中心部の新名所になるであろうシャードの姿がグリニッヂからもしっかり見て取れました。

 先に書いたようにグリニッヂは好きなので、もっと頻繁にくる為のモティヴェイションをあげるために国立海洋博物館のメンバーになりました。そうすると、カティ・サークの入館料も無料。なので、僕はすぐに入れたのですが、友人は12時入館のチケットで、時間厳守と言われたので時間がくるまで周辺を見物しながら時間つぶし。カティ・サーク修復にあわせたかのように、新しいレストランが開業していたり、テムズ・クリッパーのチケット売り場がすっきりとした姿になっていました。
 在ロンドンの方、またこれからロンドンに来て週末にカティ・サークを見学しようかと思っている方は、チケットを先に購入しておくことをお勧めします。チケットを持っていない皆さんの待ち時間は、今日の正午の段階で40分ほどでした。

 内部での写真撮影は可能。往時の姿を僕は写真でしか知りませんが、内部の展示はカティ・サークの紅茶貿易を中心にすっきりまとめられていて予想以上に観易く、感心しました。また、デッキに出ることも可能で、そこから眺めるロンドン中心部の姿は、まるで別の都市のよう。足が不自由な人、視力の弱い人(僕)には移動や展示物の見学にちょっときつい部分もあるかと思いますが、修復に5年かけた意義はあったと感じました。

The Cutty Sark rises from the flames - in pictures
http://www.guardian.co.uk/culture/gallery/2012/apr/24/cutty-sark-fire-conservation-in-pictures

The Cutty Sark: hoist the main sail!
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2012/apr/23/cutty-sark-hoist-main-sail

 展示は思いのほか楽しんだのですが、寒くてこれ以上は耐えられなくなって、海洋博物館の特別展示、「Royal River」は今月中になんとか。ルーマニア出身の船舶王からの巨額の寄付により、海洋博物館も大きく改装されていました。

 グリニッヂに関する情報を。まず、日本でも報道されているかと思いますが、グリニッヂ標準時間の廃止が世界のあちらこちらで浮上しています。

British scientists preparing to fight to keep mean time at Greenwich
http://www.telegraph.co.uk/science/science-news/9013028/British-scientists-preparing-to-fight-to-keep-mean-time-at-Greenwich.html

 これが現実になったら、グリニッヂにとっては痛恨の一撃となることでしょう。観光客があの頂上まで登って、さらに標準時間の線をわざわざまたぐ意味がなくなりますからね。
 グリニッヂ・パークはロンドン・オリンピックとパラリンピックの乗馬競技の会場。本番を前に既にトライアルもすんでいます。今日、その設営会場を見たのですが、景観が台無しでした。

 日本で撮影した写真の整理がまだ終わっていないので、今日撮った写真は、いつかはフリッカァに。桜の写真を半分アップしたので、そちらをご覧ください。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/

鵞鳥の卵2

2012.05.05


 ファーマーズ・マーケットのジャガイモ屋から購入した鵞鳥の卵と、オーガニック食品店で購入した普通の卵。黄身の大きさが違うのは当然として、色の濃さの違いは歴然。少なくとも、新鮮な緑の草を食べているからだろう。聞いたところでは、魚粉などが与えられていると、色が断然薄いらしい。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1639.html

移民政策以前の問題:移民局のシステム障害

2012.05.05
ロンドン市長選を含む地方議会選挙報道でメディアが加熱していた昨日のガーディアンにひっそりと掲載されていたニュースに驚いた。イギリスに在住している外国人で、滞在にヴィザが必要な人は知っているに違いない、ロンドン南部、クロイドンのUKBAのオフィス。そこのコンピューターが故障したために、ヴィザ申請のためのアポを取っていた人々が帰宅を余儀なくされただけでなく、ヴィザ申請中でパスポートをホーム・オフィスに預けている人たちがイギリス国外にでられなくなっている、というもの。

UK Border Agency computer failure leaves thousands unable to travel
http://www.guardian.co.uk/uk/2012/may/03/uk-border-agency-computer-failure

Hundreds of people queueing in Croydon to renew residence permits told to go home after computer system crashes

Having probably queued to get into Britain, thousands of overseas residents, including senior business people and academics, now face the prospect of being unable to leave the country, possibly for weeks, because a key UK border agency computer system has crashed.

Hundreds of people queueing at UKBA's public inquiry office in Croydon, applying to extend or renew biometric residence permits, were told to go home on Thursday because the computer system could not cope.

The details of more than 600,000 foreign nationals living in Britain have been logged on the biometric residents' identity card database since it was set up four years ago.

But it has suffered repeated failures in recent weeks which culminated in a complete breakdown on Thursday. All afternoon appointments have now been cancelled for the next two weeks.

"It seems quite incredible that UKBA can arbitrarily cancel people's appointments, send people an email claiming that people have cancelled their own appointments, and then offer absolutely no alternative other than to rebook at a much later date for an appointment at the other end of the country," said one applicant in an email to the Guardian after having an appointment cancelled.

Immigration lawyers, including those representing overseas investors and entrepreneurs, said that all alternative appointments were booked for at least the next three weeks. The only other option open to applicants was to apply by post and send in their passport to obtain a new visa, but that risked being unable to travel for months while the application was dealt with.

Maria Patsalos of Mishcon de Reya said: "It's just madness at the moment. We have had chief executives caught up in this who can't understand why it is so backward. It's also affecting major investors. There are big problems with the computer system which crashes continually. These are often high net worth people who need to be able to travel. It is a complete mess that is getting worse."

Among those whose appointments were cancelled were foreign nationals who had paid £1,326 for a 24-hour visa service that enables them to keep their passport so they can continue to travel.

A UK Border Agency spokesman said they were experiencing some IT problems in their Croydon public enquiry office that they were working to resolve as quickly as possible: "In order to complete cases that have been affected, we will be reducing the number of daily appointments until 18 May. We will prioritise completing all outstanding applications and those with cancelled appointments can rebook through the UKBA website or can submit postal applications using our postal service."

But Keith Vaz, the Commons home affairs committee chairman, said it was a shambles and another example of UKBA's failure to plan properly for a new scheme.


 一つ、どうしても知りたいのは、この「移民いじめ」ともとられかねない現象は、世界のどこでも起きていることなのか、ということ。こんなことが起きるのはイギリスだけならば、国連が乗り出すべき甚だしい人権侵害だと思う。

 移民ヴィザを取り扱う専門家の回し者ではないです。本文を読めば、その専門家ですらこの混乱に振り回されていることが判るはず。彼らも半ばお手上げだろう。
 SNSの掲示板やコミュに「イギリスのヴィザ申請について、経験された方の情報を教えてください」という書き込みを頻繁に見る。が、この状況では素人が立ち向かうなど不可能ではないかと思う。素人同士が不安を煽り合う情報交換よりも、少しでも嫌な経験を軽減したいのであれば、リスクを最小限にしたいのであれば、有料の専門家に相談すべきだろう。

 このようなことが続けば、イギリスへの移民は減少に転じるかもしれない。移民が減ればシステムをアップグレイドする必要がなくなるかもしれないから一石二鳥だろう。しかしながら、起業家等、大金をもたらす人々も、イギリスへの愛想を尽かすことにもなる。金を呼び寄せたいのであれば、ましな努力をすべきだろう。

アダム・ヤウチ、逝去

2012.05.04
ビースティ・ボーイズの一人、アダム・ヤウチがなくなったというニュースが流れた。

Beastie Boys' Adam Yauch, known as MCA, dead at 47
http://www.guardian.co.uk/music/2012/may/04/beastie-boys-adam-yauch-dead

It is with great sadness that we confirm that musician, rapper, activist and director Adam "MCA" Yauch, founding member of Beastie Boys and also of the Milarepa Foundation that produced the Tibetan Freedom Concert benefits, and film production and distribution company Oscilloscope Laboratories, passed away in his native New York City this morning after a near-three-year battle with cancer.

Beastie Boy Adam Yauch dies aged 47 - his life in pictures
http://www.guardian.co.uk/music/gallery/2012/may/04/adam-yauch-beastie-boys

Beastie Boys star Adam Yauch dies aged 47
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-17963855

 音楽のフォーマットとして、ヒップ・ホップは好きではない。が、アダム・ヤウチのアクティヴィストとしての行動にはいつも強く惹かれていた。自分とほぼ同じ世代ということもあり、彼の訃報は、とても悲しい。

Songs    ↑Top

インターネットは忘れさせてくれない

2012.05.03
メイ・ディに、インディペンデント紙で興味を惹かれる記事を読みました。主題は離婚にまつわるつらい記憶をインターネット、突き詰めるとソーシャル・ネットワークが忘れさせてくれない、ということ。ですが、記事の後半にでてくる the internet doesn't forget って、離婚だけではないだろうということを考えました。青地にした部分は僕が興味を持った部分にしかすぎません。


Divorce in the internet age: It’s complicated
http://www.independent.co.uk/life-style/health-and-families/features/divorce-in-the-internet-age-its-complicated-7697688.html

To move on after a relationship ends, you need to be able to forget. But how can you when the internet has such a long memory?

Nathan Bransford
Tuesday, 1 May 2012

A year ago, as my first novel was being published and I was starting a new career, I was also dealing with one of the hardest stretches of my life due to an unexpected divorce. The divorce particulars won't break new ground in the genre and I don't pretend my experience is any more or less painful than what others have gone through.

But in the era of Facebook, Twitter, Google, email and blogs, this literally isn't your parents' divorce anymore. Thanks to the internet, there are things we never before had to worry about confronting and no roadmap on how to get through. The essentials of divorce may be the same, but the digital landscape new divorcees confront is new and deeply strange.

Lest you think the peculiar challenges of getting divorced in the internet era are limited solely to the highly connected, I should say I've never really lived my life in public. My internet presence is devoted almost entirely to my professional life and while I might peel back the curtain to flaunt my horrific taste in television shows, my day-to-day life has mostly been off-limits. But my personal life inevitably crept onto the internet, whether I wanted it to or not. I never even told the internet I was getting married in 2008, but when I announced on my blog that I would be featuring guest posts for a few weeks, one anonymous commenter guessed that I was going on my honeymoon. Then another managed to find (and link to) my gift registry, which I hadn't even realised was online. I deleted those comments, but shortly thereafter "Nathan Bransford Wedding" became the second most-searched term involving my name, a position it has bizarrely occupied ever since. ("Nathan Bransford Divorce" has risen to #3 on Google, despite my never having mentioned the divorce online.)

Shortly after our marriage, my then-wife started a blog that chronicled and photographed our real life. Despite being uncomfortable blurring our public and private spheres, I linked to her and mentioned her by name. My private life was creeping online anyway. It seemed futile to resist the semi-public nature of the web, which was fine until my marriage unraveled.

Post-divorce, the internet has become a personal minefield. There was the time shortly after the split when LinkedIn suggested I connect with my ex's new boyfriend. There was a time when Facebook kept surfacing "remember this moment?" photos of me and my ex from my mother's profile. I hid and changed my relationship status in the dead of night so as few people as possible would notice the change and ask me about it.

Worst of all is Gmail, which has one of the most maddening "features" to confront anyone going through a breakup. Nearly every time I wrote an e-mail to friends this past year, Gmail oh-so-helpfully suggested I include my ex-wife in the email. And you can't turn this off. It still happens, despite my pleas to Google to make it optional. (Google obviously doesn't employ enough divorcees.)

 このグーグルの部分は大いに共感する。一度でも同送メイルに誰かの名前を入れると、次回からは「このメイル・アドレスも入れるんじゃないの?」とポップ・アップしてくるのが煩わしくて仕方ない。

That awkward moment of running into your ex can happen virtually at any time, even when you're comfortably sitting at home. Every mutual friend's Instagram feed is an encounter waiting to happen. Every search through email to find an address or a phone number is a danger zone of old conversations and memories.

Blog readers and interviewers still ask after my wife, questions I have become increasingly skilled at dodging. Uncomfortable as it is, I can't put the genie back in the bottle.

When my ex and I split, she adopted a scorched Earth approach to social media. She deleted her Facebook profile and blog entirely and started new ones. (Facebook dutifully suggested I befriend her new profile.)

I didn't have the luxury of starting over. I had four years of posts devoted to writing and publishing and discarding all of that because of a few mentions of my ex wouldn't have made any sense. It's all out there anyway. It's my life, I can't pretend it didn't happen. The internet makes it impossible to cover your tracks.

 そんなこと(離婚)がなかった振りはできない。これまでに起きたことを隠すことはインターネット上では不可能だ。

 例えば、僕自身このブログを消去したとしても、誰かがポストを印刷して残しているかもしれない。その、「誰か」が、「どこに」、「何を」、どうやって保存しているかが判らないことは、インターネットのアクセスビリティの裏の側面かなと思う。

To move on emotionally after a divorce or a breakup, you have to forget. You gradually move on from the pain, the particulars of fraught conversations fade, your memories of being together become hazy and you reconstruct your life. The relationship eventually feels like a strange dream you once had, and you move on. That's how we heal.

 You have to forget に関しては意見を同じにしない。忘れたければ忘れればいいし、忘れたくなければ覚えておけばいい。誰にも強制されることではない。大切なのは、どうしてその特定の経験を忘れたいのかを、本人が理解しているかどうかだと思う。

But the internet doesn't forget. It has a perfect memory. And, what's more, it's constructed to force memories on you with the assumption that the experience will be pleasant. Most people don't have a photo album of themselves and their ex sitting on their coffee table, but Facebook Timeline shows your past to all your friends unless you go back and spend a lot of time revising your past. My ex's new life isn't entirely out of view – it keeps popping into my social media feeds and Google Reader.

 インターネットは忘れない。完璧な記憶を持っている。さらに、経験が快適なことであるとの仮定とともに思い出すことを強制するように構築されている。多くの人は元の奥さんがテイブルに座っているようなアルバムを持たない。しかし、自分の過去を整理する時間がなければ、Facebookはあなたの過去をあなたの友人すべてに見せる。僕の元妻の新しい生活は、僕の今の生活から完全に消えていない。ソーシャル・メディアやグーグル・リーダーでいつもポップ・アップしてくる。

 ひどい訳ですみません。日本語だと説明しづらいですが、ひとたびソーシャル・ネットワークに書き入れた出来事は、それを忘れたい時が来たとしていも、忘れることを許さないという、自分の過去が自分ものではなくなってしまっているもどかしさは伝わってくると思う。

I've had to draw up new blueprints with mutual friends to figure out how to navigate parties I'm not at that will be mentioned online. I've had to get used to the weirdness of commenting on the same friends' Facebook photos as my ex and living a strangely distant parallel life that sometimes can also feel way too close. Our natural coping strategies can't compete with Facebook and Twitter.

 人間に本来備わっている(つらい思い出に)上手く適応する能力は、Facebookやトゥイッターにあらがうことはできない。

 本当にそうだと思う。自分の目の前のスクリーンにある忘れたい過去を自分の意志で消去できない、誰に向けていいのか判らない、でもとても不快な苛立ち。

There is one big benefit to divorce in 2012, though. Now when I date new people, I don't have to have a painfully awkward conversation where I break the news that I'm divorced. Anyone who is a halfway-decent Google stalker has already figured it out.

 もちろん、これは書かれている方の皮肉です。

I debated whether to write about this for a very long time. I'm a naturally private person and a children's book author at that. But there's barely such a thing left as a personal life any more. Your life is preserved in Facebook status updates, Google searches and public records and it's impossible to erase the past. Whether that's a good or terrifying thing is beside the point. It just is.

I could keep it ambiguous online, or just clear up the mystery. I could continue to dodge questions about my wife, or I could just come out and say I'm divorced.

I'm divorced. There's no hiding from it in the social media era.

Nathan Bransford is an author and blogger


 IT音痴の僕には、ここで書かれているインターネットによる人生の書き換えを許されない現象の是非をしっかり議論することは難しい。しかしながら、インターネットへのアクセスが簡便になるにつれ、自分の与り知らないところで、あたかも「ドッペルゲンガー」が予測不能の場所で人々の前に現れ、自分の意志でない「自分」がえんえんと作り出されている、そんなことなのかなと思う。

5月10日に、国境係員のストが予定されています

2012.05.02
昨年に、似たようなことを書いたな、と。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1511.html

 さすがに収拾がつかなくなってきて、世界中にその恥を知らしめるのは絶対に阻止しなければとキャメロン君も思ったのか、ヒースロー空港のでパスポート・コントロール通過待ち時間を短縮する動きが活発してきたところで流れたニュースは、来週の木曜日、5月10日にそのパスポート・コントロールで働く係員の組合が年金制度の変更に抗議するためにストライキを予定しているとのこと。

Immigration Services Union orders walkout
http://www.bbc.co.uk/news/uk-17925532
The Immigration Services Union (ISU) is set to go on strike next Thursday, in a row over pensions.

Heathrow airport: New queues blow as border staff plan strike
http://www.thisislondon.co.uk/news/transport/heathrow-airport-new-queues-blow-as-border-staff-plan-strike-7706862.html
Passengers suffering from long queues at Heathrow received a new blow today as immigration staff announced plans to strike.
 
入国審査、混乱に拍車? 英、入管職員がスト計画
http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012050301000795.html

【ロンドン共同】ロンドン五輪を前に「空の玄関口」ヒースロー空港での長時間の入国審査待ちが問題となっている英国で、入国審査官らでつくる労働組合が2日、年金改革案に抗議して今月10日に24時間ストライキを行うとの計画を明らかにした。

 ヒースローでは2時間以上の審査待ちが常態化しているとされるが、ストが実施されれば、審査業務がさらに混乱する恐れがある。「人権侵害」「英国の恥」などと激しい非難を浴びている入管当局は、新たな火種を抱え込んだ。

 入管職員は昨年11月にも24時間ストを実施。政府はこの時と同様、他部署の職員らを臨時で入国審査業務に当たらせるなどの対策を取るとみられる。

2012/05/03 05:34 【共同通信】



 すごい国だなと改めて思うけど、このストライキの流れに関しては、政府の統括ミスが一番の原因だと思う。先週、ヒースロー空港の長時間の待ち時間が問題になり始めたとき、政府は「悪天候の影響で飛行スケジュールが変更になったからであって、いつもこうなることはない」、と天気のせいにした。
 あきれてものが言えないとはこのこと。天気が悪いことはイギリスではデフォルト、それを理由に言い訳を重ねるのは、昨年の東日本大震災後、福島第一原発の処理が後手後手に回ったときに日本政府が発し続けた「想定外」と同じ、責任放棄。

 5月10日にイギリスに入国する予定になってしまっている人には、「本当にストライキがあるかどうか誰にも判らないから、そんなことが起こりうるかも」という気分でいた方がいいと思う。明日、5月3日はロンドン市長選を含む、地方選挙、そして7日はスコットランドを除くイギリスはバンク・ホリディで休み。とういことで、選挙結果によっては、連立政権は選挙敗北の責任のなすり合いに明け暮れて、ストライキ回避にまで頭が回らないこともあるかもしれないし。

 閑話休題。今日、ブリティッシュ・エアウェイズの国際線の機長をしている南アフリカ出身の知人と、ロンドンに戻ってきてから初めてあった。開口一番、「ビジネスに乗れただろう?」と訊いてきたので、「誰もアップグレイドなんてしてくれなかったよ」、とだけ。
 続けて、「でも、羽田便は若いキャビン・クルーが多くて、しかもみんなフレンドリーで快適だったよ」と。「日本人クルーがいなかったのには驚いたけどね」。
 「そうなんだ。苦情がたくさん来ているらしいんだ。どうだった?困ったかい?」。

 「全然。日本人クルーがいればそれは楽だけど、僕がBAを選ぶのは構われすぎないところが気に入っているから。頼んだことはきちんと対応してくれたし、全然、問題なかった」。

 ということで、BAの羽田便を利用される皆さん、日本人クルーがいるかどうかは搭乗するまでは判らないようです。

ターナー・プライズの候補者、発表

2012.05.01
ターナー・プライズのことを書くのは初めて。候補になった作品も、さらに受賞した作品を美しいと感じたことは一度もない。自分には全く関係ない世界でのお祭り騒ぎでしかない。

 今日、今年度の候補者・作品が発表になった。昨年11月に観た、ポール・ノーブルが選ばれていた。

Hell-2009-by-Paul-Noble-007.jpg

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1512.html

 ガゴシアンで実物を観たときも、また写真を観ても「美しい」とは言わない。でも、自分が理解できる範疇での美術作品が候補になったことで俄然、興味がわいてきた。

Turner prize shortlist 2012: not just a simple case of Nobson's choice
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2012/may/01/turner-prize-shortlist-2012-nobson-noble
Paul Noble's weird world may be the frontrunner, but what about the sexy art of Elizabeth Price, the melancholy movies of Luke Fowler or the off-the-wall work of Spartacus Chetwynd?

Turner prize shortlist 2012 - in pictures
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/gallery/2012/may/01/turner-prize-shortlist-2012-pictures

 リンクの写真には入っていないけど、スパルタカスなんとかさんの作品には、トトロに出てきた「猫バス」をまんま使った作品があるようだ。日本で話題になるかな。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.