LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

2012年07月の記事一覧

2012.07.29 アクラム・カーンのダンス・シーン、アメリカでは放映されず
2012.07.29 ARIGATO in LONDON
2012.07.28 ロンドン・オリンピック開幕セレモニィ(前半だけ)
2012.07.28 ミット・ロムニィ、オリンピック批判で英メディアのかっこうの餌食に
2012.07.27 ロンドン・オリンピック会場間の移動
2012.07.26 私、可愛い?:ロンドンのゆるキャラになってしまうのだろうか?
2012.07.25 後ろ向きな態度はイギリス人が世界一
2012.07.24 世界の話題:7月24日
2012.07.24 ロンドン交通最新情報、7月24日
2012.07.22 ロンドン、O2ドームの屋根を歩く
2012.07.22 女性はエコノミィ・クラス、男性はビジネス:五輪の性差別
2012.07.21 メイソン監督の笑顔
2012.07.20 オリンピックが勝つか、ストライキが勝つか
2012.07.19 タマラ・ロホのサヨナラ公演は2013年2月にポルーニンと
2012.07.18 ロンドンが制御不能になる前に:G4Sの大失態
2012.07.18 クリストフ・プレガルディーン@ウィグモア・ホール
2012.07.17 Metamorphosis: Titan 2012 @ロイヤル・バレエ
2012.07.15 ロンドン・ケイブル・カー(ロープウェイ)体験
2012.07.15 Metamorphosis: Titian 2012
2012.07.11 Les Troyens @ ロイヤル・オペラ
2012.07.11 NHSへの誤解を解くために、その現状を
2012.07.11 雨、雨、雨、雨、雨、雨 in the UK
2012.07.11 転載:在英国日本国大使館領事班からのお知らせ
2012.07.10 Big Dance at トラファルガー広場
2012.07.08 タマラ・ロホの涙@ロイヤル・バレエ
2012.07.04 オリンピック・パラリンピック開催時の混雑予測ツール
2012.07.03 シリィ諸島の島々1:St Martin's
2012.07.02 シリィ諸島の光と陰:離島の楽しみ、リスク
2012.07.01 大揺れのイギリス銀行業界
2012.07.01 シリィ諸島、ミナック・シアター等の写真

アクラム・カーンのダンス・シーン、アメリカでは放映されず

2012.07.29
NBC, you are THE idiot!!!!!

スクリーンショット 2012-07-29 15.53.56
(from BBC)

 予想していたように、BBCのヴィデオはどうやら日本では観られないらしいのでウェブにアクラム・カーンとエミリィ・サンディのシーンがアップされていないかどうかを検索していたら別のニュースを見つけた。
 それは、アメリカのテレヴィ・ネットワーク、NBCがセレモニィの実際の最後のパートであるカーンとダンサーたちの踊りが最初から存在しなかったかのように放送したというもの。

Olympics choreographer upset 7/7 tribute not seen in U.S.
http://www.reuters.com/london-olympics-2012/articles/united-states/michael-phelps/2012/07/28/olympics-choreographer-upset-london-bombings

Akram Khan 'disappointed' NBC failed to show his dance at Olympics opening ceremony
http://www.telegraph.co.uk/sport/olympics/9436048/Akram-Khan-disappointed-NBC-failed-to-show-his-dance-at-Olympics-opening-ceremony.html

Akram Khan upset over NBC Olympic ceremony snub
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-19037588

 どのリンクも内容はほぼ同じなので、BBCからの引用を。

Choreographer Akram Khan has said he is upset his Olympic opening ceremony tribute to victims of the 7 July London bombings was not aired in the US.

Khan said he felt "disheartened and disappointed" NBC cut the segment which featured him and 50 dancers perform to Abide With Me, sung by Emeli Sande.

Instead, NBC aired an interview with American Idol host Ryan Seacrest and US Olympic swimmer Michael Phelps.

NBC said it had had no indication the segment was a reference to the attacks.

NBCは、あのダンス・シーンにはテロを想起するものが何もなかった、と。

NBCには想像力を持っている人間は居ないのか!!!

"I am really sad that I couldn't show the work in America, and that really upsets me, because I don't think it's any less or more than any of the other pieces," Khan told the Associated Press.

"Is it not accessible enough? Is it not commercial enough?

"It brings to mind the question - but maybe I'm wrong because I don't really know the reason - but it brings to mind a question that maybe it's too truthful, and I think that says it all really," he said.

Khan said he was asked by artistic director Danny Boyle to design a section of the opening ceremony around the theme of mortality.

Along with images of loved ones lost by those in the stadium, the segment was widely interpreted as a tribute to the 52 victims of the bombings in 2005.

However, NBC maintained the performance was never presented to them as such.

NBCは、あのシーンがなかったかのように放送した。

The ceremony's programme described the performance as dramatising "the struggle between life and death using such powerful images of mortality as dust and the setting sun".

NBC - which holds the exclusive rights to air the Games in the US - broadcast the ceremony on a time-delayed basis so it could be shown during primetime and made editing changes.

ということは、NBCが放送しなければ、アメリカ人の誰一人として、あのシーンを観ることができないだけでなく、「有った」という事実さえ知らないままなのか?これこそ、報道テロリズムじゃないのか!!!

 信じられないし、とても悲しい。

 テレグラフの記事の最後に、

In an effort to give viewers another opportunity to see the full ceremony the BBC is showing the full performance on the afternoon of Sat 18 August.

 とのこと。NHKにもぜひ、カーンのシーンを日本でも再放映してほしい。

スクリーンショット 2012-07-29 15.55.54

スクリーンショット 2012-07-29 15.56.05

スクリーンショット 2012-07-29 15.56.21
(すべてBBCから)

スポンサーサイト

ARIGATO in LONDON

2012.07.29
スクリーンショット 2012-07-29 10.29.06

友人が頑張っているので。

 ロンドン・アイの隣にあるカウンティ・ホールで始まったイヴェントです。

http://arigato-in-london.jp/top.html

 お時間があったら行ってみてください。

http://www.asahi.com/olympics/news/TKY201207290181.html
(朝日新聞より)


ロンドン・オリンピック開幕セレモニィ(前半だけ)

2012.07.28
article-2179920-143FC8B5000005DC-746_964x665.jpg

会場がある周辺に近づかなければ、オリンピックが始まっても普段の生活には余り影響を感じません。何より、地下鉄がきちんと動いているというのが驚異です。これはオリンピックの効果でしょう。

 27日の午後9時から始まった開幕セレモニィを、選手入場まで見ました。日本ではNHKがすべて放送したようですからご覧になった方も多いと思います。ということで、細かいことを書くよりも、自分の感想を少しだけ。

 イギリスの歴史を、物質的な舞台で表現しながら精神面まで描いたボイル監督の手腕と構想は素晴らしいと思います。他方、だれた部分(特にディジィ・ラスカルの場面、単にラップが好きではないからです)、ミスター・ビーンの場面はやり過ぎではと感じました。
 それと、イギリスという国のアイデンティティをプロモーションするという意志に揺らぎがないのは判るのですが、ケネス・ブラナーが誰を演じているかを判った非イギリス人は居たのでしょうか?ちなみに、ブラナーの起用はラスト・ミニットで決まったこと。当初予定されていた、著名な俳優(名前、失念)の方の義理の娘さんが若くして急逝し心理的に無理ということで降板。ブラナーがセレモニィのためにスケジュールを調整しての登場になりました。
 取り上げた音楽の選曲は面白かったです。まさか21世紀に「チューブラ・ベルズ」を公の場で聴けるとは全く想像していませんでした。セックス・ピストルズはともかく、プロディジィがでてきたときは、「エリザベス女王、飽きていないか」とさすがに心配になってしまいました。個人的には、あそこまでイギリス商業音楽を取り上げるなら、キング・クリムゾンの「21世紀の精神xx者」があればと。

Queen-parachutes-into-sta-008.jpg

 大きな話題になっているエリザベス女王とダニエル・クレイグの競演。デイリィ・メイルの記事によると、撮影は3月だったそうです。

The name's Majesty, Her Majesty: Queen 'drops in' to Olympic Stadium by parachute accompanied by James Bond (just WHO managed to persuade her to do that?)
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2180085/The-names-Majesty-Her-Majesty-Queen-drops-Olympic-Stadium-parachute-accompanied-James-Bond-just-WHO-managed-persuade-that.html

 ヘッドラインに書かれているように、誰が女王を説得したのか?女王のドレスがいつもの重厚なものではなく、カジュアルに見えるので女王自身も楽しんだのではないかと思います。

 前半のセレモニィで個人的に最もぐっときたのは、スコットランド出身のエミリ・サンディがスコットランド人による賛美歌「Abide with me」を歌い、それにあわせてアクラム・カーン自身と、彼の振り付けによるダンサーたちの踊り。このシーン、正しく理解していれば、戦争や2005年7月7日のテロで命を失い、今回のオリンピックに参加できない人々へ想いを送る、と。そういえば、自分もそのときにロンドンに居たんだということを思い出しながらじっと見入り、聞き入ってしまいました。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-156.html

 今年2月に足に怪我を負い、出演が危ぶまれた時期も有ったのですが、カーンの踊りには彼の振り付け、そして踊りの最良の部分が短い中にも鮮烈に盛り込まれ、サンディの飾らない、温かな声との相乗効果で、今回のオリンピック開催にちょっと距離を置こうとしていた自分の短絡思考を反省。突然の暴力によって命を奪われた人々の中には、自分が出場することを夢見ていた人が居るかもしれない。出場を目指す選手をサポートする家族、友人だったかもしれない。
 今朝の新聞やウェブの特集記事では、このシーンがないがしろにされている気がしたので、スクリーンショットで。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7663466196/in/photostream


 このカーンとエミリィ・サンディの競演には、イギリスが抱える文化や人種の多様性を抜きでは、現代のイギリスの全体像を観ることができないことを実感しました。Wikipediaによると、サンディはザンビア人の父親、イングランド人の母の元に生まれ、アバディーンシャー(アバディーン市内ではなく、アバディーンの郊外という意味だと思います)で育ったそうです。
 アクラム・カーンは、本人はロンドンで生まれたものの、彼の両親はバングラデシュ出身の移民一世。彼ら二人だけで、南アジア、スコットランド、イングランド、そしてアフリカという4つの異なった文化が現代のイギリスをなしていることを体現する。カルチャラル・コンフリクト、カルチャラル・アシミレイション抜きではイギリスを知ることはできない、そんな印象を強くしました。

Britain fires up the world: London gets the 2012 Games under way with the Greatest Show On Earth (rounded off by Macca, of course)
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2179920/Olympics-Opening-Ceremony-London-gets-2012-Games-way-Greatest-Show-On-Earth-rounded-Macca-course.html
(写真がたくさん)


 日本で観られるかどうか判りませんが。「Abide with me」はセクション11です。

http://www.bbc.co.uk/sport/olympics/2012/live-video/p00wm0br

 最後に、保守党の要職にある、でもナチ賛美ととられかねないパーティに参加した前科のある議員の発言が話題になっています。

Olympics opening ceremony was 'multicultural crap', Tory MP tweets
http://www.guardian.co.uk/politics/2012/jul/28/olympics-opening-ceremony-multicultural-crap-tory-mp

Olympics 'multicultural crap' tweet misunderstood, says Tory MP
http://www.guardian.co.uk/politics/2012/jul/28/olympics-multicultural-crap-tweet-misunderstood

ミット・ロムニィ、オリンピック批判で英メディアのかっこうの餌食に

2012.07.28
今年の11月(だっけ?)のアメリカ大統領選挙での共和党候補、ミット・ロムニィがロンドン・オリンピックなんて全く準備ができていないじゃないか云々の発言をして、イギリスのメディアが大いに湧いている。

Mitt Romney's London Olympic 'shambles' seized upon by Democrats - video
http://www.guardian.co.uk/world/video/2012/jul/27/mitt-romney-olympic-shambles-video

The Democrats make political capital out of a series of gaffes by the US Republican presidential candidate Mitt Romney during his visit to London yesterday, branded a 'RomneyShambles'. The video ends with the voice of an American reporter: 'It's a good thing the British do not vote in our elections'


Romneyshambles: Democrats seize on Mitt Romney's gaffes
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/mitt-romney/9432463/Romneyshambles-Democrats-seize-on-Mitt-Romneys-gaffes.html

Democrats have seized upon Mitt Romney's trip abroad - dubbed Romneyshambles - with a new video highlighting criticism from British politicians and the media.

Mitt Romney's Olympics gaffe overshadows visit to London
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/mitt-romney/9431064/Mitt-Romneys-Olympics-gaffe-overshadows-visit-to-London.html

 ガーディアンとテレグラフのヴィデオの内容はほぼ同じ。ただ、日本で見ることができるかどうかは僕には判らない。改めて思うけど、英語と米語の違いは大きい。

 カール・ルイスのコメントが有った。

Carl Lewis on Mitt Romney: 'some Americans shouldn't leave the country'
http://www.guardian.co.uk/world/2012/jul/27/carl-lewis-mitt-romney-olympics

As Romney was mocked on US television and by the London mayor, Boris Johnson, in front of a crowd of 60,000 people, Lewis called on him to return home.

"Seriously, some Americans just shouldn't leave the country," the nine-times Olympic gold medal winner told the Independent.

Romney tried frantically to row back on Thursday as he said the Games would be a great success. But the damage had been done.

Romney was teased remorselessly on US television. The Rachel Maddow Show on MSNBC ran the story as #romneyshambles – a reference to the phrase omnishambles from political comedy The Thick of It. The stand-in presenter opened the show saying: "Let's just be honest here. Today was a terrible, horrible, no good, very bad day to be Mitt Romney. Even if you consider yourself the staunchest Mitt Romney supporter out there, you probably have to admit that today did not go exactly according to plan. The kick-off of Mitt Romney's big overseas trip has kind of been a disaster."



 昨晩のオープニング・セレモニィ、ひいき目と判っていても、アクラム・カーンの踊りは良かった。彼のダンスのときに歌っていた女性は誰だろう。

ロンドン・オリンピック会場間の移動

2012.07.27
イギリスのメディアのトーンが、「愚痴をこぼすより楽しもう」というのが多数派になってきたオリンピック開幕直前のイギリスです。

 時間ができたので、オリンピックが始まる前に会場が集中しているロンドン東部への、そして会場間の移動を試してみようと思い立ちました。7月26日は、朝から気温が高いものの湿度はちょうど良い加減で、歩き回るには最適でした。

 オリンピック・パークがあるストラトフォード駅への選択肢は多くあります。地下鉄(セントラル、ジュビリィ)、オーヴァーグラウンド(地上鉄)、ドックランド・ライト・レイルウェイ(DLR)、バス、そしてナショナル・レイル。地下鉄で行くことは多くの人が試していると思ったので、地上鉄で行くことにしました。ゾーン1/2のオイスター・カードに充分なトップ・アップを確認してから出発。

 まず、エッジウェア・ロードから6番のバスでケンサル・ライズまで。ロンドン中心とは逆方向なのでスムーズでした。途中のクイーンズ・パーク駅周辺はラフな地域なので、用がなければ降りない方が良いと思います。
 地上鉄は車両は新しいし、空調も効いている(日本の弱冷房くらい)ので、激混み、かつ超蒸し暑いセントラル・ラインと比べると車内は快適です。地上鉄を観光で使うことは余無いと思います。沿線の印象は東京圏で言うと、名前は聞いたことあるけど乗る機会の無い「武蔵野線」とか「横浜線」といった感じだと思います。
 車内は快適ですが、予想外だったのはその走行速度。途中のハイベリィ・アンド・イズリントンまではちょっと鈍いなという印象。ハイベリィを出ると速度はかなり上がりました。

 終点のストラトフォードではなく、一つ前のハックニィ・ウィック駅で降りてオリンピック・バークの横のリー・ヴァリィの遊歩道を歩いてみようと思ったのですが、これが間違いでした。ちなみに、地上鉄ではきちんとした改札が無い駅があるので、乗車・降車の際はオイスターのタッチ・インとアウトは忘れないように。
 駅員に川沿いへのルートを尋ねるととても親切なものの、(おそらく東欧圏から)英語のアクセントが非常に強くてしっかりと聞き取れませんでした。なんとか理解して駅をでると、オリンピック・パークへの案内掲示がけっこう大雑把。そこで、ワン・ブロックごとに居る警察官に道を尋ねてみると、「実はこの辺りよく判らないんだよ。あのお店で訊いた方が良いよ」、との返答が大半。
 こんなものかと思って、おそらく地元に住んでいると思われる女性に尋ねると、最も親切で判りやすい返答が来ました。曰く、「オリンピックのために、リー・ヴァリィの遊歩道は通行止めになっているから、ストラトフォードに行くのなら地上鉄でいった方が最も早い」、とのこと。
 ということでハックニィ・ウィック駅に戻り、ストラトフォード駅へ。午前中ということで、思っていたより混雑はしていなかったものの、駅構内、そしてオリンピック・パークに隣接するショッピング・モールは多くの人でにぎわっていました。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7651042752/in/photostream

 開幕前ですからパーク内に立ち入りできないのは致し方ないとしても、むかっとしたのがVIP専用の建物近辺に居る黒服警備員。彼らの態度の実に横柄なこと。
 ショッピング・モールは観光客、各国の選手、案内のヴォランティア、そして警察官が行き交っていました。通常のメトロポリタン警察の制服の皆さんの他に、銃を持っている警察官の姿を見たときは、これが現実だと判っていても、ちょっと複雑な気分。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7651031290/in/photostream/

 ストラトフォードはこんなものだろうということで、DLRでエクセル・センターのあるカスタム・ハウス駅へ向かうことにしました。ここで一つ小さな見落としを冒しました。ストラトフォード駅始発のDLRでベクトン方面(ロイヤル・ドックス、カスタム・ハウスなど)、またウリッチ方面(ロンドン・シティ空港など)へ行く場合どうやら直通は無いようで、ポプラー駅での乗り換えになります。
 ところがポプラー駅で路線図を眺めていたところ、どうやらストラトフォード駅ではDLRのプラットフォームが2カ所に分かれているような印象を持ちました。というのも、ストラトフォード・インターナショナル駅始発のDLRはベクトンやウリッチへの直通の路線でポプラーには行きません。ストラフォード駅からエクセル・センターに行くときには駅職員に行き方を尋ねてみた方が良いかもしれません。ポプラー駅がゾーン2なので料金に多少の差が出るかもしれないので。
 
 エクセル・センターもオリンピック・バーク同様立ち入り禁止になっていました。このあと、ノース・グリニッヂ経由でグリニッヂに行こうと考えていたのですが、グリニッヂも全く同じ状況であろうと思い、グリニッヂ行きは中止。
 ケイブル・カーでノース・グリニッヂまで。天気はいいものの平日ということで混雑していなかったからでしょう、運行はこれまでの利用の中で最も遅い速度。高所から眺めるロンドンをゆったりと楽しむことができました。
 
 ノース・グリニッヂの船着き場からテムズ・クリッパーへ乗船。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7651101194/in/photostream
(この船を正面から見ると、いつもマンタを想起します)

 オイスター・カードを持っていると一回の運賃は£4−。気をつけたいのは、チケット売り場でどこの船着き場で降りるかを尋ねられます。ロンドン中心部についてチケットに印刷された船着き場よりあとのところで下船すると、注意を受けることがあります。なので、どこで降りるか決めていないときは、ロンドン・アイ、もしくはエンバンクメント・ピアといって購入した方が良いかもしれないです。

 僕が降りたのは、テイト・モダンのそばにあるバンク・ピア。数日前に一般公開になった新しいギャラリィ、タンクを見てみたかったので。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7651084306/in/photostream

 鳴り物入り、且つパフォーミング・アーツ用の空間ということで興味津々だったのですが、初回は肩すかしに終わりました。謎めいた空間が好きという方は楽しめるかも。

 この周遊でかかった運賃。ケンサル・ライズからストラトフォードまでは£1.40-。ストラフォードからカスタム・ハウスまでも£1.40-。ケイブル・カーは£3.20-。テムズ・クリッパーは£4−です。ロンドンを広く回るのであれば、オイスターはとても便利です。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630762919422/

私、可愛い?:ロンドンのゆるキャラになってしまうのだろうか?

2012.07.26

後ろ向きな態度はイギリス人が世界一

2012.07.25
好天はまだ続いています。

 ロンドン・オリンピックの開幕セレモニィは金曜日、27日。それを前にして、イギリス国内からはオリンピックへの熱気が伝わった来ないことを外国メディアが揶揄していることを、ガーディアンが取り上げました。

London 2012: international media find grumbling Britons conform to type
http://www.guardian.co.uk/sport/2012/jul/20/london-2012-media-grumbling-britons

 この記事、7月21日の本紙に掲載された他と気のタイトルは、ちょっと違っていました。

World awards UK gold medal in whingeing

 「whingeing」はイギリスでは結構よく使われる言葉ですが、日本語に訳そうとすると長くなってしまうし、ニュアンスがちょっとかわってくるような印象があります。ネットで見つけた定義は以下の通りです。

http://oxforddictionaries.com/definition/english/whinge

Definition of whinge
verb (whinges, whingeing or whinging, whinged)

[no object]

complain persistently and in a peevish or irritating way: stop whingeing and get on with it! (as adjective whingeing) a whingeing killjoy

noun

an act of complaining persistently and peevishly: she let off steam by having a good whinge


 僕なりの解釈だと、他者から見れば些末なことを、延々と何度も何度もぐちぐちこぼす、そんな態度を表す単語です。ガーディアンが自虐的につけたヘッドラインの通り、僕もイギリス人はwhingeingにかけては世界一、金メダル確定だと思います。

Moaning is an Olympic sport in its own right, and the British are champions, journalists from around the world report home

Call it grumbling, griping, grizzling, grouching – take your pick. Any number of complaining verbs have been attached to the adjective "British" as overseas commentators descending on the Olympics try to convey the spirit of the host nation before the Games.

As congestion chaos fears and security debacle woes dominate at home, the world's media salivate as Britons conform to type – emerging as a bunch of moaning minnies.

"Even in the best of times, whingeing, as Britons call the persistent low-grade grousing that is their default response to life's challenges, is part of the national condition – as integral to the country's character as its Eeyorish attitude towards the weather," she continued.

A tetchier description of the British psyche could be found in Germany's Der Spiegel magazine with the author Marco Evers remarking that "oddly enough" the global enthusiasm for the 2012 Olympics "is not shared by locals".

"But," Evers argued, "the Olympics have nothing to do with Britishness," offering sports such as boxing, taekwondo, beach volleyball and synchronised swimming as examples to prove this thesis that "the Olympics are a foreign world event being imposed upon London from outside.

"And that's why the British are showing so little enthusiasm for the Games”, read his triumphant conclusion.

" … Complaints are to be expected, especially in a country where moaning might be regarded as an Olympic event in its own right," he wrote.

 外国メディアのステレオタイプの偏見への、ロンドン大学の教授の指摘。

"There's a tendency "to think in terms of what could go wrong, rather than what could go right," Catterall continued. "It's a kind of low-level grumbling amongst people who are quite often good at grumbling.People quite like grumbling. It's cathartic."

 指摘のいくつかはあっているかなと感じるものの、一方で、アメリカ人やドイツ人には言われたくないな、とロンドンで暮らす日本人は思いました。

 確かに、切望していた晴天がイギリスを祝福したとたんに、「暑い!」とこぼすイギリス人にはうんざりします。が、それはごく一部の人々だけ、のはず。

 7年前の同時テロの直後、昨年夏の暴動の後に普通の人々が見せた団結と行動力は、「イギリス人がすることはwhingeingだけ」ということは全く当てはまらないと思います。
 僕の中ではオリンピックは全く盛り上がっていませんし、まずは、明日のトーチリレイの混乱に巻き込まれないことが最優先。でも、オリンピック・バラリンピックがロンドンに何か新しい変化をもたらしていることは確実。そんな変化を体験できれば良いかなと思っています。

 2013年は、世界中で出産ラッシュかもしれないです。
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7638337442/in/photostream

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7638335706/in/photostream/

世界の話題:7月24日

2012.07.24
*著作権は、日本経済新聞社に帰属します。

日経夕刊7月


ロンドン交通最新情報、7月24日

2012.07.24
ロンドン交通局から、最新の情報が送られてきたので転載。


Dear Mr Moriya,

With only a few days to go until the London 2012 Games, I am writing to remind you to plan ahead to avoid delays.

Paddington station will be much busier than usual. Waiting times to board trains are expected to be longer than 15 minutes on certain dates and at certain times.


http://www.getaheadofthegames.com/travelinaffectedareas/city/transport/publictransportoverlay/paddington.html

Don’t get caught out in the first few days

Friday 27 July – Last day of the Torch Relay and the Opening Ceremony. Please avoid the Stratford area after 1500 unless you have a ticket.

Saturday 28 July/Sunday 29 July – Men’s and Women’s Olympic Cycling Road Race. Avoid driving in central and south west London.

Monday 30 July – Greenwich Equestrian Cross–country event. Avoid London Bridge station as it will be exceptionally busy with a one way system in operation.

Friday 3 August/Saturday 4 August – Athletics events start at the Olympic Stadium. Stratford will be exceptionally busy on these dates; please avoid the area unless your journey is essential.

Road events

As well as the large road events on 28 and 29 July mentioned above, there are also a number of other road events on the following dates: 31 July; 1, 2, 4, 5, 7, 11 and 12 August and 9 September. Bus diversions and road closures will be in place
.

http://www.getaheadofthegames.com/things-you-should-know/road-events.html#2.2

 最近、大きな駅はことごとく避けているから、現在どれほどひどい状況なのか、それとも全く問題など起きていないのか、知らない。一つだけ注意した方が良いことあげるなら、水分の補給。先週末からロンドンにもやっと太陽が戻ってきた。ここ数日の最高気温の予想は30度近い。
 日本と違って比較的湿度は低めだけど、それでも30度を超えるとかなり暑く感じると思う。運悪く、地下鉄や列車に閉じ込められたときのために、水は必ず持参した方が良い。

ロンドン、O2ドームの屋根を歩く

2012.07.22
DSCN2503.jpg

2ヶ月以上も続いた悪天候のあとの青空のなんと素晴らしいこと。

 昨日、ロンドン南東部、ノース・グリニッヂにあるO2ドームでの新しいアトラクション、「Up At the O2」に参加してきました。簡単に言えば、ドームの外側の特設の通路を歩いて頂上まで登るというものです。

http://www.theo2.co.uk/upattheo2

 O2ドームは、以前ミレニアム・ドームと呼ばれていた頃に何度か日本でも紹介されたことがあるはず。また、レッド・ツェッペリンの再結成ライヴが有ったときにも報道されたので、名前を聞いたことがある方入ると思います。僕自身、中に入ったのは今回が初めてですが、ドーム内にはレストランやショップがたくさんあり、ショッピング・モールのようになっていました。
 ロンドン・オリンピックについては、成功してほしいと思うものの、日々の混乱からは大迷惑だと今も感じています。しかしながら、ドーム内に居る案内係の皆さんのロンドンとは思えない自然なフレンドリーな振る舞いには、オリンピックがロンドンにもたらしている変化を感じました。

 さて、ドーム・ウォーキング。朝日新聞でロンドン五輪関連のコラムを書かれている方は飛び込みでチケットを買えなかったそうです。

http://www.asahi.com/olympics/columns/londonjournal/TKY201207180396.html

 僕は、6月に報道された直後に7月22日の分を予約したのですが、その時点で既に残り少なくなっていましたし、8月の金曜日、土曜日、日曜日はほぼ完売。平日も夕方の分は人気が高いようでこれも残席僅少状態です。
 
 コラムを読んで、実際に登る前に説明があることを初めて知ったので予約時間よりちょっと早めに到着。一緒に参加してくれたTさん夫妻、ニュースダイジェスト誌のN編集長とともに入り口についた時点から、ロンドンでは経験したことの無いスムーズな運営に深い感銘を受けました。
 入り口でプリントアウトしたチケットを渡したあと、ヴィデオ・プロジェクターのある部屋に通されます。インストラクション・ヴィデオが始まる前に、改めて説明文書を読み、署名します。
 僕たちの回のインストラクター、アダム君が部屋に入ってきて、ウォーキング・セッションについてのヴィデオを流します。これが、イギリスらしいというか、ウォーキングに関する真剣な情報を、脱力系の笑いとともに伝えるものでした。ヴィデオによると、ドーム・ウォーキングの頂上のトップは52メートル、ドームの円周は365メートルだそうです。つまり、一年52週、365日と同じだと言っていましたが、本当なのかな。
 ヴィデオが終わると、隣室に通されトラック・スーツとハーネスの着用。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7624241178/in/photostream

 ハーネスの着用の前に、何度もトイレに行く必要があるかを全員が念を押されます。トラック・スーツの着用は簡単でしたが、ハーネスは命に関わることなので、インストラクターのアダム君が全員の理解度を確かめながら慎重に。
 このハーネスが、かなりタイトなものでした。ウォーキングが終わって地上に戻ったときに、アダムがすぐにハーネスを緩めるようにと。なぜなら、血流を元に戻すため、とのこと。そういう心配がある人は、参加するかどうかを慎重に検討した方が良いかもしれないです。
 ハーネスをつけ終わると、アダムから、「薬を持参したい人は僕に預けてください」、と。命綱となる金具をつけ終わり、建物の外に出てウォーキング経路に通じる階段の入り口に向かいます。しっかり施錠されている入り口へ向かう前に、装備の最終確認。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7624298376/in/photostream

 装備の確認が終わって、階段を上り、ウォーキング開始ももうすぐ。アダムから、僕の指示を聞かない人が居たらすぐにウォーキングを止めると、明瞭に。これを含めてですが、セイフティ・セキュリティの徹底は素晴らしいものでした。
 体の落下防止の金具をどう操作するかを全員が理解して、出発です。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7624295850/in/photostream/

 通路の素材は、厚いゴム。なので、歩き始めはかなり不安定さを感じました。また、最初の急勾配がウォーキングの全行程の中で最もきつい箇所で、最初は回りの景色を眺めるのはやめて自分の足もとに神経を集中させました。ちなみに、頂上に着くまで電話、カメラは禁止です。
 最初の急勾配パートが終わると、足下の不安定さから感じる恐怖感も無くなり、一歩登るごとに変わる風景を楽しみつつ、ゆっくり頂上を目指します。

 そして頂上!なんと言う開放感!

 自分の足で登りきったという達成感が頂上から眺めるロンドンの風景をいっそう美しいものにしてくれます。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630700375026/

 テムズ川がロンドン市内を大きく蛇行して流れていることは、観光や仕事で訪れる人にはあまり実感できないことかもしれないです。が、ドームの頂上から眺めるテムズは、自分の足下からどのように蛇行してロンドン市内にのびているのかが一眺瞭然。ロンドンで暮らして10年以上になりますが、ロンドンってこんな風に見えるのか、と新しい眺望に静かに興奮しました。Tさんからは、「なんだか、表情が別人のようにキラキラしていますよ」、と。好天に恵まれ、この素晴らしい経験を友人たちとその場で共有することができて、ほんとに楽しい、新鮮な体験でした。
 アダムによると、数日前には、この頂上でプロポーズした男性がいて、成立したそうです。アダム曰く、「女性が拒否したらどうしよう、とみんなが思ったと思うよ」。ちなみに、昨日、アダムは3セッションすると言っていました。
 一人、22ポンドの参加費はどうかなと思いました。が、終わってみれば、value for money。天気に左右されるのはどうしようもないですが、ロンドンを別の視点から体験したいと希望する人には強力にお勧めします。
 余談。ケイブル・カーの駅へ向かっている途中、TBSのクルーの方がドームを登ってるグループを撮影していたので、近寄って、「今、登ってきたんですよ」と一気にまくしたててしまいました。迷惑だったことでしょう。イギリス人の友達からは、「最近、かなりアクティヴじゃないか」、と。心理カウンセラーだって、というかだからこそ部屋にこもっていないで外を見聞しないと。

 参加される方へ。書いた通り、最初の急勾配が難しいです。履き慣れたトレッキング・シューズを持っているのであれば、それを着用するのが良いと思います。インストラクションは判りやすいですが、外国人を想定している丁寧さではありません。参加される場合、英語のきっちり聞き取れる人、理解できる人が一緒の方が良いと感じました。

写真
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630700375026/

女性はエコノミィ・クラス、男性はビジネス:五輪の性差別

2012.07.22
木曜日、ガーディアン本紙3面に大きく掲載されたのは、日本とオーストラリアはロンドン・オリンピックに派遣する選手を性別でその待遇に差を付けているというのものだった。

London 2012: Japan, Australia and organisers face sexism claims
http://www.guardian.co.uk/sport/2012/jul/19/london-2012-japan-australia-sexism

When boarding an aeroplane en route to compete at the Olympics, turn left if you're a man, turn right if you're a woman.

Those, at least, would seem to be the tacit instructions issued by two international Olympic delegations this week, after it emerged that the bosses of Japan's football squad and Australia's basketball teams had booked their male competitors into business class seats to fly to the Games, while their female athletes travelled in economy.

"I guess it should have been the other way around," Homare Sawa, the star of Japan's women's football team and Fifa's 2011 world player of the year, told journalists, adding: "Even just in terms of age, we are senior." The women's team, the current world champions, were feted after their victory in Germany last year for bringing hope to a nation still reeling from the tsunami in which 20,000 people died.

The team, known as Nadeshiko, secured lucrative commercial deals, made numerous TV appearances and became the first sports team to receive the people's honour award from the government.

But despite being talked about as gold medal prospects in London, while the less successful men's team are not expected to ascend the podium, the female athletes found themselves in cramped economy seats while their male counterparts relaxed in business class.


 上に引用したのは日本のサッカー選手への待遇の差だけど、オーストラリアはバスケット・ボールの選手たちに同様の待遇差を適用したとのこと。日本の男子サッカーのメンバー、自分たちから「これはおかしい。僕たちがエコノミィが行くべきです」と申し出て実行したら、株が上がったかも。

メイソン監督の笑顔

2012.07.21
ロンドンに、やっと夏が来ました。

 7月20日に、ロイヤル・バレエの今シーズンの最後の舞台を観てきました。演目はこれ。

Metamorphosis
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1708.html

 20日は、シーズン最後であり、モニカ・メイソン監督が50年以上も在籍したカンパニーからの引退の日でもありました。

 感想に行く前に、おせっかいな観光情報を。オリンピック、パラリンピック中は避けたいけど、ロンドンに行こうかと考えている、特に美術ファンの皆さん、9月2週目、3週目が狙い目です。
 このロイヤル・バレエの演目とコラボしているナショナル・ギャラリィでのティツィアーノ展示は9月23日まで。これを逃すと、ティツィアーノの3枚の絵が一つの部屋に飾られるという稀有な体験はしばらくできないであろうとのこと。
 で、日本でも絶大な人気を誇っているであろうラファエル前派の展覧会がテイト・ブリテンで9月12日から。バッキンガム宮殿から至近のクィーンズ・ギャラリィではレオナルド。さらにテイト・モダンではムンク、V&Aで工業デザインで著名な人の展示が。でも、ティツィアーノ、ラファエル前派、レオナルドだけでお腹いっぱいでしょう。この三つの展覧会を同時期に観られるのは、9月12日から9月23日までです。

http://www.nationalgallery.org.uk/whats-on/exhibitions/metamorphosis-titian-2012

http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-britain/exhibition/pre-raphaelites-victorian-avant-garde

http://www.royalcollection.org.uk/exhibitions/leonardo-da-vinci-anatomist


 本題。引退に際してガラ公演などは要らないと言っていたメイソン監督の言葉を裏付けるように、ロイヤル・オペラ・ハウスの中は普段と同じで特別な飾り付け等はありませんでした。が、会場内をちょっと歩き回ると、伝説のプリンシパル・ダンサー、著名なフィランソロピスと、さらにテイト・ギャラリィのトップ、ニコラス・セロタ卿も居るなど、ロンドン・アート界の重鎮の皆さんがけっこう居て、ハウス内はとても華やかな雰囲気でした。
 上演された3演目への感想は初日とほとんど変わりありません。個人的には、16日に震えながらトラファルガー広場で観て、20日で3回目となった「マキナ」が最も印象に残りました。
 最新の発表で、2013年2月に上演予定の「アシュトン・ミックス・ビル」がフェアウェル公演になることが決まったタマラ・ロホは、この日は「マキナ」終了後に涙することなく、次々と運ばれる花束にとても嬉しそうでした。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7616699896/in/photostream

 「トレスパス」は最初の男性ダンサーによる群舞はとても良いのですが、舞台が進むにつれてつまらなくなるのは初回と同じ。「ディアナとアクテオン」は、やっぱり可もなく不可もなくでしたが、終演後に友人の指摘でギリシア神話等西洋の文化を理解していないことを痛感しました。
 「ディアナとアクテオン」の舞台背景の左手上方に、赤い月があります。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7570671692/in/photostream

 友人によると、この赤い月は狩猟の女神でもあるディアナをあらわす象徴(シンボル)であると。ディアナの衣装は赤い月とリンクしていた。色使いは派手だったけど、そこかしこにシンボルがたくさん散りばめられていたよ、と。そんなところにまで気が回りませんでした。

 20日のキャスト表の最後に、「最後の演目が終わっても、席からはなれないでください」との文がありました。僕は、これはロイヤル・ファミリィがくるのかと早合点しました。違いました。

 3演目目のカーテン・コールが終わり、一度幕がおりましたがすぐに上がりました。舞台には、スクリーンが掲げられていました。
 とても落ち着きの無いしゃべり方をする初老の男性(多分有名な人)のイントロから、メイソン監督の功績を映像、さらに監督とダンサーとして、同僚としてカンパニーを築いてきた人たちのコメントで披露するもの。元監督のアンソニィ・ダウエル卿、バーミンガム・ロイヤルのピーター・ライト卿、ダーシー・バッセル、現ロイヤル・バレエ常任振付家のウェイン・マックグレガーが語るなど、見応えのあるもの。音楽はピットに残ったオーケストラの生演奏とさらに豪華。また、メイソン監督が南アフリカ出身ということからでしょう、ポール・サイモンの「グレイス・ランド」(多分)からの音楽も流れました。
 僕は、メイソン監督が、ストレットン監督の解雇後にアクティング・ディレクターに就任するまで、彼女のことを全く知りませんでした。でも、語られる賛辞、そして映像を観ていると、どうして彼女の名前を聞いたことが無かったのか不思議でした。メイソン監督のカラボスを生で観たかったです。
 思うに、時代、移動手段、そしてコミュニケイション技術の差なのかな、と。メイソン監督が現役の時代、西洋を越えて公演をすることはまれなことだったであろうし、また、現代と違って舞台の写真や映像を一瞬にしてインターネットで共有することなど考えられることは無かった。今は、例えばロシアにすごいダンサーが居ると話題になった直後にネット上で踊る姿を見られる。そんな時代ではなかった頃に、ロイヤル・バレエでダンサーとして輝いていたメイソン監督の踊る姿をもっと観たいと思わせる充実のドキュメンタリィでした。
 スクリーンがあがると、ロイヤル・バレエのダンサーや関係者が舞台に一同に。ロイヤル・バレエのボード・メンバーの代表の方のスピーチに続き、ロイヤル・オペラ・ハウスの支配人、トニィ・ホール氏からメイソン監督にゴールド・メダルが贈られました。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7616679818/in/photostream

 メイソン監督は自身のスピーチ後、後ろに並ぶダンサーたちへ歩み寄り、できるだけ多くのダンサーたちと握手を交わしていきます。それが終わると、ジョナサン・コープ、マックグレガー、エドワード・ワトソン、カルロス・アコスタ等が次々に花束を監督に。嬉しそうに一人一人と抱き合うメイソン監督。
 おそらくうれし涙は有ったかもしれないですが、湿っぽい涙は全く感じませんでした。ブラヴォー、フラワー・シャワー、割れんばかりの拍手、そしてスタンディング・オヴェイションに応えるメイソン監督の充足しきった穏やかな笑顔がとても印象に残りました。
 一般バレエ・ファンの窺い知れないところで、失敗や判断ミスも有ったことでしょう。しかしながら、マックグレガーの常任振付家への任命を始め、メイソン監督がカンパニーにもたらした変化と挑戦、その結果は今のカンパニーの勢いを見れば明らか。時代の終わりというより、新しいドアが大きく開けられたような大らかな雰囲気にあふれた夜でした。
 自分で確認をとっていませんが、ロイヤル・バレエは2013年に日本公演の予定があるそうです。ケヴィン・オヘア監督が率いるロイヤル・バレエの海外公演としては日本が初めてになるはず。日本のロイヤル・バレエ・ファンにとっては最高のプレゼントになることでしょう。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630683498966/
(観に行けなかった人も多いでしょうから、シェアしないと)

 これは、5年前のインタヴュー記事。
http://www.chacott-jp.com/magazine/world-report/from-london/london0704a.html


 20日のセレモニィの模様。
http://www.youtube.com/watch?v=bk_jESevzCk

オリンピックが勝つか、ストライキが勝つか

2012.07.20
朝日新聞がやっと報じたけど、天気、良くないです。が、日曜日から晴天の予報。裏切られるかもしれないけど、信じたい。

 本題。日本でも素早く報じられたように、ロンドン・オリンピックの開催前日、7月26日に入館職員によるストライキが予定されている。

五輪開幕前日にスト方針 英入管職員、混乱懸念
http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012071901002154.html

【ロンドン共同】ロンドン五輪開幕まで約1週間となる中、英国の入国審査官らでつくる労働組合は19日、政府が進める人員削減などに抗議し、開会式前日の26日にストライキを行う予定だと明らかにした。ロイター通信が伝えた。

 五輪の「空の玄関口」であるヒースロー空港では長時間の入国審査待ちが指摘されている。激しい混雑が予想される大会前日にストが実施されれば、混乱は必至とみられる。

 英国のイメージ悪化に直結する今回のスト計画に対し、キャメロン首相は「正当なものだとは思わない」と懸念を示した。



Home Office staff to strike on eve of Games

http://www.bbc.co.uk/news/uk-18912742

 このストライキが一般からの指示を全く受けないであろう理由の一つは、スト指示の投票に参加したのは組合員の2割にすぎないこと。その2割のうちの半数が賛成票を投じたからストライキを実施するというのは受け入れがたい。

 仮にこのストライキが実施された場合、被害を被るのは海外から訪れる観光客やビジネス客だろう。外国人だけがいじめられると思われる皆さん、ご心配なく。イギリス人もです。

 イヴニング・スタンダードによると、8月6日、7日、8日の三日間、ロンドンのユーストン駅とミッドランズ地域を結ぶ鉄道の運転手がストライキを計画しているとのこと。

Train drivers plan Olympics strikes
http://www.standard.co.uk/panewsfeeds/train-drivers-plan-olympics-strikes-7959155.html

 高等裁判所の中止命令がくだされるとは思うけど、どうなることか。仮にこれらのストライキが実施されロンドン・オリンピック、パラリンピックにかげりがもたらされるとしたら、原因は、現在のイギリスのパワフル・マイノリティに蔓延する、「自分たちだけがこの美味しい話から取り残されるなんて我慢できない」というどん欲だろう。

 最後に、スコットランドで鉄道の旅を予定されている方へ。時間限定ですが、車内での飲酒が禁止になったそうです。

ScotRail train drink ban comes into force
http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-18915151

 旅の恥は掻き捨ては、迷信です。冗談のつもりが、結果として逮捕ということもあり得ます。

タマラ・ロホのサヨナラ公演は2013年2月にポルーニンと

2012.07.19
フレンズ会員向けの雑誌が届き、2013年2月に上演されるアシュトン・トリプル・ビルのキャストが発表になっていた。「マルグリットとアルマン」の予定キャストにロホとポルーニンとある。ミスプリントかと思った。

 今日、ロイヤル・オペラ・ハウスのサイトで、本当に彼ら二人が踊ること、これがタマラ・ロホの本当に最後のロイヤル・バレエへの出演になることが発表されていた。

Guest Artists for 2012/13 season announced
http://www.roh.org.uk/news/guest-artists-for-201213-season-announced

Tamara Rojo and Sergei Polunin to return, Natalia Osipova to debut alongside Carlos Acosta.

Tamara Rojo and Sergei Polunin will return to the Royal Opera House for three farewell performances of Marguerite and Armand on 12, 15 and 21 February. The pair danced the ballet to acclaim in October 2011.

Natalia Osipova, Principal of the Mikhailovsky Ballet will make her Royal Ballet debut in Swan Lake. She will dance alongside regular Principal Guest Artist Carlos Acosta on 10, 13 and 25 October.

Of the appearances, Director Designate of The Royal Ballet, Kevin O’Hare said:

I am delighted to be able to invite Natalia Osipova to appear with the Company for the first time next season and I know that she is really looking forward to appearing in our production of Swan Lake and to working with Carlos Acosta.

I am also delighted that, after her long and distinguished career with the Company, Tamara Rojo is able to accept my invitation to return to make a final farewell to Covent Garden audiences and reprise her performance of Marguerite partnered, as before, by Sergei Polunin.”



 明日、7月20日の「メタモルフォーシス」はメイソン監督の花道。ロホは「マキナ」に出演予定だけど、彼女が最後のスポットライトに立つわけにはいかないだろう。一方で、東京での「世界バレエ・フェスティヴァル」がロホにとって現役最後の舞台というのはロンドンの彼女のファンにとっては納得できるものではないだろうと思っていた。このミックス・ビルの一般発売は10月17日。

 ロホの退団に伴い、空席になっていたアコスタのパートナー。ギエムが踊らないかな、と叶わないことが判っていた希望を持っていた。オーシポワ。

ロンドンが制御不能になる前に:G4Sの大失態

2012.07.18
ロンドン脱出が不成功に終わった現在、自分の行動範囲内ではオリンピック関連の混乱には巻き込まれないよう最大限の努力をしているので、ここに書くことはメディからの情報に偏りますが、ロンドンでは何が起きているかということを簡単に。

 まず、イギリス人の友人をして、「It’s joke!」と言わしめている今年のロンドン、およびある一部を除きイギリス全国で洪水等の被害を引き起こしている豪雨と低温。今週末はこの不順な天候の原因であるジェット気流が北上するとの予測で暖かく(暑く、ではありません)なるらしいですが、梅雨が明けて猛暑、酷暑が続く日本からだとかなり寒く感じるかもしれません。
 そんなイギリスで、太陽に祝福されている地域があるそうです。それは、スコットランド北西部の、ヘブリディーズ諸島。

http://www.guardian.co.uk/uk/shortcuts/2012/jul/17/found-great-british-summer

 掲載されているアイラ島にはウィスキィ蒸留所がたくさんあるので日本人もたくさん訪れているところ。イギリスには行きたいけど、ロンドンは避けたいという人にはスコットランドの島々がお勧めのようです。

 LIBORの不正操作の渦中にあるバークレイズ銀行、アメリカで薬を不正に販売したことで大罰金を受けたグラクソ・スミス・クラインと国際社会で叩かれているイギリス企業がある一方で、国内で、当然の結果としてぼこぼこに叩かれまくっている会社があります。その企業は、G4S。イギリス国外に居る人が知らなくて当然です。僕も知りませんでした。

[追記]
G4Sって、日本に進出しているんですね。知らなかった。

 この企業、オリンピック、バラリンピック期間内の警備員配備を落札した会社で、契約では、1万人の警備員を採用、オリンピック期間内、各会場に配置することになっていました。過去形です。
 先週末、青天の霹靂のように報道されたのは、G4Sが実際に配備可能なのはおそらく4千人、それも、オリンピック初日に何人の警備員が実際に配置場所に現れるかすら会社側は把握していないということ。しかも、その採用した警備担当者の中に、英語を全く話すことができない人物が含まれているという報道まで。
 当然のごとく、政府、オリンピック委員会、警備会社、国会の諮問機関、大臣を巻き込んでの責任のなすり合いが勃発。昨日、政府ないの諮問機関に呼び出されたこの企業のCEOは、契約不履行を認める一方で、契約を落札してからのマネイジメンとにかかった費用、およそ5700万ポンドはきちんと払われるべきだとの主張を貫いたそうです。イギリス社会の道徳観念はどこにあるのか。


(ガーディアンから借用)

London 2012: G4S boss Nick Buckles admits to Olympics 'shambles'
http://www.guardian.co.uk/uk/2012/jul/17/g4s-nick-buckles-shambles

 この国際社会の物笑いの騒動のあおりを最も受けたのが、軍隊の皆さん。アフガニスタンから戻り、家族との再会、休暇を楽しみにしていたのもすべてふい。

Olympics security: MoD prepares to call up 2,000 more troops for G4S shortfall
http://www.guardian.co.uk/uk/2012/jul/17/olympics-security-more-troops-g4s-shortfall

 このように、公務員を減らして何でもかんでも外部の民間企業に業務を移行することへの批判をガーディアンのコラムニスト、ポリィ・トインビィ女史がまとめています。

After G4S, who still thinks that outsourcing works?
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2012/jul/16/who-thinks-outsourcing-works

 さらに、しっかり読んでいないのでもしかしたら違う文脈で取り上げてしまうことになるかもしれないですが、オリンピックを含めて大規模なイヴェントが都市機能を破壊するのではとの分析記事も。

The craving for massive live events is ruining our cities
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2012/jul/17/massive-live-events-cities

 僕の日常生活に戻ると、昨日、ロンドン交通局から丁寧なメイルが届きました。

Dear Mr Moriya,

I am writing to remind you about the Triathlon road events which will be held in central London during the Olympic Games.

Don’t get caught out. Motorists are advised to avoid driving in central London and around venues and also to be aware that Olympic Route Network (ORN) restrictions apply from Wednesday 25 July. On Triathlon road event days, Hyde Park Corner and neighbouring roads will be closed from early morning and you will not be able to drive close to or across the race routes. Many bus routes will be affected from early morning on Thursday 2 August and throughout the day on Saturday 4 and Tuesday 7 August, including routes 16 and 414.

The Triathlon technical rehearsal will take place on Thursday 2 August; Hyde Park Corner and other roads will be closed from 0330 until 0845.

The Women’s Triathlon will take place on Saturday 4 August and the Men’s Triathlon will take place on Tuesday 7 August. Athletes will complete a seven-lap, 40km bike ride on roads between Buckingham Palace and Hyde Park. The roads on the Triathlon race route will be closed from 0200 and will reopen when it is safe to do so.

On Saturday 4 August, the Men’s 20km Race Walk will also take place; this finishes between Constitution Hill and The Mall. These roads will already be closed as they are within the Central London Zone.

The Olympic Route Network (ORN) will operate during these events. Some parts of the ORN will be closed and an alternative ORN route will be in place.


 このように、利用者の居住地によってどのような混雑が起こりうるかをテイラー・メイドで知らせるシステムは評価するとしても、居住者に迷惑がかかる前提のオリンピックを実施する意義って何だろうと考えます。バス止まるから、だけでは困ります。
 オリンピックの開催で失業率が改善されているようですし、またロンドン東部の開発は目覚ましいものがあります。僕自身、ケイブル・カーを楽しむという恩恵にあずかっています。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1707.html

 実際、命が危険にさらされるようなことは起きるとは思いません。起きてしまったら、イギリスのステイタスは地に落ちます。

 昨日のガーディアンに、旅行者へ向けた皮肉が少しばかり利いたアドヴァイスが掲載されました。

http://www.guardian.co.uk/sport/2012/jul/16/etiquette-guide-visitors-london-olympics

http://www.guardian.co.uk/sport/2012/jul/16/london-2012-breaking-language-barrier

 けっこう、笑えます。いくつかコピーしておきます。

Welcome, and before we begin – please accept our apologies. Your four-hour nightmare wait at passport control should not be taken as a symptom of Britain's contempt for foreigners. It is merely a symptom of a woeful lack of spending on a key aspect of travel infrastructure in the run-up to a hugely important event. In other words, it's the government that hates you. Don't worry, they hate us too.

Americans: While you're here, why not pretend to be Canadian? Very few Britons can tell the difference, and it will allow you to rescue yourself from awkward conversations about the death penalty.

British people may seem to apologise a lot, but it doesn't quite mean the same thing here. In the UK, "I'm sorry" actually means either a) I didn't hear you; b) I didn't understand you; or c) I both heard and understood you, and I think you're an idiot.

Do not ask a policeman the best way to get to the West End or how to use an Oyster card. He wants to help, but he's from the West Midlands.


Toilet
No single word generates more anxiety for the unseasoned traveller than "toilet", since the correct terminology for lavatory/WC/powder room differs from country to country. And especially since the word is usually employed in the form of an urgent query. In times of gastrointestinal desperation, Americans will get nowhere with their primly euphemistic "restroom" or "bathroom". To the Brits, "restroom" sums up a quiet chamber complete with fainting couch and smelling salts, and "bathroom" conjures a room with a bath, sensibly enough. Americans shy away from the plainspoken "toilet", because it evokes not only the porcelain repository for human waste, but also the very act of excreting the waste. Fortunately, a compromise for having to utter the graphic "toilet" has been struck in the form of "loo", which enables visitors to sound slangy and in-the-know, and forces Brits to wipe that look of pained fake incomprehension off their faces.


 このトイレの話は、実体験があります。。3月下旬、釜石でのヴォランティア活動の二日目、ハワイ大学の学生と一緒に活動しました。活動を始める前に大学生たちに、「That blue box is a loo」と示したところ、全員が怪訝な表情を。一瞬、「あれ、発音が悪かったか?!」と思ったのですが、すぐに彼らがアメリカ人であることを思い出し、「bathroom」と言い直しました。休憩時間に、米語と英語の違いでみんなで大笑いしたのは楽しい思い出です。

クリストフ・プレガルディーン@ウィグモア・ホール

2012.07.18
7月17日に、ウィグモア・ホールでドイツ人テノール歌手、クリストフ・プレガルディーンのリサイタルを聴いてきました。今年は既に、同じくウィグモアで2回聴いていますが、ぶっちぎり、おそらくこれまで聴いてきたリサイタルの中でも忘れてはいけないリサイタルのだんとつトップ。
 4月に有ったランチタイム・コンサートのプロの方によるレヴューをどうぞ。

http://www.bachtrack.com/review-christoph-pregardien-schnackertz-wigmore-hall

 17日はプレガルディーンのソロをたっぷりと。演目は以下の通りです。

Performers
Christoph Prégardien
tenor

Julius Drake
piano

Programme
Schubert
Tiefes Leid (Im Jänner 1817)
An mein Herz
Um Mitternacht
Über Wildemann
Im Frühling
Auf der Brücke

Schumann
Lied eines Schmiedes
Meine Rose
Kommen und Scheiden
Die Sennin
Einsamkeit
Der schwere Abend
Requiem

Dichterliebe: Im wunderschönen Monat Mai; Aus meinen Tränen spriessen; Die Rose, die Lilie, die Taube; Wenn ich in deine Augen seh’; Ich will meine Seele tauchen; Im Rhein, im heiligen Strome; Ich grolle nicht; Und wüssten’s die Blumen; Das ist ein Flöten und Geigen; Hör’ ich das Liedchen klingen; Ein Jüngling liebt ein Mädchen; Am leuchtenden Sommermorgen; Ich hab’ im Traum geweinet; Allnächtlich im Traume; Aus alten Märchen; Die alten, bösen Lieder


 まずは周辺情報から。このリサイタル、切符の売れ行きが芳しくなかったことは事実。他方、フレンズ・メンバーである友人に予約することを依頼することを忘れて、一般発売日にアクセスしたところ前から7列までの中央エリアは完売。数日後に、4列目のセンターにリターンが有ったので即クリックしたものの、1列目のリターンが出るのをずっと狙っていました。が、1列だけではなく前方中央の席のリターンは僕が知る限りほとんど出ずじまい。良い席はコアなファンが速攻で購入していたようです。

 ピアニストのドレイクは、1月のリサイタルでも伴奏でした。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1567.html

 そのときも素晴らしいピアノでしたが、昨晩は、まさに入魂の演奏。右手人差し指に白いテイプを巻いていたので万全な体調ではなかったかもしれないですが、後半のシューマンのディヒターリーベはドレイク無くしては成り立たなかったでしょう。

 プレガルディーン。今回のリサイタルで歌われたリートについては(多分)Im Frühling以外は聴いたことが無かったはず。なので、がっかりするかもしれないななんて気楽に考えていました。しかしながら結果として、リートの奥深さ、そして人間の声が持つ美しさ、優しさ、力強さ、残酷さ、そして響きは僕が知る以上の高みに到達できることを、プレガルディーンの歌から学びました。

 最初のシューベルトの6曲で既に充分胸に込み上げてくるものが有ったのですが、シューマンの最初の曲、「鍛冶屋の歌」で涙腺が決壊。続く数曲ではプレガルディーンの歌唱に落ち着いて耳を傾ける余裕を回復したものの、最後の「レクイエム」でプログラムの歌詞を追うのをやめました。なぜなら、彼の声だけでなく、身振りや表情から目を離せなかったから。ドレイクが「レクイエム」の最後の音をひき終わってしばらく、ホール内は無音。凄まじい拍手とブラヴォーが飛び交うも、プレガルディーンの表情はちょっとこわばったままでした。

 後半は、ハイネの短い詩に曲をつけた16曲を、途中に休憩が入ることはありませんでした。一つとして同じ曲調は無く、詩の内容も思慮に富んだものが多くそれをよどみなく歌い続ける、歌い分けるプレガルディーン。
 休憩中に、曲の順番を頭に叩き込んだでのどの歌を歌っているのかは判りましたが、何を歌っているのかまでは気が回りません。ドイツ語をしゃべることができなくなって20年ですから覚えている単語の数も多くありません。にもかかわらず、プレガルディーンが歌っている歌詞の単語の一つ一つが鮮やかに頭の中に浮かび上がってきました。緩やかな曲、早い曲、どれをとっても彼の発音に乱れは無く、これがスタンダードになったら他は聴けない、と。
 プログラム最後の「Die alten, bösen Lieder(古くて、悪い歌)」は歌のパートが終わってからピアノがしばらく続きます。ドレイクが最後の静かな音をひき終わって5秒間、再びホールは無音になりました。他の人たちがどう思ったのかは判りませんが、僕は、「これほど稀有な歌唱と演奏に応えるのに拍手は妥当なんだろうか?」と。

 涙を流している人が居るからと言って素晴らしいリサイタルとは限らないでしょう。でも、本当に多くの人が涙していました。3度目のカーテンコールで舞台に戻ってきたプレガルディーンが素早く目を押さえたのは、彼にとっても特別な何かを感じる舞台だったのかもしれません。アンコールはシューマンのOp24と言っていたような。軽やかな曲で、聴衆も再び大喝采を送りました。

 楽屋に行ったとき、本当はいくつも質問したかったのですが、自分のどん欲さでこの素晴らしい夜を壊したくなかったので、感動したとことと来年7月のリサイタルを今から楽しみにしていると伝えました。プレガルディーンは微笑みながら、「1年に一回だけなんだよね」と。
 一年、待てるかどうか。今年の晩秋、ウィーンでのリサイタルのプログラムが興味深いので、オリンピックの狂乱がすぎて静かになったら考えようと思います。

Songs    Comment(0)   ↑Top

Metamorphosis: Titan 2012 @ロイヤル・バレエ

2012.07.17
天気がやっと回復に転じてきたようなロンドン。比例するように、交通事情は凄まじいことになってきています。

 7月14日に初日を迎えたロイヤル・バレエの「Metaorphosis: Titian 2012」の初日をロイヤル・オペラ・ハウスで、16日にはトラファルガー広場でライヴ中継を途中まで観てきました。

 感想に行く前に、この壮大なプログラムの背景を簡単に。前監督の故ロス・ストレットン監督の事実上の解雇後ロイヤル・バレエを監督として牽引してきたデイム・モニカ・メイソンさんが今シーズン限りで引退します。彼女のロイヤル・バレエの在籍期間は群舞の時代から50年以上になります。
 これまでのインタヴューによると、メイソン監督は引退に伴うガラ公演等は自分には必要ない。その代わりに、50年以上も在籍したロイヤル・バレエに贈り物をしたい。その贈り物が、7人の振付家、3人の音楽家、3人の現代美術家、そしてロイヤル・バレエとナショナル・ギャラリィとの合同プロジェクト、「Metamorphosis: Titian 2012」。

 ナショナル・ギャラリィでは、今回舞台セットや衣装を担当した、コンラッド・ショウクロス、ウィリアム・ウォリンジャー、そしてクリス・オフィリの新作が、ティツィアーノ(英語読みのティシャンと言う響きが嫌いなのでこれで通します)の「ディアナとアクテオン」、「ディアナとカリスト」、そして「アクテオンの死」とともに展示されています。

http://www.nationalgallery.org.uk/whats-on/exhibitions/metamorphosis-titian-2012

 現代アーティストの作品の中で、最も話題になっているのがウォリンジャーのもの。なぜなら、覗き見よろしく、箱の中で沐浴する本物の女性の姿を見られるから。ということで、それだけを目当てにした男性客がナショナル・ギャラリィの押し寄せているという短いニュースが昨晩のイヴニング・スタンダードに掲載されていました。

 本題。新作の題名は上演順に、「マキナ(ラテン語からの派生らしいです、Machina)」、「トレスパス」、そして「Diana & Actaeon」。このプログラムは一種のお祝い事でしょうから批評は筋違いなのかもしれないですが、個人的に感じたことを。

「Machina」
振り付け:Kim Brandstrup、Wayne McGregor
美術:Conrad Shawcross
音楽:Nico Muhly
プリンシパル:リアン・ベンジャミン、タマラ・ロホ、カルロス・アコスタ、エドワード・ワトソン


 初日、観終わったときは楽しんだと同時に、ブランドストラップのマックグレガーの新作にしては緩いなと思ったのですが、すべての作品が終わってみれば、僕の中では何度でもみたい振り付けです。
 おそらく、ショウクロスによるロボットへの批判、もしくは違和感が多いと思うのですが、このロボットから意図的に発せられた機械音には映画の「エイリアン」を思い出しつつ、これこそ新しいことへの挑戦とも感じました。さらに、全く好きな画家ではありませんが、フランシス・ベイコンが描いた異形の人物像と印象が重なりました。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7589560190/in/photostream

 こんな巨大な機械と同じ舞台で踊るダンサーの皆さんも大変だったことでしょう。プリンシパル4人の踊りはとても素晴らしく、ポジティヴな意味合いで世界が終焉を迎えるときに目の前に迫る困難を忘れさせてくれるような踊りでした。この4人のダンサーの中で興味深かったのはアコスタ。ブランドストラップの作品では踊ったことがあるものの、アコスタがマックグレガーの作品に起用されるのは初めてだと思います。
 16日のライヴ放映の際、トラファルガー広場に来たマックグレガーはインタヴューの中でアコスタとワトソンのデュオの踊りは彼が振付けたといっていました。ワトソンはけがをしたときをのぞいて、マックグレガーの作品には欠かせないダンサー。その彼に引けを取らないアコスタの表現力。体力の衰えとともに、今後も踊り続けられる作品を模索しているアコスタにとっては、素晴らしい舞台になったと思います。
 ちなみに、3作すべてからはティツィアーノの絵の影響を全く見て取れません。が、初日の数日前に別の場所であったマックグレガーを捕まえて質問したとき、「ディアナとアクテオンを観て僕はすぐにそのロボット的美しさを感じたんだよ」と言っていました。審美眼というのは本当に人それぞれです。今回の振り付けで最も難しかったのは、他の振付家と創造過程を共有したことだったそうです。といっても、ブランドストラップが振付けた踊りとマックグレガーのそれの違いは一目瞭然でした。相反するということは全くありませんでしたが、踊りから浮かび上がってくる物語の語られ方の相違はけっこう明瞭でした。

「Trespass」
振り付け:Alastair Marriott、Christopher Wheeldon
音楽:Mark-Anthony Turnage
美術:Mark Wallinger
プリンシパル:サラ・ラム、メリッサ・ハミルトン、ベアトリクス・スティクス=ブルネル、ネアミア・キッシュ、スティーブン・マックレィ


 ターネイジの音楽が無かったら、僕にとってはこれは(飲み屋ではない)キャバレィの余興にすぎない振り付けでした。ウィールドンとマリオットの組み合わせと知った時点で全く期待していませんでしたが、「ナラティヴって、ここにちょっとスパイスを利かせて観客にサインをあげればいんんじゃないかな」という印象しか持てないもの。
 その緩い振り付けをさらに緩くしてしまったのがウォリンジャーの鏡を多用したセット。ディアナの水浴を観てしまったアクテオンの驚き、ディアナの怒りが全く感じられませんでした。
 ターネイジの音楽は、音楽だけでも素晴らしく、かつ冒険に満ちたもの。木琴系、鉄琴系、そしてガムランの様に見える打楽器を多く採用し、でも民族音楽の範疇には行かない洗練された旋律。これを破綻無く演奏したロイヤル・オペラ・ハウスのオーケストラを見直しつつ、音楽には聞き惚れました。

 昨年の12月、サドラーズ・ウェルズで、ターネイジ、ウォリンジャー、そしてマックグレガーが組んだ新作「Undance」というプログラムを観ました。このときは(おそらく)ファゴットかオーボエをリズミカルに用いた音楽で、それに乗って踊るダンサーたちの踊りからは、自然にマティスの有名な絵を思い描きました。
 アンダンスのときは三者が持ち寄った要素がそれを足し合わせた以上の効果を舞台に生み出していたと思います。今回のトレスパスでは、一番肝心な振り付けが音楽のレヴェルに達していなかったと感じています。ラムとマックレィの踊りが素晴らしかっただけに、ウィールドンとマリオットには彼らのコンフォート・ゾーンから逸脱することを希望します。

「Diana & Actaeon」
振り付け:ウィル・タケット、リアム・スカーレット、ジョナサン・ワトキンス
音楽:Jonathan Dove
美術:Chris Ofili
リブレット:Alastair Middleton
プリンシパル:マリアネラ・ヌニェス、フェデリコ・ボネッリ


 これだけは台本が有って、「ディアナとアクテオン」と「アクテオンの死」を物語として作り上げていたので、そこだけはティツィアーノが描いた情景を思い浮かべることができます。が、現在、カリブ海のトリニダードに住んでいるクリス・オフィリによる美術は神話の世界から遥か、遥か遠くへ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7570671692/in/photostream

 で、舞台セットはこれはこれでありだろうなと受け入れることができたのですが、ヌニェスの衣装が彼女が可哀想に思えるほど呆然とする色使い。あれほどアイ・キャッチングでありながらダンサーの身体的魅力をそいでいる衣装を観るのは久しぶりの経験でした。
 正直、この振り付けでは、誰がどこを担当したのかは全く判りませんでした。全体としては、振り付けがここまで物語を語ることに徹している方が、舞台には入り込みやすかったです。

 忘れてならないのは、オーケストラ。正直、ロイヤル・オペラ・ハウス・オーケストラと金管部門は速攻で全員解雇してほしいと思いました。が、一つ目と二つ目はチャンバー・オーケストラのような小編成、すべて世界初演、そして作品ごとに違う指揮者のもとでの高水準な演奏。彼らが舞台を支えたことは間違いありません。

 初日、すべての上演が終わり、舞台に呼ばれたメイソン監督は嬉しさのあまり、飛び跳ねるようにスキップしながら舞台に走り込んできました。僕個人の感想はどうあれ、今回のプログラムがカンパニーにもたらしたものはとても大きなものでしょう。監督の交代でしばらく守りに転じるのか、それとも伝統を維持しつつ、今回のような挑戦を続けるのか。興味は尽きません。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630618229876/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630618265032/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630618281894/

ロンドン・ケイブル・カー(ロープウェイ)体験

2012.07.15
DSCN2268.jpg
(空の旅へ)

DSCN2280.jpg
(テムズ・バリアもしっかり見られる)

DSCN2285.jpg
(反対側で降りずに、ノース・グリニッヂに戻るのも可能)

来週、他の友人たちと行く予定ではあるのだが、今朝の天気がそこそこよかったのでフラットメイトを誘って、ロンドン・ケイブル・カーを体験しにいった。

It is FUN!

 惨めな天気が続くロンドンの今年の夏、lifting my spirit な5分間。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630586616130/

 行かれる方への情報。オイスター・カードを必ず持っていくこと。また、充分なトップ・アップも必要。でないと、今日は天気のよい日曜日ということも有ったのかもしれないが、切符を購入するのに30分ほどかかっていた。
 オイスター・カードに充分なトップ・アップがあれば、ロンドンの他の交通機関同様、黄色のパッドへのタッチ・イン、タッチ・アウトで自動的に料金がひかれる。

 景色は本当に素晴らしい。僕は高所恐怖症なのかどうか自分でも判らないが、高いところが苦手にな人は一つ、覚悟しておいた方がいいことがある。どちらかの駅で、ゴンドラに歩行が難しい人や高齢者が乗るときに、運転が止まる。自分が乗っているゴンドラが一番高いところで止まってしまうのは、冷や汗かもしれない。きちんと訓練はしているから平気だと思うが。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157629996964777/

 それにしても素晴らしい。一時はオリンピック開幕までは間に合わないと言われていた。それが開幕ひと月前に開業し、かつ、切符売り場の混乱をのぞけばその運行はとてもスムーズ。ロンドンの仕事とは思えない。自分が住んでいるところから約30分で行けるところで、手軽に楽しめるロンドン観光。はまりそうだ。

 余韻を感じているときにふとドームを見ると、人が登っている。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7574921904/in/photostream

 これならできそうだな。参加を快諾してくださった皆さん、楽しみましょう。ドタキャンは認めません。

Metamorphosis: Titian 2012

2012.07.15
DSCN2258.jpg

昨晩の感想は後ほど。べらぼうにピンぼけですが。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7570666464/in/photostream


Les Troyens @ ロイヤル・オペラ

2012.07.11
DSCN2236.jpg
(記念ということで、£10もしたプログラム)

7月8日、ロイヤル・オペラ・ハウスでベルリオーズ作曲によるオペラ、「トロイア人」を観てきました。プロダクション自体はとても楽しめるものでしたが、結論としては、フランス人作曲家のオペラや歌は自分には合わない、という想いが深まったオペラでもありました。

 配役や物語については既に舞台、もしくはストリーミングでご覧になられ方のエントリを。

http://blog.goo.ne.jp/bigupset39/e/7a45da9d83739cd5150e8df5fc5c3f3b

http://didoregina.exblog.jp/18206649/

 お二人が書かれているように、2011年の春にキャストが発表されたときアエネアスはドイツ人テノールのヨナス・カウフマンでした。が、彼は降板。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1668.html

 代役には、アメリカ人テノールのブライアン・ヒメル。レヴューでの評価は高いとはいえないですが、オペラを通して観ると、アエネアスが真の主役ではないようなので、僕個人としてはいい出来だと思いました。ただ、声量はそこそこあるものの、もう少し声に広がりがあれば良かったかもしれないですが。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1681.html

 前半、トロイ陥落の場の主役はカッサンドラ。僕が座ったのはバルコニー・エリアの最前列で遮るものは無い場所。声はよく聞こえるのですが、カッサンドラを演じたアントナッチの声量ってこんなものだったかとちょっと肩すかし。
 しかしながら、アントナッチの演技と存在感は抜きん出ていました。他の出演者やコーラスの衣装が、フランスの市民革命と、ロシア帝政の崩壊時のイメイジを合わせて薄めたようなものに対して、カッサンドラだけは漆黒のドレスのみ。そして両の掌にはカッサンドラを予言者たらしめる目が鮮明に描かれていて、烏合の衆とは違うという視覚的な面だけでなく、醸し出すオーラが目に見えるほど。
 正直、第1幕と第2幕からは記憶に残るほど印象の深い旋律は僕にはありませんでした。が、「トロイア人」のカッサンドラはアントナッチ、というイメイジはしばらく消えそうにないです。

 そして後半はカルタゴへ。カルタゴの女王、ディドを演じ、歌ったオランダ人ソプラノのウェストブロックの素晴らしさ。ある批評家が書いていたように、夫を亡くしたあとにカルタゴを築き上げた女王というパワフルさにはかける、ちょっとガーリーな佇まいではありましたが、声には聞き惚れました。特にアエネアスが去った後のモノローグ的な場面出の歌は素晴らしいの一言。今後も機会があれば、ウェストブロックの舞台は見続けたいです。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1333.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1007.html
(これはパーセルによるものの感想)

 冒頭のプログラムの写真にあるように、初日の前はこのメタリックな「トロイの木馬」が注目を集めていました。どこに金を費やしたかが一目瞭然なのは良いのですが、この巨大な馬が舞台上を横切るときに、子役たちが木馬の足下に集まっていて挟まれやしないかとヒヤヒヤしてしまいました。集中力がそがれるあのような演出はやめてほしいものです。

 僕にとって、今回のプロダクションで最も痛かったのは、第4幕冒頭の踊り(バレエなんていいたくない代物)。フレンチ・グランド・オペラだと必ずバレエが入るらしいですが、あれほどぬるくて焦点のしぼれていない団体運動なら入れなかった方がずっと舞台がしぼれたと思います。昨年サドラーズで観たシェルカウイの舞台(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1446.html)やアクラム・カーンの舞台(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html)で最新の映像技術のレヴェルの高さを目の当たりにしているので、踊りにこだわる必要は無かったのでは、とも感じました。

 歌手陣、オーケストラ、そしてパッパーノは高水準でしたが、さらに、今回特筆したいのはコーラスの充実ぶり。もちろんベルリオーズが紡いだ旋律が素晴らしいということもありますが、ドラマの進行に併せて強弱、剛柔をうたいわけるコーラスには聞き惚れました。
 ひとつりブレットに疑問があります。カルタゴの時代に既に、「イタリア」という国名は存在していたんでしょうか?ずっとあとの時代のように思うのですが。

 冒頭に戻ります。全体としては、2回の休憩を入れて5時間半、ワーグナーよりもずっと楽しめたことは事実。他方、もう一回すぐにでも観たいかと訊かれたら返答は保留です。オペラ全体は素晴らしいのに、後半はデュエット、ソロを含めて良いアリアもあるのに脳裏に深く刻み込まれるほど力強い旋律が、個人的にはありませんでした。この印象は数は多くないですが、これまで舞台に接したフランスオペラや音楽からいつも感じること。7月4日と6日に、ウィグモア・ホールでアメリカ人メゾ・ソプラノのジョイス・ディドナートのリサイタルを聴きました。プログラムは、ヴィヴァルディ、ロッシーニ、シューマン、シューベルトと多彩な作曲家による、すべてヴェネツィアを歌った歌曲。その中にフォーレの歌曲も有ったのですが、二日とも全く響きませんでした。フランスものは今後の課題という感じです。

NHSへの誤解を解くために、その現状を

2012.07.11
ロンドンが土砂降りに見舞われているとき、メキシコ北部は記録的な旱魃というニュースを読みました。

 最近、あるところでイギリスの医療システム、NHSについて読んでいてつい考え込んでしまったやり取りに遭遇しました。母国とは異なる社会環境、天候、食べ物に囲まれ、さらに病気になったときに受けたい診療・治療をすぐに受けられないことへの不満は、イギリスで暮らす日本人だけでなく、日本で暮らす外国人居住者も多少の差はあれども、日常の一部として経験することだと考えます。

県内外国人「受診控える」22% 県国際交流協が医療調査
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/35680.html

 通常、インターネット上のやり取りについては静観することにしているのですが、命に関わることにもかかわらず、冷静さをやや欠いている経緯を読んでいて、僕自身の限られた範囲での経験と、新聞から得た情報を書きました。以下のものは、書き込んだものに訂正、情報を追加したものです。一般論になりませんが、NHSを利用するイギリスで暮らし、働く日本人が少しでも冷静に対処できることの助けになればと。



 2009年3月と3年前のことですが、友人が急病になったときの記録です。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-990.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-993.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1014.html

 これ以降政権が変わり、NHSを取り巻く環境は毎月のように変更が有ります。特に大きな話題は、予算削減の強行とそれに伴う地方病院救急医療体制の縮小、夜間診療のアウトソーシングなどです。強硬な予算削減策の影響は特に顕著で、最近では、ロンドンの著名な病院の小児心臓外科の廃止が決まったというニュースが有りました。

Hospitals to close heart units after years of delays that 'cost children's lives'
http://www.guardian.co.uk/society/2012/jul/04/hospitals-heart-units-delays-children

 このニュースに関しては、僕は記事に書かれていること以外のことは知りません。一つ推測することは、多くのイギリス人にとって、とりわけ今回閉鎖が決まった病院に入院している、もしくは治療を受けられることを予想していた患者やその家族にとっては大きな不安でしょう。

 この例のように、イギリス人にすら何が起きているのか判らない、きちんとした治療や診療をいつ受けられるのかの予想が難しくなっている現状で、外国人居住者にすぎない日本人にとって、NHSを利用するのは簡単なことではないです。

イギリス人コラムニストの乳がん治療についての不満
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1501.html

 僕の専門での経験ですから、一般論にはなりませんが。メンタル・ヘルス専門のNHS、およびコミュニティ・ベイスのカウンセリング・センターの双方で研修していたとき、GPから紹介されてくる患者さんたちの 待ち期間は平均で半年くらいでした。患者さんの不安もさることながら、中に居る僕たちもどうしてこんなに時間がかかるのか、と混乱することが少なからずありました。また、カウンセリングが始まっても、何回のセッションを受けられるかは予算等の複雑な理由で限られています。
 
 現在、NHSのメンタル・ヘルスの分野では、IAPTという心理カウンセリングをもっと簡便に受けられるようにするプログラムが有ります。イン ターネットでIAPTと居住地域の名前を入れれば、どこに有るかが判ります。このサーヴィスもまた、地域によってかなり差があると聞いているので、 どこまで「簡便」なのかは受ける人の環境によって左右されるかも知れません。また、プログラム自体、確か運営期限が決まっていて、延長されるかどうかの議論がこれから始まるはずです。
 小児心臓外科部門の閉鎖と同様、一般的にNHSの各医療部門の運営はどれだけの予算が配分されるか、予算が数年にわたって確保されるかにかなり左右される、というのが報道から得ている印象です。また、実際、メンタル・ヘルスの分野でも、予算削減によりコミュニティ・カウンセリング・サーヴィスが急に閉鎖されるというニュースも時折耳にします。

 現在はNHSからはなれているので、もしかしたら僕の経験は既に昔のものになっているかもしれません。が、いつも感じていたことは、NHSを日本人が利用することは、まず言葉の点で難しいということ。日本人はマイノリティでありながら、高い社会ステイタスが有るとの暗黙の意識からか、NHSの予算で日本人通訳を雇うという話を聞いたことがないです。ほかの少数言語の通訳はいるのに、と思ったことは何度も有ります。

 ロンドンに限ったことですが、日本語によるカウンセリングを行っているコミュニティ・カウンセリング・サーヴィスがあります。

http://www.waterloocc.co.uk/CounsellinginYourOwnLanguage/%E6%AF%8D%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0Japanese.aspx

 有料です。このような機関で日本語(さらにほかの外国語)でカウンセリングを受けられるのはロンドンでもここぐらいかもしれません。NHSのメンタル・ヘルス部門でも、少数言語を話すことができるカウンセラーを募集することはよくありますが、自分の言葉をはなせるカウンセラーに到達するためには、長い待ち時間とどの病院にそのカウンセラーが居るかを調べる努力が必要となるでしょう。

 NHSとの関わりを持ちたい、地域の中でどのような役割を持っているのかを知りたいというのであれば、それぞれの病院が行っているチャリティ行事に参加したり、病院内でのヴォランティア活動に参加するのも良いと思います。このような活動に参加したからといって病気になったときに優先的に治療を受けられるということはありません。しかしながら、他の人の経験を間接的に聞いてNHSへの誤解を増すより、自分の目と耳でNHSとはどのような医療体制なのかを知ることのほうが健全だと考えます。

 診療・治療を必要とする人が不安を抱えながらいろいろ考えなければならないのか、という点については、個人的には疑問を感じることも有ります。しかしながら、これほどまでの巨大な医療システム運営の背景を知らないまま、事故を取り上げて「やっぱりNHSは駄目だ」とあげつらうことだけに終始するのは生産的ではないと考えます。

 
 以上です。先に書いたように限定の情報。また、報道で知る範囲ではNHSが抱える問題は増えこそすれ、減ることは無いような印象を強くします。健康不安を抱えてNHSとやり取りをしなければならないのは理不尽と思われる方も居るでしょう。一つ思うことは、世界のどこでも同じだと思いますが、NHSは患者を拒否するためにある医療機関ではないということ。

 このエントリについてコメントをと思われる皆さんへ。「聞いた話ですが」とか、「友人の家族の友人が経験したことですが」というのはやめてください。少なからず命に関わることで、責任の所在が全く判らない二次情報、三次情報は根拠の無い誤解を増長します。


雨、雨、雨、雨、雨、雨 in the UK

2012.07.11
日本からは、夏に向けて節電のニュースが増えているが、今年の夏、イギリスで最もホットな話題は、やまない「雨」。

 2月と3月に比較的穏やかな、そして小雨の天候が続き2012年の夏は水不足になるだろうとの予測が連日報道され、イングランド南東部では節水がそうそうに実施された。

 ところが、4月と6月は「記録的」な降雨量で、甚大な洪水被害が続いている。先週末、ハイド・パークで催されたワイアレス・フェスティヴァルでは降雨が続いたためにフェスティヴァル終了後、公園内の敷地のコンディションが非常に悪化したそう。

 雨に関してはニュースもたくさん有ります。

Freak storms, flash floods, record rain – and there's more to come
http://www.guardian.co.uk/uk/2012/jul/08/summer-unending-rain

UK weather: will we ever get a summer?
http://www.guardian.co.uk/uk/2012/jul/10/forecasters-predictions-summer-rain-july

Rained off: weather sends more Britons abroad this summer
http://www.guardian.co.uk/weather/2012/jul/10/britons-holiday-abroad-summer

 急に天気が回復することはなさそうなので、ロンドン、そしてイギリスに来られる方は雨対策を忘れずに。

転載:在英国日本国大使館領事班からのお知らせ

2012.07.11
在英国日本国大使館領事班からロンドン・オリンピック、パラリンピック期間中の安全情報についてのメイルが配信されたので、そのまま転載。ロンドンに来られる方には役に立つのではないかと思う。


在英国日本国大使館領事班からのお知らせ

※このお知らせは当館ホームページでもご覧になれます。http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/index.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

安全・テロ情報

ロンドン・オリンピック・パラリンピック開催に伴う注意喚起
2012年7月10日

 
1.7月27日から8月12日までの17日間、ロンドンを中心に英国各地において第30回オリンピック競技大会が開催され、8月29日から9月9日までの12日間、パラリンピック競技大会がロンドンで開催されます。


2.英国は、比較的安全な国だと考えられていますが、犯罪の発生件数は日本に比べ3倍以上あり、英国の人口が日本の約半分であることを考慮すると犯罪の発生率はかなり高いものとなっています。

 また、最近では、スリ、置き引き、偽警察官詐欺などの一般犯罪に加え、ウェブサイトでのホテル予約詐欺やオリンピック観戦チケット詐欺などオリンピック特有の犯罪も発生しています。


3.今回のオリンピック競技大会を攻撃対象とした具体的なテロ関連情報はありませんが、2005年にはロンドン市内において地下鉄やバスが爆破される同時多発テロ事件が発生し、昨年はロンドン市内で警察に抗議をしていた群衆が暴徒化し、英国各地で暴動が発生しました。これらの事態を考慮し、英国政府当局は今回のオリンピック大会期間中は警察官を大幅に増員し、警備対策に力を入れています。


4.オリンピック・パラリンピック期間中に英国に滞在・渡航される皆様におかれましては、一般犯罪への注意に加え、不測の事態が発生した場合には、当館ホームページや報道等から最新の情報の入手に努め、大勢の人が集まる繁華街や公共交通機関等では周囲の状況に注意を払うなど安全確保に十分注意してください。


5.オリンピック・パラリンピック期間中は、ロンドン市内では交通規制が行われるため、渋滞が激しくなり,地下鉄については、利用者の増加が見込まれるためかなりの混雑になることが予想されます。

 また、オリンピック・パラリンピック各競技会場において、携行物品の持込みが制限されており、セキュリティ・チェックが行われるため、入場にかなりの時間を要することが見込まれます。特に鞄やデイパック所持者へのセキュリティ・チェックは、時間がかかるため、ロンドン・オリンピック・パラリンピック大会競技組織委員会では、極力荷物を持ち込まないよう呼びかけています。


6.当館は、ホームページ上にロンドン・オリンピック・パラリンピック関連情報を取り纏めた特設ページ(http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/news/london_2012/archive.html)を作成しましたので、ご活用下さい。

 また、当館は、ロンドン・オリンピック・パラリンピック大会期間中に英国に滞在する邦人を対象として以下の安全情報の提供を行っています。詳しくは上記当館ホームページに掲載しておりますので、ご活用下さい。

(1)「ロンドン・オリンピック・パラリンピック安全の手引き」パンフレット(http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/ryoji/pdf/olympic_anzentebiki.pdf

(2)ロンドン・オリンピック・パラリンピック大会期間中の安全情報の発信(http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/ryoji/24_07_06_olympic_info.html

Big Dance at トラファルガー広場

2012.07.10
今週土曜日、6月14日に、トラファルガー広場でBig Dance プロジェクトの〆にあたる大きなイヴェントが開かれる。1000人ものダンサーが、ロイヤル・バレエの常任振付家であるマックグレガーの振り付けを踊るとのこと。

 6月16日には、トラファルガー広場でロイヤル・バレエの新作「メタモルフォーシス」のライヴ放映も有るので、ダンスに興味の有る方はぜひ。


Wayne McGregor’s spectacular new dance piece, BIG DANCE TRAFALGAR SQUARE 2012, involving 1,000 performers from 30 London groups will take place on Saturday 14 July in Trafalgar Square, as the finale of Big Dance 2012.

The performance will be part of a whole afternoon of Big Dance on Trafalgar Square, from 3 pm – 5.15 pm, starting with big screen broadcasts of commissioned films from Big Dance Beijing and Big Dance Rio. The day is part of Big Street Dance Day with events taking place across the UK.

Big Dance Trafalgar Square 2012 has been developed in a unique creative collaboration between Wayne McGregor|Random Dance and the London hub partners of Big Dance: East London Dance, English National Ballet, Greenwich Dance, Sadler’s Wells and Siobhan Davies Dance, with emerging and professional dancers and choreographers from a range of backgrounds across London. The groups involved represent a huge range of dance styles including Bollywood, Hip Hop, Street, Contemporary, Ballet and Latin American. The piece will include film footage by Ravi Deepres with a specially commissioned score by Scanner and Joel Cadbury and costumes by Studio XO, famed for their stage costumes for JLS and Black Eyed Peas.

Big Dance, founded in 2006 by the Mayor of London in partnership with Arts Council England, is the world’s biggest and most influential dance initiative. More than a major biennial dance festival, Big Dance is a vibrant, high profile campaign to get everyone taking part – wherever they are, whatever their age, experience or ability. Over 2 million people have taken part in Big Dance since it began, with events taking place in unusual locations including shopping centres, parks, bridges, sports centres, beaches, bandstands, bunkers, swimming pools, schools, in streets and public squares and travelling events on the Big Dance Bus as well as in performance spaces all over London.

Big Dance London, which is supported by Legacy Trust UK, Mayor of London and Arts Council England, includes major events and is co-ordinated through a partnership between the five Big Dance Hubs: East London Dance, English National Ballet, Greenwich Dance, Sadler’s Wells, Siobhan Davies Dance.

In 2012, the programme for Big Dance has expanded to reach out beyond London to communities all over the UK through a network of leading national dance organisations co-ordinated by the Foundation for Community Dance. These hub leads include: South East Dance, Dance South West/Pavilion Dance, Dance 4, Merseyside Dance Initiative, Yorkshire Dance, DanceEast, Dance City, Creative Scotland and Arts Council Wales.

Wayne McGregor, Artistic Director of Wayne McGregor|Random Dance, and Resident Choreographer of The Royal Ballet has set the vision and choreographic framework for Big Dance Trafalgar Square 2012, as well as choreographing the Big Dance Schools Pledge, involving children from all over the world in taking part in the largest ever multi-location dance.

Big Dance 2012 is one of the biggest mass participation events being presented as part of the London 2012 Festival, the spectacular 12-week nationwide celebration running from 21 June until 9 September 2012 bringing together leading artists from across the world with the very best from the UK.

Big Dance is delivered by the Mayor of London, Arts Council England and the Foundation for Community Dance with a network of Big Dance Hubs, leading dance organisations around the UK. In London Big Dance has been funded by Legacy Trust UK, creating a lasting impact from the London 2012 Olympic and Paralympic Games by funding ideas and local talent to inspire creativity across the UK, with additional support from the Foundation for Sport and the Arts.

Dance Groups involved in Big Dance Trafalgar Square 2012:
Turbelle’s Performing Arts
Get Up and Groove & Murlow Youth
East London Dance Adults
Bolivian Heritage
Robert Clack School
NrgDance
Greenwich Dance Agency Adults
Montage Theatre Arts
Laban Adults
Laban Youth
Iconics
English National Ballet School
Physical Ballet
Sapnay School of Dance
SA Dance
English National Ballet Adults
English National Ballet Youth Company
Combination Dance
Amici Dance Theatre
Bounce Theatre
Sadler’s Wells Over 60′s
Sadler’s Wells Adults
WAC
Arts Depot Ignite
Chicken Shed
Apsara Arts
Bubblegum Dance
Maloca
Ravenstone Primary School
Roehampton Dance


タマラ・ロホの涙@ロイヤル・バレエ

2012.07.08
昨晩、ロイヤル・バレエのトリプル・ビルを最終にしてやっと観ることができた。目当てはアシュトンの「田園のひと月」。

 体調が良くなかったと聞くヤナウスキィの踊りは指先まで神経がいき届き素晴らしかったけど、表情の青白さが不幸度をかき立てすぎたような印象持つ。相手のペネファーザーは、見た目の老けっぷりにちょっと驚く。ギャリィ・エイヴィスの眉毛の演技には脱帽。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-765.html

 今回の公演では、コジョカルがロール・デビューをやっと果たした。やっとというのは、確かアンソニィ・ダウエルの引退かなにかの際、当初は20歳そこそこのコジョカルがナタリヤに抜擢されていた。が、記憶違いでなければ公演が近づいた頃にいきなりギエムがナタリヤにキャストされ、コジョカルはヴェラになった。主役二人に、ヴェラをプリンシパルが演じるという信じられない配役だった。ちなみに、ギエムは先月ヴェネツィアで賞を受けている。

シルヴィ・ギエム、ヴェネツィアで栄誉金獅子賞
http://fumiemve.exblog.jp/15638462/


 話を戻す。昨晩のプログラムで最初の、同じくアシュトンの作品、「バースディ・オファリング」でちょっとした驚きがあった。メインを踊ったタマラ・ロホがカーテン・コールで舞台に出てきたとき、彼女の目からは涙があふれていた。

 6月14日に初日を迎えるシーズン最後のプログラム、「Metamorphosis: Titian 2012」のキャストが発表された。

Credits
Choreography (Machina) Kim Brandstrup
Choreography (Machina) Wayne McGregor
Choreography (Trespass) Alastair Marriott
Choreography (Trespass) Christopher Wheeldon
Choreography (Diana & Actaeon) Liam Scarlett
Choreography (Diana & Actaeon) Will Tuckett
Choreography (Diana & Actaeon) Jonathan Watkins
Music (Machina) Nico Muhly
Music (Tresspass) Mark-Anthony Turnage
Music (Diana & Actaeon) Jonathan Dove
Artist (Machina) Conrad Shawcross
Artist (Tresspass) Mark Wallinger
Artist (Diana & Actaeon) Chris Ofili
Librettist Alastair Middleton
Lighting design Lucy Carter

Performers
Conductor (Machina) Thomas Seligman
Conductor (Trespass) Barry Wordsworth
Conductor (Diana & Actaeon) Dominic Grier
Principal (Machina) Leanne Benjamin
Principal (Machina) Tamara Rojo
Principal (Machina) Carlos Acosta
Principal (Machina) Edward Watson
Principal (Trespass) Beatriz Stix-Brunell
Principal (Trespass) Sarah Lamb
Principal (Trespass) Melissa Hamilton
Principal (Trespass) Nehemiah Kish
Principal (Trespass) Steven McRae
Principal (Diana & Actaeon) Marianela Nuñez
Principal (Diana & Actaeon) Federico Bonelli
Singer (Diana & Actaeon) Kim Sheehan
Singer (Diana & Actaeon) Andrew Rees


 ロホはマックグレガーとブランドストラップにによる「マシーナ」にキャストされているので、最後の舞台は20日。でも、20日はモニカ・メイソン監督の花道になるはずだから、昨晩、思わず最後のアシュトンを踊りきって緊張の糸が切れたのだろうか。

Royal Ballet Principals including Tamara Rojo will perform in Metamorphosis: Titian 2012, a unique collaboration between The Royal Ballet and the National Gallery.

Leanne Benjamin, Carlos Acosta, Ed Watson, Sarah Lamb, Nehemiah Kish, Steven McRae, Federico Bonelli and Marianela Nuñez will all perform in what will be Monica Mason’s last production as Director of The Royal Ballet. The former dancer retires this year after a career that has spanned 55 years as both artist and administrator.

The performances will also be Tamara’s last appearances as a member of The Royal Ballet at Covent Garden before taking up the post of Director at English National Ballet.


 下の画像は、ガーディアンから拝借。「ディアナとアクティオン」の舞台を担当するクリス・オフィリィが自ら背景を描いているところ。

Eyewitness-Royal-Opera-Ho-007.jpg

Chris Ofili paints backdrop for ballet chief's final bow
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2012/jul/06/chris-ofili-backdrop-ballet-metamorphosis

 6月16日にトラファルガー広場等でライヴ放映が有るので、16日のチケットは大量に残っているけど、最終日の20日はほぼ完売状態。メイソン監督とロホの最後の踊りを観たい方はこまめにリターンをチェックすればもしかしたら。

オリンピック・パラリンピック開催時の混雑予測ツール

2012.07.04
開催まで3週間となったロンドン・オリンピック。天気は悪いし、明日はまたバスのストライキが有るようだしどうなるんだろう。そんな心配を完全に解消してくれる訳ではないが、公共交通機関の混雑予測等をまとめたウェブをご紹介。

http://www.getaheadofthegames.com/

 情報はロンドンだけではないが、メイン会場、そして競技開催場所が集中しているので、ロンドンの情報が多い。その中に、どの地下鉄の駅が、どの日に混雑するか予測するペイジが有る。

http://www.getaheadofthegames.com/travelinaffectedareas/city/london-public-transport.html#

7月27日:オープニング・セレモニィ
スクリーンショット 2012-07-04 6.22.44

7月31日
スクリーンショット 2012-07-04 6.29.09

8月3日
スクリーンショット 2012-07-04 6.19.42

8月7日
スクリーンショット 2012-07-04 6.25.05

 選んだ日程はアト・ランダム。もちろん、この通りになるなるのかは誰にも判らないが、参考にはなるだろう。マーブル・アーチ駅が連日大混雑予測になっているのは、ハイド・パークへの入り口になっているからかもしれない。さらにマーブル・アーチ駅周辺には行かない方が良い情報として、最近、駅周辺に東欧圏からのスリ・窃盗グループが横行している上に、夜になるとグルームのメンバーが道路脇の草むらで生活しているとのこの。ウェストミンスター区としては排除したいようだが、後から後から到着しているとの報道も有る。

 マーブル・アーチだけに限らないが、持ち物から目を離さないように。

シリィ諸島の島々1:St Martin's

2012.07.03
オリンピックには興味は有りませんが、このまま天気が優れないと、既に交通網の混乱が悪化しているロンドンがさらにすごいことになりそうな気がします。

 St Martin’s島に滞在することは、今回のシリィ諸島行きを計画し始めたときから決めていました。前回の滞在で島を気に入ったこと、さらにホテルの支配人が16年前と同じ、という事実に妙に安心したからです。でも、まずはシリィ諸島到着までの道のりを。

 イングランド本土からシリィ諸島へのフェリィ、ヘリコプターそして飛行機は、日曜日にはいっさい運航されません。今回、都合が付いた予定上、日曜日から日曜日、もしくは土曜日にロンドンに戻ってくるという日程だったので、日曜日にペンザンスに到着して宿泊、明くる月曜日、ペンザンス港9:15分出発のScillonian IIIに乗り込みました。
 ペンザンスに到着したときはいい天気だったのですが、25日の朝は既に荒れ模様。船酔いすることを考えないようにしたのですが、港を出て最初の20分は体が揺れに慣れない感覚が続きました。
 これはシリィに到着してから聞いたのですが、シロニアン号の船底の構造が揺れやすいものであること、さらに建造されてから既に35年も経っているので海が荒れるとすぐに揺れが始まるんだそうです。僕は船については全く知らないに等しいので、この話を聞いても判断はつきませんが、事実、かなり揺れました。船の中は、あらゆるところに手すりが取り付けられてあります。もちろん、紙袋もたくさん。そして、予定より10分ほど遅れて到着したSt Mary’s 島の港には救急車が待機していて、乗客二人がすぐに搬送されていきました。そんな揺れでした。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630325069886/

 フェリィの到着時間に合わせて、それぞれの島へ向かうボートが12:30に港を出発します。この船を待っている間に天気はさらに悪化し、土砂降り。さい先悪いなと恨めしく空を眺めながら船に乗り込むと、フェリィから下船している間に凄まじく泣き叫んでいた幼児を連れた家族連れが一緒。3時間の大揺れのフェリィの後に、その上さらに30分もスクリーミング・ベイビィと一緒なのかと暗澹たる気持ちになったのですが、父親の必死の努力で気分が落ち着いたようで、ほかの乗船客もほっとした空気が流れました。St Martin’sには4泊したので、見聞したことはその間に起きたことです。

http://www.st-martins-scilly.co.uk/

map_stmartins.jpg

 だいたいどの島にも、船着き場が二つあります。どちらのquayになるかは満潮と干潮のタイミングしだいです。St Martin’sに到着したときは、ホテルに歩いて30秒で行けるLower Town Quayに。これが島の反対側にあるHigher Town Quayになると40分くらい歩くことになります。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630350599628/
 
 島につく頃には雨がやみ、薄日が射すほどまで。でも天気が不安定だとはペンザンスを出る前に調べておいたので、雨が降り出す前に、島一周のウォーキングに出発。

http://www.st-martins-scilly.co.uk/StMartins_map.html
(島の地図です)

 島の南側は舗装された道路が通っているので、歩きやすいことは歩きやすいのですが、Higher Townへの途中には心臓破りの坂が有り、結構な運動量になります。同じくらい急な坂を下りHigher Town Quayに到達する直前に左折してしばらくすると、ワイン醸造所があります。

http://www.stmartinsvineyard.co.uk/

 水曜日に記念に白ワインを一本購入。オーナーによると、やはり過去数年の初夏の悪天候に悩まされているとのこと。こんな天気になると判っていたら、ワイン醸造業を始めたかどうかと苦笑いしていました。
 ワイン醸造所をすぎてしばらくすると土の道、いわゆるフットパスになります。緩やかな、でもかなり距離を歩いてしばらくするとSt Martin’s の象徴であるデイマークが遠くに見えてきます。が、そこからデイマークに到達するのにさらに坂道。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630350611338/

 デイマークが建っている場所からの眺めはとても素晴らしく、晴れていてくれたらともっと素晴らしかっただろうにと何度も思いました。
 再び雨が降り出しそうな暗い雲がたれ込めてきたのですが、そのまま崖沿いの細いフットパスをホワイト・アイランド方向に歩き始めました。これが本当に細い上に、崖沿いというか崖の中腹を削っただけと思えるラフなもの。ここで強風にあおられて足を滑らせて海に落ちても誰も気がつかないだろうなと思う反面、回りに茂る野生の草を見ていると、気分が落ち着いてくるのを感じました。ふと思い出したのは、大昔に見たアイスランドの映画、「春にして君を想う」で、主人公の二人がたどり着く廃村となった村の風景。人の手が離れて自然が元の姿を優しく取り戻す、そんな風景が目の前に。

http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD16201/index.html

 あの突端を回ればホテルだというあたりで雨脚が強くなり、靴がずぶ濡れになってホテルの玄関についたときには出発してから既に3時間。後日、宿泊していたリピーターの夫妻に3時間で歩ききったと言ったら、「あり得ない」と。そんな距離です。もしこのウォーキングを試そうと思われる方は、一人では止めましょう。

 16年前と違うのは、働く人たちとお湯が待たずに出ること。

http://www.stmartinshotel.co.uk/

 確かトレスコとSt Mary’sのホテルをのぞき、多くのホテルやB&Bは11月から2月下旬まで営業しません。フェリィもの運航も止まってしまうので仕方ないことでしょう。そんな状況だと、ホテルで働く人たちはその営業期間のみに働きにくることがほとんどで、毎年同じ人に会うことは無いようです。
 シリィ諸島への興味はずっと持っているので関連のニュースはよく覚えていて、数年前にバルト3国からの季節労働者が多いとの報道を読みました。今回、ダイニングで働く女性の一人がリトアニア出身でした。ほかには、チェコとフランスからも居ましたが、意外なことに多くがほかの英語圏から。NZやオーストラリア、南アフリカ。
 このうち、オーストラリア出身のダイニングのチーフを務める女性が気さくな上に機転が利き、かつフレンドリィで気分よく過ごすことができました。
 
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7479082204/in/photostream
(これは出発する日の朝)

 火曜日の夜は、側面の窓際のテイブルで正面に島を眺めるところに座りました。背後には、男女6人グループが座って既にデザートに行く頃合いでした。
 僕がスターターを食べ終わるの同じくらいに、男性の一人が「実は僕は3歳の頃に養子に出されたんだ」と話し始め、話はどんどん暗い方向に。すぐ背後なので聞きたくなくてもすべて耳に入ってきて、でもグループは大盛り上がり。しかしながら次第に二人の女性が言い合いに発展し、うんざりしてきた頃にチーフが来たので、「Could you please move me to another table?」、と。彼女は表情で「Why?」と尋ねてきたので、「They are talking about so depressing stories and I don’t want to listen to them. This is my holiday」、と小声で伝えました。
 チーフは笑いをこらえながらも、「No problem, please follow me」。このグループがダイニングを離れたときに広がったほかのゲストの安堵感といったら。彼らのおかげで、宿泊客の間の壁がとれたことには感謝を。

 St Martin’sのカフェやパブはB&Bやゲスト・ハウスも経営しています。カフェで話しただけですが、ここのご主人はとても話しやすくていい印象を持ちました。

http://www.polreath.com/

 島の中の景観という点ではSt Agnes やBryherにはちょっと及ばないかもしれないですが、僕にとってはとても居心地よく滞在できる島です。

シリィ諸島の光と陰:離島の楽しみ、リスク

2012.07.02
Isles of Scilly Group

‘Small islands are microcosms for our world. We are all inhabitants of the global island, surrounded by the limitless ocean of space. If we can find solutions to the special vulnerabilities of islands, it will help us to address more global problems. If we fail to do so, the interlocking environmental crisis facing our planet today may well remain intractable. ‘Small islands, big issues’ was the slogan we used for the Barbados Conference in 1994. That sentiment remains just as true today.’

Kofi Annan, Secretary General of the United Nations



 シリィ諸島への16年ぶりの再訪は、僕自身にとって早めの休暇以外の何ものでもなかったので、宿泊の手配、面倒だった交通手段の手配が終わった段階では、訪問したそれぞれの島々の情報をブログにアップできればいいなという程度の想いでした。

 手配が終わって数日後のガーディアン紙に、シリィ諸島に関する記事が掲載されました。内容は、スコットランドの島々に比べて、シリィ諸島への交通手段の料金の高さを報告する物でした。

Isles of Scilly fear costly transport links will hurt economy and tourism
http://www.guardian.co.uk/uk/2012/jun/04/isles-scilly-costly-transport-links

Scilly councillors warn that without government intervention, islands could become 'a haven for the rich'

 記事に書かれているシリィ諸島への交通手段の高さは、僕も実際に痛感したこと。16年前は、今回も利用したホテルがオファーしたイギリス本土とシリィを結ぶ交通手段込みのパッケイジ(現在はなし)を利用したので気が回りませんでした。今回自分ですべてを手配しているときに知った事実が、「シリィ諸島への渡航費は高いし、高い金を払っても接続が不便」という物でした。これは島で話したリピーターの多くも同意していました。
 記事で渡航費の比較として言及されている、インナー・ヘブリディーズ諸島の一つのアイラ島にも18年前に行きました。偶然、僕自身が訪れた二つの島のこの差はなんだろう、と不思議に思いました。

 また、記事の内容と同じくらい深く興味を惹かれたのが、読者からのコメントでした。シリィ諸島が直面する難しさへの理解を示す読者が居る一方で、半数近いコメントは「高級リゾートが何を言っている」という感じのもの。
 このような反応があるのには、考えられる理由があります。それは、一番大きなSt Mary’s のごく一部の土地を除き、シリィ諸島のほぼ全土を所有する地主は、ダッチィ・オブ・コーンウォール、言い換えると、チャールズ皇太子です。これはかなり知られていることなので、読者が「高級」というコメントを残すのも少なからず理解できます。

 この記事を読んで、自分が訪れる島についてもっと知りたいという気分が高まり、駄目もとでシリィ諸島の地方行政部門に、何方かに会ってこの話をもっと聞くことはできるかどうかのメイルを送りました。いち観光客の疑問に、小さいとはいえ地方行政が連絡をくれるかどうかとの考えは有りました。
 返信が来ました。喜んで会いましょうと。送り主は、ガーディアンもインタヴューしているマリアン・ベネットさん。

Marian Bennett, the chairman of the council's policy and resources committee and a resident of the island of Bryher, says the islands desperately need an affordable, year-round ferry service. "Transport is the key to everything here, to the future of the islands. If prices aren't tackled, people won't be able to live and visitors will stop coming. The islands are a national treasure. We're not moaners, we're not whingers, but we do need some help."

 一つ問題だったのは、ベネットさんにとって彼女が暮らすブライアー島で会うのが好都合だということ。16年前の最初の訪問時、ブライアーへ行く機会が無かったので、僕にとっても素晴らしい機会になるとは思ったものの、僕が滞在したSt Martin’s からブライアーへ渡る船は週に一回、もしくは2回しか運航されないので前日になるまで行けるかどうか判りませんでした。幸運なことに、27日の夕刻、28日にブライアーへ行く船が運航されることがホテル内の掲示板に表示され(http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7470727622/in/photostream)、ベネットさんと会うことができました。

スクリーンショット 2012-07-05 6.52.56

 島の船着き場で待っていてくれたベネットさんは、小柄ながらも颯爽とした姿。孫が二人も居るとはすぐには信じられませんでした。何処の馬の骨とも判らない日本人を、さらに本当にシリィ諸島のことをきちんと紹介することすらでまかせととられても仕方ない状況で、自宅に招いてくれたベネットさんの暖かさは嬉しかったです。ちなみに、彼女だけでなく、島であった住民の多くは本当に気さくで話し易かったです。

 居心地の良いダイニングテイブルで紅茶をいただき、ベネットさんが資料を開く前に、日本語とはいえ彼女の名前を出して良いのかを尋ねました。答えは、「It’s fine. I am happy to do it in order to invest the Scilly isles」、ととても明瞭でした。ベネットさんからもらった資料はこれです。


ISLES OF SCILLY TRANSPORT A Comparative Study of the Isles of Scilly and the Scottish Islands
(このタイトルをグーグルでコピペして、グーグルドキュメントであけると読めるはずです)

 この108ペイジにも及ぶドキュメントの最大の論点は、スコットランドのアイラ島へのフェリィ料金は政府の援助で割安に押さえられているのに対し、シリィ諸島へのフェリィ料金は割高のままでこのままでは島最大の産業である観光が追いやられてしまうというのものです。論点に進む前に、このドキュメントは心理学のリサーチと違って、真っ当な報告書なので、離島を多く持つ日本にも通じる物が有ると考えます。手数がかかっても、ぜひ、読んでみてください。冒頭にあげた、コフィ・アナン氏の言葉が引用されています。

 ベネットさんによると、25日にはロンドンに自腹で出向いて、上院でこの件を陳情してきたそうです。そのニュースを見つけました。

Lords told: islanders paying tourist price for ferry travel
http://www.thisiscornwall.co.uk/Lords-told-islanders-paying-tourist-price-ferry/story-16463486-detail/story.html

Bryher councillor Marian Bennett, who, with economic development officer Diana Mompoloki played a significant role in assembling the statistics of the comparative study, said: "From encouragement given by people involved in transport to the Scottish Isles, and support from key figures like our MP Andrew George and Lord Berkeley, it shows that people are taking our situation very seriously."

 ガーディアンの記事、および報告書を読んでいただけると一目瞭然ですが、シリィ諸島への渡航費、さらに島と島を結ぶ船の運賃は本当に高く感じます。もちろん、船を運航する地元の会社にとっては、離島であるが故の高い燃料費をまかなうためには仕方のないことでしょう。それでもやはり「観光」でシリィを訪れた人にとってはもしかしたらぼったくりと映るかもしれません。ひとしきり報告書の内容と僕の感じたことを話し合った後に、一つ質問しました。「Do you think that we, the tourists, should understand the reasons why the boat fee is so expensive?

 ベネットさんは数秒間沈黙の後、暖かく微笑みながら、「Yes, they should」。当然と言えば当然。僕たちは観光で訪れているけれど、島の人たちには、彼らの生活を成り立たせるために必要不可欠な手段。政府の支援が無いのであれば、料金を低くすることは生活の破綻と同じこと。コーンウォールを訪れる観光客の数は過去10年で順調にのびている一方で、シリィ諸島への観光客数は過去5年でかなり下降傾向。それを上昇に変えるには、「シリィ諸島に行くのは高い」という印象の元凶である、渡航費を低くする必要が有る、と。
 ベネットさんとの話の内容だけでなく、実際に滞在し、毎日、近隣の島を訪れて感じたことは、家族連れが少ないこと。例えば、家族4人で宿泊はB&B、もしくはセルフ・ケイタリングのコテイジにしたとしても、それはそれで出費が有る上に、さらにこの高額の移動費を考えると訪れることをためらうのではないかと考えます。
 だからこそベネットさん等、島の議員たちは動いていると。島への愛情あふれるベネットさんの話を聞いているのはとても楽しく、本当に有意義な2時間でした。ベネットさんによると、今年の秋、スコットランドのマル島で、欧州連合内の島について討議する会議が有るそうです。参加したいです。訪れた島の印象は別項で。

 ここからは僕の経験と、実際の運賃について簡単に。St Martin’s のホテルを予約するのは至って簡単でした。問題は、何泊するかによって交通料金に差が出ること、ペンザンスでの宿泊料金が派生してしまうという状況でした。
 シリィ諸島への交通手段は、飛行機(プリストル、エクセター、ニューキィ、ランズ・エンド、サウザンプトン)、ヘリコプター(ペンザンス)、そしてペンザンスからのフェリィになります。仮に寝台列車でバディントン・ペンザンス間を移動すればフェリィの利用でもペンザンスに宿泊する必要は無かったかもしれないですが、乗り物で寝ることができない僕にとっては寝台車の利用は選択外。
 ならば朝一番の列車でロンドを出発すれば毎日5往復しているヘリコプターに間に合うだろうと高をくくっていました。7週間前にもかかわらず、乗り継ぎの良いヘリコプターはすべて予約でいっぱいでした。再度移動手段の接続を検討する前にヘリコプターの料金を知って驚きました。往復190ポンド。片道20分の飛行にこれだけ払うのは、やはり高いとの印象をぬぐい去ることはできません。
 結局、ペンザンスに前泊、ロンドンに戻る前にも宿泊と2泊し、シリィ諸島への移動はフェリィにしました。片道、約3時間です。ちなみにフェリィだけに限りませんが、シリィ諸島への渡航、宿泊をする際には、あらゆるところで旅行保険に入っているかも尋ねられます。6月の中旬には、とてもひどい天候のために、滅多に止まらないフェリィが一日欠航。滞在中の6月27日には、諸島とペンザンスの霧が濃くてすべての飛行機とヘリコプターが欠航ということが有りました。このリスクをカヴァーする保険は必須です。
 で、シリィ諸島に到着してからも移動費の支払いからは逃れられません。島と島を移動する船の運賃は、片道4.30-、往復8.60-です。この出費が滞在中はほぼ毎日有ります。これも、報告書で比較されていますが、シェトランド諸島では場所によっては無料です。この移動費の高さが、シリィ諸島への観光客数減少をの大きな要因であることは間違いないです。ATMが有るのはSt Mary's だけなので、ほかの島に滞在するのであれば、小銭の用意も忘れないように。

 で、これだけ高額な交通費を払い、長時間をかけてたどり着いた小さな島で天気が悪かったらどうしますか?ハワイや、イギリスのワイト島と違ってずっと小さなシリィ諸島ではアクティヴィティの選択は元々限られています。そんな選択肢が少ない環境でさらに天気が悪くても、自ら行動を起こせる、もしくは何もしないという選択を楽しめますか?
 このリスクを受け入れることができると感じるなら、ツアコンが居なくても自ら楽しみを見いだせるのであれば、シリィは素晴らしい島です。バードウォッチングやウォーキングではとても有名です。

 旅行には多かれ少なかれリスクはつきものだと思います。しかし、小さな離島滞在では、島が小さければ小さいほどリスクに直面する確率は高くなる、言い換えると滞在を楽しめるかは自分次第だと思います。天気がよくなかったからこそ、ということも有りますが、可能なら、明日にでも戻りたいくらいです。島では暮らせないことは判っていても、ロンドンの狂乱と狂騒とは無縁の島の空気を胸いっぱいに吸い込みたいです。

大揺れのイギリス銀行業界

2012.07.01
イギリス国外に住んでいる方はほとんどご存じないと思いますが、イギリスの大手銀行の一角に、Nat West という銀行があります。ここのシステムが、6月19日にダウンし、ナットウェストの顧客だけでなく、ノックオン・エフェクトでナットウェストに口座を持っていない人々の生活にまで大きな影響を与える状況にまでなりました。

NatWest fiasco: the meltdown, the impact, and the aftermath
http://www.guardian.co.uk/money/2012/jun/29/natwest-fiasco-what-happens-now

 口座を持っている顧客へは、預金の引き出しができない、オンラインで決済ができない、自動引き落としの遅延、もしくは確認ができない等々。ナットウェストを主銀行にしている会社では、給与の振込ができないなど。
 極端な例だと、ナットウェストに口座を持っていないけど、不動産購入を扱った会社がナットウェストを利用していた。住宅の購入契約が完了し、最初のローンの支払いが不動産会社から銀行に振り込まれるはずが、不動産会社の取引銀行がナットウェストだったために振込ができず、引っ越してから数時間後に新居から閉め出された夫婦など、大変な騒ぎでした。

 僕は旅行の準備のために18日には既に現金を用意していたので直接影響を受けることは無かったのですが、ナットウェストの親会社、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドがかかわっているクレジット・カードがどうなるのかが判らなかったのには不安でした。

 で、リーマン・ショックの後社会の敵役を一身に背負ってきた銀行業界の中でも、巨額ボーナスを受け取り続けることで名を馳せるボブ・ダイアモンド氏は、今年の始め、そろそろ銀行を目の敵にするのは止めるべきだとの発言をしたはず。
 
 そんなダイアモンド氏がCEOを勤めるバークレイズ銀行を襲ったスキャンダル。それは、銀行間の資金取引で金利の指標とされるLIBORを、バークレイズの投資銀行部門が不正に操作した疑いで、巨額の罰金を科せられたというもの。

Let's end this rotten culture that only rewards rogues
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2012/jun/30/will-hutton-barclays-banking-reform

 LIBORって何?、という方にはWikipediaの解説をそのまま。

LIBORとは「London Inter-Bank Offered Rate」の略で、ロンドン銀行間取引金利のこと。「ライボー」のように読まれる。一般的には、指定された複数の有力銀行(リファレンスバンク)から報告された11:00時点のレートを英国銀行協会(BBA)が集計し毎営業日発表している「BBA LIBOR」を指す。特に6か月物は短期金利の指標として使われることが多い。

資金調達コストの基準として用いられ、調達コストの割高/割安をLIBORとの比較で表現されることが多い。 例えば、LIBORと同水準で社債等が発行された場合には「LIBORフラット(ライボー・フラット)」或いは単に「Lフラット(エル・フラット)」と表 現される。また、特に信用力の高い企業では、LIBORよりも低い水準で資金調達を行なうことができ、その場合「サブLIBOR(サブ・ライボー)」と云 われる。


 金融業界で働いている皆さんにはぬるい解説かもしれないですが、LIBORの存在を知らなかった人には何がなんだかという感じかも知れません。
 今回の不正操作疑惑報道では、操作が有ったとされるのは短期金利らしいので、普段の生活では肌で感じる影響は無いのではないかと考えます。が、これが仮に長期金利になると、不動産ローンの金利に影響が出ることも有るはず(間違っていたら、何方か訂正してください)。

 ライボーのことなんて、日本だけでなくイギリスですら、いや世界中どこの国でも金融業界で働いていない限り、知る機会など殆ど無いでしょう。こちらの報道を読んでいても、各新聞、このLIBOR金利操作スキャンダルの実態をどうやって読者に理解させるのかで、書き方にかなり苦労しているように感じます。

 ナットウェストのシステム障害、バークレイズの金利不正操作疑惑を受けてバンク・オブ・イングランドのトップ、キング氏とキャメロンは銀行業界の改革を声高に叫んでいますが、僕からすれば同じ穴の狢同士が互いに避難しているようにしか思えません。大きな基幹産業を失ったイギリスが国際社会で生き抜いてきた理由の一つは、ロンドンを国際金融産業の大きな市場にしてきたこと。それを奨励したのはイングランド中央銀行であり、政府ではないのかというのが事情を理解しているとは言いがたいですが、僕の考えです。

シリィ諸島、ミナック・シアター等の写真

2012.07.01
自分でも何枚とったのか判りませんが、まず、写真を整理、というかFlickrに放り込みました。

シリィ諸島

6月25日:セント・マーティンズ
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630350599628/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630350611338/

26日:セント・マーティンズ、セント・アグネス
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630350633780/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630350648316/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630350664998/

27日:セント・マーティンズ、アザラシ観察ボート・トリップ
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630351126094/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630351138320/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630351164416/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630351176918/

28日:セント・マーティンス、ブライアー
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630365426588/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630365439042/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630365457498/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630365475954/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630370223760/

29日:セント・マーティンズ、セント・メリィズ
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630370472126/

ミナック・シアター他
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630370819110/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630325016498/

 お時間のあるときに、のんびり見てください。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.