LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2012年08月の記事一覧

2012.08.30 ロンドン・メトロポリタン大学の非EU留学生、強制送還の可能性
2012.08.29 非EU留学生受け入れ禁止のニュースの行方
2012.08.27 機能不全の家族が増え続ける理由はどこに
2012.08.27 シリィ諸島の島々2:St Agnes, Bryherほか
2012.08.27 郵便物はご近所のどこかに:ロイヤル・メイルの人件費削減策
2012.08.26 ロンドン・メトロポリタン大学、非EU学生の受け入れ禁止か?!
2012.08.26 マスコットを探して三千里:9月8日まで(らしい)
2012.08.25 Shiori Sushi @ユーストン
2012.08.23 美術品には触れないでください:スペインから
2012.08.21 印象派展、ティツィアーノ展@ロンドン
2012.08.21 カルチャラル・オリンピアードもまだ続いています
2012.08.19 猫にまで好かれるウェンロックとマンデヴィル
2012.08.19 ORRERY @ マリルボーン・ハイ・ストリート
2012.08.17 オリンピック・グッズ・オークション、その後
2012.08.14 イギリス人像の変遷を見せたオリンピック:選手のルーツ
2012.08.14 ロンドンの情報雑誌、無料に
2012.08.13 結局、モンティ・パイソンがイギリスなのか
2012.08.12 訃報:リチャード・クラガン
2012.08.12 Can't wait for tomorrow!
2012.08.10 ロンドン五輪マスコットがあなたの部屋に:オリンピク・グッズ・オークション
2012.08.10 リヒテンシュタインの美術品、日本へ
2012.08.07 パリ21区へ、ようこそ
2012.08.07 人気者になってしまったマスコット
2012.08.05 女性がいなくなったら、この世界はどうなってしまうんだろうか
2012.08.05 日本選手は、負けてはいけないんですか?
2012.08.05 月がとっても青いから in ロンドン
2012.08.05 日英交流に草の根貢献
2012.08.02 ラベルとカテゴリィ:ジョン・アーヴィングの新作から思うこと
2012.08.01 鮨徹:Sushi Tetsu @ クラーケンウェル、ロンドン

ロンドン・メトロポリタン大学の非EU留学生、強制送還の可能性

2012.08.30
トップ・ニュースはもちろんパラリンピックス。それに続くのが、昨日、ロンドン・メトロポリタン大学の非EU留学生への学生ヴィザ発行の資格を剥奪されたというもの。

London Metropolitan University's visa licence revoked
http://www.bbc.co.uk/news/education-19419395

Border Agency decision threatens thousands of international students
http://www.guardian.co.uk/education/2012/aug/30/border-agency-international-students-threat

London Met crisis will damage UK's brand, says vice-chancellor
http://www.guardian.co.uk/education/2012/aug/30/london-metropolitan-university-international-students

London Metropolitan University visa licence revoked: Q&A
http://www.guardian.co.uk/education/2012/aug/30/london-metropolitan-university-visa-revoked

 昨日、学生ヴィザ発給資格剥奪のニュースをじっくり読んでの感想は、問題がありすぎてどこから前進の糸口が見つけられるか判らない、というのがこの件で影響を受ける留学生、大学、教育関係者の思いではないかと考える。

 ロンドン・メトロポリタン大学側に非があることは事実だろう。しかしながら、それを差し引いても、ホーム・オフィス、および政府内で教育に携わる大臣たちの行動が「見せしめ」に感じる。メトロポリタン大学はイギリス国内の大学ランキングでは最下位、もしくはそれよりちょっと上というのが定位置。そんな大学なら、資格剥奪しても僕たちには影響内、とオックスブリッジ出身者が大半を占める内閣は思ったのではないか、という穿った見方を禁じ得ない。

 この事態に直接巻き込まれている留学生の苦境は相当なものだと思う。リンクの最後にあるガーディアンの記事の中から。

How easy will it be to find new places elsewhere for international students already at London Met?

Not at all. Most universities have fixed their numbers of international students by now. Then there is the question of matching course requirements to the academic work any London Met international student has already done. Then the student has to apply again for a valid visa. If they don't have one within 60 days from Wednesday they have to leave.


 移籍可能なコースがあるか。見つかったとして、受け入れてもらえるための学力条件はどの程度か。条件があったとして、では学費の支払い、そしてヴィザの発行は期限までに確約されるのか。

 ロンドン・メトロポリタン大学の将来もまた、どうなるか全く判らない。留学生から払われるはずだった高額の学費の穴埋めをしようにも、イギリス人学生の枠を増やすことはできない。なぜなら、イギリス人学生が利用できる学生ローンは、突き詰めれば国庫からになる。その出費をコントロールするために、各大学にはどれだけのイギリス人学生を受け入れてローンを利用できる枠の上限が厳しく設定されている。その枠を超えての入学を許可することもまた違反になる。八方ふさがり状態。

 イギリスへの外国人留学生は、イギリス経済に欠かせないという議論は、既に教育がイギリスの「産業」として位置づけられているようで、複雑な印象がある。イギリスだけなのかどうかは判らないが、教育の根幹が経済にかなりシフトしているという印象を、今回のことで強く感じる。

スポンサーサイト

非EU留学生受け入れ禁止のニュースの行方

2012.08.29
先日のポストに書いたイギリス入国管理局が、ロンドン・メトロポリタン大学が非EU圏からの留学生の受け入れることを禁止するというニュースのその後が、昨日のイヴニング・スタンダード紙に掲載された。

Foreign students ‘panic’ as visas are threatened in crackdown
http://www.standard.co.uk/news/education/foreign-students-panic-as-visas-are-threatened-in-crackdown-8083963.html

Foreign students at London Metropolitan University today told how they fear being banned from Britain.

Almost 3,000 international students are at risk of losing their “right to remain” if the London Met is stripped of its ability to educate people from outside the EU.

The Home Secretary is said to be considering a crackdown on the City-based institution which would remove its right to sponsor visas.

Today vice chancellor Malcolm Gillies angrily denied the university is a “threat to immigration control” and warned that the decision could harm Britain’s reputation abroad. But desperate student are already trying to leave and join rival universities.

Many of them have spent thousands of pounds to study in the UK and are concerned they could be banned from returning if they leave the country.

Adnan Pavel, 22, has one semester left for his electronic and communications engineering degree but will be unable to complete his degree if he loses his visa.

Yesterday he cancelled a trip to visit his parents in Bangladesh for fear he will not be allowed back.

He said: “If the university’s licence was revoked while I was out of the UK I might not be able to come back.

“I am an only son and my parents were waiting for me. But after I read the story and saw how critical the situation was I couldn’t fly.

“I paid £580 for a flight with Emirates but I lost all the money because I cancelled at the 11th hour.”

He added: “Students are panicked, they do not know what to do. Some of my friends studying for PhDs just need to complete their dissertations — which other universities will take them if they just need to complete one semester?”

Syed Rumman, 26, from Bangladesh, is a sabbatical officer at the students’ union. He said: “I am also on the university’s governing body — if I am forced to leave the students would lose out on representation. The students are all panicking. They have come all the way from their home countries and have left their families, and this news is causing a lot of stress for them.

“This would be a threat to higher education across the whole of the UK. People think a British education is the best in the world but they won’t come here if this happens. The Government is playing with students’ lives. Lots of students sold land or property to come and study here and want to go back home to do good work.

“It is not their fault if there is something wrong with the system.” He added that many people from Bangladesh will choose to study in Australia and Canada instead, causing a “catastrophe” for the British economy.

Mr Gillies said: “I believe the university has taken a very responsible stand over the last year to have its files in a good shape.” A decision on the university’s future is expected this week.


 一人の非EU圏からの移民としては、複雑な気分が渦巻く。今のところ一つの大学が直面している問題だけど、結果次第では、もしかしたら企業にだって適用されることもない、とは言い切れない。

 オリンピックスで見られた多民族社会がイギリスにもたらした高揚感が、急速に萎んでしまう。

機能不全の家族が増え続ける理由はどこに

2012.08.27
とてもセンシティヴな主題なので、僕自身の疑問を含めて慎重に。

 ロンドン五輪開幕直前、そして開幕後にイギリスのメディアが大きく取り上げた、家族としての機能が崩壊している為に起きた悲劇が二つあります。一つは、これだけでも一つのポストになるであろう、テトラ・パックを開発した家族に起きた悲劇。それは、親族の巨額な遺産を将来相続する一人である息子のアメリカ人の妻が、長年のドラッグ・アディクションが引き金になって自宅で死亡したあと、同じくドラッグ・アディクションで精神の均衡を欠いたその息子が遺体を自宅にひと月以上も隠していたというニュース。

 二つ目は、ロンドン南部のクロイドンで起きた、当初は、失踪事件と思われていた12歳の少女の殺害事件。

Tia Sharp murder: Stuart Hazell charged
http://www.guardian.co.uk/uk/2012/aug/12/tia-sharp-murder-stuart-hazell

Tia Sharp: Grandmother Christine arrested over murder
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-19223080

 12歳のティアの失踪が大きく報道され始め、家族や友人がティアの顔が印刷されたお揃いのシャツを着てメディアにばんばん出始めました。それにともなって当初、僕はティアの母親だと思っていた女性(BBCのリンクに写真がある女性)が実はティアの46歳になる「祖母」と知ったときに真っ先に浮かんだのは、2008年、イングランド北部で起きた報奨金を目当てに実の娘の狂言誘拐を演じたシングル・マザー、カレン・マシューズのことでした。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1092.html
(これの後半部分に書いてあります)

 今回のティア失踪は狂言誘拐でなく、「祖母」のパートナーである37歳の男性がティアを殺害した容疑で逮捕、と言う悲しい結果になりました。祖母と彼女のパートナーが逮捕されてほぼ2週間(祖母はその後警察の観察のもとにおかれているようです)、事件の進展が全く報道されないので祖母、パートナー、そしてティアの母親、彼女の現在のパートナー、そしてティアの「実の父親」の写真を載せることは控えます。
 でも、こう書いただけで、この家族の構成はどうなっているんだと思わずには居られません。カレン・マシューズもまた、父親の違う子供を何人も抱え、社会福祉で暮らしている女性でした。

 この事件が起きる数週間前に、サンディ・テレグラフでとても興味深い記事が掲載さました。それは、問題のある家族はたくさんの子供がいる、というタイトル。大きな議論を引き起こすかと思ったのですが、不思議なことに全く話題にならなかったようです。

Problem families 'have too many children’
http://www.telegraph.co.uk/news/politics/9416535/Problem-families-have-too-many-children.html

Louise Casey, the head of the Government’s troubled families unit, says the state should “interfere” and tell women it is irresponsible to keep having children when they are already struggling to cope.

She told The Daily Telegraph that the Government must not be a “soft touch” but instead be prepared to “get stuck in”, challenge taboos and change lives.

Britain’s 120,000 problem families cost taxpayers an estimated £9 billion in benefits, crime, anti-social behaviour and health care. A fifth of them have more than five children. Miss Casey is leading a scheme to turn their lives around after they were blamed for last year’s riots.

“There are plenty of people who have large families and function incredibly well, and good luck to them, it must be lovely,” she said. “The issue for me, out of the families that I have met, [is that] they are not functioning, lovely families.

“One of the families I interviewed had six social care teams attached to them: nine children, [and a] tenth on the way. Something has to give here really.”

Miss Casey warns that the state must start telling mothers with large families to take “responsibility” and stop getting pregnant, often with different, abusive men.

“The responsibility is as important as coming off drugs, coming off alcohol, getting a grip and getting the kids to school.

“So for some of those women the job isn’t to go and find yourself another violent, awful bloke who you will bring a child into the world with, to start the cycle all over again.”


 国の福祉に頼って、さらに結果としてベネフィットで生活することが当然とする家庭内の悪循環を断ち切るためには、国が干渉することも必要では、と言うのが超簡単な要約です。ルイーズさんは、子だくさんイコール問題のある家庭と断言している訳ではないことは強調しておきます。が、今回の悲劇、カレン・マシューズ、またダービーで起きた子だくさんで知られる家族の5人の子供が亡くなった火事は両親による放火だったという事件をこの記事に結びつけて考える人はたくさんいたであろうと想像します。

 今回の事件で初めて考えたことではありませんが、今の時代、家族を持つことってどれだけ難しいのか、とたまに考えます。それとも僕が考える「家族像」は20世紀の印象にとらわれていて、問題を起こす家族の方が今の時代、デフォルトなのだろうかと。

 いつか「家族像」について書けるときに使えるかなと思って切り抜きしていた記事が二つ。

Why can't we stay married?
http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/why-cant-we-stay-married-7657610.html

A survey claims that Britain is full of people who tie the knot late in life, immediately have children – and then get divorced.

It could be described as a depressing portrait of a modern relationship: a career-driven couple meet later in life, have a whirlwind romance and settle down quickly to have children. Then things start to go wrong.

Relationship specialists immediately pointed to a growing trend for “fast forward” partnerships as couples leave it later in life to get together – but spend less time getting to know each other before moving in together and having children. One in 20 couples polled admitted they were expecting a baby within three months of getting together and 15 per cent within a year.


 現在のイギリスでは、仕事が先で家族を持つのが遅い傾向になりつつある。が、その結婚は慌ただしく、結婚までの期間はとても短い。そして結婚してからはすぐに子供を持たなければならないと焦り、4年以内に結婚が破綻するカップルが増えている、というもの。続いてガーディアンの記事は、若い世代にとって不動産ローンを得るのはますます困難になり、2025年までに持ち家を持てるのは25%にすぎないだろうという予測。

Renting to be 'way of life' for young UK families
http://www.guardian.co.uk/society/2012/jun/09/renting-price-rise-young-families

Millions of young families are entering an era of insecurity in which renting becomes the norm, according to a report that warns of steep increases in the number of parents unable to buy their own homes.

The Cambridge University study, obtained by the Observer, says that if the British economy remains stagnant, just over one in four people – 27% – will be in "mortgaged home ownership" by 2025, compared with 43% in 1993-94 and 35% now.

Most alarmingly, it finds that it is no longer just young, single people who are locked out of the property market and forced into an under-regulated rental sector due to rising house prices, falling real wages and banks that are unwilling to lend.

The same difficulties are now besetting families with children, many of whom are paying half or more of their income in rent and, as a result, have little or nothing left at the end of the month to save for a deposit.


 このまま不況が続き、賃金の上昇がない期間が長く続くと、2025年までに持ち家比率は27%まで下がる。最も影響を受けるの若い世代と、小さな子供を抱える若い家族であろうというのものです。

 自分でリンクしておきながらですが、これらの記事を読んでなお、「家庭を築いて、家族みんなで幸せになって、持ち家を獲得するぞ」と前向きに考えられる若い世代はいるのだろうかと。
 「家族」を巡る報道を読むたびに、今の時代、イギリスに限れば、大家族を持てるのはほんの一部のセレブリティか、福祉政策の抜け穴をくぐり抜ける術を知っている人たちにだけに限られているのではないかと思ってしまいます。
 現在の保守党政府は、予算の大幅削減の一環として、児童手当の大幅な切り下げをしたことで子供が二人いる家庭の実質の収入はかなり減るだろうというのが大方の予想です。こんな状況でBig Societyをぶち上げたキャメロンは、やはり銀のスプーンとともに育った人なのかもしれないです。

 日本も個別の要因に違いはあれども、若い世代が家族を持つのをためらう環境はそれほど違いはないのではと想像します。政府がやることはたくさんあるとして、いつもこれはやめるべきだろうと感じる広告があります。それは、「こっそりと婚活しませんか?」というもの。
 どうして「こっそり」しなければいけないんですか?少子化を食い止めることが国を挙げての課題であろうに、子供を持ちたいと望む人々に婚活が「こっそりやらなければならないほど恥ずかしいこと」というイメイジを押し付ける、植え付けるこの広告は、間違っていると僕は思います。結婚したい相手を探すことは普通のこと。それがなぜ、「こっそり」というとてもネガティヴな言葉とともに表現されるのか。ただでさえ余計なプレッシャーをお互いに掛け合いすでに疲弊しているように見える日本社会、このような無用なプレッシャーを新たに持ち込むのはやめるべきです。

シリィ諸島の島々2:St Agnes, Bryherほか

2012.08.27
ハリィ君は、パラリンピックには登場するのか?

 紹介もかねて、みっちり書くつもりでいたシリィ諸島。すっかり時間が空いてしまったので、覚えていることを一つにまとめて。

[St Agnes, Gugh]
 滞在二日目に訪れたのは、St Agnesと、地続きになっているGugh(ギュウ)。1996年に初めてシリィ諸島を訪れたとき、セント・アグネスに滞在できたのは、たった10分。それも港に隣接するトイレのみでと言う悲しい思い出。その思い出は後述しますが、滞在したセント・マーティンズからセント・アグネスへは最も便が悪いことは覚えていたので、今回も半ば諦めていました。が、天気は優れませんでしたが、幸運にも二日目にしていけることになり、初めて島を充分に歩き回ることができてよかったです。

stagnes.jpg

 有り体に言えば、僕にとっては何度も訪れたいと思う島ではありませんでした。セント・アグネスには、息をのむような絶景は僕にはありませんでした。また、他の島と違いホテルが未だにないようなので、年嵩のリピーターの皆さんが快適に過ごせる環境ではないようにも感じました。
 他方、他の島同様キャンプサイトの施設はとても充実しています。そのキャプサイトが大西洋側ではないのですが、海に面しているため他の島のキャンプサイトより豪快感が楽しめるためか、若い人たちや家族連れには人気が高いように思います。
 島歩きで楽しめたのは、むしろギュウの方でした。同じ船で訪れた人からギュウの左側のフットパスが良いと教わり向かいました。小さな島ですが、アグネスから洲をわたって島の左側に回ると、フットパスは起伏に富むだけでなく、その眺望も素晴らしかったです。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7468970104/in/photostream

[Bryher]
 今夏のシリィ滞在で、Bryherに行けたのは最大の喜びでした。次回、またいく機会があればその時はBryherをベイスにしたいです。
 
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1695.html

 マリアンと彼女のお嬢さんと一緒にヘル・ベイ・ホテルで食べたランチはとてもおいしかったのですが、終わる頃には気もそぞろ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7470774116/in/photostream

 帰りの船の時間まで既に2時間を切っていて、さらにマリアン曰く、「2時間でヘル・ベイを見て回って港に戻るのは無理かもしれないわ」、とのこと。

map_bryher.jpg

 天気は極上、この機会を逃してなるものかということで、ホテルをでたとたん、自分の中で最速の競歩モードでヘル・ベイに向かってまっしぐら。途中、小高い丘の頂上までのぼりホテルの写真もしっかり撮りました。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7470814368/in/photostream

 勾配は僕にとってはそれほど急なものではなかったのですが、崖沿いの細いフットパスを強風にあおられて歩くのはかなり集中力を要求され、思ったほど早く歩けていないのではと感じていました。時間内にヘル・ベイを見て島の北端まで行って港に戻るのはやはり無理かと考えていたときに、反対側から他のウォーカーが来たのでヘル・ベイまであとどれくらいかを訊きました。「ここだよ」。時計を見たら、ホテルを出発してから30分でした。
 そのあとは少し速度を落としたものの、島の北端から反対側に回り込み、トレスコ島のクロムウェル城をBryherから眺める念願も叶い、実働時間は短かったですが充実の時間でした。島の南半分を回ることができなかったので、次回のモチヴェイションになります。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7470859486/in/photostream

[岩礁巡り]
 シリィ諸島に滞在している間には、いくつかの観光の目玉があります。リピーターの間ではどの無人島に行ったことがあると言うのがステイタスのようですし、また、トレスコ島のトロピカル・ガーデンも有名です。中でも、人気が高いのは、アグネスのさらに先、大西洋上に突然出現するビショップ・ロック灯台へのクルーズ。

Bishps_rock.jpg
(灯台の上にはヘリ・ポート)

 簡単だと思われる皆さん、ぜひ、体験してみてほしいです。シリィを訪れる数年前に、台風が通過した直後の石垣島から波照間島へ、高速ボートで移動しました。海の荒れぶりはかなりのものでボートはまるでジェットコースターのよう。乗船していた多くの人が気分の悪さを訴える中、僕は波照間に行けることへ集中していたからか何ともありませんでした。なので、1996年にビショップ・ロック灯台へ行く小さな船に乗り込んだとき、その後に起きることなど予想していませんでした。

 外海とはこれほどなのかということを、大西洋からがつんと叩き込まれました。井の中の蛙、大海を知らず、とはまさにあのこと。

 船の後方からアグネスの島影が見えなくなるあたりから、足の裏から感じるうねりがそれまでとは違うことを感じ始めました。ビショップ・ロック灯台が視野に入って来たときには、胃のあたりが何かおかしいと。自分の体の中で何が起きているか判らないまま灯台の写真を撮り終わる頃には、嘔吐はなかったのですが、下が限界状態。船がアグネスに着くや否や、港のトイレに駆け込みました。このとき運が悪かったのは、どうやら地元のミネラル・ウォーターにあたってしまったようで、それが船酔いとかけ合わさってそれもうすごかったです。旅行中に体調が悪くなったのはこのときだけで、どれほど辛いかを身を以て知りました。今回の滞在中は、過剰反応と判っていても、生水はいっさいのみませんでした。

 そんな経験があったので、リヴェンジでもう一度挑戦したかったのですが、今回は天候がとても不順で、滞在中にビショップ・ロック灯台に行くクルーズはシリィ諸島全体でなかったようです。代わりにセント・マーティンズの東側に散らばる岩礁地帯のクルーズ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630351164416/

 僕のカメラだとアザラシがナメクジにしか見えないです。北米への渡りの直前の時季だったらしく、パフィンもかなりいたようです。バードウォッチャーの皆さんは忙しそうでした。

[St Mary, Tresco]
 シリィ諸島の中心、セント・メアリィは僕には大きすぎ。また、一日泊まって自分の足で歩き回る時間があったとしても、見たいと感じるものはないです。この島は、僕にとっては通過点にすぎないです。

 トレスコ島の現在の所有者は、ドリアン・スミスという人らしいです。それはどうでも良いのですが、マリアンや他の島であった年期の入ったリピーターたちに言わせると、現在のトレスコはシリィの他の島との差別化に余念がなく、かつての魅力が失われてしまっているとのこと。その真意は判りませんが、港の近くに、最近建設されたセルフ・ケイタリングのコテイジが林立する様は、訪れたい意欲をそいでくれるには充分すぎるほどの衝撃が僕にはありました。

[ミナック・シアター]
 行きと帰りにそれぞれ一泊しなければならなかったペンザンスは、魅力のない町と断言します。しかしながら、西部コーンウォール地域を回るのであれば、便利です。ぼったくりのランズ・エンドに行く気は全くありませんでしたが、帰国されたブログ仲間の方がミナック・シアターの素晴らしさを書かれていたので、これは見ておかねばと。

http://blog.goo.ne.jp/bigupset39/e/90ab005d6dd1f96bfc72f4b92fc01cd6
 
 素晴らしかったです。別の友人からもこの劇場を訪れたときの感動を聞いていたのですが、これは本当に素晴らしかったです。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630370819110/

 日本からわざわざヨーロッパの西の外れにある島国に来て、さらにその島の西の果てまでいくのは大変です。が、この劇場は一見の価値以上の魅力を持っています。ただし、カフェは最低です。
 余談。プリチャードとか言うイギリスの作家がコーンウォールを舞台にした小説がドイツでは大人気だそうで、僕が訪れた日も、ドイツから来た大型観光バスが2台も駐車場に止まっていました。著名な観光地で外国語が耳に入ってくるのはもはや普通のことですが、英語しか耳に入ってこなかったシリィ諸島のあとでは、ドイツ語の氾濫に久しぶりのカルチャー・ショックを受けました。

シリィ諸島、コーンウォール西部の写真
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157631208639110/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157631208707874/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157631209495608/

郵便物はご近所のどこかに:ロイヤル・メイルの人件費削減策

2012.08.27
今日は、夏のバンク・ホリディ。銀行に休みをあげるなんて、イギリスはやっぱりキャピタリズムの総本山、とは友人の弁。

 ロンドン五輪報道の裏で、国内的には大きなニュースがつづいているイギリス。そのうちの一つが、人件費削減と、経営陣のパフォーマンス・ボーナス支給のことだけに腐心するロイヤル・メイルの新しい利用者いじめ。少なくとも、僕にとっては。

Royal Mail neighbour delivery scheme extended
http://www.bbc.co.uk/news/business-19293772

 昨年からイングランドの一部地域で始めた、郵便物の新しい配達方法を、この秋から全国に広げるというもの。その新しい方法とは、受取人が不在の場合、オプションとして在宅の近所の家に、荷物を預けるというものです。

A scheme to deliver post to a neighbour if no-one is at home is to be extended across the UK.

Royal Mail decided to roll out the initiative to millions of homes around the country after a three-month trial.

The postal group said customers welcomed the convenience of letters and parcels being left at a nearby address if they were not in.
ロイヤル・メイルは、利用者は郵便物が近所に配達される利便さを歓迎している。

The practice would become widespread from late September, subject to regulatory approval.

Homeowners and neighbours would be included in the scheme unless they registered to opt out.
この方法を利用しない選択は一応可能。

Royal Mail said that in most cases it would be left to postal workers to decide which neighbour a letter or package should be left with.
ロイヤル・メイルによると、近所のどの家に託すかは配達人の判断。

Mike Newnham, Royal Mail's chief customer officer, said: "The results of the trial showed that customers welcomed the convenience of having items delivered to a neighbour if they were not at home to receive them.


ロイヤル・メイルによるQ&A
http://www.royalmail.com/delivery-neighbour/faqs/faqs

 この近所に預ける配達方法が始まったのは、どうやらイングランドの地方都市周辺部。そのような場所なら、お互いに近所に誰が住んでいるかを知り、郵便配達員は地元で暮らしその仕事を何十年もやっていて、誰がどの通りに住んでいるかを完全に把握している、そんな場所だと思います。

 でも、これ、ロンドンで実施されたらたまらないです。「近所への配達は拒否する」旨のステッカーをドアに貼付けておけば問題なしとロイヤル・メイルは主張していますが、一軒の家に全く関係のない人が入れ替わり立ち替わり暮らし、消えていくロンドン。隣に住んでいる人が、英語を話せるかどうかすら全く判らないロンドン。
 僕の経験。ノース・ケンジントンのハウス・シェアで2年半暮らしたとき、左隣の家は半年単位で入居者がかわり、右隣はずっと空き家。通りの向かい側の家には誰かが住んでいるようでしたが、居住者を見たことはありませんでした。

 このスキームの裏にあるのは、確信を持って言い切れますが、人件費の削減。未配達の郵便物を利用者が受け取りに行く集配所の削減・廃止につなげ、結果的に人件費を減らし、そのターゲットを達成したとして経営陣には巨額ボーナスの支給。で、利用者の苦労が増すだけというもの。
 いろいろな局面で非難されているボーナス・カルチャーが衰退する気配がないイギリス。郵便事業は国営に戻してほしいと強く望みます。

ロンドン・メトロポリタン大学、非EU学生の受け入れ禁止か?!

2012.08.26
タイトルの件、今日のサンディ・タイムズでは既に確定のようなかたちで報道されいた。タイムズ紙のウェブからはリンクを貼れないので、他にニュースがあるかどうか検索してみたところ、一つだけ見つかった。

London Metropolitan University may be banned from taking foreign students
http://www.itv.com/news/london/update/2012-08-26/london-metropolitan-university-banned-from-taking-foreign-students/

London Metropolitan University may become the first in Britain to be banned from educating foreign students, according to reports.

The University has previously been allowed to sponsor visas, but authorities no longer trust it to monitor its students and ensure they don't become illegal immigrants.

It means that around 2,600 students from outside the European Union will have 60 days to find places on other courses at a different institution, or they will be asked to leave the country.

However a Boarder Agency spokesperson said: "We have not made a decision yet.”

They added: "Any education provider has to meet strict standards, ensuring they provide high quality education, and take their immigration responsibilities seriously. We will not tolerate any abuse of the immigration system.


 僕が心理学を学んでいたときは、まだ合併の前でギルドホール・ユニヴァーシティだった。ギルドホールがユニヴァーシティ・オブ・ノース・ロンドンと合併するとなったときギルドホール側からの反発と失望はとても大きかったと記憶している。
 心理学部は今でも評価が高く、外国人学生もかなりいるはず。どうなるんだろう。

 それにしても、イギリス政府の移民制限、特に学ぶ気のない学生を閉め出そうとする態度は、本気だ。メトロポリタン大学への留学が決まっている人は情報収集、それもきちんとしたソースからの情報を得るようにした方が良いと思う。また、イギリスの高等教育機関への留学を計画している人も、必要な書類の準備にいっそうの注意が必要になるかもしれない。留学することは、辛いこともあるだろうけど、得ることはとても大きいと信じている。

マスコットを探して三千里:9月8日まで(らしい)

2012.08.26
日々、イギリスデザインの深淵にずぶずぶと浸かってしまっています。

DSCN2882.jpg
(最も欲しいのがこれ)

DSCN2911.jpg

DSCN2858.jpg
(これは夜一人で見たら怖いかも)

 オークション・サイトで一体くらい購入できるかとの甘い考えは木っ端みじんになり、では、せめていくつかの写真を撮っておこうかと思っていたところ、ロンドンのどこにウェンロックとマンデヴィルがおいてあるかの情報があるウェブを見つけた。

http://www.molpresents.com/stroll

 天気がよかったので、黄色、青そして緑のルートの中で、リストにある名前からおそらく気に入るだろうものに目星をつけて効率よく回って撮った写真。ロンドン五輪を夏休みの課題にしているお子様たちの役に立つだろうか。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157631253593700/

 特に黄色のルートは、普段ほとんど行く機会のない地域なので、探しつつ町の風景の変わりように驚いた。10年ほど前、心理学、そして心理カウンセリングを学んでいたのはこの辺り。あの頃はロンドンに詳しくなく、人種のるつぼのような風景に驚いてばかりいた。

 ウェブの情報によると、どうやらウェンロックとマンデヴィルが設置されているのは9月8日までのようなので、興味のある方は早めに。個人的には、青と緑のルートがおすすめかな。

Shiori Sushi @ユーストン

2012.08.25
DSCN2829.jpg
(£28−也)

ローマのふざけた似非日本料理屋(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1745.html)への抗議のつもりではないが、真っ当な日本食が食べたいと思い立ち、栞寿司さんに電話したら一人なら平気ということで久しぶりに言って来た。

http://www.sushiofshiori.co.uk/

最近のレヴュー
http://www.timeout.com/london/restaurants/venue/2%3A23010/sushi-of-shiori

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1367.html

 最近では日本人のお客さんも増えているそうだが、割合としては外国人客の方が多いとのこと。今夜も、僕以外に日本人客はいなかった。
 開店して3年経ったそうだけど、外国人客相手に3年もの間、きっちり営業できているというのは、しっかりした味を提供しているということだろう。

 こちら、そして鮨徹(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1724.html)などなど、最近、真っ当な日本食を食べられる食事処が確実に増えている。頻繁に行ける値段ではないけど、このようなレストランが丁寧な仕事をして日本食への理解が深まると嬉しい。

美術品には触れないでください:スペインから

2012.08.23
今日、ハリー王子の写真と同じくらい、少なくともヨーロッパで大きな話題になったニュースはスペインから。

 スペイン東北部にある都市、Borjaのある教会で、19世紀のフレスコ画が傷んでいるのをみた80代の女性信者が、勝手に上塗りしてしまったというもの。

51228514482338648_wzCmDsa7_c.jpg

Great art needs a few restoration disasters
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2012/aug/23/great-art-restoration-disasters

iyzMYM6HxHghl.png

Spanish fresco restoration botched by amateur
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-19349921

 朝、新聞で読んだときは教会とその信者にとっては悲しみかもしれないけど、悪気があってやった訳ではないと思っていた。でも、ヴィデオをみると、開き直っている気がする。いずれにしても、よかれと思ってやったことが良い結果につながらないという典型。名のある芸術家がやるならまだしも、これでは制作者の家族の苦々しい想いは当然だろう。

 今日の午後遅くに、スペイン人の友人カップルと会うことになっていたので、この記事を見せたら、一瞬、絶句していた。知らなかったということではなく、このニュースが世界に広まっていることにうろたえていた。

 ここからが本題。数日前に、朝日新聞のウェブでバルセロナに本拠地がある食品会社の缶詰が日本で発売になったという記事を読んで、尋ねてみたいことがあった。会社の名前は、ケリーダカルメン

http://queridacarmen.jp/#home

 この記事によるとスペインは「缶詰王国」とのこと。初耳だったので、日本で「Spain is famous for tin food」って紹介されているけどと言ったら二人ともちょっとむっとしていた。曰く、「母がパエリャを調理するときに缶詰の食材を使うことはあり得ない」そうだ。誰が言い始めたのかな、と。

 もう一つは「アロス」。実は綴りは調べておいたけど、まず「alosuってどんな料理?」と訊いたら通じなかった。「arosu」と言い直したら通じて、「arrozは料理の名前じゃないわ。食材、お米のことよ」、との返事。記事で紹介されている「アサリのアロス」は日本では「アサリご飯」で通じるだろうけど、スペインでは通じないように思った。
 で、興味がわいたので「アロス」でググってみたら、「アロス」とい名前のスペイン料理レストランが日本にはあるようだ。「スペイン料理レストラン、米」は「Japanese Food restaurant MAGURO」と同じようなものだと思うのだが。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1176.html

 ケリーダカルメンのウェブで呆れてしまったのは、調理の仕方を「おしゃれ」に紹介しているらしい日本向けヴィデオ。

スクリーンショット 2012-08-21 21.43.27
(著作権に抵触する場合、削除します)

 いつから日本人は缶詰のふたを自分の手のひらと指を使ってあけられなくなってしまったのだろうか。リソースの無駄遣いとしか思えない。

[追記:8月24日]
起きたら、朝日新聞でこんなニュースが。

ローマで「女体盛り」騒動 日本料理店、全国紙に登場
http://www.asahi.com/international/update/0824/TKY201208240132.html

ローマ市内に、横たわった裸の人の上にすしを盛りつける「ボディー・スシ」を売りものにする日本料理店が現れた。イタリア紙は日本の食文化であるかのように紹介しており、在イタリア日本大使館が「日本の伝統というのは商売目的ででっちあげられた迷信だ」と抗議の書簡を送る事態になっている。

 ローマ中心部のこの店の前には「ボディー・スシ」「ローマ初」と書かれた写真入りの看板。ホームページにもローマ字で「NYOTAIMORI」(女体盛り)とあり、「男性か女性のモデルの上に盛る」としている。

 料金は、横たわるモデルの代金199ユーロ(約2万円)に加え、客1人59ユーロ(約6千円)。モデルの性別で値段の違いはない。


 最近、ロンドン中心部に「Sushi Samba」というレストランができて、きわめて不評。食文化を理解するって、難しいことだと実感する。

印象派展、ティツィアーノ展@ロンドン

2012.08.21
今年の夏は、オリンピックス、パラリンピックスがあるので、大きな話題になる大規模美術展はないですが、小規模ながら面白い展覧会があります。そのうちの二つに、最近続けていく機会がありました。

 フォートナム・アンド・メイソンの向かいにあるロイヤル・アカデミィ・オブ・アーツで7月7日から、マサチューセッツにあるクラーク・コレクションの「印象派」の絵画、70点が展示されています。

http://www.royalacademy.org.uk/exhibitions/from-paris-a-taste-for-impressionism/

 正直、僕は印象派の定義をしっかり学んだことはありません。印象派と言えば、なんだかよく判らないけど人気がある絵画という意識が先行します。今回の展示作品の中でも、ポワンティズムの影響が強い作品から、写真のような絵画まであり、これをすべて印象派というのは、技術的なことではないにしても曖昧すぎるなと。
 この展覧会で僕にとってよい勉強になったのは、ルノアールによる風景画群。彼の肖像画にはいつも距離があるのですが、風景画には思わず立ち止まる何かがありました。玉葱も美味しそうでした。

renior-onions.jpg

作品として最も惹かれたのは、モネ(おそらくキャリアの初期の頃)が描いたノルマンディの風景と、田園地域の小川にいる鵞鳥を描いた2点。淡い色彩の多様な変化がど真ん中でした。

monet.jpg

 「印象派」とくくられながら、画風にはかなり幅があり、しかしながらすべての画家が風景の、そして人物の一瞬を切り取っている。昨年秋から、レオナルド(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1514.html)、ホックニィ(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1546.html)、フロイト(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1558.html)、そしてこの印象派を含めて画風も、時代も全く違う画家たちによる肖像画や風景画をみる機会に恵まれて考えたことがあります。それは、「どうして画家は、人物の一瞬の表情を、自然が見せる一瞬の変化をカンヴァスに切り取りたいと感じたのか?」。
 当然、パトロンの意向や生活のためということはあるでしょう。でも、どうしてその一瞬をと願ったのか。絵を描きたいという芸術的衝動の裏に、その一瞬を自分だけのものにしたいという願望もあったのかな、と。
 行ったのは日曜日の午前中。信じられないことに、ほとんど貸し切り状態なくらい空いていました。

 ナショナル・ギャラリィで開催されている「メタモルフォーシス2012」。

http://www.nationalgallery.org.uk/whats-on/exhibitions/metamorphosis-titian-2012

 7月ロイヤル・オペラ・ハウスで上演された、ロイヤル・バレエのトリプル・ビル(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1708.html)との意欲的なコラボレイションのナショナル・ギャラリィ側の展示です。

 ティツィアーノの3作が一つの展示室に一堂に展示されているのは、100年以上もなかったことだそうです。それは画期的なことだと思いつつ、「アクテオンの死」だけはどうしても平凡な印象しか持てません。

 話題になったウォリンガーによる、浴室をのぞきみるインスタレイション。女性が風呂に入っているところが見られると期待して初めてナショナル・ギャラリィを訪れた男性諸氏の落胆が手に取るように判るほど、何もはっきりとは見えませんでした。あれを美術とは僕は呼びたくないです。

 この展示、ロイヤル・バレエの本公演を見逃した人には朗報だと思います。というのも、それぞれの演目でプリンシパルが着用した衣装が展示されているだけでなく、7人の振付家がどのようにダンサーたちと作品を創りあげていったかのメイキング・ヴィデオが流されているからです。特にタマラ・ロホ、スティーヴン・マックレィ、カルロス・アコスタ、そしてサラ・ラムのファンは必見です。

写真
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630618229876/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630618265032/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157630683498966/

カルチャラル・オリンピアードもまだ続いています

2012.08.21
たった二日だけ、日中の最高気温が30度を超えて既にぐったりです。8月の日本に帰れる自分を想像できません。

 オリンピック報道は活況でしたが、同時にイギリス全土で展開されているカルチャラル・オリンピアード、それの総決算であるロンドン2012フェスティヴァルはあまり日本では報道されていない印象があります。が、イギリス国内では、この芸術総合企画への賞賛は高く、これほどの経験とネットワークの蓄積を今回だけで終わらせるのは惜しいとの声が急速に広まっています。

Jeremy Hunt considers biennial culture festival
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-19258052

 考えてみると、世界の美術品マーケットの大きな市場であるロンドンには、ヴェネツィアのようなビエンナーレはないな、と。今回のような全国隅々で展開される芸術企画というのは、世代に関係なく人々の創造性を刺激するであろう興味深いもの。ただし、ここまでに至るまでには、巨額な資金も必要との認識を、ディレクターのマッケンジィ女史はインタヴューで答えていました。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1636.html

 今朝、フェスティヴァル事務局で開かれた今週以降の注目イヴェント紹介の集まりに参加できたので、参考までにいくつか。

 僕自身、全くの初耳の音楽は、カールハインツ・シュトックハウゼンという人。彼の「Mittwoch aus Licht」というオペラがバーミンガムで上演されます。

http://www.birminghamopera.org.uk/index.php?option=com_content&view=article&id=91&Itemid=120

 事務局でもらった資料によると、ヘリコプターに乗り来んがクワルテットが演奏に参加するということで、検索したらこんなニュースが。

Stockhausen’s Mittwoch Aus Licht:Opera with real altitude
http://www.telegraph.co.uk/culture/music/classicalmusic/9447531/Stockhausens-Mittwoch-Aus-LichtOpera-with-real-altitude.html

It could only be opera, I suppose, but it is unlike any opera you may have seen before. The Birmingham Opera Company are staging Karlheinz Stockhausen’s Mittwoch Aus Licht in full, for the first time, on an industrial estate in the heart of the Midlands city. It is a six-hour production of a notoriously difficult piece of music which features (alongside the flying orchestra and singing dromedary), a helicopter string quartet, in which four musicians in separate helicopters synchronise their playing with the rotor blades while hovering in Birmingham’s airspace.

 パラリンピックの開幕は来週、8月29日。それにあわせてか、身体機能に所外を持つパフォーマーによるダンス等があります。

CAUTION brings together six artists from around the world to work on a series of solo and collaborative performances, video works, still images and installations that allow the artists to explore their limits, break through boundaries and work with the extremes of their abilities to communicate and make things happen. Led by Belfast-based artist and curator Sinéad O’Donnell, CAUTION artists Sylvette Babin (Canada), Mariel Carranza (Peru), Paul Couillard (Canada) Poshya Kakl (Kurdistan-Iraq) and Shiro Masuyama (Japan) interrogate what it means to have an ‘invisible’ disability. (Golden Thread Gallery, Belfast, 24 August – 29 September 2012; FREE, Southbank Centre, London, 1 – 2 September). The artists are also showing a series of CAUTION video works at the Southbank Centre from 31 August to 9 September.

Claire Cunningham: Ménage à Trois explores award-winning performer Claire Cunningham's 20-year relationship with her crutches in a study of love, obsession, loneliness and manipulation. The stunning piece of dance theatre is a collaboration with choreographer and video artist Gail Sneddon, set within an extraordinary, animated environment, enveloping the performers in a surreal, imaginary world. (Tramway 1, Glasgow, 24 – 25 August 2012; The MAC, Belfast, 31 August; Southbank Centre, London, 8 September)


 前者には日本人パフォーマーの名前があります。クレア・カニンガムのダンスをヴィデオでみたのですが、とても目から鱗でした。

 来週末には、イングランド北部にある「ハドリアヌスの壁」に、アメリカ人アーティストが中にLEDを入れた直径2メートルの風船の色を変えることによって、コミュニケイションをするというアート・インスタレイションがあります。

YesYesNo - Connecting Light: Hadrian's Wall
http://festival.london2012.com/events/9000961832

Event Details

A major new art installation for local, national and international audiences to engage with the magnificent structure of the Roman Empire's most northern frontier.

Designed by New York-based artists' collective YesYesNo, including founder member Zachary Lieberman, Connecting Light aims to span the length of Hadrian's Wall. Using a series of tethered balloons and lit by internal LED lights, the installation becomes a line of pulsating colours. The changing colours respond to messages sent across the wall. What was once a protective border is transformed into a line of communication.

The installation will be visible in the evening and accessible to visitors at several locations along the wall. It will also be designed to be viewed remotely all over the world using digital media.

Messages sent across the wall can be made visible through smartphones, iPads and tablets and detailed information will be available at a number of visitor sites.

YesYesNo specialises in the creation of engaging, magical installations that combine creativity, artistic vision and cutting-edge technology.

The installation will be prototyped and tested in late spring and full details of times and visiting locations will be available in early summer.

The 73 mile-long remains of Hadrian's Wall is a UNESCO World Heritage Site and one of the most significant structures of the Roman Empire.

The commission is produced in partnership with Hadrian's Wall Trust and local partners.


http://www.hadrians-wall.org/festival.aspx

 ハドリアヌスの壁って何?、という方にはこちらがとても参考になると思います。

http://blog.goo.ne.jp/bigupset39/e/6c6553b4696bc5d0f44144c0d60f79b7

 個人的には、21世紀、SNSがコミュニケイションの形態を次々に変えていく時代にあって、無意味な懐古趣味に感じてしまいます。イギリス国内では大きく報道されるようなので、結果に興味津々です。

 さらに、演劇、特にシェイクスピアに興味のある人にはこんなのが。

http://festival.london2012.com/events/9000961917

What You Will: Pop Up Shakespeare - To Be or Not To Be, created by Mark Rylance, which will see 50 actors interact with the public in various London streets, bringing to life Shakespeare’s most famous characters (London, 28 August – 2 September 2012).

 マーク・ライランスは、オリンピックスの開幕セレモニィに出演予定でした。が、直前に義理のお嬢さんが若くして亡くなり開幕式は出演を辞退しました。これには予定とおり参加するようです。僕は演劇関連の情報には全く疎いですが、彼は「ナショナル・トレジャー」と称されるほど人気・実力のある俳優とのこと。

 オリンピックが終わって、まるで「日はまた昇る」の最終章の出だしのような虚脱の雰囲気が漂うロンドン、イギリスですが文化行事はしなやかにつづいています。旅行でイギリス各地を訪れる際は、情報をこまめに確認することをお勧めします。

猫にまで好かれるウェンロックとマンデヴィル

2012.08.19
DSCN2813.jpg

実際、猫は我関せずです。ええ、買ってしまいました、自分のために。なんだか、自分の美的感覚が別次元に向かってしまったのかも。


ORRERY @ マリルボーン・ハイ・ストリート

2012.08.19
マリルボーン・ハイ・ストリートの北端、コンラン・ショップと建物を分けているフランス料理のオレリィ。今更紹介する必要などないだろうけど、9月9日まで、イヴニング・スタンダード紙と提携して(ほんの少しだけど)手頃な値段でディナーを提供しているので。

 記憶違いでなければ、既にコンラン卿の経営からは離れているはず。でも、ずっとコンラン・ショップの上で、少なくとも僕がロンドンに来てから一度も経営危機に陥ることもなく、そしてメディアがこぞって取り上げるようなカリスマ・シェフがいなくても人気を保っているオレリィ。

 もう少し値段が抑えめなら頻繁に行ってみたいレストランだけど、普段は夜だとコースで50ポンド以上。今回は、イヴニング・スタンダード限定メニューということもあって選択は通常のよりは少ないけど、それでも料理の質はそのままで30ポンド(サーヴィスは別途)。さらにグラス・シャンペン付きということで、ロンドンを離れる友人の送別をかねていった。メニューは以下のもの。

http://www.standard.co.uk/staticpage/dine/

http://www.orrery-restaurant.co.uk/

Evening Standard Menu

3 courses £30, including a glass of Champagne


Green Peas velouté, crème fraiche (v)
Seafood raviolo, shellfish bisque
Chicken liver parfait, beetroot chutney,
Poilâne toast Heritage tomatoes, bocconcini mozzarella, tomato sorbet (v)

~

Slow poached fillet of sea bass, creamed leeks, Champagne velouté
Beef fillet tails, mushroom à la crème,
Madeira sauce Saffron risotto, grated Parmesan cheese
Feuilleté of wild mushroom, poached egg, sauce Hollandaise

~

Strawberry Pavlova
Selection of ice cream & sorbet Lemon curd,
Jasmine Farmhouse cheeses from the trolley
5.50 supplement


 コースの流れは、アミューズが出され、スターター、メイン、ヴァニラ・クリームの何か、そしてデザート。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7814792716/in/photostream

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7814819938/in/photostream/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7814815602/in/photostream/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7814796488/in/photostream/

 パヴロヴァのメレンゲが少し固めだった他は、どれもとても美味でした。厨房への通路に近いテイブルに座ったので、どのような料理が運ばれるかがよく見えて、パヴロヴァがたくさん運ばれていました。イヴニング・スタンダード限定メニューで来た客が多かったようです。店にとっても、事前にどの食材を用意すれば良いのかが判るので、夏枯れの時季には良い企画ではないかと。
 オレリィを利用したのは数年ぶり。内装は以前と変わらず、というか建物の構造上、大きな変更はできないでしょう。料理と同じくらい素晴らしいのは、サーヴする皆さん。きびきびとした、そして統制のとれた均質の給仕は爽快でした。ロンドンの南部や東部に住んでいるとなかなか訪れる機会がないであろうマリルボーン・ハイ・ストリートの散策のあとにオレリィの夕食を楽しむというのも良いかなと。

 この夏は、送別や、仕事でロンドンに来た人と会うために、マレーシア料理(http://miklos.asablo.jp/blog/2012/08/03/6529514)、モダン・ブリティッシュに、とても真っ当な寿司屋(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1724.html)等々、一年分の外食を済ませてしまいました。僕の限られた範囲の中でも、ロンドンの外食産業の選択肢の広さを改めて実感する夏です。

オリンピック・グッズ・オークション、その後

2012.08.17
数日前のポスト(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1733.html)で、買えたら良いなと思っていたこれ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7669216400/in/photostream

 500ポンドくらいなら参加しようかなと思っていたのは甘かった。僕なんぞが手を出せないレヴェルになっている。

スクリーンショット 2012-08-17 20.34.22

Description
I'm flying the flag to welcome the world to the London 2012 Games. Union Flag Mandeville was draped in the flag by Martin Band , managing director of an Urban Design and Landscape Architecture practise and has been involved in urban art and design for many years in the UK and abroad. Working on the design of urban areas, civic spaces, streetscape and gardens, he has also created numerous public art fusing painting with sculpture. www.environmentalassociates.net

Wenlock and Mandeville, the London 2012 mascots, are located at points of interest, iconic settings and Olympic and Paralympic locations all around the capital.

As part of the Mayor of London Presents programme of free cultural events and activities for the 2012 Games, Stroll will take participants through different cityscapes all around the capital. 84 official Olympic and Paralympic Mascot sculptures will guide tourists and Londoners alike. Each sculpture of Wenlock and Mandeville is around 2m in height and is often individually and colourfully designed, corresponding to their immediate surroundings while capturing an element of London life. The net proceeds from the sale of this item will go directly to the Mayor's Fund for London, the charity which aims to inspire and improve the life chances of London's most disadvantaged children by ensuring they have the skills and support to succeed.To find out more visit www.mayorsfundforlondon.org.uk


 自分のことを棚に上げてなんだけど、誰がこんなに払えるんだろう?唖然としながらサイトを見ていてこんなのを見つけた

スクリーンショット 2012-08-17 20.36.31


Description
This unique Rose Garden Mandeville takes time to smell the flowers, regalling in the scent and sight of a traditional English rose garden in Regent's Park. This one of a kind momento of the London 2012 Olympic and Paralymic Games was painted by Sarah Jane Richards, whose work is exhibiting nationally and internationally for public, corporate and private commissions.

Wenlock and Mandeville,?the London 2012 mascots, are located at points of interest, iconic settings and Olympic and Paralympic locations all around the capital.

As part of the Mayor of London Presents programme of free cultural events and activities for the 2012 Games, Stroll will take participants through different cityscapes all around the capital. 84 official Olympic and Paralympic Mascot sculptures will guide tourists and Londoners alike.

Each sculpture of Wenlock and Mandeville is around 2m in height and is often individually and colourfully designed, corresponding to their immediate surroundings while capturing an element of London life.

The net proceeds from the sale of this item will go directly to the Mayor's Fund for London, the charity which aims to inspire and improve the life chances of London's most disadvantaged children by ensuring they have the skills and support to succeed.To find out more visit www.mayorsfundforlondon.org.uk


 ローズ・ガーデン模様とは、またイギリスらしいというか。開幕式で使われた日本国旗も。

スクリーンショット 2012-08-17 20.35.53

Description
This - the official flag of Japan carried into the Opening Ceremony of the London 2012 Olympic Games ? was borne by none other than Japan's flag bearer and two time gold wrestling medallist: Saori Yoshida, during the Parade of Athletes.

With an unprecedented 58-match win streak, Yoshida was the perfect choice to be Japan?s Flag Bearer, with her tenacity and drive towards perfection and sporting excellence: the very essence of the Olympic Games.

A wealth of Japanese citizens proudly gazed on, as the time-old tradition of the Olympic Opening Ceremony honoured the people and nation of Japan with this symbolic flag.

This authentic piece of memorabilia will come with an Official Sporting Memorabilia hologram and Certificate of Authenticity.


 こちらの締め切りは、イギリス時間の8月18日午後7時。でも、日本からは参加できなそう。「added to the winning bid price for EU addressesとなっている。EU圏内の場合、20%のVATが加算される。

 このオークションでどれだけ回収できるのか判らないけど、ロンドン・オリンピックスとパラリンピックスが掲げるサステナビリティ、成果を上げていると言えるかもしれない。

イギリス人像の変遷を見せたオリンピック:選手のルーツ

2012.08.14
今回のロンドン五輪、そしてTeam GBの躍進ぶりをいつもの斜に構えた態度をかなぐり捨てて熱狂的に伝えるイギリスの新聞を毎朝読んでいて考えていたことが、こちらの新聞でも取り上げられました。考えていたことは、「イギリスって、もはやイギリス系白人だけで成り立っている国ではない」ということ。

London 2012 Olympics: Third of Team GB medals 'won by immigrants'
http://www.telegraph.co.uk/sport/olympics/news/9474016/London-2012-Olympics-Third-of-Team-GB-medals-won-by-immigrants.html

Researchers studying our most successful Games team in more than a century found immigration was a factor in least 24 of the 65 medals won by Team GB.

The analysis of podium places, by British Future, a think tank, found at least 11 gold medals, three silvers and 10 bronzes were won by athletes whose immediate family came to Britain from overseas.

Plastic Brits? They were the secret of our success
http://www.independent.co.uk/sport/olympics/news/plastic-brits-they-were-the-secret-of-our-success-8038764.html

Three of the biggest heroes had foreign forebears. Mo Farah, who captured the 5,000m and 10,000m double, was born in Somalia, heptathlon champion Jessica Ennis has a Jamaican father and cycling time trial winner Bradley Wiggins was born in Belgium and had an Australian father.

 インディペンデントが見出しに使っている「Plastic Brits? 」の意図は判りませんが、双方のポイントは、イギリス・チームが獲得したメダル総数の三分の一は、イギリス国外で生まれた、もしくは両親や祖父母が移民である選手の活躍によるもの、という事実。

 もちろん、北京やアテネでもそのような選手の活躍はあったのだと思います。が、今回、ロンドンでの開催ということで情報がたくさんあったこと、また、オープニング・セレモニィで僕にとって最も素晴らしかった場面の二人が、移民2世であったことも影響しているのは確実。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1721.html

 そのような選手の中で最も注目を集めたのは、男子陸上の5千、一万メートルの両方で優勝したMo Farah選手。

1037716111.jpg

 優勝した事実以上にインパクトがあったMobotと呼ばれているこのポーズをしたFarah選手の写真がほぼすべての新聞の一面を占めた朝、これが21世紀のイギリスなんだと単純に思いました。リンクした記事に書いてある通り、Farah選手は、8歳のときにソマリアからイギリスへ。イギリス国内、とりわけロンドンの多文化化を肌で感じたことのない人々には、彼がイギリスを代表する選手という事実に違和感をもたれたかもと推察します。ちなみに、グーグルUKの画像検索でmobotと入れると、ロンドン市長のボリス・ジョンソンやB級セレブがまねている写真がたくさんでてくるはずです。

bolt-mo_2307659b.jpg
(Mobotのポーズでゴールしたボルト選手)

 さらに思ったのは、ここまで人種・移民の多様化が進んでいるのであれば、「人種差別をなくして平等な社会を」というのは無理ではないか、と思います。人種差別が起きてしまう事実を受け入れて、では、その人種差別がどうして起きるのか、差別意識から派生する社会問題にどう取り組むべきかという方向へ意識を変換した方が良いのではとも感じます。それがいやなら、僕も含めてですが、すべての移民を国外に追い出すしかないのでは、とも。

 人々の意識から差別意識をなくすのは不可能だと考えます。根は違えども、階級差別・区別が社会の中心に深くて引き抜けない根を張り巡らしているのであれば、人種差別の意識も取り込んで、社会の方向性を考えても良いのではないかという気がしてきました。そうなれば、ヒステリカルなポリティカル・コレクティネスでねじ曲げられてしまっている人種差別問題に取り組む意識も健全な方向に進むこともあり得るかなと。このような課題に取り組んでいる専門家からすれば、つたない思考かもしれないですが。
 ここまで多国籍化、多文化化しているTeam GBに近い将来、日本を含むオリエンタル系ルーツの選手や、ラテン系、中央アジア系の選手が加わることがあれば、そのときにはまたイギリス社会の表情が変わるであろうと感じています。

ロンドンの情報雑誌、無料に

2012.08.14
オリンピックスの終わりとともに、特に朝の空気に秋の気配を感じるロンドンです。

 ロンドンだけで出版・販売されていると思い込んでいた、情報雑誌の「Time Out」。パリとニュー・ヨークでも出版されているそうですが、ロンドン版のタイム・アウト誌がこの秋から無料になるとの公式発表が、ロンドン五輪期間中にありました。

Time Out magazine to be free in London from autumn
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-19097115

The London edition of Time Out magazine is to be relaunched as a free title following a sustained decline in sales.

More than 300,000 copies of the weekly listings guide will be given away in the capital from this autumn, replacing the current paid-for edition.

Foreign editions - available in such cities as Paris and New York - will remain as paid-for publications.

Time Out was founded in 1968 and sold more than 110,000 copies a week during the 1990s, its most successful period.

Its current circulation is around half that, with the majority of sales coming through subscriptions.

The free edition, available on Tuesday, will be handed out in train stations, museums, bars and shops.

Subscribers will receive the publication free but will be charged a fee to cover the cost of postage.


Time Out goes free: London edition of listings magazine to drop cover price
http://www.guardian.co.uk/media/2012/aug/02/time-out-free-london-edition

 タイム・アウトからの発表はこちら。

http://www.timeout.com/london/feature/2888/information-for-customers

1. Why is Time Out becoming a free magazine?

Time Out has been helping Londoners make the most of the city for more than 40 years. In this time the market has changed, and people access their information, reviews and recommendations in radically new and different ways. We believe the changes we’re making to the magazine will help us remain relevant to more people than ever for many years to come.

The new magazine will be fully integrated into the large existing portfolio of Time Out products. Also, we feel we cannot continue to charge for a magazine when the rest of our editorial and listings – on the website, iPad, iPhone and Android apps, and email newsletters – are all free.

By making the magazine free, we will be able to share Time Out’s knowledge and expertise with more people than we ever have, and we hope it will inspire millions more Londoners to enjoy the best that the capital has to offer.


 時折、タイム・アウトの実売数の減少に歯止めがかからないという記事を読んでいたので、近い将来、何らかの発表はあるのだろうと思っていました。廃刊にはならないだろうけど、ウェブ化で印刷費や紙のコストを削減する方向に行くのだろうと考えていました。しかし、雑誌という形態はそのままで、無料で配布するという可能性は考えたことがなかったので、意表をつかれました。

 無料朝刊のメトロ、無料夕刊のイヴニング・スタンダードとロンドンには既にかなり成功を収めている無料メディアがあります。それらと収入源となる広告主を取り合うことはないでしょうけど、予想しているような部数増を実現できるのかじり貧の出版業界の中では大きなニュースだと思います。

 最後に。ファイナンシャル・タイムズのウェブ購読者数が、紙の実売数と逆転したというニュース。

Digital-only Financial Times would still be a difficult trick to perform
http://www.guardian.co.uk/media/2012/aug/05/digital-only-financial-times-difficult-trick

 個人的には、新聞は紙で読む方が小さな記事を含めて隅々まで目を通せるので好きですが、ペイパーレスの流れはもう止まらないように思います。

結局、モンティ・パイソンがイギリスなのか

2012.08.13
article-2187413-1485BE40000005DC-210_964x668.jpg
(エリック・アイドルの回りにいるのは、モリス・ダンスの踊り子さんです。この踊りを世界中に放送しても平気と考えるイギリス人って、すごいと思う)

ケイト・ブッシュが本当にロンドン・オリンピックスの閉会式セレモニィで歌うという噂を信じて午後11時半までみてしまった。がっかり。正直、音楽的には、同時に聞いていたプロムスで演奏されたシェーンブルクの「グレの歌」の方がパワフルだった。圧倒的なコーラスの美しさは、筆舌に尽くしがたかった。

article-2187413-1485693C000005DC-931_964x601.jpg

 ちまたの評判はいいようだし、イギリスの音楽産業には良い刺激になったコンサートだとは思うけど、残念ながらイギリス商業音楽の中でほとんど興味を惹かれない皆さんばかりだったので、印象に残ったのはエリック・アイドルだけ。
 この親父何者?、と思いながら画面を見ていたら、会場中が大合唱状態で急いでググって、モンティ・パイソンのメンバーということを知った。

eric-idle-live-at-the-olympics-london-2012-closing-ceremony---1344812622-view-0.jpg
(いきなりこの写真を見せられて、オリンピックを連想できる人はいないと思う)

 王道のブリティッシュ・ロック、ポップスではないことは判っていても、キュアーとか、モノクローム・セットとかXTCとか、ひよってせめてヒューマン・リーグとか、王道中の王道だけどエルヴィス・コステロの「パーティ・パーティ」を聞きたかったとか、ピーター・ゲイブリエルの「ゲイムズ・ウィズアウト・フロンティアーズ」があの会場で歌われたらすごかっただろうなとか、バズコックスとかマガジンでも良かったなと、きりがないです。

 デイヴィッド・ボウイの写真が写されたときは、「ケイト・ブッシュは諦めるから、ここでボウイが歌ってくれたら満足」と思ったのも夢で終わったし。

David Bowie among UK stars who turned down Olympic closing show
http://www.guardian.co.uk/music/2012/aug/13/david-bowie-olympics-closing-ceremony

Feeling sad about the end of the Games? Eric Idle leads 80,000 crowd in rendition of Always Look on the Bright Side of Life
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2187413/London-2012-Closing-Ceremony-Eric-Idle-leads-crowd-rendition-Always-Look-Bright-Side-Life.html

 オープニング・セレモニィの良い場面をCMのために切り捨てて批判を浴びたNBCは、クロージング・セレモニィをウェブ上ではライヴ・ストリーミングにしたそう。

Bowing to pressure, NBC will stream Olympics closing ceremony live online
http://www.guardian.co.uk/media/2012/aug/11/nbc-stream-olympics-closing-ceremony

 クロージング・セレモニィの生中継のやり方がまずかったらしいNHKにはぜひ、オープニング・セレモニィの前半部分をしゃべりなしで放送してみてはどうだろうか。アクラム・カーンとエミリィ・サンディのあの感動の部分を、多くの人に観てほしい。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1723.html

訃報:リチャード・クラガン

2012.08.12
正直に言えば、僕もリチャード・クラガンというバレエ・ダンサーについてはほとんど知らないに等しい。バレエを見始めた当初の世界バレエ・フェスティヴァルにクラガンが出演したのかどうかさえ思い出せない。ただ、彼のパートナーであるマリシア・ハイデの踊りには衝撃を受けたことは確か。

Richard Cragun
http://www.telegraph.co.uk/news/obituaries/9467702/Richard-Cragun.html

Richard Cragun, who has died aged 67, was one of the most eminent ballet stars of his era, forming with the Brazilian ballerina Marcia Haydée a 30-year partnership that was Europe’s riposte to Margot Fonteyn and Rudolf Nureyev.

 彼の訃報に接するまで、クラガンがロイヤル・バレエ・スクールの生徒であったことすら知らなかった。多国籍のバレエ・ダンサーを擁する現在のロイヤル・バレエと隔世の感があるのは、彼がアメリカ人であったがために、ロイヤル・バレエに入団できなかったという記述。

Richard Alan Cragun was born in Sacramento, California, on October 5 1944, the second of three sons. His father was chief librarian at Sacramento City College. Richard studied tap dance before moving to ballet class, and when the Royal Ballet performed in Sacramento he was an extra on stage — it was Margot Fonteyn who suggested he try for the Royal Ballet School.

On a year’s scholarship there, aged 15, he was picked out by MacMillan for a graduation ballet, but as a non-Commonwealth foreigner he could not join the Royal Ballet itself. The company’s recently departed choreographer John Cranko, Stuttgart Ballet’s new director, recruited him, and within three years he was promoted to principal rank.


 どうしてヌレエフは所属できたんだろう?

Can't wait for tomorrow!

2012.08.12
MoFarah_1564829a.jpg

 今朝の新聞のほぼすべてのトップ写真は、昨晩、5千メートルで優勝したMo Farah。日本のお笑い界が欲しい人材じゃないかな。

Usain-Bolt-and-Mo-Farah-c-016.jpg

 やっと終わる。自分なりに楽しんだし、サッカーとクリケット以外のスポーツのニュースを読めたのは良い刺激になった。

 多くのメディアが指摘しているように、今回のオリンピックではヴォランティアの皆さんの活躍なくしてこの成功はなかっただろうという点。オリンピックがロンドン、そしてイギリスにもたらしたと感じるポジティヴな意識が長くつづくことを。

ロンドン五輪マスコットがあなたの部屋に:オリンピク・グッズ・オークション

2012.08.10
今晩のイヴニング・スタンダードを読んでいて思わず目が止まったのは、現在、ロンドン各所に設置されているロンドン・オリンピックとパラリンピックのマスコットであるウェンロックとマンデヴィルがオークションにかけられるという話題。

 ロンドン五輪委員会、そこまでするかと思いつつ、実は欲しいなと思っているのがあるので、早速ググってみた。これ。

http://memorabilia.london2012.com/iSynApp/showHomePage.action?pgmode1=postlive

スクリーンショット 2012-08-10 20.36.56

スクリーンショット 2012-08-10 20.33.11

Description
The 14th Olympiad saw London host the its second Games, and the first since the celebrations were halted during World War II.

A resounding example of true British craftsmanship, this ergonomic and stunning authentic Olympic Torch was one of the relay torches that carried the Olympic Flame from Olympia all the way to Wembley in North London.

This rare and beautiful find is forged from aluminium alloy; is 47cm(18.5in) in length; and features the carved-out image of the Rings of the Games, together with the inscription: "XIV Olympiad 1948 Olympia to London With Thanks to the Bearer".


スクリーンショット 2012-08-10 21.02.57

Description
This is a costume used during the London 2012 Olympic Opening Ceremony which celebrated the creativity, eccentricity, daring and openness of the British genius.

This Mary Poppins aerialist costume was worn by a cast member portraying one of the best loved ficitional characters, who flies in to save the day against the villians terroising the children in the "Swing Out Sister" segment. This sequence honoured two of Britains's greatest achievements: its amazing body of children's literature and its National Health Service (NHS). The costume includes the coat, hat, bag and umbrella.

This authentic piece of memorabilia is perfect for any fan or collector looking to bring home a piece of the games.


スクリーンショット 2012-08-10 20.33.35

 既に締め切りまで24時間を切っているアイテムもあるので、興味のある方、実際にどうしても欲しいものがある方は早めにチェックするか、お知らせメイルが来るようにしておいた方が良いと思う。

 可能なら欲しいなと思っているのはこの二つ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7669241808/in/photostream

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7669216400/in/photostream/

 現在オークションにかけられているものの中では、ユニオン・ジャックが描かれたものが1000ポンドを超えている(8月10日ごご9時、ロンドン時間)。欲しいけど、無理だろうな。

[追記:8月11日]
ウェンロックとマンデヴィル登場時の反応。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1203.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1204.html

 読み直してみたら、既にあの当時深層心理に何かを植え付けられていたのかも。

リヒテンシュタインの美術品、日本へ

2012.08.10
朝日新聞のウェブを読んでいたら、右端にリヒテンシュタイン侯国が蒐集・所蔵する美術品の展覧会が日本で開催されるとの案内。

http://www.asahi.com/event/liechtenstein2012-13/

http://www.nact.jp/exhibition_special/2012/liechtenstein/index.html

 昨年は、福島原発の影響で、日本では海外からの美術展のいくつかが中止に追い込まれた。状況は変わりつつあるのかなと感じるし、興味深い美術品を鑑賞できる機会が増えるのは良いことだと思う。

 2年前、こんなのを書きました。ロンドンでの開催は、どうかな。どうやら権限委譲が進んでいるようで、ハンス・アダム2世の息子が表に立つ機会が増えているそうだからへんかはあるかなと期待する。

http://www.news-digest.co.uk/news/news/in-depth/6170-liechtenstein-ra.html

パリ21区へ、ようこそ

2012.08.07
タイトルを読んで、「これだから、ロンドンしか知らない人は」、と目くじらを立てないでください。全部を読んでから蘊蓄を爆発させましょう。

 次の駅名が判る方。

Gare de Napoleon (eにはアクサンがあります)

Rue du Boulanger

L’Os de Marie

Bois de St Jean

Parc Vert


 フランス語が読めて、ロンドンの地理を知っている人は最後でわかったかと思います。順に、「ウォータールー」、「ベイカー・ストリート」、「マリルボーン」、「セント・ジョンズ・ウッド」、そして「グリーン・パーク」。

DSCN2776.jpg

DSCN2777.jpg

 これらは、6月10日付けのサンディ・タイムズの付録雑誌で、40万人ものフランス人がロンドンに住んでいることを特集した記事で、タイムズ側が独自に翻訳したものです。ですから、本気にされませんように。フランス語を話すイギリス人の友人に見せたら、大笑いしていました。特に、「ウォータールーをガルド・ナポレオンなんて本気で名付けたら、フランスは怒ると思うな」、と。さらにその友人によると、「L’Os de MarieはMary の骨って、そのままだよ」。

 残念ながらタイムズの記事はリンクできないので、5月下旬にBBCが報道した同様の記事を。

London, France's sixth biggest city
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-18234930

 タイムズの記事とこのBBCの報道によると、2007年にイギリス国内で長期にわたって就労、もしくは暮らしているフランス人の数はおよそ30万人。それが2012年には、40万人に迫る勢い。そしてそのほとんどが、ロンドンに集中しているそうです。BBCは、人口数でみてロンドンはフランス第6の都市、タイムズは既に5番目に大きな都市としています。媒体によっては、ユーロスターで直結していることもあり、ロンドンは「パリ21区」と例えています。BBCから。

More French people live in London than in Bordeaux, Nantes or Strasbourg and some now regard it as France's sixth biggest city in terms of population. What is attracting a new generation of young French professionals to the city?
ロンドンに住むフランス人の数は、既にナント、ボルドー、ストラスブールを超えている。

London has a long-standing French community - but it is no longer confined to the streets around the embassy in South Kensington, where you will find French bookshops, patisseries and pavement cafes patronised by impeccably dressed mothers dropping off their children at the posh Lycee Francais Charles de Gaulle.

Today there are French people in every corner of London and their numbers have been growing, with the result that in next week's parliamentary election in France they - along with expats in Scandinavia - will be voting for a candidate to represent them in the National Assembly.

The French consulate in London estimates between 300,000 and 400,000 French citizens live in the British capital - many in London's cutting-edge creative hub, in the East End.

元々、ロンドンのサウス・ケンジントン地区にはフランス大使館があり、リセがあるのでフランス人の人口は多い。しかし現在は、ロンドンのあらゆる街角にフランス人はいる。特に若い世代はロンドン東部に住んでいる。

"With a new venture in Paris you always think first of what is going to go wrong. I find the system much easier here - you don't have so many rules and so much paperwork," she tells me.
この女性、アルジェリア移民の家系出身だそうですが、タイムズでもインタヴューされているので、メディアの中では有名なのかもしれないです。タイムズの記事の中でも、パリで起業することの複雑さから比べると、ロンドンでは至ってスムーズであることを強調しています。
 この点は僕には皮肉に思えます。というのも、最近、ビジネス・コンサルタントをしているイギリス人の友人と話したとき、友人曰く、「イギリスは大陸と比べると規制が無いに等しい。だから問題が起きたときに、解決にたどり着く頃にはビジネスが破綻してしまう」、と。この「規制が無いに等しい」という一例は、民間のローン会社による短期ローンの利息に上限を設ける規制がないために、年率1000%を超える貸金がまかり通っているという現実があります。

 若い世代の失業率、超難関、有名大学を卒業しないと就職活動を始めることすらできない閉塞したパリの社会構造、そして、僕個人としてはかなり驚きですが、ロンドンとは比べもにならないほど陰湿な人種差別に覆われているパリに見切りを付けて、ロンドンで起業、もしくは金融機関で働こうとする若いフランス人が増えているそうです。しかしながら、現実は、すべての人にバラ色ではないと。

Today competition for jobs is intense, especially among the young, and cross-channel migrants are not always welcomed with open arms.

Recently the French consulate commissioned a report called The Forgotten People of St Pancras. It focuses on the young French who arrive in London on a one-way ticket and sometimes find themselves in desperate straits.

The Centre Charles Peguy, a French charity in Shoreditch, helps new arrivals to find work and a place to live.

Cedric Pretat, one of the advisers, says the numbers have shot up this summer.

"Many French people imagine that because of the Olympics, lots of new jobs have been created in London which is not true. But people arrive with this dream."

最近では、ロンドンでの職探しは難しくなってきている。ロンドン東部のショーディッチにあるチャリティ団体は、片道切符でロンドンに着いたフランス人が仕事や住む場所を見つける助けをしている。多くのフランス人が、オリンピックの影響でロンドンには仕事があると期待してくるが、それは現実ではない。

 僕の狭いソーシャル・ライフの範囲でも、フランス人が増えているのは感じます。サウスケンは僕のテリトリィではないので全く判りませんが、自分の庭と勝手に称しているマリルボーン周辺、リトル・ヴェニス辺りではフランス語が耳に入ってくる機会が確実に増えています。また、ユーロスターのロンドン側の駅、セント・パンクラス駅近隣のコーヒーショップでは、注文以外はすべてフランス語、という状況も珍しくないです。
 新政権が掲げる、富裕層への所得税の税率を75%にするという政策を敬遠して、ロンドンのフランス人人口はさらに増えるというのが大方の見方です。

 でも、チャネル海峡を渡っているのはフランス人だけではないです。5月のタイムズ紙は、イギリス人シェフがパリのレストラン業界で台頭しているというニュースを掲載していました。リンクを貼れないので、紹介されていたレストランです。

http://www.restaurantalbion.com/

http://www.tripadvisor.co.uk/Restaurant_Review-g187147-d2500555-Reviews-Albion-Paris_Ile_de_France.html

 タイムズ紙が勝手に持ち上げているだけかと思ったらかなり高い評価のようです。

 最後に、「The Latin Quarter」ってパリのどこだか判りますか?昨年の夏に久しぶりにパリに行ったとき、ロンドンで簡単なガイドを購入しました。行ったことがなかったのでカルチェ・ラタンに行こうと思ったら、英語のガイドブックにはそんな地名がないんです。
 どうして見つけられないんだろう、ろくでもないガイドブックを買ってしまったのかと思いつつ、やたらと紹介されている「Latin Quarter」。日本人が大好きであろう、カルチェ・ラタンです。

 オリジナルの地名を勝手にイギリス風に変更するイギリスが嫌いです。

人気者になってしまったマスコット

2012.08.07
DSCN2779.jpg

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7732279776/in/photostream

 家族に送ろうと思いまして、ジョン・ルイスの5階にあるオリンピック・パラリンピック関連のグッズの売り場、予想以上の大混雑。


女性がいなくなったら、この世界はどうなってしまうんだろうか

2012.08.05
昨日、2003年に殺された女性の両親に判決がくだされた。両親はパキスタン出身、彼らが決めた結婚を拒んだ娘を恥として殺した。

Shafilea Ahmed's parents jailed for her murder
http://www.guardian.co.uk/uk/2012/aug/03/shafilea-ahmed-parents-guilty-murder

The parents of Shafilea Ahmed have both been sentenced to life imprisonment with a minimum term of 25 years after being found guilty of murdering their 17-year-old daughter.

The prosecution said Iftikhar Ahmed, a 52-year-old taxi driver, and his wife, Farzana Ahmed, 49, from Warrington, Cheshire, killed the teenager at the family home on 11 September 2003 because they believed she had brought shame on the family with her desire to lead a "westernised" lifestyle.


 こういうニュースに遭遇する度に思う。女性として生まれてはいけないのか、と。警察は、この非道な殺人を「名誉の殺人」と表することを却下し、「殺人」としたそうだ。

 数週間前、インド発のニュース。

Why is India so bad for women?
http://www.guardian.co.uk/world/2012/jul/23/why-india-bad-for-women

Of all the rich G20 nations, India has been labelled the worst place to be a woman. But how is this possible in a country that prides itself on being the world's largest democracy?

 僕自身、かなり衝撃を受けた記述があるので、読むのであればそのつもりで。

 もちろん、インド、パキスタンだけではないです。ベルギーでも。

Femme de la Rue: sexism on the streets of Brussels – video
http://www.guardian.co.uk/world/video/2012/aug/03/femme-de-la-rue-sexism-brussels-video

A clip from Belgian film student Sofie Peeters' documentary Femme de la Rue shows how she is openly sexually harassed by men on the streets of Brussels. Peeters' film has had wide ramifications in Belgium, with some politicians promising more legislation against street harassment of women. Others accuse her of racism, because most of the men in her film are of immigrant origin

 昼間、女性が一人で通りを歩いているだけで、スカートをはいているだけで「あなたいくら?」、「娼婦!」と浴びせられる日常を隠し撮りしたフィルムをきっかけにベルギー、そしてフランスで議論が沸騰しているというニュース。ただし、見出しにあるように、隠し撮りされた男性の多くが移民ということで人種差別の問題も含んでいる。

 これらのニュースをあげたのは、フェミニスト、アンチ・フェミニストと議論をしたいからではない。議論も何も、僕はフェミニスト運動については全く知識を持ち合わせていない。

 単純に、どうして女性に生まれたということでこんなことが起きるか、そして終わらないのか?それだけ。

日本選手は、負けてはいけないんですか?

2012.08.05
女子マラソンしかり、男子柔道しかり、日本のメディアのメダルを獲得できなかった選手たたき報道には心からげんなりする。わざわざロンドンまで取材しに来てやったのに負けやがって、という腹いせだろうか。

 勝ち進めば、「伝説」や「神懸かり」と言った表現の特売状態。太平洋戦争末期の頃の精神状態と似ているように思えてならない。集団ヒステリィの典型。

 仮に東京が2020年のオリンピック・パラリンピックの開催都市になったら、出場を望む日本人選手はいなくなるのではないかと思う。

 日本からいじめがなくならないのは、不思議なことではない。

月がとっても青いから in ロンドン

2012.08.05
article-0-145F2762000005DC-324_964x657.jpg

article-0-145F4542000005DC-260_964x625.jpg

写真は、デイリィ・メイルのこの記事から。

Breathtaking photo shows full moon forming sixth Olympic ring in stunning display over London skyline
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2183904/Breathtaking-photo-shows-moon-forming-sixth-ring-Olympic-display-Londons-Tower-Bridge.html

 ロンドン、美味しいとこどり。

 オリンピック、飽きた。アスリートの皆さんの努力はもちろん美しいけど、ここまでオリンピック一色では。日本は日本でメダルが取れないことを外野が嘆いているけど、どうして問題になるのか全く理解できない。終わりがくることもあるということ。

 オリンピックによるロンドンの変化。人が親切。ロンドンでこんなに多くの親切に遭遇するのは初めてかも。素晴らしい。オリンピック、パラリンピックが終わってもこのままであってほしい。

日英交流に草の根貢献

2012.08.05
オリンピックが始まって以来、大荒れの天気はないですが、気温は既に秋のようです。今年の夏は、7月の2週間で終わってしまいました。

 8月11日まで、ロンドン・アイの隣にあるカウンティ・ホールで「ARIGATO in LONDON」が催されています。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1722.html

 友人の伝で、3日の夜に催されたパーティーに出席してきました。友人をはじめ運営に携わった皆さんの多大な努力で、出席者はちょうど日英半々くらいで、会場となったテラスはとても和やかな雰囲気に包まれていました。

 順序が逆になりますが。3日にロンドンに到着したばかりの東京都副知事の猪瀬氏がスピーチ。本物を観るのは初めてでしたが、けっこう小柄なのが意外でした。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7706587642/in/photostream

 東日本大震災について興味深いことを言っていたし、同時通訳の女性も大奮闘していたのですが、あのような場で英語でスピーチできないのは痛いことを改めて感じました。聞いている方が集中力を持続できないです。

 猪瀬氏の前に林 駐英大使のきちんとした英語のスピーチがありました。考えてみると、「大使」という職種の人を直接見るのは初めて。

 で、猪瀬さんのスピーチが終わり、林大使は退出するのかと思いきや、(おそらく)JOC関係の人たちと話し始めました。この催し、そしてパーティーの場で日本を代表する大使が日本人とばかり話していてはもったいないなと思い始め、同行した友人のD(国際弁護士)に、「大使のそばに行って話の輪に入ってみたら」と。Dは果敢に挑戦したのですが戻ってきて、「あの日本語の会話の中には割って入れないよ」。

 ということで、とっかかりだけは僕が作らねばと思い、近くにいた運営の人に、「イギリス人の友人が林大使と話してみたいそうなんですが、良いですか?」と尋ねました。「大丈夫だと思いますよ」とのことで、それならばと大使たちの輪につつっと。折よく、大使の奥様が輪からはなれて飲み物を取りにいこうとされた(らしい)タイミングを逃さずに、「イギリス人の友人が林大使とぜひ話してみたいそうなんですが」と。夫人はにっこり微笑んで、ちょっと待っていてという身振りをされて大使を呼びにいかれました。すかさずDを手招きし、日英交流、実現。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7706584654/in/photostream

 会話の内容はあえて訊きませんでした。僕はあれこれ言う立場ではないですから。DとC(彼の奥さん)によると、林大使は「チャーミングで、とても賢明」とのこと。

 そのあとは、美しい着物で出席されていた女性に頼んで、着物の由来等を説明してもらったり、ビュッフェの日本食(驚いたことに、とても美味しかったです)について説明したりと、草の根レヴェルで日本紹介。自分の名刺を配るのをすっかり忘れてしまいました。

 ARIGATO in London 8月11日まで。日本酒バーも良いですが、観光案内所で、47都道府県を網羅した英語によるパンフレットを読むことができるのが画期的。部数が少なくてもらえないのがもどかしいですが、日本のことを知りたいイギリス人には貴重な場だと思います。
 一つだけ注文。このような日本紹介の場では、未だ三味線や琴による音楽が流されることが多いように感じます。でも、伝統を伝えたいのは判りますが、そろそろ、パフュームとか、モンゴル800とか、安室さんとか、竹内まりやさんとかの、「今」の日本の音楽を流す方が一般にはアピールするように考えます。

 面白いことに、昨日の土曜日、ガーディアンのテレグラフで日本に関する記事をいくつか読みました。

Japan's tropics: the Yaeyama islands
http://www.guardian.co.uk/travel/2012/aug/03/yaeyama-islands-japan-iriomote-ishigaki

 イギリス人女性が石垣と西表へ行った記事です。本文は読んでいませんが、いくつかの読者のコメントが偏狭で。行く国の言葉を知らなかったら言っては行けないんでしょうか?偏狭な見方をする人はどこにでもいるんですね。

'We've been cheated of our lives as a couple'
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2012/aug/04/people-whose-partners-died-young

 この記事の主題は、婚約者を突然失った人たちがどうやってその悲しみを乗り切ろうとしているかです。どうしてこれを取り上げたかというと、記事の中で紹介されている男性は今年、日本に行くそうです。なぜなら、交通事故で彼の目の前で命を落とした婚約者が行きたいと願っていたのが日本だそうです。

Target Nagasaki: the men who dropped the second bomb
http://www.telegraph.co.uk/culture/books/9440888/Target-Nagasaki-the-men-who-dropped-the-second-bomb.html

 長崎原爆についての新刊書籍の紹介です。明日は8月6日。そして9日ももうすぐ。もう67年、まだ67年。

 
 今更ですが、3月と4月、一時帰国したときに撮った写真をやっとすべてアップしました。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/

 日本紹介の一助になれば嬉しいです。

ラベルとカテゴリィ:ジョン・アーヴィングの新作から思うこと

2012.08.02
2ヶ月以上も前になりますが5月29日に、13作目の「イン・ワン・パーソン」を出版したジョン・アーヴィングの公開インタヴューを観てきました。ロンドンの情報雑誌と老舗書店の共同企画で、インタヴューの模様はすぐに彼らのウェブにアップすると言っていたのですが、なかなかアップされません。これ以上経つと僕の記憶が薄れてしまうので、インタヴュー中に書きなぐったこと、本の主題から僕なりにたまに考えている「ラベリングとカテゴリィ」についてをとっ散らかったままですが、記録として。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1650.html

 アーヴィングのこの作品、なかなか読み終えられないのですが、作中に何度もでてくる文章があります。

My dear boy, please don’t put a label on me - don’t make me a category before you get to know me!

 自分のセクシャリティに悩む主人公が、彼の人生に大きな影響を及ぼす人物に、その人物のセクシャリティを知ってしまったときに「ラベル」を投げつけ、それへの返答です。

 アーヴィングによると、社会、そして人々が「普通」とは見なされないセクシャリティにラベルを貼ることで受け入れることを拒否することについては、「ガープの世界」で書ききったので取り組むことはないだろうと思っていたそうです。しかしながら、21世紀に入っても、社会が「マイノリティ」と称されるセクシャリティへ向ける姿勢に変わりがないことを感じ、再び取り組んだそうです。

 アーヴィングの英語は思いのほか聞き取りやすく、彼がインタヴューの中で話した今回の新作発表に際して寄せられた批判への彼の怒りの部分を聞き漏らすことがなかったので、とても面白かったです。
 この作品の中では、80年代、90年代のHIV/AIDSによって起きたパニックや悲しみを描いた部分があります。リサーチをきちんとしたとはいえ、もしかしたら医療にかかわる部分での批判はあるかもしれないと思っていたそうです。また彼自身の体験として、親友と思っていたゲイの友人が、アーヴィングにエイズにかかったことを知らせず死に至ったことは、個人的にとても衝撃だったそうです。なぜなら、「僕は彼の親友と思っていたけど、もしかしたら、エイズにかかっていることを僕に話さない方が良いというシグナルを無意識のうちに友人に送っていたのだろうか」、とかなり悩んだそうです。

 彼が最もpissed offした批判は、「セクシャル・マイノリティ」と称される人たちから寄せられたそうです。それは、「あなたはゲイではないから、エイズの蔓延については本当のことはかけない」、というもの。僕の想像ですが、アーヴィングが怒ったのは、「ヘテロ・セクシャル」というラベルをアーヴィングに貼付けることによってゲイの人たちは彼らの視点を狭めている、ということではないかと。
 アーヴィングが彼の憤りを語る前に言ったのは、「Label would narrow you」。僕は、この点は、ラベルを貼る側も貼られる側も同じだと感じます。日本だけではないと思いますが、日本の例を。
 
 日本のメディアを読んでいると、過去数年というとても短いレンジにもかかわらず、「草食男子」、「肉食女子」とか「腐女子」などという僕個人には全く意味のなさないラベルが次から次に生み出されています。
 例えば「草食男子」。「草食男子」というラベルを貼ることで自分ではそう思っていない人をすら「カテゴリィ」に無理矢理はめ込む。他方、自ら「草食男子」と名乗る人は、もしかしたらそのようなラベルを自らに貼付けることによって、他者からの理解、コミュニケイションを拒む。「あなたは草食男子じゃないから僕のことを理解できる訳がない」、と。そして、「彼草食男子だからあのような行動をするんだよ」と本人のいないところで、自分の思い込みという乱暴な枠に他人をはめ込む。

 今年の5月に知ったニュースでこんなことを書きました。

パンク歌手の決断と寄せられた言葉:トランスジェンダー
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1653.html

 ロッキング・オンの記事でその存在を初めて知ったパンク・バンドのフロント・パーソンのインタヴューがガーディアンに掲載されました。

Laura Jane Grace: 'So I'm a transsexual and this is what's happening'
http://www.guardian.co.uk/music/2012/jul/22/laura-jane-grace-transsexual

 かなり長いですが、ジェンダー、結婚、家族という枠組みに関心がある人にはmust readのインタヴューだと思います。読者からのコメントを読むと、イギリスでもこのようなジェンダーにかかわることへの理解は混乱している印象を持ちます。

 ラベルやカテゴリィを否定する気は全くありません。例えば、「胃がん」であるとか、「狭心症」であるとかのカテゴリィやラベルは、症状や事象を理解するには必要です。他方、そのような必要なラベルやカテゴリィですら、そこに感情が入り込むと、「君は胃がんなんだからそんなことをするのはおかしい」などの言葉がでてくることもあると思います。

 イギリスでセクシャル・マイノリティへのインタヴューや、カウンセリングのケイス・スタディの中でよくでてくる表現があります。

I happen to be a homosexual.

 日本語にすると英語のでニュアンスが伝わらないかもしれないですが、あえて当てはめれば「自分は同性愛者として生まれただけ」。だから、こんなことも言えるかなと。

I happen to be a man.

I happen to be a woman.

I happen to be a Japanese.

I happen to be a British.

I happen to be a heterosexual.

 言葉をもてあそんでいる印象は否めないのは承知しています。しかしながら、ラベルを貼付ける前に、ラベルで自己防衛をする前に、自分の目の前に立っている人の姿を理解することの方が意味のあることではないかな、とつらつら考えます。トランスジェンダーと呼ばれる人たちは、トランスジェンダーと呼ばれるために生まれてきたのではない。そのように生まれてしまった、と。

 ジョン・アーヴィングが言った、「Label would narrow you」の本質が彼の思考のどこにあるのかは判りません。ラベルを貼る側、貼られることを甘んじている側、ラベルを自ら主張することで外から隔絶する人たち、そしてそのラベルをもてはやすだけのメディアは、人々が持つ可能性を見失い、視野を狭めているだけなのではと感じます。

 ま、言うは易しです。最近、立て続けに、「これだからアメリカ人は」ということが重なり、僕が勝手に作り上げた「アメリカ人」というラベルを通してしかアメリカを観ていない自分がいることは、否定できません。

 「イン・ワン・パーソン」、まだまだ途中ですが、読み物としてとても面白いです。ジョン・アーヴィングはストーリィ・テラーとして本当に素晴らしい作家だと思います。夏が終わるまでには読み終わりたいものです。

鮨徹:Sushi Tetsu @ クラーケンウェル、ロンドン

2012.08.01
DSCN2755.jpg

オリンピックは横において、食べ物屋の情報です。

 7月29日のオブザァヴァー紙の雑誌のレストラン・レヴューセクションで、ロンドンの新しい鮨屋が紹介されていました。

http://www.sushitetsu.co.uk/

 常日頃は、このレストラン・クリティクはとても厳しくて手放しで誉めることは余りないのですが、出だしからとても好意的でした。

Restaurant review: Sushi Tetsu, London EC1
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2012/jul/29/jay-rayner-restaurant-review-sushi-tetsu

Classic, unpretentious and dizzyingly good… London's tiny Sushi Tetsu is a shrine to the best of Japanese food

 昨年も、イギリス人フード・クリティクが高く評価していた寿司屋がよかったので(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1367.html)、オブザァヴァーを読んでいるイギリス人が殺到する前に試そうと思い電話したところ、既に8月下旬までは週末の夜は予約でいっぱい。昼も既に埋まりつつあるということでスケジュールを調整してお昼に行ってきました。

 レヴューに書かれているように、中は小さいですが、カナダから取り寄せたらしいテイブルが美しく、かつ清潔で「寿司屋に来たな」という気分が盛り上がりました。
 ご主人に伺ったところ、5週間前から営業を始めたそうです。場所は、日本人も多く訪れるモダン・パントリィの脇の小さな通りを入ったところ。こんなところに、日本人寿司職人によるきちんとした寿司を出すレストランがあるなんて、多くの人は思わないであろう場所です。
 予約したときは訊かなくて、でもそうだろうと予想していた通り、客の多くはイギリス人。僕が行ったときは、日本人は僕だけでした。ご主人と奥さんが作り出す空間が気持ちのよいのもありますが、集まるお客さんの多くが目の前で握られる寿司を「珍しい食材」という視線でなく、「この寿司を早く味わいたい」という期待を持って待ち受けているのがとても心地よかったです。

 今のところ、客の多くは既に日本食材を何度も経験していて、かつ日本に行って通り一遍以上の食を経験している人が多いようでした。隣り合わせたイギリス人の男性は、今年の3月から4月にかけてひと月日本に滞在し、東京、金沢、高山、高野山、京都、大阪、広島、長崎を回ってきたそうです。
 初めて日本に行ったという割に、例えば世田谷区奥沢にあるマグロで有名な「入船寿司」に行ったとか日本初体験とは思えない食事処まで行っているので、どうやって情報を集めたのか尋ねたところ、こともなげに「食べログだよ」、と。
 食べログに英語ヴァージョンなんてあったかといぶかしく思っていたら、続けて「グーグルの翻訳で大体の情報は判ったからね」、とのことでした。

 お寿司は、大変おいしかったです。日本ではないですから、満腹になるまでなんて食べたらお財布が憤死するかもしれないですが、たまに、目の前で握られる寿司を食べたいときには、うってつけの寿司屋だと思います。
 一つ気をつけるとすれば、時間。握り始める前にご主人から「ちょっと時間がかかるかもしれないですが」との通り、すべてを一人でこなすために、思っているより長めの食事時間になるかもしれないです。夜はともかく、急いでささっとランチにお寿司をつまみたい、というのは難しいかもしれないです。

 ついでに、最近、ロンドンのブログ仲間の方から教えてもらったレストランを。レスター・スクウェアにあるイタリアンと、パディントン駅から至近にあるマレーシア料理のレストラン。

Sartori
http://www.toptable.co.uk/sartori?refid=ppc_ggl&ref=4220&sp=ttgoogleppc&gclid=CPnIqaPfxrECFSgntAodM3gA8Q

Satay House
http://www.satay-house.co.uk/

 どちらも多勢で行くといろいろなメニューを試せると思います。また、イタリアンの方は、遅くまでランチ・メニューを提供しているのもお得です。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.