LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2012年11月の記事一覧

世界の話題:11月27日

2012.11.27
*著作権は、日本経済新聞社に帰属します。

日経夕刊11月


スポンサーサイト

国際エイズディはもうすぐ

2012.11.27
日本では北陸地方や北海道で大荒れの天気とのこと。イギリスでも先週来凄まじい悪天候が各地で続いていて、特に洪水の被害が甚大です。クリスマス時期にイギリスに来られる予定で、且つ地方に鉄道で行こうと思われている皆さんは、情報収集は必須です。

 今年は、国際エイズディの12月1日が土曜日と重なり、テレンス・ヒギンス・トラストを始め、HIV感染者支援やセクシャル・エデュケイションに取り組んでいる多くのチャリティが募金活動をするようです。
 昨年、それまで生きて来て初めて街頭募金活動に参加し、予想以上の自己学習を経験しました。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1516.html

 THTにヴォランティアとして参加しているという理由の他に、この時季、誕生日が近いことも有り、元気で暮らせていることを社会に還元してみたいという想いが有りました。今年は、12月1日には参加できないと判っていたのですが、11月24日に有るのであれば参加しようと思い予定をあけておいて、予想通りヴォランティア募集の連絡が有り参加してきました。

 昨年同様、街頭募金はセント・パンクラス駅とチャリング・クロス駅で。ユーロスターのイギリス側の駅で規模も大きいセント・パンクラス駅で参加したかったのですが、連絡ミスでチャリング・クロス駅に。「規模の小さなチャリング・クロス駅ではどれだけ募金が集まるのやら」、と思っていました。自分の傲慢さを反省。

 駅で待ち合わせしたTHTの募金活動部門の担当者のWによると、チャリング・クロス駅でのヴォランティアを集めるのには大変苦労したそうです。特に僕が参加した午前中のスロットは僕以外に希望者がいなかったそうで、仕方なく協力している他のチャリティ団体のヴォランティアでやっと人数を調達したとのことでした。

 W曰く、「THTの活動を説明するパンフレットが足りないのだけど、あなた、パンフレットが無くても説明できるよね?!」と尋ねられたので、「Don’t worry」。

 チャリング・クロス駅のセキュリティ確認はセント・パンクラスよりは緩く、僕も2度目ということで肩の力を抜いて、「今日はここでやるぞ」と駅に着いたときにすぐに決めたクリスマス・トゥリィの前に立ちました。

24Nov2012

そして、僕自身の用意が完全に終わる前に、「チャリン」と。何事と思い急いで視線をあげると、募金してくれた男性が駅構内のベンチに戻っていく後ろ姿がありました。推測するに、僕がTHTの青いシャツを着て、手には赤い募金バケツをさげて樅の木の元に歩いている段階で募金活動が始まることを知り、すぐに募金をしてくれたのだと思います。
 こみ上げる感情を咀嚼する間もなく、2組の家族連れが間を置かずに募金箱に。そのあと15分くらいは静かにすぎていきましたが、今年も参加してよかったと。

 チャリング・クロス駅は、外から入ると左側に1番線から4番線ホーム。僕が立った場所を挟んで反対側に5番線から7番線が有り、双方の利用者の流れは交わりません。そのことには募金活動を始めてすぐに気がついたので、1番線から4番線に列車が到着すると改札の方に体を向けバケツを胸元あたりまであげるようにしました。もちろん、両親に励まされて子供たちが募金してくれるときには膝を曲げましたとも。
 24日は酷い天気で、列車の到着時間がかなり乱れました。興味深かったのは、多勢の乗客が一斉に降りて来たときには、募金はあまり活発ではなかったです。約束の時間に遅れて皆さん必死ですからね。
 逆に、列車が到着してもあまり混雑していないときには、人々が立ち止まって僕が着ていたシャツを観てくれていたように感じました。また、今回は外国人からTHTはどんな団体なんだと何度か尋ねられました。募金をしてくれることを期待して説明した訳ではないですが、僕の説明を聞き終わって、「判った。募金するよ」と言われたときには嬉しかったです。ちなみに今回もまた、バケツの中の硬貨をじゃらじゃら鳴らしたり、声を挙げて募金活動することは許可されませんでした。

 これまで、何度か僕自身の経験からヴォランティア活動に関することを書いてきました。ヴォランティア活動に参加したからと言って、すべてが上手く行く訳ではないと言うことは今回も同じ。次々と募金が続いたあとに、20分くらい何も起こらない。多くの人が携帯電話に気を取られて、僕が立っていることにすら気がつかないで通り過ぎていく。自分が参加しているヴォランティア活動が、世界で最も重要な活動であるとは限らないですから。これ、決してネガティヴな意味ではないです。

 他方、「えー、チャリング・クロス駅」と思った自分の傲慢さ。今回の様な活動を比較する意味は無いですが、気分的には昨年のセント・パンクラスよりも充実感で心が温かくなりました。

 イギリスで1年以上暮らす予定で、且つ、時間の余裕があるのであれば、ヴォランティア活動に参加するのは、暮らしている社会のことを学ぶことができる機会になると思います。オックスファムのチャリティ・ショップで週に数時間もヴォランティア活動です。

 HIVに関しては、感染したら、即、死に至る病気ではないです。新しい診療方法や薬があります。にもかかわらず、偏見やHIVとは何かを知らないまま間違った情報で感染者への攻撃が減ることは無いようです。大切なのは、知ること。テレンス・ヒギンス・トラストとはどんな団体か、という方にはこんなニュースを。

Princes William and Harry continue Diana's battle to end Aids stigma
http://www.guardian.co.uk/uk/2012/nov/26/princes-william-harry-diana-aids
Princes voice support for Terrence Higgins Trust, echoing their mother's close association with HIV and Aids charities

"Our generation has never known a world without HIV. We have grown up knowing of the devastating impact this virus has on lives, on families, on communities," William and Harry wrote.

"We know, too, that HIV can be treated and the lives of sufferers extended by many years. However, there is still a stigma which blights sufferers of the disease, even today.

"Terrence Higgins Trust, founded 30 years ago by friends of Terrence Higgins, one of the first people in the United Kingdom to die of Aids, has been the other constant in this story of our generation.

"Every day, its inspirational staff and volunteers work ceaselessly to turn the lives of HIV sufferers around. They have prevented countless new infections, supported thousands of people to live healthy lives with HIV, and campaigned tirelessly to gain a greater public understanding of the personal, social and media impact of HIV."


 最後に、11月24日のロンドンの風景の写真と、これまでTHTで経験して来たことのリンクを。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157632090587376/

リージェント・ストリートのクリスマス・イルミネイション
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157632086508647/

トランスジェンダァ・アウェアネス・ワークショップ
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1316.html

イギリスでのヴォランティア活動について
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1288.html

今年の春に日本で参加したヴォランティア活動について
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1649.html

バジル氏の優雅な生活 by 坂田靖子

2012.11.24
wt10483.jpg

wn534.jpg
(これらは愛蔵版。2巻の鮮明な画像が見つからなかった)

これまでも、何度かブログの中で触れて来たと記憶している、坂田靖子さんの代表作の一つ、「バジル氏の優雅な生活」。正直、彼女の作品はこれしか知らない。wikiで調べたら1980年代に発表された作品。

 僕が持っているのは愛蔵版の3巻だけど、これらは今は絶版らしい。でも、文庫版がでている。

 この作品からイギリスのすべてを学べる訳ではないけど、これからイギリスのことを知りたい人にも、既にどっぷりはまっているけど読んでない人にもお勧め。バジル氏と既婚女性(名前が思い出せない)との愛憎を超えた友情の物語がとても面白い。愛蔵版第3巻の最後にある「百の器」は良品。

Books    Comment(12)   ↑Top

ロイヤル・オペラ・ハウスの総支配人、トニィ・ホール氏がBBCのトップに

2012.11.22
Tony-Hall-010.jpg

ガーディアンが数日前に、ホール氏の写真を候補者の一人として掲載していたときは無いだろうと思っていたのだが、ロイヤル・オペラ・ハウスのチーフ・エグゼクティヴのLord Tony Hall of Birkenheadがスキャンダルで大揺れのBBCの次期トップに決まり、2013年3がそうそうに就任することが、今日、発表された。

New director general Tony Hall: BBC can overcome crisis
http://www.bbc.co.uk/news/uk-20451825

From BBC news trainee via 'head prefect' to director general
http://www.guardian.co.uk/media/2012/nov/22/tony-hall-biography-career-bbc

Tony Hall appointed as Director-General of the BBC
http://www.roh.org.uk/news/tony-hall-appointed-as-director-general-of-the-bbc

Following today’s announcement by the BBC Trust regarding the appointment of Tony Hall as the next Director-General of the BBC, Simon Robey, Chairman of the Board of Trustees, Royal Opera House, has made the following statement:

“I was not surprised when the BBC turned to Tony to lead them through their current difficulties. They see, as we do, his qualities of leadership and his depth of relevant experience. I can think of nobody better able to bring stability back to the BBC.

“Tony has been a truly distinguished Chief Executive of the Royal Opera House. He has been a tremendous and inspiring force for good. The ROH he will leave in March is very different to the one he took over in 2001. We have a world-class senior team, both artistic and non-artistic, led by Antonio Pappano, Kasper Holten and Kevin O’Hare. Our artistic standards and reputation have never been higher and are unsurpassed around the world. Many, many more people see the extraordinary work of both companies through audience development programmes, ticket pricing initiatives and digital and cinema distribution. We have a very large and impactful education and community engagement programme and we are now a beacon of best practice in the arts sector. We are financially stable and we have changed the mix of our funding so that our ACE grant (now down from 40% to about 25% of our income) and our philanthropic revenue is broadly in balance. Tony deserves credit for all of this and we now face the future, with its inevitable challenges and opportunities, with strong foundations and very broad and loyal support.

“Speaking personally, I will miss him tremendously. He has been an outstanding colleague and friend, as I know he has been to many others at the Royal Opera House.

“We will turn immediately to finding a worthy successor. I am confident that this exceptional place will continue to be led by an exceptional person.

“There will be good occasions to celebrate Tony’s extraordinary contribution to the Opera House over the coming weeks and, of course, we all look forward to welcoming him back to the opera and ballet house he loves so much as a treasured member of our audience for years to come.”

Antonio Pappano, Music Director of The Royal Opera added “Tony Hall has been a great friend and colleague and a formidable presence in the Royal Opera House. He has not only created a working atmosphere that is always positive and remarkably focused, but has been on the front line of fighting for the arts in this country. On his watch, the outreach of the Opera House has blossomed through cinema and television, reaching a whole new audience for opera and ballet.

“I’m very sad to be losing Tony to the BBC, but it is obviously a fantastic opportunity for him. We will miss him very much, but wish him only the best of luck.”

Kasper Holten, Director of Opera said “Congratulations to the BBC. They are very lucky. Tony is the most inspirational leader I have ever worked for. He will be sorely missed at the ROH and by me personally, but I am excited for him about this, and I am sure he will do a fantastic job.

“Tony’s importance for Royal Opera House cannot be overestimated and he has managed to create an incredible platform for us to do our artistic work and take opera forward.”

Kevin O’Hare, Director of The Royal Ballet said “Tony’s genuine love for ballet and dance has been a huge advantage for The Royal Ballet. He’s done so much, not only for this Company, but for dance in general through the Dance Review and support for the sector. I feel privileged to have worked with him, both in my previous roles and now as Director of The Royal Ballet. He’s been an inspiration and a great support to me over the years, and has been fundamental to our programme of new initiatives to bring ballet to a wider audience. He’s also been a great friend to me and to many people in the building. We will all miss him.”


 めでたい話だとは思うけど、他方、ロイヤル・オペラ・ハウスも人事異動も活発。ロイヤル・オペラのトップ、ロイヤル・バレエ双方のトップが代わり、総支配人が代わり、次はパッパーノ、なんてことにはならないでほしい。彼にはあと5年くらいは居て欲しい。

 今回のトップ人事報道で笑ったのがガーディアンの記事。

BBC appoints Tony Hall as new director general
http://www.guardian.co.uk/media/2012/nov/22/bbc-tony-hall-appointed-new-director-general

He will be paid £450,000 a year – the same as his predecessor, but substantially below the sums paid to Mark Thompson, who left the BBC in September.

The BBC said that Hall is already in receipt of a corporation pension after more nearly 30 years' service and will not benefit from any extra pension payments as director general.


 年収については他の記事でも言及されていたが、年金について書かれているのに笑った。BBCの年金は、ホール氏が一度辞めたときまではとても素晴らしい企業年金の一つだったらしい。今回トップに返り咲くけど、既に年金は支給されているので、ディレクター・ジェネラルとして年金が加算されることは無い、と。BBC幹部の高給はいつも標的になっているので、それを先にかわしておきたいのかな。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1133.html

 ロイヤル・オペラ・ハウス側も、既に後任探しに動き出した模様。

Royal Opera House seeks new boss to replace 'inspiring' Tony Hall
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-20443140

 年内の発表は考えられないから、早くても1月だろう。誰になっても、大騒ぎだろう。今週、チャーチ・オブ・イングランドは女性司祭の任命を再び拒否した。BBCのトップ人事の話がでるたびに、次は女性をと言われつつそのような気配は全くない。ロイヤル・オペラ・ハウスを始め、イギリスを代表する美術館、劇場のトップに女性はいない。トニィ・ホール氏の後任が女性、とはすぐには考えられない。一般企業だけでなく、あらゆる分野でトップに立つ機関の頂点に女性が就任するのは、イギリスではまだ先の様な気がする。

アンドレアス・ショル@ウィグモア・ホール

2012.11.20
イギリスは文化予算・文化教育消滅の危機に、アート界が政府に猛反発している晩秋。

 オペラを聴き始めた当初、カウンター・テノールについては何も知らないまま「邪道」だと思い込んでいました。ただ、その頃はカストラートの歴史についても何知らないまま、オペラにについても何も知らないまま、ファルセットで歌うことの意味を見いだせなかったからです。

 本題に行く前に、こちらのヴィデオを観てください。レオナルド・ヴィンチ(ダ・ヴィンチ、ではありせん)による「アルタセルセ」というオペラからのアリアです。有料放送をYTにポストした映像の様なのでいつまで視聴可能かは判りません。

Franco Fagioli - Vinci - Artaserse - Arbace's aria "Vo solcando un mar crudel"
http://www.youtube.com/watch?v=BumvvBzj0D8&feature=player_embedded

 これまでいくつかオペラを観てきましたが、このファジョーリの歌唱には驚きました。喉の構造はどうなっているのだろうと。何より、カウンター・テノールってすごいんだな、と。

 本題。「アルタセルセ」に出演した若手CTより上の世代で、おそらく現在のカウンター・テノール人気安定へ大きく貢献したであろう一人、アンドレアス・ショル(ドイツ人)のリサイタルをウィグモア・ホールで聞いてきました。上のYTの映像をアップしてくださったこちらのブログ(http://bonnjour.exblog.jp/)でカウンター・テノールについての知識を得ることができたので、僕個人の不満は有った物の、ショルの歌唱を以前よりも深く聴くことができました。

Performers
Andreas Scholl
countertenor

Tamar Halperin
piano

Programme

Haydn
Despair
The Wanderer
Recollection

Schubert
Waltz in B minor D145 (solo piano)

Schubert
Im Haine
Abendstern
An Mignon
Du bist die Ruh

Brahms
Intermezzo in A Op. 118 No. 2 (solo piano)

Mozart
Das Veilchen

Brahms
Mein Mädel hat einen Rosenmund

Brahms
Guten Abend
All mein Gedanken
Da unten im Tale

Schubert
Der Jüngling auf dem Hügel

Mozart
Rondo in F K494 (solo piano)

Schubert
Der Tod und das Mädchen

Brahms
Es ging ein Maidlein zarte
In stiller Nacht

Mozart
Abendempfindung

About this concert

In the two decades since making his professional recital debut, Andreas Scholl has introduced countless new listeners to the delights of the countertenor voice. He returns to Wigmore Hall with Tamar Halperin to perform a programme of Classical and Romantic song, interleaved with solo keyboard works and graced by its repertoire breadth. The irresistible beauty of Scholl’s voice and charismatic power of his stage presence will doubtless deliver yet another unforgettable audience experience.


 先に不満点をあげると、プログラムの構成。偏った聞き方をしているとはいえ、ウィグモア・ホールでいくつものリーダーアーベントを聴いて来た僕にはシューベルトやブラームスのリートをショルが歌う意味が見いだせませんでした。
 歌われた歌の中で聴いたことが有ったのはシューベルトの3曲くらいだったので、リート歌いと言われる歌手の皆さんとの単純な比較はできません。また、後半の歌曲群の流れは、恋の芽生えから、死別、そして魂の安寧という流れで物語としては大変優れていた思います。
 ショルの歌唱は絶好調。コップの水で何度か喉を湿らせていましたが、声には一点の曇りも有りませんでした。だからこそなのかもしれないですが、僕には彼の声が「語り部」で止まってしまって物語の主人公になっていないように感じました。
 その好例が、シューベルトの「死と乙女」。これをプログラムで見つけたときにもしかしてと思った通り、ショルは前半の乙女の部分をカウンター・テノールとして、後半には彼の地声であろうバリトン声で歌い分けました。これは僕はずるいと感じましたし、また、2年前のクリストフ・プレガルディーンによる素晴らしい歌唱(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1180.html)がデフォルトになっているので、声を使い分けてるショルからは歌詞が伝える核心が弱まってしまったようにも感じられました。

 ショルがなぜリートを歌おうとしたかの理由は判りません。でも、同じドイツ語ならバッハとかの方が彼の魅力・実力を存分に発揮できたのではないかと。しかし、先に書いたように声は好調。前半のシューベルトの4曲、特に「ミニョンに」は何度も聴いてきましたが、新鮮な経験でした。プログラムの中で僕がショルの声に最もあっていると感じたのは、モーツァルトの2曲。特に最後の「夕べの想い(とでも訳すのか)」は、ドイツ人による真摯なドイツ語の歌を聴いたという喜びにあふれるものでした。

 最近では、メゾ・ソプラノ歌手による「冬の旅」リサイタルが有るので、カウンター・テノールによるリートがいけないということは無いでしょう。興味深い試みだったと思います。しかし、ショルがリートを歌うなら、この夜はモーツァルト以外の歌曲群は僕には強くアピールしませんでした。ただ、これでショルを聴くのはやめるという気は全くありません。別の歌でもっと彼の本質を聴いてみたいです。

[追記]
インターヴァル中に禿頭を見かけたのでレヴューがでると思っていたガーディアン。

http://www.guardian.co.uk/music/2012/nov/20/andreas-scholl-tamar-halperin-review

Songs    Comment(7)   ↑Top

人材を輩出するイートン校:イギリスのフェアプレイの最後の砦?!

2012.11.20
思想家の内田樹さんのブログを読んでいる。僕のなまった日本語に活を入れてくれる面白いブログ。11月19日のポストで、日本の政治家に無い物としてイギリスのフェアプレイについて書かれている。

幼児化する政治とフェアプレイ精神
http://blog.tatsuru.com/2012/11/19_1120.php
 
 内田さんが書かれているように、現在のイギリスでル・カレが描いたフェアプレイが存在するのかどうかは僕も判らない。確か、ル・カレ自身、とても著名なパブリック・スクール出身だったはず。偶然だけど、10日ほど前に、ガーディアンがイギリスのパブリック・スクールとしてダントツに名が知られているであろうイートン校の特集記事を掲載した。

Eton: why the old boys' network still flourishes
http://www.guardian.co.uk/education/2012/nov/13/eton-old-boys-network-flourishes

The new archbishop of Canterbury is the latest Old Etonian to make it to the top of the establishment. But what is it about the school that makes it such a breeding ground for leadership?

 長い記事なので最後まで読むのは大変かもしれないけど、イートン校もいつも安定していた訳ではないようだ。にもかかわらず、現首相のキャメロン、ロンドン市長のボリス君、そして英国国教会の新しいトップもイートン校出身となっては、イギリスを代表する機関のトップにこれほどまでに人材を提供し続けるイートン校って、一体どのような学校なのかと多くのイギリス人も考えるのではないか。翻訳しませんが、いくつか個人的に面白いと思った部分をコピペしておきます。

Other trends are working in Eton's favour. With annual fees of £32,067 – more than the average after-tax British household income – Eton is, more than ever, "a luxury brand", as Greig puts it in fellow Old Etonian Nick Fraser's 2006 book The Importance of Being Eton. As the super-rich and the wish to imitate them have strengthened, Greig continues, "luxury brands have come back". Like Britain's many other luxury businesses, Eton has improved its product. "When I was there in 1958 to 1963, the bottom 40% of boys did absolutely no work," says Simon Head, fellow of the Rothermere American Institute at Oxford University. "That's gone. Eton has hunkered down. It's mobilised itself for the global economy."

 年間の学費が£30,000−以上というのはすごいと思う。これだけの学費を払える家庭の出身には、大学の学費£9,000−はどうってこと無いのかもしれない。それほどの教育費を払える家庭がどれだけイギリス国内に存在するのだろうか。

Little himself was a pupil from 1967 to 1972, "the first male in my family to be educated past the age of 14". His study is baronial and high-ceilinged, with a window austerely open to the cold evening, but he is less forbidding than you might expect, with a quiet, calm, middle-class voice, like a senior doctor. "Dad worked at Heathrow, security for British Airways," he says. One of the school's main aims, he continues, is to admit a broader mix. But how can it, given the fees, which have raced ahead of earnings and inflation in recent decades? "It's a huge amount of money," he admits – the appearance of candour is one of Little's tactics when he talks to the outside world. "Sometimes I think, short of robbing a bank, what d'you do?"

 現在のリトル校長自身、彼がイートンに通った当時の「中流」階級出身のようだけど、現在の学費の高さが生徒のダイヴァーシティを拡充することの課題になっていることは暗に認めているよう。

Rushing between lessons with their old-fashioned files, some boys talk earnestly about their essays and marks. But Eton has not quite become an elite academic school: it is usually high, but rarely top, of the exam league tables. "Eton's view of education encompasses much more than just intellectual achievement," says the school's annual report. Nor does Eton participate unreservedly in the global education marketplace: it restricts its number of foreign pupils. "We are a British school that is cosmopolitan," says Little. "We're not an international school."

 この「We are a British school that is cosmopolitan」という表現、かなり考えさせられるしとっても腑に落ちる。

Does he think a school can ever be too powerful? For once, his affability gives way to something fiercer: "I'm unashamed that we're aiming for excellence. We want … people who get on with things. The fact that people who come from here will stand in public life – for me, that is a cause for celebration." If Eton is too influential, he suggests, other schools should try harder. Fraser has another explanation for the success of Old Etonians: "At moments in their lives," he writes, "they are mysteriously available for each other." Subtle networking, a sense of mission, an elite that does not think too hard about its material advantages – Eton's is a very British formula for dominance.

 この段落の後半部分、内田さんが書かれたことへの有る程度の答えになるのではないか。

It can be a high-pressure place. For all the Old Etonians who have considered the rest of life an anti-climax, there have been others damaged by the school: by its relentless timetable, by its crueller rituals, such as the "rips" torn by teachers in bad schoolwork, and by Eton's strange combination of worldliness and otherworldliness. Compared to most other boarding schools, Eton seems more eccentric and intense, its mental legacy more lingering. "Eton never left me," writes Fraser. Little says: "I've come across a fair number of casualties who were here [with me] in the 60s." Another more recent ex-pupil describes Eton as "a millstone round my neck every day".

 すべての学生が満たされる学校など無いのだろうし、イートンもまた入学できたからと言って将来が約束される訳ではない。

 この記事、とても面白かった一方で、正直な所、現実として感じられない。ビルマ出身の人がスタバで働き、ありとあらゆる国籍の人がサヴァイヴァルを繰り広げているロンドンで、イートン出身者と直接会うことは、世界のどんな国籍の人と会うよりも難しいと思えるからかもしれない。

日本ではインターネット・バンキングは普及しないのかも

2012.11.20
最近になって、大相撲にエストニア出身の力士の方がいるのを知った。「エストニア、なんか有ったな?!」と思い出したのが、春にガーディアンが組んだインターネットの特集記事の一つでエストニアのことが紹介されていた。

How tiny Estonia stepped out of USSR's shadow to become an internet titan
http://www.guardian.co.uk/technology/2012/apr/15/estonia-ussr-shadow-internet-titan

The European country where Skype was born made a conscious decision to embrace the web after shaking off Soviet shackles

ソ連崩壊後、バルトの小国エストニアが取り組んだのはインターネットの普及に国を挙げて取り組んだこと。全く知らなかったことで、知人のエストニア人(ロンドンの良い所。ちょっと探せば、世界中の人に遭遇できる)に聞いたらこともなげにその通りだと。
 丁度一時帰国から戻ったばかりの時期だったので、特にインターネット・バンキングについては改めて日本の取り組みの遅さを実感した。

"I remember when one of our banks was bought by a Swedish one, they came over and said: 'And now we're going to teach you how to do computer banking'," recalled Ilves. "And we said, 'well, you might want to look at what we're actually doing with computer banking ourselves.'" At the last count, 99% of Estonian bank transfers were online.

 おそらく、日本でインターネット業界にかかわっている会社や人々には、エストニアの話は目新しいことではないかと思う。僕はエストニアがこれほどネット環境が整っているとは予想したことも無かったので、驚いた。

 インターネットへのアクセス自体、お金のかかることだから、エストニアと違って国が取り組んでいない日本でネットへのアクセスができない人を置き去りにすることは有ってはならないと思う。
 でも、せめてインターネット・バンキングだけはギアを入れてほしい。銀行だけでなく、利用者にも「自己責任」を強いることだから日本人のメンタリティにはあわないのかもしれないが、問題がたくさん有るイギリスの銀行業界だけど、インターネット・バンキングの手軽さを日常で経験していると、日本の銀行業界は別次元の国ではないかと思う。

ネットバンキング、6割が「不安」 偽画面事件の影響か
http://www.asahi.com/business/update/1119/TKY201211190670.html

約6割の人がインターネットバンキングのセキュリティーに不安を感じる――。ジャパンネット銀行の調査でこんな結果が出た。大手銀行のネットバンキングで暗証番号を入力させる偽画面が出る事件が相次いでおり、ジャパンネット銀行は「被害が出たこともあり、不安が高まっているようだ」としている。

 調査期間は10月30日~11月1日の3日間で、20~50代の男女5896人から回答を得た。ほかにも約2割が、フィッシング詐欺のメールが送られてきたり、スパイウエアに感染したりする危険な目にあっていた。

 またスマートフォンの普及に伴って増えているネットバンキング専用のアプリ(ソフト)についても質問。便利だと感じる人が約9割に上る一方、アプリで個人情報が流出する事件があったためか「インストールするのは不安」と答える人は約7割いた。


 かつての技術大国日本で、インターネット・バンキングだけどうしてこのような状況のままなのか、理解に苦しむ。

Citizen's arrestって、何?:プレア元首相は戦争犯罪人か?

2012.11.18
この週末は、僕個人にとってはあまりにも多くの悲しい報道、理解を超える報道がたくさん。その中の一つのニュースで初めて知った言葉は、「citizen's arrest」。すぐに友人に電話して、「Is this legal in the UK?」と訊いてしまったくらい驚いた。

 この言葉を知ったのは、最近、トニィ・ブレア元首相を戦争犯罪人として告訴しようとする市民活動が活発化しているというニュース。

Tony Blair and the protesters who keep trying to arrest him for war crimes
http://www.guardian.co.uk/politics/2012/nov/16/tony-blair-protesters-citizens-arrest

 報道の内容に長さは全く気にならなかったのだが、いかんせん、ここに書かれていることについては全くなにも知らなかったので、僕としてはまだ理解の入り口にすら到達していない。イラク戦争を導いたことによりブレア氏を戦争犯罪人としてどのように立件できるのか、できないのか。読者からのコメントもかなり割れている。
 実行している人たちが過激なのかどうかは僕には判断できない。しかし、このようの活動を非暴力で実行に移せる社会はまだ健全だとも感じる。

A legal guide to citizen's arrest
http://www.guardian.co.uk/law/2011/aug/09/guide-to-citizens-arrest


 ロンドンで暮らしていて感じるのは、ブレア氏ほど左右両派から嫌悪されている政治家はイギリスには他にいないのではないかということ。彼のモラルの出発点はどこなのか、というのは個人的にとても興味が有る。

Tony Blair strikes business deals in Brazil and Colombia
http://www.telegraph.co.uk/news/politics/tony-blair/9685253/Tony-Blair-strikes-business-deals-in-Brazil-and-Colombia.html

 このような彼の成功を、Greedyと見る人は多いと思う。コメント欄はあけておきますが、コメントをいただいてもこれについては返信できないと思います。

デンマークのマルガレーテ女王、くるみ割り人形の衣装をデザイン

2012.11.18
素晴らしい天気の日曜日、早朝のプリムローズ・ヒルの頂上からロンドンを見渡し(http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157632041967816/)、気分よく戻って来て読み始めた新聞のペイジをめくるたびに気分が沈み込む中、唯一、ほっとしながら読んだのはデンマークのマルガレーテ女王がコペンハーゲンにあるティヴォリ劇場で開幕するバレエ、「くるみ割り人形」の衣装をデザインしたというニュース。

n2_2401807c.jpg
(写真は両方ともテレグラフから無断拝借)

n3_2401808c.jpg

Danish Queen brings a fairytale prince to life
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/denmark/9685099/Danish-Queen-brings-a-fairytale-prince-to-life.html

http://www1.tivoli.dk/composite-7970.htm?id=A358ABA520E9D403C12577F9003D5A17

デンマーク王室のウェブ
http://kongehuset.dk/english
(中国語表記が有るんだ)

 バレエで世界の貧困は減らせないかもしれないけど、夢を見るのは心の栄養。デンマーク、物価が高いとはきいているけど、最高額の790DKKはロイヤル・バレエより高いのかな?!

世界にゃ悲しみおおすぎる

2012.11.18
ハイからダンスで踊りゃんせ
バンからダンスで踊りゃんせ
宇宙と一緒に感じましょ
手拍子シャンシャン踊りゃんせ
神様本当にいるのなら
この世にゃ苦しみ多すぎる
世界にゃ悲しみ多すぎる
手拍子シャンシャン踊りゃんせ

(上々颱風)

Gaza Strip air strikes – in pictures
http://www.guardian.co.uk/world/gallery/2012/nov/15/gaza-strip-air-strikes-deadly



Israel-Israelis-sit-insid-054.jpg

'Change your abortion law to save lives' grieving father tells Irish PM
http://www.guardian.co.uk/world/2012/nov/17/ireland-abortion-case-father

Ending global poverty: the fight goes on
http://www.guardian.co.uk/society/2012/nov/18/global-poverty-experts-ideas-for-change

The day I saw 248 girls suffering genital mutilation
http://www.guardian.co.uk/society/2012/nov/18/female-genital-mutilation-circumcision-indonesia

Ben Fogle: killing rhinos has to stop
http://www.telegraph.co.uk/earth/environment/conservation/9685031/Ben-Fogle-killing-rhinos-has-to-stop.html

I have just felt that I should have stopped reading newspapers long time ago and have retired from this collapsing world, which I am not going to do.

イギリス暮らしの楽しみ:ウォーキング

2012.11.11
夏の終わりに、ロンドン中心での暮らしをやめて、ロンドン西部、バークシャーの町に引っ越した友人家族を訪ねた週末。文句のつけようの無い、素晴らしい天気になった日曜日、友人宅から車で10分ほどの所にある、Dinton Pastures Country Parkにウォーキングに行った。

DSCN3645.jpg
(友人から借りたウェリントン)

DSCN3672.jpg

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157631984771130/

 前日の雨でぬかるんだ泥道を歩くだけにもかかわらず、体中がエネルギーで満ちあふれる爽快感。多くの人がただ歩くだけで、本当に幸せいっぱいという表情。ウォーキングが盛んなのはイギリスだけではないが、イギリスらしい日曜日の過ごし方。

ルクセンブルクのロイヤル・ウェディング:マキシマ妃の化粧が濃すぎる

2012.11.09
日本の皇室からは皇太子が参加したことがニュースになっていたけど、イギリスではほとんど話題にならなかったように思う、ルクセンプルクでのもう一つのロイヤル・ウェディング。おそらくiHOLA!がふんだんに写真を掲載するだろうと思っていたけど、期待以上だった。

 雑誌の表紙を観てまず驚いたのは、主役の二人ではなくて、オランダのマキシマ皇太子妃の化粧。目の下のシャドウを濃くしたからだと思うけど、思いっきり、水商売系。


(写真はすべてオラ・マガジンのウェブから無断拝借)

 更にその羽飾りの意図は。


(集合写真で、後ろの人の邪魔以外の何ものでもない)

 これまで、マキシマさんのファッション・センスに疑問を持ったことは無かったけど、かなり揺らいだ。良いなと感じたのは、デンマークのメアリィさん。


(左。右はベルギーのマチルドさん。男性陣はいつも同じで楽だろう)

 メアリィさんも、晩餐会のときのドレスと髪型が、表情をかなり老け込んでみせる物だったので、ヨーロッパ王室のファッション・リーダーたちにも翳りがでて来たのかと危惧したけど、この配色、シンプルだけど華やかなデザインの帽子とドレスの組み合わせはさすがだ。

 花嫁がベルギー王室と関係が深いから(だったと記憶している)だろう、ベルギー王室からはほぼ総出。中でも、故ボードワン国王の未亡人、ファビオラさんが出席している。


(前列左端で、椅子に座っているのがファビオラさん)

 晩餐会に出席する写真では車いすに座っていたファビオラさん。何歳になったのだろう。いつもこのてのイヴェントには欠かせないヨルダン国王夫妻がいないのは意外。デンマークのマルガレーテ女王、オランダのベアトリクス女王、そしてスウェーデンのシルヴィア女王の衣装は紫。王室の中でも世代によって選択する色が分かれるのは面白い。

 ウェブでは見つけられなかったけど、教会での式では日本の皇太子の席次は、王室メンバーの場所で前から2列目とかなりの厚遇。残念だったのは、モロッコのプリンセス(高身長)とスペインのフェリペ皇太子(身長2mくらいらしい)に挟まれて写真に写っていたのは頭髪のみ。

 イギリス王室はエリザベス女王のダイアモンド・ジュビリィで多忙なのは判るけど、たまにはエドワード夫妻でないメンバーを送り込んでほしい。例えば、行儀教育の一環としてこのような場にハリィ君をを名代とするなんてことはどうだろう。

表紙
http://www.hola.com/realeza/casa_luxemburgo/2012102261360/boda-real-revista-hola/

集合写真
http://bodasreales.hola.com/guillermo-luxemburgo-stephanie-lannoy/boda-real/201210202206/fotografias-oficiales-boda-real-de-luxemburgo/

ファッション投票
http://bodasreales.hola.com/guillermo-luxemburgo-stephanie-lannoy/votacion/votacion.html

花嫁のドレス
http://bodasreales.hola.com/guillermo-luxemburgo-stephanie-lannoy/boda-real/201210202196/princesa-stephanie-vestido-novia/

ラファエル前派展

2012.11.09
*著作権は、共同通信社に帰属します。

スクリーンショット 2013-01-08 9.47.21


旧東ドイツのとんでも日本料理店が映画に

2012.11.08
今日のガーディアン紙で、旧東ドイツ時代に営業していた「とんでも」日本料理レストランの話が映画化されヒットしているという記事を読んだ。

Film celebrates East German chef who cooked up Japanese storm in cold war
http://www.guardian.co.uk/film/2012/nov/07/film-east-german-chef-japanese

 共産圏時代の閉鎖された時代に、日本食の食材を入手することが困難を極めたという状況は容易に想像できる。でも、そんな状況でオーナーが生み出した「日本食」の描写に驚かない日本人がいるだろうか、いや居ない。

Tinned rice pudding was transformed into sushi rice, local carp was dyed to resemble salmon, a local variant of Worcestershire sauce was used instead of soy sauce, and Hungarian tokaj wine was mixed with German corn schnapps and heated, to fool diners into thinking they were drinking sake.Even may bugs fried in batter were brought into play as Anschütz started conjuring Japanese fare in the heart of East Germany.

 缶詰のライス・プディングに使われている米を「すし飯」に、地元の鯉を色付けして鮭に、ウースター・ソースが醤油(これは許せなくはないかな)。ハンガリィのトカイ・ワインを何かと混ぜて温めて日本酒。

 これほどまでして「日本食」を作り出そうとした熱意には打たれるけど、正直、こんなのが今の時代まで残っていなくてよかったという気持ちに偽りは無い。

 驚くことに、このレストランを経験した人の数は200万人に達し、予約待ちは2年だったとのこと。しかも、料理が供される前には、風呂に入るという「儀式」まで有ったとのこと。

Just under two million diners passed through his restaurant, the Waffenschmied (the Armourer), between 1966 and 1986. Diners had to wait for up to two years to get a table and paid the equivalent of half of a month's rent for the full four- or five-hour Japanese experience, which included a ritual cleansing bath for which guests had to disrobe.

"This was something of a mythical place in the heart of the communist east," said Conny Günther, recalling her one visit to Waffenschmied on New Year's Eve 1985, when the then 25-year old translator and some friends made the four-hour drive from Berlin in a Wartburg car to reach the snowy picture book forest town.

"First we were led by German girls dressed as geishas and had to descend naked into a pool, where we drank champagne, which was where all the fun started. Then in kimonos we started on a 15-course meal in a room full of Japanese decor, during which Anschütz furnished us with anecdotes and stories about Japan.


 記事から察するに、このレストランのことを知っていた日本人がいたようだ。あの時代の東ドイツにどれほどの日本人が暮らしていたのかは全く判らないが、このような「とんでも」和食でもないよりはましだったのかどうか知りたい。映画が日本で上映されたら、反応はどうなるのか。

クリスマス切手、発売

2012.11.08
今日(11月8日)だとばかり思い込んでいたら、火曜日、6日に2012年のクリスマス切手が発売になっていた。

http://www.norphil.co.uk/2012/11a-Christmas12.htm

121106_ChristmasMs2012.jpg

 伝統的なデザインも良いんだけど、このようなイラストの方が楽しい。


Stamps    Comment(2)   ↑Top

60歳以上向けのオイスター・カード

2012.11.08
ロンドン在住の60歳以上の人だけが利用できる情報ですが、高齢化社会へ向けてロンドンがどのようなことをしているかということで。

 これまで、そしれこれからも(いつまでかは判らないが)ロンドンには「フリーダム・パス」と呼ばれる高齢者・身体障害者向けの、ロンドン市内の公共交通料金が無料になる(ケイブル・カーはのぞく)システムが有る。昨年くらいまでは、60歳の誕生日を迎えるとすぐに申し込むことができた。

 しかしながら、長引く不況、それに伴う税収の停滞、定年の延長等が絡み、裕福な年金受給世代にこのような無料パスを支給することへの締め付けが厳しくなっていて、年々、申し込む資格年齢に制限が加えられるようになった。
  
 で、そんな愚痴を聞いていた最近、ロンドン交通局のウェブに掲載されているのに気づいたのが、オイスター60+

スクリーンショット 2012-11-08 6.50.12

http://www.tfl.gov.uk/tickets/25830.aspx

 今年の8月に60歳になった知人に教えた。知人はフリーダム・パスを来年まで申し込めないので、早速、郵便局に行って申し込んだ所、申込書は受理され、オイスター60+は2週間くらいで手元に届くと言われたとのこと。

 フリーダム・パスの年齢制限は何のためと考える一方で、一部の「裕福」な年金受給者と一緒くたにされる「低額」年金受給者への救済なのだろうか。

スクリーンショット 2012-11-08 6.51.09

 昨日、ロンドン自転車利用料金の値上げが発表された。年間のメンバーシップ料金が、£45−から£90−へ。いきなり2倍。£90−は考えてしまう。ロイヤル・オペラ・ハウスのフレンズ会員より高い。

Boris bike charges to double in inflation-busting travel fares hike
http://www.standard.co.uk/news/transport/boris-bike-charges-to-double-in-inflationbusting-travel-fares-hike-8293591.html

血液型が必要なのは、輸血のときだけで充分:BBCの記事から

2012.11.07
検索してみた所、既に日本のインターネット界でも少し話題になっている様なので細かく書こうとはおもわないが、BBCが日本での血液型への異様な執着についての記事を11月5日掲載した。

Japan and blood types: Does it determine personality?
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-20170787

Blood is one thing that unites the entire human race, but most of us don't think about our blood group much, unless we need a transfusion. In Japan, however, blood type has big implications for life, work and love.

血液は、人類全体を取りまとめる一つの物で、輸血が必要なとき以外は(イギリスでは、もしくは西欧では)気にすることは無い。しかし、日本では血液型は生活、仕事、そして恋愛すべてにかかわる。

Here, a person's blood type is popularly believed to determine temperament and personality. "What's your blood type?" is often a key question in everything from matchmaking to job applications.

日本では血液型が気質や性格を決めると信じられ、「血液型は何ですか?」という質問はすべてのことで尋ねられる。

A whole industry of customised products has also sprung up, with soft drinks, chewing gum, bath salts and even condoms catering for different blood groups on sale.

今の日本って、血液型によって使えるコンドームが違ってくるのか?うぶなイギリス人は住めないんじゃないかな。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1803.html

Blood types, however, are simply determined by proteins in the blood. Although scientists regularly try to debunk these beliefs, they remain popular in Japan.

血液型はプロテインによって決まり、科学者は血液型による性格診断が正しくないとしているが、日本では血液型による診断の人気は高いまま。

It was only in 1901 that the ABO blood group system was discovered by the Austrian scientist Karl Landsteiner. His Nobel prize-winning work made it possible to identify the different blood groups, paving the way for transfusions to be carried out safely.

血液型の違いが判ったのは110年前にすぎないのか。血液本来の仕組みの解明よりも、科学的な確証が全くない血液型による性格診断の方が勢いがあるのはおかしいと思うのだが。

It sometimes manifests itself as prejudice and discrimination, and it seems this is so common, the Japanese now have a term for it - bura-hara, meaning blood-type harassment. There are reports of discrimination against type B and AB groups leading to children being bullied, the ending of happy relationships, and loss of job opportunities.

「bura-hara」ってお腹にブラジャーをすることなのかと一瞬思ったけど、ブラッド・ハラスメントの略か。生まれた土地が違う、性別が違う、学歴が違う、収入が違う、考え方が違う等々、今でも既に充分すぎるくらいお互いに無意味なプレッシャーを掛け合っていることで疲弊している日本で、変えようも無い血液型でどうして更に差別・区別するのか全く理解できない。

 日本での血液型への執着は、海外メディアにとっては「日本はやっぱり変な国」という切り口の記事を書くときには格好の題材だと思うし、実際、数多の記事が存在するようだ。
 
 ここでそれらの記事が正しい、正しくないということを書く意志、そんなことで無駄にする時間もない。記事で触れられているように、輸血等の緊急時に血液型を知っておくことは大切なことだと思うが、それ以上のことなんてあるのだろうか。実際、イギリスに来てからたくさんの書類を提出して来たし、たくさんの人々に有って来ているけど、血液型が話題になったことなんて一度も無いように思う。自分の血液型を知っておけば良いこと。それ以上でも以下でもない。

 日本における「血液型診断」は単なるラベルにすぎないのではないかというのが、この記事を読んでの感想。不必要なラベルを自分に張り付けて自分を守ることは必要なときが有るかもしれないけど、ラベルを自分に張りつけ、他人に押し付けることで失うことは多いと考える。

コンドームを買うのは恥ずかしいですか?

2012.11.04
これでまた、ブログへの訪問者が減るだろうと思いつつも、こんな些細なことに社会がいつまでも使わなくていいエネルギーを浪費することはばからしいと思うので。

 子供への性的虐待問題で大揺れのBBCですが、こんな話題を取り上げることには敬意を表します。

Condoms: Why are we still embarrassed about using them?
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-20043530

 数年ほど前ほどの人気ではないにしても、ロンドン中心部から至近の安売りアウトレットがあることで日本から観光でイギリスに来る人の間でもよく知られるビスタ(Bicester)に、客にコンドームを配るレストランが営業を始めたことを枕に、どうしてイギリス人はコンドームを買うだけでなく、その名称を口にすることすら恥ずかしいと思うのか、という分析記事です。

But in the UK many people are still too embarrassed to buy condoms in public and can't even talk about sex "in a normal way", say sex education charities.

イギリスでは、未だに多くの人がコンドームを購入することに困惑するだけでなく、「普通」にセックスのことを話すことができない。

Britain is a sexualised society where adult shops like Ann Summers can be found on many High Streets and condoms and lubricants of any number of flavours, textures and smells can be bought at your local chemist.

A survey by Fusion Condoms found 56% of people surveyed, were embarrassed to buy them. When it came to men, 54% got red faced while 57% of woman did.


町の中心にはセクシャライズされたショップがあり、地元の薬局で普通に様々な種類のコンドーム等を買えるにもかかわらず、ある調査では56%の人がそれらを買うことに困惑する。

"We're still so British about sex and condoms, many people find it easier to have sex rather than to talk about it," says Genevieve Edwards, executive director of health improvement at the Terrence Higgins Trust.

"It's a population-wide issue, something that doesn't really change whatever sex or age. Buying condoms is a public declaration that you want sex and many people still aren't comfortable with that."


我々は、セックスに関しては今でもイギリス人だから(個人的にこの部分は笑いのつぼにはまりました)。多くの人は、セックスについて話すより、する方が簡単だと感じている。コンドームを買うことは、これからセックスするということを社会に宣言している様なもので、多くの人がそのことを簡単には受け入れられない。

"Even online, people are still very concerned about avoiding embarrassment. We get a lot of enquiries about our packaging, some customers even ask for photos of what their order will be sent in.

"We use plain packaging because people make it very clear they don't want something advertising what's inside.

"We also get queries about what company name will appear on bank and credit card bills."


(インターネットでのコンドーム購入が増えているが)人々はそれでも困惑を避けたがる。購入者は、どのような封筒で届くのか、銀行やクレディット・カードの明細に記載される会社名はどうなるのかを質問してくる。

"Buying condoms means you are having to be absolutely explicit about something many people want to be implicit about. You are having to admit you are planning to have sex or want to have it."

(サイコセラピスト曰く)コンドームを買うことは、公にしたくないことを、公に宣言している様なもの。セックスをする、したいことを認めなければならない状況になる。

 コンドームをセックス以外に使う方が難しいだろうから、避けようも何も無いと考えます。確かに、セックスは個人の生活に属することですけど、例えば性感染症等のことを考慮すればコンドームは必要な物。それに、性衝動は至って普通のこと。それをどのようにコントロールするかは、別の議題。

 イギリスの公共放送局がこのような話題を掲載することは単に素晴らしいと思います。寝た子がいつまでも寝ていられては困るのだから、性教育はしっかりと、そして世代、性別に関係なく提供されるべきだと考えます。

美術・芸術教育切り捨てに、猛反発

2012.11.03
先日のサドラーズ・ウェルズでのカンファレンス(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1798.html)でスポルディング芸術監督が発言していた、義務教育における美術・芸術過程の切り捨て方針に対して、各分野のトップから批判の声が上がっている。

Arts leaders voice deep concerns over lack of cultural subjects in Ebacc
http://www.guardian.co.uk/education/2012/nov/02/arts-leaders-concerns-ebacc-schools

Britain's creative edge is at risk
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2012/nov/02/britain-creative-edge-is-at-risk

 イギリスの教育課程については、ニュースを読んでいてもよく判らないことの方が多いが、現在の義務教育修了試験に代わり、2015年から導入されるイングリッシュ・バカロレアには美術教育は無いという方針に、イギリス美術界の重鎮たちが危機感を募らせているというもの。

 絵を観て、舞台を観て、オペラを聴いて、ダンスを観て、財布が軽くなるだけで腹は膨れない。でも、文化・芸術に接する機会を政府の方針で子供から取り上げるのは、僕は犯罪だと思う。

 これを強硬に進めているのが、教育大臣のマイケル・ゴヴ。

r-MICHAEL-GOVE-large570.jpg

 現連立政権の上級大臣の中で、少なくともガーディアン読者から最も忌み嫌われているのが彼だろう。彼が進めるあまたの政策からは、子供たちが想像力を伸ばすきっかけをことごとく奪い取っているとしか思えない。最近、どこかで読んだ文章を考えている。「結果の平等ではなく、最初の機会が平等に与えられているかが大切」。多くのことを学び、経験できる学校時代に美術や芸術、音楽に接する機会が奪われることは、イギリス文化の終焉になりかねないという危機感は共有する。

ジョン・ルイスのクリスマス・デコレイションは日本風

2012.11.03
japan_pt_011112~ts~121101102125

今年が初めてなのかどうか判らないが、ジョン・ルイスのクリスマス・デコレイションに日本風のもの加わっている。

http://www.johnlewis.com/christmas/View+all+Christmas+Decorations/Japan/Japan/28330/ProductCategory.aspx?intcmp=Home_Christmas_Decorations_JAPAN_011112

231589469alt1.jpg

 盆栽をクリスマス・トゥリーに見立てるという発想がすごい。

231589110.jpg

 もう少し鮮やかな色でも良かったのではと感じるけど、クリスマスだけでなく他のことでも使えそう。

231598340.jpg

 猫のお腹が鯉のぼりの鱗に見えてしまうのは、日本人だからだろうか。

 「これ、日本か?」というデザインもあるにはあるけど、日本の風物が単なる異国情緒から、普遍的なデザインとしてみられている、と感じるのは誉め過ぎかな。

猫とカエルの恋物語2

2012.11.02
DSCN3618.jpg

Hope everybody will have a great weekend!

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1505.html

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.