LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2013年06月の記事一覧

サーペンタイン・ギャラリィのサマー・パヴィリオンは藤本壮介さんの設計

2013.06.30
DSCN7692.jpg

DSCN7693.jpg

毎夏恒例、ハイド・パーク内にあるサーペンタイン・ギャラリィサマー・パヴィリオン。今年は、日本人建築家、藤本壮介さんの設計。

http://www.serpentinegallery.org/2013/02/sou_fujimoto_to_design_serpentine_gallery_pavilion_2013.html

 評価は高いし、実際に観ると美しいとは思う。が、悲しいかな建築の素養がない僕には、現代芸術の強力な要素、「マーケティング」の側面ばかりを考えてしまう。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157634415300194/

 カフェの営業時間が終わり、やる気のないセキュリティが一人でつまらなそうにしていた。公開最終日まで傷つけられないように祈る。

スポンサーサイト

夕べの薔薇@リージェンツ・パーク

2013.06.30
スクリーンショット 2013-06-30 20.25.47

土曜日、午後3時を過ぎる頃から素晴らしい天気に。数日前に朝の薔薇を愛でたから、今度は夕方の薔薇を観に行く。好天のため、激混みの園内だったが、人ごみをかいくぐり、咲き誇る薔薇を存分に楽しんだ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157634370408256/

 リンクはどうぞご自由に。それでもリンク先を連絡いただけると助かります。

 個人的に薔薇からすぐに連想する歌は、「シマロンの薔薇」。

伊達選手の素晴らしい試合は午後9時29分に終了

2013.06.29
スクリーンショット 2013-06-29 22.02.50
(伊達選手の健闘をたたえて)

BBCの速報。

Wimbledon 2013: Serena Williams thrashes Kimiko Date-Krumm
http://www.bbc.co.uk/sport/0/tennis/23111800

Serena Williams wasted little time in seeing off Japan's Kimiko Date-Krumm after their third-round match was moved under the Centre Court roof with the light fading at Wimbledon.

The world number one and defending champion powered through 6-2 6-0 in 61 minutes to reach the last 16.

At 42, Krumm was the oldest woman ever to reach the third round at Wimbledon.

Their match had been scheduled for Court One, but with the time approaching 20:30 BST they were moved to Centre, where the roof guaranteed they would be able to finish.

Williams, 31, was surprisingly broken when serving for the first set, to the delight of the Centre Court crowd who wanted a contest in their unexpected bonus match.

The American was not in a charitable mood, however, and responded in kind to take the set before racing through the second.

Krumm, who lost to Steffi Graf in the 1996 semi-finals, did at least make one of her targets by keeping the five-time champion on court for over an hour.

 さすがに最終セットは疲労の色が濃くなったようだが、最後まで果敢なプレイを続けた伊達選手。お疲れさまでした。セリーナもまさにプロの試合。素晴らしかった。伊達選手、来年もまた、芝のコートで素晴らしい試合を。

女性が居るから世界は輝く1:伊達選手@ウィンブルドン

2013.06.29
3回戦の対戦相手が第1シードのセリーナ・ウィリアムズということで、これ以上の記録更新は今年はないだろうとの新聞の見方は、認めたくないけど現実だろう。それでも、伊達選手の奮闘ぶりは、パワー一辺倒の最近のテニス界を興味深いものにする良い刺激として捉えているよう。デイリィ・テレグラフ、BBCとガーディアンの記事を。

Wimbledon 2013: at 42, Kimiko Date-Krumm shows a clean pair of heels to become oldest woman to reach the third round
http://www.telegraph.co.uk/sport/tennis/wimbledon/10146963/Wimbledon-2013-at-42-Kimiko-Date-Krumm-shows-a-clean-pair-of-heels-to-become-oldest-woman-to-reach-the-third-round.html

It is not just in her birth certificate that Date-Krumm appears to be a representative of another age. A, wispy, wiry 5ft 4in, she would be able to reach the shoulder of some of her more statuesque opponents these days only with the assistance of a set of step ladders. And she plays as if the last coaching manual she read was published in 1983.

In the era of the baseline grunter and back-of-court thrasher, whose only venture to the net is when spinning the coin at the start of a match, Date-Krumm is an old-fashioned serve and volleyer.


 伊達選手は、彼女が最後に読んだ教則本は1983年に出版されたものかのようにプレイする、とはよくも悪くも的を得ているのではないか。最近、テニスの試合を見なくなったのは、記事に書かれているようにベイス・ラインからの応酬ばかりで平坦だから。

Not that Date-Krumm was blase about it. Afterwards, grinning widely at her success, she spent a good half‑hour signing autographs for dozens of enthusiastic fellow Japanese, who crowded the courtside. As she did so, her achievement was making news back home.

Wimbledon has not enjoyed widespread television coverage in Japan since she retired back in the 90s. Her third‑round game, however, will be broadcast live.


 ウィンブルドンが日本で人気がないというのは本当かな。グランド・スラムの中で最も日本で知られていると思うのだが。


Wimbledon 2013: Age-defying Kimiko Date-Krumm to face Serena Williams
http://www.guardian.co.uk/sport/2013/jun/27/wimbledon-2013-date-krumm-serena-williams

The success of Date-Krumm is one of the most inspiring stories of the tournament. Her 6-4, 7-5 victory on Thursday made her the oldest player ever to reach the third round at Wimbledon.

In the early stages of her match, it looked like her age and the sport might be catching up with Date-Krumm. The Romanian is very much a modern player: swishing ponytail; suntan the colour of a teak coffee table; 100mph-plus serve. At the changeovers, Cadantu had a selection of three drinks of different shades, while Date-Krumm sipped from a bottle of Evian, old school.

Experience, however, had to count for something. Despite making double the number of unforced errors, and hitting half the number of baseline winners, Date-Krumm invariably won the points that really mattered. At 4-4 in the second set she switched her racket from right to left hand – she plays right-handed but is naturally a southpaw – and hit a winning shot down the line. Her net play was instinctive and unerring.



Kimiko Date-Krumm set for Serena Williams at Wimbledon 2013
http://www.bbc.co.uk/sport/0/tennis/23092068

"Although there might be one close set and she'll give Serena something different to look at, Serena probably won't have any trouble looking at it. But Kimiko will still be able to smile because she's better than so many current players despite being older than many of their mothers."

 伊達選手とセリーナの試合は、第1コートの4試合目。開始時間は前の3試合が長引けば日本時間の6月30日早朝ということになるかもしれない。

 伊達選手が試合を楽しんでいる姿を見たい。

朝露に濡れる薔薇も美しい

2013.06.27
スクリーンショット 2013-06-27 21.52.26

朝、ちょっと時間が空き、天気もそこそこ、そして昨晩の雨で薔薇の花の別の美しさが観られるかと期待して再びリージェンツ・パークへ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157634365318274/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157634365339872/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157634365359534/

 自分で薔薇を咲かせるなんて、とてもできないことだけど、こうやってたくさんの種類の薔薇を眺めていると、多くの人が興味を抱くのも不思議ではない力を感じる。

 20人前後の日本人観光客の皆さんがガイドの方の案内でクィーン・メアリィ・ガーデンズへ向かうことは良いのだけど、入り口を入って左側にも美しい薔薇がたくさん咲いているを見逃してしまうのは惜しい。

僕をハワイに連れてって

2013.06.27
スクリーンショット 2013-06-27 6.44.20
 
僕は、慶良間諸島がいいな。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157634140749398/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157634349177055/

[追記:7月2日]
偶然だけど。

沖縄県の慶良間諸島を国立公園に 環境相表明
http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013070201001634.html

 慶良間諸島に行ったのは、1990年。いつ行けるかな。

伊達選手へ集まる注目:ウィンブルドン2013

2013.06.26
テニス、好きなスポーツの一つだけど、ウィンブルドンに触れるのは初めてのはず。

 シャラポワ、フェデラーが敗退し、けが人が続出している2013年のウィンブルドン。いつもだと準々決勝くらいまでは全く興味を惹かれないのだが、俄然面白くなってきた。常勝選手の相次ぐ敗退で面白くなるのか、それとも既にジョコヴィッチとセリーナの優勝が決まった様なものなのか。

 そんな中、今朝のガーディアンに伊達選手の記事が掲載されていた。

Wimbledon 2013: Ageless Kimiko Date-Krumm reaches second round
http://www.guardian.co.uk/sport/2013/jun/25/wimbledon-kimiko-date-krumm

In the five years since Kimiko Date-Krumm returned from a 12-year hiatus, the Japanese has been responsible for making several players cry, the horror of losing to someone so old seemingly too much to handle. Her opponent on Tuesday, the 18-year-old German Carina Witthoeft, kept her emotions together but was another witness to just how good Date-Krumm remains at the grand old age of 42 as she was walloped 6-0, 6-2.

She is 43 in September and showing no signs of giving up just yet. Having retired in 1996 when she was a top-10 player, just months after reaching the semi-finals here, Date-Krumm returned in 2008 and on Tuesday her rapid victory was a reminder of how things used to be done. Beaten in the first round here last year, she is set to raise her current ranking of No84 again.

In her time away the emphasis has moved to power rather than guile, to brawn rather than brain. Date-Krumm, at 5ft 4in a minnow in a land of giants, mixes flat ground strokes with a superb slice and she must be the only woman regularly to charge the net on the return, so eager is she to get to the net.

"Tennis is not only power, not only speed, not only for young players," she saidon Tuesday, smiling. "In tennis we need more mental [strength] also. We need experience. That's why it's not [true] any more that only younger players can go to the top level.

"In the 90s we had [Martina] Navratilova, doing serve and volley and using the backhand slice; Steffi Graf, she had a special backhand slice and a big forehand. [Gabriela] Sabatini, she used serve and volley even though she liked to stay at the baseline; Monica Seles hit the ball very hard. Everybody had a different style. Now everybody looks like the same. Bam, bam, bam. That's why we need more players with mental strength and more experience."

Witthoeft is considered one of Germany's better youngsters but she was helpless against Date-Krumm's now unique style. At her peak she was ranked No4 and was good enough to beat the then world No 1 Graf. Since her return she has bamboozled many a top player and on Tuesday, she said some of the younger players on Tour look to her for advice.

"Sometimes they ask me questions," she said. "We talk a lot about tennis and life, about when I was young, how did I beat Steffi Graf or something like that. We talk about many, many things."

Date-Krumm pulled out a teapot during her press conference, always in her bag, she says, to fuel her love for Chinese and Japanese tea. But there is no secret to her diet as she battles the advancing years. "I eat a lot," she said. "I eat more than my husband. I eat more than my coach. But, of course, I eat healthy food."

On Thursday Date-Krumm plays Alexandra Cadantu. The Romanian might be wise to pack her tissues.


 英語が直されているのはどうでも良いこと。竹を割った様なすっきりとした主張が素晴らしい。伊達選手は明日、27日のロンドン時間午前11時半に12番コートで試合。そのあとは錦織選手が同じコートなので、明日の12番コートの日本人率は高いだろう。

 ウィンブルドンのウェブによる、伊達選手の紹介。

http://www.wimbledon.com/en_GB/players/overview/wta040130.html

 正直、若い選手との体力の差は隠しようがないだろうから、伊達選手が決勝まで行けるとは思っていない。しかし、ウィンブルドン2週目に彼女が居るのなら、それはとても楽しいこと。

年間定期を購入すると使える特典

2013.06.26
イギリス国内の鉄道網を利用して通勤する際、年間定期を購入すると、他の路線の切符を購入する時に割引が適用されるという記事をずっと昔に読んだ。

 昨年末、何年かぶりでロンドン地下鉄の定期を年間で購入。イギリス国内を頻繁に移動する訳ではないが、これで割引が適用されるかと期待した。が、そんなことは起きなかった。
 
 ロンドン地下鉄の定期だから駄目なのかと思っていたところ、今月上旬、ロンドン交通局から以下のメイルが届いた。

Dear Mr Moriya,

I am writing to let you know that as an annual Travelcard holder, you are entitled to a 34% discount on off-peak pay as you go fares.

To get this discount, take your Oyster card and your Gold Record Card to a Tube or London Overground station ticket office, Oyster Ticket Stop or London Travel Information Centre and ask for the Gold Card discount to be set.


DSCN7352.jpg
(これがゴールド・カード)

 オフ・ピークのみという縛りがあるとはいえ、安くなるにこしたことはないということで、ゾーン3に行く前に登録してみた。60ペンスだけ、安くなっていた。

 イギリスでは、日本とは違い、勤務先から交通費の補助はほとんどない。ただ、高い通勤定期を購入するための社内ローンを組んでいる会社はかなり有るようだ。

 皮肉に感じるのは、高い定期を購入できる人、購入できる条件にある人々が、更なる恩恵を受けることができる。持つものだけがさらに得をする社会。僕自身、そのサークルにとどまることはできるかどうか、全く判らない。

リージェンツ・パークの薔薇、ピークを過ぎたかも

2013.06.25
スクリーンショット 2013-06-25 21.02.19

予想していた以上に、今日の午前中にあった案件で久しぶりに疲労困憊。帰宅してしばらくの間ぼーっとしてから、心のデトックスのためにリージェンツ・パークへ。そんなコンディションだと、撮った写真から自分がどれほど疲れたいたかが漂って来る様な気がしてしまう。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157634323605143/

 バラ園全体は、そろそろピークを過ぎてしまうかなという感じだったが、園内に漂う薔薇の香りに、ほっとする。


Privacy can no longer exist in the UK

2013.06.22
スクリーンショット 2013-06-22 8.17.32
(ガーディアンから勝手に拝借)

ガーディアンの特ダネである、アメリカ政府が一般市民のメイルや電話を傍受しているというニュースは、イギリス政府にも飛び火。

GCHQ taps fibre-optic cables for secret access to world's communications
http://www.guardian.co.uk/uk/2013/jun/21/gchq-cables-secret-world-communications-nsa

 このポストのタイトル、煽動的かと感じるが、ま、あたらずとも遠からずだろうと。

 「鉄腕アトム」や「ドラえもん」の未来ではなく、オルダス・ハックスレイや「マトリックス」の未来が現実なのかもしれない。

 この一連のニュース、日本ではほんの少ししか報道されていないように感じる。政府のご機嫌を伺う、行き過ぎた報道規制?!

 釈迦の掌から逃れられなくても、その手のひらが我慢できないくらい抵抗を続けることはできる。

沖縄人だけが長寿ではないけど:日本人の長寿と食事

2013.06.20
スクリーンショット 2013-06-20 21.28.55
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/6931369500/

真剣に書いているようには感じられないが、今朝のガーディアンの付録紙面、G2で、日本人の長寿に関して沖縄のことが取り上げられた。

The Okinawa diet – could it help you live to 100?
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2013/jun/19/japanese-diet-live-to-100

Japanese people are more likely to reach 100 years old than anyone else in the world, a fact that some researchers attribute to their diet. So, are they right – and is eating tofu and squid the place to start?

I have long taken an interest in how I might eat myself to old age. I visited the southern Japanese Okinawa islands whose population is said to include the largest proportion of centenarians in the country and met with some of them in what is supposedly the village with the oldest demographic in the world, Ogimi, little more than a dirt street lined with small houses, home to more than a dozen centenarians. Old folk tended vegetable patches or sat on porches watching a funeral procession go by. My family and I dined on rice and tofu, bamboo shoots, seaweed, pickles, small cubes of braised pork belly and a little cake at the local "longevity cafe" beneath flowering dragon fruit plants. Butterflies the size of dinner plates fluttered by and my youngest son asked if there was a KFC.

The next day I interviewed American gerontologist, Dr Craig Willcox, who has spent many years investigating Okinawan longevity and co-wrote a book, The Okinawa Program, outlining his findings (recommending that we "Eat as low down the food chain as possible" long before Michael Pollan's similarly veg-centric entreaty).

Willcox summarised the benefits of the local diet: "The Okinawans have a low risk of arteriosclerosis and stomach cancer, a very low risk of hormone-dependent cancers, such as breast and prostate cancer. They eat three servings of fish a week, on average ... plenty of whole grains, vegetables and soy products too, more tofu and more konbu seaweed than anyone else in the world, as well as squid and octopus, which are rich in taurine – that could lower cholesterol and blood pressure."

Okinawa's indigenous vegetables were particularly interesting: their purple sweet potatoes are rich in flavonoids, carotenoids, vitamin E and lycopene, and the local bitter cucumbers, or "goya", have been shown to lower blood sugar in diabetics. Like most of us, I am familiar with mainstream dietary advice – eat less sugar, salt and saturated fat, cut down on the cronuts and so on – but I much prefer the idea of discovering little-known shortcuts to longevity; I'm more of a "silver bullet" kind of guy. With this in mind, over a lunch of traditional goya chanpuru – bitter cucumber, stir-fried with tofu, egg and pork – in a restaurant that was little more than a tumbledown hut close to his campus, I asked Willcox which elements of the Okinawan diet he had introduced to his life. Turmeric and jasmine tea, he said; both potentially ward off cancer. Needless to say, both now feature in my morning ritual.


 記事の最初のみそ汁が既に沖縄でないと感じるので、真剣な記事ではないように思えてしまう。でも、沖縄の文化がこのように取り上げられるのは嬉しい。2012年4月に10年以上ぶりに訪れた那覇で、元の勤務先の先輩にごちそうになった、「あやふに」という沖縄料理の店、とても美味かったです。ソーメン・チャンプルーを美味いと感じたのは初めて。

 記事の中で紹介されている「オキナワン・プログラム」は出版されて既に10年以上経っているので、もはや古典ではなかろうか。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157629820365179/

セレブ・カップルのDV騒動

2013.06.18
スクリーンショット 2013-06-18 13.27.53
(デイリィ・テレグラフから無断拝借)

日本でどれだけ知られているのか全く判らないが、イギリスでは「セレブリティ」のカップル、アート・コレクターのチャールズ・サッチィが、妻でセレブ料理プレゼンターのナイジェラ・ローソンにDVをしたとして大きな報道になっている。

Nigella Lawson and Charles Saatchi row at Scott's
http://www.telegraph.co.uk/news/picturegalleries/celebritynews/10126217/Nigella-Lawson-and-Charles-Saatchi-row-at-Scotts.html

 当初、これは夫婦の間の子育てを巡るちょっとした言い争いで、写真がシリアスに見えるだけと騒動をかわそう、沈めようとしていたサッチィ氏。しかし、昨日自ら警察へ出向いて警告を受けたとのこと。

Nigella Lawson assault: Charles Saatchi accepts police caution
http://www.guardian.co.uk/uk/2013/jun/18/saatchi-lawson-police-caution-assault

Charles Saatchi: accepting police caution was better than the alternative
http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2013/jun/18/charles-saatch-caution-nigella-lawson
 
 ガーディアンの記事から、DV被害者支援チャリティの人の意見を。

Heather Harvey, from Eaves, a charity that supports victims of domestic violence, said some of the language being used was shocking.

"This is not a 'row', it is not a 'tiff', it is an incidence of domestic violence. There is an unfortunate myth that domestic violence only happens to a certain type of person, that it happens in dysfunctional families where people have been drinking. But it happens in every social class, and in every profession."


Nigella Lawson pictures: if it's a 'playful tiff', what does a serious one look like?
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2013/jun/17/nigella-lawson-pictures

 DVは、イギリス、日本だけでなく世界中、多くの国で起きていること。難しいのは、それを犯罪として、暴力として立証することの難しさも世界共通ということだろう。

 この話題、コメントをいただいてもまともに返信できるとは思えないので、コメント機能は閉じます。

リージェンツ・パークの薔薇、半分は満開

2013.06.18
スクリーンショット 2013-06-18 12.44.28
(花弁がキクラゲのように見えてしまう)

曇天が続くロンドン。それでも気温が上昇しているので、ま、夏はまだ終わっては居ないよう。気温が上がっていることでそろそろ満開かと思ってリージェンツ・パークへ。

http://www.royalparks.org.uk/parks/the-regents-park

 これまでの経験から、パーク内の薔薇が一斉に同じ時期に満開になることはないことは判っている。今日は、半分以上の薔薇が満開、中には既に散り始めている種類まであった。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157634194638790/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157634194658944/

 ジョージア・オキーフの絵と自分の写真を比べるなんておこがましいけど、薔薇って見る角度によっては艶っぽいと感じる。

 気温が急激に下がって雹が降って花や蕾が傷まなければ、これから7月上旬までは見頃だろう。

 今年は広島と京都で桜を観ることができたし、ロンドンでは薔薇や他の花を観ることができている。世界の戦争が終わり、多くの人が花に囲まれて午睡を楽しめる日が来ることを。

マイヤーリンク:リアン・ベンジャミン、最後の舞台

2013.06.16
太陽は今どこの空に。ロンドンは、太陽系の地球という星に本当にあるのでしょうか?

 6月15日は、ロイヤル・バレエの今シーズン、本拠地での最後の舞台。そして、20年以上もプリンシパルとして踊ってきたリアン・ベンジャミンのコヴェント・ガーデンでの最後の舞台(彼女は7月10日、東京でのロイヤル・ガラに出演予定になっています)でした。

Farewell to The Royal Ballet's Leanne Benjamin
http://www.roh.org.uk/news/farewell-to-the-royal-ballets-leanne-benjamin

 まず、「マイヤーリンク」、全く好きではありません。昨晩、久しぶりに観て、2幕と3幕の幾つかのぱ・ド・ドゥはけっこう良いなと思うこともあったのですが、全体を考えるとタブローを無理矢理つなげた様な唐突さが漂っているようで、散漫な印象を拭いきれません。作品については以上です。

 今回の「マイヤーリンク」では引退やカンパニィからの退団が続きました。

Alina Cojocaru and Johan Kobborg to leave The Royal Ballet at the end of 2012/13 season
http://www.roh.org.uk/news/alina-cojocaru-and-johan-kobborg-to-leave-the-royal-ballet-at-the-end-of-201213-season

コジョカルとコボーの最後の舞台を観たブログ仲間のポスト。
http://fotolondon.exblog.jp/20330723/

Farewell to The Royal Ballet's Mara Galeazzi
http://www.roh.org.uk/news/farewell-to-the-royal-ballets-mara-galeazzi

 このようなことがあって、リターン獲得がいつも以上に困難だったチケットですが、コジョカルやガレアッツィよりもずっとベンジャミンのコヴェント・ガーデンでの最後の舞台はどうしても観たかったのでリターンが取れて本当に幸運でした。

 正直に書くと、ロンドンに来て、ロイヤル・バレエを観始めてすぐにベンジャミンに好感を持った訳ではないです。確か2000年の2月だったはず。ある週末、吉田都さん主演の「コッペリア」がテレビで生放送されると知って、友人宅で期待して待っていました。ところが吉田さんが怪我で降板、急遽、ベンジャミンが代役に。

 その頃は、どうしても見た目の華やかな技術に目がいきがちで、特に回転軸の安定しないベンジャミンに吉田さんが出ない反動もあって、公平な見方ができなかったのかもしれません。

 そのような偏見が溶けたのは、たった一度だけベンジャミンの古典全幕バレエの主役の舞台を観た「ジゼル」でした。その時はベンジャミンが観たかったのではなく、プリンシパルになったばかりのエドワード・ワトソンを観たかったからでした。ペイス配分を見誤ったのか、最後の場面で息切れしてしまったように見えたワトソンをさりげなくサポートし、さらに舞台を破綻なく最後まで持っていったベンジャミンの存在に感銘を受けました。また、お子さんを産んでから、表現力にさらに深みが増したように感じる舞台が増えて、そのあとはかなり彼女の舞台を観てきました。

アナスタシア

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-287.html

レクイエム
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-341.html

Different Drummer
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-733.html

 特に「Different Drummer」での最後のPDDでベンジャミンが見せた驚異的なボディ・コントロールには唖然としました。あの時に感じた衝撃は今でも記憶に残っています。

 あとで添付するリンクにありますが、7月13日に49歳になるベンジャミン。昨晩の舞台では、最初に舞台に出てきた時は設定通り「10代」の女の子に見えました。最後は精神に破綻を来したルドルフ(カルロス・アコスタ)にぶんぶん振り回されながらなお、彼を慈しむ表情をずっと崩さなかったベンジャミン。家族との時間をもっと持ちたいというのが引退の大きな理由のようですが、カンパニィが「レクイエム」を上演する時だけは戻ってきた方が良いのではと感じます。

 「マイヤーリンク」は男性ダンサーが主役のバレエですが、カーテン・コールの中心はもちろんベンジャミン。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157634153837052/

 涙は一切なし。嬉しそうに笑いながら、男性同僚から次々に花束を受け取るベンジャミン。ただ、カーテン・コールが終わった時にはすぐに会場内が明るくなり、実にあっさりしていると感じました。聴衆が続々と出口に向かう中、左側からフラワー・シャワーをした人たちが熱心に拍手を続けていました。それに同調する人が次第に増え、足踏みが加わり、再び舞台に現れたベンジャミン。

スクリーンショット 2013-06-16 14.18.53

 この舞台を最後に、ソロイストのブライアン・マロニィも退団。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/9054092165/

 彼も、怪我に泣かされなければ、もう少し踊れたのではないかと思います。

theartsdesk Q&A: Ballerina Leanne Benjamin
http://www.theartsdesk.com/dance/theartsdesk-qa-ballerina-leanne-benjamin

 ロイヤル・ガラ(http://www.nbs.or.jp/stages/1307_royal/gala.html)はベンジャミンの誕生日当日ではないですが、チケットを購入できた方は、誕生日カードを持っていっても良いのではないかと。

内田樹さんのインタヴュー@しんぶん赤旗

2013.06.15
内田樹さんへのインタヴューが、5月31日のしんぶん赤旗に掲載されたのを、内田さんのブログで知った。

http://blog.tatsuru.com/2013/06/03_1253.php

 普通、内田さんの各ポストのFBへのLikeはだいたいすぐに1000を超えるのだが、これはまだ超えていない。内田さんが冒頭に書かれている、「たぶん読んでいない人が多いはずなので」という心配はあたっている印象が強い。

 ということで、僕も勝手に拡散。


「無国籍企業」のために国民に犠牲強いるのは筋違いです
神戸女学院大学名誉教授 内田 樹さんに聞く

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-05-31/2013053103_02_1.html

安倍政権の経済政策「アベノミクス」と多国籍企業やナショナリズムについて、神戸女学院大学名誉教授の内田樹(うちだたつる)さんに聞きました。 聞き手 渡辺健

危険すぎる「アベノミクス」

 私は経済の専門家ではありませんが、「アベノミクス」の先行きは暗いと思います。国民に「景気がよくなった」と思わせて株を買わせる、消費行動に走らせる。「景気がよくなる」と国民が信じれば景気がよくなるという人間心理に頼った政策です。実体経済は少しもよくなったわけではありません。賃金も上がらないし、企業は設備投資を手控えたままです。

 「アベノミクス」に限らず、世界経済は今あまりに変数が増えすぎている。ヘッジファンド(投機的基金)などによる投機的なふるまいで、株が乱高下し、為替が変動し、通貨危機になる。市場における投資家の行動は予測不能です。彼らは市場が荒れ、大きな値動きをするときに利益を上げる。彼らは経済活動の安定より、急成長や急落を好ましいと思っている。だから、そうなるように仕掛けてきます。

 「アベノミクス」はそういう投資家の射幸心(しゃこうしん)に乗って、意図的にバブルを引き起こそうとしているハイリスクな政策です。自分たちでコントロールできないプレーヤーに一国の経済を委ねてしまうことに私は強い不安を感じます。

「日本の企業」と名乗るが…

 それに「アベノミクス」は国際競争力のあるセクターに資源を集中して、グローバル化した企業が世界市場でトップシェアを獲得することに全国民が貢献すべきだという考え方をしています。企業の収益を上げるために国民はどこまで犠牲を払えるのかを問いつめてきている。しかし、国民は企業の収益増のためにそれほどの負担に耐える必要があるのか。グローバル化した企業はもはや「無国籍企業」であって「日本の企業」ではありません。

 アップルの租税回避が問題になりました。740億ドルという海外の売り上げをアイルランドの子会社に移して、アメリカへの納税を回避したことをとがめられて、米上院の公聴会にCEO(最高経営責任者)が召喚されました。

 多国籍企業は、最も人件費が安いところで人を雇い、最も製造コストの安いところ、公害規制のゆるいところで操業して、法人税率が一番低いところで納税する。企業の論理からすれば、きわめて合理的で当然のことです。

 しかし、そのグローバル企業の経営者たちが、国民国家に対して企業に都合のいいように、国民国家の制度を改変せよと要求するのは筋違いです。金もうけするのは、彼らの自由です。勝手にやってくださって構わない。けれど、自分たちは「日本の企業」であるから、国民国家の成員たちは企業活動を支援しなければならないという言い分は通りません。教育政策やエネルギー政策や果ては外交や財政や憲法にまで「無国籍」の集団が口出しするのはことの筋目が違います。

 国民に向かっては「あなたがたはグローバル企業のためにどれほどの犠牲を払う覚悟があるのか」と詰め寄るくせに、自分たちの企業利益を国民国家に還流することについては、何も約束しない。

 こんな不条理がまかり通るのは、そういう企業体が「日本の企業」だと名乗り、あたかも日本を代表して、中国や韓国と経済戦争をたたかっているかのような外見を作り出して、それを国民に信じ込ませているからです。

 実際には、大飯原発再稼働のときに明らかになったように、グローバル企業は、人件費が高い、電力料金が高い、法人税率が高いと文句をつけて、要求が通らなければ「海外に生産拠点を移す」と脅しています。その理由が「経済戦争に勝つために」です。でも、実際にたたかっているのは国同士ではなく、民間企業です。経営者も株主も従業員も日本人ではなく、生産拠点も日本ではなく、納税先も日本ではない企業を国民が支援する理由はありません。だから、グローバル企業は「日本の企業」という偽りの名乗りを手放さないのです。

利用されるナショナリズム


 先の総選挙では維新の会は「最低賃金制度の廃止」を公約に掲げました(批判を受けてすぐに引っ込めましたが)。大阪の最低賃金は時給800円です。橋下代表はこれを廃止すれば雇用が増える。3人で分ければ雇用が3倍になると述べました。800円を3人で割れば時給270円です。たしかにそこまで賃金を下げれば、人件費コスト競争で中国やインドネシアにも勝てるかもしれません。グローバル企業が「雇用の創出」と言っているのは要するに日本人労働者の賃金をアジアの途上国並みに下げろということです。日本の労働者が貧困化することは、長期的には内需の崩壊を招くわけですけれど、短期的には企業の収益を高める。

 多国籍企業と国民国家は今や利益相反しています。この論理矛盾を糊塗(こと)するためにナショナリズムが道具的に利用されている。安倍自民党がことさらに中国・韓国との対立感情を煽(あお)っているのは、無国籍産業がそれを要請しているからです。国同士の経済戦争で命がけでたたかっているのだという「ストーリー」を信じ込ませれば、国民は低賃金に耐え、消費税増税に耐え、TPP(環太平洋連携協定)による第1次産業の崩壊に耐え、原発のリスクに耐えるからです。

 共産党に期待することは、マルクスの教えのもっとも本質的なところ、すなわち「ものごとを根底的にとらえる」という意味でラディカルな政党であってほしいということです。私たちが前にしている歴史的変化は前代未聞のものであり、教条で処理できる範囲を超えています。真にラディカルな知性しか対応することはできないでしょう。


 イギリスでは、税金逃れをしている企業の一つ、スターバックスへの風当たりが強く客数が激減しているとの報道もある。一方で、アップルやグーグルを使って日常生活を成り立たせている自分の中で、これらの「無国籍企業」の税金逃れを自分の中でどのような落としどころがあるのか全然判らない。


 安倍政権の浮ついた雰囲気と、以下のニュースを読んで感じたことは、日本の政治家、「沈着冷静」という言葉を考えた方が良いのでは。

日本の人権大使が国連で暴言 「シャラップ」
http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013061401001081.html

East Alohaのアロハ・シャツ

2013.06.15
DSCN7056.jpg

昨年末、朝日新聞のウェブで申し込み締め切りの2、3日前に見つけたこの復興支援のプロジェクト。

http://rcc.recruit.co.jp/co/exhibition/co_nen_201211/co_nen_201211.html

 家族に迷惑をかけてまで申し込んだ3枚のうち、まず、2枚を送ってもらったのがやっと届いた。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157634140749398/

 胸ポケットのところの柄があわせてあって、本当に丁寧な作り。ロンドンに持ってきたアロハ・シャツも少なくなってきているのですぐにでも着たいのだが、驚くことではないのだけどこの寒さはなにごと、というくらい寒いロンドン。幾ら暑がりの僕でも、ちょっと寒い。

 着ていく場所を選んで、しっかり復興支援を説明しよう。

四都市を巡る2:京都

2013.06.11
ロンドンの夏、薔薇の季節を前に既に終わってしまったかな、と思うほどの涼しさです。

 京都駅に着いて不安になったのが、利用したタクシィの運転手さんにホテルの名前を告げると、「そんなホテルあったかな?」。予約した時に、おそらく新しいホテルだから桜の忙しい季節でも部屋が空いていたのだとは思って居ました。でも、それほど知名度がまだ行き渡っていなかったのにはちょっと不安に思いました。

 ホテル自体はこじんまりとした雰囲気で、宿泊客の半分は外国人。フロントの方に訊いたところ、ブッキング・コムというサイトを通して海外からの予約がたくさん来るとのことでした。

 ホテルとして開業するにあたり、前からあった建物の構造を利用したらしいのは経営側の判断ですが、一つ不満だったのは、特に朝食時間の時のエレヴェイターの激混みぶり。改善しようにも新しいエレヴェイターを増設できるのかどうか。

 素晴らしかったのが朝食。和洋折衷でしたがどのおかずも味がよく、食べる楽しみを堪能。中でも大ヒットだったのが、カレーライス。帰国してからまだ一度も「日本」のカレーライスを食べていなかったので、本当に美味しかったです。2日間ともこのカレーライスでしっかりと詰め込んだので、京都をたくさん歩き回ることができました。

 今回、3年ぶリ、しかもしっかり見て回れる予定を立てたので、二つだけ、あまり高額にならなければ、やりたいことがありました。一つは、「御所 雲月」での食事。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1941.html

 もう一つは、以前何度か訪れたことのある山寺へ行くことでした。その寺は「大悲山 峰定寺」。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B0%E5%AE%9A%E5%AF%BA

 どのようにしてこの寺の存在を知ったのかは思い出せないですが、90年代に観光で京都を訪れ始めてすぐにこの寺のことを知ったはず。行くのが大変、拝観できる条件も厳しいということが「絶対にこの寺を観る!」という気分を盛り上げてくれました。

 京都を訪れていた頃に通った山寺は3カ所あります。「峰定寺」、「志明院(雲ケ畑)」、そして「常照皇寺(周山)」。いずれの寺も、当時も今も公共交通で行くのはとても大変、且つ時間がかかります。

 常照皇寺はタクシィで行くととても高いだろうし、有名な八重桜の見頃はまだ先ということで次の機会に。志明院はこの三カ所の中ではタクシィだと行きやすいからこれも次回に。ということで、峰定寺に。問題は、タクシィだと幾らかかるか。

 当時も今も変わらず、出町柳から一日4便のバスを利用すれば安く行けるのですが、その分時間もとてもかかります。ホテルのフロントの男性が「峰定寺往復にすると料金がかさむ様なので、3時間の観光タクシィということで予約すると金額が低くなります」と素晴らしい対応をしてくれたので、そのようにしました。京都市内から寺の山門まで片道1時間15分の予想です。

 で、次の関門は、天気。wikiに書いてある通り、雨天では門が開かれません。これはその時に雨が降っているという条件だけではなく、前日に雨が降ると翌日も駄目かな、ということが含まれます。前日の広島では土砂降りだったので駄目かなとの不安を抱えたまま向かいました。

 タクシィが鴨川沿いを走っている時にはけっこういい天気でした。鞍馬を過ぎたあたりで雲が厚くなってきましたが、もしかしたら入山できそうかなとの期待をまだ持っていました。

 しかし花背峠を下りきると、小雨が。こりゃ駄目だろうと思い、駄目でした。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8615110809/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8616216438/

 峰定寺がある地域は、花背峠を越えたさらに先にあるので、京都市内の天候が崩れていなくても、到着したら雨だったということがあるらしく、運が悪いと何度訪れても入山できないこともあると訊いたことがあります。僕はこれまでおそらく5回くらい訪問していて、いつも天気に恵まれていましたが、今回は、巡り合わせが悪かったようです。

 京都の隅々まで見た人にも、ここはお勧めします。行くのは大変ですが、花背峠からさきの日本の原風景を思わせる景色、バス停から寺までの道のり、そして寺の佇まいに、こんな京都があるんだと感じられると思います。

 タクシィの運転手さんによると、ヴェテランの運転手でも峰定寺へは滅多に運転する機会がないそうです。また、携帯の電波はほぼ届かず。ドコモはかろうじてだそうですが、K社、S社は全く使えないそうです。

 来れただけで佳しとしようと回りの景色の中で深呼吸をしたあと、京都市内へ。運転手さんからまだ少し時間ありますよとのことで、それなら行ったことがあるかどうかも思い出せない清水寺へ。

 清水寺に着いて判ったのは、清水寺の中に入るのは今回が初めてだったということ。その理由も判りました。京都の著名な寺の幾つかは、寺本体に到着するまでが長い。門前のあたりに着いてさらにまだ歩くのが嫌で清水を観たことがなかったことを思い出しました。

 明くる日に、会社員時代の大先輩に会った哲学の道のあたりも同じでしたが、桜の季節の京都の混雑は異様でした。桜は美しいけど、桜を観るために特別な寺を訪れる必要はないかなと感じたのが、鴨川沿いを三条から出町柳まで歩いていた時です。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157633168757128/

 川沿いに咲いている桜の美しさ、その下で思い思いに過ごす人々の穏やかな表情。そして川面の輝き。鴨川ってこんなに面白い川なのかとの発見が一番の思い出です。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157633165915405/

 三条から出町柳までの往復のウォーキングは、素晴らしい時間でした。

 最後に京都での不満。あの傍若無人、法を無視した自転車利用者の乱暴な走行は厳しく取り締まるべきです。広島も酷かったですけど、京都、特に京都大学周辺では歩道を歩いていて命への危険すら感じました。

さらに輝きを増すキュー・ガーデンズ

2013.06.04
スクリーンショット 2013-06-04 18.55.13

年に一回、この時季に必ずロンドンに来るアメリカ人の知人と一緒に、再びキュー・ガーデンズに。ここしばらく、ロンドンにあるまじき素晴らしい天気のおかげで、10日前よりも更に輝きを増していた。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157633928956616/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157633926944735/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157633929519904/

10日前の記録。
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1955.html

 今週はいい天気が続く予報になっているので、ロンドンを訪れる予定の皆さん、見逃されないように。ちなみに、薔薇はおそらく今月中旬以降かな。

素晴らしい天気に恵まれた、ある日曜日

2013.06.02
60年前、1953年6月2日にエリザベス女王が戴冠した。

Coronation 60th anniversary: 'Dazzling spectacle' remembered
http://www.bbc.co.uk/news/uk-22729342

 今日、何か特別な行事があると思い込んでいたのだが、教会での特別サーヴィスは6月4日らしい。そんな思い違いはともかく、今日の天気は、「この素晴らしい晴天の日を楽しむために、残り364日は雨でも我慢できる」ともしかしたら人々が思うほど素っ晴らしい天気で一日が始まった。こんな素晴らしい天気を見過ごすことはできないので、まずはプリムローズ・ヒルへ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8927431389/

 既に午前9時だったとはいえ、公園内はジョギングする人々、犬の散歩をする人々、そして既にピクニックを始めているグループも居た。まだ薔薇が咲いていないのは判っていたが、リージェント・パークのバラ園へ向かう。多くの薔薇はやっとつぼみが出始めた程度だったが、クィーン・メアリィ・ガーデン内では一房咲いている薔薇があった。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8927170325/

 黄色い薔薇は、青空によく映える。

 午後は、遥か昔に東京で知り合った友人、Yが彼のフランス人の友人、Lにブランチに誘われてご相伴に。このYとLの再会がまるで映画。昨年末、Yを通じて知り合ったフランス人の友人の墓参りにフランスのど田舎へ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157632345032191/

 ロンドンに戻る前日、Yが捻挫してマルセイユ空港では車いすを使わなければならなかった。彼が車いすを待っている時、40歳前半くらいで松葉杖を持っている女性がやはり車いすを待つために待ち合い場所へ来た。車いすが来て二人が隣同士になって顔を見合わせた瞬間、驚きそして歓喜の声が。1993年、東京であって以来お互いの消息が途切れていた二人が、19年経ったマルセイユ空港で巡り会ったと。ドラマなんてわざわざ作らなくても、生きていく中でドラマはあるんだなとこのとき思った。

 再開後、友情が復活してLがブランチを企画。彼女の旦那がオーストラリア人なので、「オーストレイリアン・BBQ」。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8927312505/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8927324667/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8927890242/

 ルーフ・テラスでのブランチの参加者は日本人、イギリス人、フランス人、オーストラリア人、そして南アフリカ人。ロンドンらしい顔ぶれ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8927286635/

 すっかり日に焼けて戻ってきて、コロネイション関連の写真を撮っておきたくてリージェント・ストリートへ。

DSCN6875.jpg

 再びプリムローズ・ヒルへ向かい、変貌著しいロンドンの町並みを眺める。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8927830254/

 長い冬、寒い春のあとは、暑い夏が来て欲しい。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157633884081051/

猫関係から学ぶ人間関係:3ヶ月の成果

2013.06.01
DSCN6805.jpg

このあと再びKKがNNを威嚇したから、道のりは半分にも達していないのかもしれない。でも、とりあえず、精神安定剤は必要なくなったようだし。


http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157633862909611/


Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.