LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2014年02月の記事一覧

タキシードムーンを知っているか?

2014.02.27
と言いつつ、僕もこのあとリンクを張る2曲しか知らないのだが。

 僕がまだ若かった頃、レコード販売大手の新星堂が、クレプスキュールという名の欧州発のレイベルに所属する歌手・バンドの作品を日本に紹介していた時期がある。あの頃から、訳判らないけど小難しいのかなというものを試してみたかった年齢だったこともあり、その中で何も判らず購入してしまったのが、タキシードムーンという名のバンドの以下の二つのマキシ・シングルだった。

スクリーンショット 2014-02-27 21.17.30
(バンドのオフィシャル・サイトから勝手に拝借)

http://tuxedomoon.co/

ニノチカ


https://www.youtube.com/watch?v=wyxO3XZF9jk

Time to lose


https://www.youtube.com/watch?v=rXNV8yTZEYI

 ホルガー・シューカイの「ペルシャン・ラヴ」がYTにあったので、タキシードムーンだってあるかなと期待半分で検索したら、本当にあった。

 とりわけ「ニノチカ」は、30年くらい前に初めて聴いて以来、頭の中からその音楽が消えることはないほどの衝撃。またこうして聞くことができるなんて、感無量。タキシードムーンがアメリカ出身のバンドだとは、今も信じられない。

 今でも活動を続けているバンドのホームペイジによると、5年ぶりに新作を出すとのこと。ここに紹介した2曲しか馴染みがないのだから、実際のライヴを楽しめるかどうかはもちろん判らない。でも、ロンドンに来てくれるのなら、行きたいかな。

スポンサーサイト
Songs    Comment(12)   ↑Top

天気がいいから大あくび

2014.02.26
スクリーンショット 2014-02-26 11.11.14

穏やかな天気が続く2月。1月の豪雨による洪水被害にあった地域にもこの素晴らしい青空が広がっているかな。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157641553082833/

Sensing Spaces @ ロイヤル・アカデミィ

2014.02.23
DSCN4302.jpg

1月下旬にピカデリィにあるロイヤル・アカデミィで始まった特別展、「Sensing Spaces」をみてきました。各方面で話題になっていて興味津々でした。僕にとって「現代建築」は「芸術」とは思えないのですが、とても面白かったです。展示のタイトルが示すように、五感を刺激される創造でした。

http://www.royalacademy.org.uk/exhibitions/sensingspaces/

http://www.royalacademy.org.uk/exhibitions/sensingspaces/meet-the-architects/

 最も楽しめたのは、展示の最初にあるこれ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/12727632164/

 いつも思うことは、パルテノン神殿しかり、ピラミッドしかり、人類はなぜこのような大きな建築物を創造する衝動に駆られ、その衝動を抑えることができず、そして建設してしまえるのか。ちなみに、展示物の性格上、写真撮影は許可だろうと思っていた通り、撮り放題です。

 この最初の展示の素晴らしい点の一つは、上に登れることにより、ロイヤル・アカデミィの天井付近の装飾を間近にみられること。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/12727194335/

 このような機会がなければ、これらの装飾は下から見上げるしかできないですから。

 作品に出品者の一人は、隈 研吾氏。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/12727459113/

 あまりにも日本過ぎるのではとは思いつつも、「幽玄」という単語を久しぶりに感じることができました。

 ロイヤル・アカデミィでこんなにたくさんの子供が走り回っているのに遭遇したのは初めてというくらい家族連れで混雑していました。建築に興味がある方だけでなく、空間と人間の五感の関連について興味のある方も楽しめるのではないかと思います。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157641419856803/

 展示の最後には、各建築家へのインタヴューのヴィデオ映像が流れています。非英語圏から参加している建築家の皆さんの流暢な英語。英語が世界言語であるかどうかについては思うことはあれど、活動を世界に広げたいのであれば、英語は必須というのを実感しました。

パリで見つけた日本

2014.02.22
パリ10区にある、おむすびの店にいきたかったのだが、パリで見かけた日本。宿泊したホテルのライブラリィで見つけたのは、俳人の種田山頭火についての本。

スクリーンショット 2014-02-22 19.05.39

スクリーンショット 2014-02-22 19.06.00

 フランス語は全く読めないのでどのように翻訳されているのかは判らない。でも、日本語で読んでも様々な解釈がされるであろう山頭火を翻訳するフランスは日本文化を表面だけをなぞって理解する振りをしないのだろうなと感じる。

 パリ横断ウォーキング中に、ブローニュの森付近で見つけたポスター。

スクリーンショット 2014-02-22 19.06.23

 フランスでは柔道の人気も高いと聞いたことがある。イギリスでも、何度か合気道のことを尋ねられたことはあるが、フランスの方が真摯に取り組んでいることを感じるポスター。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/

テイト・ブリテンについて書いた記事

2014.02.21
*著作権は共同通信社、および岩手日報に帰属します。

DSCN5140.jpg
(岩手日報2014年2月21日)

Damo Suzuki:なんて懐かしい

2014.02.20
Damo-Suzuki--011.jpg
(ガーディアンから拝借)

正直、僕もダモ・スズキについては何も知らないに等しい。遥か、遥か昔、ミュージック・マガジンで時折、彼が所属していたドイツのCANへの尋常でないレヴューがあり、興味を惹かれて聴いたのだが、全く合わなかった。でも、まさか今、彼の名前に遭遇するとは思っても観なかった。記念に全文。

Damo Suzuki – review
Windmill, Brixton
Former Can vocalist Suzuki's psych-punk frenzied wails are superfluous to Eat Lights Become Lights' impressive, euphoric show


http://www.theguardian.com/music/2014/feb/18/damo-suzuki-windmill-brixton-mark-beaumont-review

The KLF's Bill Drummond recently announced a 12-year world tour, wherein he would visit the world's most historic cities – starting in Birmingham – to twerk in custard dressed as Isambard Kingdom Brunel, or some such art pranks. His inspiration must surely be Kenji "Damo" Suzuki, the busker who was plucked off the streets of Munich in 1970 to lend his folkish nasal vocals and invented "stone age" language – a kind of drone-friendly Japanglish – to the peak era of German experimentalists Can. After quitting music for a decade in 1973 to become a Jehovah's Witness, Suzuki is now cashing in the lifetime's worth of cult chips those three years with Can earned him: since 1983 he's been on a never-ending world tour playing improvised sets with bands of local musicians from each town, the "sound carriers" of his Damo Suzuki's Network project. He's forever chasing Can's extemporised writing formula, but – crucially - minus the editing.

Tonight, Matthew, Klub Motorik's in-house krautrockers Eat Lights Become Lights will be Can, spinning one-chord groove monsters in the vein of Steve Reich, Spacemen 3 and Kraftwerk. Over this tectonic – and authentically 70s – psych-funk frenzy, Suzuki wails pretty much the same strangled refrain of formless half-words, sometimes resembling Fozzie Bear, sometimes Roy Orbison drowning. After 30 minutes they climax … and then start again, slower. Over two sets and five jams the process is fixed; only the tempo can change.

For all his air of a wise hippy drone master, and brief glimpses of the Teutonic inspirations for David Bowie's Low when he draws real emotion from the sonic scree, Suzuki is largely superfluous and sporadically irritating, particularly when he makes a hypnotic Spiritualized segment sound more like Simple Minds or appears to recite an ancient incantation summoning Devo. Ultimately, this is Eat Lights' impressive show and it achieves real euphoria when they drown Damo out.


Songs    Comment(11)   ↑Top

違いを探せ!:フランスのキィ・ボード

2014.02.18
スクリーンショット 2014-02-18 21.49.56

既に知っている人の方が多いと思うが、フランスのキィ・ボードの配列は、英語圏のものとは違う。何年か前にパリに行ってこのキィ配列に遭遇したときは、心の底から驚いた。そして、使い辛い。ブラインド・タッチなので指が英語圏の配列を覚えている。キィの配列が違うのに気づかないままタイプし始めたら、全く意味をなさないスペリングが目の前に展開され、何事が起きているのか理解できず、一瞬、思考が停止した。ZとQの位置が使われる言葉によってこれほど変わり、その変更がかなり影響することに、文化の違いがもたらす多様性を改めて感じた。

ウィグモア・ホール、カウンター・テノールのリサイタルがたくさん

2014.02.13
ほんの数十分前に、ウィグモア・ホールから、来シーズンの演目の案内が届いた。その中に待ちに待ったフランコ・ファジョーリのみならず、マックス・エマニュエル・チェンチッチまである。
 今シーズン後半を含めると、ウィグモア・ホールでは旬のカウンター・テノールのリサイタルがかなり続く。

6月15日:イェスティン・デイヴィース

IestynDavies.jpg

Britain’s cathedral and collegiate choirs played a critical part in shaping the sensibilities of the composers in Iestyn Davies’s latest Wigmore Hall recital.

The countertenor, recently praised by the Independent as ‘Ferrier’s nearest contemporary male equivalent’, moves from music associated with the Restoration Chapel Royal to works by Herbert Howells and his close friend Ivor Gurney, who met during their youth at Gloucester Cathedral.



6月24日:イェスティン・デイヴィース

The alto voice, often likened to the sound of the soul, proved particularly attractive to Johann Sebastian Bach. Iestyn Davies joins the Dunedin Consort to perform two of Bach’s finest cantatas for solo alto.

This programme also includes a work by Bach’s second cousin, Johann Christoph, whose thrilling violin obbligatos undoubtedly inspired his young cousin’s writing for the strings, celebrated here in the glorious Sixth Brandenburg Concerto.



7月10日:フィリップ・ジャルスキィ

philippejaroussky.jpg

For the final concert in L’Arpeggiata’s Baroque Residency this Season, countertenor Philippe Jaroussky joins Christina Pluhar and her mercurial period instrument ensemble, famed for their clever mix of Baroque tonalities fused with folk elements and jazz improvisations. Through this programme, which delves deep into the soundworld of Henry Purcell, the musicians promise fresh French perspectives on the work of ‘the English Orpheus’.


9月21日:フランコ・ファジョーリ

FrancoFagioli03.jpg

Franco Fagioli, one of the finest countertenors of his generation, makes his eagerly awaited Wigmore Hall debut
in a programme of showpiece arias and other works by the Neapolitan composer Nicola Porpora(21 September)


11月17日:アンドレアス・ショル(ランチ・タイム・コンサート)

12月8日:フィリップ・ジャルスキィ(ランチ・タイム・コンサート)with Ensemble Artaserse

12月12日:マックス・エマニュエル・チェンチッチ

Cencic.jpg


2015年4月7日:アンドレアス・ショル

 しかし、なんと言っても激しい争奪戦が起きそうなのは、オープニングを飾るジョイス・ディドナートパッパーノ(ピアノ)のリサイタルだろう。

Joyce DiDonato and Sir Antonio Pappano are sure to connect with music’s transcendent power when they open the Season (6 & 8 September). Their programme, rich in expressive and musical contrasts, sets songs by Haydn, Bellini and Donizetti in company with beguiling works from the Great American Songbook.

 個人的に最も嬉しいのは、クリストフ・プレガルディーンのリサイタルが3回ある。11月27日は父子競演。2015年5月18日はランチ・タイム・コンサート。そして2015年6月15日は、ソロ。

SchubertiadePregardienfatherson.jpg

 プレガルディャンのスケジュールを見たら、今月、彼は2週間以上も日本に滞在している。

http://www.okayama-symphonyhall.or.jp/page01Detail.php?key=196

http://www.kioi-hall.or.jp/20140211k1400.html

http://www.philiahall.com/html/series/140214.html

http://www.muse-tokorozawa.or.jp/event/detail/20140216/

http://www.toppanhall.com/concert/detail/201402201900.html

 トッパン・ホールのヴィデオ・メッセイジでの彼の名前の発音から、これからはプレガルディャンという表記にする。トッパン・ホールも残席僅少になっている。トッパンでのプログラム。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2016.html

 来シーズンはイェスティン・デイヴィースはウィグモアからはサバティカルかな。サラ・コノリィの名前も見つからない。華やかなソプラノが居ないのも寂しいが、バロックからリートまで様々なリサイタルがあって、これはこれで幸せなことなのだろう。

Songs    Comment(2)   ↑Top

嵐は続く

2014.02.13
昨日もまた、台風のような大嵐に翻弄されたイングランドとウェイルズ。でも、北部ではかなりの降雪があったようだ。イングランド南西部、およびテムズ川流域の洪水被害の現状について、BBCの画像が観やすいので拝借。

UK storms: Mapping the floods
http://www.bbc.co.uk/news/uk-26127121

With hurricane-force winds forecast for the western UK and flood waters continuing to rise in parts of southern England, maps highlight the impact of the latest severe weather.

天気図
metoffice.jpg

テムズ川流域にだされている警報
thamesfloods.gif

イングランド、ウェイルズにだされている警報
floodmap.gif

ガーディアンが集めた写真
http://www.theguardian.com/uk-news/gallery/2014/feb/12/torrential-rain-and-strong-winds-hit-the-uk-in-pictures

 で、イギリスの伝統、社会を揺るがす大きなことが起きたとき、都合の悪いことを目だたないようにこっそり済ませる。キャメロン君がやったようです。

David Cameron using flood crisis to 'drown embarrassing news'
http://www.theguardian.com/politics/2014/feb/13/davidcameron-eu

 春、くるのだろうか。

沖縄タイムズの社説

2014.02.12
EDITORIAL [Dear Madame Ambassador Kennedy] Please Meet with Mayor Inamine
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=62412

Welcome to Okinawa, Madame Ambassador Caroline Kennedy. It is your first visit to Okinawa as the US Ambassador to Japan. Many Okinawans are paying close attention to your visit and the statements you will make.

They are listening closely because they want you to see the real situation here, the real Okinawa that cannot be described in State Department staff briefings or reports from Japanese government officials.

They want you to see USMC Futenma Air Station, located in the heart of the densely populated city of Ginowan. They want you to experience- not from the sky, but with your own feet, your own eyes, your own ears - the ocean at Henoko, in the city of Nago, the proposed location of Futenma’s replacement and designated by our prefectural environmental survey as a Rank 1 site : Urgent Need for Environmental Protection.

In November, 1963, on the day your father, US President John F. Kennedy was assassinated in Dallas, Texas, this island was also enveloped in that sadness.

The red light district of Koza dimmed its neon lights as restaurants and bars closed of their own volition. The following day, at schools and workplaces, many residents grieved in silence the loss of the President.

After being appointed as ambassador to Japan, surely you have learned much about the concerns surrounding the US ? Japan relationship. As you know, the issue of USMC Futenma Air Station has been a huge strain on that relationship in the 18 years since your government and ours pledged to return it to the Okinawan people in 1996.

Why hasn’t the issue been resolved? Please visit Henoko. Talk to the people in the tent village on the seashore who have for years been sitting in protesting the proposed relocation. You will hear the raw voice of Okinawa, far different from the explanations of our governments’ foreign ministers and defense secretaries. You will quickly come to the heart of the problem.

The mayoral election was a clear expression of the will of Nago city. Residents reelected incumbent Susumu Inamine, who said that the relocation of Futenma to Henoko was in direct contradiction with the regional needs of Nago and its residents. In a prefecture wide opinion survey conducted by the Okinawa Times and another news organization at the end of last year, close to 70% of Okinawans expressed opposition to the proposed Henoko relocation. The majority in Okinawa are still opposed to any relocation of Futenma within the prefecture.

During your visit here, you should meet with Mayor Inamine and listen to the reasons why.

You have expressed “deep concern” about the “inhumaneness” of dolphin hunting on Twitter, saying that “the US government opposes dry hunt fisheries”.

The ocean around Henoko is the habitat of the Dugong, an ocean mammal like the dolphin. The Dugong is a Japanese natural monument and the Ministry of Environment has designated it as an endangered species at high risk of extinction.

If the ocean around Henoko is buried, the Dugong will lose their home and their extinction cannot be avoided. To forever lose the Dugong from the planet for the sake of the construction of a military base would be a great detriment to the human race.

The Japanese government has ignored the result of the Nago mayoral election and continued to move forward on the process of burying the ocean at Henoko. To allow the construction of this base to continue in direct opposition to the will of local residents is completely unacceptable in a democratic society.

To attempt to build a new military airbase in Okinawa after the tragedy of the Battle of Okinawa, the 27 long and difficult years of American occupation that followed it, and the disproportionate burden of military bases shouldered by Okinawa since, is nothing but blatant discrimination against the Okinawan people. Please relay these feelings to President Obama.



 イギリスでは、ガーディアンが報道。

US promises to reduce burden of military presence in Okinawa
http://www.theguardian.com/world/2014/feb/12/us-promises-reduce-military-okinawa-airbase-futenma

琉球新報の社説

2014.02.12
多くの人は気づかないだろうから。

[Editorial]Dear US ambassador to Japan Caroline Kennedy: We want the US government to change its Futenma replacement policy and cancel Henoko landfill
http://english.ryukyushimpo.jp/2014/02/11/13075/

Dear US ambassador to Japan Caroline Kennedy

We sincerely welcome you to visit Okinawa. Japan and the United States have faced many challenges in negotiating on the areas of foreign, security, defense and economic policy. However, we hope that you as the US ambassador to Japan will exert your ability with exceptional insight and in the spirit of humanism to reconstruct the US-Japan relationship. We want multi-layered and sustainable relations backed up by mutual trust between both peoples, without overemphasis on military. We have a strong desire to share the universal values of freedom, democracy and mutual respect for basic human rights with American people.

Negative examples
During the 68 years since the end of World War II, the United States has been a teacher of democracy for the people of Okinawa both through positive and negative examples. Young people of the time, who had studied in the United States after the war, praised the democracy. Many of their generations were inspired to become ‘militarism boys’ through education. However, after completing their study in the United States inspired by the hope of democracy, they made use of their knowledge and experience to promote higher education and reconstruct Okinawan society. Meanwhile, it was the United States that captured their land from the residents at Isabama and Iejima “by bulldozers and bayonets” to construct the base in the early postwar period. Such conduct violated Article 46 of the Hague Convention stating that private property cannot be confiscated.

Before the war, people lived their lives in the place where U.S. Marine Corps Futenma Air Station is located. There were schools, a village office and agricultural land. We want the ambassador to understand this abnormal history and accept the reality that the U.S. government operates a military base in an area where it drove out civilians.

The governments of Japan and the United States say they will move forward with the plan to relocate the Futenma base to Henoko, Nago, under an agreement reached in 2006. MV-22 Osprey aircraft plagued with a history of serious accidents will station permanently at the new base and fighter aircraft will regularly use it, if it completed.

Okinawan people are concerned that the human rights, life and property of residents living in the northern region, will forever be compromised as they will be exposed to noise pollution and the risk of an accident.

Believed to be the origin of the mermaid legend, Dugongs live in the sea where coral reefs spread, off the Henoko district. The dugong is listed “1A” as critically endangered in Japanese Red List published by the Ministry of Environment. The US ambassador to Japan tweeted recently, commenting that the U.S. government opposes drive hunt fishing. While most readers responded favorably with grateful hearts to you on Twitter in English, there were many dissenting voices tweeting in Japanese that said dolphin fishing is a part of the life and tradition of residents in their community. You expressed that you were deeply concerned by the inhumaneness of drive hunt dolphin killing. Then is it not inhumane to pose a threat to the habitat of the dugongs by destroying their feeding grounds?

Currently, in your nation and many other regions, American organisations are providing shelter and sanctuary for manatees, which are internationally protected members of the Dugong family. The Fish and Wildlife Conservation Commission helps rescue manatees and transports them to rehabilitation facilities in Florida. They have a network of expert organizations, including biologists, to save manatees. The International Union for Conservation of Nature (IUCN) has made recommendations to protect the dugongs of Henoko three times. We hope you will accept the recommendations to save this endangered species.

Open the door to create new friendship
Ryukyu Shimpo wrote an editorial published on November 24, 1963, to mourn the death of your father, the 35th President of the United States John Fitzgerald Kennedy, after he was tragically killed by an assassin’s bullets. It reads: “President Kennedy struggled mightily to resolve both the international and internal issues such as the Cuban Missile Crisis, the Limited Test Ban Treaty and racial discrimination. He showed his ability to take action, determination and contribution to resolve the problems as the greatest leader of our age with passion and wisdom.” The death of the standard-bearer of the New Frontier spirit was a great shock for the people of Okinawa.

With the sense of responsibility coming from your father, would you open the door to create new friendship between the U.S. and Ryukyu, and put an end to the military colonial rule in Okinawa? We hope that your visit to Okinawa will help change the policy and allow the government to abandon the relocation plan to Henoko and to move the Futenma base outside Okinawa.

(English translation by T&CT)


US promises to reduce burden of military presence in Okinawa
http://www.theguardian.com/world/2014/feb/12/us-promises-reduce-military-okinawa-airbase-futenma

国が守るべきもの:イングランドの洪水被害から考えること

2014.02.12
marlow1.jpg
(写真はデイリィ・メイルの記事から拝借。http://www.dailymail.co.uk/news/article-2557440/UK-weather-Shocking-map-shows-flooding-threat-thousands-homes-near-Thames.html

イギリスの天気、凄いですよ。日本も豪雪による被害がひどいようなので、イギリスの混乱ぶりから学べることもあるかなと。内容にまとまりがないことを先にお断りします。

 日本でも、昨年末から続くイングランンド南部、南西部の洪水被害のことが報道されています。

英南部250年ぶりの降雨 テムズ流域も洪水
http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014021101002236.html

【ロンドン共同】英国南部で昨年末から荒天が続き、1月の降雨量は過去約250年間で最大を記録、各地で洪水が多発している。ロンドン中心部を流れるテムズ川の上流地域でも11日までに、家屋の浸水被害が起きる事態となった。
 英環境庁などによると、被害が最も大きい南部サマセット州などを中心に、過去1週間で住宅約千棟が浸水被害を受けた。死者は出ていないもようだが、交通網のまひで、病院通いや日々の買い物が困難になる住民が増えている。
 キャメロン首相やクレッグ副首相は相次いで洪水地域を訪問し、対応を約束したが、長引く被害にいら立つ住民からは政府批判が強まっている。



 先週末までのイギリス政府の対応は、大げさに言えば、無策。政権内での責任のなすり付け合いだけならまだしも、洪水被害に会っている地域の住民に対して、「元々海抜の低い土地に住むことを選んだのだから、このような被害があることは、住民が覚悟しておくべきこと」云々を災害対策部門のトップが言い放ち、住民からの反発は激化。

 昨日の火曜日かな、大臣の一人がバークシャーのテムズ川流域のある村を訪れた際、住民の女性が生中継されている報道の中でその大臣を涙ながらに責めた映像が全国に報道され、やっとキャメロンが動いたようです。曰く、「money is no object」。どうせ金儲けのためだったであろう中東巡業も取りやめたそうです。

David Cameron under fire over 'money no object' claim on flooding
http://www.theguardian.com/environment/2014/feb/12/david-cameron-environment-agency-job-losses-ea

 先週末、あるイギリス人の友人と電話で話したとき、この洪水被害への無策ぶりについてプチ激論になりました。

僕:「政府は未だに何もしていないじゃないか。災害の規模や影響は全く違うけど、イギリス政府は東日本大震災のときの日本政府の対応の経験から何も学んでないように感じる」。

友人:「だって、政府ができることなんて何もないだろう。何かしたってこの洪水がおさまる訳ではないし。被害に遭っている人たちは大変だと思うけど、そこに住むことを選んだのは彼らだし」。

 友人は、政治的にはノンポリ。しかし、災害に苦しんでいる人たちへの、これが一般的な考えだとしたら、なんと言うか、イギリスへの想いが揺らぎました。

 ここからは、レフティ全開で。災害に苦しんでいる人々を、そして人々の暮らしの基盤となる国土を守れない、守る意味を見いだすことのできない政治家って、「国を守る」ということを間違って認識しているのではないか、と考えます。

 国をあげて、いつ現れるかも判らない仮想敵を大仰に騒ぎ立てて莫大な費用を投じて武器を買い漁る。他方、国内で起きている自然災害(日本だと人災も含めて)で生活を失う瀬戸際に立たされている人たち、彼らが暮らす土地が回復までに何年もかかるかもしれない状況において、政権内で罵り合い、更に被害に遭っている人達へ我慢を強いる。何が「国防」?

 別のトピックを立てて書けたらと貯めておいた記事のリンクです。

Wealthy foreigners buy up swaths of UK farmland and country estates
http://www.theguardian.com/business/2014/jan/17/foreigners-buy-uk-farmland-estates

Stop rich overseas investors from buying up UK homes, report urges
http://www.theguardian.com/business/2014/feb/01/rich-overseas-investors-uk-eu-housing-market

Inside 'Billionaires Row': London's rotting, derelict mansions worth £350m
http://www.theguardian.com/society/2014/jan/31/inside-london-billionaires-row-derelict-mansions-hampstead

 一つ目は、以前からたびたび報道されていますが、イギリス国内の優良な農地を外国資本が買い漁っているというもの。2本目は、ロンドンやイングランド南部で特に顕著な、投資目的で外国人が不動産を買い占めて、不動産バブルがおさまらないことへの今更ながらの後手ぶり。
 そして三つ目は、外国人によって購入され、しかも彼らは住まないので荒れ果てた家が建ち並ぶ、ロンドンでも最も不動産価格が高い通りの実態についてです。

 確か日本でも、例えば長崎県の対馬では既に優良な場所を外国資本が買い占めているという記事を以前読みました。いつどこから襲われるかも判らない敵を迎え撃つための武器を購入して国の財政を更に圧迫し、でも、その敵国になるかもしれない国からのお金で国内の土地が止める術無く売られていく・買われて行く。

 国を、そしてその国で暮らす人々の生活を守るという政治の最も基本的な点において、気がついたら国内の土地がすべて外国のものになっていました、その外国の中には仮想敵もありました、という状況になるかもしれない無策ぶりに、「国防って、なんですか?」とイギリス、そして日本で政治家に訊きたいです。

 今回のイングランドの洪水被害、そして日本では豪雪に苦しむ人たちへの支援が迅速に届くことを願います。

1980 by Tanztheater Wuppertal Pina Bausch@サドラーズ・ウェルズ

2014.02.09
A-scene-from-1980-by-Tanz-011.jpg
(1980のワン・シーン。ガーディアンから拝借)

2009年、高齢だったとはいえ、突然世を去ってしまったピナ・バウシュ。彼女が残した作品は46作。それを全部観るのは無理だろうし、また観ることができたとしても楽しめるかどうかは全く判らないのがバウシュ作品全般への印象ですが、2月7日、サドラーズで2年前くらい前まではかなり長期間にわたって上演されなかったらしい、「1980」という舞台を観てきました。

http://www.sadlerswells.com/whats-on/2014/Tanztheater-Wuppertal-Pina-Bausch/

 サドラーズで購入したプログラムや、新聞で集めた情報によると、この作品はバウシュの公私のパートナーだった男性が亡くなったあとに創作された作品。また、バウシュの作品として初めてロンドンで公演(1982年)された作品。また、今回のキャストには、初演時のメンバーのうち、4人がそのときからの役で参加しているそうです。

 昨年の「満月http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1890.html)」を楽しんだので、外れてもいいやという軽い気分で、でも最前列ど真ん中を購入。今回もまた上演時間等を直前まで調べず、休憩を入れて3時間35分という長丁場と知ったのは公演の2日前。終わったのは午後11時15分でした。

 本物の芝生が敷かれた(期間中、2回、交換されるそうです)舞台。老年にさしかかった女性ダンサーが、片手に持ったライターを点火して自分に「Happy Birthday to me」と歌い続ける。厳つい女性ダンサーがドスの利いた低く太い声で何度も「FANTASTIC!」。男女のドイツ人ダンサーが、お互いに紅茶お飲みかわしながら、「Oh! dear!」。ほぼすべてのダンサーがステイジの正面に一列に並び、美脚比べをする。このようなシーンが次から次に。

 僕の中では、これは「傑作」。喪失の悲しみ、コメディ、狂騒、狂乱、静かな悲しみ、笑い、不条理等々、すべてが舞台のそこかしこで繰り広げられ、舞台の流れを説明なんてできません。ダンスは全体の1割に過ぎず、台詞もかなり有ります。一つ自分の中で鮮烈に感じのは、「悲しみをどう感じるか、どう咀嚼するか、どう受け入れるか、受け入れることを拒否するか、悲しみがなかったように振る舞うのかなんて一つの型にはまるなんてことはあり得ない。舞台のすべてが、バウシュがパートナーを失った事実を受け入れるプロセスだったのかな」、と。

 ダンス演目で、休憩を入れて3時間超というのは気楽に人に勧められるチョイスではないですし、またチケットの値段がサドラーズにしてはかなり高く設定されている割には残席僅少ですが、16日の最終日までにロンドンにいるのであれば、強力に勧めます。

 パトロン・イヴニングだったので、終演後、ポスト・パフォーマンス・ドリンクの場でダンサーの皆さんが現れるのを待っていたのですが、11時半になった所でどっと疲れたので退散。が、その時にヴェテランのスペイン人女性ダンサーの方が現れたので、「3月は日本ですね」と訊きました。満面の笑みで、「日本に行けるのが今から楽しみなのよ!」。

 こんな支離滅裂な感想では意味がないでしょうから、新聞から集めた情報を。

Performing Pina Bausch's 1980 - in her dancers' words
http://www.theguardian.com/stage/2014/feb/07/pina-bausch-1980-dancers-sadlers-wells

Tanztheater Wuppertal Pina Bausch: 1980 – review
http://www.theguardian.com/stage/2014/feb/09/tanztheater-wuppertal-pina-bausch-1980-review

Pina Bausch: building on a great legacy
http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/10607033/Pina-Bausch-building-on-a-great-legacy.html

 今年はカンパニーの40周年記念ということで、本拠地でのプログラムがとても充実しています。

http://www.pina-bausch.de/en/index.php

 リンクを張った新聞の記事の中で言及されていることで今後注目を集めるであろうことは、2015年から、バウシュ作品以外の新作を上演する予定だということ。

イギリスの大嵐

2014.02.09
日本の太平洋側の降雪のニュースはBBCでも映像付きで放送された。で、イギリス、特にイングランド南西部はこんな感じです。写真はすべてデイリィ・メイルから拝借。

Hundreds wade through murky water to salvage what little they have left while 80mph gales prolong Britain's misery... but the Environment Agency thinks its flood response is a 'success story'
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2554557/Gales-80mph-heavy-rainfall-create-flooding-misery-Britain-fresh-series-storms-sweep-in.html

Porthleven.jpg

strongGale.jpg

SormersetLevel.jpg

 洪水被害に遭っている人たちの暮らしが一日も早くもとに戻ることを祈るけど、政府の対応は後手。キャメロンとオズボーンの態度から感じるのは、彼らにとって最も大事なのは、如何に金儲けできる政府であるかだけのように思う。

 今朝のガーディアンにはこんな記事が。

Why global water shortages pose threat of terror and war
http://www.theguardian.com/environment/2014/feb/09/global-water-shortages-threat-terror-war

 人間の生活は、地球にとってもはや脅威でしかないのかも。

[追記:ロンドン地下鉄のストライキ]
 今週も予定されている地下鉄のストライキは、回避になったという報道はまだなし。ということで、12日、13日にロンドンに到着予定の方は、ストライキがあるということを覚悟しておいた方が良いでしょう。

パティ・スミス@カドガン・ホール

2014.02.06
スクリーンショット 2014-02-06 18.16.41

いつまで続く、冬の嵐。

 昨晩、ロンドンのチェルシィにあるカドガン・ホールで、現役だけどロック界の(使っていいだろうな)伝説と表現して良いにちがいないパティ・スミスのポエトリィ・リーディングと歌を聴いてきました。

http://www.cadoganhall.com/

 カドガン・ホールは主にクラシカルがプログラムの中心ですが、ポピュラー音楽もけっこう催しています。ロック系だと、まだ生きている、イギリスのブルース・ロック時代の大御所ジョン・メイオールのコンサートも数年前にあったはず。

 本題に行く前に。昨日は、地下鉄のストライキの影響で、移動はすべて徒歩になり、今朝どれくらい歩いたのかグーグルで距離を足して行くと、最短で11マイルほど。16キロメートルくらい歩いたようです。

 カドガン・ホールに向かう頃は夕方のラッシュ・アワーが始まる頃でした。どのバスも満員は予想していましたが、幹線道路も渋滞であちらこちらで多くのバスが身動きとれなくなっているのが判ったので、歩くことにしました。カドガン・ホールの正面について時計を見ると、フラットをでてからちょうど50分。今朝、グーグルで距離を調べた所、最短で3.2マイル、およそ5.15キロ。単純計算で時速6キロ。今日のミクシィ・ニュースで紹介されていたニュースから判断するに、「メロス」より速かったようです。

 開演時間よりもかなり早く到着したので、プロセッコではやる気持ちを抑えつつ、本来の開演時間の7時半になってもサウンド・チェックが終わらず、気分に水がさされました。

 で、やっと開場になっても、地下鉄のストライキで遅れる人が多いことを予想したこともあるのでしょうが、なかなか始まりません。8時15分を過ぎ、「もう帰ろうかな」と思った所でやっと会場内の照明が落ちました。

 商業音楽系のコンサートに足が向かないのには幾つか理由があります。まず、小さいコンサート・ホールで観たい「若い」音楽家が居ない。それに、彼らの活動を調べる気力も時間もない。また、著名なアーティストでも、僕自身が大きなホールで騒げるほどの体力はもはやない。そしてなにより、昨晩のように開演時間が大幅に遅れるというのが我慢できないです。プロなら自分が決めた時間に始めろよ、と。


An evening of words and music with Patti Smith, Tony Shanahan and Jackson Smith

Patti Smith: poetry reading, singing, guitar

Tony Shanahan: guitar, bass, piano

Jackson Smith: guitar


 残念ながら、ドラムスの男性の名前、思い出せません。

 下に貼ってある写真のリンクで観られるように、パティ・スミスは髪を三つ編みにして二つに分けての登場。一瞬、カントリー界の大御所、ウィリィ・ネルソン(もしくは「ラピュタ」のドーラ)かと思ってしまいました。

 彼女の出で立ちは、白いシャツ、黒のジャケット、同色のベスト、ジーンズに黒のワーキング・ブーツ。化粧気は全くなく、年齢を感じさせる一方で、嬉しそうな笑顔はコンサートの間中、ずっと輝いていました。

 何冊もの本を抱えてでてきたパティ・スミス。マイクの前に立つと、嵐のこと、地下鉄のストライキにふれ、自分の75%はイングリッシュだからと。そして続けて、「今日はウィリアム・バロウズの生誕100年の日なの。他からもバロウズのことで誘われたんだけど、ここに来ることが決まっていたし、自分としては、今夜、バロウズのことをやることは決めていたのよ」。

 このあとのことは、時系列でなく暗い中で書き留めたこと、思い出すことを書いて行きます。

 構成は、バロウズの詩や文章を読み、そのあとに歌を歌うというものでした。途中、ここ数年、彼女の回りで亡くなった人々の名前を挙げ、数日前に薬物中毒で亡くなったフィリップ・シーモア・ホフマン、ピート・シーガー、そしてルー・リードの名前も。

 彼女が活動を始めた頃にあっていた人々の名前は、更に伝説という感じでした。アレン・ギンズバーグ、ジャック・ケルアック、そしてロバート・メイプルソープ。「ビートニク」という言葉が本当に久しぶりに浮かんできました。

 メイプルソープとの話がとても素晴らしかった。60年代最後の日、お互い23歳だったパティ・スミスとメイプルソープはニュー・ヨークでプレゼントを交換し、60年代に別れを告げ、70年代の始まりを祝ったそう。ウィリアム・バロウズから言われたことの一つは、「アメリカン・エクスプレスのゴールド・カードを持つように」、だったそうです。

 ステイジの段取りを握っていたのは、トニィ・シャナハン。昨晩の楽器の構成は、僕にとっては本当に理想的な環境で、彼が弾くベースやアコギの音が耳に神経を集中させなくてもしっかり鮮明に伝わってきました。

 ギターのジャクソン・スミスはパティ・スミスの息子。尊敬し信頼する音楽家に向けているような暖かい視線をパティ・スミスに送りながら、寡黙にギターをうならせる姿からは、シンプルなロック・ギターの魅力を久しぶりに味わうことができました。足下のペダルを多用するギタリスト、またボトル・ネック奏法をするギタリストを観るのは何年ぶりだったことか。

 ドラムスの男性の名前は思い出せないのですが、パティ・スミス曰くとても信頼しているとのことでした。

 開演時間が押したことのもやもや感を綺麗さっぱり吹き飛ばされるほど、パティ・スミスはとても、とても魅力的でした。彼女の若いときの経験を語りながらも、悲しみだけに浸るセンチメンタルな雰囲気は全くなく、常に前を見ている。力強く歌いながら、チャーミングな笑顔を絶やさず、力一杯ハグしたくなるほどのオープンネス。観に来れてよかったぞ!と嬉しくて思わず拳を握るくらい、楽しいコンサートでした。

 コンサートが最も盛り上がったのは、「Because the night」とアンコールの「Horses」でしたが、パティ・スミスが歌う歌詞をすべて聞き取れることに、彼女がどれほど言葉を大切にしているかがよく判る、強く、しなやかで暖かい波動に満ちたコンサート。パティ・スミスが本当にチャーミングで、昨夜のコンサートが最初で最後になるだろうと思っていましたが、できることなら、もっともっと観たい、聞きたい芸術家です。

酷い出来ですが、主にアンコールで「Horses」を歌っているとき。
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157640591249165/

スクリーンショット 2014-02-06 18.20.51

Songs    Comment(2)   ↑Top

自然災害と人的災害に翻弄されるイギリス、そしてロンドン

2014.02.05
2014年1月は、18世紀以来、最も雨が降った1月らしいが、嵐がおさまる気配は全くない。

DevonCoast.jpg
(エクセターとプリマスの間の線路が高波で破壊された現状。写真は、BBC、ガーディアン、イヴニング・スタンダードから拝借)

UK storms wash away railway line and leave thousands without power
http://www.bbc.co.uk/news/uk-26042990

 冬に日本からわざわざコーンウォール地方に行く人は、熱心なサーファーを除いていないと思う。が、鉄道網が断たれたので、コーンウォールに行く予定の人は、情報収集は必須。

 で、特にロンドンでは弱りに祟り目で、この大嵐の日に、よりによって4年ぶりらしい地下鉄のストライキ。ロンドン中心部では、バスを諦めて歩く人がたくさん居た、そして居るが、この強風で歩くのは想像以上に大変。

WaterlooStation.jpeg
(ウォータルー駅)

VictoriaStation.jpeg
(ヴィクトリア駅)

EarlsCourt.jpg
(アールズ・コート駅)

London Underground strike action - in pictures
http://www.theguardian.com/uk-news/gallery/2014/feb/05/london-underground-strike-action-in-pictures

Tube strike: Londoners braced for more commuting misery
http://www.standard.co.uk/news/transport/tube-strike-londoners-braced-for-more-commuting-misery-9107723.html

 個人的に、ロンドン中心とはいえ、今日はかなり移動しなければならず、朝から歩いてばかり。少なくとも、既に10キロは歩いたかもしれない。青空の元歩くのは苦にならないが、台風並みの強風の中を歩くのは本当に消耗する。幸か不幸か、今日、明日とロンドンにいる皆さん、生き抜きましょう。

日経、世界の話題2月4日

2014.02.04
*著作権は、日本経済新聞社に帰属します。

1391514467106.jpg


ロンドン地下鉄、ストライキの予定

2014.02.03
どうしてこの時期に、と考える人が大多数だと思うが、ロンドンの地下鉄で今週、そして来週と、大規模なストライキが予定されている。

Dear Mr Moriya,

I am writing to share our provisional plans for what we will run on each Tube line during the two 48–hour strikes, called by the RMT and TSSA unions.

If the strikes go ahead, Tube services will be affected from:

About 21:30 on Tuesday 4 February until the morning of Friday 7 February
About 21:30 on Tuesday 11 February until the morning of Friday 14 February

We will run as many trains as we can but there will be disruption, with some stations closed, including those with step-free access. On Wednesday and Thursday, limited services will start later and finish earlier than usual, with trains running from around 07:00 to 23:00.


 ストライキの理由は、ロンドン交通局が押し進めている、切符販売ブースの閉鎖。オイスター・カードは便利だが、ロンドンの地下鉄を利用しなければならない人すべてが持っている訳ではない。利用者の選択の利便性という点では、切符販売窓口で切符を購入できる選択肢はあるべきだと思う。

 来週は交渉の結果、中止になるだろうと期待しているが、今週はどうなるか。ロンドン交通局のウェブにある詳細によると、ストライキが実施された場合、なんとか地下鉄の運行はする努力はするらしいが、セントラル・ラインとピカデリィ・ラインのロンドン中心での運行はないとのこと。ということは、2月5日と6日はヒースロー空港に到着後、ピカデリィ・ラインでロンドンのゾーン1区間へは到着できないことになる。ヒースロー・エクスプレスは高いから勧めないが、ヒースロー・コネクトというサーヴィスを使えば、パディントンまでの交通費はピカデリィ・ラインで中心にくる運賃と大差ないはず。

http://www.tfl.gov.uk/

Paul Klee@ Tate Modern

2014.02.02
eykleebanneroctober13.jpg
(テイトのウェブから拝借。他の画像はすべてネット上から)

 2013年10月から始まったパウル・クレーの展覧会も、3月9日まで。

http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/ey-exhibition-paul-klee-making-visible

 ロンドン滞在中の友人と一緒に行ったとき、観る前はほとんど知識もなく、興味もあまり強くなかった。クレーの初期の作品にはほぼ全く興味を惹かれなかったのだが、展示の中盤以降、戦争や大恐慌の時代が画風のそこかしこに、時に鮮明に、時にひっそりと、しかしながら見逃しようもなくその時代の雰囲気が感じられる作品を観ていて、先入観で決めつけるのは本当に止めようと思った。

 この作品、まず絵を観てから題名を読んで、アガサ・クリスティの異色作、「ねじれた家」を想起した。
burdenedChildren.jpg

バウハウスの最後の代表を描いた絵とのこと。80年以上前に創作されたとは思えないほどの新鮮さ。
theManoftheFuture.jpg

亡くなる前年の作品。1939年と2014年の世界に違いはないと感じる。
outbreakoffeariii1939016oilpaintinglarge.jpg

次の2作は、展示の中で欲しいと感じた作品。
factoryTown.jpg

TheInvention.jpg

 思っていた以上に画風の豊富さがとても新鮮だった。中でも驚いたのが点描による作品群。スーラやシニャックから感じる思い詰めたような、気が張りつめるような点描ではないのだけど、近くで絵を観ると描き方はプリミティヴで居て、でも絵を遠くから見るととても洗練されている。

 大好きな画家にはならないかもしれないが、じっくりと観る機会があってよかった。一部屋ごとの展示数は少ないが、17部屋もあるので、さっくりと見るだけでも1時間は必要。

 今日のサンディ・タイムズで紹介されていたのは、デイヴィッド・ホックニィのエッチングとリトグラフの展示が、ロンドン南部のダリッチ・ピクチャー・ギャラリィで2月5日から。

http://www.dulwichpicturegallery.org.uk/exhibitions/now_on_show/hockney,_printmaker.aspx

 興味あるけど、ダリッチまで行くのは考えてしまう。最寄りの駅まで行くのが大変な上に、更に駅から徒歩20分ほど。朝起きて、気分を奮い立たせて、「なんとしても今日こそ行くぞ!」という気分を持続させないと到達できないほど、心理的には遠い場所。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.