LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2014年03月の記事一覧

2014.03.31 ロイヤル・バレエ、2014/15シーズンの演目発表
2014.03.31 ロイヤル・オペラの来シーズンの演目、やっと発表
2014.03.30 2014年、イギリスにおける母の日は3月30日
2014.03.30 ヴァイキング展@ブリティッシュ・ミュージアム、ちょっとだけスコットランド独立
2014.03.27 男って.....:マキシマ女王の笑顔にあらがえるか
2014.03.26 子供が読みたい本は、子供に選ばせよう!
2014.03.26 小国が乱立しても、ロシアには敵わない、かな
2014.03.26 えっ?!、ドイツ語から「性別」が無くなる?
2014.03.26 L’Arpeggiata with Nuria Rial@ ウィグモア・ホール:Joy of listening to the delightful music!
2014.03.25 世界の話題、2014年3月25日
2014.03.24 Anna Lucia Richter @ ウィグモア・ホール
2014.03.22 ケイト・ブッシュ、35年ぶりにコンサート:バブシュカ、バブーシュカ、バブーシュカ
2014.03.19 イスラーム、そしてすべての宗教への違和感
2014.03.19 2017年に新しい1パウンド硬貨発行
2014.03.18 内田樹さんへのインタヴュー@赤旗日曜版
2014.03.16 Christian Gerhaher(クリスティアン・ゲルハーエル)@ウィグモア・ホール
2014.03.16 A Lion in Paris
2014.03.12 エイリアン・パスポート
2014.03.12 労働組合トップの突然の死:ボブ・クロウ
2014.03.12 忘れない意志を持ち続けること
2014.03.10 グレイズ・コート
2014.03.08 ロンドンは、春
2014.03.06 和食がWashokuと認識されるまでの、長い長い道のり
2014.03.05 ダイエティシャンから聞いたこと
2014.03.05 Shioriのレヴュー@FT
2014.03.03 「伝統」だからなんだってんだ!:食べ物を無駄にするのは止めて欲しい
2014.03.02 無料コーヒーは、カフェをつぶすか?
2014.03.02 究極の正義とは、飢えた人をなくすこと

ロイヤル・バレエ、2014/15シーズンの演目発表

2014.03.31
シンフォニック・ヴァリエイションズ」がやっと。「田園のひと月」に、どうかシルヴィ・ギエムが出演しますように。クリスマスが「くるみ」でも「シンデレラ」でもなく「アリス」ね。ズーネイションホーフェス・シェヒターがでることで、サドラーズへの影響が心配。ちなみに、サドラーズの演目発表は5月2週目とのこと。

Details of The Royal Ballet's 2014/15 Season have been announced.
http://www.roh.org.uk/news/ballet-and-dance-201415

BalletBoyz theTALENT (Linbury Studio Theatre)

Former Royal Ballet dancers Michael Nunn and William Trevitt and their award-winning troupe come to the Linbury Studio Theatre for the first time, with an all-new programme.

16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 September at 7.45pm

Manon
By Kenneth MacMillan
Music: Jules Massenet, orchestrated by Martin Yates

Kenneth MacMillan’s acclaimed tragic ballet is a modern masterpiece.

26 September at 7.30pm; 27 September at 12.30pm; 30 September at 1pm
1 | 7 | 8 | 9 | 10 | 13 | 15 | 16† | 25 | 29 October at 7.30pm; 4 October at 2pm and 7pm; 5 October at 12 noon; 11 October at 12.30pm
1 November at 7pm

† Live cinema relay

Scènes de ballet / Five Brahms Waltzes in the Manner of Isadora Duncan / Symphonic Variations / A Month in the Country
By Frederick Ashton
Music: Igor Stravinsky / Johannes Brahms / Cèsar Franck / Fryderyk Chopin

The Royal Ballet celebrates its Founder Choreographer, Frederick Ashton, with a mixed programme of some of his finest works.

18 October at 7pm; 22 | 28 October at 7.30pm
4 | 5 | 11 | 12 November at 7.30pm

Ceremony of Innocence / The Age of Anxiety / Aeternum
By Kim Brandstrup / NEW Liam Scarlett / Christopher Wheeldon
Music: Benjamin Britten / Leonard Bernstein / Benjamin Britten

A Scarlett world premiere and two recent works by Brandstrup and Wheeldon: contemporary ballet at its finest.

7 | 13 | 14 | 17 November at 7.30pm; 8 November at 2pm and 7pm

Cassandra NEW (Linbury Studio Theatre)
By Ludovic Ondiviela
Music: Ana Silvera

Choreographer Ludovic Ondiviela and singer songwriter Ana Silvera present a poignant exploration of what it is to be described as mad.

30 | 31 October at 7.45pm
1 November at 2pm

Mapping / Document / Christopher Bruce (Linbury Studio Theatre)
By Darshan Singh Bhuller / Ivgi & Greben / NEW Christopher Bruce
Phoenix Dance Theatre

Phoenix Dance Theatre presents a mixed programme including a Christopher Bruce premiere and works by Darshan Singh Bhuller and the choreographic duo Ivgi & Grebem.

25 | 26 | 27 | 28 | 29 November at 7.45pm

Don Quixote
By Carlos Acosta after Marius Petipa
Music: Ludwig Minkus, arranged and orchestrated by Martin Yates

Carlos Acosta’s exuberant production of this classic tale of friendship, love and loyalty is bursting with joie de vivre.

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2079.html

25 | 27 | 28 November at 7.30pm
12 | 15 December at 7.30pm; 20 December at 1.30pm and 7pm; 29 December at 7pm; 30 December at 12.30pm
3 January at 1.30pm and 7pm; 5 | 7 | 8 | 14 | 19 | 21 | 22 January at 7.30pm

Alice’s Adventures in Wonderland
By Christopher Wheeldon
Music: Joby Talbot, orchestrated by Christopher Austin and Joby Talbot

Follow Alice down the rabbit hole in Christopher Wheeldon’s thrillingly entertaining ballet.

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1900.html

6 December at 1.30pm and 7pm; 10 | 16† December at 7.30pm; 19 December at 2pm and 7.30pm; 22 December at 12.30pm; 23 December at 1.30pm and 7pm; 24 December at 12 noon; 27 December at 1.30pm and 7pm; 31 December at 12 noon and 5pm
10 January at 7pm; 12 | 15 | 16 January at 7.30pm

Welcome Performance for Families on 10 January at 1.30pm

† Live cinema relay

The Mad Hatter’s T Party NEW (Linbury Studio Theatre)
ZooNation


ZooNation burst onto the stage with their family Christmas show, a wonderfully wacky take on the madcap characters of Lewis Carroll’s Alice’s Adventures in Wonderland.

Previews: 6 December at 12.30pm and 5pm; 8 December at 7pm

9 | 10 | 11 | 12 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 December at 7pm; 13 | 20 | 22 | 23 | 27 December at 12.30pm and 5pm; 24 | 31 December at 12.30pm; 28 December at 2pm; 29 | 30 December at 5pm
2 | 3 January at 12.30pm and 5pm



Winter Season

Onegin
By John Cranko
Music: Kurt-Heinz Stolze after Pyotr Il’yich Tchaikovsky

John Cranko’s adaptation of Pushkin’s verse-novel, set to music by Tchaikovsky, trembles with emotional charge.

24 January at 2pm and 7pm; 27 | 28 | 30 January at 7.30pm; 31 January at 12.30pm
2 | 4 February at 7.30pm; 7 February at 12.30pm; 11 February at 2.30pm and 7.30pm; 16 | 18 February at 7.30pm; 27 February at 2.30pm and 7.30pm

Swan Lake
By Marius Petipa and Lev Ivanov, additional choreography by Frederick Ashton and David Bintley
Music: Pyotr Il’yich Tchaikovsky

Anthony Dowell’s production of the greatest romantic ballet draws upon the opulence of 1890s Russia.

10 | 13 February at 7.30pm; 14 February at 7pm; 19 February at 2pm and 7.30pm; 21 February at 1.30pm and 7pm
13 | 16 | 17† | 18 | 19 | 25 | 26 March at 7.30pm; 14 March at 12.30pm; 21 March at 1.30pm and 7pm
2 | 7 | 9 April at 7.30pm

† Live cinema relay

London International Mime Festival (Linbury Studio Theatre)

The acclaimed annual festival returns to the Linbury Studio Theatre.

TBC January

Murmur / Inked (Linbury Studio Theatre)
By Aakash Odedra

Aakash Odedra dances an exhilarating mixed programme, created in collaboration with choreographers Lewis Major and Damien Jalet.

23 | 24 January at 7.45pm

Draft Works (Linbury Studio Theatre)
By The Royal Ballet

Dancers from within the ranks of The Royal Ballet create and perform experimental new works.

24 | 26 February at 7.45pm

Ballet Black (Linbury Studio Theatre)

The award-winning company presents a dynamic mixed programme from leading choreographers.

10 | 11 | 12 | 13 | 14 February at 7.45pm



Spring Season

The Bayadère Project (Linbury Studio Theatre)
By Shobana Jeyasingh
Music: Gabriel Prokofiev

In a new Royal Opera House commission Shobana Jeyasingh reimagines Marius Petipa’s India-set classical ballet.

25 | 26 | 27 | 28 March at 7.45pm

The Four Temperaments / Hofesh Shechter / Song of the Earth
By George Balanchine / NEW Hofesh Shechter / Kenneth MacMillan
Music: Paul Hindemith / TBC / Gustav Mahler

Masterpieces by Balanchine and MacMillan frame a world premiere from Hofesh Shechter in The Royal Ballet’s thrilling mixed programme.

27 | 30 March at 7.30pm
8 | 10 | 14 April at 7.30pm

La Fille mal gardèe
By Frederick Ashton
Music: Ferdinand Hérold, arranged and orchestrated by John Lanchbery

Frederick Ashton’s joyful ballet contains some of his most brilliant choreography.

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1166.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1175.html

16 | 21 | 22 | 23 | 24 | 28 | 29 April at 7.30pm; 26 April at 3pm
2 May at 2pm and 7pm; 5† May at 7.30pm

† Live cinema relay



Summer Season

Woolf Works NEW
By Wayne McGregor
Music: Max Richter

Royal Ballet Resident Choreographer Wayne McGregor presents his first full-length ballet for the Company.

11 | 13 | 14 | 15 | 20 | 21 | 26 May at 7.30pm; 23 May at 12 noon

Afternoon of a Faun / In the Night / Song of the Earth
By Jerome Robbins / Kenneth MacMillan
Music: Claude Debussy / Fryderyk Chopin / Gustav Mahler

The Royal Ballet’s mixed programme brings together two of Jerome Robbins’s masterpieces with MacMillan’s powerful depiction of love and loss.

29 May at 7.30pm; 30 May at 12.30pm
1 | 4 June at 7.30pm

Welcome Performance for Families on 29 May at 1.30pm

The Architect / mixed programme (Linbury Studio Theatre)
By Kenneth Tindall / NEW TBC
Northern Ballet

One of the UK’s leading touring companies visits the Linbury Studio Theatre with a mixed programme.

The Elves and the Shoemaker
By Daniel de Andrade

Northern Ballet presents new children’s ballet from its award-winning series Short Ballets for Small People.

TBC May

Springboard (Linbury Studio Theatre)

Rambert School of Ballet and Contemporary Dance; Verve; Ballet Central; Dutch National Ballet

1 | 2 | 3 | 5 | 6 June at 7.45pm



The Royal Ballet School Summer Performances

12 July at 12 noon (main stage) | TBC July (Linbury Studio Theatre)
スポンサーサイト

ロイヤル・オペラの来シーズンの演目、やっと発表

2014.03.31
遅い。手直しは後でやるとして、まず、ロイヤルのウェブからそのままコピペ。ドミンゴ。出過ぎ。フローレスディドナートは出演なし。行きたいのは、「アンドレア・シェニエ」、「ウィリアム・テル」、「なんとかマホガニィ」、「イタリアのトルコ人」、そしてなんと言っても「イドメネオ」。フランコ・ファジョーリのイダマンテがとても楽しみ。

Details of The Royal Opera's 2014/15 Season have been announced.
http://www.roh.org.uk/news/opera-and-music-201415

Autumn Season

Anna Nicole

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1333.html

Mark-Anthony Turnage
Dir: Richard Jones
Cond: Antonio Pappano

A tale of sex, celebrity and scandal: Mark-Anthony Turnage’s opera explores the dramatic life and death of Anna Nicole Smith.

Cast:

Anna Nicole – Eva-Maria Westbroek
Virgie – Susan Bickley
The Lawyer Stern – Rodney Gilfry
Old Man Marshall – Alan Oke
Blossom – Allison Cook
Doctor – Andrew Rees
Larry King – Peter Hoare
Aunt Kay – Rebecca de Pont Davies
Billy – Grant Doyle
Mayor – Wynne Evans
Donald – Jeremy White
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

11 | 16 | 18 | 20 | 24 September at 7.30pm; 13 September at 7pm

Rigoletto
Giuseppe Verdi
Dir: David McVicar
Cond: Maurizio Benini (except 6 Oct) / Paul Griffiths (6 Oct)

Corruption and innocence collide in Verdi’s remarkable opera. David McVicar’s staging emphasizes the depravity at the heart of the court of Mantua.

Cast:

Duke of Mantua – Saimir Pirgu (12, 15, 20 mat, 23, 27, 30 Sept; 3, 6 Oct) / Piero Pretti (17, 21 mat Sept)
Rigoletto – Simon Keenlyside (12, 15, 20 mat, 23, 27, 30 Sept; 3, 6 Oct) / Dimitri Platanias (17, 21 mat Sept)
Gilda – Aleksandra Kurzak (12, 15, 20 mat, 23, 27, 30 Sept; 3, 6 Oct) / Eri Nakamura (17, 21 mat Sept)
Sparafucile – Brindley Sherratt (12, 15, 20 mat, 23, 27, 30 Sept; 3, 6 Oct) / Alexander Tsymbalyuk (17, 21 mat Sept)
Maddalena – Justina Gringyte (12, 15, 20 mat, 23, 27, 30 Sept; 3, 6 Oct) / Nadezhda Karyazina §
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

12 | 15 | 17† | 23 | 30 September at 7.30pm; 20 September at 12.30pm; 21 September at 2pm; 27 September at 7pm
3** | 6 October at 7.30pm

§ Jette Parker Young Artist
† BP Big Screen Live Relay
**Sign-language interpreted

Il barbiere di Siviglia
Gioachino Rossini
Dir: Moshe Leiser and Patrice Caurier
Cond: Mark Elder

Moshe Leiser and Patrice Caurier’s production of Rossini’s sparkling comedy is full of wit and energy.

Cast:

Rosina – Serena Malfi
Count Almaviva – Michele Angelini
Figaro – Lucas Meachem
Doctor Bartolo – Alessandro Corbelli
Don Basilio – Maurizio Muraro
Berta – Janis Kelly
Fiorello – Wyn Pencarreg
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

19 | 22 | 25 | 29 September at 7pm
2 October at 7pm; 5 October at 6.30pm

The Trial NEW (Linbury Studio Theatre)
Philip Glass
Lib: Christopher Hampton
Dir: Michael McCarthy
Cond: Michael Rafferty

Philip Glass, one of the world’s most popular contemporary composers, creates a new work for Music Theatre Wales based on Kafka’s nightmarish novel.

Cast:

Soprano – Amanda Forbes
Mezzo-soprano – Rowan Hellier
Tenors – Paul Curievici, Michael Bennett
Baritones – Gwion Thomas, Johnny Herford
Bass-baritones – Nicholas Folwell, Michael Druiett
Music Theatre Wales Ensemble

10 | 11 | 14 | 15 | 17 October at 7.45pm; 18 October at 6pm

La scala di seta (Linbury Studio Theatre)
Gioachino Rossini
Dir: Greg Eldridge §
Cond: Jonathan Santagada §

The Jette Parker Young Artists present a fully staged performance in the Linbury Studio Theatre, in one of the most popular highlights of Meet the Young Artists Week.

Cast:

Guilia – Lauren Fagan §
Lucilla – Anush Hovhannisyan §
Dorvil – Luis Gomes §
Dormont – Samuel Johnson §
Germano – Yuriy Yurchuk §
Blansac – James Platt §
Southbank Sinfonia

23 October at 7pm; 24 October at 1pm and 7pm

§ Jette Parker Young Artist

I due Foscari NEW
Giuseppe Verdi
Dir: Thaddeus Strassberger
Cond: Antonio Pappano (14, 17, 20, 23, 27 Oct) / Renato Balsadonna (30 Oct, 2 Nov)

A despairing father is torn between love for his family and duty to a corrupt city in Verdi’s searing early tragedy.

Cast:

Francesco Foscari – Plácido Domingo
Jacopo Foscari – Francesco Meli
Lucrezia Contarini – Maria Agresta
Jacopo Loredano – Maurizio Muraro
Barbarigo – Samuel Sakker §
Pisana – Rachel Kelly §
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

14 | 17 | 20 | 23 | 27† | 30 October at 7.30pm
2 November at 3pm

§ Jette Parker Young Artist
† Live cinema relay

Idomeneo NEW
Wolfgang Amadeus Mozart
Dir: Martin Kušej
Cond: Marc Minkowski

Love and sacrifice vie in Mozart’s sublime early masterpiece, directed by Martin Kušej in his UK debut.

Cast:

Idomeneo – Matthew Polenzani
Idamente – Franco Fagioli
Ilia – Sophie Bevan
Elettra – Malin Byström
Arbace – Stanislas de Barbeyrac
High Priest of Neptune – Krystian Adam
Voice of Neptune – Graeme Broadbent
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

3 | 6 | 10 | 15 | 19 | 24 November at 6.30pm

Glare NEW (Linbury Studio Theatre)
Sørens Nils Eichberg
Lib: Hannah Dübgen
Dir: Thaddeus Strassberger
Cond: Geoffrey Paterson

Danish-German composer Søren Nils Eichberg presents his much-anticipated operatic debut, a taut thriller about trust and reality.

Cast: TBC

TBC November

L’elisir d’amore
Gaetano Donizetti
Dir: Laurent Pelly
Cond: Daniele Rustioni

Laurent Pelly’s acclaimed production of Donizetti’s opera radiates tenderness, humour and southern sunshine.

Cast:

Adina – Lucy Crowe
Nemorino – Vittorio Grigolo
Dulcamara – Bryn Terfel
Belcore – Levente Molnár
Giannetta – Kiandra Howarth §
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

18 | 26† November at 7.30pm; 22 November at 3pm; 29 November at 7pm
4 | 9 December at 7.30pm; 13 December at 7pm

† Live cinema relay
§ Jette Parker Young Artist

Orfeo NEW (Roundhouse, Camden)
Claudio Monteverdi
Dir: Michael Boyd / Trans: Don Paterson
Cond: Christian Curnyn

Cast:

Orfeo – Gyula Orendt
Euridice / Echo – Susanna Hurrell
Music / Nymph – Mary Bevan
Persephone – Rachel Kelly §
Pluto – Callum Thorpe
Charon – James Platt
Messenger – Susan Bickley
Shepherd 1 – Anthony Gregory
Shepherd 2 / Apollo – Amar Muchhala
Shepherd 3 / Hope – Christopher Lowrey
Orchestra of the Early Opera Company

13 | 14 | 16 | 17 | 20 | 21 | 23 | 24 January

§ Jette Parker Young Artist

Winter Season

Tristan und Isolde
Richard Wagner
Dir: Christof Loy
Cond: Antonio Pappano

Christof Loy brings intense insight to Wagner’s story of illicit love, told through music of thrilling power.

Cast:

Tristan – Stephen Gould
King Marke – John Tomlinson
Isolde – Nina Stemme
Kurwenal – Iain Paterson
Brangäne – Sarah Connolly
Melot – Neal Cooper
Sailor – Ed Lyon
Shepherd – Luis Gomes §
Steersman – Yuriy Yurchuk §
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

5 | 8 | 11 | 17 December at 5pm; 14 | 21 December at 3pm

§ Jette Parker Young Artist

Un ballo in maschera NEW
Giuseppe Verdi
Dir: Katharina Thoma
Cond: Daniel Oren

Katharina Thoma directs a new production of Verdi’s tragedy of illicit love, loyalty and betrayal.

Cast:

Riccardo – Joseph Calleja
Amelia – Liudmyla Monastyrska
Renato – Dimitri Hvorostovsky
Ulrica – Marianne Cornetti
Oscar – Rosemary Joshua
Sam – Anatoli Sivko
Tom – James Platt § (18, 22, 30 Dec; 2, 6 Jan) / Jihoon Kim (13, 17 Jan)
Silvano – Samuel Johnson §
Minister of Justice – Samuel Sakker §
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

18 | 22 | 30 December at 7.30pm
2 | 6 | 13 January at 7.30pm; 17 January at 7pm

§ Jette Parker Young Artist

Listen to the Silence – A Journey with John Cage NEW (Linbury Studio Theatre)
John Cage
Dir: Wouter Van Looy / Letizia Renzini

Explore the mind-bending world of philosopher composer John Cage in Zonzo Compagnie’s award-winning interactive family show.

Cast:

Actor – Tjyying Liu
Piano – Jeroen Malaise
Technicians – Pat Caers, Peter Quasters

30 January at 7pm; 31 January at 2pm and 4pm
1 February at 2pm and 4pm

Andrea Chénier NEW
Umberto Giordano
Dir: David McVicar
Cond: Antonio Pappano

David McVicar directs a new production of Umberto Giordano’s passionate drama of liberty and love in the French Revolution.

Cast:

Andrea Chénier – Jonas Kaufmann
Carlo Gérard – Željko Lučić
Maddalena de Coigny – Eva-Maria Westbroek
Bersi – Denyce Graves
Madelon – Elena Zilio
Countessa de Coigny – Rosalind Plowright
Roucher – Roland Wood
Pietro Fléville – Peter Coleman-Wright
Mathieu – Adrian Clarke
L’Incredibile – Carlo Bosi
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

20 | 23 | 26 | 29† | 31 January at 7.30pm
3 | 6 February at 7.30pm

† Live cinema relay

Der fliegende Holländer
Richard Wagner
Dir: Tim Albery
Cond: Andris Nelsons

Tim Albery’s acclaimed production is a darkly insightful account of Wagner’s early masterpiece, The Flying Dutchman.

Cast:

The Dutchman – Bryn Terfel
Senta – Adrianne Pieczonka
Daland – Peter Rose
Steersman – Ed Lyon
Mary – Catherine Wyn-Rogers
Erik – Michael König
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

5 | 9 | 12 | 17 | 20 | 24† February at 7.30pm

† Live cinema relay

Die Zauberflöte
Wolfgang Amadeus Mozart
Dir: David McVicar
Cond: Cornelius Meister

Comedy and philosophy unite in Mozart’s glorious The Magic Flute, brought enchantingly to life by David McVicar.

Cast:

Tamino – Toby Spence (23, 26 Feb; 2, 6, 9, 11 Mar) / Pavol Breslik (28 Feb; 4, 7 March)
Pamina – Janai Brugger (23, 26 Feb; 2, 6, 9, 11 Mar) / Christiane Karg (28 Feb; 4, 7 March)
Queen of the Night – Anna Siminska
Papageno – Markus Werba
Sarastro – Georg Zeppenfeld
Monostatos – Colin Judson
Papagena – Rhian Lois (23, 26, 28 Feb; 2, 4, 6 Mar) / Lauren Fagan § (7, 9, 11 Mar)
The Speaker – Benjamin Bevan (23, 26 Feb; 2, 6, 9, 11 Mar) / Robert Lloyd (28 Feb; 4, 7 March)
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

23 | 26 | 28 February at 7pm
2 | 4 | 6 | 7 | 9 | 11 March at 7pm

Spring Season

Rise and Fall of the City of Mahagonny NEW
Kurt Weill
Dir: John Fulljames
Cond: Mark Wigglesworth

John Fulljames presents a new production of Bertolt Brecht and Kurt Weill’s furiously impassioned satire on consumerism.

Cast:

Leocadia Begbick – Anne Sofie von Otter
Fatty – Peter Hoare
Trinity Moses – Willard W White
Jenny Smith – Christine Rice
Jimmy McIntyre – Kurt Streit
Jack O’Brien – Jeffrey Lloyd-Roberts
Bank Account Billy – Darren Jeffrey
Alaska Wolf Joe – Neal Davies
Toby Higgins – Hubert Francis
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

10 | 12 | 14 | 24 March at 7.30pm; 28 March at 12.30pm
1† | 4 April at 7.30pm

† Live cinema relay

Madama Butterfly
Giacomo Puccini
Dir: Moshe Leiser and Patrice Caurier
Cond: Nicola Luisotti

East meets West with devastating effect in Moshe Leiser and Patrice Caurier’s production of Puccini’s poignant opera.

Cast:

Cio-Cio-San – Kristine Opolais (20, 23, 28, 31 Mar; 4 mat, 9 April) / Alexia Voulgaridou (6 April)
BF Pinkerton – Brian Jagde (20, 23, 28, 31 Mar; 4 mat, 9 April) / Noah Stewart (6 April)
Sharpless – Gabriele Viviani
Goro – Carlo Bosi
Suzuki – Enkelejda Shkosa
The Bonze – Jeremy White
Prince Yamadori – Yuriy Yurchuk §
Imperial Commissione – Samuel Johnson §
Kate Pinkerton – Anush Hovhannisyan §
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

20 | 23 | 28 | 31 March at 7.30pm
4 April at 2.30pm; 6 April at 7.30pm; 9 April at 12.30pm

§ Jette Parker Young Artist

Swanhunter (Linbury Studio Theatre)
Jonathan Dove
Alasdair Middleton
Dir: Hannah Mulder / Rachael Canning

In a new co-production, Opera North and The Wrong Crowd present Jonathan Dove’s family opera, with a beguiling blend of evocative music, stunning puppetry and visual storytelling.

4–11 April

Il turco in Italia
Gioachino Rossini
Dir: Moshe Leiser and Patrice Caurier
Cond: Evelino Pidò

Rossini’s irresistible comedy glows with Fellini-esque glamour in Moshe Leiser and Patrice Caurier’s sun-drenched production.

Cast:

Selim – Ildebrando D’Arcangelo
Fiorilla – Aleksandra Kurzak
Don Geronio – Alessandro Corbelli
Don Narciso – Barry Banks
Prosdocimo – Thomas Allen
Zaida – Rachel Kelly §
Albazar – Luis Gomes §
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

11 | 15 | 20 | 27 April at 7.30pm; 18 | 25 April at 7pm

§ Jette Parker Young Artist

Król Roger NEW
Karol Szymanowski
Dir: Kasper Holten
Cond: Antonio Pappano

Kasper Holten presents a new production of Szymanowski’s sumptuously scored meditation on identity and desire.

Cast:

Król Roger II: Mariusz Kwiecień
Shepherd – Saimir Pirgu
Roxana – Georgia Jarman
Edrisi – Kim Begley
Archbishop – Alan Ewing
Deaconess – Agnes Zwierko
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

1 | 6 | 12 | 19 May at 7.30pm; 9 | 16 May at 7pm

Antonio Pappano Orchestral Concert
Cond: Antonio Pappano
Soprano: Anna Caterina Antonacci
Orchestra of the Royal Opera House

Antonio Pappano conducts a captivating programme that celebrates the award-winning Orchestra of the Royal Opera House.

4 May at 7.30pm

The Virtues of Things NEW (Linbury Studio Theatre)
Matt Rogers
Lib: Sally O’Reilly

Rising stars Matt Rogers and Sally O’Reilly present a new opera as part of the annual collaboration between The Royal Opera, Opera North and Aldeburgh Music.

TBC May

La traviata
Giuseppe Verdi
Dir: Richard Eyre
Cond: Marc Minkowski (18 | 22 | 25 | 28 May; 3 | 19 | 24 | 27 | 30 June; 4 July) / Alexander Joel (6 | 9 | 11 | 13 | 15 | 17 June)

Verdi’s tragic tale of a Parisian courtesan who sacrifices all for love is vividly told in Richard Eyre’s production.

Cast:

Violetta Valéry – Sonya Yoncheva (18, 22, 25, 28 May; 3, 19, 24, 27, 30 Jun; 4 Jul) / Marina Rebeka (6, 9, 11, 13, 15, 17 Jun)
Alfredo Germont – Ismael Jordi (18, 22, 25, 28 May; 3, 19, 24, 27, 30 Jun; 4 Jul) / Dmytro Popov (6, 9, 11, 13, 15, 17 Jun)
Giorgio Germont – Franco Vassallo (18, 22, 25 May; 19, 24, 27, 30 Jun; 4 July) / Plácido Domingo (28 May, 3 Jun) / George Petean (6, 9, 11, 13, 15, 17 Jun)
Flora Bervoix – Nadezhda Karyazina § (18, 22, 25, 28 May; 3, 19, 24, 27, 30 Jun; 4 Jul) / Rachel Kelly § (6, 9, 11, 13, 15, 17 Jun)
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

18 | 22 | 25 | 28 May at 7pm
3 | 6 | 9 | 11 | 13 | 15 | 17 | 19 | 24 | 27 | 30 June at 7pm
4 July at 7pm

§ Jette Parker Young Artist

Summer Season

La bohème
Giacomo Puccini
Dir: John Copley
Cond: Dan Ettinger (23, 27, 30 May; 2, 5, 8, 10 June) / Alexander Joel (9 mat, 11, 13, 16 July)

A lost key and an accidental touch of cold hands in the dark – so begins one of the greatest romances of all opera.

Cast:

Mimì – Anna Netrebko (23, 27, 30 May; 2, 5, 8, 10 June) / Lianna Haroutounian (9 mat, 11, 13, 16 July)
Rodolfo – Joseph Calleja (23, 27, 30 May; 2, 5, 8, 10 June) / Piotr Beczala (9 mat, 11, 13, 16 July)
Marcello – Lucas Meachem (23, 27, 30 May; 2, 5, 8, 10 June) / Levente Molnár (9 mat, 11, 13, 16 July)
Musetta – Jennifer Rowley (23, 27, 30 May; 2, 5, 8, 10 June) / Ekaterina Bakanova (9 mat, 11, 13, 16 July)
Schaunard – Simone Del Savio (23, 27, 30 May; 2, 5, 8, 10 June) / Dionysios Sourbis (9 mat, 11, 13, 16 July)
Colline – Marco Vinco (23, 27, 30 May; 2, 5, 8, 10 June) / Nahuel Di Pierro (9 mat, 11, 13, 16 July)
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

23 | 27 | 30 May at 7.30pm
2 | 5 | 8 | 10† June at 7.30pm
9 July at 12.30pm; 11 | 13 | 16 July at 7.30pm

† Live cinema relay

King Size NEW (Linbury Studio Theatre)
Christoph Marthaler

A somnolent couple in a huge hotel bedroom sing songs ranging from Purcell to pop, in Christoph Marthaler’s acclaimed reimagining of the Liederabend (‘evening of song’).

TBC June

The Cure / The Corridor NEW (Linbury Studio Theatre)
Harrison Birtwistle
Lib: David Harsent
Dir: Martin Duncan
Cond: TBC

The Royal Opera celebrates the work of Harrison Birtwistle with a double programme featuring one world premiere and Birtwistle’s acclaimed 2009 chamber opera.

TBC June

Dot, Squiggle and Rest NEW (Clore Studio Upstairs)
Elspeth Brooke and Joy Haynes

The award-winning Polka Theatre presents their first children’s opera, in collaboration with The Royal Opera’s former Composer in Residence, Elspeth Brooke.

TBC June

Don Giovanni
Wolfgang Amadeus Mozart
Dir: Kasper Holten
Cond: Alain Altinoglu

ROH Director of Opera Kasper Holten directs a mesmerizing reading of Mozart’s tragicomedy.

Cast:

Don Giovanni - Christopher Maltman
Leporello – Alex Esposito
Donna Anna – Albina Shagimuratova
Donna Elvira – Dorothea Röschmann
Don Ottavio – Rolando Villazón (12, 16, 18, 25 Jun; 1, 3 Jul) / Michele Angelini (20, 22 June)
Zerlina – Julia Lezhneva
Masetto – Nahuel Di Pierro
Commendatore – Eric Halfvarson
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

12 | 16 | 18 | 20 | 22 | 25 June at 7pm
1 | 3 July at 7pm

Guillaume Tell NEW
Gioachino Rossini
Dir: Damiano Michieletto
Cond: Antonio Pappano

Damiano Michieletto makes his UK debut with a new production of Rossini’s final opera and greatest masterpiece.

Cast:

Guillaume Tell – Gerald Finley
Arnold Melcthal – John Osborn
Mathilde – Malin Byström
Walter Furst – Alexander Vinogradov
Jemmy – Sofia Fomina
Gesler – Nicolas Courjal
Melchtal – Eric Halfvarson
Rodolphe – Michael Colvin
Ruodi – Mikeldi Atxalandabaso
Hedwige – Enkelejda Shkosa
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

29 June at 6pm
2 | 8 | 10 | 14 | 17 July at 6pm; 5† July at 3pm

† Live cinema relay

Falstaff
Giuseppe Verdi
Dir: Robert Carsen
Cond: Michael Schønwandt

Robert Carsen’s production of Verdi’s comic masterpiece is filled with wit, humour and joie de vivre.

Cast:

Sir John Falstaff – Ambrogio Maestri
Alice Ford – Marina Poplavskaya
Nanetta – Anna Devin
Meg Page – Kai Rüütel
Mistress Quickly – Agnes Zwierko
Fenton – Paolo Fanale
Ford – Roland Wood
Dr Caius – Peter Hoare
Bardolfo – Alasdair Elliott
Pistol – Lukas Jakobski
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

6 | 9 | 15 | 18 July at 7.30pm; 12 July at 7pm

Jette Parker Young Artists Summer Performance
Staging: Greg Eldridge §

18 July at 1pm

§ Jette Parker Young Artist

Plácido Domingo’s Operalia
Competition Final


The final of Plácido Domingo’s international singing competition comes to the Royal Opera House for the first time, in an extravaganza of operatic song.

19 July at 6pm

Peter Pan NEW
Richard Ayres
Lib: Lavinia Greenlaw
Dir: Keith Warner
Cond: TBC

Welsh National Opera presents Richard Ayres and Lavinia Greenlaw’s new family opera adapted from J.M. Barrie’s beloved fairytale.

24 | 25 July at 7.30pm

mad boy clever girl (double bill) NEW (Linbury Studio Theatre)
David Sawer
Dir: Richard Jones
Cond: TBC

Birmingham Contemporary Music Group performs two chamber works by leading British composer David Sawer, brought together as the composer intended for the first time.

TBC July

2014年、イギリスにおける母の日は3月30日

2014.03.30
mothersdaygoogleuk2014.jpg
(グーグルUK)

確か、何かの仕組みがあるはずだけど、イギリスの母の日はだいたい3月のある日曜日。2014年は今日、3月30日。で、以下の写真が発表になった。

cambridges.jpg
(テレグラフから拝借)

Prince George poses with parents - and their dog Lupo - for official portrait
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/theroyalfamily/10731815/Prince-George-poses-with-parents-and-their-dog-Lupo-for-official-portrait.html

Prince George poses for Mother's Day photo with William and Kate
http://www.theguardian.com/uk-news/2014/mar/30/prince-george-mothers-day-photo-william-kate-kensington-palace

 ケンブリッジ家族は、もうすぐオーストラリア巡業。ジョージ王子も同行。子供の成長は、早い。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1999.html

 今日から夏時間になった。時間変更はこれが最後になって欲しいな、と。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2076.html


ヴァイキング展@ブリティッシュ・ミュージアム、ちょっとだけスコットランド独立

2014.03.30
DSCN4841.jpg

今月上旬に一般公開が始まったブリティッシュ・ミュージアムの「ヴァイキング展」にスコットランド人の友人家族と見てきた。

https://www.britishmuseum.org/whats_on/exhibitions/vikings.aspx

 10日ほど前に、別の友人と平日の午前11時に行った時に、そのタイミングで既に激混み、入場に長い行列ができていたので、日曜日はもっと混雑するのではと思っていた。が、おそらく、昨晩時計が1時間進んで夏時間になったからか、思っていたほどの激混みではなかった。

 会場に設置されているヴァイキングの説明が秀逸。とても勉強になった。現在、映画や小説の影響でヴァイキングというと好戦的な民族と思われているかもしれないが、いつもいつも侵略をしていた訳ではない。また、百戦百勝ということでもなかったとのこと。

 9世紀から11世紀に書けてスカンジナヴィア半島に住んでいた民族にとって、陸路で活動範囲を広げるのは困難だったため、陸より障害の少ない海を移動の場と選んだ、という説明はとても理に叶っている。

 ヴァイキングの歴史なんて全く興味を持ったことのない範囲だからすべてが新鮮。中でも、ヴァイキング達が当時のコンスタンティノープルやテヘランにまで到達していたという行動力には感心した。

 展示の目玉は、今世紀になって発見された戦闘船。おそらく、発掘されたヴァイキング船の中では最も大きな規模とのこと。デンマークからの出展で、他の展示もかなりデンマークからの貸し出しのようだった。

 ヴァイキングの歴史の中でもう一つ興味を惹かれたのは、宗教。ヴァイキング時代が終わるのは、デンマークが真っ先に、次いでスウェーデンとノルウェイで王族による国の統一が始まったから。その王国設立と前後して、スカンジナヴィアでもキリスト教が広まった。キリスト教が広まる前、ヴィキング達の暮らしの中に根ざしていたのは、自然崇拝とそれから派生した神話。日本の八百万の神に通じるのかなと。

 宝飾品にも珍しく興味を引かれる素晴らしいデザインが有った中で、個人的に最も面白かったのは、イングランド南部、ドーセットの海岸で発掘されたヴァイキング達の骨。人骨を至近距離で観察するのは久しぶり。若い頃、どこかの展示で人骨を見たときは心拍数が上がったが、恐怖感などみじんもなかった。人間が死ねば、こうなるんだなという事実だけ。

 スコットランド人の友人達と行って良かったのは、ヴィキングの歴史・文化を、彼らが自分たちの暮らしの中で感じることから説明できるから。

 会場で何度も目にしたヴァイキング達の痕跡を示す地図によると、ヴァイキング達はスコットランド本土、特に東海岸側にはほとんど上陸していない。逆に西海岸側、シェトランド、オークニィ、ヘブルディーズ諸島、そしてなんとマン島にまでヴァイキング達がもたらした影響が今でも色濃く残っているとのこと。解説によると、マン島は1266年まで、シェトランドとオークニィ、そしてアウター・ヘブルディーズ諸島は15世紀半ばまでノルウェイの領土だったそう。

 今、イギリス国内で最も熱い話題は、9月18日に行われる、スコットランド独立をかけての投票。既に何度か新聞報道で読んだのは、独立するにしても、スコットランド本土と諸島部にはかなり温度差があるらしいと。で、友人に、

 「オークニィとシェトランドが、独立するならスコットランドではなくてノルウェイの一部になるか、少なくともUKに残ることを選ぶのではないかと聞いている。この地図を見ると、ヘブルディーズ諸島で暮らす人たちも、スコットランド本土に住む人たちと強い絆があるとは思えないけど」。

 「最近のウェストミンスター(つまり政府)のネガティヴ・キャンペインで、逆に独立してやるという思いが高まっているから、私も今では、スコットランドが独立すると感じている。でも、オークニィとシェトランドがスコットランドに残るかどうかは判らない」。

 出口に近い最後の展示の一つは、ヴァイキング達の言葉がどのようにイギリス国内の言葉に影響を残しているかというもの。男性の声で何かを言っていて、幾つかの英語の単語は聞き分けられるのですが、全体を通して聞くとまるで別の言葉。で、友人夫妻に聞くと即座に、「スコティッシュ」だと。でも彼らの子供達は、「こんな言葉、聞いたこと無い」と。友人達によると、流されている言葉を日常で使っていた最後の世代が彼らだろうとのこと。更に友人曰く、ノルウェイ人やスウェーデン人はこの言葉を理解できるだろうと。

 ヴァイキング展は6月22日まで。

DSCN4840.jpg

男って.....:マキシマ女王の笑顔にあらがえるか

2014.03.27
queenMaxima.jpg
(デイリィ・メイルから拝借)

オランダで開かれていた核緊縮かなにかの会議で、オランダ国王主催の晩餐会が有ったそうだ。出席した各国の大統領・首相を国王夫妻が出迎える写真がイギリスでも報道された。その理由は、誰もアレクサンダー国王を見ずに、隣のマキシマ女王に視線が釘付けだったから。

Mad about Max? Holland's Queen Maxima proves to be a distraction for David Cameron, Barack Obama and Francois Hollande
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2589064/Queen-Maxima-proves-distraction-David-Cameron-Barack-Obama-Francois-Hollande.html

 もちろん、キャメロン、オバマもずっとこんな調子でマキシマさんだけを見ていたとは思わない。でも、本当にあからさま。ミシェル夫人が中国に行くのを選択したのは、嫉妬の表情を撮られたくなかったからかもなんて邪推してみる。

 来月の、初めての「国王の日」に、マキシマさんはどのような出で立ちで現れるのか、興味津々。

子供が読みたい本は、子供に選ばせよう!

2014.03.26
最近、春だからなのか、それとも世界が混乱期に入ってきているからなのかは判らないが(世界が安定していると感じている人は幸せだと思うな)、毎日、興味を惹かれるニュースが報道されている。先週末、フィリップ・プルマンを含む、多くの作家達が参加・支援を表明したのは、子供向けの本から、「男の子向け」、「女の子向け」という性で区別するマーケティングを止めようというキャンペインが始まったという報道。

Time to Let Books Be Books
http://www.lettoysbetoys.org.uk/time-to-let-books-be-books/

Gender-specific books demean all our children. So the Independent on Sunday will no longer review anything marketed to exclude either sex
http://www.independent.co.uk/voices/comment/genderspecific-books-demean-all-our-children-so-the-independent-on-sunday-will-no-longer-review-anything-marketed-to-exclude-either-sex-9194694.html

Should UK Children’s Books Be Non Gender-Specific?
http://publishingperspectives.com/2014/03/should-uk-childrens-books-be-non-gender-specific/

Campaign to end gender-specific children's books gathers support
http://www.theguardian.com/books/2014/mar/16/campaign-gender-children-publishing-waterstones-malorie-blackman

A national campaign to stop children's books being labelled as "for boys" or "for girls" has won the support of Britain's largest specialist bookseller Waterstones, as well as children's laureate Malorie Blackman, poet laureate Carol Ann Duffy, Philip Pullman and a handful of publishers.

The Let Books Be Books campaign seeks to put pressure on retailers and publishers not to market children's books that promote "limiting gender stereotypes".

The move is the latest project from the Let Toys Be Toys campaign which objects to gender stereotyping of children's toys. It has convinced 13 retailers so far to not market toys based on gender.

Pullman, author of the His Dark Materials fantasy trilogy said: "I'm against anything, from age-ranging to pinking and blueing, whose effect is to shut the door in the face of children who might enjoy coming in. No publisher should announce on the cover of any book the sort of readers the book would prefer. Let the readers decide for themselves."


 この運動は、セクシャリティについてのことではない。大人達の勝手なマーケティングによって、子供達が本来経験するであろう幅広い新しい経験を狭めることを止めようというもの。プルマンの言う、「effect is to shut the door in the face of children who might enjoy coming in」は、子供達の可能性を、それが成長する前に大人達が勝手に摘み取ってしまうようなもの。

 この運動の僕なりの解釈、そして期待は、子供達が一人で決められる、ひいては自分で判断できる大人になるために必要なこと。周りを見回すと、自分のことを自分で全く決めることのできない大人の多いこと。日本のことを言っているのではない。イギリスでも、自分のことにもかかわらず自分で決めることができない(もしくは避けている)で、回りに意見を求めてばかり。

 少なくとも本という想像力・創造力・知識を育てる手段を子供達が選ぶ前に大人が勝手に狭めることを止めるのは賛成。親ができるであろうことの一つは、親が考えもしなかった本を選んだ子供達に、どうしてその本を選んだのか、楽しんだのか、つまらなかったの、それはなぜなのかを子供達と話すことだろう。そのようなことが習慣になれば、自ずと親子の間のコミュニケイションも豊かになるのではないかと思う。

Books    Comment(2)   ↑Top

小国が乱立しても、ロシアには敵わない、かな

2014.03.26
クリミアの分離・併合だけではないが、最近、どうしてこう、人は隣人を受け入れず、「だから独立だ」と叫ぶのかと思っている。そんな気分に少し呼応する記事が昨日のガーディアンに。そう思っている人はけっこう居るようだ。

Will Orkney and Shetland join the micronationalists?
http://www.theguardian.com/politics/shortcuts/2014/mar/24/will-orkney-shetland-join-micronationalists-independence-vote

Alex Salmond should always have expected it. Once you stir the nationalist pot, you can never know where it will lead. Residents of Orkney, Shetland and the Western Isles are petitioning the Scottish parliament at Holyrood for the right to hold their own referendum on independence, but this time from Scotland rather than the UK. In one scenario, the islands might vote to leave Scotland and remain in the UK.

 スコットランド独立の是非を巡る投票が近づいているが、スコットランド本土から更に先のシェトランド諸島やオークニィ諸島ではイングランドに残り、スコットランドから離れるかどうかの投票を望む声が有る。
 先日、現在ブリティッシュ・ミュージアムで大好評開催中のヴァイキング展を観てきた。会場ないに掲示されている説明によると、アウター・ヘブルディーズの島々だけでなく、マン島も15世紀半ばまでノルウェイ(それともデンマークだったか)に支配された居たとのこと。それが事実であれば、スコットランド本土と島々の絆ってそれほど強いものではないのかもしれない。

At the same time as the Scottish islanders are thinking of going their own way, Venice and the Veneto region have also declared their desire to break away from Italy. An online poll, in which 2.3m people voted, registered 89% support for secession. They have a point of course: Venice is sui generis, a world entire unto itself, culturally different from the rest of Italy. No doubt if Venice secedes, the islands of Murano and Burano will want to consider their own futures. We may be entering the age of the microstate.

 ヴェネツィアがイタリアから独立したがっているなんて知らなかった。数日前のある新聞報道では、サルディーニャがイタリアから分離してスイスの一部になろうという運動が有るらしい。

The list of would-be seceders around the world is staggering. In Spain, the Basques and Catalans have long wanted to break away, but there also active nationalist movements in most of the other regions. In Belgium, the Flemish and Walloon halves of the country exist in a state of mutual loathing. Carinthia wants to break away from Austria; Brittany from France; Bavaria from Germany; Moravia from the Czech Republic; Frisia from the Netherlands, and on and on. And that's just Europe. Imagine how many secessionist movements there are in Africa (six in Ethiopia alone), Asia (a dozen in Burma) and the Americas. The US doesn't just have secessionists at federal level; in quite a few of the states, there are counties that want to break away.

 ヨーロッパでは、カリンシアがオーストリアから、バヴァリアがドイツから(これは、スペインのカタロニアとバスク同様、けっこう知られているのではなかろうか)、ブリタニィがフランスから、モラヴィアがチェコから、オランダではフリシアが独立を望んでいる。

 もちろん住民同士の争いがあるのだろうけど、更に言えば、現代の政治家って、このような問題を解決する能力も、議論を重ねる辛抱もないのだろう。簡単に、分離だ、独立だ、戦争だとしか言えないのであれば、そのような政治家は必要ないという意見ができてきて欲しい。

 ヨーロッパ、アフリカ、アジアの小国の乱立・混乱を歓迎するのはプチンだけのように思う。歴史が繰り返されるような気がしてならない。人間は、自分たちが思うほど賢くはないことを自ら証明する道を選ぶこともあり得る気がするこのごろ。

えっ?!、ドイツ語から「性別」が無くなる?

2014.03.26
ドイツ語を習ったことがない人にはタイトルの意味は不完全かもしれないが、習ったことが有る人、日常で使っている人はどのように反応するのだろうか、というニュースを昨日のガーディアンで。

Germans try to get their tongues around gender-neutral language
http://www.theguardian.com/world/2014/mar/24/germans-get-tongues-around-gender-neutral-language

Der, die or das? For centuries, the seemingly arbitrary allocation of masculine, feminine and neutral gender articles in German has driven non-native speakers to despair. "In German, a young lady has no sex, while a turnip has," the American writer Mark Twain once complained. "Think what overwrought reverence that shows for the turnip, and what callous disrespect for the girl."

 記事をざっと読んでの僕の最初の反応は、「そうなんだよ、あの名詞の性別さえなければ、ドイツ語はもっと簡単なんだよ」というものだった。
 
 しかし、ある特定の読者のコメントを読んでていて、考えを少し変えた。名詞につける定冠詞の変化は、言われるほど難しくはない。ドイツ語を学び始めた当初は、毎日、朝から晩まで「der des dem den, die der der die, das des dem das, die der den die(間違っていたら、何方かご教示ください)」を唱えていた。僕が最も苦しんだのは、3格(間接目的語)と4格(直接目的語)の違い。この区別の中で更に名詞によって単語が男性なのか、女性なのか、それとも中性なのかで、「定冠詞、どれだっけ?、形容詞の語尾変化はどうなるんだ?助動詞の語尾変化は主語によるから、-t?-st?-en?」という混乱がけっこう有った。

 大学での勉強の他に、NHKのラジオ講座を1年間ほぼ欠かさず聴講していたら、一年が終わる頃には、「ドイツ語の文法はとてもシンプルじゃないか」、と思うほどに。

 ドイツ語の好きな所は、文書では名詞は必ず大文字で始まること。これは本当に、楽。耳からでは既にドイツ語の意味を推し量ることは難しいが、文字情報だと名詞がどれだかがすぐに判るので、そこから動詞や形容詞の意味を推定できる。

 名詞の性別を無理矢理変える必要はないのではと思う。でも、定冠詞が一つに統一されれば、それはやっぱり楽だと思う。

L’Arpeggiata with Nuria Rial@ ウィグモア・ホール:Joy of listening to the delightful music!

2014.03.26
リヒターのデビュー・リサイタルのレヴューがないのは仕方ないとして、音楽を聴く喜びが体中にあふれるような素晴らしいコンサートのレヴューがないなんて。

 3月21日、ウィグモア・ホールでL’Arpeggiata with Nuria Rialのコンサートを。リアルはカタロニア出身のソプラノ歌手で、ラルペッジャートは頻繁にコラボしているようだ。

 昨年、ウィグモア・ホールの秋のシーズンのチケット予約の際、ラレペッジャートの3回のコンサートだけはすべて予約できるようになっていた。このアンサンブルのことは全く知らなかったが、説明に惹かれて予約した。

L'Arpeggiata Baroque Residency
http://www.wigmore-hall.org.uk/whats-on/series/larpeggiata-baroque-residency

 このプログラムの1回目は昨年の10月。体調不良で行けず友人に譲った。友人曰く、「あんな素晴らしい、あり得ないほど楽しいコンサートに行っていたら、体調不良なんて吹っ飛んでいたはずだよ。残念だったね」、と。

 ということで、本当に楽しみにしていた。途中、こんな音楽がまだ世界に有ったのか、と思わず目頭が熱くなるほど、高水準、且つ音楽的にも素晴らしい演奏だった。

Performers
L’Arpeggiata

Christina Pluhar
director, theorbo

Nuria Rial
soprano

Programme
Cavalli

Sinfonia from Gli amori d’Apollo e di Dafne
O quam suavis
Arias from La Calisto
Canzon a 3
Lamento from Egisto

Cazzati

Ciaccona
Cavalli

Aria from Rosinda
Arias from Artemisia
Aria from Ormindo
Sinfonia from L'Eliogabalo
Lamenti from Didone

Allegri

Canario
About this concert

Francesco Cavalli, born in 1602, was a boy chorister at St Mark’s in Venice under Monteverdi’s direction, and rose to become the Basilica’s principal organist and chapel master. He made a lasting mark outside the church as an opera composer, supplying Venice’s first opera house with nine works and also broadening opera’s public reach as an impresario.

Christina Pluhar’s ensemble L’Arpeggiata joins forces with the Catalan soprano Núria Rial to bring fresh life and vital energy to the composer’s operatic arias, instrumental works and sublime sacred motet, O quam suavis et delecto.


 バロックのことな全く知らない僕が書くよりも、こちらの映像を。



TEATRO D' AMORE - Concierto de N. Rial, P. Jaroussky, C. Pluhar y L' Arpeggiata
http://www.youtube.com/watch?v=rehipOrlb5g

http://www.theguardian.com/music/2011/apr/27/jaroussky-larpeggiata-pluhar-review

 レヴューやネット上の情報を読むと、このアンサンブルは純粋なバロック音楽集団とは観られていないようだ。それでもくの字に曲がったコルネットや、ダルシマーみたいな楽器、そして千手観音のごとく打楽器を操る走者の姿を観ているだけで浮き浮きして来る舞台だった。

 ヌリア・リアルは初めて聞く名前。予備知識なしに聴いたのだが、ホールの隅々まで響き渡るであろう声量、そして表現力。スター歌手ばかりを追いかけていては、クラシカル音楽のほんの一部に接しているににすぎないのだろうと感じた。

 このレジデンスの最後は7月10日。

http://www.wigmore-hall.org.uk/whats-on/productions/l%E2%80%99arpeggiata-christina-pluhar-director-theorbo-philippe-jaroussky-countertenor-

 パーセルだけのプログラムで、歌はフランス人カウンターテノールのフィリップ・ジャロウスキィ。ジャロウスキィを生で聴くのも初めてなので、とても楽しみ。ちなみに、完売。でも、在ロンドンの音楽ファンには、リターンを狙う価値は大いにあり。

 余談。おそらく、僕のバロック音楽への興味の原点はこれかなと。バロックではないけど。

Dead Can Dance - Saltarello


https://www.youtube.com/watch?v=AcmpBCXOgVI

 映像は投稿者によるものだと思うけど、曲の印象に合っていると思う。

Songs    Comment(20)   ↑Top

世界の話題、2014年3月25日

2014.03.25
*著作権は、日本経済新聞社に帰属します。

DSCN5125.jpg


Anna Lucia Richter @ ウィグモア・ホール

2014.03.24
スクリーンショット 2014-03-24 20.12.58
(リサイタル終了後、ウィグモア・ホールのグリーン・ルームで)

3月23日の午後遅く、ウィグモア・ホールで、弱冠24歳(もしかしたらまだ23歳かも)、ドイツ人ソプラノ歌手、アナ・ルチア・リヒターの、ホールでのソロ・デビュー・リサイタルを聴いてきました。

Performers
Anna Lucia Richter
soprano

Gerold Huber
piano

Change of Programme

Wolf

Frühlingsglocken
Er ist's
Blumengruss
Abendbilder
Wiegenlied im Sommer
Nachtzauber

Schubert

Das Lied im Grünen
Viola
Erster Verlust
An mein Herz
Im Frühling
Bei dir allein!
Des Fischers Liebesglück

About this concert

Born in 1990, Anna Lucia Richter has made astonishing progress since winning the Felix Mendelssohn and Luitpold prizes at the Bad Kissingen Summer Festival in 2011. The composer Wolfgang Rihm was so beguiled by the young German soprano’s Kissingen performances that he wrote three songs for her.

She captured the hearts of many others at Wigmore Hall at the beginning of 2012 when she deputised at short notice in a recital of Wolf’s Goethe and Mörike Lieder, prompting the Guardian to conclude that ‘it is a safe bet that we shall be seeing more of her in the future’.


 どうして自分よりもふた回りも若い歌手のデビュー・リサイタルを聴きに行ったかというと、彼女の鮮烈なデビューの場に居たからです。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1567.html

 あれから2年、どのように成長しているのかな程度の気持ちで臨んだのですが、素晴らしかったです。最初の曲から、「若いオペラ歌手の伸び盛りの声って、こんなにも限界がないものなのか」とスコーンと突き抜けて、濁りのかけらすらない澄み切ったソプラノなんて、本当に久しぶりでした。
 もう一つ感じたのは、女声で聴くリートが本当に久しぶりで、新鮮でした。更に、これまで女声によるリートのリサイタルは、円熟味を増した皆さんばかりでそれはそれでとても素晴らしかったのですが、目の前に広がる地平に限界がないであろう若い歌手が歌う春を愛でる歌には、心が浮き立つようでした。

 ドイツ語を読める人は判ると思いますが、プログラムの大半は、春にうってつけの歌ばかり。シューベルトの中の2曲以外は初めて聴くリートばかりでしたが、すべてが春の美しさ、楽しさ、幸福感、そして春に包まれて感じるであろう感情を嬉しそうに歌い上げるリヒター。2年前、プレガルディャンと一緒の舞台で緊張しまくっていた21歳のリヒターの姿はありませんでした。

 リヒターのことを知っているのは、大陸での彼女の活躍を知っている人、もしくは僕のように2年前からの成長を期待していたごく少数だろうということで、それほど大きくないウィグモアの半分にも満たない聴衆でした。しかしながら、カーテンコールでの拍手は、とても熱く、リヒター、そしてピアニストのゲロルト・フーバーもとても満ち足りた表情でした。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157642812997294/

 2回アンコールに応えて(どちらもヴォルフのリート)リサイタルは終了。友人のブログで、今年の9月、リヒターがモンテヴェルディの「オルフェオ」の主役の一人(であろう)、エウリディーチェに抜擢されているのを知ったので、そのことについて訊きたいなと思いグリーン・ルームへ一目散。
 そんなに早く聴衆が来るとは思っていなかったのか、リヒターとフーバーは部屋の入り口の所で話している途中でした。で、聴衆が詰めかけてきているのに気づいたフーバーが、「僕は着替えてくるけど、君(リヒター)はどうする?」。「私、このドレスはお母さんの助けがないと着替えられないから(なんて初々しい)、後にします」と言ったあとに僕の方に振り向いて、こちらへどうぞと。

 写真を撮らせてもらってからまず、今回のデビューでの落ち着きぶりに、2年前とは違う気分なのかを尋ねました。「あのときは、リサイタルの48時間前に知らせを受けて舞台に立ったので、何も考えられなかったの。でも、私にとって、今日のリサイタルはとても大切なリサイタルなので、充分な時間を取ったのよ」。素晴らしかったと伝えると、心から嬉しそうでした。

 「オランダでのエウリディーチェですが、これは歌ったことが有るんですか?」。「いいえ、初めて歌います。観に来られますか?」。「僕は行けないですけど、友人には勧めておきます」。

 ロイヤル・オペラへの出演は有るのかは訊くのを忘れてしまった。ドイツの幾つかのオペラ劇場では既にバルバリーナ(フィガロの結婚)やツェリーナ(ドン・ジョヴァンニ)を歌っているようだから、いずれロイヤルの舞台でもその姿を見られるかと期待している。願わくば、ハルテロスやネトコのようなわがままな歌手にはならないで、まっすぐに成長して欲しい。

Songs    Comment(2)   ↑Top

ケイト・ブッシュ、35年ぶりにコンサート:バブシュカ、バブーシュカ、バブーシュカ

2014.03.22
KateBush.jpg

長生きするもんだなと。ケイト・ブッシュが35年ぶりにコンサートをすることを発表した。

http://www.katebush.com/news/dawn

Kate Bush announces live shows, so let's party like it's 1979
http://www.theguardian.com/music/2014/mar/21/kate-bush-announces-live-shows-party-1979

 行けないというより、まず、チケットを買えないだろう。アメリカにケイト・ブッシュのファンが居るかどうかは判らないが、イギリス国内だけでなく、少なくとも日本でも多くの人が彼女が生で歌う姿を観たいだろうと。

 楽曲的には彼女の音楽はちょっと時代がかっていると感じてしまうが、あの声は唯一無二。コンサートの映像が発売される日を待ちましょう。



https://www.youtube.com/watch?v=6xckBwPdo1c

Songs    Comment(0)   ↑Top

イスラーム、そしてすべての宗教への違和感

2014.03.19
香りの高い水仙、大振りな水仙、そして桜も盛りを迎えて、ロンドンの春は例年より半月くらい早いペイスです。

 いつも興味深く読んでいる思想家の内田樹さんのブログの最近のエントリの一つに以下のものが有ります。

隣人としてのイスラーム 収奪から共生へ
http://blog.tatsuru.com/2014/03/11_1725.php

 とても長いエントリで、宗教や異文化への興味が強くないと読み切るには時間がかかるかもと思います。じっくりと読んでの感想は、「イスラームを美化、ではないのなら、暗い面をあえて語っていないじゃないかな」、と。

 世界のニュースを読んでいると、ロシアを別すれば、僕は宗教が「政治」でなかったらと常に感じています。宗教が単に好きな人が回りに迷惑をかけない範囲でその「思想」を思索する程度なら問題ないのですが、宗教を生み出した人間がその「政治」に振り回されるのは本末転倒だろうと。僕の宗教への立ち位置は、現在は、アグノスティックと無神論(atheism)の間を揺れ動いている感じです。

 内田さんと共著者の中田さんの対談を読んだだけで、本書の中のことは全く判らずにこれから書くことは、全くの筋違いかもしれないです。また読んでいない本を批判する意志は全く有りません。

 しかしながら、ポストの中で語られているイスラムについては、僕が日常生活で日々、経験しているのとはかなり違うぞ、と。なので、イスラムについて僕が感じていることを、イギリスで最近報道されているニュースを交えて書いてみようかと思いました。

 僕が現在住んでいる地域は、パディントン駅から徒歩15分くらいの所で、ロンドン随いちの「中東」イスラム人地域です。中東も広いので更に狭めると、イランやイラク、その辺りのクルディシュ系が多いようです。内田さんと中田さんが多く語られているであろうインドネシア系、マレーシア系のムスリムの人たちと会うことは多くないです。

 個々人では良い人はいるのであろうけど、僕が巻き込まれてしまうイスラム系の男性は、本当に無礼です。頼みたいこと、売りつけたいことが有るとおもねるような笑いを浮かべて、「ボス」、「ブラザー」と言いながら自分たちがしたいことを押し付けようとします。

 おもねる態度は、おそらく世界のどこに居ても大嫌いなので、まず、「君たちのボスでもプラザーでもないんだから、そう呼ぶのは止めて欲しいな。とても不快だ」と切り出します。だいたいこの時点で、彼らの薄ら笑いは消え去リます。「こいつは自分たちが望むことをしないな」と理解したときの彼らの態度の豹変ぶりは、アカデミィ賞ものです。彼らと共生の意識を共有するなんてこと、僕の日常生活では、現在ではあり得ないです。

 ポストの中でまず違和感を感じたのは「収奪から共生へ」。昨年の9月に、カタールで起きている移民労働者の悲劇についての報道記事を紹介しました。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2057.html

 このポストの中でリンクを張ったガーディアンの記事や、他の記事の中で説明されている労働者を縛り付けている制度が紹介されています。カファラ制度というのものだそうです。

Paralysed in Qatar: Nepalese workers trapped in Kafkaesque Gulf nightmare
http://www.theguardian.com/world/2014/jan/27/nepalese-workers-world-cup-building-sites-qatar-left-paralysed

Qatar construction worker abuse allegations – Q&A
http://www.theguardian.com/world/2013/nov/17/qatar-construction-workers-abuse-allegations-qanda

 ネパールやインドからの移民労働者がカタールで置かれている「西側」の報道機関による状況説明を読む限りにおいては、どこに「共生」の思想・活動が有るのか疑問です。

 現在、イギリス国内でイスラムに関する動きの中で最も大きな注目を集め、大きな議論のうねりを生み出している話題が有ります。Female genital mutilation (FGM)、つまり女性器切り取りに反対するというものです。2年前ですが、ガーディアンの報道ではインドネシアでは多くの少女が否応もなく、不衛生な状況で無理矢理女性器を切り取られているそうです。

The day I saw 248 girls suffering genital mutilation
http://www.theguardian.com/society/2012/nov/18/female-genital-mutilation-circumcision-indonesia

 以下のリンクは、ガーディアンのFGMに関する報道を集めたペイジです。

Female genital mutilation (FGM)
http://www.theguardian.com/society/female-genital-mutilation

 どうして宗教ごとき存在が、人間の体の一部が無駄であるとして、暴力的に切り取ることが許されるのか、僕は全く理解できないし、言い訳やへ理屈を聞きたいとも思いません。

 女性を差別・区別するのはイスラムだけではないでしょう。「宗教」というカルトのすべてがしていることと言っても過言ではないと思っています。宗教思想の中に善(教義)と悪(例えば女性であること)を作り出すことは、多くの宗教が何の根拠もなく主張し、それが今でも堂々とまかり通る不条理。

 今週の月曜日、作家のフィリップ・プルマンがイスラムだけでなく、宗教全般が女性を虐げることに関して発言したことをテレグラフが報道しています。

Philip Pullman condemns the "terrible things" Islamic extremists have "done to young girls" in its name
http://www.telegraph.co.uk/news/religion/10701275/Philip-Pullman-condemns-the-terrible-things-Islamic-extremists-have-done-to-young-girls-in-its-name.html

Allowing religion to have political influence turns it into something “cruel and wicked”, the author Philip Pullman has argued, as he condemns the “terrible things” Islamic extremists have “done to young girls in the name of religion”.

Speaking of religious zealots of all denominations, he added power had now been given to a “group of men who have an unhealthy interest in other people’s sexuality”.

“Did you see that story in the paper about the teenage girl who was stoned to death because she was on Facebook?'” he said.

“Facebook! According to the Taliban, it's the equivalent of committing adultery, so they took her outside and stoned her to death. Appalling!

“That's what happens when religion gets its hands on the levers of power.


“As soon as it has any political influence, it does bad things, becomes cruel and wicked.”


 過激な宗教テロリストにとって、プルマンの批判は屁でもないでしょう。

 人を虐げる、差別する、区別する、傷つけるのが宗教の本分ならば、人類はどうしてのそのような無益なファンタジィを生み出してしまったのか、そのファンタジィに固執するのか、その意味を知りたいです。

 宗教論を持ち込まれても何も語る知識はないですし、熱意もないのでコメント欄は閉めます。

2017年に新しい1パウンド硬貨発行

2014.03.19
1newpound.jpg

A sounder pound: new £1 coin unveiled
http://www.theguardian.com/uk-news/2014/mar/19/a-sounder-pound-new-1-coin-unveiled

ということは、2017年までは、エリザベス女王は元気で居ることがほぼ確実なのかな。


内田樹さんへのインタヴュー@赤旗日曜版

2014.03.18
赤旗日曜版って、けっこう読まれている印象は有るものの、読者数はやっぱり全国新聞と比べれば多くないだろうし、どこかで見かけても手に取ろうという人もまだ多くないかなと。とても判りやすく書かれているので、是非、読んで欲しいです。

http://blog.tatsuru.com/2014/03/16_1023.php

http://blogos.com/article/82432/

3月16日付け、『赤旗日曜版』にインタビューが掲載されました。
こちらには少し加筆したロングバージョンを転載しておきます。

安倍晋三首相は本音はもちろん改憲して、憲法9条を廃棄したい。だが、それはアメリカ政府の強い抵抗があって実現がむずかしい。それゆえ、アメリカの軍事活動を支援するという、アメリカから正面切って反対できない口実を掲げて、解釈改憲による「集団的自衛権」の行使容認を持ち出してきたのです。

しかし、日本が集団的自衛権を行使するというのは、政治史的に見てありえない想定です。

集団的自衛権は、同盟国が武力攻撃を受けたとき、国連が介入するまでの緊急避難的な措置として認められた権利ですが、実際にそれを行使したのは軍事的超大国ばかりです。米ソのような超大国が自国の勢力圏で起きた反政府運動、独立民主化運動を弾圧するためにこの権利を行使しました。

これまで集団的自衛権が行使された実例を見ればわかります。1960年代に始まったアメリカによるベトナム戦争、ソ連によるハンガリー(56年)、チェコスロバキア(68年)、アフガニスタン(79年)への軍事介入など、大国による勢力圏への武力干渉の事例ばかりです。日本のような「勢力圏を持たない」国が行使するような筋のものではありません。

本当に日本が集団的自衛権を行使しても「アメリカを守りたい」というのなら、まず日米安保条約を双務的なもの変えるのがことの筋目でしょう。日本が攻撃されたらアメリカが助けに来てくれる。それが片務的で恥ずかしいというのなら、アメリカが攻撃されたときに日本が助けにゆけるように日米安保条約を改定すればよろしい。

日米安保条約を「日米相互防衛条約」に変える。難しいことはありません。現行の安保条約第五条の「日本における、日米いずれか一方に対する攻撃が自国の平和及び安全を危うくするものであるという位置づけを確認し」の「日本」を「日米」に一字書き換えるだけでよい。

そうすれば、アメリカ国内への武力侵攻にも日本がただちに援軍を出すことができます。

でも、そのためにはまず米国内に自衛隊基地を展開する必要があります。自国だけ米軍基地で守ってもらって、相手の国土には自衛隊基地を置かないというのでは双務的な防衛条約とは呼べないでしょう。

片務的な日米安保を放置しておいて、集団的自衛権を行使するというのは法理的に矛盾しています。アメリカに「手伝いに来い」と呼ばれたときだけ自衛隊を出すという約束なら、それは「集団的自衛の権利」の行使ではなく、「集団的自衛の義務」の履行と呼ぶべきでしょう。言葉は正確に使ってほしい。

安倍政権の政体改革は行政府への権力の集中をめざすものです。

特定秘密保護法は立法府が国政調査権を制約される点に三権分立上の大きな問題点があります。

世界史を見ればわかるとおり、独裁というのは行政府が重要な政策を立法府の審議に委ねず、閣議決定だけで実行してしまう政体のことです。行政府への権力の過剰な集中のことを「独裁」と呼ぶのであれば、安倍政権はあきらかに独裁を志向していると言わざるを得ない。

民主主義というのは意思決定に長い時間のかかる仕組みです。それが非効率だから権限をトップに委ねて「決められる政治」を実現しようと言う人々がいます。彼らは統治システムを株式会社のような組織に改組しようとしている。

しかし、民主制を株式会社のように制度改革することはできません。「文句があるなら次の選挙で落とせばいい」というのは企業経営者なら言えることですが国の統治者が口が裂けても言えないことのはずです。

株式会社は有限責任ですからどれほど経営上の失策があっても、株主の出資額以上のものは失われない。でも、国家は無限責任ですから、失政によって私たちは国土も国富も生命までも損なうリスクがある。だからこそ時間をかけた議論と合意形成が必要なのです。

安倍首相は政治とビジネスの違いが理解できていないようです。


 本文の中で色を変えたのは、僕の勝手な判断です。

Christian Gerhaher(クリスティアン・ゲルハーエル)@ウィグモア・ホール

2014.03.16
最近、僕にとってはカウフマンよりずっと気になるドイツ出身のオペラ歌手は、クリスティアン・ゲルハーエル。ロンドンでの人気はとても高く、ウィグモア・ホールでのリサイタルはいつもだいたい完売になる。

 正直、ゲルハーエルの歌唱が好きかどうかは、まだ自分の中で確定していない。昨年夏、ロイヤル・オペラでの「カプリッチョ」では、歌唱は安定していたものの、彼一人だけストールに腰掛けて歌った。昨秋のウィグモアでのリサイタルでも、椅子には座らなかったものの、立ち姿が痛々しくて歌唱に入り込めなかった。身体的な不安が先にたって今回も響かなかったら、しばらくは観ることもないかなと思った。

Performers
Christian Gerhaher
baritone

Gerold Huber
piano

Programme
Schumann

From Myrthen:
Freisinn
Talismane
Aus den hebräischen Gesängen
Zwei Venetianische Lieder
Aus den östlichen Rosen
Zum Schluß
Liederkreis Op. 39


休憩

Die Löwenbraut
Kernerlieder Op. 35
Lust der Strumnachat; Stribe, Lieb' und Freud'!; Wanderliea; Erstes Gruen; Sehbsucht nach der Waldgegend; Auf des Trinkglas eines verstorbenen Freundes; Wanderung; Stille Lieve; Frage; Stille Traenen; Wer machte dich so krank?; Alte Laute


About this concert

Any attempt to list the special qualities of Christian Gerhaher’s artistry will inevitably fall short in charting the depths of his imaginative engagement with song texts and the range of vocal colours that he applies to the interpretation of poetic imagery.

Wigmore Hall audiences have been blessed in recent seasons with the German baritone’s transcendent readings of masterworks and rare treasures by Schubert. For his latest recital, Gerhaher and his regular partner Gerold Huber turn to Schumann.

They begin with songs from Myrthen, the composer’s ‘song diary’, written for his fiancée Clara Wieck, before exploring the Liederkreis and Kernerlieder, pillars of Schumann’s Liederjahr of 1840.


 今回のプログラムはすべてシューマン。一曲も聴いたことがなく、これはゲルハーエルを聴く魅力の一つ。彼のプログラムからは、毎回、未聴のリートを聴くことができて良い学びの場でもある。

 前半は、僕にとっては可もなく不可もなくだった。高音域、中音域の安定は抜群なのだが、彼にとっての最低音域の発声が力任せのように感じられることが2度ほど有った。しかしながら、ドイツ人なのだから当然なのだが、ゲルハーエルのドイツ語はプレガルディャンと同じくらい透明度が高く、耳で聞いていて単語の綴りが自然と浮かんで来るほど精度が高く、リートを聞く嬉しさが倍増する。

 前半が終わり、秋のリサイタルはどうしようかとの迷いは、後半の一曲目、「ライオンの花嫁」を聴いている途中から消え去った。休憩中に歌詞を読み、「リートにこんな血みどろな歌があるんだ」と。「ハンター・ハンター」で、ライオンの半獣半人にかみ殺される女性アナウンサーの場面を思い出していた。そんな歌詞だから、旋律は荒々しいものだと思っていた。

 ところが、けっこう複雑そうな響きであるものの、主旋律はとても内省的。その旋律にあわせて言葉の一つ一つを丁寧に紡ぐゲルハーエルの真摯な声。この曲を聴けただけでも、今夜のリサイタルは素晴らしいものになると。

 続く「ケルナー・リーダー」では、ゲルハーエルの声の魅力、そして深く多彩な表現力に暖かく包まれているようだった。ゲルハーエルが最後のリートを歌い終わり、ピアニストのフーバーが最後の音を弾き終わって5秒くらいだろうか、ホールに静寂が下りた。素晴らしいリサイタルだった。

 12月のリサイタルの演目は、確かマーラーだったような。争奪戦が激しそう。プログラムのプロフィールで、これからのオペラ出演予定として、ロイヤル・オペラで、「タンホイザー」のヴォルフラムを歌う予定となっている。ロイヤル・オペラ・ハウスの来シーズンの予定はまだ発表になっていないが、来シーズン、ゲルハーエルをロンドンの舞台で観られる機会は有るということだろう。

 閑話休題。2月に、日本でリサイタルをしたクリストフ・プレガルディャンのインタヴュー記事。

「冬の旅」を続けるドイツ人テノール歌手 クリストフ・プレガルディエンの世界
http://www.nikkei.com/article/DGXBZO67673430T00C14A3000000/

 オペラを歌うことはないとは、以前、本人から直接聞いたが、コンサート形式でも良いから、彼が出演するオペラを生で聴いてみたかった。インタヴューは録音の技術的なことより、彼の歌への姿勢について読みたかったが、彼のような表現者がいてこそ、文化は続くということを感じる。

「すべて瞬時に流れるインターネットが登場する以前、1970年代までと今日では人生観はもちろん、社会に提供されるエンターテインメントの数量が格段に変わった。戦前の家庭では、音楽をアマチュアとして奏でた。戦後ある時期までの幼稚園や小学校には子どもに楽器を与え、歌を一緒に歌い、古典の詩を朗読する授業があったが、今は政治家の大衆迎合を背景に、すべて廃止された。文化は人生の必須要素だ、と訴え闘う必要を痛感する」。


Songs    Comment(0)   ↑Top

A Lion in Paris

2014.03.16
aLionInParis.jpg

ドーント・ブックスで山積みになっていた絵本。今年1月に発刊されたばかり。先月、久しぶりに訪れたパリで町歩きを楽しんだばかりだったこともあって、すぐに惹き込まれた。

lionatcafeflore.jpg

 カフェ・フローはこちら。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/12620964384/

 アマゾンの紹介文はこんな感じ。

A Lion in Paris is widely regarded as the most accomplished book by multi-award-winning children's author/illustrator Beatrice Alemagna. It tells the story of a lion who, bored by his rural life in the savannah, seeks excitement and opportunity in the city of light. On arrival in Paris the lion is disappointed to find that despite his size, people barely pay attention to him, not even when he lets out a ferocious roar on the busy Metro. Taking in the sights and sounds of Paris this beautifully illustrated book successfully conveys the experience of being a stranger in a new city and the process of understanding our own identity.

 パリが好きな人には、うってつけの本。

Books    Comment(0)   ↑Top

エイリアン・パスポート

2014.03.12
すっかり春爛漫のロンドン。4月のどか雪なんてことにならないことを。

 まず、WWWが生まれて、25周年だそうで。

Sir Tim Berners-Lee: World wide web needs bill of rights
http://www.bbc.co.uk/news/uk-26540635

Links to the past: a history of the world wide web – timeline
http://www.theguardian.com/technology/2014/mar/12/history-world-wide-web-timeline

 25年前、ウェブが生まれる前の生活がどんなものだったかは、もう思い出せないです。25年というとても短いタイム・スパンでこれほどの発達・普遍性を成し遂げた技術はそれほどないのではないかと考えます。最近だと、3Dプリンターの急激な躍進がこれに近いのかなという気がします。

 本題。その25年に満たない独立国家が国内で暮らしているある人たちにしていることを最近、知りました。元会社の現役の皆さんや、国際的な人権問題に興味がある人には馴染みのある言葉・機能なのかもしれないですが、僕は初めて聞いた単語とそのあり方に驚きました。時系列で。

 以前、一度だけ登場してもらったことのあるエストニア国籍の知人男性が、ロンドンの暮らしに疲れて遅くとも年内にはイギリスを離れると聞いたので、先週、久しぶりに会いました。

 彼がエストニア国籍とロシア国籍を保持しているのは、以前、本人から聞いたので知っていました。が、その経緯はあまりにも複雑だし、個人的なことなので書きません。一つだけ、彼がエストニアのパスポートを取得したのは18歳のとき。試験を受けて取得したそうです。

 深刻な理由があってイギリスを離れるのかを尋ねた所、ちょうど仕事が一段落し、それならば、すべてにおいてロシアが悪いという西側のメンタリティに疲れたので、いいタイミングではないかと。今回のウクライナの混乱でも、イギリスや欧米で報道されることはプチンだけが悪者というものばかり。ロシア国内で今回の混乱がどのように語られているかを報道しなければ、バランスは全く取れていない。と、そのようなことを穏やかに話す知人。そういえば、知人はいずれロシアに戻ると言っていたなと思い出していたときに、知人は続けて。

 「今回のクリミアの独立の動きで、エストニア政府が動揺しているんだ」。

 知人がこう話しだしたとき、「エストニアとクリミアの間に、深い絆があるのか?」、といぶかしく思っていると。

 「エストニア国内で暮らすロシア系住民を引き止めるために、エイリアン・パスボートしか持っていない彼ら(ロシア系住民)にエストニアのパスポートを発給しようかどうかを検討し始めたらしい」。

 「Wait! エイリアン・パスポートって、何?」。

 「エストニアが旧ソ連から独立した時に、エストニア国内に居たロシア系住民で、エストニア国籍を持たない人が持てるパスポートだよ。知らなかった?」。

 知人曰く、そのような趣旨でエイリアン・パスポートを発効しているのはエストニアとラトヴィアだけ。知る術すらない、と。

 「僕の両親はエイリアン・パスポートしか持っていない。EU圏内はヴィザなしで移動できるけどイギリス、スイス、ノルウェイにはヴィザなしでは入国できない」。

 スイスとノルウェイは判るけど、なぜにイギリスが。あ、シェンゲンだな。

 「エストニア国内でエイリアン・パスポートを持っている人たちがエストニア国籍を取得するには、幾つかの試験に合格しなければならないんだ。僕の両親の世代に、エストニア語を勉強して試験に合格しなければ、というのは難しいんだ」。このようなことをしてきたエストニア政府だが、クリミアのロシア編入が現実味を持ってきたことで、人口の半分弱を占めるロシア系住民を引き止めることが重要な課題になってきた、というのがエストニアとクリミアをつなぐ鍵。

 独立してもうすぐ25年になろうとする「西側」の国でこのような区別があるとは全く知りませんでした。また、EUの人権委員会ではこれは問題ではないのか、と疑問が浮かびます。Wikipediaではラトヴィアの方が詳しく言及されています。

 興味を惹かれたので、ネットで検索してみた所、エイリアン・パスポートを発効している国は他にもあります。例えば、デンマーク。

http://www.nyidanmark.dk/en-us/coming_to_dk/asylum/passport_application.htm
 
 しかし、デンマークの場合は難民への発効であって、「国」という機関が勝手に決めた国境の中にずっと暮らしていたにもかかわらず、「存在しない国民」へ発効されているエストニアのエイリアン・パスポートとは趣旨が違います。

 想像は膨らみ、ではスコットランドが独立したら同地域内に居る非スコットランド人は、クリミアがロシアに編入したらそこで暮らすウクライナ国籍保持者はどうなるんだろう。

 ボーダーレスという概念は、地上にもネット上にも既にあり得ない世界であることを感じます。

労働組合トップの突然の死:ボブ・クロウ

2014.03.12
e3e5eaec-0bd9-4b84-bafd-12f3ae85c53c-620x435.jpeg
(ガーディアンから拝借)

昨夕の帰宅途中、いつものように取り上げたイヴニング・スタンダード紙の一面に、ボブ・クロウの顔写真が大きく掲載されていた。「えっ?、またストライキ?」と思った刹那、目が捉えたのは、「Union leader, Bob Crow dies」。えっ?

Bob Crow dies from massive heart attack at the age of 52
http://www.standard.co.uk/news/london/bob-crow-dies-from-massive-heart-attack-at-the-age-of-52-9183603.html

crow.jpg
(実は、彼なりにとてもファッションには気を使っていたと思う)

Bob Crow, RMT leader, dies of suspected heart attack at 52
http://www.theguardian.com/politics/2014/mar/11/bob-crow-dies-52-rmt-union-leader

Bob Crow, RMT union general secretary, dies
http://www.bbc.co.uk/news/uk-26527325

Miliband's 'No EU poll' pledge and Tim Berners-Lee's web 'Magna Carta' call
http://www.bbc.co.uk/news/blogs-the-papers-26539518

 これまでこのブログでも、何度かボブ・クロウへの不満を書いてきた。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1031.html

 でも、52歳での突然の死亡には、ただただ、吃驚した。

 先月のロンドン地下鉄ストライキについては、実は、ストライキを行う理由の一部には共感していた。もちろん、最大の理由は雇用の確保で、解雇に直面していた雇用は、地下鉄駅の切符販売の窓口閉鎖によるもの。ロンドン交通局の主張は、現金による切符の購入は全体の1割に満たないので窓口をすべて閉鎖して、そのぶんの人員を駅構内の保全にまわす。そのことへの反対表明のストライキだった。

 ロンドン交通局が一般企業で、収入の一割に観たないタスクを閉鎖するのであればそれは仕方ないだろう。しかしながら、公共交通機関を統括する「公的」な団体が、1割もの需要があることを切り捨てることは僕は納得できない。ロンドン地下鉄を利用するすべての利用者がオイスター・カードを持っているべきという驕り。

 どこで読んだのか思い出せないが、ロンドンのバスはもうすぐキャッシュレスに完全に移行するようだ。オイスター・カードが普及し、ロンドンに住む高齢者の多くはロンドン市内のほぼすべての交通機関を無料で利用できる「フリーダム・パス」を持っている。更に、現在の所バスだけのはずだが、オイスター・カードに充分なクレジットがなければ、最新のデビット・カーデをカードリーダーにかざせば料金を払うことができる。だから、バスでは現金を受け付けないよ、と。

 例えば、その最新のデビット・カードを取得するための銀行口座を開けない人がどれだけ居るかをロンドン交通局は理解しているのだろうか?海外からの旅行者がそのようなデビット・カードを持っていると思っているのだろうか?

 日々、バスを利用する自分の本心の一部は、オイスター・カードがなくて料金支払いがスムーズに行かない旅行者には、忙しい時にはイライラする。しかしながら、ロンドン交通局、また現在のイギリス政府の多くの政策に観られる、one and onlyの姿勢を危険に感じる。

 ボブ・クロウが組合を率いて行動したことすべてに賛同する気はない。しかし、本来、政府が考えるべきであろうセイフティ・ネットからこぼれる弱者の声を代弁していたと考える。そのような希少な声が失われたのは、けっこう大きい損失のように思う。

忘れない意志を持ち続けること

2014.03.12
なんて偉そうに始めてだが、昨日、2014年3月11日はべらぼうに忙しくて、東日本大震災のことを考える時間がなかった。帰宅してやっと一息ついて、無性に観たくなった映像。



Abide with me by Emeli Sande and Akram Khan
https://www.youtube.com/watch?v=jj2LqGvKsLw

 忙しく過ごせる幸せの意味を忘れないために。

11Mar11    ↑Top

グレイズ・コート

2014.03.10
スクリーンショット 2014-03-10 6.26.49
(自信作)

雲一つない青空が広がった昨日の日曜日、オックスフォードシャーにあるナショナル・トラスト管理の「グレイズ・コート」に行ってきました。

http://www.nationaltrust.org.uk/greys-court/

 一緒に行った友人家族も、彼らの家から近い所にあるという情報以外は何も知らずに行ったのですが、素晴らしい。天気がよかったのが最高の要因ですが、ウォール・ガーデン内で風に揺れる満開の水仙。森の中の日溜まりを更に明るくする水仙の群生。こんな小さな島国なのに、どうしてこれほど広大な庭がたくさん有るのだろうと思わずには居られませんでした。まだ寒いらしい日本の皆さんに春を。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157642117754495/

 庭には見事な藤棚があります。満開時は、それは素晴らしいだろうし、素晴らしいとのことなので、都合が付けば5月に再び訪れたいと思っています。

ロンドンは、春

2014.03.08
スクリーンショット 2014-03-08 8.44.54

1月に記録的な雨や嵐に見舞われたイギリスだが、今年の冬は暖冬。ロンドンの公園では既にクロッカス、水仙が満開。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157642019918894/

スクリーンショット 2014-03-08 8.44.25


和食がWashokuと認識されるまでの、長い長い道のり

2014.03.06
スクリーンショット 2014-03-06 6.05.46
(2013年4月、御所雲月で)

昨晩、他の記事を検索していた所、ガーディアンのウェブ上で「Washoku」という単語が現れた。

Japanese cuisine: how washoku is taking over Britain
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2014/mar/05/japenese-cuisine-washoko-unesco-britain-chefs

 昨日の本紙には掲載されていなかったはずなので、今日、もしくは週末の特集記事かもしれない。記事本文よりずっと面白いのは、読者からのコメント。ガーディアンの読者ですら「和食」、「日本独自の食」についてはこの程度のコメントなのか、というのが最初の印象。

 でも、考えを少し修正した。例えばロンドンで暮らす日本人が求める「和食」の価格は、高い。スーパーマーケットで売られている、味も何もない寿司のパックを昼食として食べるだけのイギリス人には、一人頭£50−を超えるであろう日本食は普段の外食の選択肢にはならないだろう。

 まだまだ道のりは長そうだけど、Washokuという言葉がメディアにでてきたことは、理解が深まるきっかけになるのではと期待する。和食の魅力について熱く語りたい方、ガーディアンの読者コメントに参加してみてはいかがでしょう。

ダイエティシャンから聞いたこと

2014.03.05
DSCN4476.jpg

GPとの前回の診察で、良好な検査結果を受けて、「いつまでダイエットを続ければ良いんですか?実は、もう飽きてしまって」と訴えた。ダイエティシャンと話したことはあるかと訊かれ、栄養の専門家と話したことなど一度もないので、アポを入れてもらった。

 僕より一回りくらい歳下の女性で、机の上においてある彼女の携帯が鳴りまくるのはプロとして拙いのではないかと思った。ただ、話の内容は、驚くほどの新発見はなかったものの、食事に関するちょっとした勘違いを訂正できたし、また、食事の内容をどうしたら良いかの情報を得ることもできた。

 まずは彼女が幾つもの質問をして、僕が答える内容を紙に書き込んで行く。昨年10月から始めたダイエットの内容(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2123.html)を一通り伝え、また友人達から教えてもらった情報をもとに、炭水化物もきちんと摂るようにしていることを説明した。

 一通り話し終わった所で、「あなたのダイエットのやり方は、理に叶っているわ。必要な要素をだいたいまんべんなく摂取していますね。痛みがでることの不安は理解できます。でも、検査結果からみても(胆石は)落ち着いたようだから、アルコールや乳製品、砂糖類を再び摂っても平気だと思います」。

 続いて手渡されたのが、ブリティッシュ・ハート・ファウンデイションが発行している、「健康な食事で体重を落とす」ためのハンドブック。NHSなのに、チャリティの文献に頼るのかとは思いつつ、また内容はイギリスらしいおおざっぱな表現はあるものの、毎日の食事でどの食材をどれだけ摂取するべきなのかという情報はとても判りやすい。

https://www.bhf.org.uk/heart-matters-online/february-march-2012/nutrition/heart-healthy-diet.aspx

http://www.bhf.org.uk/heart-health/prevention/healthy-eating.aspx

 このハンドブックの説明を受けている時に、脂肪分(fat)について勘違いしていたことに気づいた。実は調べないまま、saturate fatは良くて、non-saturate fatが体によくないものと思い込んでいた。が、これは全く逆。また、チーズを食べるなら硬いチーズの方が良いと思い込んでいたのが、これまた逆で、ソフト・チーズの方が脂肪分が少ないので、チーズを食べる時にはソフト・チーズを選ぶようにとのこと。

 肉食について、興味深い記事が、今日のガーディアンに掲載されている。

Diets high in meat, eggs and dairy could be as harmful to health as smoking
http://www.theguardian.com/science/2014/mar/04/animal-protein-diets-smoking-meat-eggs-dairy

 食事と健康については、次から次に様々な説がでてきて紛らわしい。魚はずっと食べていたが、肉は避けていた。先日、久しぶりにラムを食べたら、その後数日、何となく胃が重かった。

 最後に、ここまで体重を落としたのは素晴らしいけど、もっと落としましょう。なぜなら、あなたの身長だと理想の体重はまだ先です、と言われた。これ以上体重を落とせるとしても、今の体重で充分に健康と思えるし、正直な所、とても快適。遥か昔、現在のBMIの規格で理想とされる体重まであと少しになったことがある。そのときは、逆に体調がおかしくなり、医師がこれ以上体重を落とすのは止めよう、という判断を下したことがある。

 太り過ぎでは困るが、自分自身が快適と思える体重が良いのではと思うのだが。

 料理を積極的に覚える気はこのような状況でも全くおきない。が、できるだけ超手軽でべらぼうに簡単、しかも時間のかからない調理の仕方を覚えれば、もうちょっとヴァリエイションに富んだ食生活に戻れるであろうことは嬉しい。

 これから最も気をつけることは、「無駄になるかもしれないほどの食材は購入しない」。つまり、「食べきれるぶんだけを購入する」。食べきれない分量を買ってしまって無駄に食べて、その結果として健康を阻害する悪循環を繰り返さないように。

 間違っても、こんなのを毎日食べるなんてことは、しない(と思う)。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/12643355103/

Shioriのレヴュー@FT

2014.03.05
なんで今頃という感じで、先週末のファイナンシャル・タイムズに、ロンドンの日本料理レストランの一つ、「Shiori」が紹介された。内容は、料理のことだけでなく、人物紹介も詳しい。じんわりくる、レストランレヴューらしくないレヴュー。

http://www.ft.com/cms/s/2/527e8246-8817-11e3-8afa-00144feab7de.html#axzz2v1zjWqHy

 面白く感じたことが一つ。以前の僕のポストと同じように、「ロンドンのモスクワ通りにある日本の懐石料理店」というのは、イギリス人にとっても面白く感じるポイントらしい。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1884.html

Shiori, London

“My first wife was the second cook at a third-rate joint on 4th Street.” Since I first heard this line delivered by Eddie Marr in the 1942 film The Glass Key, it has been my favourite quote from the movies. I thought of it again recently after an unusual invitation led to an exceptional dinner.


The offer came from a Chinese friend in Hong Kong. Would I like to join her for a traditional Japanese kaiseki dinner at Shiori restaurant on Moscow Road in Bayswater? The elements seemed so incongruous, I readily accepted.

 折角の機会だから、全文を。

 Shiori、気楽に行ける価格帯ではないけど、お勧め。それと、これは余計なお節介かもしれないが、外国人を連れて行く時には、既に何度か日本食を経験している人の方が良いかもしれない。懐石料理を特別視するつもりはないが、「和食=寿司、ラーメン、刺身」だと、期待するものがかなり違う。例えば、これも「和食」。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/9690275913/

「伝統」だからなんだってんだ!:食べ物を無駄にするのは止めて欲しい

2014.03.03
orange_battle_italy_9.jpg

Orange-fight-in-Turin-010.jpg

今朝、出かける前にBBCのニュースサイトを読んでいて目の端に引っかかったのは、北部イタリアでのオレンジのぶつけ合い。

Battle of oranges: Italian town Ivrea marks historic carnival
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-26404662

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2164.html

 楽しんでいる地元の人々に尋ねたいのは、このオレンジで、どれくらいの人の命を救えるかを考えたことはありますか?経済が困窮しているイタリア国内でも、食事を事欠く人が居るかもしれない状況で、「伝統だから」で本来暮らしを成り立たせる食べ物を、単なる遊びの道具として無駄にすることを止める人は誰一人としていないんですか?

 食べ物が無駄にされて行くのを見るのは、腹立たしく、そしてとてつもなく悲しい。250キロのオレンジで何ができると言い返されるだろう。戦争のために消えかけているでも、オレンジ一つが救える命はたくさん有る。

 悲しい。

無料コーヒーは、カフェをつぶすか?

2014.03.02
mywaitrosecard.jpg
(僕のにはロイヤル・ワラントは印刷されていない)

イギリス大手スーパーの一つ、ウェイトローズが(確か)昨年から始めた新しいカードがある。my Waitrose card。これはクレジット機能はないし、ポイントを貯めるベネフィットはない。特定の商品が割引になる特典の他に、始まった当初から何か起きるだろうと多くの人が予想したベネフィットが二つある。一つは、店内にカフェ・コーナーがあるウェイトローズでは、このカードを提示すると、買い物をしなくてもコーヒー等のホットドリンク一杯が無料になる。二つ目は、会計が£5−になると、特定の新聞を無料で提供するというもの。昨日、週末のファイナンシャル・タイムズに以下の記事が掲載された。

Labour creates storm in a coffee cup over Waitrose loyalty scheme
http://www.ft.com/cms/s/0/243ebf2c-a054-11e3-a72c-00144feab7de.html

(High quality global journalism requires investment. Please share this article with others using the link below, do not cut & paste the article. See our Ts&Cs and Copyright Policy for more detail. Email ftsales.support@ft.com to buy additional rights. http://www.ft.com/cms/s/0/243ebf2c-a054-11e3-a72c-00144feab7de.html#ixzz2uppggYCZ)

The Labour party has accused Waitrose of stealing trade from small high street shops by giving a million free coffees and newspapers to its customers every week.

In its latest salvo against big business, Labour said the myWaitrose loyalty scheme was having a “stark effect” on small coffee shops and newsagents across the UK.

Andy Sawford, shadow communities minister, has written to every MP with a local Waitrose asking them to press the chain to make changes to the scheme in the “spirit of fair competition”.

(High quality global journalism requires investment. Please share this article with others using the link below, do not cut & paste the article. See our Ts&Cs and Copyright Policy for more detail. Email ftsales.support@ft.com to buy additional rights. http://www.ft.com/cms/s/0/243ebf2c-a054-11e3-a72c-00144feab7de.html#ixzz2upplFdYB)

Mr Sawford urged MPs of all parties to write to Mark Price, managing director of Waitrose to tell “him that his company is acting in a way that will further destroy the British high street”.

Mr Price described Labour’s claimed as “nonsense” and said Mr Salford was “completely misguided”.

Until now Waitrose has been held up by politicians from all parties as the model of good capitalism. Nick Clegg has even called for a fairer “John Lewis economy” in reference to Waitrose’s parent company, which is owned by its staff.

Shoppers with a myWaitrose card are entitled to a free daily tea or coffee, including cappuccinos, lattes and mochas, even if they do not buy anything else in store. They also receive a free copy of most daily quality newspapers if they spend more than £5.

The scheme, which has about 4m members, has upset some traditional Waitrose shoppers, who feel that offering free hot beverages is attracting the “wrong type” of customers to the aspirational supermarket.

Waitrose is estimated to be giving away 1m free cups of coffee and nearly 1m newspapers to its 5.6m customers each week.

Mr Sawford, MP for Corby and East Northamptonshire, wrote in his letter that Waitrose had “many admirable characteristics” as an employer and contributor to local communities.

But he added: “I am concerned that its current customer loyalty scheme is having a very negative impact on specific types of local small businesses.”

The MP argued that the myWaitrose card was different to other supermarket loyalty schemes because it gives away products that are sold by independent newsagents and cafés.

“The company’s policy may be providing it with some competitive advantage in relation to other supermarket rivals but this is at the cost of the impact on these local small businesses,” he said. “I have seen the stark effects of the Waitrose scheme on the turnover of businesses in my own constituency.”

Labour has cast itself as a defender of customers and small companies against the interests of “big business”, pledging to introduce a cap on energy bills and a bankers’ bonus tax if it wins next year’s general election.

(High quality global journalism requires investment. Please share this article with others using the link below, do not cut & paste the article. See our Ts&Cs and Copyright Policy for more detail. Email ftsales.support@ft.com to buy additional rights. http://www.ft.com/cms/s/0/243ebf2c-a054-11e3-a72c-00144feab7de.html#ixzz2uppsxHk1)

However, Tim Britton, head of research at pollster YouGov, warned that it was “risky” for Labour to turn its fire on Waitrose because of its high satisfaction ratings and “very, very loyal customer base.”

“There aren’t many people thinking negative things about them, that makes it a dangerous business to attack,” said Mr Britton. “But people like them for behaving in the right way. If they’re seen as doing down the little guy it could rebound on them.”

Mr Britton said there had been a slight rise in “negative buzz” around Waitrose since it launched the loyalty scheme late last year.

One local newsagent, Chris Cant of Oundle News, said he had seen newspaper sales plunge a third since a local Waitrose opened in October. “The day they opened we started to get squeezed,” he said.

Mr Price rejected the criticism, saying the world needed to “wake up, frankly”.

He said newspaper circulation had gone up last year, partly because of Waitrose giving papers away

“What I feel I’m doing is just defending the freedom of the press,” he said. Mr Price said free hot beverages were “common currency” on the high street, with coffee shops, hotels and garages all giving them away.

“This is a completely misguided comment that fails to understand how the world is moving, and the relationship that businesses need to develop with their customers,” Mr Price said.

He also dismissed the idea that there had been “systematic abuse” of the Waitrose card to obtain free coffee, saying there was no evidence of people “freeloading”.


 このコーヒーと新聞無料が、地域の小さなカフェや新聞販売店を閉店の脅威にさらしている、労働党のある地方議員が噛み付いた、と。

 労働党が大嫌いのテレグラフが早速噛み付いた。

Labour backs down in 'absurd’ Waitrose row
http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/retailandconsumer/10670369/Labour-backs-down-in-absurd-Waitrose-row.html

 件の労働党議員が、他の大手スーパーから支援を受けている問い笑い話程度のものだし、政治家の横やりなんてこの程度の低次元のものと一笑に付すことができる。また、ウェイトローズの利用者から、この無料制度が、ウェイトローズのブランドイメイジにあわない人を多く呼び寄せているから困る、とのクレイムもある。

The Waitrose coffee revolt: Regular customers complain that free drink offer 'attracts too many chavs'
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2530902/The-Waitrose-coffee-revolt-Free-drink-offer-attracts-Chavs.html

 このような話は脇に置いて、でも、インパクトはあるだろうと思う。今日、友人と会う前によく使うブランチに行き顔見知りのフロア・マネイジャーにファイナンシャル・タイムズの記事を読んだか尋ねると、ある例を教えてくれた。

 曰く、ロンドンの新金融街のカナリィ・ワーフにあるウェイトローズは、このスキームが始まって以来、毎週、何千杯ものコーヒーを無料で提供している。その影響で、隣にあったコスタ・コーヒーの店が廃業に追い込まれたそうだ。

 僕自身はコーヒーは飲まないが、新聞の提供には恩恵を受けている。ガーディアンとタイムズは定期購読しているが、それ以上は予算的にはきつい。が、ウェイトローズでテレグラフを、特に土曜日のを無料(といっても他の買い物とあわせて)でゲットしている。新聞各社にもこれは、おそらくウェイトローズがかなりの部数を買い切りにしているであろうから、名目上は販売部数を上乗せでき、広告収入を伸ばすには好都合なのではないか。僕が新聞を購入している販売店でガーディアンを購入しているのは僕だけ、という事実もこれに関係しているのかなと思いつつ。
 
 政府の予想を遥かに超えて欧州圏からの移民が急増している現在。特に無料コーヒーは無くなるのではないかと想像する。

究極の正義とは、飢えた人をなくすこと

2014.03.02
Refugee-camp-in-Damascus--013.jpg
(ガーディアンから拝借)

上の写真をガーディアンは一面トップに大きく掲載した。文字情報を読まずに感じたことは、「こんな情景、21世紀であるはずがない」。

Queue for food in Syria's Yarmouk camp shows desperation of refugees
http://www.theguardian.com/world/2014/feb/26/queue-food-syria-yarmouk-camp-desperation-refugees

 いつどこで読んだのか今では全く思い出せないが、「今の時代ほど、世界中で戦争が起きている時代はない」と。そして、クリミア戦争はまた、繰り返されるのだろうか。おそらく、繰り返されるのだろう。

Martin-Rowson01Mar14.jpg
(ガーディアンから拝借)

http://www.theguardian.com/commentisfree/cartoon/2014/feb/28/martin-rowson-ukraine-russia-cartoon

 週末に届いた、家族が送ってくれた雑誌の中に、2013年10月に亡くなられた、やなせたかし さんについて、永六輔さんが書かれている。やなせ さんの言葉を声を大にして戦争を続ける大馬鹿ども、戦争を賛美する大馬鹿どもに伝えたい。

漫画家のやなせたかし さんといえばアンパンマンの生みの親として有名です。そのアンパンマンの中身のアンコは何か。僕は漉しアンが好きなので漉しアンと言いましたが、やなせさんは絶対に粒アンだと譲りませんでしたね。
「永さん、それには理由があるんです。たくさんの粒がないといけない。たくさんの人がいて、一つのことができるんです。漉しアンにしちゃうと一粒、一粒が残らないでしょ」
 やなせさんに言われました。だから、アンパンマンは粒アンでなければダメだと、僕も分かりました。

中略

アンパンマンはスーパーマンのように、超人的なヒーロではありません。困っている人に食べ物を届ける。あるいは植えた子供に自分の顔をちぎって差し出す。それがアンパンマンです。戦中、戦後の貧しい食料事情を体験したやなせさんだから、描けたものと言えます。
「人生で一番辛いのは、食べられないこと。究極の正義とは、飢えた人をなくすこと」
やなせさんの言葉です。


中略

さすがに引退を考え、その準備をはじめたとき、東日本大震災が起きた。
「アンパンマンが助けにきてくれる」
「(震災後)アンパンマンを見て、子供たちに笑顔が戻りました」
 そんな声がやなせさんに寄せられたそうです。すぐにやなせさんは被災地に出かけ、子供達を励まし満身創痍の身で仕事も続けた。
「正義って、普通の人が行うものなんです。偉い人や強い人だけが行うものではない。普通の人が目の前で溺れている子供を見て、思わず飛び込んでしまうような行為をいうんです」
 これもやなせさんの言葉です。だから、アンパンマンは漉しアンではなく粒アンなんです。僕らはそれを忘れず、伝えていかなければいけませんね。

(てんとう虫、2014年2月号、「永六輔のお話供養」、P.46、47から引用)

 莫大な食料が無駄に毎日、毎日、食べられることなく捨てられる世界のどこかで再び、食べ物を奪われて多くの人が死んで行く。いつか、地球は憎しみだけが充満した星になってしまうのか。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.