LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

2014年04月の記事一覧

2014.04.30 Les Talens Lyriques@ウィグモア・ホール、ファリネッリへのアリア
2014.04.28 ロンドン地下鉄、4月28日夜から48時間のストライキ
2014.04.27 F1ボス、バーニィ・エックルストンは、離婚で一銭たりとも資産を失っていない
2014.04.26 PUSH、ロンドン公演
2014.04.25 イギリスでの学生ヴィザ発効に、TOEICとTOEFLは認められなくなったそう
2014.04.23 IT音痴の理想のクラウド・サーヴィス
2014.04.23 グーグル・ドゥードゥルズ
2014.04.20 Sunday Brunch at Sixtyone Restaurant
2014.04.20 88歳の肖像:エリザベス女王、明日が誕生日
2014.04.18 イギリス国内でフードバンク利用者が100万人に
2014.04.18 平和をもたらすのは、歌:ガーディアンの沖縄レポート
2014.04.17 Les Talens Lyriques@ウィグモア・ホール、イースター・ウィークの音楽
2014.04.16 Persistent Genital Arousal Disorder: 持続性性喚起症候群、ガーディアンから
2014.04.16 Lest We Forget (忘れないために):イングリッシュ・ナショナル・バレエ
2014.04.15 ジェシ・ウィンチェスター、逝く:好きな歌い手がまた一人
2014.04.13 資源は大切2:直せるものはすぐに買い替えないで、直す
2014.04.13 資源は大切に1:近藤麻理恵さんの本でイギリスは変わるか?、変わらない(断言)
2014.04.11 冬の物語@ロイヤル・バレエ
2014.04.09 現代を生きて行けないから死を選んだ女性、または死を選べる時代に負けないぞ、と
2014.04.09 沖縄から来られた島袋克史さんの個展@ロンドン
2014.04.06 猫は春だって寝てばかり
2014.04.06 ロンドンも桜が満開
2014.04.02 パリを歩く
2014.04.02 Les Talens Lyriques@ウィグモア・ホール
2014.04.02 L'Ormindo (Francesco Cavalli) @ Sam Wanamaker Playhouse by ロイヤル・オペラ

Les Talens Lyriques@ウィグモア・ホール、ファリネッリへのアリア

2014.04.30
DSCN5213.jpg
(Christophe Rousset@ウィグモア・ホール)

4月28日、ウィグモア・ホールでLes Talens Lyriquesのレジデンシィの最後のリサイタル。テーマは、カストラートと言えば多くの人が真っ先に思い浮かべるであろう、ファリネッリに書かれたアリアの夕べ。

Performers
Les Talens Lyriques

Christophe Rousset: director, harpsichord
Ann Hallenberg: mezzo-soprano

Programme
Broschi

Son qual nave ch’agitata from Artaserse
Ombra fedele anch ’io from Idaspe

JC Bach

Symphony in G minor Op. 6 No. 6
Giacomelli

Già presso al termine from Adriano in Siria
Porpora

Se pietoso il tuo labbro from Semiramide riconosciuta
Alto Giove from Polifemo

Giacomelli

Passagier che incerto from Adriano in Siria
Hasse

Overture to Cleofide
Leo

Che legge spietata from Arbace
Cervo in bosco from Catone in Utica

About this concert

Vocal display and dazzling melodic invention mattered to the composers enlisted for Christophe Rousset’s latest adventure with Les Talens Lyriques at Wigmore Hall.

The Paris-based musicians, steeped in the historically informed performance of Baroque music, are in tune with the affective gestures at work in the music of unfairly neglected giants of 18th-century opera, the Neapolitans Nicola Porpora and Leonardo Leo not least among them.


 相変わらずバロックに関しては何も語ることができないままだが、素晴らしいコンサートだった。アン・ハレンベリについては寡聞にして何も知らなかったのだが、その類希な歌唱技術の美しさには、「これほどの歌手を今日まで知らなかったなんて」としか言いようがない。凄まじいコロラチューラ技術を披露した1曲目では、技術には圧倒されたものの、声の潤いがかけているように感じた。しかし、プログラムが進むにつれて、継ぎ目のないコロラチューラと言っていいであろう滑らかな歌唱は、凄いのだろうけどとても自然に声の美しさが感じられた。コロラチューラは別にバルトリだけではないのだなと改めて思った。
 
 ひげをそり落としたムシュー・ルセは相変わらずハープシコードが絶好調。彼のアンサンブルの演奏も集中力が途切れず、ロンドンに毎月来て欲しいほど。

 ラジオでライヴ放送されたこのリサイタルのアンコールは、ヘンデル作曲の「アルチーナ」から、"Sta nell'Ircana" 。バロックが専門の友人から教えてもらった情報だと、ルッジェーロのアリアとのこと。ルセ曰く、「ヘンデルはファリネッリには作曲していないけど」と。誰かから聞いたのか、どこかで読んだのか思い出せないが、ヘンデルが贔屓にしたカストラートはファリネッリではなく、カレスティーニ。

 件の友人にロンドンでは良質なバロックのリサイタルが少ないと愚痴った所、そんなことはない、と。例えば、これ。

https://www.barbican.org.uk/music/event-detail.asp?ID=14445

 ユリア・レジュネヴァ、是非聴きたいのだけど、タイミングが合わずに早々に断念したコンサート。チケット、まだかなり余裕があるので、伸び盛りの若い歌手の舞台を多くの人が体験できるように。

スポンサーサイト
Songs    Comment(2)   ↑Top

ロンドン地下鉄、4月28日夜から48時間のストライキ

2014.04.28
理由は、前回と同じ。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2147.html

ロンドン交通局からのアドヴァイス(PDFファイル)
http://www.tfl.gov.uk/cdn/static/cms/documents/strike-advance-travel-advice-28-to-30-apr.pdf

 ロンドン交通局から届いたメイル。

Dear Mr Moriya,

I am writing to share our provisional plans for what we will run on each Tube line during the planned strike action by the RMT union.

Travel advice

If the strikes go ahead, Tube services will be affected from:
Around 21:00 on Monday 28 April and throughout the whole of Tuesday 29 and Wednesday 30 April
Around 21:00 on Monday 5 May and throughout the whole of Tuesday 6, Wednesday 7 and Thursday 8 May

We will run as many trains as we can but there will be disruption, with some stations closed, including those with step-free access. Last trains will be earlier than usual on strike days.

The DLR, London Overground, and other rail services will operate normally but will busy. We will enhance our bus and river services on key routes. The ’Nearby’ feature on our new website gives you a map of all our services in your vicinity, such as bus stops and river piers as well as live information on departure times. Cycling or walking may be an option for shorter journeys.

To see what services we will try to run by Tube line, during next week’s strikes, please click here

A reduced Heathrow Express service will run on Tuesday 29 April and Wednesday 30 April due to separate strike action by the RMT.


 前回同様、来週の第2弾は回避されると期待しているがどうなるか。今週は、ヒースロー・エクスプレスでのストライキもあるようなので、ロンドンに来られる予定の方は、なるがままと諦めるか、もしくは歩き易い靴を履いて荷物は少なめに。

F1ボス、バーニィ・エックルストンは、離婚で一銭たりとも資産を失っていない

2014.04.27
今日のサンディ・テレグラフで、驚いたというよりも、自分で築き上げたとえは言え、ここまで金に固執するのかと半ば呆れた報道は、F1ボスのバーニィ・エックルストンに、5年前に離婚した2度目の妻名義のファンドから巨額の金が支払われているというもの。

Bernie Ecclestone handed £300m by ex-wife
http://www.telegraph.co.uk/motoring/news/10790042/Bernie-Ecclestone-handed-300m-by-ex-wife.html

Documents show that since his divorce in 2009 he has received half a billion dollars (£300m) from his ex-wife’s trust fund. In a highly unusual divorce settlement, rather than Mr Ecclestone paying Slavica Ecclestone a good chunk of his fortune, she appears to be paying him at the rate of $100m (£60m) a year.

The indictment states; “Since his divorce from his wife, the accused [Mr Ecclestone] has received payments on the basis of the British decree nisi. The payments amount to around $100m per year. The duration of the payments from the divorce decree is not known.”

Mr Ecclestone, 83, was married to Slavica, his second wife, for 24 years until their divorce in 2009 on the grounds of his 'unreasonable behaviour’. He married his third wife Fabiana Flosi in 2012. He was 82 and she was 35 at the time.

when they divorced five years ago - her announcement that she was separating came completely out of the blue - it had widely been assumed that she was in receipt of the biggest divorce settlement in history. Reports suggested that she had been given more than a billion dollars from her ex in a deal agreed behind closed doors.

The truth is - as with everything to do with Mr Ecclestone’s affairs - somewhat more complex.

According to the indictment, the details of the divorce settlement were given to the German prosecutors in testimony from Frédérique Flournoy, who is a director of the Ecclestone family’s Bambino trust.

The trust is based in the tax haven of Liechtenstein and its beneficiaries are Mr Ecclestone’s ex-wife and their two daughters Tamara and Petra. The offspring have become famous in their own right for leading extraordinarily lavish lifestyles.

The Bambino trust was set up in 1997 and into it went the proceeds from Mr Ecclestone’s sale of F1 in 2006 to a private equity firm. The trust is thought to be worth more than £2.4bn.

What Mr Ecclestone has been doing with his £60m a year trust payments is not entirely clear. While incredibly generous to his children, Mr Ecclestone - the son of a humble Suffolk trawler-man and who was born during the Great depression - is known to count every penny.


Mr Ecclestone’s financial arrangements following his divorce will have been aided by the best tax advice and legal advice his money can buy.

One divorce expert said that the $100m a year payments to Mr Ecclestone were unusual but perhaps not surprising given the set up of his finances.

“Unsurprisingly given the circumstances of the individuals in this case, the structure of this settlement would appear to be unusual,” said Julian Ribet, partner at leading specialist family law firm Levison Meltzer Pigott.

“Typically a wealthy husband would be making payments to his wife if he holds the majority of the assets, however where an individual has a financial 'resource' (such as regular income from a trust fund), this can be taken into account when deciding which party should make payments to the other.

“Settlements like these are very complicated and therefore need to be very carefully structured. One would expect high net worth individuals like Bernie and Slavica Ecclestone to have received the best legal and tax advice in several countries to ensure their divorce settlement is arranged in the most tax efficient way possible.”

It is understood Mr Ecclestone’s assets were transferred into his wife’s name in the late 1990s at a time when he was suffering from heart problems - he had a triple bypass in 1999 - and if he had died his inheritance for his children would have been subjected to British death duties.


 上に抜粋した部分を読むと、この2度目の離婚すら、結局資産にかかる税金を極力、というか税金を一切払わないための芝居ではないかとすら思えてくる。

 内容をごくかいつまんで書いてみる。1997年に設立された「バンビーノ・トラスト」はタックス・ヘイヴンのリヒテンシュタインにある。そのトラストにプールされている資産の恩恵を受けるのは別れた妻と、二人の間の娘二人。2006年にエックルストンがF1関連で巨額の資産を増やしたとき、その資産はトラストにまわされた。そして二人は2009年に離婚。

 エックルストンがF1を地球規模の、とりわけ金持ちのための「娯楽」に仕立て上げた手腕は凄いものが有ったのだろう。しかし、この報道を読むと、結局、F1という公害しか生み出さない茶番芝居に注ぎ込まれる巨額の金は、エックルストンと彼の家族を養うために他の人がいいように騙されて金を払っているのではないだろうか。

 交通網を遮断し、山のようにでるゴミ処理は税金から(と推測)、そしてF1カー開発の技術が一般人の暮らしのどこに貢献しているのか全く見えない僕には、F1をもてはやすのは、速攻で止めるべきだと思う。

PUSH、ロンドン公演

2014.04.26
スクリーンショット 2014-04-26 6.25.37
(2010年10月のアテネ公演のポスター。9月に撮影、https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/5065045900/

昨日サドラーズから、7月29日から8月3日まで、「PUSH」のロンドン再演が決まったとのメイルが届いた。久しぶりに観たいなと思ったのだけど、場所はコリセウム劇場。紹介しておきながらだけど、多分、行かない。

Sylvie Guillem and Russell Maliphant — PUSH
http://www.sadlerswells.com/whats-on/2014/Sylvie-Guillem-Russell-Maliphant-Push/

Sylvie Guillem is widely regarded as “the most brilliant ballerina of her generation” (The Guardian). Russell Maliphant has developed a unique approach to choreography, encompassing his vast experience of ballet and contemporary dance as well as capoeira, t’ai chi and yoga, to create a language which is elegant, articulate and resonant.

The production features four works, including Two, a dazzling solo which seems to trap Guillem in a box of light. The works are complemented by Michael Hulls' stunning lighting and accompanied by music from Andy Cowton, Carlos Montoya and Shirley Thompson.

Since its debut in 2005, PUSH has received four major awards: an Olivier Award, a Time Out Award, Best Choreography (Modern) at the National Dance Awards and the South Bank Show Dance Award.


 僕個人の思い込みなので参考にならないが、劇場がこのプロダクションには大きすぎるのではないかと思う。が、このプロダクションを観たことがない方には一度は観ておいても良いかなと。

 解説に書いてあるように、2005年9月のロンドンでの世界初演(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-410.html)。以来、世界中で公演が続いていることからも推察できルガ、振り付け、ダンサー、証明すべての水準が素晴らしく、文化背景が異なる国でも受け入れられている。サドラーズ発のプロダクションの中で、ダントツの成功例だろう。

 9月から始まる来シーズンの演目の中に、ギエムの新作があればと期待しているのだけど、どうかな。「6000 miles away」からもう3年だし。ギエムがまだ新しいことに挑戦し続けているのであれば、観たい。

イギリスでの学生ヴィザ発効に、TOEICとTOEFLは認められなくなったそう

2014.04.25
朝日新聞のウェブをざっと眺めていて気がついたニュース。

TOEICとTOEFL、英ビザ申請に使えず 4月から
http://www.asahi.com/articles/ASG4S5W6LG4SUTIL03C.html

英語力の証明に使われる国際的な検定試験「TOEIC(トーイック)」と「TOEFL(トーフル)」が、今月から英国ビザの申請に使えなくなったことが分かった。英国での試験で不正が発覚したため。TOEICの日本事務局は、英国渡航目的の受験者に受験料を返金する方針だ。

 留学支援業者によると、ビザを取得して英国の大学や大学院に留学する日本人は推定で年2千人。このほか、就労や移住を計画する人にも影響が出ている。

 きっかけは、2月の英BBCの報道。ロンドンであったTOEIC試験で、替え玉受験や試験監督が解答を読み上げる不正が行われていたと報じた。

 TOEICとTOEFLを運営する米国の非営利団体ETSは、英国で「下請け業者による違法行為」を確認し、英内務省と結んでいた、英語力証明に使うための契約を更新しないと今月17日に発表した。TOEFLも同じ契約に含まれており、ビザ申請には使えなくなった。同省も「英語力証明の根拠として、ETSが行うテストの受け入れを停止した」と発表した。


BBC
Student visa system fraud exposed in BBC investigation

http://www.bbc.co.uk/news/uk-26024375

ガーディアン
Student visa tests suspended over fraud claims

http://www.theguardian.com/uk-news/2014/feb/10/student-visa-tests-suspended-fraud

Update on TOEFL® Testing in the U.K.
http://www.ets.org/toefl/important_update/update_toefl_uk

TOEIC and TOEFL tests suspended
http://www.ukcisa.org.uk/studentnews/216/TOEIC-and-TOEFL-tests-suspended-%28update-3%29

 非欧州圏からの留学生を不法移民予備軍と見なすホーム・オフィスからすれば、当然の措置だろう。イギリス国内の大学棟、高等教育機関への留学を目的にしている人たちはIELTS、もしくはケンブリッジ英検プロフィシエンシィ・レヴェルの勉強をしているだろうから影響は少ないと思う。逆に、どこに留学するかを絞り込んでいないけど、とりあえず英語力の試験を受けておこうということでトーフルの準備をしていて、やっぱりイギリスにということになると、結構厳しいのではないかと想像する。

 ただ、2014年の秋にイギリス留学を考えている人は、既にアイエルツをうけているだろう。4月下旬にもかかわらず今年の9月から留学、でもアイエルツを受けていません、というのは遅すぎ。

 イギリスらしいと思ったこと。幾つか、思いつく大学のサイトをざっと読み飛ばしたのだが、この変更を報じている大学は皆無だった。留学生が払う学費が収入にもかかわらず、この体たらく。

[追記]
 ウォリック大学が情報をアップデイトしている。

TIER 4 VISA WARNING: TOEFL no longer acceptable for visa purposes
http://www2.warwick.ac.uk/fac/soc/al/news1/?newsItem=094d43f54588f08a01458e70a8af27e1

 心配な人は、専門家に尋ねるように。素人同士が情報を交換しても、高い代償を払って何も得られない。また、このブログは、語学、及びヴィザについてのブログではないことを強調しておく。

IT音痴の理想のクラウド・サーヴィス

2014.04.23
最近、ウィンドウズを使っていないので的外れ、もしくは失礼なことなのかもしれないが、ことラップトップの利用に関しては、延々と続くプログラムの修正・アップデイトで時間を強制的に無駄にされることが少なくなり、快適。

 しかし、問題もある。提出しなければならない文書の多くは、マイクロソフトのワードであることが多い。それだけ多くの人にとって使い易く、また利用するためのアクセスが多いということでもあり、その点を愚痴るつもりではない。

 今年の始め頃までは、日本語、英語ともにグーグル・ドライヴで作成し、送る際は受け取り側ではワードに変換されて読めるように送っていた。過去形なのは、どうしてだか判らないが、急にGDへのアクセスが上手く行かなくなったため。

 もう一つ。GDは自分で文書だけを書くのであれば、至って使い易く、また相手に送る際のオプションも選び易い。問題が起こるのは、ダウンロードしたワード文書が表を多用していたり、独自のロゴを入れていると、GDで開いた場合、表、罫線やロゴが大きく崩れてしまい、先方にもとの表やロゴをきちんと残した形で送り返せない。

cloud.jpg
(画像はすべてグーグルでcloud systemで画像検索して見つけた)

 最近は、ダウンロードしたワード・ファイルをオープン・オフィスで開いて書き上げることが多い。が、ここでも不満というかもやもやした気分になるのは、オープン・オフィスのファイルが先方できちんと変換できるのかどうかが、僕の所では判らない。ということで、書き上げたファイルを図書館等のPCでワードで開いて仕上げて送るという、結構めんどうなことをしている。

cloud-computing.jpg

 やっと本題。書き上げたファイルをローカルには保存したくないので、現在はメイルで自分に送っておいて保存しておく。これもまた、クラウド・システムと言えるかなと。で、いつもいつも、ITのことでお世話になっている友人達に、どのクラウド・システムが良いかを尋ねて、回答をもらっている途中、現在の自分の状況で望むシステムはこんなもの、という大まかなイメイジが沸いてきた。

 友人が教えてくれた情報の一つはこれ。

http://www.thinkfree.com/main.jsp

 説明を読んで、グーグル・アカウントで利用するか云々の所がさっぱり判らないのでまだ利用を始めいていないが、説明を読みながら考えたこと。

 まず、ブラウザ、例えばファイア・フォックスでthinkfreeを開いておく。あるサイトからワード文書をダウンロードする必要があるが、自分のMacBookにはワードがない。しかしながら、thinkfreeが有料会員向けに、個人ではウィンドウズのライセンスを持っていなくても、ワードが使えるようになっているとする。文書をダウンロードすると、自動的にそのワード・ファイルはthinkfreeに連動して画面上にワード・ファイルが展開される。書き込みや編集が終われば、thinkfreeで保存して、別の移動先でも同様にすぐに作業ができる。そうすれば、自分のMacBookだけでなく、移動先の環境に左右されずに、またソフトウェアのヴァージョンを気にすることなく作業ができるのではないか、とIT音痴は考える。

 この発想のもとは、ロンドンやパリ、ニュー・ヨークなど世界の大都市で普及している貸し自転車システム。僕は年会費を払って利用している。会費を払って必要な時に自転車を利用し、使い終わったらロンドンの至る所にある駐輪所に戻す。維持にかかる費用や手間を考える必要はない。自分では持てない、維持できないものを多くの場所で簡単に共有できるのは、クラウド・システムと似ているように思う。
 冗長かもしれないが、言い換えると。自分の意志が、自分の体(=ラップトップ)を使って自転車(=ワード等のソフトウェア)を駐輪所(=クラウド・システム)から借り受ける。利用(=編集作業)が終わり駐輪所に戻す(=クラウド上に保存、自分の家に持ち帰る必要はない)。こんな感じだろう。

 ウィンドウズにしろ、アップルにしろ、コンピューターを買いました、なのでソフトウェアも買わなければなりません、更にそのメンテも自分でやらなければなりませんって、そろそろ変化が有っても良いのではないかと思う。有形・無形にかかわらず、自分の身の回りはすっきりさせたいという希望もある。

 それとも、僕が望むことは既に始まっているのだろうか?

Cloud-Computing-Sprawl.jpg

グーグル・ドゥードゥルズ

2014.04.23
グーグルが、突拍子もない記念日を祝うためにロゴを変えることは多くの人が知っていると思う。昨日のアースディのドゥードゥルは以下の通り。

スクリーンショット 2014-04-22 19.29.32

スクリーンショット 2014-04-22 19.29.59

スクリーンショット 2014-04-22 19.29.11

スクリーンショット 2014-04-22 19.28.59

スクリーンショット 2014-04-22 19.28.42

スクリーンショット 2014-04-22 19.28.31

 昨日のは世界共通だったが、日本同様、イギリスにちなんだ独自のものがある。例えば、今日、4月23日。

st-georges-day-5188121482231808-hp.jpg

 セント・ジョージズ・ディ。2週間ほど前に、オブザーヴァ紙がドゥードゥルのことを取り上げた。

Meet the people behind the Google Doodles
http://www.theguardian.com/technology/2014/apr/12/meet-people-behind-google-doodles-logo

The most inventive Google Doodles - in pictures
http://www.theguardian.com/technology/gallery/2014/apr/12/most-inventive-google-doodles-in-pictures

 ドゥードゥルは楽しいが、利用者のプライヴァシィに踏み込みすぎるのは止めて欲しいなと。

Sunday Brunch at Sixtyone Restaurant

2014.04.20
朝はかなり冷え込むが、好天が続いていたロンドンの天気も、連休の日曜日はやっぱり雨。庭や街路樹には良いお湿りだろう。今年はタイミングとしてはとても遅いイースター。何もするつもりはなかったのだが、友人に誘われて、サンディ・ブランチを、初めてのレストランで試し、これが大当たり。

Sixtyone Restaurant
http://sixtyonerestaurant.co.uk/

 サンディ・ブランチは税込みで2コースで£22−、3コースで£28ー。これにはグラス・シャンペンが含まれる。サーヴィス・チャージは加算されるが、サーヴィスもとても素晴らしくお値打ち。

スクリーンショット 2014-04-20 17.14.23

 タコのカルパッチョ。見た目、味がするのかと思うほど薄いが、口の中に広がる味、食感はまぎれもなく、タコ。

スクリーンショット 2014-04-20 17.14.43

 ロースト・ビーフ。ビーフも美味かったのだが、付け合わせのグリルド・ガーリックの甘さが良いスパイス。

スクリーンショット 2014-04-20 17.14.58

 チョコレイト・ムースの中にはマンダリン(日本の温州みかんに似ている)のジュレ、皿の上の黄色いのはゆずの味。ロンドンで「ゆず味」というと日本料理店でもあまりあたりがないのだが、本当にゆずの味がした。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157644179802623/

 焦げ茶色のパンは、マーマイトを織り込んだパントのこと。そのことを知らないまま食べたら、とても美味しくて、追加を頼んだ時に「マーマイトのパンですね?!」と言われて二度吃驚。

 オックスフォード・ストリート周辺は、コスト・パフォーマンスが見合ったレストランを見つけるのがけっこう難しい。このレストランは2013年の11月にオープンしたとのこと。場所の割には値段は手頃だと思う。エクスプレス・ランチは£15−だから、訳の判らないデリに行くよりずっと確実だと思う。サーヴィスもきびきびしていて爽やか。お勧め。

88歳の肖像:エリザベス女王、明日が誕生日

2014.04.20
David-Bailey-portrait-of--004.jpg

David Bailey portrait of Queen released to mark her 88th birthday
http://www.theguardian.com/uk-news/2014/apr/20/david-bailey-portrait-queen-88th-birthday#zoomed-picture

良い笑顔。ちなみに、デイヴィッド・ベイリィはこんな親父。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2036.html

 個人的には、チャールズさんが王になっても良いのではと思っているが、この笑顔が今のイギリスには必要なのかなとも思う。

 ちなみに、チャールズさんは庭の丹精に忙しいようだ。

Prince Charles on his Highgrove garden
http://www.telegraph.co.uk/gardening/gardenstovisit/10757954/Prince-Charles-on-his-Highgrove-garden.html

イギリス国内でフードバンク利用者が100万人に

2014.04.18
今週、個人的に大きなニュースと感じたのは、昨年度、イギリス国内でフードバンク(生活費の困窮や、子供の学費や居住費を払った後に食費が枯渇した人々への救済場所)利用者が100万人に達するとの報道。

The food poverty scandal that shames Britain: Nearly 1m people rely on handouts to eat – and benefit reforms may be to blame
http://www.independent.co.uk/news/uk/politics/churches-unite-to-act-on-food-poverty-600-leaders-from-all-denominations-demand-government-uturn-on-punitive-benefits-sanctions-9263035.html

More than 900,000 people were given emergency food in the past year, an increase of 163 per cent, according to figures from the Trussell Trust, the biggest food bank charity. The explosion in demand has coincided with an increase in those seeking help following a benefit sanction.

A coalition of anti-poverty charities, including the Trussell Trust, claims the figures show that the UK is breaching international law by violating the human right to food.


 昨年後半くらいから、今回の記事でも取り上げられているトラッセル・トラストによる調査、統計が発表になるたびに政府が主張するのは、「無料で食料が入手できるフードバンクが増えるから、利用者がそれによって増えているのであって、政府が進めている社会福祉の見直しが食料を購入できない人たちを増やしているのではない」との詭弁を曲げない。

 しかしながら、昨年春から始まった住宅保護の削減(いわゆるベッドルーム・タックス、正式名称はunder occupancy charge)、障がい者生活支援費用の支給基準の厳格化等々で、毎週の生活費が大幅に削減された人たちの数は急増しているようだ。

pg-4-food-bank-graph-1.jpg
(インディペンド紙から無断転載)

 イースターの週末だからという穿った見方もできるが、宗教界の重鎮達が、国内の「食料危機」について政府への公開書状を発表した。

Open letter to the leaders of the three main political parties about UK hunger

http://www.theguardian.com/society/2014/apr/16/open-letter-leaders-three-main-parties-hunger

Hunger is a 'national crisis', religious leaders tell Cameron
http://www.theguardian.com/society/2014/apr/16/million-people-britain-food-banks-religious-leaders-faith-groups

Religious leaders and faith groups have called on the government to take action to tackle a "national crisis" of rising hunger and food poverty, as latest figures suggest more than a million Britons have been helped by food banks in the past year.

More than 40 Anglican bishops and 600 church leaders have signed a letter, calling on David Cameron, Nick Clegg and Ed Miliband to tackle the causes of food poverty, including low wages, rising food prices and an inadequate welfare benefit safety net.

The letter said the period running up to Easter had been a time of "sorrowful and deep reflection" for people of all faiths on what it calls the terrible rise in hunger in Britain, and urged society to "begin rising to the challenge of this national crisis".


 4年ぶりくらいに賃金上昇の動きが活発化し、失業率も急速に改善しているとの報道の中で、福祉切り捨てで身動きができなくなった人たちの生活が改善されるまでどれくらいの時間がかかるかということを政府は考えなければと思うのだが。 

平和をもたらすのは、歌:ガーディアンの沖縄レポート

2014.04.18
コメント欄が閉じられているのは解せないが、ガーディアンの日本在住記者、ジャスティン氏による沖縄に関するニュースが今日、掲載された。

Okinawa's musicians provide a focus for Japanese protest against US bases
http://www.theguardian.com/world/2014/apr/17/okinawa-musicians-focus-japanese-protest-military-bases

If an island of 1.4m people can be summed up in a sound, it is that of the sanshin. Where there are people on Okinawa, a Japanese island almost 1,000 miles south of Tokyo, the distinctive tones of the three-stringed instrument are never far away.

Music is deeply rooted in Okinawa's tragic place in Japan's history and the conduit for its modern grievances against the glut of US military bases on the island. As Barack Obama prepares to visit Tokyo to meet Japan's prime minister, Shinzo Abe, later in April, the anti-war message of sanshin players such as Shoukichi Kina and Misako Oshiro is back in vogue as the subtropical island confronts its biggest political challenge since it reverted from US to Japanese rule in the 1970s.


Less than a century after it was forcibly made part of Japan, Okinawa was the scene of one of the second world war's bloodiest battles. An estimated 240,000 Japanese and Americans died, including more than a quarter of Okinawa's civilian population, after US forces invaded in June 1945. Japanese troops distributed grenades to civilians, urging them to commit suicide or risk being raped and murdered by American soldiers.

"There are lots of songs about how terribly the Okinawans were treated in the war," said John Potter, the author of the only English-language book on Okinawan music and a prolific blogger on the subject.

Lucy Nagamine, a Peruvian-born singer whose grandparents left Okinawa shortly before the war, learned classical Ryukyu music from her grandmother and picked up her deceased grandfather's sanshin at the age of 10.

Before settling in her ancestral homeland several years ago, Lucy often sang for Okinawan immigrants in Peru who were desperate to preserve the emotional ties with home. "Now I'm here in Okinawa, away from the country of my birth, I know how my grandparents and other immigrants felt," she said in between songs at her regular venue, a restaurant in Naha.

"In those days immigrants had nothing to do except sing and play the sanshin. It was a central part of their existence, and why music and the Okinawan lifestyle are closely intertwined, even today."


 記事の後半で紹介されているのはネーネーズ



https://www.youtube.com/watch?v=bjJU9tOPPwY

 オバマ大統領が沖縄を訪問するとは思えないし、正直、たとえ彼が沖縄を訪問したとしても何かがすぐに変わることはないだろう。でも、沖縄のアメリカ軍基地が減ることへの新たな動き、うねりにつながるかなと。

 最近思うのは、ジャスティン氏、沖縄が好きなんじゃないかな。状況は全く違うが、スコットランドの独立の課題、大小多くの島を領域に抱えるイギリスには共通する課題があるだろうとも思う。また、沖縄と同じように南米、特にアルゼンチンに多くの人を送り出したウェイルズは歌が盛んな地域。交流が生まれたら面白いだろうな。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1034.html

 沖縄に行く人への希望。美ら海を観に行くときは高速を使わなずに58号線経由で。そうすれば、嘉手納基地がどれほど大きいかがよく判るから。

Heaven's hell - Cocco with Bank Band LIVE


https://www.youtube.com/watch?v=Tg0p-xnbEMs

Les Talens Lyriques@ウィグモア・ホール、イースター・ウィークの音楽

2014.04.17
DSCN5141.jpg
(クリストフ・ルセ。彼の後ろにあるのはオルガンとハープシコード)

昨晩、ウィグモア・ホールで再び、Les Talens Lyriques。前回同様、ルセ自身のアンサンブルではなく、ルセ自身、ソプラノが二人、ヴィオラ・ダ・ガンバの4人という小編成。

Performers
Les Talens Lyriques

Christophe Rousset
director, harpsichord, organ

Amel Brahim-Djelloul
soprano

Judith van Wanroij
soprano

François Joubert-Caillet
viola da gamba

Programme
Charpentier

Seconde leçon du jeudi
Septième répons après la première leçon du troisième nocturne
Cinquième répons après la seconde leçon du second nocturne
Second répons après la seconde leçon du premier nocturne

Couperin

Trois Leçons de ténèbres pour le Mercredi Saint
About this concert

Among symbolic acts associated with the Holy Week liturgy, one of the most dramatic concerns the snuffing out of fifteen candles during the Office of Tenebrae, the nocturnal service observed on Maundy Thursday, Good Friday and Holy Saturday.

Christophe Rousset and Les Talens Lyriques evoke the ritual’s unique power and beauty through the Leçons de Ténèbres of Charpentier and Couperin – profound musical responses to words from the Lamentations of Jeremiah.


 演奏された音楽は、今週末がイースターということで意味のあるものだったのだろうけど、あいにく、知識がないので何も語ることができない。全体を通しての印象は、高らかに歌い上げるのではなく、暖かみを感じる内省的な曲が多かった。

 今回もまた、クリストフ・ルセの技術に感心した。前回、写真を撮っていたら注意されたので今回は控えたのだが、オルガンとハープシコードを重ね、曲毎にオルガン、ハープシコードを弾き分けていた。全くよどみのない動きだったが、鍵盤のタッチが違うだろうから難しいのではないかとおもう。

 余談。つい先日まで、アメリカもイースターで休みになると思い込んでいた。調べたことなかったことに気づき検索してみたら休みではない。かなり吃驚。

Songs    Comment(0)   ↑Top

Persistent Genital Arousal Disorder: 持続性性喚起症候群、ガーディアンから

2014.04.16
昨日のガーディアンのG2に掲載されていた記事に、このような身体的、結果として精神的な苦痛を何十年も抱える女性達が居るのか、と驚いた。

Women with persistent genital arousal disorder: 'People hear orgasm and they think it's a good thing'
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2014/apr/14/women-persistent-genital-arousal-disorder-orgasm-pgad-pain

"Nurse has 100 orgasms a day", blurts a 2012 headline in the Sun. It reads more like the title of a film on YouPorn than the start of an article about a debilitating medical condition.

Underneath is a picture of Kim Ramsey, a 46-year-old British woman who has lived with the incurable illness known as Persistent Genital Arousal Disorder (PGAD) for six years. More often than not, PGAD sufferers are treated as hypersexual oddities. From the Daily Mail's "I climax every 30 seconds" to the Mirror's "I have 100 orgasms a day!", women with PGAD are repeatedly and incorrectly labelled nymphomaniacs.

But PGAD actually has very little to do with orgasms, and absolutely nothing to do with pleasure. The condition, largely suffered by women, is characterised by an implacable feeling of genital congestion and pelvic pain. Those who have it often feel permanently on the verge of an orgasm that they can't complete – a sort of chronic clitoral constipation.


"People hear orgasm and they think it's a good thing," says Kellie, a 33-year-old Canadian with PGAD. "Being on the edge of an orgasm 24 hours a day, to the point where you can't sleep, you can't function, you can't even think straight – that's not fun." For many PGAD sufferers, the urge to masturbate is overwhelming. But both Ramsey and Kellie explain that this can greatly intensify symptoms. Kellie says that she avoids masturbation at all costs. She is undergoing cognitive behavioural therapy, and finds that activities such as mindfulness meditation and swimming help to keep her calm. But the underlying symptoms are unavoidable.

In 2012, two women with PGAD, one in the US and one in the Netherlands, killed themselves. Gretchen Molannen from Florida, who was a member of the same online support group as Ramsey, was 39 when she took her life. She had lived with PGAD for 16 years. Ramsey, who never actually met Molannen but had emailed with her, and other group members contributed to the cost of her funeral.

Ramsey feels that the sexual health industry focuses on other problems, such as erectile dysfunction and inability to reach orgasm, while PGAD is largely ignored. "Good girls don't talk about sex," she jokes, bitterly. For this reason, she's a member of the American Association of Sexual Educators, Counsellors and Therapists (Aasect), and is hoping to educate people about PGAD. Women with the condition are often forced to be their own advocates, and she wants to help them. In the meantime? Ramsey quotes Winston Churchill: "If you're going through hell, keep going."

 コメント欄をざっと読むと、インタヴューを受けたラムゼイさんがサン紙からお金を受け取ったかどうかに論をずらそうとする読者がかなり居る。また、ガーディアンのコメント欄で、これほど管理者が削除したコメントの多いことに、この症状の本質を理解しないで、女性を攻撃するだけの人間が多いことが伺える。おそらく男性が多いのだろうけど、では、「24時間、ひっきりなしに実際に射精できることなく射精感覚が続き、その感覚を自分でコントロールできない状況は、快感ですか?」と。

 このような症状の現状を学べるようなワークショップを探しているのだが、ロンドンですら全く見つけることができない。

Lest We Forget (忘れないために):イングリッシュ・ナショナル・バレエ

2014.04.16
DSCN5129.jpg

今年は第一次世界大戦が勃発して100年ということで、そのメモリアル・イヤーから終戦100年にあたる2018年まで多くの催しが企画されていることが発表になっている。

LIGHTS OUT: CONTEMPORARY ARTISTS THROW A NEW LIGHT ON FIRST WORLD WAR

Dazzle Ships, memory and the theatre of war are key themes of the first commissions for 14-18 NOW, the official cultural programme for the First World War Centenary Commemorations, which were announced today at a press conference attended by Secretary of State for Culture, Media and Sport, Rt Hon Maria Miller MP. The programme will take place from June to August 2014.

From a wood in Monmouthshire to the salt-marshes of Orford Ness, from Liverpool Docks to the Cathedral quarter of Belfast, from the site of the trials of conscientious objectors in Battersea to Worcester Cathedral, Glasgow’s Merchant City and villages in Cornwall, artists across the UK will create new works in response to the events of the First World War.

Ranging widely from large-scale, free outdoor events to intimate, immersive theatre works, the programme including dance, installations, cartoons, a Late Night Prom, a major new choral commission, performances in care homes, live music, short films, poetry, photography and new works of literature.

Artists taking part include: BalletBoyz, Neil Bartlett, Malorie Blackman, Sebastian Faulks, Stephen Fry, Anya Gallaccio, Katie Mitchell, Andrew Motion, Kate Pullinger, Torsten Rasch, Owen Sheers, Lemn Sissay,Ralph Steadman, Richard Thompson, Colm Tóibín, Richard Wentworth and Jeanette Winterson.

14-18 NOW centres around three key moments: 4 August 2014 (Anniversary of the Declaration of War), July 2016 (start of the Battle of the Somme) and November 2018 (Centenary of the Armistice). The commissions announced today will focus on the first key moment and will take place from June to August this year.

The 2014 programme will culminate on the Anniversary of the Declaration of War on 4 August 2014. There will be a special Late Night Prom featuring a significant new work. Later in the evening, people across the country will be invited to mark the moment of the anniversary itself by turning off their lights and replacing them with one single light, echoing Sir Edward Grey’s famous epitaph for the era: “the lamps are going out all over Europe.”


 この企画に入っているかどうかよく判らないが、イングリッシュ・ナショナル・バレエがバービカンの舞台に初めて進出したミックス・プログラムは、第一次世界大戦のことを忘れない、という趣旨のもの。タマラ・ロホの意欲が素晴らしい成功を導いた、とても面白い舞台だった。4月12日の最後の舞台で、タマラ・ロホの踊りを久しぶりに観られたのも嬉しかった。

English National Ballet
Lest We Forget

Award-winning British contemporary choreographers Akram Khan, Russell Maliphant and up-and-coming classical ballet choreographer Liam Scarlett have each been commissioned to create new work to reflect the moving and powerful impact of the First World War on those setting off to fight and those left behind.

Khan’s work (Dust) explores the empowerment of women in the war whilst Maliphant’s will convey the sacrifice of the men in Second Breath . Scarlett’s work, called No Man's Land, explores the relationship between men and the women they leave behind – the loss and longing. The programme is completed by George Williamson’s re-worked Firebird set to the commanding Stravinsky score.

This is the first time that Khan and Maliphant have collaborated with a classical ballet company in creating work that fuses the classical ballet traditions with modern contemporary dance.

The programme promises to be a landmark event in British Ballet appealing to contemporary dance audiences as well as ballet devotees.


English National Ballet: Lest We Forget review – Compelling quartet on war
http://www.theguardian.com/stage/2014/apr/03/enb-lest-we-forget-review

 批評家がバランスを崩していると批判しているジョージ・ウィリアムソンの「火の鳥」は振り付け自体はとても良かった。ただし、振付家自身の蘊蓄はかなり邪魔だったし、演目の趣旨から観ると、外れていたとの指摘にはうなずける。

 リアム・スカーレットは、着実に力を伸ばしている。前半はダンス自体の強さを感じられなかったのだが、主役二人への振り付けは物語にあふれていた。

 ラッセル・マリファントはプログラムの中で、「20人のダンサーに振付けるのは初めての経験」と言っている。すべてを観ている訳ではないが、これまで観てきた彼の振り付けの中で、4人以上のダンサーが踊る演目では、マリファントの焦点が緊張性を書く印象がある。
 出だしがとても面白かった。舞台に立つダンサーのムーヴメントが、まるで海底の砂地で揺れる海草のよう。最終公演にもかかわらず、イングリッシュ・ナショナル・バレエのダンサー達がマリファントの振り付けを自分たちのものにするのに格闘しているような印象だった。

 最も面白かったのは、最後のカーンの「ダスト」。正直、中心の二人の踊り(観た日はカーン自身とタマラ・ロホ)の一部は「セイクレッド・モンスターズ」のようだった。でも、全体を通してこのミックス・プログラムの趣旨を見事に表していたように思う。なんと言っても始まった直後のダンサー達のムーヴメントの美しさ、静謐さ、そして悲しみには、振り付けにはまだこのような可能性があるんだなと。

 「ダスト」のカーテンコールが終わり下がったカーテンの向こう側からダンサー達の歓声と拍手が聞こえた。彼らにとっても素晴らしい挑戦だったのだろう。巡業バレエ・カンパニーという存在を維持しつつ、どのように芸術性を高めて行くかは、タマラ・ロホの挑戦がどれほど多くの支持者を惹きつけるかによるのだろう。再演するのであれば、「火の鳥」は外した方が良いだろう。

ジェシ・ウィンチェスター、逝く:好きな歌い手がまた一人

2014.04.15
jesse_winchester_screen.png

昨日のガーディアンのお悔やみセクションに、とてつもなく懐かしいけど一瞬、誰だか思い出せなかった名前が。

Jesse Winchester

Jesse Winchester obituary
http://www.theguardian.com/music/2014/apr/13/jesse-winchester

Jesse Winchester, musician and songwriter, dies
http://www.theguardian.com/music/2014/apr/12/jesse-winchester-musician-songwriter-dies

名ソングライターのジェシ・ウィンチェスターが69歳で他界
http://ro69.jp/news/detail/100324

 引用はガーディアンから。

Under different circumstances Jesse Winchester, who has died of cancer aged 69, could have joined the pantheon of 1970s singer-songwriters that included the likes of Jackson Browne and James Taylor. Instead, following his decision in 1967 to leave his native US for Canada to avoid being drafted to the Vietnam war, Winchester remained a slightly remote figure, though he became very much the songwriter's songwriter. While plying his trade north of the border he became known largely through cover versions of his songs by artists such as Tim Hardin, Joan Baez, Emmylou Harris, the Everly Brothers, Tom Rush and Jimmy Buffett.

He did well academically too, studying German at Williams College in Williamstown, Massachusetts, and spending a year at the University of Munich, where his attentions were divided between studies and playing with a rock band. He graduated from Williams in 1966, but when he received his military draft notice the following year he moved to Montreal. "I was so offended by someone's coming up to me and presuming to tell me who I should kill and what my life was worth," he said in a 1977 interview with Rolling Stone magazine. Though he arrived in Canada with only a few hundred dollars and no contacts, he was soon playing regularly with local bands, including as guitarist with a French-Canadian dance group, Les Astronautes, and as singer and guitarist with an R&B outfit called the John Cold Water Group. He had now begun to write songs, and decided to strike out on his own as a singer-songwriter.

From 1977 he was able to perform in the US, though this caused him pangs of conscience: "It doesn't seem fair to turn your back on your country and then come back when the coast is clear and make money," he said. He now recorded in America, too, cutting Nothing But a Breeze (1976) in Nashville and Talk Memphis (1981) in Memphis, with Al Green's producer Willie Mitchell.


 ヴィエトナム戦争への徴兵を忌避してカナダへという歴史は、彼の歌に鮮烈に反映されている。それ以降も、実直に活動を続けていたようだ。記事によると、今年の8月発表予定の音源を録音していたらしい。聴ける機会が訪れることを切望。

 僕自身、誇れるほど彼の、特に21世紀に入ってからの活動を追っては居なかった。昨晩、YTで彼の歌やインタヴューを聴いて、彼の音楽に巡り会えることができたのは、幸運だったと改めて思う。YTのコメント欄には、彼の訃報で初めて名前を知って、「彼のような素晴らしい歌手が居たんですか?」の様な書き込みがけっこうある。

 日本では、ウィンチェスターのファースト・アルバムが簡単に入手できる。

http://shop.wmg.jp/items/WPCR-15225

Brand New Tennessee Waltz- Jesse Winchester


https://www.youtube.com/watch?v=miPS0LYquUc

 日程的にとても厳しいけど、来月のエミルー・ハリスのコンサート、行けるかどうか検討しよう。

http://www.barbican.org.uk/music/event-detail.asp?ID=16106

 自分のためにも。もう一人、YTから。

Craig Doerge - The trouble With A Woman


https://www.youtube.com/watch?v=5WemK-LsCKQ

Songs    Comment(0)   ↑Top

資源は大切2:直せるものはすぐに買い替えないで、直す

2014.04.13
分量が多いのでリンクを張るだけ。

 昨日、土曜日のデイリィ・テレグラフの付録雑誌に、壊れた電化製品を直して使えるようにする活動をロンドン、そして世界にネットワークを広げているグループのことが紹介されていた。

Don't throw away your broken laptop - fix it
http://www.telegraph.co.uk/technology/technology-events/10755968/Dont-throw-away-your-broken-laptop-fix-it.html

 それほど長い記事ではないので、読んでみてください。リンクしてある記事の中程に、iPhoneを分解してひびの入ったスクリーンを交換する工程のヴィデオがある。実際にやることになったら、終わるまでくしゃみができない。

 で、この記事を読んで思い出したのが、昨年末に報道された、コンピューター等の捨てられた製品がアフリカ諸国で違法に廃棄処分されている。それらの廃棄物の中に含まれる有毒物質の扱いをどうするのかと。

'This is not a good place to live': inside Ghana's dump for electronic waste
http://www.theguardian.com/world/2013/dec/14/ghana-dump-electronic-waste-not-good-place-live

Toxic 'e-waste' dumped in poor nations, says United Nations
http://www.theguardian.com/global-development/2013/dec/14/toxic-ewaste-illegal-dumping-developing-countries

 別にマイクロソフトだけではないが、デジタル商品、もっと長く使えるように、修理へのアクセスももっと簡単にできるようにするべきではないだろうか。消費し続けるだけだと、いずれこのような有毒部品が自分たちの生活を脅かすようになることを、多くの人が考えるべきなのではないか。

 日本は、技術大国としての威信を取り戻したいのであれば、このような分野で活躍できる国だと思う。

資源は大切に1:近藤麻理恵さんの本でイギリスは変わるか?、変わらない(断言)

2014.04.13
MarieKondo.jpg

今日のサンディ・タイムズのHomeセクションで、近藤麻理恵さんという方の片付け本が紹介されていた。タイムズはリンクを張れないので、デイリィ・メイルから。

Living space: Time for a spring clear-out?
http://www.dailymail.co.uk/home/you/article-2585222/Living-space-Time-spring-clear-out.html

 このような本が翻訳されて紹介されるのは素晴らしいと思う。でも、近藤さんの素晴らしい志と意欲でイギリスが変わるかと訊かれれば、絶対に変わらない。

 昨年の11月くらいに日本で話題になった、イギリス人独身男性がベッドのシーツを替えるのは年に4回だけという記事。

Ugh! Single men change bed sheets just four times a YEAR... and two thirds have 'several' guests stay in that time
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2398721/Ugh-Single-men-change-bed-sheets-just-times-YEAR--thirds-guests-stay-time.html

 日本の「おたく」とは全く別の意味合いで、大人になることができないイギリス人男性は、掃いて捨てたくても捨てきれないほどたくさん居る。彼らは誰かが替えてくれるならそれを当然のこととして受け入れて、では自分でもやってみよう、とは絶対に思わない、行動に移さない。

 近藤さんの本が、このようなイギリス人男性に、「そうか、日本人女性と結婚すれば、片付けを全てやってくれるんだ」との歪んだ情報にならないことを、心から祈る。

Books    Comment(2)   ↑Top

冬の物語@ロイヤル・バレエ

2014.04.11
スクリーンショット 2014-04-11 18.20.44
(初日のカーテンコール。ヤナウスキィが本当に素晴らしかった)

ロイヤル・バレエの新作全幕バレエ、「The Winter's Tale」を世界初演の4月10日に観てきました。

http://www.roh.org.uk/productions/the-winters-tale-by-christopher-wheeldon

 振り付けとしての評価が急上昇中のクリストファー・ウィールドンの新作。彼の作品は、僕には当たり外れの幅が大きいです。前回の「アリス」は駄目でした。でも、今回はもしかしたらと期待したのですが、再び駄目でした。

https://www.flickr.com/photos/royaloperahouse/sets/72157643746941923/

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157643780944395/

Prologue

Two kings separated as children are reunited in adulthood. One king, Leontes of Sicilia, marries Hermione, giving her a beautiful emerald. They have a son, Mamilllius, and are blissfully happy. The other king, Polixenes of Bohemia, visits the court of Leontes. He is delighted to be reunited with his old friend and stays for nine months. By the time of his departure, Hermione is about to give birth to her second child.

Act I

The court of Sicilia

It is the day of Polixenes’ departure. The Bohemian court say goodbye to their Sicilian friends. At Hermione’s request, Polixenes agrees to stay on another week. In a flash of jealousy, Leontes becomes convinced that his wife has been unfaithful and is carrying Polixenes’ child. Jealousy turns to rage and he attacks Polixenes, who flees back
to Bohemia. Leontes publicly accuses Hermione of adultery and treason, then has her arrested. This so distresses Mamillius that he falls seriously ill.
 In prison, Hermione has given birth to a daughter. The head of her household, Paulina, brings the newborn to Leontes, hoping to convince him that the baby is his daughter. Instead, Leontes violently rejects the child, then orders Paulina’s husband Antigonus to abandon the baby in a remote place. Antigonus sets sail into a brewing storm with the baby and some treasure, including the emerald once given to Hermione by Leontes. Hermione is brought to trial and pleads her innocence. Leontes, now quite mad, refuses to believe her. Dazed and feverish, Mamillius enters the courtroom and, upon witnessing the unfolding tragedy, he collapses and dies from distress. Seeing the death of her child, Hermione too collapses dead and is taken away. Only now does Leontes realize the disastrous consequences of his terrible mistake.

The shores of Bohemia

Battling the storm, Antigonus struggles ashore to abandon the baby princess. As he leaves, he is pursued and killed by a wild bear. His ship, waiting at sea, is smashed to pieces on the rocks. As day breaks, a shepherd and his son Clown discover the baby girl and the treasure.

Act II

A hillside in Bohemia. Sixteen years later.

Perdita, the abandoned daughter of King Leontes and Queen Hermione, has been raised by the shepherd who found her. She dances beneath the great tree with her love, Prince Florizel, the son of Polixenes, whom the other villagers know only as a shepherd boy. The villagers arrive for the annual springtime festival. King Polixenes, who has heard that his son has been cavorting with a shepherdess, sends his steward to spy on the young prince. When the steward confirms his suspicions, Polixenes is enraged, and demands to see for himself.

 At the festival, Perdita is to be crowned May Queen. In honour of the occasion, Father Shepherd presents her with the emerald necklace he found with her on the beach. Polixenes and his steward arrive in disguise, keen to see what Florizel is up to. On witnessing Florizel’s engagement to a mere shepherdess, Polixenes reveals himself. He is furious with Florizel, and condemns Perdita and her family to death. They all flee by boat to Sicilia, pursued by Polixenes.

Act III

A clifftop in Sicilia

King Leontes mourns by the clifftop graves of his wife and son, watched over by Paulina. Perdita and Florizel’s ship approaches Sicilia.

The palace in Sicilia

Perdita and Florizel appeal to Leontes to allow their union, and to intercede with the enraged Polixenes on their behalf. Leontes is taken with the likeness of Florizel to Polixenes. He agrees to help the young couple, who remind him of his lost children. Polixenes arrives and Leontes tries to reason with him, but he violently handles Perdita, revealing the emerald. The long lost Princess of Sicilia is miraculously alive and the two kings are reunited. The Palace celebrates the wedding of Florizel and Perdita. As the festivities die down, Leontes is led by Paulina to see a new statue of Hermione. Deeply remorseful, he kneels at its base. Suddenly, the statue comes to life – it is Hermione, who is alive and has been kept in hiding by Paulina for 16 years. She embraces Leontes, and the family is reunited.


Choreography
Christopher Wheeldon
Music
Joby Talbot
Designs
Bob Crowley
Lighting design
Natasha Katz
Silk Effects Designer
Basil Twist
Projection Designer
Daniel Brodie

Conductor
David Briskin
Hermione
Lauren Cuthbertson
Leontes
Edward Watson
Perdita
Sarah Lamb
Florizel
Steven McRae
Paulina
Zenaida Yanowsky
Polixenes
Federico Bonelli


 最も駄目だったのは、第1幕、臨月のハーマイオンが夫の護衛にとても暴力的に扱われる場面。ハーマイオンを演じたカスバートソンが実際には妊娠している訳ではないとは判っていても、視覚から得られる情報だけで既に心は閉じました。現実世界で嫌というほど毎日知らされている暴力を舞台で再び観たいなんて思いません。君も振付家なのであれば、別のもっと創造的な振り付けで表現してみせて欲しい。

 第2幕はずっと、ずっと、ずっと、ずっと、ずっと躍動感あふれる踊りが延々と。飽きました。あれほどダンサー達が全速力で舞台を跳躍しているのに、全く心に響きませんでした。ただ踊っているだけで前後の物語と関連性がとても弱かったです。

 そんな気分でも、「ハッピィ・エンドらしい第3幕の最後には、涙が自然に流れてしまうようなすばらしいパ・ド・ドゥがあるに違いない」と期待していました。涙は流れなかったし、主役二人の踊りかなりあっさりでしたが、ヤナウスキィの心理表現が筆舌に尽くせないほどの美しさ。

 舞台セットの質はとても素晴らしいものでした。でも、シチリアが舞台の第1幕のセットの一部が、ドイツロマン派のカスパー・ダフィト・フリードリヒなのはなぜ?第2幕、ボヘミアとのことでしたが、僕にはまるでサマルカンドかどこかの中央アジア?、という印象。
 事前情報で、ウィールドンは「吟遊詩人(バード)の世界」を強調していました。シルクロード時代の商人のような衣装の楽団が演奏する音楽は、時代設定がいつなのか全く見失いました。

 良かった点。ロイヤル・バレエのプリンシパル・ダンサーの皆さんの素晴らしさ。カスバートソンを表現者として観たのは初めてかも。エドワード・ワトソンの素晴らしさは今更何も言う必要もないほど。そしてゼナイダ・ヤナウスキィ。彼女が居なかったら、心理的葛藤の振り付けの深みが激減していたことでしょう。

 レヴューは激賞なので、僕のような意見は少数でしょう。今後、ウィールドンが「ナラティヴ・バレエ」を強調する時には、その作品は見ないだろうと思います。

現代を生きて行けないから死を選んだ女性、または死を選べる時代に負けないぞ、と

2014.04.09
イギリスでは、気候変動なんて存在しないという輩がたくさん居ますが、こんな暖かくて天気が安定しているイギリス、今年の夏がどのような天気になるのか。

 先週、ミクシィを通して友人と、現代社会においてその技術の進み方や生活様式の激変について行けない人はどうするのだろうということについて簡単に意見を交換しました。で、4月6日のサンディ・タイムズに掲載されたのは、現代の技術先行の社会で生きて行ける自信を失った89歳のイギリス人女性が、ディグニタスで自らの命を終わらせたというニュース。タイムズの記事はリンクできないので、後追いで掲載したテレグラフとインディペンデントの記事をリンクします。

Retired British art teacher ends life at Dignitas ‘because she couldn’t adapt to modern world’
http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/retired-british-art-teacher-ends-life-at-dignitas-because-she-couldnt-adapt-to-modern-world-9242053.html

I cannot adapt to modern times, said teacher who ended life at Dignitas
http://www.telegraph.co.uk/health/healthnews/10748699/I-cannot-adapt-to-modern-times-said-teacher-who-ended-life-at-Dignitas.html

 引用はテレグラフから。引用は僕の勝手な判断なので、できれば記事の全文を読んでみてください。

A retired art teacher committed suicide at Dignitas after becoming disillusioned with the trappings of modern life.

The 89-year-old complained that modern technology was turning people into “robots,” before travelling to Dignitas in Switzerland, to end her life — despite not being terminally ill.

Speaking days before her assisted suicide last month, the former teacher, who asked only to be identified as Anne, said she felt that she faced a choice either to “adapt or die” and said she was not prepared to adapt to a world in which technology took precedence over humanity.


 アンというクリスチャン・ネイムの89歳のイギリス人女性は、現代の技術社会に適応できるか、さもなくば死ぬかの選択を考え、自らの死を選んだ。

Before her death last month she told The Sunday Times: “People are becoming more and more remote  … We are becoming robots. It is this lack of humanity.”

She added: “I find myself swimming against the current, and you can’t do that. If you can’t join them, get off.”

She described the modern age as “cutting corners” and said she could not adapt to it, as she felt all the traditional ways of doing things had disappeared. “They say 'adapt or die’,” she said, days before taking a lethal dose of barbiturates. “At my age, I feel that I can’t adapt, because the new age is not an age that I grew up to understand.


 (ディグニタスで命を終える前に)アンがメディアに語ったのは、「人々はずっと疎遠になってきている。まるで、ロボットのよう。私自身、流れに逆らって泳いでいるように感じる。私は(現代の技術社会に)適応できない。なぜなら、今の時代は、私が(社会を)理解しながら育った時代ではないから」。

 
 呼応するかどうかは別にして、朝日新聞のウェブで読んだ記事。

沈黙のまま暮らす 65歳以上男性の6人に1人
http://www.asahi.com/and_w/life/SDI2014040741031.html

 もう一つ。日本から送られてきた新潮社のPR雑誌の「波」に掲載されていた篠田節子さんの、新刊発売にあわせてのインタヴュー。その中で、「昔は親が病で倒れたら、介護は2年くらいだった。今では、その介護の期間がずっと長くなっている(から大変)」という趣旨の言葉。

 年老いた世代が、若い世代によって牽引される技術革新について行けないというのは21世紀だけのことではないでしょう。ただ、最近、ロンドンの暮らしの中で頻繁に感じるのは、その技術革新について行けない人が選べる選択肢が物理的にも精神的にも、力づくでなくされているのではと。

 例えば旅行。最近では劇場のチケットは言うに及ばず、飛行機の搭乗券、列車の切符さえ自分で印刷する、もしくはスマートフォンの画面で確認するというのが幅を利かせています。

 引退して会社でそのような印刷をする機会が無くなった人々はどうすれば良いのか?スマートフォンを利用する経済的な余裕がない年金世代の人はどうすれば良いのか?年に一回か2回程度の旅行の切符を印刷するためにプリンターを自宅に持てる人がどれくらい居るのでしょうか?

 コンピュータのスクリーン上で、予約まではできたとしても、「印刷」という術を持たない、持てない人たちは企業や社会のターゲットではないから無視される。そのような流れが凄まじい勢いで加速しているように感じます。その勢いにあらがえなくてアンと同じ選択を望む人が増えてしまうのではないか。そしてその脱落者を労る機能を今の社会は持てない、持とうとしない。

 記事の最後で警鐘が鳴らされているように、社会の変革に適応できないから死ぬことを選択することが暗黙の了解になることは、僕は反対です。きれいごとですが、生まれること、そして死ぬことを選べないから人生は楽しみ、悲しみ、苦しみ、そして刺激に満ちている、と思います。

 多くの人が考えることではないかもしれないですが、僕には、今回、アンがとっと選択ですら、現代の技術社会では、織り込み済み・予測済みの現象としてしか捉えられないのではないか。社会への警鐘にはならないのではないか、そんな印象があります。だからこそ、現在の僕の身体的/精神的な立ち位置からは、そのような社会にたてつかないままで終わることはしたくない、と。

 平均寿命が伸びたことが「幸福」であるとは限らない、という考えを掘り下げる動きが有っても良いのではないかと、このニュースを読んで思いました。

沖縄から来られた島袋克史さんの個展@ロンドン

2014.04.09
DSCN5078.jpg
(島袋克史さん、ギャラリィ・エクレクティックの展示の前で。2014年4月9日、ロンドン)

ロンドンのマリルボーン・ハイ・ストリートにあるエクレクティックhttp://eclectic66.co.uk/1/)で、沖縄で作品制作を続ける島袋克史さんが作成した陶器の展示・販売が、4月9日から。

 島袋さんの今回の渡英は、先週、ロンドンで開催されていたCeramic Art London 2014に参加されていたことと、エクレクティックでの作品展示。

http://www.ceramics.org.uk/home.php

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157643694676814/

 残念ながら、先週の催しを観に行くことはできなかったのだが、大成功だったとのこと。エクレクティックでご本人に伺った所、渡英前は準備で超多忙だったそうだ。成功だったということで、来年の参加は決まっているのかと思ったら、次回も参加できるかどうか再び審査を受けなければならないそうだ。厳しい世界。

 失礼にならないことを祈りつつ。2年ぶりに耳にする沖縄の響きは、耳にとても優しかった。沖縄に次に行けるのはいつだろう。

 エクレクティックでの展示・販売は5月上旬まで。島袋さんは、6月に東京の神楽坂で他のアーティストとのコラボレイションがあるので、沖縄に戻ってすぐにその準備に取りかかるとのこと。

2012年、壷屋での写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157629456134112/

猫は春だって寝てばかり

2014.04.06
スクリーンショット 2014-04-06 21.13.00
(ガンを飛ばすKK)

最近、大家の猫はどうしているのかと友人達から訊かれる。2頭とも、元気に食べて、寝る毎日。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157643539092895/

スクリーンショット 2014-04-07 7.21.58
(朝ご飯が終わって、再び眠りこけるNN)

ロンドンも桜が満開

2014.04.06
スクリーンショット 2014-04-06 14.03.38

友人夫妻との楽しい昼食の後によったリージェンツ・パークでは、桜が満開。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157643468126603/

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157643468360654/

 天気は曇りだったとはいえ、満開の桜が回りを明るく照らしているというのに、写真を撮っている人は少なかった。その少ない中でも僕も含めて桜を愛でているのは、オリエンタル系の人が多かった。DNAの違いなのかな。

 友人夫妻とのお昼は、ここ。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157643467283363/

 近所に住んでいないと気楽に行ける地域ではないが、時間に制約のない週末、バスに乗って訪れてみるのも良いかなと思う。

パリを歩く

2014.04.02
スクリーンショット 2014-04-02 14.53.27

2月半ば、およそ2年ぶりにパリに行ってきた。ロンドン側のユーロスターの始発・到着駅がセント・パンクラスになって便利になったので、逆に出不精に拍車がかかり、行く機会を作る気すらなかったのだが、行ったら行ったで、やっぱり楽しかった。理由の一つは、ほぼどこでも英語ですべてが済む。バスの運転手だって英語で話してくれるし。ロンドンのバスの運転手なんて、英語が通じないことの方が多いぞ、最近。

 食べたいものを食欲の向くままに食べられる状況ではなかったので、パリに居ながら食べることは優先順位ではなかった。なので、良い機会だから、交通機関を使わないでパリを歩いてみようと。ならば、まだろくに歩いたことのないシャンゼリゼを体験してみるか。

 宿泊したホテル(サン・ジェルマン近辺)からまずはセーヌへでて、ルーブルを抜けてコンコルドを目指す。しつこい物売りが着いて来れない速度で歩き抜ける。そのままシャンゼリゼへ。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157643307042565/

 どうして人がシャンゼリゼに行きたがるのか、僕には全く理解できない。つまらない通り。個性なんて全く感じられなかった。凱旋門を抜け、ブーロニュの森の入り口まで歩く。正面に新市街が、けっこう近くに見える。新市街まで歩けそうな気がしたのだが、カルネをホテルに忘れたので、ブーロニュの森を抜けて、エッフェル塔へ向かう。

 僕のパリのイメイジは、一つの小説、一つの映画に固定されている。小説は「日はまた昇る」。映画は、「ディーヴァ」。今回、これまた初めて歩くブーロニュの森。自分の中で勝手に作り上げていた理想のパリが崩れる音がした。

 住宅街を抜けてトロカデロへ。エッフェル塔はこれまで何度も観ているが、トロカデロから観るのは初めて。見上げる角度が違うだけでこれほど印象が変わることが面白かった。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157643308460133/

 さすがにそろそろ疲れを感じてきたので、判りやすさをとって再びセーヌ沿いを歩く。ホテルまでの最後の30分がとても辛かった。そろそろ3時間、歩くのは楽しいが、飲まず食わずでほぼ止まることなく3時間にならんとするウォーキングは、ちょっときつかった。

 ホテルに着くと、最近始めたらしいアフタヌーン・ティの時間。カヌレを食べないでいるのは不可能だった。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/12620906585/

 マルモッタン美術館に行くときだけはバスを使ったが、パリ市内は歩いてまわれることを実感。地図を見ながら歩いたことで、長年不思議だったパリの郵便番号の仕組みが判ったのものどのに刺さった小骨がとれた感じだ。

 ユーロスターの車内雑誌に掲載されていた広告によると、今後は、ユーロスターを使ってドイツやスイスへの列車接続を向上させるようだ。例えばミュンヘンまで約9時間半。拘束時間は長いが、飛行機のようなハッスルがなさそうだし、旅行の移動方法として考える価値はある。

Les Talens Lyriques@ウィグモア・ホール

2014.04.02
DSCN4842.jpg
(ルセが弾いたハープシコード。写真を撮っていたら注意されてしまった)

3月30日、クリストフ・ルセが中心のリサイタルを、ウィグモア・ホールで。

Performers
Les Talens Lyriques

Christophe Rousset: director, harpsichord

Valérie Gabail: soprano

Gilone Gaubert-Jacques: violin

Lucille Boulanger: viola da gamba

Programme
Rameau

Pièces de clavecin en concerts
Cantata: Orphée

About this concert

A new genre emerged in France in the early 1700s, the cantate Française, which owed its style and energy to existing models of vocal chamber music imported from Italy. The French cantata developed into a distinct musical and literary form, one in which clear allegories were set down in verse and enhanced by the power of music.

Christophe Rousset and Les Talens Lyriques recreate a slice of French salon life to mark the 250th anniversary of Rameau’s death, a composer no less inventive in his chamber pieces than in his more familiar operas and other stage works. The dramatic range and expressive variety of Rameau’s cantata Orphée match the tragedy of Orpheus and his ill-fated attempt to rescue his beloved Eurydice from the Underworld.


 ルセが設立した「Les Talens Lyriques」のタイトルがついているが、この夜はルセと3人の女性による小さな編成。興味が有ったのは、名前だけは既に何度も聞いているけど、音楽を聴いたことのないRameau中心のプログラムだったから。

 音楽自体は、これからもっと聴いてからではないと好きかどうかは判断できない。素晴らしかったのは、ルセのハープシコード。彼の運指が鮮明に見える席で、ピアノを弾くのとは全く違うであろう軽やか、正確、且つ目にも止まらぬ早い演奏には聞き惚れてしまった。

 ソプラノの女性は全く知らない方。経歴によると、オペラだけでなくいろいろなプロジェクトに取り組んでいるらしい。パリでは、マーク・アーモンド(元ソフト・セル)とカール・バラー(元リバーティーンズ)と組んで「ポッペアの戴冠」の現代ヴァージョンに出演したこともあるとのこと。

 Les Talens Lyriquesの公演は、後2回ある。

http://www.wigmore-hall.org.uk/whats-on/series/les-talens-lyriques-christophe-rousset

 特に4月28日のが楽しみ。ハッセとかポルポラとか全く知識のない作曲家の音楽。グランド・オペラも好きだけど、バロック音楽についてのんびり知識を増やして行けるのは楽しい。

Songs    Comment(2)   ↑Top

L'Ormindo (Francesco Cavalli) @ Sam Wanamaker Playhouse by ロイヤル・オペラ

2014.04.02
DSCN4849.jpg

昨春、演目発表の時に全く気づかなかったフランチェスコ・カヴァッリによる「ロルミンド」。グローブ座との提携で、今年1月にオープンしたばかりのサム・ウォナメイカー・プレイハウスで観てきた。

http://www.roh.org.uk/productions/lormindo-by-kasper-holten

 まず、幾つか愚痴。昨年末、ウェスト・エンドで上演された「柳に吹く風」同様、チケットの取り方がけっこう面倒くさい。ロイヤル・オペラ・ハウスのウェブからチケットを購入できれば最も簡単なのだが、グローブ座のチケットの購入の方法は全く親切でないし、手数料を取るのは腹が立つ。

 何より、チケット料金の設定が高過ぎ。最も高い席は£100−。舞台セットはほとんど無いに等しいし、オーケストラは10人にも満たず、上手だったけど歌手のほとんどは若手中心。仮にロイヤルがこのプロダクションをリンベリィで上演していたとしたら、このような価格設定にはなっていなかったとだろう。このような興味深い試みにこそ、幅広い年齢層を呼び込まなければだろうに、昨晩の聴衆の平均年齢はかなり高かった。

 先にこの劇場を経験した友人曰く、「これまで経験した中で、最も座り心地の悪いベンチ・シート」とのこと。全くその通りだった。僕が座ったのは、舞台真横の壁にもたれることのできる席だったが、2回の休憩を入れて約3時間は、正座より辛かった。

 チケットを購入したけど初日がいつだったかを忘れていて、ある日、レヴューがでているのに気づいた。

L'Ormindo by Francesco Cavalli review – 'An exquisite evening'
http://www.theguardian.com/music/2014/mar/26/ormindo-francesco-cavalli-opera-wanamaker-playhouse-review

 ガーディアンだけでなく、他の新聞でも軒並み激賞。

ロイヤル・オペラ・ハウスのフリッカー
https://www.flickr.com/photos/royaloperahouse/sets/72157642912931274/

Director:Kasper Holten
Costume designs:Anja Vang Kragh
Movement:Signe Fabricius

Performers

Conductor:Christian Curnyn

Ormindo:Samuel Boden
Amidas/Wind:Ed Lyon
Lady Luck/Sicle:Joélle Harvey
Music/Erisbe:Susanna Hurrell
Love/Nerillus:James Laing
Eryka/Wind:Harry Nicoll
Mirinda:Rachel Kelly
Ariadenus:Graeme Broadbent
Destiny/Osman/Wind:Ashley Riches
Orchestra:Orchestra of Early Opera Company


 物語は、以下のような感じ。プログラムに掲載されている内容を更に短く。

 Anfa(現在のカサブランカ)に二人の外国の王子、オルミンドとアミダスが、スペインと戦争をしているアリアデウス王を助けるために到着。二人とも、戦争そっちのけで、王の若い妃、エリスベにほれてしまう。アミダスは、婚約者のシクルともとのさやに戻るが、オルミンドとエリスベは結ばれないことを悲観して毒を飲む。

 が、その毒は王の側近(かな?)が気を利かして密かに睡眠薬に替えていたので二人とも目覚める。二人が深い眠りについていたとき、王はオルミンドが長い間生き別れていた自分の息子だと知り、死に追いやったことを後悔する。

 二人が目覚めると王はオルミンドにエリスベとの結婚を許し、更に領土を譲って大団円。


 バロック・オペラの物語なんてだいたいこんな調子だけど、「ロミオとジュリエット」に、「マゲローネ」の物語(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-475.html)を足して3倍くらいに薄めた感じ。

 オペラは3幕構成。正直、レチタティーヴォが7割くらいを占める第1幕は、音楽的にはつまらなかった。しかし、第2幕、第3幕になるとアリアや二重唱があり、しかもとても美しい旋律で予想していた以上に楽しめた。

 試みとして「吉」と出たのは、歌われる英語の明瞭さ。帰宅途中で熟読したプログラムの中で、歌手の皆さんは、歌詞を歌うだけでなく、台詞を喋るように発音する練習を積んだとのこと。会場が狭いこともあるが、すべての歌詞が明瞭に聞き取れるというのは、かなり新鮮な経験だった。

 プログラムの中で、この舞台を演出したカスパー・ホルテンは、サム・ウォナメイカー・プレイハウスは「ロルミンド」が初演されたヴェネツィアの会場とは違うだろうけど、このオペラを上演するには最適な会場だと力説している。その点には、全く同意。ろうそくの火だけの照明の中でオペラを聴き、観るというのはそれほど多くの機会があるとは思えない。幻想的で、経験したことないけど薪能に近いのかなと。

 舞台が狭いので大掛かりなセットを組めないであろうとは想像できる。しかし、「ロルミンド」の成功で、更にバロック・オペラを観る機会が増えて欲しい。その際は、ふかふかのクッションと適切な価格設定を求めたい。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.