LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2014年06月の記事一覧

2014.06.26 カリタ・マッティラ、ゲルギエフと舞台に立つことを拒否
2014.06.25 イギリス人学生は、オランダを目指す
2014.06.25 アンリ・マティスのカット・アウト(要するに切り抜き)@テイト・モダン
2014.06.24 沖縄慰霊の日:琉球新報から
2014.06.22 リージェンツ・パークの薔薇、ほぼ終わり
2014.06.22 世界の難民数が5千万人を超えること:平和の維持の難しさ
2014.06.22 FIFAが欲しいものは金、金、金
2014.06.21 夏至の青空
2014.06.21 トルコ滞在記4:日本文化を高校生にレクチャー
2014.06.21 トルコ滞在記3:イギリス人居住者の暮らし
2014.06.21 日本の政治家のモラル、イギリスも似たようなものだけど
2014.06.21 患者がカウンセリング・サイコセラピィを終了すること
2014.06.21 Rian by Fabulous Beast Dance Theatre @ サドラーズ・ウェルズ劇場
2014.06.18 The Dream mixed bill@ロイヤル・バレエ
2014.06.18 トルコ滞在記2:石の村、カヤキョイを歩く
2014.06.18 日本人が再び戦場に送り込まれないために
2014.06.18 サドラーズのお試し週間:南アフリカから「白鳥の湖」
2014.06.15 ヴェロニク・ドワノー:バレエはかくも残酷で、非情で、でも美しい
2014.06.14 日本人男性のビンジ・ドリンキング、世界に配信される
2014.06.12 蛭川久康 武蔵大学名誉教授とロンドンで
2014.06.11 バレエとオペラに、明日はあるのか?ある(断言)
2014.06.11 21世紀の奴隷に、夜明けは来ない
2014.06.11 ロンドンは花盛り
2014.06.11 KKとNN、まだ喧嘩はするけど
2014.06.10 6月11日、午後2時から、ロンドン・タクシィのストライキがトラファルガー広場で予定
2014.06.04 スペイン国王退位:そして誰もいなくなる、のか?
2014.06.04 7月6日から、ロンドンのバスでは現金での運賃支払いができなくなる

カリタ・マッティラ、ゲルギエフと舞台に立つことを拒否

2014.06.26
昨日、6月25日から、ロイヤル・オペラはリヒャルト・シュトラウスの「ナクソス島のアリアドネ」を上演している。

http://www.roh.org.uk/productions/ariadne-auf-naxos-by-christof-loy

 クリストフ・ロイ演出のこのプロダクションは、アントニオ・パッパーノが音楽監督に就任して最初に指揮するオペラとして選んだ。確か記憶違いでければ、「シーズン開幕からコーラスを働かせすぎないようにしたかった」云々をこのオペラを選んだ理由の一つとして語っていた。

 シュトラウスは歌曲もオペラも大好き。その中でも「ナクソス」は最も好きなオペラの一つ。このプロダクションは初演、再演、二度目の再演を全て観ている。

2004年の再演
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-313.html

デボラ・ヴォイトの凱旋
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-798.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-838.html

 このオペラを再びパッパーノが指揮するとの情報を読んだとき、「これで音楽監督を退くのかな」と思ったが杞憂だった。

 で、本題。昨日、ガーディアンにマッティラのインタヴューが掲載された。

Soprano Karita Mattila: 'It's never too late for a debut'
http://www.theguardian.com/music/2014/jun/24/soprano-karita-mattila-opera-interview

 チケットがたくさん残っている「ナクソス」の販促が主題であろうに、内容はマッティラがイゾルデを歌うかどうかにシフト。そして、続く部分で、さすがだなと思った。

A debut as Isolde would find Mattila making headlines again in the way she likes – unlike earlier this year, when she found herself suddenly a figurehead for all those artists dismayed by Russian conductor Valery Gergiev's public support for Vladimir Putin. In April, Mattila was booked to sing Strauss's Four Last Songs with the Munich Philharmonic at Carnegie Hall in New York. The scheduled conductor was ill; Gergiev was brought in as a replacement. But Mattila decided they would have either her or Gergiev on stage, not both. The concert went ahead … under Fabio Luisi. Mattila is one of only a handful of singers with that kind of clout.

And there she would happily have left it – but it was already being reported in New York, so she spoke to a Finnish journalist to put her side of things on record, and his story ran in the Helsinki Times. Then it got nasty. Violent threats against her appeared on the Facebook page of a man who was standing as a candidate in Finland's European Parliament elections. A criminal investigation is ongoing, and she's understandably wary of talking about the threats. But of her decision regarding Gergiev, she says, "I did the right thing. I can look at myself in the mirror." Gergiev has been publicly supportive of Putin on many occasions: was it the situation in Ukraine or the gay rights issue that made her want to protest? "That all combined. You can argue whether politics belongs in our business, but I couldn't imagine being on the same stage. It was a reaction. I have no regrets."


 今年の4月、マッティラはニュー・ヨークでシュトラウスの歌曲を歌うことになっていた。指揮はロリン・マゼールだった。が、マゼールが病気降板して、代役がヴァレリィ・ゲルギエフになった。マッティラの選択は、彼女が歌うならゲルギエフとは共演しない、彼が振るのであれば彼女が降板するというものだったそうだ。

Global politics causes controversy at Carnegie Hall
http://www.limelightmagazine.com.au/Article/385964,global-politics-causes-controversy-at-carnegie-hall.aspx

 僕は、オーケストラを聴くのを選択しないようにしているので、ゲルギエフの指揮に遭遇したことはまだない。でも、クラシカル音楽の世界で絶大な「人気」と「勢力」を保持するゲルギエフと対峙するマッティラの心意気は素晴らしい。最悪、干されてしまうことだってあり得るのではないか。

 レヴューも良さげだし、観に行くのが楽しみ。

スポンサーサイト
Songs    Comment(0)   ↑Top

イギリス人学生は、オランダを目指す

2014.06.25
4月に日本でも報道された、イギリスの大学等の高等教育機関で学ぶ為の学生ヴィザ取得に際して、「TOEIC(トーイック)」と「TOEFL(トーフル)」が英語力の証明として受理されないという状況のその後のニュースを友人から教えてもらった。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2213.html

English language tests inquiry declares thousands of results invalid
http://www.theguardian.com/uk-news/2014/jun/24/english-language-tests-cheating-results-invalid-overseas-students

 本文を読むと、TOEICやトフルという表示がないことから、この二つの試験をイギリス国内で実施していた会社の不正が問題であって、試験自体には問題がないのでは、という推測もできそう。ということで大学側からの情報があるかと検索してみたら、以下のもの。

Latest news on ETS TOEFL tests
http://www.lse.ac.uk/study/informationForInternationalStudents/ETSlatestnews.aspx


You may have seen in the news recently that ETS, the test provider of the TOEFL English language test, has decided not to extend its SELT (Secure English Language Test) licence with the Home Office. This news is particularly relevant to offer holders who will require a Tier 4 visa for their studies at LSE.

UPDATE: 22 May

You may have been affected recently by the changes surrounding ETS English language tests, including TOEFL. On 21 May, the Home Office confirmed that Higher Education Institutions may use their own judgement to decide whether or not to accept an ETS certificate as evidence of your English ability for entry to their degree programmes.

As such, LSE will continue to accept TOEFL tests as evidence of English language ability for the 2014/15 intake. This means that if you have taken a TOEFL test, which meets the requirements for your programme, you will not need to take any additional English test.

Please note that using a TOEFL test to meet our admission requirements will not jeopardise your Tier 4 visa application. Your CAS statement from LSE will stipulate that we have made our own assessment of your English language ability. You will not be required to include your TOEFL test certificate in your visa application.

We appreciate that there has been a great deal of change regarding TOEFL tests recently, which is likely to have caused you significant inconvenience and stress. We appreciate you bearing with us while the UKVI established their position on this.

If you have met an English condition with an IELTS test, or evidence that your degree was fully taught and assessed in English, then there will be no changes to your offer, and these documents will be accepted in your Tier 4 visa application as before, so please do not worry.

We hope this helps put your mind at ease. If you have been affected by these developments, please make sure that you read our guidance on the alternative tests you can take, and make your plans accordingly.


 LSEは独自の判断で、今秋に留学する予定の学生のトフルのスコアは受理するようだ。ただ、イギリスの高等教育機関への留学を考えている人はアイエルツに絞った方が良いのではないかと思う。

 学費は他界、生活費も高い、留学終了後資格を取得してもそれを活かした仕事に就職するのが難しい、総合的に、留学生を不法移民予備軍としてしかみていない国の英語試験を受けることを希望する人が増えるのどうかは疑問に思う。

 イギリス人学生ですら、その学費に見合った勉強ができるとは思えなくなっているような現状で、欧州圏内の大学で勉強するイギリス人学生が増えている。

Study abroad for a cheaper university option
http://www.theguardian.com/education/2014/apr/29/study-abroad-cheaper-university-option

 この記事の硬派でふれられているオランダが、中でも人気が高いようだ。オランダ側もこの動きに即した展開をしている。

http://www.studyinholland.co.uk/

http://www.studyinholland.nl/

 どこのメディアで読んだのか思い出せないが、オランダの大学での学生生活は、イギリスとは違ってとてもき微意とのこと。ターム中にパーティに興じる余裕など全くなく、勉強し続けなければならないそうだ。希望してオランダの大学に来ても、終了できずに脱落する学生もかなりいるらしい。

 イギリス人学生は、とりあえずまだ「EU」に加盟しているからこその恩恵を受けられるのであって、日本人学生が同じような奨学金を受けられるかどうかは判らない。しかし、英語で授業を受けることが目的なのであれば、邪魔者みたいに扱われるイギリスよりも、オランダの方が有意義な留学ができることもあるのではと思う。

アンリ・マティスのカット・アウト(要するに切り抜き)@テイト・モダン

2014.06.25
テイト・モダンで4月から開催されている、20世紀フランスの画家、アンリ・マティスのカット・アウトを集めた展覧会にブログ仲間のロンドンの椿姫さん(http://ameblo.jp/peraperaopera/)とレイネさん(http://didoregina.exblog.jp/)と観てきた。

http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/henri-matisse-cut-outs

matisse15.jpg
(ルーム8、ZulmaとCreole Dancer、イヴニング・スタンダードから拝借)

Oceania-the-Sea-1946-mati-001.jpg
(ルーム4、Oceania Sea、ガーディアンから拝借)

Henri Matisse: The Cut-Outs review – 'the lesson of a lifetime'
http://www.theguardian.com/artanddesign/2014/apr/20/henri-matisse-the-cut-outs-tate-modern-review-laura-cumming

 アンリ・マティスの名前と彼の画業がしっかりと一致したのは、数年前のこと。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-715.html

 このときですらあまり印象が良くなかったマティスに俄然興味を持ち始めたのは、2011年12月にサドラーズで上演されたウェイン・マックグレガーの「Undancehttp://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/dance/8932270/Undance-Twice-Through-the-Heart-Sadlers-Wells-review.html)」を観たとき。このダンスの為に振付けられたターネイジによる音楽とウォリンジャーの映像の融合がまるでマティスの「ダンス」が目の前で本当に踊り始めたように思えた。

 その程度の知識だったので、今回の展覧会の前にマティスが切り抜きをしていたということは全く知らなかった。面白かった。展示作品が多いのと、展示室も14になるので一回観ただけでは消化しきれていないが、「構図」が生み出す力って凄いのだと改めて感じた。初回、気に入ったのは南仏のヴァンスの教会のステンド・グラスのデザインの色の配置。実際に教会で観たら印象は違うだろうが、鮮やかな色合いを全くうるさく感じなかった。

 始まってから2ヶ月以上も経っているし、終了の9月まではまだ時間がある中間の時期なので空いていると思ったら、平日の午前中としてはかなりの混雑。入場するのに待たされることはないと思うが、人ごみを避けたいのであれば、金曜日の夜が良いのではないかと思う。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/14318827327/

沖縄慰霊の日:琉球新報から

2014.06.24
昨日、沖縄の慰霊の日の琉球新報の記事。琉球新報の皆さん、転載の許可を事後承諾でお願いします。

慰霊の日 非核・共生の要石に 戦争と軍の犠牲強要に反対
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-227389-storytopic-11.html

沖縄戦の事実上の終結から69年を迎えた。多くの住民を巻き込んだ沖縄戦は「ありったけの地獄を集めた」と表現される。だが、戦闘終結後も「生き地獄」が続いたことを忘れてはならない。
 米軍は住民を収容所に隔離している間に、土地を強奪して基地を建設した。普天間飛行場もその一つだ。そのころ住民には満足な食料が配給されず栄養失調で倒れ、女性は米兵に暴行された。
 日米両軍による二つの地獄は、「軍隊は住民を守らない」という教訓を残した。だが、米軍は今も居座り、沖縄の戦場化を想定した日米訓練が繰り広げられている。

教訓のギャップ

 米軍が沖縄島に上陸した4月1日朝の光景について、こんな記録がある。
 「死臭で息がつまるようだ。鉄帽を射抜かれてたおれている兵隊、両足をふっとばされて頭と胴体だけであおむけに天をにらんでいるおじいさん。頭のない赤ん坊を背負ってあざみの葉をにぎりしめてうつ伏せている婦人の死体…」。米国統治と日米軍事同盟に抵抗した政治家瀬長亀次郎さんの未発表原稿だ。
 沖縄戦は「本土決戦」準備が整うまで、米軍を一日でも長く沖縄に引きつけておく「出血持久戦」だった。第32軍が司令部のある首里で降伏せず、沖縄島南部の摩文仁、喜屋武一帯に撤退したのは大本営の方針に従ったからだ。
 第32軍は沖縄県民を守るために配備されたのではない。そのため住民保護の視点は欠落し、米軍の圧倒的な砲爆撃で多くの住民が犠牲になった。5月下旬以降の南部戦線は日本兵による食料強奪、壕追い出し、壕内で泣く子の殺害、住民をスパイ視しての殺害が相次いだ。日本軍は機密が漏れるのを防ぐため、住民が米軍に保護されることを許さなかった。そのため戦場で日本軍による命令や、強制、誘導によって親子、親類、知人同士が殺し合う惨劇が発生した。
 一方、軍にとっての沖縄戦の教訓とは「島の戦闘は守るより攻撃側が有利」だ。現在、尖閣諸島の緊張の高まりを口実に自衛隊は、島しょ防衛と称して南西諸島の軍備を強化しようとしている。
 自衛隊の隊内誌によると、自衛隊の離島作戦とは、敵の攻撃を受けたら島をいったん占領させる。その後、日米の増援部隊が強襲上陸して島を「奪還」する内容だ。尖閣のような無人島だけでなく石垣などの有人島も想定している。だが軍事作戦の中に住民避難の発想はない。住民が巻き込まれた沖縄戦の再来が危惧される。

ワシントン体制

 第32軍創設によって、沖縄は米軍の標的になった。それ以前は沖縄に本格的な軍隊は配備されていなかった。なぜか。それを解く鍵は第1次世界大戦後に築かれた国際秩序にある。
 100年前に始まった第1次世界大戦は人類が初めて体験した総力戦だった。戦後、軍縮を目指して1921年から22年にかけてワシントン会議が開かれた。その結果結ばれた海軍軍備制限条約に、太平洋の島々をめぐる軍縮が含まれている。当時日米は同地域で覇権争いをしていた。同条約により米国はフィリピン、グアムなどの軍備強化を停止し、日本は台湾、琉球諸島、小笠原諸島などの軍備を凍結した。
 ワシントン体制と呼ばれる新たな世界秩序によって沖縄は非基地化された。しかし後に日本は同条約を破棄し、沖縄に第32軍を創設する。基地の島沖縄の源流は、日本が軍縮の枠組みを一方的に断ち切ったことにある。
 自衛の名の下に他国の戦争に介入しようとしたり(集団的自衛権)、海外での武力行使も許されたりするというのは、明らかに憲法の否定である。それは無念の死を遂げた沖縄の戦没者に対する冒涜(ぼうとく)でもある。私たちが成すべきことは、国際社会と共に東アジアを非核・共生のモデル地域として育んでいくことだと確信する

Okinawa    ↑Top

リージェンツ・パークの薔薇、ほぼ終わり

2014.06.22
今年は晴天が続いたので開花が満開になるのが早かったのと、最近、ロンドンは降雨が少ないので、リージェンツ・パークの薔薇の盛りは過ぎた。

スクリーンショット 2014-06-22 16.23.51

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157645112885202/

 これからは、イギリス各地で、色とりどりの花が咲き誇るハンギング・バスケットの数が増えて行くと思う。ところで、したの花の名前をご存知の方、ご教示いただけると嬉しいです。

スクリーンショット 2014-06-22 16.24.03

世界の難民数が5千万人を超えること:平和の維持の難しさ

2014.06.22
6月20日に、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR, The UN refugee agency)が、2013年、世界の難民・避難民の総数が5000万人を超えて、第二次世界大戦後最大の数になっていることを報告したことは、日本でも報道された。

13年末の難民・避難民戦後最多 5千万人超す
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014062001001607.html

 これだけだと背景の詳細がよく判らないので、国連難民高等弁務官事務所の報告とガーディアンの記事のリンク。そして、個人的に気になる箇所を抜粋。

World Refugee Day: Global forced displacement tops 50 million for first time in post-World War II era
http://www.unhcr.org/53a155bc6.html

"We are seeing here the immense costs of not ending wars, of failing to resolve or prevent conflict," said UN High Commissioner for Refugees António Guterres. "Peace is today dangerously in deficit. Humanitarians can help as a palliative, but political solutions are vitally needed. Without this, the alarming levels of conflict and the mass suffering that is reflected in these figures will continue."

"The international community has to overcome its differences and find solutions to the conflicts of today in South Sudan, Syria, Central African Republic and elsewhere. Non-traditional donors need to step up alongside traditional donors. As many people are forcibly displaced today as the entire populations of medium-to-Iarge countries such as Colombia or Spain, South Africa or South Korea," said Guterres.



Global refugee figure passes 50m for first time since second world war
http://www.theguardian.com/world/2014/jun/20/global-refugee-figure-passes-50-million-unhcr-report

The data represented "a world where peace is dangerously in deficit", said Guterres. "And that peace deficit represents the incapacity of the international community firstly to prevent conflicts and secondly, to find solutions to those conflicts."

Some conflicts were unpredictable, but in other cases "there are situations you see coming, but nothing is done to avoid the conflict". He cited the "enormous risks" in Nigeria as an example, adding that "the international community has shown very little capacity to do something useful to prevent it from getting worse and more dangerous".

Humanitarian organisations could only mitigate the impact of conflict on ordinary people. "There is no humanitarian solution … The solution is political and the solution is to solve the conflicts that generate these dramatic levels of displacement."


 国連の報告で強調されていることの一つは、現在、世界で、「平和」が危機的状況にある。にもかかわらず、世界で起きている戦争、内戦等を防ぐこと、終結させることはできないことに莫大なコスト(おそらく、金額だけでなく人材も含まれていると思う)がかかっている。

 イギリスは報告されいるシリアからの難民を正式には24人しか受け入れていないそうだから、そこで暮らす僕が日本について書いてもお門違いかもしれない。

 日本の首相には世界のこの状況が見えていないようだが、どうしてわざわざ、世界の紛争が更に悪化するようなことになりかねない、日本を戦争に巻き込まれる国にしたいのか。

 ガーディアンの記事の後半。

Many of those crossing borders fell into the hands of increasingly sophisticated people-trafficking gangs, said Guterres. "We see these networks of trafficking and smuggling becoming more and more international, multinational, and linked to other forms of international criminality", such as guns and drugs.

"They become very powerful organisations. And the truth is that national authorities, especially in the developing world … have a very limited capacity to crack down on them."

At the same time, he added, "their behaviour has become more and more vicious". Gangs used rape, torture, sexual exploitation, organ harvesting, extortion and murder. "We are very strongly in favour of international cooperation to crack down on these gangsters,: he said.

The scale of the refugee crisis was straining the capacity of humanitarian organisations, said Guterres. UNHCR has halved the proportion of its budget spent on headquarters costs, but there was an increasing gap between needs and resources available.

"Because conflicts are multiplying, because of climate change and other factors, we see the needs are increasing exponentially."

The UN's world food programme had been forced to reduce rations in some refugee camps because of reduced budgets and greater demands, he said. "Humanitarian organisations are under tremendous stress."


 日本が自ら戦争に巻き込まれる、悪化させる道を選べば、人身売買、臓器売却の犯罪集団の手に落ちる難民が増えることに手を貸してしまうことになりかねない。

 政治家は、平和を実現する為の交渉をすることが本分だと思う。「集団自衛権」に血道を上げる前に、世界の紛争地域に自ら出向いて、平和交渉を行うという選択肢が安倍首相の思考回路にあることを切望する。

 日本政府が、これまで築き上げてきた日本が平和に貢献する国家であるというステイタスを自ら壊そうと躍起になっている間に、安倍首相の「仮想敵国」の一つは、確実に勢力を伸ばしている。

ギリシャ、中国と協力強化で一致 6千億円超の契約調印
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014062001001487.html

【アテネ共同】中国の李克強首相は19日、ギリシャの首都アテネを訪問し、サマラス首相と会談した。両氏は会談後の共同記者会見で、貿易や海運など経済協力の強化で一致したと明らかにした。両国は総額65億ドル(約6600億円)の契約に調印、ギリシャで中国の影響力がさらに高まることは確実だ。

 財政再建中のギリシャは、海外からの投資拡大に力を入れている。中国としては、「欧州の入り口」とされるギリシャの空港や港湾整備への投資を加速し、欧州や中東向けの貿易拠点として開発を推進したい狙いがあるとみられる。

 会談で李氏は「ギリシャは、近く経済危機から抜け出せる」と強調した。


 追いつく意味があるのかどうかは分からないが、日本は既に大きく水を開けられている。

FIFAが欲しいものは金、金、金

2014.06.22
今日のサンディ・タイムズのトップ記事は、サッカーのワールド・カップ開催権を愚弄して贅沢三昧の生活をし続けるFIFAが如何に、普段の生活の中でサッカーを愛し、夢を馳せている人々のことなど全く眼中にないことを証明している。

 タイムズの記事のリンクを張れないなと思っていたら、デイリィ・メイルがすぐにフォロー。

Fifa executive committee members 'awarded double pay rise' after new ethics rules ban bonuses
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2664945/Fifa-executive-committee-members-award-double-pay-rise-new-ethics-rules-ban-bonuses.html

'All 25 members' of world football's governing body received pay rise
Their annual salaries allegedly shot from £59,000 to £118,000 this year
It comes after audit and compliance body said bonuses would be ditched
Allegations by The Sunday Times are the latest scandal to engulf Fifa

World football's top 25 officials have had their salaries doubled after a new ethics committee promised to stamp out their bonuses, an investigation has claimed.

It is alleged that Fifa - which faces corruption claims over the awarding of the 2022 World Cup to Qatar - also offered to pay its executive committee in wads of cash through a Swiss bank account.

The claims today, revealed in a cache of millions of documents leaked to The Sunday Times, are the latest in a growing litany against the governing body of world football.

The executive committee led by President Sepp Blatter, Exco for short, is Fifa's most powerful body and numbers 25 top officials from the football world.

Britain's representative Jim Boyce is one of Exco's seven vice presidents and has already said he would support a rerun of the 2022 vote if corruption allegations are proven.

The revelations come just four months after Fifa promised to clean up allegations of corruption by scrapping bonuses to its committee.

A new audit and compliance body was formed in July 2012 and its chief, Domenico Scala, said in February that executives had agreed to scrap the bonuses because they could encourage unethical behaviour.

He said Exco was an 'oversight and decision-making body... not responsible for sales,' adding: 'We don’t want to provide a bonus to people overseeing the operations.'

But according to the report today in The Sunday Times, each of the 25 members' salaries has risen from £59,000 to £118,000 this year after the bonuses - reputedly worth £44,000 a year - were scrapped.

An unnamed Exco member told the newspaper the salary 'doubled to take account of the dropping of the bonus.'

The newspaper alleged Exco members enjoy generous expenses - including stays in a £200-a-night hotel in Rio de Janiero during the Brazil World Cup and more than £400 a day in generous expenses.

Leaked documents also claimed Exco members were allowed to take their salaries in envelopes full of cash at Fifa's headquarters in Zurich, Switzerland.

The timing of the revelations, during the current World Cup in Brazil, is devastating for Mr Blatter as he remains firmly in the public eye.

Brazilian authorities are already fighting unrest in large cities including Rio de Janiero over the huge amount spent on the tournament - and the vast profits for Fifa - in a country with extreme poverty.

The governing body of world football is highly secretive about the salaries it pays its top officials.

Accounts list the total of payments to Fifa's 'key management personnel', which includes not only the 25 Exco members but also directors and other top staff.

This figure was £21.3million last year - a rise of £1.6million in a year since 2012.

The pay of Fifa President Sepp Blatter and the other 24 members of Exco is now set by a compensation committee led by Mr Scala.

Earlier this month the chairman of the Britain's parliamentary committee for Culture, Media and Sport said Fifa needed a complete overhaul.

In a BBC interview earlier this month, John Whittingdale said an inquiry three years ago into the 2022 World Cup bidding process had received several allegations of 'potential corrupt payments'.

'Those were swept aside by Fifa, they weren't properly investigated, and that was three years ago,' he said.

'I don't think anybody is going to be that amazed to learned that the bid process is corrupted. It isn't sufficient just to have a rerun of a vote by a small number of people who conduct the vote in secret and are unaccountable.

'There needs to be a complete reform of Fifa.'

Fifa did not immediately return requests for comment.


 タイムズの記事によると、この25人の役職は「パート・タイム」で、出身国のサッカー界でも要職に就いているのだろう。ということは、給料、2回も貰っているのかな、と。

 これって、どこからどのような経路で払われている金?

 世界を巻き込んで暴利をむさぼるスポーツ業界は、サッカーとF1、そして21世紀のオリンピックが突出している。僕が知らないだけなのかもしれないが、例えばこの3団体が、世界で飢饉や水不足、内戦による避難民への医療や住宅援助への資金提供をしているのだろうか?

Sepp Blatter: why football deserves better than Fifa's toxic president
http://www.theguardian.com/commentisfree/2014/jun/22/sepp-blatter-football-deserves-better-world-cup-brazil

According to Fifa, the 2010 World Cup in South Africa earned football's governing body over $3.5bn. The host country, by contrast, earned about $500m from the event, a poor return on the $4.5bn invested in stadiums and other infrastructure. Tumbleweed is now blowing around some of them.

Football fans around the globe are quite simply fed up with Fifa. It demands that countries seeking to hold its tournaments pass event-specific legislation – the Brazilian government conceded a host of conditions with its General World Cup Law in 2012. It insists on endless privileges for its representatives and sponsors, and it has a cabal-like structure that lacks any transparency. The announcement by Sepp Blatter that he intends to stand for a third term has enraged fans and, for the first time, provoked public rumblings of discontent among European member associations.

But their opposition at the Fifa Congress petered out after about five minutes and then it was back to North Korean-style Fifa proceedings, with Blatter's supporters from federations around the world being told they would all be pocketing a $700,000 bonus. The subsequent eulogies for the Swiss president would have made Kim Jong-un blush.

The decision to back Blatter's latest electoral bid came despite the growing revelations of corrupt practices surrounding the awarding of the World Cup to Qatar. His response was the habitual one that his PR advisers appear to suggest: an appeal to all "fair-minded" people to let his internal investigation take its course before arriving at a premature judgment.


夏至の青空

2014.06.21
スクリーンショット 2014-06-21 22.44.57

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/14288992638/

書く時間がなかったことを書き、久しぶりに会う友人家族とバラ園でピクニック。夜はその友人達と素晴らしいパフォーマンスを一緒に。

 こんな普通に良い日があることに感謝。

トルコ滞在記4:日本文化を高校生にレクチャー

2014.06.21
トルコに行く前、僕はトルコが親日国であるとは知りませんでした。フェティエ、ウズムルに滞在している間は、日本のことを尋ねられることなんてあるとは思っていませんでした。が、偶然、現地の高校生に日本文化について熱心な質問を受ける機会がありました。

 一緒に行った友人のひとりが、滞在2日目に、歯の詰め物が取れてしまいました。さすがに多くのイギリス人が暮らしているので、フェティエには英語を話せるトルコ人歯科医が居ました。余談ですが、トルコ政府は、専門職に外国人が就くことを厳しく規制しているそうです。なので、イギリス人歯科医による歯科クリニックは、フェティエにはありませんでした。

 テレサが紹介、アポを取ってくれたのは、英語圏のある国で歯科医の研修を積んだ女性。家族とともに母国に戻って来たが、子供の教育の為に再びその国に戻るかもしれないとの言葉に、トルコの内政が外から判らないことがたくさん有りそうだなと感じました。

 テレサから、患者はイギリス人だけど、日本人も来るかもしれないとの情報に喜んだのは、彼女の高校生のお嬢さん。英語圏にいる時に日本のアニメイションを通じて日本文化に興味を持ち、いつかは日本に行き、できれば暮らしてみたいと思ったいたお嬢さんにとって、フェティエで日本人に遭遇する機会などほぼあり得ない。千載一遇の機会に、お母さんに頼んでクリニックで待っていました。

 お嬢さんに紹介される前に、母親は、「娘の入れこみようは、私たちには理解できないんです。日本人のあなたから正確な情報を聞くことができれば、娘の気が変わるかもしれないし」、と。

 お嬢さんの英語は、英語圏で生まれ育ったこともあり、お母さんの英語よりもずっと英語でした。

 日本のアニメイションで知った日本文化に興味を惹かれ、アニメで観た食べ物をネットで情報を得て自分で作ったりしているとの自己紹介から始まり、できれば、日本で日本文化を学べる大学に行きたい。そして就職して暮らしてみたい。まず、日本の大学で学ぶのは大変でしょうか?、との質問から始まりました。

 日本の教育現場のことは全く知らないですが、全ての授業を英語でしている大学はまだまだ少ないというのは一般論として話していいだろうと思ったのでそう伝えると、かなり驚いたようでした。続いて、「では、どうすれば日本語の書き言葉(ひらがな、カタカナ、漢字)を書けるようになれますか?」、と。

 これは頻繁に尋ねられる質問なので、「日本人だって20年くらいかけて漢字を学んで行くのだから、外国人が数年で修得するのは簡単ではないと思うよ」と。「えっ?日本人は3年くらいで漢字を学び終えるんだと思っていました」。

 そこから、「食事で箸を使う時に気をつけることはありますか?」、「日本のアニメで、日本ではいじめが多いように感じました。私が日本に行ったらいじめれるのでしょうか?」、「学校では、先生をファースト・ネイムで呼んではいけないというのは本当ですか?」、「着物を着る時にどうして皆さん、あれほど重ね着をするんですか?」、「大福って、私でも作ることはできますか?」等々、こんなトルコの地方都市でここまで日本に興味を持ってくれている学生がいることが嬉しくて、僕もできる限り丁寧に、多くの例を使って説明したつもり。

 日本のアニメでいじめの描写を観ると言われたときだけは、本当にがっかりしました。いじめは日本だけではないですが、外国人が気になるほどのいじめの描写ってどんなものなのか。いじめだけでなく、日本での児童ポルノの扱いに、多くの外国は戸惑いを隠せないようです。

Japan bans possession of child abuse images but law excludes anime
http://www.theguardian.com/world/2014/jun/18/japan-bans-possession-child-abuse-images-excludes-comics-video-games-anime

 まだまだ質問はあったようですが、友人の治療が終わったので終了。最後に彼女に伝えたのは、「日本に興味を持ってくれて嬉しいです。でも、日本で仕事をして暮らしたいのであれば、少なくとも大学教育で専門知識と資格を身につけてからの方が良いと思う」。

 数日後、再び友人の治療につきあってクリニックに行くと、お嬢さんは高校の試験でいませんでした。かわりに彼女の母親から、「娘のたくさんの質問に丁寧に答えて頂いてありがとうございました。娘も大変、感謝していました。こんなことを言って済みません、でも、娘が冷静になれたようで私はほっとしました。日本が危ないというのではありません。でも、私は娘には遠くに行って欲しくないんです。私の主人は逆に子供達に海外に行くことを勧めるので、私はいつも心配で」。

 なんだか、良いことをしたのか、それとも彼女には悪いことをしてしまったかなとも。それでも、思わぬ所で、思わぬ人から日本のことをたくさん尋ねられ、話せたことは楽しい経験でした。

トルコ滞在記3:イギリス人居住者の暮らし

2014.06.21
既に、夏至。日照時間が長い期間の短いこと。

 初めて行ったトルコで、ローカルの人たちに次いで多く遭遇したのは、現地で暮らすイギリス人。滞在中のいろいろな手配をしてくれたテレサは、フェティエで暮らして18年以上。トルコ語はネイティヴ並みとはいえませんでしたが、両国の社会習慣や生活の違いを深く理解していて、その彼女ですら距離を置きたがるイギリス人コミュニティの「外国人ぶり」に圧倒されました。

 滞在したウズムルという村は、徐々にその人口が増えていて、2500人中、イギリス人居住者は500人。村の中心は元々暮らしている皆さんの生活の中心で、イギリス人居住者の多くは拡張する村に次々に建設されている、外国人向けのマンションで暮らしているそうです。

 村の中心にそのイギリス人コミュニティ向けに開放的なカフェがあります。その隣には、村の男性だけがチャイをのんびり飲みつつ、毎日何かを話している村のカフェがあります。

 村の男性向けのカフェにイギリス人がいない、というのは、何となく理解できます。お互いにこの線は踏み越えてはならない、という感じだと思います。しかし、その二つのカフェがあるのは村のモスクの正面。その広場を、朝から上半身裸で、タトゥーを隠しもせずに歩いているイギリス人男性とその家族。元から暮らしている人たちがどう思うかを考えたことはないのかと唖然としました。

 これは極端な例かもしれないですが、ウズムルやフェティエで遭遇する、長期/短期のイギリス人居住者の皆さんがタトゥーを隠さない態度は、彼らが暮らしているコミュニティへの尊敬を全く欠いているように感じました。

 一つ小さな例。外国人向けのカフェで僕がいつも頼んだのは、チャイ。写真、横向きです。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/14289185206/

 カフェのオーナーの女性(トルコ人)によると、外国からの客のほとんどはチャイを頼まずに、コーヒーや紅茶ばかりだそうです。

 もう一つ顕著に感じたのは、イギリス人の多くが肥満。ローカルの特に中年以降の男性の多くが痩身なのに対し、男性も女性も何を食べればそこまでこの土地で太っていられるのかと不思議に思うほど。ようは、イギリス神武家のフィッシュ/アンド・チップス等の、イギリスでも食べていたであろう脂のつまった「イギリス」の食事をトルコでもしているのだろうと。現在、イギリス国内では、増え続ける肥満は国を挙げての課題。でも、フェティエで遭遇したイギリス人の多くはそんなこと、全く気にかけていないようでした。

 もう一つ強烈に感じたのは、イギリス人って、男女ともに大人になりたがらない国民だということ。

 海で泳ぐのは水温がまた低いから勧めない、替わりにフェティエの湾内を巡るボート・トリップに参加してみてはとテレサから誘われました。一ついわれたのは、「参加者はフェティエで暮らすイギリス人(主に60代以上)だけだから」と。

 多少なりとも知っているイギリス人だけだから気兼ねしなくても良いとの想いがあるのは当然でしょう。でも、引退できるような歳になって外国で暮らしてなお、そんなにまるで10代のように、でも10代ではない体をはずかしげもなく見せる。ビールをどんどん消費して、最後は70年代のディスコ音楽を大音量でカラオケ大会。

 彼らの人生ですから、僕がとやかく言える立場ではないですが、「トルコに来てまでこんなことをするのはどうしてですか?」、と。ロンドンで暮らしているとお目にかかれないイギリス人の姿を強烈に見せつけられました。

 全く逆の例。これほどまでにイギリス人が増えていると、そこにはチャリティ・ショップがあります。捨てられたペットのシェルター運営、家庭内暴力で苦しむトルコ人女性へのサポートをする団体等々。このようなことに情熱を傾けるのはイギリス人らしいと思います。が、この「チャリティ」という概念を判らないローカルの皆さんとの間には意識の差があるそうです。

 具体例。チャリティ・ショップでは善意で提供された衣服や本、生活雑貨を多くの人たちが購入し易い価格設定になっています。つまり、かなり安い価格。にもかかわらず、特にトルコ人男性は、値切り交渉を延々と続けるそうです。チャリティ・ショップをサポートする人たちはそんなことを想定していないし、値切りに応じる方針もないです。

 ここまで改めて思い出しながら書いてきて考えるのは、これはトルコ、フェティエで暮らすイギリス人だけに限ったことではないであろうということ。移住した外国がどれほど好きだとしても、同胞がたくさんいれば集まりたくなるのは自然な感情。でも、その居心地の良い「仲間内」にとどまっているような暮らしは、僕は不自然に感じます。

日本の政治家のモラル、イギリスも似たようなものだけど

2014.06.21
日本特定の報道機関が、世界に知られたくないであろう日本で起きたことを報道すると、「マスゴミ」とか「売国奴」と罵る人が増えているようだが、都議会での女性蔑視発言を世界の報道機関が見逃す訳がない。

Tokyo assemblywoman subjected to sexist abuse from other members
http://www.theguardian.com/world/2014/jun/20/tokyo-assemblywoman-sexist-abuse

Incident widely criticised after sexist heckling by unidentified assemblymen thought to be from Liberal Democratic party

 ガーディアン、野次を飛ばした議員は「自民党」とほぼ断定しているな。

Outrage in Japan as woman lawmaker jeered for being single, childless
http://www.reuters.com/article/2014/06/20/us-japan-women-heckling-idUSKBN0EV0PP20140620

The incident comes amid a push by the government to increase the number of working women as a way to boost the economy and illustrates deep-seated conservative attitudes in Japan, where many men still believe that a woman's place is in the home.

City assembly member Ayaka Shiomura, 35, was talking about measures to support child raising and boost fertility during a session on Thursday when male lawmakers interrupted her with cries of "Go and get married" and "Can't you give birth?"

The heckling prompted a flood of complaints to the government of Japan's capital, which will host the Summer Olympic Games in 2020.


Outrage follows sexist outburst at Tokyo assembly meeting
http://edition.cnn.com/2014/06/20/world/asia/japan-assembly-sexist-outburst/

 日本の政治家の方を持つつもりは全くないが、イギリスでは左派の女性ジャーナリストを殴ってやるとトゥィートした保守党の男性議員。

Tory MP Michael Fabricant apologises for tweet saying he might punch female journalist
http://www.theguardian.com/politics/2014/jun/20/tory-mp-michael-fabricant-tweet-punch-yasmin-alibhai-brown

 今回、日本の報道で本末転倒と思ったのは、今回の女性蔑視発言が、2020年の東京五輪開催に向けて問題になる云々。で、毎日新聞の表現によると、「欧州の貴族のサロン」である国際オリンピック委員会のメンバーをもてなすとか。

 なぜ?

 日本国内で生活が困窮している人が多い時に、どうして「貴族」にご馳走しなければならない?オリンピックって、誰の為?日本が恥ずかしくて世界に見せられないことを隠す為に、全く必要でない「おもてなし」をしなければ開催を許されない五輪なら、開催しなければならない意義を僕は全く見いだせない。開催は返上すべきだ。

患者がカウンセリング・サイコセラピィを終了すること

2014.06.21
カウンセリングについては本当に久しぶり。ブログに書くと情報が誤解されることがまだまだ多く起きるので控えている。数日前に、インディペンデント紙に、面白い記事があったのでそれを紹介。

Stopping therapy: We have ways of making you talk
http://www.independent.co.uk/life-style/health-and-families/features/stopping-therapy-we-have-ways-of-making-you-talk-9541789.html

Walking away from therapy is a big step, but what if your analyst tries to stop you? Their methods of persuasion can be intense – and not always ethical, reports Rhodri Marsden

心理カウンセリングを受けるのを終わらせるのは大きなステップだが、もしカウンセラー(サイコアナリスト)があなたの決断を止めようとしたら?彼らが引き止めようとする際、それはとても緊張感があるし、常に理想的であるとは限らない。

Having spent six months overcoming a period of depression in private therapy sessions, Gemma felt ready to stop. But when she raised the issue with her therapist, she met resistance.

"For two months, I told her that we need to cut down or stop altogether," she says, "and every time it would be diverted into a discussion about why I'm not willing to spend £60 a week on myself." The absurdity of the situation reminded Gemma of trying to cancel her contract with Sky. She says: "I contacted them eight times. They'd tell me that changing to BT would be a bad idea; every time, I ended up saying that I'd 'have a think'."

While the Murdoch empire kept her firmly in its clutches, Gemma's therapist was unintentionally piling on the anxiety. "She would say that I was 'abandoning' the sessions and I didn't understand why she was using that kind of language," she says. "It was awful."

鬱を克服しようと6ヶ月受けてきたプライヴェイトの心理セラピィを、ジェンマはそろそろ終了しようと考え、それをセラピストに伝えた。常に、(終わらせようとしないと思われる)セラピストの抵抗にあった。

 そのやり取りはまるでケイブル・テレヴィの契約を解除するときの経験を思い出させる。違うのは、ジェンマのセラピストが、彼女の不安を増加させるような言葉を使ったこと。
 「セラピストは、私が彼女とのセッションを放棄すると表現した。私は彼女がなぜそのような言葉を使うのかが理解できなかったし、酷い気分だった」。

 記事の仲に書かれているように、クライアントが来なくなる、即収入源につながる不安というのは、何も心理カウンセラーに限ったことではない。しかし、クライアントの不安を自分たちの不安を隠す為にかき立てるのは、間違っている。以下の部分は、心理カウンセラーが常に守らなければならない業務上の基本について。

The ethical framework issued by the British Association for Counselling & Psychotherapy is clear on this issue. One of the principles emphasises "the importance of developing a client's ability to be self-directing within therapy and all aspects of life", and "the value of voluntary participation" in therapy.

"Client autonomy is absolutely paramount," says consultant psychologist Carina Eriksen. "The therapy is meant to empower them, not disempower them. A good therapist will keep a conversation going about where the therapy is going – is it benefiting the client?"

Blunden agrees. "I give guidance on how long therapy might take, but I don't require commitment. They don't even have to sit there for the entire session if they don't want to! Any pressure on a client to continue would seem to me to be exploitation; by making a decision about future sessions, you're removing a client's autonomy."


 簡単に書くと、カウンセリングはクライアントの「自主性」を高めることであって、それを低めることではない。カウンセリングによって、クライアントがどの方向に進むのかをカウンセラーは常に考えるべきであると。

 日本だけでなく、イギリスでも根強く心理カウンセリングやサイコアナリシスへの「思い込み」が残っている。典型例だと、精神分析では必ず「カウチ」に横たわらなければならない、と。カウチに横たわれば鬱が軽減するなんてことは、あるのかもしれないけど、クライアントが使いたくなければその選択を尊重しなければならない。研修時代、個人カウンセリングを受けるのは必須だった。カウンセリングを受ける方もする方も人間だから合う、合わないがある。3人のカウンセラーを経験したが、常に「絶対にカウチには横たわらない」と伝えて全く問題なかった。精神分析にはカウチが必要と科学的、論理的に証明した論文があったら読んでみたい。

 もちろん、収入は大切だけど、クライアントの人生をカウンセリング/カウンセラーが縛り始めたら、それはもはやカウンセリングではない。クライアントがカウンセリングからどのような道を進めるかを考えられるようになることが主眼におかれるべきだと思う。

Rian by Fabulous Beast Dance Theatre @ サドラーズ・ウェルズ劇場

2014.06.21
DSCN6913.jpg

書いていないエンタメはかなり有るのだが、短期公演が中心のサドラーズにおいて、とりわけ開催中の「サドラーズ・サンプルド」は負端んだけなので、昨晩観てきたファビュラス・ビースト・ダンス・シアターによる、「RIAN」。

http://www.sadlerswells.com/whats-on/2014/Sampled-Fabulous-Beast-Dance-Theatre-Rian/

2011年のロンドン初演時のレヴュー
http://www.theguardian.com/stage/2011/oct/25/rian-review

 ガーディアンのレヴューの最後の部分、「音楽中心の舞台」云々には賛同しないが、純粋にダンス中心の公演ではない。昨晩は、ステイジに8人のダンサーと5人のミュージシャン。音楽はアイルランドの伝統音楽が中心、ダンサーは多国籍。振り付けの構築はスムーズとは感じなかったが、生の音楽に乗ってステイジを躍動するダンサー達の動きは素晴らしく、本編が終わったときはサドラーズが怒号のような歓声に包まれた。

 一つ残念だったのは、デンマーク人とガーナ人を両親に持つ女性ダンサーが体調不良で降板。ヴィデオで観た彼女の踊ることの楽しさがあふれる表情を観たかった。ミュージシャンがダンスに加わり、ダンサーもパーカッションで演奏に参加し、舞台上の一体感はとても緊密で、でもお互いに尊敬し合っているのが判る暖かなもの。

 ダンス公演には珍しく、というか僕は初めてだったがアンコールが3回もあった。1回目、幕が再び上がると、一人の女性ダンサーが舞台の中央に建ち、静かな音楽に併せて最もバレエ的な踊りを。本編の終わりが素晴らしく
熱狂的だったので、動と静の対比がとても良かった。2回目はリアムがオーディエンスを誘導して大合唱。歌詞がゲーリックだったからみんないい加減に歌っていたようだが。3回目は、舞台に出てきた振付家のドーラン=キーガンが速攻で簡単な踊りを見せて立ち見席だけでなく椅子席の観客も参加してダンス・タイム。
 どう終わらせるのかなと思い始めた所で、リアムが身振りでこれで終わりとキーガンに指示して終了。会場はおそらく7割の入りのようだったが、皆嬉しそうな表情をしているのが印象的だった。

 昨晩は、ポスト・パフォーマンス・トークがあった。手話通訳者まで用意しているサドラーズの姿勢に感心。どの質問もとてもシリアスで最後は退屈してしまったが、リアムとキーガンが表現は違えど言ったのは、「Dance leads music, music leads dance」。

 プログラムの作品紹介によると、2011年の初演以降、ヨーロッパ各地、オーストラリア、シンガポール、香港で上演され各地で高い評価を受けている。日本でも受けると思うのだが。

 今晩、6月21日のチケットはまだたくさん残っているので、ロンドンにいる皆さん、昼間の素晴らしい天気を楽しんだ後、サドラーズで踊ってみては。

[追記:6月21日]
今晩も素晴らしい舞台だった。客の入りが悪かったけど、観客からは盛大な拍手が送られた。



https://www.youtube.com/watch?v=nglL0MfAIDA

The Dream mixed bill@ロイヤル・バレエ

2014.06.18
スクリーンショット 2014-06-18 16.03.05
(ロビンスのコンサートでのカーテンコール、右からガートサイド、モレラ、カスバートソン、5月31日)

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157644899193276/

今シーズン、ロイヤル・バレエのオペラ・ハウスでの最終演目はフレデリック・アシュトンの「ドリーム」、アラステア・マリオットの新作「コネクトコム」、そしてジェローム・ロビンスの「コンサート(もしくは、コンチェルト)」。

 初日と最終日に観た。マリオットの新作は全く期待していなかったが、その期待をしていない所から更に遥かに奈落の底へ見えなくなるほどの出来だった。あのような振り付けは、マリオットよりも数段上のマックグレガーが観客が既に驚かなくなるほど創作しているのだから取り組むだけ無駄だったと思う。

 ということで、残る2作品のみ期待していたし、振り付け自体、古くささなどみじんも感じないほど、素晴らしいものだった。気になったのは、キャストの「薄さ」。「ドリーム」も「コンサート」も主役はプリンシパルが踊ったのだが、これまでの2作品の舞台では準主役はファースト・ソロイストが踊った役にランクが下のダンサーばかりがキャストされていた。ヌニェスもヤナウスキィも出演していなくて、幾人かのプリンシパルは既に夏休みなのかなと。

 フレデリック・アシュトンの「ドリーム」はちょうど50年前に発表された。ということで、初日カーテンコールでは、世界初演の二人、シブリィとダウエルが登場。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/14292385146/

 この二人に指導されてオベロンを踊ったスティーヴン・マックレィのできは素晴らしかった。妖精の女王は初日がロベルタ・マルケス、最終日はラウラ・モレラ。どちらも役不足という感は否めなかった。

 ロビンスのコンサートは「ドリーム」よりも数年早く創作された、コミカルな小品。純粋なバレエとはいえないが、このようなクスリと笑える作品は、数年毎にプログラムに入れて欲しいもの。名前が知られている割には内容を知らない人も多いようなので、映像。



https://www.youtube.com/watch?v=jO0mC_FSw6M

 夢見がちな女性を初日はカスバートソン、最終日はサラ・ラムで観た。夫婦役は両日ともラウラ・モレラとベネット・ガートサイド。ロイヤル・バレエのダンサー達の芸達者ぶりをたっぷりと魅せてもらった。カスバートソンの天然なコメディエンヌぶりは僕にとっては新鮮な驚きだった。ラムの、どこかのねじが緩んでいると思わせる斜め上を夢見る表情の豊かさ。
 本当はヤナウスキィで観たかったこの役。彼女なら素晴らしい表現だったろうとは思いつつも、カスバートソンもラムも自然なコメディエンヌで楽しい舞台だった。ロイヤル・バレエでの前回の上演は13年前、この役をギエムが踊った。幸運にもその舞台を2度観たはず。あの時点で既に天空の人だったギエムにこのような役を振るかと思いつつ、今回同様、会場が暖かい笑いに包まれた。

 リサイタルを楽しむ、仲の悪い、倦怠期とおぼしき夫婦を演じたモレラとガートサイド。このようないぶし銀のようなダンサーなくしてバレエ・カンパニィは成り立つはずがない、そう確信するほどの迫真の演技。大いに笑わせてもらった。次回は13年も待たずに観たいものだ。

concert.jpg
(テレグラフから拝借)

 フレデリック・アシュトンの「田園のひと月」が新しいシーズンに上演される。そのセカンド・キャストがオーシポワ。購入したけど、「冗談?」という驚きを消せない。

トルコ滞在記2:石の村、カヤキョイを歩く

2014.06.18
DSCN5545.jpg

トルコ滞在2日目の日曜日、フェティエ南部にあるカヤキョイという村を訪れた。

http://en.wikipedia.org/wiki/Kayak%C3%B6y

 1923年の、ギリシャとトルコの間で行われた人口交換で、村全体が、廃墟になった遺跡。これほど多くの家がけっこう住めるようなままで荒らされていないのが不思議だった。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157644940848214/

 ウォーキングのガイドをしてくれたカヤキョイ在住のイギリス人女性、サリィによると、近年、カヤが映画のロケ地になることが多いそうだ。007の「スカイフォール」のロケもあったそうだし、2015年に100周年を迎えるガリポリの戦いの映画(ラッセル・クロウが主演らしい)のロケも行われたそう。

 「ガリポリの戦い」といえば、僕には「ワルツィング・マチルダ」。この歌を知ったのはポーグスでだが、wikiによると「ガリポリの戦い」は当時のオーストラリアとニュー・ジーランドにとって初めての戦争への参加だったとのこと。

 だからだろう、サリィは既に来年、オーストラリアから多くのトレッキング屋カヤッキングの予約を受けているそうだ。トルコに強く惹かれることはなかったが、ウォーキングで訪れることはありかな。

日本人が再び戦場に送り込まれないために

2014.06.18
昨日、6月17日のタイムズ紙の第一面に大きく掲載された、イラクで起きている虐殺の瞬間の写真。

DSCN6907.jpg

DSCN6908.jpg

 イラク軍の兵士を無差別に処刑している側が、トゥィッターに掲載したそうだ。

 集団自衛権云々で、日本は再び戦争に自発的に巻き込まれることを、たとえ戦争が起きても自分たちは決して戦場に行くことなどない政治家によって、選ぼうとしている。

 写真のようなことに日本人が巻き込まれることなどあり得ない、徒に恐怖心を煽るな、と思う人が大多数だろう。

 そうだろうか?2013年、アルジェリアで起きたことを忘れた?

 テロに巻き込まれて日本人が見せしめに虐殺されて、憎しみを持たないでいられる?

 弱虫になれというのではない。戦争を回避する為の平和政策をたゆまずに実行することの方がずっと難しいことは、今、世界の多くで内線、戦争、テロが終わることのない現状では、明らか。戦争をすることの方がずっと簡単で素早い。しかし、その代償による憎しみを、1000年経とうが人類は忘れない。

 日本の大臣が海外に出向いて、嬉々として人殺しの武器を売り込む。武器売って、自国民を戦場に送り出すのは他の国がしていることと同じ。多くの国ができない、実現できないであろう「戦争を絶対にしない国」に、日本はなれるはずなのに。

サドラーズのお試し週間:南アフリカから「白鳥の湖」

2014.06.18
昨日から、サドラーズ・ウェルズ劇場で「Sadler's Sampled」と言う、いろいろなダンス・カンパニィを格安で試せる2週間のイヴェントが始まった。

DSCN6906.jpg

http://www.sadlerswells.com/whats-on/2014/Sampled/

 昨年に続き2年連続の開催。立ち見席が£8−というのはダンスの舞台に興味はあるけどどこから始めて良いのか判らない、という人には抵抗の少ない価格だろう。

 今年の最初のカンパニィは、南アフリカから、Dada Masiloという若い振付家が古典バレエの「白鳥の湖」を彼女なりに再構築したもの。

http://www.sadlerswells.com/whats-on/2014/Sampled-Dada-Masilo-Swan-Lake/

DSCN6905.jpg

DadaMasilo1.jpg

SW2.jpg

 正直に言えば、チケットを購入したときは「恐いもの見たさ」の気持ちがあった。が、その舞台にふれて、「凄い、ダンスの可能性はまだまだどこまでも広がって行く」という高揚感に満たされた。サドラーズとガーディアンの紹介文。

Opening the festival is the young South African dancer and choreographer Dada Masilo, with her interpretation of Swan Lake.

Having trained at the Dance Factory in Johannesburg and the Performing Arts Research and Training Studios (PARTS), Masilo has become one of the most renowned choreographers in South Africa, winning a number of awards. Known for her reworking of classical ballets, she has previously realised new versions of Romeo and Juliet and Carmen, touring them worldwide.

In her newest creation Swan Lake, Masilo uses a company of 13 male and female African dancers to revisit this great classic; its themes, Tchaikovsky’s music, its tutus and its pointes. Re-imagining this ballet through a South African eye, giving it a new breath and a new life, Masilo tackles the issues of sex, gender and homophobia in a country confronting the impact of AIDS on its people.


ガーディアン
The Wells' annual Sampled season has proved to be one of the theatre's best strategies for bringing a wider audience to dance, with tickets starting as low as £8 (standing) with a wide range of on- and off-stage events. Opening the season is this new version of Swan Lake by South African choreographer Dado Masilo. Using a cast of African dancers, Masilo revisits the Tchaikovsky classic, recasting its original story of love and betrayal, reality and illusion into a story about sex, gender and homophobia, live issues in her home country as it deals with the impact of Aids.


 プリンスと男性が演じたオディールに僕はホモフォビアを強くは感じなかった。家族や社会が認めない恋愛を描くのに、男性が踊ったというもの。しかしながら、同性愛=死刑とする国が増えている中部アフリカから南部にかけて、舞台でそのような役を踊っただけでも「同性愛者に違いない」と観られる可能性があることを考えれば、振付家とダンサーの決断は素晴らしいと思う。

 物語の再構築はよく練られていた。また、ダンサー達の資質の高さは瞠目もの。同行した友人が、「このような舞台こそ古典バレエをよく知っている人が見れば楽しめるでしょうに、今日の会場にはロイヤル・バレエを観に来るような人はいない感じですね」と。まさに。

 この舞台は今日まで。立ち見席は£8−!ロンドンにいる人、試しましょう。

 余談。友人と開演前に話していたとき、芸術監督のスポルディング氏がワイン・グラスを持って歩いているのを発見。仕事関連の質問をしてから、もっと大切な個人的な質問をした。

 「今年は、歌舞伎をまた招聘するだろうと期待していたんです。計画はあるんですか?」

 「(ちょっと苦笑いしつつ)今年中にはと思っていたんだけどね。駄目だったよ」。

 「諦めた訳ではないですよね?!問題は資金ですか?」

 「諦めてはいない。ただ、そう予算がね....」。

 「それは、日本側、それともイギリス側で?」

 「Both」。

 
 日本もさ、人殺しの武器販売で世界に「cool Japan」を広めて日本も結局戦争したい国なのだ思われるよりも、このような素晴らしい文化を広めることで、日本は平和を目指し、世界に素晴らしい文化を輸出する、世界でonly oneの国と多くの人が思うようになる方向に進んで欲しい。

 ガーディアンは4星
Swan Lake review – Dada Masilo ruffles feathers with gay remake
http://www.theguardian.com/stage/2014/jun/18/swan-lake-review-dada-masilo-sadlers-wells

ヴェロニク・ドワノー:バレエはかくも残酷で、非情で、でも美しい

2014.06.15
YTでいろいろとバレエの映像を検索していたとき、偶然、Veronique Doiseneauというタイトルを見つけた。バレエを熱心に観ている人でも、あまり知られていないタイトルではないかと思う。僕も、タイトル、そして内容は知っていたが、観る機会などないと思っていた。このダンスを知ったのはこの記事。

http://www.chacott-jp.com/magazine/world-report/from-paris/paris0410b.html

http://www.chacott-jp.com/magazine/world-report/from-paris/paris0511b.html

 YTで見つけたのは、2005年の再演、つまりドワノーの引退に合わせたもの。YTはいつまでリンクが有効だかが判らないのであまりリンクを張りたくない。しかし、この映像は、僕個人の想いとして多くの人に観てほしい。










https://www.youtube.com/watch?v=OIuWY5PInFs


https://www.youtube.com/watch?v=FjPcRRH_4CM


https://www.youtube.com/watch?v=L10LlVPE-kg


https://www.youtube.com/watch?v=TfsOj4a2ggA


 ドワノーは最初の映像の中で自分の才能は充分ではなかったと言っている。しかし、世界のバレエ・カンパニーの頂点の一つであるパリ・オペラ座に入団し、スジェの位置まで登り詰めたというのは、才能は充分にあったはず。その才能ではエトワールにはなれないほど、バレエ・カンパニーの頂点に到達できるのはほんの一握りのダンサー達だけ。

 3番目の映像には、思わず目頭が熱くなった。

 僕が知る限り、コール・ドの経験がないままトップに登り詰めたのはカルロス・アコスタかな。シルヴィ・ギエムや吉田都さんも群舞の時代を経て頂点に立った。

 今年、日本のバレエ界には明るいニュースがあった。彼らが世界に羽ばたくことを願う。が、彼らが世界のバレエ・カンパニーに入団できても、キャリアは群舞から始まるだろう。

日本人男性のビンジ・ドリンキング、世界に配信される

2014.06.14
DJBM-yoga_2938171c.jpg
(デイリィ・テレグラフから拝借)

今週、たまたま購入したテレグラフを読んでいて、思わず深いため息がでた記事、写真。

Japan's salarymen out on the town
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/10892054/Japans-salarymen-out-on-the-town.html

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/10892103/In-pictures-Welcome-to-the-world-of-Japans-sozzled-salarymen.html
(これ、極東の島国からどうでも良いと思っているのだろうけど、モザイクかけなくていいのか)

Thanks to a high-pressure working environment and a long-standing culture dictating that salarymen should not offend their superiors by refusing a drink, many find themselves imbibing far more than they can handle.

And their drunken attempts to make it home can often be seen in the near-unconscious salarymen who are often found sprawled on station platforms or train carriages on the way home, with straight-faced commuters politely stepping over them.


 仕事のプレッシャーはあるだろうけど、適量で収めなければ。酒を強要する上司は、パワハラで訴えれば良い。日本人の平均寿命の男女差が広がっているのは、「ジャパニーズ・サラリィマン」のこの悪しき習慣が要因の一つではないかと思う。

蛭川久康 武蔵大学名誉教授とロンドンで

2014.06.12
日本で学んだのは武蔵大学。

http://www.musashi.ac.jp/

 今は構成が変わっているようで、僕が卒業したのは人文学部英米文化学科という名称だったはず。そこで、3年から指導教授だったはずだけど、3年の頃の記憶は全くなく、4年次にホガースについて指導教授として指導してくれたのが蛭川久康 武蔵大学名誉教授(以下、蛭川先生)。

 確か、僕が在籍していた頃は、卒論を選ばない選択ができて、でも卒論を書かない(書けると思っていなかったし)場合は、卒業演習としてゼミを2つとらなければならなかったはず。ということで、蛭川教授のもとでイギリス文化、(東大の教授だったはず)島田太郎教授の所で19世紀アメリカ文学を選択した。

 正直に言えば、ホガースを学んでいるとき、これがどのように自分の人生に役に立つのかなと思っていたし、まさか、ロンドンで暮らすことになるなんて考えたこともなかった。

 前置きが長くなった。蛭川教授から、ご自身の著作のリサーチの為にロンドンに行くので、時間があえば会いましょうとのメイルが届いた。最後に教授にあったのは、5年くらい前の一時帰国のとき(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-782.html)。メイルでたまに近況を知らせたはいたが、イギリスで暮らす中で今でも役に立つことを教えてくれた蛭川教授とロンドンで会う、というのはわくわくした。

 落ち着いた所で話したかったので、教授を案内したのは、フォートナムの半地下にあるファウンテン・レストラン。先に書いておくと、最近は、サーヴィスの質は高いです。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1255.html

 ちょっと意外だったのは蛭川教授もこのレストランを知らなかったこと。ここは、日本から友人、仕事関係の人が来ると必ず選択して、外れなし。静かで落ち着いて食事して会話も楽しめるからお勧め。

 レストランへ向けてジャミン・ストリートを歩いていたとき、蛭川教授が「あれ、ここに小さいけど、良いホテルがありませんでしたか?」とか、「あのシャツのお店はどこに行ってしまったんでしょうね?」と。僕の知らないロンドンのことを鮮明な記憶で、しかも日本語で聞くことができるなんて。まるで、蛭川教授の講義を、実地研修で聴いているようだった。

 武蔵大学のこと、教授が6年かけてほぼ書き終えた著作のこと、ロンドンについてから精力的にロンドン郊外へ一人でリサーチにでかけていることを、熱心に話してくれる教授。こんな情熱を持って、僕はロンドンで暮らしているだろうか、と。

 武蔵大学はこじんまりしていて、公平に言っても、知名度が高いとは思わない。それに、大学としては経済学部が最も良く知られているだろう。

 武蔵の人文で良かったのは、一般教養を広く、深く自分のペイスで学ぶことができたこと。僕自身に限ると、専門分野を突き進むとういことはしなかった。でも、蛭川教授のもとで学ぶイギリス社会のことを、他の講座で聞きかじったことと結びつけて、更に興味がかき立てられるということはあったように思う。

 今回、ロンドンで蛭川教授が話してくれたことの半分以上は、全く知らなかった歴史や人物。蛭川教授のもとで学んだ経験が、今、ロンドンで暮らして行ける意志を支える基礎の一つのように感じた。

 気がつけば、あっという間の3時間。話に興じる教授と僕が追い立てられることもなく、その夜、最後まで居座る客になってしまった。教授の話をまだまだ聞いていたかったが、次回は東京でだろうか。

 教授の為にも、今年の秋に開かれるある展覧会、きちんと仕事しようと思う。懐かしさより、楽しさが上回る再会だった。

[追記:6月18日]
蛭川教授のエッセイ

http://repository.musashi.ac.jp/dspace/bitstream/11149/928/1/jinbun_2011n043_007.pdf.pdf

http://repository.musashi.ac.jp/dspace/bitstream/11149/1624/1/jinbun2013_no45_001.pdf

バレエとオペラに、明日はあるのか?ある(断言)

2014.06.11
先週末、古典バレエとオペラの将来を憂うニュースがイギリス、アメリカであった。

New York's Met opera house on edge of precipice, says Peter Gelb
http://www.theguardian.com/music/2014/jun/06/new-york-met-opera-house-edge-precipice

Metropolitan Opera could go bankrupt in 'in two years'
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-27738482

 規模と知名度において、おそらく世界で最も影響力のあるオペラ・ハウスと言ってもいいであろうニュー・ヨークのメトロポリタン・オペラが、このままでは数年以内に破産するだろうと。

Grand opera is dying along with its increasingly ancient audience, according to Peter Gelb, general manager of one of the grandest operas in the world, the Metropolitan in New York. The renowned 3,800-seat opera house is fighting a losing battle on many fronts, and could face bankruptcy within three years, he says – and the crisis he sees in his own company could be a warning to many other opera houses.

 オブザーヴァの記事では、ゲルプ総裁の悲観論にロンドンの二つのオペラ・ハウスからは反論が寄せられている。ひいき目があるのは承知の上で、ロイヤル・オペラ・ハウス、特にロイヤル・バレエはチケットを購入するのが本当に大変になっているので、ゲルプ総裁の悲観論がロイヤルに当てはまるとは僕も思えない。

 一つ、メトロポリタン・オペラと欧州のオペラ・ハウスの間の大きな違いは、国家予算からの支援。オブザーヴァの記事の下にある数字。

Vienna State Opera

Box office: 98.8% occupancy; €33.1m income; 599,724 tickets sold

Annual running costs: €109m

Government grant: €58.7m

Private donations: €2m

Bavarian State Opera

Box office: 95.2%; €34.7m; 539,827

Annual running costs: €99.3m

Government grant: €61.8m

Private donations: €4.1m

La Scala

Box office: 95%; €32m; 425,000

Annual running costs: €115m

Government grant: €43m

Private donations: €34m

Royal Opera House

Box office: 95%; £37.1m

Annual running costs: £114.6m

Government grants: £27.4m

Private donations: £24m


 メトは個人からの寄付に頼っているから、この差は大きいだろう。しかし、ロイヤル・オペラ・ハウスも安穏とはしていられない。今週、労働党から攻撃を受けた。

Harriet Harman: state-backed arts must reach out to public
http://www.theguardian.com/culture/2014/jun/08/harriet-harman-state-arts-public

Opening the doors to our theatre, and opening minds about opera and ballet
http://www.roh.org.uk/news/opening-the-doors-to-our-theatre-and-opening-minds-about-opera-and-ballet

Labour will cut museums' funding unless they attract more poor children
http://www.telegraph.co.uk/news/politics/labour/10885335/Labour-will-cut-museums-funding-unless-they-attract-more-poor-children.html

 個人的には、ハリエット・ハーマンには、「だったら、サッカーで無駄遣いする人たちに舞台芸術の面白さを労働党は教えてきたのか?」、と問いたい。

 もうすぐイングリッシュ・ナショナル・バレエを引退するダリア・クリメントヴァは、古典バレエが消滅してしまうのではないかと心配している。

Daria Klimentová bows out with plea for classic ballets to be left alone
http://www.theguardian.com/stage/2014/jun/08/ballerina-daria-klimentova-interview-leave-classic-ballets-alone

The ballerina has plans to teach and perhaps to return to Prague to run a ballet company, but fears for the future of classical ballet. Audiences were dwindling and some choreographers mistakenly taking desperate measures – jazzing up productions – to draw in the crowds, she said.

"Classical ballet is already getting smaller and smaller. I hope that it is not going to disappear. But what I see around me is a lot of choreographers who are destroying the classics. I wish that instead of doing Sleeping Beauty in some crazy new way, they would just go and invent their own full-length ballet story."

Klimentová exempts Matthew Bourne's acclaimed and innovative company from her criticism. It has set out to challenge the classics. It is the national ballet companies that annoy her when they attempt to copy Bourne's tricks, rather than concentrating on keeping the traditions alive. "They destroy the magic when they change them, say by putting Juliet in shorts. Maybe I am old-fashioned. I know you have to go forward. But there is a reason why these ballets are called classic. They are magical."

Fresh generations should be able to see a classic Cinderella or Sleeping Beauty, she argues. "Why destroy a masterpiece? That drives me mad."


 彼女の心配はよく判る。古典バレエだけでなく、モダン・バレエやコンテンポラリィ・ダンスを楽しめるようになるには、時間とお金がかかる。本当に好きでなければ、時間とお金を費やすのは大変。長時間、観劇を強いられる古典バレエよりも、手軽(ではないが)に観られると思われている現代物の方が取っ付きいいだろう。
 
 古典バレエも、新古典も、モダンも好きな僕としては、古典バレエが死滅するとは思えない。あれほど想像力に富んだ素晴らしい舞台芸術が死滅するというのは、その国のすべての文化が死滅することと同じ。

 オペラ・ハウスやバレエ・カンパニィが多くの人たちにその舞台を体験できる機会を作る努力は必要だろう。他方、既にオペラやバレエが好きは人は、その魅力を自分の中だけにとどめることは辞めて、回りにその魅力を伝える、一緒に行って舞台の楽しさを共有することがバレエやオペラの将来を明るくする為として、行動してもいいのではないかと思う。

21世紀の奴隷に、夜明けは来ない

2014.06.11
偶然、日英の新聞で現代の「奴隷」に関するニュースを読んだ。

外国人技能実習制度:拡充方針も「使い捨ての是正を」の声
http://mainichi.jp/select/news/20140611k0000m040123000c.html

毎日新聞 2014年06月10日 21時59分(最終更新 06月10日 22時13分)
 ◇手取り数万円 休みなし……

 人手不足を背景に、外国人技能実習制度の拡充方針が打ち出された。実習生は日本の縫製業や農業、建設業などを支えているが、劣悪な環境に苦しむケースが後を絶たず、支援団体からは「拡充より先に外国人を使い捨てにする現状を正すべきだ」との声も上がる。

 2月上旬、東京都足立区の縫製工場。日本人従業員の姿はなく、2011〜12年に実習生として来日した20〜40代の中国人女性6人が働いていた。基本給は月6万5000円。残業代は時給400円という違法な水準だったが、土日も休めなかった。壁が薄く隙間(すきま)風が吹く工場の2階に住まわされ、光熱費込みで1人月5万円弱の家賃を徴収された。手元に残るのは、月数万円だった。

 実習生が増えると、経営者に鉄パイプなどの資材を渡され、台所兼倉庫を自分たちで増築した。「来日2週間で後悔した。『3年で300万円以上稼げる』と聞いたが、半分にもならない」。20代女性は嘆いた。

 昨秋、実習生を支援する全統一労働組合(東京都)に加入し日本人経営者と団体交渉を始めた。経営者が総額1000万円以上の未払い賃金の存在を正式に認めたのは、3月になってからだった。

 埼玉県の建設会社で型枠工として働いていた中国人の男性研修生(31)は昨年12月、大きなパネルを運んでいて腰を痛めた。歩けなくなるほど悪化したため病院に行こうとすると、受け入れ仲介団体から「仕事中のけがと言うな」と迫られた。

 航空券を手配され「自主都合」で帰国させられそうになった。勤務先と全統一との交渉を経て、ようやく労災申請した。国際研修協力機構(JITCO)によると、12年度に作業中の事故で死傷した実習生は前年度比98人増の994人。うち4人が亡くなっている。

 多くの実習生たちは中国の送り出し機関に数十万円の手数料を借金して支払っている。中国での年収を超える金額だ。返済のため、奴隷のような待遇でも泣き寝入りするしかない。全統一の鳥井一平さん(60)は「働き手が必要なら、実習制度ではなく、正面から外国人を受け入れ、権利保護や定住支援の枠組みを作るべきだ」と強調する。【河津啓介】


 この毎日新聞の記事を読んで感じたのは、「人権という点において、日本はカタールと全く同じ、もしくはそれ以下かも」。

 現在、イギリス国内の新聞で盛んに報道されているのは、サッカー・ワールド・カップのカタール開催決定に不正があったのではないかということ。で、昨年、カタールでのネパール人労働者の虐待に着いての報道を列挙した。

サッカー・ワールド・カップ(そしてオリンピック)の影で奴隷のように扱われる労働者
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2057.html

 今回のFIFAの混乱で、FIFAを自分の為にだけ使っているあの男性が辞めることになればそれはそれで大きなニュースだろう。他方、これでカタール開催が白紙になったら「奴隷」のごとく働かされて死んで行ったネパール人達は報われない。

 更に驚いた、というか本当の話とは即座には信じられなかった報道がガーディアンに。

Revealed: Asian slave labour producing prawns for supermarkets in US, UK
http://www.theguardian.com/global-development/2014/jun/10/supermarket-prawns-thailand-produced-slave-labour

Trafficked into slavery on Thai trawlers to catch food for prawns
http://www.theguardian.com/global-development/2014/jun/10/-sp-migrant-workers-new-life-enslaved-thai-fishing

 アメリカ、イギリス、フランスの欧米の最大手スーパーマーケットに小エビを提供しているタイの水産会社は、人身売買されたビルマやカンボディアからの移民を奴隷以下の状況で働かせていると。二つ目のリンクの中に、何人もの「奴隷」達が殺されているという描写がある。その一つを読んだとき、脳が理解することを、再現することを拒んだ。想像力が豊かすぎる人、心臓が弱い人は以下の抜粋を読まないように。

Of the 15 current and former slaves the Guardian interviewed during the investigation, 10 had witnessed a fellow fisherman murdered by his boat captain or net master.

Ei Ei Lwin, the Burmese fisherman, claims he saw “18 to 20 people killed in front of me”.

“Some were shot, others were tied up with stones and thrown into the sea, and one was ripped apart,” he says. “He hated his captain and tried to beat him to death. But the captain escaped by jumping into the sea. The other captains came and pinned [the fisherman] down. Then they tied up his hands and legs to four separate boats and pulled him apart.”


 いつの時代のどこの国での出来事?タイって、「微笑みの国」ではなかったか?

 僕自身食べることは好きだから、これから書くことはきれいごとに過ぎない。でも、自分の人権を声高に叫ぶ、日本、アメリカ、イギリス、そして西欧各国に住む人たちは、少なくとも、食べる量を減らそうよ。多くの人が、必要以上の食材を貪欲に捨て続ける限り、この奴隷達に夜明けは来ない。

 最初に挙げた日本の状況はカタールやタイと同じじゃないし、給料が払われているから全く別と主張する人はいるだろう。

 やっていることは同じ。自国民がしたくないことを、人権を主張できない外国人労働者に強制して、その暗い面を見ないという態度は全く同じ。

 外国人労働者なくしてオリンピックも、ワールド・カップもそして食欲も満たされない。日本に、本当にオリンピックは必要なのか?

 必要とは、僕には全く思えない。

ロンドンは花盛り

2014.06.11
天気が良すぎて、通常よりも花の盛りの時季が早まっているロンドンで、薔薇や多くの花が満開。リージェンツ・パークの薔薇。

スクリーンショット 2014-06-11 13.55.45

5月下旬
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157645112902492/

6月
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157645112885202/

 今年は、Perceptionという名の薔薇の花弁の美しさに魅了されている。天気が素晴らしくて、朝、そして夕方で色合いが変わる薔薇の花の輝きを少しでも再現できれば。

 薔薇の豊富さでは劣るけど、花の種類が圧倒的に多いキュー・ガーデンズ。

スクリーンショット 2014-06-11 13.57.22

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157644710568508/

 昨年は見逃した蓮の花をたくさん見ることができて満足。キュー・ガーデンズも予算不足が甚だしく、このままでは植物学者職を削減することもあり得るそう。この時期にロンドンに来られる皆さん、是非、キュー・ガーデンズへ。天気が良ければ、丸一日、楽しく過ごせます。

KKとNN、まだ喧嘩はするけど

2014.06.11
ここまできました。

スクリーンショット 2014-06-11 6.34.40


6月11日、午後2時から、ロンドン・タクシィのストライキがトラファルガー広場で予定

2014.06.10
明日、6月11日午後2時から、夕方のラッシュ・アワーの前まで、ロンドン中心部のトラファルガー広場で、ロンドンのタクシィ運転手によるストライキが予定されている。

London cab drivers promise 'chaos' in strike tomorrow
http://www.telegraph.co.uk/technology/news/10888838/London-cab-drivers-promise-chaos-in-strike-tomorrow.html

It is thought that up to 10,000 drivers will mass on Trafalgar Square at 2pm tomorrow. Rival app Kabbee claims that the disruption will cost the economy £125m.

The protest is the latest escalation in an increasingly tense battle between black cabs and the mobile apps which are disrupting their business model. Rival app Hailo recently opened up to private cars, having been founded as a tool for black cabs, prompting a protest which saw its offices vandalised. Grafiti on one wall read “scabs”.


Traffic disruption caused by taxi protest on Wednesday 11 June
http://www.tfl.gov.uk/info-for/media/press-releases/2014/june/traffic-disruption-caused-by-taxi-protest-on-wednesday-11-june

Action by some London taxi drivers is due to take place on the afternoon and early evening of Wednesday 11 June

This is due to start at Trafalgar Square at 2pm and end before the evening peak.

With several thousand vehicles possibly involved, all driving very slowly, this will cause disruption to traffic in the local area.

While these are the published times and location, the large number of vehicles involved is likely to affect a wider area, including Parliament Square, Whitehall and other local roads.

Bus routes in this area are likely to be affected, with journeys expected to take longer and some routes likely to be diverted or curtailed. Cyclists are advised to take extra care due to the large numbers of vehicles expected on the roads.

The London Underground is likely to be the best way to get around during the afternoon and walking shorter journeys might also be an option.

TfL is working with Metropolitan Police Service and other partners to manage the impact of the traffic congestion caused by the taxis as far as possible and to restore normal conditions as quickly as possible after the protest.


 携帯端末で利用できるアプリによる業務妨害への抗議行動とのこと。明日も天気が良さそうだから、トラファルガー広場付近へは徒歩で行くのが最良の方法だろう。

スペイン国王退位:そして誰もいなくなる、のか?

2014.06.04
golden.jpg

スペインのカルロス国王が退位を発表した。

http://www.theguardian.com/world/gallery/2014/jun/02/king-juan-carlos-of-spain-in-pictures

 最近の人気の凋落ぶり、スキャンダル続きではこの選択しか残らなかったのだろうと想像する。10年前のポスト。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-278.html

 このときの国王とソフィア女王の涙は本当に悲しみに満ちていた。10年でここまで変わってしまうことを予想した人はいなかっただろうと思う。

 スペインでは、国王が在位中に退位することはほぼ初めてのことらしい。更に、フランコ独裁後初めての国王であることで、カルロス国王の退位後の扱い、つまり彼の生活費はいくら支払われるのか、彼とソフィア女王の住まいはどこになるのかを早急に決める必要があると報道で読んだ。王制廃止の声が高まる中、まだしばらくスペイン王室は乱気流に揉まれそう。

 上に挙げた写真は、2002年、エリザベス女王即位50年のときの記念写真。エリザベス女王が退位することは無いとイギリス国内では即座に報道された。そして記念写真で微笑む国家君主のうち、既に3人が退位。次は....

 余談。メイフェアにあるアメリカ大使館がテムズ南部のナイン・エルムズに移転することになり、既に幾つかの国がその流れに乗っている。最近の報道だと、ハイド・パークに隣接する一等地にあるオランダ大使館が売却の手続きに入ったとのこと。売却後はマンションになるらしいけど、結局、一般庶民は購入できない、外国資本が投資目的で購入することになるのだろう。

7月6日から、ロンドンのバスでは現金での運賃支払いができなくなる

2014.06.04
昨日、Transport for Londonから以下のメイルが届いた。

Dear Mr Moriya,

I am writing to let you know that from Sunday 6 July, all our buses are going cash free, so you will no longer be able to use cash to pay for your bus fare.

Instead of cash, you can use an Oyster or contactless payment card to pay as you go. A single pay as you go fare is £1.45.

If you don’t have enough credit on your Oyster card or your Oyster Bus & Tram Pass or Oyster Travelcard has just expired, you can now make one more journey on a bus. You must then top up before you can use your Oyster card again.


 コンタクトレス・カードとはこんなロゴが入っているカード。

contactless-payment.jpg

 署名不要、もしくは暗証番号入力不要のクレジット・カードの利用は日本の方が進んでいるだろうと想像する。イギリスでも、最近、急速に普及している。

 ロンドン交通局はバスでの運賃支払いでの現金利用廃止を着実に進めてきた。オイスター・カードの利用は楽だし、急いでいる時に、オイスター・カードが無くて現金で払おうとしてバスの発車を止める人が続くとイライラする。また、バスのドライヴァーにとっても、釣り銭の心配をしなくて済むことになるだろうから、歓迎だろう。

 でも、この方針をロンドンに住んでいない人に確実に知らせる徹底した努力をしているとは思えないので、釈然としない気持ちは残る。たった半日ロンドンで仕事をして、一回だけバスに乗ることになった人がオイスターを持っているとは限らない。また、外国人観光客がイギリス仕様のコンタクトレス・カードを持っているはずも無い。

 いずれ、このような不安視する声は無くなり、運賃を払うのはプラスティック・カードだけということが当たり前の時代になるのだろう。でも、その当たり前のフィルターからこぼれ落ちて行く人がいることを忘れることは、社会のあらゆる側面に存在する格差を人々が忘れて行くことになるのかなとも思う。
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.