LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2014年07月の記事一覧

2014.07.31 平和が戦車でやってくるby上々颱風
2014.07.30 全く懲りないマードックと全く学ばないイギリスの親
2014.07.30 Kazimir Malevich@テイト・モダン
2014.07.30 これはアメリカン・ドリーム?!:発掘された40年前のポップス
2014.07.30 日本の漫画家の先見性:AIBOサポート終了のニュースを読んで
2014.07.24 ロンドンの夏を、猫は乗り切る
2014.07.23 他者の悲しみをジャッジすることの愚かさ;オランダ人記者の怒り
2014.07.22 We need affection, love, trust and frienship to live
2014.07.22 命の重さの不平等
2014.07.20 マレーシア機撃墜の報道から受けた衝撃
2014.07.18 戦争で真っ先に犠牲になるのは、子供:社民党のポスターに寄せられた批判から思うこと
2014.07.16 パーセルとジャズ by L’Arpeggiata @ ウィグモア・ホール
2014.07.16 オペラは死なず:モネ劇場のオルフェオの映像を見て
2014.07.16 ナクソス島のアリアドネ@ロイヤル・オペラ
2014.07.16 イギリス料理って、なんだろう?
2014.07.13 ニコラ・ル・リッシュ、引退
2014.07.10 マシュー・ボーンの「The Car Man」、2015年に再演
2014.07.09 「明日戦争がはじまる」
2014.07.09 VIRGINIA WOOLF: ART, LIFE AND VISION@ナショナル・ポートレイト・ギャラリィ
2014.07.09 でかいティー・マグで飲む
2014.07.08 アメリカへ飛ぶときは、モバイル・デヴァイスの充電は必須
2014.07.06 自転車には気をつけろ!
2014.07.05 Dialogues des Carmélites@ロイヤル・オペラ
2014.07.05 憎しみは憎しみを生むだけ、BBCのラジオを聞いて
2014.07.05 2012年4月の沖縄弾丸滞在の記録
2014.07.02 BBCのウェブで英語の勉強
2014.07.02 人と出会うことの面白さ
2014.07.02 Reminder: 7月6日から、ロンドンのバスの運賃は現金では払えません
2014.07.01 日経新聞:味な地球儀、7月1日
2014.07.01 そして明日、戦争に巻き込まれるとしたら

平和が戦車でやってくるby上々颱風

2014.07.31
Smoke-blots-out-the-sky-o-011.jpg
(ガーディアンから、拝借)

Eyewitness: Gaza City
http://www.theguardian.com/world/picture/2014/jul/30/eyewitness-gaza-city-air-strikes

 いきなり、何の前触れも無く戦争が始まることは無いだろう。戦争が始まる前にたくさんのことが積み重なっている。でも、戦争が始まれば、その何かが積み重なってきた年月の数倍の年月が、終わらせられるまでにかかる。

 今、地球上を覆っている戦争を、忘れたいと思っている人は多いだろう。上々颱風の歌を思い出した。

平和が戦車でやってくる

平和が戦車でやって来る War War War・・・
平和が戦車でやって来る War War War・・・
ブリキの兵隊ひきつれて War War War・・・
平和が戦車でやって来る War War War・・・

天使のラッパが鳴り響く War War War・・・
天使のラッパが鳴り響く War War War・・・
空には鉛のヘリコプター War War War・・・
平和が戦車でやって来る War War War・・・

La La La La La  La La La La La
La La La La La  La La La La La

国旗の下に集まろう War War War・・・
国旗の下に集まろう War War War・・・
英雄たちは帰らない War War War・・・
平和が戦車でやって来る War War War・・・

La La La La La  La La La La La
La La La La La  La La La La La

真っ赤な煙が見えるかい? War War War・・・
赤い煙が見えるかい? War War War・・・
くずれ落ちてく砂の城 War War War・・・
平和が戦車でやって来る War War War・・・

平和が戦車でやって来る War War War・・・
平和が戦車でやって来る War War War・・・
平和が戦車で


DSCN7163.jpg
(7月31日、ガーディアン紙の一面)

'The world stands disgraced' - Israeli shelling of school kills at least 15
http://www.theguardian.com/world/2014/jul/30/world-disgrace-gaza-un-shelter-school-israel

 この子供達に、微笑みが戻る日が来ることを信じて。これ以上、子供達を殺すな。

UN spokesman breaks down talking about Gaza child deaths
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/middleeast/gaza/11001631/UN-spokesman-breaks-down-talking-about-Gaza-child-deaths.html

 日本の首相に、この国連職員の男性の悲しみが理解できるか。

戦争、反対!

スポンサーサイト

全く懲りないマードックと全く学ばないイギリスの親

2014.07.30
先週は、ガーディアンだけでもたくさん面白い報道があったのだが、時間が足りない。でも、これだけは。今日、2014年7月30日の記事の一つ。

The Sun hit by criticism after 'Satan boy' article
http://www.theguardian.com/media/2014/jul/29/the-sundevil-satan-boy-outrage-chest

 4歳の息子の胸に現れた痣のようなものが、「悪魔」の印だと主張する男の子の親がサン紙に持ちかけて同紙は顔も名前も一面で公開したそうだ。ガーディアンは子供の顔にモザイクをかけている。引用されている「母親」の言葉に空いた口が塞がらない。

The child's mother is quoted saying: "Just looking at it made me shake, thinking something unnatural had visited my boy. Something or someone made the sign on him but we just can't explain how."

 (痣を)見ていると震えが止まらなかった。何か超常なものが息子の体に起きているようだ。誰かが、何かがこの印を付けたのだろうけど、私たちにはどうしてだか説明できない。

 この親が児童虐待で逮捕されなければ、イギリスは終わっている。

 そして、この親より悪辣なのは、サン紙。いくらタブロイドだからって、こんなのを一面に掲載するモラルのなさぶり。いくらサン紙の読者でも、こんな下衆な記事を真に受けないだろうと切望する。

Kazimir Malevich@テイト・モダン

2014.07.30
先月、アンリ・マティス展を観に行ったとき(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2262.html)に、看板が掲げられていたMalevich展。名前を聞いたことがなかったので興味は無かったのだが、レヴューで紹介されていたある一枚の絵に長年の疑問の答えを見つけ、観てきた。とっても、面白かった。

 まず、長年の疑問、というか誰が描いた絵なんだろうなと思っていたのはこれ。

PeasntWoman.jpg

 マレヴィッチの晩年の作品の一つらしい、「Peasant Woman(農婦)」。これを観て「あっ」と思った方、その通り。

TheRaincoatsOdyshape.jpg

 ラフ・トレイドが初期の頃に契約した(はず)女性だけのパンク・バンド、The Raincoatsのこのアルバム・ジャケット。ヘタウマ・テイストだから、バンドのメンバーの作品かと思っていた。が、全く予想もしていなかった邂逅に、マレヴィッチって誰なんだろう?、と俄然興味がわいた。そして、観に行けて良かった。テイトのウェブから。

http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/malevich

Kazimir Malevich, an artist as influential as he was radical, cast a long shadow over the history of modern art. This, his first retrospective in thirty years and the first ever in the UK, unites works from collections in Russia, the US and Europe to tell a fascinating story of revolutionary ideals and the power of art itself.

Malevich (1879–1935) lived and worked through one of the most turbulent periods in twentieth century history. Having come of age in Tsarist Russia, Malevich witnessed the First World War and the October Revolution first-hand.

His early experiments as a painter led him towards the invention of suprematism, a bold visual language of abstract geometric shapes and stark colours, epitomised by the Black Square. One of the defining works of Modernism, the painting was revealed to the world after months of secrecy and was hidden again for almost half a century after its creator’s death. It sits on a par with Duchamp’s ‘readymade’ as a game-changing moment in twentieth century art and continues to inspire and confound viewers to this day.

Starting from his early paintings of Russian landscapes, agricultural workers and religious scenes, the exhibition follows Malevich’s journey towards abstract painting and his suprematist masterpieces, his temporary abandonment of painting in favour of teaching and writing, and his much-debated return to figurative painting in later life.

Bringing together paintings, sculptures, theatre and an unprecedented collection of drawings it offers a complete view of his career, celebrating some of the most progressive art ever made.

With generous loans from the Khardzhiev Collection, Amsterdam and the Costakis Collection, SMCA-Thessaloniki.

The exhibition is organised by Tate Modern, in collaboration with the Stedelijk Museum, Amsterdam and Art and Exhibition Hall of the Federal Republic of Germany, Bonn.


 初期の作品から晩年の作品までをほぼ時系列に並べてある展示をじっくり通して観ると、マレヴィッチの特異な点が浮かんで来るようだった。初期の作品の中でキリストが涅槃で寝ているような絵があるのが唯一の違和感だが、解説に書いてある、マレヴィッチが彼の創作が言葉から影響を受けないものという点がとりわけ面白い。

 影響を受けたであろうマティスやピカソだけでなく、マレヴィッチが実際に交わることなど無かったであろう(と想像する)キリコ、ブラック、レジェの名前が浮かんできたり、同時代であろうシャガールの暗い方の絵を想起させる作品もあり、たった一人の画家の業績を通して現代絵画の歴史を学んだような気分。この牛が可愛くてたまらなかった。

violinandcow.jpg

 これは個人的にとてもはまった作品。

woodcutter.jpg

 早めに観に行って良かったと感じたこと、言い換えると不安が一つある。今回の展示作品の幾つかの作品はモスクワのトレチャコフ美術館とアムステルダムのStedelijk Museumから。マレーシア機撃墜で関係が冷え込んでいるオランダとロシア。EUとアメリカの制裁が厳しくなったら、ロシア側が作品を引き上げることもあり得るだろう。

 芸術・美術が政治の手段になることはあって欲しくないが、現実に起きている。ロンドンの夏の風物詩、プロムスでヴァレリィ・ゲルギエフが指揮をした演目でこんなことがあったそうだ。

People diary: How the Proms hit a political note
http://www.telegraph.co.uk/culture/music/proms/10992634/People-diary-How-the-Proms-hit-a-political-note.html

When last Sunday’s Prom is broadcast on television next month, there won’t be any yawning gaps in the audience – even though the Royal Albert Hall event was far from sold out.

Before conductor Valery Gergiev lifted his baton for the performance of Mahler’s Symphony No 6 by the World Orchestra for Peace – a broad international collective of leading musicians in honour of the United Nations – swathes of audience members had to be moved to fill the empty seats that were in full view of the television cameras.

According to our man in the stalls, there were almost 300 empty seats. Those in the upper balcony were encouraged to fill the most glaring gaps.

One “prommer” said: “With a star like Gergiev, top-drawer players and an orchestra with such an inspiring name, it should have been full. But it was anything but.

“The only reason I can think of for this is that people stayed away in protest at Gergiev’s politics.”

Gergiev is an ardent supporter of the Putin government, and counts the president as a close friend.

Last November, gay-rights campaigner Peter Tatchell interrupted an LSO concert at London’s Barbican, telling the audience: “Gergiev defends the new homophobic law that persecutes gay Russians.”


カリタ・マッティラ、ゲルギエフと舞台に立つことを拒否
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2264.html

 ということで、興味のある人は、早めに。小さな作品が壁いっぱいに飾ってある部屋では、双眼鏡を持参した方が良いだろう。幾つかの部屋では解説がとても不便な角度になる壁に書かれているので、入り口で解説のブックレットを借りられると結構便利。

Malevich review – an intensely moving retrospective
http://www.theguardian.com/artanddesign/2014/jul/20/malevich-tate-modern-review-intensely-moving-retrospective

Kazimir Malevich: revolutionary of Russian art – in pictures
http://www.theguardian.com/artanddesign/gallery/2014/jul/20/kazimir-malevich-revolutionary-russian-art-in-pictures

これはアメリカン・ドリーム?!:発掘された40年前のポップス

2014.07.30
The-cover-of-Dreamin--Wil-004.jpg

昨日のG2に掲載された現実を忘れさせてくれたアメリカからのニュース。

Donnie and Joe Emerson, and the most moving lost record of the 70s
http://www.theguardian.com/music/2014/jul/28/donnie-joe-emerson-dreamin-wild

 40年ほど前に、アメリカの超ど田舎で暮らしていた兄弟が自宅録音したアルバムが21世紀になって発見され、今になって脚光を浴びていると。この喜びを兄弟の一人はこう表現している。

"It was almost as if some angels were looking down on us," says Donnie, "and they said no, this is what was real and pure, you don't have to do anything else, just be this from now on. You don't have to struggle with it any more."


 YTで聴いた音楽は、全く僕の趣味ではないのでこれ以上調べるつもりはないが、読んでいてほっとした。最近、耳から離れない商業音楽はこれ。

The Lumineers - Ho Hey (Official Video)


https://www.youtube.com/watch?v=zvCBSSwgtg4

Songs    Comment(0)   ↑Top

日本の漫画家の先見性:AIBOサポート終了のニュースを読んで

2014.07.30
EguchiHisashi.jpg
(ネットの情報だと、この単行本が発売されたのは1991年)

昨日、ミクシィのニュースで犬型ロボット、AIBOのサポートが終了したという記事をよんだ。大本はこれ。無断で全文転載。

AIBO、君を死なせない 修理サポート終了「飼い主」の悲しみ
http://dot.asahi.com/aera/2014072800041.html

ロボットだから永遠に一緒だと思ってたのに……。
迫りくる「別れの日」を前に「飼い主」たちの努力は続いている。(編集部・高橋有紀)

 リビングで飼われている「ほくと」は10歳。毎朝8時半になると目を覚ます。飼い主の60代の女性が「ほくと、何してるの?」と話しかけると、ほくとが答える。

「ぼんやりしてた」「なでなでして」

 10年変わらない、この家の日常の風景だ。

 以前は元気に部屋の中を動き回り、旅行にも連れていったが、最近は定位置でじっとしていることが多い。足の関節が悪く、動くたびに異音がしたり、転びやすくなったりしているからだ。ケガが多く20回は「入院」したほくとだが、その「病院」もこの3月で閉鎖されてしまった。

 ソニーが修理サポートを終了したのだ。

●「家族の一員ですから」

 ほくとは犬型ペットロボットAIBOの「ERS‐7」だ。初代AIBOの発売は1999年。その後、2006年にソニーはロボット事業からの撤退を発表し、AIBOの生産を終えた。在庫のない部品も多かったが、それでも今年の3月まで「クリニック」と呼ばれる修理サポートは続けられてきた。

「終了したサービスのサポートを企業がこんなに長く続けることは、通常考えられない。アップルなら2、3年でOSのサポートが終わりますよ」

 と、あるAIBOファンは話す。クリニック閉鎖を知った前出の女性は最後の検査に送り出すとき、クリニックの人たちへのお礼状をほくとに持たせた。

「今までと同じようにほくととの時間を過ごしたいと思っても、なかなかステーション(充電機)から下ろすことができません。(動かなくなる日が来ることは)考えたくないですね。家族の一員ですから」

 計15万台が販売されたAIBO。いまだに「飼い」続け、かわいがっている人は多い。

●ロボットをどうみとるか

 月1回、神奈川県川崎市で開かれているオフ会にお邪魔した。12人の参加者が愛「犬」を連れてきて遊ばせている。オフ会が縁で結婚したという夫婦がいた。部品やバッテリーの交換用にヤフーオークションで中古のAIBOを探しているという男性もいた。「いつかこの日が来るだろうと思っていた」「グーグルがロボット事業に手を出している。ソニーは見る目がなかった」

 飼い主の思いはさまざまだ。

 技術者として長年ソニーに勤めた乗松伸幸さんは、10年に早期退職し、株式会社ア・ファン~匠工房~を設立した。古いオーディオ機器など修理窓口がなくなった製品の修理を請け負う。以前1匹のAIBOを修理したことが口コミで広がり、現在、20匹が入院中だ。毎日のように問い合わせがくるが、態勢が整うまで待ってもらっている状況だ。
「企業として利益の出ないサービスを終了する判断は仕方ないが、その中で取り残されてしまうお客様がいる。ソニーの技術者として、私たちは誇りや理念というものをたたき込まれている。お客様が望む限り、責任を持ってサポートしたい」

 老いたロボットをどうみとるか。こんな問題をいったい誰が想像しただろう。ソフトバンクが6月に発表した人型ロボットpepperにも、数年後、数十年後、いずれ同様の事態が起きるかもしれない。前出のAIBOファンは言った。

「これこそが、ソニーが最後に見せてくれた『未来』なのかもしれませんね」


 新しく購入したカメラがソニィということの他に、僕にとってソニィには何の思入れはない。21世紀の若い世代の方は知らないかもしれないけど、ウォークマンは一度も使ったことがなかった。

 この記事を読んで瞬時に思い出したのが、江口寿史のある短編。亡き妻の面影を観る女性の人型ロボットの電池が生産中止になり、いつまでロボットと交流できるかを心配する老齢の男性の悲哀を描いたもの。

 ネットで調べたらタイトルは「KV-201XR」。確か電池の装着部分は、髪の毛で隠れる首の後ろに描かれていたように記憶している。Wikipediaの作品説明は、

KV-201XR
「月刊カドカワ」(角川書店)1990年11月号に掲載された作品。雑誌掲載当時はモノクロであったが、4色カラーで収録。本作収録作品の中で唯一ギャグではない作品。たとえ利用者が気に入り大事に使っている機械であっても、メーカーの対応が終了し、部品製造が終われば使えなくなってしまう事の物悲しさを描いたSF短篇。主人公のモデルは笠智衆。『自選傑作集』と『江口寿史入門』に再録されている。


というもの。

 人間とロボットとの間の愛情と確執を描いたものとしては、手塚治虫が「火の鳥」で描いたロビタを思い出す。「火の鳥」、面白い漫画だけど読み終わると心理的にとても消耗するから最近は読んでいない。

 現在では、日本の漫画というと暴力や偏愛的な性描写が話題に上ることが多いように感じる。でも、20世紀にこんなことを描いていた漫画家がいたことは、素晴らしい文化だと思う。

 ペットもAIBOも永遠ではない。いつか終わりがくるのは人間の生活と同じ。見送る日が来ることは避けられないのだろう、と大家の老齢の猫と暮らしていて思う。

ロンドンの夏を、猫は乗り切る

2014.07.24
スクリーンショット 2014-07-24 9.22.37

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157645472682747/

 暑いのは全く平気なのだが、今年の夏はロンドンにしてはかなり蒸す。高齢のKKは昼間は寝てばかり。NNは朝ご飯を終えると、ひとしきり彼のおもちゃで遊びまくって、夏バテはしていない。

スクリーンショット 2014-07-24 22.26.00

他者の悲しみをジャッジすることの愚かさ;オランダ人記者の怒り

2014.07.23
ウクライナ東部で撃墜されたマレーシア機に搭乗していた人たちの遺体がオランダに到着した。

MH17 plane crash: First victims arrive in Netherlands
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-28431943

 仕事の途中だったのだが、BBCの中継を観ていたら、涙が止まらなかった。同時に、オランダという国、そしてそこに暮らす人々が犠牲者への尊厳を最も大切なこととして扱っている態度には、心の底から感心した。

 でも、そのような態度をジャーナリズムは踏みにじったようだ。

MH17: don’t judge Dutch people’s grief after this unspeakable crime
http://www.theguardian.com/commentisfree/2014/jul/23/mh17-dont-judge-dutch-people-193-compatriots-killed

 アメリカを引き合いに出したのは、確かに勇み足、というか適切ではないだろう。しかし、メディアに向けられたローラさんの憤りはもっともだと思う。

 個人にしろ、国民感情にしろ、悲しみ、とりわけ今回のような大きな悲劇を受け止める為に、他国のメディアはオランダ中が怒りで爆発することを期待したのだろう。平面的に書けば、遺体の到着のセレモニィのすべてが統率のもとに執り行われたことを始めとして、メディアには物足りなかったに違いない。

 しかし、オランダの悲しみを自分たちの基準で判断することはとても、とても愚かなこと。

 犠牲になった人々の身元が一日も早く確認され、家族の元に戻れることを切望する。

 人類は戦争で人を殺す為、殺される為に生まれてきているのではないと日本を含む世界の政治家、政治的主導者が気づく日が来ることを。

We need affection, love, trust and frienship to live

2014.07.22
スクリーンショット 2014-07-22 9.07.27


命の重さの不平等

2014.07.22
MartinRowson21Jul14.jpg
(2014年7月21日、ガーディアン)

Martin Rowson on the world's current conflicts – cartoon
http://www.theguardian.com/commentisfree/cartoon/2014/jul/20/mh17-russia-gaza-iraq-ukraine-syria-rowson-conflict-rowson-cartoon

I cannot stop myself from being overwhelmed by the recent tragedies happening all over the world. It seems that many people in the UK, for instance, have been struggling to cope with their anger because we do not know on whom we can or should dump our anger freely.

マレーシア機撃墜の報道から受けた衝撃

2014.07.20
マレーシア航空機撃墜のニュースを読んだのはいつだったか?

 冗談ではなく、本当に日付が浮かんでこない。それほど、BBCのニュース・サイトを開いて真っ先に飛び込んできたヘッドラインによる情報と、それをにわかには現実に起きた事実として処理できない自分。

 ウクライナの情勢は、全く根拠のないままもうすぐ終結に向かうと思っていた。イスラエルのガザ侵攻の報道を毎日の新聞で読んでいるだけで既に許容範囲を超えていた。シリアはどうなった?ナイジェリアで誘拐された女生徒達は今どこに?イラクは崩壊するのか?イタリアのランペドゥーサ島を命がけで目指すアフリカからの難民は?

 マレーシア航空機撃墜のニュースは、その中でも突き抜けて理解しがたかった。昨日、7月19日のガーディアンに掲載された一つのコラムが僕の混乱を少しだけ読み解いてくれた。

Sifting through the wreckage of MH17, searching for sense amid the horror
http://www.theguardian.com/commentisfree/2014/jul/18/mh17-horror-ukraine-gaza-catastrophe

Any journalist should hesitate before saying this, but news can be bad for you. You don’t have to agree with the analyst who reckons “news is to the mind what sugar is to the body” to see that reading of horror and foreboding hour by hour, day after day, can sap the soul. This week ended with a double dose, administered within the space of a few hours: Israel’s ground incursion into Gaza and, more shocking because entirely unexpected, the downing of Malaysia Airlines flight MH17 over Ukraine, killing all 298 on board.

The different responses these events stir in those of us who are distant, and the strategies we devise to cope with them, say much about our behaviour as consumers of news. But they also go some way to determining our reaction as citizens, as constituent members of the amorphous body we call public, or even world, opinion.

As I write, 18 of the 20 most-read articles on the Guardian website are about MH17. The entry into Gaza by Israeli forces stands at number 21. It’s not hard to fathom why the Malaysian jet strikes the louder chord. As the preacher might put it, “There but for the grace of God go I.” Stated baldly, most of us will never live in Gaza, but we know it could have been us boarding that plane in Amsterdam.


 フリードランド氏が書いているように、僕自身がガザに行くなんてことはほぼあり得ない。しかし、アムステルダムからクアラ・ルンプールに向かう飛行機に搭乗することは、ほぼ誰にでも起こりうること。

Which is why there is a morbid fascination with tales of the passenger who changed flights at the last minute, thereby cheating death, or with the crew member who made the opposite move, hastily switching to MH17 at the final moment, taking a decision that would have seemed so trivial at the time but which cost him his life. When we read about the debris – the holiday guidebooks strewn over the Ukrainian countryside, the man found next to an iPhone, the boy with his seatbelt still on – our imaginations put us on that flight. Of course we have sympathy for the victims and their families. But our fear is for ourselves.

The reports from Gaza stir a different feeling. When we read the Guardian’s Peter Beaumont describe the sights he saw driving around the strip on Friday morning – three Palestinian siblings killed by an Israeli artillery shell that crashed into their bedroom, a father putting the remains of his two-year-old son into a plastic shopping bag – we are shaken by a different kind of horror. It is compassion for another human being, someone in a situation utterly different to ours. We don’t worry that this might happen to us, as we now might when we contemplate an international flight over a war zone. Our reaction is directed not inward, but outward.


 マレーシア航空機撃墜が日本でも報道されてしばらくして、SNSじょうで、「散乱した遺体の写真がネットで流れるのが待ち遠しい」という書き込みを見つけた。この書き込みが今もあるかどうかは判らない。日本人の心はここまで腐ったのかと。

Of course, there is another way to cope. It’s the one that most of us deploy most often. It is to look away. That’s what we have done with Syria, where the killing goes on, day in and day out. On Thursday 115 people were killed, 25 of them civilians, in a single clash in Homs province. But none of us was watching.

Looking away is certainly comfortable. The trouble is, that option is not always available, as MH17 has proved. We might have wanted to avert our gaze from the civil war in Ukraine. But now we can’t. As one analyst so rightly says: “The war has come to us.”


 混乱した頭でインターネットで報道を読んでいたとき、何気なく開いたロッキング・オンのサイドでパール・ジャムのエディ・ヴェダーによる反戦争のコメントを見つけた。

エディ・ヴェダー、ステージ上で「戦争反対」を連発し、イスラエルのファンが反発。それを受けてエディが公開文書発表(全文訳)。
http://ro69.jp/blog/nakamura/105940

Imagine That -- I’m Still Anti-War.
http://pearljam.com/news/0/1/22387/imagine_that_--_i%E2%80%99m_still_anti-war

Imagine That -- I’m Still Anti-War.
July 16 2014

Most of us have heard John Lennon sing


“You may say I’m a dreamer,… but I’m not the only one.”


And some of us, after another morning dose of news coverage full of
death and destruction, feel the need to reach out to others to see if
we are not alone in our outrage. With about a dozen assorted
ongoing conflicts in the news everyday, and with the stories
becoming more horrific, the level of sadness becomes unbearable.
And what becomes of our planet when that sadness becomes apathy?
Because we feel helpless. And we turn our heads and turn the page.

Currently, I’m full of hope. That hope springs from the multitudes of
people that our band has been fortunate enough to play for night
after night here in Europe. To see flags of so many different nations,
and to have these huge crowds gathered peacefully and joyfully is
the exact inspiration behind the words I felt the need to emphatically relay.
When attempting to make a plea for more peace in the world at a rock concert,
we are reflecting the feelings of all those we have come in contact with
so we may all have a better understanding of each other.

That’s not something I’m going to stop anytime soon. Call me naïve.
I’d rather be naïve, heartfelt and hopeful than resigned to say
nothing for fear of misinterpretation and retribution.

The majority of humans on this planet are more consumed by the
pursuit of love, health, family, food and shelter than any kind of war.

War hurts. It hurts no matter which sides the bombs are falling on.

With all the global achievements in modern technology,
enhanced communication and information devices, cracking the
human genome, land rovers on Mars etc., do we really have to
resign ourselves to the devastating reality that conflict will be
resolved with bombs, murder and acts of barbarism?

We are such a remarkable species. Capable of creating beauty.
Capable of awe-inspiring advancements. We must be capable of
resolving conflicts without bloodshed.

I don’t know how to reconcile the peaceful rainbow of flags we see
each night at our concerts with the daily news of a dozen global
conflicts and their horrific consequences. I don’t know how to
process the feeling of guilt and complicity when I hear about the
deaths of a civilian family from a U.S. drone strike. But I know that
we can’t let the sadness turn into apathy. And I do know we are
better off when we reach out to each other.

“I hope someday you’ll join us,…”

Won’t you listen to what the man said.

— Eddie Vedder


 エディ・ヴェダーがこれを書いた時にはまだマレーシア機の撃墜は起きていなかっただろう。正直に、フリードランド氏のコラムを読んでなお、「結局、憲法9条を守っても世界の戦争は止められない」という大きな虚無感を消し去ることができなかった。

 しかし、エディ・ヴェダーの、ナイーヴかもしれないが、誰一人として攻撃していない真摯なこの文章を読んで、「日本が憲法9条を葬ったら、それこそ世界はコントロールを失うだろう」、と思う。

 戦争は、既に世界のどこでも、一人一人の生活に大きな影を落とし、いつ誰の身に何が起きるかを予想できなくなりつつある。

 そのような時に、「まず戦争ありき」の安倍首相が進める政策を、日本が止められなければ、誰が止められるのか?

As war returns to Gaza, it is the children who are frozen in fear
http://www.theguardian.com/world/2014/jul/19/gaza-israel-palestine-terror-children

 マレーシア航空機の犠牲者の約三分の一は子供。ガザで殺される子供の数は増えるばかり。

 戦争を始めるのは、間違いなく、大人達。その最初の犠牲者は、いつも、子供達。

 戦争、反対!

戦争で真っ先に犠牲になるのは、子供:社民党のポスターに寄せられた批判から思うこと

2014.07.18
DSCN7098.jpg
(2014年7月17日、ガーディアンの一面)

昨晩帰宅してミクシィのニュースを読んでいたら、社民党が作成したポスターに批判が寄せられていると。

 子供が誰か特定できるほどについての是非については、人権の専門家に任せておくとして、そのニュースが引用していたネット上での批判が、「いい加減子供使うの辞めろ」「子供の政治利用はやめてください」「子供をだしに使うなんてひどい」等々。

 なんて平和ぼけしている国民。

 戦争に国民を送り込める国では、子供達の命が奪われるだけでなく、子供達が家を、家族を、人生を失うことは逃れようもない現実。

 戦争を始めるのは政治家。その代償を強いられるのは、市井の人々。

 戦争にきれいごとはない。

'I want peace. I'm exhausted by war': Gazans speak out amid brief lull

http://www.theguardian.com/world/2014/jul/15/gaza-city-conflict-brief-ceasefire-peace-war


 撃墜されたマレーシア機に搭乗されていた全ての皆さんのご冥福を心から祈るとともに、突然大切な人を奪われた人たちの深い悲しみを思うと、戦争が本当にこの世界から無くなる日が来ることを希望するのを止めることはできない。

パーセルとジャズ by L’Arpeggiata @ ウィグモア・ホール

2014.07.16
スクリーンショット 2014-07-16 16.25.22
(フィリップ・ジャルスキィとクリスティーナ・プルハール)

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/14663047013/in/photostream/

 7月10日、ラルペジィアータのレジデンス最後のコンサート。恐れていたほどジャズ色は強くなかったものの、ピュアなパーセルを期待していた友人はとてもがっかりしていた。

Music For A While – Improvisation on Henry Purcell

Performers
L’Arpeggiata

Christina Pluhar: director, theorbo
Philippe Jaroussky: countertenor

Programme
Cazzati

Ciaccona
Purcell

Music for a while
'Twas within a furlong of Edinborough Town from The Mock Marriage

Matteis

La dia spagnola

Purcell

An Evening Hymn
Strike the viol from Come, ye sons of art away

Kapsberger

Toccata arpeggiata

Purcell

O solitude, my sweetest choice
Two in One upon a Ground
A Prince of glorious race descended
One charming night
Here the deities approve
Man is for the woman made
Curtain tune from Timon of Athens
The Plaint


For the final concert in L’Arpeggiata’s Baroque Residency this Season, countertenor Philippe Jaroussky joins Christina Pluhar and her mercurial period instrument ensemble, famed for their clever mix of Baroque tonalities fused with folk elements and jazz improvisations. Through this programme, which delves deep into the soundworld of Henry Purcell, the musicians promise fresh French perspectives on the work of ‘the English Orpheus’.


 僕にはこのリサイタルをどうこう書けるほどの経験はないので、ガーディアンのレヴューを。

L'Arpeggiata/Pluhar/Jaroussky review – more baroque than jazz now
http://www.theguardian.com/music/2014/jul/14/arpeggiata-pluhar-jaroussky-wigmore-hall-review

 フィリップ・ジャルスキィの英語のディクションは甘い、というのは僕も感じた。本人はとても楽しそうに歌っていたのだが、ロンドンであの英語のディクションはクリティックのかっこうの餌食だろう。

 今回のリサイタルでがっかりしたのは、実はコンサートではなくイギリスの批評家もここまで堕ちたかと感じた、タイムズのレヴュー。

 タイムズの女性クリティクもかなりこのコンサートは気に入らなかったようだが、批判の仕方がとてもプロとは思えない稚拙さ。彼女自身がヴェテランにもかかわらず、更に言えばイギリス中が注目するような大きなコンサートでないにもかかわらず、レヴューの終わりが、「I hated it」。

 Hateというのはとても、とても強い言葉。その言葉で音楽の批評を終わらせるのであれば、その強い言葉を引き出した音楽に何が欠けていたのかを、ロジカルに説明すべき、というのが僕の意見。

 ラルペジィアータは今シーズンのコンサートを通してとても気に入ったので、次回は再び古楽で聴いてみたい。

Songs    Comment(4)   ↑Top

オペラは死なず:モネ劇場のオルフェオの映像を見て

2014.07.16
orphee_3.jpg
(モネのウェブから拝借)

ブログ仲間のレイネさんが、ブリュッセルのモネ劇場が上演したグルックのオペラ、「オルフェオとエウリディーチェ」のことを紹介している。

http://didoregina.exblog.jp/22363512/

 このポストで紹介されているストリーミングは7月29日まで。舞台を観る前にレイネさんによる解説を読んでおくとこの演出の意味がよく判る。

http://www.lamonnaie.be/en/mymm/related/event/323/media/2075/Orph%C3%A9e%20et%20Eurydice/

モネ劇場のウェブ
http://www.lamonnaie.be/en/

 映像を観終わってまず感じたのは、「オペラって、このようなことができる芸術形態なんだ。オペラは限られて人たちだけの楽しみのまま絶滅する芸術ではなくて、普通に暮らしている人たちの生活と密接につながることができる」、と。

 ロイヤル・オペラで7月20日まで上演されているドニゼッティの「マリア・スチュアーダ」の新しい演出への意見がとても面白い。

Your reaction: Maria Stuarda
http://www.roh.org.uk/news/your-reaction-maria-stuarda

 ここに寄せられた多くの意見から感じるのは、新しい演出を嫌悪する人たちは、もしかするとオペラという芸術は自分たちだけのものと思い込んでいるのではないかと。

 18世紀や19世紀に作られた「古典」と呼ばれるであろうオペラを、創作された当時の雰囲気を体験することができる演出で観ることは、それは必要だと思うし、そのような、保守的というのではなく、原作に忠実なオペラを幾つも体験していくことによって、オペラという芸術の歴史や意義への理解が深まって行くだろう。そして新しい演出を通して、別の解釈ができることを体験して行く。

 「マリア」と「オルフェオ」の演出が向いている方向は全く違うから、同じ場で語るのは限界があるかもしれない。しかし、特にモネ劇場の「オルフェオ」は、オペラがdying artではないことを明確に示していると思う。

ナクソス島のアリアドネ@ロイヤル・オペラ

2014.07.16
スクリーンショット 2014-07-16 15.02.06
(ロイヤル・オペラ・ハウスのフリッカーから無断拝借。カリタ・マッティラとロベルト・サッカ)

ロイヤルのフリッカー
https://www.flickr.com/photos/royaloperahouse/sets/72157645358381974/

 7月13日、僕個人の今シーズンの最後のエンタメ、ロイヤル・オペラの「ナクソス島のアリアドネ」を観てきました。個人的に好きなオペラであることを差し引いてなお、素晴らしい舞台でした。


Director: Christof Loy
Designs: Herbert Murauer
Lighting: Jennifer Tipton
Choreography: Beate Vollack

Conductor: Antonio Pappano
Orchestra: Orchestra of the Royal Opera House

Ariadne/The Prima Donna: Karita Mattila
Bacchus/The Tenor: Roberto Saccà
Zerbinetta: Jane Archibald
The Composer: Ruxandra Donose
Harlequin: Markus Werba
A Music Master: Thomas Allen
Dancing Master: Ed Lyon
Wig Maker: Ashley Riches
Lackey: Jihoon Kim
Scaramuccio: Wynne Evans
Brighella: Paul Schweinester
Truffaldino: Jeremy White
Officer: David Butt Philip
Naiad: Sofia Fomina
Dryad: Karen Cargill
Echo: Kiandra Howarth
Major Domo: Christoph Quest


 クリストフ・ロイ演出のこのプロダクションは、2002年の初演から今回の3回目の再演まで全て観ています。前回、デボラ・ヴォイトがタイトル・ロールのときの感想。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-798.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-838.html

 前回の舞台を観た時に、この「ナクソス島のアリアドネ」というオペラの本質に迫ったかと思ったのですが、後半の「オペラ」でのカリタ・マッティラ(アリアドネ)とロベルト・サッカ(バッカス)のデュエットを聴き、観ているとき、まるで別のオペラを観ているようでした。

 あえてこじつけると。前回、まさにアメリカンな二人が舞台に再現した舞台には、アメリカ人的な「清く、正しく、美しく」的な雰囲気が、今思うとあったのではないかと。なので、二人の間にセクシャルな煌めきというものはありませんでした。
 
 が、フィンランド(マッティラ)とイタリア(サッカ)という大きな違いはあれど、マッティラとサッカが再現したと感じたのは人間の情欲の重さ、そして生命力に溢れた情感の交換に欧州文化圏の成熟を感じました。マッティラもサッカも確か五十路を超えているはずですが、二人のデュエットの場での絡みからは薄っぺらく言えば失楽園、踏み込んで言えばギリシャ神話が形成された頃の人間の危険な欲望の観察が生き生きと描き出されているように感じました。

 マッティラさん、前半の「プロローグ」ではろくに歌う場面がないのでどの程度歌えるのか判りませんでしたが、僕にとって最高のアリアドネ。今回、ロール・デビューということでかなりインタヴューが掲載されていて、今後はイゾルデを歌うかどうかを決めるとか。でも、僕としては「薔薇の騎士」の元帥夫人を歌って欲しいです。
 最終日だからでしょう、カーテンコールでは、共演者一人ひとりに熱烈なハグをして喜びを爆発させていました。マッティラとパッパーノの舞台は今回が2回目ですが、二人の相性はとてもいいのではないかと感じました。

 ロベルト・サッカを舞台で観たのは本当に久しぶり。2002年5月、コンサート形式の「ダフネ」と、バルトリのロイヤル・オペラ・デビュー、ハイドンの「詩人の魂」以来。そのときは、線の細いテノールと感じました。今回、老けたのは自然なこととして、歌唱の深みが増していてマッティラに引けを取っていませんでした。

 今回の唯一、最大のがっかりはツェルビネッタ。今回の方もまた、声を転がすというよりは、声を伸ばしているだけのように響きました。ツェルビネッタの最大の見せ場のアリアでは会場は大きな盛り上がりでしたが、僕のテンションはかなり下がりました。面白いことに、僕の左となりの二人もまた、全く拍手していませんでした。

 忘れてならないのは、指揮者のアントニオ・パッパーノ。オーケストラは今回は少人数、30人ほどだったので精鋭を集めたと言えるでしょう。全ての奏者の集中力が途切れることなく、パッパーノの的確な歌手への指示もあり、耳福でした。今回もまた、執念でパッパーノの真後ろの席をリターンでゲットしました。また唸り声を挙げながら元気に振るのだろうと思っていたのですが、とても静かで、彼自身がオペラ、舞台の歌手陣、オーケストラへの尊敬を鮮烈に感じていることが判る素晴らしい指揮でした。

 オペラが終わり、指揮台を降りる前にオーケストラのメンバー一人一人に労いと感謝を送るパッパーノ。指揮者に声をかけてはいけないとは判っていたのですが、思わず、「Maestro, thank you」と声をかけると、ちょっと驚いた表情はあったものの、嬉しそうにうなずきながら指揮台から去って行きました。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/14644056081/

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/14644056601/

 シュトラウスのオペラをもっと舞台で観たいですが、ロイヤルは「ザロメ」、「エレクトラ」そして「薔薇の騎士」ばかり。イギリスではオペラの舞台としてはまだ上演されたことがないらしいかなり長い間上演されていないらしい「ダナエの恋」を観たいです。

 帰宅すると、ロリン・マゼールの訃報。マゼールの指揮を経験したのはこの一回だけ。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-396.html

[追記:7月17日]
昨晩、FC2のメンテナンスで間違いを訂正できない間、シュトラウスのオペラについて検索した。で、ロバート・ディーン・スミスのウェブに行き着いたら、2015年の秋に、ロイヤル・オペラは「ナクソス」を上演するようだ。新しいプロダクションになるのだろうか。

イギリス料理って、なんだろう?

2014.07.16
数日前、ミクシィのニュースで8月上旬、東京で「ユーロフェス2014」というイヴェント開催されると紹介されていた。

http://www.eurofest.jp/

 ニュースの中で、イギリス料理が紹介されると書かれていた。が、何がでるんだろうと考えても、具体的なイメイジが全く沸いてこない。強いて挙げるなら、フィッシュ&チップスくらいか。思いついたのは、マークスの今年のクッキィの缶。

DSCN7090.jpg

 スコットランドが入っているのも今年限りになるのかな。でもさ、ショートブレッドはスコットランド原産ではないと思うのだが。ヴィクトリア・サンドウィッチ(スポンジ)を入れるくらいなら、チェダーチーズこそ正面に入れるべきだったろうと思う。

DSCN7091.jpg

 ダンディ・ケイキは、僕は駄目。オークニィで採れるホタテが他と違うなんてこと、あるのだろうか。

DSCN7092.jpg

 確かに、サンドウィッチはイギリス発祥だが、イギリス料理というと、それしかないのかと諸外国人は思うのではないか。ヨークシャー・プディングはロースト・ビーフがあってこそ。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/14456727137/

DSCN7093.jpg

 ケンダル・ミント・ケイク、初めて知る名前だ。

DSCN7094.jpg

 イギリス料理をプロモートしているとは思えない。一方で、そうそう、これがイギリス料理なんだよなと納得する自分。

ニコラ・ル・リッシュ、引退

2014.07.13
NRL.jpg
(ニュー・ヨーク・タイムズから無断借用)

パリ・オペラ座バレエのエトワール、ニコラ・ル・リッシュの引退特別ガラ公演が、7月9日にオペラ座のガルニエ宮で催された。

Nicolas Le Riche farewell gala, Opéra Garnier, Paris; 'A truly marvellous dancer'
http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/dance/10959169/Nicolas-Le-Riche-farewell-gala-Opera-Garnier-Paris-A-truly-marvellous-dancer.html

 彼ほど貢献した偉大なダンサーが、引退後にパリ・オペラ座に残るポストがないらしい。まだ踊り続ける意志、そして技術があるのなら、是非、ロンドンに来て欲しい。テレグラフの記事の最後に、7月15日から3ヶ月ネット上で観られるらしいので、パリ・オペラ座のファンだけでなく、バレエ全般に興味がある人は必見。

 11月には、パリのシャンゼリゼ劇場で奥方のマリクレール・オスタとともに公演がある。

Carte blanche à Nicolas Le Riche
http://www.theatrechampselysees.fr/danse/danse/carte-blanche-a-nicolas-le-riche

 ル・リッシュが踊るラッセル・マリファント、観たいな。

 で、話題がずれるが、サドラーズから、ギエムとマリファントによる「PUSH」のDMが届いた。今回の公演はファイナルだからと強調されている。

Sylvie Guillem is widely regarded as “the most brilliant ballerina of her generation” (The Guardian). Russell Maliphant has developed a unique approach to choreography, encompassing his vast experience of ballet and contemporary dance as well as capoeira, t’ai chi and martial arts, to create a language which is elegant, articulate and resonant.

The production features four works, including Two, a dazzling solo which seems to trap Guillem in a box of light. The works are complemented by Michael Hulls' stunning lighting and accompanied by music from Andy Cowton, Carlos Montoya and Shirley Thompson.

Since its debut in 2005, PUSH has received four major awards: an Olivier Award, a Time Out Award, Best Choreography (Modern) at the National Dance Awards and the South Bank Show Dance Award.


 「PUSH」は本当に素晴らしいプロダクションだが、コリセアム劇場では観たくない。でも、売れていないのならとまずサドラーズで観てみるとほぼ完売。が、コリシアムの方で観るとまだたくさん残っている。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2074.html

マシュー・ボーンの「The Car Man」、2015年に再演

2014.07.10
スクリーンショット 2014-07-10 5.57.08
(ニュー・アドヴェンチャーのウェブをスクリーン・ショット)

サドラーズからのメイルで、来年、2015年夏の長期公演演目は、マシュー・ボーンによる「The Car Man」とのこと。

http://new-adventures.net/the-car-man

Sadler’s Wells Resident Company New Adventures are delighted to announce the revival of one of Matthew Bourne’s most requested productions - the internationally acclaimed dance thriller THE CAR MAN - for a limited 16 week UK tour. Loosely based on Bizet’s popular opera it features arrangements of Bizet's legendary score by New Adventures Associate Artist Terry Davies.

First seen in 2000, winning the Evening Standard Award for ‘Musical Event of the Year’, the tour opens at The Churchill Theatre, Bromley in April 2015 then will tour the country before coming to Sadler’s Wells for a four week summer season.


 この演目をいつ観たのか全く思い出せない。一つ言えるのは、マシュー・ボーンが誰だかをまだ認識していなかった頃に観た。オールド・ヴィックで観たはずだから初演のときかな。

 チケット発売は今年の11月くらいだろう。ロンドンでは4週間の公演だからすぐに売り切れることはないだろうと思う。

「明日戦争がはじまる」

2014.07.09
明日戦争がはじまる

    宮尾節子

 

まいにち

満員電車に乗って

人を人とも

思わなくなった

 

インターネットの

掲示板のカキコミで

心を心とも

思わなくなった

 

虐待死や

自殺のひんぱつに

命を命と

思わなくなった

 

じゅんび



ばっちりだ

 

戦争を戦争と

思わなくなるために

いよいよ

明日戦争がはじまる


ネット上で共感 平和願う詩「明日戦争がはじまる」
http://www.asahi.com/articles/ASG776DH0G77UCVL028.html

 友人から教えてもらった情報によると、ネット上では朝日新聞や毎日新聞を読んでいる人は「国賊」と呼ばれているらしい。

 凄いと思う。この「国賊」という言葉が普通に使われる時代に再びなっていることに、違和感を抱かない人が多いことがどれほど怖いことか。

 たった70年、日本は戦争を忘れた。

VIRGINIA WOOLF: ART, LIFE AND VISION@ナショナル・ポートレイト・ギャラリィ

2014.07.09
スクリーンショット 2014-07-09 12.43.38
(ヴァージニア・ウォルフとT.S. Eliot、NPGから拝借)

熱心なファン以外には、ヴァージニア・ウォルフと言えば、「ダロウェイ夫人」、「灯台へ」、そして「波」だろうと勝手に一般化する。大昔、「灯台へ」を読まなければならないことがあって、ペイジをめくるのが辛かったことしか記憶にない。

 で、ウォルフの業績、生活を俯瞰する展示が、トラファルガー広場に隣接するナショナル・ポートレイト・ギャラリィ(以下、NPG)で始まる。

http://www.npg.org.uk/whatson/virginiawoolf/home.php

 以下、プレス・リリースの一部から。

Despite her Victorian upbringing, Woolf was determined to establish new forms of creative writing and criticism. In 1905, Woolf and her sister Vanessa Bell began to host weekly gatherings held at 46 Gordon Square, which led to the development of the Bloomsbury group of writers, artists and intellectuals, of which the sisters were central figures. The group included notable names such as John Maynard Keynes, Roger Fry and Lytton Strachey. In 1912, Woolf married Leonard Woolf and together founded publishing company the Hogarth Press in 1917.

In 1910 and 1912 Roger Fry brought French Post-impressionism to London and introduced England to modern art. From then on Woolf’s development as a modernist writer was to an extent influenced by her thinking about painting. In her novels, she demolished accepted conventions and transformed ideas about structure, plot and characterisation. In her most notable novels Jacob's Room (1922), Mrs Dalloway (1925), To the Lighthouse (1927), and her most experimental novel The Waves (1931), Woolf pioneered the 'stream of consciousness' style of writing. To this day, Woolf's work continues to inspire contemporary authors and has been adapted for both screen and stage.

The exhibition also considers Woolf’s political awareness, which was particularly prominent during the Spanish Civil War. In her book Three Guineas, published in 1938, Woolf asks “What can we do to prevent war?”, and she supported fundraising events for those affected by the Spanish Civil War. The exhibition includes one of Picasso’s Weeping Woman drawings which he created specifically for a fundraising event at the Royal Albert Hall, at which Virginia and Leonard Woolf sat on the platform.

From the age of thirteen, Woolf suffered from bouts of mental illness. In 1941, at the relatively young age of fifty-nine, Woolf committed suicide. The letter that she wrote to Vanessa Bell, shortly before she died, is held in the British Library's Manuscript Collection and is on rare public display as part of the exhibition.


 展示の説明を読んで驚いたのは、先日テイト・モダンで観てきたアンリ・マティス(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2262.html)との接点があったこと。また、カウンセリングのコースで数年通ったゴードン・スクゥエアが、ウォルフの晩年の生活の場であったこと。そして、フロイトとのつながり等々。

 もう一つあった。未読、というか存在すらしなかった「オルランド」という小説について言及している解説で、「オルランド」はシッシングハースト・ガーデンで知られているであろうヴィータ・サックヴィルとの友情から云々と書かれていた。ヘーと思うと同時に、つながりなんて考えてこともなかった近代イギリス史の人々の人生が重なることが面白い。

シッシングハースト・ガーデン、2013年
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157634872344131/

 個人的にもっと知りたいのは、ウォルフの政治的スタンス。彼女がスペイン内戦に反対した事実を知らないどころか、彼女がそのような政治的な活動をしていたことに驚いた。戦争に覆い尽くされた21世紀の世界を、彼女はどう見るだろうか?

 展示の中で特に貴重なのは、1941年に自らの命を絶ったウォルフが姉のヴァネッサ・ベルに宛てた最後の手紙。この手紙、大英図書館所蔵で普段は観られないようだ。

 10月26日まで。19世紀末から20世紀にかけてのイギリス文化のダイナミックなうねりに興味がある人は、同じくNPGで10月16日から始まるウィリアム・モリスの展示(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2233.html)をあわせて観るのも面白いだろう。両者とも、政治的にリベラルというのが僕には特に興味深い。

でかいティー・マグで飲む

2014.07.09
ものに執着する生活はしないようにしているのだが、でかいティー・カップを見つけると購入してしまう。

DSCN7048.jpg

DSCN7049.jpg

 ジョン・ルイスで見つけた。朝からこの大きさで紅茶をがぶ飲みすると、すっきり目が覚める。

 大きさの比較。
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/14630771863/

アメリカへ飛ぶときは、モバイル・デヴァイスの充電は必須

2014.07.08
先週、これまでの検査をくぐり抜けられる爆弾が開発されたと大きく報道された。

The Saudi chemist sparking fears of 'invisible' bombs on transatlantic flights
http://www.theguardian.com/world/2014/jul/03/al-qaida-bombmaker

 どうしてこんな世界になってしまったのかと思うと同時に、特にアメリカから何らかの動きがあると思っていた。結果として、現在の所は特定の国からのようだが、たとえばイギリスからアメリカへの飛行機に搭乗する際、携帯電話やラップトッブ等のモバイル・デヴァイスは充電しておかなければ搭乗を拒否されることになったらしい。

Mobiles 'could be barred from flights' if not charged
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/terrorism-in-the-uk/10950196/Mobiles-could-be-barred-from-flights-if-not-charged.html

Airports face chaos after America bans UNCHARGED mobiles or laptops from US-bound flights over bomb fears - with iPhones and Galaxies top of the hit list
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2682478/Airports-facing-chaos-US-declares-wont-allow-uncharged-cellphones-laptops-flights-bound-America.html

 記事としてはBBCが簡潔なので、こちらを。

Heathrow and Manchester issue must-be-charged gadget advice
http://www.bbc.co.uk/news/technology-28193654

Heathrow and Manchester airports have told passengers to ensure all electronic devices carried as hand baggage are charged before travel if they are flying to the US.

The move follows a request from the US that "certain overseas airports" implement enhanced security measures.

A new rule states that if a "device doesn't switch on, you won't be allowed to bring it on to the aircraft".

However, it is being applied differently at the two sites.

Checks will be carried out at London's Heathrow both at security control and boarding gates, while a spokeswoman for Manchester Airport said that device power checks would only be done by airline staff at departure gates.

British Airways has said that its customers face being made to rebook if they are found in possession of an uncharged device.

The Department for Transport declined to say whether other UK airports would enforce similar restrictions on flights to the US.

American officials said last week they were aware of a "credible" terrorist threat, but have not linked the security changes to any specific intelligence.


 いないと思うけど、最も気をつけなければならない人は、ヒースローから乗り継いでアメリカへ行く人。ヒースローへの飛行機で電源を使い切ってしまい、アメリカへ向かう飛行機の検査の前に充電できていないと、搭乗できないらしい。

 20世紀から21世紀にかけて、「世界は今や、ボーダーレス」なんて多くの人が言っていたけど、もはや昔話だと実感する、荒れる世界。

[追記:7月9日]
BBCによると、イギリス出入国の飛行機はアトランダムで調べられることになるので、携帯デヴァイスの充電は全ての人垣をつけるべきことになるとの報道。なんて面倒くさい。

Device charging advised for any UK flight
http://www.bbc.co.uk/news/uk-28223150

All passengers flying into or out of the UK have been advised to ensure electronic devices in hand luggage are sufficiently charged to be turned on.

The Department for Transport (DfT) said there could be checks "on some routes into or out of the UK" but did not disclose which routes were involved.

自転車には気をつけろ!

2014.07.06
昨日、ヨークシャーでツール・ド・フランスが始まった。

http://www.theguardian.com/sport/tour-de-france-2014

 で、明日、7月7日はケンプリッジからロンドンへ。

スクリーンショット 2014-07-06 14.24.08
(ロンドン交通局のウェブから、スクリーンショット)

http://www.tfl.gov.uk/campaign/tour-de-france/travel-disruption-and-advice

 天気がいいこともあるし、全てがロンドンへという感じで既に観光客であふれかえっているロンドンでわざわざこんなことするとは、本当に迷惑。で、そのことへ皮肉かなと、当初思った記事が昨日のガーディアンに掲載された。

What's the worst thing about cycling? Other cyclists
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2014/jul/05/worst-thing-about-cycling-other-cyclists

After 12 years riding a bike in London, I recently came to a shocking conclusion: what scares me the most as a cyclist is not the cars, not the lorries and not even the taxi passengers who unexpectedly wrench their door open in front of you – but other cyclists.

 これは、僕も実感する。交通量の多い道路では、最も怖い存在は車両。でも、例えばリージェンツ・パークの外環道路をサイクリングしていて怖いと感じるのは、他のサイクリスト。ロンドンのレンタル自転車(今ではボリス・バイクという呼称でほぼ定着している)で必死に漕いでいる脇を遠慮なく煽って走り去って行く。

 記事の中盤に、日本の状況が例として書かれている。

Compulsory insurance is one of those cure-alls for accountability that gets regularly trotted out, which is fine in principle, but although the person who just killed your dog might be able to offer compensation, you'd still have to catch them first. Registration is another oft-proposed solution to the problem. Japan is the only country that requires all bikes to be registered. Switzerland and others phased it out because of the cost and the bureaucracy. Now, the UK loves a bit of red tape, but registering every single bike? I don't think so. And apart from that, the freedom of cycling is a big draw to many of us. Take that away and it becomes another bureaucratically laden drag. So nothing would hold the cause of cycling back more than registration.

Interestingly, while we're on the subject of Japan, it has a large cycling population and many cycling laws – all of which are completely ignored. Cyclists regularly ride on paths and, indeed, police will even direct them on to walkways if they see them on roads. And yet cyclists, drivers and pedestrians get along fine. How does it work? In a word, politeness – one of those Japanese concepts with no direct translation into English.


 日本で自転車人口は大きく、法令もあるが、その全てはサイクリストから無視されている。サイクリストは普通に歩道を走行し、警察は実際に見つけたときだけ指導する。にもかかわらず、サイクリスト、自動車のドライヴァー、そして歩行者はお互いに上手くやっている。なぜか?最も英語にできない日本の概念、「ポライトネス」だからだ。

 この記事を書いた人、匿名になっているけど、よく日本の実態を判っている。素晴らしい、皮肉。

 僕がロンドンで自転車を乗り始めたのは、ボリス・バイクが始まった2010年の夏。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1242.html

 昨年、年間メンバーシップ料金がいきなり2倍になり、天気もよくなかったので更新しなかった。しかし、今年は春から天候が安定していたので、メンバーシップを払い、再び自転車生活。これが、予想以上に快適。反面、2010年と比べると、自転車の維持・管理が良くないと思うことも増えている。また、日本と違って、老若男女が歩道からいきなり車道に飛び出して来るのはロンドンの日常なので、走行中には全く気が抜けない。

 また、ボリス・バイクが観光客の間に浸透してきたなと感じるのは、歩道を走行するボリス・バイク利用者がとても増えていること。また、一方通行の道路を逆走している利用者も急増している。ロンドン中心部、特にウェスト・エンドやシティの周辺は一方通行道路が多い。ロンドン交通局は、自転車の利用者への注意をもっと増やすべきだと思う。

 ボリス・バイクが便利なのは、移動の時間がかなり正確に読めること。多くの美術館や劇場は上手く行けばフラットから30分以内で到着できる。バスや地下鉄だと、ラストミニットで資料を読める時間があるかもしれないが、気がついたらトンネルのど真ん中で車両が止まって間に合わない、ということが起きる可能性が高い。

 記事の中で強調されているように、サイクリスト、そして車のドライヴァー達に、大都市での共生を学ぶことを義務化した方が良いのではないかと思う。

 明日、ロンドン中心部にいる予定の人は、移動は徒歩にするか、公園でのんびり過ごす方が良いと思う。ルートから察するに、ロンドン中心部は午後からバスでの移動はほぼ諦めた方がいいだろう。参考までに、TfLからのメイル。

Dear Mr Moriya,

I am writing to remind you that the Tour de France is coming to London tomorrow, Monday 7 July. The race will start in Cambridge, travelling through Essex, north, east and central London, finishing on The Mall. Please plan ahead as road closures, bus diversions and busier stations are expected.

Public transport
Tube and Rail will be the best way to get around and enjoy the day. Stations along the route will be busy during the evening peak. A number of Barclays Cycle Hire docking stations will be suspended. A large number of bus services will be on diversion or will stop short of their destination from 09:00 - 18:00.


Dialogues des Carmélites@ロイヤル・オペラ

2014.07.05
スクリーンショット 2014-07-05 15.30.12
(サー・サイモン・ラトル、カーテン・コールで)

エンタメ、そして交遊がとても充実していた6月。加齢とは忘却の速さが増すことだと実感しつつ、6月9日にロイヤル・オペラ・ハウスで、プーランク作曲の「Dialogues des Carmélites」というオペラを観てきた。これまでフランスもので楽しめたことは少ないし、主演のソプラノはファンでもないのにどうして行ったかというと、指揮者の真後ろの席が取れてしまったから。名指揮者の誉れ高いラトルさんの指揮を間近に見られる、それが一番の楽しみだったのだが、オペラ自体とても充実していた上に、一つ思わぬことまで起きてとてもパワブルな夜だった。フランス革命の終わり頃に、ギロチンにかけられた尼僧達のことを描いたオペラということしか知らないので、あらすじはこちらを。

Opera Essentials: Dialogues des Carmélites
http://www.roh.org.uk/news/opera-essentials-dialogues-des-carmelites

Director: Robert Carsen
Set designs: Michael Levine
Costume designs: Falk Bauer
Lighting design: Jean Kalman
Movement: Philippe Giraudeau

Conductor: Simon Rattle
Orchestra: Orchestra of the Royal Opera House
Blanche: Sally Matthews
Constance: Anna Prohaska
Madame Lidoine: Emma Bell
Mère Marie: Sophie Koch
Madame de Croissy: Deborah Polaski
Marquis de la Force: Thomas Allen
Chevalier de la Force: Yann Beuron
Mother Jeanne: Elizabeth Sikora
Sister Mathilde: Catherine Carby
Father Confessor: Alan Oke
First Commissary: David Butt Philip
Second Commissary: Michel de Souza
First Officer: Ashley Riches
Gaoler: Craig Smith
M. Javelinot: John Bernays
Thierry: Neil Gillespie
Chorus: Royal Opera Chorus


 ロバート・カーセン演出のこの舞台、大きな話題になったのは、舞台に立つ人物の多さ。

Roundup: Inside Dialogues des Carmélites’s community ensemble
http://www.roh.org.uk/news/roundup-inside-dialogues-des-carmelitess-community-ensemble

 舞台セットはとても簡素なものだったが、場面転換の時にこの大群衆が現れて群衆がセットを置いたりかたづたりするのが、革命時の激動を思わせる効果があったように思います。

 オペラには、カウンセリングにおいて大先輩の友人と一緒に。開演直前になっても友人の隣の席は空いたまま。その向こうには、襟が伸びきったセーターを着ただけの中年男性。彼の足下にはジョン・ルイスの紙袋。いくらオペラにくる装いがカジュアルになっているとはいえ、指揮者のほぼ真後ろの席でこれは、と思いつつ。

 最前列に座ったので、オーケストラのメンバーの出入り口はよく見える場所。オーケストラがほぼそろい、でも開演までもう少しあるなというタイミングで、ドアに現れた白髪の男性。ラトルかなと思いつつ、その男性は目だたないようにしながら、金管楽器のメンバーと談笑を始めた。最前列に座っていた別の人がラトルが既にいることに気づき拍手を始めると即座に、指を口に当てて静かにと。
 オーディトリアムの証明が落ち、聴衆の多くがラトルの登場を待っていたにもかかわらず、拍手のないままオペラは始まった。

 最初の10分間は、「やっぱり、フランス・オペラはあわない」と単調な旋律にがっかりしていた。しかし、コンスタンスが登場すると旋律の彩りが一気に増し、その後は舞台で進む物語と拮抗する旋律を大いに楽しんだ。

 第一幕が終わり、ラトルが嬉しそうに去り、オーケストラのメンバーのほとんどが出口に向かっている時に、男性団員(木管だったかな)の一人が指揮者台に駆け上がり、友人の一つとなりの男性に声をかけた。

 「Jxxx!, Are you ok?」。

 とたんにその男性は顔を腕に埋めてすすり泣き始め、「来るんじゃなかったよ」、と。直視してはいけないと思いつつ、耳をそばだて何が起きてんだろうと、でも聞いていないよ、という姿勢を保ったまま視線をかわす友人と僕。

 男性が席を離れたので、一緒に来るはずだった女性と別れたのかなと。オペラの感想を話していると、男性が戻って来た。表情は、ちょっとうつろ。

 友人がゆっくり、「I am sorry to ask you, but are you OK?」と語りかけるように尋ねると男性は席につき、「My mum passed away last week。母を今晩、招待していたんです」、と。このオペラの第一幕の終わりは、修道院のトップの尼僧が苦悶の果てに亡くなる。その場面を観ていたら、悲しみがこみ上げてきたんだそうです。

 友人とその男性がオペラや音楽のことを話していると、別の意味であか抜けない中年男性が近づいてきて、「その席、空いているんですよね。座れますか?」と訊いてきた。すかさず男性は、「この席に座る人はいるから」と。話すことで落ち着いたようで、オペラの終演後には微笑みが戻っていた。

 このオペラを語る上で決して忘れてならないのは、やはり最後、10数人の尼僧がギロチンで処刑されて行く場面。

 有名なアリアを、役がついているソロ歌手とコーラスの女性メンバーが歌っている間にほぼ等間隔で、シュパーン、という効果音が。その音が鳴る度に、一人、また一人と床にゆっくりとした動作で横たわって行く。シンプルな演出だからこそ、その美しくも超パワフルな音楽との相乗効果で、拳を握りしめたまま舞台からは目を離せず、耳は旋律から逃れることもできず、だった。終わった時には、開放感と脱力感が一緒に。

 サリィ・マシューズ、ソフィ・コッシュはロイヤル・オペラでは常連だけど、僕には常に可もなく不可もなく。エンマ・ベルは以前、イングリッシュ・ナショナル・オペラの「イドメネオ」で悪女を役を最高に演じたので、今回の真逆の役への取り組みはとても面白かった。

 サー・サイモン・ラトルの指揮は歌手が舞台にいるときは、歌手への指示が完璧。歌手がいない、音楽だけになるとパッパーノのように唸り声を挙げるのが微笑ましかった。

カーテン・コールの写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157644689888910/

憎しみは憎しみを生むだけ、BBCのラジオを聞いて

2014.07.05
このようなことを書いても、遠吠えとしか思われないかもしれないが。

7月3日、外出を前に聞いていたBBCのラジオから流れてくる、インタヴューに答えるパレスチナ女性二人の声が耳を貫いた。

 他者を憎む為「だけ」に生まれた人間などいないだろう。しかし、その二人の女性の声から感じ取れるのは、パレスチナを取り巻く全てへの「憎しみ」だけ。一人の人間が、あれほどの憎しみを抱えていることに呆然とした。

http://www.theguardian.com/world/palestinian-territories

 日本ではこの終わりなき憎しみを感じることは難しいことかもしれない。僕はこの憎しみを感じたくない。仮に日本がこの憎しみの中に行くことになってしまったら、どちらの側についたとしても、日本は彼らにとって憎しみの存在になる。

 そのような選択を、国民が選んだ訳でもない、たかが政権政党の代表が決めてしまったことの危機を、もっと真剣に論じて欲しい。

 宗教なんて、この世界から今すぐになくなって欲しい、それが僕の大きなのぞみ。

2012年4月の沖縄弾丸滞在の記録

2014.07.05
那覇に行っている友人の写真を見ていたら、書いていないことが再び思い出された、2012年4月の那覇滞在。実はある所に書いたものを書き直してからブログにと思ったまま放置していた。2年以上も前なので細かいことは思い出せないし、読んでくださる人への観光情報にはならないだろうけど。


スクリーンショット 2014-07-05 14.06.22

那覇への飛行機は、4月3日の午後3時45分羽田発の予定でした。当初は、午前10時に三鷹のジブリ美術館(海外からの入場券購入方法、改善して欲しい)へ行き、駆け足で観て回った後に羽田に直行し、那覇へ。その夜は元会社の大先輩にあって、翌日は那覇をのんびり観て回って午後7時の便で東京へ、という予定をたてていました。

 その予定が、結果としてよい意味で大幅に変わってしまったのは、春の大嵐のおかげ。2日の夜の天気予報で、3日は日本全国で超大荒れの天気になることは確実との報道。ということで3日は6時前に起きて天気予報を確認すると既に九州への飛行機がかなり欠航になっていました。
 いけるかどうか判らないけど、ジブリはあきらめてとりあえず羽田に行こうと実家を出たのが7時すぎ。羽田空港3階にあるJALのカウンターに9時に到着し、すぐさま午後のフライトを予約してあると伝えたところ、乗るはずだった便は既に欠航が決まってしまったとのこと。でも、9時20分離陸の飛行機でよければ席があると言われて即断。飛行場内を走ったのは久しぶりでした。嵐の影響で所要時間は3時間かかりましたが、12時半には那覇空港に降り立っていました。
 一人だからこそ身軽に行動できたのだと思います。でも一つしみじみ感じたのは、自分も歳を重ねたな、と。どうなるかは判りませんでしたが、この程度の変更であればパニックになることもなく。

 那覇空港に到着して楽しみだったのが、初めて乗るユイ・レール、そして車両から眺める那覇の景色。那覇の町並みを上から眺めることは初めてだったので、とても楽しかったです。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157629820365179/

 牧志駅で降車して向かったのは公設市場周辺。むつみ橋通りのあまりの閑散ぶりに、自分の記憶にある那覇はもうないのではと感じ、公設市場内に入ってその印象は的中しました。一階の魚屋の猛烈な客引きには唖然としました。魚を地元の人に売るより観光客に魚を買わせて2階の食堂で食べさせることが営業目的になっている。試しに中くらいの魚を上で食べたらいくらと訊くと、こともなげに3千円と。何も買わずにエスカレーターで2階にいくと、そこでも食堂の客引きのみなさんが声を張り上げている。
 前回、この2階で食事をしたのは1999年の夏。そんな古い記憶にすがっている自分が悪いのだろうとは思いました。何も食べずに後にしようと思ったのですが、エスカレーターの裏側にある「さくら亭」には客引きもいず、閑散としていたのでここはいいだろうと。客は、シュトゥットガルトから沖縄空手を精進しにきたドイツ人男性だけ。英語と片言のドイツ語で話して判ったのは、彼はフランクフルトから上海経由で那覇に来たとのこと。往復航空券は€670−だったそうです(今、2014年、思うと高いな)。ここ(公設市場内の食堂)は安いと聞いてきたけど思ったより高いといっていたので、チャンブルーを頼むとご飯とみそ汁がついてくるからと教えると、翌日からはそうすると言っていました。

 食後は市場界隈に戻り、見つけた乾物屋さんで松江産の「ワカメとシジミ」のパックを購入。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/7077410801/in/set-72157629820365179

 美味しかった。持って帰れるのであれば10袋くらい欲しかった。その後は壷屋周辺を散策。国際通りからはずっと奥にある育陶園さんで、壷屋焼きをみて、さらに工房を見学。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157629456134112/

 おもろまちに移動して、OさんとYさんと再会。二人と最後に会ったのはいつだろう。二人とも全くかわっていなかった。大嵐とともに、自衛隊がパック3を沖縄に運び込んだ4月3日は多忙だったそうだが、かわらぬ二人にあって沖縄に来ているとやっと感じることができた。
 二人と向かったのは、「あやふに」というお店。沖縄は自分の第2の故郷(第一の故郷はどこだろう?)と勝手にいいつつ、実は沖縄のディープな食材はちょっと苦手。それを避けたい願望でOさんに「魚が食べたい」、と無茶を言って連れて行ってもらったのですが、旨かったです。豆腐も、湯葉料理も、ソーメン・チャンプルーも、出されたすべての料理が美味でした。

 那覇を歩き回っていて、特にコンビニに入るたびに感じたのは、「ここも日本なんだ」という当たり前の感想。どのコンビニに入っても、対応は東京のコンビニと全く同じマニュアル通りの返答。同じ商品が並び、同じマニュアル対応。
 一方で、沖縄の基地問題には何ら変化の兆しがないという現実。さらに、復帰40年を迎える今年、再び沖縄の地に日本人によって武器が運び込まれることの意味を、ほかの土地に住む日本人は真摯に考えたことがあるのだろうかということ。

 4日は観光バスツアーに参加して、今帰仁や美ら海水族館へ。美ら海は、行けて良かった。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157629820493677/

 観光バスを途中で降りてユイレールに乗り換えて到着した那覇空港で、もう一つ面白い経験。前日の嵐による欠航の影響がまだ残っているらしく、アナウンスが交錯していた。その中に、僕の戻り便でオーヴァー・ブッキングがあったらしく、最終便へ変更されて頂けるお客さまには謝礼をお支払いします、と。どうせ一人だし、これが実現すれば東京・那覇往復にかかる航空券代、実質1万円になるかもしれないとの打算ですぐに申し入れた。結局調整ができたようなので謝礼を受け取ることはなかったけど、席をアップグレイドしてもらえたので広い席でのんびりと。もとからあった訳ではないことはすっぱり頭から消し去るのが肝要。

 嵐のおかげで那覇、沖縄での実質の活動時間が長くなり、思っていたよりずっと実りある沖縄滞在でした。

BBCのウェブで英語の勉強

2014.07.02
以前、BBCの以下のペジを紹介した。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1494.html

 数日前、友人がBBCの別の情報を教えてくれた。

Quiznet
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/quizzes/quiznet/

 質問はこんな感じ。

Today's topic: Doing Business

1: It's so easy doing business with that company; they're so _____________.

1) professional
2) slow to respond
3) bureaucratic
4) impersonal


スクリーンショット 2014-07-02 15.23.22

 出題はいろいろな分野から多岐にわたっているし、内容は受験英語よりは簡単なので、自分の不得意分野の単語のリフレッシュにはちょうどいいかなと思う。で、僕の不得意分野。

スクリーンショット 2014-07-02 15.31.37
スクリーンショット 2014-07-02 15.31.49

 5番しか判らなかった。

人と出会うことの面白さ

2014.07.02
先週の土曜日、日中そこそこインテンシヴな仕事をこなしてから、SNSを通して数年前に知り合った「友人」と初めて会うことができた。

 友人の家族と一緒に食事してたくさん話して、笑って帰路について思ったこと。昔、と言ってもほんの20年ほど前、インターネットがまだ大きくなる前、手紙を通して長いこと連絡を取り合っていたであろうペンパルが、よく知っているつもりでも初めて直接会うまだ見ぬ「友人」を会うときは、言葉にはならない興奮と緊張を持っていたんだろうな、と。

 インターネットで社会は大きく変わったけど、人と直接会うことの楽しさは、僕の中ではまだインターネットに奪われていない。

 翌日の日曜日。マリルボーンのファーマーズ・マーケットでばったり会った別の友人と。近くのイタリアン・デリへ向かった。

ノーフォーク産の魴鮄
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/14534154924/

 席につくと、隣のテイブルに先に座っていたカップルは、フランス人の夫妻だった。友人は、ネイティヴ並み、というかほぼ完璧なバイリンガル。旦那の方は英語を話したがっていたようだが、ネイティヴのフランス語で話されれば、それは楽だろう。すぐに3人の間の会話はフランス語に。

 で、彼らが話し始めてすぐに、その夫妻が朝食をオーダーしてから既に40分は経過していることを聞かされた友人。デリのマネイジャーとは顔見知りの友人がマネイジャーに尋ねると、新しく働き始めた非英人の係が彼らのオーダーをキッチンに渡していなかった。

 フランス人夫妻は、当然、がっかりした表情を見せたが、友人がマネイジャーに「僕の友人をがっかりさせるなんて」とすぐに抗議したのを聞いて安心したらしく、3人は再び話に戻った。

 僕はフランス語は全く話せないが、カフェのテイブルでかわされる程度の会話だったら何が話されているのかは判るので、英語で相槌をうちながら、別のことを考えた。

 パリを訪れたイギリス人観光客は、全てが英語で話されることに違和感も、それが特別なこととは思わないだろう。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2193.html

 しかし、ロンドンを訪れたフランス人観光客がイライラする問題に見舞われたとき、期待はしていなかったけどフランス語で解決できるなんてこと滅多にないのではないかと。

 イタリア・デリ風、フル・イングリッシュ・ブレックファストを楽しんだ夫妻。店内で支払いを済ませた奥さんがテイブルに戻り、二人は笑顔でホテルに戻って行った。友人と僕が紅茶を支払おうとしたら、マネイジャーが「彼らが払いました。彼らがテイブルからはなれるまで(僕たちには)言わないでと頼まれたので」、と。フランス人って、粋だ。

 世界がいつもこうなら、戦争も少しは減るかなと思った週末。

Reminder: 7月6日から、ロンドンのバスの運賃は現金では払えません

2014.07.02
先月上旬、TfLからメイルが来たので、こんなポストアップした。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2238.html

 そしたら、今朝、リマインダー・メイルが届いたので。

Dear Mr Moriya,

I am writing to remind you that from this Sunday, 6 July, you will no longer be able to use cash to pay for your bus fare.

Instead of cash, you can use an Oyster or contactless payment card for the £1.45 pay as you go adult fare.

If you don’t have enough credit on your Oyster card or your Bus & Tram Pass or Travelcard has just expired, you can now make one more journey on a bus. You must then top up your pay as you go credit before you can use your Oyster card again.

For more information about cash free buses, please click
https://tfl.gov.uk/modes/buses/cash-free-buses

 この決定が覆ることはないだろう。既にバス車内では、この変更を伝えるアナウンスがひっきりなしにされている。地下鉄等の全ての公共交通機関を利用するデイ・パスはまだ購入できるが、バスだけの紙のトラベル・カードも廃止になっているようなので、ロンドン市内での移動の際は、オイスター携帯は必須になる。

日経新聞:味な地球儀、7月1日

2014.07.01
*著作権は、日本経済新聞社に帰属します。

DSCN7058.jpg

DSCN7059.jpg

そして明日、戦争に巻き込まれるとしたら

2014.07.01
世界は、東日本大震災のことは既に忘れかけている、もしくは忘れている。でも、第二次世界大戦・太平洋戦争で日本がしたことを、世界は決して忘れていない。

Japan PM to overturn pacifist defence policy
http://www.theguardian.com/world/2014/jun/30/japan-pm-overturn-pacifist-defence-policy-shinzo-abe

Japan set for landmark military change
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-28086002

Japan's Abe Set to Change Country's Pacifist Policy
http://online.wsj.com/articles/japans-abe-set-to-make-change-in-countrys-pacifist-policy-1404129400

Thousands protest greater Japanese military role
http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/thousands-rally-against-greater-japanese-arms-role/2014/06/30/93240f78-0058-11e4-b203-f4b4c664cccf_story.html

 日本は憎しみを増長させる国ではなく、鎮めさせる国であって欲しかった。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.