LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2014年12月の記事一覧

2014.12.26 The Paddington Trail終了まであと少し
2014.12.25 Merry Christmas from London, 2014
2014.12.22 2014年、地球は幸せだったのか?
2014.12.19 ウィリアム・モリス展@ナショナル・ポートレイト・ギャラリィ
2014.12.19 Jimmy's Hall(ジミー、野を駆ける伝説)、日本で上映、他
2014.12.17 The Mad Hatter's Tea Party@Linbury Studio Theatre
2014.12.17 Max Emanuel Cenčić@ウィグモア・ホール
2014.12.17 Christoph and Julian Prégardien with Michael Gees@Wigmore Hall
2014.12.17 英国美術の英国らしさ―芸術地理学の試み
2014.12.14 プリンス・ジョージの公式クリスマス写真
2014.12.13 Charity does not start at home in Japan:厚遇されるアメリカ軍人、無視される日本人
2014.12.11 ガーディアンが、日本国内からの意見を求めています
2014.12.11 日本共産党と議案提案権
2014.12.11 投票しよう、政治を変えよう:仙台からの声
2014.12.10 ガーディアンの編集主幹、2015年夏に退任
2014.12.10 イギリス国内の深刻な貧困層は、料理したくてもできないんだ!
2014.12.05 シルヴィ・ギエムへのインタヴュー、タイムズ紙
2014.12.03 母乳の授乳は、どうしてこんなに受け入れられないのだろう?:ロンドンの高級ホテルの対応
2014.12.03 2012ロンドン・オリンピックの跡地が、文化施設の拠点に
2014.12.03 オードリィ・ヘップバーンの写真展、2015年夏にナショナル・ポートレイト・ギャラリィで
2014.12.03 「神」という幻想の為の殺生:ヒンドゥ、諏訪大社、ISIS(イスラム国)

The Paddington Trail終了まであと少し

2014.12.26
スクリーンショット 2014-12-26 17.58.53
(プリムローズ・ヒルにて)

映画の宣伝、ロンドンの宣伝で始まった50体のパディントン・ベアの設置も12月30日で終わり。頑張って27体まで撮影。

The Paddington Trail
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157649256681486/

 でも、上には上がいて、一日で50体を制覇したらしい。

Visiting all 50 Trail Paddington Bears in a day

https://www.youtube.com/watch?v=qTalt4p4nzY

 パディントン・ベアが設置されている場所の幾つかは、たどり着くまでにけっこう歩くから、予想していたよりずっと時間がかかる。
 
 この企画が発表になった時のYT。

Paddington Trail - The launch

https://www.youtube.com/watch?v=UYJNyOUHKwk

 あと1体、撮りたいのがあるのだけど、どうかな。

スポンサーサイト

Merry Christmas from London, 2014

2014.12.25
ロンドンのクリスマスはどんどん変わっている。そんなことを思いつつ、昨晩、友人達と食事していたとき気づいたのは、ロンドンに来て丸15年。写真は、昨日。あまりに素晴らしい青空だったので。

スクリーンショット 2014-12-25 11.40.02

スクリーンショット 2014-12-25 11.39.39


2014年、地球は幸せだったのか?

2014.12.22
昨日のサンディ・タイムズの付録雑誌は、今年1年、世界で起きたことを写真で振り返る企画。

 ペイジをめくる度に掲載されているのは悲劇ばかり。ガザでの戦争(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2300.html)、マレイシア機の撃墜(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2285.html)、先日のパキスタンでの非道テロ等々。

 神がいるなんてもはや思っていないが、仮に創造主がいるとしたら、後悔しているのではないだろうか。サイボーグ009の未完の物語、「天使編」に重なる2014年の年末。

ウィリアム・モリス展@ナショナル・ポートレイト・ギャラリィ

2014.12.19
*著作権は、共同通信社、及び掲載新聞社に帰属します。

DSCN8046.jpg
高知新聞、2014年12月19日

DSCN8048.jpg
山陽新聞、2014年12月30日

 手元に届いた掲載新聞紙は他に、秋田さきがけ、岩手日報、岐阜新聞、徳島新聞。

Jimmy's Hall(ジミー、野を駆ける伝説)、日本で上映、他

2014.12.19
main.jpg
(ウェブから勝手に拝借)

友人から、ケン・ローチ監督による「Jimmy's Hall」の日本での公開が決まったことを教えてもらった。

ジミー、野を駆ける伝説
http://www.jimmy-densetsu.jp/index.php

 邦題を観てどん引き。友人の言葉を借りれば、この感動の押しつけはなんだ、と。

 イギリスで公開された時、珍しく観に行った。どうして観に行ったかというと、映画が描く当時のアイルランドを牛耳っていたのはカソリック。既に社会のエスタブリッシュメントだった教会が、人々の社会改革への希望をどのように握りつぶして行ったかを観られるかなと期待したから。

 イギリス国内でも、公開前の監督へのインタヴューは盛り上がったが、評価はほとんどが三ツ星。映画を滅多に見ることが無いからかもしれないが、僕も傑作とは感じなかった。
 しかし、描かれる人々の喜び、悲しみ、熱い議論は観ていて爽快だった。また、アイリッシュ・トラッド音楽は、耳に心地よい。もう一つ思ったことは、当時、アイルランドで暮らす若い人々にとってアメリカが、如何に自由の国だったのか。一世紀足らずの間に、アメリカがどれほど変わってしまったのかを考えながら観ていた。

 台詞は、機関銃のような喋りはそれほど無かったと思うので、是非、俳優の皆さんのアイリッシュ・イングリッシュを堪能して欲しい。いい味をだしているのは、ジェイムズのお母さん。彼を逮捕しに来た警察官をはぐらかす場面は、息子との別れを悲しみながらも、息子を助けようとする母の愛情に溢れている。

 で、友人が教えてくれたリンクのしたの方に、ナショナル・ギャラリィを追ったドキュメンタリィ映画も公開が決まったとのニュース。

ナショナル・ギャラリー
http://www.cetera.co.jp/treasure/

 これ、イギリスで公開されたのかな。偶然だが、昨日、ナショナル・ギャラリィからニューズ・レターが届いた。内容は、2015年3月4日から印象派関連の特別展覧会があると。

http://www.nationalgallery.org.uk/whats-on/exhibitions/inventing-impressionism

So universally popular are the Impressionists today, it’s hard to imagine a time when they weren’t. But in the early 1870s they struggled to be accepted. Shunned by the art establishment, they were even lambasted as ‘lunatics’ by one critic.

One man, however, recognised their worth from the beginning. Paul Durand-Ruel, an entrepreneurial art dealer from Paris, discovered this group of young artists – including Monet, Degas, Manet, Renoir, Pissarro and Sisley – and gambled.

Realising the fashionable potential of their derided ‘impressions’ of urban and suburban life, Durand-Ruel dedicated the rest of his life to building an audience for their work – creating the modern art market in the process.

Such was his perseverance, Durand-Ruel nearly bankrupted himself twice, before successfully globalising his operation with outposts in London, Brussels and New York, and establishing the one-man show as the international norm for exhibitions.

The ‘Impressionists’ – a term first used derogatively by critics – was to become the household name that stands today.

In a unique collaboration with the Musée d’Orsay, Paris, and the Philadelphia Museum of Art, ‘Inventing Impressionism’ features 85 masterpieces from the movement, all but one having passed through Durand-Ruel’s hands, including three of Renoir’s famous ‘Dances’ and five from Monet’s ‘Poplars’ series, alongside rare photographs from Durand-Ruel’s life.


 使われている画像は、国立西洋美術館所蔵のモネの絵。円安が続きそうだが、日本から観に来る人もいるだろう。

The Mad Hatter's Tea Party@Linbury Studio Theatre

2014.12.17
スクリーンショット 2014-12-17 22.01.15
(ロイヤル・オペラ・ハウスのフリッカァから、https://www.flickr.com/photos/royaloperahouse/sets/72157649293564589/

願いもむなしく、今年のクリスマス・年末シーズンのリンベリィは新作の「The Mad Hatter's Tea Party」。

http://www.roh.org.uk/productions/the-mad-hatters-tea-party-by-various

ZooNation burst onto the stage with their family Christmas show, a wonderfully wacky take on the madcap characters of Lewis Carroll's Alice's Adventures in Wonderland.

物語
Young psychotherapist Ernest has just started his first job, at the Institution for Extremely Normal Behaviour. He's assigned to the patients in West Wing Ward W – all of whom claim to come from a place called Wonderland. Ernest disrupts the ward's never-ending tea party to insist on a 'T for Therapy’ party, which no one may leave until they're all properly normal.

But slowly and surely, as the tea party goes on, Ernest seems to become more and more like the inmates he is meant to be treating.


バックグラウンド
ZooNation creates irresistible narrative hip hop dance theatre and has won nationwide acclaim with its hugely popular shows, including Into the Hoods and Some Like it Hip Hop. Playfully drawing on everything from Shakespeare to Sondheim, Artistic Director Kate Prince and her company present brilliantly exuberant dance adventures overflowing with energy and wit.

Their new family Christmas show, The Mad Hatter's Tea Party, taps into the heady nonsense of Lewis Carroll's much-loved world in an interactive show perfect for all the family. ZooNation brings together regular collaborators Ben Stones, with his innovative set designs, and the musical team Josh Cohen and DJ Walde.


 レヴューはほとんどが星三つ。理由は、前半の構成が緩い。「不思議の国のアリス」の主要キャラクターを、イングランド北部のある精神関連の施設で暮らしているという設定は予想していたより面白かった。多重人格っぽいアリスとか、ウサギはOCDに苦しみ(家族向けなんだから、子供がOCDなんて知っているわけないじゃん)、チェシャ猫はかなり深く境界線。ダンサー達の熱演で楽しめたのだが、他方、説明的要素をくどいとも感じた。

 後半は踊りの連続で、それはそれで普段は縁の少ないヒップ・ホップ・ダンスの技に目を奪われたが、僕の趣味ではないことも確認。まず、身体能力の凄まじさには驚くが、美しいとは感じられない。見ていて感じたのは、ヒップ・ホップ・ダンスってどこか、おもちゃを買って欲しいとだだをこねまくる子供の姿に重なる。
 もう一つ、後半の舞台設定。ティー・パーティーの設定で、ダンサー達は長い長方形のテイブルの上で代わる代わる踊る。この「テイブルの上で延々と踊る」というのが、僕の狭いかもしれない道徳観に引っかかってしまった。

 会場は大いに盛り上がった。ズーネイションはサドラーズの公演で知名度を上げたこともあるし、また、ロイヤル・バレエ本体が「アリス」を上演している相乗効果もあったのだろう、早々に完売。しかし、ほぼ毎日のようにリターンがでているようなので、興味のある方は、こまめに確認。

 イギリス時間、12月18日午後6時50分から、舞台の様子がロイヤル・オペラ・ハウスのウェブ、もしくはYTのアカウントでライヴで観ることができる。

The Mad Hatter’s Tea Party to be live streamed for free on 18 December 2014
http://www.roh.org.uk/news/the-mad-hatters-tea-party-to-be-live-streamed-for-free-on-18-december-2014

 今回も感じたことだが、リンベリィは様々な試みを観る側が楽しめる本当に面白い劇場空間。幸運にも最前列をリターンで購入できたので、ネガティヴなことを書き連ねたが、目の前で繰り広げられるダンサーの踊りを文字通り手を伸ばせば触れられる距離で観られたのは楽しかった。

 願いもむなしくと書いたのは、ウィリアム・タケットの作品が戻って来て欲しかった。これの再演を熱望しているのだけど。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-969.html

Max Emanuel Cenčić@ウィグモア・ホール

2014.12.17
スクリーンショット 2014-12-17 15.00.54
(2014年12月12日、ウィグモア・ホール)

生で聴いたことの無いカウンターテノールはたくさんいる。中でも、歌唱が既に落ち始めているとの情報を聞いていたマックス・エマニュエル・チェンチッチは聴いてみたかった。

Max Emanuel Cenčić & & Il Pomo d’Oro@Wigmore Hall
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157649736051175/

Performers
Max Emanuel Cencic: countertenor

Il Pomo d’Oro

Riccardo Minasi: director, violin

Programme
Vivaldi
Concerto in C for violin RV181a

Albinoni
Pianta bella from Il nascimento dell’Aurora

Caldara
Barbaro, non comprendo from Adriano in Siria

Brescianello
Sinfonia in F Op. 1 No. 5

Gasparini
Dolce mio ben from Flavio Anicio Olibrio

Vivaldi
Mi vuoi tradir from La verità in cimento

Galuppi
Concerto a quattro No. 1 in G minor

Porta
Mormorando quelle fronde from La Costanza Combattuta in Amore

Giacomelli
Sposa, non mi conosci from La Merope


Vivaldi
Concerto in E minor for violin RV277 Il favorito
A piedi miei svenato from Argippo
Anche in mezzo aperigliosa from L’odio vinto dalla constanza

About this concert
Max Emanuel Cencic, recognised worldwide as one of today’s greatest countertenors, has developed the power of expression and technique required to project the spectacular virtuosity of Baroque opera.

The Croatian-born artist began singing with the Vienna Boys’ Choir and launched his solo career as a male soprano in the early 1990s. Since converting to countertenor, Cencic has delivered breathtaking performances of everything from Handel heroes to works by Hasse, Vinci and Vivaldi. His entrepreneurial work to revive rarely heard operas has attracted critical acclaim and a major new recording deal with Decca.

Cencic and Il Pomo d’Oro come to Wigmore Hall, fresh from their recent concert tour of Handel’s Tamerlano, with a programme of early 18th-century operatic showpieces and instrumental works.

(演目の青字が、チェンチッチが歌ったアリア)

 ステイジの照度を一人で5倍以上も高めたジャケットの衝撃が去り、チェンチッチの歌唱に神経を向ける。歌唱は、巧い。コロラチューラはファジョーリの軽やかさ、超絶さには及ばないが、歌われている内容にあわせての場に高揚感をもたらすのは熟練の域だと感じた。

 が、僕にとって一番の問題は、チェンチッチの声に魅力が感じられなかった。巧いのだが、その歌唱を更に高める声の個性がファジョーリやバルトリ、歌い方やアプローチは全く違うが、イギリス人カウンターテノールのイェスティン・デイヴィースの声をひときわ輝かせている煌めきに欠ける。

 そんなことをぶつくさ言いつつも、やはり、普段聴く機会の少ないタイプの歌唱を直接耳にできるのは楽しい。チェンチッチも聴衆の興奮ぶりが嬉しかったようだ。アンコールは、最近発売(か録音)したのがハッセのオペラだからだろう、ハッセのアリアを2曲。これがまた結構難曲にもかかわらず、力強い歌唱で会場も大興奮。どうやらウィグモア・ホールでのデビューだったらしいので、この成功の余韻が消える前に再び来て欲しい。
 
 ブログ仲間による、カウンターテノールの衣装比較。
http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-11964282409.html

Songs    Comment(0)   ↑Top

Christoph and Julian Prégardien with Michael Gees@Wigmore Hall

2014.12.17
スクリーンショット 2014-12-17 14.08.24
(2014年11月27日、ウィグモア・ホール)

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157649093819240/

11月27日に、ウィグモア・ホールでドイツ人テノール、クリストフ・プレがルディャンと彼の息子、ユリアンによる二人のテノールによるリートのリサイタル。

Father and Son
http://www.wigmore-hall.org.uk/whats-on/productions/christoph-pregardien-tenor-julian-pregardien-tenor-michael-gees-piano-35907

Performers
Christoph Prégardien:tenor

Julian Prégardien:tenor

Michael Gees:piano

Programme
Mozart

Sehnsucht nach dem Frühlinge
Abendempfindung
Komm, liebe Zither, komm
An Chloe

Beethoven

Der Kuss
Neue Liebe, neues Leben

Silcher

Ännchen von Tharau ist, die mir gefällt
Frisch gesungen

Schubert

Zum Rundtanz
Die Nacht
Des Fischers Liebesglück
Auf dem Wasser zu singen
Meeres Stille
Der Zwerg

Brahms

Die Sonne scheint nicht mehr
In stiller Nacht
Erlaube mir, Feins Mädchen
Da unten im Tale

Silcher

O wie herbe ist das Scheiden
Die Loreley

Schubert

Erlkönig
Wandrers Nachtlied II
Nähe des Geliebten
Widerspruch
Im Frühling
Licht und Liebe
Nacht und Träume

About this concert

Father and son, Christoph and Julian Prégardien, share the stage for a recital rooted in the romantic realms of folksong, legend and love.

Their programme, featuring many songs specially arranged for two voices, includes four works by Friedrich Silcher, a near contemporary of Schubert who was celebrated during his lifetime as a Lieder composer and collector of German folksong.


 この企画、数年前に欧州を回っていた。また、エジンバラの国際フェスティヴァルでも催されたが、ロンドンには来てくれないのかとすっかり諦めていたら、ウィグモア・ホールで。

 一曲をパート毎にわけて歌う曲が大半で、ソロで歌われたのは2、3曲だった。テノール二人でどのように歌うのか興味津々だった。アレンジはどうやら高めのパートを若いユリアン、ハイ・バリトンのようなパートを父親が歌うという印象。だからか、プレガルディャン父の方は今でもとても潤いのある中音部分が素晴らしく聞き惚れた。いつも思うことだが、ディクションも素晴らしかった。

 息子の方は若いだけあって高音域は父親よりもずっと自然に歌っていた。ただ、所々、力任せのような発声もあった。それに、ディクションは父親のレヴェルに到達するにはまだまだという印象。

 曲は通常のリートに加えて、ドイツの民衆歌曲も数曲。中でも面白く感じたのは、「ローレライ」。大昔、高校生の頃に音楽の授業で歌わされた「ローレライ」とは、当然だが次元の違う響き。リートも良いけど、このような曲をもっと聴きたい。

2003年、ヴァルトラウト・マイヤーのリサイタル

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-230.html

 「父と息子」というタイトルだからあると思っていたし期待していたのが、「魔王」。当夜歌われたシューベルト、そしてレーヴェによる「魔王」をこれまでにプレガルディャン父のリサイタルでは何度か聴いて来たし、その都度彼の豊かな表現力に惹き込まれた。
 
 これを、実の父と息子が歌い分けるとどうなるのかと。詩がもたらす緊張感は二人による歌い分けでちょっと落ちたかなというのが正直な感想。しかしながら、同じテノールとはいえ、声質の違いがもたらすドラマ性は素晴らしかった。


https://www.youtube.com/watch?v=Un8Uowdfx-Q

 終演後、舞台裏のグリーン・ルームでサイン会。この企画の元になっているCDは購入済み。二人にサインをしてもらってからプレガルディャン父に二つ質問。

 2015年3月、4月に彼の新しい挑戦、「マタイ受難曲」が欧州各地で上演される。が、イギリス国内での予定は無い。

http://www.pregardien.com/en/

 イギリス、少なくともロンドンでの予定は無いのかを尋ねての答えは、「残念だけど、イギリス国内ではない。この企画は僕たち独自のものだから、劇場の予算から援助を受けなければできない。イギリスでは予算が取れなかったんだ」。ウィグモア・ホールでは規模が小さいから無理だが、サウスバンクとかバービカンに動いて欲しい。

 落胆を隠せず、でも二つ目の質問は、「日本には行くんですか?」。「行くよ、来年の5月トッパン・ホールで歌うよ」。

http://www.toppanhall.com/dll/201505131900.pdf

 ふた晩、そして内容を見て吃驚。聴きに帰りたいほど。良いな、「冬の旅」なんてもう聴きたくないから、来年初夏のウィグモアでのリサイタルはこれにして欲しいぞ。チケットは、日本時間2014年12月18日に発売。

 話し終わって出口に向かうと、ウィグモアの支配人、ギルフーリ氏がいたので、彼にも質問。

 「9月のフランコ・ファジョーリのリサイタル(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2322.html)、素晴らしかったですね。再び彼を呼んで欲しいんですが」。
 
 「来シーズン(2015/16)に来てもらおうと交渉中。ロイヤル・オペラでは実力に合う役ではなかったから、本当に残念だったよ」。

 「他のカウンターテノールは?例えば、サバドゥスとかは?」。

 「よいカウンターテノールがたくさんいてブッキングが大変だけど、サバドゥスは近いうちに是非にと思っているんだ」。

 「最後。バルトリが来ることは?」。

 「Well, we need to think about her fee......」。

 ヨナス・カウフマンのチケットが£100−でも売り切れるなら、バルトリのチケットが£100−でも問題ないと思うのだが。

英国美術の英国らしさ―芸術地理学の試み

2014.12.17
hirukawa.jpg

初夏に、ロンドンに来られた蛭川先生が最終段階と仰っていた本が出版されていた。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2245.html

英国美術の英国らしさ―芸術地理学の試み
http://webshop.kenkyusha.co.jp/book/978-4-327-37737-3.html

 決して出来の良い学生ではなかったので、ニコラウス・ペヴスナーの名を全く知らなかった。地方行政の文化活動のコンサルタントしているイギリス人の友人にそのことを言ったら、呆れられたのでイギリス文化を知る上では知っておいて当たり前の人らしい。

 安価な価格ではないが、イギリス文化の背景を知るにはよい文献だろうと思う。

Books    Comment(0)   ↑Top

プリンス・ジョージの公式クリスマス写真

2014.12.14
来年3月に日本(と中国)を訪問するらしいウィリアム王子の第一子、ジョージ王子のクリスマス公式写真が公開された。写真はイギリス王室のウェブから無断拝借。

PG1.jpg

PG2.jpg

 生まれついて、人々を魅了する術を心得ているような自然な笑顔。そして、このような写真を公式に発表するとういことは、イギリス王室自体、どのように生き残って行くか、また彼ら自身が「イギリス」というブランドをどのように世界に売り込んで行くかをしっかり理解しているのだろうと思う。

Prince George Christmas pictures released
http://www.bbc.co.uk/news/uk-30464090

Prince George given classic look in his official Christmas 2014 photographs
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/prince-george/11292291/Prince-George-given-classic-look-in-his-official-Christmas-2014-photographs.html

Prince George photographs released by Duke and Duchess of Cambridge
http://www.theguardian.com/uk-news/2014/dec/14/prince-george-christmas-photos


 在日イギリス大使館が、ウィリアム王子に日本のどこを訪れて欲しいかの意見を募集しているらしい。僕は、是非、広島か長崎を訪れて欲しい。

Charity does not start at home in Japan:厚遇されるアメリカ軍人、無視される日本人

2014.12.13
今日、友人から届いた怒りのメイルは、在日アメリカ軍人の同性婚の配偶者は、ヴィザなしで日本に入国できるようになっているという事実。

スクリーンショット 2014-12-13 21.39.52

 友人が教えてくれくれた情報ソースは個人のサイトだったので、検索してみて見つかったのが上記のライヴドアのニュース(http://blog.livedoor.jp/akira_nakamura1120/archives/36010409.html)。この情報元の読売のリンクは既に検索できなくなっている。何故だろう?圧力?自主規制?

 日本国内では同性婚を認めていない、性的少数の人々のことは何も考えていないらしい自民党は、どうしてアメリカ軍人の同性婚の配偶者をこれほどまでに厚遇するのだろう?

 この件だけではない。日本国内に住む日本人で、行政が援助すべき、しなければならない人々への援助は全く進まない状況で、どうして?アメリカ軍だからか?

 個人的に、絶対に使いたくない表現だったのだが、戦後70年になろうとして、日本はまだアメリカ「軍」に隷属しているのか?

 大寒波で投票所に行く為に外出するのはとても寒いかもしれないですが、このような国による日本人への不平等をなくす為に、投票しましょう。

ガーディアンが、日本国内からの意見を求めています

2014.12.11
ガーディアン紙が、衆院議員選挙について、日本からの意見を求めている。イギリス時間、12月11日午後11時59分(日本時間、12月12日午前8時59分)までのようなので、意見がある方は早めに。

What's the mood in Japan ahead of the election?
http://www.theguardian.com/world/2014/dec/08/whats-the-mood-in-japan-ahead-of-the-election

Japan goes to the polls on Sunday, in a snap election called by the prime minister Shinzo Abe. His Liberal Democratic Party (LDP) are unlikely to lose the election, and instead the question is whether the LDP will increase its number of seats to help increase its mandate for the economic reforms introduced under Abe since 2012.

A surprise fall into recession prompted the snap election. It is being framed - not least by the prime minister himself - as a referendum on “Abenomics”, the premier’s flagship economic policies of fiscal stimulus, monetary easing and structural reform. “It’s an election that is asking voters whether to continue with Abenomics, or to put a stop to it,” he said.

While it may be the economy, stupid, there are other issues bubbling under the surface, from Japan’s pacifist constitution to the future of the country’s nuclear power generation plants. Which is why we’re looking to you to help us build a picture of the country ahead of this surprise election. Where in Japan do you live, and what’s the mood there? Will you be voting in the election? What do you think are the main issues facing Japan, and do you feel optimistic about the country’s future?

You can share your accounts via GuardianWitness by clicking on the blue banner below, or if you prefer, you can email me at james.walsh@theguardian.com.

衆議院総選挙に向けて国内のムードは?

今月14日に安部首相の発表した衆議院総選挙の投開票が行われます。日本に住んでいる方、投票に行く予定の方、あなたの意見と国内のムードについて、是非私たちに聞かせてください。


What's the mood in Japan ahead of the election?
https://witness.theguardian.com/assignment/547ee9dfe4b042c2da5b0f07

Shinzo Abe has called a snap election for 14th December. Live in Japan? Planning to vote? Let us know your thoughts and tell us the mood in the country.

衆議院総選挙に向けて国内のムードは?今月14日に安部首相の発表した衆議院総選挙の投開票が行われます。日本に住んでいる方、投票に行く予定の方、あなたの意見と国内のムードについて、是非私たちに聞かせてください。

While it may be the economy, stupid, there are other issues bubbling under the surface, from Japan’s pacifist constitution to the future of the country’s nuclear power generation plants. Which is why we’re looking to you to help us build a picture of the country ahead of this surprise election. Where in Japan do you live, and what’s the mood there? Will you be voting in the election? What do you think are the main issues facing Japan, and do you feel optimistic about the country’s future?


日本共産党と議案提案権

2014.12.11
なんだか、ロンドン発のブログのポストのタイトルとしては異質だなと思いつつ。

 ネットで、昨年の参院議員選で議席を増やした日本共産党が、議員が増えたことにより議案提案権を獲得して、それを行使しているという情報を読んだ。それなら、「しんぶん赤旗」で活動を伝える記事があるかもと思い、メイルで問い合わせた。

 届いた返信によると、

残念ながら、お求めのようなウェブは今現在特に見当たりません。

せっかくメールを頂戴いたしましたので、せめて、下記「しんぶん赤旗」記事をご紹介申し上げます。

「2014年1月25日(土)

日本共産党国会議員団 ブラック企業規制法案を再提出 議案提案権活用

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-25/2014012501_04_1.html

寒くなってまいりましたが、お体をくれぐれも大切になさってください。ありがとうございました。

 議案提案権を獲得して、どれだけの議案を提案して来たのかの数が欲しかったので、つめが甘いとは思う。でも、「しんぶん赤旗」を日常で読む機会がある人なんてそんなに多くはないだろうから、記事を転載。

日本共産党国会議員団は24日、若者らを過酷な労働に追い立て、使い捨てる“ブラック企業”をなくすため、「ブラック企業規制法案」を参院に再提出しました。昨年の臨時国会で廃案になったため。

 昨年の参院選で躍進して得た議案提案権を活用しました。臨時国会と同様、開会日の冒頭に提出しました。

 法案は▽長時間労働の是正▽離職者数の公表など情報公開▽パワハラをやめさせるの3本柱です。政府は来年度から新卒者の離職率を公表するなど、法案の一部が実現しました。

 ブラック企業・雇用問題対策チームの山下芳生責任者・書記局長は「さらに世論と運動、国会論戦を強め、全面的な実現へ奮闘したい」と話しています。


 自分の一票では何も変わらないと思っている人へ。数の力でつぶされようとも、その迷っている一票が、国政に変化をもたらせることはあるはず。声を上げなければ、変わらない。

投票しよう、政治を変えよう:仙台からの声

2014.12.11
もう、10年くらい前になるのかな。当時、あるバレエ掲示板上で知り合った方が仙台にいる。直接会ったことは無いし、実はとても長い間この方のブログにアクセスしたことは無かった。同じ掲示板で知り合った友人から、この方の最近のポストを教えてもらい、友人経由でポストの転載を快諾してもらったので紹介。

12/5
総選挙に行きましょ〜。自民党候補を落としましょ〜。安倍さんに辞めてもらいましょ〜。

http://balletmoon.seesaa.net/article/410149109.html

昨日の新聞見て驚いてしまったわよ。
「自民 300議席超す勢い」と書いてある。

特定秘密保護法の,解釈改憲の,集団的自衛権の,武器輸出推進の,貧富の差拡大の,生活保護切下げの,実質賃金16か月連続低下の,「世界で一番企業が活動しやすい国」の,「TPP断固反対」が選挙公約だったのに政権取ったらTPP推進の,派遣法改悪推進の,残業代ゼロ法案準備中の,年金資金で株投資の,避難計画なしの川内原発再稼働の,原発輸出推進の,沖縄県知事選の結果無視で辺野古に基地建設推進の,「アンダーコントロール」の東京オリンピック関連工事で被災地の復興工事遅れまくりの,原発被害への補償遅延の,道徳教育教科化の,ヘイトスピーチ団体と仲良し議員続出の,「政治とカネ」問題の大臣続出の,ヘイトスピーチ規制検討に便乗してデモ規制企図の,NHKにお友達送り込みの,マスコミ幹部を懐柔するため美食三昧の,批判的マスコミ恫喝の,輸出企業だけ大幅増収の,円安倒産過去最高の,食料品値上がりの,3年後には消費税再増税の,あの自民党が300議席って?!?!?!?


記事の中身を見たら,投票先未定の人が半分以上だそうで,ちょっと安心しましたが,でも,未定の人が棄権したり白票入れたりしたら,ほんとに自民300議席になっちゃうということですよねえ。きゃあ,怖い。

何されるかわかんないですよ。
公約にないことだって「選挙で信任された」って言って,やっちゃいますよ,きっと


ということで,皆さんに呼びかけたいと思います。
1 投票に行きましょ~。
2 安倍政権に賛成でない方は,小選挙区の立候補者のうち,自民党以外で一番票が取れそうな人に投票しましょ~。
3 比例代表については,一番良い(悪くない)と思う政党に入れましょ~。
4 白票はダメですよ~。無効票になるだけで,全然役に立ちません~。

与野党逆転とか与野党伯仲にならなくたって,自民党の議席が大きく減れば,党内で「安倍おろし」が始まるはず。次が誰かはわかりませんが,誰が総理になったって,安倍さんよりはマシなんじゃね?
・・・と私は思いますです。


バレエと関係ない話で恐縮ですが・・・でも,
円安だと,海外のバレエ団やダンサーにに支払う払うお金(円)が多くなるよね? その分チケットが高くなるんじゃない? 海外遠征にかかるお金も増えるよね?
非正規雇用がますます増えて,決して安くないチケットを買える人が減ったら,バレエ公演自体が成り立たなくなるかもしれないじゃない?
自衛隊が中東で戦闘する羽目に陥って,その結果,日本でテロが起きたり,海外で日本人が誘拐されたりするかもしれないじゃない?

というようなわけで,安倍政権が続くことだけは,止めなくっちゃ,と思うのでした。
皆さん,よろしく~。



12/10
総選挙に際して,もう一度。(被災地から言いたいこと。)

http://balletmoon.seesaa.net/article/410429589.html

私の安倍内閣に対する評価は,↑に書いたとおりで,さらに言えば,立憲主義はもちろん民主主義もわかっていないトンデモな人だと思っています。
でも,まあ,その辺はおいといて,東日本大震災の被災地(の近く)に住む者として,これだけは言いたい。

アベノミクスの「第2の矢」のせいで,復興が遅れているのです
「第2の矢」は「財政出動」ですが,要するに公共工事。

ただでさえ,震災後の復興需要で,建築資材が値上がりし,技術者・技能者が人手不足になっているところに,10兆円だかの不要不急の公共工事が全国で行われることになったため,資材はますます高騰し,人手はますます不足し・人件費も上がり・・・個人が大工さんを頼もうとしても来てもらえない,役所が復興工事をしようと入札をしても,業者が応募してこない,等々。

おかげで,自力で住宅を再建するつもりだったのに心づもりしていた資金では足りなくて諦めた方も多いようですし,復興公営住宅の建築もどんどん遅れました。震災から4年近く経つのに,未だに仮設住宅で暮らしている方がたくさんいらっしゃいます

病院や福祉施設の再建も大変です。
例えば,津波被害で閉鎖中の石巻市立病院は,再来年再開予定だったのですが,設計段階では74億円で建設できる見込みだったのが,建設費高騰で140億円が必要に。再建資金は国の復興交付金なのだそうですが,国はどういうわけか当初の予定額しか出してくれないそうで・・・。NPOが運営している小さなグループホームなんかはもっと大変。

全くとんでもない話です。(10兆円もバラマキするなら,格差是正とか子どもの教育とか福祉とかに使えばいいのに,なぜ復興の邪魔をする??? つーか,そのお金があるなら,消費税上げなくてもよかったんじゃ???
もし選挙後も安倍内閣が続けば,消費税を上げた結果景気がイマイチだから再度第二の矢を,とか言いかねない。ますます,復興が遅れかねない。

というわけで,再度書きます。
1 投票に行きましょう。
2 安倍政権に賛成でない方は,小選挙区の立候補者のうち,自民党以外で一番票が取れそうな人に投票しましょう。
3 比例代表については,一番良い(悪くない)と思う政党に入れましょう。
4 白票はダメです。無効票になるだけで,全然役に立ちません。

是非ご検討ください。



 このような意見があることを、投票しても何も変わらないとか、棄権・白票をしようとしている人に考えて欲しい。投票とは自分の意見を反映すること。同時に、その一票が、同じ国の別の地域で暮らす人々の生活にも何らかの動きをもたらす。

 投票に行ってください。

ガーディアンの編集主幹、2015年夏に退任

2014.12.10
というメイルが、ちょっと前に送られて来た。

Dear Members,

I wanted you, as a Founding Member, to be among the first to know. Next summer I will be stepping down as editor-in-chief of the Guardian before succeeding Liz Forgan as Chair of The Scott Trust when she reaches the end of her term in 2016.

In February I’ll have been editor for 20 years. It’s been quite an extraordinary period in the life of the Guardian. When I assumed the editorship in 1995, the team at the Guardian was debating whether we should switch to using colour photography in the paper. (There were quite a few distinguished voices believing black and white was the proper métier for news.) Today we are doing our journalism in words, (colour!) pictures, video, data, animation, audio; on mobile and other platforms and in social … and every possible combination of the above.

The past two decades have been marked out by wonderful Guardian writing, photography, innovation and editing. There have been gruelling court battles, dogged campaigns and tough investigations. The Guardian – always the outsider – has won a global reputation for its willingness to fight for the right causes.

Each editor is told – this is literally the only instruction – to carry the Guardian on “as heretofore”. That means understanding the spirit, culture and purpose of the paper and interpreting it for the present. All that is only possible because of the unique Scott Trust, set up in 1936 to ensure the Guardian survives in perpetuity.

Since 1936 the Trust has always appointed a Chair from within – in every case a member of the Scott family or a former Guardian journalist or editor. I’ve felt very lucky to have Hugo Young and Liz Forgan beside me and/or guarding my back. The Trust is one of the most important liberal institutions in the world and I was very honoured to be asked to succeed Liz as Chair when she steps down in 2016.

The Guardian is a team and the strongest of communities – one which includes our readers and members. I know our journalism – and our “perpetuity” – will be in the best possible hands.

Yours faithfully,

Alan Rusbridger,
Editor-in-chief

イギリス国内の深刻な貧困層は、料理したくてもできないんだ!

2014.12.10
日本では、どうやらロイターだけが報道した、イギリス国内で利用者が急増しているフードバンクについての、政治家の失言。

「料理下手」が貧困層の栄養不足の原因、英貴族院議員発言に波紋
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0JN0C020141209

[ロンドン 8日 ロイター] - 故サッチャー英元首相と懇意だった上院(貴族院)のアン・ジェンキン議員が、同国の貧困層の一部が栄養のある食事を取れていないのは、料理のスキルがないことも原因になっていると指摘し、物議を醸している。

上院は、食料支援の必要性に関する「飢えと食料貧困」と題した報告書を8日に公表。ジェンキン議員はこの際の講演で発言した。同議員は「バロネス」(女性に与えられる男爵位)の位を授けられている。

議員は「料理のスキルの多くが失なわれた。貧しい人々は、料理の仕方を知らない」と発言。

また議員は「私はきょう、ボウル1杯分のポリッジ(えん麦などで作る簡単な粥)を食べたが、4ペンス(約8円)しかかからなかった。一方、砂糖が大量にかかったシリアルは1杯25ペンスもする」と述べた。

ジェンキン議員はのちに、BBCラジオで「失言だった。うかつにも即興で話してしまった」と述べ、「料理のスキルをなくしたというのは社会全体に言えることで、料理ができるようになれば食費は大幅に安上がりになる」と弁明した。

英国では、低所得者などに食料を提供するフードバンクの必要性がますます高まっている。調査によると、慈善団体「トラッセル・トラスト」から2013―14年に緊急食料支援を受けた人は91万3138人となり、2011―12年の7倍に急増した。


 まずロイターに言いたいことは、この深刻な話題を「海外こぼれ話」でくくるのは適切ではない。イギリスの政治家の失言とはいえ、この失言は日本の貧困層を無視している現政権の雰囲気に通じるものがあると感じるから。

 失言をしたバロネスは、自宅で作るポリッジの方が安くできるという。しかしながら、貧困層の多くはガスや電気を止められているから調理をできない状況に追い込まれいるということを、英国国教会主導の貧困層の実態調査にかかわりながら、この方はその実態を知らないのだろう。以下のガーディアンの記事の中程に、俳優が限られた食材でもきちんと調理できることを示そうと悪戦苦闘する映像がある。日本で観られるかどうか判らないが、食材を暖めようとして火が使えないことを理解できない俳優の表情は、貧困に追い込まれている人たちの状況を知る機会の少なさを伝える。

Tory peer says poor people go hungry because they do not know how to cook
http://www.theguardian.com/society/2014/dec/08/tory-peer-apologises-poor-hungry-do-not-know-cook

 この政治家の弁明にはうなずける部分がある。確かに、世代毎に受け継がれて来たであろう料理の方法や調理する楽しさが若い世代に引き継がれていない。しかし、イギリスの貧困の本質の一つは、家庭で調理したくても、その方が結果的に生活をいっそう困難な方向に追いやることになる。食材を購入できる予算があったとしても、それを調理し、保存するにはガスや電気が必要。それらを払える前に、収入の半分以上は家賃の支払いに充てられ、食材をなんとか購入できても、調理できる方法が奪われている。にもかかわらず、政治家は貧困層は調理のスキルが無いからフードバンクに行っていると主張する。

 イギリスで貧困層がどんどん追いやられている状況の一つは、様々な生活保護支給の基準が強化され、一つでもその基準を満たさないと、それまで支給されていた生活保護が即座に止められ、再支給されるまでに何ヶ月も待たされる。その間に生活資金が底をつき、金利が信じられないほど高い、「ペイデイ・ローン」を利用しなければならなくなる。そして、減額されて数ヶ月後にやっと支給された生活保護でその暴力的な金利を払う、という悪循環に陥る人が激増している。

 今回ロイターが報道した失言の大本のレポートは、アングリカン・チャーチのトップ、カンタベリィ大司教の肝いり。

State must back food banks, says Welby: Archbishop of Canterbury steps into austerity row with radical report
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2863784/State-food-banks-says-Welby-Archbishop-Canterbury-steps-austerity-row-radical-report.html

 メイル・オン・サンディを選択したのは賢明。というのも、日曜新聞紙の中ではダントツの販売部数を誇るから。大司教は、彼の最近のアフリカ訪問と比べて、イギリス国内の貧困層の存在がどれほど彼にとって予想していなかった衝撃だったかを述べている。このレポートを受けてなお、キャメロン政権は、フードバンクは民間の活動であって、フードバンク利用者が激増しているのは、政府が責任を負うことではないという。内容は全く違うが、日本国内のセクシャル・マイノリティの人権に対して何もすることは無いと言い放つ自民党と同じ。

Tories seek to avert rift with Church of England over food bank report
http://www.theguardian.com/uk-news/2014/dec/08/tories-avert-rift-church-food-bank-report

Archbishop of Canterbury: my shock at Britain’s food banks
http://www.theguardian.com/uk-news/2014/dec/07/archbishop-of-canterbury-my-shock-at-britains-food-banks

‘Confront simple fact hunger stalks Britain’ urges church-funded report
http://www.theguardian.com/society/2014/dec/08/welfare-confront-simple-fact-hunger-stalks-britain-church-report

Inquiry into Hunger and Food Poverty in Britain
http://foodpovertyinquiry.org/

 貧困層は調理の技術が無いというが、その技術を習得する術と場が無い。それらを提供することで貧困層の啓蒙を図るのが政府であろうに、そのようなことは全くせずに、なりふり構わずに「この基準を満たさなかったから生活保護を止めます」というのは、貧困層をなくす意志があるとは思えない。

 ヨーロッパの西の小さな国だけの問題ではない。日本も同じ。

夕食は「おにぎりパーティー」 子どもの貧困6人に1人
http://www.asahi.com/articles/ASGD87FFTGD8ULFA03K.html

母子世帯(No.517) 働いても貧困 世界に例なく
http://www.tokyo-np.co.jp/article/seikatuzukan/2014/CK2014101502000195.html

Poverty takes on a new look in today’s Japan
http://www.japantimes.co.jp/news/2014/12/06/national/media-national/poverty-takes-new-look-todays-japan/#.VIiI4ie6paU

 貧困に喘ぐ人は、日本でもイギリスでも自ら進んでその状況になった訳ではない。最大の原因は、失政。

 日本の宗教界に言いたいこと。政教分離はもちろん原則。しかしながら、この状況で人々を援助できなくて、あなた達の存在意義はなんですか?、と。

 最初の失言に戻ると。女性議員は自ら、言葉の選択を間違ったことに気づいたようだが、ハウス・オブ・ローズが如何に一般市民の生活からかけ離れているかを如実に示す報道。

Champagne wars in the Lords as peers say no to a cheaper vintage
http://www.theguardian.com/politics/2014/dec/07/champagne-house-of-lords-reform-taxpayer

 下院のケイタリング・サーヴィスと統合することを貴族院が拒否したのは、下院のシャンペンの方が安いからとの内部情報。選挙で選ばれてもいない人たちが、どうして税金でシャンペンを飲め、そしてその善し悪しを勝手に決められるのか?

シルヴィ・ギエムへのインタヴュー、タイムズ紙

2014.12.05
DSC02417.jpg
(2014年12月5日付け、タイムズ)

このポスターは、2004年1月、2月にシルヴィ・ギエムカルロス・アコスタとバランシーンの「放蕩息子」を踊った時のもの。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-255.html

 この画像、ネットでは簡単に見つけられると想像するが、ポスターはもはやロイヤル・オペラ・ハウスのショップでは購入できないはずだから、タイムズもあこぎだなとちょっと思った。もちろん、持っている。どこかの新聞のインタヴューで、これを機にアコスタともっと踊る機会が増えるようにしたいのだけど云々の発言をしていたが、結局、これが最初(なのかどうか?!)で最後になったようだ。

 インタヴューをしたタイムズのバレエ・クリティクが書いているように、「セイクレッド・モンスターズ」でのギエムは踊ることを彼女自身がとても楽しんでいたように、僕も感じた。言い換えれば、引退に向けてのこれからの1年、ギエムは既にプロセスを始めているのかなと。

Sylvie Guillem and Akram Khan in Sacred Monsters – in pictures
http://www.theguardian.com/stage/gallery/2014/nov/26/sylvie-guillem-akram-khan-sacred-monsters-in-pictures

 来年5月のサドラーズ公演、本当に待ち遠しい。

母乳の授乳は、どうしてこんなに受け入れられないのだろう?:ロンドンの高級ホテルの対応

2014.12.03
利用したことはもちろん無いが、ロンドンに、クラリッジズという高級ホテルがあるのは知っている。そこのティー・ルームで家族とアフタヌーン・ティーを楽しむつもりでいた母親が、生後12週間の乳児にプレストフィーディングを始めた所、ホテル側からナプキンで隠して欲しいと言われたことが、全国紙のニュースになった。

Claridge’s hotel criticised after telling breastfeeding woman to cover up
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2014/dec/02/claridges-hotel-breastfeeding-woman-cover-up

The Claridge’s breastfeeding incident is absurd – I refuse to be offended
http://www.theguardian.com/commentisfree/2014/dec/02/claridges-breastfeeding-babies

Claridge's says it welcomes breastfeeding after 'shroud' tweet
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-30298382

 公の場での母乳の授乳については、日本でも話題になっていることは知っている。自分の意見を書き込む前に、特に二つ目のリンク、デボラさんの記事を読んでみて欲しい。また、時間があるなら、ガーディアンの記事に寄せられたコメントも幾つか読んでみると、イギリスでの意見がどのようなものかの一端が判ると思う。

 イギリスでは、母乳の授乳をしている母親を差別してはならないという法律がある。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2339.html

 この点を知らない人がたくさんいることは、コメントを読んで明らか。その点を差し引いて、例えば生後12週間の乳児を高級ホテルのアフタヌーン・ティーに連れて来ることの是非、授乳できる場所に移動するべきだったのではなどいろいろな意見があると思う。今回のクラリッジズの対応は、苦情が来る前にと言うことだろうけど、ナプキンで隠そうとすることで余計に目だってしまったと思う。それと、広報の女性が、母乳の授乳を「allow」と言うのはとても高慢な印象を持つ。

 どうして母乳の授乳がこれほどまでに大きな話題になるのかが僕には全く判らない。デボラさんが書いているように、赤ん坊にとって母親の胸はミルクを摂取できる場所。赤ん坊にとって選択という意識は無い。
 
 もう一つ。トゥイッターの威力。会社としては利益をだしていないことが経済面のニュースになっていたが、本来ならとてもプライヴェイトな話題を、これほどの短時間に全国規模のニュースに拡大させてしまうのだから。

 これほどまでに母親と乳児の存在がいやがられる社会。どこで曲がり角を間違えたのか。

2012ロンドン・オリンピックの跡地が、文化施設の拠点に

2014.12.03
昨日は、もう一つアート関連の、熱いメイルがサドラーズ・ウェルズ・シアターから届いた。

As you may have heard, as part of the National Infrastructure Plan’s announcement today the government confirmed funding for the Culture and Education Quarter at the Queen Elizabeth Olympic Park in Stratford, east London, which our 600-seat theatre for contemporary dance is to be a part of.

We are delighted that the ‘Olympicopolis’ project has received this major support from the government. Our new, mid-scale space represents an essential development for the future of dance in the UK. It is a unique opportunity for us to establish a venue specifically designed to serve contemporary dance-makers and our growing audiences. It will allow us to attract leading choreographers creating work for the mid-scale; to expand the range of shows we can present, produce and tour; and to offer a different and more intimate experience for the public and bespoke facilities for artists. We will also be able to increase the number of artists we collaborate with and the number of people we engage in dance by nurturing new talent and tapping into the vibrant community living and working in the area. Our space will provide a creative hub for innovation and experimentation.

The development will be at the core of the fastest growing neighbourhoods in London and we are excited by the prospect of playing a part in the ambitious regeneration programme planned for Stratford by the Mayor of London and the London Legacy Development Corporation. Our aim is to act as a catalyst for creativity in the area and foster projects involving local schools, arts organisations including East London Dance, Stratford Circus and Theatre Royal Stratford East, and our neighbours on site. The latter include the Victoria and Albert Museum and the University of the Arts - with whom we will share the Stratford Waterfront site, University College London (UCL), who will build a new campus nearby, and Wayne McGregor l Random Dance, who will have a base and dance studios within a short walk from the Culture and Education Quarter.

Placing contemporary dance at the heart of what will be a new global cultural district will cement London’s position as the world’s greatest centre for dance and further enhance its status as a worldwide centre for creativity and cutting-edge collaborations among different art forms, design, science and technology. An international design competition for the scheme, which has attracted interest from architectural practices all over the world, closed at the end of last month. The design team selected to work on the project is likely to be announced in May 2015 and I will keep you updated as things develop.

I hope you will share our excitement at today’s good news. Thank you for your enthusiastic and continued support of Sadler’s Wells; we wouldn’t have got this far without you. Our bold vision for dance is, step-by-step, getting closer to being realised. I, and the whole Sadler’s Wells’ team, look forward to sharing this exciting journey with you over the next few years.


 サドラーズが中規模の劇場スペイスを探していると発表したのは昨年の11月。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2078.html

 一年で実現のめどがついたのは素晴らしいこと。新聞報道だとサドラーズの扱いが小さいので、ここまで熱くなるのは仕方ないか。

London Olympicopolis culture hub plan gets £141m funding
http://www.theguardian.com/uk-news/2014/dec/02/london-olympicopolis-culture-hub-stratford

2012 Olympic site to become hub for arts with £141m boost from Treasury
http://www.standard.co.uk/news/london/olympic-site-to-become-hub-for-the-arts-with-141m-boost-from-treasury-9897777.html

 サドラーズは、過去数年、観客増を牽引して来た何人かのアソシエイト・アーティストが歳を重ねる一方で、次に続く世代がいないことへの取り組みが遅れているのではとの批判がある。ギエムが来年引退し、アクラム・カーンとラッセル・マリファントは自身が舞台で踊ることを止める意志を強くしている。僕にとっては、この3人の活動がサドラーズから無くなると、かなりの痛手。そのような状況で、イングリッシュ・ナショナル・バレエとの連携を決めたのは、正解かな。まだ先だが、2016年、アクラム・カーン振り付けの「ジゼル」はとても楽しみ。

オードリィ・ヘップバーンの写真展、2015年夏にナショナル・ポートレイト・ギャラリィで

2014.12.03
A-Norman-Parkinson-photog-010.jpg
(ガーディアンから拝借)

 昨日、ナショナル・ポートレイト・ギャラリィ(NPG)から知らせが届いたので、今日の新聞でも掲載されるとは思っていたが、予想以上に詳しく報道されたのは、来年7月に、NPGで開かれるオードリィ・ヘップバーンの肖像写真展。

Audrey Hepburn back at scene of her big break – at National Portrait Gallery
http://www.theguardian.com/culture/2014/dec/02/audrey-hepburn-back-scene-big-break-national-portrait-gallery

 ヘップバーンは僕にとって「ローマの休日」だけなので、今回初めて彼女のキャリアがどのように始まったのかを知った。以下は、NPGのプレス・リリース。

http://www.npg.org.uk/whatson/hepburn/home.php

The fascinating life and career of celebrated film star, fashion icon and humanitarian, Audrey Hepburn, will be explored in a new photography exhibition opening at the National Portrait Gallery in July 2015, it was announced today (Tuesday 2 December 2014). Coinciding with the 65th anniversary of Hepburn’s little known career-changing performance at renowned West End night club Ciro’s, in the space now occupied by the Gallery’s public Archive, the exhibition will bring together a remarkable selection of both classic and rarely seen photographs of the successful British actress.

Audrey Hepburn: Portraits of an Icon, from 2 July until 18 October 2015, will follow Hepburn’s rise to fame, from her early years in Holland and as a dancer and chorus girl in London’s West End, to her becoming a stage and screen icon, culminating in her philanthropic work in later life. The exhibition will showcase rarely seen photographs from the collection of the Hepburn family along with iconic portraits of Hepburn by leading photographers of the twentieth century, including Richard Avedon, Cecil Beaton, Angus McBean, Irving Penn and Norman Parkinson.

Hepburn performed in revues at London’s leading nightclub Ciro’s, located on Orange Street and now the National Portrait Gallery’s public Archive and study room, in Cecil Landeau’s late-night production Petite Sauce Tartare in 1949 and Summer Nights in 1950. Hepburn's appearances at Ciro’s in her early twenties were some of the earliest in London and contributed towards the launch of her career, leading to her being talent spotted for a number of early British films including One Wild Oat (1951), Laughter in Paradise (1951) and Secret People (1952.)

Highlights from the exhibition will include family photographs of Hepburn practising ballet as a young woman, and examples of her early work in London as a fashion model for photographs by Antony Beauchamp, in addition to the highly successful Crookes Lacto-Calamine skin cream campaign, photographed by Angus McBean in 1950.


 NPGは立地はナショナル・ギャラリィの裏側、肖像画や写真が中心だから華々しい絵画の歴史だけを期待するとちょっと肩すかしかもしれない。しかし、イギリスの肖像画の歴史・伝統を学ぶにはここほど最良の場所は無いだろう。僕自身は、特別展のメディア向け内覧会で行くことの方が多いが、特別展もまたとても意欲に満ちている。ちなみに、ブログ仲間による最近の紹介。

http://blog.goo.ne.jp/bigupset39/e/4abaf9330aa091b5be222878bf46026b

 2012年のルシアン・フロイド展について。
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1558.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1763.html

 正直、僕はヘップバーンの人気がどれほどなのか皆目判らない。が、開催期間が来年の夏から初秋にかけてと言うのは、NPG側も多くの来館者を期待しているのではないかと思う。

「神」という幻想の為の殺生:ヒンドゥ、諏訪大社、ISIS(イスラム国)

2014.12.03
別に肉食をしなくても人間は生きているけど、肉食を否定する気は全く無い。一方で、記憶の片隅に、どこかの宗教が数年に一度、多くの家畜を宗教上の理由で無慈悲なやり方で殺戮するのは、今度はいつなのだろうといつも引っかかっていた。今年のようだ。

Nepal devotees sacrifice thousands of animals in Hindu ritual
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/nepal/11260264/Nepal-devotees-sacrifice-thousands-of-animals-in-Hindu-ritual.html

 50万頭にも及ぶ家畜や家禽が「宗教」の為に、生きたまま首を刎ねられて殺される。これはヒンドゥだから、だけではない。日本でも。

諏訪大社。蛙を捕まえて、生きたまま串刺しにする愚かな神事
http://blogs.yahoo.co.jp/yabukirenmanager010101/62183295.html

 引用したブログは今ではアクティヴではないようなので、興味のある人はコピペして欲しい。室町時代から続く「神事」だから、冬眠中の蛙を掘り起こして生きたまま串刺しにして、終わったら燃やしますって、ヒンドゥの「神」の為に50万頭の家畜を残虐な仕方で殺すことと何ら変わりが無い。規模が違う、と言うのは詭弁に過ぎない。

 この諏訪大社の「蛙串刺し神事」のことを知ったのは、ミクシィのカエル好きコミュニティで話題になっていたから。思わず退いたのは、このトピックを挙げた人への攻撃。「神事のことよりも、研究所で殺されるカエルへの反対の方が大事だろう」とか、「自分の思い込みを押し付けているだけだ」とか。僕も、このように諏訪大社を持ち出すと、「国賊」、「非国民」になるのかもしれないな。

 「神」って、何様?「神」が何をしてくれる?「神」ってどこにいる?

 宗教が思想のままであればよかったといつも思う。宗教が政治になり、その力を使って権力を増強させたい一握りの権力盲信者が人々の心を弄ぶだけなら、宗教ほど危険なものは無い。

 イラク、そしてシリアで「神」の為に無垢な人々を虐殺し、女性を虐げるイスラム国が掲げる「神」と、諏訪大社の蛙を生きたまま串刺しにすることを望む「神」、そしてヒンドゥの「神」は僕にとってはとても危険な幻想でしかない。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.