LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

2015年01月の記事一覧

柴犬 in London

2015.01.25
スクリーンショット 2015-01-25 21.25.15

柴犬をロンドンで見るのはとても珍しい、と思う。2回目かな。飼い主の方によると、1年半待ったそうだ。


スポンサーサイト

今井美樹@カドガン・ホール

2015.01.24
スクリーンショット 2015-01-24 6.52.02
(2015年1月23日、カドガン・ホール)

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157648120976123/

1月23日、スローン・スクゥエアから一本入った通りにあるカドガン・ホールで今井美樹さんのロンドン初のコンサートがあった。自分が好む音楽ではないだろうとは思ったが、日本に居たら逆に観に行く機会などないだろうし。

 当然と言えば当然なのだろう。ホールに着いたら99%は日本人。日本人、ロンドンにまだこんなに居るんだと驚きつつ、既にホワイエに充満していたシャンペンの香りにむせる。

 舞台上の演奏家は、ピアニスト(サイモン・ヘイという発音で良いのかな?!)と弦の4人の女性。構成は、思いもよらずインターヴァルがあったので2部構成。正直、前半は知っている歌は「ラストダンスは私に」と「卒業写真」だけで、日本人歌手だから、という理由で来たのは間違ったかもと思いつつ。

 後半も最初の2、3曲は同様の印象。が、サイモン・ヘイが作曲した新曲らしい「ララバイ」で今井さんの声の調子がぐっと上昇した感じで聞き入る。旋律も、他の曲とは違う感じ、でも今井さんの発声によく合っているようだった。

 今井さんが、「おそらく今晩、ここにいらしている多くの方は、私のコンサートは初めてではないかと思います。皆さんが待っていたであろう歌を歌います」、で始まったのが「プライド」。これが、予想していたよりもずっと、ずっと良かった。今井さんの今のキャリアの中で全く浮いていない。また、前半からずっと、日本語の響きがとても美しいとは感じていたが、「プライド」での発声、発音は一段と素晴らしかった。

 本編が終わり、アンコールで歌われたたのは、「太陽のメロディ」。全く知らない歌だったので、帰宅して調べた所、2010年発表の歌とのこと。

 ピアノの伴奏だけで歌う今井さんの声の暖かさ。前半の数曲が駄目だったのは、歌詞が僕の生活には全く無縁の世界だったというのもある。でも、「太陽のメロディ」のように、今井さんの経験が活かされる曲が中心なら、これからも幅広い支持を得られるのかなと思う。

 ロンドンで再びコンサートをする時は、是非、カドガン・ホールは止めて欲しい。出口が狭いから帰る時にえらく時間がかかる。キングス・クロスのキングス・ホールなんて良いと思うのだが。

Songs    Comment(0)   ↑Top

Friendship beween cats in progress!

2015.01.21
スクリーンショット 2015-01-21 15.15.47

倦怠期の夫婦のような、微妙な緊張感はあるけれど、KKとNNがここまで近づく日が来るとは。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157650395794852/

真冬の朝、ハイド・パーク

2015.01.20
スクリーンショット 2015-01-20 20.41.41

やっときちんとした冬が来た。早朝は氷点下に下がり、雨が降らなければ空気がぱりっとして、とても気持ちよい。ハイド・パークでは犬が喜んで走り回っていた。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157649986377188/


5歳の子供に、誕生日不参加の請求書:イギリス人のモラル

2015.01.19
noshowinvoice.jpg
(デイリィ・メイルから拝借)

帰宅してガーディアンのウェブを斜め読みしていて目に留まったのは、5歳の男の子両親に、クラス・メイトの誕生日に参加しなかったことで、パーティーを催した母親から不参加の為に被った費用の請求書が届き、払わなければ裁判を起こすと。

Five-year-old misses friend's birthday party and gets invoice for £15.95
http://www.theguardian.com/uk-news/2015/jan/19/five-year-old-misses-friends-birthday-party-and-has-to-pay-1595

Five-year-old who missed his friend's birthday party is INVOICED £15.95 by the boy's mother... and threatened with court action
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2916379/Five-year-old-misses-friend-s-birthday-bash-INVOICED-15-95.html

 親の見栄の為に開いた誕生日に参加しなかったから不参加の費用を払え、って。冷静な分析がBBCに。

Party invoice: Boy sent bill for birthday no-show
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-cornwall-30876360

Analysis: Clive Coleman, BBC legal correspondent

It is all but impossible that Ms Lawrence will be able to recover the £15.95 party "no show fee".

Any claim would be on the basis that a contract had been created, which included a term that a "no show" fee would be charged.

However, for there to be a contract, there needs to be an intention to create legal relations. A child's party invitation would not create legal relations with either the child "guest" or its parents.

If it is being argued that the contract is with the child, it is inconceivable that a five-year-old would be seen by a court as capable of creating legal relations and entering into a contract with a "no show" charge.

It's amusing to imagine what a children's party invitation seeking to create a contract might say: "I, the 'first party', hereinafter referred to as the 'birthday boy', cordially invite you the 'second party', hereinafter referred to as 'my best friend', to the party of 'the first party'.


 モンスター・ペアレンツを持ち出す以前として、たかだか5歳の子供の誕生日をこれほど大げさにする必要があるのか、僕には判らない。自分のこどもが居ないから説得力は無いだろうけど、5歳前後の子供が、「5歳の時の誕生日、とても嬉しかった」なんて言うとは思えない。子供にとって、毎日のイヴェントを全部覚えているなんてことは頻繁にあることではない。カウンセリングのトレイニング・コースでの会話。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-262.html

「じゃ、どの年齢までそんなことが必要なんですか?」との問いに、母親でもあるクラスメートが、「自分の子供は9歳と6歳だけど、今でも何したの、どうしたのと毎日聞く。どうしてかというと、子供って覚えていない事が多いから、こちらから聞いて上げないと自分の経験を忘れてしまうのよ」、とのこと。

 こんなあほらしい誕生日の習慣が廃れることが望ましいと思う。

[追記:1月20日]

日本語のニュース。

5歳児に「パーティー欠席料」の請求書、主催者母が発行 英国
http://www.afpbb.com/articles/-/3037012?ctm_campaign=txt_topics

偽物はどれだ?:ダリッチ・ピクチャー・ギャラリィの試み

2015.01.18
Dulwich-gallery-012.jpg
(ガーディアンから拝借)

ロンドン南西部のダリッチにある、ダリッチ・ピクチャー・ギャラリィが面白い試みを2月から4月にかけて行う。

Dulwich picture gallery challenges art lovers to spot the fake
http://www.theguardian.com/artanddesign/2015/jan/12/dulwich-gallery-spot-fake-painting

 ギャラリィが所有する傑作絵画の一つを、インターネットで中国にある複製専門の会社に製作を依頼した。その複製が届いたので、本物と入れ替え、来場者にどれが贋作かを当ててもらうというもの。

 面白い試みだし、現在、興味深い展覧会があるのでいきたい。が、ダリッチは、ロンドンでありながら、僕に撮っては世界の終わり。起床して、「今日、絶対にダリッチにいくぞ!」と自分を奮い立たせないとなかなかいく気にならない。

One certain thing is nothing certain: スイス・フラン、原油価格

2015.01.18
経済は不得手分野なので、特に自分の記憶の為に。

 世界の石油価格の指標である北海原油の価格が大きく下降しているのは、イギリスや日本だけでなく、世界中で広く報道されていると思う。直接、間接、短期、そして長期にわたって日常生活への影響が大きいであろうから、新聞をじっくり読んで情報を収集している人もたくさん居るだろう。

The plummeting oil price: a guide to the global shockwaves
http://www.theguardian.com/business/2015/jan/13/falling-oil-price-global-shockwaves-mixed-blessings

 このリンクの中に原油価格の変動が生活のとの分野に影響があるかがけっこう判り易くかかれている。残念ながら、長距離の飛行料金は直ぐに下がらない。なぜなら、大手の飛行機会社は、リスク・ヘッジの為に燃料を先物で購入しているから。価格の上昇はすぐだが、価格の下落はいつも遅くなる。

 金曜だったな、世界の通貨市場が乱高下し、その影響で国債の利率が大幅に下がることになって、世界の金融マーケットで犠牲者続出になったのは、スイスの国立銀行が2011年に設定したスイス・フランの防衛策をいきなり撤廃したから。

Swiss bid to peg 'safe haven' franc to the euro stuns currency traders (2011)
http://www.theguardian.com/business/2011/sep/06/switzerland-pegs-swiss-franc-euro

Swiss currency hammering extends beyond Upton Park (2015)
http://www.theguardian.com/business/2015/jan/18/swiss-currency-franc-hammering-upton-park-alpari

 朝日新聞が報道している、Alpariという会社が、まさに一瞬にして破綻した。

英FX会社破綻 国内資産を凍結 スイスフラン急騰で
http://www.asahi.com/articles/ASH1K0132H1JULFA031.html

 この会社の破綻は一般投資家の絶望だけにとどまらない。イギリスのサッカー・チームの一つらしいウェスト・ハム・ユナイテッドのスポンサーだったようで、チームの資金繰りに影響がでることは必至。ガーディアンの一文が笑える。

Here’s a bit of investment advice: when you learn which company is the next shirt sponsor of West Ham United, sell the shares immediately.

The football club’s jerseys once carried the logo of budget airline XL, which came crashing down to earth in 2008. Now Hammers fans are parading around advertising the name of Alpari, a foreign exchange trading website you’d probably never heard of until it went belly up on Friday.


 どうやら、ウェスト・ハムのシャツのスポンサーで破綻したのは今回で2社目らしい。

 もう、多くの人の関心は言論の自由から離れているに違いない。腹を満たすことの無い宗教より、明日の生活への影響が大きな金融市場の行方の方が、最も大切だから。

宗教、ヘイト・スピーチ、right to offend people、信仰しない自由

2015.01.18
DSC02622.jpg
(2015年1月17日付け、タイムズから)

フィリピン滞在中のローマ法王フランシスがした、「freedom of speech」についての発言を、イギリスのメディアは風刺している。ま、現法王はこれくらいのことで激昂するほど器が小さい人ではないだろう。幾つかの中で、ガーディアンで最も賛否両論のポリィ・トインビィさんのコラムに賛同する点がある。

On Charlie Hebdo Pope Francis is using the wife-beater’s defence
http://www.theguardian.com/commentisfree/2015/jan/16/pope-francis-free-speech-charlie-hebdo

On the day another cartoonist victim was buried at Père Lachaise cemetery, the pope came as near as dammit to suggesting that Charlie Hebdo had it coming. “One cannot provoke; one cannot insult other people’s faith; one cannot make fun of faith,” he said.

Oh yes, you can. You may not choose to. It may not be wise or polite or kind – but you can. And to show you can, without being gunned down, Charlie Hebdo has just gone on sale in the UK, in bolder outlets, proudly defiant with an image of Muhammad on the cover – though with a tear and a kindly thought: “All is forgiven.”

The pope pointed to his aide as he said “If my good friend Dr Gasparri says a curse word against my mother, he can expect a punch. It’s normal. It’s normal. You cannot provoke. You cannot insult the faith of others. You cannot make fun of the faith of others.”

No, it’s not normal to punch someone who insults you; the pope’s Christ certainly didn’t think so. Verbal provocation is never an excuse for violence – that’s the wife-beater’s defence.

Is he saying we must respect any old cult: followers of Black Sabbath, Odin, Scientology, astrology? Or is it the size of a faith that earns it the right to gag mockery?

Whenever the faiths come together to protect their rights jointly, you should smell a rat. They don’t just believe very different things; their professions contradict one another. In real life, it’s Catholic against Protestant, Hindu against Muslim, except in the soup blender of Thought for the Day, where only gentle and similar voices preaching peace and understanding get a voice. Absent is the red-hot ferocity that fuels the Islamists of Isis as they slaughter Christians, or the proselytising Nichiren Bhuddists, or the extremists from Northern Ireland’s religious fringes. Religion is gentle only when it’s powerless, without secular influence.

Charlie Hebdo’s cover will no doubt offend some Muslims – and possibly provoke some. That’s the role of a satirical magazine: to stick two fingers up to propriety. It is a belch in the face of established taste and dignity. You can buy it or not, find it funny or not. Its previous circulation was small, but knowing anything can be said keeps the outer edges of free expression healthy.

The pope went on to say: “There is a limit. Every religion has its dignity … in freedom of expression there are limits.”

Yes, free speech always had limits – the old shouting fire in a theatre or inciting others to violent racial hatreds: those boundaries will be forever disputed. But there has been much ducking and diving over the last week, with a pretence those limits include a ban on offending religious sensitivity. That’s what the pope was proclaiming, demanding a special, anti-Voltairean status of protection for religious ideas – a respect never given to political or other ideas just as passionately held.

Today another 50 lashes with the cane rain down on Raif Badawi in Saudi Arabia. “Je suis Raif” is starting to trend on social media as he faces 19 more weeks of flogging for writing his secularist blog Free Saudi Liberals. Governments that flocked to march in solidarity for free speech in Paris last Saturday have done little about this atrocity – far worse when inflicted by a state than by God-delirious terrorists acting as divine executioners. If all those leaders linking arms turned their backs on any dealings with Saudi Arabia, whose Wahbabist insanity has been sent out to infect parts of the Muslim world, they would make more than a gesture for free speech.

The right to make fun of popes, imams and prophets is fading fast as self-censorship for commercial, as much as self-preserving, instincts stops the presses.

The flurry of scandal over Oxford University Press stopping its children’s writers from referring to pigs or pork for fear of risking Middle East sales – or the Harper Collins atlases for export that mysteriously omit Israel for the same reason – show how easily freedom slips away unless scurrilous outriders like Charlie Hebdo can keep mocking church and mosque.

 
 僕の立ち位置。宗教は人類が作り出した幻想。幻想に人間が殺されることほど非人道な行為は無い。

 パリで起きた殺戮についての分析、報道は次第に、そして大きく方向性を見失っていると感じる。宗教と言論の自由を同時に考察する時、回答が一つだけということはあり得ないだろう。

 宗教に助けられる生活があることを否定する気はない。しかし、生活が宗教に振り回されるのは本末転倒。人を救えない、社会を分断する宗教を何故受け入れなければならないのか。信仰の自由を人は訴えるとき、信仰「しない」自由を踏みにじる。全く同じ意見ではないが、やはりガーディアンのコラムニスト、スーザン・ムーアさんの発言が興味深い。

Add faithophobia to my crimes: I have no respect for religions that have little respect for me
http://www.theguardian.com/commentisfree/2015/jan/14/charlie-hebdo-add-faithophobia-to-my-crimes

Last week I asked for us to continue in our disrespect and I meant it. Why must I have respect for religions that have little respect for me? That seek to curtail the rights of women? That find me unclean? I am not just talking about Islam here, but pretty much all religion. So there is some equal opportunity offence for you. Faithophobia. Add it to the list of my crimes.

Critique is not blasphemy. Texts can be reinterpreted. Tolerance has to be reciprocal or it is not tolerance at all. We should at least be honest now. Those who don’t believe in any god have as many rights as those who do.


 どのメディアで読んだのか既に思い出せないが、パリでのテロの直後、「time to think about our right to offend」と言う一文が目に留まった。これまでの20年あまり、社会はポリティカル・コレクトネスにがんじがらめになり、対象を論理的に考察する意義を失ってしまったように思う。

 ヘイト・スピーチとどこが違うのか、という議論はつきないだろうし、線引きは難しいだろう。しかし、「それはどこかが間違っているのではないか?」という声を、他者を傷つけるのは良くないという過剰防衛で、自らの可能性を否定することは悲しい。

 たとえ宗教が無くなっても、人が人を殺すことを止める、ということは無いだろう。でも、宗教によって命が踏みにじられるなんてことは、今直ぐにでもなくなって欲しい。

dailycartoon20150118.jpg
(2015年1月18日付け、インディペンデントから拝借)

ISISという非道集団

2015.01.18
昨日、タイムズの国際面に小さい、しかしながら凄まじい衝撃のニュースがあった。それは、ISISが、同性愛者が同性愛であるが故に、死刑と称して公のビルの屋上から投げ落とされて公衆の面前で殺されるというもの。同じニュースをテレグラフとデイリィ・メイルのリンクを張るが、アクティヴにはしない。なぜなら、僕自身、あまりの非道な行いからの衝撃で、思考回路が目が読んでいる文章を受け入れなかった。特にデイリィ・メイルに掲載されている写真は、「殺戮」と称しても過言でないほど極悪非道、残酷な記録。信じられない。

Islamic State throws man to his death 'for being gay'
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/islamic-state/11351425/Islamic-State-throws-man-to-his-death-for-being-gay.html

Thrown from a roof, stoned to death and crucified: While the world reacts with horror to terror in Europe, new ISIS executions show the medieval brutality jihadists would bring to the West
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2913733/Thrown-roof-stoned-death-crucified-world-reacts-horror-terror-Europe-new-ISIS-executions-medieval-brutality-jihadists-bring-West.html

 日本からの報道で、生きて行くことの意味が見いだせないからISISに参加する、もしくは敵対する側に参加して戦争を体験することを考えている若い世代が居るとのこと。

 人を殺すことは、自分を殺すことと同じ。

 生きることに意味が見いだせないのであれば、このような状況に追い込まれて殺されるのを待つばかりの人たちを、戦うという手段ではない方法で支援することに、生きることの意味を見いだして欲しい。

 考えることを、止めないでほしい。

The Decemberists

2015.01.16
decemberists.jpeg
(ガーディアンから拝借)

現在のヘヴィロテ。

The Decemberists - A Beginning Song (Lyric Video)

https://www.youtube.com/watch?v=Cm6xtkX_Dvs
 
 先週の金曜日にガーディアンでインタヴューを読み、で、来週発売予定の新しいCDをガーディアンがストリーミングをしていたので聴いたらはまった。

The Decemberists’ Colin Meloy on chart success and chicken feed
http://www.theguardian.com/music/2015/jan/08/decemberists-colin-meloy-new-album-tour-interview

 イギリスではRough Tradeからの発売というのが、昔のインディ精神を彷彿とさせる。

http://www.roughtrade.com/albums/89708

The Decemberists
What a Terrible World, What a Beautiful World
'What A Terrible World, What A Beautiful World' is The Decemberists' seventh album. It's the band's most varied and dynamic work, both musically and emotionally. Since their last album, 'The King Is Dead', which went to No.1 in the US, the band have contributed a song to 'The Hunger Games' soundtrack and appeared in 'The Simpsons'. Colin Meloy, the band's frontman, has also been working on the 'Wildwood' series - a narrative saga about two seventh-graders drawn into a hidden, magical forest, illustrated by his wife, Carson Ellis. Many songs on the new record represent the more personal side of Colin Meloy's songwriting, a change from the strong narrative thrust that characterized much of The Decemberists' work. "Writing books as this raw, fantastic narrator has been the outlet for that part of my brain," he says. "Having a family, having kids, having this career, getting older - all of these things have made me look more inward. So some of these songs are among the more intimately personal songs I've ever written." Perhaps most notable is '12-17-12', a song named for - and inspired by - the date that President Obama addressed the nation following the Newtown school shootings and read the names of the victims. "I watched that speech and was hit by a sense of helplessness, but also the message of 'Hold your family close.'" This bewildering, conflicted feeling came out in a phrase near the end of the song - "what a terrible world, what a beautiful world" - that gave the album its title. • Ultimately, 'What A Terrible World, What A Beautiful World' found its final form, a distillation of the best things about this remarkable band. A new way of working led to a renewed excitement about the next chapter for The Decemberists. "I've never lived with a record for so long," says Colin Meloy, "documenting my shifts and changes as a songwriter, with a real sense of time passing. And there's something very freeing about working on music with absolutely no agenda, and just letting the songs become themselves."


 今更アメリカのバンドに惹かれるなんて思っても居なかった。

Songs    Comment(0)   ↑Top

京都は強し

2015.01.14
スクリーンショット 2015-01-14 20.11.32
(2013年4月、御所雲月)

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157649884034590/

円安が大きな要因だろう、最近、友人・知人から、「家族や友人が日本に行く計画を立てているので、時間のある時に会ってくれないかな」という依頼が増えている。

 話していると、一番の人気は京都。日本滞在を楽しんで欲しいから情報を集めてあげたいのはやまやまだが、「正式なお茶会を体験してみたい」とか、「京都で着物を着たい」などは僕の守備範囲ではないので難しい。最近、大家に頼まれて会った若い夫妻もやはり京都を堪能したいし、できれば着物も体験したいと。

 それがまだ記憶に残っていた日曜日、朝日新聞のウェブにこんな記事が掲載されていた。

京都の街並み背景に和装姿で撮影 外国人カップルに人気
http://www.asahi.com/articles/ASH175VSKH17PLZB018.html

 この記事で紹介されている「ワタベウェディング」のサイトを開いたのだが、英語情報が見つからない。乗り掛かった船ではないが、難しいことではないだろうと電話。リンクを送ってもらえるようにお願いしたところ、直ぐに送ってくれた。担当の方からのメイルも転載。

http://kyoto-wakon.watabe-wedding.co.jp/english/location.html

この度は、弊社、京都和婚の朝日新聞デジタル掲載をご覧いただきまして有難うございます。

本日、記事が出たところでございましたので、こんなに早くにお問合せいただくなんて、正直驚いております!

京都和婚英語サイトはこちらになりますので、是非ご友人にお勧めいただければと存じます。

下にスクロールいただきますと、すべての情報がお分かりいただけるかと思います。

イギリスやオーストラリアからのお問合せやお申込も増えて参りました。とても嬉しい事でございます。


 イギリスからも問い合わせがあるのは何より。一つ心配なのは、イギリス人の体型。若い夫妻は、二人とも185センチ以上の長身。背が高いイギリス人にありがちなのは、長い、長い首。あの長い首を引き立てる着物の着こなしはあるのだろうか。

 既に結婚している全てのカップルがこのプランをリーズナブルと感じるかどうかはもちろん判らない。でも、信頼できそうな会社が企画・運営しているのは、紹介する側としては安心。

 僕自身、京都は好きな町でいけるなら帰国の度に立ち寄りたい。昨年9月、寺町通りで幾つかの店で買い物をした。どの店でも、イギリス発行のデビット・カードで問題なく支払いができたのには感心。東京の方が使えないことが頻繁にある。

 一つ、京都に注文を付けるなら、それは自転車。本当に酷いと思う。元々の町並みが作られた何百年も前、現代の人の流れ、自転車、ベビィ・バギーそして車の交通などもちろん考えられていないのは仕方の無いこと。それに、歩行者にも問題がある。自転車専用のスペイスを歩いていては、自転車利用者の邪魔になるだけ。この点は、行政が歩行者専用、自転車専用のレインについてきちんと案内すべきだと思う。

 一方通行の細い道路の両側を自転車が双方向に猛スピードで走り抜けているのを見る度に、死亡事故が起きないことが奇跡だと感じる。それに外国人観光客だけでなく、日本国内から京都を訪れる車いす利用者や視覚が弱い人には気楽に町を探索することがとても危険に感じるのではないだろうか。

 東京と京都で、少なくともイングリッシュ・スピーカーが言葉の問題なくかかれる病院等の情報をご教示いただけると助かります。できれば、日本国外発行のクレジット・カードで診察料を払える病院だとなお助かります。

Plumdog: 犬との生活を犬の視点で語る

2015.01.14
DSC02615.jpg

日本でも翻訳/出版されている「ブルーカンガルー」の著者、Emma Chichester Clarkが、彼女の飼い犬、Plumとの生活を綴ったブログが出版された。

http://emmachichesterclark.blogspot.co.uk/

 プラムとの生活を、プラムに語らせるという点がほのぼのとしていて天気のいい午後にのんびり読むには最適。ブログを日本から読んでいる人はいるだろうし、人気のある作家の本だからいずれ日本でも出版されるだろう。

 クリスマス前から気になっていた3冊の本のうち、2冊は購入。3冊目も購入したいのだが、価格、判型が大きい、そして購入したら読みふけってしまって他のことができなくなる可能性が大きい。

Books    Comment(2)   ↑Top

味な地球儀、2015年1月13日

2015.01.13
*著作権は日本経済新聞社に帰属します。

DSC02629.jpg

DSC02630.jpg

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157650384200612/

バーミンガムはムスリム都市、だそうアメリカでは

2015.01.12
凄いよ、アメリカ!こんなことを言う人物が「テロリスト問題」の専門家として政府に助言しているそうで。

 欧州圏では、パリでのテロリストによる虐殺事件により、セキュリティのレヴェルが上げられている。そんな緊張感が漂う欧州の状況を知っているのかどうか、アメリカのウルトラ保守のフォックスTVでイスラム過激派の専門家を名乗るスティーヴン・エマーソンという男性がこんなこと言ったそうだ。

Birmingham is ‘totally Muslim’ city, claims Fox News pundit
http://www.theguardian.com/media/2015/jan/11/fox-news-steven-emerson-birmingham-muslims

“In Britain, it’s not just no-go zones, there are actual cities like Birmingham that are totally Muslim where non-Muslims just simply don’t go in.

“And, parts of London, there are actually Muslim religious police that actually beat and actually wound seriously anyone who doesn’t dress according to religious Muslim attire.”


イギリスでは、立ち入ることができない、例えばバーミング(これはアメリカ人の発音)のように完全にムスリム都市で、ノン・ムスリムの人たちは立ち入らない。

更に、ロンドンのある地域では、ムスリムの教えに従わない服装をしている人を叩きのめすムスリム警官が居る。

 そんな警官、ロンドン随いつのイラン、イラク系クルディシュが大挙して闊歩するエッジウェア・ロードの片隅で暮らす僕だってみたこと無い。

 凄いよ、アメリカ!

According to census data, around 850,000 non-Muslims live in Birmingham, accounting for approximately 80% of the near 1.1 million population of Britain’s second largest city.

 人口調査によると、バーミンガム(イギリスの発音)の人口は約110万人。その中でノン・ムスリムは85万人。

Fox News man is 'idiot' for Birmingham Muslim comments – David Cameron
http://www.theguardian.com/media/2015/jan/12/fox-news-expert-ridiculed-over-birmingham-is-totally-muslim-city-claims

“When I heard this, frankly, I choked on my porridge and I thought it must be April Fools’ day,” Cameron said. “This guy’s clearly a complete idiot.

 この件にだけは、キャメロン君に拍手。

 この発言について、件の男性はお詫びを表明し、バーミンガムの子供病院に寄付をするそうだ。本当に寄付したかどうか、きちんと表明して欲しいものだ。

London The Information Capital: ロンドンをビッグ・デイタで読み解く

2015.01.11
DSC02611.jpg

クリスマスからずっと欲しかった本。やっと購入。購入したドーント・ブックスで尋ねたら、「We have sold this a lot」とのこと。

http://theinformationcapital.com/

 ロンドンがどのような都市化を、自転車の利用率、通勤経路の種類、貧困率、幸福度、肥満度等々のあらゆる統計からロンドンがどのように機能して、どのように人々が暮らし、生活しているかを案内してくれる。ざっと読んでまず面白かったのは、幸福度の1位がバーネット、2位がブロムリィ。この二つの区は、ロンドンで最も肥満度が低いたった二つの区。やっぱり、太り過ぎって、幸福ではないんだな。

 国籍で見ると、判ってはいたが日本人は超マイノリティ。それでいて、日本からの観光客がロンドンで費やす一人頭の金額は、欧米諸国からの観光客を遥かに超えている。日本人、もっと威張らないと。

 ロンドンの「今」を知りたい人にはうってつけの本。

Books    Comment(0)   ↑Top

フランスのテロから考えること

2015.01.11
Chris-Riddell-11012015-010.jpg
(2015年1月11日、オブザーヴァ紙より拝借)

Charlie Hebdo outrage: Marianne defies the killers
http://www.theguardian.com/commentisfree/cartoon/2015/jan/11/charlie-hebdo-attack-freedom-of-speech

今週、パリで起きた虐殺のことを脈絡無く書く前に、僕の立ち位置は、宗教という幻想・ファンタジィが人をまどわすことが無くなること。

 今回のテロリズムの報道を読んで、これまで知らなかったフランスのことを知った。タイムズの報道によると、フランスでは歴史的に、ユダヤ人への偏見・差別があると。また現代では、主に北アフリカ圏内のイスラム教徒の移民からの敵対意識もある。と言う点を読んで、コーシャ(ユダヤ教徒の食材)を扱うスーパーが標的になった理由が理解できた。

 本当に偶然だが、このユダヤという点においてシンクロする点がある。もちろん本人には全く関係ないが、数年前、パリで反ユダヤ発言をしてファッション界から姿を消したジョン・ガリアーノの本格復活がもうすぐロンドンである。

 今回の報道の当初から、イギリスのメディアは今回のテロを「戦争」として扱ってはならないと主張する。たくさんの報道を読んで、僕自身、これは「宗教」という思想を翻弄して、単に人を殺したかった狂乱者の許されざる犯罪だと思う。

 標的になった風刺雑誌については何も知らない。が、報道から判断するに、彼らが標的にして来たのはイスラムだけではない。今回のテロの直前、雑誌が表紙に取り上げたのは、フランス人作家、Michel Houellebecq。これまた偶然だが、この作家が最近発表したばかりの小説が扱うのは、2022年、フランスでイスラム主義の政権が発足するというもの。

Michel Houellebecq stops promotion of new novel after Charlie Hebdo attack
http://www.theguardian.com/books/2015/jan/09/michel-houellebecq-stops-promotion-novel-charlie-hebdo-attack

In the book, the Front National leader, Marine Le Pen, competes with the leader of the fictional Muslim Fraternity party, Mohammed Ben Abbes, for the presidency in 2022 at the end of Socialist president François Hollande’s disastrous second term.


Soumission by Michel Houellebecq review – much more than a satire on Islamism
http://www.theguardian.com/books/2015/jan/09/soumission-michel-houellebecq-review-charlie-hebdo


 日本でも遅れて報道されたように、殺害された12人のうちの一人、警察官はアルジェリア移民の家系出身。同じイスラムにもかかわらず、狂信者は彼を殺害。コーシャ・スーパーの従業員で、その場に居合わせた客をテロリストから逃す為に冷蔵室に誘導したのは、マリ出身のイスラム教徒の男性。この二つの状況からも、今回のテロの背景を簡単にまとめることは外国人にはほぼ不可能だと思う。

Lassana Bathily: the Paris kosher supermarket hero
http://www.theguardian.com/world/2015/jan/10/paris-supermarket-kosher-hero-attack

 アメリカ人の友人が、とても興味深い映像を教えてくれた。

Reza Aslan: "There Is A Civil War Taking Place" In Europe; France "Has Never Really Tolerated Multiculturalism"
http://www.realclearpolitics.com/video/2015/01/08/reza_aslan_there_is_a_civil_war_taking_place_in_europe_france_tolerated_multiculturalism.html

 このアスラン氏が言っているように、全てのイスラムがテロリストではない、ということは頭のある部分では理解できる。また、今回のような宗教がらみの虐殺は、イスラムだけがしている訳ではない。彼がたとえに挙げた、ビルマでのイスラム教徒の虐殺は仏教徒による。
 また、歴史を振り返れば、「神」という幻想のもと、キリスト教徒が虐殺した人々の数はどれほどになるのか僕には判らない。

 が、この状況において、イスラムへの言いようの無い不安感、そして不信感の増大は止めようが無い。サウディからの報道。

Saudi blogger receives first 50 lashes of sentence for 'insulting Islam'
http://www.theguardian.com/world/2015/jan/09/saudi-blogger-first-lashes-raif-badawi

 イスラムを冒涜した罪で、サウディのあるブロガーは、50回に分けて毎週、合計1000回のむち打ち刑を一般公開で受けることになった。人間の体って、そんなに強くない。傷が癒える前に更に50回、また50回、この男性は一般の場で国によって殺されるのではないだろうか。

 アスラン氏が言うように、「イスラム」とくくっても、国事情は違う。それは理解できた上で、イスラム国家への不信があるのは、イスラムという大きなくくりの中で自浄作用が全くされていないと思うから。ガーディアンを始めイギリスのメディアによると、イスラム国家は今回のテロへの避難を表明したそうだ。が、既にそのイスラムの中で亀裂が走っている。

Charlie Hebdo killings condemned by Arab states – but hailed online by extremists
http://www.theguardian.com/world/2015/jan/07/charlie-hebdo-killings-arab-states-jihadi-extremist-sympathisers-isis

 前述のサウディのむち打ちに対して、アメリカはかなり強硬な非難を表明したらしい。が、サウディは無視。これは僕の勝手な憶測だが、サウディは非難以上のことをアメリカができないことを判っているのだろう。なぜならアメリカがサウディからの金、もしくは上客としてのサウディを切り捨てることはできないだろうから。

 前述の友人に、アメリカ本土ではどれほど「イスラム」はvisibleなのか尋ねてみた。ニュー・ヨークのような大都市ですらスカーフをまとっている女性を見ることはそれほど無いし、何より、「君が住んでいる所と比べたら、アメリカでイスラムの人を見かけるのはまだずっと少ないよ」。

 欧米がイスラムを本気で非難するのであれば、例えば、カタールでの外国人移民労働者の犠牲なしには実現しないであろうワールド・カップへの不参加の表明を、今、すべきだ。でなければ、結局、欧米もこのテロへの責任を果たしていない。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2057.html

 どうして、2000年も前に居たらしい、もしかしたら存在しなかった可能性だってある何処の馬の骨だか判らない人物の戯言/妄言で、21世紀に暮らす僕たちの生活が脅かされるのか。これほど理不尽なことは無い。

What I do want to do for myself is to avoid being desensitised by the series of the insults to our dignity by terrorists.

不思議の国のアリスの切手、発売

2015.01.11
最近、全く興味を失っていた切手。先週、1月6日に、出版150周年を記念して、「不思議の国のアリス」の記念切手が発売になった。

http://www.norphil.co.uk/2015/01a-Alice_in_Wonderland_stamps.htm

AliceStamps.png

 5種類の切手がそれぞれ2デザインで、計10枚。81pって、何の為の切手だろう。

alice2nd1.jpg

Alice2nd2.jpg

Alice81p.jpg
(クリックすると巨大化します)

alice81p2.jpg
(クリックすると巨大化します)

 アリスが「萌えキャラ」でない点からして、とてもイギリスらしい記念切手。商売熱心なロイヤル・メイルのサイトから購入できるはず。

http://shop.royalmail.com/alice-in-wonderland/alice-in-wonderland-stamp-set/invt/20150113

Presented in an unusual vertical se-tenant format, the Mint Stamps depict ten iconic scenes and characters.

The White Rabbit Second Class The legendary rabbit in a hurry takes Alice on an extraordinary journey that changes her life forever. On the stamp she is shown in hot pursuit of the White Rabbit – and adventure – away from a sunny but boring day by the river with her sister.

Down The Rabbit Hole Alice Second Class chases the strange creature into a rabbit hole but an ordinary everyday burrow this is not. Soon the little girl is floating down, down a deep chasm past walls smothered in bookshelves, pictures and maps.

Drink Me First Class At the bottom Alice glimpses a charming garden she can see beyond a tiny door she is too big to go through. She finds a bottle of potion with a painted label imploring ‘drink me’. Alice drinks, then shrinks, but now is too small to fetch the key for the door she found on a table. She eventually reaches the ‘shores’ of Wonderland by swimming away through a pool of her tears formed when the Eat Me cakes grew her.

The White Rabbit’s House First Class The White Rabbit mistakes Alice for his maid and sends her to his house to fetch his gloves and fan. After drinking from another bottle, she grows enormous, and is cramped to the rafters of the Rabbit’s tiny home. After eating a magic cake, Alice shrinks again and is able to escape.

The Cheshire Cat 81p With an ever-present, all knowing grin, the Cheshire cat lounges on the branch of a tree and explains that everyone in Wonderland is mad, pointing Alice in the direction of two of its leading lunatics – the Hatter and the March Hare. Then, tail-first, the Cat incrementally vanishes, leaving his grin hanging eerily in the air.

A Mad Tea Party 81p Alice suffers a bewildering tea party with the Hatter, the Hare and the much-abused Dormouse, who is used as a cushion then dunked in the teapot. The Hatter offers her wine he does not have and asks her a riddle he has no answer to.

The Queen Of Hearts £1.28 Alice meets Wonderland’s most dangerous resident, the murderous Queen of Hearts – motto: ‘Off with his/her/their head(s)’ – and almost immediately faces execution by being cheeky. Alice is saved only by her own stubborn courage and the King of Hearts’ gentle intervention.

The Game Of Croquet £1.28 Unsurprisingly it is bonkers. The mallets are flamingos, the balls are hedgehogs and the hoops are the Queen’s soldiers gamely bending themselves in two. Alice finds the game rather a challenge, since all the equipment has a habit of moving about of its own accord.

Alice’s Evidence £1.47Alice is called to give evidence in the trial of the Knave of Hearts, accused of stealing the Queen of Hearts’ tarts. Needless to say, the hearing is a farce. When the Queen demands sentencing first and verdict second, Alice loses her patience, saying: ‘Who cares for you? You’re nothing but a pack of cards!’

A Pack Of Cards £1.47 Alice’s accusation breaks the spell of Wonderland. The courtiers rise as a pack of simple playing cards and fly at her alarmingly. Alice wakes on the riverbank, the cards merely dead leaves her sister is brushing from her face. Alice reveals her dream before running in for tea. Her sister then has her own dream of Alice’s future, as a grown woman telling little children of the adventure in Wonderland she had long ago.

Special Stamps Technical Specifications
Design Godfrey Design
Stamp format /size Square 35mm x 35mm
Printer International Security Printers
Print process Lithography
Perforation 14.5 x 14.5
Phosphor Bars as appropriate
Gum PVA
Number per sheet 30/60


Stamps    Comment(4)   ↑Top

Violence cannot silence us

2015.01.08
times08012015.jpeg

inde08012015.jpeg

Charlie Hebdo attack: cartoonists show solidarity with Paris victims
http://www.theguardian.com/world/2015/jan/07/charlie-hebdo-attack-cartoonists-show-solidarity-victims

Charlie Hebdo’s history of challenging and angering fundamentalists
http://www.theguardian.com/world/2015/jan/07/charlie-hebdo-islam-prophet-muhammad

Newspaper front pages after the attack on Charlie Hebdo – in pictures
http://www.theguardian.com/world/gallery/2015/jan/07/newspaper-front-pages-after-the-attack-on-charlie-hebdo-in-pictures
(日本の新聞が無いのが悲しい)

 有無を言わさずに殺された犠牲者の冥福と、残された家族や友人の皆さんの悲しみがいつか癒えることを祈る。

 Human beings did unfortunately create a fantasy that gods created us, but we are not created by the gods. We must not be killed by the name of the fantasy.

年末・年始の猫達

2015.01.07
最近、猫の写真を載せることが無かったので、年末・年始の写真。ま、普段とあまり変わらない。

スクリーンショット 2015-01-07 17.55.10

スクリーンショット 2015-01-07 17.54.40

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157647848937833/

 最近、また喧嘩が多くなって来ているのが、心配と言えば心配。

ロンドンの人口、過去最高に迫る勢い:ロンドンで英語は必須か?

2015.01.07
今週月曜日、2015年最初のイヴニング・スタンダード紙の一面トップ記事は、おそらく遅くとも2月上旬までには、ロンドンの人口が過去最高の860万人を超えるだろうとの報道。

London population boom: number living in the capital set to hit all-time high within weeks
http://www.standard.co.uk/news/london/london-population-boom-number-living-in-the-capital-set-to-hit-alltime-high-within-weeks-9957804.html

London's exploding population is on the brink of hitting an all-time high, more than three quarters of a century after it peaked on the eve of the Second World War.

Some estimates have suggested the historic landmark of just over 8.615 million could be reached as soon as tomorrow — but at the very latest by early February.

Statisticians believe the record-breaking Londoner is likely to be born in a maternity ward in the first few weeks of 2015, in one of the capital’s outer boroughs where population growth rates are highest.


 ロンドンのこれまでの人口の最高が第2次世界大戦直前というのは驚いたが、最近ロンドンを歩いていて感じるのは、本当に、人が増えた。

 人が増えればそれだけ金が集まるということだが、記事の後半で議論されている、住宅不足は本当に大きな問題。ロンドン中心部では、海外の富豪や当私企業による「高級」住宅ばかりが増えて普通の労働者が購入はおろか、借りることすらできないほど家賃の高い空き家が増えるばかり。火曜日に、リベラル左派系(だと思う)サイモン・ジェンキンス氏によるコラム。

Simon Jenkins: London keeps calling - now the city must cope with the crush
http://www.standard.co.uk/comment/comment/simon-jenkins-london-keeps-calling--now-the-city-must-cope-with-the-crush-9960262.html

Population growth, of course, overcrowds everything. Newcomers may not care, existing residents do. But to complain about house prices during a boom is to complain about the weather. All my life, London housing has been “in crisis”. When a city’s economy turns up, so does the price of space. Trains get more crowded, schools get more frantic, hospitals more jammed, economists more hysterical. Cities must take the rough with the smooth (Hong Kong is far worse).

But there are other costs to size. A boom turns the heads of politicians and planners. It dazzles them and stops them thinking clearly. With London’s financial sector shrinking after the crash, it made sense to direct investment away from the core. It was therefore senseless to build Crossrail 1 to the City rather than Crossrail 2 (Hackney to Wimbledon). It is also doubtful whether we really need a £4.2 billion Thames super-sewer, let alone a giant sports complex at Stratford or an HS2 crashing through north-west London. We certainly do not need 40 empty towers along the Thames. These are the follies of politicians drunk on other people’s money.

It is London’s outer boroughs that desperately need better road and rail links, allowing their housing densities to rise and pressure to lessen on the inner city. We can joke about the South Circular but it is a London disgrace. The orbital railway, “R25”, is Johnson’s most sensible planning idea but it is unreal given the billions he is wasting elsewhere. Sooner or later taxpayers in the rest of Britain will rebel against being forced to subsidise London’s growth.


 東京への一極集中と違うのは、増えている人口の多くが非英国人という点だろう。

We all have our theories for what changed. To me it was a mix of Mrs Thatcher’s City deregulation, the decontrol of rents and soaring immigration. When money pours into a city, so do jobs and people. London’s annual population growth of 100,000 equates broadly to the estimated 100,000 new arrivals from overseas. As a result the majority of Londoners are no longer “white British”. The Met’s 999 call centre has to translate 150 world languages.

 この部分に呼応するかのように、今日のガーディアンにロンドン市長、ボリス・ジョンソン氏のこんな発言。

Boris Johnson: it’s a disaster that some UK citizens don’t speak English
http://www.theguardian.com/uk-news/2015/jan/06/boris-johnson-multi-culty-balkanisation-uk-english-speaking-nhs

Britain’s “multi-culty Balkanisation” of society, in which primary school children have been taught in their parents’ language, has led to a disaster in which many UK citizens cannot speak English, Boris Johnson has said.

He said: “Everybody who comes to London, everybody who comes to work in our economy, should be able to speak English … If you go to Tower Hamlets, you can find people who have been there for several generations who still don’t speak English.

“The media is so massive now, so diverse that people can be tuned in to their own communities and not feel the need to learn the common language of this city and this country. That is a great, great shame. It is a huge wasted opportunity for them. I think everybody in this country, particularly people working in our public services, should speak English.

“I am amazed by reports that people cannot make themselves understood in English in this country to people in the NHS. That is completely wrong. I am sure NHS managers will be taking steps to sort it out. I think we should have a culture in this country that if you come here, you do as the Romans do: you learn English and you speak English. I don’t mean this in a punitive sense. This is a wasted opportunities for these families.”


 ロンドンでイギリス人に遭遇する機会が激減していると思われるし、また、イギリス人自体、移民と交わろとは思っていないのだから、移民側だけの問題とは言えない。でも、個人的には、ジョンソン市長の意見には同調する。折角イギリスに来て、ただ金稼ぎだけという理由だとしても、どうしてこの国、都市のことを知ろうとしないのだろう、と。

 昨日、ポーランド人の知人と話していた時、彼がこんなことを言った。「ロンドンでオランダ、デンマーク、スウェーデンからの移民にあったことあるかい?ロンドンのカフェ等の安い賃金の労働者はギリシャ、スペイン、ボルトガル、そしてポーランドからばかりじゃないか。イギリス人がそのような低賃金の職を意味も無く拒否している限り、ロンドンの外国人労働者が流暢な英語を話せることを期待する方が無理なんだよ」、と。

 イギリスに来る移民の多くは、イギリスで生まれたイギリス人より高い教育を受けているという調査がある。

Foreigners in UK more likely to have a degree: Third of those born abroad have university-level qualifications compared to a quarter of Britons
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2577982/Foreigners-UK-likely-degree-Third-born-abroad-university-level-qualifications-compared-quarter-Britons.html

UK is magnet for highly educated EU migrants, research shows
http://www.theguardian.com/uk-news/2014/nov/05/uk-magnet-highly-educated-migrants-research


 これまで何度か引用している、ロンドンで初めて自分も「移民」だと気づいた時のポスト。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-70.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-71.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-72.html

 5月の総選挙に向けて、移民問題がイギリスでは白熱するだろうな。

風呂敷利用の勧め@ロンドン

2015.01.06
クリスマス前の日曜日、W夫人から電話。今回のクリスマス・ディが、彼女の居住域のゴミ収集日に重なったので、クリスマス・ディとボクシング・ディのあとの収集日の情報を調べて欲しいとのこと。W夫人がどうしてこのようなことで電話してきたかというと、ウェストミンスター区からのいつものリーフレットが来なかった。このような情報はおそらく同区のサイトに掲載されていると思うが、彼女はネットに接続していないから。公共情報をネットでだけ共有するというのは僕もおかしいと思う。

 お易い御用ということで、検索。ヒットしたのはこのリンク。

https://www.westminster.gov.uk/xmas-recycling

 内容をざっと読んでいて目が止まったのが、一番下に掲載されていた「環境に優しいクリスマス」という所。最初の行にあるのは、

A good way to reduce wrapping paper is to use ‘furoshiki’ a Japanese-style of wrapping presents with material which can then be reused

スクリーンショット 2015-01-06 6.51.13

 ロンドンの一つの区のゴミ収集日のペイジで、「風呂敷」という単語が使われているなんて、全く考えたこともなかった。

 風呂敷をこのように紹介してくれているのは、日本人としては嬉しい。でも、本家の日本では、風呂敷で贈り物を持参しても、贈り物自体が包装紙で厚く包まれているというのが昨今の「作法」らしいから、environmentally-friendlyと言えるのかどうか。

 興味があったので、グーグルUKの画像検索で見つけた写真を2点。

furoshiki.png

furoshiki1.jpg

 また、アメリカのサイトのようだが、このようなウェブ。

http://furoshiki.com/

 考えたこと無かったが、Furoshikiという単語が会話にでて来ることもあり得るんだな。僕個人がロンドンで風呂敷に遭遇したのは10年前。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-132.html

 日本からの土産で風呂敷というのは喜ばれると思う。一つ注意すべき点は、外国人が風呂敷を日本人と同じように使うことはしないことが多々ある、ということ。日本人に限ったことではないが、例えば日本からの土産を日本人と同じように使って欲しいと思うだろうが、贈られた物をどう使うかは贈られた側の自由。

ロンドンでは、イギリス人に会えない

2015.01.04
現在、住んでいるフラットの大家は、彼の友人達を驚かせるあることをたまにする。それは、馴染みのカフェ等で新しく働き始めた非イギリス人と話して意気投合すると、「夕食を食べにおいでよ」と誘うこと。これまで数回経験して来て言えることは、大家に何らかの下心は決して無い。大家としては、ロンドンで必死に働く移民を彼なりに、しかし周囲が退いてしまうやり方で労いたいのだろうと思っている。ただ、「誰それ?」、「オフィスのそばのカフェで数ヶ月前から働いている○○人」、と言うのは何度経験しても、早計なことをしているのではと思うのも事実。

 元日の夜、大家が彼のオフィスのそばのカフェ(日本にも進出しているブランド)で「親しくなった」ドイツ人ウェイターと彼の「パートナー」を夕食に招待したからできれば参加して欲しいのだけどとの誘い。元日の夜に外で時間をつぶせる場所なんてほとんどないので承諾したが、何を話せば良いのだろうと煩悶。

 時間通りに到着したドイツ人のLと、彼のアルゼンチン出身の同性婚配偶者のP。そんなことをロンドンで驚いていたらきりがないが、こんな若い人たちとどんな話題で場をつなげばとの不安が高まるし、何より、彼らがどのような期待で夕食に来たのか?
 
 自己紹介をして、相手の出方を探るような応酬は直ぐに終わった。なぜなら、LとPは、よほどの犯罪者でなければだが、人の話を偏見なしで受け止める聞き上手、そして話し上手。

 話し始めて数分の所で、話が進む前に伝えたいことがあるんだけどと三人に言う。

 「L and P, please accept my apology, but when my landlord told me he invited you both tonight, I was seriously wondering whether those unknown people are OK or not. But, I've already been enjoying our conversation. It is nice to meet you」。

 ドイツの文化が好きだと言いながら未だにドイツ本土に行ったことが無い僕にとって、Lとの共通の話題を見つけるのは簡単だった。それは音楽。つい最近、ガーディアンのレヴューで、80年代に訳も判らず聴いていたドイツのインダストリアル・パンク・バンド、Einstürzende Neubauten(アインシュトゥルツェンデ・ノイバウテン)が新譜を出したのを知っていたので、「知っている?」と訊いた。

Einstürzende Neubauten: Lament review – the weirdest first world war commemoration of all
http://www.theguardian.com/music/2014/dec/04/einsturzende-neubauten-lament-review-first-world-war

 そこから、ニナ・ハーゲンとかネーナにまで話が弾んだ。驚いたことに、ネーナは数年前にドイツ国内で大ヒットを飛ばしたそうだ。Lは僕よりずっと若く、僕が名を挙げたミュージシャンの80年代の活躍を直接には知らない。僕にとっては、自分の昔を肯定できる話ができて嬉しかった。

 Lの話を聞くと、随分と世界を回っている。逆に、ドイツにはほとんど帰っていないことが判った。いずれドイツに戻る気はあるのかを訊くと、「戻らないよ。ドイツ、嫌いなんだ。My twin brother loves Germany, but I don't like it」。

 Lと話していて改めて判ったのは、日本のアニメイションの影響。ドイツでは、「南の島のルーシー」、「赤毛のアン」、そして「母を尋ねて三千里」が放映されたそう。それらのアニメイションがどれほど楽しかったかを嬉しそうに話すL。

 アルゼンチン出身の人と話すのは初めてだった。僕よりふた回り若いPは、専門職でロンドンで働いている。どのような流れで質問したのかは既に思い出せないが、Pにアルゼンチンにも日本からの移民は居たのかを尋ねた。彼も直接、日系移民の皆さんにあったことは無いそうだが、特に第二次大戦中は、パタゴニア北部に日本からの移民の皆さんは安全の為に移動したらしいとのこと。

 パタゴニアのことがでたので、この話をしてみた。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1034.html

 驚いたようだが、彼にとって、パタゴニアとウェイルズの間にこんな歴史を聞くことは無かったとの返事に、逆に僕の方も驚いた。

 LとP曰く、パタゴニアでは鉄道網が発達していないので、移動手段は長距離バスがメインになると。不服そうな表情をしたのだろう、すかさずLが、「飛行機のファースト・クラス並みの快適さだから心配する必要は無いよ」。

 二人がロンドンに移動して来たのは3年前とのこと。クリスマス前に読んだある記事が気になっていたので、二人に訊いてみた。「イギリス人とあったことある?」。

 即座に二人から、「イギリス人に会うことはほとんどないよ」、と。

My first Christmas in the UK
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2014/dec/20/-sp-my-first-christmas-in-the-uk

 この記事の二組目、オーストラリアからのカップルは、記事から察するにとてもプロフェッショナルな仕事にロンドンで就いているようだ。にもかかわらず、イギリス人に会うことは多くないらしい。

 ロンドンだけなのかは判らないが、特にロンドンでは、イギリス人に遭遇することは外国人にとってはほとんど稀なことになって来ているように思う。それが良いことなのか悪いことなのかを断じるつもりは毛頭ない。が、僕がロンドンに移動して来てたった十数年だが、ロンドンの変わりようは凄まじいと思う。

 LとPに再び会うかどうかはまだ判らないが、ロンドンらしい元日を過ごせたなと思う。

世界が認める日本のケイキ!:少なくともイギリスでは

2015.01.04
スクリーンショット 2015-01-04 15.55.29
(2014年9月、Park Hyatt Tokyo)

常々、日本のケイキは世界に誇れる「和食」だと思っている。そして、今でも多くの人から、「イギリスは料理が不味いんでしょう」と言われるイギリス発の記事では説得力ないかもしれないが、イギリスを代表するマークス・アンド・スペンサーのパティセリィ部門のシェフが今年、そして2016年のヒット商品のアイデアを得る為に東京に出向いたという記事。

Japan's patisserie chefs lead the world in all things sweet
http://www.independent.co.uk/life-style/food-and-drink/news/japans-patisserie-chefs-lead-the-world-in-all-things-sweet-9955996.html

James Campbell has the best job in the world – or the worst. The patisserie chef, currently masterminding a dessert revolution in the High Street, has tasted 140 Japanese desserts in one week, including 27 in a single day.

Mr Campbell is Marks & Spencer's dessert product developer – his team was responsible for the Jaffa Sphere sell-out success – and he is in Tokyo on a trip to find inspiration for this year's new range of puds and even "the next big trend for 2016". Japan may seem an unusual place to come to scout for new ideas, but the country's patisserie chefs are world leaders after learning their trade in Paris and bringing it home with their own twists.

"It's the absolute precision," explains Campbell. "There is a ridiculous amount of detail that goes into the products here. There's the real trend of French patisserie multiplied by the work ethic and precision of the Japanese which takes it to a whole new level."

European-style patisseries can be found almost everywhere in Japan. Isetan – one of Tokyo's most upmarket stores, has more than 30 patisserie concessions on one floor – far more than in top UK department stores.


M&S's team of developers travel the world searching for the next taste sensation. So, what can we expect to see in this year's range, after the Japan trip? Mr Campbell can't give away all his secrets, but there will almost certainly be yuzu and passion fruit flavours and a big focus on seasonality, which is key to Japanese cooking.

Osami Kubota, executive pastry chef at the Palace Hotel Tokyo, one of the city's finest, explains that using ingredients that are in season was vital in setting Japanese patisserie apart, as well as the "dexterity" and "very delicate craftsmanship"

Given that green tea is everywhere in Japan, including in ice-cream and even KitKat bars with pale green chocolate, I assumed we could expect green tea to crop up, but Mr Campbell says the British palette is not ready for this yet. Instead tea, whether it be green, earl grey, or various Chinese blends, will be used as perfume rather than flavour. This month, M&S is launching Matcha (green tea) and Earl Grey chocolates.


 個人的に、抹茶味は好みではない。ケイキを堪能したいのであれば、シンプルな生クリームが適量に使われているケイキが一番。でも、マークスの試みには敬意を表するし、どのような味になるのか、興味津々。

スクリーンショット 2015-01-04 15.55.54
(2014年9月、ホテル・オークラ)

日本帰国時に撮り集めたケイキやお菓子
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157649700205498/

Golem @ Young Vic

2015.01.01
DSCN7977.jpg

演劇を観に行かない最大の理由は、台詞を咀嚼するのが面倒くさいから。が、友人からこれはかなり面白そうだからと説得され、ヤング・ヴィクで上演中の「ゴレム」という舞台を観てきた。思いのほか楽しめた。

http://www.youngvic.org/whats-on/golem

 ガーディアン本紙以外は、5星、4星のレヴューで評判が高く、観に行ったのは土曜日のマチネながらほぼ満席の盛況だった。この舞台で注目を集めた点の一つは、中心キャラクターであるゴレムがCGであること。このCGを含めて舞台セットはとても秀逸。

 得意分野でない舞台ということで、観ている時に過去の経験からのレファレンスを総動員した。今回の「ゴレム」の主題である、コンピューター等に人間の自主性が徐々に奪われて行くというのは、手塚治虫が「火の鳥」の未来編で描いた物語と重なる。

 現代ということで、オンライン・ショッピングを利用するのに似た感覚で、人間が自分で考える能力を次第に去勢されて行く(と言うのはパワフルすぎる表現ではないかとは、同行した友人の意見)。言い換えると、自分の生活の中で、decision makingの能力をコンピューターによって次第に弱体化されて行く過程が描かれる。

 具体例は、僕たちの日常生活に溢れている。アマゾンを使えば、毎日のように、「Mr Moriya, we think you may like these items because you have bought such items」というメイルが届く。最初のうちはうっとうしく思う程度でも、次第にもしかしたらアマゾンが勧める商品を買っていれば選ぶ面倒が省けると思ってくるだろう。

 このような舞台だから、舞台上のパフォーマー達の演技力を判断することは難しい。パトロナイジングな印象を感じる場面もあった。しかし、「今」を強く感じるという点では、よく練られた舞台。

Paddington the movie: 全ての移民の為に

2015.01.01
スクリーンショット 2015-01-01 13.06.45
The Journey of Marmalade

あけましておめでとうございます。最近、分量が薄くなって来ているかなと感じつつ、のんびり読んで頂ければいいなと。

 先週末、「Paddington」を観てきた。原作は子供向けだが、今回の映画の物語は、原作者には相談しなかった部分もあると言うことだったので、大人の鑑賞にも堪えるものだと思っていた。結果、何度も涙が込み上げてきてしまった。

 ひとりぼっちでペルーを離れてイギリスに向かう時、パディントンはロンドンに着いたら人々は親切で、直ぐに彼の家が見つかることを疑っていなかった。

 パディントン駅になんとか到達したひとりぼっちのクマ(このパディントンの意味が分かる場面、https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/16072610441/)は、行き交う通勤者に何度も、何度も、何度も挨拶を繰り返すが、彼に答える人は居ない、というかそこにクマが居ることに驚くことすらない。夜になり疲れているけど声をかけてやっと彼に応えたのがブラウン夫人。

 もうこの時点で、昨今の移民へのイギリス国内での風当たりの強さ、そして僕自身の来し方がこみ上げて来て、目が潤んでしまった。期待に弾んだ気分は、新しい土地での全く逆の対応に、悩み、苦しみ、怒り、そして移民達は自分の場所を見つけて行く。

 ニコール・キッドマンをのぞけば(彼女は本当にオスカー俳優なのか)、とても満足した。そして、映画を通じて上っ面だけとは判っていても、ロンドンにはまだ少しだけ、夢が残っているのかもしれないと感じる終わり方を含めて、feel good factorsに溢れた映画だと思う。

 ロンドン市内に設置されていた50体のパディントンは、12月30日で展示が終了し、オークションにかけられる(た)。おそらく50体を制覇した人はいるのだろうと思うが、30体だってよくやった方だと思うし、何より、鞄や後ろ姿まできちんと撮影したのは、記録として意味があるかなと自画自賛。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157649256681486/

 写真を撮っている話を何人かの友人・知人に話した。知人の一人は、パディントン駅から歩いて行けるリトル・ヴェニスのナロー・ボートで暮らしている。知人に、1番目のパディントンが設置されていた「レンブラント・ガーデンズ」の名前を初めて知ったと話したとき、面白い話を聞いた。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/15801509111/

 「レンブラント」の名前の縁で、毎年春になると、オランダからこの小さな庭に沢山のチューリップが贈られるとのこと。

 キャメロン君、イギリスが欧州連合を離脱すると、このチューリップの贈り物が届かなくなるかもしれないのだから、選挙を理由に離脱するなんて決して口にしないように。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.