LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2015年02月の記事一覧

Penguin Little Black Classics: 1冊、80ペンス!

2015.02.28
DSC02937.jpg

ウィグモア・ホールからの帰り、マリルボーン・ハイ・ストリートのドーント・ブックスのウィンドウに目が止まった。中に入ると、新刊・話題の本の一角が黒い表紙の本で飾られていた。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157648754887014/

 なんだろうと手に取ると、裏表紙にはおなじみのペンギンのロゴ。で、驚いたのはその価格。1冊、80ペンス!

 著名な僕が知っているタイトルは余りないようだが、名前を知っているけど手に取ったことがない著者の本がたくさん。帰宅して検索してみたら、ウェブで紹介されている。

http://www.penguin.co.uk/recommends/penguin-selections/little-black-classics/

http://www.littleblackclassics.com/

Penguin Little Black Classics review – affordable snippets of great literature
http://www.theguardian.com/books/2015/feb/24/penguin-little-black-classics-review

 80タイトルで、もちろん個別に購入することはできるが、80冊を一気に大人買いもできるようだ。

It was quite overwhelming, to open the box containing all 80 of these booklets – one for each year in the life of Penguin Books. Each is around 60 pages long; each is an extract from the Penguin Classics range. Where to start?

 ウォルト・ホイットマンは好きな詩人なので迷いなく購入。ロンドンに大火事があったということは知っているけど、それがいつだったのかは全く知らないので、誰だか全く知らないが、Samuel Pepysによる「The Great Fire of London」。そして、マルクス同様、どれだけの人々がきちんと読んだのか全く判らないし、読む気の全く無かった、でもタイトルに惹かれてNietzscheの「Aphorisms on Love and Hate」を購入。つまらなかったとしても、80ペンスだし。

 日本の書店に行くといつも驚くのは文庫本の値段。いつからこんなに高額になってしまったのだろうと思う。シンプルで良いから、古典はもっと入手し易い価格にして欲しい。

 全80タイトルは、以下の通り。

Little Black Classics – the list in full

1. Boccaccio: Mrs Rosie and the Priest

2. Gerard Manley Hopkins: As Kingfishers Catch Fire

3. The Saga of Gunnlaug Serpent-tongue

4. Thomas de Quincey: On Murder Considered as One of the Fine Arts

5. Friedrich Nietzsche: Aphorisms on Love and Hate

6. John Ruskin: Traffic

7. Pu Songling: Wailing Ghosts

8. Jonathan Swift: A Modest Proposal

9. Three Tang Dynasty Poets

10. Walt Whitman: Alone on the Beach at Night

11. Kenko: A Cup of Sake Beneath the Cherry Trees

12. Baltasar Gracian: How to Use Your Enemies

13. John Keats: The Eve of St Agnes

14. Thomas Hardy: Woman Much Missed

15. Guy de Maupassant: Femme Fatale

16. Marco Polo: Travels in the Land of Serpents and Pearls

17. Suetonius: Caligula

18. Apollonius of Rhodes: Jason and Medea

19. Robert Louis Stevenson: Olalla

20. Friedrich Engels and Karl Marx: The Communist Manifesto

21. Petronius: Trimalchio’s Feast

22. Johann Peter Hebel: How a Ghastly Story Was Brought to Light by a Common or Garden Butcher’s Dog

23. Hans Christian Andersen: The Tinder Box

24. Rudyard Kipling: The Gate of the Hundred Sorrows

25. Dante: Circles of Hell

26. Henry Mayhew: Of Street Piemen

27. Hafez: The nightingales Are Drunk

28. Geoffrey Chaucer: The Wife of Bath

29. Michel de Montaigne: How We Weep and Laugh at the Same Thing

30. Thomas Nashe: The Terrors of the Night

31. Edgar Allan Poe: The Tell-Tale Heart

32. Mary Kingsley: A Hippo Banquet

33. Jane Austen: The Beautifull Cassandra

34. Anton Chekhov: Gooseberries

35. Samuel Taylor Coleridge: Well, They Are Gone, and Here Must I Remain

36. Johann Wolfgang von Goethe: Sketchy, Doubtful, Incomplete Jottings

37. Charles Dickens: The Great Winglebury Duel

38. Herman Melville: The Maldive Shark

39. Elizabeth Gaskell: The Old Nurse’s Story

40. Nikolai Leskov: The Steel Flea

41. Honore de Balzac: The Atheist’s Mass

42. Charlotte Perkins Gilman: The Yellow Wall-Paper

43. CP Cavafy: Remember, Body...

44. Fyodor Dostoevsky: The Meek One

45. Gustave Flaubert: A Simple Heart

46. Nikolai Gogol: The Nose

47. Samuel Pepys: The Great Fire of London

48. Edith Wharton: The Reckoning

49. Henry James: The Figure in the Carpet

50. Wilfred Owen: Anthem for Doomed Youth

51. Wolfgang Amadeus Mozart: My Dearest Father

52. Plato: Socrates’ Defence

53. Christina Rossetti: Goblin Market

54. Sindbad the Sailor

55. Sophocles: Antigone

56. Ryūnosuke Akutagawa: The Life of a Stupid Man

57. Leo Tolstoy: How Much Land Does a Man Need?

58. Giorgio Vasari: Leonardo da Vinci

59. Oscar Wilde: Lord Arthur Savile’s Crime

60. Shen Fu: The Old Man of the Moon

61. Aesop: The Dolphins, the Whales and the Gudgeon

62. Matsuo Bashō: Lips Too Chilled

63. Emily Bronte: The Night Is Darkening Round Me

64. Joseph Conrad: To-morrow

65. Richard Hakluyt: The Voyage of Sir Francis Drake Around the Whole Globe

66. Kate Chopin: A Pair of Silk Stockings

67. Charles Darwin: It Was Snowing Butterflies

68. Brothers Grimm: The Robber Bridegroom

69. Catullus: I Hate and I Love

70. Homer: Circe and the Cyclops

71. DH Lawrence: Il Duro

72. Katherine Mansfield: Miss Brill

73. Ovid: The Fall of Icarus

74. Sappho: Come Close

75. Ivan Turgenev: Kasyan from the Beautiful Lands

76. Virgil: O Cruel Alexis

77. HG Wells: A Slip under the Microscope

78. Herodotus: The Madness of Cambyses

79. Speaking of Śiva

80. The Dhammapada


スポンサーサイト
Books    Comment(2)   ↑Top

猫は物憂げがにあう

2015.02.25
スクリーンショット 2015-02-25 8.39.42

久しぶりに撮らせてもらえたけど、もっと愛想を良くして欲しいぞ。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157650616081220/


猫だってたまにはおしゃれをしたい、のか?

2015.02.22
スクリーンショット 2015-02-22 20.50.29

大家の特別な日ということで。


しんぶん赤旗はアメリカでも読まれている

2015.02.19
作家の曾野綾子さんのコラムは、異文化の間のコミュニケイションには軋轢があるであろうという点ではその通りだが、だからといって移民を差別、本人は区別らしいが、するという意志は充分以上に考察するべきだった。

 このコラムが海外でどのように報道されているかの一例を、思想家の内田樹さんがご自身のブログで紹介している。

アパルトヘイトをめぐるThe Daily Beast の記事から
http://blog.tatsuru.com/2015/02/18_0935.php

 内田さんが引用しているのは、2008年から活動しているアメリカのニュース・サイトの一つ、The Daily Beast。正直、内田さんの記事を読むまでこのサイトのことは知らなかった。

South Africa Scolds Japanese Author for Endorsing Apartheid
http://www.thedailybeast.com/articles/2015/02/16/south-africa-scolds-japanese-author-for-endorsing-apartheid.html

 翻訳は内田さんが既にしているのでそちらを。僕がこの記事で驚いたのは、記事の中で引用されているあるニュースが、しんぶん赤旗からということ。

One possible reason the Japanese mainstream media is reluctant to criticize Sono and the Sankei newspaper is due to the fact that Prime Minister Abe makes it a habit to regularly wine and dine the top executives of Japan’s media groups, often at the same time—usually before major political announcements or decisions—creating a cozy relationship that makes criticizing him or those close to him particularly awkward or difficult in Japanese culture.

 青字にした部分が本文でリンクになっていてクリックすると。

報道各社“権力監視”どこへ
靖国・消費税・集団的自衛権 その夜に…
首相、メディア関係者と会食

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-05-30/2014053001_01_1.html

メディア戦略を重視する安倍晋三首相が、靖国神社参拝や消費税増税実施、集団的自衛権容認への検討指示など、重要な政治行動の節目ごとに、マスメディア幹部と会食している実態がわかりました。これらの問題で、首相がメディア対策に躍起になっていることを示すもの。同時に、権力を監視する役割をもつメディアとしてのあり方が問われています。

 アメリカ社会のどの階層でしんぶん赤旗を読む人が居るのか、また読む目的は全く判らない。ただ、日本のいち政党の機関新聞の一つの記事が、アメリカ発の日本分析記事の中で引用されている事実がとても興味深い。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-513.html

 上記のポストの中でリンクを張ったインディペンデント紙の記事は見つからなかった。が、こんなのを見つけた。

Celebrating the archives of the Communist press
http://www.peoplesworld.org/celebrating-the-archives-of-the-communist-press/

記事掲載は、広告主様のご意向のままに:デイリィ・テレグラフの場合

2015.02.19
内部告発者からの顧客リストによりフランスのル・モンド、イギリスのBBCとガーディアン等のメディアのスクープ、HSBCのスイスにある部門が超裕福な顧客の脱税を支援/指南していたニュースは僕の知る限りでは、日本をのぞく先進国ではとても大きく報道されている。新しい動きは、スイスのプライヴェイト・バンク部門に家宅捜査が入ったこと。

金融大手HSBC、スイス子会社に家宅捜査 資金洗浄容疑で
http://www.afpbb.com/articles/-/3040037

 日本のメディアが詳しく報道していないなと感じるのは僕の間違いかもしれない。この報道に関して日本ではおそらく報道されないであろうことがある。それは、ブロードシートの新聞の中で購読者数トップのデイリィ・テレグラフがこのことほぼ全く掲載していないこと。テレグラフはとてもつまらなくなって来て今は定期購読していない。たまに、ウェイトローズで買い物をする時に無料で入手する程度。このニュースが大きく報道されるようになった頃、数日無料で入手したので読んでみた。すると、マードック所有の「あの」タイムズ紙ですら、一面ではないが政治面や社会面で報道しているにもかかわらず、テレグラフはほぼ黙殺。ガーディアンの

With penalties so weak, tax evasion is worth the risk
http://www.theguardian.com/commentisfree/2015/feb/10/with-penalties-so-weak-tax-evasion-is-worth-the-risk

 に、「テレグラフが報道しないのは、双子のオーナーの名前が顧客リストにあるからでは?!」と書き込んだら削除されてしまった。

 このまま黙殺でニュースが消えるのを待つのかなと思っていたら、内部から動きがあった。テレグラフ紙の政治コメンテイターが、このニュースを報道しない上層部の方針に反発して辞任した。

Telegraph's Peter Oborne resigns, saying HSBC coverage a 'fraud on readers'
http://www.theguardian.com/media/2015/feb/17/peter-oborne-telegraph-hsbc-coverage-fraud-readers

“Telegraph readers are intelligent, sensible, well informed people. They buy the newspaper because they feel that they can trust it. If advertising priorities are allowed to determine editorial judgments, how can readers continue to feel this trust?

“Imagine if the BBC – so often the subject of Telegraph attack – had conducted itself in this way. The Telegraph would have been contemptuous. It would have insisted that heads should roll, and rightly so.”

Oborne later stepped up his criticism, saying that he was speaking on behalf of the “vast majority” of Telegraph staff in saying that they had no confidence in MacLennan or the Barclay brothers.

He told Channel 4 News: “I do think the Telegraph needs to explain to us, why its coverage of HSBC has been skewed, and not just to us. The really important people they need to explain this to is the readers of the Daily Telegraph. They are the people who trust the paper.”

More Telegraph writers voice concern
http://www.bbc.co.uk/news/health-31529682

 簡単にまとめると、内部ではHSBCの脱税支援のことを報道したい動きはあったようだが、編集局長とオーナー「様」のご意向により広告主、この場合HSBCを失いたくなかったのではないかと。

 今朝、BBCのラジオ・ニュースで、家宅捜査が入ったからだろう、「テレグラフがやっとHSBCのことを一面に掲載した」と言っていた。写真を撮ろうかと思ったのだが、一面の右下のほんの少しだけだった。

 オーナーのバークレィ兄弟は何とも思っていないだろうけど、政府批判ができない日本の報道機関に比べれば、このような動きがあることは、イギリスのメディアはまだ踏ん張っているのかなとも思う。

[追記1]
 やっぱり。

Telegraph owners' £250m HSBC loan raises fresh questions over coverage
http://www.theguardian.com/media/2015/feb/19/telegraph-250m-loan-hsbc-editorial-changes-yodel

 で、テレグラフ紙の何とも情けない、全く見苦しい言い訳。

The Telegraph's promise to our readers
http://www.telegraph.co.uk/comment/telegraph-view/11423912/The-Telegraphs-promise-to-our-readers.html

This newspaper makes no apology for the way in which it has covered the HSBC group and the allegations of wrongdoing by its Swiss subsidiary, allegations that have been so enthusiastically promoted by the BBC, the Guardian and their ideological soulmates in the Labour Party. We have covered this matter as we do all others, according to our editorial judgment and informed by our values. Foremost among those values is a belief in free enterprise and free markets.

We are proud to be the champion of British business and enterprise. In an age of cheap populism and corrosive cynicism about wealth-creating businesses, we have defended British industries including the financial services industry that accounts for almost a tenth of the UK economy, sustains two million jobs and provides around one in every eight pounds the Exchequer raises in tax.

We will take no lectures about journalism from the likes of the BBC, the Guardian or the Times. Those media outlets that are this week sniping about our coverage of HSBC were similarly dismissive in 2009 when we began to reveal details of MPs’ expenses claims, a fact that speaks volumes about their judgment and partiality.


 よほど追い込まれのかな。そうだとしても、何とも惨めな言い訳。

オランダはけっこう美味しかった

2015.02.18
スクリーンショット 2015-02-18 10.33.30
(2015年2月15日)

週末、歩行にやや困難のある友人とアムステルダムへ。いろいろ面白かったので書きたいことはあるのだが、今週、来週はかなり予定がつまっているので、それでも忘れないうちになんとか。

味な地球儀、2015年2月17日

2015.02.17
*著作権は、日本経済新聞社に帰属します。

DSC02914.jpg
DSC02915.jpg

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157650591221698/

ウィグモア・ホールの2015/16シーズンの演目

2015.02.11
昨日のイヴニング・スタンダード紙で大きく報道されていたように、2015/16のウィグモア・ホールの演目がかなり素晴らしい。

http://wigmore-hall.org.uk/news/2015-16-wigmore-series

Sir Simon Rattle to make his Wigmore Hall debut
http://www.theguardian.com/music/2015/feb/10/sir-simon-rattle-wigmore-hall-debut

 シューベルトの全ての歌曲を年間を通してとか、エリナ・ガランチャのデビューとか、ヴァルトラウト・マイヤーが本当に久しぶりに降臨してくれそうだとか話題がたくさん。

9月12日(シーズン初日):イェスティン・デイヴィース

9月14日:アンナ・カタリナ・アントナッチ(ランチタイム・コンサート)

10月2日、5日:マグダレナ・コジェナ、内田光子

10月29日:クリストフ・プレガルディャン(シューベルト・ソング・シリーズ)
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2139.html

11月8日:クリスティアン・ゲルハーエル

11月19日:イェスティン・デイヴィース、アンドレアス・ショル

11月30日:ベジュン・メータ
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1901.html

12月4日:イェスティン・デイヴィース、アラン・クレイトン

12月11日:エリナ・ガランチャ
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-996.html

12月15日:ヴァルトラウト・マイヤー
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-230.html

12月21日(12月20日、東京に居たいのだが):ヌリア・リアル、ラルベジィアータ
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2182.html

2016年1月29日:マグダレナ・コジェナ、サイモン・ラトル

2月4日:クリスティアン・ゲルハーエル

3月23日:アナ・ハレンバーグ
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2217.html

3月31日:クリスティアン・ゲルハーエル

4月4日(この日付に意味はあるのだろうか?):ウィリアム・クリスティ
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1044.html

4月8日:クリストフ・プレガルディャン(シューベルト・ソング・シリーズ)

4月17日:ユリアン・プレガルディャン(シューベルト・ソング・シリーズ)
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2369.html

5月6日:マーリス・ペテルセン

5月22日:アナ・プロハスカ
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2271.html

 シューベルト・ソング・シリーズは、資金に余裕があれば、全部行きたい。上に挙げたのだけでもかなりの出費になるだろうし、1月29日は無理だろう。聞いていたよりもカウンターテナーの出演がかなり少ないのが残念。

Songs    Comment(0)   ↑Top

黄身二つの卵、絶対に買えます@マークス・アンド・スペンサー

2015.02.11
double.jpeg
(ガーディアンから拝借)

イギリス発のこぼれ話として日本でも報道されるかと思ったけど、イギリス国内でも小さな記事だったので紹介。イギリス大手小売りの一角、マークス・アンド・スペンサーが先週から、黄身が必ず二つの生卵6個パックの販売を始めたとのこと。

M&S to sell boxes of guaranteed double-yolk eggs
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2015/feb/07/ms-to-sell-boxes-of-guaranteed-double-yolk-eggs

Marks & Spencer has launched a carton of guaranteed double-yolk eggs, despite the probability of finding just one being one in 1,000.

The six packs of British free range eggs would go on sale nationwide this weekend, M&S said, with each egg containing two or more yolks.


 マークス・アンド・スペンサーは、千個に一個の割合で起こる「黄身が二つ」の卵しかはいっていないパックの販売を始める。

They tend to come from young hens whose hormone system has not yet fully developed.

It is common to find more than one double yolker in a box because all the hens in a flock are the same age.

But to ensure a full box of six, M&S suppliers use a method called “candling” to individually inspect each egg by hand in front of a bright light to show the shadow of the yolks inside.

 黄身が二つの卵は若い雌鳥で起こる確率が高い。更に、「黄身が二つ」を確実に見極める為に、生産者はロウソク(じゃなくて電灯だと思うが)の灯りに透かして確認する。

 そこまでして「黄身が二つ」入った卵を欲しいと思う人はいる、のだろう。それに、黄身が二つと判っていても、割って二つでて来たら、訳もなく晴れやかな気分になれるかもしれない。

パスポート取り上げから考えること:秘密保護法の暴走

2015.02.11
外務省がシリアに渡航する計画を立てていた「ジャーナリスト」のパスポートを取り上げたことは、おおむね、良い判断だとされているよう。

Japan confiscates journalist's passport to stop him going to Syria
http://www.theguardian.com/world/2015/feb/09/japan-confiscates-journalists-passport-to-stop-him-going-to-syria

 このジャーナリストの資質を問う情報を僕は持たないので、コメントはできないし、するつもりは無い。今回のことで僕が最も気にかかっているのは、パスポートを取り上げる「力」が政権にあるとして、では、「この人物は危ないからパスポートを取り上げよう」という行動にでた時、秘密保護法が政府の思う方向で施行されれば、パスポートを取り上げられる人も、社会もその理由を知る術が無いまま、国に従うしかないのでは。

 日本の政治構図が戦前に戻るのではないかと危惧する人は多い。僕は、既に戻ってしまっているのではとしか思えない。

移民(or 奴隷)は欲しいけど、一緒には暮らしたくないby曾野綾子、産經新聞

2015.02.11
スクリーンショット 2015-02-11 13.01.02

Because many people have already shown their surprise and rejection towards what Ms Sono has written in Sankei Shimbun, I may not need to add what I have felt.

However, my initial reaction is, "Is Ms Sono not old enough to remember what happened to Japanese-American or Japanese in America when WW2 was approaching its end?"

It is obvious that there must be many different things between different nationalities. Some countries know how difficult to do this task, but they have been trying. It seems that the Japanese desperately need immigrants, but they have already given up their effort to integrate themselves with the immigrants.

What Ms Sono wrote is that she does need slaves, but she cannot think why she needs to live with them in a place she lives. How marvelous!

曽野綾子さん「移民を受け入れ、人種で分けて居住させるべき」産経新聞で主張
http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/10/sankei_n_6657606.html

[追記:2月12日]
友人から、現在、日本で起きている外国人居住者と日本人の住民との間に起きている軋轢の情報を教えてもらった。

 イギリス国内でも同じだが、移民を受け入れることで生じる軋轢の解決を一般住民に押し付けるのは無理。国、行政が取り組む課題だ。イギリスのように、日本のやり方が嫌ならどうぞお引き取りください、と言える国にならないと。

 今の日本はまだ、かろうじて日本に移住して来る外国人を指導・啓蒙できる余力があると思う。安倍政権は、外に出て華々しいことばかりをしようとしているが、国内のことをしっかり見つめなければ、後戻りできない場所を過ぎるのはあっという間だろう。

日本が戦争に突入してしまうプロセスの記録として:産經新聞のコラム

2015.02.09
友人から、2月7日付けの産經新聞の一面に掲載されたコラムのことを教えてもらった。

スクリーンショット 2015-02-09 6.49.43

 全国新聞紙の一角が公然と、悪びれること無く自国の憲法を貶めている。読む人に「暴力」を、「戦争」をけしかける。政治的にとことんまで破綻していて、更にどん底までまたどり着いていないどこの国?、と。

 この画像のトゥイッターに寄せられているコメントを流し読みしたが、日本の教育水準って、金を下水溝に捨てているようなもの。

戦争、反対!

メディアの独立性を維持するには:ガーディアンの場合

2015.02.06
タイトルは大仰かもしれないが、メディアの偽善を糾弾するとかではない、念のため。

 今日のガーディアン本紙の中程に、ガーディアンの人気コラムニスト、言い換えると保守派からは最も嫌われているコラムニストの一人、ポリィ・トインビィ女史による、ガーディアン・メンバーシップの広告が大きく展開されていた。

Polly Toynbee: 'If you read the Guardian, join the Guardian'
http://www.theguardian.com/membership/2015/feb/06/polly-toynbee-if-you-read-the-guardian-join-the-guardian

The Guardian’s life has always been precarious because we don’t have an owner or a corporation propping us up. We don’t have a press baron or oligarch ordering us to take their political or commercial line. We swim alone in a dangerous world of media sharks, our independence precious and unique.

Our free and progressive voice matters not just for our own sake, but for the politics and diversity of a society currently dominated by the views of a few media owners with similar views to each other.

The Guardian is always free to hold power to account: to take on politicians, global corporations, the secret security state or great vested interests.

We have dared where many shied away – on Wikileaks, the Snowden revelations or hacking and intrusion by the Murdoch press and others. The Guardian won the Pulitzer prize last year for public service journalism. Journalists who work here are not part of the press pack who must always keep one eye looking over their shoulder at their proprietor’s political whims – on business, on taxation or the European Union.

The Guardian is committed to keeping journalism freely open to all online. We have no paywall - and we continue to build a picture of a unique progressive global community.

 FTや日経のような専門性の高い新聞はともかく、一般新聞でガーディアン並みにほぼすべての記事をオンラインで読める新聞はどれくらいあるのだろうかと思う。

The online revolution has seen us become one of the most read newspapers in the world, with 100m browsers visiting our website every month. And to do all that, we rely on the support of you, our readers.

There is an instinctive bond between Guardian readers – we almost nod to one another as we read the paper on a train. Now you can actually join and support us by becoming a member of the Guardian. Come to events with us, debate the great issues of the day, meet up with Guardian writers and readers.

 電車の中でガーディアンを読んでいる人たちがうなずき合うというのは、本当なら退く。

As a member, you matter to us not just for your support, but because we gain from your insight too. Through the conversations we are having together at membership events we get new ideas, we learn what’s happening, members meet each other, and we can challenge conventional wisdoms together.

If you read the Guardian, join the Guardian. Support fearless, open, independent journalism. And have a great time doing it.


 トインビィ女史が語っているメンバーシップはこれ。

https://membership.theguardian.com/

 2014年の9月にメンバーシップの案内が届き、新聞社のメンバーシップってなんだろうと思いつつ、直ぐに無料の「フレンド」に登録した。平の会員は通常、あまり恩恵は無いが、例えば先月のパリでの虐殺事件が起きたとには、直ぐにライヴ・ディベイトを設定して、その模様は会員登録しておけば全員がライヴで見ることができた。

 購読者数でデイリィ・テレグラフとタイムズに大きく差を付けられての3位というのは、経営を維持するには困難があるのだろうと思う。特典にはあまり興味を惹かれないが、余裕があればパトロンに参加したい。でも、既に毎月の購読料で既に£45−を払っているので、僕にとって魅力のある特典が追加されるまでもう少し様子見。

ダーイシュ(ISIS or ISIL)に関する報道、コメント

2015.02.04
神が居ようが居まいが気にしないが、宗教が人の心と尊厳を翻弄する限り、全ての宗教はカルト、という立ち位置。しかしながら、テロリストの呼称によって無意味な差別が生み出されることには反対なので、「ダーイシュ」という呼称にする。

「イスラム国」という名称の変更を希望します
http://nagoyamosque.com/3107.html

 今朝、大家と議論になったのは、宗教が非道な虐殺を繰り返すのは、今回のことだけではないということ。記憶に新しい所では、イスラエルによるガザへの猛爆撃。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2300.html

 キリスト教も、過去に多くの命を踏みにじって来た。今でも、女性の地位を平等に認めないという点においては他の宗教と何ら変わりない。

 これまでずっと書いているように、僕は政治的にレフティ。だから情報が偏っていることは認める。今回のダーイシュによる日本人、ヨルダン人の人質の虐殺が、ことに日本においては、日本が新たな戦争の先陣を切ってしまうのではないかとの危機感が大きくなるばかり。以下のリンクに、順位は無い。

首相「9条改憲」執念
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-02-04/2015020402_01_1.html

東大名誉教授・石田雄氏 「戦争に向かった戦前と似ている」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/151621

古賀茂明氏が語る「I am not Abe」発言の真意
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156835/1

判断ミス続けた安倍政権が「テロに屈しない」と息巻くリスク
http://nikkan-gendai.com/articles/view/news/156899

日本のジャーナリズムを殺したのは「平和国家日本」を消滅させた安倍である

http://blog.goo.ne.jp/sakate2008/e/5a35f77eb904849c89854dcab121534d

内田樹×内藤正典 「安倍政権は本当に何も知らない外交オンチか、それとも狡猾なのか?」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150203-00042911-playboyz-pol

 憎悪の連鎖は、始まってしまっている。日本、特に安倍政権は、この状況になんだか浮かれているようにすら思える。

 僕は、日常生活の中でムスリムと接することが多いだけで、政治的背景、文化の経緯をきちんと理解してこのポストを書いている訳ではない。が、それでも、このダーイシュによって引き起こされた文化の軋轢/断絶を知ることは必要だと感じている。

イスラム国による日本人人質事件 今私たちができること、考えるべきこと
http://bylines.news.yahoo.co.jp/itokazuko/20150131-00042568/

人質殺害事件に寄せて
http://www.newsweekjapan.jp/column/sakai/2015/02/post-904.php

 ソウル・フラワー・ユニオン中川敬さんがこう書いている。

 「動画、画像を拡散するな。探して見るな。」

 ダーイシュへの憎悪は、日本だけではないが、人々の悪趣味なのぞき趣味を更に醜くしたと思う。

【AFP記者コラム】「イスラム国」の斬首動画が報道機関に突きつけた課題
http://www.afpbb.com/articles/-/3026762

【AFP記者コラム】中東の流血写真と映像に向き合う編集者の苦悩
http://www.afpbb.com/articles/-/3029096

戦争犠牲者の遺体の写真は、観る側にとって「権利」なのか?
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2301.html

 知る権利は、殺された人々の尊厳を踏みにじること。それは、テロリストが犯した虐殺を肯定するだけ。

戦争、反対!

食品アレルギー性分の表示

2015.02.04
先月、冬の風情も良かろうとキュー・ガーデンズに行った。キューに行ったからには寄らないで帰れないNewens

http://www.theoriginalmaidsofhonour.co.uk/

 テイブルに案内されて開いたメニューに以下の物が。

スクリーンショット 2015-02-04 15.06.03

 イギリスでもここまでアレルギー性分の表示が徹底されて来ているのかと。で、思い出したのが、昨年の12月にイヴニング・スタンダード紙で読んだ記事。

London's best restaurants for food allergy sufferers and gluten-free options
http://www.standard.co.uk/goingout/restaurants/revealed-londons-best-restaurants-for-food-allergy-sufferers-9914264.html

London's best restaurants for food allergy sufferers were named today in advance of new rules requiring “problem” ingredients to be listed on menus.

European Union regulations come into force on Saturday December 13, requiring 14 allergens such as gluten, eggs, milk, nuts and crustaceans to be listed on menus or for verbal warnings to be given by staff. The rules will apply to all unpackaged food sold in restaurants, cafes, deli counters, bakeries and sandwich bars.


 EUが決めなかったら、イギリスでこんなこと起きなかったかもしれないと思いつつ。食品アレルギーがある人には良い方向に進んだと言えるだろう。

 外食でのアレルギー表示に関しては、日本の方が進んでいると思う。一方で、ヴェジタリアンが積極的に外食を日本で楽しめるのだろうか、という記事をインディペンデントが年末に掲載した。

Japanese vegetarians campaign for Tokyo's 50,000 restaurants to offer meat free dishes
http://www.independent.co.uk/life-style/food-and-drink/news/japanese-vegetarians-campaign-for-tokyos-50000-restaurants-to-offer-meat-free-dishes-9946598.html

"We don't want to increase the number of vegetarian restaurants," said one of the group's four founders Aya Karasuyama. "We want vegetarian food to be served in normal restaurants. This hardly exists at present. People think vegetarians are strange and only eat salad."

 この発言は言い得ていると思った。先週再び、今年の初夏に日本に行く計画を立てているあるイギリス人カップルに基本的な情報を話した。いつものようにでたのは、「日本食は、基本的にヴェジタリアンなんでしょ?」。

 これを納得させるのが本当に難しい。記事から引用したように、イギリス、少なくともロンドンで僕がたまに行くレストランでは、普通のメニューと並んで、これはヴェジタリアンの料理という選択が幾つもある。しかし、日本に戻ると、最初から最後までヴェジタリアンで通せる普通のレストランに遭遇したことは、僕個人の経験では、まだ無い。

 ヴェジタリアンに気を使いすぎる必要は無いと思う。他方、ヴェジタリアンがサラダだけを食べている訳ではない、ということは知っておいても良いだろうと考える。

アイエルツ(IELTS)試験会場で指紋認証

2015.02.02
アカデミックに再び片足を入れたいなと計画していて、受ける必要はもはや無いのだけど、久しぶりにアイエルツを受けた。

http://www.ielts.org/

https://ielts.britishcouncil.org/

 数年前、マスター・コースの準備をしていたとき、アイエルツを準備なしで受けたら思いのほか苦労したので、今回は最近の傾向にざっと目を通しておいた。本番では、Readingの問題文の分量、質問の引っかけ具合に驚いた。初めてアイエルツを受けた2000年の時と比べると、全く違う英語を読んでいるように感じた。

 それはさておき、選んだ会場はUniversity of Westminster。指定の校舎に到着すると受付には既に長い列。急ぐ理由は無いので最後まで待った。僕の一人前の北アフリカ(もちろん推測だが、モロッコとかアルジェリアかな)系と思われるムスリムの若い男性がIDの不備で受験を拒否された。

 午前中の試験が行われる教室に向かう。再び、そして更に長い列。しかも進みがとても遅い。何をしているのかといぶかしく思っていると、列の前に行って確認して来た女性が「写真を撮っている」と。

 列に並んでから長さが半分くらいになったあたりで、担当男性の声が聞こえた。

 「Please tap your finger here」。

 え、どうして指紋を?この時点では合点が行かなかった。

 午前の筆記が終わり、試験会場の責任者が、「午後のスピーキングは別の部屋になるので、受付するように」と。数年前に、2回目の受付なんてあっただろうか。

 運良く、早い時間だったので、直ぐに受付に向かった。大きな教室の入り口に二人の係員。聞こえて来たのは、再び、「Please tap your finger here」、そしてパソコンの画面を確認する係員。

 判った、替え玉受験を防ぐ為だ。まず思いついたのは、2012年の夏に、ロンドン・メトロポリタン・ユニヴァーシティに起きたこと。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1754.html

 このポストを書くにあたって、昨年の春に報道されたことを思い出した。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2213.html

 そうまでしてイギリスに入国したい移民がいるのだろうか?いるのだろう。イギリスの移民「受け入れたくない」政策は、英語試験の会場にまで徹底されていることを知った。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.