LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

2015年05月の記事一覧

ライフ・イン・プログレス、サドラーズ最終日

2015.05.31
スクリーンショット 2015-05-31 20.04.43
(2015年5月31日、サドラーズ・ウェルズ)

今日で、シルヴィ・ギエムの「ライフ・イン・プログレス」のサドラーズでの公演が終了。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157653368044269

 最後の「Bye」では、サドラーズに居た全ての人たちの神経が舞台のシルヴィ・ギエムに集中しているのが判るほどの緊張感が会場を満たしていたように思う。

 楽しい一週間だった。シルヴィ・ギエムに伝えたい言葉は、「ありがとう」。

Sylvie Guillem: Life in Progress review – a muted conclusion to a brilliant career
http://www.theguardian.com/stage/2015/may/31/sylvie-guillem-life-in-progress-review-sadlers-wells-muted-conclusion-brilliant-career

スポンサーサイト

ライフ・イン・プログレス、3晩目

2015.05.30
休養日を挟んで後半3日の初日にあたる29日、サドラーズの入り口の近くにやっとポスターが貼られていた。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/18229469576/in/dateposted/

 サドラーズの公演はリターンがちらほら出ているとはいえ、完売していたからポスターを張ることもないだろうとサドラーズは思っていた節がある。が、規模の大きいコリシアムではまだかなり残っているのでてこ入れの為に急遽作ったのかなと。

スクリーンショット 2015-05-30 7.24.30
(動くのが速すぎて僕の技術ではこれが限界)

 昨晩は、全く似合っていなかった黒髪のウィグを「テクネ」で被っていなかった。ずっと、良かった。

ガーディアン編集局長の退任の言葉

2015.05.30
20年ぶりの編集局長の交代になるガーディアン。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2440.html

 退任にあわせて、アラン・ラスブリッジャー編集局長の公開スピーチがあった。おそらくそれをまとめた記事だと思う。とても長いが、イギリスの主要新聞のトップとして過ごした20年間の記録は、メディアのあり方だけでなく、社会の変遷、政治等に興味がある人にも面白いのではないかと思う。

‘Farewell, readers’: Alan Rusbridger on leaving the Guardian after two decades at the helm
http://www.theguardian.com/media/2015/may/29/farewell-readers-alan-rusbridger-on-leaving-the-guardian

 訳さないが、印象に残る部分。

It was there every time this editor needed advice from those wisest of owls, Hugo Young and Liz Forgan. It’s there in the words of the centenary essay penned by Scott in 1921, in which he wrote of the balance between the material and moral existence of a newspaper – between profit and power. There was never any question for him which mattered more.

Power over profit
. But even that, in a modern context, makes me a little uneasy. I end with a confession about editing, and a nagging anxiety about this business of power.

An editor, if he or she chooses, can be a very powerful figure indeed. Editors can make or break people. They dictate who gets a voice, and who remains voiceless. They can, if they want, bully and frighten whom they choose. They can impose their views on a newspaper and, through the paper, on a country and the lives of millions.

As we’ve seen, they can break the law while delving into private lives in reasonable confidence that no one will stop them, not even the police or regulator. They can have a disproportionate influence in shaping debates – if only by excluding any contrary arguments. One voice can dominate an entire newspaper, from the front page, throughout the reporting and the editorial columns to a select few allowed to be commentators.

People do still bend their knee to this kind of power, even in an age when the influence of mainstream media is supposed to be waning. In my modest fashion, I’ve experienced it at first hand. And, in a way, I’m glad of that. I want strong institutions of the fourth estate. In a world of globalised, distant, often unaccountable power, a countervailing source of scrutiny and influence is needed more than ever.

But I’ve never wanted the Guardian to be my voice – nor would my Guardian colleagues have wanted or allowed it. Scott saw clearly that a newspaper had to shun “the temptations of a monopoly … the voice of opponents no less than that of friends has a right to be heard”.
I don’t know that I’ve always lived up to Scott’s ideal in that, but it was important to me that the Guardian had, for instance, a Simon Jenkins, a Max Hastings or a Matthew d’Ancona as well as writers who swam more easily with our liberal currents.

 保守のテレグラフ紙にも左派のコラムニストは居るのだが、強力なメッセイジを発しているのにそれがまともに受け取られているとは感じられない。ガーディアンに保守系の人が記事を書く頻度もかなり減っているように思うが、バランスという点ではテレグラフよりずっとまし。

 販売部数の順位で、テレグラフ、タイムズ、ガーディアン、インディペンデントの順。1位・2位と3位・4位の差はとても大きい。ガーディアンがその傘下にあるスコット・トラストの資金はまだ潤沢のようだが、実売部数の激減は、少なからず編集の質にも影響が出るのではと思う。新しい編集局長の元、実売数が増えることを願う。

ライフ・イン・プログレスのレヴュー

2015.05.29
ライフ・イン・プログレスの、ネット上で無料で読めるレヴューが出そろった。

Sylvie Guillem: Life in Progress review – a final farewell from a startling talent
http://www.theguardian.com/stage/2015/may/28/sylvie-guillem-life-in-progress-review-a-final-farewell-from-a-startling-talent

Sylvie Guillem, Life in Progess, Sadler's Wells, review: 'the most charismatic performer on earth'
http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/dance/11629739/Sylvie-Guillem-Life-in-Progess-Sadlers-Wells-review-the-most-charismatic-performer-on-earth.html

Sylvie Guillem: Life In Progress, Sadler’s Wells, review: A fine farewell to one of the greatest dancers
http://www.standard.co.uk/goingout/theatre/sylvie-guillem-life-in-progress-sadlers-wells-review-a-fine-farewell-to-one-of-the-greatest-dancers-10280833.html

 二つの新作があまりにもつまらなかったこともあるだろうけど、レヴューの主眼はギエムの踊り・存在に集中している。最も潔いの、もしくはディプロマティックなのがテレグラフ。振り付けに関しては一言も触れていない。

 終わりを迎えないことはないと判っていても、2016年以降はあの踊りを観られないという事実は、受け入れるのが難しい。

クリスティーナの世界、2015年、気候破壊

2015.05.27
アンドリュー・ワイエスの代表作の一つ、「Christina's World」を初めて知ったのは、高校(中学ではないと思う)の時の英語の教科書。教科書の内容より、絵からの衝撃が遥かに大きかった。

christinaoriginal.jpg

 今日、ガーディアンの見つけた「クリスティーナの世界」。

Artists recreate iconic painting with landscape ravaged by oil to protest Arctic exploration – big picture
http://www.theguardian.com/environment/picture/2015/may/26/artists-recreate-iconic-painting-with-landscape-ravaged-by-oil-to-protest-arctic-exploration-big-picture

christina.jpeg

 これはこれで、かなりの衝撃。

ライフ・イン・プログレス、5月26日@サドラーズ・ウェルズ

2015.05.26
昨晩、5月26日が、シルヴィ・ギエムの「ライン・イン・プログレス」のサドラーズでの本来の初日。サドラーズであと2回、コリシアムで1回観る予定なので印象は変わるかもしれないが、2回観た上での舞台の感想。

technê

Choreographer: Akram Khan

Dancer: Sylvie Guillem


 ギエムにとって新しい領域という前宣伝だったが、これまで僕が観て来たカーンの振り付けの中で最もつまらなかった。踊りよりも動きにばかり焦点が置かれてしまっているように感じられ、また、カーン自身のコンフォート・ゾーンから抜け出しているとは思えなかった。昨年のTOROBAKAhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2350.html)、イングリッシュ・ナショナル・バレエへの新作(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2204.html)を楽しめたのでかなりがっかり。


Duo(Premiere at Ballet Frankfurt, 1996)

Choreographer: William Forsythe

Dancers: Brigel Gjoka and Riley Watts

 男性二人が、時間差でほぼシンクロする動きだけ。しかし、カーンの振り付けで萎んだ気分が徐々に盛り上がってくる、観ていて楽しい踊りだった。物語性のないバレエだろうが、観ているうちに、二人のダンサーの間でコミュニケイションがどのように行われているかを、まるで本を読んでいるかのように感じられた。

 ブリゲルとライリィ、二人の踊りは素晴らしかった。が、これをギエムとニコラ・ル・リッシュ(もしくはロラン・イレール)で観たかった。


Hear & After

Choreographer: Russell Maliphant

Dancers: Sylvie Guillem and Emanuela Montanari


 最後の数分を除くと、とてもヒプノティック。マイケル・ハルズの照明も、今回は僕には暗さばかりが強調されているように思えてならなかった。「ライフ・イン・プログレス」を観に来る観客多くの願いは、舞台で踊るシルヴィ・ギエムの姿をしっかり、はっきり、そしてできるだけ長い時間観ていたい、それにつきると思う。その点においてカーンとマリファントの新作は観客の願いを考慮したとは感じない。

 マリファントの言う、「シルヴィが女性二人で踊る」というコンセプトは面白いと思った。実際、ギエムとモンタナーリのデュオは、これまでのギエムの踊りとは違うものがあった。女性二人だけの振り付けは、僕の少ない経験の中では思いつかない。男性二人のデュオも、「バレエ」という範疇ではモーリス・ベジャールの「さすらう若人の歌」が思い浮かぶ程度。

 ということで、振り付けの意図はカーンよりもずっと楽しめた。が、ギエムの指名とはいえ、モンタナーリとギエムの間の経験の差は大きかった。


Bye

Choreographer: Mats Ek

Dancer: Sylvie Guillem


 感想は、4年前とほぼかわらず。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1414.html

 これを観られただけでも、観られることを考えると、あと3回観るのが楽しみ。

スクリーンショット 2015-05-26 23.05.39
(5月26日、カーテンコール)

 先に書いたように5月26日は本来の初日ということで、サドラーズのメンバー向けのレセプション(有料、そしていつもよりかなり高かった。ええ、払いました)があった。開演前の会場で、現在、ロイヤル・オペラの「ラ・トラヴィアータ」を指揮しているマルク・ミンコスキィが居たので、話しかけた。モダン・バレエの会場で話しかけられるとは思っていなかったのか、とても驚いた表情をしていた。とりあえず、ヴェルディでなく、バロック・オペラでもっとロンドンに来て欲しいと直訴。

スクリーンショット 2015-05-26 23.06.20
(シルヴィ・ギエムとスポルディングさん)

スクリーンショット 2015-05-26 23.06.03
(ウィリアム・フォーサイスとラッセル・マリファント)

 ウィリアム・フォーサイスはもっと背が高いと思っていたが僕よりちょっと低いくらいだった。しばらく前に体調を崩したとの噂をどこかで読んだのだが、昨晩は、多くの人とエネルギッシュに話していた。パリ・オペラ座での仕事はとても楽しみで、毎シーズンに1作品以上の活動をしたいそう。

 ENBの「イン・ザ・ミドル」がとても素晴らしかった(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2436.html)、しっかり覚えていないがロイヤル・バレエが最後に上演した時よりも良い印象だったと伝えると、フォーサイス自身もロイヤル・バレエでの最後の上演はできは納得いかなかったそうだ。

 会場でもう一人話したのは、テレグラフ紙のダンス・クリティクだったSarah Crompton女史。テレグラフを退職したのかを訊くと、「I was made redundant」とにっこり。彼女が居ないのであれば、テレグラフ紙を購入する意味はほとんどない。

 キャリアに終止符を打つのは簡単なことではないし、自分のことは彼女自身が最も判っていること。しかし、ギエムはまだまだ、ダンスを進化させられるはず。

NN: Editor at large in Cat Fashion Magazine

2015.05.26
スクリーンショット 2015-05-26 7.18.56

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/17457951194/in/dateposted/

 まだ3週間、それとも既に3週間、まだまだおどおどしまくりのJin Jinと比べると、NNのフレンドリィさが際立つ。悲しんでいるNNよりも、楽しそうに過ごしているNNを観るのは嬉しい。

Cats    Comment(2)   ↑Top

Life in Progress by Sylvie Guillem@サドラーズ・ウェルズ

2015.05.26
昨晩、5月25日にシルヴィ・ギエムの最終公演、「Life in Progress」のロンドン公演がサドラーズ・ウェルズで始まった。

Sylvie Guillem — Life in Progress
http://www.sadlerswells.com/whats-on/2015/sylvie-guillem/

After an unparalleled career that has spanned almost 35 years of both dancing ballet and contemporary work, Sylvie Guillem presents her final dance programme.

A world famous dancer with an extensive career at the Paris Opera Ballet, as a Principal Guest Artist at the Royal Ballet and Tokyo Ballet, Guillem has played some iconic roles in ballets by Kenneth MacMillan, Maurice Béjart, Frederick Ashton, William Forsythe and Mats Ek. A Sadler's Wells Associate Artist since 2006, she has diversified as a dancer forging an undisputable reputation as a major force in the world of contemporary dance.

For this very special programme titled Life in Progress, she will dance two new works including technê, a solo with live musicians on stage, choreographed by Sacred Monsters creator Akram Khan. The second will be a duet entitled Here & After with Italian dancer Emanuela Montanari from La Scala, choreographed by Russell Maliphant who created the award-winning PUSH.

This last opportunity to see her dance on stage at Sadler's Wells will also include Mats Ek's touching and poignant Bye which was made especially for her and performed as part of the 6000 miles away programme, and William Forsythe's Duo performed by Brigel Gjoka and Riley Watts.

 当初は、5月26日から31日までの6日間通しのスケジュールだったが、実際に踊ってみて休みなしではきついということが判り、木曜日28日が休演になりその振替が昨晩。ということでプレスへの初日は今晩のままのようなので、レヴューが出るのは明日以降だろう。プログラムの写真。

DSC04412.jpg
DSC04413.jpg
DSC04414.jpg

 プログラムへの感想だけを書くと、マッツ・エクとウィリアム・フォーサイスという20世紀後半から創作活動をしている振付家と、アクラム・カーンとラッセル・マリファントの「若手」振付家の差が大きかった、というのが僕の感じたこと。フォーサイスの作品が作られたのは80年代、昨晩は男性ダンサーが踊りギエムは踊らなかったにもかかわらず、最初のカーンの振り付けよりずっと楽しめた。

 ロンドン以降のLife in Progressの予定が発表になった。

Sadlers Wells London May 25th, 26th, 27th ,29th,30th, 31st

Athens Festival Greece June 3rd 4th

Moscou (Moscow ) Chekhov Festival June 23rd, 24th, 25th

Lyon (les Nuits de Fourvière) June 29th,30th
July 1st, 2nd

Genova (Gênes) Teatro Carlo Felice July 5th

Cagliari ( Sardegna / Sardaigne) July 15th

Barcelona (Spain ) Festival Castell Peralada July 24th

London Coliseum July 28th, 29th, 31st
August 1st , 2nd

Sydney Opera House (Australia) August 19th, 20th,21st, 22nd,
24th, 25th

Birmingham September 8th, 9th

Paris Theatre des Champs Elysées Septembre 17th,18th,19th,20th

Taipei ( Taiwan) October 3rd , 4th

Beijing ( Pékin) NCPA October 9th , 10th

Singapour Esplande October 13th, 14th

Shangaï October 18th

New York November 12th,13th,14th

St Poelten (Autriche) December 2nd

Tokyo Japan December 17th,18th,19th,20th

JAPAN TOUR with Boléro and Tokyo Ballet
Kawaguchi December
Sagami Ono December 10th
Toyama December 12th
Nigata December 13th
Nishinomiya December 22nd
Takamatsu December 23rd
Fukuoka December 25th
Nagoya December 26th
Hiroshima December 28th


 行ったことのない土地だから、富山で観てみたい。10月に台湾、北京、シンガポール、上海を回るようなので日本公演を前に近場で観る機会かもしれない。

春画展、やっと東京で開催

2015.05.25
スクリーンショット 2015-05-25 12.38.30
(2013年10月、ブリティッシュ・ミュージアム)

 2013年10月から2014年1月上旬にロンドンのブリティッシュ・ミュージアムで大盛況だった「春画展」が、約2年を費やして、9月から東京での開催が決まったとのニュース。

永青文庫
http://www.eiseibunko.com/shunga/index.html

タブー破れ 苦節3年 春画展 9月から永青文庫「本家」日本で初
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015052202000121.html

日本初の“春画展”永青文庫で開催決定!大英博物館が特別協力
http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/49630/

 ブリティッシュ・ミュージアムと全く同じ展示ではないのは仕方ないだろうけど、開催されること自体が素晴らしい。ロンドンでは立命館大学が協力していたようだが、東京でも同じくらいの協力はあるのだろうか。

観に行った時の感想
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2059.html

ブリティッシュ・ミュージアムで販売されていた商品
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157637267425855

KOYAの閉店、The Arakiの開店から考えていること

2015.05.20
今月上旬、ガーディアンを読んでいてとても驚いたのは、SOHOにあるうどん屋、KOYAが今月閉店するという記事。

Koya, Sienna and Racine: recipes from restaurants we have loved and lost
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2015/may/06/koya-sienna-racine-recipes-restaurants-loved-lost

 えっ?!、と言うことでKOYAのウェブに行くと以下のニュース。

Koya closing 31st May
http://www.koya.co.uk/news/2015/koya-closing-31st-may

Koya will be closing its doors for the last time on 31st May 2015. After 5 years of cooking at Koya, Junya Yamasaki will be leaving and returning to Japan. While we would like Koya to stay open indefinitely as an extension of Junya's vision, we feel it will be a derivative that would not be fair to our customers. Koya has been a terrific journey for us all and we do not want that to be diminished.

Koya Bar will remain next door at 50 Frith Street and will continue in Koya’s absence. This is Shuko Oda's version of an Udonya and Shuko will continue to develop and push Koya Bar to its next phase. We are excited to be opening another Koya Bar over the coming months and will reveal details as they are confirmed.

I personally would like to thank Junya for everything he has put in to Koya, opening back in April 2010, his continued dedication driving Koya forward and especially the treat that was The BackBench over the last 12 months. Junya is a special talent, I wish him the best for the future and I hope to see Junya return to London soon.

John Devitt
Company Director


 店そのものだったYamasakiさんが日本に帰国することで、替わりを見つけるよりも店としてはピークのまま惜しまれて閉店することを選んだと。

 再び最近、日本に帰国すれば普通の和食がいつでも食べられるから別にロンドンで無理して日本食を食べなくてもいいや、という気分が高まっていて昨年9月の帰国以降、KOYAはおろか和食レストランに行っていない。閉店前に行こうかと思いつつ、並ぶのは避けたい。

 で、この衝撃のニュースを読んだ直後、ある食べ物雑誌に「NOBU」を経営するMatsuhisa Nobuさんのインタヴューを読んだ。そこで、最近ロンドンで気に入っている和食の店は、「ARAKI」という寿司屋だとのこと。聞いたこと無い名前だし、レストラン・レヴューでも読んだことがない。掲載されていたウェブは。

http://www.the-araki.com/

スクリーンショット 2015-05-20 14.58.21

スクリーンショット 2015-05-20 15.00.06

 ウェブを読んで、レヴューがでない理由が判る気がする。そしてこれが、噂で聞いていた銀座でミシュラン三つ星だった店を閉めてロンドンで営業を始めた寿司屋だということが判った。それにしても強気だ、もしくは潔い。ネットで見つけた「あら輝」の評判。

http://blog.livedoor.jp/yukinokikuma/archives/35296907.html

 僕個人の勝手な推測だが、ARAKIのロンドン開店が遅れた理由の一つは、ヴィザの申請や、スポンサーシップの確保に時間がかかったのではないかと思う。
 KOYAのYAMASAKIさんが日本に戻るのは様々理由と決断があるのだろうと思うし、推測を書きたてるのは礼を失するだろう。が、一つ考えていることは、ヴィザの更新の面倒に嫌気がさしたのではなかろうかと。こんなニュースを読んだ。

英国へようこそ、働いてくれてありがとう-でももう出て行って
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150501-00000018-bloom_cn-bus_all&p=1

 さらに、現在は非欧州の国から来ている人にだが、新しい課金が生じている。

NHS利用料の徴収
http://www.news-digest.co.uk/news/life/ukvisa/13473-1433.html

英国では4月6日より、日本人を始めとする欧州経済領域(EEA)以外の国籍を持つ移民に対して、国民医療制度(NHS)の利用料が課金されることになりました。

 5月7日に行われた総選挙の結果、保守党が過半数を獲得した(圧勝ではない)。これを機に欧州連合脱退の議論が既に熱さを増している。こんな状況でロンドンで働く決意をされたARAKIさんには敬意を表する。食べてみたいけど、予約は取れないんだろうな。

 イギリスでは日本人の人口がかなり減っていると聞く。それはそうだろうと思う。面倒くさいヴィザの申請、あれもこれもどんどん追加される不公平な「税金」。2015年の今、これからイギリスに来ようという人の意欲を挫くには充分すぎるほど高い、高いハードル。

 最近でもインターネットでは、「イギリス紳士と国際結婚」なんて広告を見かける。愛だけがあれば国籍も国境も超えられる思っている人がヴィザを獲得できる可能性は、ほぼゼロだと思う。

 2015年のイギリスはそんな国になっている、ということをKOYAの閉店とARAKIの開店から考えている。

The Arakiの紹介記事

New Openings: The Araki
http://www.telegraph.co.uk/luxury/drinking_and_dining/60206/restaurant-review-of-the-araki-mayfair.html

Michelin-starred Japanese restaurant sacrifices three-star rating after moving to London... but diners still have to fork out £250 each for sushi
http://www.dailymail.co.uk/femail/food/article-2815697/Three-Michelin-starred-Japanese-restaurant-loses-stars-relocating-London-charges-250-person-sushi.html

日経「味な地球儀」5月19日

2015.05.19
*著作権は日本経済新聞社に帰属します。

DSC04377.jpg
DSC04378.jpg

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157653383307945

David Hockney Painting and Photography@Annely Juda Fine Art, London, UK

2015.05.18
DSCN8336.jpg

5月15日から、ロンドンの画廊でデイヴィッド・ホックニィの新作の展示が始まった。

http://www.annelyjudafineart.co.uk/exhibitions/painting-and-photography-david-hockney

David Hockney
Painting and Photography
15 May–27 June 2015

The show is an exploration of David Hockney’s interest in perspective and features a series of group portraits, including those of card players, and other portraits and scenes painted in his Los Angeles studio in 2014 and 2015.

David Hockney’s comment on the paintings and photographs said:

“Painters have always known there is something wrong with perspective.

The problem is the foreground and the vanishing point. The reason we have perspective with a vanishing point, is that it came from optics. I am sure that that’s what Brunelleschi did. He used a five inch diameter concave mirror to project the Baptistry onto his panel. This gives automatically a perspective picture, just like a camera would. This is why there is always a void between you and the photograph. I am taking this void away, to put you in the picture.

I made the paintings of the card players first. That helped me work out how to photograph them. Everything in the photographs is taken very close. The heads the jackets and shirt and shoes are all photographed up close. Each photograph has a vanishing point, so instead of just one I get many vanishing points. It is this that I think gives them an almost 3D effect without the glasses. I think this opens up photography into something new.

If you really think about it, I know the single photograph cannot be seen as the ultimate realist picture. Well not now. Digital photography can free us from a chemically imposed perspective that has lasted for 180 years.”


David Hockney: ‘Just because I’m cheeky, doesn’t mean I’m not serious’
http://www.theguardian.com/artanddesign/2015/may/09/david-hockney-interview-cheeky-serious

David Hockney unveils new works on perspective created in Los Angeles
http://www.theguardian.com/artanddesign/2015/may/14/david-hockney-painting-photography-annely-juda-new-works-perspective

 画廊の受付に着いた時、ホックニィがちょうど退出しようとしていた。顔色が悪く見えたし、杖をついて歩く姿からは77歳という年齢以上の脆弱さを感じたが、眼光だけはとても鋭かった。

 一言。とても、とても見応えのある作品群だった。作品に近づくと、これらの作品に画家としての技術云々ではない、また、現代美術がともするとコンセプトばかりが目だつだけということが多いが、ホックニィというネイム・ヴァリューを差し引いても、これらを創造しようとする意志の鋭さに圧倒された。

 幾つかの作品で、マティスのあの超有名なダンスの絵をもとにしたモティーフが使われている。また、ホックニィ自身のヨークシャーの風景を描いたと思える作品も組み込まれていたりと、作品から感じられる躍動感・芸術の持続性というものを考えた。

 値段も凄かった。肖像画を除く、キャンヴァスにアクリルで描かれた作品は$2,000,000−。

 上にリンクを張ったガーディアンのインタヴューはとても長い。が、インタヴューを読んでから作品を観ると、ホックニィが目指したことをより理解できると思う。

 入場は無料。受付の女性に質問しようと待っていた時、彼女が受けた電話への返答は、「チケットを買う必要はない、入場は無料だから」、と。ホックニィの新作を観るのが無料とは、ちょっと考えられないのかもしれない。

オペラの舞台裏:ロイヤル・オペラ・ハウス、「ラ・トラヴィアータ」

2015.05.18

猫と暮らす:別れと出会い

2015.05.18
先月、4月14日に大家の猫の歳上のメス猫、KatKatを安楽死させなければならない状況が突然、訪れた。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2455.html

 大家は文字通り猫可愛がりしていたし、僕にとっては人生で初めて、生活空間をともにする動物だった。今でも思い出すのが辛いが、ペット・ロスの凄まじさを24時間、ずっと感じていた。友人達に送ったメイルの一部。

I know the word, "pet-loss", but I absolutely underestimated its impact. Losing such petit cat has made me feel how empty this flat is! It is not only us who are struggling to cope with this situation, Neko Neko has been totally confused. Last night, after my supper, I sat down on the sofa in the living room. Then, NN immediately came on to my lap and I gave him stroke. He jumped off my lap and sat down in front of me and pooed on the floor while I was looking at him. He did it twice secretly before, but never in front of me!
For NN, when he arrived two years ago, KK had already been here and was always with him since then. I strongly feel KK was a part of NN's life here.

Writing this is for me a part of processing my feeling of loss. I am thinking about what KK gave me for six years.


 残されたというのは違うように思うが、Neko Nekoの混乱ぶりを観ているのがまた辛かった。決して仲の良い2頭ではなかったが、2年間、ずっと一緒に暮らしていたのだから。

 もちろん、最も悲しんでいたのは大家で、静かだなと思って居間に行くとふさぎ込んでいることがあった。僕もまだしばらく暮らすだろうということで、再び猫・犬の保護チャリティの情報を検索し始めた。条件は、1)庭がなくても良い、2)他の猫と暮らせる。この二つの条件に合う猫を見つけるのは至難。

 それでも検索し始めて1週間ほどの時に、Batterseaのサイトでこれはという猫の情報がアップされていた。

http://www.battersea.org.uk/WEBIndex

スクリーンショット 2015-05-05 6.39.34
スクリーンショット 2015-05-05 6.39.53

 KatKatとNeko Nekoはメイヒューという別のシェルターからで、バタシィに連絡するのは初めて。なのでロンドンのバタシィ地区だけでなくバークシャーのオールド・ウィンザーと北部ケントのBrands Hatchにブランチがあるとは知らなかった。レオはブランズ・ハッチに居て、ブランチ間で犬・猫の移動はしない方針とのことで、ケントまで行って来た。

 最寄りの駅まで行くのは簡単だったのだが、駅からブランチまで徒歩1時間というのはけっこう疲れた。

 到達したブランチは、受付は親切、施設は、当然とはいえ清潔に保たれていて印象はとても良かった。担当してくれた男性は、以前、シティの金融関係でITとして働いていたそうだが、嫌になってしまって勉強し直したそう。

 猫達の施設に案内され、連れて帰るかどうかを決めていなかったので、15分くらい一緒に過ごして決めていいからとのこと。先に電話で聞いていた通り、6キロもあるレオはデブだった。彼をケイジに入れてまた1時間歩くのは無理だよな、でもタクシィはあるだろうなということで、説明の通りにおとなしいレオを連れて帰ることにした。

 リホーム先の詳しい情報を再び担当の男性と確認、保険の確認、判る限りのレオについての情報を詳しく聞き、連れてもどった。タクシィの中でも、電車の中でもレオは一切鳴かず、本当におとなしい猫。

 一番の心配だったNeko Nekoと対面はけっこうスムーズだったのだが、フラットに着くなりレオが思いもしなかった隅っこに隠れてしまうのは予想外だった。

 名前は、Jin Jinに。大家によると理由は、「Ginger cat」だから。

 保険の制度が変更になっていたり、最初の数日はおとなしかったNeko NekoがJin Jinを追いかけたり(これはJJがNNのご飯を食べてしまうから)、KKを失ってJJを迎え入れた状況にNNがまだまだ混乱していたりと猫達と人間が落ち着くにはまだしばらくかかりそう。

スクリーンショット 2015-05-18 15.55.30

 僕個人としては、一頭の猫を失ってこれほど早く別の猫を引き取ることは、動物の売買に加担しているのではという感覚はある。他方、バタシィを始め多くの動物シェルターのウェブには毎日多くの、新しい家を必要とする猫や犬達の情報が更新されている。

 大家に伝えたことは、僕にとっては猫達が幸せに暮らすことがトップ・プライオリティ。猫達の幸せを長く続けられることならば、できる限りの手伝いはする。

Neko Neko

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157652574667920

Jin Jin
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157650662617983
Cats    Comment(0)   ↑Top

Bettysの顧客情報がハックされた模様

2015.05.18
ベティーズ。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-959.html

 最近、通販で取り寄せを楽しんでいる。今日、こんなメイルが届いた。

I’m sorry to have to tell you that the Bettys​.co.​uk website has been affected by a data breach. We are contacting you because you are on our website database and you will have been affected.

This data breach occurred due to an industry-wide software weakness, which allowed someone to illegally access the Bettys website database. Personal details (which could include names, email addresses, postal addresses, encrypted passwords and telephone numbers) were copied. We would like to stress that your credit or debit card details have not been copied as this information is stored on a completely separate system managed by a certified third party.

Bettys takes customer confidentiality extremely seriously and, whilst customer passwords were encrypted, it is important that you change your password as soon as possible by clicking this link or entering w​ww.bet​tys.c​o.u​k into your browser. On the homepage, click on the box next to the Bettys logo which reads ‘Want to change your password? Click here’. You will then be required to fill in your email address and will receive an email to reset your password. Alternatively you can log into your account and change your password directly from within ‘My Account’.

If you use the same password on other websites, please change those passwords too. We would also advise you to treat any unsolicited phone or future email communication regarding your personal and financial information claiming to come from Bettys with extreme caution. To be clear, Bettys will never contact you and ask you to share any personal financial information.

If we have your postal address, we will be following up this email with a letter reiterating this advice. We are unable to take questions by reply to this email, but should you need further information, you can visit a website we have created specifically for this issue help.bettys.co.uk which will be updated with any new information. If you would like to speak with us you can contact us directly via our dedicated customer care line on

0800​ 368​ 3302​ from 9​am-8​pm Mon​day to Fri​day | 9​am-5​pm Satur​day and Sun​day

or +​44 (0)18​44 266​ 076 if you are calling from outside the UK.

More information about online password security is available at the UK Government's online web security portal Get Safe Online, https://www.getsafeonline.org/

We would like to reassure you that we have carried out a full investigation with our security partners. The issue has been addressed and further security measures have been put in place. The Bettys website is operating as normal and, once you have changed your password, you can place orders again with confidence.

Finally, we would like to apologise unreservedly for what has happened and thank you for your prompt action and understanding.

Sincerely,

Paul Cogan, Director, on behalf of Bettys


 日本だと大きく報道されるのかもしれないが、イギリスではこれはニュースになるのだろうか?

Christoph Prégardien: BBC Radio 3 Lunchtime Concert @ウィグモア・ホール

2015.05.18
2015年5月18日、ウィグモア・ホールでクリストフ・プレガルディャンによる、BBCラジオ3のランチタイム・コンサート。

https://wigmore-hall.org.uk/whats-on/schubert-and-schumann-201505181300

Christoph Prégardien tenor;
Daniel Heide piano

Schubert and Schumann

Franz Schubert (1797-1828)
An den Mond D259
Schäfers Klagelied D121
Erster Verlust D226
Rastlose Liebe D138
Wandrers Nachtlied D768
Willkommen und Abschied D767

Robert Schumann (1810-1856)
Dichterliebe Op. 48: Im wunderschoenen Monat Mai; Aus meinen Traenen spriessen; Die Rose, die Lilie, die Taube; Wenn ich in deine Augen seh'; Ich will meine Seele tauchen; Im Rhein, im heiligen Strome; Ich grolle nicht; Und wuessten's die Blumen; Das ist ein Floeten und Geigen; Hor' ich das Liedchen klingen; Ein Juengling liebt ein Madchen; Am leuchtenden Sommermorgen; Ich hab' im Traum geweinet; Allnachtlich im Traume; Aus alten Marchen; Die alten, boesen lieder

 
 舞台に出て来てプレガルディャンを観てちょっと驚いた。過去数回は、ドイツの伝統的な礼装で歌うことが多かったのだが、今日は、とてもスタイリッシュな黒のスーツに黒のシャツ。そして明らかに、痩せた。体調不良なのかと一瞬不安がよぎったが、ひとたび歌いだせば、2月の好調が更に安定していて、耳福の極み。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2433.html

 6月に「冬の旅」、来シーズンの2回はシューベルト特集の一環なので、その前にシューマンを聴けたのは良かった。本編最後の2曲の緊張感と声の美しさは聴き惚れるばかりだった。

 アンコール終了後、グリーン・ルームへ。

 「東京、暑くなかったですか?」

 「It was humid, but I did not feel hot there. Everything was fine」

 「I heard that your recitals last week were really successful. Did you enjoy it?」

 「Fantastic! The second night was so special」

 「By the way, it may be an awkward question. Have you lost weight?」

 「Yes, I have」

 「I have today found your voice much stronger and more moving than before. I had the same feeling when you sang in February」

 「Do you think so? Interesting and someone in Japan told me the same thing」

 オペラ歌手は太っていれば良いって訳ではない。今日のランチタイム・コンサートの歌曲群は、彼にとっては目新しいものではないはず。にもかかわらず、以前よりも言葉の一つ一つが鮮明に耳に届き、現在の彼にとっての高音域でも声に濁りは一切なかった。

 グリーン・ルームでは、ギルフーリ支配人と熱くハグしていたので、ホールとの関係は良好のよう。来年、還暦を迎えるプレガルディャンだが、引退を決める前にもっとロンドンに来て欲しい。

 来月、ウィグモア・ホールで歌われるシューベルトの「冬の旅」は、以前プレガルディャンでも聴いているが、その時は会場の環境が良くなかったこともあって楽しめなかった。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2037.html

 歌われる内容も好きではないので、声だけに集中しよう。

Christoph Prégardienの東京公演は、13日と15日

2015.05.12
クリストフ・プレガルディャンの東京公演は、今週13日と15日、トッパン・ホールで。特に15日のプログラムはとても聴きたい。行きたかったな。

http://www.toppanhall.com/concert/detail/201505151900.html

 心配なのは台風一過で気温が急上昇する東京でどのように体調を維持できるか。東京公演ではなくて、来週18日、ウィグモア・ホールでのランチタイム・コンサートに無事に来ることができるか?

https://wigmore-hall.org.uk/whats-on/schubert-and-schumann-201505181300

Christoph Prégardien tenor;
Daniel Heide piano

Schubert and Schumann

Franz Schubert (1797-1828)
An den Mond D259
Schäfers Klagelied D121
Erster Verlust D226
Rastlose Liebe D138
Wandrers Nachtlied D768
Willkommen und Abschied D767

Robert Schumann (1810-1856)
Dichterliebe Op. 48


 プログラムは全く目新しくはないのだが、彼も来年で還暦。聞ける時にどんなプログラムでも聴いておきたい。来シーズン、ウィグモアでは2回登場の予定。東京でも、既にトッパン・ホールで2016年3月24日に「水車小屋の美しい娘」を歌う予定になっている。プレガルディャンの「水車小屋」はまだ生では聴いたことがないのでこれまた羨ましい。

 日本の皆さん、13日はまだ席に余裕があるようなので、是非。

シャーロッテ王女誕生記念特別ビスケット缶は2500個限定(らしい)

2015.05.07
DSC04039.jpg

帰宅途中、近所のマークスに立ち寄ると、ピンク色のビスケットの缶が4つだけ残っていた。「マークス、素早いな。既に名前入りも発売か」と感心しつつ、一つを抱えてレジへ。お値段、£20−!

 何かの間違いかと思いレジの人に確認したら本当に£20−。まあ良いや、とそのまま購入。帰宅して写真を撮っていて気づいたのは、真鍮の様にも見えるプレイトの右端に、「1586/2500」とある。これが本当なら、このビスケット缶は2500個限定ということになるのかな。

DSC04040.jpg

 おそらく、限定でないヴァージョンは同じデザインで名前が印刷されたのが発売になるのだろう。購入できて幸運だったのかどうかは判らないが、しばらくとっておくつもり。

DSC04047.jpg

ブルーベル・ウォーク

2015.05.06
スクリーンショット 2015-05-05 6.09.10

友人から、イーストボーン近郊のある農場がブルーベルが咲いている期間だけ一般に敷地を開放していて、ちょうど見頃だからということで行って来た。

http://www.bluebellwalk.co.uk/index.htm

 毎度のことだが、数少ない連休はだいたい悪天候のイングランド。雨こそ降らなかったものの、厚い灰色の雲に覆われ、森の中も心なしか暗さが増していたのではないかと思う。が、新緑に覆われた森の地面一面に広がるブルーベルは、神秘的、そしてrefreshingな美しさだった。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157652334559816/

 ブログ仲間のかんとくさんが、ロンドン滞在時に別の場所でブルーベルを。

http://blog.goo.ne.jp/bigupset39/e/192f8d7ad2960fbeb3fa49e159710dcd

 実際にブルーベルを直接観た人がよく判ること、それは、ブルーベルを写真に撮ることのなんと難しいことか。僕が撮った写真も、ざっと見るぶんにはおそらくいい感じだと思う。しかし、一枚、一枚をじっくりみると、ブルーベルに焦点が合っていると背景がぼんやりだし、その逆もあり。

 4月下旬から5月上旬は、ブルーベルの季節。年によって多少のずれはあるだろうけど、ゴールデン・ウィーク中にイングランド南部の森を訪れれば、おそらく観られるのではないかと思う。月曜日にはケントまで行き、車窓からは満開の菜の花畑。ロンドンで庭園巡りももちろんお勧めだが、郊外を車で巡ると思わぬ所で美しい風景に出会えるのが、イギリスの春の楽しさだと思う。

ロイヤル・ベイビィ記念のクッキィ缶byマークス&スペンサー

2015.05.04
ジョージ君が生まれたとき同様、今回もマークスはお祝いのクッキィを発売。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2000.html

DSC04029.jpg

DSC04030.jpg

 既に名前が発表になったので、名前ヴァージョンも発売になるだろうから、これはこれで貴重かな。

Royal baby is named Charlotte Elizabeth Diana
http://www.theguardian.com/uk-news/2015/may/04/royal-baby-is-named-charlotte-elizabeth-diana

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.