LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

2015年11月の記事一覧

党内のいじめで自殺者が出た保守党は揺れているのか?

2015.11.30
最初の記事がでた時には全く意識の淵にも止まらなかった、現在のイギリスの政権政党、保守党内で起きたいじめ、それによる自殺者、そして被害者の両親からの告発が、先週末に一気に勢いを加速した。

Elliott Johnson: the young Tory destroyed by the party he loved
http://www.theguardian.com/politics/2015/nov/27/elliott-johnson-young-tory-destroyed-by-party-he-loved-mark-clarke

Elliott Johnson and Tory bullying claims – timeline
http://www.theguardian.com/politics/2015/nov/29/elliott-johnson-tory-bullying-claims-mark-clarke-timeline

Tory bullying claims: father of Elliott Johnson fears party inquiry is 'another cover-up'
http://www.theguardian.com/politics/2015/nov/29/tory-bullying-claims-father-elliott-johnson-fears-party-inquiry-cover-up

 左派系の新聞だからこそだが、ガーディアンが先行し、タイムズとテレグラフはほんの少しだけ。多くの人と政党が絡んでいるので複雑だが、かいつまんで書くと。

 今年の総選挙で保守党が単独政党に復帰できた要因の一つとして、若い世代の保守党支持者を取りまとめてイギリス各地に送り込む政策に参加したエリオット・ジョンソン君は、将来は国政議員になる強い意志を持っていったらしい。その彼を、政策のトップに任命されたクラークという男性がいじめ、エリオット君は今年の9月に死を選んだ。残された遺書からいじめの詳細を知った両親が告発するも、保守党は当初、いじめの存在、またクラークの素行を告発する文書を受け取ったことは無いと主張。ところが、保守党の上院議員が、今年の1月にクラークの素行についての苦情を上げていた手紙が存在し、その手紙にクラークを任命した下院議員が返信をしなかったことが判る。クラークは保守党から永久に追放、クラークを任命したシャップス議員はポジションからの辞任におい込まれる。キャメロンは内部の独立調査を約束するも、エリオット君の両親は、保守党とは全く独立した機関による調査を要求している。

 保守党のいじめ体質には驚かない。キャメロンがオックスフォードの学生だった頃所属していたグループでは、イニシエイションとして暴飲や暴食などが行われていたというのは左派系のメディアが好きな話題。

 結局キャメロンやオズボーンのように良家からオックスブリッジをへて国政議員になっている皆さんは、人の痛みを感じるという感覚が最初からないのではないかと常に感じている。

 ガーディアンの大量報道を読んでいて、現在のイギリスと日本の政局は似ているなと思えてきた。権力を内閣のごく一部に集中してすべてをコントロールしようとするキャメロン(=安倍)と保守党、内紛で揺れる労働党(=民主党)、局地的に勢力を保つも中央とは上手く行かない(または除外される)スコットランド民族党(=日本共産党)、そして欧州議会選挙では移民排斥や欧州圏脱退をぶち上げて人気が高いものの国政選挙だと最近はじり貧気味のUKIP(=大阪維新)。

 シリア空爆参加の是非を問う投票は水曜日。労働党議員を懐柔しようとしていたきゃメロンはこのスキャンダルでどうするのか。

スポンサーサイト

ラッセル・マリファント・カンパニィ@サドラーズ・ウェルズ

2015.11.28
スクリーンショット 2015-11-28 19.13.40
(Ms Lucia Laccara@サドラーズ・ウェルズ、https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/22711887674/in/dateposted/

11月26日、サドラーズ・ウェルズ・シアターのアソシエイト・アーティストのラッセル・マリファントマイケル・ハルズのコラボレイション20周年を記念するプログラムを観てきた。

Russell Maliphant Company — Conceal | Reveal
http://www.sadlerswells.com/whats-on/2015/russell-maliphant-company/

This year marks the 20th year of the collaboration between choreographer Russell Maliphant and lighting designer Michael Hulls. Together they have developed a unique and unparalleled language between light and movement that is revered the world over.

During Maliphant's hugely successful career he has received many of the highest theatrical accolades including an Olivier Award, two South Bank Show Awards and three Critics' Circle Awards. Similarly, Michael Hulls has won several awards including an Olivier for Outstanding Achievement in Dance and a Knight of Illumination award.

Conceal | Reveal is an evening of both new and classic work including the iconic Broken Fall with music by Barry Adamson and danced by Maliphant's company of exceptional dancers. The company will also perform new creations including a quintet and a solo for former Royal Ballet dancer Dana Fouras. With a commissioned score by Mukul and costumes by Stevie Stewart.

To mark this special occasion, these performances in London will feature guest appearances by Munich's Bayerisches Staatsballett bringing a commission created in 2014 titled Spiral Pass, including principal performers Lucia Laccara and Marlon Dino.


 マリファント・カンパニィの公演はいつも見ている訳ではないが、今回は彼の奥さんのダナ・フォウラスさんが復帰するということで楽しみにしていた。

Dana Fouras and Russell Maliphant: back in step
http://www.theguardian.com/stage/2015/sep/06/dana-fouras-russell-maliphant-conceal-reveal

 時間をかけて準備したということで、彼女の踊りは良かった。が、マリファント・カンパニィの舞台を観ていつも感じる不満は今回も。

 マリファントの振り付けは古典バレエ等を観ているものには斬新だろう。特に彼がソロとデュエットに振付ける作品ではあまり外れが無い。ところが、数人のダンサーが同時に踊る振り付けになると、焦点がぼやけてしまう。今回のプログラムの最後の新作は、5人のダンサーが勝手に踊っているだけでシンクロを感じることができず、僕にとっては焦点が絞れなくて眠気を誘われてしまった。

 とても嬉しい驚きだったのは、ルシア・ラカッラ。サドラーズ・ウェルズ・シアターにつくまでラッセル・マリファント・カンパニィだけだと思い込み、プログラムを開いて目に入ったのはラカッラの名前。ミス・プリントかと思ったら、ロンドンでの公演だけに、ミュンヘンから参加したそうだ。

 マリファントがミュンヘン・バレエに2014年に振付けた「Spiral Pass」、これが素晴らしかった。ラカッラの踊りがさすがのレヴェルだっただけでなく、振り付けがグループでなく、5組のデュオを中心に据えたものだったので、タイトルの通り、ダンサー達が凄まじい勢いで回転しまくる舞台は爽快だった。

 この機会を逃したらラカッラと話せる機会などないと思い、遅く始まったアフター・パーティに今回ばかりは居残った。やっと会場に現れたラカッラさんに気づくダンス・ファンはロンドンに居る訳が無く、真っ先に駆け寄った。

It was really a nice surprise to see you dancing tonight. It was the last century to see you in Tokyo, maybe, at World Ballet Festival.

 といったら、ちょっと複雑そうな笑顔だった。帰宅途中に、そらそうだと気づいた。20年前に観ましたと21世紀のロンドンで言われたら、年齢なんかを気にさせたかもしれないな。

Do you now focus only on dancing modern ballet in Munich?

No, I do from classical ballet to modern ballet. I enjoy both.

When you danced his work in 2014, did you enjoy it?

Yes! I loved it. But, his work caused us muscle pain massively!

 レヴュー。

Russell Maliphant Company review – tripping in the light fantastic
http://www.theguardian.com/stage/2015/nov/27/russell-maliphant-company-conceal-reveal-sadlers-wells

Russell Maliphant’s Conceal | Reveal, Sadler’s Wells, review: 'an evening of dazzling physical poetry’
http://www.telegraph.co.uk/dance/what-to-see/russell-maliphants-conceal--reveal-sadlers-wells-review-an-eveni/

 おそらくサドラーズはこのプログラムも海外に輸出したいようだが、ミュンヘン・バレエなしだとかなり厳しいと思う。

冬のキュー・ガーデンズ

2015.11.28
スクリーンショット 2015-11-28 18.44.34
(撮影時間、午前11時頃)

かなりの強風が吹く中、天気がそれほど悪くなかったので、キュー・ガーデンズへ。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157661604928642/

 さすがに人では少なく、また観られる花は温室だけと、華やかさは春や夏、そして黄葉の秋と比べてもがくんと下がる。が、葉を散らした大きな樹の姿は、自然の造形の美しさを感じずにはいられない。

 人に強くは勧めないが、天気が良ければ冬のキュー・ガーデンズも冬なりの趣があるかな。

シリアでの空爆に反対を!

2015.11.28
No UK airstrikes on Syria.
https://petition.parliament.uk/petitions/113231

スクリーンショット 2015-11-28 17.41.22
スクリーンショット 2015-11-28 17.41.45

UKに住んでいる人しか参加できないが、イギリスがシリア空爆に参戦することになれば、状況は一気に悪化するだろう。どこに住んでいようとも他人事では済まされない。

Thousands attend protests against UK airstrikes on Syria
http://www.theguardian.com/politics/2015/nov/28/thousands-attend-protests-against-uk-airstrikes-on-syria


He said: “I came down today to voice my disagreement with the proposed war on Syria. Dropping bombs didn’t work in Iraq, it didn’t work in Afghanistan, and it’s not worked in Libya. We’ve stoked up more extremism, more anger and more discontent among the populations of these countries.”

Beall said he was “very pessimistic” about preventing the military action. “Sadly I think there will be strikes, I think David Cameron is determined to go in one way or another.”


Addressing the crowd, Brian Eno said bombing Syria would “make Isil’s dreams come true”. Mark Rylance chanted: “Don’t bomb Syria, don’t attack Syria, not in my name!”

The actor said: “I’m tired with being associated with terrorism. I’m tired of my tax money going towards violent solutions to problems of injustice.”


 戦争を終わらせられるのは、戦争ではない。

テロ、そして戦争の最大の犠牲者は、いつも市井の人々

2015.11.24
11月13日にパリで起きた連続無差別殺戮テロリズム。理不尽に命を奪われた人々、残された家族や友人の皆さんが悲しみを受け入れる状況からほど遠い、緊迫した状況が西ヨーロッパを覆っている。昨夜、ガーディアンのサイトで読んだ、サッカー場での爆発でただ一人犠牲になった男性のことが頭から離れない。

The story of Manuel Colaço Dias, sole victim of the Stade de France blasts
http://www.theguardian.com/world/2015/nov/23/manuel-colaco-dias-victim-stade-de-france-paris-attacks

Manuel Colaço Dias was not meant to be working on the night he was killed. The Portuguese chauffeur had worked for a shuttlebus company for about 10 years until retiring three years ago, but still took the odd fare when passengers specifically requested him, as happened two Fridays ago.

“He did not want to work that night, but nonetheless agreed to the job,” said his son, Michael Dias. It was to be the 63-year-old’s last journey.

Moments after Dias dropped off his passengers, a suicide bomber blew himself up in the first of three explosions so powerful they shook the foundations of France’s national stadium.

Dias was killed on the spot, the sole victim of the Stade de France blasts. He was the first of 130 fatalities during more than three hours of terror across the French capital.

Michael said he did not want to think of his father’s death as pure bad luck, choosing instead to believe that “his time had come, that it was his destiny and that it was inevitable”.

He said he was concerned, like many Parisians, about life in the city following the attacks. “It is more the sense of insecurity that worries me. The fear of being in Paris, to go out and eat out. All Parisians are currently feeling and experiencing this,” he said.


 ディアスさんは3年前に仕事を辞めたが、リクエストがあれば時折運転手としての仕事を続けていた。13日は、既に他の運転手が決まっていたが、お客がディアスさんを希望したのでサッカー競技場まで送り届けた直後、テロリストの自爆に巻き込まれて殺された。


 保守党に入って権力をむさぼりたい労働党の愚かな議員達は、キャメロンに追随して戦争への道を選ぶのが秒読み状態のイギリス。誤爆なのかの全く判らないが、ロシアの戦闘機がトルコ軍に撃墜されて、第三次世界大戦って、もしかして始まるのかなと思ってしまう今日。

 苛立たしいのは政治家だけではない。アメリカがどうとか、第二次世界大戦のどさくさで中東をずたずたにした西欧の責任を抜きにして現在のテロを一方的に判断することは間違いだとかなんだか評論するだけのメディア、そして人々。

 目の前にあるのは、多くの人々の命。それを更に危険に晒す戦争に突き進むことを止めることができるのは、今、この危機に最も直面している僕たち。

金は金があるとこにしか行かない:モディリアーニの絵画をアメックスで払ったビリオネア

2015.11.24
金は天下の回りもの、なんてことは遥か昔に信じることを止めたけど、金は金のある所にし回らないシステムを崩すのはもはや不可能ではないかと信じる報道。

Billionaire earns first-class travel for life by putting Modigliani nude on Amex
http://www.theguardian.com/world/2015/nov/24/billionaire-earns-first-class-travel-for-life-by-putting-modigliani-nude-on-amex

A Chinese billionaire will never have to pay for a plane ticket again, after he accrued a staggering number of air miles using his American Express card to buy a $170m painting.

“In theory, it’s possible to put a ($170m purchase) on an American Express card,” said spokeswoman Elizabeth Crosta. “It is based on our relationship with that individual card member and these decisions are made on a case-by-case basis, based on our knowledge of their spending patterns.”

Liu has an American Express centurion card, also known as the Amex “black card”, an invitation-only card that is given to Amex’s biggest spending clients. The card has no official credit limit – and it earns points, just like most of the cards non-billionaires carry around.

Liu and his wife, in an interview with the New York Times, said they planned to use the points to allow their family to travel for the rest of their lives.

That shouldn’t be a problem, according to Zach Honig, the editor-in-chief of the travel rewards site ThePointsGuy.com. “He’s probably reached that goal with that single painting,” Honig said.


 簡単に要約すると、ニュー・ヨークのクリスティーズでモディリアーニの「横たわる裸婦」を1億7千万ドルで競り落とした中国人ビリオネアは、おそらく彼のブラック・アメリカン・エキスプレス・カードでその支払いをしたであろうと。その支払いによって獲得したポイントで、彼と彼の家族は生涯にわたって、飛行運賃を払う必要なくファースト・クラスに乗り続けられるであろう。

 このビリオネアがどのようにして「ビリオネア」になったのかは知らないし、知った所で何かが変わることなど無い。しかし、お金は本当に存在しているのだろうかと思わずには居られない。

アンドレアス・ショル&イェスティーン・デイヴィース@ウィグモア・ホール

2015.11.24
IDAS.jpg
ロンドンの椿姫さんのご好意により、http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-12098196341.html

11月13日のフランコ・ファジョーリのリサイタル(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2566.html)から6日後の11月19日、同じくウィグモア・ホールでアンドレアス・ショルイェスティン・デイヴィース、二人のカウンターテノールによるパーセルの歌曲のリサイタル。

The English Concert
Harry Bicket director, harpsichord
Iestyn Davies countertenor
Andreas Scholl countertenor

Rousing airs, laments, theatre tunes and bold songs of welcome and farewell provide exceptional material for Iestyn Davies and Andreas Scholl to explore.

The two great countertenors, consummate experts in the interpretation of the works of Purcell and his contemporaries, share the stage with The English Concert in a programme guaranteed to move the spirit and stir strong passions.

Henry Purcell (c.1659-1695)

Love's goddess sure was blind Z331
Many such days may she behold
Sweetness of Nature and true wit
Now Does the Glorious Day Appear (Ode for Queen Mary's Birthday) Z332
By beauteous softness mixed with majesty


John Blow (1648-1708)

Sonata in A major

Henry Purcell

Strike the viol, touch the lute Z323
Sound the trumpet Z323


John Jenkins (1592-1678)

Fantasia a 3

John Blow

No, Lesbia, no, you ask in vain (The Queen's Epicedium)

Henry Purcell

Music for a while Z583
O dive custos Auriacae domus (Ode on the death of Queen Mary) Z504


Henry Purcell

Sound the trumpet, beat the drum Z335
Symphony
Let Caesar and Urania live
Chaconne
King Arthur Z628
Prelude and Aria: What power art thou 'Cold song'
Aria: Fairest Isle
The Fairy Queen Z629
Duet: Let the fifes, and the clarions

Sonata in G minor Z780
Now that the sun hath veiled his light (An Evening Hymn on a Ground) Z193


 1週間を置かずして、3人のカウンターテノールを聴き比べられるというのは、大陸での充実ぶりから見れば遅れをとっているのだろうが、ロンドンでの選択の多さには恵まれている。以前、ある友人からファジョーリ等の技巧を誇るカウンターテノールとは違い、デイヴィースショルは教会音楽の合唱の流れを汲む系統、ということを教わった。パーセルの歌曲を歌う二人からは、前週、ファジョーリが歌ったアリアとは違う点を鮮明に感じることができて、カウンターテノール初心者レヴェルの僕にはとても興味深いリサイタルだった。

 ショルとデイヴィースを長く聴いてきておられる椿姫さんの指摘(http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-12098196341.html)には、特に二人の勢いの差については同様な感想を持つ。最初の2曲は二人によるデュエットで、ソロのパートでショルが歌うとき、声のコントロールや美しさはさすがなのだが、デイヴィースとのデュオパートになると、ショルの声の芯がデイヴィースよりもずっと華奢になっていると感じた。花も咲くし、葉もまだ濃く茂るけど、その裏に隠れている幹は以前より細くなってきている、そんな印象を持った。

 同行した友人は、オーケストラの水増しが多過ぎと不満げだったが、勢いの差はあれども技術、実力が拮抗する二人を同時に聴けたのは良い経験だった。特に印象に残った曲は、ショルが歌った「Cold song」。

IDAS2.jpg
ロンドンの椿姫さんのご好意により、http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-12098196341.html

 12月4日のイェスティーン・デイヴィースアラン・クレイトン(イギリス人テノール)、12月下旬のチェンチッチhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2382.html)のリサイタル以降、ウィグモアでのカウンターテノールの登場は無いはず。代わりに、3月下旬以降、アン・ハレンベリ(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2217.html)が3回出演予定。これはとても楽しみ。

Songs    Comment(0)   ↑Top

The enemy is fear by Gandhi

2015.11.22
fear.jpg

僕は、ガンディについては、ほぼ、何も知らない。これは、昨日、ある友人から教えてもらった。現在、世界を覆う「恐怖」を的確に表現していると思う。


人類って、地球に居ていいのか?

2015.11.22
Puppies cemented inside a glass aquarium
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/northamerica/usa/12010267/Puppies-cemented-inside-a-glass-aquarium.html

人類、地球から居なくなった方が良いんじゃないかと思うよ。お互いに殺しあい、罵りあい、憎みあい、いじめ抜き、そして一人では何もできない。人類が求める快楽、殺戮、虐殺、拷問、そして戦争、何一つ地球に貢献していない、と一気に無力感のどん底に落ち込んだ記事。

Adeleのこんな所が好き

2015.11.22
11月20日に5年ぶり(?!)の音源を発表したAdele。基本、スモーキィな声には全く響かないので彼女の楽曲が彼女の歌と知るのは前作では世間より数年遅れという状態。今回は最初のシングルから大きな宣伝がかかっているので「Hello」は直ぐに判るが、CDを購入することは無いだろう。でも、プライヴァシィを守ることで神格化しないようなこんな性格は好きだ。

Adele at the BBC: When Adele wasn't Adele... but was Jenny!

https://www.youtube.com/watch?v=OHXjxWaQs9o

Adele Dressed Up As an Adele Impersonator Because No One Else Is Allowed to Be Her
http://www.vulture.com/2015/11/adele-dressed-up-as-an-adele-impersonator.html?mid=fb-share-vulture

 アップビートな曲を聴いてみたいものだ。
 
 新作のレヴューはまちまち。それがイギリスらしいのかも。日本のように誉めることが批評だと思っている皆さんには是非読んで欲しい。

Adele: 25 review – 'We've been here before,' she sings. And she's right
http://www.theguardian.com/music/2015/nov/19/adele-25-album-review

[追記:11月26日]
アメリカ人の友人から知らされた映像。オリジナルのPVよりいい感じだ。

Jimmy Fallon, Adele & The Roots Sing "Hello" (w/Classroom Instruments)

https://www.youtube.com/watch?v=-yL7VP4-kP4


Songs    Comment(0)   ↑Top

幸せの涙:イギリスのクリスマス宣伝

2015.11.17
クリスマス商戦狂乱のイギリス。そんな雰囲気にのまれたくないということで、話題になっていたジョン・ルイスセインズベリィのTV映像は観ないつもりで居た。観た。観て良かった。

Sainsbury’s OFFICIAL Christmas Advert 2015 – Mog’s Christmas Calamity

https://www.youtube.com/watch?v=kuRn2S7iPNU

John Lewis Christmas Advert 2015 - #ManOnTheMoon

https://www.youtube.com/watch?v=wuz2ILq4UeA

 悲しみの涙より、幸せな涙を流したい。

日経、「味な地球儀」11月17日:レストランの料理人確保

2015.11.17

フランコ・ファジョーリ@ウィグモア・ホール

2015.11.17
2014年9月のリサイタル(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2322.html)を経験して以来、ずっと待ち続けていたアルゼンチン出身のカウンターテノール、フランコ・ファジョーリのリサイタル。

 友人のW夫人とウィグモアについてホワイエを見渡して直ぐに、ファジョーリを始め、現在の欧州大陸で活躍する多くのカウンターテノールが所属する事務所の代表を見つけた。当夜の演奏者のマネイジャーの女性と話している所に割り込んで幾つか質問。

スクリーンショット 2015-11-17 12.12.17

 「今晩、とても楽しみにしていました。昨年のリサイタルはjaw-droppingだったけど、今晩はどんなもんですか?」

 「大丈夫!今夜は、まるでFire-worksになるはずだから」

 「彼は日本に行く予定はあるんですか?」

 「依頼はたくさん有るのだけど、1回や2回だけのリサイタルだけだと、スケジュールの調整が難しくて。でも、チェンチッチはおそらく2017年に日本に行けると思うよ」

 「カーテンコールの写真はとっても良いんですよね?」

 「もちろん。リサイタルの途中での録音や写真は絶対に駄目だよ」


Franco Fagioli countertenor
Riccardo Minasi director, violin

Arias for Caffarelli

Franco Fagioli won the hearts of Wigmore Hall’s audience at his debut recital last season, for which he received a rapturous standing ovation and a clutch of 5 star reviews.

Making an eagerly anticipated return visit the young Argentinean countertenor presents a recital which promises great displays of vocal artistry and charismatic stage presence with a programme focusing on music performed by the eighteenth century castrato Caffarelli.

Angelo Ragazzi (c.1680-1750)

Sonata for strings in G major Op. 1 No. 8

Nicola Porpora (1686-1768)

Semiramide riconosciuta
Passaggier che sulla sponda

Johann Hasse (1699-1783)

Siroe re di Persia
Ebbi da te la vita


Nicola Fiorenza (c.1700-1764)

Concerto in A major for 3 violins and continuo

Leonardo Leo (1694-1744)

Demofoonte
Misero pargoletto

Johann Hasse

Siroe re di Persia
Fra l’orror della tempesta


Pasquale Cafaro (c.1716-1787)

Ipermestra
Rendimi più sereno

George Frideric Handel (1685-1759)

Serse ('Xerxes') HWV40
Se bramate d'amar, chi vi sdegna


Angelo Ragazzi

Sonata for strings in F minor Op. 1 No. 4

Giovanni Battista Pergolesi (1710-1736)

Adriano in Siria
Lieto così talvolta


Giuseppe Avitrano (c.1670-1756)

Sonata in D major for 3 violins and continuo Op. 3 No. 2 'L'Aragona'

George Frideric Handel

Serse ('Xerxes') HWV40
Crude Furie degl' orridi abissi



 舞台に出てきたファジョーリは、「座長」という感じで昨年よりもずっと颯爽としていて、自信が良い感じであふれていた。時に魅せるケレンミたっぷりのポーズ、演奏者達の卓越した演奏を含めて、全てが素晴らしいエンターテインメントだった。一年に一回と言わず、またリサイタルだけではなくて、バロック・オペラの舞台の主役でロンドンに来て欲しい。

 アンコールの1曲目は「アリオダンテ」から。ロンドンで「アリオダンテ」のアリアを歌えるのは嬉しいと言っていたような。

 イギリスの批評家の皆さんはファジョーリが展開したようなパフォーマンスはどうやらお気に召さないようで、子音の音が犠牲になっているとか、フラメンコみたいな身のこなしがどうだとか、自分たちが思い描く枠に押込められないパフォーマンスを認めることが間違いだと思い込んでいるよう。

 会場で腹立ったのは、カーテンコール時に写真を撮ろうとしたら文句を言ってきた初老の男性。その男性が、僕と事務所の男性のとの会話を知らなかったのは当然だし、それに文句を言うつもりは無い。多くのパフォーマー達が自分たちのカーテンコールでの写真が、会場に来られなかった人々とソーシャル・メディアで共有されることを半ば期待し、また、興味が会っても生の舞台を経験できない多くの人も期待している。写真を撮ろうとして後ろの人の視界を邪魔しているのであればそれは僕の非だが、頭ごなしに写真を撮るんじゃない、というのは21世紀のエンタメではとても古くさく、そして心の狭い態度と感じた。ということで反論したら、驚いていた。ファジョーリに望むことは、チェンチッチのように、写真がきちんと撮れるように、動きにタメを取って欲しい。

 写真に注意するのなら、歌手や演奏者達を邪魔する遠慮なしの咳をする輩を注意して欲しいものだ。

 カウンタテノールをオペラ界のあだ花と思い込んでいる人はイギリスでも日本でも多いかもしれない。でも、第一線で活躍する皆さんの実力は素晴らしいもの。ファジョーリと同じ事務所に所属するサバドゥスという歌手は来年のシューベルティアーデに出演予定(演目を見たら英語の歌曲が多くてちょっと意外)。また、イギリスのカウンターテノールで現在、人気・実力ともに最高潮のイェスティン・デイヴィースは、2016年2月に日本デビュー。

http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2015/10/post-502.html

Songs    Comment(0)   ↑Top

FBのプロフィール変更への異論に感じる違和感:他者との距離を測れない社会

2015.11.17
11月12日にペイルートで起きたテロのことを、僕は14日まで知らなかった。FBがプロフィール写真にフランス国旗の映像をかぶせる機能を持たせたことを知った時、追悼という意味では異論は無かったし、自分が加わらない理由は自分の中で十分に考えたので、他の人がそれに加わることはその人達の判断なのだから、と。

 「どうしてフランスだけなのか?」という議論がでて来るのは当然の流れだと思うし、このような議論を引き出したことから考えれば、FBの意図はどうあれ、現在の社会を取り巻く状況を考える契機になったと思う。

 だから、FBばかりを責める論調には言葉にし辛い気分が強かった。今朝読んだもの。

Facebookプロフィールに仏国旗をつけることに問題はあるか
http://bylines.news.yahoo.co.jp/onomasahiro/20151116-00051506/

 大きな脅威への取り組みを考えるより先に、脅威には全く力をなさない些末なことを取り上げて他者を責めるような風潮。FBが取った行動により多くの人が世界で起きている様々な戦争を知る、そして考える機会になったことは、今回の一連の無差別殺戮の中で、方向性を見いだす小さなきっかけになるのではないかと期待する。

 フランスは今回のテロを受けて、戦争状態であるとした。でも、既に2001年9月11日から、この終わりのない戦争は始まってしまったのではないか、と思う。

 パリのテロの二日後の日曜日、所用でロンドン中心部のピカデリィに行った。リージェント・ストリートはクリスマス・イルミネイションの点灯準備で多くの人で賑わっていた。こころなしか、イスラム系とすぐ判るスカーフ姿の女性の姿が少ないように感じた。

 リージェント・ストリートを歩いていて、ふと、初めて「怖い」と感じた。多くの分析記事が既に書いていることは、先週のパリの無差別テロで標的になったのは、人々の普段の生活と結びついている場所で起きた。そのことはテロリズムがこれまでとは違った行動をとるのではないかとの危惧。

 日曜日のオブザーヴァ紙に掲載されたある記事。

‘By day, war was far away. By evening, bodies were lying in the streets of Paris’
http://www.theguardian.com/world/2015/nov/15/paris-attacks-aftermath

Many believe there was a rational explanation behind the Charlie Hebdo attack in January – the caricatures of Mohammed – as well as behind the Kosher supermarket attack two days later. The victims at Charlie Hebdo and the shop were intentionally targeted as members of specific groups, because of their opinions or religion. This time, it is blind violence against random targets. Paris has discovered something it did not taste 10 months ago, a feeling that belongs to war zones: that violent death could come to anyone, anywhere, at any time.

 テロリズムを前にして、その暴力晒される僕たちの中での小競り合いは止めませんか?

 同じ記事の最後。

However, opposing terrorism by responding with arbitary terror will never make us safer.

 憎しみは更に大きな憎しみを生み出す。

パリへの祈り:憎しみは平和をもたらさない

2015.11.14
スクリーンショット 2015-11-14 12.07.22

Paris attacks from the Guardian
http://www.theguardian.com/world/paris-attacks

 パリでの無差別虐殺の犠牲になった人々の無念を忘れず、残された家族や友人達がしっかりと支援を受けられることを。

 戦争法案の可決により、日本、そして日本人がこのような無差別殺戮には無縁であることはもはやあり得ないだろう。憎しみは憎しみを増幅するだけ。安倍政権が海外へ自衛隊を派遣することは、平和の維持ではなく、憎しみを、そしてテロリズムを拡大する。

 憎しみを生むのは憎しみだけ。沖縄への憎しみを煽っている政権のやり方を観れば現在の日本がこれまで築いてきた「平和を尊重する」日本を破壊しているだけ。

 憎しみを増幅するのは簡単であろうし、勇ましく見えるだろう。しかし、増幅された憎しみによって命を奪われるのは、常に、無関係の人々。

 パリで暮らす人々の生活に安定が訪れることを、そして憎しみがこれ以上を世界を覆わないことを祈る。

赤羽が話題になるなんて考えたことは無かった

2015.11.10
ずっと購読を続けている新潮社のPR雑誌の「」で、10月から新しい連載、「酔いどれ紀行」というのが始まった。実はタイトルすら記憶に残っていなかった、11月号を受け取るまでは。2回目(らしい)11月号掲載の分のタイトルは、「赤羽の酒はホッとするねえ!」。

 親族が赤羽から遠くない地域に住んでいるし、板橋区の「北区傀儡地域」と呼ばれる場所にかつて住んでいたので、赤羽はずっと生活圏内だった。連載に登場する「まるます家」と「小山酒造」は知っているけど、雑誌の連載に取り上げられるほど名が知られているとは考えたことも無かった。

 赤羽の飲み屋が掲載されたことで、どうしてチャラン・ポ・ランタンのヴィデオが赤羽で撮影されたのかが判った(気がする)。

チャラン・ポ・ランタン / スーダラ節(ちょっとだけショートヴァージョン)

https://www.youtube.com/watch?v=QjHqMC4RXxg

 家族に訊いてみたら、赤羽駅東口からすぐの一番街には飲み屋が増えたが、最近になって開店したようなのが多くて、「まるます家」のような昔からずっと営業している店は多くはないらしい。

 かつて、「赤羽駅で待ち合わせ」をしなければならないことなんて皆無だった、言い換えると誰も来てくれなかったので、わざわざ何かをする為に赤羽を訪れるというのは、かなり新鮮。

オーシポワとポルーニン

2015.11.05
メンバー向けの説明会は明晩の予定で、一日早く、今日、サドラーズの2016年1月から初夏にかけての演目がメディアに披露されたようだ。注目を集めたのは、ロイヤル・バレエのプリンシパル(いつまでなのかな、というのが僕個人の想い)のナタリア・オーシポワとロイヤルを突然退団したセルゲイ・ポルーニンがコンテンポラリィで共演し、且つ、カップルであることを公にしたそうだ。

Osipova and Polunin: another coup for Sadler's Wells in glitzy 2016 lineup
http://www.theguardian.com/stage/dance-blog/2015/nov/05/osipova-polunin-sadlers-wells-2016-season

Ballet stars Osipova and Polunin confirm show … and relationship
http://www.theguardian.com/stage/2015/nov/05/ballet-stars-osipova-and-polunin-confirm-show-and-relationship

 サドラーズからは既に演目についての情報は送られてきていて、一見、「なんだか、地味」という第一印象しかなかった。しかし、ジュディス女史の解説を読むと、かなり面白そうだ。既に発売になっているアクラム・カーンの1月の公演と、イングリッシュ・ナショナル・バレエの女性振付家だけのミックス・ビルは購入してある。興味を惹かれるのはオーシポワと、クリスタル・パイトかな。

 ブログ仲間の所で読んだ記憶があるのは、ベルギーのRosasは本拠地にしていたベルギーの劇場の予算削減かなにかで拠点を失ったか、それとも規模縮小に追い込まれていたはず。なので、サドラーズの国際アソシエイト・カンパニィになるのは、カンパニィ、そしてファンにとっては嬉しいニュースではないかと思う。

クリストフ・プレガルディャン@ウィグモア・ホール(シューベルト特集)

2015.11.03
今シーズン、そして来シーズンにかけてウィグモア・ホールはシューベルト作曲の歌曲を制覇する(らしい)プログラムを設定している。

Schubert: The Complete Songs
http://wigmore-hall.org.uk/artistic-series/schubert-complete-songs

Schubert’s songs belong to the stock of mankind’s highest achievements, potent examples of the best in human creation and a vast reserve of solace and joy for performers and listeners alike.

Over the following two seasons Wigmore Hall presents the chance to hear the complete songs of Schubert performed by truly outstanding artists. Every recital in the Hall’s series will unfold in chronological order, moving from little-known early pieces to sublime late masterworks and exploring their infinite universe of musical and poetic expression.

We are delighted to be working on this mammoth project with the Schubertiade Schwarzenberg and Hohenems, with singers and pianists chosen by John Gilhooly and programmes devised by him in close collaboration with Graham Johnson, rightly regarded as one of the world’s leading Schubertians.

This series continues in the 2016/17 Season.


 既にこの企画によるプログラムは始まっていて、10月29日、クリストフ・プレガルディャンのリサイタルへ。

スクリーンショット 2015-11-03 6.52.58
トッパンホールのウェブから無断で拝借。http://www.toppanhall.com/concert/detail/201603241900.html


Christoph Prégardien tenor
Christoph Schnackertz piano

Schubert has occupied the centre ground of Christoph Prégardien’s recital repertoire for over three decades. The German tenor’s penetrating interpretations flow from his sophisticated engagement with words and music.

He and Christoph Schnackertz present such familiar songs as ‘Der Hirt’ and ‘Nachtviolen’ in company with rarely performed early treasures, ‘An Emma’ and ‘Der Liebende’ outstanding among them.


An Emma D113
Der Jüngling am Bache D192
Der Liebende D207
Der Traum D213
Die Laube D214
Hoffnung D251
Ritter Toggenburg D397

Edone D445
Die Liebesgötter D446
Der Hirt D490
Bei dem Grabe meines Vaters D496
Der Alpenjäger D524
Nach einem Gewitter D561
Trost D671
Nachtstück D672
Nachtviolen D752
Auflösung D807


 まいどまいど同じ感想になるが、今回もまた、素晴らしいリードの夕べだった。前半はシラーヘルティ(Hoelty)の詩によるもの、後半は全てMayrhoferの詩への歌曲という構成だった。前半で歌われた、最近では歌われることの少ない初期の歌曲も良かった。更に素晴らしかったのが後半。公平に言えば、最高音は微妙に不安定になりつつある。しかし、ドイツ語を既に理解できなくても、歌われる単語の一つ一つが鮮明に聞こえる正確な発音、揺るぎの無い解釈があってこその想像力を刺激する歌唱に、身じろぎできなかった。
 本編の最後に歌われた「Auflösung」を聴くのは5年ぶり。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1180.html

 5年前の歌唱は今では思い出せない。2015年の「プレガルディャン」による豊かな歌唱を聴くことができて本当に良かった。トッパンホールのリーフレットの写真にあるように、本人、2年前と比べて格段に痩身になっている。それが功を奏したことは明白で、声の瑞々しさが失われどころか、輝きが増している。

 本人が舞台で言ったように、当夜のプログラムは通常より短かった。ということで、アンコールは3曲。そのあとグリーン・ルームで「今夜の素晴らしい歌唱を聴いていて、あなたのことを初めて知った『アルミダ』での歌唱を思い出していました。オペラにはもうでないと仰っていましたが、違ったプログラムを歌う予定なんてありますか?」。

 「No, I am not doing opera anymore, but I will sing Idomeneo in a concert style next summer in Germany」。

 ということを聞いたので、帰宅後、ネットで情報収集。しかし、見つからず。息子のユリアンのサイトでも言及されているから上演されるのだろう。本人サイトの今後の予定によると、2016年3月24日のトッパンホールのでリサイタルの他に、上野の文化会館(http://www.tokyo-harusai.com/program/page_3023.html)や名古屋でリサイタルの予定。

http://www.toppanhall.com/concert/detail/201603241900.html

 桜の季節の日本はせわしないし、4月8日にウィグモア・ホールでリサイタルがあるから行かないだろう。で、興味がわいて、シューベルティアーデの演目を観たら、父子競演がある。

http://www.schubertiade.at/produktionen/sophie-karthaeuser-christoph-prgardien-julian-prgardien-michael-gees.html/ID_Vorstellung=2458&m=232

 ブログ仲間の経験(http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-11918740885.html)を読むと車が無いと行くのは大変そうだが、あれほど素晴らしいシューベルトを聞いてしまうと、ファンとしてはもっと聴きたいなと。行くとしたらどうせ一人だし、気楽に鉄道で行けば良いだろう。

[追記]
どうせレヴューは無いだろうと思いつつガーディアンに行ったら、ウィグモアの2日後、オックスフォードで催されたプレガルディャンのリサイタルのレヴューが。なんと、超辛口、意地悪ACが満点をつけている。

Christoph Prégardien/Roger Vignoles review - lieder singing of the highest class
http://www.theguardian.com/music/2015/nov/02/christoph-pregardienroger-vignoles-review-lieder-singing-of-the-highest-class

The Oxford lieder festival makes a point of mixing recitals by up-and-coming singers with appearances by established international artists. It always ends with a high-profile concert too, and so the finale of this year’s fortnight-long event was a programme given by one of the outstanding lieder singers of of our time, the German tenor Christoph Prégardien, who was partnered by Roger Vignoles in a programme of Mahler, Schubert and Schumann.

Prégardien may now be nearing the age at which many singers turn their attention to giving masterclasses rather than vocally demanding recitals, but there were only a few hints that his voice was no longer the intensely flexible instrument it once was. One or two phrases were taken down an octave, and perhaps there was more use of head voice and falsetto than a younger singer might have used, but it was all fused into a seamless whole with such conviction and such intense musical awareness that nothing ever jarred or seemed out of place.

On the contrary, much of what Prégardien did was a revelation, with such immaculate diction and attention to each musical detail that the audience hung on every word. The four songs of Mahler’s Lieder eines Fahrenden Gesellen, so often presented as expressions of youthful self-pity, became a genuinely dramatic scenario, the tragedy searingly convincing. And the settings of Heine from Schubert’s final collection Schwanengesang became a series of vividly etched portraits, all achieved by Prégardien and Vignoles without any hint of caricature or exaggeration, and with the integrity of each musical line always rigorously respected.


Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.