LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2016年03月の記事一覧

2016.03.29 日経「味な地球儀」:アフタヌーン・ティー
2016.03.28 教育の改革はソーシャル・モビリティ向上にはつながらない
2016.03.28 ネット時代と返品の許容範囲
2016.03.27 ロンドンの空の下はクレーンの林
2016.03.27 JR九州「ななつ星」英文広告@ファイナンシャル・タイムズ
2016.03.27 家族の不幸を受け止める、癌と向き合う
2016.03.27 イースターにまで手を出すのは賢明ではないと思う
2016.03.27 ラーメンの次は居酒屋@ロンドン
2016.03.23 ロンドン観光準備のPros and Cons
2016.03.23 猫が居る生活
2016.03.16 草間弥生@ルイジアナ近代美術館
2016.03.13 ロンドンの自画自賛:ヴェネツィアに勝った、そうで
2016.03.13 ガーディアン/オブザーヴァ紙の読者投票で、東京が一番訪れたい都市に
2016.03.08 Broken Britain 2016 [4]: イギリス人の飲酒習慣、悪化の様相
2016.03.08 朝は混むので通勤時間をずらすように、ってそれができれば苦労はない!:ロンドン地下鉄
2016.03.08 飼い犬にマイクロチップ、4月6日から義務化
2016.03.06 Broken Britain 2016 [3]: ロンドンで急増するラフ・スリーパー
2016.03.06 Broken Britain 2016 [2]: 海外暮らしで外国語話せないイギリス人
2016.03.06 Broken Britain 2016 [1]: 無意味に高すぎるCEOの給与
2016.03.04 ガーディアン紙が日本「での」食事体験を募集中
2016.03.02 マクロプロス事件@ドイチェ・オーパー・ベルリン
2016.03.01 甲州ワインの評価
2016.03.01 ベイカールー・ライン、パディントン駅に止まらず(期間限定)

日経「味な地球儀」:アフタヌーン・ティー

2016.03.29
*著作権は日本経済新聞社に帰属します。

DSC00824.jpg
DSC00825.jpg

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157664498835574

スポンサーサイト

教育の改革はソーシャル・モビリティ向上にはつながらない

2016.03.28
きちんと考察してみたいのだけど、記事を読み返すと思った以上に複雑なので、記事のリンクと引用を。

Education reform ‘has failed to improve social mobility’
http://www.theguardian.com/uk-news/2016/mar/12/uk-education-reforms-not-helped-social-mobility

More than half a century of sweeping educational reforms have done little to improve Britain’s social mobility, according to one of the country’s leading experts on equality.

Instead, young people from less well-off families entering today’s labour market have far less favourable prospects than their parents or even their grandparents, despite having gained much better qualifications.

Giving the British Academy sociology lecture on 15 March, Dr John Goldthorpe, a sociologist at the University of Oxford, whose work on class has proven widely influential, will claim that little has changed in British society since the second world war, largely because more advantaged families are using their economic, cultural and social advantages to ensure that their children remain at the top of the social class ladder.



“There are good grounds for believing, consistent with the psychological theory of loss aversion, that parents and their children are yet more concerned to avoid downward mobility than they are to achieve upward mobility,” he will claim. “And thus parents in more advantaged class positions will respond to any expansion or reform of the educational system by using their own superior resources – economic, cultural and social – to whatever extent it takes to help their children retain a competitive edge in the system and in turn in the labour market.

 記事の大意は、第二次大戦後、教育改革によりソーシャル・モビリティの変化が活発だったのは50年代から70年代にかけて。現代の若者は、彼ら、彼女らの親世代、祖父母世代よりも良い資格や教育を受けているにもかかわらず、ソーシャル・ラダーを登ることに困難を強いられている。また、裕福な家庭では、その子供達が同等の恩恵を受けられるように経済的、文化的、そして社会的な資産を活用して就職が有利になるようにしている。

 ゴールドソープ博士による記事。

Decades of investment in education have not improved social mobility
http://www.theguardian.com/commentisfree/2016/mar/13/decades-of-educational-reform-no-social-mobility

Education is a major factor in determining who is mobile or immobile – in terms of determining which individuals. But it does not follow from this that education will be of similar importance in determining the total amount of mobility within society at large. For education to have an impact in this regard two things are necessary. First, the link between individuals’ social origins and their educational attainment must weaken; second, the link between their educational qualifications and the level of social positions they end up in must strengthen. There must be a movement towards an education-based meritocracy. But in fact there is little evidence of any such movement.

If education is viewed not simply as a consumption good but as investment good in relation to the labour market, it would appear appropriate to measure educational attainment in relative terms. What is important is not how much education individuals have but how much relative to others and especially relative to those others who will be most direct competitors in the labour market.



What is important to recognise – but what politicians prefer to ignore – is that if social mobility is to be increased by reducing the inherent stickiness between the class positions of parents and children, this must mean increasing downward mobility to just the same extent as upward mobility. But, as against this mathematical symmetry, there is a psychological asymmetry. There are grounds for believing, consistent with the psychological theory of loss aversion, that parents and their children are yet more concerned to avoid downward mobility than they are to achieve upward mobility. Thus parents in more advantaged class positions will respond to any expansion or reform of the educational system by using superior resources – economic, cultural and social – to help their children retain a competitive edge in the system and in turn in the labour market. It is this coming together of the strong motivation to avoid déclassement and the usually adequate means for doing so that is the source of the powerful resistance to change.

 教育の向上によりソーシャル・モビリティの動きが活発になるとき、社会的地位が上がる個人が居ると同時に、社会的地位が下がる個人が居るのは当然。しかし、(既に社会的に地位の高い)親とその子供達は自分たちの地位が下がることを避ける為に、今ある社会的地位(資産等)と駆使して子供世代がダウンワードしないようにする。


 以前、心理関連のポストで書いたことは、どのような状況であれ、人が「win win situation」という表現を強調、多用し始めたらそれに続く言葉と説明を鵜呑みにはしない。なぜなら「win win situation」は物事の本質、勝つものが居れば負けるものが居る、成功するものが居れば、敗者となる必然を隠そうとしているに過ぎないから。

 イギリスから階級が無くなるどころか、多くの人の目から隠された場所で、階級間格差が確実に、急速に広がっていると思われる一例。

How London’s booming ‘butler class’ takes care of the wealthy elite
http://www.theguardian.com/business/2016/mar/12/family-office-private-wealth-funds

 この記事の見出しを読んだ時の印象は、「コスチューム・ドラマの人気で、金持ちがバトラーを必要としているのかな」だった。事実は、もっともっとプラクティカルだった。

Family offices have their roots in the sixth century when a king’s steward held responsibility for managing royal wealth, a model later adopted by many aristocrats, according to accountancy firm EY. But the modern concept of the family office – an organisation that manages private wealth and other family affairs – was developed by the financier JP Morgan and the Rockefellers in the 19th century.

The number of single-family offices in the UK has more than doubled to around 1,000 since the 2008 financial crash, and they manage more than $1,000bn (£700bn) in assets, with London now the premier global hub for the secretive organisations. The figures come as researchers from Goldsmiths, University of London and Newcastle University claim the proliferation of family offices is entrenching the rise of inherited wealth and income inequality in Britain.

They conclude that the industry has promoted “entrenched elitism”, with a growing butler class of financiers and lawyers handsomely rewarded to preserve the wealth and social position of the super-rich.



Only the largest family offices, which can have more than 100 employees, usually provide in-house lifestyle management services, according to the Goldsmiths and Newcastle study. The concierge staff organise everything to the liking of the family’s members, wherever they are in the world: “Everything would be taken care of, globally, so that the right kind of drinks would be available in the car that picked them up, on the plane, and so on. Upon arrival, the properties would be perfect, not just clean but recently decorated to the owner’s specification with permanent staff whose job it was to take care of maintenance and gardening.”

The study aims to illuminate how family offices create dynasties by maintaining the wealth and lifestyles of the global super-rich. Co-author Luna Glucksberg attended a family-offices conference in a hotel in a converted castle in the Swiss Alps, which heard that only 10% of super-rich families manage to retain their wealth over three generations

The study said the most successful families shared a vision of the purpose of their wealth over future generations. The mechanisms employed by family offices to achieve this include creating family constitutions, which set out rules the family members have to follow, such as attending annual or biannual meetings, which keep the various branches and generations together. The rules “may state that all family members have to get their spouses to sign ‘pre-nups’ to protect the family capital. It may stipulate how succession is worked out, how inheritances are planned or what happens when family members are not interested in … family businesses.”

The researchers write that family offices do not just prepare the money for the children, but prepare the children for the money: “The wealth needs to be preserved just as well as the family line … It is about creating dynasties.”

Family office associations said children could be incentivised to generate their own wealth by match-funding: giving them a sum from the family’s assets equivalent to their independent earning. Johnston said some family offices encouraged entrepreneurship by enabling the offspring of the super-wealthy to turn their hobbies into businesses. For example, he said the son of a Middle East magnate, who had no interest in the family business, was given funding to set up a gallery because he collected art.


 何を書いても遠吠え、というかどこにも届かないだろうが、the more money people have, the less they want to share with the society、というのが現在の社会なのだと思う。

ネット時代と返品の許容範囲

2016.03.28
アマゾン、数ヶ月に一度くらいしか利用しないので、日常生活でAmazonなしでは暮らしていけない人がどれだけイギリスに居るのかは判らない。イギリスでは、税金を払わないグローバル企業の一つとして、アマゾンをボイコットしている人もかなり居るだろう。

 で、アマゾンが返品が多い顧客のアカウントを停止するという記事がガーディアンに掲載された。

Banned by Amazon for returning faulty goods
http://www.theguardian.com/money/2016/mar/18/banned-by-amazon-returning-faulty-goods-blocked-credit-balance

 検索していて見つけたこちらの記事では、ネット販売企業が負担する無料返品のコストについて書かれている。

Want to get banned from shopping at Amazon? Do this
http://www.marketwatch.com/story/if-youre-returning-a-lot-of-amazon-purchases-heres-your-cautionary-tale-2016-03-21

But retailers have also their share of complaints about the money drain that can result from customers who overuse return policies. According to a survey by IHL Group in May 2015, retailers worldwide lose around $1.75 trillion annually from the cost of items that are overstocked or out of stock and from what they referred to as “needless returns.” The survey said those three factors can mean up to 1.7% in lost revenue for the majority of retailers.

 返品にかかるコストが巨大化することが心配なら、無料返品の制度を見直せば良いのではないか?

 最初に挙げたガーディアンの記事の中で最も気になった部分を引用する。

While thousands of UK consumers boycotted Amazon over its controversial tax situation, many disabled and elderly customers – and those who live in rural areas away from big shops – have come to depend on the company’s slick online operation. Are they now going to have to accept damaged or wrongfully described items to avoid the risk of being banned, asks Nelson.

 ガーディアンがインタヴューした、アカウントを停止された人物が指摘している、地方に住んでいてアマゾン等の企業に物品購入を頼らなければならない消費者は、届いたものが不備で返品したくても、返品したらアカウントが止められてしまうことを心配して、不要なもの、故障品でさえ受け取らなければならないのか、という点。

 Kindleを初めとする電子書籍は、書籍を購入したら、購入者が保存していつでも、いつまでも読めるものだと思っていた。しかし、その電子書籍を販売している会社がコントロールできるということは、ネット販売社会では勝者は自分たちが購入したと思っていた物品をコントロールする力はないのだろうかと考える。

 アメリカ人の友人によると、日本は返品をしたくても、させてもらえないような雰囲気が強いとのこと。そうかもしれない。でも、度を超した返品というのは、イギリスでももはや歓迎されないだろう、という記事。

How I learned to get my money back
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2016/jan/30/how-i-learned-to-get-my-money-back

 全文を一読すると、イギリスと日本のメンタリティの違いを別の面から考察できると思う。

When Mum took the skirt out, I remember thinking that it looked about five years old. Not only that, it quickly became obvious that the garment had been taken up and hemmed – by hand. The manager was called. There followed a fervent discussion between two – or was it three? – members of staff and various no doubt sensible points were raised.

Mum stood her ground. She did not consider for a split second that she wasn’t going to win. That sense of purpose was almost terrifying: it was disgusting that a zip should break – how dare the shop assistant ask when she’d bought the skirt? She couldn’t remember! She couldn’t wear the skirt any more and wanted her money back!

She left M&S with a voucher and an awe-struck student daughter who had learned far more from her mother that day than she had from reading Moby Dick at university.

The teapot she returned was also impressive. I was in my teens and hoping to be bought some new clothes at the Brent Cross shopping centre when Mum dragged me along to Fenwick’s and placed the teapot on the returns counter. “It’s chipped,” she said and waited.

The teapot was, without a doubt, chipped – and there were tea stains visible inside the spout. The sales assistant, a young woman in her 20s, seemed confused.

She opened her mouth as if to say something and faltered. The issue hanging in the air, of course, was that Mum could have chipped it herself. I could sense that the assistant was about to suggest as much. She looked down at Mum (who was just under 5ft tall) and Mum looked back up at her. There was fire in the eyes of that diminutive, middle-aged woman. “Go on!” her eyes said. “I dare to you to confront me on this!” As if held at gunpoint, the sales assistant opened the till and handed over the cash.

Watching Mum in action was like watching Muhammad Ali in the boxing ring – she flew like a butterfly and stung like a bee but, unlike Ali, she won every fight. I think she had an innate skill, but whether nature or nurture turned her into a demon goods returner, she lived for and loved the thrill of the “win”.


 これは、現在では受け入れがたいレヴェルだと思うが、返品は日常。小型の電子機器で購入時に「2年保証」が自動でつけば、その2年が切れる直前に購入した店舗に持ち込んで新しい製品に取り替えようとする人はたくさん居ると思う。

ロンドンの空の下はクレーンの林

2016.03.27
スクリーンショット 2016-03-27 21.37.29
(プリムローズ・ヒルから)

ロンドンの空からクレーンが無くなる日がいつか来ることを、切望。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/

JR九州「ななつ星」英文広告@ファイナンシャル・タイムズ

2016.03.27
3月26日のファイナンシャル・タイムズの週末版、FTWeekendで、JR九州の豪華列車、「ななつ星」の1面広告が掲載されていた。

Cruise Train Seven Stars in Kyushu
http://www.cruisetrain-sevenstars.com/

DSC00360.jpg
DSC00362.jpg
DSC00359.jpg

 FTの週末版のメインのターゲット読者は「金持ち」なので、そこに1面広告を打つということは、JR九州がどのような客層を期待しているかがよく判る。

 ええ、乗りたいですとも。海外枠は日本国内の抽選枠よりも競争率が低いと読んだ記憶あるが、当選したとしても払えなければ意味ない。

 九州出身の友人達によると、九州では様々な企画列車が運行されていて楽しいそうだ。2014年9月に鹿児島に行ったとき、偶然、「指宿のたまて箱」に乗る機会があった。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2328.html

 次に鹿児島へ行く機会があれば、「肥薩おれんじ鉄道」を試したい。

http://www.hs-orange.com/

 鹿児島出身の友人によると、夕方、列車から眺める東シナ海に沈む太陽の美しさは言葉にしがたいほどだそう。日本は乗り鉄にとっては最良の国の一つだと思う。

家族の不幸を受け止める、癌と向き合う

2016.03.27
昨日のガーディアンに、とても興味深い、そしてたくさんのことを考えるきっかけをくれた2本の記事。一つ目は、1年ほど前までガーディアンのインタヴュー記事はこの人がいてこそ、というほどの存在感と面白いインタヴューをこなしてきたデッカ・アイトキンヘッドさん。デッカさんが紙面から居なくなったのは、彼女のパートナーの男性の突然の死と、彼女に乳がんが見つかったからだった。

‘The scene belonged to a disaster movie, not a family holiday’: the day my partner drowned
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2016/mar/26/disaster-movie-day-partner-drowned-decca-aitkenhead-breast-cancer

 家族の休日を過ごしていたジャマイカで、溺れそうになった息子を助けようとしたデッカさんのパートナーの男性は潮流にのまれて死亡した。1年後、彼女は自分の胸にしこりがあることに気づいた。

 長く感じるかもしれないが、読む意味のある記事。僕が興味を惹かれた部分を。

Sudden death defies the laws of physics; the human mind cannot reconcile the velocity of the first word with the enormity of the second. It is literally incredible. It had taken less than 10 minutes for a fit 49-year-old man to become a corpse, but it would take months for me to accept that he was never coming back. For more than a year, Joe asked me every day to tell him the story again “about how Tony died-ed”; even when he knew the words off by heart, it still sounded as fantastical as Little Red Riding Hood. Even now, I sometimes wonder if I really believe he is dead. But within 24 hours, amid the chaos of shock and confusion, one fact had become incontrovertibly clear in my mind. I knew whose fault it was.

Survivors’ guilt always used to baffle me. Why did people think someone else’s death was their fault; that if only they’d acted differently, they could have prevented it? The illogic seemed so self-evident, and the implicit self-importance rather alienating. But by the time my three brothers and two family friends flew in the following evening, I was convinced they were furious with me.

We sat up late that first night, on the terrace of a friend’s beach house. I tried to explain how Tony had drowned, but kept breaking down, semi-hysterical with self-blame, deaf to all reason or reassurance. Why hadn’t I tried to swim Tony back to shore along with Jake? Why didn’t I swim back to him after saving Jake? How could I not have panicked, even when he was drowning before my eyes? The others’ astonishment at my outburst only made me angry. Why wouldn’t they see – I could have saved him? Come to think of it, if I hadn’t booked this holiday in the first place, he would still be alive. For that matter, he would still be alive if I had never met him. Whichever way you looked at it, if it weren’t for me, Tony would not be dead.

I knew I was becoming increasingly irrational, but could not control the rampaging narrative of guilt – until one brother took my hand and said slowly, gently, as if addressing a small child: “Dec, there was literally nothing you or anyone else could have done to save Tony’s life.” And suddenly I saw that it was true. But instead of relief, what I felt was despair.



The boys wanted to understand this mysterious thing called chemotherapy which was making a dead-eyed stranger of their mother, so I brought them with me to hospital for a session. The oncologist looked a little taken aback when Jake unfolded his list of questions and asked: “Where does cancer come from? Why does chemotherapy make my mum tired? Why did it make her hair fall out?” With heartbreaking care, she tried to answer each question, but the explanation the boys sought lay beyond the boundaries of medicine. They wanted to know why this had happened to their family. All I could say was that we were bitterly, unfathomably unlucky. “No one can believe how unlucky we are,” I told them.

But when I overheard Joe tell a friend, “The thing about us is, we’re really unlucky”, I willed my words unsaid, and wept. What I had loved about their father, more than anything, was his dauntless optimism. I would rather die than raise his boys on self-pity, and I worry that a sense of relentless victimhood will become a self-fulfilling prophecy.


 紙面では読んでいないのだが、同じく昨日の掲載は、ガーディアン・アメリカの記者による彼個人の体験から。

Don't tell cancer patients what they could be doing to cure themselves
http://www.theguardian.com/commentisfree/2016/mar/26/do-not-tell-cancer-patients-cures-they-could-be-doing

 彼のsisterの癌闘病中に、多くの人が「あれしろ」、「これしろ」というがそんなことを彼女、そして彼女の家族は必要とはしないんだ、というのが乱暴な要約。

If you’re a religious person, for the love of God, don’t tell someone with cancer that if they’d just drink juice (or take vitamins, or pray or have a “positive attitude”) that they could cure themselves.

And if you’re not a religious person, for the love of reason and decency, don’t tell someone with cancer any of these things, either.



Since she’s been gone, I’ve been able to understand that my sister wasn’t alone in a particular burden she bore. I’ve been hearing from friends with cancer and other serious illnesses that they are overwhelmed when concerned people lob suggestions at them for homeopathic remedies they “should” be doing.

Over the years, it was painful for me to see people tell my sister (and me) that she could just cure herself if she really wanted to. Didn’t she know that if she just drank lemon juice every day she could wipe out her cancer cells? That if she’d just watch that Netflix documentary The Gerson Miracle she’d be OK? That if she were only willing to take vitamins, or eat raw food, or do yoga or look on the bright side of things, her illness would go away?


First, it’s condescending. If lemon juice really cured cancer, don’t you think we’d all be dancing around citrus trees? That lemonade would be traded on Wall Street and hedge funds would be peddling lemon-flavored credit default swaps? More importantly, when someone has had cancer for months or years – maybe living through hours of doctor appointments, days in hospitals and months in bed – don’t you think they’ve had time to consider every possible option with the seriousness their own mortality deserves?


Second, it could be argued that people giving advice are just trying to “do something” and kindly offer help. But I reject this: if you want to do something to help someone in distress, as George Carlin famously riffed, unplug their clogged toilet or paint the garage. Don’t tell a sick or injured person what they should do, because it’s a sneaky and harmful way of dealing with your own fear of death. You’re saying, tsk tsk – I wouldn’t let this happen to me the way you’ve let it happen to you.


It is hard to be with people in grief. It is hard to be with people who are facing death, or with their caregivers. The next time you are, don’t give them stupid advice – they aren’t stupid. Trust they’ve given more thought to their course of treatment than you did listening to that public radio story. Trust yourself to just be with them in the unknown.

Trust yourself to love them in the condition they’re in, instead of ignorantly and egotistically giving useless advice that won’t ultimately change their prognosis. One of the last and most frightening lessons I learned with my sister in her final days was the importance of being with another when there is nothing to say or do. It is terrifying, to just be with a loved one and to admit you’re powerless to stop their death.

But it can be the most powerful, quiet and loving gift you can give each other.



 洋の東西を問わず、「よかれと思って」と他者が何をしたいのか、必要としているのかを尋ねないで「これをしなさい」、「それをしなかったから」をする前に、目の前に居る家族、友人が病と対峙している時に、求められていないことを自分がしたいからする、求められても自分ができないことを「自分のやり方で勝手に解釈」してでしかできないのであれば、支援を求めた人が望むことではない。

イースターにまで手を出すのは賢明ではないと思う

2016.03.27
easter2016.jpg
"I don't know where the eggs come from, and I have no idea why I feel a compulsion to hide them."
(ある友人からのイースター・メッセイジ)

今日、3月27日は2016年のイースター。この記事が判り易い。

今更聞けない? キリスト教最大の祝日・イースターをじっくり解説
http://dot.asahi.com/tenkijp/suppl/2016032700013.html

 知らないことは、いつ訊いても遅いことはない。知らないより、尋ねた方がずっとましだ。

 数日前、ミクシィのニュースの一つに、「クリスマス、ハロウィーンの後はイースターか?」というものがあった。僕は宗教についてはアグノスティックとしている。千年、2千年以上も前に本当に存在したかどうかも判らない人物が「神がどうのこうの」なんてことに短い人生を支配されるのは、生きる楽しみにはならない。

 イギリスでも、イースターになるとチョコレイトの販売が急増し、食品業界が売り上げを伸ばそうと必死という現実はある。しかし、上記のリンクからも想像できるように、イースターというのは商魂に踏みにじられてはならない行事だと、イギリスで暮らしていると感じる。折角キリスト教の歴史や文化から良い距離を保っている日本でイースターを持ち上げる必要を、僕は感じない。

ラーメンの次は居酒屋@ロンドン

2016.03.27
3706.jpg
(オブザーヴァから無断拝借)

今日のオブザーヴァ紙の付録雑誌の「食」セクションで、ロンドンで増えているらしい日本の「居酒屋」をコンセプトに下店が増えているとの記事。その中でメインで紹介されているのが、ロンドン東部のドルストンDalston)で営業している「Jidori

http://www.jidori.co.uk/

Going crazy for izakayas
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2016/mar/27/going-crazy-for-izakayas-yakatori-japanese-food-megan-carnegie-brown

Japanese food in the UK traditionally meant sushi and saké. Perhaps a few flaming-pan teriyaki dishes. More recently, ramen restaurants have emerged. What British diners might not realise, however, is that Japan does pub food as well as any nation on earth. It looks like 2016 will be the breakout year for izakaya, as Japanese gastropubs are known, which have been springing up around the UK, doling out small plates drenched in umami.

 個人的に、焼き鳥は選択肢があればかなり下の方になる。酒を飲まない僕には、できれば定食屋のコンセプトを持ち込んで欲しい。昨日、3月26日のガーディアンの付録雑誌では、大阪ではどの居酒屋に行くべきかという記事が掲載されていた(ウェブにまだ掲載されていない)。

 記事の中で触れられているように、日本人が毎日、寿司を食べているのではないということが広まるかな。「日本人=寿司、すき焼き、天ぷら」という狭い認識が広がることを期待したい。

ロンドン観光準備のPros and Cons

2016.03.23
友人家族がロンドンを訪れた。楽しみだった10数年ぶりの再会は予想を遥かに上回る嬉しさだった。同時に、ロンドン到着を前に僕から提供した情報が必ずしも最善ではないことも判った。他の人達の助けになるか判らないので、参考程度として。

 ロンドン滞在の必携アイテムは、Oyster Card。来訪者が一人程度なら予備のカードを常備しているので、それを利用してもらうことは可能だが、家族となると人数分のカードまでは手が回らない。僕としては多くの人が到着するであろうヒースロー空港で購入するのが一番簡単だろうと思っている。しかし、以前、ヴィジター用のオイスター・カードを到着前に購入することもできると聞かされた、もしくは読んだので友人にはこのリンクを送っておいた。

Visitor Oyster card
https://tfl.gov.uk/travel-information/visiting-london/visitor-oyster-card

 友人はロンドン到着前に購入、カードを僕の住所に送るように手配した。ロンドン交通局からは購入の際の照会番号は届いたのだが、配達のトラッキング・ナンバーが友人に送られてこなかった。怪しいなと思った予想は的中して届かなかった。

 パディントン駅にあるヴィジター・センターで払い戻しを交渉してそれは受け付けられたのだが、ヴィジター・カードの利便の一つである子供割引は、ロンドンで購入した場合、適用されない。窓口の係員に、それなら紙のカードを鉄道会社の切符売り場で購入すればと教えてもらったようで、滞在中はそれで問題はなかった。で、友人の体験から僕が思うそれぞれのメリット、デメリットを。

[オイスター・カード]
メリット:必要であればトップ・アップが可能。テムズ・クリッパーで割引料金が適用される。トップ・アップしてあればエミレイツ・ケイブルカーの利用が割引。

デメリット:ヴィジター・カードだと7日間利用の料金は適用されないようだ。ロンドンに到着してから購入する場合、デポジットは£5−、また居住者でない場合は子供料金が適用されないようだ。ヴィジター・カードにかかる£3−は払い戻しされない。ヴィジター・カードが届かない時の解約の手続き。

[7日間のゾーン1・2パス]
メリット:デポジット、なし。ゾーン内であれば、残額を気にする必要はない。子供料金あり。

デメリット:ゾーンを超える利用になると、その度に、窓口で不足額を払うか、事前に精算しておく。テムズ・クリッパーやケイブルカーの利用の際は割引にはならない。購入の際には写真が必要。

 15歳未満の子供が居る家族連れだとヴィジター・カードの方が使い勝手が良いかもしれないが、配達されないリスクは常にある。友人の子供達をO2ドーム(ゾーン3)に連れて行ったときどうなるかと思ったが、改札で課金されなかった。いい加減なロンドン交通局。

 以前も書いた記憶があるが、大人だけでロンドンにフルで4日滞在するのであれば、ロンドン到着後にゾーン1・2のオイスター・カードを購入し、£10−、もしくは£20−を更にクレディットしておくのが最も手軽だと思う。

 宿泊費が高いロンドン。家族連れで一週間の滞在ということで、友人は初めてAirBnBを利用した。落胆したそうだ。詐欺ではなかったようだが、説明と現実の落差が大きかったとのこと。イギリスの新聞で目にするAirBnBについての報道は好ましくないことの方が多いので、予約の際は気をつけた方が良いだろう。

 WiFiアクセス、大変だったようだ。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2609.html

 不思議だ。これだけ多くの人がスマートフォンやタブレットに海外で旅行や仕事に頼る時代になってなお、自国以外でのWiFiアクセスのなんと難しいこと。誰もがアクセスできるWiFiで個人情報が漏れたら困るというのは、どの環境で個人情報をインプットするかを判断するのは個人の責任であることを自覚すれば良いだけ。

 ロンドンでWiFiへのアクセスを探すのであれば、著名なホテルやスタバ、美術館等で試してみてはどうかと思う。

猫が居る生活

2016.03.23
スクリーンショット 2016-03-23 15.17.03
(Neko Neko)

昨年末、シェルターから引き取り、彼にとって静かな暮らしを7ヶ月だけともにしたJin Jinを安息させてしばらく、家を必要としている猫を引き取ることは考えられなかった。避けられないとはいえ、あの悲しみを繰り返すかもしれないことを想像するのは辛かった。獣医からも、焦らずに自分の気持ちを大切にした方がいいだろうと。

 悲しみを抱えたまま(トラウマという気は全く無い)、でも時折目にするイギリス国内でも虐待を受けるペットについての報道を読むと、どうしても動物保護団体のウェブを観てしまう。

http://www.battersea.org.uk/apex/webgallery?pageId=041-catsforrehominggallery&type=cat

 Jin Jinを引き取ったバタシーのサイトに6歳の雄猫が出ていて穏やかそうな表情だったので引き取れるかどうかを尋ねると、その猫は庭が必要ということでバタシーの方針から猫の最良の環境ではないから駄目とのこと。しかし、同じく6歳で、ずっと屋内飼育の猫が居るので、一度会いにきてみてはどうかと。バタシーでの呼び名はHarry

Nervous and shy Harry has been a little bullied by his sister so he has been spending some time away from her to find his confidence. He did try to interact with her so he may be able to live with another cat, just one that appreciates his company too!

Harry has shown glimpses of the cat he was in the last home - loving affectionate and very sweet - but is still settling into Battersea and is still very shy.

He has always been an indoor cat, but he may be able to go to a home with a balcony or even a little garden for him to explore once he gains confidence once more.

Harry is a slow burner, but once you break through his exterior, his personality shines through.


 これまで大家と共同で引き取ってきた猫は全て10歳以上。6歳の猫の動きの素早さには驚いた。しかし問題は、説明で聞いていた以上にHarryがびびりだという事実。引き取ってからの1週間は、彼の姿を見ることは少なかった。
 疑問に思ってバタシーに更に尋ねると、彼をいじめていたのは彼のシスター・キャットだけでなく、以前の飼い主からは頻繁に大声で威嚇された居たらしいとのこと。そんな過去を生き抜く為に彼がまとった鎧が完全に無くなるかどうかは判らない。しかし、ここにやってきて約ひと月、最近は寝場所が椅子の後ろから椅子の上になったので、馴染んでくれているのだろうと思いたい。

スクリーンショット 2016-03-23 14.04.16
(Ai Ai)

 不在中にJin Jinを失ったことがショックだった大家。僕が再びバタシーのサイトを観始めた同じ頃、大家は動物保護団体としては国内だけでなく、海外での動物虐待にも、時に武闘派的な行動をとることで知られるRSPCAのサイトでリホームを必要とする猫をみていた。

http://www.rspca.org.uk/findapet

 Fanta Pantsというとんでもない名前で呼ばれていたジンジャー猫は、RSPCAに引き取られて数ヶ月の間ずっと引き取り手が居なかったらしい。理由の一つは、以前の飼い主に捨てられてから数ヶ月、野良猫生活を送っている間に歯の病気などにかかってしまい、引き取ってからもしかしてかかるかもしれない医療費が高くなると心配する人が多かったのではないかと想像する。また、かなり肥満だ。

スクリーンショット 2016-03-23 14.02.04
(Tan Tan)

 しかし、FPに会いにいった大家は、一目で陥落した。

 加齢と持病で動きが緩慢になってきているNeko Nekoとあわせて3頭の猫の世話、特に食事の世話が2頭の時の倍の時間がかかることに慣れるのには時間がかかった。特にTan Tanと名付けられたジンジャーの食欲はこれまでのどの猫よりも凄まじく、最初の数日間は静かにさせる為に多めに食事を与えてしまった。しかし、Jin Jinの時の教訓から、食事の時間を徹底することを心がけ、食事の時間は朝と夕方の2度だけ、ということをやっと理解し始めた、と思いたい。

 バタシー、そしてRSPCAにとって最も大切なことは、引き取られる猫や犬、その他の動物が引き取られた先で幸せに暮らせるか、ということに尽きる。今回、RSPCAの引き取りに関する申込書を初めて読んだ。その中で、「今後ひと月の間に休暇で家を離れる予定がある場合、登録はその休暇から戻って来てから」という一文があった。
 動物保護団体で引き取りを待っている動物達には様々な過去があるだろう。中には即座に新しい環境に慣れることができる猫や犬が居るかもしれない。しかし、一般論として、以前の環境から保護団体に引き取られ、そして新しい環境に移る動物達が自分の居場所を見つけるには最低でもひと月はかかるだろうと思う。

 今でも多くのペットショップが存在する日本と比べて、イギリスは動物愛護の国との印象を持つ人は多いと推測する。しかし、イギリス各地の動物保護団体のウェブを観ていると、リホームを待つ動物達のリストが途切れることはない。リホームを待つ動物達がいつも居る理由の一つは、昨今の住宅危機の影響があると思う。経済的な理由で持ち家を手放し、新しく移る賃貸住宅では動物を飼育できないという人は多いはずだ。
 動物たちのリホームを推進する保護団体は、賃貸住宅の大家に動物受け入れを考慮して欲しいと常に働きかけている。しかし、実際に動物を受け入れる賃貸住宅の数が増えているかどうかは疑問だ。地方自治体が管理する賃貸住宅では、動物は飼育できない所が大半だろう。

 ネット上では、子猫や子犬が高額で売買されている。リホームを待つ猫の半分くらいは10歳以上。10歳を超えると、10歳以下の猫には適用される保険を購入することができなくなるど制約が多い。また、動物保険の高額さから引き取りたくても躊躇する人はかなり居るのだろうと推測する。同時に、バタシーをのサイトを観ていて気づくのは、健康に留意点ありの猫がけっこう多いこと。思うに、獣医の費用がかさむ前に手放す(もしくは放棄する)人も居るのではないだろうか。

Why does treatment for pets cost so much?
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-35524322

 猫達に癒して欲しいとは思わない、願わない。彼らの寝息を聞いていると、幸せな数年間を送って欲しい、それだけ。

Cats    Comment(0)   ↑Top

草間弥生@ルイジアナ近代美術館

2016.03.16
*著作権は共同通信社、及び(上から順に)信濃毎日、徳島新聞、岩手日報に帰属する。

DSC01474.jpg
DSC01475.jpg
DSC01476.jpg

DSC01478.jpg

DSC01480.jpg

2016年1月、ルイジアナ近代美術館にて。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157665800418004

ロンドンの自画自賛:ヴェネツィアに勝った、そうで

2016.03.13
数日前のガーディアンで、ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート自然史博物館科学博物館への2015年度の合計入館者数が、ヴェネツィアを訪れた観光客の数を抜いたぞ、という見出しの記事があった。

Three London museums totalled more visitors than Venice in 2015
http://www.theguardian.com/business/2016/mar/07/three-london-museums-totalled-more-visitors-than-venice-in-2015

 こんな比較に引っ張りだされてヴェネツィアもいい迷惑ではないかと思う。

In St Mark’s Square and the Grand Canal, Venice has some of the world’s recognisable tourist attractions. But the Italian city was eclipsed in terms of visitor numbers last year by just three London museums – the Victoria and Albert, Natural History Museum and Science Museum.

London’s popularity, combined with the relative weakness of the pound making UK holidays less expensive, has helped to produce a bumper year for tourism across the country, with a record 124.4 million visitors (domestic as well as overseas) flocking to top attractions.

Blockbuster exhibitions such as Alexander McQueen: Savage Beauty at the V&A combined with late-night openings and membership events were driving interest from “a younger and culturally curious” new audience, according to Bernard Donoghue, the director of the Association of Leading Visitor Attractions (Alva).


 記事の中で書かれている1億2千4百万人という数が延べなのかは判らないが、数の上では確かに凄いと思う。個人的には、昨年はマックウィーンのブロックバスター以外に印象に残る展覧会がなかったので、およそ1200万人もの見学者がV&A、自然史、科学博物館に訪れたのか理由は判らない。自然史博物館はもしかすると、「パディンドン・ベア」の映画(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2392.html)の影響もあるのかな。

 出ては消え、消えては出て来るイギリスの博物館や美術館の入場を有料にする議論。文化施設が観光客を集める大きな要因の一つであるなら、有料化は観光客誘致にはマイナス要因になるだろう。

 今年の夏以降、来年の前半にかけて、ロンドンの美術館業界では大きな話題が続く。テムズ河畔に立つテイト・モダンの新しい建物が6月にオープン。

New building
http://www.tate.org.uk/visit/tate-modern/new-tate-modern/building

Tate Modern's Olympic-sized expansion to open in June 2016
http://www.theguardian.com/artanddesign/2015/sep/22/tate-moderns-olympic-sized-expansion-to-open-in-june-2016

 そのテイト・モダンの話題の展覧会は、ジョージア・オキーフ

Georgia O’Keeffe
http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/georgia-okeeffe

Flowers or vaginas? Georgia O’Keeffe Tate show to challenge sexual cliches
http://www.theguardian.com/artanddesign/2016/mar/01/georgia-okeeffe-show-at-tate-modern-to-challenge-outdated-views-of-artist

 更に、モダンにかなり水をあけられているテイト・ブリテンでは、来年そうそう、デイヴィッド・ホックニィの大回顧展。

David Hockney
http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-britain/exhibition/david-hockney

David Hockney show will be one of Tate Britain's biggest ever
http://www.theguardian.com/artanddesign/2016/feb/22/david-hockney-show-one-tate-britains-biggest-ever

 報道を斜め読みした所、ホックニィ自身は過去のことよりも、現在進行形の作品に集中したいそうだ。この展示はテイトの後、ニュー・ヨーク、そしてパリのポンピドーでも開催される予定とのこと。オキーフとホックニィなら、テイトのメンバーシップを再び購入するのはvalue for moneyだと思う。

 外観の工事はほぼ終了したようだが、未だに開館の予定が明らかになっていない新しいデザイン・ミュージアムは、2016年内の移動を目指しているようだ。

http://newdesignmuseum.tumblr.com/

2012年9月18日の写真。
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157631566266261

 コンラン卿は元気だろうか。

ガーディアン/オブザーヴァ紙の読者投票で、東京が一番訪れたい都市に

2016.03.13
記憶違いでなければ、2年ほど前と比べるとかなり地味な印象だが、ガーディアンとオブザーヴァの読者投票で、2016年の同紙のトラヴェル・アウォードの「最も訪れたい海外の都市」部門で東京が選ばれた。

Travel Awards 2016: the winners
http://www.theguardian.com/travel/2016/mar/05/travel-awards-2016-the-winners

スクリーンショット 2016-03-13 14.08.51

 £が他の主要通貨に対して急速に弱くなってきているのは、最近になってやっとイギリス国内でも広く認知されてきた印象がある。このマイナス要因がどれほど響くか判らないが、日本の観光業界はこの機会を逃さずにイギリス国内で日本への旅行の魅力を大きくアピールする企画を打ってみても良いのではないかと思う。

 つい数日前まで知らなかったのは、ガーディアンのサイト内の項目の一つに、「Japan holidays」というのがある。

Japan holidays
http://www.theguardian.com/travel/japan

 ガーディアン規模の新聞社なら、日本への旅行情報を設けているのは不思議ではないのかもしれない。記事の本数は多くないのは、英語で入手できる情報がまだそれほど多くないからだろうか。

 閑話休題。マークスから甲州ワイン(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2629.html)を購入した。知るきっかけとなったサンディ・タイムズの批評で「幽霊のように透明」と評されていたように、本当に薄い色だった。アルコール類については全く知識を持ち合わせていない僕に違いは判るのかと思っていたが、確かに、先月ベルリンで飲んだドイツの白ワインとは全く違う味だった。寿司に合うと書かれていたので、どこかで魚を食べる機会がある時に持ち込んでみようかな。

Broken Britain 2016 [4]: イギリス人の飲酒習慣、悪化の様相

2016.03.08
スクリーンショット 2016-03-08 21.02.19
(テレグラフのウェブからスクリーンショット、収入と飲酒量のチャート)

イギリス人はパブでビールを時間をかけてたしなむ、というのは既に笑い話的にあり得ないというのはイギリス国内に居ると判ること。で、新しい統計資料が発表になり、イギリス国内で250万人もの人が、一週間の飲酒のリミットを一日で消費しているとのこと。

2.5 million Britons smash through weekly drink limit in single night
http://www.telegraph.co.uk/news/health/news/12187610/2.5-million-Britons-smash-through-weekly-drink-limit-in-single-night.html

“What is really worrying is this belief that exists that alcohol is relatively safe, even at binge levels, so people are ‘rewarding’ themselves with large quantities.

“We have got to change the culture where reward equates to storming the bars to binge drink, or drinking excessively at home on a regular basis, because of the serious health issues in the years to come.

“Unfortunately having a good time is still synonymous for many with getting drunk.

“At the Priory we see people who consume alcohol in bars and pubs as if they were visiting Starbucks for a coffee.

“For young people, we see them drinking alcohol like water, just to rehydrate.

“For older people, often under considerable work and financial stress, there is more solitary binge drinking which is also highly dangerous, because there is no one keeping a check on levels.

“There’s this common feeling among people we see of ‘keep calm and carry on – and keep drinking.’

It has created an atmosphere whereby people who once enjoyed an occasional glass of wine now finish a bottle and sometimes open another.

“One former patient said she could remember the panic that she would not have enough bottles, so she switched to wine boxes, then cases.”


 「プライオリィ」というのはロンドン南西部にあるプライヴェイトのメンタル・クリニック。飲酒等の問題を起こした著名人が極秘に治療を受けることも多い。

 観光で、そして仕事で訪れてイギリスはたくさんのことを提供する国であることは疑いはない。しかし、ことに飲酒に関しては、「紳士・淑女の国」という印象は持たない方がいいかもしれない。

朝は混むので通勤時間をずらすように、ってそれができれば苦労はない!:ロンドン地下鉄

2016.03.08
ロンドンの夕刊新聞、イヴニング・スタンダードの今日の一面。

Tube bosses tell commuters: don't travel through Victoria at rush-hour, it's too busy
http://www.standard.co.uk/news/transport/tube-bosses-tell-commuters-dont-travel-through-victoria-at-rushhour-its-too-busy-a3197996.html

Tube bosses today appealed to commuters to avoid a major station during the height of the morning peak because it is “too busy.”

In emails to sent to passengers they suggest avoiding the Tube section of Victoria station between 8am and 9am when more than 20,000 pack onto the Circle, District and Victoria lines.

London Underground (LU) advises commuters to travel outside this period for a “quicker and more comfortable journey.” Even walking could prove more convenient.


 ロンドン交通局から地下鉄利用者に送られたメイルに、「朝は混むから(特定の)駅の利用を避けて欲しい」、と。

 ロンドンの人口が急増していて、公共交通がそれに追いついていないのは判る。しかし、「判りました、それでは通勤時間を変えましょう」と簡単に変えられる労働者の人数が、混雑が解消されるほど居る訳がない。

 メンタリティの違いと言ってしまえばそれまでだけど、自分たちには先を見越す能力がありません、今のこの危機を解消できる方策は自分たちの中からは生み出せません、ということを公言できてしまうのだから。

 円高だし、気候が暖かくなって日本からロンドンに来られる人の数が増加するかもしれない。朝は地下鉄を利用しないで歩いた方が、効率よくロンドンを観てまわれるだろう。

飼い犬にマイクロチップ、4月6日から義務化

2016.03.08
スクリーンショット 2016-03-08 13.19.55

2016年4月6日から、イングランドでは、犬の飼い主は飼育している犬にマイクロチップを埋め込むことが義務になる。

Microchip your dog to help save councils money, minister says
http://www.telegraph.co.uk/news/health/pets-health/12185198/Microchip-your-dog-to-help-save-councils-money-minister-says.html

Compulsory Microchipping - FAQs for Pet Owners
https://www.petlog.org.uk/pet-owners/compulsory-microchipping-faqs-for-pet-owners/

 現実的な点では、迷い犬や、捨てられた犬に埋め込まれたマイクロチップに飼い主の情報が登録されていれば、行政や動物保護団体への経済的な負担が軽減されるということはある。

 他方、マイクロチップが法制化されれば、動物を飼うことを簡単に考えている人々にとっては良い具合のハードルになることが期待できるのかな。

 ロンドンで迷い犬や捨て猫に遭遇したことは、僕個人の経験ではほとんどない。しかし、動物保護団体のリホームを待つ猫や犬のリストには常に新しい動物達が登録されている。経済的負担や、居住空間の確保の面から観て、特に大都市圏で動物を飼うことはどんどん難しくなっていると考える最近。

Broken Britain 2016 [3]: ロンドンで急増するラフ・スリーパー

2016.03.06
5616.jpg
(ガーディアンのサイトから無断借用)

 昨年の夏くらいからだろうか、ロンドン中心部でラフ・スリーパー(つまり、ホームレス)の数が増えているのではと感じていた。毎日ではないが、新聞紙上でホームレスの人達が短期で暮らせるホステルの閉鎖や、ロンドンの行政区が確保しているソーシャル・ハウジングが予算削減で激減しているとの報道を頻繁に読んでいる。

Gimme shelter: stories from London’s homeless
http://www.theguardian.com/society/2016/mar/06/homelessness-rough-sleepers-interviews-westminster-london

 ロンドンで特にその数が増えているのは、ウェストミンスター区。裕福な地方行政区としては常にトップ・グループの一つ。何故裕福かというと著名な企業やエンタメ業界が密集しているから。

The following interviews are the result of two days spent in the City of Westminster: the UK borough with the highest population of homeless people. Most of the men and women we spoke to were regularly sleeping rough, and all of them acknowledged a recent surge in numbers among rough sleepers; a claim resoundingly backed up by recent statistics. Throughout the UK, rough sleeping has risen by 30% in the past year, and according to the Greater London Authority, 7,581 people slept rough in London at least once between April 2014 and March last year; a figure that has doubled in five years, and doesn’t include the hundreds more “hidden homeless”, who don’t show up on official statistics.

While many of the people we met were understandably reluctant to be photographed or featured in a newspaper, they all spoke articulately about the particular conditions of their homelessness: the misfortunes that led them to the street, the statutory blind spots that make them exempt from or ineligible for immediate help, the numerous personal and legal obstacles between them and a warm place to sleep. Some with resignation, some with disbelief, all the interviewees expressed the lack of sympathy or respect they receive, from local councils, from the police, and from ordinary passersby.

Immigration has played its part in increased homelessness in London, with an estimated third of the capital’s rough sleepers coming from eastern Europe. A greater problem, however, is the dearth of formal accommodation to combat the deepening crisis. Hostels, run by local authorities to provide immediate support for rough sleepers, are constantly oversubscribed and, thanks to persistent funding cuts, increasingly being forced to close. Equally problematic is the dramatic decline in stocks of social housing, leaving fewer and fewer long-term solutions to individual homelessness.

Only one of our interviewees is female, a fairly accurate representation of the demographics of homelessness. Sophie Balaam, of homeless charity the Connection at St Martin’s, told me that only one in 10 of the charity’s clients are women, these women being “especially vulnerable” and more likely to suffer from mental health issues. The actual number of homeless women is probably much higher than this statistic suggests, but studies by the homeless charity Crisis have shown that women are less likely to seek help or even allow themselves to be seen on the streets. It goes almost without saying that mental illness and substance abuse are locked in a vicious circle with homelessness, each enabling and aggravating the other.

Perhaps the most striking aspect of these interviews is the sheer variety of testimonies we encountered. No two stories are similar, and there seems to be no predictable or formulaic path from a comfortable home to a life on the streets. There are as many ways of becoming homeless as there are homeless people, in other words, and almost no one is immune. It is important to recognise that the thousands of homeless people who share our cities differ from us only in terms of their misfortune, and deserve to be acknowledged and accounted for, not dismissed, despised or ignored.

The one characteristic our interviewees do share is that, one way or another, they are being failed by the systems that exist to protect them. They have fallen though holes in the social safety net, and are unable to clamber back up. Some have failed to qualify for priority accommodation, some have despaired of the interminable bureaucracy they face when seeking social recognition, some have special needs, which the support system in its current state simply cannot meet.


 記事の前段を読んで考えることは、行政がほぼ機能停止なのではという点。ホームレスになってしまう前に何度も踏みとどまれる機会があっただろうにと。

 全てのインタヴューを読むのは大変かもしれない。その中で、ジェインの部分を転載しておく。

I’ve been in London since last May, and you wouldn’t believe the amount of grief and aggro I’ve been given by the police. On one day, I was checked against the criminal register 10 times. A lot of homeless people are drinkers, rude, abusive, and they tar everyone with the same brush.

This is Troy – he’s my best friend. He’s a polecat, and I saved him from being put down. The lady who owned him couldn’t afford his vet’s bills, and his brothers and sisters kept attacking him, because he was the runt of the litter.

It’s very hard being a woman on the streets – there’s so much to cope with, keeping myself safe, keeping Troy safe. I sleep in a car park, but you always have one eye open. The other night a big homeless guy was threatening me – clenching his fist and asking for money. A man walked past and I said: “Can you help? He’s trying to rob me,” but the man just walked away. Then a woman came and stood with me for 20 minutes, until the guy left me alone. I thought it was funny that the bloke wouldn’t stop and help, but the woman did.

I was a chef for eight years, but my circumstances changed and I had to quickly move away from where I was. If I manage to get in some place, get settled, I’d like to make wedding cakes for a living. Recession or no, people won’t save on their wedding cake.

People often stop and talk to me – they say I’m too young, too well spoken to be homeless. I came to London because I thought that as there are loads of hostels, I wouldn’t have to live on the street. How wrong I was. I spent a few nights in a place for the recently homeless called the Hub, but they kept moving me around and then they said Troy couldn’t sleep inside. The other people there were all men and they kept saying he smelled. I just said: “If he can’t sleep here, neither can I”, and that was that.

I tend to keep myself to myself because of the situation I was in before I came here – I don’t trust other people. It’s lonely, but Troy makes it easier – he gives me something to wake up for. People say to me: “You should give him to someone who has a home”, and I think, so it’s fine for people to have dogs that they leave alone in the house for nine hours a day, but this is unacceptable? I give him all the attention he deserves. Tomorrow’s his first birthday. I know it sounds sad, but we’re going to have a party.


Broken Britain 2016 [2]: 海外暮らしで外国語話せないイギリス人

2016.03.06
5300.jpg
(イギリスが肥満大国まっしぐら、というのは大げさではない)

 6月23日に行われる「EU圏を離脱するかどうか」の国民投票を前に、その欧州で暮らすイギリス人社会では不安が増大している、というのは理解できる。今朝のオブザーヴァの記事は、100万人ものイギリス人が暮らしてるらしいスペインから。

Brexit anxiety stalks the Costa del Sol: ‘If we quit Europe, Brits won’t buy here’
http://www.theguardian.com/politics/2016/mar/05/brexit-costa-del-sol-spain-eu-referendum

 記事の中で驚き、そして納得したのはこの部分。

Audrey, a neatly dressed woman in her late 80s who has come in to the bar for her daily tonic water, has been in Spain for 37 years. “And not a word of Spanish,” laughed Lisa Richards, 46, who works for a Spanish real estate firm and is fluent.

 海外の同国人コミュニティで暮らしていて、その土地の言葉を話せない、話さないというのはイギリス人に限ったことではない。と判っていても、37年もの間スペインで暮らして、「not a word of Spanish」ってどうかと思う。

 イギリス人相手に商売している人たちは、暮らしていける為に必死で働いているにもかかわらず、そして商売を成り立たせる為に言葉を話せるにもかかわらず、投票の結果次第で将来がどうなるか全く判らない。

 「年金がどうなるか不安」で、でも30年以上も暮らしているスペインで、「スペイン語が話せない」というのは、それはおかしいだろう。

Broken Britain 2016 [1]: 無意味に高すぎるCEOの給与

2016.03.06
昨夜から今朝にかけて、ガーディアン/オブザーヴァで、とても興味深い記事を3本読んだ。どれも、取り上げている分野は全く違うが、現在のイギリスがじわじわ冒されている病を想起させる。一緒に挙げるとインパクトが薄れるかと思うので、短くなるが一つづつポスト。

 まずは、ロンドン・スクール・オブ・エコノミィによる、イギリスの大企業、とりわけFTS100のCEOの給与パッケイジは異常なくらい高すぎる、という研究報告。

Pay for UK bosses is ‘absurdly high’, top headhunters admit
http://www.theguardian.com/business/2016/mar/05/pay-for-uk-bosses-absurdly-high

Britain’s chief executives are wildly overpaid, and there would be no negative impact on the economy if their salaries were slashed, a groundbreaking study of the country’s top headhunters reveals.

The London School of Economics report is a damning indictment of the state of executive pay, and comes as an analysis of FTSE 100 company accounts shows that the average pay package of a top CEO is now £4.6m a year.

Interviews with the top 10 international recruitment firms behind 70-90% of chief executive appointments in recent years found a consensus among so-called corporate kingmakers that levels of remuneration for the most senior executives are “absurdly high”.

Headhunters claimed that, for every appointment of a CEO, another 100 people could have filled the role just as ably, and that many chosen for top jobs were “mediocre”.


 現在のイギリスの大企業のトップに払われている給与パッケイジは異様なくらい高異。その給与を減額しても、イギリスの経済状況へのネガティヴなインパクトはない。
 
 FTSE100の企業のトップの給与平均は460万ポンド!、しかしCEOをヘッドハントする側からみると、そのトップ・ジョブに就く人の多くは「大したことのない」人物である。

Max Steuer, reader emeritus at the LSE and author of the new research paper, Headhunter Methods for CEO Selection, published in the Journal of General Management, said there was little evidence that lower pay would see a “brain drain”, as has been suggested.

In Denmark and other continental countries, the CEOs don’t get this high pay but they don’t seem to leave. The idea that if their pay were lower, British executives could show up in New York and say we would like to have your jobs, is a little implausible. I think the best way of thinking about it is that performance plays very little role in the selection process. Contrary to people saying these chief executives are ‘unusually able’, we don’t find any evidence of that.


 (前半、給与水準が下がると自分のキャリアにネガティヴなインパクトがあると考える人が多く、また企業側も無意味に高額な給与パッケイジを提示する)企業のトップの給与水準が下がると、「ブレイン・ドレイン」が起こるといわれるが、そのような証拠はほとんどない。
 デンマークや大陸の他の企業では、企業のトップにこれほど高額な給与を払っていないし、それに不満で仕事を離れる人は居ない。

“There is much less of a ‘global market’ than people claim. The problem here is really systemic. It’s not just the headhunters’ fault. Institutional investors, company remuneration committees, pay consultancies and CEOs themselves could all show greater restraint.


 市場で言われているほど、「グローバル・マーケット」は存在しない。


 イギリスでは大企業だけではない。チャリティのCEO、地方行政トップ、大学総長の給与パッケイジが首相よりも高額というのはざらだ。理由は、「グローバル・マーケットから優秀な人材を確保するには、これくらいの給与を提示しないと探せない」というもの。

 噴飯ものの言い訳だといつも思っている。「これだけの給与じゃなければやりたくない」という人材は採らなければ良いだけ。その仕事をしたいという人は常にマーケットに居るし、それが人材、そして企業や行政の活性化につながると思う。

ガーディアン紙が日本「での」食事体験を募集中

2016.03.04
スクリーンショット 2016-03-04 5.50.33
(ガーディアンのウェブのスクリーンショット)

ガーディアン紙が、読者からの写真を募集する「Guardian Witness」で、読者から日本「での」食事体験の投稿を募集している。

Food and drink in Japan: send us a tip and you could win a £200 hotel voucher
http://www.theguardian.com/travel/2016/mar/02/food-and-drink-in-japan-send-us-a-tip-and-you-could-win-a-200-hotel-voucher

 文章での投稿が推奨されているので、英語を書き慣れていないとハードルは高いかもしれない。でも、イギリス人が行きたくなるようなお店を披露する良い機会。投稿する前には登録が必要。また、写真を送ると、場合によって著作権の確認を厳しく求められることもある。締め切りは、ロンドン時間で、3月9日午前10時。

マクロプロス事件@ドイチェ・オーパー・ベルリン

2016.03.02
スクリーンショット 2016-03-01 17.20.31

ベルリン滞在の週末、バレンボイムさんはブルックナー・チクルスで日本滞在中(http://miklos.asablo.jp/blog/2016/02/01/8016381)。「オペラ」はドイチェ・オーパー・ベルリンで、レオ・ヤナーチェクの「マクロプロス事件」の初日だけ。

http://www.deutscheoperberlin.de/de_DE/calendar/die-sache-makropulos.12679379#

 ヤナーチェクのオペラはこれまでに、「カニング・リトル・ヴィクセン」、「カーチャ・カヴァノヴァ」、そして「イェヌーファ』を観た。正直、どのオペラも完全に楽しめとは言えない。「マクロブロス事件」がロンドンで上演されたのは6年前(http://www.theguardian.com/music/2010/sep/22/the-makropulos-case-review)。主役の女性が300年以上生きているという設定は知っていたし、ロンドンでも滅多に観られないオペラだから観てみるかという後ろ向きな期待を遥かに超える舞台だった。

 あらすじはこんな感じ。

Věc Makropulos マクロプロス事件 あらすじ
http://www31.atwiki.jp/oper/pages/1292.html

 オペラにありがちな荒唐無稽な物語なので、今回はあらすじを含めて最低限の情報を集めると、物語の原作はカレル・チャペックによる戯曲とのこと。これにはやや驚いた。僕にとってチャペックは「ダーシェンカ」の作家なので、このオペラのように複雑な、暗い雰囲気が漂う心理劇が何層も重なっている物語を創作する作家という印象はなかった。

 英語のレヴューは出ないかもしれないなと思っていたが、FTに。

The Makropulos Case, Deutsche Oper Berlin — ‘truly radiant’
http://www.ft.com/cms/s/0/3e463592-d94d-11e5-a72f-1e7744c66818.html

Of all Janáček’s operas, The Makropulos Case is the strangest. One 337-year-old woman. One and a half acts of complex legal discussion. Then it all ends in a blaze of glory with the death of the protagonist. David Hermann’s ambitious new production for Berlin’s Deutsche Oper seeks to make the many layers of Emilia Marty’s complex history visible for the audience, with variable results.

When the action begins in the first act, Kolenatý’s law office is doubled to the left of the stage by a mirror office from 100 years earlier, when the case in question begins. Emilia Marty and her historical self occasionally swap places, as if in some time travel yarn.

For the second act, Hermann brings in a bevy of underwear-clad Emilia Marty clones. These serve to emphasise the way the men have always objectified and attacked the beautiful, increasingly isolated woman, but unfortunately also recall the Stepford Wives. For the third act, they reappear in historical costumes, one Emilia per male character, to drive home the point.

The elaborate concept distracts attention from Evelyn Herlitzius’s compelling performance in the title role. She could have carried the evening alone on a blank stage. Herlitzius makes a cold, detached, yet strangely charismatic Marty, seldom vulnerable, and only truly passionate in the last scene. Here, despite the irritating twitching of the spurious supernumeraries, Herlitzius is revelatory. In her yearning for mortality, you suddenly understand what attracted Janáček to this story, and see the connection to his Cunning Little Vixen, with its autumnal joy in the eternal cycle of life. It is truly radiant.

The production is well-cast and superbly sung, from Seth Carico’s scrupulous Kolenatý to Derek Welton’s loweringly nasty Baron Prus and Jana Kurucová as the impulsive Krista. Donald Runnicles is not the coolly analytical conductor the piece might seem to demand, and eschews precision and transparency in favour of voluptuous sound and sensual lines. That takes some getting used to, but has its own inner logic and — increasingly as the evening progresses — beauty.


 このレヴューを読めて良かったのは、10年以上も前にロイヤル・オペラで観た「リトル・カニング・ヴィクセン」をどうしてヤナーチェクが創作したかったかを理解できた気がする。

 レヴューに書かれているように、主役を演じたソプラノ歌手の方の歌唱、そして演技力は舞台セットがなくてもきっちり物語を完成できたに違いないと思える素晴らしいものだった。名前を聞いたことがない方だったが、ほぼ出ずっぱり(だったかな)で、最初から最後までエミリア・マルティを演じることへの集中力が途切れることはなかった。

 舞台で進行する物語を観ながら考えていたのは、昔から、人類は「不死」への憧れを途切れさせることはない。「不死」にかかわる物語は幾つもあるが、それらの中では、「不死」を望んで、また望まなかったにもかかわらず手にしてしまった人たちと、「不死」になってしまった人たちにかかわる周囲の人たちの人生が「罰」のように描かれる。

 自分の身近な例だと、高橋留美子さんの「人魚の森」や、澤井健さんの「イオナ」かな。特に「人魚の森」では、人魚の猛毒の肉を食べて生き残れた代償として「不死」になってしまった人たちの「死ねない」苦しみ(確か、首を切り落とされない限り死ねない、という設定だったはず)、そして「不死」の人物に巻き込まれて悲しい結末を迎える周囲の人たちが描かれる。

 また、wikiでチャペックの生涯をざっと読んで、台頭するナチスへの反対姿勢を鮮明に表明していたとのこと。物語の発端である、あり得ない「不死」への憧憬の結末にはナチスへの批判が込められていたのかなと深読みをしてみたり。

 あらすじを読んで臨んだとはいえ、物語の進行をきちんと追えた訳ではない。しかし、観られて良かったと、尽きることのないカーテン・コールを観ながら感じた。

 オペラは古くさい芸術形態と思われている人には、オペラは観る側の想像力をかき立てる、今の時代に生きる芸術であることを知って欲しい。今回の「マクロプロス事件」のように華やかなアリアはないが、舞台で進む物語が聴衆の実生活を刺激するようなオペラはけっこう存在する。

 今年の5月下旬から6月にかけて、ロイヤル・オペラはエネスコの「オイディプス王」を上演する。5年前に、ブリュッセルのモネ劇場で上演された演出。

Oedipe
http://www.roh.org.uk/productions/oedipe-by-alex-olle

ブログ仲間のポスト
http://didoregina.exblog.jp/17123678/

 定番オペラと違って、チケット代はかなり安価なので、初夏のロンドンを楽しみ(天気が良ければ)、夜は滅多に観られないであろうオペラで刺激を受けるのは楽しかろうと思う。

甲州ワインの評価

2016.03.01
スクリーンショット 2016-03-01 6.42.03
(マークスのウェブからスクリーン・ショット)

先週土曜日のタイムズで甲州の白ワインが紹介されていた。そのうちの一つはマークス・アンド・スペンサーで購入可能。

Sol Lucet Koshu
http://www.marksandspencer.com/sol-lucet-koshu-case-of-6/p/p60057254

 この価格が適切なのかどうかは僕には判らない。日本産出のワインが、こんなヨーロッパの西の果てで評価されていることを知るのは、嬉しい。

ベイカールー・ライン、パディントン駅に止まらず(期間限定)

2016.03.01
しばらく前に、ロンドン交通局から届いたメイルをすっかり忘れていた。円高で、日本からロンドンへ来る人も増えるかもしれないだろうから、転載。

This is advance notice that from Saturday 2 April until mid-August, Bakerloo line trains will not stop at Paddington Tube station. This is while we renew both escalators and carry out work to prepare for Crossrail.

For the Bakerloo line, please use other lines from Paddington and change where necessary. Alternatively, please follow the signed walking route or use local buses to nearby Edgware Road Tube station.


 ベイカールー・ラインは、2016年4月2日から8月中旬まで、パディントン駅に止まらない。ホームへのエスカレイターの工事と、クロスレイルの工事の為。

 パディントン駅からは他の地下鉄線を使うか、道路標示にそって、徒歩、もしくはバス(332番)エッジウェア・ロード駅へ移動するように。

 
 ヒースロー空港からパディントンに到着した人がロンドン中心地(ウェストエンド方面)へ移動するのであれば、ベイカールー・ラインが最も簡便な選択だと思う。観光シーズンにぶつけて来る所がロンドンらしいなと思うと同時に、クロスレイル開業をこれ以上遅れさせられないのだろう。

 パディントン駅からサークル・ライン、ディストリクト・ラインでユーストン、キングス・クロス方面へ向かうと、エッジウェア・ロード駅で必ず乗り換えなければならない。乗り換えを避けたいのであれば、ハマースミス&シティ・ラインを使うのだが、このラインのパディントン駅は、他の3地下鉄とは全く別の場所にある。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.