LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2016年08月の記事一覧

日本からの絵手紙

2016.08.23
DSC03687.jpg

DSC03691.jpg

家族の創作。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157672121468125

 イギリス人の友人達からの反応は良いのだが、彼らが金を払って購入したいと思うかは判らない。

スポンサーサイト

戦争映画の場面かと思った:新しい欧州へ

2016.08.23
NewEU.jpg

今朝の新聞各紙に掲載されている上記の写真、政治家は威勢を誇示しなければならないんだなと。

'This is the beginning of a new Europe' say Merkel, Renzi and Hollande
http://www.theguardian.com/politics/2016/aug/22/beginning-new-europe-merkel-renzi-hollande

 ちなみに、アイルランドの他に、イギリスの将来を悲観しているイギリス人の移民先としてニュー・ジーランドが俄然、注目を集めているそうだ。

More spacious without the Brexit: why Britons are flocking to New Zealand
https://www.theguardian.com/world/2016/aug/22/new-zealand-the-tonic-for-brits-seeking-to-escape-brexit-blues

 個人的に、ニュー・ジーランド英語はアメリカディープ・サウスの英語と同じくらい、僕にとっては「外国語」なので観光では行ってみたいが、住めるとは思えない。

夏の終わりのイングリッシュ・ガーデン@キュー

2016.08.22
スクリーンショット 2016-08-22 6.39.17
(2016年8月21日、午後5時半頃)

今年、キュー・ガーデンズが力を入れている一つが、Broad Walk Borders

http://www.kew.org/visit-kew-gardens/whats-on/festivals/broad-walk-borders

 常に花が満開という訳ではないが、野趣と人工美が良い加減で混じりあった雰囲気がイギリスの庭らしさを醸し出している。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157671587985170

 昨日は、秋を迎える前、夏の花の最後の輝きという感じだった。

マクロプロス事件@BBCプロムス2016

2016.08.20
8月19日、最後に行ったのがいつだか全く思い出せないBBCのプロムスを観にロイヤル・アルバート・ホールへ。ヤナーチェクのオペラ「マクロプロス事件」の主役をカリタ・マッティラが歌うということで行った。楽しめたのだが、ロイヤル・アルバート・ホールには二度と行かない、そう決めた。

Prom 45: Janacek: The Makropulos Affair

Emilia Marty ..... Karita Mattila (soprano)
Albert Gregor ..... Aleš Briscein (tenor)
Dr Kolenatý ..... Gustáv Belácek (bass-baritone)
Vítek ..... Jan Vacík (tenor)
Kristina, Vitek's daughter .... Eva Šterbová (soprano)
Baron Jaroslav Prus ..... Svatopluk Sem (baritone)
Janek ..... Aleš Vorácek (tenor)
Count Hauk-Šendorf ..... Jan Ježek (tenor)
Stage Technician .... Jiri Klecker (baritone)
Cleaning Woman ..... Yvona Škvárová (contralto)
Chambermaid ..... Jana Hrochová-Wallingerová (contralto)
BBC Singers (men's voices)
BBC Symphony Orchestra
Jirí Belohlávek, conductor
Kenneth Richardson, stage director

A dream team gathers for Janacek's late, great existential masterpiece The Makropulos Affair. This tragic satire is powered by a score that contains some of the composer's most extreme and alluring music.

The Finnish soprano Karita Mattila, acclaimed for her 'electrifying' portrayal of the opera's heroine, Emilia Marty, at the Met in New York, is joined by Czech singers and the BBC Symphony Orchestra's Conductor Laureate Jirí Belohlávek.


2月にベルリンで観た時の感想
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2630.html

 マッティラの歌唱をロンドンで聴ける機会はどんどん少なくなってきているので聴くことができて良かった。ピークの頃と較べれば声の潤いや張りは失われつつあるのだろうけど、コンサート形式であってもまるで舞台を観ているような演技は素晴らしい。

 昨晩、最も驚いたのは、指揮者のイリ・ベロフラヴェクの姿。

スクリーンショット 2016-08-20 7.26.25
 
 抗がん治療を受けたのかなとしか思えなかった。

[追記:8月22日]
ガーディアンのレヴュウ

The Makropulos Affair review – Karita Mattila's diva glows with breathtaking opulence
https://www.theguardian.com/music/2016/aug/21/the-makropulos-affair-review-proms-2016-karita-mattila-jiri-belohlavek-janacek

猫のように眠りたい

2016.08.17
スクリーンショット 2016-08-17 6.22.26

猫になりたいとは思わない。人間と暮らさないといけない生活は、彼らにとって楽ではないだろう。でも、猫のようにぐっすりとした睡眠を毎日楽しめるのは羨ましいとは思う。

Cats    Comment(0)   ↑Top

猫と暮らすこと

2016.08.14
スクリーンショット 2016-08-14 21.16.30

シェルターから引き取る猫は、既にいろいろな境遇をくぐり抜けてきているので、仲良く寄り添って毛繕いをするなんてことを期待してはいけない、ということは学んだ。でも、せめて一緒に写真に撮れたらなとは願っていた。やっと、それなりの写真を撮ることができた。

 引き取る時に言われた通り、Tan Tanの腎機能はゆっくりと、そして確実に機能不全へと向かっている。長く幸せな後半生を送って欲しいが、その為に半年に1回の血液検査が彼にとっていいことなのかは悩む。

Cats    Comment(0)   ↑Top

何故だ?イギリスがオリンピックで躍進している?!

2016.08.14
スクリーンショット 2016-08-14 20.27.59
(ガーディアンからスクリーンショット、2016年8月14日、ロンドン時間午後8時30分)

どうしたんだイギリス?いつからこんなにアスリート大国になっているんだ?2012年のロンドンオリンピック・バラリンピックの時、「座って勝てる競技専門」と揶揄されたのが遠い昔のようだ。

Rio 2016 from the Guardian
https://www.theguardian.com/sport/rio-2016

 ロシアが正式に参加していない、また中国が思ったほど活躍していないこともあるのだろうけど、なんだか全くイギリスらしくない。

ロンドンのタクシィ・ドライヴァーに英語テスト

2016.08.14
ブラック・キャブだろうがUberだろうが、当然だ。人の命を預かるのだから。

TfL defends English test rules amid Uber complaints
http://www.bbc.co.uk/news/technology-37038864

Transport bosses have defended new regulations requiring private hire drivers to pass a test in English, following criticism from Uber.

The company said the exam would put drivers out of work.

From 1 October, Transport for London (TfL) will require the qualification of licence applicants from countries where English is not the majority language.

The new rules will apply to anyone seeking a new licence or a licence renewal.

Initial proposals had called for only proficiency in spoken English, but the final draft requires, among other criteria, at least an intermediate language qualification.

Besides the spoken portion, the exam also tests reading, writing and listening skills.

It is referred to as the "B1" level on the Common European Framework of Reference for Languages.

Someone who passes will have the "ability to express oneself in a limited way in familiar situations and to deal in a general way with non-routine information", the framework says.

Uber said it supported the need for drivers to pass a spoken exam but the requirement to pass a written English exam would "threaten the livelihood of thousands of drivers".

In an email to users calling on them to write to the London Mayor, Sadiq Khan, Uber's general manager in London, Tom Elvidge, said: "Fewer drivers will mean longer waiting times or no cars when you need them most."

He also said the B1 qualification would demand more of applicants than the British citizenship test.

In addition, Mr Elvidge said TfL's new rules were more stringent than those the government applied to employees who interacted with the public as part of their duties.

Helen Chapman, TfL's general manager of taxi and private hire, said they were "working to modernise and improve standards in London's private hire industry" and it was appropriate for an English language requirement to apply to private hire drivers.

A TfL spokesman said it was presumed that to pass the black cab drivers' "Knowledge" exam, applicants would need a much higher proficiency in English than the intermediate level to be required of private hire drivers.


 ロンドンのブラック・キャブ(といっても、最近は色とりどり)も様々なショーファー・サーヴィス会社との競争が激化していてドライヴァーの態度は一昔前よりずっとまし。クレジット・カード、デビット・カードでの支払いも義務づけになっているはず。

 ブラック・キャブとプライヴェイト・タクシィ・サーヴィスの違いの一つ。それは、ブラック・キャブはロンドン市内のバス専用道路を走ることができるが、Uber等のプライヴェイト・ドライヴァーはそれができない。つまり、一般道が大混雑していてバス専用レインが空いている場合、ブラック・キャブはその専用レインで混雑を回避できるが、Uberは渋滞から逃れられない。

ロンドン地下鉄、週末24時間運行に

2016.08.14
スクリーンショット 2016-08-14 13.40.25
スクリーンショット 2016-08-14 13.46.53
(ロンドン交通局のサイトのスクリーンショット)

ロンドン市長が代わって廃案になったのだとばかり思っていたロンドンの地下鉄の24時間運行が、今度の金曜日、8月19日からまずは2路線で始まる。

The Night Tube
https://tfl.gov.uk/campaign/tube-improvements/what-we-are-doing/night-tube

London is already a 24-hour city, and thanks to the huge investment to modernise the Underground, we are now rolling out a 24-hour Tube to match. Demand has soared over recent years, with passenger numbers on Friday and Saturday nights up by around 70 per cent since 2000.

Across the Night Tube lines, you will be able to travel between Central London and the outskirts of the city. It will be pivotal to London's night economy and complement our existing Night bus services and London Taxi and Private Hire vehicles.


Countdown to a non-stop capital: London goes 24-hour
https://www.theguardian.com/cities/2016/aug/14/night-time-economy-london-countdown-to-non-stop-city

 この記事で最も落胆したのは、カーン市長のこの発言。

Khan continues: “As far as I’m concerned, it’s a win-win situation.
 
 活用されていないらしい夜間に新しいビジネスを始めればロンドンにとって税収が増えるだろうし、新しい人材やビジネスの活力をロンドンにもたらすことになるだろう。他方、昼間に働く人達と夜間に働く人達のコミュニケイションは断絶し、コミュニティの成熟にはつながらないのではないかと思う。いずれにしろ、Win-Win situationという言葉を無条件に受け入れることはできない。

嫌いな英語:win win situation 永久機関をつくれないのと同じ
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1759.html

 記事を読んでもう一つ考える点は、6月の国民投票の結果で明らかになったロンドンとその他のイングランドの地域との間の人々の意識、生活様式、社会の構成の差が更に拡大していくのではないかということ。地下鉄の24時間運行によって議論されるであろう幾つかの課題を、ロンドンに住まない、ロンドンに来ることができない人達と共有できるのだろうか。

Nevertheless, night work comes with its own problems: it has been associated with health issues including obesity, diabetes and breast cancer, and adverse effects on home life and relationships. It is also a source of unhappiness for many who have it thrust upon them: after plans for the night tube were announced, tube drivers were involved in a number of controversial strikes. This, said RMT general secretary Mick Cash, was “to protect their work/life balance and not fall into a trap where they will be forced to wreck their home lives in order to [...] plug the staffing gaps in the night tube plans”.

Keeping all this in mind, Ben Rogers suggests increasing minimum wage and living wage rates for night work: “I’m all for night-time activity in London but I think it’s important to attend to the welfare of night workers. A higher rate of pay would take into account some of the costs associated with shift work.”

Another central concern is safety: with the police increasingly stretched, and predictions that sex offences will rise on the night tube, keeping Londoners safe will be a challenge. In March, British Transport Police identified 12 “red stations” at risk of increased crime and antisocial behaviour, which will receive extra patrols, and announced that 100 officers would be patrolling the 144 open stations, which will continue to be staffed. “It’s really important that people feel safe using the night tube,” says Khan. “We’ll be announcing additional officers in London when full services are under way, with at least as many officers out during the night as would be during the day.”


 国民投票直後、ロンドンはイギリスから分離して都市国家として欧州連合にとどまって欲しいと言う議論があった。その時は否定的な意見が多かった。しかし、国民投票から2ヶ月弱過ぎて、勢いを感じるニュースはロンドンからだけという印象が強い。地域の分断が経済の分断によって加速するのではと考えてしまう、ロンドン地下鉄の24時間運行。

イギリスの郵便番号の読み方

2016.08.14
観光客が増えて、道に迷っている、特に子供連れ家族や高齢と見える人には声をかけるようにしている。ロンドンはテロの危険性を除けば安全だと思うけど、地図を広げて公道の真ん中で立ち往生していたら、それは鴨。

 スマフォやタブレットが普及してグーグル・マップのおかげでよほどのことが無ければロンドンでは道に迷うことは無いはずだが、ここ数年の間によく遭遇する観光客が迷う情報の一つが、イギリスの郵便番号の読み方。

 イギリスの郵便番号は、おそらく世界では少数派だと思われる(他に思いつくのはカナダとオランダくらい)、数字とアルファベットの組み合わせ。例えば、バッキンガム宮殿の郵便番号は、SW1A 1AA。イギリスに来てグーグル・マップ等に郵便番号を入力する場合、どうでも良いことかもしれないけど、ま、覚えておけば役に立つかもという法則は、右側は常に数字・アルファベット・アルファベットの組み合わせであること。

 左側は、僕の知る範囲ではアルファベットと数字の組み合わせで2組、3組、4組の組み合わせがあリ、最初は必ずアルファベット。そして後ろの3つは常に3桁。例えば、ロンドン北部のある地域の郵便番号が「N122XX(これが本当にあるかどうは知らない)」と教えられたとする。ロンドンには「N1」も「N12」も存在する。この郵便番号の正確な読み方は、「N12 2XX」であり、「N1 22XX」ではない。

 イギリスの郵便番号情報は、とても正確だと思う。他方、組み合わせのルールを知らないと、たまにだが、目的地からかけ離れた場所へ行ってしまうこともあり得る。

[追記]
日本って、凄いなと思う。こんな情報がある。

http://ja.youbianku.com/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9

ロンドンをテムズ川から眺める

2016.08.10
天気が良くて公園の芝生が乾いているロンドン。来週は熱波が来るらしい。午前中の天気が素晴らしく、午後になって「久しぶりにテムズ川をボートで下ってみるか」と思い立ち、エンバンクメントからグリニッヂへ。テムズ・クリッバー(ロンドン交通局の情報だと、彼らはリヴァー・バスと呼んでいる)を利用するのは久しぶり。オイスター・カードに充分なトップ・アップ(クレディット)かPay-as-you-goで£20−クレディットがあれば、オイスターのタッチ・インとタッチ・アウトで利用が可能になっていた。

スクリーンショット 2016-08-10 6.06.34

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157671108253550

 観光シーズンまっただ中、天気は良好だったので、予想以上に混雑していた。グリニッヂで降りて、でも公演の超常まで登る意欲は無かったので、ペインテッド・ホールへ。

スクリーンショット 2016-08-10 6.15.27

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157672135711266

 システィーナと較べてはいけないのだろうけど、これはこれで素晴らしいと思う。戻りはカナリィ・ワーフから地下鉄でと思ったのだが、カナリィ・ワーフから135番、205番のバスを乗り継いで帰宅。時間はかかったが、バス2本でロンドンを縦断して帰宅できる。時間はかかるが、バスに乗って知らないロンドンの風景を見るのは楽しい。

日経「味な地球儀」8月9日:グースベリィ

2016.08.09
*著作権は、日本経済新聞社に帰属する。

Nikkei column: gooseberries1

Nikkei column: gooseberries2
(2016年8月9日掲載)

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157671354623710

 ファーマーズ・マーケットで。念のため、緑色のがグースベリィ。

スクリーンショット 2016-08-16 6.40.55
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/27953876435/in/dateposted/

 お菓子に使われる例として、マークスの今年の新作。けっこう売れている様だ。

スクリーンショット 2016-08-16 6.21.42

 イギリス人の友人からこんな話を聞いた。

Gooseberry is the fruit but it also has two other strong meanings in English. One it is the third person hanging around when two people wish to get together, especially romantically. Also known as goosegog.

Then there is the story that this is where babies come from, are found under the gooseberry bush.


ロンドンの空からクレインが無くなる日は来ないかも

2016.08.07
スクリーンショット 2016-08-07 22.10.18

宗教心は無いし、見学料金のべらぼうな高さに呆れるセント・ポールズだが、近い将来、プリムローズ・ヒルの頂上からセント・ポールズがみられなくなる日が来るのだろう。


イギリスを切り売りするのは政治家:多国籍企業が隅々に

2016.08.07
10日ほど前、ガーディアンのあるコラムのヘッドラインが目に留まった。

Sovereignty? This government will sell us to the highest bidder
https://www.theguardian.com/commentisfree/2016/jul/27/sovereignty-corporations-liam-fox-eu

 本文は、コラムニストによるリアム・フォックス国際貿易大臣(とでも訳すのか?)がイギリスを欧州連合の縛りから解放することにより、イギリスという国が国内に保持するありとあらゆる「資産」を世界中で、最も高い価格で競り落とす企業に売り払っていくだろうというもの。

 本文中に固有の企業名はでていないが、真っ先に浮かんだのはこのコラムが掲載された数日後に建設計画の最終調印が、メイ政権によって突然延期になってヒンクリィ・ポイントCの原子力発電所建設計画。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2724.html

英の原発計画、中国参画に「待った」 メイ政権が再検証
http://www.asahi.com/articles/ASJ824RWGJ82UHBI00Z.html

 ヒンクリィ・ポイントで問題なのは、建設を進める企業がフランスのEDFだけでなく、中国の投資グループが深くかかわっていること。また、イギリス国内の原子力発電所建設計画には、日本の企業も参画している様だ。

英国の原発建設に逆風 東芝や日立のプロジェクトに影響も
http://www.sankei.com/life/news/160630/lif1606300023-n1.html

 ヒンクリィ・ポイントは中国がかかわるから疑問が残るのであって、多国籍企業による事業運営の全てが悪影響を及ぼす訳ではない、との見方もあるかもしれない。しかし、例えばイギリス国内の鉄道会社の運営を観ていると、多国籍企業によるイギリス国内の利用者を無視した問題が多い。組合との交渉が決裂して、ストライキが多発しているサザン・レイルウェイを所有するGOVIAの親会社は、フランス鉄道大手のKeolisという会社。サリィに住む友人によると、ゴヴィアがサザン・レイルウェイの運営権を獲得してからサーヴィスの低下が顕著とのこと。ゴヴィアから運営の権利を剥奪すべきではとの議論がでている。

Govia faces fresh calls to be stripped of Southern rail contract
http://www.telegraph.co.uk/business/2016/06/20/govia-faces-fresh-calls-to-be-stripped-of-southern-rail-contract/

 イングランド内の鉄道路線を運営しているのは海外の多国籍企業だけではない。スコットランド(イギリスの一部だが)ん本拠地があるファースト・グループはロンドン・バディントン駅からイングランド西部への鉄道網を運営しているだけではなく、アイルランドやカナダでも鉄道網の運営をになっているそう。地元の企業だと思っていたら、地球の反対側の国で別の名前で業務をしているというのはグローバライゼイションの社会では、驚くことではない。

 毎年1月2日に大きな話題になるのは、鉄道料金の大幅な値上げ。イギリスに本拠地を置いていない多国籍企業は、本国に利益を還元する為に、イギリス国内の鉄道料金を本国ではしないような値上げをしている、という批判は毎年メディア上で議論されている。

 別の例。リヴァプールの税務署で働く清掃員は、現在、デンマークが拠点の多国籍企業によるアウトソーシング契約になっている。キャメロン政権の末期に導入されたNational Living Wages政策による出費を企業が避けたいばかりに、清掃員の実働時間が削られ、その結果、もともと低所得の清掃員に支給されていた税金優遇の福利も失ったという報道。

HMRC cleaners striking over pay: 'They've treated us appallingly'
https://www.theguardian.com/uk-news/2016/jul/28/hmrc-cleaners-striking-over-pay-national-living-wage

 多国籍企業の本領発揮と同時に、国の税金を管理する税務署の清掃員の生活を多国籍企業に売り払うイギリス。国民の幸福度調査では上位常連のデンマーク。こんなことを自国の企業が他国でやっていることを知っているのだろうか。

 経済の専門家ではないから深い所まで理解できないが、リスク分散の為に企業は多国籍化するのかなとは思う。しかし、ヒンクリィ・ポイントや鉄道運営会社の利用者無視の運営方法を知るにつけ、利益を確保する為に清掃員の実働を2時間減らすことを全く厭わない多国籍企業の市場支配ににつけ、多国籍企業の責任の所在の不透明さの影響に悩まされるのは、常に末端の利用者のように思えてならない。このような状況はイギリスだけとは思わないが、金融市場の有益性という資産しか持たないイギリスでは、市民生活に直結する公共サーヴィスを運営する企業の多国籍化は問題が起きても泣き寝入りすることが多くなるのではないかと思う。

サザン・レイルウェイ、8月8日から12日までストライキの予定

2016.08.07
観光シーズンなので、もしかしたらロンドンからローカル鉄道を利用して一日郊外へ行く予定を立てている人も居るかなということで。

 ロンドン・ヴィクトリア駅から主に発着しているサザン・レイルウェイの運転手等が所属しているRMTが、明日8月8にから8月12日までの5日間、ストライキを予定している。ストライキ回避の交渉は、8月5日時点では決裂のまま。

Five-day Southern rail strike to go ahead after talks break down
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-36987055

Customer advice for the RMT Union strike
http://www.southernrailway.com/your-journey/strike/

 このストライキは初めてではなく、過去数ヶ月断続的に続いている。組合が受け入れない変更は、サザン鉄道の親会社、ゴヴィア(フランスに本拠地がある多国籍企業)が列車に乗務する車掌をおかずに、運転手がドアの開閉を含めて全ての責任を負うことへの反発。この変更に不快感を表明しているのは組合だけでなく、通勤に利用している上客からも反発の声は強い様だ。

 サザンはイングランド南東部のイーストボーンへのルートをもっている。イーストボーンはイングランドの古き良き佇まいを残している街として観光情報でも推薦されていると聞いたことがある。ロンドンからサリィ、サセックス、ケントへ行く計画を立てている人は、宿泊先のコンシェルジュ等に鉄道運行の情報を確認してから出かけるようにした方が良いと思う。

在イギリス日本大使館からの注意喚起

2016.08.05
8月3日、ロンドン中心のラッセル・スクウェアで起きた事件を受けて、日本大使館が以下のメイルを送ってきた。

当地在留邦人及び旅行者の皆様へ

1 英国警視庁によれば,8月3日22時30分頃,大英博物館近くのラッセル・スクエアにおいて,19歳のソマリア系ノルウェー人の男が6人の通行人を相次いでナイフで襲撃し,60代の米国人女性はまもなく死亡,その他の女性2名と男性3名(英国、米国、豪州、イスラエル国籍)が負傷する事件が発生し,犯人はその場で逮捕されました。犯人は精神疾患を有している模様であり,本件にはこれまでのところ,テロとの関連性についての情報はありません。

2 一方,英国内のテロ脅威レベルは,2014年8月末の引き上げ以降現在に至るまで「深刻(Severe)」(上から2番目)が継続されています。また,英国政府は,8月3日時点でテロの具体的な脅威情報はないとしつつも,他の欧州諸国でのテロ情勢に鑑み,武装警官の更なる増強配置を行うなど引き続きテロ対策強化に努めると共に,市民に対し冷静を保ちつつ、用心を怠らない(Alert and Vigilant)よう改めて呼びかけています。

3 つきましては,皆様におかれても,外務省海外安全ホームページや当館ホームページ及び報道等により、常に最新情報の入手に努めるとともに、公共交通機関やレストラン、競技場、コンサートホール、ショッピングモールやホテルなど不特定多数が集まる場所を訪れる際には、周囲の状況に十分注意を払い、不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等、安全確保を心掛けて下さい。また,当館ホームページにも掲載しております諸点(以下のリンク)を、ご家族や職場の関係者,お知り合いの方々とも共有していただき,この機会に改めて安全対策の再確認をおこなって下さい。


(大使館HP下段「安全情報」)
http://www.uk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
(これまで発出した注意喚起)
http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/ryoji/anzenterror.html

在英国日本大使館
領事班


 8月3日の午前中、滅多に行かないケンジントン・ハイ・ストリートで武装警察官が巡回しているのを見かけた時は、「大使館が多いからだろうな」としか思わなかったが、ちょうど3日から武装警察官の数を増やしたとのこと。

 大英博物館だけではないが、ロンドンで観光客に人気の高い博物館・美術館では持ち物の検査が厳しくなっている。観光で外出する時は、持ち物は必要最低限にした方が良いだろう。

 ロンドンでは銃による犯罪は滅多に無いが、近年、刃物による殺傷事件は微増傾向。難しいとは思うが、おどおどしながらではなく、ロンドンなんて自分の庭、という感じで歩き回る方が良いと思う。

キッチン改修のドタバタ

2016.08.04
2010年から住んでいるフラットのキッチン・キャピネットの改修を大家が決めたのは今年の4月。配送で想像を絶するイギリス人の無責任体質、言い換えると「この責任の所在は自分にははないからこの混乱を解決する責任は自分には無い」という仕事ぶりを改めて確認した。他方、イングランド人のFitterの働きぶりには感心した。まだこれほど信頼を置けるイングランド人のフィッターが居ることに驚いた。

スクリーンショット 2016-08-04 6.12.20

スクリーンショット 2016-08-04 6.12.44

スクリーンショット 2016-08-04 6.16.20

スクリーンショット 2016-08-04 6.17.03

 ずっと借家暮らしで、今回のようなキッチンの改修を経験したのは初めてだった。このフラットにたどり着くまでロンドンの貧困な住環境に揉まれてきたので、新しいキッチンを使えることは幸せなことだと思う。

 大家に許可を取ったので、写真を。

Kitchen Renovation: Day Zero to Day Six
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157670972391721/

イギリス国内でのテロは既にWHENであり、IFではない

2016.08.02
いつかこういう発言がセキュリティ関係者の誰かによってなされると思っていた。

Met Police boss warns 'it's when, not if' terrorists target UK
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-36935938

UK terror attack is a matter of 'when, not if', Met chief warns
http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/uk-terror-threat-attack-chance-risk-security-isis-london-met-police-a7164756.html

Met police head expects terror attack in UK
http://edition.cnn.com/2016/07/31/europe/uk-met-police-commissioner-terror-attack-comments/index.html

 何かが起きるのは確実だけど、どこで起きるのか判らない、というのは不安が煽られる。最近、国際物流業界で働く知人から聞いた話。欧州連合外諸国からイギリスに送られてくる書類ですら、税関で止められる件数が増えているとのこと。緊張感が増しているのかもしれない。

 個人的には、2005年7月7日のロンドンでのテロリスト事件(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-156.html)の犯行グループを拘留していたパディントン・グリーン警察署が閉鎖されることが決まったこと。そして閉鎖の理由が、高級住宅を建設する為であって、公共の安全対策の向上につながっていないという点。

Paddington Green Police Station sell-off confirmed without clear plans for its replacement
https://labourwestminster.wordpress.com/2016/03/19/paddington-green-police-station-sell-off-confirmed-without-clear-plans-for-its-replacement/

Westminster Labour has reacted with deep concern to the announcement that Boris’s Conservative Deputy London Mayor Stephen Greenhalgh has approved the sale of Paddington Green Police Station to Berkeley Homes, developers of neighbouring West End Green, without clear plans for what will replace it.

While such a property deal had always seemed likely, police chiefs had insisted that changes to police facilities should include a similar replacement either on that site or elsewhere in North Westminster. From information gained so far it seems that Deputy Mayor Greenhalgh has only committed to definite replacing Paddington Green Police Station with a ‘front counter and safer neighbourhoods team base’. While City Hall is recommending that space for a new base for the response units is found as part of this development or elsewhere in the area, no commitment has been made to ensuring that this happens. In the short term to medium term the cars and response team will be moved to Kilburn Police Station in Brent.

So despite previous claims to the contrary, Paddington Green is being sold off, with no plan for how to properly replace it. This sell-off follows the widely criticised closures of Harrow Road and St John’s Wood Police Stations, leaving north Westminster without a fully functioning police station.

Leader of Westminster Labour Group Adam Hug said

“It is shocking that City Hall Conservatives have decided to leave residents in north Westminster with such uncertainty about their future security. It is absolutely essential that the Met is able to find a new response base, either at as part of the Paddington Green development or elsewhere in north Westminster. When local residents call 999 in an emergency they need to be sure response units aren’t going to be stuck in traffic, travelling from Kilburn or even further, such as the bases in the West End. Westminster council must act, with the incoming Mayor, to fully replace Paddington Green Police Station.”


 ウェストミンスターは保守党が牛耳る区。ということは、公共施設ですらコマーシャルな企業に売り払うのはサッチャーの頃からの伝統なのだろう。しかし、記事に書かれているように、近所に警察署が無くなってしまう。エッジウェア・ロードはライフ・スレトニングでは無いが、夜遅くに一人で歩くのは避けたい。居住者としては、最近、深夜の喧嘩が増えているように思う。パディントン・グリーン地域の再開発がやっと始まり、もしかしたら良い方向に行くのかもしれないが、警察署が自分の生活圏から全く無くなるというのは、このすべてが不確定の社会では懸念材料だ。

デジタルミレニアム著作権法

2016.08.02
Wikipediaより。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%A0%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9%E6%B3%95

1996年に世界知的所有権機関 (WIPO) で作成されたWIPO著作権条約及びWIPO実演・レコード条約を締結するために、米国著作権法を同条約に整合させることを主目的とした改正法である。

しかし、改正の内容はそれだけにとどまらず、著作権保護技術を解除する技術的手段などを公表することも禁じるなど、従来の著作権法に比べ強力な条項を含んでいる。これにより、DVDの著作権保護技術を無効化するプログラムであるDeCSSをアメリカ国内で頒布することは違法となったが、開発者であるノルウェー人ヨン・レック・ヨハンセンはノルウェー当局から告訴されたものの、無罪との判決が下されており、国際的に著作権をめぐる判断が分かれている。

このノルウェーでの無罪判決を受けて、アメリカは各国にデジタルミレニアム著作権法スタイルの著作権法を導入するよう外交活動を行っており、いくつかの国では導入へ向けて動いている。EUにおいて2001年に成立したEU Copyright Directive(英語版)は類似する規定を含む。

アメリカでは著作権侵害について故意・過失が無くても罰せられる無過失責任制を取っているためインターネットサービスプロバイダ (ISP) には著作権侵害に繋がりかねない事態に対して、漫然とした態度を取らずに取りあえず警告を発するなど迅速に対処する事により法的に罰せられるリスクを回避できるセーフハーバー(英語版)条項の規定があり、一定の要件を備えた著作権侵害主張の通知を受けた場合には調査・削除義務が生じ、詳しい調査や発信者に対して確認を取る前にコンテンツを迅速に削除・遮断しても罪に問われないというノーティス・アンド・テイクダウン (Notice-and-Takedown) などの回避策を規定してある[1]。その後、発信者に対して著作権侵害の主張があった事とコンテンツを即座に削除・遮断した旨を通知し、それに対して発信者からの異議申し立てが有れば著作権者に異議申し立てのあった事を連絡し、反論が無ければコンテンツを復活させる。ユーザーに対しては複数回の著作権侵害警告を発した後にISPがインターネットを遮断する事を強制する段階的レスポンス (graduated response) を採用している、日本ではスリーストライク制(三振法)などが有名

技術的保護手段の回避禁止(英語版)については技術的保護手段の回避に関する規格についても規制することによりコピーコントロール技術についての回避だけでなく、アクセス制御(アクセス・コントロール)規制によりアクセス・コントロールを解除しての機器の規格の共通化やエミュレーターなどによる模倣装置なども禁止されており相互運用性 (interoperability) も制限されることになっている。


ベイカールー・ライン、パディントン駅での工事終了

2016.08.01
今年4月2日から、改修工事の為にパディントン駅での停車が無かったベイカールー・ライン(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2654.html)が通常に戻ったそうだ。

Dear Mr Moriya,

Bakerloo line services have now resumed at Paddington Tube station.

We have renewed both escalators and carried out work to prepare for the Elizabeth line, which will open from December 2018.

Thank you for your patience during this work.

Yours sincerely,


 で、さらりとエリザベス・ラインのパディントン開業が2018年の12月になっている。これは再延期もありだろうな。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.