LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2016年10月の記事一覧

クリストフ・プレガルディャン@ウィグモア・ホール:soul liftingなリサイタル

2016.10.24
ChristophPregardien.jpg
(ガーディアンから無断拝借)

10月20日、ウィグモア・ホールでクリストフ・プレガルディャンのリサイタル。僕にとって、2016年のプレガルディャンの聴き納め。最高に素晴らしいリーダー・アーベントだった。

Christoph Prégardien tenor
Christoph Schnackertz piano

Christoph Prégardien makes a welcome return to Wigmore Hall with Christoph Schnackertz to perform Britten’s evocative Hardy cycle, Winter Words, and a group of the ever-inventive strophic songs by Schubert.

Although best known today for his G minor Violin Concerto, Max Bruch was a prolific songwriter whose output includes fine settings of Geibel, Goethe and Meörike, a selection of which is presented in this recital.

Franz Schubert (1797-1828)
Tischlied D234
Der Rattenfänger D255
Wer kauft Liebesgötter? D261
Tischlerlied D274
Der Entfernten D350
An die Harmonie D394
Die Herbstnacht D404
Der Herbstabend D405
Abschied von der Harfe D406
Die gefangenen Sänger D712
Die Mutter Erde D788
Des Sängers Habe D832

Interval

Benjamin Britten (1913-1976)
Winter Words Op. 52

Max Bruch (1838-1920)
Lausche, lausche! Op. 15 No. 1
Goldne Brücken Op. 15 No. 4
Frisch gesungen Op. 7 No. 6
Russisch Op. 7 No. 3
Um Mitternacht Op. 59 No. 1
Zweites Kophtisches Lied Op. 59 No. 3
Kophtisches Lied Op. 59 No. 2


 ブリテンは8曲。前半の4曲は、さすがのプレガルディャンでも違和感ありまくりだったが、後半の4曲は安心して聴いていられた。

 前半のシューベルトの歌曲パートでは、聴いたことがあるの1曲だけだった。ということで存分にプレガルディャンの歌を楽しむことができた。高音域が高くない曲が多かったこともあるかもしれないが、プレガルディャン、絶好調。いつにも増して、歌われる一つ一つの言葉がその綴りを即座に思い浮かべられるほどくっきりと聞こえる。シューベルトの2曲目の歌詞の中に、「nötig(必要な)」という言葉があった。これ、カタカナで発音を書くと「ネティヒ」。でも、これをオー・ウムラウトとして発音するのは歌の中ではけっこう難しいのではと思ったのだが、プレガルディャンがこの単語を歌った途端、耳に届いた響きはオー・ウムラウトだった。

 この夜は、聴衆は7割ほどと、インゴルシュタットhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2718.html)やシュヴァルツェンベルクhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2753.html)の満員の会場と較べると寂しい限り。しかも、聴衆の平均年齢のなんて高いこと。僕が若く見えるほどだった。ウィグモア・ホールにはしっかりとしたマーケティングをしてもらいたいもの。

 で、そんな入りだし、レヴューなんてでないだろうと思っていた。しかし、今朝のガーディアンのレヴュー欄に彼の顔写真が掲載されていた。しかも、満点、五つ星!

Christoph Prégardien review – an object lesson in Lieder singing
https://www.theguardian.com/music/2016/oct/23/christoph-pregardien-review-oxford-lieder-festival-schumann-project

 違った。10月22日のオックスフォード・リーダー・フェスティヴァルでのリサイタルだった。オックスフォードへ行くのは、インゴルシュッタとへ行くよりも僕には難しい。

Max Bruch’s songs are hardly known at all, but the seven that Prégardien and Schnackertz included revealed two gems, the lingeringly beautiful Lausche, Lausche! and the haunting Um Mitternacht.

 意地悪ACが書いているマックス・ブルッフの7曲のリートは、ウィグモアでも白眉だった。ブルッフのことは全く知らない。そしてプレガルディャンの歌は、今晩ここに居られるのは、奇蹟、少なくとも最高の一期一会、そうとしか思えないほど彼の声に包まれる幸せだけだった。最後の「コプティク・ソング」が歌われている間ずっと、「これがソウル・リフティングなんだな」と、魂が高みに登っていくような形容しがたい高揚感だった。

 アンコールは、リストの歌曲を一曲。

 終演後、グリーン・ルームへ。まず、11月27日、オランダで催されるリサイタル(http://www.petercaelen.com/event/christoph-pregardien-michael-gees/)には当地の友人が参加することを伝える。

 「インゴルシュタットの舞台は、少なくとも録音はされているんですか?」

 「どうかな。ちょっと判らないな」

 「本当に素晴らしい舞台でしたよね。もう一回くらい、どうですか?」

 「僕も本当に楽しんだよ。またやってみたいね」。

 ということで、日本のオペラ関係者の皆さん、どうか企画/実現してください。会場はサントリィ・ホールでお願いします。

 11月15日には、ウィンブルドン国際音楽フェスティヴァルでプレガルディャンは歌う。

http://www.wimbledonmusicfestival.co.uk/christoph_pregardien.html

 シューマンとマーラーを歌うから行きたいのだが、イングリッシュ・ナショナル・バレエの「ジゼル」、ロンドン公演の初日。泣く泣く断念。2017年3月14日のウィグモア・ホール公演は、サドラーズでのセルゲイ・ポルーニンの公演初日と重なっているが、これは迷うことなくプレガルディャン。

 いつも熱く書いているけど、日本にいる友人達がプレガルディャンの公演の観に行ってくれるのかどうか。オペラの師匠が、今年の春、「東京・春の音楽祭http://www.tokyo-harusai.com/)」でのプレガルディャンの「冬の旅」を聴いて、素晴らしかったと教えてもらったくらい。来年の4月上旬までの彼のスケジュールでは、日本での公演の予定は全く無い。

 今週末は、ドイツのマインツで、メンデルスゾーンの「エリアス(または、イライジャ)」。

http://www.staatstheater-mainz.com/web/veranstaltungen/extras/domchor

 教会で歌うからなのか、チケットは€10。行きたかった。

スポンサーサイト

異文化を伝えることは難しい:数え方、箸の置き方

2016.10.24
週末、アメリカ人の友人が、日本語の数詞の難しさを魚を使って説明するイラストを送ってくれた。

HowToCountFishInJapanese.jpg

 友人曰く、「This is one illustration of how difficult the Japanese language can be. Each form of the same fish is counted differently. Counters are like a 'bunch' of grapes or a 'slice' of cheese」。

 英語は幾つかの例外はあるが、複数は「s」を語末に付ければ良いのだからとても楽。日本語は数える対象によって数えるのに使う数詞の音が全く違うにもかかわらず、「数える」という行為は同じなのだから、外国人が日本語を学ぶ上での困難の一つだろうと思う。

 面白いイラストをプログに掲載しようと思っていた気持ちを沈めてくれたのが、土曜日のガーディアン。僕自身の過剰反応ということは十分に承知している。

スクリーンショット 2016-10-24 6.24.50

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/30366126572/

Two raw fish dishes to serve on top of the perfect bowl of rice
https://www.theguardian.com/lifeandstyle/2016/oct/20/raw-fish-recipes-for-serving-on-top-of-rice-tata-eatery-ana-gonalves-and-zijun-meng-cook-residency

 ご飯に突き刺さっていないだけましだろう。でも、とりわけ僕個人の箸を使う上での食事の作法からすると、これはNG。箸を使う食文化が急速に日常生活に広まっているであろうロンドンですら、箸で食器を叩いたりする大人や子供はたくさん居る。そのような状況を見てしまうと、その場での食事をする意志がなくなる。それに、そのような人達には訊きたいことがある、「君たち、同じことをフォークやナイフを食卓でやって、大人に咎められたことはないのか?」、と。

 記事の中で、しめさばのレシピが紹介されている。料理をしない僕には判断がつかないが、「しめさば」が英語で紹介されるのは、日本の食文化への興味が「寿司、すき焼き」から一歩先の段階へ進んだように思う。

 最近、異文化ついて学ぶ機会があるから過敏になっているのかもしれない。異文化に遭遇し、理解するか、それとも理解したくないと拒否するかの過程で自分がどう考えるのかを観察するのは面白い。

Gin Lane 2016: 現代のイギリスは、1751年からほとんど変わっていないのかも

2016.10.21
GinLane1751Hogarth.jpg
(Gin Lane by William Hogarth, 1751)

 ウィリアム・ホガースの原作が創作されて265年に意味があるから、ではなくて王立公衆衛生協会(とでも訳すのか)の創立160周年を記念して、ホガースの作品の中でも21世紀の社会の中でおそらく最も広く知られているであろう「GIN LANE」の2016年ヴァージョンが発表された。

Gin Lane 2016: iconic artwork reimagined for the 21st century
https://www.rsph.org.uk/about-us/news/gin-lane-2016-iconic-artwork-reimagined-for-the-21st-century.html

GinLane2016ThomasMoore.jpg

Shirley Cramer CBE, Chief Executive of RSPH, said: “The original Gin Lane depicts concern with some of the leading challenges to the public’s health in the 18th century – not just alcoholism, but other leading killers of the time including infectious diseases and malnutrition. The leading threats to the public’s health have changed over time, with infectious diseases now supplanted by the growth in non-communicable diseases such as those caused by obesity, as well as a growing awareness of the importance of mental wellbeing.

“On our 160th anniversary, Gin Lane 2016 gives us a valuable opportunity to reflect on the challenges to the public’s health that we now face and will inspire us to find new and innovative solutions to tackle these problems. We hope that when we look back on this piece of artwork in another 160 years, many of the health issues it depicts will be a thing of past.”

Artist Thomas Moore said: “When I contacted the RSPH for this commission, I told them that, as an avid Hogarth fan with an interest in public health, I was the man for the job. After being commissioned for the piece, I can honestly say that I've given it everything. Hogarth was the grandfather of the cartoon, so I treated this project with the respect it rightly deserved. Recreating Gin Lane over the past few months has completely consumed me. Hogarth – I hope you approve.”


Gin Lane 2016

Gin Lane 2016: interpretation notes

The overall scene is the same street as presented in the original Gin Lane, but has been developed and modernised so that it is representative of a typical street scene in London, or indeed anywhere in the UK today.

1. The central character has been reinvented. Where the original depicts a mother who is drunk and too pre-occupied with taking snuff to care for her baby, Gin Lane 2016 instead shows the mother preoccupied with eating junk food, which she has also fed to her child.

2. A pawnbroker is one of the significant and thriving businesses in the original piece. In the modern version, this has been replaced by one of the payday lenders which have become a feature of many high streets, and are perhaps a 21st century equivalent. The desperation of one of the customers leaving the payday lender represents the mental ill health associated with debt.

3. The chicken shop is a representative feature of the obesogenic environment which is at the heart of Gin Lane 2016 – busy, vibrant, and packed full of glum looking customers.

4. The man contemplating throwing himself off the top of a building is a nod to the original in which a barber is seen hanging, having committed suicide because his customers could no longer afford to have their hair cut. Suicide is now the single biggest killer of men under 45 in the UK.

5. The original arch has been converted into Gin Lane tube station, with commuters glued to their smart phones – a depiction of the busy, potentially lonely existence of many Londoners today.

6. Junk food adverts provide another reflection of the ubiquitous power of marketing in our obesogenic environment.

7. The distillery from the original piece has become a busy pub, replete with rowdy drunk customers.

8. A news vendor hands out a paper with another headline about the threat posed by obesity.


Walking down the 21st Century Gin Lane
http://www.bbc.co.uk/news/health-37706566

Obese mothers, payday lenders and chicken shops: Hogarth's classic print Gin Lane is reimagined for the 21st century
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3858902/Obese-mothers-payday-lenders-chicken-shops-Hogarth-s-classic-print-Gin-Lane-reimagined-21st-century.html

 正直な感想は、啓蒙という点から観てホガースの原作と較べると弱い。何より、ほぼ毎日、日常生活の中で遭遇している情景だから、2016年ヴァージョン、全く衝撃と感じない。個人的なことで、最近、食生活とメンタル・ヘルスの因果関係について興味が高まっている。時間のある時に文献を探しているのだが、注目を集めるような大掛かりな研究にまだたどり着けない。

 協会の説明は現代社会での公衆衛生へ悪影響をもたらす要因が、次の160年が終わる頃には過去のものとなっているだろうとかなり楽観的。最近、ネガティヴな思考にならないようしているのだけど、ハードルは高いと思う。

 30年ほど前にモラトラリアムで学んだホガース。大学を卒業して以来、彼の業績について読んだりすることはないのだが、縁があるのか、ホガース縁の地の近所に行くことが増えている。行き易い場所だが、ホガースの功績を知らないと縁があるとは思えない場所。

大英博物館のリンク
http://www.britishmuseum.org/research/collection_online/collection_object_details.aspx?objectId=705186&partId=1&searchText=gin+lane&page=1

欧州連合離脱への不安の悪循環に陥っているイギリス

2016.10.19
10日ほど前だろうか、ある新聞に、ことしの夏のイギリス国内の消費動向が予想よりも強かったので、「イギリスが欧州連合を離脱しても、何ともない」という論調の記事が掲載された。

 しかし、ここ数日、足下を強く重い泥流が流れる泥沼に、イギリスははまりつつあるなという論調で、欧州連合残留を支持しているガーディアンが続けざまに記事を掲載している。

Brexit vote brings uncertainty for fruit pickers and farmers
https://www.theguardian.com/politics/2016/oct/16/brexit-vote-brings-uncertainty-for-fruit-pickers-and-farmers

 この記事は、東欧諸国からの「季節」労働者の労働力によって支えられている農家の苦悩。イギリスの若者達にこのような第一次産業に従事することの大切さを教育すれば良いと欧州連合離脱支持者は言うだろう。自分たちがしたこともない、しようとしたこともない労働を若年層に押し付けるんじゃない、と。次の二つの記事は、暴落するイギリス£による影響で、イギリス国内の生活にどれほどの痛みがもたらされるか。

A decline in UK living standards may be too high a price for Brexit
https://www.theguardian.com/business/economics-blog/2016/oct/14/uk-living-standards-decline-pound-fall-too-high-price-brexit

How much will Brexit cost Britain?
https://www.theguardian.com/politics/2016/oct/13/brexit-britain-cost-divorce-bill-questions-answered-uk

 先週始めだったかな、国際為替市場で価値が急落するイギリス£のために、ユニリーヴァがイギリスの不思議な食べ物の筆頭、マーマイトの小売り価格を上げる方針をテスコに伝え、テスコが値上げに反発したのでテスコからマーマイトが消えるのか、と「大きな」騒ぎになった。結局、双方が歩み寄ったようだが、日々の生活で鋭く感じるのは、食料品の価格が急激に上昇している。

Tesco boss: 'Food price inflation could be lethal for struggling millions'
https://www.theguardian.com/business/2016/oct/18/tesco-boss-food-price-inflation-lethal-struggling-millions-matt-davies

 食品価格の急上昇を予測したのかどうかは判らないが、先月から、ロンドンの夕刊新聞紙、イヴニング・スタンダードがレストランやスーパーマーケットに働きかけて、食べられる食品を「賞味期限」を理由に廃棄するなとの連載を続けている。このような動き、イギリス人がまともに考えることはないだろうといつも思っているが、今回ばかりは食べ物を無駄にすることの愚かさに気づくイギリス人が増えるのではないかと思う。

 で、欧州連合各国内で、永住権、国籍を申請するイギリス人が増えているとのこと。

Huge increase in Britons seeking citizenship in EU states as Brexit looms
https://www.theguardian.com/politics/2016/oct/19/huge-increase-britons-seeking-citizenship-eu-states-brexit-looms

 イギリスの国籍申請の難しさを批判するのは簡単だが、記事を読むと、スペインもあまり変わらない。

In October 2015, the Spanish parliament introduced a new process whereby those seeking Spanish citizenship have to sit two exams, a language proficiency test (DELE) and another one on their knowledge of Spain (CCSE). Of the 95 British nationals who have taken the CCSE test since its introduction, two-thirds did so in June and July.

 メイ首相がボリス・ジョンソンを外相に任命したとき、あるイギリス人の友人は、「これはメイ首相の深遠な策略に違いない。ボリスを外相に仕立て、欧州連合離脱の交渉の大詰めで彼が失敗するようにしむけて、彼を政界から追い出すんだよ」と。

 深読みし過ぎだと思ったが、なんだか現実味が湧いてきた。

オックスフォード大学のインタヴューの質問は?

2016.10.12
ガーディアンのサイトを斜め読みしていた時に目にとまった記事。

Oxford University releases sample interview questions
https://www.theguardian.com/education/2016/oct/11/oxford-university-releases-sample-interview-questions

In a valiant attempt to demystify the notorious University of Oxford interview, the top-ranking institution has released a set of sample questions on which prospective applicants – and everyone else – can test their rhetorical and intellectual skills.

 間違った、というか良くない印象を持たれているかもしれない入学時のインタヴューへの印象を改める為に、質問のサンプルを、オックスフォード大学が発表したとのこと。質問は、

Five Oxford interview questions and five answers
https://www.theguardian.com/education/2016/oct/11/five-oxford-interview-questions-and-five-answers

Modern languages: what makes a novel or play ‘political’?

Medicine: about one in four deaths in the UK is due to some form of cancer, yet in the Philippines the figure is only around one in 10. What factors might underlie this difference?

PPE (and other philosophy courses): what exactly do you think is involved in blaming someone?

Maths: imagine a ladder leaning against a vertical wall with its feet on the ground. The middle rung of the ladder has been painted a different colour on the side, so that we can see it when we look at the ladder from the side on. What shape does that middle rung trace out as the ladder falls to the floor?

Experimental psychology: a large study appears to show that older siblings consistently score more highly than younger siblings on IQ tests. Why would this be?


 質問を一読すると、準備していなければ18歳くらいの学生が簡単に堪えられるものではないように思う。数学の質問は、何を答えるべきなのか僕には全く判らない。

銀色写真家奮戦記 by 牧野俊樹

2016.10.09
僕は営業部門の共同通信社に勤務していたので、働いてた頃、組合活動を除けば、本業である報道部門の社団法人(当時)共同通信社の記者の人達と知り合いになることは、外部の人が思うほど簡単ではなかった。しかし、沖縄が好きな人たちが集まる「共同通信沖縄会」に準会員で参加するようになり、そこで知り合った一人が、牧野俊樹さん。その牧野さんが、定年後、共同通信社が出稿するインタヴュー記事の写真の撮影に携わり、10年にわたる経験をまとめた本を出版された。

DSC04311.jpg

http://honto.jp/netstore/pd-book_27970437.html

https://www.amazon.co.jp/%E9%8A%80%E8%89%B2%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%AE%B6%E5%A5%AE%E6%88%A6%E8%A8%98-%E7%89%A7%E9%87%8E-%E4%BF%8A%E6%A8%B9/dp/4902119242

 2006年から始まる、牧野さんが写真撮影で携わった記事やインタヴューを、特に東京圏に住む人は読んだことがないと思う。メディアも東京への一極集中で、情報の全ては東京に集まると思う人は多いかもしれない。しかし、牧野さんが取材の現場で会ってこられた人達は、東京で暮らす人が知らないことを残念に思うだろうほど、日本、そして世界で起きていること、起きるであろうことを語っている。

 写真関係者への取材が多いのは仕事柄だろう。この本で語られる人々は(敬称略)、浅川マキ、中曽根康弘、菅原文太、ワンガリ・マータイ、トマ・ピケティ、細川護煕、南沙織、俵万智、マイケル・サンデル、樋口久子等々、とても幅広い。彼らの肖像写真撮影時の牧野さんの印象とあわせて、過去10年、このような人達が様々な分野に携わり、社会の流れを変える動きになっていたことが判る。マクロの視点からすれば、小さな動きかもしれない。でも、その小さな動きを知ることで、これまで知っていると思っていた事象に新しい彩りが加わる。

 在職中は、牧野さんに写真の撮り方を尋ねることはなかったように思う。仕事でデジタル・カメラを使い始め、そしてインタヴューする人の写真撮影(肖像写真の撮影は、筆舌に尽くせないほど僕には難しい)や、展覧会場で室内では絵画をどのような角度で撮影すればということをメイルで尋ねてきた。今回、「銀色写真家奮戦記」を通して牧野さんが遭遇した難しい撮影のエピソードを読んで初めて、「あ、露光って、大切なんだ」とやっと思い至った。ということで、最近、写真の出来がほんの少し良くなっているのではと思いたい。この本は、写真の撮り方について知りたい人にもお勧め。

DSC04312.jpg
(裏表紙)

DSC04313.jpg
(イギリス人古写真バイヤー、セバスチャン・ドブソンさんを撮影中の牧野俊樹さん)

Books    Comment(0)   ↑Top

猫ができること

2016.10.09
スクリーンショット 2016-10-09 18.10.36

写真を撮るのは楽しいが、Ai Aiの行動は予測不能なので、いつか怪我をするのではないかと気が気でない。

Cats    Comment(0)   ↑Top

猫は脅威?、それとも友達?

2016.10.06
9月中旬、外猫は自然環境の脅威になるという本が出版された。

Cat Wars: The Devastating Consequences of a Cuddly Killer
http://press.princeton.edu/titles/10809.html

 Ai Aiは窓の外に鳩を見つけると性格が一転するから、猫は本来、ハンターなのだと思う。でも、だからといって猫だけが自然環境を破壊している訳ではないし、と無視。

 で、今朝の新聞に掲載されていた記事。

What have cats ever done for us?
http://theconversation.com/what-have-cats-ever-done-for-us-66420

The bird experts and authors of the book Cat Wars recently called for all free-roaming cats to be euthanised or kept on a lead. They argue that cats’ tendency to kill birds and small mammals has lead to a catastrophic decline in the numbers of these creatures. As humans’ most popular pet, it’s inevitable that cats would have some effect on the environment, but when it comes to cats we have lots to be thankful for.

For example, The Cats Protection charity summarises the wealth of scientific findings highlighting the benefit of cats, including reducing childhood allergies and school absenteeism in children, improving mental health, especially in those with depression or post-traumatic stress, aiding diabetes control, and cutting down hospital stays. Caring for pets can promote independent living among the elderly, and help rehabilitate offenders.


 本当に、猫と暮らしていると病気になっていられない。健康でなければ彼らに平穏と食事と睡眠を提供できなくなるから。

Cats    Comment(0)   ↑Top

My name is Jonas by Weezer with My Chemical Romance

2016.10.05
諸般の事情で激多忙の最近、マイ・ブームはウィーザー。そして毎日一度は観ているのがこれ。

Weezer - My Name Is Jonas (Live at AXE Music One Night Only) ft. My Chemical Romance

https://www.youtube.com/watch?v=yk0_i8u_bgs

 気分的に最も合っているのは、「In the garage」なのだが、このヴィデオは気分を落ち着かせてくれる。2:51にでて来る女性ファンのリアクションが微笑ましい。このギグでのドラマーが誰か知っている方が居たら、ご教示願いたい。こんなぼこぼこで爽快なドラミングを観るのは久しぶり。

Songs    Comment(0)   ↑Top

犬は人間の友達かもしれないが、人間は犬の友達ではないな

2016.10.03
ここ数日、保護された、もしくは危険と見なされる犬の殺処分についての記事が続いた。

The race to find stray dogs a home
https://www.theguardian.com/lifeandstyle/2016/oct/01/stray-dogs

They are known as the eighth-day dogs – animals whose fate is about to be decided. After seven days in a local authority pound, a lucky stray dog might be taken in by a rehoming centre, from where he may be adopted by a kind new owner. The alternative, however, is far bleaker. The latest results of a Dogs Trust annual survey found that 3,463 unclaimed strays – many of them healthy and happy – were put to sleep between April 2015 and March 2016.

 カナダのモントリオール市が、市内でのピットブルの飼育を禁止し、保護施設に居る同犬種も全て殺すことを決めたそうだ。リンク先から反対署名を送ることができる。

My Montréal includes ALL dogs | Montréal: Ma ville inclut TOUS les chiens
https://www.gopetition.com/petitions/my-montr%C3%A9al-includes-all-dog.html

【犬・猫】年間あたりの保健所・愛護センターでの殺処分数の現状とは
http://peco-japan.com/4343

 人間だけがこのような非道な行為をとることが許されていると思っているのだろうか?

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.