LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

2016年12月の記事一覧

霧のロンドンは、大気汚染か、天気の気まぐれか

2016.12.31
スクリーンショット 2016-12-31 6.40.01
(2016年12月30日、午後6時過ぎ)

アルバム(4枚だけだが)
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157676845038371

「霧のロンドン」の言われるようになった要因の一つは、産業革命による大気汚染と言われている。現在のロンドンの大気汚染は、少なくとも、西ヨーロッパの中では最悪との判断が下されているので、大気汚染の影響が死亡原因の一つになっているのは昔と変わらないのかもしれない。

Make central London diesel-free to solve air pollution crisis – report
https://www.theguardian.com/environment/2016/nov/02/make-central-london-diesel-free-to-solve-air-pollution-crisis-report

 「霧のロンドン」、年に2回くらいが普通だと思っている。それほど稀なことだが今でも、驚くほど多くの人が、「霧の」ロンドンを期待している。

 ところが、2016年の12月はかなり霧の日が多い。既に少なくとも4回。徒歩の移動や、地下鉄を利用するにはさほど大きな影響はないが、飛行機のキャンセル等で空の移動はかなり被害を受けている様だ。

Freezing fog cancels Heathrow and Gatwick flights
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-38472135

 多くの人々が、安寧な年末・年始を過ごすことができることを祈りつつ。

スポンサーサイト

幻想的な朝靄のハイド・パーク

2016.12.29
スクリーンショット 2016-12-29 19.13.27

アルバム
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157677041830310

 バスに乗るつもりだったのだが、天気が素晴らしく歩くことにしたら遭遇した光景。かなり冷え込んだ朝だったので、放射冷却かなと思う。

 寒さが厳しくなりそうな週末。しかし、冬来たりなば、春遠からじ。今日から日没が午後4時台に戻ったのがとても嬉しい。

原子力産業が生み出す地域内経済格差:セラフィールド、そして日本企業

2016.12.27
先週、イングランド北西部、カンブリア地方の選挙区の一つ、Copeland選出の労働党下院議員が、突然、辞職した。

Corbyn critic quits as Labour MP, triggering tight byelection race
https://www.theguardian.com/politics/2016/dec/21/corbyn-critic-jamie-reed-quits-labour-mp-byelection-copeland

 コープランド選挙区は以下の地図に。

Copeland.jpg

 地図だけではどこだろうと思う人はいるだろう。地図を良く見ると、ウィンダミア等のよく知られた地名があるのでわかるだろう。湖水地方の隣になる。地図にはでていないが、ランカシャーのランカスター駅からカーライルを結ぶ地方鉄道があり、確か一日4便、片道4時間の旅のはず。

 それで?、と思う人の方が大半だろう。労働党が長年維持してきた選挙区とのことだが、過去数週間にあった2回の補選で労働党は2連敗、しかも惨敗。ジェレミィ・コービンが、政治家として一体何を成し遂げたいのか全く判らない状況では、労働党は良くて辛勝、が、大方の予想は議席を失うと観ているように感じる。

 選挙区の名前がコープランドと知ることができたこと、また今回の辞職、補選と続く政治的なことよりずっと興味を惹かれるのは、東芝が参画することで話題になっている新しい原子力発電所計画地が選挙区内にある事実、そしてセラフィールド。

セラフィールド
http://www.sellafieldsites.com/

ムーアサイド原子力発電所
https://en.wikipedia.org/wiki/Moorside_Nuclear_Power_Station

 今朝のガーディアンに掲載された記事がとても興味深い。

Copeland byelection: 'We are a community of two halves'
https://www.theguardian.com/uk-news/2016/dec/26/copeland-byelection-we-are-a-community-of-two-halves

One of the biggest and most remote in England, Copeland covers 470 sq miles and takes in Keswick and the western Lake District fells, as well as 32 miles of Cumbrian coast, from Millom up to Whitehaven.

On paper, its inhabitants enjoy the third highest salaries in the UK – £721 a week, second only to the City of London and Tower Hamlets, according to the Office for National Statistics in 2015.

But visit Whitehaven, the largest town in the constituency, and the wealth is not obvious. Cafes advertise full Christmas dinners for a fiver and a few miles out of town is the Woodhouse estate, which is within the 3% most deprived wards nationally, where a three-bed terrace still costs just £60,000.

The reason for this disparity lies behind a big fence on a two sq mile site by the coastal village of Seascale: Sellafield, a nuclear fuel reprocessing and nuclear decommissioning site where the Windscale nuclear power station once stood. About 10,000 people are directly employed there, with thousands more in the supply chain, many in highly skilled engineering and scientific jobs.

A further 6,000 are due to be employed in the construction of the Moorside nuclear power station, which is to be built next door in the next 10 years. NuGen, the Japanese-backed company behind the project, says Moorside will bring at least £20bn investment into the UK. “It is an unprecedented opportunity for this part of the world to become the fastest growing part of the UK economy,” said Reed, who is quitting politics for a role as head of development and community relations at Sellafield.


We are a community of two halves,” says Pat Graham, the managing director of Copeland borough council. “As a proportion of our workforce we have got more PhDs per head of population in Copeland than anywhere else in the UK. We have the nuclear-related wealth, which captures the highly skilled and the affluent and the upwardly mobile. But we also have those people who don’t have the ability to access nuclear, so therefore we have the extremes of really attractive, beautiful Lakeland places and poverty and all the challenges that come with deprivation.”

 記事の後半は欧州連合離脱を巡る地元感情の分析になる。個人的に強く興味を惹かれたのは前半の統計が描き出す地域内の大きな格差。

 コープランド選挙区内の給与平均は、全国第三位の高水準。また、一人当たりの住人に占める「博士号」取得者数はおそらくイギリス国内で最も高い割合であろうとのこと。この事実は、使用済み核燃料処理のセラフィールド社、そしてセラフィールドからそれほど離れていない場所に建設が計画されているムーアサイド原子力発電所がもたらず経済の活況によるものであると。しかし、その経済効果がもともと地元で暮らす人達へどのように還元されているのか、また、還元しようとする意志があるのかは不明。

 北欧各国やポルトガルからは、再生エネルギーによる国内で利用されるエネルギーを賄うという報道が徐々にだが増えテイル。他方、イギリス国内では、次々に新しい原子力発電所の計画。その計画に中国資本、日本企業の名前が上がるのがまた興味深い。

アーンサイド(南部カンブリア、鉄道路線はイングランド内の美しい路線の一つに選ばれたことがある)
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1994.html

サイズウェルB原子力発電所見学
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2748.html

セラフィールド by Kraftwerk
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8451885387/in/album-72157632707980377/

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157632707980377/with/8451885387/

 イギリス国内の原子力発電所建設計画、ますます、国際政治の駆け引きの場になっていくように思う。

[追記:12月28日]
東芝の株価急落はイギリスでも報道された。

Toshiba shares fall 20% as nuclear writedown sinks in
https://www.theguardian.com/business/2016/dec/28/toshiba-shares-fall-20-as-nuclear-writedown-sinks-in


The Red Shoes by マシュー・ボーン@サドラーズ

2016.12.27
スクリーンショット 2016-12-27 14.00.15
(2016年7月、サドラーズ・ウェルズ劇場)

サドラーズ・ウェルズ劇場での本公演初日の12月8日に、マシュー・ボーンの新作、「The Red Shoes」を観てきた。

The Red Shoes — Matthew Bourne/New Adventures
http://www.sadlerswells.com/whats-on/2016/matthew-bournes-production-of-the-red-shoes/

A beloved fairy tale and Academy Award-winning movie, The Red Shoes has seduced audiences and inspired generations of dancers with its tale of obsession, possession and one girl's dream to be the greatest dancer in the world. Victoria Page lives to dance but her ambitions become a battleground between the two men who inspire her passion.

Matthew Bourne’s magical adaptation is set to a new score arranged by Terry Davies using the mesmerising music of golden-age Hollywood composer, Bernard Herrmann (most famous for his collaborations with Alfred Hitchcock and Orson Welles) and played live by the New Adventures Orchestra, with sumptuous set and costume designs by Lez Brotherston, Paule Constable (lighting) and Paul Groothuis (sound).

An intoxicating drama where life imitates art with fateful consequences; The Red Shoes will dazzle your senses and break your heart.


 僕はマシュー・ボーンの大ファンではないし、また映画を見たことはない。しかし、これまで観てきたボーンの作品の中では細部にわたってとても練り込まれた最良の舞台だった。

 サドラーズ内の興奮も凄かった。開演前、観客がこれから観る舞台への興奮を抑えきれずに語り合う声が心地よいほど響きあい、サドラーズ内があれほど熱い興奮に包まれた夜は久しぶりだった。

 第1幕の終わり方は秀逸。また、バレエ・リュスの関係者が映画にでていることを知らなかったので、当時のバレエが別の次元へと発展を遂げる興奮も感じられて、ボーンがどれほど丹念に作り上げたかに感心した。舞台の内容に影響をしないネタバレを一つ。

Wilson, Keppel & Betty

https://www.youtube.com/watch?v=srLc6dTsewM

 開演前にセルゲイ・ポルーニンが一人で居たので、機会を逃さずに話してみた。どれほど不遜なのだろうと思っていたら、話しかけたらとても好青年。会場に居た舞台関係者の多くが彼と話したかったようで落ち着いて訊けなかったが、年末、ミュンヘンでの「スパルタカス」への出演は楽しみとのことだった。また、来年3月にサドラーズで上演「予定」の彼のソロ・プログラムでは、半分以上の振り付けが新作になるらしい。ラッセル・マリファントやアクラム・カーンなのかと訊いたら、彼らには依頼していないと言っていたが、まだ言えないのだろう。

http://www.sadlerswells.com/whats-on/2017/project-polunin/

 終演後のパトロン・イヴニングの会場で、多くの人が気づく前に、ボーンに幾つか質問できた。中でも印象に残ったのは、彼だけでなく、彼の両親がどれほど映画の「レッド・シューズ」を好きだったか、当時のダンスの発展の勢いへの尽きない興味が今回の新作を作る強い動機だったかを、見ず知らずのダンス・ファンに丁寧に話してくれた。

 サドラーズでの上演はほぼ完売。たまにリターンがでる様なので、買い逃した人はこまめに確認するといいだろう。また、2月から7月までのイギリス公演の情報はこちらを。

http://new-adventures.net/the-red-shoes/tour-dates

暖冬に死者は増える:A green Christmas makes a full graveyard

2016.12.27
幾つかの条件が重なって、6、7年ぶりに風邪らしい風邪を引いた。幸い、寝込むほど酷くはならなかったのだが、喉の不快感がなかなか解消されず、予防の大切さを改めて実感する。

 暖冬に風邪を引くなんて僕ぐらいだろうと思っていた。クリスマス週末に連絡を取った友人・知人のほとんどが、同じように寝込むほどではないが長引く風邪の症状に悩まされていた、もしくは風邪を引いた家族の看病で忙しかったとのこと。

 で、大家にそんなことを話したら、イギリスの古いことわざを教えてくれた。

A green Christmas makes a full churchyard.

 こんな表現、初めて知った。ググってみたら、同じ意味で幾つか違う表現がある。

A green Christmas makes a full graveyard
http://www.thymewilltell.com/greens.html

A black Christmas makes a fat churchyard.

A green winter makes a fat churchyard.
http://www.bartleby.com/346/11.html

It is an old superstition, without any foundation in fact, that a Christmas without snow will be followed by much illness and many deaths.

Weatherwatch: ‘A green January makes a full churchyard’ and other proverbs
https://www.theguardian.com/news/2015/jan/05/weatherwatch-january-proverbs-forecast-weather

But the most intriguing belief is that “a green January makes a full churchyard”. This is based on the perfectly reasonable notion that cold weather kills germs, while mild winters allow them to spread. In the days before antibiotics, even a common cold could turn into a more serious, even fatal infection.

 理に叶ってはいる。この表現はイギリス固有ではない様だが、晴れても、雨が降っても、暖かくても、寒くても幸せを感じられないイギリス人が作り出したと言われても反論はしない。イギリス人、更に西欧人のほとんどは、咳をする時に掌で口を塞ぐ事の大切さを知らない。拳を口の前にもって来るだけ。ロンドンやイギリスに来て周りで咳をする人がいたら、即、その場からはなれることを進める。

微妙にいらつく日本語:「xxxxなのですが」

2016.12.21
いつ頃からかは思い出せないが、書き言葉、読み言葉双方の日本語で、あまりにも多くの人が(おそらく)無意識のうちに多用している表現が気になって仕方がない。それは、順接で続けられるであろう文節で、「xxxxxなのですが」という感じで「ですが」で文を続ける。実家から届いた新潮社の「」12月号に掲載された髙村薫さんへのインタヴュー記事が好例なので引用する。髙村さん、編集者の日本語の知識に文句をつけるつもりではないことを明記しておく。

「もともと地学という教科が好きだったんですが、その源を辿ると」(髙村)
=>「もともと地学という教科が好きでした。その源を辿ると」

「東京の国立博物館で初めて知ったのですが、今回は」(髙村)
=>「東京の国立博物館で初めて知りました。今回は」

「その主人公・伊佐夫ですが、七十過ぎという年齢に」(編集)
=>「その主人公・伊佐夫は、七十歳過ぎという年齢に」

「また伊佐夫の人となりですが、彼は」(髙村)
=>「また伊佐夫の人となりは、彼は」

「私の耳から去ろうとしないのですが、この作品には」(編集)
=>「私の耳から去ろうとしません。この作品には」

「また違った姿の大災害だったのですが、小説家としては」(髙村)
=>「また違った姿の大災害でした。小説家としては」

「作品群を少し振り返ってみながら伺いたいのですが、デビューされて」(編集)
=>「作品群を少し振り返ってみながら伺います。デビューされて」

 A5サイズの「波」の4ペイジのインタヴュー記事に、7カ所も「ですが」がでて来るのはいやでもめにつく。ただ、このインタヴュー記事はまだ少ない方だ。酷い文章になると、「私はxxxxなのですが」がほぼ1行おきにでてくる。順接で済ませるべき箇所に逆説であろう「なのですが」を多用するのではなく、文章をそこで止めたり、順接にして言葉にメリハリをつけるということは古くさいのだろうか。

 良い機会だからもう一つ。「てか」で文章をつなげるのは止めて欲しい。「てか」は日本語なのか?

ストライキの波、波、大波:クリスマスはストライキにはもってこい

2016.12.17
クリスマスをなくす口実になるかなと思うほど、今年のクリスマス、イギリスはストライキに翻弄されている。

Southern cancels all services as strike continues for third day
https://www.theguardian.com/business/2016/dec/16/southern-cancels-all-services-as-strike-continues-for-third-day

 ビジネスでイギリスに来られる人が使う必要があるかもしれないが、観光でイギリスに来るなら、特定の目的がなければあまり使わないであろうサザン鉄道。あるとすれば、ブライトン訪問、もしくはガトウィック空港の利用がかなり面倒なことになるだろう。

Post Office strikes to go ahead after talks break down
https://www.theguardian.com/business/2016/dec/15/post-office-workers-to-strike-for-five-days-in-lead-up-to-christmas
 
 イギリス人ですら知らない人が居る事実は、現在、事実上民営化されているロイヤル・メイルによる直轄郵便局である「クラウン・ポスト・オフィス」の職員がストライキをするだけで、既に民間会社に営業権が譲渡されている郵便局は営業するはず。ただし、混雑は避けられないだろう。

BA cabin crew strike: 40,000 journeys in jeopardy
http://www.independent.co.uk/travel/news-and-advice/ba-cabin-crew-strike-40000-journeys-in-jeopardy-a7480596.html

 12月25日、26日にヒースロー発着ブリティッシュ・エアウェイズの便に乗務するキャビン・クルーのストライキ。最近、消費者相談に寄せられるBAへのクレイムを読んでいると、士気の低下が甚だしい。ちなみに、BAの責任ではないが、今朝、ロンドンは濃霧で、キャンセルになった便があった様だ。

Flights disrupted as fog descends on London's airports
http://www.bbc.co.uk/news/uk-38352178

 旅行者の憂鬱は終わることなく。

Virgin Atlantic pilots to take industrial action over union recognition
https://www.theguardian.com/business/2016/dec/16/virgin-atlantic-pilots-industrial-action-ppu-union

 更に、ヴァージン・アトランティックよりも被害が甚大そうなのは、空港で手荷物を整理する労働者のストライキ。12月23日から48時間、イギリスの18の空港で。

Airport staff in pre-Christmas strike
http://www.bbc.co.uk/news/business-38347283

 BBCによると、ストライキによる労働日数の損失は、昔と較べると格段に少ないそうだ。

Are we facing a Christmas of Discontent?
http://www.bbc.co.uk/news/business-38327519

 イギリス、既に坂道を転がり落ちる速度が振り切れそうな感じだな。年末・年始、既にイギリスに来られる予定の方は、情報収集を怠りなく。

携帯電話のひったくり、ロンドンで横行

2016.12.15
昨夕、ウェイトローズへエッジウェア・ロードを歩いていた時、突然背後から叫び声が響き、次いで、両手にショッピング・バッグをもった小太りの男性が叫びながら歩道をよたよたと走り始めた。どうやら、歩道のふちに立って携帯電話で話していた時に、自転車に乗った人物に携帯電話をひったくられた様だ。

 ロンドンでは、携帯電話のひったくりが多発している。

Police warn public with CCTV of moped riders snatching mobile phone from victim’s hand
https://www.cityoflondon.police.uk/news-and-appeals/Pages/Police-warn-public-with-CCTV-of-moped-riders-snatching-mobile-phone.aspx

Watch as moped thieves snatch phone from victim's hand - City of London Police

https://www.youtube.com/watch?v=0iUkD7aUB98

 テロ以外でロンドンで命に関わるような事件に巻き込まれることは滅多にないだろう。でも、このようなひったくりは日常茶飯事。携帯電話を使う時は、歩道のふちには立たない、電話しながら歩かない、使うなら屋内で、を心がけるように。

日経「味な地球儀」:ランチボックス

2016.12.13
*著作権は、日本経済新聞社に帰属する。

DSC04650.jpg
DSC04651.jpg

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157674206193054

Flickr、50万ヒット

2016.12.09
スクリーンショット 2016-12-09 17.34.55

利用を始めて10年ちょっとで、フリッカァでのヒットが50万を超えた(50万人が訪れたということではない)。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/

 未だに使い方がよく判らなくて、使い倒している訳ではない。が、今更インスタグラムを始めるのはとても面倒くさい。以前は、撮影した写真をただアップロードするだけだったが3年ほど前からタイトルをつけるようにしたらヒット数が伸びた。

アルバム
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums

コレクション
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections

 ヒット数が多いアルバムを幾つか。

桜島
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157648467935036

 これは桜島が噴火した時にガーディアンの読者フォーラムに転載したのでヒット数はダントツ。

薩摩英国館
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157648190255896

京都、美山
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157647034218230

都電、荒川線
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157647595371375

指宿のたまて箱
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157648247695242

御所雲月
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157633156495578

Paddingtonとは、こんな場所

2016.12.08
昨夕のイヴニング・スタンダード紙に、パディントン駅隣接の建設計画が承認されたとの記事が掲載された。

Renzo Piano's £775m 'Cube' building given green light to transform 'tatty' Paddington
http://www.standard.co.uk/news/london/renzo-pianos-775m-cube-building-given-green-light-to-transform-tatty-paddington-a3414026.html

 この記事に掲載されている、ウェストミンスター区の議員の発言に笑った。

He told the packed meeting hall: “I think it’s a very clever design the way it sits there and the way it’s transparent. It’s like a pure ice cube and something I think is going to add to the area.

“This area is probably not our proudest part of Westminster.

“It is the gateway for many people to Westminster and London. Many people travelling from West Country, abroad to Heathrow via the Heathrow express and in due course coming in via Crossrail.

It is quite disgraceful, it is not for working, it looks tatty, it doesn’t work in terms of pedestrian movement, it’s not a very comfortable place to go and visit.


 こんな発言を日本でしたらマスコミが、「不謹慎だ!」と直ぐに飛びつくのかもしれないが、単に笑った。なぜなら、まさにこの発言の通り。僕はパディントンのど真ん中に住んではいないが、エッジウェア・ロードからパディントン駅へのPraed Street(プレイド・ストリート)を歩く度に、「この通りは、ロンドンの主要駅への道路なのか?」といつも思う。プチ・ローカルとしてパディントン周辺を「汚い」とは言わないが、「薄汚れている」という印象は否めない。

 新しい建設計画が常に正しい訳ではないだろう。でも、パディントンがアクセスの良いエリアになって欲しいな、と。パディントンは観光エリアではないが、ロンドン中心部とはちょっと違うロンドンを散歩で楽しめる地域。

 パディントン駅のハマースミス・ライン側の改札をでると、リトル・ヴェニスへと連なる運河が目の前に現れる。リトル・ヴェニスからウォリック・アヴェニューを抜け、運河沿いに東へ歩いていくと、プリムローズ・ヒルやリージェンツ・パークへと歩いていける。ウォリック・アヴェニューの先にあるクリフトン・ロード(Clifton Road)は短い通りだが、カフェが幾つかあって休憩にはちょうど良い。

 誰かに問われて唯一勧めるのは、Satay House

Satay House Malaysian Restaurant
http://www.satay-house.co.uk/

 この周辺に住んでいないとどこにあるのか見当がつかないかもしれないが、パディントン駅からは徒歩5分ほど。夜はできるだけ予約した方が無難だと思うが、ランチは回転が速いから予約なしでも平気だろう。

2019年のロンドン地下鉄路線図はこうなる(予想、希望)

2016.12.02
交通情報が続いたので、ついでに。2016年3月のハフィントン・ポストに掲載された、2019年のロンドンの地下鉄路線図。

TUBEMAP2019.jpg

Elizabeth Line London Tube Map Shows How Capital’s Underground Will Look With Crossrail
http://www.huffingtonpost.co.uk/2016/02/24/elizabeth-line-london-underground-tube-_n_9303858.html

 一目瞭然、エリザベス・ライン(クロスレイル)が開通すると一層、テムズ川の北部にロンドンの地下鉄網が集中しているのが判る。南部は、鉄道網がロンドン北部よりも良いのかもしれないが、今年は発着駅の改修工事による混乱、とりわけサザン鉄道での度重なるストライキで利用者が満足するサーヴィスからはほど遠いのではないかと思う。2017年5月頃に、リヴァプール・ストリート駅から東の部分が開通する予定らしいエリザベス・ラインの路線図を参考までに。

elizabethtubeline.jpg

 現在の生活の中では行く理由が全く無いストラトフォードへ乗り換えなしで行けるようになるのはちょっと楽しみではある。

ロンドンの濡れ落ち葉(本物)は世界最強だった:地下鉄網の混乱

2016.12.02
先週末くらいから、ピカデリィ・ラインが混乱していることには何となく気づいていた。今週前半、ロンドン交通局の情報で朝のラッシュ・アワーの混乱ぶりを友人が教えてくれた。そして、水曜日、昨日の木曜日には、ロンドンの夕刊新聞紙のイヴニング・スタンダードのトップ記事は、幾つかの主要駅が混雑をさばききれずに閉鎖されたというニュース。その混乱を惹き起した原因の一つが、落ち葉によってピカデリィ・ラインの車両の車輪が摩耗して交換しなければならなくなり、間引き運転になってしまっているからというもの。

Piccadilly Line delays: Tube chaos to continue for days as half of trains taken out of service
http://www.standard.co.uk/news/transport/piccadilly-line-delays-tube-chaos-to-continue-for-days-as-half-of-trains-taken-out-of-service-a3404646.html

Passengers fear delays and cancellations on the Piccadilly Line could last for days as work continues to fix faulty wheels caused by wet leaves.

 技術者ではない僕には、濡れた落ち葉と車輪の間で起こる摩擦の衝撃がどれほどのものかは想像できない。また、ピカデリィ・ラインが未だに古い車両を使用していることも原因の一つだろう。
 
 しかし、今は21世紀。何度このような事態を繰り返せば学習できるのだろう?技術を改良しなければと思うようになるのだろう?労働組合は、来週、ピカデリィ・ラインでのストライキを計画している。今回引用した記事を読む前は、社会が不透明な時代に向かっている時にストライキを実行しても、利用者からの支持は得られないのではないかと思った。しかし、車両を運転する自分の安全だけでなく、乗客の生命を危険に晒すような状況が改善されなければ、当然かな。

 冬休みでロンドンに来られる予定の人への助言。

 地図は必須

Differently abled peopleはセックスを楽しむ

2016.12.01
タイトル、どうすれば良い文言になるかを思いつけない。

 今日のガーディアン。

If you’re a disabled, gay twentysomething, Grindr is a godsend
https://www.theguardian.com/commentisfree/2016/dec/01/disabled-gay-twentysomething-grindr-cerebral-palsy

 脳性麻痺を持つ20代のゲイの男性が、主に男性同士のカジュアル・セックスの相手を捜すグラインダーというデイト・アプリを使ってセックスを楽しんでいるという本人の体験を書いた記事。
 
 どのようにして楽しんでいるかまでは書かれていないが、一つだけ挙げられている情報では、自分自身ではマスターベイションはできないとのこと。

 身体に自由の利かない所があっても、人間が人間であるゆえんの一つ、セックスをしたいという衝動はある。それをないものとしてみないままでは、多様性のある社会なんて存在しない。

孤独であることを受け入れる

2016.12.01
1週間ほど前だったか、朝日新聞がニュー・ヨーク・タイムズの興味深い記事の抄訳を掲載した。

Researchers Confront an Epidemic of Loneliness
http://www.nytimes.com/2016/09/06/health/lonliness-aging-health-effects.html

ほっとけない! 英米でも増えている孤独な老人
http://digital.asahi.com/articles/ASJBX3S3YJBXULPT001.html

 イギリスにおけるサイコダイナミック・サイコセラピィの基礎を築いた一人であろうD.W.Winnicottの理論の一つに、こんなのがある。

Capacity to be alone
https://readingsinpsych.files.wordpress.com/2009/09/winnicott-capacity-to-be-alone.pdf

 これ、普段の生活の中でもとても役に立つ理論だと思うのだが、基本は、周りに誰もいない、物理的に孤独である状況ではなく、誰かが周りに居る時に、自分の内面と向き合える「孤独」について。なので、物理的に一人になってしまっている人に役立つかどうかは判らない。しかし、自分が陥っている「孤独」を見つめる心の弾力性を考えるには良い理論だと思う。

 今週、イングランド南西部、デヴォンで一人で暮らす89歳の男性が地元紙に掲載した広告が全国的に注目を集めた。

War veteran, 89, posts ad for job to stop him 'dying of boredom'
https://www.theguardian.com/society/2016/nov/29/joe-bartley-war-veteran-89-posts-job-ad-dying-boredom

'Bored stiff' Devon pensioner, 89, seeks job
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-devon-38151998

 2年前に長年連れ添った奥さんが亡くなって以来、転居した小さなフラットで一人で暮らしてきたジョー(敬称略)が、退屈で死にそうなほど何も起きない生活から抜け出そうと、地元新聞に「仕事を探している」という広告を2回掲載したそう。どうやら仕事のオファーがあり、今週土曜日からペイントンのレストランで働くそうだ。

Bored pensioner Joe Bartley lands job after work plea
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-devon-38169575

 日本では「若い世代」の孤独に「ぼっち」と名付けておもしろがっているようだが、「孤独」から抜け出せなくなるのはどの世代でも起きること。その孤独と巧くつきあえる人はいるだろう。また長年孤独の生活を送れてきたとしても、何かのきっかけでその孤独から抜け出したいと切望する人も居るはず。

 僕自身、人との付き合いはそれほど濃い方ではない。一人で行動する方が性に合っている、と今は思う。でも、昨年末に日本に里帰りしたとき、ある飲食店で、一人で卓に着かされ、給仕も料理をもってきてくれる時だけで誰とも会話をする機会がなかった時は、つまらなかったな。

 「孤独」が持つ複雑さを理解しない社会だと、ジョーのような人がこれからもでて来るだろう。

年末・年始に、幾つかの駅が閉鎖されます

2016.12.01
昨夕のイヴニング・スタンダード紙のトップ記事。

Major Christmas rail work will see Paddington, Liverpool Street and London Bridge effectively closed
http://www.standard.co.uk/news/transport/christmas-rail-work-will-see-paddington-liverpool-street-and-london-bridge-effectively-closed-a3408401.html

Paddington, Liverpool Street and London Bridge will be all but closed for most of the holiday period and many services will not run in and out of Waterloo, Charing Cross and Cannon Street.

Preparations to complete the Crossrail and Thameslink projects will form part of the biggest programme of work ever undertaken by NR, with 24,000 maintenance staff laying new track and signals at 200 projects across the country from Christmas Eve.


 クリスマス・イヴから新年にかけて、ロンドンではクロスレイル(エリザベス・ライン)やテムズリンク関連の工事でパディントン、ウォータールー、リヴァプール・ストリートウの幾つかの駅が閉鎖される。キャノン・ストリート駅を使う観光客がたくさん居るとは思わないが、ヒースロー・エキスプレスの発着駅のパディントンが閉鎖さるのは、クリスマス前後にロンドンに来られる予定の人は知っておいた方が良いだろう。

Disruption at Paddington until January 3, with passengers having to change at Ealing Broadway until December 29 and no Heathrow Express. Ealing Broadway is expected to be flooded with 40,000 passengers a day — double its normal level.

 この箇所を理解しようとすると、パディントン駅での工事は2017年1月3日まで続き、乗降客はイーリング・ブロードウェイ駅で乗り換えてセントラル・ロンドンへ向かわなければならない。ヒースロー・エキスプレスは12月29日まで運休、ということかな。詳しくは、こちらのリンクで(イギリスらしい、全く要領を得ない情報の提示の仕方だが)。

Christmas and New Year Bank Holiday Travel Summary 2016/17
http://www.nationalrail.co.uk/service_disruptions/149383.aspx

 今年は暦の関係で、クリスマス・ディが日曜日になり12月27日が振替休日になる。また新年は、元日が日曜日なので、1月2日が振替になり事務職などの仕事が再開されるのは1月3日。大規模な工事をする為に駅や路線を閉鎖するには影響が少ない(であろう)カレンダーだと言える。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.